Researcher Database

Ichiro Nakayama
Graduate School of Law Legal Practice Private Law
Professor

Researcher Profile and Settings

Affiliation

  • Graduate School of Law Legal Practice Private Law

Job Title

  • Professor

J-Global ID

Research Areas

  • Humanities & social sciences / New fields in law

Educational Organization

Academic & Professional Experience

  • 2019/04 - Today Hokkaido University Graduate School of Law
  • 2009/04 - 2019/03 Kokugakuin University Law School
  • 2005/04 - 2009/03 Shinshu University Graduate School Division of Law
  • 1989/04 - 2005/03 通商産業省(現経済産業省)

Education

  • 1995/07 - 1996/12  Columbia University
  • 1994/09 - 1995/06  University of Washington  School of Law
  • 1985/04 - 1989/03  The University of Tokyo  Faculty of Law

Research Activities

Published Papers

  • Ichiro Nakayama
    Kreation Innovation Märkte - Creation Innovation Markets 649 - 662 2024/03/06
  • 特許無効審判を請求することができる「利害関係人」
    中山一郎
    大鷹一郎=田村善之編集代表『清水節先生古稀記念論文集 多様化する知的財産権訴訟の未来へ』(日本加除出版、2023) 635 - 655 2023/10 [Not refereed][Invited]
  • How does the International Discussion go about Access to Vaccines and IP?
    Ichiro Nakayama
    日本知財学会誌 20 (1) 20 - 33 2023/09 [Not refereed][Invited]
  • 地域団体商標と地域内競争
    中山一郎
    𠮷田広志ほか編『知的財産法政策学の旅 田村善之先生還暦記念論文集』(弘文堂) 104 - 124 2023/09 [Invited]
  • 特許権の間接侵害をめぐる近時の課題ー発明のカテゴリー及び主観的要件を中心にー
    中山一郎
    日本工業所有権法学会年報 (46) 103 - 129 2023/05 [Not refereed][Invited]
  • COVID-19パンデミックにおける公衆衛生と特許
    中山一郎
    田村善之編著『知財とパブリック・ドメイン第1巻』(勁草書房) 401 - 442 2023/01 [Not refereed][Invited]
  • AIと進歩性
    中山一郎
    田村善之編著『知財とパブリック・ドメイン第1巻』(勁草書房) 175 - 211 2023/01 [Not refereed][Invited]
  • COVID-19パンデミック下での特許保護と医薬品アクセスをめぐる議論の諸相
    中山一郎
    高林龍=三村量一=上野達弘編『年報知的財産法2021-2022』(日本評論社) 14 - 32 2022/01 [Not refereed][Invited]
  • 中山一郎
    別冊パテント (26) 49 - 69 2021/10 [Refereed][Invited]
  • 中山一郎
    知的財産法政策学研究 (61) 1 - 36 2021/10 [Refereed][Invited]
  • 職務発明制度とイノベーションー基本的構造の頑健性と合理性
    中山一郎
    田村善之=山根崇邦『知財のフロンティア第2巻』(勁草書房) 3 - 44 2021/10 [Not refereed][Invited]
  • COVID-19パンデミックにおける公衆衛生と特許
    中山一郎
    知財管理 71 (4) 566 - 585 2021/04 [Refereed][Invited]
  • 侵害プレミアムを考慮した相当実施料額をどのように算定するか
    中山一郎
    知的財産研究教育財団「知的財産に関する日中共同研究報告書」 110 - 126 2021/03 [Not refereed][Invited]
  • COVID-19パンデミックと特許 強制か,それとも自発か
    中山一郎
    国際問題 (699) 28 - 41 2021/03 [Not refereed][Invited]
  • Patentability and PHOSITA in the AI Era - A Japanese Perspective
    Ichiro Nakayama
    Jyh-An Lee, Reto Hilty & Kung-Chung Liu ed., Artificial Intelligence and Intellectual Property 99 - 119 2021 [Refereed][Invited]
  • 中山一郎
    特許研究 (70) 6 - 24 2020/09 [Not refereed][Invited]
  • 無効審判請求の除斥期間経過後の権利行使の許否
    中山一郎
    茶園成樹=田村善之=宮脇正晴=横山久芳『商標・意匠・不正競争判例百選第2版』 78 - 79 2020/07 [Not refereed][Invited]
  • 医薬用途発明の進歩性判断における発明の予測できない顕著な効果
    中山一郎
    令和元年度重要判例解説 256 - 257 2020/04 [Refereed][Invited]
  • Trademark infringement defence based on non-occurrence of damage in Japan
    Ichiro Nakayama
    Kung-Chung Liu ed., Annotated Leading Trademark Cases in Major Asian Jurisdictions 361 - 370 2019/10 [Refereed][Invited]
  • 中山 一郎
    パテント 72 (12) 179 - 199 2019/10 [Refereed][Invited]
  • プロダクト・バイ・プロセス・クレーム
    中山 一郎
    特許判例百選5版 10 - 11 2019/08 [Not refereed][Invited]
  • 表現の創作者
    中山 一郎
    著作権判例百選6版 34 - 35 2019/03 [Not refereed][Invited]
  • 知的財産高等裁判所の大合議制度の評価と課題
    中山 一郎
    知的財産法政策学研究 (52) 1 - 39 2018/11 [Refereed][Invited]
  • 知的財産高等裁判所の大合議制度の評価と課題
    中山一郎
    知的財産に関する日中共同研究報告書 知的財産研究教育財団 20 - 39 2018/03/01 [Not refereed][Invited]
  • Recognizing the Abuse of Rights Defense and the Invalidation Defense
    Ichiro Nakayama
    ANNOTATED LEADING PATENT CASES IN MAJOR ASIAN JURISDICTION City University of Hong Kong Press 20 - 32 2017/06 [Refereed][Invited]
  • 我が国における公衆衛生上の緊急事態と特許制度による対応可能性
    中山一郎
    知的財産研究教育財団編『医療と特許』 創英社/三省堂書店 152 - 183 2017/04/01 [Refereed][Invited]
  • 特許権侵害に対する損害賠償制度の現状と基本的方向性-日本の損害賠償は低すぎるか-
    中山一郎
    知的財産に関する日中共同研究報告書 知的財産研究教育財団 34 - 53 2017/03/01 [Not refereed][Invited]
  • 中山一郎
    年報知的財産法2016-2017 日本評論社 13 - 30 2016/12/01 [Not refereed][Invited]
  • 差止請求権の制限の可能性
    中山一郎
    著作権判例百選5版 有斐閣 206 - 207 2016/12/01 [Not refereed][Invited]
  • 中山一郎
    新・判例解説Watch 2016年10月 日本評論社 19 261 - 264 2016/10/01 [Not refereed][Invited]
  • 中山一郎
    パテント 日本弁理士会 69 (69巻10号) 10 - 24 0287-4954 2016/08/01 [Refereed][Invited]
  • 特許制度の実証研究が投げかけるもの:正当化根拠論と職務発明制度の改正を題材に
    中山一郎
    知的財産に関する日中共同研究報告書 知的財産研究所 160 - 177 2016/03/01 [Not refereed][Invited]
  • 中山一郎
    特許研究 工業所有権情報・研修館特許研究室 (60号) 5 - 17 0912-0432 2015/09/01 [Not refereed][Invited]
  • 16年改正後の35条4項に照らして職務発明の対価の支払が不合理であると判断した事例
    中山一郎
    AIPPI 日本国際知的財産保護協会 (60巻8号) 21 - 42 2015/08/01 [Not refereed][Invited]
  • 米国特許法における差止めの制限:特許実施主体の場合を中心に
    中山一郎
    設楽隆一ほか『現代知的財産法 実務と課題 飯村敏明先生退官記念論文集』 発明推進協会 183 - 203 2015/07/01 [Not refereed][Invited]
  • 中山一郎
    知的財産法政策学研究 北海道大学大学院法学研究科 北海道大学情報法政策学研究センター (46号) 1 - 67 1880-2982 2015/05/01 [Refereed][Invited]
  • 特許制度の基礎理論の研究:経済効果の検証と制度設計上の留意点
    中山一郎
    知的財産に関する日中共同研究報告書 知的財産研究所 90 - 98 2015/03/01 [Not refereed][Invited]
  • 中山一郎
    日本知財学会誌 日本知財学会 11 (11巻3号) 13 - 26 1349-421X 2015/03/01 [Not refereed][Invited]
  • Ichiro Nakayama, Yoshiyuki Tamura
    Compulsory Licensing: Practical Experiences and Ways Forward 267 - 290 2015 [Refereed][Invited]
     
    In common law nations such as the United States, injunctions are categorised as remedies in equity and theoretically it is supposed to be an exceptional remedy that courts may grant in their discretion in cases where common law remedies like damages fail to provide effective protection. However, the courts in the United States had almost automatically granted injunctions until the 2006 Supreme Court decision in eBay, which has dramatically changed the landscape. While the ratio of denial of injunctive relief has drastically increased after the eBay case, Federal Trade Commission in 2011 provides useful framework in discussing whether to grant injunction: ex ante transaction versus ex post transaction. Based on this analytical tool, FTC proposes insightful recommendations to modify some court practices. On the other hand, in Japan, the patentee has the "right" to seek injunction and the Japanese courts rarely deny the injunction. However, since the exclusivity of patents is merely a means to achieve the prosperity of industry, the goal of patent law, a patent "right" just after the examination and registration by the Patent Office could be conceived as a provisional one because it can be viewed as a mere transit point within the broader process in which the requirements for excluding others from using the invention are reviewed step by step.
  • 中山一郎
    論究ジュリスト 有斐閣 (2014年夏号) 182 - 187 2187-1302 2014/08/01 [Not refereed][Invited]
  • FRAND宣言した標準必須特許の特許権に基づく損害賠償請求
    中山一郎
    平成25年度重要判例解説 有斐閣 276 - 277 2014/04/01 [Not refereed][Invited]
  • 中山一郎
    新・判例解説Watch 日本評論社 14 (2014年4月) 269 - 272 2014/04/01 [Not refereed][Invited]
  • 知的財産高等裁判所設立をめぐる経緯と論点
    中山一郎
    知的財産研究所「知的財産に関する日中共同研究報告書」 60 - 65 2014/03 [Invited]
  • 「知的財産立国」に向けた10年
    中山一郎
    知的財産研究所「知的財産に関する日中共同研究報告書」 49 - 59 2014/03 [Invited]
  • Openness, open innovation a la Chesbrough and intellectual property rights
    PATENT MARKETS IN THE GLOBAL KNOWLEDGE ECONOMY Cambridge University Press 209 - 235 2014/03/01 [Not refereed][Invited]
  • 特許取引市場の機能と差止請求権制限の政策論的当否
    中山一郎
    日本工業所有権法学会年報 有斐閣 (36号) 121 - 148 2013/05/01 [Not refereed][Invited]
  • 中山一郎
    新・判例解説Watch 日本評論社 12 (12号) 245 - 248 2013/04/01 [Not refereed][Invited]
  • 米国-現状分析
    中山一郎
    知的財産研究所「標準規格必須特許の権利行使に関する 調査研究(Ⅱ)報告書」 47 - 69 2013/03 [Not refereed][Invited]
  • 中山一郎
    日本知財学会誌 日本知財学会 9 (9巻2号) 4 - 15 1349-421X 2012/12/01 [Not refereed][Invited]
  • 無効理由が存在することが明らかな特許権に基づく請求と権利の濫用
    中山一郎
    特許判例百選第4版 有斐閣 150 - 151 2012/04/01 [Not refereed][Invited]
  • 進歩性判断において,出願後に補充された実験結果を参酌して顕著な効果を認めた事例
    中山一郎
    『法学セミナー増刊速報判例解説』 日本評論社 (9号) 281 - 284 2011/11/01 [Not refereed][Invited]
  • サポート要件と実施可能要件の関係
    中山一郎
    『法学セミナー増刊速報判例解説』 日本評論社 (8号) 305 - 308 2011/04/01 [Not refereed][Invited]
  • 均等侵害の成立を肯定した事例(中空ゴルフクラブヘッド事件控訴審中間判決)
    中山一郎
    『法学セミナー増刊速報判例解説』 日本評論社 (7号) 251 - 254 2010/10/01 [Not refereed][Invited]
  • オープン・イノベーションと特許制度
    中山一郎
    日本工業所有権法学会年報 有斐閣 (33号) 135 - 160 2010/05/01 [Not refereed][Invited]
  • 第2章 日本
    中山一郎
    日本国際知的財産保護協会「コンピュータ・ソフトウエア関連およびビジネス分野等における 保護の在り方に関する調査研究報告書」 17 - 79 2010/03 [Not refereed][Invited]
  • 均等成立第1要件についてのみ判断し,明細書に記載された公知技術も特許発明の本質的部分に当たるとして均等侵害の成立を否定した事例
    中山一郎
    『法学セミナー増刊 速報判例解説』 日本評論社 (5号) 267 - 270 2009/10/01 [Not refereed][Invited]
  • 「人間の精神活動と「自然法則の利用」」
    中山一郎
    『法学セミナー増刊 速報判例解説』 日本評論社 (4号) 205 - 205 2009/04/01 [Not refereed][Invited]
  • 「商標登録の不使用取消審決が維持された事案において,輸出用商品に商標を付する行為は平成十八年改正前の商標法における「商標の使用」(商標法50条1項)に該当しないとされた事例」
    中山一郎
    『判例評論』 判例時報社 (600号) 12 - 21 2009/02/01 [Not refereed][Invited]
  • 中山一郎, 原山優子
    『特許研究』 工業所有権情報・研修館特許研究室 (46号) 6 - 18 0912-0432 2008/09/01 [Not refereed][Invited]
     
    東北大学原山優子教授との共著
  • 「保護および利用のバランスと特許権の排他性に関する若干の考察」
    中山一郎
    隅藏康一編著『知的財産政策とマネジメント』 白桃書房 211 - 231 2008/03/01 [Not refereed][Invited]
     
    法と経済学における所有権法ルールと損害賠償法ルールの枠組を用いて特許権侵害に対する救済としての差止の在り方を,米国法も踏まえて考察した。
  • 「大学特許の意義の再検討と研究コモンズ」
    中山一郎
    知的財産研究所編『特許の経営・経済分析』 雄松堂 301 - 343 2007/07/01 [Not refereed][Invited]
     
    特許機能論から見た大学特許の正当化根拠と研究目的の特許発明の使用の円滑化方策を総合的に考察した。
  • 中山一郎
    Patent studies 工業所有権情報・研修館特許研究室 (43号) 11 - 31 0912-0432 2007/03/01 [Not refereed][Invited]
     
    研究目的での特許発明の使用を巡る法的問題についてのガイドラインによる解決可能性を検討した。
  • 「日米バイドール制度と大学発明の特許化・ライセンス」
    中山一郎
    椙山敬士=高林龍=小川憲久=平嶋竜太編『ビジネス法務大系Ⅰ ライセンス契約』 日本評論社 125 - 162 2007/02/01 [Not refereed][Invited]
     
    大学発明の特許化と民間企業へのライセンスに関する日米の法的枠組みとその運用を比較検討した。
  • 中山一郎
    『日本知財学会誌』 日本知財学会 3 (3巻1号) 25 - 37 1349-421X 2006/12/01 [Not refereed][Invited]
     
    特許発明が研究目的で使用される場合における研究コミュニティの規範・慣行といったソフトローの意義・役割を考察した。
  • 中山一郎
    『季刊 企業と法創造』 早稲田大学21世紀COE《企業法制と法創造》総合研究所 1 (1巻2号) 161 - 172 1349-1865 2004/04/01 [Not refereed][Invited]
     
    大学の研究成果について特許権を取得することの意義及び留意点について考察した。
  • T Takenaka, Nakayama, I
    IIC-INTERNATIONAL REVIEW OF INTELLECTUAL PROPERTY AND COMPETITION LAW 35 (8) 877 - 899 0018-9855 2004 [Not refereed][Not invited]
     
    我が国の昨今の知的財産政策の動向を概観するとともに,比較法的考察を行った。ワシントン大学竹中俊子教授との共著。なお,内容については2名の共同作業であって,各人の執筆分担の特定は困難。
  • 中山一郎
    『知財ぷりずむ』 経済産業調査会知的財産情報センター 2 (15) 1 - 6 2003/12/01 [Not refereed][Invited]
     
    発明創出後の実用化投資へのインセンティブとしての特許の機能について分析した。
  • 「日米比較からみた特許権と「実験の自由」の関係-「試験・研究の例外」の変遷と課題-」
    中山一郎
    AIPPI 日本国際知的財産保護協会 (48巻6号) 2 - 38 2003/06/01 [Not refereed][Not invited]
     
    特許権の効力が及ばないとされる「試験研究の例外」の範囲に関する今日的問題について日米比較も踏まえて考察した。
  • 中山一郎
    経済産業研究所ディスカッションペーパー 2002/11/01 [Not refereed][Not invited]
     
    80年代以降の米国の「プロパテント」政策の効果について,弊害の有無も含めて批判的に検証した。
  • 中山一郎
    『特許研究』 発明協会 (33号) 28 - 45 0912-0432 2002/03/01 [Not refereed][Not invited]
     
    職務発明の対価を当たってイノベーション宝くじ論を応用すべきことを提案した。
  • 「共有に係る特許権の実施許諾に対する他の共有者の同意について-発明の実施形態に中立的な制度設計の視点から-」
    中山一郎
    AIPPI 日本国際知的財産保護協会 (47巻2号) 10 - 24 2002/02/01 [Not refereed][Not invited]
     
    共有特許権を実施許諾する際の他の共有者の同意の要否について,日米比較も踏まえて考察した。

Books etc

  • 『改正特許法・実用新案法解説』
    (Joint work)
    有斐閣 1993/12 
    特許庁にて平成5年特許法・実用新案法改正に従事した他の2名(熊谷健一,土井俊一)との共著。なお,内容については3名の2年以上にわたる共同作業の成果をまとめたものであって,各人の執筆分担の特定は困難。

Conference Activities & Talks

  • 特許ライセンスの効力と競争法の規制の考察:第4回グルーバル特許権行使戦略セミナー報告  [Not invited]
    パテント69巻11号  2016/09  日本弁理士会

MISC

  • 政策・産業界の動き
    中山一郎  高林龍=三村量一=上野達弘編『年報知的財産法2023-2024』  146  -165  2023/12  [Not refereed][Invited]
  • 政策・産業界の動き
    中山一郎  高林龍=三村量一=上野達弘編『年報知的財産法2022-2023』  172  -189  2022/12  [Not refereed][Invited]
  • 政策・産業界の動き
    中山一郎  高林龍=三村量一=上野達弘編『年報知的財産法2021-2022』  162  -183  2022/01  [Not refereed][Invited]
  • 特許を使ったイノベーション戦略
    中山一郎  前田健=金子敏哉=青木大也『図録知的財産法』  80  -83  2021/02  [Refereed][Invited]
  • 政策・産業界の動き
    中山一郎  高林龍=三村量一=上野達弘編『年報知的財産法2020-2021』  182  -201  2020/12  [Not refereed][Invited]
  • 政策・産業界の動き
    中山 一郎  高林龍=三村量一=上野達弘『年報知的財産法2019-2020』  150  -166  2019/12  [Not refereed][Invited]
  • 政策・産業界の動き
    中山 一郎  高林龍=三村量一=上野達弘『年報知的財産法2018-2019』  142  -159  2018/12  [Not refereed][Invited]
  • 政策・産業界の動き
    中山一郎  高林龍=三村量一=上野達弘『年報知的財産法2017-2018』  148  -165  2017/12/01  [Not refereed][Invited]
  • 政策・産業界の動き
    中山一郎  年報知的財産法2016-2017  126  -147  2016/12/01  [Not refereed][Invited]
  • 知的財産法 論文式試験解説
    田村善之, 中山一郎  別冊法学セミナー『司法試験の問題と解説2016』  264  -269  2016/08/01  [Not refereed][Invited]
  • 政策・産業界の動き
    中山一郎  年報知的財産法2015-2016  136  -154  2015/12/01  [Not refereed][Invited]
  • 知的財産法 論文式試験の解説
    田村善之, 中山一郎  別冊法学セミナー 『司法試験の問題と解説2015』  241  -246  2015/08/01  [Not refereed][Invited]
  • 中山一郎  年報知的財産法2014  154  -170  2014/12/25  [Not refereed][Invited]
  • 中山一郎, 本山雅弘, 金子敏哉  法律時報  86-  (86巻13号)  192  -199  2014/12/01  [Not refereed][Invited]
  • 田村善之, 中山一郎  知的財産法政策学研究  (45号)  1  -32  2014/10/01  [Not refereed][Not invited]
  • 知的財産法 論文式試験の解説
    田村善之, 中山一郎  別冊法学セミナー『司法試験の問題と解説2014』  348  -354  2014/08/01  [Not refereed][Invited]
  • 中山一郎  年報知的財産法2013  158  -172  2013/12/01  [Not refereed][Invited]
  • 中山一郎, 金子敏哉  法律時報  85-  (85巻13号)  202  -209  2013/12/01  [Not refereed][Invited]
  • 知的財産法 論文式試験の解説
    田村善之, 中山一郎  別冊法学セミナー『司法試験の問題と解説2013』  342  -348  2013/08/01  [Not refereed][Invited]
  • 中山一郎, 本山雅弘, 金子敏哉  『法律時報』  84-  (84巻13号)  199  -206  2012/12/01  [Not refereed][Invited]
  • 政策・産業界の動き
    中山一郎  『年報知的財産法2012』  188  -203  2012/12/01  [Not refereed][Invited]
  • 政策・産業界の動き
    中山一郎  『年報知的財産法2011』  110  -125  2011/12/01  [Not refereed][Invited]
  • 知財戦略・産業界の動き
    中山一郎  『別冊NBL136知財年報 IP Annual Report 2010』  93  -108  2010/12/01  [Not refereed][Invited]
  • 知財戦略・産業界の動き
    中山一郎  『別冊NBL130 IP Annual Report知財年報2009』  130  -144  2009/12/01  [Not refereed][Invited]
  • 「知財戦略・産業界の動き」
    中山一郎  『別冊NBL123 知財年報IP Annual Report2008』  107  -124  2008/12/01  [Not refereed][Invited]
     
    2007年7月~2008年6月までの知的財産法に関連する法制度改正や政策,産業界の動向を解説した。
  • 「知財戦略・産業界の動き」
    中山一郎  『別冊NBL120 知財年報IP Annual Report2007』  153  -170  2007/11/01  [Not refereed][Invited]
     
    2006年7月~2007年6月までの知的財産法に関連する法制度改正や政策,産業界の動向を解説した。
  • 「知財戦略・産業界の動き」
    中山一郎  『別冊NBL116 知財年報IP Annual Report2006』  115  -131  2006/12/01  [Not refereed][Invited]
     
    2005年7月~2006年6月までの知的財産法に関連する法制度改正や政策,産業界の動向を解説した。
  • 「知財戦略・産業界の動き」
    中山一郎  『別冊NBL106 知財年報IP Annual Report2005』  153  -167  2005/11/01  [Not refereed][Invited]
     
    2004年7月~2005年6月までの知的財産法に関連する法制度改正や政策,産業界の動向を解説した。
  • 中山一郎  JMC Journal  53-  (2005年2月号)  28  -36  2005/02/01  [Not refereed][Invited]
     
    昨今の知的財産政策の動向に関する講演を基に加筆修正を加えた。
  • 「知的財産戦略についての取り組みと主要政策課題」
    中山一郎  『研究 技術 計画』  (17巻1/2号)  16  -24  2004/02/01  [Not refereed][Invited]
     
    昨今の知的財産政策の展開を概観するとともに,主要な政策課題について解説した。
  • 中山一郎  『経済産業ジャーナル』  35-  (2002年2月号)  38  -43  2002/02/01  [Not refereed][Not invited]
     
    イノベーションと特許の関係についての米国の研究成果を整理して紹介した。

Research Grants & Projects

  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業
    Date (from‐to) : 2020/04 -2024/03 
    Author : 曽野 裕夫, 東山 寛, 嶋 拓哉, 児矢野 マリ, 山下 竜一, 中谷 朋昭, 小林 国之, 村上 裕一, 清水池 義治, 中山 一郎, 伊藤 一頼
     
    研究期間4年目である令和4年度は、その前半は、昨年度にひきつづき新型コロナウイルス感染症の世界的影響のために本研究計画の中心的アプローチであったフィールド調査への制約がつづいたが、そのなかで実施可能な研究を行った。これに対して、年度の後半においては新型コロナウイルス感染症による制約は大きく緩和されたにもかかわらず、それに十分に即応することができなかった。 この研究プロジェクトでは、「ヒト」(生産主体)、「モノ」(生産物)、「プロセス」(生産・流通過程)という3つの視点から分析をおこなっているところ(なお、これらの視点は相互排他的ではなくて重複しうる)、昨年度から重点課題として、①農協制度(主に2016年農協法改正や独占禁止法との関係)、②農地制度(主に2009年農地法改正、2015年農業委員会法改正、2019年農地中間管理事業法改正)、③生乳・乳製品制度(主に2018年の生乳流通制度改革)、④種子法・種苗法(前者の廃止・後者の改正と各都道府県の対応)を取り上げ、リレー研究会を行っている。これらはいずれも近年の制度改革の対象となった課題である。令和4年度は、このうち、①について、政治学の観点から農業協同組合の成立と発展について検討している研究者を招へいして研究会を実施したにとどまった。 さらに、上述のリレー研究会の枠には入らない研究としては、「モノ」の分野について、農業における知的財産権に関して家畜遺伝資源不競法の国際的適用範囲に関する研究会を開催した。 以上のほかの、研究代表者及び分担者が各自、個人レベルでのを進めたが、それらを突き合わせた全体研究会の開催が不十分であった。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業
    Date (from‐to) : 2020/04 -2023/03 
    Author : 中山 一郎
     
    本研究では、①エビデンスに基づく知的財産法の分析、②立法・行政・司法・市場の役割分担について研究を進めており、令和3年度の主な研究実績は以下のとおりであり、いずれも研究会発表と論文発表を行った。 ①に関して、特許権侵害に対する相当実施料額の損害算定における侵害プレミアムについて昨年度に引き続き研究を深化させ、従来の法改正の効果や現状を実証的に分析し、理論的分析とあわせて侵害プレミアム算定の在り方を考察した。 また、職務発明制度について、使用者への最終的な権利帰属と従業者の法定請求権という基本構造の頑健性を確認した上で、その合理性について法と経済学の知見や実証研究の成果・データを活用しながらエビデンスに基づき検証した(①)。この研究は、従業者のインセンティブ設計をめぐる市場と法の役割分担(②)の問題でもあり、現状では法の介入に一定の合理性を見出し得るとの結論を得た。 さらに②に関して、COVID-19パンデミック下での特許権の制限の是非について昨年度から引き続き研究を進めた。ワクチン等へのアクセスを重視して強制実施権のように特許権を制限すべきか(法の介入)、新薬開発インセンティブを重視して医薬品アクセスは特許権者の自主的な取組みに委ねるか(市場による解決)、という対立に加えて、知的財産権の保護義務を免除(ウエイバー)するという急進的な提案が登場して論議を呼んでいる現状を踏まえ、国際的な議論の動向を分析するとともに、市場での解決を優先しつつも補完的な法的介入の在り方を探る観点から解決策を検討した。 そのほか、人工知能(AI)の発展により生じる特許法上の課題として進歩性要件及び発明者性について検討を進めた。この問題はAIを利用した発明を政策的に後押しするのか、市場に委ねるかという②の視点を内包している。
  • Japan Society for the Promotion of Science:Grants-in-Aid for Scientific Research
    Date (from‐to) : 2019/07 -2023/03 
    Author : 高倉 成男, 廣政 幸生, 木村 純子, 中山 一郎, 澤田 悠紀, 金子 敏哉, 夏井 高人, 中山 信弘, 山内 勇, 武生 昌士, 渕 麻依子, 斎藤 輝夫, 今村 哲也, 潮海 久雄, 田上 麻衣子, 前田 健
     
    ①知財法制、②農業経営、③国際協調の3つの観点を中心として研究を進めるとともに、本研究に必要な基礎データ(具体的には、日本における農業技術の開発・商業化の分析のための基礎データ、主要国における農業分野の特許出願・種苗登録出願件数のデータ等)を得るために、業務委託による調査を実施した。 2021年度中に公表した主要な研究成果として、遺伝資源の保護(髙倉成男「塩基配列情報はだれのものか」令和3年度商取引・サービス環境の適正化に係る事業(生物多様性条約総合対策事業)委託事業報告書(一般財団法人バイオインダストリー協会、2022年3月))や地域ブランド(『地域マーケティングの核心ー地域ブランドの構築と支持される地域づくりー』(2022年。今村哲也が共著者の一人)等に関する検討成果を論稿として公表した。特に、遺伝資源に係る利益配分についての検討成果は、高倉成男による最終講義(「知的財産の適切な保護と世界全体の危機への対処 強制実施権・利益配分の問題を中心として―」)をオンラインセミナーとして実施し、またその講演録を公開するなどしてその成果を社会に対して発信している。 また知的財産と農業分野に関する欧州の法令その他の資料について、夏井高人が多数の参考訳を公表している。 本研究は2021年度で終了する予定であったが、新型コロナの影響等により海外調査や研究打ち合わせを十分に行えなかったこと等に鑑み、2022年度までの延長を行った。
  • Japan Society for the Promotion of Science:Grants-in-Aid for Scientific Research
    Date (from‐to) : 2018/06 -2023/03 
    Author : 田村 善之, 中山 一郎, HAZUCHA B, 山根 崇邦, 鈴木 將文, 吉田 広志, 前田 健, 橘 雄介, 駒田 泰土, 上野 達弘, 奥邨 弘司, 金子 敏哉, 村井 麻衣子, 比良 友佳理, 孫 友容, 宮脇 正晴, 平澤 卓人, 小嶋 崇弘, 山本 真祐子, Rademacher C
     
    従来の知的財産法学の世界では、知的創作物や創作者概念と異なり、パブリック・ドメインは知的財産権の対象ではないものとして消極的に定義されるに止まり、スポットライトが当てられることは稀であった。しかし、知的財産法が創作を奨励し産業や文化の発展を目的とする以上、その究極の目標はパブリック・ドメインを豊かにし、人々にその利用を享受させるところにあるはずであり、知的創作物の創作者に対する権利はそれを実現する手段に過ぎないはずである。本研究は、このようなパブリック・ドメインを中心に置いた知的財産法に対するものの見方を軸に、いかにしてパブリック・ドメインを豊かにし、その利用を確保するのかという観点から、パブリック・ドメイン・アプローチという思考方法を提唱し、各種の知的財産法の構築を目指している。 とりわけ今年度は、昨年度までの総論的研究の成果を受け、各論的な研究に焦点を当て、特許法、著作権法、商標法、不正競争防止法のそれぞれについて、知的財産の保護の要件、保護の範囲、保護の効果の局面について、代表的な論点の研究に着手した。その際には、本研究が志すパブリック・ドメイン・アプローチの下では、それぞれの局面がパブリック・ドメインの対象から外される要件、パブリック・ドメインの領域から外される要件、パブリック・ドメインとの切り分けの問題であることを意識した立論を展開している。すでに年度内にその研究作業の一部については、次項に記すような内容の成果を得るにいたった。こうした本研究の成果は、パブリック・ドメイン研究会や「知的財産法政策学研究」その他の媒体を活用して社会に還元することに努めた。
  • Japan Society for the Promotion of Science:Grants-in-Aid for Scientific Research
    Date (from‐to) : 2010 -2012 
    Author : TAMURA Yoshiyuki, SUZUKI Masabumi, NAKAYAMA Ichiro
     
    There are two possible ways of using "intellectual property" as metaphor. The first approach sees intellectual property law as the way of providing protection to "intellectual works", and the second one understands intellectual property law as the ways of "regulating human activities". We argue the latter approach is recommendable. If this approach is adopted, those who argue for strengthening intellectual property protection will have to provide a more persuasive argument, which will support such protection and which will lead to its internalization by the regulated entities. The selection of metaphor thus significantly affects the overall process of conducting "muddling through" during the designing an intellectual property regime.

Educational Activities

Teaching Experience

  • Contemporary Law and Politics
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 法学研究科
    キーワード : 知的財産法,特許法
  • Contemporary Law and Politics
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 法学研究科
    キーワード : 知的財産法、著作権法
  • Modern Intellectual Property Ⅰ
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 法学研究科
    キーワード : 知的財産法、特許法
  • Modern Intellectual Property Ⅱ
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 法学研究科
    キーワード : 知的財産法、著作権法
  • Seminar in Intellectual Property
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 法学研究科
    キーワード : 知的財産法
  • Seminar in Intellectual Property
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 法学研究科
    キーワード : 知的財産法,英語
  • Intellectual Property Workshop Ⅰ
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 法学研究科
    キーワード : 知的財産法 特許法 著作権法 商標法 不正競争防止法
  • Issues in Intellectual Property
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 法学研究科
    キーワード : 知的財産法,英語
  • Issues in Intellectual Property
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 法学研究科
    キーワード : 知的財産法
  • Intellectual Property Colloquium Ⅰ
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 法学研究科
    キーワード : 知的財産法 特許法 著作権法 商標法 不正競争防止法
  • Modern Intellectual Property C
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 法科大学院
    開講学部 : 法学研究科
    キーワード : 知的財産法,特許法
  • Modern Intellectual Property D
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 法科大学院
    開講学部 : 法学研究科
    キーワード : 知的財産法、著作権法
  • Intellectual Property A
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 法科大学院
    開講学部 : 法学研究科
    キーワード : 知的財産法、特許法
  • Intellectual Property B
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 法科大学院
    開講学部 : 法学研究科
    キーワード : 知的財産法、著作権法


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.