Researcher Database

Taisuke Miyauchi
Graduate School of Humanities and Human Sciences Division of Human Sciences Department of Regional Science
Professor

Researcher Profile and Settings

Affiliation

  • Graduate School of Humanities and Human Sciences Division of Human Sciences Department of Regional Science

Job Title

  • Professor

Degree

  • Ph.D (Sociology)(The University of Tokyo)
  • Master of sociology (1986, University of Tokyo)(The University of Tokyo)

URL

J-Global ID

Research Interests

  • まちづくり   参加型調査   citizen science   聞き書き   resilience   community   disater recovery   宮城県石巻市北上地区   dried bonito   adaptive governance   environmental governance   北上川   里山保全   ヨシ   環境政策   コモンズ   半自然   池間島   文化人類学   半栽培   共同管理   順応的管理   レジティマシー   NGO   森林政策   生活戦略   ローカル・ノレッジ   生態系保全   メラネシア   森林環境   民族紛争   協働   環境保全   ガバナンス   森林管理   Solomon Islands   環境   開発社会学   the Solomon Islands   developing country   local society   environment   environmental sociology   regional sociology   development sociology   

Research Areas

  • Humanities & social sciences / Sociology

Academic & Professional Experience

  • 2008 - 北海道大学・大学院文学研究科 教授
  • 2008 - Professor
  • 1997 - 北海道大学助教授(文学部人文科学科地域システム科学講座) 助教授
  • 1997 - Associate Professor
  • 1997 - Associate professor, Hokkaido University
  • 1996 - 福井県立大学助教授(経済学部) 助教授
  • 1996 - Associate Professor
  • 1996 - Associate professor, Fukui Prefectural University
  • 1994 - 福井県立大学専任講師(経済学部) 講師
  • 1994 - Lecturer,1994- Lecturer, Fukui Prefectural University

Education

  •        - 1991  The University of Tokyo
  •        - 1991  The University of Tokyo  Graduate School, Division of Sociology
  •        - 1986  The University of Tokyo
  •        - 1986  The University of Tokyo  Graduate School, Division of Sociology
  •        - 1984  The University of Tokyo  Faculty of Letters
  •        - 1984  The University of Tokyo  Faculty of Literature

Association Memberships

  • THE JAPAN SOCIETY FOR INTERNATIONAL DEVELOPMENT   THE JAPANESE ASSOCIATION FOR MIGRATION STUDIES   日本社会学会   日本オセアニア学会   生態人類学会   THE JAPANESE ASSOCIATION FOR ENVIRONMENTAL SOCIOLOGY   Janaese sociological societyJapanese society for environmental societyHokkaido sociological associationJapanese society for Oceania studiesJapanese society for ecological anthropology   

Research Activities

Published Papers

  • Local History of Sardines Industry through Life Histories: A Case Study of Minamikushiyama, Nagasaki, Japan
    Taisuke Miyauchi, Tatsuya Kinjo
    Journal of Regional Fisheries 61 (1) 11 - 20 2021/06 [Refereed]
  • 複数的資源管理の議論のしかたはどうあるべきか-北島義和著『農村リクリエーションとアクセス問題-不特定多数の他者と向き合う社会学』を読む
    宮内 泰介
    環境社会学研究 (25) 219 - 223 2019/12 [Not refereed][Not invited]
  • 「八重子の日記」をめぐる歴史実践
    宮内 泰介
    菅豊・北條勝貴編『パブリック・ヒストリー入門-開かれた歴史学への挑戦』勉誠出版 224 - 245 2019/10 [Not refereed][Not invited]
  • Adaptive Process Management: Dynamic Actions Toward Sustainable Societies
    MIYAUCHI Taisuke
    Sato, T., Chabay, I., Helgeson, J. eds. (2018) Transformations of Social-Ecological Systems: Studies in Co-creating Integrated Knowledge Toward Sustainable Futures, Singapore: Springer 169 - 168 2019/01 [Refereed][Not invited]
  • 順応的なプロセス管理-持続可能な地域社会への取り組み
    宮内 泰介
    佐藤哲・菊地直樹編『地域環境学-トランスディシプリナリー・サイエンスへの挑戦』東京大学出版会 157 - 169 2018/01 [Not refereed][Not invited]
  • 順応性を発揮するプロセスデザインはいかに可能か-持続可能な環境ガバナンスの進め方
    宮内 泰介
    宮内泰介編『どうすれば環境保全はうまくいくのか―現場から考える「順応的ガバナンス」の進め方』新泉社 332 - 340 2017/03 [Not refereed][Not invited]
  • どうすれば環境保全はうまくいくのか-順応的なプロセスを動かし続ける
    宮内 泰介
    宮内泰介編『どうすれば環境保全はうまくいくのか―現場から考える「順応的ガバナンス」の進め方』新泉社 14 - 28 2017/03 [Not refereed][Not invited]
  • コミュニティの再生へ
    宮内 泰介
    西城戸誠・宮内泰介・黒田暁編『震災と地域再生―石巻市北上町に生きる人びと』法政大学出版局 272 - 287 2017/02 [Not refereed][Not invited]
  • Taisuke Miyauchi
    Ecology and Civil Engineering 20 (1) 143 - 146 1882-5974 2017 [Refereed][Invited]
  • 政策形成における合意形成プロセスとしての市民調査―社会学的認識の活かし方
    宮内 泰介
    社会と調査 (17) 38 - 44 2016/09 [Not refereed][Invited]
  • 北上町の自然環境と地域社会
    宮内 泰介
    西城戸誠・宮内泰介・黒田暁編『震災と地域再生―石巻市北上町に生きる人びと』法政大学出版局 22 - 30 2016/02 [Not refereed][Not invited]
  • 宇井純 反公害の科学と運動の実践者
    宮内 泰介
    宮本憲一・淡路剛久編『公害環境研究のパイオニア』岩波書店 374 - 385 2014 [Not refereed][Not invited]
  • 宮内 泰介, ミヤウチ タイスケ, MIYAUCHI Taishuke
    Field+ : フィールドプラス : 世界を感応する雑誌 / 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 [編] 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 (7) 26 - 26 1883-4957 2012/01/20 [Not refereed][Not invited]
  • 宮内 泰介
    Seeder : 種まく人 : 地球環境情報から考える地球の未来 昭和堂 0 (6) 80 - 83 2012 [Not refereed][Not invited]
  • 宮内 泰介
    判例地方自治 ぎょうせい (324) 120 - 123 0913-610X 2010/02 [Not refereed][Not invited]
  • 宮内 泰介
    判例地方自治 ぎょうせい (323) 101 - 104 0913-610X 2010/01 [Not refereed][Not invited]
  • オセアニアにおける紛争と人々の対応―ソロモン諸島の民族紛争を事例に
    朝倉世界地理講座15オセアニア 403 - 414 2010 [Not refereed][Not invited]
  • Junko Morimoto, Tetsuya Kondo, Taisuke Miyauchi
    LANDSCAPE AND ECOLOGICAL ENGINEERING 5 (1) 91 - 96 1860-1871 2009/02 [Refereed][Not invited]
     
    A sub-global assessment (SGA) began in Japan in November 2006, and is projected to end in May 2010, when the Tenth Conference of the Parties to the Convention on Biological Diversity (COP10) will be held in Nagoya City. Since May 2008, we have been involved in the evaluation of the Hokkaido Cluster, one of four clusters assessed. This report provides a brief background of the relationships between the Millennium Ecosystem Assessment (MA) and the SGA, and the governance structure of the SGA in Japan. It also describes our efforts in assessing the Hokkaido Cluster and discusses the challenges of SGA at the cluster and national levels. The MA was a 4-year international appraisal of scientific knowledge on world ecosystems and included global and sub-global assessment. After the MA, Japan began a satoyama-satoumi SGA in 2006. This is composed of six teams: the board, a science assessment panel, author groups, local advisory bodies, the board of review editors, and secretariat. Author groups include a national group and groups for four local clusters: Hokkaido, Tohoku, Hoku-shin-etsu, and Western Japan. Work in the Hokkaido Cluster began with a small group in 2008. Authors for the cluster report were selected from among experts on important events regarding satoyama and satoumi in Hokkaido. Generally, Hokkaido has no traditional satoyama-satoumi landscapes created by long-term interactions with the local people. We are now seeking the style of sustainable nature use that is best suited to Hokkaido. The SGA in Japan now faces the challenge of integrating the four cluster assessments according to common indicators.
  • 「所有」と「自然」の発見
    社会調査論 293 - 308 2009 [Not refereed][Not invited]
  • 半栽培から考えるこれからの環境保全――自然と社会との相互作用
    半栽培の環境社会学――これからの人と自然 1 - 20 2009 [Not refereed][Not invited]
  • 半栽培の多様性と社会の多様性――順応的な管理へ
    半栽培の環境社会学――これからの人と自然 118 - 131 2009 [Not refereed][Not invited]
  • MIYAUCHI Taisuke
    Journal of environmental sociology 環境社会学会 (13) 224 - 232 2007/10/31 [Not refereed][Not invited]
  • 宮内 泰介
    あうる 図書館の学校 (77) 14 - 16 2007/06 [Not refereed][Not invited]
  • 宮内 泰介
    NPOジャーナル 関西国際交流団体協議会 17 32 - 35 2007/05 [Not refereed][Not invited]
  • 宇井純さんが模索した学問のあり方について――フィールドワーク・歴史・適正技術
    環境社会学研究 (13) 225 - 233 2007 [Not refereed][Not invited]
  • "Rethinking Case Studies: Research as a Power to Construct Lives"
    Frontieres of Social Research: Japan and Beyond 39 - 52 2007 [Not refereed][Not invited]
  • "Pursuing the Sociological Study of Environmental Governance in Japna: An Introduction to the Special Issue"
    International Journal of Japanese Sociology 2 - 6 2006 [Not refereed][Not invited]
  • 「レジティマシーの社会学へ」
    『コモンズをささえるしくみ――レジティマシーの環境社会学』 10  2006 [Not refereed][Not invited]
  • Taisuke Miyauchi
    International Journal of Japanese Sociology 15 (1) 2 - 6 1475-6781 2006 [Not refereed][Not invited]
  • 宮内 泰介
    Advanced social research 関西学院大学大学院社会学研究科21世紀COEプログラム「人類の幸福に資する社会調査」の研究 (2) 27 - 46 2005/03 [Not refereed][Not invited]
  • 宮内 泰介
    社会学研究 東北社会学研究会 (77) 155 - 159 0559-7099 2005 [Not refereed][Not invited]
  • 「生活を組み立てるということと調査研究」
    『地域の自立 シマの力(上)』 181 - 199 2005 [Not refereed][Not invited]
  • 「事例研究再考――生活を組み立てる〈力〉としての調査研究」
    『先端社会研究』(関西学院大学21世紀COE「人類の幸福に資する社会調査」の研究) 2 27 - 46 2005 [Not refereed][Not invited]
  • 「沖縄漁民たちの南洋」
    『カツオとかつお節の同時代史』 158 - 179 2004 [Not refereed][Not invited]
  • 「ソロモン諸島へ進出した日本企業」
    『カツオとかつお節の同時代史』 115 - 130 2004 [Not refereed][Not invited]
  • 「北上するカツオ、南進する人びと――かつお節の向こうに私たちが見たかったもの」
    『カツオとかつお節の同時代史』 3 - 12 2004 [Not refereed][Not invited]
  • 「カツオ・かつお節産業の現在」
    『カツオとかつお節の同時代史』 14 - 24 2004 [Not refereed][Not invited]
  • Miyauchi Taisuke
    Japanese sociological review 53 (4) 566 - 578 0021-5414 2003/03/31 [Not refereed][Not invited]
     
    調査やフィールドワークについての中心的な議論の一つは,“調査する側−される側の問題”であろう.この問題は, 単に倫理の問題ではなく, 方法論,認識論の問題にまで広がる. この問題をどう考えればよいか. 本稿では,フィールドワークがそもそも多義的であることに基盤に, その多義性から,社会的に意味のある実践を引き出す方法として, 市民による調査, を考える.市民による調査は, そうした方法論上の要請からだけでなく, むしろ,市民活動などの実践からも必要とされている.市民調査は, 職業的研究者による研究の簡易版ではなく, 独自の特徴と意義をもったものである. 職業的研究者の調査研究が, 厳密な方法論の上に立って行われ, 学会やディシプリンへの貢献を目指すのに対し, 市民による調査は, さまざまな手法を, 市民の視線で組み直すことによって, 具体的な問題発見と解決, そして, より広い実践的な説得力, を目指す. 本稿では,そうした市民調査の特徴と課題について論じるとともに, 市民調査を社会的な力とするためのしくみについても考える.
  • 「『民族紛争』下の住民たち――ソロモン諸島マライタと避難民の移住パターンと生活戦略」
    『オセアニアの国家統合と地域主義(JCAS連携研究成果報告6)』 209 - 238 2003 [Not refereed][Not invited]
  • MIYAUCHI Taisuke
    Japanese Sociological Review 日本社会学会 53 (4) 566 - 578 0021-5414 2003 [Not refereed][Not invited]
     
    One of the central arguments about fieldwork is the problem of the relation between the investigator and the subject. Not constrained to the sphere of ethics, this problem extends even to that of the methodological and the epistemological.<BR>This paper presents "citizens' research" as a way to find socially meaningful practice from fieldwork, which is essentially polysemous. "Citizens' research" is also necessary in volunteer activities. Citizens' research is not a simplified version of professional research but in itself possesses original features and meanings. From ordinary people's perspective, it selects and combines various types of methodology with the objective to identify problems and find concrete solutions, whereas professional research is based on strict methodology and aims to contribute to a specific discipline. This paper also discusses what kind of social institution and mechanism should be created to make citizens' research become a socially powerful tool.
  • MIYAUCHI Taisuke
    Journal of environmental sociology 環境社会学会 (7) 56 - 71 2001/10/31 [Not refereed][Not invited]
     
    Environmental autonomy is discussed in the context of Sapporo, Japan. Focusing on particular environmental issues, this article highlights points that are central to the notion of environmental autonomy: relativize ownership rights, reorganize management system, and restructure legitimacy and mediation systems. Public objection to environmental disruption, active involvement in conservation, and contribution to environmental regulations can achieve relativization or devaluation of ownership rights. Relativization raises questions of legitimacy: i.e., who has the rights and responsibility to the environment. The paper argues that effective discussion of environmental issues requires citizens' research and the existence of a mediation system. Stakeholders' interests may vary and thus result in conflict.
  • 「コモンズの社会学――自然環境の所有・利用・管理をめぐって」
    『講座環境社会学・第3巻・自然環境と環境文化』 25 - 46 2001 [Not refereed][Not invited]
  • 「住民の生活戦略とコモンズ――ソロモン諸島の事例から」
    『シリーズ環境社会学・2・コモンズの社会学――森・川・海の資源共同管理を考える』 144 - 164 2001 [Not refereed][Not invited]
  • 「ソロモン諸島マライタ島における出稼ぎと移住の社会史――1930~1990年代」
    『オセアニア近代史の人類学的研究――接触と変貌、住民と国家』(国立民族学博物館研究報告別冊21号) 237 - 260 2000 [Not refereed][Not invited]
  • Miyauchi Taisuke
    Bulletin of the National Museum of Ethnology. Special issue 国立民族学博物館 21 237 - 259 0288-190X 2000 [Not refereed][Not invited]
  • 「援助という名の漁場確保」
    『日本人の暮らしのためだったODA』 44 - 65 1999 [Not refereed][Not invited]
  • MIYAUCHI Taisuke
    Journal of environmental sociology 環境社会学会 (4) 125 - 141 1998/10/05 [Not refereed][Not invited]
     
    This paper studies the rural Solomon Islanders' interaction with the environment, their land ownership and usage rights. In Anokelo village, North Malaita, Solomon Islands, the residents use the environment around the settlements for shifting cultivation, collecting wild plants or small animals and cash crops production such as coconuts and cacao. However, this land is owned by a man who lives in another village near by Anokelo. The landowner won the land in the native court in 1954. He won the land due to the British colonial government's encouragement of land registration and personalization of land ownership. The Anokelo villagers use the land, however, mostly without any special permission from the owner, except in cases of cutting big trees for house building and expanding coconut gardens. They have 'collective usufruct'. Traditionally the land is regarded as a clan's land with their tribal history. And, importantly, land usage rights are distinct from ownership. The'Anokelo people use the land in a great variety of ways. They engage in shifting cultivation as their main subsistence activity, planting various plants outside the area of their gardens, and collecting wild plants. They also engage in commodity production of crops such as coconuts and cacao. The semi-domestication or semi-cultivation of plants such as sago palm and bamboo also plays a great role. This collective usufruct of the land is now getting unstable, although it still exists. The owner wants to charge the people for the trees they use to build houses. Some families want to buy patches of the land. The collective usufruct is not powerful but remains crucial to the people's livelihood.
  • 「発展途上国と環境問題――ソロモン諸島の事例から」
    『講座社会学・12・環境』 163 - 190 1998 [Not refereed][Not invited]
  • Miyauchi Taisuke
    Ryukoku journal of economic studies 龍谷大学 35 (4) 91 - 134 0918-3418 1996/03 [Not refereed][Not invited]
  • 宮内 泰介
    IPSHU研究報告シリ-ズ 広島大学平和科学研究センタ- (22) p117 - 140 1342-5935 1993/07 [Not refereed][Not invited]
  • 宮内 泰介
    IPSHU研究報告シリ-ズ 広島大学平和科学研究センタ- (20) p65 - 87 1342-5935 1991/03 [Not refereed][Not invited]

Books etc

Conference Activities & Talks

  • イフヒストリーから見るイワシ産業の地域史:長崎県雲仙市南串山町の事例から  [Not invited]
    宮内 泰介
    地域漁業学会第61回大会  2019/11  長崎大学  地域漁業学会
  • Community Reorganization and its Multilayeredness: An Case study of Post-disaster Communities  [Not invited]
    MIYAUCHI Taisuke
    Annual Conference of Japanese Association for Environmental Sociology  2019/06  明治学院大学  Japanese Association for Environmental Sociology
  • Rural Community Sustainability and the Commons: A Post-Disaster Experience  [Not invited]
    Miyauchi, T
    XIX ISA World Congress 2018 Toronto  2018  Tronto, Canada  ISA
  • Community as the resilient factor?: The diverse role of communities in the recovery process from the 2011 tsunami in Japan  [Not invited]
    Miyauchi, T
    5th International Symposium on Environmental Sociology in East Asia  2015  Sendai, Japan  International Symposium on Environmental Sociology in East Asia
  • What makes social-ecological systems robust? - A case study of natural resources management in the Kitakami area of northern Japan  [Not invited]
    Miyauchi, T
    International Symposium on Environmental Sociology in East Asia 2013  2013  Nanjing, China  International Symposium on Environmental Sociology
  • Common property systems and resilience following disasters: case study of tsunami-hit villages in Kitakami area of Miyagi, Japan  [Not invited]
    Miyauchi, T
    14th Global Conference of the International Associations fro the Study of the Commons  2013  Fujiyoshida, Japan  International Associations fro the Study of the Commons
  • 多元性の中での開発教育・社会学教育のゆくえ――大学教育におけるグループディスカッション手法の経験から  [Not invited]
    Miyauchi, T
    国際開発学会第24回全国大会・企画セッション「大学における開発教育とディシプリン」  2013  東京  国際開発学会

MISC

  • 菅 豊, 室井 康成, 宮内 泰介  現代民俗学研究  (6)  150  -152  2014  [Not refereed][Not invited]
  • 宮内 泰介, 中島 大, 佐藤 幸人  茨城大学政経学会雑誌  (82)  1  -13  2013/03  [Not refereed][Not invited]
  • MIYAUCHI Taisuke  Journal of environmental sociology  (17)  2011/11/20  [Not refereed][Not invited]
  • 宮内 泰介  旭硝子財団助成研究成果報告  1  -7  2009  [Not refereed][Not invited]
  • MIYAU\CHI Taisuke  Journal of environmental sociology  (10)  2004/11/30  [Not refereed][Not invited]
  • 『自分で調べる技術――市民のための調査入門』
    岩波書店  2004  [Not refereed][Not invited]
  • 『カツオとかつお節の同時代史』
    コモンズ  2004  [Not refereed][Not invited]
  • 『新訂 環境社会学』
    放送大学教育振興会  2003  [Not refereed][Not invited]
  • 『森林の百科』<井上真他編>
    朝倉書店  2003  [Not refereed][Not invited]
  • 『新訂 環境社会学』<舩橋晴俊・宮内泰介>
    放送大学教育振興会  2003  [Not refereed][Not invited]
  • 『現代社会学における歴史と批判――グローバル化の社会学』<武川正吾・山田信行>
    東信堂  2003  [Not refereed][Not invited]
  • 『国際社会6 東アジアと日本社会』<小倉充夫・加納弘勝編>
    東京大学出版会  2002  [Not refereed][Not invited]
  • 『シリーズ環境社会学・2・コモンズの社会学――森・川・海の資源共同管理を考える』
    新曜社  2001  [Not refereed][Not invited]
  • 『講座生活学第2巻・生活学の方法』<川添登・佐藤健二編>
    光生館  1997  [Not refereed][Not invited]

Research Grants & Projects

  • 「野の芸術」論―ヴァナキュラー概念を用いた民俗学的アート研究の視座の構築
    文部科学省:基盤研究(B)
    Date (from‐to) : 2019 -2022 
    Author : 菅 豊
  • 環境再生デザインの公共社会学:修復的環境正義の実践的理論構築に関する研究
    文部科学省:基盤研究(B)
    Date (from‐to) : 2018 -2022 
    Author : 福永 真弓
  • 語り継ぐ存在の身体性と関係性の社会学―排除と構築のオラリティ
    文部科学省:基盤研究(B)
    Date (from‐to) : 2017 -2022 
    Author : 関 礼子
  • 再生可能エネルギー事業開発にかかわるアクティビズムと合意形成に関する比較研究
    文部科学省:基盤研究(B)
    Date (from‐to) : 2018 -2021 
    Author : 西城戸 誠
  • エネルギー技術の多元性と多義性を踏まえたガバナンス方法の研究
    文部科学省:基盤研究(A)
    Date (from‐to) : 2017 -2021 
    Author : 丸山 康司
  • 災害後のコミュニティ再編と自然資源管理の再構築に関する研究
    三井物産環境基金:三井物産環境基金研究助成
    Date (from‐to) : 2017/04 -2020/03 
    Author : 宮内 泰介
     
    本研究は、東日本大震災の被災地で集団移転が進行中である宮城県石巻市北上地区を事例に、当該地域で震災前から震災後にかけて積み上げてきた膨大なデータと、新たな実態調査によるデータを用い、大きな災害をこうむりコミュニティを再編せざるをえなかった地域が、どのように自然資源管理を再構築できるのか、またそれによっていかに地域の再生を図ることができるのか、政策提言を含めた知見を創出する。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的研究(萌芽))
    Date (from‐to) : 2017/04 -2020/03 
    Author : 宮内 泰介
     
    本研究は、イワシ漁業の複数の事例研究から社会-生態システムのレジリエンス・モデルを作ることを目的とする。日本におけるイワシ漁業は、江戸時代以降、社会の複雑な諸要件と自然の複雑な諸要件が交差するところで生き延びてきた歴史を持つ。本研究では、イワシ資源とイワシ漁業・加工業・地域社会の総体を「社会-生態システム」ととらえ、それがさまざまな危機の中でどう生き延びてきたのか、そのレジリエンス・モデルを作ることを目的とする。具体的には、千葉県、瀬戸内海、愛媛県南予地区、長崎県の4つの地域におけるイワシ漁業の100年について、現地調査と資料収集・レビューによってデータ蓄積し、そこからイワシ漁業の変動や持続性に影響を及ぼしている諸ファクターを抽出する。さらにそれらとイワシ漁業の変動・持続との間の関係をモデル化し、レジリエンスの様態や要件を明らかにする。
  • イワシ漁業に見る社会−生態システムのレジリエンス
    文部科学省:挑戦的研究(萌芽)
    Date (from‐to) : 2017 -2020 
    Author : 宮内 泰介
  • 文部科学省:基盤研究(A)
    Date (from‐to) : 2016 -2020 
    Author : 宮内 泰介
  • パブリック・ヒストリー構築のための歴史実践に関する基礎的研究
    文部科学省:基盤研究(B)
    Date (from‐to) : 2016 -2019 
    Author : 菅 豊
  • 自然科学と社会科学の融合による都市の環境共生と野生動物管理の調和的実現への挑戦
    文部科学省:挑戦的萌芽研究
    Date (from‐to) : 2016 -2019 
    Author : 佐藤 喜和
  • イワシ、カツオ・マグロ等からみえるアジアにおける水産物グローバル化とその諸影響
    文部科学省:基盤研究(B)
    Date (from‐to) : 2014 -2017 
    Author : 福家 洋介
  • 現代市民社会における「公共民俗学」の応用に関する研究―「新しい野の学問」の構築―
    文部科学省:基盤研究(B)
    Date (from‐to) : 2013 -2016 
    Author : 菅 豊
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    Date (from‐to) : 2013 -2015 
    Author : 菅 豊, 宮内 泰介, 竹川 大介, 川森 博司, 政岡 伸洋, 加藤 幸治, 俵木 悟
     
    本研究は、日本で展開されている民俗学的実践を、現代的かつ国際的な民俗学の方向性である「公共民俗学」という観点から捉え直すことによって、現代市民社会に対応する「新しい野の学問」を構築することを目的としている。本年度は、この目的に鑑み、まず、地域住民とともに「公共の問題」や民俗学の社会実践の問題に直接関わってきた本研究メンバーが、個々のフィールドで生起している「新しい野の学問」の生成と深化に不可欠な重要課題をフィールドワークにより精査した。次いで、各メンバーの個別研究成果を共有するために研究会を開催した。この研究会は、基本的に一般公開とし、社会への研究成果の還元に努めた。また日本民俗学会、日本文化人類学会等の学術組織と共催することにより、成果を学問領域を越えて広く学界に提供した。さらに、本研究の成果を国際的視野で検討するため、海外学会(菅、中国民俗学会30周年記念大会)で発表を行うとともに、海外の公共民俗学研究者を日本での研究会(日本民俗学会との共催シンポジウム)へ招へいし議論を深めた。主たる研究会は下記の通り。○第1回研究会:「新しい野の学問」の時代へ―民俗学が進みゆく潮流のひとすじ―(2013年6月22日:東京大学)○第2回研究会:商店街は滅びるのか?―ポスト・『三丁目の夕日』時代のアクチュアリティ―(2013年9月28日:東京大学)○第3回研究会:第65回日本民俗学会年会国際シンポジウム「無形文化遺産政策のホットスポット・中国―中国民俗学の経験から学ぶ―」(2013年10月13日:新潟大学)○第4回研究会:生活環境主義とは何か?―民俗学の思想を問い直す(2013年11月16日:東京大学)○第5回研究会:パブリック民俗学とパブリック人類学の対話可能性」(2013年12月15日:東京大学)
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(A))
    Date (from‐to) : 2012 -2015 
    Author : 宮内 泰介, 西城戸 誠, 立澤 史郎, 三上 直之, 角 一典, 佐藤 哲, 丸山 康司, 富田 涼都, 鬼頭 秀一, 菊地 直樹, 福永 真弓, 山本 信次, 関 礼子, 大沼 進, 鈴木 克哉, 菅 豊, 赤嶺 淳, 松村 正治
     
    本研究は、自然資源管理と再生可能エネルギーという2つのテーマに焦点を当てながら、多くの詳細な事例研究(20件程度の中核的事例とその他多数の網羅的な事例)から、多元的な価値の中でどう環境ガバナンスを構築することができるかを研究することを目的としている。具体的には、(1)自然資源管理や再生可能エネルギーをめぐっての地域の多元性とその歴史的ダイナミズムについて事例から分析してモデル化、理論化し、さらに、(2)地域固有の歴史とりわけ地域環境史の中で環境ガバナンスのあり方、とくに合意形成や地域の文脈作りについて事例研究およびモデル構築を行う。加えて、(3)社会実験的に住民参加型の質的調査を行う中から、環境ガバナンスに資する調査手法の開発も同時に目指すものである。平成24年度は、6回の研究会を行うと同時に、各自あるいはグループによる調査を進めてきた。6回の研究会では、それぞれの調査フィールドからの報告と議論がなされ、さらにゲストスピーカーによる講演も行い(同時に、それらの動画やファイルをネット上で共有し)、問題意識や手法の統合を進めた。一方、各自あるいはグループの調査は、たとえばグループではドイツや北海道での再生可能エネルギーの調査などを進め、各分担者や研究協力者はそれぞれに調査を進めてきた。これらの調査・研究会の遂行により、多元的な価値の中でどう環境ガバナンスを構築するかについて、鍵となるポイントがいくつか見いだされつつある。しかし、まだモデル化、理論化には至っておらず、今後の課題である。また、上記(3)の社会実験についても未着手である。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    Date (from‐to) : 2012 -2014 
    Author : 関 礼子, 阿部 治, 江上 渉, 高木 恒一, 林 雄亮, 宮内 泰介
     
    東日本大震災におげる複合災害の経験をヒアリング調査、文献や新聞記事サーベイ、アンケート調査から明らかにしようと試みた。アンケート調査結果は2冊の報告書(速報・暫定版230頁、Web版22ページ)にまとめた。また成果の一部は2012年度科研費報告書にまとめた。1、避難者の動向および受け入れ自治体の施策に関しては、複数県および市町村へのヒアリング調査を実施し、災害時の対応が平時の自治体間交流や地域づくりを通じた交流、被災経験の有無、観光業の集積などが相関していることが明らかになった。また、一定数の避難者を受け入れ続けている自治体においては、数値からは示されないが、避難者の属性が変化していることが示された(自治体連携の減災効果については論文投稿中)。2、原発事故が避難者にもたらした被害の相貌や現状制度の問題点については、仮設住宅・借上げ住宅の調査や広域避難者の調査から、世帯・家族の分離によるストレスの詳細が明らかになったが、その子細はそれぞれに異なる。「住み続ける権利」(井上英夫)と「避難する権利」(河崎健一郎)は相反する権利ではない。そうした状況を総合的に検討する概念装置として「ライフ復権」と「ライフへの権利」を提唱した。また、広域避難者をめぐる状況についても報告書にまとめた。3、文献や新聞記事サーベイなどを通して、原発立地自治体の原発依存体質(への組み込み)については、中間貯蔵施設建設計画においても同様の構図が青写真として存在するのではないかという点がみえてきた。原発事故は反原発の動きを生んだが、原発事故の終息に向けた動きは原発依存構造の再編を企図しているというパラドキシカルな状況にあるのである。報告書・関礼子編2013『被災・避難生活を写真で語る福島県楢葉町、私たちのいま』(pp。1~64)・関礼子編2013『水俣病から福島原発事故を考える』(pp.1~89)
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    Date (from‐to) : 2012 -2014 
    Author : 古川 彰, 鳥越 皓之, 鬼頭 秀一, 松田 素二, 宮内 泰介, 菅 豊
     
    本研究は、その蓄積を基礎として「小さな共同体」が経験し対処してきた破局的状況に着目して、社会を襲った「災害」に対する共同体の柔軟で重層的な叡知のもつ実践的可能性を探究し、「小さな共同体」がつくりあげてきた災害に対処する潜在力を、災害経験の文化化(災害文化の生成)としてとらえ、その重層的なメカニズムを具体的に解明することを目的としている。こうした目的および研究計画に沿って、初年度の平成24年度は、研究代表者・分担者で滋賀県知内むらの共同調査を実施し、問題意識を確認し、共有した。知内むらについては、265年分の村の日記のなかから災害文化化の基礎データの整理を開始した。この歴史的データを踏まえて、現時点で存続・作用している災害文化の実態の聞き取り調査をおこなった。分担者は、各自のフィールドにおいて、担当する小さな共同体における特徴的な災害について、知内むらにおける災害経験の記憶と文化化の過程との比較のための予備的な調査を実施した。同時に、それぞれの地域で水害古写真の収集や地域の文字記録のデータベース化のための準備作業を行った。フィールド調査以外に、共通の枠組づくりのための基礎作業として、河川工学や地理学などの自然系の水害研究以外の社会科学的、人文学的な水害研究の文献を中心に文献リストを整理し、これまでの自然災害や水害にかかわる研究レビューを行うとともに、そこでの研究の論理の分析方法を検討した。また、文献データのデータベース化のためのプロトコルの調整を行った。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
    Date (from‐to) : 2012 -2014 
    Author : 宮内 泰介, 赤嶺 淳
     
    本研究は、まちづくり、環境保全活動、市民活動などに資する住民参加型の質的調査手法を開発することを目的とし、具体的には、(i)市民・住民が行う聞き取り、聞き書き、フィールドワークなどの調査手法開発(市民参加で取り組みやすくまた効果的な質的調査はどうあるべきか)、(ii)収集したデータの市民向け整理法の開発(取り組みやすく効果的な整理法)、(iii)整理した質的データの市民向け活用法の開発(質的データを使ったワークショップなど、まちづくりや市民活動に直結するような質的データの利用法の開発)の3つを、社会実験を織り交ぜながら進めることを目指している。(i)については、石巻市北上町における復興支援のための質的調査という社会実験を軸に、成果を上げることができた。(ii)については北海道日高町の聞き書き集を編集するという作業の中である程度進んだが、課題がいくつも見つかった。上記の石巻市北上町における復興支援のための質的調査の中でも、その整理法についていくつかアイデアが出てきたが、まだ不十分なままである。(iii)についてはまだ着手できていない。まちづくりに資する質的調査の事例調査については、いくつかのケーススタディが進み、また、上記石巻市北上町における社会実験も進んだ。しかし、計画に挙げていた、研究者・耳痛かを集めてのワークショップを通して理論化や体系化を図るという作業はまだできておらず、今後の課題として残っている。アウトプットもいくつかできたが、まだ不十分である。
  • Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
    Date (from‐to) : 2009 -2011 
    Author : Akira FURUKAWA, 鳥越 皓之, 菅 豊, 宮内 泰介, 鬼頭 秀一, 松田 素二, 藤村 美穂, 土屋 雄一郎
     
    Through describing the cultural process of coping with the disaster, this research clarifies the social practices engaged by those who live in the local area. The finding is that those practices can be understood as not just a social policy for reducing the damage caused by unexpected events like natural disasters, but an indigenous way of life that people in the small community have created through their own distinctive practices and beliefs. This research presents a new perspective of how we can manage the risk faced in contemporary world in focusing on the process of emergence of knowledge and practice based on people's everyday life. It also suggests the potential contributions carried by sociological researches in the field of studies on disaster and the policies making for management of disasters.
  • Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(A))
    Date (from‐to) : 2008 -2011 
    Author : Taisuke MIYAUCHI, 鬼頭 秀一, 佐藤 哲, 菅 豊, 関 礼子, 赤嶺 淳, 立澤 史郎, 丸山 康司, 松村 正治, 菊地 直樹, 鈴木 克哉, 山本 信次, 福永 真弓, 富田 涼都
     
    Many of our field researches has revealed some important points of the governance of natural resources : 1. Recognizing plural values, 2. securing adaptive process, and 3. Re-contextualizing the story of resource management by implementing citizen's researches.
  • Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(A))
    Date (from‐to) : 2004 -2008 
    Author : Kenichi SUDO, 山本 真鳥, 林 勲男, 関根 久雄, 橋本 和也, 柄木田 康之, 風間 計博, 山本 真鳥, 白川 千尋, 宮内 泰介, 林 勲男, 安井 眞奈美, 市川 哲
     
    The scientific research was conducted in Micronesia, Polynesia, Melanesia, and Australia. As results we could get information and data how did Oceanian people respond to the effects of globalization and adopt selectively some items of global culture to create new tradition and culture in Microstates.1.MicronesiaSudo conducted research in Yap States, Federated States of Micronesia, and got intensive information about the building process of outer islander's communities in Yap and network formation in Guam. Karakita did research on life history of migrants from outer islands and intimate relationship between them and people of homeland. Yasui conducted fieldwork in Republic of Palau to reconfirm the roles of female chief's and their activities.2.PolynesiaSudo could analyze political system through collecting information of strike, political reform, and riot in Kingdom of Tonga. Yamamoto did research on the democracy and voting system in Samoa. Yoshioka studied migration to capital and building new community in Tuval.3.MelanesiaHayashi got data of development of tourism through National program which performs mask festival and preserves of traditional cultures in Papua New Guinea. Sekine did research on agricultural development by NGO support and Miyauchi conducted research on peace making in Solomon Islands. Hashimoto conducted research on democracy in Fiji and Shirakawa did research on custom of urban people in Vanuatu. Kazama conducted fieldwork to understand the Gilbert Islanders in Fiji. Ichikawa could collect data of life histories of Chinese overseas, who re-migrated to Australia from Papua New Guinea.
  • Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
    Date (from‐to) : 2005 -2007 
    Author : Taisuke MIYAUCHI, 古川 彰, 布谷 知夫, 菅 豊, 牧野 厚史, 関 礼子
     
    This study seeked for modeling human-nature system, focusing on semi-nature or semi-domestication such as reed and related social institutions. In this project, 1. We researched reed bed at the rivermouth area of Kitakami River and related human activities, and, 2. Disucussed semi-nature and social system with different dicipline scholars. About 1., the research has revealed that reed bed ecology has greatly changed and this change has been related to the change of community organizations and people's life structure. Nature, nature utilization and social institutions has changed in the interrelationship. About 2, (I) we have moderated the concept of semi-nature (semi-domestication), I.e. semi-nature has three dimensions: (a) domestication, (b) change of habitat, c change of human recognition. We have also revealed that semi-nature is related to a variety of semi-something such as semi-ownership, semi-management, etc. (ii) we have concluded that semi-nature and social system is interrelated, but it is hard modeling. It is rather important to study local environmental history. (ii) we have also argued that this semi-nature concept is going to be crucial to adaptive management. In addition, the concept of adaptive governance is effective.
  • Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
    Date (from‐to) : 2004 -2006 
    Author : Hiroaki KAKIZAWA, 齋藤 和彦, 宮内 泰介, 土屋 俊幸, 佐藤 宣子, 山本 信次, 枚田 邦宏, 齋藤 和彦
     
    In this project, process to establish governance for forest conservation was analyzed.Firstly we focused on governance for urban forest conservation. Volunteer group for forest conservation has been active since 1980's and these groups became interested collaborative forest management with local people. Municipal government and forest owners association has became interested in co-management, and thus network of urban forest conservation has developed.Secondly, we investigated restoration of clear cut area. In Southern Kyusyu Island, intensification of logging activity and abandonment of replantation has become serious issue. To combat these situations, local community and prefectural government established collaborative project to prevent replantation abandonment. Local communities also establish watershed based collaborative network to restore abandoned area.Thirdly we investigated movement to establish system to build house using local timber. Many of carpenters and architect has become interested to use local timber and began establish network to supply local timber for house construction. Local government and sawmills are also become involved this network. However, so far, they failed to give economic incentive to forest owners and could not succeed to make bridge between consumer and forest owners.Governance for forest conservation has establish various part of Japan and in various field. Triger to establish governance was clearly "clear issue" and existence of "organizer".
  • Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
    Date (from‐to) : 2002 -2005 
    Author : Yukiko KADA, 鬼頭 秀一, 松田 素二, 古川 彰, 鳥越 皓之, 宮内 泰介, 菅 豊, 鬼頭 秀一
     
    This study aimed at constructing a problem-solution model based on social system to overcome environmental issues that are becoming more serious in Japan and the world. We tried to organize and analyze monographs ; which has been accumulated by sociologists, folklorists and anthropologists, from a perspective of local system relating to environment conservation as the most important purpose. In order to effectively use the collected data, river basin, lakes and marshes are selected and 1)we gathered local knowledge on conservation and utilization of environment from existing data executed also by members of this study for comprehensive analysis. 2)We collected comparative data mainly through fieldwork in Japanese river basin, islands and urban areas. 3)We held workshops for building models for environment conservation which can be adapted to medium sized communities to apply intermediate technology.We tried to organize studies of folklore, ethnographies, anthropology and sociology to reutilize them, and to examine them through fieldwork practices for examining environmental issues of 21^ century and building model structure for solving the problems.From the result, we could find possibilities and methods for making database on local people's living wisdom, accumulated in various ways, by carefully analyzing monographs gathered by folklorists, anthropologists and rural sociologists. Creation of the method allowed us to understand and compare the knowledge of everyday life and environment conservation among Japan and other areas, and gave us different aspects as one can see in list of accomplishments.
  • Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
    Date (from‐to) : 2003 -2004 
    Author : Taisuke MIYAUCHI, 菅 豊, 近藤 隆二郎, 家中 茂, 関 礼子, 牧野 厚史
     
    This study has revealed the following three points :1.We should not treat 'the commons' as the rigid resource management system of the area members to the area natural resource. We should think of historically multilayred common property system. Also the commons change. This dynamism would be the focus of the study.2.Loose and ambiguous rule and/or norm of the commons encourage the creativity of the local activities.3.When we think about the local governance of the natural resources, 'legitimacy' would be the focal point. 'Legitimacy' is the key category to think who has the right to the resource and who recognize the right.4.We should analyze how the legitimacy appears. Legitimacy comes form various social backgrounds : local justice, local recognition of the 'history', local narrativeness and more.
  • Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
    Date (from‐to) : 2002 -2003 
    Author : Akira TAGUCHI, 宮内 泰介, 鈴木 敏正, 小島 廣光, 杉岡 直人, 東海林 邦彦, 本田 宏
     
    We held more than twenty research meetings and interview meetings these two years. Not only researchers foreign and native but also many practitioners were invited to these meetings in order to give us instructive informations.Many of our members published their excellent works. Some of them completed their articles for a new textbook. As for curriculum Tarumi and Hatayama conducted experimental courses in their own unoversities and reported us about their result. We are trying to make some model curriculums and publish them.International NPO Congress at Beijin in which we had planned to participate was stopped for fear of desease. Instead almost all of us participated in Japanese National Forum of NPO opened in September 2003 at Sapporo.In February 2004 we held a big and special research meeting with the theme "Reform of the Juridical Persons for the Public Good" inviting many specialists from all over Japan. A record of this meeting was published in April. Our research group will continue till new curriculums and a textbook are completed.
  • Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
    Date (from‐to) : 2001 -2003 
    Author : Hiroaki KAKIZAWA, 山本 美穂, 宮内 泰介
     
    To establish ecosystem based forest management for the private forestland, collaboration among various forest owners are required. However, as timber economy in Japan is quite deteriorated, most of forest owners are disinterested in forest management, and there are no incentives to collaborate towards ecosystem based management. This research aimed to clear institutional conditions to establish collaborative forest ecosystem management. Firstly, we identified the necessity to establish environmental governance based on collaboration among forest owners, NGOs, administration, forest owners association and local people. Forest policy should be formulated under the governance regime. Secondly, administration organization should play important roll to establish collaborative relationship. However, many of the local government, especially municipalities, lack resources to function under a decentralized regime. There is an urgent need to reassess administrative systems that could handle both decentralization and responsible administration. In this research, resource management system was evaluated in terms of comprehensiveness of resource management, professionalism of resource management, and public participation. It should be establish broader-based local government specialized to natural resource management. Thirdly, as many of forest owners could not manage their forestland and management system by third party should be established. Our questionnaire survey showed that many of forest owners were willing to transfer their management right to other entities. Municipalities and forest owners associations are favorable entities to transfer their management right. Current forest policy is manly targeted to forest owners, but this type of policy has limitation. Policy should be reformulated so that management right of forest could be transferred to appropriate entities that have enough knowledge and ability to manage forest sustainable.
  • Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
    Date (from‐to) : 2001 -2002 
    Author : Taisuke MIYAUCHI, 白川 千尋, 塩田 光喜, 関根 久雄
     
    This research aims to study ethnic tensions in Melanesia from the perspective of developmet sociology and development anthropology. The study has revealed following points. 1. The ethnic tension in Solomon Islands has the background that Solomon Islands' modernization has marginalized Guadalcanal Islanders. 2. How displaced people in the Solomon Islands was affected depends on where and how they lived in Guadalcanal Island. Malaitan people, who purchased land in Guadalcanal to get both town accessibility and subsistence economy, were most affected. 3. In Solomon Islands, the ethnic tension has promoted people's "to our land" ideology. 4. The ethnic tension in Solomon has changed traditional 'compensation' to the mere way of claiming for money. 5. Some efforts to re-educate young people for peace have occurred after the tension in Solomon Islands. 6. Vanuatu, where no ethnic tension has occurred, has latent conflict for land in Port Vila. This latent conflict appears when people label themselves.
  • 文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
    Date (from‐to) : 1999 -2000 
    Author : 宮内 泰介
     
    本研究の目的は、戦前の沖縄において、カツオ漁およびかつお節生産のためにミクロネシア(南洋群島)およびボルネオに移民した人びとの実態、とくに(1)移民の社会的背景(構造)および(2)移民の生活史、を歴史社会学的に考察することにあった。研究対象の沖縄県池間島で明治から大正にかけてカツオ産業が盛んになった理由として、本研究では、次の3点が明らかになった。(1)カツオ産業の前史として八重山出漁による採貝業があったこと。その背景には日本におけるボタン産業の隆盛と沖縄における寄留商人の存在があったこと。(2)裸潜り/追い込みという技術をもっていたこと。(3)沖縄県の積極的な政策、とくに村への指導者の派遣事業があったこと。池間島におけるカツオ漁は大正年間にピークを迎えるが、昭和の初めには経営が破綻して、1929年より南洋への移民が始まり、1935年ごろよりその数は急激に増える。その背景には、世界恐慌という外的な要因もあるが、内的な要因として、次の3点が本研究では明らかになった。(1)池間島がカツオ産業において採った組合制度が継続的に負債を抱える構造になっていて、不況に非常に弱い体質だったこと。(2)沖縄県の政策もあって、新しい技術と経営能力をもった"近代的リーダー"が生まれ始めており、それが組合制度の破綻を受けて個人経営の船(個人船)を誕生させ、その延長上に、南洋へのベンチャー的な進出があったこと。(3)池間の男性の間では、すでに明治期に"小学校卒業→八重山出漁/採貝業→カツオ漁・かつお節製造"というライフコースが確立しており、そこに「南洋移民」という段階が加えられた形になったため、当然のようにチェーンマイグレーションが進んだこと。さらに、移民たちの生活史について、本研究では次の4点が明らかになった(1)移民生活が心地よかったという印象をもっていること、(2)現地島民との関係は個人差があること、(3)移民体験の中に都会体験を随伴していること、(4)移民たちが移民先で想像以上に移動していること、などである。
  • Oceania, development, environment, the commons, governance, dried bonito, reed

Educational Activities

Teaching Experience

  • 博士論文指導特殊演習
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 博士論文指導特殊演習Ⅰ
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 文学院
  • 修士論文
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 修士論文・特定課題指導特殊演習
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 卒業論文
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
  • 修士論文・特定課題指導特殊演習
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学院


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.