Researcher Database

Fumihito Ikeda
Institute for the Advancement of Higher Education
Professor

Researcher Profile and Settings

Affiliation

  • Institute for the Advancement of Higher Education

Job Title

  • Professor

Degree

  • Doctor of Engineering(Nara Institute of Science and Technology)
  • Master of Engineering(Nara Institute of Science and Technology)

J-Global ID

Research Interests

  • Neuro Linguistic Programming   Human Computer Interaction Design   Transactional Analysis   Creativity Support   Visual Information Processing   Knowledge Science   ヒューマンコンピュータインタラクションデザイン   

Research Areas

  • Informatics / Biological, health, and medical informatics
  • Humanities & social sciences / Cognitive sciences
  • Humanities & social sciences / Science education

Academic & Professional Experience

  • 1996/04 - 2001/03 NTT DaTa Corporation Researcher
  • 1996 - 2001 Researcher,NTT Data Corporation

Education

  • 1999/04 - 2000/09  Nara Advanced Institute of Science and Technology  Department of Information Science  Division of Information System
  •        - 2000  Nara Institute of Science and Technology  Graduate School of Information Science  Information Systems
  • 1994/04 - 1996/03  Nara Advanced Institute of Science and Technology  Department of Information Science  Division of Information Processing
  •        - 1996  Nara Institute of Science and Technology  Graduate School of Information Science  Information Processing
  • 1991/04 - 1994/03  Kyoto University  Department of Science  Chemistry Course, Biochemistry Division

Association Memberships

  • 日本交流分析協会   日本創造学会   情報処理学会   Japan Transactional Analysis Association   Japan Creative Society   Cognitive Science Society   Information Processing Society of Japan   

Research Activities

Published Papers

  • ヘルマン格子錯視における情報処理に関する仮説の検証
    池田文人
    情報処理学会第77回全国大会 3G-02 (4) 491 - 492 2015 [Not refereed][Not invited]
  • 日中の算数教科書の乗法の単元における挿絵の使われ方の比較
    汪宇懐, 池田文人
    数学教育学会秋季例会 2015 [Not refereed][Not invited]
  • The Effect of Moomin Stories as Teaching Materials for Transactional Analysis
    Ikeda, F
    Journal of Higher Education and Lifelong Learning 21 17 - 28 2014 [Not refereed][Not invited]
  • The Relation between Psychological Change and Scientific Misconduct in Millikan’s Oil-drop Experiments
    Ikeda, F
    Journal of Higher Education and Lifelong Learning 20 1 - 6 2013 [Not refereed][Not invited]
  • 論文中の言語情報と科学的不正へ至る心理変化との関係
    池田文人
    情報処理学会第75回全国大会 3J-3 (4) 507 - 508 2013 [Not refereed][Not invited]
  • IKEDA FUMIHITO
    Human-Computer Interaction, Japanese Association of Information Processing HCI (142) 2186-2583 2011/04 [Not refereed][Not invited]
  • 創造的思いこみの形成を支援するHCIモデル
    知識協創 1 (III) 7-01  2011 [Not refereed][Not invited]
  • Social Relations Embedded in Finnish Mathematics Textbook for 7 Grades
    Ikeda, F
    Journal of Higher Education and Lifelong Learning 18 1 - 6 2011 [Not refereed][Not invited]
  • 北海道大学のAO入試―10年間の推移と課題―
    竹山幸作, 山岸みどり, 池田文人, 鈴木誠, 柴田洋, 宮本淳, 喜多村昇
    大学入試研究ジャーナル 21 177 - 182 2011 [Not refereed][Not invited]
  • オウル大学教員養成課程が大学入試で求めるヒューマンスキル
    池田文人
    高等教育ジャーナル 17 1 - 8 2010 [Not refereed][Not invited]
  • 大学入試問題がもつ社会的メッセージ—物理を対象にした社会構成主義に基づく分析−
    池田文人
    大学入試研究ジャーナル 20 177 - 182 2010 [Not refereed][Not invited]
  • 入試区分による入学後の学業成績の優劣の検証
    池田文人
    大学入試研究ジャーナル 19 1995 - 100 2009 [Not refereed][Not invited]
  • 多視点的思考に基づく日本の科学教育における創造性の検証
    吉見涼, 池田文人
    日本創造学会 第30回研究大会論文集 97 - 100 1883-0749 2008 [Not refereed][Not invited]
  • フィンランドの教育における知識獲得プロセスに関する考察
    池田文人
    高等教育ジャーナル 15 (15) 147 - 154 2007 [Not refereed][Not invited]
  • AO入学者の追跡調査に基づくAO入試の評価—平成13年度北海道大学薬学部入学者を体性としてー
    池田文人, 鈴木誠, 加茂直樹
    大学入試研究ジャーナル 17 (17) 51 - 56 2007 [Not refereed][Not invited]
  • バカロレア試験におけるパフォーマンステスト導入の背景
    池田文人, 鈴木誠
    日本科学教育学会 年会論文集 31 241 - 244 2007 [Not refereed][Not invited]
  • 科学技術コミュニケーターのための知識科学に基づくプレゼンテーション技法
    池田文人
    高等教育ジャーナル 14 (14) 117 - 128 2006 [Not refereed][Not invited]
  • 「思いこみ」は諸刃の剣:企業における事例と思いこみを活かせる人材育成
    池田文人
    日本科学教育学会 年会論文集 30 271 - 274 2006 [Not refereed][Not invited]
  • “ITを用いた大学広報戦略の指針と枠組み”
    池田文人, 橋本雄一, 片岡崇, 岸道郎, 越後幸弘, 小野寺徹, 高田淑美, 山本周男, 鈴木誠, 加茂直樹
    高等教育ジャーナル 13 (第13号) 29 - 36 2005 [Not refereed][Not invited]
  • “新しい北海道大学AO入試の創造”
    鈴木誠, 猪上徳雄, 玉田茂喜, 西嶋潤一, 野口伸, 橋村正悟郎, 門馬甲兜, 池田文人, 加茂直樹
    高等教育ジャーナル 13 (第13号) 53 - 70 2005 [Not refereed][Not invited]
  • “北大キャンパスビジットプロジェクトー高大連携による大学入試の改善に対する取り組みー”
    池田文人, 鈴木誠
    大学入試研究ジャーナル 15 (第15号) 93 - 104 2005 [Not refereed][Not invited]
  • 入学後の成績の伸びを左右する要因−AO入学者を対象に−
    池田文人
    高大接続のための入試シンポジウム 2005 [Not refereed][Not invited]
  • 世界一の教育を支えるフィンランドの歴史と文化
    池田文人
    日本科学教育学会 年会論文集 29 271 - 274 2005 [Not refereed][Not invited]
  • 「北大キャンパスビジットプロジェクトー学生主導による開かれた大学創りを目指してー」
    高等教育ジャーナル (第12号) 31 - 40 2004 [Not refereed][Not invited]
  • 「コンピュータを用いた新しい大学入試の枠組み」
    池田文人, 鈴木誠
    高等教育ジャーナル 12 (第12号) 41 - 50 2004 [Not refereed][Not invited]
  • 「教育の接続と社会連携とを推進する新しい大学広報」
    高等教育ジャーナル (第12号) 23 - 30 2004 [Not refereed][Not invited]
  • 北海道大学AO入試-平成13年度〜15年度-
    山岸みどり, 加茂直樹, 鈴木誠, 池田文人
    大学入試研究ジャーナル 14 (14) 57 - 62 2004 [Not refereed][Not invited]
  • 北海道大学が目指す新しい高大連携
    大学入試研究ジャーナル 14 (14) 25 - 30 2004 [Not refereed][Not invited]
  • フィンランドの自然科学教育(3)-理科授業参観と教師の専門性から学ぶこと-
    人見久城, 池田文人, 鈴木誠, 倉元直樹, 磯崎哲夫, 古屋光一
    日本科学教育学会 年会論文集 28 459 - 460 2004 [Not refereed][Not invited]
  • フィンランドの自然科学教育(1)-フィンランドの教育理念とその実現の枠組み-
    池田文人, 鈴木誠, 人見久城, 倉元直樹, 磯崎哲夫, 古屋光一
    日本科学教育学会 年会論文集 28 461 - 462 2004 [Not refereed][Not invited]
  • 教育の接続と社会連携を推進する新しい大学広報
    池田文人, 加茂直樹, 鈴木誠
    高等教育ジャーナル 12 23 - 30 2004 [Not refereed][Not invited]
  • 「大学1年生は高校4年生?ー高校教育と大学教育の連携を考えるー」
    高等教育ジャーナルー高等教育と生涯教育ー (第11号) 163 - 172 2003 [Not refereed][Not invited]
  • 企業が求める資質を育てる高等科学教育の試行
    池田文人
    日本科学教育学会 年会論文集 27 29 - 30 2003 [Not refereed][Not invited]
  • 北大方式の高大連携活動の枠組みと十勝地域における実践例の検証
    池田文人, 鈴木誠
    大学入試研究ジャーナル 13 39 - 48 2003 [Not refereed][Not invited]
  • 北海道大学におけるAO入試マニュアル
    鈴木誠, 山岸みどり, 阿部和厚, 池田文人
    高等教育ジャーナル 10 (10) 49 - 58 2002 [Not refereed][Not invited]
  • 高大連携を重視した北海道大学リクルート戦略(1)
    高等教育ジャーナル (10) 39 - 48 2002 [Not refereed][Not invited]
  • IKEDA FUMIHITO, YAMAMOTO YASUHIRO, KURAKAWA KEI, NAKAKOJI KUMIYO
    人工知能学会人工知能基礎論研究会資料 SIG-FAI-9904 91 - 96 2000/03/21 [Not refereed][Not invited]
  • コミュニティ形成を目的とする知識管理の枠組みに関する提案
    池田文人, 山本恭裕, 蔵川圭, 中小路久美代
    人工知能学会 第40回人工知能基礎論研究会 SIG-FAI-9904 91 - 96 2000 [Not refereed][Not invited]
  • A study on the effect of a Q&A system on software development
    Ikeda, F, Yamamoto, Y, Takada, S, Nakakoji, K
    2nd World Conference on Software Engineering (2WCSQ) 180 - 186 2000 [Not refereed][Not invited]
  • Examining shared knowledge at production time and use time, Proceedings of the International Workshop on Collaboration and Mobile Computing (CMC’99)
    Ikeda, F, Takada, S, Nakakoji, K
    Proceedings of the International Workshop on Collaboration and Mobile Computing (CMC’99) 94 - 99 1999 [Not refereed][Not invited]
  • 構築時と検索時という二つの視点からみたシステムエンジニア支援知識の「質」に関する考察
    池田文人, 高田眞吾, 中小路久美代
    ソフトウェアシンポジウム99 119 - 126 1999 [Not refereed][Not invited]
  • Sakamaki, M, Ikeda, F, Takada, S, Nakakoji, K
    Second International Workshop on Cooperative Buildings: Integrating Information, Organizations and Architecture (CoBuild’99) 164 - 176 1999 [Not refereed][Not invited]
  • F. Ikeda, S. Takada, K. Nakakoji
    Proceedings of the International Conference on Parallel Processing 1999- 94 - 99 0190-3918 1999 [Not refereed][Not invited]
     
    A distributed organization needs to have mechanisms for sharing knowledge that are essential for conducting jobs. Two issues exist in knowledge sharing: the production of knowledge, and the retrieval of knowledge. Although most research on knowledge sharing has dealt with the two issues separately, we argue that the two aspects are intertwined and are dependent of each other. We have examined the issues by taking a survey of system engineers using a Q and A database as a source of knowledge to be shared at NTT Data Corporation. Through examining the usefulness of the shared knowledge at production time and use time, we found that knowledge that was recognized as useful at production time was also recognized as useful at use time, even if the knowledge did not match what was requested by the user. The paper concludes with a discussion on what factors make knowledge useful for users.
  • Improving software quality from the viewpoint of knowledge production and the work environment
    Ikeda, F, Sakamaki, M, Aoki, H, Takada, S, Nakakoji, K
    The 6th European Conference on Software Quality 306 - 317 1999 [Not refereed][Not invited]
  • コミュニティ知識ベース環境の構築へ向けての知識の形成と利用に関する調査と分析
    池田文人, 山本恭裕, 高田眞吾, 中小路久美代
    情報処理学会論文誌 40 (11) 3887 - 3895 1999 [Not refereed][Not invited]
  • 情報・空間・運用の統合による協調作業支援環境評価について
    坂巻資浩, 池田文人, 青木弘之
    情報処理学会グループウェア研究会 98 (80) 31 - 36 1998 [Not refereed][Not invited]

Books etc

  • フィンランドの理科教育〜高度な学びと教員養成
    明石書店 2007
  • 理科の先生のための新しい評価方法入門
    北大路書房 2007
  • The Science Education of Finland
    2007
  • Science Educator's Guide to Laboratory Assessment
    Kitaoji Shobo 2007

Conference Activities & Talks

Works

  • 教育GPセミナー&公開研究会の講師
    2009 -2011
  • 北海道大学医学部保健学科2007年度FD基調講演
    2007
  • 学力研究委員会ヒアリング
    2007
  • フリースクール自由が丘の集いでの講演
    2006
  • サイエンスカフェさっぽろ(講師)
    2005

MISC

  • Human Skills Required for Entering Teacher Training Course of Oulu University
    Journal of Higher Education and Life Long Learning  17-  1  -8  2010  [Not refereed][Not invited]
  • Social messages in entrance examinations of a University
    20-  177  -182  2010  [Not refereed][Not invited]
  • An examination on creativity in japanese science education from the viewpoint of multi perspective thinking
    Proceedings of 30th Annual Conference of Japan Creativity Society  97  -100  2008  [Not refereed][Not invited]
  • An examination of the knowledge acquisition process in Finnish education
    Journal of Higher Education and Life Long Learning  (15)  147  -154  2007  [Not refereed][Not invited]
  • An evaluation for the admissions office entrace examination based on tracing survey on the examinies
    Journal for Entrace Examination  (17)  51  -56  2007  [Not refereed][Not invited]
  • A presentation method based on knowledge science for science comunicators
    Journal for Higher Education  (14)  117  -128  2006  [Not refereed][Not invited]

Industrial Property Rights

  • 特開2002-175469:情報提供システム  2002/06/21
    池田文人  
    2002-175469

Awards & Honors

  • 2016/03 Hokkaido University Presidential Education Excellent Award
     
    受賞者: IKEDA Fumihito
  • 2013/03 Information Processing Society of Japan Yamashita Memorial Award
     Field of Information Environement 
    受賞者: IKEDA Fumihito
  • 1998/08 一般社団法人ニューオフィス推進協会 日経ニューオフィス賞
     情報奨励賞 
    受賞者: 株)NTTDaTa;技術

Research Grants & Projects

  • Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
    Date (from‐to) : 2006 -2008 
    Author : Makoto SUZUKI, Tarou HATOOAI, Tatuya FUJIOKA, Akira OGIWARA, Fumihito IKEDA
     
    国内外の評価に関ずる知見を調査研究しながら、21世紀の科学教育に求められる資質や能力を分析した。そして、それを測定する観点について検討を重ね、従来の4観点の評価規準とは異なる具体的な指標を考案した。またそれらを元に、具体的な理科授業をデザインし、その有効性を検証した。その結果、生徒の能力を引き出す評価を目指す上で、実用的で有効である可能性が明らかになった
  • International Comparison of Learning based on Socioconstructivism
    Date (from‐to) : 2008
  • Development of Human Computer Interaction Model for Rectify Human Delusion
    Date (from‐to) : 2008
  • Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
    Date (from‐to) : 2005 -2007 
    Author : Koichi FURUYA, 鈴木 誠, 人見 久城, 池田 文人, 大鹿 聖公
     
    The purpose of this study is to improve criterion referenced assessment of Science Education from elementary school to high school in Japan. For that purpose, we investigate and analyze Assessment of three countries, and make documents to help teacher to improve their practice.During 3 years (2005-2007), the approach employed in this study was as follows:(1) Research on the three countries' (USA, England, France) assessment system.a, New York State Assessment Program of Science for grade 4 and grade 8 that is divided into two parts: written test and performance test.b. Science Education Par...
  • An Model of Visual Information Processing in Periphery
    Date (from‐to) : 2007
  • Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
    Date (from‐to) : 2003 -2005 
    Author : Makoto SUZUKI, 戸北 凱惟, 磯崎 哲夫, 倉元 直樹, 池田 文人, 人見 久城, 古屋 光一
     
    Through our research, we found and developed the following things ;(1)The difference of basic education curriculum on science between Japan and other countries. We collected many country's textbooks and core-curriculums on science (Japanese, Finnish, U.S., U.K., Korea) of the basic education and analyze them.(2)The difference of the educational methods between Japan and other countries. We researched NADA junior-high and high school in Japan, and also Finnish, U.S., U.K., Korean schools.(3)On the basis of the knowledge, we tried to develop an ideal curriculum on science.
  • 文部科学省:科学研究費補助金(萌芽研究)
    Date (from‐to) : 2003 -2004 
    Author : 池田 文人, 鈴木 誠
     
    質問において観察しうる事象と学ぶ意欲との関係を調査した。その結果、質問に含まれる、ある固有の分野における専門的な用語(ドメインターム)が使われる特徴と学ぶ意欲とが関係するであろうことが予想できた。それは以下のような関係である。1.ドメインタームの量:使われるドメインタームの量が多いほど質問者の学ぶ意欲は高い2.ドメインタームの分布:様々な分野に関するドメインタームが使われているほど質問者の学ぶ意欲は高い3.ドメインタームの複雑度:概念的に複雑度の高いドメインタームが使われているほど質問者の学ぶ意欲は高いこれらの関係を質問の評価指標として、これらの関係をコンピュータを用いて可視化するプロトタイプ・システムを設計・開発した。プロトタイプを以下の2つのステップで開発した。なお、現段階でのドメインは、平成15年度の研究において作成した高等学校の新課程における生物I・IIおよび化学I・IIを対象とした(1)用語集、(2)用語間の関係図とを利用するため、生物I・IIおよび化学I・IIとする。まず、(1)を用いて、実際の質問に含まれるドメインタームを抽出するプログラムを開発した。次に抽出したドメインタームの上述した3つの関係をグラフ化するプログラムを開発した。ここではさらに以下の3つのステップで開発を進めた。まず3つの関係を二次元でグラフ化できるよう、二軸を設定した。横軸は、生物I・IIお...
  • A follow-up survey on the students
    Date (from‐to) : 2001
  • International examining views of knowledge in education
    Date (from‐to) : 2001

Educational Activities

Teaching Experience

  • 人間と文化
    開講年度 : 2018
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学
  • Social Construction for Science and Technology I
    開講年度 : 2018
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 理学院
    キーワード : 科学的質問、質問の作り方
  • Social Construction for Science and Technology II
    開講年度 : 2018
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 理学院
    キーワード : 言葉、心理言語学、交流分析、神経言語プログラミング、認知科学、脳科学、ゲシュタルト心理学
  • Inter-Graduate School Classes(General Subject):Humanities and Social Sciences
    開講年度 : 2018
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 大学院共通科目
    キーワード : 科学的質問、質問の作り方
  • People and Culture
    開講年度 : 2018
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : ムーミン物語に興味があり、心理学に関心があり、自分らしく生きたいと願っている人
  • People and Culture
    開講年度 : 2018
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : ムーミン物語に興味があり、心理学に関心があり、自分らしく生きたいと願っている人
  • Special Lecture
    開講年度 : 2018
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : リーダーシップ、能動的学習

Committee Membership

  • 2008   Information Processing Society of Japan   Programe Comittee Member of Information Processing, Information Processing Society of Japan   Information Processing Society of Japan
  • 2006   Cognitive Science Society   Volunteer Reviewer   Cognitive Science Society
  • 2000   Information Processing Society of Japan   Programe Comittee Member of Interaction 2000, Information Processing Society of Japan   Information Processing Society of Japan


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.