Researcher Database

Koji Mizuno
Graduate School of Law The Advanced Institute for Law and Politics Legal Dynamics
Professor

Researcher Profile and Settings

Affiliation

  • Graduate School of Law The Advanced Institute for Law and Politics Legal Dynamics

Job Title

  • Professor

URL

J-Global ID

Research Interests

  • 近代   民事訴訟法   日本   近世   中世ローマ法   中世   ローマ法   ヨーロッパ   法制史   Medieval Roman Law.   Roman Law   Europe   History of law   

Research Areas

  • Humanities & social sciences / History - Europe/America
  • Humanities & social sciences / Civil law
  • Humanities & social sciences / Legal theory and history

Academic & Professional Experience

  • 2013/10 - Today 北海道大学大学院 法学研究科 教授
  • 2014 - 2019 特別教育プログラム新渡戸カレッジ兼担
  • 2007/04 - 2013/09 北海道大学大学院 法学研究科 准教授
  • 2008/10 - 2010/09 アレクサンダー・フォン・フンボルト財団奨学金により マックス・プランク欧州法史研究所(フランクフルト)ならびに ルートヴィヒ・マクシミリアン大学(ミュンヘン)法学部客員研究員
  • 2005/04 Hokkaido University Graduate School of Law
  • 2005 - Associate Professor

Education

  •        - 2004  東京大学大学院
  •        - 2004  The University of Tokyo  Graduate School, Division of Law and Politics
  •        - 1998  東京大学大学院
  •        - 1998  The University of Tokyo  Graduate School, Division of Law and Politics
  •        - 1996  The University of Tokyo  Faculty of Law  Faculty of Law
  •        - 1996  The University of Tokyo  Faculty of Law

Association Memberships

  • 法文化学会   法制史学会   

Research Activities

Published Papers

  • 「実務向け文献」に見る明治民事訴訟法ーー審理の準備と審理過程をめぐって
    水野 浩二
    北大法学論集 70 (3) 1 - 68 2019/09 [Not refereed][Not invited]
  • 水野 浩二
    北大法学論集 北海道大学大学院法学研究科 = Hokkaido University, School of Law 68 (3) 1 - 42 0385-5953 2017/09 [Not refereed][Not invited]
  • 葛藤する法廷(3・完)『法律新聞』の描いた裁判官・民事訴訟・そして近代日本
    水野 浩二
    北大法学論集 67 (6) 25 - 73 2017/03 [Not refereed][Not invited]
  • 葛藤する法廷(2)『法律新聞』の描いた裁判官・民事訴訟・そして近代日本
    水野 浩二
    北大法学論集 67 (5) 47 - 107 2017/01 [Not refereed][Not invited]
  • 葛藤する法廷(1) 『法律新聞』の描いた裁判官・民事訴訟・そして近代日本
    水野 浩二
    北大法学論集 67 (4) 1 - 53 2016/11 [Not refereed][Not invited]
  • 水野 浩二
    北大法学論集 北海道大学大学院法学研究科 = Hokkaido University, School of Law 65 (1) 1 - 36 0385-5953 2014/05 [Not refereed][Not invited]
  • 水野 浩二
    法制史研究 法制史學會 ; 1952- 63 (63) 1 - 53 0441-2508 2014/03 [Refereed][Not invited]
  • Das officium iudicis und die Parteien im roemisch-kanonischen Prozess des Mittelalters. Eine Betrachtung ueber die clausula salutaris.
    Mizuno Koji
    Zeitschrift der Savigny-Stiftung fuer Rechtsgeschichte. Kanonistische Abteilung. 97 76 - 111 2011 [Refereed][Not invited]
  • 中世学識法訴訟における職権と当事者(2・完)
    水野浩二
    北大法学論集 60 (6) 59 - 90 2010 [Not refereed][Not invited]
  • 中世学識法訴訟における職権と当事者(1)
    水野浩二
    北大法学論集 60 (5) 1 - 27 2010 [Not refereed][Not invited]
  • 西洋中世における法的関係の認識と訴権(3・完)
    水野浩二
    北大法学論集 59 (4) 1 - 24 2008 [Not refereed][Not invited]
  • 西洋中世における法的関係の認識と訴権(2)
    水野浩二
    北大法学論集 59 (3) 167 - 198 2008 [Not refereed][Not invited]
  • 西洋中世における法的関係の認識と訴権(1)
    水野浩二
    北大法学論集 58 (6) 1 - 35 2008 [Not refereed][Not invited]
  • 「西洋中世における訴権の訴訟上の意義(4)――『訴権を軸とする文献』についての一考察
    水野浩二
    『法学協会雑誌』 122巻 (11号) 37 - 103 2005 [Refereed][Not invited]
  • 「西洋中世における訴権の訴訟上の意義(5・完)――『訴権を軸とする文献』についての一考察
    水野浩二
    『法学協会雑誌』 122巻 (12号) 70 - 143 2005 [Refereed][Not invited]
  • 「西洋中世における訴権の訴訟上の意義(3)――『訴権を軸とする文献』についての一考察
    水野浩二
    『法学協会雑誌』 122巻 (10号) 1 - 63 2005 [Refereed][Not invited]
  • 「西洋中世における訴権の訴訟上の意義(2)――『訴権を軸とする文献』についての一考察
    水野浩二
    『法学協会雑誌』 122巻 (8号) 1 - 81 2005 [Refereed][Not invited]
  • 「西洋中世における訴権の訴訟上の意義(1)――『訴権を軸とする文献』についての一考察
    水野浩二
    『法学協会雑誌』 122巻 (5号) 1 - 75 2005 [Refereed][Not invited]

Books etc

  • Mizuno, Koji (Single work)
    Yuhikaku 2022/03 (ISBN: 9784641138827) viii, 378, ivp
  • Mizuno, Koji (Contributor第6章 民事訴訟手引書の系譜-中世後期ヨーロッパから近代日本へ)
    国際書院 2022/03 (ISBN: 9784877913144) 296p
  • 松本尚子編『法を使う/紛争文化(法文化叢書17)』
    水野 浩二 (Contributor第6章 明治民事訴訟法の「使い方」:手続の手引・書式集・素人向け手引の検討)
    国際書院 2019/11
  • 『法のクレオール序説 異法融合の秩序学』
    水野 浩二 (Contributor「訴訟法書・公証手引書における『職権と当事者』――12・13世紀『法生活の学問化』の一断面」)
    北海道大学出版会 2012

Conference Activities & Talks

  • 民事訴訟手引書の系譜―中世後期ヨーロッパから近代日本へ  [Invited]
    水野 浩二
    法文化学会第22回研究大会  2019/10
  • 「利用者にとっての」明治民事訴訟法:手続の手引・書式集・素人向け手引の研究序説  [Invited]
    水野 浩二
    法制史学会東京部会第273回例会  2018/12
  • 明治民訴法期における職権・当事者関係の一側面ーー『法律新聞』にみる実態(1900~26年)  [Not invited]
    水野 浩二
    法制史学会第68回総会  2016/06
  • 英語による日本法教育ーー標準授業案と反転授業の研究  [Not invited]
    水野 浩二
    総長室事業推進経費プロジェクトによる北大教育改革に係る研究成果発表ワークショップ  2016/06
  • 『法律新聞』にみる釈明権行使の実態(明治33~大正15年(1900~26))  [Not invited]
    水野 浩二
    第5回ローマ法研究会  2016/03
  • 「節度ある」職権介入の構想ーー大正民訴改正における職権証拠調と当事者訊問  [Not invited]
    水野 浩二
    第3回ローマ法研究会  2014/03
  • 口頭審理と職権の積極性――民訴法史の中の大正民訴法改正  [Not invited]
    水野 浩二
    第2回ローマ法研究会  2013/03
  • 西洋中・近世の民事訴訟における職権と当事者・弁護士  [Invited]
    水野 浩二
    法制史学会第419回近畿部会  2011/10
  • 法源の法実務への適合化――法のクレオールにおける職権の役割について  [Not invited]
    水野 浩二
    科研基盤(S)「〈法のクレオール〉と主体的法形成の研究」シンポジウム「〈法のクレオール〉の諸相を探る」  2009/11
  • 西洋中世における訴権の意義とその創造性  [Not invited]
    法制史学会第53回研究大会  2005

MISC

  • 宮川 麻紀, 黒瀬 にな, 代田 清嗣, 辻村 亮彦, 加藤 雄三, 小野 仁美, 水野 浩二, 粟辻 悠, 藤本 幸二, 高 友希子  法律時報  91-  (13)  229  -242  2019/12  [Not refereed][Not invited]
  • 学界回顧2019・法制史(西洋法制史・中世・近世の部分)
    水野 浩二  法律時報  91-  (13)  239  -240  2019/12  [Not refereed][Invited]
  • 学界回顧2019・法制史(西洋法制史・全般の部分)
    水野 浩二  法律時報  91-  (13)  237  -238  2019/12  [Not refereed][Invited]
  • 学界回顧2018・法制史(西洋法制史・中世近世の部分)
    水野 浩二  法律時報  90-  (13)  238  -239  2018/12  [Not refereed][Invited]
  • 学界回顧2018 法制史(西洋法制史・全般の部分)
    水野 浩二  法律時報  90-  (13)  236  -237  2018/12  [Not refereed][Invited]
  • 学界回顧2017・法制史(西洋法制史・中世近世の部分)
    水野 浩二  法律時報  89-  (13)  239  -240  2017/12  [Not refereed][Invited]
  • 上田理恵子著「一九世紀オーストリア民事訴訟における口頭審理と法曹たち
    水野 浩二  法制史研究  (64)  521  -524  2015/03  [Not refereed][Invited]
  • 「書評 鈴木正裕『近代民事訴訟法史・ドイツ』(2011年)」
    水野 浩二  法制史研究  62-  298  -303  2013  [Not refereed][Invited]
  • アンダース・ウィンロース(水野浩二訳)「教皇の二つの仕事――普遍的教会の最高裁判官、そして司牧者」
    水野 浩二  新世代法政策学研究  12-  177  -196  2011  [Refereed][Not invited]
  • Die Bestimmung des Streitgegenstandes, actio, und officium iudicis im römisch-kanonischen Zivilprozess
    水野 浩二  Max-Planck-Institut für europäische Rechtsgeschichte Bulletin  2008-2-  18  -19  2008  [Not refereed][Invited]
  • 水野浩二「書評 佐々木有司『コバルビアスとalteri stipulari nemo potestの原則』(日本法学71巻1号)」
    水野 浩二  法制史研究  56-  344  -347  2007/04  [Not refereed][Invited]
  • 水野浩二「書評 Bezemer, Kees; What Jacques Saw. Thirteenth-century France through the eyes of Jacques de Revigny. Ius Commune Sonderhefte Bd. 99 (1997)」
    水野 浩二  国家学会雑誌  113-  (9/10)  163  -166  2000  [Not refereed][Not invited]

Research Grants & Projects

  • 利用者目線に立つ中近世ヨーロッパ私法ーー「実務向け文献」と実務テクニックの研究
    日本学術振興会:科学研究費基盤C
    Date (from‐to) : 2019/04 -2022/03 
    Author : 水野 浩二
  • 民事訴訟における職権介入の虚像と実像――実務のまなざしから出発する法史学への試み
    日本学術振興会:科学研究費基盤C
    Date (from‐to) : 2016/04 -2019/03 
    Author : 水野 浩二
  • 英語による日本法教育ーー標準授業案と反転授業の研究
    北海道大学教育改革室:総長室事業経費によるプロジェクト研究
    Date (from‐to) : 2015/04 -2016/03 
    Author : 水野 浩二
  • 『当事者のために介入する裁判官』の歴史的系譜――ヨーロッパ私法史から大正民訴改正へ
    文部科学省科学研究費補助金:基盤研究(C)
    Date (from‐to) : 2013/04 -2016/03 
    Author : 水野 浩二
  • 日本法概論に係る英語リーディングス編成法についての研究
    北海道大学教育改革室:総長室事業推進経費によるプロジェクト研究
    Date (from‐to) : 2014/04 -2015/03 
    Author : 会澤 恒
  • 紛争解決における裁判官の積極的役割――近代民訴法の基層の探求
    文部科学省科学研究費補助金:若手研究(B)
    Date (from‐to) : 2010/04 -2013/03 
    Author : 水野 浩二
  • Die Bestimmung des Streitgegenstandes und die Aktion im mittelalterlichen gelehrten Recht
    アレクサンダー・フォン・フンボルト財団:研究奨励金・博士号取得者対象
    Date (from‐to) : 2008/10 -2010/09 
    Author : 水野 浩二
  • 法的関係の動態的把握と訴権概念――近代法の再定位のために
    文部科学省科学研究費補助金:若手研究(B)
    Date (from‐to) : 2008/04 -2010/03 
    Author : 水野 浩二
  • <法のクレオール>と主体的法形成の研究
    文部科学省科学研究費補助金:基盤研究(S)
    Date (from‐to) : 2005/04 -2010/03 
    Author : 長谷川晃
  • 主体の『権利』から主体間の『法的関係』へ――中世におけるその理論的基層
    科学研究費補助金:若手研究(B)
    Date (from‐to) : 2006/04 -2008/03 
    Author : 水野 浩二

Educational Activities

Teaching Experience

  • Roman Law
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 法学研究科
    キーワード : 西洋 法 歴史 私法 法学
  • Foundations of Law and Politics
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 法学研究科
    キーワード : ドイツ語 ヨーロッパ 歴史 法  
  • Seminar in Foreign Language Ⅰ
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 法学研究科
    キーワード : ラテン語 ローマ法 法 歴史 中世 近世
  • Foreign Language of Speciality
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 法学部
    キーワード : ラテン語 ローマ法 法 歴史 中世 近世
  • History-Culture Module Special Subjects D
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 現代日本学プログラム課程
    キーワード : 民法 民事訴訟法 歴史 ヨーロッパ ローマ 中世 近代 現代
  • History of Law II
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 法学部
    キーワード : 民法 民事訴訟法 歴史 ヨーロッパ ローマ 中世 近代 現代
  • Seminar I
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 法学部
    キーワード : 法 国家 歴史 文化 ヨーロッパ 日本
  • Seminar II
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 法学部
    キーワード : ドイツ語 ヨーロッパ 歴史 法  
  • Inter-Faculty Classes(General Subject):Humanities and Social Sciences
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 専門横断科目
    キーワード : Japan, Modern Law, history, constitutional law, civil law, criminal law, competition law
  • Roman Law
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 法科大学院
    開講学部 : 法学研究科
    キーワード : 西洋 法 歴史 私法 法学

Social Contribution

Social Contribution

Social Contribution

  • Overview and challenges of Japanese Legal Education
    Date (from-to) : 2015/03/20-2015/03/20
    Role : Informant
    Sponser, Organizer, Publisher  : タイ王国裁判所
    Event, Program, Title : タイ王国裁判所裁判官海外研修

Others

  • 北海道大学・全学教育科目に係る授業アンケートにおけるエクセレント・ティーチャーズ(平成26年度)認定
    主題別科目第5位、総合評点4.56、歴史の視座「国家と法から見た『高校世界史B』再入門


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.