Researcher Database

Daisuke Adachi
Slavic-Eurasian Research Center
Associate Professor

Researcher Profile and Settings

Affiliation

  • Slavic-Eurasian Research Center

Job Title

  • Associate Professor

Research funding number

  • 70751121

J-Global ID

Research Interests

  • メディア論   ロシア文学   

Research Areas

  • Humanities & social sciences / Literature - European

Academic & Professional Experience

  • 2018/04 - Today 北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター 准教授
  • 2014/04 - 2018/03 東京大学人文社会系研究科 研究員
  • 2014/04 - 2018/03 電気通信大学情報理工学部 非常勤講師
  • 2014/04 - 2018/03 Hitotsubashi University Research and Development Center for Higher Education
  • 2013/04 - 2018/03 Tokyo University of Science
  • 2013/04 - 2018/03 Tokyo Metropolitan University Faculty of Urban Liberal Arts
  • 2016/04 - 2017/03 Keio University Faculty of Letters
  • 2011/12 - 2012/12 日露青年交流センター若手研究者等助成 フェロー
  • 2009/04 - 2011/12 日本学術振興会 特別研究員PD(北海道大学)
  • 2010/02 - 2010/06 優秀若手研究者海外派遣事業(日本学術振興会特別研究員派遣)
  • 2009/04 - 2010/06 (2009年4月‐2010年6月の間13ヶ月ほどロシア国立人文大学に研究滞在)
  • 2008/11 - 2009/03 ロシア政府奨学金 奨学生(大学院生)
  • 2008/10 - 2009/03 松下国際財団研究助成
  • 2006/05 - 2008/03 Ministry of Education,Culture,Sports,Science and Technology
  • 2004/04 - 2006/03 日本学術振興会 特別研究員DC2(東京大学)
  • 2005/04 - 2005/09 The University of Tokyo Faculty of Letters
  • 2004/01 - 2004/02 Hokkaido University Slavic Research Center

Education

  • 2013/10 - Today  東京大学大学院
  • 2008/11 - 2013/03  ロシア国立人文大学大学院
  • 2002/04 - 2009/03  東京大学大学院
  • 2006/05 - 2008/10  ロシア国立人文大学
  • 2000/04 - 2002/03  東京大学大学院
  • 1994/04 - 2000/03  The University of Tokyo  Faculty of Letters  Language and Culture

Association Memberships

  • ロシア・東欧学会   日本スラヴ学研究会   AATSEEL   日本18世紀ロシア研究会   日本ロシア文学会   

Research Activities

Published Papers

  • Дайсукэ Адати
    Філологічні науки 31 5 - 11 2019/12 [Not refereed][Invited]
     
    The aim of this article is to indicate a connection between Gogol’s critical remarks on melodrama and his poetics, a problem that has not been studied sufficiently. In the first part of the article, we point two negative characters that Gogol reveals in the melodrama – its alienation from Russian life and presentation of an illusory one. Melodrama serves as a symbol of illusion that does not correspond to real life and deceives people. Shattering the illusory vision mistaken for reality is one of the main tasks of Gogol’s poetics, which requires physical and moral shock as a key device for aesthetic and ethical awakening. However, as we see in the second part of the article, a shock is found in the center of melodrama’s poetics, especially in the context of the 1830s Russian theater and literature that exaggerated such strong emotions as horror and fear. We can suspect that Gogol’s harsh and chronic criticism of melodrama has its roots in the similarity between his poetics of shock and the emotional effect created by melodrama. In the final part, we see Gogol’s transformation of a generally accepted understanding that shock is produced exclusively by the melodramatic extraordinary. According to Gogol, melodrama demonstrates a false understanding and use of shock to create the illusory vision of life on the stage. Gogol’s novelty lies in his redefining the shock as a contrast between the extraordinary and the ordinary (and not as the extraordinary itself). A real shock, Gogol insists, extracted not from the exceptional events in melodrama but from the representation of ordinary life, makes a contrast in ordinary life and shatters the reader’s illusory vision of life. Key words: Gogol; melodrama; poetics; symbol; shock; contrast between the extraordinary and the ordinary.
  • 身体と観察:センチメンタリズム文学における自殺の詩学
    安達 大輔
    日本18世紀ロシア研究会年報 (16) 8 - 23 2019/09 [Not refereed][Not invited]
  • 安達 大輔
    SLAVISTIKA (31) 273 - 297 2016/06 [Not refereed][Not invited]
  • ADACHI Daisuke
    Hitotsubashi Journal of Arts and Sciences 56 (1) 55 - 68 2015/12 [Not refereed][Not invited]
  • 瞬間の延長、あるいは分身:ゴーゴリにおける記号の内部時間
    安達 大輔
    『近代ロシア文学における「移動の詩学」』(平成23-25年度科学研究費補助金(基盤研究B)研究成果報告書:研究代表者 諫早勇一:研究課題番号23320071) 51 - 72 2014/02 [Not refereed][Not invited]
  • 安達 大輔
    SLAVISTIKA (28) 7 - 27 2013/03 [Refereed][Not invited]
  • 回想される絵、憑依する声:牧歌の時間とゴーゴリの『古風な地主たち』
    安達 大輔
    日本18世紀ロシア研究会年報 (8) 20 - 35 2012/08 [Not refereed][Not invited]
  • 安達 大輔
    Slavic studies 北海道大学スラブ研究センター (58) 159 - 195 0562-6579 2011/07 [Refereed][Not invited]
  • Романтическая ирония в "Выбранных местах из переписки с друзьями" Н. В. Гоголя(ロシア語論文「ゴーゴリ『友人たちとの文通からの抜粋箇所』におけるロマン主義的アイロニー」)
    Дайсукэ Ада
    Проблемы литературного пародирования: материалы международной научной конференции "Поэтика пародирования: серьезное/смешное", посвященной памяти профессора В. П. Скобелева. Самара.(『文学的パロディの諸問題:スコベレフ教授記念国際学術会議「パロディの詩学:まじめなもの/おかしなもの」報告集』第2号、サマーラ:ロシア) Выпуск 2 96 - 100 2011/03 [Not refereed][Not invited]
  • Отражение жанра "исповедь" в "Записках сумасшедшего" Н. В. Гоголя(ロシア語論文「ゴーゴリ『狂人日記』における告白ジャンルの反映」)
    Дайсукэ Ада
    『第二屆斯拉夫語言、文學暨文化 國際學術研討會論文集』國立政治大學斯拉夫語文學系、台北(『第2回スラブ言語・文学・文化国際学術会議論文集』国立政治大学スラブ語スラブ文学科、台北:台湾) 235 - 253 2010/07 [Refereed][Not invited]
  • К построению модели изучения литературных салонов и кружков в истории русской литературы конца XVIII-начала XIX века(ロシア語論文「18世紀末から19世紀初頭のロシア文学史における文学サロン・サークルの研究モデルの構築へ向けて)
    Дайсукэ Ада
    『第一屆斯拉夫語言、文學暨文化 國際學術研討會論文集』國立政治大學斯拉夫語文學系、台北(『第1回スラブ言語・文学・文化国際学術会議論文集』国立政治大学スラブ語スラブ文学科、台北:台湾) 287 - 304 2009/12 [Refereed][Not invited]
  • 安達大輔
    番場俊編『テクストと身体(「スラブ・ユーラシア学の構築」研究報告集 第19号)』北海道大学スラブ研究センター 32 - 49 2007/03 [Not refereed][Not invited]
  • 安達大輔
    ロシア語ロシア文学研究 (38) 88 - 96 2006/09 [Refereed][Not invited]
  • 安達大輔
    ロシア語ロシア文学研究 (35) 59 - 66 2003/10 [Refereed][Not invited]
  • カラムジンの初期評論に見る翻訳の表象
    安達大輔
    金沢美知子編『ロシア18世紀論集』東京大学大学院人文社会系研究科スラヴ語スラヴ文学研究室 (2) 36 - 51 2002/10 [Not refereed][Not invited]

Books etc

  • 『ロシア文化事典』
    安達 大輔 (Contributor「余計者」(366-367頁)「ゴーゴリ」(384-385頁))
    丸善出版 2019/10 (ISBN: 9784621304136) 886 366-367, 384-385
  • 金沢美知子(編)『18世紀ロシア文学の諸相』
    安達 大輔 (Contributor「カラムジンの初期評論における翻訳とその外部」、123-146頁)
    水声社 2016/03 (ISBN: 9784801001558) 401 123-146

Conference Activities & Talks

  • Irony and the Melodramatic Imagination in the Poetics of Gogol  [Not invited]
    Daisuke Adachi
    The 4th Russian-Japanese Scientific Forum  2019/09
  • Gogol’s Melodramatic Imagination  [Not invited]
    Daisuke Adachi
    VI - 8. Gogol in the Context of World Literature, The 10th East Asian Conference on Slavic Eurasian Studies, University of Tokyo (Hongo Campus)  2019/06
  • 安達 大輔
    2019年度スラブ・ユーラシア研究センター公開講座「再読・再発見:スラブ・ユーラシア地域の古典文学と現代」第3回  2019/05  札幌
  • 安達 大輔
    XIV Гоголівські читання. Національний музей-заповідник М.В.Гоголя.  2019/04  Гоголеве: Україна
  • 安達 大輔
    The Problem of Emotion in Nineteenth-Century Literature: Dostoevsky, Other Writers and Beyond  2019/03  Hokkaido University
  • 安達 大輔
    第28回スラブ・ユーラシア研究センター公開講演会於北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター  2018/12
  • ADACHI Daisuke
    Rethinking the Role of Normative Grammar in Society and Beyond: Interdisciplinary Approaches (Hokkaido University - Lomonosov Moscow State University Exchange Days), Moscow: Russia  2018/10
  • ADACHI Daisuke
    9th Symposium on European Languages in East Asia “Shifting Spheres of Influence- Perspectives on the Transformation of Empire(s) in East and West”, National Taiwan University, Taipei: Taiwan  2018/09
  • 身投げの理由:オストロフスキイ『雷雨』をセンチメンタリズム文学と比較する  [Not invited]
    安達 大輔
    日本18世紀ロシア研究会於明治大学(駿河台キャンパス)  2018/09
  • Russia’s Negative Landscape: Imperial Discourse, Photographic Image and Gogol’s Writing  [Invited]
    安達 大輔
    Эмигрантология и славистика(移民学とスラヴ研究)於上海師範大学、上海:中国  2018/09
  • ゴーゴリにおける反省について  [Not invited]
    安達 大輔
    日本ロシア文学会北海道支部会於北海道大学  2018/07
  • Tchaikovsky's The Queen of Spades and attention as a cultural problem  [Invited]
    ADACHI Daisuke
    HU-MSU Round Table “Russian-Japanese Cultural Dialogue”  2018/05
  • «Страх незамеченности и неотмеченности»: поэтика Гоголя и техника фотографии(ロシア語報告「「気づかれないこと、注目されないことの恐ろしさ」:ゴーゴリの詩学と写真の技術」)  [Invited]
    安達 大輔
    Русскоязычная литература в процессе мировой литературы(世界文学のプロセスにおけるロシア語文学)於上海師範大学、上海:中国  2017/10
  • 安達 大輔
    The 8th East Asian Conference on Conflict and Harmony in Eurasia in the 21 Century: Dynamics and Aesthetics, Chung-Ang University, Seoul: Korea  2017/06
  • Жесты романтической любви в произведениях Гоголя: тема и вариации(ロシア語報告「ゴーゴリ作品におけるロマン主義的愛の身振り:主題と変奏」)  [Not invited]
    安達 大輔
    Beseda 2016: Russian Culture Old and New, Tradition and Evolution, Waseda University, Tokyo: Japan  2016/12
  • ADACHI Daisuke
    ICCEES IX World Congress 2015, Makuhari: Japan  2015/08
  • Дайсукэ АДАТИ
    The Evolution of Russian Culture in the Nineteenth and Twentieth Centuries (part 2): Perspectives from East and West, Hankuk University of Foreign Studies, Seoul: Korea  2015/03
  • 安達 大輔
    日本ロシア文学会関東支部春季研究発表会於埼玉大学  2014/06
  • 安達 大輔
    北海道スラブ研究会於北海道大学スラブ研究センター  2014/02
  • 喪失としての保存:初期写真、ロマン主義文学そしてゴーゴリにおける移ろいゆくものの痕跡  [Not invited]
    安達 大輔
    国際若手研究者シンポジウム「グローバル化する世界と移動する人々:超域的アプローチによる比較研究」( パネル『芸術の動態』)於阪急ターミナル・スクエア  2014/01
  • 安達 大輔
    「ロシア・東欧文化とдвижение:移動・運動・行動」科学研究費補助金合同研究会 (基盤B「近代ロシア文学における「移動の詩学」」(研究代表者:諫早勇一・同志社大学)、基盤B「東欧文学における「東」のイメージに関する研究」(研究代表者:阿部賢一・立教大学))於立教大学  2013/09
  • 身振り表現から考える公と私:カラムジンと18世紀ヨーロッパの思想家  [Not invited]
    安達 大輔
    第10回日本18世紀ロシア研究会研究発表会(共通論題「18世紀ロシアにおける「公」と「私」を論じる」)於東京大学(本郷キャンパス)  2012/09
  • 安達 大輔
    第16回世界文学研究会於北海道大学スラブ研究センター  2011/12
  • 安達 大輔
    2011 AATSEEL Conference, Hilton Pasadena, Pasadena: California(査読有り)  2011/01
  • 安達 大輔
    第3回GCOE-SRC研究員セミナー於北海道大学スラブ研究センター  2010/12
  • 安達 大輔
    第60回記念日本ロシア文学会研究発表会於熊本学園大学(査読有り)  2010/11
  • ゴーゴリの「牧歌」?:『友人たちとの文通からの抜粋箇所』におけるセンチメンタリズムを再考する  [Not invited]
    安達 大輔
    第8回日本18世紀ロシア研究会於東京大学(本郷キャンパス)  2010/09
  • 安達 大輔
    Международная конференция «Писатель как теоретик литературы», ИМЛИ РАН: Москва(国際会議「文学理論家としての作家」於ロシア科学アカデミー世界文学研究所、モスクワ:ロシア)  2010/06
  • Романтическая ирония в "Выбранных местах из переписки с друзьями" Н. В. Гоголя(ロシア語報告「ゴーゴリ『友人たちとの文通からの抜粋箇所』におけるロマン主義的アイロニー」)  [Not invited]
    安達 大輔
    Международная научная конференция «Поэтика пародирования: серьезное /смешное», Самарский гос. унив-т: Самара(国際学術会議「パロディの詩学:まじめなもの/おかしなもの」於サマーラ国立大学、サマーラ:ロシア」)  2010/04
  • Образ «зеркала» в «Арабесках» Н. В. Гоголя(ロシア語報告「ゴーゴリ『アラベスク』における鏡のイメージ」)  [Not invited]
    安達 大輔
    Конференция-семинар молодых ученых «Науки окультуре в XXI веке», Российский институт культурологии: Москва(若手研究者会議・セミナー「21世紀における文化研究」於ロシア文化学研究所、モスクワ:ロシア)  2009/12
  • 『アラベスク』に見るゴーゴリの「鏡」の詩学  [Not invited]
    安達 大輔
    第59回日本ロシア文学会ワークショップ「生誕200周年記念ゴーゴリ文学への問いかけ」於筑波大学  2009/10
  • Отражение жанра исповеди в «Записках сумасшедшего» Н. В. Гоголя(ロシア語報告「ゴーゴリ『狂人日記』における告白ジャンルの反映」)  [Not invited]
    安達 大輔
    Международная научная конференция «Современные проблемы славянской филологии-к двухсотлетию со дня рождения Н. В. Гоголя»», Университет Чжэнчжи: Тайбэй, Тайвань(国際学術会議「スラブ文献学の現代的諸問題:ゴーゴリ生誕200年に寄せて」於国立政治大学、台北:台湾)(査読有り)  2009/05
  • К построению модели изучения литературных салонов и кружков в истории русской литературы конца XVIII - начала XIX века(ロシア語報告「18世紀末から19世紀初頭のロシア文学史における文学サロン・サークルの研究モデルの構築へ向けて)  [Not invited]
    安達 大輔
    Международная научная конференция «Современные проблемы славянской филологии», Университет Чжэнчжи: Тайбэй, Тайвань(国際学術会議「スラブ文献学の現代的諸問題」於国立政治大学、台北:台湾)(査読有り)  2008/05
  • 安達 大輔
    新潟大学人文学部研究プロジェクト「文化史・文化理論の再検討」主催(協力:北海道大学スラブ研究センター)公開研究会『テクストと身体』於新潟大学  2006/03
  • 安達 大輔
    日本ロシア文学会於稚内北星学園大学(査読有り)  2004/10
  • 作者の文体、ナロードの言語:カラムジンのロシア語論から  [Not invited]
    安達 大輔
    日本ロシア文学会於上智大学(査読有り)  2002/10
  • カラムジンにおける読者共同体の表象  [Not invited]
    安達 大輔
    日本ロシア文学会関東支部於早稲田大学(戸山キャンパス)  2002/06
  • Успенский, Б. А. Из истории русского литературного языка XVIII - начала XIX века: Языковая программа Карамзина и ее исторические корни. М., 1985(ウスペンスキイ『18世紀から19世紀初頭のロシア標準語史から:カラムジンの言語構想とその歴史的根源』)の前半部分のレビュー  [Not invited]
    安達 大輔
    19世紀ロシア文化研究会於東京大学(本郷キャンパス)  2002/04
  • David Herman, "Innocents at Home: 'Bednaja Liza' as a Response to 'Pis'ma Russkogo Putesestvennika'" (Russian Literature, XLIV, 1998, pp.159-183.)のレビュー  [Not invited]
    安達 大輔
    19世紀ロシア文化研究会於東京大学(本郷キャンパス)  2000/12

MISC

Research Grants & Projects

Educational Activities

Teaching Experience

  • 修士論文
    開講年度 : 2018
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
  • Special Topics in Slavic-Eurasian Studies (Lecture)
    開講年度 : 2018
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
    キーワード : ロシア語 精読 情報の理解と伝達 文学研究
  • 修士論文・特定課題指導特殊演習
    開講年度 : 2018
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
  • Culture and History of Slavic Eurasia (Seminar)
    開講年度 : 2018
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
    キーワード : 文学研究 文体論 ロシア文学 ロシア語
  • 博士論文指導特殊演習
    開講年度 : 2018
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 文学研究科
  • Slavic-Eurasian Multidisciplinary Studies (Seminar)
    開講年度 : 2018
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
    キーワード : 旧ソ連・東欧、地域研究、プレゼンテーション、討論の技法

Committee Membership

  • 2020/04 - Today   Slavic-Eurasian Research Center, Hokkaido University   Head of the Foreign Visitors Fellowship Program (FVFP)
  • 2018/04 - Today   Acta Slavica Iaponica   Editorial Committee

Social Contribution

Social Contribution

Social Contribution

  • Date (from-to) : 2019/04/03-2019/04/03
    Role : Lecturer
    Sponser, Organizer, Publisher  : ポルタワ国立教育大学
    ポルタワ(ウクライナ)
  • Date (from-to) : 2019/04/03-2019/04/03
    Role : Lecturer
    Sponser, Organizer, Publisher  : ポルタワ国立教育大学
    ポルタワ(ウクライナ)

Others

  • 2020/09 SRC客員研究員セミナー(2020年9月3日、Zoomによるオンライン開催)
    【組織・司会】河村彩(東京工業大学/北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター客員准教授)「複製技術時代のグラフィック:1930年代のリシツキーを中心に」
  • 2020/07 北海道スラブ研究会(2020年7月31日、Zoomによるオンライン開催)
    【組織・司会】 松下隆志(SRC)「ソローキンの小説から見る未来のロシア像」 宮崎千穂(SRC)「日本最初の梅毒検査とロシア艦隊」
  • 2020/07 中村・鈴川基金奨励研究員報告会(2020年7月20日、Zoomによるオンライン開催)
    【組織・司会】五月女颯(東京大学大学院)「二人の怠け者:I.チャヴチャヴァゼ「彼は人か?!」とゴンチャロフ「オブローモフ」の比較研究」
  • 2020/03 SRCセミナー(2020年3月25日、北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター、限定公開、使用言語:英語)
    【組織・司会】Maria Rubins, ""Russian Israel" in the Geo-cultural Context of the Middle East"
  • 2020/02 公開フォーラム「ロシア亡命文学を考える」(2020年2月19日、京都大学文学研究科、一般公開、使用言語:ロシア語)
    【組織】中村唯史教授(京都大学)とともに組織を行った
  • 2019/12 -2019/12 SRC 2019 Winter International Symposium "Царские регионы между литературными воображениями и геополитикой", December 12-13, 2019, SRC, Sapporo
    【コメンテーター】スラブ・ユーラシア研究センター2019冬期国際シンポジウム「帝政ロシアの地方再訪:文学的想像力と地政学」第3セッション「変わりゆく文学的想像力」(2019年12月13日)で討論者(ロシア語)を務めた。 Session 3. Changing Literary Imaginations Evgeny Dobrenko (University of Sheffield, UK / SRC), «Чем заплачу я добрым русским людям?»: производство национальных культурных канонов и образов дореволюционного прошлого в сталинском кино Elena Penskaia (HSE), Концепт «задворки империи» в русских травелогах конца XVIII - первой трети XIX вв. Yusuke Toriyama (University of Tokyo, Japan), Литературные образы Российской Империи конца XVIII – начала XIX веков Discussant: Daisuke Adachi (SRC) Chair: Kinuyo Miyagawa (Sapporo University, Japan)
  • 2019/12 SRCセミナー(2019年12月10日、北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター、一般公開、使用言語:英語)
    【組織・司会】Evgeny Dobrenko, "Late Stalinism: the Aesthetics of Politics"
  • 2019/11 -2019/11 昼食懇談会(2019年11月13日於スラブ・ユーラシア研究センター)
    【組織】仙石学「2019年10月・ポーランド議会選挙の総括」
  • 2019/10 -2019/10 北海道大学共同利用・共同研究拠点アライアンス 部局横断シンポジウム「計算科学が拓く汎分野研究」(2019年10月31日於北海道大学)
    【組織】実行委員 (スラブ・ユーラシア研究センター代表)を務めた
  • 2019/10 -2019/10 日本ロシア文学会第69回大会(2019年10月27日於早稲田大学国際会議場)
    【組織】ワークショップ"Процессы культурного строительства в России и СССР в свете работ Евгения Добренко"において平松潤奈准教授(金沢大学)とともに組織を行った
  • 2019/10 -2019/10 日本ロシア文学会第69回大会(2019年10月27日於早稲田大学国際会議場)
    【コメンテーター】ワークショップ「ロシア・アヴァンギャルドのサウンドスケープ」においてコメンテーターを務めた
  • 2019/10 Evgeny Dobrenko公開講義"The Art of Hatred: The «Noble Wrath» and Violence in Soviet Wartime Culture"(2019年11月16日、京都大学文学研究科、一般公開、使用言語:英語ほか)
    【組織】中村唯史教授(京都大学)とともに組織を行った
  • 2019/10 Evgeny Dobrenko科研講演会"The Art of Hatred: Violence in Soviet Wartime Culture"(2019年10月29日、東京外国語大学府中キャンパス、一般公開、使用言語:英語)
    【組織】沼野恭子教授(東京外国語大学)・巽由樹子准教授(東京外国語大学)とともに組織を行った
  • 2019/09 -2019/09 The 4th Russian-Japanese Scientific Forum, September 24, 2019, Moscow State University, Moscow
    【組織・司会】Andrei Ranchin教授(モスクワ大学)とともにセッション"Language and Literature"の組織・司会を務めた
  • 2019/08 Evgeny Dobrenko講演会"Aesthetics of Terror and Terror of Aesthetics"(2019年8月15日、東京工業大学大岡山キャンパス、一般公開、使用言語:英語)
    【組織】河村彩助教(東京工業大学)とともに組織を行った
  • 2019/07 -2019/07 北海道スラブ研究会(2019年7月11日於スラブ・ユーラシア研究センター)
    【組織・司会】諫早庸一「時をわたるモンゴル――13・14世紀ユーラシア、彼らは暦の統一を企てたのか――」
  • 2019/07 -2019/07 北海道スラブ研究会(2019年7月17日於スラブ・ユーラシア研究センター)
    【組織】岡部芳彦「体験的ウクライナ論:エピソード2-ウクライナ正教会独立問題・最高会議選挙・オリガルヒから北方領土まで-」
  • 2019/06 -2019/06 The 10th East Asian Conference on Slavic Eurasian Studies, June 30, 2019, University of Tokyo (Hongo Campus)
    【組織】パネルVI - 8. Gogol in the Context of World Literatureを組織した
  • 2019/03 -2019/03 Towards the Comparative Study of Emotion in Russian, German and Japanese Literature
    【組織・司会】2019年3月8日於東京大学(駒場キャンパス)
  • 2019/03 -2019/03 The Problem of Emotion in Nineteenth-Century Literature: Dostoevsky, Other Writers and Beyond
    【組織】2019年3月5日於北海道大学
  • 2018/12 -2018/12 北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター2018年度冬季国際シンポジウム"Languages Rising above Empires, Blocs, and Unions 1918–2018"(2018年12月14日)
    【司会】 "Cyberspace’s Role in Language Variation"にて司会を務めた
  • 2018/11 -2018/11 北海道スラブ研究会(2018年11月22日於スラブ・ユーラシア研究センター)
    【組織・司会】宮川絹代「20世紀ロシア詩を繋ぐーー途切れた青の行方(ゲオルギー・イワーノフとボリス・ルィジー)」
  • 2018/10 -2018/10 Hokkaido University - Lomonosov Moscow State University Exchange Days, MSU, Moscow: Russia, 11th October 2018
    【企画・司会】セッション3-1"Russian Literature and World Cultures"にて企画・司会を務めた
  • 2018/10 -2018/10 シンポジウム「東欧文学の多言語的トポス:複数言語使用地域の創作をめぐる求心力と遠心力」於東京大学(本郷キャンパス)2018年10月6日
    【コメンテーター】パネル「流通するイメージ・概念・ことば」でコメンテーターを務めた
  • 2018/09 -2018/09 「移民学とスラブ研究」第1セクション(「テクストとしての歴史と文学」)
    【司会】同セクションにおいてマルク・リポヴェツキー教授(コロラド大学)とともに司会を務めた
  • 2018/09 -2018/09 【共催:北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター】「移民学とスラヴ研究」於上海師範大学(上海:中国)2018年9月13日
  • 2018/08 -2018/08 北海道スラブ研究会(2018年8月1日於スラブ・ユーラシア研究センター)
    【組織・司会】伊藤愉「日露演劇交流史の一事例――ロシアから日本、日本からロシア――」
  • 2018/07 -2018/07 北海道スラブ研究会(2018年7月20日於スラブ・ユーラシア研究センター)
    【組織・司会】小椋彩「日本におけるロシア・モダニズム受容(レーミゾフを例に)」
  • 2018/06 -2018/06 北海道スラブ研究会(2018年6月6日於スラブ・ユーラシア研究センター)
    【組織・司会】村上智見「中央ユーラシア出土品からみた古代の染織文化」


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.