Researcher Database

Motoki Nomachi
Slavic-Eurasian Research Center
Professor

Researcher Profile and Settings

Affiliation

  • Slavic-Eurasian Research Center

Job Title

  • Professor

J-Global ID

Research Interests

  • 統語論   スラヴ語   言語類型論   スラヴ諸語   カシュブ語   時制論   意味論   類型論   受動態   動詞アスペクト   外国語   言語接触   機能文法   

Research Areas

  • Humanities & social sciences / Linguistics

Academic & Professional Experience

  • 2008 - 2012 Hokkaido University Slavic Research Center
  • 2008/04 - 2008/05 日本学術振興会特別研究員 PD
  • 2007/04 - 2008/03 日本学術振興会特別研究員 DC2
  • 2003/10 - 2005/09 ワルシャワ大学東洋文化研究所日本学科 講師

Education

  • 2002/04 - 2008/03  The University of Tokyo  Graduate School of Humanities and Sociology
  • 2000/04 - 2002/03  The University of Tokyo  Graduate School of Humanities and Sociology
  • 1996/04 - 2000/03  The University of Tokyo  College of Arts and Sciences

Research Activities

Published Papers

  • レヒト諸語における助動詞beの省略について
    野町素己
    Juznoslovenski filolog LXV 331 - 344 2010 [Refereed][Not invited]

Awards & Honors

  • 2012/05 In Medias Res Pro Futuro
     
    受賞者: 野町素己

Research Grants & Projects

  • 文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    Date (from‐to) : 2010 -2012 
    Author : 野町 素己
     
    本年度は、カシュブ語(形態)統語論に見られる言語接触による構造変化を、言語類型論的な側面から研究を行った。具体的な主要テーマは以下の通りである。1)過去時制におけるbe動詞現在人称形の省略についてカシュブ語を含めた西スラヴ諸語のレヒト諸語の過去形(praeteritum)L分詞+be動詞人称形において、be動詞現在形を省略し、その代わりに人称代名詞を用いる現象について、その原因と傾向を共時的、通時的に分析した。分析の結果、本来ペルフェクトの意味を持っていたL分詞+be動詞人称形が、ペルフェクトの意味を失い現在との連続性を示さなくなったことによりbe動詞現在形の省略が生じたことを論じた。このことを背景に、ペルフェクトの意味を持つ所有完了がドイツ語から借用され、時制システムに導入されやすかったことについても論じた。この研究は、Juznoslovenski filolog (2010年)に掲載された。2)具格と共格の融合について本研究ではスラヴ諸語の一部に観察される格形式の融合について論じた。具体的には、前置詞S+具格が、共格と具格の双方の意味を表しうるスラヴ諸語において、この融合は自発的に生じる変化ではなく、常にゲルマン諸語あるいはロマンス諸語との言語接触によって生じることを、文法化理論を枠組みとして実証した。この分析結果は「言語接触においてその構造変化は予期できない」という通説...
  • Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(若手研究(スタートアップ))
    Date (from‐to) : 2008 -2009 
    Author : Motoki NOMACHI
     
    In this research project, I analyzed syntactic structures with the possessive meaning in Slavic languages from a functional perspective. Based on the theories of grammaticalization and language contact, as well as on the material from most of the Slavic languages, I managed to ascertain a formal continuum and semantic correlations between some syntactic patterns, in particular the possessive construction, the have-perfect and the recipient passive, especially in Kashubian.

Educational Activities

Teaching Experience

  • 修士論文・特定課題指導特殊演習
    開講年度 : 2018
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
  • Slavic-Eurasian Multidisciplinary Studies (Seminar)
    開講年度 : 2018
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
    キーワード : 旧ソ連・東欧、地域研究、プレゼンテーション、討論の技法
  • 博士論文指導特殊演習
    開講年度 : 2018
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 文学研究科
  • Culture and History of Slavic Eurasia (Seminar)
    開講年度 : 2018
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
    キーワード : スラブ諸語、ロシア語、通時言語学
  • Special Topics in Slavic-Eurasian Studies (Lecture)
    開講年度 : 2018
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
    キーワード : スラブ・ユーラシア、地域研究、学際研究、方法論、論文の書き方
  • Slavic Society and Culture
    開講年度 : 2018
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
    キーワード : スラブ語、スラブ文化、旧ソ連、中・東欧、旧ユーゴスラヴィア


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.