Researcher Database

Hironobu Shirozu
Faculty of Education Education Pedagogical Foundations of Education
Professor

Researcher Profile and Settings

Affiliation

  • Faculty of Education Education Pedagogical Foundations of Education

Job Title

  • Professor

Research funding number

  • 90322198

J-Global ID

Research Interests

  • history of Western education   history of education   history of discourse of education   

Research Areas

  • Humanities & social sciences / Education - general / Thought Systems of Education
  • Humanities & social sciences / Education - general / History of Western Education
  • Humanities & social sciences / Education - general / Educational philosophy

Academic & Professional Experience

  • 2019/11 - Today Hokkaido University Faculty of Education Professor
  • 2013/04 - 2019/10 Hokkaido University Faculty of Education Associate Professor
  • 2007/04 - 2013/03 Kobe University Graduate School of Human Development and Environment
  • 2003/08 - 2007/03 Kobe University Faculty of Human Development
  • 2003/06 - 2004/01 パリ第Ⅴ大学 文部科学省・在外研究員
  • 1999/10 - 2003/07 Kobe University Faculty of Human Development
  • 1998/11 - 1999/09 日本学術振興会 特別研究員(PD)

Education

  • 1995/04 - 2001/11  The University of Tokyo  Graduate School of Education
  • 1993/04 - 1995/03  The University of Tokyo  Graduate School of Education
  • 1991/04 - 1993/03  University of Tokyo
  • 1988/04 - 1991/03  The University of Tokyo  College of Arts and Sciences

Association Memberships

  • 大人と子供の関係史研究会   THE JAPANESE SOCIETY FOR THE PHILOSOPHY OF EDUCATION   THE JAPAN SOCIETY FOR HISTORICAL STUDIES OF EDUCATION   JAPANESE EDUCATIONAL RESEARCH ASSOCIATION   

Research Activities

Published Papers

  • SHIROZU Hironobu
    Bulletin of Faculty of Education, Hokkaido University 139 1 - 68 2021/12/24 [Not refereed][Not invited]
     
    『ディダスカリコン』で知られるサン・ヴィクトルのフーゴーは、修道士志願者向けの生活指南書、『修錬者の教導(De institutione nouitiorum)』をも著している。本史料は修錬者の態度、話し方や立ち居振舞い、衣食といった日常生活の隅々にわたって、いかに振舞うべきかについて詳細に扱ったものである。中世を代表する教導の書と評される本書は、「中世文明が教育という観念をもたないでいた」というアリエス・テーゼに一石を投じうる史料と見做される一方、本書を貫いているのはeducatioではなくdisciplinaであることも看過できない。本稿は本史料の礎石に据えられたdisciplinaという語に着目し、その用法・関連語彙を古代ローマ喜劇からキケロ、セネカを経て、初期キリスト教における聖書翻訳、教父神学を踏まえながら、中世盛期のdisciplinaに領導された教育論の世界がいかなる視座のもとに展開され、どのような教育史的意義を有するものかについて検討するものである。近代以降、このdisciplinaによって領導された《教導的なるもの》の思惟と実践は修道院から家族や学校へと舞台を移し、educationを僭称するに至ることについても議論を展開した。
  • Mens sana in corpore sano
    SHIROZU Hironobu
    Studies in the History of Education: Research Bulletin of the Japan Society for Historical Studies of Education 63 129 - 131 2020/10/01 [Not refereed][Invited]
  • SHIROZU Hironobu, Terasaki Hiroaki
    Bulletin of Faculty of Education, Hokkaido University 136 93 - 118 2020/06 [Not refereed][Not invited]
  • Educational discourse without `education' in the 16th century: Jacques Amyot and Pseudo Plutarch's Liberis educandis
    SHIROZU Hironobu
    『思想』(岩波書店) 1126 31 - 43 0386-2755 2018/02 [Not refereed][Invited]
     
    educationの原義は引き出すことであるというが、それはラテン語educereを原義と見做す基本的誤解に基づく。なぜこうした錯誤が生じたのかについて検討すべく、擬プルタルコス『子どもの教育について』をフランス語訳した、16世紀のジャック・アミヨの訳業を精査した。古典ギリシア語で「養うこと」を意味したトロフェーと「導くこと」を意味した「アゴーゲー」が同じフランス語nourriture(養育)によって訳出されているケースがあることが判明し、本来、トロフェー(養い)の一般的訳語であったeducatioとnourritureが、次第にアゴーゲー(導き)の語義でも用いられていく用法の拡大の端緒を指摘するに至った。16世紀の古典の受容・翻訳において、éducation言説の変質・旋回が生じており、それ以前のヴァナキュラーな語彙と一線を画していることが解明された。
  • SHIROZU HIRONOBU
    Bulletin of Faculty of Education, Hokkaido University 北海道大学大学院教育学研究院 126 (126) 139 - 154 1882-1669 2016/06 [Not refereed][Not invited]
     
    Where does the word ‘education’ come from? According to O.E.D., it is said to be derived from the Latin word educatio into English around the end of 15th century. Resulting from the advance of terminological study on the word of ‘education’, we could throw a familiar myth of pedagogy aside. A term of ‘educate’ derived from not educere which means to educe, but educare which implies to nourish mankind, animal and even plant. This study aims to assemble a great number of quotations containing educare in the Latin literature, and to analysis the signification in their own contexts.
    In this paper, citations of educare in two books of Latin grammar are focused on. One is De Compendiosa Doctorina which was written by Nonius Marcellus in the 4th century. The other is Ars de Verbo by Euthyches about the 6th century. These books were historically precious sources, because scholars and disciples referred to them as a glossary of Latin in the Middle Ages. It is worth mentioning that both N. Marcellus and Euthyches insisted that educare should be nutrire: nourishing. Their arguments grounded on a variety of exemplary citations: Varro's Cato: or the educator, Plautus' Menaechmuses, Accius' Andromeda, and Vergil's Aeneid. It is certain that Latin grammarian in the late Antiquity could explicitly distinguish educare from other similar verb educere.
  • SHIROZU Hironobu
    Annual Report on Teacher Education in Hokkaido University 5 37 - 56 2185-9809 2015/03 [Not refereed][Not invited]
     
    西洋思想の伝統においては、「道徳(moral)」観念は習慣(habit)あるいは慣習(custom)と不可分のものである。本稿では習慣形成としての道徳教育という立場を批判し、いかにして克服することができるかについて論じた。その際、知育と分断されてきた徳育の教育思想史的意義について解説し、既存の道徳的諸価値を強制するのではない、知的反省(reflection)に導く道徳教育、「考える道徳教育」について提唱した。
  • SHIROZU HIRONOBU
    Senri Ethnological Studies, National Museum of Ethnology 80 33 - 52 0387-6004 2013 [Refereed][Not invited]
     
    This paper examines an initiative to set up a social welfare complex in a closed elementary-
    junior high school building in Okinawa. The facility, called Sosu Asahi-no-oka, not only
    serves local children and seniors but also hosts visitors to the region. This paper discusses leisure time, school buildings, cuddling, and well-being by analyzing the ways in which time is shared in the facility.
  • YANG ZENG, SHIROZU HIRONOBU
    神戸大学大学院人間発達環境学研究科『研究紀要』 神戸大学大学院人間発達環境学研究科 5 (2) 47 - 54 1882-2851 2012/03 [Refereed][Not invited]
     
    本稿では、20世紀初頭に生じた精神衛生運動の基本的性格を明らかにし、その歴史的意義を規定しようとした。先行研究も指摘しているように、精神衛生運動は進歩主義教育運動とも深く関わっており、教育言説を「人格発達」を軸とした言説へと転換させた契機であり、教育の医療化の展開を理解するための重要な手がかりになる。その端緒として、本稿では、精神衛生運動の指導者であり、アメリカの精神医学に新たな指針を与え、現代まで影響を及ぼしているアドルフ・マイヤー(Adolf Meyer)を取り上げた。マイヤーが「精神衛生」の理念を提唱することによって「精神衛生運動」を推進し、その一方、学校教育についても大いに発言しながら、精神医学と教育との連携を図ることによって精神衛生という見地に立った人間形成を正面から論じていることが明らかとなった。
  • SHIROZU Hironobu
    The Japanese Journal of Educational Research 78 (2) 50 - 60 0387-3161 2011/06 [Refereed][Invited]
     
    It is generally said that the etymology of education is to draw forth ones faculties. In this paper, I make a few attempts to examine this view on the original meaning of education and to deconstruct the discourse of faculties in the history of education. The question is not how we can make cooperation between educational policy and welfare policy, but how we have come to depend on the concept of faculty in order to imagine both education and welfare. This study, thus, is the genealogy of governing human faculties, which brought the administrative entity compounded from health, security, welfare and education. We must begin to define the historical conditions of the governmental technology so as to surmount it. On this point, we can refer to Michel Foucault's approach to the history of governmentality. According to him, the pastoral care in the early Christianity inaugurated Western governmentality, and then raison d'Etat and police succeeded to their perspective and technology in the modern State. The police, in the 18th century's meaning, is an ensemble of means to increase forces of the State and to maintain the State in good order. It could be characterized by four points. First, it is the goal of police to reinforce the State's potential which includes skills and faculties of its inhabitants. Second, the police operate on individual faculties by way of promoting education and profession to render them competent for social happiness. Third, it covers the whole field of lives and attributes each phase of living acts to governmental significance and value; life is articulated and analyzed in relation to such domains as morality, health, security, arts and science, and paupers. Finally, it is evaluated by the measure of social welfare which is the operator of utility of governance. These viewpoints are refined and systematized in utilitarianism and humancapital theory, which are conveyed to us. In this way, our thought of education is firmly imprinted by the discourse of faculties which is rooted in the science of police. It is possible to say that education remains seized by the perspective of police so far as we discuss it with the concept of faculty. It should be converted from the education of faculty. To begin with, it is necessary to reexamine the etymology of education. It is obvious that education is derived from the Latin word educatio which meant rearing of young person, upbringing, nurturing and moreover breeding of animals. Its verbal form is not educere which is to draw forth something, but educare which is to nourish someone or some animals. This paper especially cites the important usages of Columella's De re rustica and some works of Cicero. They use the word educatio not only for human being, but also for animal, fowl and even for plant. Furthermore, the expression educatio et disciplina appears in Cicero's De legibus, and it reminds us of the Greek phrase τροφη και παιδεια in Plato's work. The Latin word educatio, namely, corresponds to the Greek word τροφη, which means nourishment, food and livelihood itself, rather than παιδεια. To conclude, the original meaning of education is not to draw forth faculty or ability, but supporting life with nourishing on the basis of verbal tradition of τροφη-educatio. This is why I insist that education is none other than well-being, as long as we live by eating while feeling pleasure.
  • SHIROZU Hironobu
    THE JAPANESE JOURNAL OF EDUCATIONAL RESEARCH 一般社団法人 日本教育学会 78 (2) 162 - 173 0387-3161 2011 
    It is generally said that the etymology of education is to draw forth ones faculties. In this paper, I make a few attempts to examine this view on the original meaning of education and to deconstruct the discourse of faculties in the history of education. The question is not how we can make cooperation between educational policy and welfare policy, but how we have come to depend on the concept of faculty in order to imagine both education and welfare. This study, thus, is the genealogy of governing human faculties, which brought the administrative entity compounded from health, security, welfare and education. We must begin to define the historical conditions of the governmental technology so as to surmount it. On this point, we can refer to Michel Foucault's approach to the history of governmentality. According to him, the pastoral care in the early Christianity inaugurated Western governmentality, and then raison d'État and police succeeded to their perspective and technology in the modern State. The police, in the 18th century's meaning, is an ensemble of means to increase forces of the State and to maintain the State in good order. It could be characterized by four points. First, it is the goal of police to reinforce the State's potential which includes skills and faculties of its inhabitants. Second, the police operate on individual faculties by way of promoting education and profession to render them competent for social happiness. Third, it covers the whole field of lives and attributes each phase of living acts to governmental significance and value; life is articulated and analyzed in relation to such domains as morality, health, security, arts and science, and paupers. Finally, it is evaluated by the measure of social welfare which is the operator of utility of governance. These viewpoints are refined and systematized in utilitarianism and humancapital theory, which are conveyed to us. In this way, our thought of education is firmly imprinted by the discourse of faculties which is rooted in the science of police. It is possible to say that education remains seized by the perspective of police so far as we discuss it with the concept of faculty. It should be converted from the education of faculty. To begin with, it is necessary to reexamine the etymology of education. It is obvious that education is derived from the Latin word educatio which meant rearing of young person, upbringing, nurturing and moreover breeding of animals. Its verbal form is not educere which is to draw forth something, but educare which is to nourish someone or some animals. This paper especially cites the important usages of Columella's De re rustica and some works of Cicero. They use the word educatio not only for human being, but also for animal, fowl and even for plant. Furthermore, the expression educatio et disciplina appears in Cicero's De legibus, and it reminds us of the Greek phrase τροφη και παιδεια in Plato's work. The Latin word educatio, namely, corresponds to the Greek word τροφη, which means nourishment, food and livelihood itself, rather than παιδεια. To conclude, the original meaning of education is not to draw forth faculty or ability, but supporting life with nourishing on the basis of verbal tradition of τροφη-educatio. This is why I insist that education is none other than well-being, as long as we live by eating while feeling pleasure.
  • SHIROZU HIRONOBU
    MINPAKU: Anthropology Newsletter 29 5 - 6 2009/12 [Not refereed][Invited]
     
    国立民族学博物館の英文広報誌、MINPAKUに応募者の研究を紹介する記事を執筆した。今日、ますます幅を効かせるようになっている近代的統治の出現にあたっては、18世紀前後に遡る近代ポリス論という確固とした行政実務論の展開が存在したことをトピックとして解説した。
  • 高齢者の自立と交通
    白水 浩信
    国立民族学博物館機関研究 プロジェクト「ライフデザインと福祉(Well-being)の人類学―多機能空間の創出と持続的活用の研究」 67 - 68 2009/03 [Not refereed][Not invited]
  • SHIMANO YUKO, SHIROZU HIRONOBU
    神戸大学大学院人間発達環境学研究科研究紀要 1 (1) 91 - 1000 1882-2851 2007/11 [Refereed][Not invited]
     
    本稿では、近世産育書における「胎毒」観に関する研究として、「胎毒」と「かにばば(ここ)」に焦点をあてた。「胎毒」とは、子どもの病の原因となる重要な概念であり、出生直後の子どもに対する世話が依って立つ基本的視座になっていた。産育書の中において人びとは、子どもがこの「胎毒」が原因となって「病」になることを恐れ、産まれた直後から非常な注意を傾けていたのである。本稿では、千村拙庵『小児養生録』(1688)、苗村常伯『女重宝記』(1692)、香月牛山『小児必用記』(1715)、岡了允『小兒戒草』(1820)、平野元良『病家須知』(1867)、石田鼎貫『小児養育金礎』(1813)を主な史料としてとりあげ、著者たちが「かにばば(ここ)」と「胎毒」をどのように関連づけ、子どもを「胎毒」から守ろうとその啓蒙に努めたのかを分析した。
  • Investigation of the Society of History of Education
    増井三夫, 松岡律, 柏木敦, 白水浩信, 新保敦子, 橋本伸也, 羽田貴史
    教育史学会『日本の教育史学』 48 158 - 172 2005/09 [Not refereed][Not invited]
  • SHIROZU HIRONOBU
    神戸大学発達科学部『研究紀要』 神戸大学発達科学部 11 (1) 11 - 28 0919-7419 2003/09 [Not refereed][Not invited]
     
    近代行政実務論の嚆矢とされる近代ポリス論における教育観、人間観を明らかにした。ポリス論はとりわけ人間の精神(道徳・習俗)の状態、身体(医療・衛生)の状態を国家統治という観点から重視し、顕著な人的資源論として展開した。宗教、習俗、衛生、治安と併置される形で教育がポリス領域として位置づけられていたのはそのためであり、しかもポリス論それ自体が家族=国家論に立脚するパターナリスティックな国民教化論であったことが明らかにされた。
  • Historical Research of the Idea of Education in the Theory of Police
    白水 浩信
    科学研究費補助金研究成果報告書 全180頁  2002/03 [Not refereed][Not invited]
     
    18世紀フランスを中心に、教育と社会統治との関係を具体的に示す史料を網羅的に収集し、その精緻な読解を通じて「ポリス」という固有の理念、実践がいかなるものであったかについて明らかにした。近代教育の成立という出来事(event)は、救貧、衛生、治安といったポリス的諸配慮間の類縁性、連携によって惹起され、近代教育はポリス的性格を刻印された特異な性格を帯びたものとして出立する。ポリスという新たな行政実務領域のなかで、教育的配慮がいかに再編され、救貧、衛生、治安といった隣接諸領域にとっていかなる作用を与えていったのかについて、歴史的に考察した。
  • SHIROZU HIRONOBU
    神戸大学発達科学部教育科学論講座『教育科学論集』 神戸大学 6 (6) 45 - 53 1345-6350 2002/03 [Not refereed][Not invited]
     
    ヘーゲル『法哲学綱要』、「市民社会」の部分で展開されている「ポリツァイ」に関する節を分析し、そこで「教育」が語られていることの歴史的意義について検討した。福祉行政と訳出されてきた経緯のある「ポリツァイ」とは、まずは市民社会の秩序を下支えする行政実務論の母胎と見なすことができ、「事前の配慮」の総体であると語られている。そこでは、社会と市民の関係が親子関係になぞらえられ、「市民社会の息子」という表現に端的に示されるように、「ポリツァイ」によって市民は扶養・教育され、教育国家論の性格が顕著に認められる。
  • Birth of Modern Education in the Theory of Police: Police, Hygiene and Education
    SHIROZU HIRONOBU
    東京大学 全174頁  2001/11 [Refereed][Not invited]
     
    本研究は、17・18世紀ヨーロッパにおいて発生し展開した〈ポリス(police)〉から近代教育が生成してきた事実を重視して、〈ポリス〉のなかで教育がいかなるものとしてあったかを明らかにしようとしたものである。近代教育の生成をその生成の場たる〈ポリス〉という全体図柄の中に戻して再考しようとした最初の本格的研究であり、とりわけ浩瀚なドラマール『ポリス論』を初めて正面から分析し、近代教育の原像が福祉・衛生・治安などと緊密に結びついていたことを鮮明にすると同時に〈ポリス〉の教育国家論的性格を抽出した、貴重な成果である。
  • SHIROZU HIRONOBU
    神戸大学発達科学部『研究紀要』 神戸大学発達科学部 8 (1) 49 - 67 0919-7419 2000/09 [Not refereed][Not invited]
     
    明治期、日本におけるポリス論の受容に関して後藤新平『國家衛生原理』を主史料に据えて分析した。後藤新平は黎明期の日本の公衆衛生行政にあって、その上司、長与専斎とともに注目される人物であり、若き日の後藤が明確に「警察(ポリツァイ)」という理念でもって、公衆衛生事業を捉えていた点は特筆に値する。進化論の影響が認められる後藤の議論からは、狭義の医療・衛生制度の整備のみならず、広く社会・法・教育にいたるまで「衛生」ととらえて配慮する傾向が顕著である。
  • SHIROUZU Hironobu
    The Japanese journal of ethnology 日本文化人類学会 64 (4) 521 - 523 0021-5023 2000/03 [Not refereed][Not invited]
     
    日本民族学会(現文化人類学会)の研究発表「統治技術から人類学へ」を承けて、その成果を学会誌に掲載した。文化人類学が犯罪者や植民地における先住民等を特定する顔面角測定等の自然人類学に起源を持つ統治技術であることを明らかにし、学の生成のもう一つの歴史に注目した。
  • SHIROZU HIRONOBU
    Historical research of education : bulletin of the Society for Historical Research of Education 教育史学会 41 213 - 231 0386-8982 1998/10 [Refereed][Not invited]
     
    教育における性の問題に歴史研究としてアプローチすべく、イギリスの匿名著者による『オナニア』(1710)とティソーの『オナニスム』(1760)を分析した。これらは19世紀に繰り広げられる様々な反マスターベーション戦略の起点に位置する文献である。子ども・青年の性に対する教育的配慮の形成において、「教育学そのものの医療化」、「自尊心の称揚とその過剰への懸念」、「子どもの性という発明」といった三つの契機が関与していることを指摘し、これらは相互に連携し、〈予防〉という配慮において子ども・青年の性の主題を教育的配慮の一つとして編成していった点を明らかにした。
  • 書評 鈴木七美著『出産の歴史人類学』
    白水 浩信
    大人と子供の関係史研究会論集 3 109 - 111 1998/09 [Not refereed][Not invited]
     
    鈴木七美『出産の歴史人類学』に関する教育史研究という立場からの書評である。教育史は学校制度史という既存の枠組みを越えて、産育史にまで視野を広げることの画期的意義、文化人類学研究との連携の可能性について論評した。
  • Boucher d'Argis, `Police', Encyclopedie (1751-1780)
    白水 浩信
    東京大学大学院教育学研究科教育学研究室・研究室紀要 24 75 - 84 1998/06 [Not refereed][Not invited]
     
    18世紀フランス啓蒙思想の集大成、『百科全書(Encyclopédie)』(1751-1780)における項目「ポリス」を訳出したものである。法学関連の項目記事を多く執筆したことで知られるブシェ・ダルジ(Boucher d'Argis)によるこの項目は、二部構成になっており、第一部が古代から紐解かれるポリス史であり、第二部が18世紀フランスのポリス実務概略となっている。特に第二部には、習俗・衛生・治安・救貧といった多岐にわたるポリス業務の一つとして、明確に教育もまたその射程にあるものとして数え上げられている。ポリスと教育の関係を考察する上で興味深い歴史的証言だと言えよう。
  • SHIROZU HIRONOBU
    日本教育学会『教育学研究』 65 (2) 11 - 20 1998/06 [Refereed][Not invited]
     
    フーコーが重視するポリスの理念と実践について、彼自身が用いた史料、N・ドラマール『ポリス概論』を実際に手に取りその再検証を行った。その際、ポリスと教育の思想史的連動を理解する上でJ・J・ルソー、モンテスキューらの見解をも参照し、ポリスは18世紀政治・教育思想史上特筆すべき理念であることを指摘した。さらにまたポリスと教育との関係は現実の行政実務においても看過できないものであり、学校運営・青少年犯罪・乳幼児保護をめぐって、明確に教育をも射程においたポリス実務が展開していた点をも実証した。
  • SHIROZU Hironobu
    The Japanese Journal of Educational Research Japanese Educational Research Association 65 (2) 131 - 140 0387-3161 1998 
    This is a historical study on police and education in the 18th century France. In the ancien regime, different from today, police treated all marginal problems; immorality, insanity, pauperism, and so on. M. Foucault often emphasized its importance, but police have been largely neglected in historical research on education. Even if education was studied by police, it was frequently mistaken for discipline without sufficient historical sources. This paper concretely defines police by examining famous texts on police by J. J. Rousseau, Montesquieu and N. Delamare. Initially, the concept of police was referred to in the political writings of Rousseau and Montesquieu. Both orthodox historians and Foucault curiously made no mention of the relation between police and them, though Rousseau often used the word 'police' and Montesquieu allotted one ohapter of De I'Esprit de Lois to police. For example, Rousseau said that police were close to the education of children. According to Montesquieu, the affairs of police covered everything trivial, and must quickly be brought to conclusions not by law but by regulation. These are important sources on police. In addition, I discuss police administration by use of Delamare's work. Nicolas Delamare(1639-1725) was a professional police officer. His Traite de la Police(1705-1719) is the most interesting source to know facts regarding police. Delamare said that police aimed at all details to make people happy in their life. It was the art of government to promote welfare. He regarded many things as its object for this purpose: religion, custom, health, food, security, highway, science, commerce, manufacture, domestic affairs, and paupers. The category of police also included education: College, charity school, child care and lettres de cachet. All these things were objectives of police administration. College were so dangerous that police inspected them to prevent disorder. Charity school also experienced many disturbances not only by students, but also by parents. Many teachers were insulted, threatened and even attacked in the classroom by parents, and police orders heavily fined them. Child care was the most important problem of police. Orphanages and shortage of wetnurse were social problems in Paris. In 1769, lieutenant Generale de Police established public institutions for wetnurses. Furthermore, dealing with lettres de cachet was also the duty of police lieutenants. Many families petitioned police to protect themselves from troublesome members by this warrant. It must be emphasized that education was a police objective. Its administration by police was considered from various aspects such as poor relief, public health, and prevention of crime. Police thought of education as a part of the total government to improve social welfare. In this history, moreover, family grew to be a main field of action to defend society through education. Any trivial disorder must be purged from family, because social disorder came from there. This felicity of families was considered essential not only to personal life but also to societal life. The strategy of education by police focused on family against social marginality; family must be filled with moral, health and wealth by police.
  • Population, Health & Education in J. P. Frank's Medical Police
    白水 浩信
    東京大学大学院教育学研究科教育学研究室『研究室紀要』 23 23 - 33 1997/06 [Not refereed][Not invited]
     
    従来、言及されるのみで史料に即した本格的研究を欠いてきた、ヨハン・ペーター・フランク『医療ポリツァイ』(1779-1827)を、その章構成一覧などを提示しながら丹念に紹介し、フランクの公教育論についてもふれ、公教育における子どもの欲求の活用を通して学校の医療化が進行した点を詳述した。その際、フーコー〈生-権力論〉を援用しつつ、近代ポリス論における統治の合理性の特徴を抽出した。すなわち、教育や健康に対する欲求や快楽をもとに諸個人のアイデンティティを形成する過程と、これを社会的に保障しながら政治的全体性へと統合する過程の相互干渉こそ、ポリス論の核心に位置づく合理化の源泉なのである。
  • J.P.Frank, Mediziniche Polizei and Family: Population and Childbirth in Kammeral-wissenschaft
    白水 浩信
    科学研究費補助金研究成果報告書(研究代表者:寺崎弘昭) 35 - 51 1997/03 [Not refereed][Not invited]
     
    従来、言及されるのみで史料に即した本格的研究を欠いてきた、J・P・フランク『医療ポリツァイ』(1779-1827)を、その章構成一覧などを提示しながら丹念に紹介し、近代医療制度構想にとって人口論と産育論がどのように結合していたかを考察した。そこでは人口産出の場としての家族生活が詳論され、特に出産・養育・公教育における医学の責務がひときわ力説されていた。この人口論と産育論との交点たる医療ポリス論にこそ、近代教育思想の医学化の契機を求める必要がある点を強調した。
  • Police and Education: Bio-pouvoir in the Early Modern Western Society
    白水 浩信
    東京大学大学院教育学研究科教育学研究室『研究室紀要』 22 57 - 65 1996/06 [Not refereed][Not invited]
     
    18世紀西欧に成立した統治論の一形態、ポリス論を分析する基本的視座を提示した論稿である。ポリスの重要性はヘーゲル『法哲学綱要』のなかでも述べられており、教育はその一環とさえ言われている。このポリスの基本的性格とは、(1)個と共同性の相補的関係を重視すること、(2)医療や教育を通して、人的資源すなわち生そのものを統治しようとしたこと、(3)諸個人の欲求を社会的なものとして再編・活用する<欲求の政治学>として現出する点に求められる。近代教育とはこうした生(bios)を醸し出すポリス的権力装置の一つとして捉えられるのである。
  • 白水 浩信
    東京大学大学院教育学研究科『紀要』 36 81 - 90 1996/06 [Not refereed][Not invited]
     
    This paper is a historical study on the police of family and education at the beginning of the 18th century in France. The police was, according to N.Delamare in his Traite de la police, understood as public laws and orders for regulating and supporting each habitant. His work treated of wide ranges concerning the life of people ; religion, moral, health, food, security, science & liberal arts, commerce, manufacture, servants & domestics, highway and pauper. One of the sources of police was fundamentally the law of nature which consisted of three principles ; religion, self-love and sociability. His thought of general police stood in the connection between self-love and sociability, in other words between privacy and publicity. Duties of police was usefully explained related to the idea of family, as little States and seminar of the State. The family was said to be public as well as particular in the expressions. It proved to be proper for police. It was very important for police to govern and protect marriage, procreation and education. The education meant, in his Traite, the formation of children's mind by correction and recompense founded in the parental authority. The family and education was not only regulated by the society and the State, but gave some models to them in the theory of police. Seminar of the State is significant, where police must view over every life restlessly just as education of children. Namely Delamare's police could be thought of "grand education" of many little States in the State.
  • 独身者のユートピアと近代家族
    小松 佳代子, 白水 浩信
    大人と子供の関係史研究会論集 1 166 - 167 1994/07 [Not refereed][Not invited]
     
    J・ベンサムの描いた自立した個人からなる市民社会とは、究極的には独身者からなるユートピア社会の構想であり、家族を基礎単位とする市民社会像をも解体するのではないかとの問題提起をおこなった。
  • The Sphare of Education in the Theory of Modern Police: E. Chadwick and his Preventive Police
    白水 浩信
    東京大学 全120頁  1994/03 [Not refereed][Not invited]
     
    15世紀頃から18世紀にかけて用いられた西欧諸語におけるポリス(police, Polizei)とは、今日の「警察」という概念からは想像することもできない広範な領域に関わるものであった。まずはドイツ官房学を中心に、その理念史的展開を検討し、ドイツ・ポリツァイ学が、福祉の増進と危険の予防という二つの配慮のうちに〈教育〉をも包含するものであった点を突きとめた。このような議論はドイツにのみ見受けられるものではなく、自由主義的伝統から福祉国家的ポリツァイに批判的だったイギリスにおいてさえ確認しうるものである。そこで救貧法改革、公衆衛生立法に深く関わった行政官E・チャドウィックの議論を近代ポリス論と教育との関係という見地から分析した。

Books etc

  • Revisiting the Educational Thoughts in Post War Japan, Volume 1: View Points of History, Human Development, and the Human Rights
    田中孝彦, 田中昌弥, 杉浦正幸, 堀尾輝久, 寺崎弘昭, 白水浩信, 横畑知己, 小林大祐, 乾彰夫, 亀谷和史, 中嶋みさき, 西平直, 横湯園子, 佐貫浩, 世取山洋介, 葛西耕介, 佐藤一子 (Joint work第1章 西欧近代と日本の教育―岩波講座『現代教育学』第四巻を中心に)
    東京大学出版会 2022/04 (ISBN: 9784130513517) 352 13-32
  • ともに生きるための教育学へのレッスン40―明日を切り拓く教養
    宮﨑隆志, 松本伊智朗, 白水浩信 (Joint editor「Ⅱ 学びと教育」(扉); 「educationは能力を引き出すことか」)
    明石書店 2019/08 (ISBN: 9784750348827) 193 70-75
  • 폴리스로서의 교육 : 교육적 통치의 아르케올로지
    白水 浩信 (Single work)
    학이시습 2017/12
  • 現代家族ペディア
    白水 浩信 (Joint work「出産と育児」,「家族と啓蒙」,「性教育」,「治安と家族」)
    弘文堂 2015/11 360 124-126, 145-147, 143, 150-151 
    (担当:第6章「教育と家族」のうち中項目「出産と育児」及び「家族と啓蒙」の総論、小項目「性教育」及び「治安と家族」を執筆) 比較家族史学会の企画として、既刊『事典家族』の内容を改訂し、現時点での家族史研究の成果を教育史という観点から「出産と育児」「家族と啓蒙」という中項目の執筆・編集を担当した。
  • 高齢者のウェルビーイングとライフデザインの協働
    白水 浩信 (Joint work第3章 寄り添う―福祉・教育の総合施設「楚洲あさひの丘」)
    御茶の水書房 2010/10 37-52 
    「第3章 寄り添う―福祉・教育の総合施設「楚洲あさひの丘」」(37-52頁)を執筆。 沖縄県国頭村にある、高齢者福祉と保育所が融合した複合福祉施設を現地調査し、その分析報告をおこなった。少子高齢化に伴い、過疎に悩む地域の今後の福祉のあり方を考える上で、高齢者と乳幼児が寄り添う形で運営されている本施設の意義を論じた。また、本施設が廃校利用の試みである点も特筆した。
  • 文化人類学事典
    白水 浩信 (Contributor福祉と生権力)
    丸善 2009/01 
    文化人類学会編の学術キーワード事典のうち、「福祉と生権力」(「第10章 癒す」)を執筆した。西洋及び日本における「福祉」の概念の歴史的検討をふまえ、現代の福祉国家統治へといたる歴史的過程について解説した。今日、福祉は教育をも含む形で、生権力の具体的行使の場を構成しているという認識を示した上で、その超克の必要性を論じた。
  • 教育史研究の最前線
    白水 浩信 (Joint work第9章 身体と教育―第5節 西洋における身体と教育の歴史)
    日本図書センター 2007/03 
    「第9章 身体と教育―第5節 西洋における身体と教育の歴史」(196-202頁)を執筆。 西洋教育史研究における身体の歴史について、体育・スポーツ、衛生、習俗といった観点から、最新の動向を紹介し、研究の課題と展望をおこなった。その際、①身体に関する教育の歴史と問題設定するもの、②教育という営みの身体性の歴史と問題設定される場合に分け、①では狭義の体育史、学校衛生史等について解説し、②では教育を支える身体コミュニケーション、世代間で継承される様々な慣習行動とその伝達の様式、その背景にある身体観について論じた。
  • 人間像の発明
    白水 浩信 (Joint work第2章 健康な人間―衛生的配慮と予防のユートピア)
    ドメス出版 2006/10 53-85 
    「第2章 健康な人間-衛生的配慮と予防のユートピア」(53-85頁)を執筆。 近代における衛生的配慮の成立過程に焦点をあて、近代人=健康な人間像という観点から考察した。まずは「衛生」の語源分析と学校教育(修身・道徳)による普及、さらに衛生的配慮による習俗の変容、予防実践による衛生的範疇の拡大プロセスについて分析した。
  • キーワード 人間と発達
    白水 浩信 (Joint work人間は「発達」をどのようにとらえてきたか?―「発達」の発見と変遷/統治としての教育)
    大学教育出版 2005/04 13-16, 78-79 
    「人間は「発達」をどのようにとらえてきたか?―「発達」の発見と変遷」(13-16頁)及び「統治としての教育」(78-79頁)を執筆。 「人間は「発達」をどのようにとらえてきたか?―「発達」の発見と変遷」では、「発達(development)」の概念を語源にまで遡り、その歴史的意義を概観した。 「統治としての教育」(78-79頁)では、教育が福祉とともに、国家統治の一環として想念されるにいたった歴史的経緯について、西洋教育史研究の最新の知見をまじえて論じた。
  • ポリスとしての教育―教育的統治のアルケオロジー
    白水 浩信 (Single work)
    東京大学出版会 2004/02 
    18世紀フランスを中心に、教育と社会統治との関係を具体的史料に即して詳細に分析し、そこに「ポリス」という固有の理念、実践が存在したことを明らかにした。さらに近代教育の成立にあたって、救貧、衛生、治安といったポリス的配慮とのあいだに顕著な類似性、連携が認められ、個人と社会の関係はこれらポリスが包含した新たな行政実務領域のなかで、教育的配慮を軸に再編されていく過程を歴史的に考察した。

Conference Activities & Talks

MISC

  • Koyama Shizuko, Kodama Ryoko eds., Child and Education: Modern Family as Arena
    Shiramizu Hironobu  Journal of Comparative Family History  34-  116  -119  2020/03  [Not refereed][Invited]
  • からだとこころを捉える―サマーセミナー雑感
    白水 浩信  日本教育史往来  230-  9  -10  2017/10  [Not refereed][Not invited]
  • Shirozu Hironobu  Journal of graduate school Kobe University  7-  i  -ii  2000

Research Grants & Projects

  • Japan Society for the Promotion of Science:Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C)
    Date (from‐to) : 2019/04 -2023/03 
    Author : SHIROZU Hironobu
  • 転換期における民衆的教育思想の生成に関する実証的研究
    日本学術振興会:科学研究費補助金 基板研究(B)
    Date (from‐to) : 2017/04 -2021/03 
    Author : 宮崎 隆志
  • 近代における教育統治論と能力言説の生成に関する歴史研究
    日本学術振興会:科学研究費補助金 基板研究(C)
    Date (from‐to) : 2016/04 -2019/03 
    Author : 白水 浩信
  • 異年齢期カップリングの発達学:子どもの生きづらさを超えるための学際的協働
    日本学術振興会:科学研究費補助金 基板研究(B)
    Date (from‐to) : 2015/04 -2019/03 
    Author : 川田 学
  • 多世代共生「エイジ・フレンドリー・コミュニティ」構想と実践の国際共同研究
    日本学術振興会:科学研究費補助金 基板研究(B)
    Date (from‐to) : 2014/04 -2017/03 
    Author : 鈴木 七美
  • ラテン語educareとeducereに関する教育概念史研究
    日本学術振興会:科学研究費補助金 基盤研究(C)
    Date (from‐to) : 2012/04 -2016/03 
    Author : 白水 浩信
  • ケアと育みの人類学
    国立民族学博物館:機関研究プロジェクト
    Date (from‐to) : 2011/04 -2015/03 
    Author : 鈴木 七美
  • ヨーロッパ学校衛生論史研究
    日本学術振興会:科学研究費補助金 基盤研究(C)
    Date (from‐to) : 2011/04 -2015/03 
    Author : 寺崎 弘昭
  • 少子高齢・多文化社会における福祉・教育空間の多機能化に関する歴史人類学的研究
    日本学術振興会:科学研究費補助金 基盤研究(B)
    Date (from‐to) : 2009/04 -2012/03 
    Author : 鈴木 七美
  • ウェルビーイング(福祉)の思想とライフデザイン
    国立民族学博物館:共同研究
    Date (from‐to) : 2008/04 -2012/03 
    Author : 鈴木 七美
  • 西洋養生思想における「身体」と「心」の教育概念史
    日本学術振興会:科学研究費補助金 基盤研究(C)
    Date (from‐to) : 2008/04 -2012/03 
    Author : 白水 浩信
  • ライフデザインと福祉(Well-being)の人類-多機能空間の創出と持続的活用の研究
    国立民族学博物館:機関研究プロジェクト
    Date (from‐to) : 2008/04 -2010/03 
    Author : 鈴木 七美
  • 西欧養生論史に関する基礎的研究
    日本学術振興会:科学研究費補助金 若手研究(B)
    Date (from‐to) : 2005/04 -2008/03 
    Author : 白水 浩信
  • 『ポリスとしての教育―教育的統治のアルケオロジー』(東京大学出版会)
    日本学術振興会:科学研究費補助金 研究成果公開促進費
    Date (from‐to) : 2003/04 -2004/03 
    Author : 白水 浩信
  • 近代ポリス論における教育理念形成に関する歴史研究
    日本学術振興会:科学研究費補助金 奨励研究(A)
    Date (from‐to) : 2000/04 -2002/03 
    Author : 白水 浩信
  • 18世紀フランス・ポリス学における教育理念形成に関する思想史研究
    日本学術振興会:特別研究員奨励費
    Date (from‐to) : 1999/04 -1999/09 
    Author : 白水 浩信

Educational Activities

Teaching Experience

  • In-Depth Studies on School Education
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 教育学院
    キーワード : 教育、身体、性、科学
  • Seminar
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 教育学部
    キーワード : 教育思想 研究方法 教育思想の古典
  • Lecture: Basic Theory of Education
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 教育学部
    キーワード : 西洋教育思想 家族 大人と子供の関係 通過儀礼 声 文字
  • Sciences of Education: General Course
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 教育学部
    キーワード : 教育思想 教育 education 学校空間 規律 体罰 能力 統治 福祉 ポリス
  • History-Culture Module Special Subjects B
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 現代日本学プログラム課程
    キーワード : 西洋教育思想 家族 大人と子供の関係 通過儀礼 声 文字


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.