Researcher Database

Kunihiko Yoshida
Graduate School of Law Law and Political Studies Modern Law
Professor

Researcher Profile and Settings

Affiliation

  • Graduate School of Law Law and Political Studies Modern Law

Job Title

  • Professor

J-Global ID

Research Interests

  • 居住福祉   補償   中山間地   蓄積的損害   所有権   ポスト・モダン   地方自治   ホームレス   所有   地域再生   アスベスト   じん肺   災害復興   平成大合併   基地問題   共同体   アイヌ民族   現代思想   弱者包有的復興   遺骨問題   蓄積的・潜在的損害   震災復興   賃貸借規制   都市爆撃   都市再開発   地震・水害被害   市町村合併   訴訟外解決   環境保護   因果関係   

Research Areas

  • Humanities & social sciences / New fields in law
  • Humanities & social sciences / Civil law

Academic & Professional Experience

  • 2002 - 2012 北海道大学 法学(政治学)研究科(研究院) 教授

Research Activities

Published Papers

  • 「アイヌ新法」論議の問題点(上)――アイヌ政策は世界の動向からいかに隔たっているか
    吉田邦彦
    現代の理論 (44) 204 - 210 2019 [Refereed][Not invited]
  • ノーモア・ミナマタ訴訟の課題と疫学的因果関係問題――アメリカ疫学文献に沿いつつ
    吉田邦彦
    環境と公害 48 (3) 2019 [Refereed][Invited]
  • 慰安婦問題解決の動きとその課題――とくに『中国慰安婦』との関係で
    吉田邦彦
    研究中国 (8) 51 - 60 2019 [Refereed][Not invited]
  • カナダ水俣病の実態の衝撃と日本の救済実績との比較・課題
    吉田邦彦
    民事責任法のフロンティア 55 - 85 2019 [Refereed][Invited]
  • 九州北部豪雨シンポと現地災害調査リポート――澁谷・東峰村村長との談論で浮かび上がる居住福祉的課題
    吉田邦彦
    法学セミナー (757) 1 - 6 2018 [Refereed][Not invited]
  • 何故アイヌ遺骨が、アイヌ民族に戻らないのか――ドイツ返還遺骨を契機に
    吉田邦彦
    人権と部落問題 (908) 14 - 22 2018 [Refereed][Invited]
  • イスラエル・ベドウィン先住民族の強制立退き問題と近時の研究への所感
    吉田邦彦
    (瀬川信久=吉田克己古稀記念)社会の変容と民法の課題(下巻) 529 - 546 2018 [Refereed][Not invited]
  • 生態文明と環境保護法・居住福祉法――日中韓比較
    吉田邦彦
    (加藤雅信古稀記念)21世紀民事法学の挑戦(上巻) 67 - 79 2018 [Refereed][Not invited]
  • ネパール地震の現状と課題
    吉田邦彦
    居住福祉研究 (25) 86 - 102 2018 [Refereed][Not invited]
  • 浙江省細菌戦被害の現状と今後の補償法学上の課題――義烏市細菌戦記念館の目的確認のために
    吉田邦彦
    731資料センター会報 (26) 15 - 23 2018 [Refereed][Invited]
  • 福島原発放射能問題と災害復興――福島原賠訴訟の法政策学的考察
    吉田邦彦
    淡路剛久監修・原発事故被害回復の法と政策 295 - 310 2018 [Refereed][Invited]
  • メキシコ国境沿いのティファナ川国際環境紛争リポート――水法研究の皮切りとして
    吉田邦彦
    法学セミナー (765) 9 - 15 2018 [Refereed][Not invited]
  • 成田天神峰における強制立退き事例について」
    吉田邦彦
    居住福祉研究 (26) 83 - 95 2018 [Refereed][Not invited]
  • アイヌ政策検討市民会議の活動と国際的連携――アイヌ政策に補償と自己決定権を
    吉田邦彦
    現代の理論 (35) 138 - 143 2017 [Refereed][Invited]
  • 中国での毒ガス兵器遺棄を巡る戦後補償問題(1)――チチハル毒ガス被害者の聞取りを受けて
    吉田邦彦
    北大法学論集 67 (5) 1355 - 1364 2017 [Refereed][Not invited]
  • 中国での毒ガス兵器遺棄を巡る戦後補償問題(2・完)――チチハル毒ガス被害者の聞取りを受けて
    吉田邦彦
    北大法学論集 67 (6) 1811 - 1833 2017 [Refereed][Not invited]
  • 福島原発事故の自主避難者問題が示す日中環境法学問題――福島・武漢(漢正街)・沖縄を繋ぐもの
    吉田邦彦
    龍谷法学 49 (4) 1283 - 1309 2017 [Refereed][Invited]
  • アイヌ国立博物館の方途・期待と現状課題――彼我の相違とその所以
    吉田邦彦
    ゆうひろば (162) 4 - 4 2017 [Refereed][Invited]
  • 復興借り上げ公営住宅にかかる強制立退き問題――弁護士倫理・研究者倫理も踏まえつつ
    吉田邦彦
    上石圭一ほか編・(宮澤節生古稀)現代日本の法過程下巻 501 - 520 2017 [Refereed][Not invited]
  • ダコタ・パイプライン問題が投ずる米国先住民族課題・先住権と環境損害の交錯(下)――白老・アイヌ国立博物館構想の批判的検討
    吉田邦彦
    現代の理論 (38) 92 - 98 2017 [Refereed][Not invited]
  • ダコタ・パイプライン再開が示す米国の闇の歴史――スー族の先住権と環境損害の交錯(上)
    吉田邦彦
    現代の理論 (37) 78 - 84 2017 [Refereed][Not invited]
  • 居住福祉法学から見た災害復興法の諸問題と今後の課題――とくに、東日本大震災(東北大震災)の場合
    吉田邦彦
    復興(日本災害復興学会学会誌) (14) 3 - 14 2016 [Refereed][Invited]
  • アイヌ民族補償の現況と課題――諸外国の先住民族補償(とくにアラスカ原住民の場合)との比較で
    吉田邦彦
    久摺 (14) 196 - 222 2016 [Refereed][Not invited]
  • 東日本大震災・福島原発事故と自主避難者の賠償問題・居住福祉課題(上)――近時の京都地裁判決の問題分析を中心に
    吉田邦彦
    法と民主主義 (509) 33 - 39 2016 [Refereed][Not invited]
  • 熊本震災・益城町被災が抱える居住福祉法学的課題――草の根の日常生活の実践活動の必要性
    吉田邦彦
    協同の発見 (285) 69 - 75 2016 [Refereed][Not invited]
  • Problems and Challenges for “Voluntary Evacuees” with regard to the Fukushima Radiation Disaster
    Kunihiko Yoshida
    HOKKAIDO L. REV 67 (4) 1288 - 1305 2016 [Refereed][Not invited]
  • 民法(債権法〔契約法〕)改正について--その評価と展望
    吉田邦彦
    判例時報 (2270) 2015 [Refereed][Not invited]
  • 福島原発爆発事故による営業損害(間接損害)の賠償について
    吉田邦彦
    法律時報 87 (1) 105 - 112 2015 [Refereed][Invited]
  • 居住福祉法学と福島原発被災者問題(下)――特に自主避難者の居住福祉に焦点を当てて
    吉田邦彦
    判例時報 (2240) 3 - 12 2015 [Refereed][Not invited]
  • 居住福祉法学と福島原発被災者問題(上)――特に自主避難者の居住福祉に焦点を当てて
    吉田邦彦
    判例時報 (2239) 3 - 13 2015 [Refereed][Not invited]
  • 富山を再訪して考える――不二越雑感
    吉田邦彦
    志法(北大法律相談室雑誌) (32) 13 - 18 2015 [Refereed][Not invited]
  • 重慶など都市爆撃訴訟判決を読んで(下)
    吉田邦彦
    日中友好新聞 (2357) 2 - 2 2015 [Refereed][Not invited]
  • 重慶など都市爆撃訴訟判決を読んで(中)
    吉田邦彦
    日中友好新聞 (2355) 2 - 2 2015 [Refereed][Not invited]
  • 重慶など都市爆撃訴訟判決を読んで(上)
    吉田邦彦
    日中友好新聞 (2354) 2 - 2 2015 [Refereed][Not invited]
  • 区域外避難者の転居に即した損害論・管見――札幌『自主避難者』の苦悩とそれへの対策
    吉田邦彦
    環境と公害 45 (2) 62 - 66 2015 [Refereed][Invited]
  • ホロコースト補償訴訟の遺産――ナチス略奪芸術返還問題にも焦点を当てつつ
    吉田邦彦
    (星野追悼)日本民法学の新たな時代 835 - 882 2015 [Refereed][Not invited]
  • Why Should Japan be Concerned about Jeju Reparations and Reconciliation?: From the Peace Islands of Hokkaido and Jeju
    Kunihiko Yoshida
    WORLD ENVIRONMENT AND ISLAND STUDIES 5 (2) 81 - 90 2015 [Refereed][Invited]
  • 北海道強制連行・労働の拠点朱鞠内で《遺骨奉還事業》を考える――補償法学の原点としての『被害者に寄り添う』ということ
    吉田邦彦
    Forum Opinion (31) 52 - 60 2015 [Refereed][Invited]
  • 近時のアイヌ民族記述教科書検定と所有権問題――先住民族への過去の不正義補償との関連で
    吉田邦彦
    Forum Opinion (31) 69 - 77 2015 [Refereed][Invited]
  • 東日本大震災・福島原発事故と自主避難者の賠償問題・居住福祉課題(下)――近時の京都地裁判決の問題分析を中心に
    吉田邦彦
    法と民主主義 (510) 41 - 47 2015 [Refereed][Invited]
  • ハイチ大震災復興の民法学・居住福祉法学上の諸課題と国際貢献の意義・あり方(上)
    吉田邦彦
    法律時報 86 (1) 84 - 89 2014 [Refereed][Not invited]
  • ハイチ大震災復興の民法学・居住福祉法学上の諸課題と国際貢献の意義・あり方(下)
    吉田邦彦
    法律時報 86 (2) 88 - 95 2014 [Refereed][Not invited]
  • カリブ海諸国の奴隷補償(国際補償)問題――ジャマイカ・ハイチを中心として
    吉田邦彦
    インド・南アフリカ財産的情報研究Ⅱ(関大法学研究所研究叢書) 63 - 99 2014 [Refereed][Not invited]
  • チェルノブイリ原発事故調査からの『居住福祉法(民法)』的示唆――福島第一原発問題との決定的な相違
    吉田邦彦
    NBL (1026) 33 - 41 2014 [Refereed][Not invited]
  • Reparations and Reconciliation in East Asia: The Unresolved Challenges in the 21st Century
    Kunihiko Yoshida
    Journal of Political Criticism 14 37 - 88 2014 [Refereed][Invited]
  • 劉連仁さんの故居を訪ねて(上)――改めて強く思うこと
    吉田邦彦
    日中友好新聞 (2335) 2 - 2 2014 [Refereed][Not invited]
  • 劉連仁さんの故居を訪ねて(中)――改めて強く思うこと
    吉田邦彦
    (2336) 2 - 2 2014 [Refereed][Not invited]
  • 劉連仁さんの故居を訪ねて(下)――改めて強く思うこと
    吉田邦彦
    日中友好新聞 (2337) 2 - 2 2014 [Refereed][Not invited]
  • 現今の日中関係と補償法学上の課題
    吉田邦彦
    季刊中国 (119) 42 - 51 2014 [Refereed][Not invited]
  • Property Law Policy for the Indigenous Ainu in Japan and the Unresolved Issue of Reparations
    Kunihiko Yoshida
    NAM-KOOK KIM ED., MULTICULTURAL CHALLENGES AND SUSTAINABLE DEMOCRACY IN EUROPE AND ASIA 59 - 81 2014 [Refereed][Not invited]
  • アメリカ東海岸を襲ったハリケーン・サンディの被災・災害復興の特質――都市型災害の日米比較のために(とくに居住福祉法学的視点から)
    吉田邦彦
    協同の発見 (248) 79 - 90 2013 [Refereed][Not invited]
  • 中国人強制連行・労働問題の現今の諸課題――酒田・唐山訪問を機縁として
    吉田邦彦
    季刊中国 (113) 54 - 63 2013 [Refereed][Not invited]
  • プエルトリコ・サンファンでの米臨床法学会(及び貧困地区マルティン・ペーニャ訪問)報告
    吉田邦彦
    法律時報 85 (9) 83 - 89 2013 [Refereed][Not invited]
  • アイヌ民族の先住補償と民法学
    吉田邦彦
    Forum Opinion (19) 92 - 101 2012 [Refereed][Invited]
  • Reparations and Reconciliation in East Asia: Some Comparison of Jeju April 3rd Tragedy with Other Related Asian Reparations Cases,
    Kunihiko Yoshida
    WORLD ENVIRONMENT AND ISLAND STUDIES 2 (1) 79 - 111 2012 [Refereed][Invited]
  • Reparations and Reconciliation in East Asia as a Hot Issue of Tort Law in the 21st Century: Case Studies, Legal Issues, and Theoretical Framework
    Kunihiko Yoshida
    JOURNAL OF KOREAN LAW(Seoul National University) 11 101  2011 [Refereed][Invited]
  • 住宅政策の貧困(ハウジングプア・貧困ビジネスの現実)と居住福祉法学の諸課題
    吉田邦彦
    賃金と社会保障 (1550) 1 - 36 2011 [Refereed][Invited]

Books etc

MISC

Educational Activities

Teaching Experience

  • 比較政治学特殊講義
    開講年度 : 2020
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 法学研究科
  • Seminar in Civil Law
    開講年度 : 2020
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 法学研究科
    キーワード : 補償、関係和解、東アジア、現代史
  • 国際特殊講義Ⅰ
    開講年度 : 2020
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 法学部
  • Seminar in Civil Law
    開講年度 : 2020
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 法学研究科
    キーワード : 民法、法と経済学
  • Contemporary Law and Politics
    開講年度 : 2020
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 法学研究科
    キーワード : 法と経済学
  • Private Law Theory Workshop Ⅱ
    開講年度 : 2020
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 法学研究科
    キーワード : 民法理論
  • Issues in Civil Law
    開講年度 : 2020
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 法学研究科
    キーワード : 民法、法と経済学
  • Private Law Theory Colloquium Ⅱ
    開講年度 : 2020
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 法学研究科
    キーワード : 民法理論
  • Civil Law
    開講年度 : 2020
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 経済学部
    キーワード : 債権総論、契約総論
  • Civil Law II
    開講年度 : 2020
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 法学部
    キーワード : 債権総論、契約総論
  • Seminar I
    開講年度 : 2020
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 法学部
    キーワード : 最高裁判例、民法分野一般(債権法、家族法その他)
  • Seminar II
    開講年度 : 2020
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 法学部
    キーワード : 最高裁判例、債権総論その他の民法分野一般
  • Special Lecture II
    開講年度 : 2020
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 法学部
    キーワード : 法と経済学
  • Modern Japanese Political Economy IID
    開講年度 : 2020
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 現代日本学プログラム課程
    キーワード : 債権総論、契約総論
  • Perceptions of Society
    開講年度 : 2020
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : 補償、関係和解、東アジア、現代史
  • Civil Law II a
    開講年度 : 2020
    課程区分 : 専門職大学院
    開講学部 : 経済学院
    キーワード : 債権総論、契約総論
  • Civil Law II b
    開講年度 : 2020
    課程区分 : 専門職大学院
    開講学部 : 経済学院
    キーワード : 債権総論、契約総論


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.