Researcher Database

Mikine Yamazaki
Faculty of Public Policy Public Policy Public Policy
Professor

Researcher Profile and Settings

Affiliation

  • Faculty of Public Policy Public Policy Public Policy

Job Title

  • Professor

Degree

  • (BLANK)
  • (BLANK)

URL

J-Global ID

Research Interests

  • United Kingdom   Public Policy   Territorial Politics   スコットランド   政府間関係   中央地方関係   地域開発   国土開発   地方自治   行政学   Local Politics   Scotland   Devolution   Regionalism   Intergovernmental Relations   Public Administration   

Research Areas

  • Humanities & social sciences / Politics

Academic & Professional Experience

  • 2019/04 - Today Hokkaido University Faculty of Public Policy
  • 2015/04 - 2019/03 Hokkaido University Graduate School of Law
  • 2007/04 - 2015/03 Hokkaido University Faculty of Public Policy
  • 2004/04 - 2007/03 Hokkaido University Faculty of Public Policy
  • 2001/04 - 2004/03 Hokkaido University Graduate School of Law

Education

  • 1992/04 - 1995/03  Hokkaido University  Graduate School of Law
  •        - 1995  Hokkaido University  Graduate School, Division of Law
  • 1990/04 - 1992/03  Hokkaido University  Graduate School of Law
  • 1986/04 - 1990/03  Hokkaido University  School of Law  School of Law
  •        - 1990  Hokkaido University  Faculty of Laws

Association Memberships

  • 日本政治学会   日本行政学会   

Research Activities

Published Papers

  • Mikine Yamazaki
    同志社政策科学研究 = Doshisha policy and managemant review 同志社大学政策学会 22 (2) 173 - 184 1880-8336 2021/03 
    The aim of this article is to investigate the promotion of policy change by sub-national government from a comparative perspective, focusing on the policy making process of the smoking ban in public places in Scotland in the UK and in Kanagawa in Japan. Venue shift from the central government to sub-national government enhanced the introduction of new legislation of banning on smoking. Meanwhile, conditions of policy environmemnt and "windows of opportunity" made diffrences of the extent of regulation between two countries.
  • 自治体による受動喫煙防止政策の可能性と課題―北海道および先進自治体調査を通じて
    山崎幹根, 辻道雅宜, 高野譲
    北海道自治研究 28 - 36 2018/12 [Not refereed][Not invited]
  • A Comparison of Tobacco Policy in the UK and Japan: If the Scientific Evidence is Identical, Why is There a Major Difference in Policy?
    Paul Cairney and Mikine Yamazaki
    Journal of Comparative Policy Analysis: Research and Practice 20 (3) 253 - 268 2018/09 [Refereed][Not invited]
  • 連合王国の統治機構―特異な主権概念と不均一な権限移譲
    山崎 幹根
    立命館言語文化研究 28 (4) 183 - 192 2017/03 [Refereed][Invited]
  • 辺野古基地問題をめぐる中央地方関係 : その政治的対立と法的紛争
    山崎 幹根
    法律時報 89 (6) 43 - 50 2017 [Not refereed][Not invited]
  • 国・広域自治体・市町村間の補完・支援・連携 : 北海道の事例から
    山崎 幹根
    都市問題 108 (8) 58 - 65 2017 [Not refereed][Not invited]
  • 山崎 幹根
    世界 岩波書店 (884) 25 - 28 0582-4532 2016/07 [Not refereed][Not invited]
  • The Structure of Contemporary Japanese Central-Local Government Relations: A Comparative Perspective From Territorial Politics
    YAMAZAKI Mikine
    Special Edition of Annals, 2015: Frontiers in Public Policy, 2016/03 [Not refereed][Not invited]
  • 成長と連携を志向するイングランドの都市政策
    山崎 幹根
    都市問題 107 80 - 87 2016/01 [Not refereed][Not invited]
  • 山崎 幹根
    年報行政研究 ぎょうせい 51 (51) 23 - 42 0548-1570 2016 [Not refereed][Not invited]
  • 人口急減社会、国・地方はどのように対応するべきか—北海道から考える
    山崎 幹根
    nippon.com 2014/12 [Not refereed][Not invited]
  • 山崎 幹根
    世界 岩波書店 (862) 20 - 24 0582-4532 2014/11 [Not refereed][Not invited]
  • 山崎 幹根
    月刊自治研 自治労サービス 56 (662) 10 - 14 1342-5021 2014/11 [Not refereed][Not invited]
  • イギリスとスコットランドはこれからどうなる?―「民主主義の刷新」、それでもくすぶる対立の火種
    山崎 幹根
    日経ビジネスオンライン 2014/10 [Not refereed][Not invited]
  • 『独立運動』の視点から考える地域民主主義の刷新―スコットランドからの示唆
    山崎 幹根
    生活経済政策 (215) 17 - 21 2014 [Not refereed][Not invited]
  • 山崎 幹根
    エコノミスト 毎日新聞社 90 (51) 92 - 93 0013-0621 2012/11 [Not refereed][Not invited]
  • 山崎 幹根
    都市問題 後藤・安田記念東京都市研究所 103 (4) 50 - 58 0387-3382 2012/04 [Not refereed][Not invited]
  • 『一国多制度』型の自治は可能か―「領域政治」をてがかりに
    山崎 幹根
    學士会会報 (897) 32 - 36 2012 [Not refereed][Not invited]
  • Yamazaki Mikine
    Annals, public policy studies 北海道大学公共政策大学院 (4) 111 - 124 1881-9818 2010 
    Regionalism is leading the transformation of governing style in modern nation states. The causes of regionalism cannot be described just as the roots of the existence of original history nor identity derived from territory. Rather, the differences of both countries are explained from how the meaning of a region is revealed in the real political processes. In the UK, political factors are the most important elements which have promoted devolution besides the strength of regional identities. In addition, policy factors are also pointed out that most people expected devolution would improve the qualities of public policies. In Japan, policy factors which make it possible for localities to seek their own economic development policies are the biggest momentum for regionalism. In contrast, political factors, which could contribute to revitalise local democracy, are too weak to promote regionalism. Rather, many political actors are interested in devolution as a means of an administrative reform. Furthermore, the differences of regional governance in the two countries should be explained from the features of governing systems. The British governing system consists of territorial policy communities, which are formed in accordance with each region, and territorial ministries in addition to functional policy communities and functional ministries since pre-devolution. In Japan, there have been territorial policy communities and ministries in Hokkaido and Okinawa since the post-war era, but their main domains are limited to economic development policies. Rather, the Japanese governing system features an accumulation of functional policy communities, which deliver uniform public policies across the country, with functional ministries.

Books etc

  • 奥野, 良知 (Contributor第2章:スコットランドの独立運動とイギリス政治のゆくえ)
    明石書店 2019/10 (ISBN: 9784750349084) 278p
  • 政治学入門
    品田裕, 永井史男, 水島治郎編著 (Contributor市役所と地方議会に行ってみよう―地方自治の理念と現実)
    ミネルヴァ書房 2019/03
  • 地方創生を超えて これからの地域政策
    小磯修二, 村上裕一, 山崎幹根編著 (Joint editor第4章 自治政策・国土政策から見た国と地方 ―広域連携から考える)
    岩波書店 2018/07
  • リアル・デ モクラシー:ポスト「日本型利益政治」の構想
    宮本太郎, 山口二郎編著 (Contributor第2章:政権交代による政策変動と政策コミュニティ)
    岩波書店 2016/01
  • 経済危機下の分権改革―「再国家化」と「脱国 家化」の間で
    山田徹編著 (Contributor第7章:連合王国の権限移譲)
    公人社 2015
  • 「領域」をめぐる分権と統合 スコットランドから考える
    山崎 幹根 (Single work)
    岩波書店 2011/03
  • スコットランドの挑戦と成果 地域を変えた市民と議会の10年
    山崎 幹根 (Joint editor)
    イマジン出版 2010
  • 戦後北海道開発の軌跡 対談と年表でふりかえる開発政策
    山崎 幹根 (Joint editor)
    財団法人 北海道開発協会 2007
  • Governing Hokkaido
    YAMAZAKI Mikine (Single work)
    東京大学出版会 2006/12

Conference Activities & Talks

  • 北海道に見る小規模自治体の現状と課題  [Invited]
    山崎 幹根
    日本公共政策学会研究大会分科会  2018/06
  • Lesson Drawing from Hokkaido Development Policy  [Invited]
    YAMAZAKI Mikine
    Knowledge Co-Creation Program (Young Leaders) 2016, Comprehensive Regional Development Planning: A Course on Mindanao Regional Development  2017/03
  • Devolution and Policy Change: The Two Cases of Smoking Ban in the UK and Japan  [Invited]
    YAMAZAKI Mikine
    The European Conference on Politics, Economics and Law 2016  2016/07
  • Missing or promising frontier? ―The possibilities and problems in Hokkaido―  [Not invited]
    YAMAZAKI Mikine
    Japan Society of Scotland  2016/05
  • “Scotland, Hokkaido and the search for real whisky  [Not invited]
    YAMAZAKI Mikine
    “Japan and Scotland - The Whisky Bond  2016/03
  • 領域における独自性と自立の可能性と課題―沖縄と北海道との比較から  [Not invited]
    山崎 幹根
    2015年度日本行政学会  2015/05
  • スコットランド独立住民投票の意味  [Not invited]
    山崎 幹根
    地域分権改革と独立運動の諸相  2015/02
  • 連合王国の権限移譲―国際比較の観点から  [Invited]
    山崎 幹根
    シンポジウム「経済危機下に おける地域分権改革のゆくえ-「再国家化」と「脱国家化」の間で」  2013/11
  • 英国の権限移譲―領域政治からのアプローチ  [Invited]
    山崎 幹根
    国立国会図書館調査及び 立法考査局研究会  2013/05

Works

  • これからの地方政府のあり方に関する研究
    1999
  • Joint Reserch on Role of Local Government in future
    1999

MISC

Research Grants & Projects

  • 現代国家における中央地方関係の研究
  • Devolution in the UK
  • Regional Economic Development Policy in Japan
  • Japanese Local Politics

Educational Activities

Teaching Experience

  • Comparative Inter-Governmental Relations
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 法学研究科
    キーワード : 二元代表制、市民参加、住民自治と団体自治、公共政策、単一主権国家と連邦制国家、中央地方関係、政府間関係、地方分権改革、領域政治、地方公務員、地方財政、官民連携
  • Seminar in Public Administration
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 法学研究科
    キーワード : 地域開発政策、北海道開発政策、総合開発計画、観光政策、アイヌ文化振興政策、地方創生、国際協力
  • Public Administration
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 法学研究科
    キーワード : 地域開発政策、北海道開発政策、総合開発計画、観光政策、アイヌ文化振興政策、地方創生、国際協力
  • Issues in Public Administration
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 法学研究科
    キーワード : イギリス、スコットランド、公共政策、権限移譲、中央地方関係、政府間関係、領域政治、政党政治、地域ナショナリズム、国家統合
  • Basics of Humanities and Social Sciences
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : 政治学、主権、デモクラシー、地方自治、政党政治、体制変動、国際関係論
  • Local Government
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 法学部
    キーワード : 二元代表制、市民参加、住民自治と団体自治、公共政策、単一主権国家と連邦制国家、中央地方関係、政府間関係、地方分権改革、領域政治、地方公務員、地方財政、官民連携
  • Seminar II
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 法学部
    キーワード : 二元代表制、市民参加、住民自治と団体自治、公共政策、単一主権国家と連邦制国家、中央地方関係、政府間関係、地方分権改革、領域政治、地方公務員、地方財政、官民連携
  • Modern Japanese Political Economy IIID
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 現代日本学プログラム課程
    キーワード : 二元代表制、市民参加、住民自治と団体自治、公共政策、単一主権国家と連邦制国家、中央地方関係、政府間関係、地方分権改革、領域政治、地方公務員、地方財政、官民連携
  • Comparative Inter-Govermental Relations
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 専門職大学院
    開講学部 : 公共政策学教育部
    キーワード : 二元代表制、市民参加、住民自治と団体自治、公共政策、単一主権国家と連邦制国家、中央地方関係、政府間関係、地方分権改革、領域政治、地方公務員、地方財政、官民連携
  • Hokkaido Development Policy
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 専門職大学院
    開講学部 : 公共政策学教育部
    キーワード : 地域開発政策、北海道開発政策、総合開発計画、観光政策、アイヌ文化振興政策、地方創生、国際協力

Campus Position History

  • 2013年4月1日 
    2015年3月31日 
    教育研究評議会評議員
  • 2020年10月12日 
    2022年3月31日 
    総長補佐
  • 2020年10月12日 
    Present 
    総長補佐(広報室担当)
  • 2013年4月1日 
    2015年3月31日 
    大学院公共政策学教育部長
  • 2013年4月1日 
    2015年3月31日 
    大学院公共政策学連携研究部長

Position History

  • 2013年4月1日 
    2015年3月31日 
    教育研究評議会評議員
  • 2020年10月12日 
    2022年3月31日 
    総長補佐
  • 2020年10月12日 
    Present 
    総長補佐(広報室担当)
  • 2013年4月1日 
    2015年3月31日 
    大学院公共政策学教育部長
  • 2013年4月1日 
    2015年3月31日 
    大学院公共政策学連携研究部長


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.