Researcher Database

Yuzuru Tonai
Slavic-Eurasian Research Center
Associate Professor

Researcher Profile and Settings

Affiliation

  • Slavic-Eurasian Research Center

Job Title

  • Associate Professor

Degree

  • (BLANK)

J-Global ID

Research Interests

  • Sakhalin   Siberian Intervention   図書館情報学   地域情報資源   メタデータベース   情報資源共有化   ロシア   地域情報学   キリスト教史   ロシア正教会   宗教と国家   フィラレート(ドロズドフ)   Library and information science   Medieval Russian history   

Research Areas

  • Humanities & social sciences / History of thought
  • Humanities & social sciences / Local studies
  • Humanities & social sciences / History - Europe/America
  • Humanities & social sciences / Library/information science, humanistic/social informatics

Academic & Professional Experience

  • 2014/03 - Today Hokkaido University Slavic-Eurasian Research Center Associate Professor
  • 2007/04 - 2014/03 Hokkaido University Slavic Research Center

Education

  •        - 1988  Gakushuin University  Graduate School of Humanities
  •        - 1988  Gakushuin University  Graduate School, Division of Humanities
  •        - 1986  Gakushuin University  Faculty of Letters  Department of History
  •        - 1986  Gakushuin University  Faculty of Literature

Association Memberships

  • 日本図書館情報学会   ロシア史研究会   

Research Activities

Published Papers

  • TONAI Yuzuru
    ロシア史研究 (99) 3 - 25 2017/05 [Refereed][Not invited]
  • Russia-related archives in Japan: the case of Kuroki Chikanori’s (1883–1934) manuscript collection
    TONAI Yuzuru, E. Baryshev
    RSUH/RGGU Bulletin. Series Records Management and Archival Studies. Computer Science. Data Protection and Information Security 2017 (4(10)) 72 - 86 2017 [Refereed][Not invited]
  • Yuzuru Tonai
    Voices from the Shifting Russo-Japanese Border: Karafuto / Sakhalin 80 - 100 2015/02/20 [Not refereed][Not invited]
  • Structure Analisys of Components of "Turkestan Corpus" by Database
    TONAI Yuzuru
    CIAS Discussion Paper (34) 13 - 18 2013/03 [Not refereed][Not invited]
  • 兎内 勇津流
    専門図書館 専門図書館協議会 0 (244) 34 - 44 0385-0188 2010 [Not refereed][Not invited]
     
    北海道大学スラブ研究センターは、ロシアをはじめとするスラブ・ユーラシアの地域研究に携わる、国内の中核的機関であり、2010年には共同利用・共同研究拠点の指定を受けた。その図書室および北大附属図書館等の関連コレクションは、国内最大規模のものであり、内外の多くの研究者から活用され、高く評価されている。その運営は、主題専門家の教員を中心に行われている、国内的では少数の例のひとつであるが、収集水準の維持・向上、地域的バランスの改善、収蔵スペースの確保などが課題である。
  • 兎内 勇津流
    「スラブ・ユーラシア学の構築」研究報告集 北海道大学スラブ研究センター 0 (25) 1 - 16 2008/03 [Not refereed][Not invited]
  • ロシア聖書協会と聖書ロシア語訳事業:歴史的位置付けについての覚え書き
    スラヴ研究 50号 p.301-315 2003 [Not refereed][Not invited]
  • Holdings of Books related to Russia and Easten Europe among Japanese academic libraries
    Slavic & East European Information resources 3(4) p.1-17 2002 [Not refereed][Not invited]
  • Tonai Yuzuru
    Gakushuin historical review 31 (0) 110 - 120 0286-1658 1993/03 [Not refereed][Not invited]
  • NDLのデータベースから-8-日本関係欧文図書:洋図書データベースB001による分析(共著)
    科学技術文献サービス (95) 1991 [Not refereed][Not invited]
  • 国立国会図書館とレーニン図書館との交流について
    現代の図書館 29 (2) 1991 [Not refereed][Not invited]

Books etc

  • Japanese-Russian Relations during the Romanov Dynasty
    Makino Motonori (Contributor第7章 ゲンナージー・ネヴェリスコイのアムール調査(探検)と幕末の日本)
    Bensei Publishing 2020/08 7, 494 260-287
  • (翻訳)第10章ダツィシェン、グリシャチョフ「ロシア東部における干渉への日本の参加(1917-22年)」
    兎内 勇津流 
    東京大学出版会 2015/10 xxvii, 713, 12 193-209
  • Nature and History around the Sea of Okhotsk. no. 1-4 (2011-2015)
    TONAI Yuzuru (Joint editor)
    Sapporodo Publisher 2012/03
  • 地図情報共有化に向けての課題
    兎内 勇津流 (Editor)
    北海道大学スラブ研究センター 2011
  • メディアと図書館:印刷術以前から電子図書館まで
    情報メディア論 八千代出版 2000
  • Media and libraries : from pre-printing era to digital library
    Information processing and media 2000

Conference Activities & Talks

  • On a Trip Report by an American Military Official on Japanese Occupation of North Sakhalin in 1922  [Invited]
    Tonai Yuzuru
    函館日ロ交流史研究会・はこだて外国人居留地研究会合同例会  2020/08
  • Church -State Relation Concept of Filaret (Dorzdov) in Recent Studies  [Not invited]
    兎内勇津流
    "Plato and Russia" Seminar  2020/03
  • Amur Expedition by G. Nevel'skoi and Sakhalin Island  [Invited]
    TONAI Yuzuru
    Association for Study of Foreigners Settlement on Hakodate, Sapporo Branch Seminar  2019/12
  • 1920-30年代の極東社会の変容: ユーリー・ピカーロフの仕事をてがかりに  [Not invited]
    兎内 勇津流
    科研費・基盤研究(A)「日ソ戦争および戦後の引揚・抑留に関する総合的研究」研究会・「1930年代ソ連の極東政策とその波及」  2019/09
  • アンドレイ・ガーニンのコルチャーク政権論  [Not invited]
    兎内 勇津流
    シベリア出兵史研究会第4回  2019/08
  • 尼港事件はどのようにして起こったか: 三月とその前後  [Not invited]
    兎内 勇津流
    サハリン樺太史研究会第54回例会  2019/06
  • Amur Expedition by G. Navelskoi (1849-1855) and Sakhalin Island  [Not invited]
    TONAI Yuzuru
    函館日ロ交流史研究会  2019/06
  • 19世紀のカトリック教会とロシア人のカトリック観: アレクサンドル・ポポフ(1820-1877)のカトリック論を中心に  [Not invited]
    兎内 勇津流
    ロシア中近世史研究会例会  2019/04
  • IFLA先住民部会の活動について  [Invited]
    兎内 勇津流
    むすびめの会 2019年4月例会  2019/04
  • Relations among Russian Orthodox Church and Oriental Orthodox Churches in 19th Century and Filaret (Metropolitan of Moscow)  [Not invited]
    TONAI Yuzuru
    科研費・基盤研究(A)「超越性」と「生」との接続:近現代ロシア思想史の批判的再構築に向けて(研究代表者:貝澤哉)研究会・「プラトンとロシア」研究会  2019/03
  • Vasily Boldyrev (1875-1933) and the Japanese Army in 1919  [Not invited]
    TONAI Yuzuru
    62th Annual Conference of the Japanese Society for the Study of Russian History, 2018  2018/10
  • Vasily Boldyrev (1875-1933) and the Japanese Army in 1919  [Not invited]
    TONAI Yuzuru
    Seminor for the Study of the Siberian Expedition  2018/09
  • ロシア・ソ連の史料・文献に見るソ連の南サハリン統治 (1945-1950)  [Not invited]
    兎内 勇津流
    日本植民地研究会第26回全国研究大会  2018/07
  • IOM所蔵出版物に見る明治期日本の正教会  [Not invited]
    兎内 勇津流
    日露国際研究集会コレクション形成からみる日露関係史II  2018/06
  • アレクサンドル・ポポフ(1820-1877)のカトリック論  [Not invited]
    兎内 勇津流
    「プラトンとロシア」研究会/科研費・基盤研究(A)「『超越性』と『生』との接続:近現代ロシア思想史の批判的再検討に向けて」研究発表会  2018/03
  • IFLA2018年ヴロツワフ大会に参加して  [Not invited]
    兎内 勇津流
    大学図書館問題研究会北海道グループ特別例会「IFLAの活動と日本」  2018/02
  • 1920年4月4-5日沿海州武力衝突事件をめぐって  [Not invited]
    兎内 勇津流
    第3回シベリア出兵史研究会  2018/01
  • Reexamination of Nikolaevsk Incident (1920)  [Not invited]
    TONAI Yuzuru
    Sapporo Branch Meeting of Hakodate Association for the Study of the History of Foreign Settlements  2017/12
  • Русский Дальний Восток после падения режима Колчака и внешнеполитический курс Японии в начале 1920 г.  [Invited]
    Тонаи Юдзуру
    Международная научная конференция "Великая российская революция и Дальний Восток"  2017/10
  • 北大スラブ研だけにある資料あれこれ: 図書館と文書館のあいだで  [Invited]
    兎内 勇津流
    The Age of Discovery : 学術情報ソリューションセミナー2016 in SAPPORO  2016/07
  • 露米会社と日本の北方地域  [Not invited]
    兎内 勇津流
    コレクション形成史からみる日露関係史 ロシア科学アカデミー東洋古籍文献研究所(IOM)所蔵アイヌ・北方史料の共同研究  2016/07
  • 第二次大戦期サハリン周辺海域の航行問題  [Not invited]
    兎内 勇津流
    サハリン樺太史研究会  2016/05
  • ロシアにおけるフィラレート(ドロズドフ)神学の研究動向  [Not invited]
    兎内 勇津流
    「近現代ロシア文化におけるプラトンおよび古代ギリシア表象の諸問題」研究会  2016/03
  • Slavophilism and German Theology in 19th Century  [Not invited]
    TONAI Yuzuru
    Research Seminor of Japanese Association of Russianists, Hokkaido Branch  2015/07
  • The outlook of Yury Samarin on Christianity in his dissertation "Stepen Yavorsky and Feofan Prokopovich"  [Not invited]
    TONAI Yuzuru
    Seminar "Plato and Russia"  2015/03
  • The Role of Libraries in Multicultural Societies  [Not invited]
    Yuzuru Tonai
    Theory and Practice of Multiculturalism in Hokkaido : International Symposium  2014/03
  • Filaret (Dorzdov) and Russain Emperors  [Not invited]
    TONAI Yuzuru
    Platp and Russia  2013/09
  • Religious policy in Russia in the reign of Alexander I and Filaret (Drozdov)  [Not invited]
    TONAI Yuzuru
    Research Seminor of Japanese Association of Russianists, Hokkaido Branch  2013/07
  • Pictorial materials at the Slavic Research Center Library concerning Northern Sakhalin : how we can disclose their feature  [Not invited]
    TONAI Yuzuru
    合同ワークショップ「非文字資料研究の理論構築に向けての事例検討 I  2013/06
  • Religious policy in Russia in the reign of Alexander I from the contexst of European history  [Not invited]
    TONAI Yuzuru
    "Plato and Russia" Seminar  2013/03
  • Sakhalin in 19th Century  [Not invited]
    TONAI Yuzuru
    もっと知ろう、もっと北の国Ⅲ:北海道とサハリン  2013/02  The Oriental Library, Tokyo  The Oriental Library
  • Soviet Administration under D. N. Kriukov and Japanese Society in South Sakhalin after WW II  [Not invited]
    TONAI Yuzuru
    Migrants and Returnees in Eurasia International Symposium  2013/02
  • On the Libary, Slavic Research Center, Hokkaido University  [Not invited]
    TONAI Yuzuru
    2012/09
  • Theological stance of Filaret (Drozdov)  [Not invited]
    TONAI Yuzuru
    "Plato and Russia" Seminar  2012/02
  • Statistical Analisys of articles in "Turkestanskii Sbornik"  [Not invited]
    TONAI Yuzuru
    『トルキスタン集成』のデータベース化とその現代的活用の諸相 2011年度第3回研究会  2012/01

Works

  • Atlases of Imperial Russia
    TONAI Yuzuru 2009/05
  • スラヴ研究センター冬季国際シンポジウム展示『捕虜となったロシア人将兵』
    2003
  • Exposition at the Winter Symposium on Russo-Japanese War, 1904-1905 "Captured Russian Soldiers and officers in Japan"
    2003

MISC

Research Grants & Projects

  • 「超越性」と「生」との接続:近現代ロシア思想史の批判的再構築に向けて
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(A))
    Date (from‐to) : 2017/04 -2022/03 
    Author : 貝澤 哉
  • 日ソ戦争および戦後の引揚・抑留に関する総合的研究
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(A))
    Date (from‐to) : 2017/04 -2021/03 
    Author : 白木沢 旭児
  • サハリン(樺太)島における戦争と境界変動の現代史
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    Date (from‐to) : 2013/03 -2017/03 
    Author : 原 暉之
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    Date (from‐to) : 2010 -2012 
    Author : 兎内 勇津流
     
    平成22年度においては、アレクサンドルー世期(1801~1825)におけるフィラレートに注目したところ、その活動はロシア正教会内部に限定されたものでなく、とりわけ1809年から1819年のペテルブルクで活動した時期は、皇帝の側近のひとりで宗務院総長(オーベル・プロクロール)やロシア聖書協会総裁を務めたアレクサンドル・ゴリーツィン公をはじめとする上層社会と広い人間関係を持ち、若くしてすでにその中で宗教者として強い影響力を持っていたこと、文学サークル・アルザマスと近い関係にあって、ロシア社会の変革を志向するその同志とも目されていたことがわかってきた。フィラレートのそうした活動は、聖書協会の活動停止(1824年)やデカブリストの乱(1825年)など、その後の情勢の変化により、アルザマス・サークルの活動ともども封印され、これまで長く忘れられてきたように思われる。また、フィラレートの言説は、その信仰や教義理解という面からでなく、正教会内部におけるフィラレートの政治的立場が影響していることを踏まえる必要があるが、そのことを具体的に考察する手がかりを得ることができた。フィラレートは、非常に用心深い人で、長命であったにもかかわらず、あれこれの記録を残さなかった人であるが、フランス革命やナポレオン戦争への対応をめぐって激動した当時のロシアの思想的状況と人間関係の両面を踏まえて、今後は、その著作...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    Date (from‐to) : 2010 -2012 
    Author : 杉浦 秀一, 山田 吉二郎, 根村 亮, 下里 俊行, 兎内 勇津流, 貝澤 哉, 北見 諭, 坂庭 敦史
     
    本年度の研究成果としては、19世紀前半における聖書協会および神学校改革における指導的なロシア正教聖職者フィラレートの政治活動の諸相、チャアダーエフの『哲学書簡』全体におけるプラトニズム的要素とプラトンへの両面価値的な態度が明らかにされた。また19世紀後半におけるソロヴィヨフの『善の弁明』における進歩観をトルストイ批判の文脈で理解することが重要であること、さらに20世紀ソ連末期における長司祭アレクサンドル・メーニのプラトン論およびイエス・キリスト論の独特の位置、またヨーロッパ思想史におけるカッシーラー、ハイデッガー、ブルーメンベルクらプラトニズムの位置づけ、同じく欧米の言語哲学におけるプラトニズムの位置づけが紹介され、ロシアにおける思想家との異同の解明という課題が指摘された。また今後の大きな研究課題として18世紀のラジーシチェフにおけるセンチメンタリズムの分析、20世紀初頭におけるブルガーコフの宗教的言語論におけるプラトニズムとの関連性、エヴゲーニイ・トルベツコーイにおけるプラトン論、トルストイ論、ソロヴィヨフ論の分析、アレクセイ・ローセフにおける経験とシンボルとの関係性の分析などが重要であることが示唆された。総じていえば、ヴァリツキの『ロシア思想史』で取り上げられている多くのロシア思想家たちのうちに西欧の思想家たちとは異なる独特のプラトニズム理解の諸要素を見いだすことができる...
  • Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(A))
    Date (from‐to) : 2006 -2008 
    Author : Koji TANAKA, Shoichiro HARA, Mamoru SHIBAYAMA, Shigeru ARAKI, Toshihiko KISHI, Yuzuru TONAI, Yukio HAYASHI, Fumiko OSIKAWA, Chika OBIYA, Masayuki YANAGISAWA, Yoko HAYAMI, Tadataka IGARASHI, Kimiya KITANI, Yumi KITAMURA, Shuhei SHIMADA, Yasushi TONAGA, Haruyoshi GOTO
     
    アフロ・アジア地域に関する多様な地域情報資源の共有化を目指して、情報学の概念や手法を導入した地域情報学ともいうべき地域研究の新たな研究展開を図ることを目的に、1)分担者所属組織間の連携による所蔵資料のデジタル化とデータベース化、2)地域および通地域的課題の"実験例"をふまえた、資料のデジタル化とメタ情報の標準化、3)共有化プラットフォームのプロトタイプの構築、4)図書館連携による図書館情報資料の共有化に関する活動を実施した。
  • Social influences of digitization of information on libraries
  • Society and state in 16th century Russia


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.