Researcher Database

Masuhiro Nomura
Graduate School of Humanities and Human Sciences Division of Humanities Department of Linguistics
Professor

Researcher Profile and Settings

Affiliation

  • Graduate School of Humanities and Human Sciences Division of Humanities Department of Linguistics

Job Title

  • Professor

Degree

  • Ph.D. in Linguistics(University of California, San Diego)
  • MA(The University of Tokyo)

J-Global ID

Research Interests

  • 意味論   認知言語学   英語学   Semantics   Cognitive Linguistics   English Linguistics   

Research Areas

  • Humanities & social sciences / English linguistics

Academic & Professional Experience

  • 2014/04 - Today Hokkaido University The Graduate School of Letters/The Faculty of Letters Professor
  • 2001/04 - 2014/03 Hokkaido University Graduate School of Letters/The Faculty of Letters Associate professor
  • 1996/04 - 2001/03 Japan Women's University Faculty of Humanities, Department of English
  • 1996/04 - 2001/03 Lecturer, Department of English, Japan Women's University

Education

  • 1991/09 - 1996/03  University of California, San Diego (Graduate Program)  Department of Linguistics
  • 1990/04 - 1994  東京大学大学院
  • 1990/04 - 1994  University of Tokyo  Graduate School (Doctoral course), Division of Humanities
  • 1987/04 - 1990/03  東京大学大学院
  • 1987/04 - 1990/03  University of Tokyo  Graduate School (MA course), Division of Humanities
  • 1983/04 - 1987/03  University of Tokyo  Faculty of Letters

Association Memberships

  • THE SOCIETY OF JAPANESE GRAMMAR   THE SOCIETY OF ENGLISH GRAMMAR AND USAGE   THE ENGLISH LITERARY SOCIETY OF JAPAN   日本認知言語学会   日本英語学会   国際認知言語学会   日本言語学会   The Japanese Cognitive Linguistics Association   The English Linguistic Society of Japan   International Cognitive Linguistics Association   The Linguistic Society of Japan   

Research Activities

Published Papers

  • Review: Language and Time: A Cognitive Linguistics Approach, By Vyvyan Evans
    NOMURA Masuhiro
    English Linguistics 32 (2) 442 - 453 2015/12 [Refereed][Invited]
  • 野村 益寛
    北海道大学文学研究科紀要 北海道大学文学研究科 (142) 33 - 62 1346-0277 2014 [Not refereed][Not invited]
  • 野村 益寛
    言語研究 = Journal of the Linguistic Society of Japan 日本言語学会 (143) 1 - 28 0024-3914 2013/03 [Refereed][Not invited]
  • 認知文法における主観性構図の検討
    野村 益寛
    Conference Handbook, 日本英語学会 29 229 - 234 2011 [Not refereed][Not invited]
  • Nomura Masuhiro
    Journal of the graduate school of letters 北海道大学 5 41 - 63 1880-8832 2010/03 [Not refereed][Not invited]
     
    Cognitive phonology, as proposed by Lakoff (1988, 1993) and Goldsmith (1989, 1990, 1991, 1993), is a phonological theory that questions the foundational assumptions of generative phonology, doing away with the notions of "derivations" and "extrinsic rule ordering". The present paper is an attempt to explore possibilities and problems of cognitive phonology by analyzing the past tense formation of Japanese verbs as a case study. It is shown that the framework of cognitive phonology nicely analyzes the data, but at the same time such problems as relationships across levels, environment statements, and measurement of harmony are pointed out and discussed.
  • 野村 益寛
    言語 大修館書店 38 (12) 26 - 31 0287-1696 2009/12 [Not refereed][Not invited]
  • 事件は現場で起きている—使用依拠モデルからみた<意味>と<言語習得>
    野村益寛
    『日本認知言語学会論文集』 9 524 - 534 2009 [Not refereed][Not invited]
  • 野村 益寛
    英語青年 研究社 154 (3) 128 - 131 0287-2706 2008/06 [Not refereed][Not invited]
  • 認知文法のアルケオロジー
    野村益寛
    Proceedings of the Thirty-Second Annual Meeting of Kansai Linguistic Society 28 360 - 370 2008 [Not refereed][Not invited]
  • 野村 益寛
    言語 大修館書店 36 (5) 32 - 39 0287-1696 2007/05 [Not refereed][Not invited]
  • 認知言語学から見た日本語アスペクト
    野村益寛
    『日本語学』 26 (3) 6 - 12 2007 [Not refereed][Not invited]
  • 時間の概念化に関する覚え書き
    野村益寛
    『英語青年』 151 (9) 526 - 529 2005 [Not refereed][Not invited]
  • 命名の認知プロセス
    野村益寛
    『言語』 34 (3) 30 - 36 2005 [Not refereed][Not invited]
  • 意味論研究史管見—認知言語学の視点から
    野村益寛
    『日本の言語学』(『言語』30周年記念別冊) 31 (6) 118 - 129 2002 [Not refereed][Not invited]
  • 参照点構文としての主要部内在型関係節構文
    野村益寛
    『認知言語学論考』 1 229 - 255 2001 [Not refereed][Not invited]
  • 相対性名詞再考:主要部内在型関係節の観点から
    野村益寛
    『日本認知言語学会論文集』 1 121 - 131 2001 [Not refereed][Not invited]
  • 認知言語学の展開:理論的統合の動きを中心に
    野村益寛
    『北海道大学文学研究科紀要』 105 51 - 70 2001 [Not refereed][Not invited]
  • The Internally-Headed Relative Clause Construction in Japanese: A Cognitive Grammar Approach
    NOMURA Masuhiro
    Department of Linguistics, University of California, San Diego 2000 [Refereed][Not invited]
  • 「主要部」を欠く主要部内在型関係節
    野村益寛
    『日本女子大学文学部紀要』 47 39 - 49 1998 [Not refereed][Not invited]
  • On the Relevancy Condition of the Japanese Internally-headed Relative Clause Construction
    NOMURA Masuhiro
    Journal. Faculty of Humanities, Japan Women's University 46 91 - 113 1997 [Not refereed][Not invited]
  • 認知言語学におけるメタファー研究の展開
    野村益寛
    『英語青年』 142 (12) 7 - 9 1997 [Not refereed][Not invited]
  • The Ubiquity of the Fluid Metaphor in Japanese: A Case Study
    NOMURA Masuhiro
    POETICA 46 41 - 75 1996 [Not refereed][Invited]
  • A Descriptive Note on Malagasy Verbal Complementation and the Binding Hierarchy: with special reference to the occurrence of the complementizer fa.
    NOMURA Masuhiro
    Kansas Working Papers in Linguistics 20 101 - 115 1995 [Refereed][Not invited]
  • The Semantics of the Content Clause Construction in English
    NOMURA Masuhiro
    English Linguistics 10 184 - 210 1993 [Refereed][Not invited]
  • LANGUAGE AS FLUID: A Description of the Conduit Metaphor in Japanese
    NOMURA Masuhiro
    Kansas Working Papers in Linguistics 18 75 - 90 1993 [Refereed][Not invited]
  • Problem Solving as a Means of Creating Coherence in Narrative Reading
    NOMURA Masuhiro
    Linguistic Research: Working Papers in English Linguistics 6 93 - 107 1988 [Not refereed][Not invited]

Books etc

  • 児玉一宏・小山哲春編『認知言語学の最前線ー山梨正明教授古希記念論文集』
    野村益寛 (Contributor「主要部内在型関係節構文の概念的基盤ー単純判断としての主要部内在型関係節」(pp.159-174))
    ひつじ書房 2021/05
  • 言語は本能かー現代言語学の通説を検証する
    辻幸夫, 黒滝真理子, 菅井三実, 村尾治彦, 野村益寛, 八木橋宏勇 (Joint translation第5章「言語は独立した心的モジュールか」)
    V. エヴァンズ 開拓社 2021/03
  • Lectures on Cognitive English Grammar for L2 Learners
    Masuhiro Nomura (Single work)
    開拓社 2020/09
  • 池上嘉彦・山梨正明 編『言語研究の革新と継承5:認知言語学II』
    野村益寛 (Contributor第3章「参照点」)
    ひつじ書房 2020/03
  • 米倉よう子・山本修・浅井良策 編『ことばから心へー認知の深淵ー』
    野村益寛 (Contributor「主要部内在型関係節の名詞化度をめぐって」)
    開拓社 2020/03
  • 森雄一・西村義樹・長谷川明香 編『認知言語学を紡ぐ』
    野村 益寛 (Contributor第3部第5章「主要部内在型関係節構文の談話的基盤」)
    くろしお出版 2019/10
  • 辻幸夫・楠見孝・菅井三実・野村益寛・堀江薫・吉村公宏 編『認知言語学大事典』
    野村 益寛 (Joint editor第1.3章「言語学史から見た認知言語学」)
    朝倉書店 2019/10
  • 高橋英光・野村益寛・森雄一編『認知言語学とは何か ―あの先生に聞いてみよう』
    野村 益寛 (Joint editor第2章「認知言語学の文法観はどこが独自なのだろうか?」)
    くろしお出版 2018/06
  • 松澤和宏 編『21世紀のソシュール 』
    野村 益寛 (Contributor「認知文法からみたソシュールー「記号体系としての言語」の系譜」)
    水声社 2018/01
  • 高見健一ほか編『<不思議>に満ちたことばの世界(下)』
    野村 益寛 (Contributor「おかしな関係節の話」)
    開拓社 2017/03
  • 中村芳久・上原聡編『ラネカーの(間)主観性とその展開』
    野村 益寛 (Contributor第6章「ナラトロジーからみた認知文法の主観性構図ー「焦点化」をめぐってー」)
    開拓社 2016/11
  • 藤田耕司・西村義樹編『日英対照 文法と語彙への統合的アプローチ』
    野村 益寛 (Contributor第13章「事象統合からみた主要部内在型関係節ー「関連性条件」再考ー」、第26章「語彙化・文法化・語形成ー小柳論文の「内容語生産と機能語生産の見取図」をめぐってー」)
    開拓社 2016/05
  • 田山忠行編著『時を編む人間:人文科学の時間論』
    野村 益寛 (Contributor「比喩表現からみた<時間>」)
    北海道大学出版会 2015/08
  • NOMURA Masuhiro (Single work)
    Hituzi Syobo 2014/05 (ISBN: 9784894766082)
  • 中島平三編『言語学の領域 (I)』(シリーズ 朝倉<言語学の可能性>第1巻)
    野村 益寛 (Contributor「認知文法」)
    朝倉書店 2009/03
  • ことばをつくる- 言語習得の認知言語学的アプローチ
    マイケル・トマセロ (Joint translation第2章,7章,訳者あとがき)
    慶応義塾大学出版会 2008
  • Masatomo Ukaji et al. eds., Current Issues in English Linguistics
    NOMURA Masuhiro (ContributorConceptual Overlap in Complex Sentence Constructions: A Cognitive Grammar Account)
    Kaitakusha 2003/09
  • 辻幸夫編『シリーズ 認知言語学入門第1巻:認知言語学への招待』
    野村 益寛 (Contributor「認知言語学の史的・理論的背景」)
    大修館書店 2003/07
  • 大堀壽夫編『認知言語学II:カテゴリー化』
    野村 益寛 (Contributor「<液体>としての言葉:日本語におけるコミュニケーシ ョンのメタファー化をめぐって」)
    東京大学出版会 2002
  • 認知言語学入門
    F.ウンゲラー, H.-J.シュミット (Joint translation第3章)
    大修館書店 1998

Conference Activities & Talks

  • コトとしてのモノ:主要部内在型関係節の認知的・談話的基盤  [Invited]
    野村 益寛
    中京大学文化科学研究所主催講演会「事態把握と認知」  2019/03
  • 日本語の主要部内在型関係節の発達について  [Invited]
    野村 益寛
    日本歴史言語学会シンポジウム「認知と歴史言語学」  2018/12
  • Cognitive Grammar Meets Saussure: The Tradition of the Symbolic View of Grammar  [Invited]
    Masuhiro NOMURA
    Saussure, le Cours et nous - Colloque international à la mémoire du centenaire de la publication du Cours de linguistique générale  2016/12

MISC

  • 私の本棚 (49):受け継がれる組織英語慣用語法学
    野村 益寛  『英語教育』  67-  (1)  95  -95  2018/04  [Not refereed][Not invited]
  • 藤永保監修 『最新 心理学事典』、平凡社(1項目執筆)
    野村 益寛  2013  [Not refereed][Invited]
  • 辻幸夫編 『新編 認知言語学キーワード事典』、研究社(43項目 を執筆)
    野村 益寛  2013  [Not refereed][Invited]
  • 加藤 重広, 長谷川 信子, 野村 益寛  日本語文法  10-  (1)  138  -144  2010/03  [Not refereed][Invited]
  • 野村 益寛  Studies in English literature  86-  137  -141  2009/11  [Not refereed][Invited]
  • 書評空間:土屋俊『言語哲学コレクション①真の包括的 な言語の科学』
    野村 益寛  『言語』  38-  (5)  100  2009  [Not refereed][Invited]
  • BOOK REVIEWS:ジョン・テイラー,瀬戸賢一『認知文 法のエッセンス』
    野村 益寛  『英語教育』  57-  (10)  92  2008  [Not refereed][Invited]
  • 書評空間:レイモンド・W.ギブズ Jr.『比喩と認知—心 とことばの認知科学』
    野村 益寛  『言語』  37-  (11)  116  2008  [Not refereed][Invited]
  • BOOK REVIEWS:織田稔『英語表現構造の基礎—冠詞と 名詞・動詞と文表現・文型と文構造
    野村 益寛  『英語教育』  56-  (10)  93  2007  [Not refereed][Invited]
  • 池上嘉彦『日本語と日本語論』、ちくま学芸文庫(「解説」を執筆)
    野村 益寛  2007  [Not refereed][Invited]
  • 言語学名著再読9:プラトン『メノン』
    野村 益寛  『言語』  35-  (9)  92  -97  2006/09  [Not refereed][Invited]
  • 書評空間:本多啓『アフォーダンスの認知意味論』
    野村 益寛  『言語』  34-  (7)  118  2005  [Not refereed][Invited]
  • 日本語教育学会編 『新編 日本語教育事典』、大修館書店(1項目 執筆)
    野村 益寛  2005  [Not refereed][Invited]
  • 可算名詞と不可算名詞の考え方
    野村 益寛  『英語教育』  54-  (7)  13  -15  2005  [Not refereed][Invited]
  • 山中桂一,原口庄輔,今西典子編『英語学文献解題:意味論』、研 究社(3文献解題)
    野村 益寛  2005  [Not refereed][Invited]
  • 書評空間:中村芳久編『認知文法論II』
    野村 益寛  『言語』  33-  (10)  116  2004  [Not refereed][Invited]
  • 書評:Gilles Fauconnier and Mark Turner, The Way We Think
    野村 益寛  『英文学研究』  80-  (2)  139  -143  2003  [Not refereed][Invited]
  • 新刊書架:寺澤芳雄編『英語学要語辞典』
    野村 益寛  『英語青 年』  149-  (2)  124  -125  2003  [Not refereed][Invited]
  • 書評空間:早瀬尚子著『英語構文のカテゴリー形成』
    野村 益寛  『言語』  32-  (4)  124  2003  [Not refereed][Invited]
  • 認知言語学の基礎
    野村 益寛  『言語』  31-  (5)  70  -73  2002/05  [Not refereed][Invited]
  • 重要文献解題(5文献解題)
    野村 益寛  『言語』(30周年記念別 冊:日本の言語学)  31-  (6)  199  -255  2002  [Not refereed][Invited]
  • 辻幸夫編『認知言語学キーワード事典』研究社(44項目執筆)
    野村 益寛  2002  [Not refereed][Invited]
  • 新刊書架:唐須教光編『英語学文献解題第2巻:言語学 II』
    野村 益寛  『英語青年』  146-  (11)  64  -65  2001  [Not refereed][Invited]
  • 言語圏α:ジル・フォコニエ著『思考と言語におけるマ ッピング
    野村 益寛  『言語』  30-  (1)  138  -139  2001  [Not refereed][Invited]
  • 認知言語学
    野村 益寛  辻幸夫編『ことばの認知科学事典』  (132)  146  2001  [Not refereed][Invited]
  • 言語学の基礎
    辻幸夫, 野村益寛  辻幸夫編『ことばの認知科学事典』  85  -97  2001  [Not refereed][Invited]
  • 認知文法の開拓者 ラネカー
    野村 益寛  『言語』(別冊:言語の20世紀101人)  30-  (3)  206  -207  2001  [Not refereed][Invited]
  • 認知言語学入門6:「文法」の認知的基盤
    野村 益寛  『言語』  29-  (12)  84  -89  2000/12  [Not refereed][Invited]
  • 認知言語学入門5:「文法」の意味
    野村 益寛  『言語』  29-  (11)  106  -111  2000/11  [Not refereed][Invited]
  • 認知言語学入門4:「意味」の拡がり
    野村 益寛  『言語』  29-  (10)  106  -111  2000/10  [Not refereed][Invited]
  • 認知言語学入門3:「意味」のありか
    野村 益寛  『言語』  29-  (9)  108  -113  2000/09  [Not refereed][Invited]
  • 認知言語学入門2:「恣意性」から「動機づけ」へ」,
    野村 益寛  『言語』  29-  (8)  98  -103  2000/08  [Not refereed][Invited]
  • 認知言語学入門1:「恣意性」の検証
    野村 益寛  『言語』  29-  (7)  104  -109  2000/07  [Not refereed][Invited]
  • 海外新潮 英語学:構文文法の動向
    野村 益寛  『英語青年』  144-  (10)  41  1999/01  [Not refereed][Invited]
  • <小事典>認知言語学を知るためのキーワード(3項目)
    野村 益寛  『言語』  27-  (11)  71  -87  1998/11  [Not refereed][Invited]
  • 海外新潮 英語学:最近のメタファー論から
    野村 益寛  『英語青年』  144-  (7)  53  1998/10  [Not refereed][Invited]
  • 海外新潮 英語学:文法遺伝子論争
    野村 益寛  『英語青年』  144-  (4)  33  1998/07  [Not refereed][Invited]
  • 海外新潮 英語学:文法の認知的基盤を求めて
    野村 益寛  『英語青年』  144-  (1)  44  1998/04  [Not refereed][Invited]

Research Grants & Projects

  • 日英語の複文の認知言語学的研究
    Date (from‐to) : 2000
  • Cognitive Linguistic Study of Complex Sentences
    Date (from‐to) : 2000

Educational Activities

Teaching Experience

  • 博士論文指導特殊演習
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 博士論文指導特殊演習Ⅰ
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 文学院
  • 特別講義
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 国際
  • 修士論文
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 修士論文・特定課題指導特殊演習
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 卒業論文
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
  • 修士論文・特定課題指導特殊演習
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学院


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.