Researcher Database

Hajime Kubota
Faculty of Economics and Business Division of Modern Economics and Management Economic Analysis
Professor

Researcher Profile and Settings

Affiliation

  • Faculty of Economics and Business Division of Modern Economics and Management Economic Analysis

Job Title

  • Professor

Degree

  • 1996, Jun Ph.D.in Economics(University of Rochester USA)(University of Rochester)
  • M.A.in Economics(University of Rochester)

J-Global ID

Research Areas

  • Humanities & social sciences / Theoretical economics

Education

  •        - 1996  ロチェスター大学大学院
  •        - 1996  University of Rochester  Graduate School, Division of Economics

Research Activities

MISC

  • Hajime Kubota  The International Economy  23-  163  -181  2020
  • On Dynamic Gains from Free Trade : Discrete-time Infinite Horizon Case
    KUBOTA, Hajime  Faculty of Economics and Business, Hokkaido University, Discussion Paper, Series A  343-  1  -16  2019/09  [Not refereed][Not invited]
  • クーン・タッカーアプローチに基づく厚生経済学の基本定理について-古典的有限次元在空間モデルのケース-
    経済学研究  59-  (3)  224  -241  2009  [Not refereed][Not invited]
  • 準定常的一般既約型ラムゼー成長モデルについて-最適経路の存在と近傍ターンパイク定理
    経済学研究  58-  (4)  223  -259  2009  [Not refereed][Not invited]
  • On fundamental theorems of welfare economics - classical finite dimensional commodity space case -
    keizaigaku kenkyu  59-  (3)  224  -241  2009  [Not refereed][Not invited]
  • On quasi-stationary general reduced form Ramsey growth model:existence of optimal paths and neighborhood turnpike theorem
    keizaigaku kenkyu  58-  (4)  223  -259  2009  [Not refereed][Not invited]
  • 既約型一般ラムゼー成長モデルにおける最適経路の存在について
    Discussion Paper Series B, Department of Economics, Hokkaido University  1  -30  2008  [Not refereed][Not invited]
  • On the existence of an optimal path in general reduced form Ramsey growth model: undicounted case
    Hikone Ronso  372-  49  -76  2008  [Not refereed][Not invited]
  • On the existence of an optimal path in general reduced form Ramsey growth models
    1  -30  2008  [Not refereed][Not invited]
  • Hajime Kubota  Economic journal of Hokkaido University  36-  1  -22  2007  [Not refereed][Not invited]
     
    As shown in Debreu(1959, Ch.5), Gale-Nikaido's lemma of Gale(1955) and Nikaido(1956a) is the key in proving the existence of a competitive equilibrium in classical economies with a finite number of commodities. Nikaido(1956b, 57b, 59) extend the Gale-Nikaido's lemma in economies with a finite number of commodities to the one in some infinite dimensional spaces such as normed spaces and locally convex topological vector spaces. This is surprising since Gale-Nikaido's lemma is generalized to the infinite dimensional spaces just after Gale-Nikaido's lemma in economies with a finite number of commodities is established. Since the literature on the existence of competitive equilibrium in economies with infinite number of commodities stars after Peleg-Yarri(1970) and Bewley(1972) and it was one of the main topics for 80's in general equilibrium theory, Nikaido(1956b, 57b,59) precedes to the literature as Debreu(1954) does. The purpose of this paper is to reconsider the Nikaido(1956b, 57b, 59)'s generalization of Gale-Nikaido's lemma in infinite dimensional spaces from the present state of general equilibrium theory of infinite dimensional spaces.
  • 「二階堂による無限次元財空間モデルにおけるゲール・二階堂の補題と競争均衡の存在証明への応用」
    経済学研究  56-  (3)  65  -93  2007  [Not refereed][Not invited]
  • "Gale-Nikaido's Lemma in Infinite Dimensional Spaces : Early Attemps by prof. Nikaido"
    Dicussion Paper Series A, Department of Economics, Hokaido University  (177)  1  -14  2006  [Not refereed][Not invited]
  • 「Nikaido(1956,57,59)による無限次元財空間モデルのゲール・二階堂・ドブリューの補題について」
    彦根論叢  (360号)  1  -27  2006  [Not refereed][Not invited]
  • 「国際経済学における双対性の幾何学」
    Discussion Paper Series B, Department of Economics, Hokkaido University  (No.56)  1  -16  2005  [Not refereed][Not invited]
  • "On Irreducibility and Dynamic Gains from Trade : Discrete-time Infinite Horizon Case"
    Discussion paper series A, Department of Economics, Hokaido University  (156)  1  -28  2005  [Not refereed][Not invited]
  • 双対性分析によるオッファー曲線の導出とその応用について
    国際貿易理論の展開 石川城太・古沢泰一編著  106  -127  2005  [Not refereed][Not invited]
  • Kubota Hajime  Economic journal of Hokkaido University  33-  (33)  53  -83  2004  [Not refereed][Not invited]
     
    This paper shows that the theorem on the existence of competitive equilibrium in classical finite economies with ordered preferences but without individual survival is proved with using generalized notion of resource relatedness condition of Arrow-Hahn (1971) as well as with using irreducibility of McKenzie (1959, 1981). (JEL C62, D51)
  • 「無限期間定常経済モデルにおける厚生経済学の第2基本定理と競争均衡の存在定理:一般的消費集合のケース」<2004年6月
    経済学研究  54-  (1)  17  -47  2004  [Not refereed][Not invited]
  • "On Irreducibility and Gains from Free Trade : Classical Excess Demand Approach"
    Dicussion Paper Series A, Department of Economics, Hokaido University  (124)  1  -20  2003  [Not refereed][Not invited]
  • 自由貿易からの利益の存在について:資源関連性のケース
    経済学論纂  43-  (5/6)  167  -204  2003  [Not refereed][Not invited]
  • "On the Existence of Competitive Equilibrium in Classical Finite Economies eithout Survival Assumption: Recourse Relatedness Case"
    Dicussion Paper Series A, Department of Economics, Hokaido University  (103)  1  -18  2003  [Not refereed][Not invited]
  • Kubota Hajime  The Hikone ronso  332-  (332号)  87  -124  2001  [Not refereed][Not invited]
  • "On the Existence of Competitive Equilibrium in Production Economies with General Consumption Sets over Discrete-Infinite Horizon"
    Dicussion Paper Series A, Department of Economics, Hokaido University  (78)  1  -31  2001  [Not refereed][Not invited]
  • "Trade, Welfare, and Comparative Advantage in General Equilibrium: Many commodity case"
    Discussion paper series A, Department of Economics, Hokaido University  (85)  1  -36  2001  [Not refereed][Not invited]
  • "On the Role of Irreducibility in Existence of Competitive Equilibrium in Classical Finite Economies without Survival Assumption”
    Dicussion Paper Series A, Department of Economics, Hokaido University  (77)  1  -11  2000  [Not refereed][Not invited]
  • "On Gains from Trade in General Equilibrium Model of World Trade:Excess Demand Approach”
    Working paper, Department of Economics, Shiga University  (67)  1  -11  2000  [Not refereed][Not invited]
  • 「伝統的な世界経済モデルにおける自由貿易からの利益の存在について:非完備な選好のケース」
    彦根論叢  (323号)  203  -236  2000  [Not refereed][Not invited]

Research Grants & Projects

  • 無限次元財空間経済モデルにおける競争均衡の存在問題
    Date (from‐to) : 1999
  • Problem on the Existence of Competitive Equilibrium in Infinite Dimensional Commodity Space Models,
    Date (from‐to) : 1999

Educational Activities

Teaching Experience

  • Introduction to Global Food Resources
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 国際食資源学院
    キーワード : 食資源問題の諸相,生産,環境,ガバナンス,文化,科学技術
  • Special Study of Modern Economics and Management III
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 経済学院
    キーワード : Python(パイソン)、ダイナミック・プログラミング、マルコフ連鎖、消費者行動、確率的成長モデル
  • Special Study of Microeconomics
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 経済学院
    キーワード : パレート最適性、厚生経済学の基本定理、コア-、複製経済、エッジワース・ドブリュー・スカーフの極限定理、公共財、リンダール均衡、不確実性、期待効用理論、ノイマン・モルゲンシュテルン型期待効用関数表現、条件付き請求権、アロー・ドブリュー均衡、アロー証券、アロー均衡、合理的期待均衡(ラドナー均衡)、市場の完備性、完備資産の同値性
  • Analytical Economics
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 国際食資源学院
    キーワード : 需要,供給,市場均衡,最適性,見えざる手,一般均衡,貿易利益, 関税, 不完全競争, 独占, 寡占, 外部性, 公共財.
  • Special Study of Mathematical Economics A
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 経済学院
    キーワード : 一般均衡理論、コンパクト性、連続関数、凸集合の分離定理、不動点定理、厚生経済学の基本定理、競争均衡、凹計画法のクーン・タッカー定理、ラグランジュ乗数、根岸接近法、
  • Special Study of Mathematical Economics B
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 経済学院
    キーワード : 一般均衡理論、厚生経済学の基本定理、競争均衡、凸集合の分離定理、凹計画法のクーン・タッカー定理、ラグランジュ乗数、ブラウワー・角谷不動点定理、R∞における直積位相、カントール対角線論法、離散無限期間ラムゼーモデル、価値関数、支持価格列、ターンパイク定理、バナッハ空間、ベルマン方程式、動的計画法、バナッハ不動点定理/縮小写像定理、双対空間、世代重複モデル
  • Microeconomics
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 経済学院
    キーワード : 選好、効用関数、需要、支出関数、マッケンジー命題、スルツキー分解、ロワ恒等式、顕示選好理論、生産集合、供給、利潤関数、ホテリング命題、費用関数、シェパード命題、双対性、一般均衡、アロー・ドブリュー・マッケンジー均衡、ソンネンシャイン・ドブリュー・マンテル定理
  • Seminar of Modern Economics and Management I
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 経済学院
    キーワード : 修士論文、研究成果報告書、数理経済学、一般均衡理論、最適成長理論、経済動学、国際貿易論
  • Seminar of Modern Economics and Management II
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 経済学院
    キーワード : 修士論文、研究成果報告書、数理経済学、一般均衡理論、最適成長理論、経済動学、国際貿易論
  • Special Study of Modern Economics and Management III
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 経済学院
    キーワード : 需要,供給,市場均衡,最適性,見えざる手,一般均衡,貿易利益、関税、独占、不完全競争、公共財、GDP,物価とインフレ,国際収支,経済成長、技術進歩、人的資本、IS-LMモデル、外国為替レート、マンデル・フレミングモデル
  • Special Lecture in Global Food Resources
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 国際食資源学院
    キーワード : GDP,物価とインフレ,国際収支,経済成長、技術進歩、人的資本、IS-LMモデル、外国為替レート、マンデル・フレミングモデル
  • Special Study of Modern Economics and Management III
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 経済学院
    キーワード : 最適制御、ダイナミック・プログラミング、異時点間選好、CES生産関数、世代重複モデル、貨幣、資産価格バブル、内生成長モデル、金融市場の不完全性
  • Special Study of Modern Economics and Management III
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 経済学院
    キーワード : ゲーム理論、静的ゲーム、ダイナミックゲーム、完全情報、不完全情報、ナッシュ均衡、部分ゲーム完全均衡、ベイジアンナッシュ均衡、完全ベイジアン均衡
  • Special Study of Modern Economics and Management III
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 経済学院
    キーワード : マッチング理論、両面的マッチング、一方的マッチング、安定マッチング、コア、遅延受付アルゴリズム、トップトレーディングサイクルアルゴリズム、戦略的操作性
  • Governance in Global Food Resources
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 国際食資源学院
    キーワード : 農村社会学,食文化,開発経済学,政策評価,資源配分
  • People and Culture
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : 労働経済学、ゲーム理論、経済思想、会計
  • Seminar I
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 経済学部
    キーワード : 理論経済学、ミクロ経済学、一般均衡理論、経済数学、数理経済学、ゲーム理論、マクロ経済学、最適経済成長論
  • Seminar II
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 経済学部
    キーワード : 理論経済学、ミクロ経済学、一般均衡理論、経済数学、数理経済学、ゲーム理論、マクロ経済学、最適経済成長論
  • Seminar III
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 経済学部
    キーワード : 理論経済学、ミクロ経済学、一般均衡理論、経済数学、数理経済学、ゲーム理論、マクロ経済学、最適経済成長論
  • Seminar IV
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 経済学部
    キーワード : 理論経済学、ミクロ経済学、一般均衡理論、経済数学、数理経済学、ゲーム理論、マクロ経済学、最適経済成長論
  • Seminar V
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 経済学部
    キーワード : 理論経済学、ミクロ経済学、一般均衡理論、経済数学、数理経済学、ゲーム理論、マクロ経済学、最適経済成長論
  • Seminar VI
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 経済学部
    キーワード : 理論経済学、ミクロ経済学、一般均衡理論、経済数学、数理経済学、ゲーム理論、マクロ経済学、最適経済成長論
  • Seminar VII
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 経済学部
    キーワード : 理論経済学、ミクロ経済学、一般均衡理論、経済数学、数理経済学、ゲーム理論、マクロ経済学、最適経済成長論
  • Seminar VIII
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 経済学部
    キーワード : 理論経済学、ミクロ経済学、一般均衡理論、経済数学、数理経済学、ゲーム理論、マクロ経済学、最適経済成長論
  • Microeconomics
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 専門職大学院
    開講学部 : 公共政策学教育部
    キーワード : 需要、供給、市場、均衡、限界概念、消費者、生産者、部分均衡分析(余剰分析)、完全競争、市場均衡、最適性、課税、自由貿易、関税、不完全競争、独占、寡占、クールノ-競争、独占的競争、外部性、公共財、アローの不可能性定理、一般均衡分析
  • Microeconomics I
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 専門職大学院
    開講学部 : 経済学院
    キーワード : 需要、供給、市場、均衡、限界概念、消費者、生産者、部分均衡分析(余剰分析)、完全競争、市場均衡、最適性、課税、自由貿易、関税、不完全競争、独占、寡占、クールノ-競争、独占的競争、外部性、公共財、アローの不可能性定理、一般均衡分析

Campus Position History

  • 2014年4月1日 
    2016年3月31日 
    教育研究評議会評議員
  • 2014年4月1日 
    2016年3月31日 
    大学院経済学研究科副研究科長

Position History

  • 2014年4月1日 
    2016年3月31日 
    教育研究評議会評議員
  • 2014年4月1日 
    2016年3月31日 
    大学院経済学研究科副研究科長


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.