Researcher Database

Fumihiko Yamamoto
President/Vice-Presidents
Executive/Vice-President

Researcher Profile and Settings

Affiliation

  • President/Vice-Presidents

Job Title

  • Executive/Vice-President

Degree

  • (BLANK)
  • (BLANK)

J-Global ID

Research Interests

  • ドイツ中・近世史   German medieval and early modern history   

Research Areas

  • Humanities & social sciences / History - Europe/America

Education

  •        - 1992  Tohoku University
  •        - 1992  Tohoku University  Graduate School, Division of Letters
  •        - 1985  Tohoku University  The Faculty of Arts and Letters
  •        - 1985  Tohoku University  Faculty of Literature

Association Memberships

  • INTERNATIONAL COMMISSION FOR THE HISTORY OF REPRESENTATIVE AND PARLIAMENTARY INSTITUTIONS   法制史学会   史学会   西洋史研究会   北大史学会   

Research Activities

Published Papers

Books etc

  • 国書がむすぶ外交
    山本 文彦 (Joint work15-18世紀ドイツの旅と通行証)
    東京大学出版会 2019/01 329-333ページ
  • 食と文化
    山本 文彦 (Contributor中世・近世ヨーロッパの食文化)
    2015/03
  • 旅と交流
    山本 文彦 (Contributor郵便と旅行)
    北海道大学出版会 2015/03
  • ドイツ史研究入門
    山本 文彦 (Contributor近世の神聖ローマ帝国と領邦国家)
    山川出版社 2014/05 91-110
  • Brunner Otto, 山本 文彦 
    知泉書館 2013/06 (ISBN: 9784862851567)
  • Wilson Peter H, Peter Hamish, 山本 文彦 
    岩波書店 2005 (ISBN: 9784000270977)
  • 近世ドイツ国制史研究
    北海道大学図書刊行会 1995
  • Studien zur deutschen Reichsverfassungsgeschichte in der fr(]E88DB[)hen Neuzeit
    1995
  • 山本 文彦 
    北海道大学図書刊行会 1995 (ISBN: 4832957317)
  • 15・16世紀ドイツの帝国財政と帝国の国家性
    ヨーロッパにおける統合的諸権力の構造と展開・創文社 1994
  • Reichsfinanz und Staatlichkeit in 15. und 16. Jahrhundert
    1994

Conference Activities & Talks

MISC

Research Grants & Projects

  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    Date (from‐to) : 2015 -2017 
    Author : 山本 文彦
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    Date (from‐to) : 2012 -2014 
    Author : 山本 文彦
     
    平成24年度においては、基本史料となるマイクロフィッシュで保存されている「永久帝国議会・皇帝主席委員文書」の一部をデジタルデータ化する作業を行い、利用できる環境を整備した。史料がデータ化されたことにより、研究計画に従って、儀礼の内容・儀礼に関して発生した問題・その解決策の3点について該当史料の整理に取り組んだ。この作業に当たっては、永久帝国議会の開催都市であるレーゲンスブルクで17世紀後半において行われた祝祭等の儀式の開催状況を検証する作業を並行して進めた。都市の規模で挙行された祝祭と永久帝国議会の儀式等の関係にも留意しながら、史料の整理を進めた。またこの永久帝国議会が成立するにいたった歴史的背景を理解するために、1648年のヴェストファーレン条約の一つであるオスナブリュック条約の歴史的意義を検討する論文の執筆を行い、年度末に論文として発表した。これにより17世紀後半以降の神聖ローマ帝国において、帝国議会が非常に重要な機関であり、帝国国制及び政治の分析においては、この永続化した帝国議会(永久帝国議会)の分析が非常に重要であることが判明した。これらの作業と並行して、18世紀の儀式・儀礼の基本書として利用されていた書籍の内容の整理が終了し、この当時の貴族が行っていた儀式等の概要を把握することができた。ここから得られた儀式等の内容と永久帝国議会でみられた儀式等を比較検討し、その意味を検討する作業に入った。
  • Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
    Date (from‐to) : 2007 -2010 
    Author : Takeshi GONZA, 守矢 健一, 今野 元, 林 知更, Masaki TAGUCHI, Fumihiko YAMAMOTO, Kenichi MORIYA, Yasuhiro ENDO, Hajime KONNO, Tomonobu HAYASHI
     
    The trans-German character of the old Empire made the German state-building since 14^ century externally opener, internally more aristocratic, and the Peace of Westphalia reconfirmed traditional rights of the old Empire as personally-combined feudal body. On the other hand, the sovereign-state model which the collapse of the old Empire introduced in the individual state contributed to liquidate the feudal character of the Empire by the process of secularization confiscating the church goods. The collapse of the second Empire brought the deficit of the empire model as the federal state to light and called forth the constitutional debate toward the unified state, but the federalist structure was kept intact in the Weimar Constitution.
  • Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
    Date (from‐to) : 2006 -2009 
    Author : Fumihiko YAMAMOTO
     
    This study clarified the relationship between institutional development and cooperation of both the Empire-Post and Land-Post in Early Modern Germany and post was the most important communication tool in these days and clarified that the postal development brought a mail rout map and the spread of mail time schedules including a paved road. In addition,the postal development also contributed to changes in space consciousness and time consciousness was an important opportunity to bring change and awareness of modern time and space from the medieval sense of time and space.
  • Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
    Date (from‐to) : 2003 -2005 
    Author : Takeshi GONZA, Fumihiko YAMAMOTO, Masaki TAGUCHI
     
    This research attempted to explicate the origin and genealogy of the concept of sovereignty historically by tracing out it from the collapse of the Holy Roman Empire in the early 19^ century, through the Peace of Westphalia which is supposed to have concluded the German civil war in the 17^ century, to the Golden Bull in the 14^ century which was caused by the conflict between spiritual and secular power.1.Masaki TAGUCHI searched for the medieval origin of the pluralistic imperial constitution in the political process of the Empire which brought out the Golden Bull of 1356 as its constitutional basis. He pointed out the leading role of spiritual princes in this process, the superiority of papal power resulting from it and the significance of the German relation with other realms, and elucidated the weight of spiritual-secular relation in the imperial regime as precondition of the confessional opposition since the 16^ century.2.Fumihiko YAMAMOTO confirmed the continuance of that German situation after 1648 where the sovereignty was divided between Empire and territorial states, on the basis of the Peace of Westphalia, and explicated the competing relation of Empire and territorial states (especially North German princes) about the unprescribed problem of ‘postal right', i.e.the competence of communicating means which was about to be established as the indispensable infrastructure of the modern state3.Takeshi GONZA investigated the German reception and formulation of the sovereignty-concept by Hegel in the context of contemporary experiences of the collapse of the Empire and the following reforms of Rheinbund after 1806, and proved that the sovereignty-concept which was recognized first in the agreement of 1806 had the operation of promoting modernization which wasn't seen in the Empire, above all on the basis of the controversy by Rheinbund-publicitsts and Hegel's sovereignty-theory 1817-1820
  • Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
    Date (from‐to) : 2002 -2005 
    Author : Ryoichi NAGATA, 塚本 栄美子, Akira SHIBUTANI, Fumihiko YAMAMOTO, Yoshihiko ONO, Tomoji ODORI, Emiko TSUKAMOTO
     
    Our purpose of research is to describe the new and integrated picture of Germany in the early modern age form the viewpoints of REICHSSYSTEM, KONFESSIONALISIERUNG and SOZIALDISZIPLINIERUNG, in order to make the process of Germany from the medieval age into the modern age more clearly.Our research results are as following :(1)Not only the FUERSTENTUM but also the REICHSSYSTEM was a important factor of the modern Germany.(2)KONFESSIONALISIERUNG should be understood as the reciprocal actions between governments and people.(3)SOZIALDISZIPLINIERUNG should be also understood as their reciprocal actions.
  • Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
    Date (from‐to) : 2001 -2004 
    Author : Fumihiko YAMAMOTO
     
    A purpose of this study is two of the following. Primarily I collect necessary fundamental data for future analysis and classify it, and it is to arrange it. Second it is to grasp politics structure of Holy Roman Empire studied abstractly as possible concretely. There is two work that I did for the first purpose. At first one is investigation and rearranging of an attendant and the agenda of Imperial Diet in the 15-18 centuries. It is for the second to examine the election situation of an archbishop and the bishop. The work that I did for the second purpose has two mainly. At first one examined the issue of Imperial Post in the 18th century from the 15th century. Postal services are done as a national business, and it is the theme that can regard relation of territorial states and Empire of those days concretely. It is for the second to examine the role that an archbishop and the bishop achieved in politics structure of an Empire. A large quantity of data provided by this study become the important basics of a future study.
  • 文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
    Date (from‐to) : 1998 -1999 
    Author : 山本 文彦
     
    1448年2月に結ばれた「ウィーン協約」から1803年の聖界諸侯領の世俗化までのおよそ350年の期間における聖界諸侯の国制上の位置を考案することを課題としていた。本年度は最終年度にあたり、研究論文を2本発表した。論文「近世ドイツ帝国国制に関する一考察」によってまず、近世の帝国国制史研究を今後進めるにあたって一つの試論的な見取図を公にし、論文「12〜15世紀ドイツにおける司教選出の諸問題」では、近世の聖界諸侯の概要を示すとともに、ウィーン協約以降の聖界諸侯の本格的な研究の予備的作業として、12〜15世紀の聖界諸侯(司教)の選出問題を整理した.この分野はわが国では未開拓な分野でもあり、本格的な論考を発表する前にまずこのような予備的な考案を発表する必要性があると判断した。この予備的な考案の準備の過程において、ローマ教皇と皇帝、ローマ教皇と俗界諸侯およびローマ教皇と聖界諸侯の関係の具体的な把握が重要であることが判明した.そのため論文ではローマ教皇権や教会法上の規定の整理を行い、ローマ教皇がその至上権に基いて、教会法的な規定の外において、司教の任免に大きな影響力を発揮してきた経過を明らかにした.今後数年にわたって本研究成果を公表していく予定である。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
    Date (from‐to) : 1994 -1994 
    Author : 山本 文彦
     
    本研究は、13〜17世紀のドイツにおいて、どのようにして平和破壊事件の対処がなされたのかについての検討を行うことを目的としていた。本年度では、まずこの平和の問題に関する基本的文献--国制・裁判--をある程度集めることができた。さらに、本年度において特に15世紀の帝国国制の改革期、すなわち帝国改造期に焦点を当てて検討を加えた。国内の平和が広範囲において乱れていた15世紀初頭、当時の教会改革の影響も受けて、国制の改革によって平和の回復を図る動きが強くなる。その際、平和の回復・維持のために考案されたことは、帝国内を伝統的な地域区分に基づいて幾つかのブロックに分け、それぞれにおいて帝国等族が協力して、平和の維持のために貢献することとされた。これは皇帝がもはや帝国全域に対して有効な平和権力を行使し得なくなった証左である一方、帝国等族、特に有力な帝国諸侯が帝国国制的な任務を担う形へと変化していく姿でもある。帝国等族はそれぞれの支配領域内のことだけにとどまるのではなく、帝国という枠組みにおいて行動するようになっていくと考えられる。しかしここにおいて問題となったことは、このような等族たちを束ねるような機関であった。皇帝に代わって等族たちの代表が国制の運営にあたろうとする二度にわたる試みは、結局失敗に終わり、等族たちによる連邦制的な体制の樹立には到らず、レーン制原理に基づく皇帝の伝統的な権威が生命力を持ち続けることになる。この中世的・伝統的秩序と15世紀移行顕在化してくる帝国諸侯の国制への積極的な参加、言わば連邦制的な傾向に基づく秩序とが併存していくことになる。この点に15世紀以降の帝国国制の特色を見ることができるように思われるのである。本年度行った15世紀部分の検討の成果は、来年度出版予定の拙著の一部に入れて発表の予定である。
  • 中世後期ドイツにおける王権と教会
  • Kingship and Church in the late Middle Ages of Germany

Educational Activities

Teaching Experience

  • 博士論文指導特殊演習
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 博士論文指導特殊演習Ⅰ
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 文学院
  • 修士論文
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 修士論文・特定課題指導特殊演習
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 卒業論文
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
  • 修士論文・特定課題指導特殊演習
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学院

Campus Position History

  • 2020年10月1日 
    2022年3月31日 
    評価室室長
  • 2020年10月1日 
    2022年3月31日 
    附属図書館長
  • 2020年10月1日 
    2022年3月31日 
    大学文書館長
  • 2020年10月1日 
    2022年3月31日 
    技術支援本部長
  • 2014年4月1日 
    2016年3月31日 
    教育研究評議会評議員
  • 2016年4月1日 
    2018年3月31日 
    教育研究評議会評議員
  • 2018年4月1日 
    2020年3月31日 
    教育研究評議会評議員

Position History

  • 2020年10月1日 
    2022年3月31日 
    評価室室長
  • 2020年10月1日 
    2022年3月31日 
    附属図書館長
  • 2020年10月1日 
    2022年3月31日 
    大学文書館長
  • 2020年10月1日 
    2022年3月31日 
    技術支援本部長
  • 2014年4月1日 
    2016年3月31日 
    教育研究評議会評議員
  • 2016年4月1日 
    2018年3月31日 
    教育研究評議会評議員
  • 2018年4月1日 
    2020年3月31日 
    教育研究評議会評議員


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.