Researcher Database

Tooru Sasaki
Graduate School of Humanities and Human Sciences Division of Humanities Department of Cultural Diversity Studies
Professor

Researcher Profile and Settings

Affiliation

  • Graduate School of Humanities and Human Sciences Division of Humanities Department of Cultural Diversity Studies

Job Title

  • Professor

URL

Research funding number

  • 80292308

J-Global ID

Research Interests

  • 博物館利用者調査   評価   民族学   博物館経営学   Cultural Anthropology   Museum Studies   

Research Areas

  • Humanities & social sciences / Museology
  • Humanities & social sciences / Cultural properties
  • Humanities & social sciences / Cultural anthropology and folklore
  • Humanities & social sciences / Business administration

Academic & Professional Experience

  • 2019/04 - Today 北海道大学大学院 文学研究院 人文学専攻 博物館学研究室 教授
  • 2008 - 2019/03 - 北海道大学大学院文学研究科(北方文化論講座) 教授
  • 2007 - 2008 Hokkaido University Graduate School of Letters
  • 2008 - Professor
  • 2000 - 2007 Hokkaido University Graduate School of Letters
  • 2000 - 2007 Associate Professor
  • 1997 - 2000 東北大学・東北アジア研究センター助教授(地域環境研究部門) 助教授
  • 1997 - 2000 Associate Professor
  • 1990 - 1996 北海道立北方民族博物館学芸課学芸員 職員(その他)
  • 1990 - 1996 Other Staff
  • 1989 - 1990 北海道教育委員会生涯学習部社会教育課学芸員 職員(その他)
  • 1989 - 1990 Other Staff
  • 1987 - 1989 社団法人北海道開発研究調査会研究員 研究員
  • 1987 - 1989 Researcher
  • 1983/04 - 1983/12 (株)札幌ツーリスト

Education

  • 1984/04 - 1987/03  Hokkaido University  Graduate School of Letters
  • 1979/04 - 1983/03  Hokkaido University  Faculty of Letters

Association Memberships

  • 日本マーケティング協会   北海道芸術学会   北海道民族学会   日本展示学会   全日本博物館学会   日本文化人類学会   日本アートマネジメント学会   日本ミュージアム・マネージメント学会   文化経済学会<日本>   Japanese Society of Cultural Anthropology   Japan Museum Management Academy   Japan Association for Cultural Economics   

Research Activities

Published Papers

Books etc

  • 『学芸員がミュージアムを変える! 公共文化施設の地域力』
    今村信隆, 佐々木亨ほか (Joint editor「ミュージアム体験を「ライフコース」と「ナラティブ」で編み直す」)
    水曜社 2021/03
  • 佐々木亨, 今村信隆, 森岡和子ほか (Joint editor「学芸リカプロを、終えるにあたって、次につなげて」)
    北海道大学 2021/03
  • 佐々木亨, 今村信隆, 鳥羽早弥佳ほか (Joint editor)
    北海道大学 2020/03
  • 『公立博物館の経営と指定管理者制度』
    佐々木 亨 (Joint work「博物館評価と博物館経営」)
    同成社 2020/02
  • 佐々木亨, 鈴木幸人, 今村信隆, 鳥羽早弥佳ほか (Joint editor「学芸リカプロを、はじめるにあたって、はじめてみて」)
    北海道大学 2019/03
  • 『文化経済学 理論と実際を学ぶ』
    佐々木 亨, 林 勇貴 (Joint work第13,14章)
    有斐閣 2019/03
  • 『新訂 博物館経営論』
    佐々木 亨 (Joint work第1,2,8,9,12,14章)
    放送大学教育振興会 2019/03
  • 『博物館経営論』
    佐々木 亨 (Joint work「ミュージアムのマネジメント」)
    京都造形芸術大学出版局 2017/03
  • 『文化経済学の展望』
    佐々木 亨 (Joint work第1部 文化芸術分野編「ミュージアム」)
    ミネルヴァ書房 2016/07
  • 『空間に遊ぶ−人文科学の空間論』
    佐々木 亨 (Joint work第4章「文化を展示する」とは何か)
    北海道大学出版会 2016/06
  • 『ミュージアム・マネージメント学事典』
    佐々木 亨 (Joint work「コミュニティとミュージアム」、「マーケティング(美術館)」、「外部評価」)
    学文社 2015/06
  • 佐々木 亨 (Single work)
    放送大学教育振興会 2013/03 (ISBN: 4595314132) 282
  • 小林 真理, 片山 泰輔, 伊藤 裕夫, 中川 幾郎, 山崎 稔惠, 中尾 知彦, 佐々木 亨, 柳 与志夫, 熊倉 純子, 蓮池 奈緒子, 武田 康孝, 池田 修 (Joint work)
    水曜社 2009/04 (ISBN: 4880652199) 397
  • 佐々木 亨 (Single work)
    放送大学教育振興会 2008/03 (ISBN: 4595308264) 269
  • 『講座・世界の先住民族 01 東アジア』<綾部恒雄>
    明石書店 2005
  • 『生涯学習[自己点検・評価]ハンドブック-行政機関・施設における評価技法の開発と展開-』<井内慶次郎>
    文憲堂 2004
  • 『平成13年度~15年度科学研究費補助金基盤研究C(1)研究成果報告書 ミュージアムのアイヌ文化展示における事前・形成的評価の実験的導入に関する研究』<佐々木亨>
    北海道大学大学院文学研究科 2004
  • 『平成14年度~15年度科学研究費補助金特別研究促進費研究成果報告書 博物館の機能及びその効果的な運営の在り方に関する実証的研究』<斎藤靖二>
    国立科学博物館 2004
  • 『産業化する芸術の可能性-都市資源としての文化施設-』<岩渕潤子ほか>
    都市出版(株) 2002
  • 『東北アジア諸民族の文化動態』<煎本孝>
    北海道大学図書刊行会 2002
  • 小原 巌, 守井 典子, 酒井 一光, 塚原 正彦, 降旗 千賀子, 大堀 哲, 佐々木 亨, 広瀬 隆人 (Joint work)
    樹村房 2000/09 (ISBN: 4883670325) 170
  • 『博物館学概論』(新版博物館学講座第1巻)<加藤有次>
    雄山閣出版 2000
  • 『特別展図録 石田収蔵-謎の人類学者の生涯と板橋』<小西雅徳>
    板橋区立郷土資料館 2000
  • 加藤秀俊, 長谷川明, 佐々木亨, 伊藤比呂美, 住友和子編集室 (Joint work)
    INAXo 1996/12 (ISBN: 4872757319) 84

Conference Activities & Talks

  • 「博物館評価再考:評価対象と手法の多様性」  [Invited]
    佐々木亨
    秋田県博物館等連絡協議会実務担当者研修会  2020/02
  • 企画フォーラムI−C「事業計画のロジックモデルを作成するワークショップ」  [Not invited]
    佐々木亨ほか
    日本文化政策学会 第 13 回研究大会  2019/12
  • 「今後の地方公立美術館・博物館の役割について ―特に小規模館の事業評価に焦点を当てて」  [Invited]
    佐々木 亨
    地域創造主催:美術館出前(オーダーメイド)型ゼミ  2019/10
  • Keynote speech 2 : Who the museum evaluations are for : From museum visitors to local societies and collaborative project partners  [Invited]
    SASAKI Tooru
    International Council of Museums, Marketing and Public Relations, Transforming Museum Communications in a Changing World  2019/09
  • 企画フォーラム(1)「ミュージアム評価の総括と新たな手法構築に向けた試行」  [Not invited]
    佐々木 亨 ほか
    日本文化政策学会 第12回年次研究大会  2018/11
  • 指定管理者制度による公立博物館の運営(コメンテータ)  [Invited]
    佐々木 亨
    ンポジウム「指定管理者制度による公立博物館の運営」  2018/10
  • いまこそ〈企画力〉 企画展制作の立案・運営・評価(コーディネータ)  [Not invited]
    佐々木 亨
    「ミュージアム学芸員の企画展制作〈立案・運営・評価〉スキル養成深化プログラム」公開シンポジウム  2018/07
  • 施設の運営評価と指定管理者制度を考える  [Invited]
    佐々木 亨
    環境中間支援会議主催「環境学習施設の可能性を考える」  2017/11
  • Effectiveness of the Logic Model used as museum evaluation: Cases of ‘Mie Prefectural Museum’ and ‘Roppongi Art Night’  [Not invited]
    ○CHO Yen-Ling, SASAKI Toru
    2017 International Conference on Museum Evaluation  2017/10
  • 評価学における評価事例について  [Not invited]
    佐々木 亨
    第3回ミュージアム評価研究会  2017/09
  • シンポジウム「文化事業に関する評価の再検証」  [Invited]
    佐々木 亨
    日本文化政策学会 第11回年次研究大会  2017/09
  • 公立ミュージアム評価における課題と展望  [Not invited]
    佐々木 亨
    日本評価学会 春季第14回全国大会  2017/05
  • 静岡県立美術館評価報告書(H28)に関する課題と改善の視点  [Invited]
    佐々木 亨
    静岡県立美術館評価業務全体報告会  2017/03
  • ミュージアムの評価と外部性  [Not invited]
    佐々木 亨
    第1回ミュージアム評価研究会  2017/02
  • 戦略マップの作成を通して考える博物館  [Invited]
    佐々木 亨
    平成28年度博物館学芸員専門講座  2016/12
  • 「文化を展示する」とは何か  [Not invited]
    佐々木 亨
    北海道札幌東高等学校 読書会  2016/11
  • ワークショップ(3)「ミュージアムの作り方」  [Invited]
    佐々木 亨
    日本NPO学会 夏のセミナー  2016/09
  • 「ミュージアム評価の現状と課題」  [Invited]
    佐々木 亨
    日本評価学会主催 第19期評価士養成講座  2016/03
  • 「地域の核となる博物館の運営−博物館戦略マップの作成を通して−」  [Invited]
    佐々木 亨
    文部科学省主催 平成27年度 博物館学芸員専門講座  2015/12
  • 「ミュージアム評価の現状と課題」  [Invited]
    佐々木 亨
    日本評価学会主催 第18期評価士養成講座  2015/09
  • シンポジウム「公立博物館・美術館の指定管理運営館の現状と課題」  [Invited]
    佐々木 亨
    法政大学資格課程 主催  2015/09
  • 「文化施設における普及啓発等について−博物館経営論の視点から−」  [Invited]
    佐々木 亨
    国立公文書館主催 平成27年度アーカイブズ研修Ⅰ  2015/09
  • 「既存の独立行政法人・地方独立行政法人における課題から」  [Invited]
    佐々木 亨
    公開フォーラム「博物館に適した地方独立行政法人を考える  2015/04
  • 「ミュージアム評価の現状と課題」  [Invited]
    佐々木 亨
    日本評価学会主催 第17期評価士養成講座  2015/02
  • 「文化施設における普及啓発等について−博物館経営論の視点から−」  [Invited]
    佐々木 亨
    国立公文書館主催 平成26年度アーカイブズ研修Ⅱ  2015/01
  • 「評価を評価する−目標管理の評価とサービス品質管理の評価−」  [Invited]
    佐々木 亨
    文化経済学会<日本>主催 秋の講演会  2014/10
  • 「ミュージアム評価の現状と課題」  [Invited]
    佐々木 亨
    日本評価学会主催 第15期評価士養成講座  2014/01
  • 「未来館者の実態と「第2の交換」-静岡県立美術館の事例から-」  [Invited]
    佐々木 亨
    文化経済学会<日本>主催 秋の講演会  2013/11
  • 文化政策と美術館をつなぐもの  [Invited]
    佐々木 亨
    地域創造主催 アートミュージアムラボ  2013/03
  • 静岡県立美術館の公益性をあらためて考える-未来館者調査結果から-  [Invited]
    佐々木 亨
    地域創造主催 アートミュージアムラボ  2013/03
  • ミュージアム評価の現状と課題  [Invited]
    佐々木 亨
    日本評価学会 第12期評価士養成講座  2013/01
  • 「評価活動を評価する-公立博物館へのヒアリング調査から(中間報告)-」  [Not invited]
    佐々木 亨, 泰井 良
    日本ミュージアム・マネージメント学会 第1回実践部門研究部会研究発表会  2011/03

Works

  • 滋賀県東近江市博物館グループにおける評価システム構築支援
    佐々木 亨 ほか 2012/11 - Today
  • 三重県立新博物館における評価システム構築支援
    佐々木 亨 ほか 2012/09 - Today
  • 北海道大学総合博物館常設展示室「文学部展示」に関する企画策定・制作
    佐々木 亨 2016/07
  • 静岡県立美術館のMSRレポート作成プロジェクト
    佐々木 亨 2014/05 -2016/03
  • 北海道大学総合博物館常設展示「産学連携」展示室に関するリニューアル企画策定・制作
    佐々木 亨 ほか 2015/01
  • 北海道大学総合博物館常設展示「科学技術」展示室に関するリニューアル企画策定・制作
    佐々木 亨 ほか 2014/03
  • 北海道大学総合博物館常設展示「北大の蔵書」展示室に関するリニューアル企画策定・制作
    佐々木 亨 ほか 2013/03
  • 静岡県立美術館における未来館者調査の設計と分析・報告
    佐々木 亨 ほか 2012/03
  • 北海道立近代美術館評価システム導入プロジェクト2010 報告書
    佐々木 亨 ほか 2011/03
  • 北海道大学総合博物館常設展示「循環から見る自然と人」展示室に関するリニューアル企画策定
    2011
  • 府中市美術館における評価システム構築の支援
    佐々木 亨 ほか 2007/04 -2010/03
  • 『府中市美術館 評価研究調査報告書』
    佐々木亨, 泰井良 2010/03
  • 北海道立近代美術館評価システム導入プロジェクト2009 報告書
    佐々木 亨 ほか 2010/03
  • MOA美術館(熱海市)における評価システム構築の支援
    2010
  • 北海道大学総合博物館常設展示「科学技術展示室」に関するリニューアル企画策定(第3回目)
    2010
  • 北海道大学総合博物館常設展示「科学技術展示室」に関するリニューアル企画策定(第2回目)
    2009
  • 北海道立近代美術館で実施した利用者アンケート等の集計分析報告書
    佐々木 亨 2008/03
  • シンポジウム「博物館と大学-知の装置の連携と協働」
    2008
  • 招待講演「美術館における来館者調査と評価活動-その現状と課題」
    2008
  • (財)仙台市市民文化事業団の文化施設における評価システム構築の支援
    2008
  • 北海道立近代美術館における評価システム構築の支援
    2008
  • 講演「博物館は必要とされているか?-評価からみえてきた課題」
    2008
  • (財)仙台市市民文化事業団の文化施設における評価システム構築の支援
    2008
  • 北海道大学総合博物館常設展示「科学技術展示室」に関するリニューアル企画策定
    2008
  • 北海道大学総合博物館第58回企画展「G8洞爺湖サミット関連企画展示 洞爺湖・有珠火山地域の環境と資源」
    2008
  • 『静岡県立美術館評価に関する調査等業務委託報告書』
    佐々木 亨 2006
  • 北海道大学総合博物館第40回企画展「知床の自然環境と人びと-考古学・保全生態学の研究成果から-」
    2006
  • 斜里町立知床博物館企画展「知床の自然環境と人びと-考古学・保全生態学の研究成果から-」
    2006
  • 北海道大学総合博物館第34回企画展「2000年 有珠山噴火 ~活きる山と生きる」
    2006
  • 北海道大学総合博物館第23回企画展「フラメンコ-人生を唄い、奏で、踊ること-」
    2005
  • 北海道大学総合博物館第19回企画展「道具が伝える日本人の知恵とかたち展-置戸町 秋岡生活資料より-」
    2004
  • 北海道大学総合博物館第16回企画展「人々の暮らしとオシラサマ信仰」
    2004
  • 北海道大学総合博物館第4回企画展「アイヌ民族楽器-ムックリ・トンコリ」
    2003

Awards & Honors

  • 2005 日本ミュージアム・マネージメント学会賞
  • 2005 Japan Museum Management Academy Award (2005)

Research Grants & Projects

  • ミュージアムの新たな評価手法構築に関する実践研究-社会的価値と事業改善に着目して
    文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的研究(開拓))
    Date (from‐to) : 2018/07 -2022/03 
    Author : 佐々木 亨
  • 文化庁:大学における文化芸術推進事業
    Date (from‐to) : 2018/04 -2021/03 
    Author : 佐々木 亨
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    Date (from‐to) : 2012 -2015 
    Author : 河島 伸子, 佐々木 亨, 小林 真理, 山梨 俊夫
     
    文化政策のドメイン自体の拡張に伴い、ミュージアムの「社会的意義」は、「まちづくり、地域活性化」と同義になりつつある。すなわち、一方では、福祉・教育・社会包摂などへの社会的貢献を、また一方では観光や地域発展に対する経済的貢献を含むようになっている。地域活性化に貢献するミュージアムという考え方の再検討、その適用に際しての軋轢と問題克服に向けた仕組みづくりについての考察を進めてきた。第一に、日本のミュージアム運営が単なる効率主義に陥っていないか、それとも地域社会における位置づけを確認し、戦略的目標に沿って事業遂行に取り組むようになったか、を調べた結果、これまでのところ、非常にアントレプレナーシップ的な先進的事例があることも明らかになる一方、多くのミュージアムでは評価の仕組み作りにまだ四苦八苦している。第二に、ミュージアムの地域社会貢献という観点から近年急速に関心を集めている「アウトリーチ」活動、さらに広く「インクルーシブ」なミュージアム運営という課題に関する実態と問題点としては、やはり先進事例もあるものの、全体には「とりあえずやっている」活動、という実態が見えてきた。特に地域との連携という点については、同じアートを扱っていてもいわゆる「アート・プロジェクト」にこそ興味深い事例が多く、ミュージアムを飛び出したこれらの動きとそれに対してミュージアムがどのように反応していくのかを調査する必要があるとわかった。第三に、「友の会」「ボランティア」といった組織を、特に明確な目的なしに設置した結果、ミュージアムにも参加者にも効果を持っていないことが明らかになりつつある。
  • Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
    Date (from‐to) : 2010 -2013 
    Author : Toru SASAKI, Ryo TAII, Keiko KUROIWA, Junichi KITAMURA, Kenji TAKAI, Ryo SASAKI
     
    In the first two years, we conducted hearing surveys on how evaluations were introduced and operated at 18 public museums, including museums that had already adopted evaluations, and libraries.In the second two years, based on the survey results, two evaluation packages were examined by a team consisting of two curators of public museums, one municipal employee, and one private-sector consultant. (1) For the group of museums in Higashiomi City, Shiga Prefecture, we proposed the "evaluation package" to review the museum's raison d'etre in society and the necessity & validity of human resource development system and then we conducted an evaluation based on it. (2) At Mie Prefectural Museum, we proposed the "evaluation package" that combined performance measurement-type evaluations and participatory evaluations and ensured that it was in operation from the start of re-opening in April 2014.
  • Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
    Date (from‐to) : 2006 -2009 
    Author : Yasushi KOSUGI, Toru SASAKI, Yuichi HASHIMOTO, Masaaki SUZUKI, Wataru TAKIGAWA, Kyoumi YAMAZAKI, 富岡 直人
     
    A basic plan of "Jomon Ecomuseum in the northern cost of Funka bay" was made, and its core museum was established by maintaining each sites as a satellite based on the results by the excavation of Koboro Cave Site and Usu-6 Site.
  • Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(特別研究促進費)
    Date (from‐to) : 2002 -2003 
    Author : Yasuji SAITO, 椎 廣行, Hiroki YOSHITAKE, Takashi HAMADA, Hiroyuki IIDA, Makoto SUZUKI, Toru SASAKI
     
    Difficulties with discussing on museum management are mainly caused by the fact that activities and functions of museums are quite extensive. One suggestion from business administration was to use a concept of "governance". It turned out to be useful to discuss from these three points of vew : operation, management, and governance.Then, we dispatched the investigators to America, and conducted interviews with directors or deputy directors of more than 10 museums. As a result of gathering information as to governance, evaluation and relationship with boards and with communities, we found common characteristics in those museums in America : 1) they articulate their mission and make strategic plans clear, 2) they try to measure performances, or outcomes, throught visitor survey on regular basis, 3) they improve ways of operation and management by utilizing results of evaluation. In addition, the American association of museums and other organizations provide various programs supporting each museum's management.On the other hand, most museums in Japan don't have clear mission statements. As to performance measurement, only a few museums have just started to work. In order to enhance an effectiveness of museum management, it's essential to balance and make good collaboration among the three dimension : operation, management and governance. The first step for Japanese museums, is to promote studies on museum governance, and to create effective programs to encourage and support each museum's efforts.
  • Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
    Date (from‐to) : 2001 -2003 
    Author : Toru SASAKI, Kaoru TEDUKA, Koji DERIHA
     
    This research consists of (I) evaluation in the Aine exhibits of museums and (2) case studies on performance measurement at museums in Japan(1)Investigators evaluated the temporary exhibition on Ainu clothing at Historical Museum of Hokkaido (2003.1.11-2.16) and musical instruments of Ainu at Hokkaido Univ.Museum (2003.6.23-7.12). Front-End Evaluation and Summative Evaluation were made at the both museums.(2)Investigators collected the cases on performance measurement of Edo-Tokyo Museum, Shizuoka Prefectural Museum of Art, Sapporo Artpark Museum and so on. At Shizuoka Prefectural Museum of Art, head investigator with the museum staffs and Cultural Policy Office staff of Shizuoka Prefecture have measured the performance of museum in practice for 3 years. In addition, governance of the museum was considered.
  • Museum Evaluation
    Date (from‐to) : 2001
  • 文部科学省:科学研究費補助金(萌芽的研究)
    Date (from‐to) : 1999 -2000 
    Author : 佐々木 亨
     
    1 今年度(昨年度を含む)実施した調査研究の概要(1)北海道開拓記念館(以下、「記念館」とする)における調査昨年度、アイヌ展示の評価調査として、展示内容の再認テスト(伝達度調査)と観覧者間で創り出される会話の採取(自由度調査)を行った。しかし、会話採取に関して、プライバシーおよび倫理的問題点があると指摘された。そのため、今年度は会話採取の問題点、他の学問領域での考え方を検討した。併せて会話採取に代わる、観覧者へのイシタビューを試験的に実施し、情報伝達以外に考えられる展示の価値を探った。(2)民族展示に関する手法、および文化施設などにおける事業評価の考え方・手法に関する資料収集今年度はミュージアム関連の学会からの要請もあり、事業評価の考え方・手法に力点を置いた。2 調査研究の実施結果と今後の展開(1)記念館における民族展示の情報伝達度が極めて低いことが分かる。一方、会話採取やインタビューにより、観覧者自身・観覧者間で創出される情報は、その過程が展示への「参加性」を意味すると分かった。会話採取については、インフォームド・コンセントとプライバシー保護が最優先と結論づけた。今回は完成後の常設展示への評価で展示改善につながり難いため、アイヌの企画展で事前・形成的評価を実験的に導入することを計画した。(2)他の文化施設や自治体で実施している評価事例を、ミュージアムの特殊性を考慮した上で応用できると判明した。その一つとして、展示を含めた各種事業を総合的に評価するベンチマークス手法を提案した。今後の展開として、実際のミュージアム運営にその手法を実験的に導入し、有効性をみるプロジェクトを立ち上げた。
  • Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
    Date (from‐to) : 1997 -2000 
    Author : Koji DERIHA, Yujin YAGUCHI, Toru SASAKI, Shin'ich YAMADA, Kaoru TEZUKA
     
    This research focused on the ways in which museums communicated ethnological information to the public. By doing so, it aimed to investigate the significance of the museums as an "ethnological communication tool" so as to explore better ways of defining their function in the society in the future. In particular, the research paid attention to the representation of "Ainu" culture.The research focused primarily on four issues--formation of Ainu collections by professional curators ; exhibition of Ainu culture and history done by professional curators ; educational programs that target elementary school students ; programs that promote exhibitions.The focus on collections was achieved by comparing and contrasting the museum's collection with that of others abroad. The issue of exhibition was investigated by exploring how the visitors to our museum understood the exhibits. As for the promotional programs, we analyzed posters that were used in the past and investigated the ethnological understandings and views that were reflected in their designs. We also reviewed how the Ainu culture was exhibited abroad and compared it with domestic exhibits. Finally, we made an educational program to teach elementary school children the significance of Ainu traps.Ethnological materials do not come into existence in vacuum. Rather curators play an active role in their collection and exhibition. In that sense, curators' views are meaningful and important. At the same time, we confirmed that the exhibits do not necessarily communicate the curator's messages to viewers. In addition, we found out that ethnological information communicated through other means such as posters also plays a significant role.We hope to continue our research further by incorporationg the methods of museum reviews in the future. By doing so, not only do we wish to evaluate exhibits in a more objective manner, but also we hope to find ways to change the contents of our exhibits in a more effective way.
  • Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
    Date (from‐to) : 1998 -1999 
    Author : スチュアート ヘンリ, Henry STEWART, 斎藤 玲子, 佐々木 亨, 齊藤 玲子, 齋藤 玲子, Toru SASAKI, Reiko SAITO
     
    This research focused mainly upon the following points :1.A historical review of images of the Ainu2.Presentation of the Ainu in museums3.Tourism and the Ainu4.Representation of the Ainu in school textbooks (1-12)(1) A review of images surrounding the Ainu, focusing particularly on the 1930 - 1960 period, when acculturation into mainstream society became most pronounced. It was found that the "Northern" discourse and eugenics had a profound effect on how the Ainu were "differentiated" from the mainstream society of Japan.(2) The representation of the Ainu is discussed from the point of view of Museum Ethnology. Emphasis in the research focused on how museum visitors reacted to Ainu displays. In particular, at the Historical Museum of Hokkaido, which visitors actually visited Ainu displays, what did visitors learn from the displays, and how successful were the displays to communicate the intentions of curators were problems addressed.(3) Travel magazines and brochures were researched in order to determine what role the Ainu play in Hokkaido tourism. Also, Ainu involved in the tourist trade at Akan (Hokkaido) were interviewed to get data concerning their involvement and interpretation.(4) Accounts of the Ainu from current social studies textbooks of grades 1-12 were put into a database. Analyses of this database are ongoing, but a preliminary review shows that accounts of current textbooks are more detailed than those of textbooks studied in 1994-95.However, in both cases, "traditional culture" is emphasized to the expense of discussion of the status-quo.
  • Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
    Date (from‐to) : 1997 -1999 
    Author : Nobuo IRUMADA, 阿子島 香, 七海 雅人, Tooru SASAKI, Arata HIRAKAWA, Tadashi YOSHIDA, Susumu EMOR, Masato NANAMI
     
    People, goods and information have been exchanged among various regions in Northern Asia, including Siberia, Amurland, Primorje, Sakhalin, the Kuril Islands, and what is now known as Hokkaido and the Tohoku district of Japan since the Jomon era. Most historical materials remained untouched until the end of the Cold War. This collaboration intends to form a basis by which we can grasp the history of cultural exchange in Northern Asia in its totality. We attempt this by establishing the location of these materials, then classifying and analyzing the m. As a first step toward this, we investigated the literature housed in various archives in Tohoku district, beginning with the Tohoku University Library. We have already rediscovered such valuable historical materials as Sugiura Hyogonokami Kakitome (documents preserved by a magistrate of Hakodate with him memoranda), and Ezogashime Yawaki (an account of a journey to Ezogashima/Hokkaido, recounted to and written down by a priest of Matsushima Zuigangi Temple).
  • Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(国際学術研究)
    Date (from‐to) : 1997 -1998 
    Author : Katsuyoshi YAMADA, 佐々木 亨, Hiroki OKA, Tadashi YOSHIDA, Arata HIRAKAWA, Masahisa SEGAWA, Hiroshi MARUYAMA
     
    Our research was a comparative study on the trade centers of Northeast Asian countries. We made major cities and ports of the region including China, Mongolia, Korea, Russia and Japan the object of a general study on their trade relations that transmitted stuff, information and capital, and moved people. Trading activities cause many-sided problems in the political, cultural, social, religious and psychological life of the affected regions. As a result of a comprehensive and comparative study we could define some facts. For instance, cities and ports as trading centers have different historical backgrounds but they are generally located in the vicinity of political and military bases. We can summarize the gains of our joint study as follows.1 : The trading activities of Chinese merchants called Lu-meng-shang around the military bases and official transportation (relay) systems.2 : The relation of the minority Orochon peoples's fur trade and its market at Da-lian and Chang-chun, according to the research sources concentrated in such trade centers.3 : The role of Koryosalam (Koreans) habitants in Russia.4 : The relationship between the regional rule and the trading centers realized through the study on Tosaminato as a representative port of medieval Japan.5 : The Korean's understanding about the Japanese in the two countries' mutual trade centers.6 : The religious feature of trading activities between China proper and Taiwan.7 : Taiwan's role as a trading center before the Qing era, during the Western intrusion.8 : The development of Hongkong's indigenous trade center from pre-colonial era to modem times.9 : Guang-zhou's history, its religious changes and relations with Hongkong.As the result of this project, a comparative study of trading centers was successfully achieved. The study also contributed to the methodological development of joint studies organized by researchers of different fields. It is another gain that we realize the necessity of further successive research on these topics

Educational Activities

Teaching Experience

  • 博士論文指導特殊演習
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 博士論文指導特殊演習Ⅰ
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 文学院
  • 修士論文
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 修士論文・特定課題指導特殊演習
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 卒業論文
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
  • 修士論文・特定課題指導特殊演習
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学院


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.