Researcher Database

Eijun Senaha
Graduate School of Humanities and Human Sciences Division of Humanities Department of Cultural Representations
Professor

Researcher Profile and Settings

Affiliation

  • Graduate School of Humanities and Human Sciences Division of Humanities Department of Cultural Representations

Job Title

  • Professor

Degree

  • Ph.D. in English(University of South Carolina, USA)
  • M.A. in English(University of Missouri-Kansas City, USA)

URL

J-Global ID

Research Interests

  • LGBT Studies   Translation Studies   Film Studies   Literature in English   American Literature   British Literature   Sexuality Studies   Gender Studies   Queer Studies   Masculinity Studies   Women's Studies   Education for Sustainable Development (ESD)   

Research Areas

  • Humanities & social sciences / Literature - British/English-languag
  • Humanities & social sciences / Education - general
  • Humanities & social sciences / Gender studies

Academic & Professional Experience

  • 2019/04 - Today 北海道大学大学院 文学研究院 人文学部門 表現文化論分野 欧米文学研究室 教授
  • 2013/04 - 2019/03 Hokkaido University Graduate School of Letters Professor
  • 2007/04 - 2013/03 Hokkaido University Graduate School of Letters Associate Professor
  • 2000/04 - 2007/03 Hokkaido University Graduate School Letters Assistant Professor
  • 1996/08 - 2000/03 Hokkaido University Faculty of Letters Assistant Professor
  • 1995/09 - 1996/07 University of South Carolina-Columbia College of Humanities Visiting Assistant Professor
  • 1991 - 1995 サウス・カロライナ大学(アメリカ合衆国) 人文学部 講師
  • 1989 - 1991 サウス・カロライナ大学(アメリカ合衆国) 人文学部 助手
  • 1989 - 1991 Research Associate,University of South Carolina, USA

Education

  • 1989/01 - 1995/08  米国サウス・カロライナ大学大学院博士課程
  •        - 1995  University of South Carolina  Graduate School, Division of Humanities  Department of English
  • 1986/08 - 1988/12  米国ミズーリ大学カンザス・シティー校大学院修士課程
  •        - 1988  University of Missouri-Kansas City Graduate School  Graduate School, Division of Humanities
  • 1982/04 - 1986/03  University of the Ryukyus  Faculty of Law and Letters
  •        - 1986  University of the Ryukyus  Faculty of Law and Literature

Association Memberships

  • JAPANESE ASSOCIATION FOR AMERICAN STUDIES   THE ENGLISH LITERARY SOCIETY OF JAPAN   日本アメリカ文学会北海道支部   THE HOKKAIDO ENGLISH LITERARY SOCIETY OF JAPAN   日本アメリカ文学会   THE HEMINGWAY SOCIETY OF JAPAN   

Research Activities

Published Papers

  • The Hidden Harold: A Closet in Iceberg
    瀬名波栄潤
    The Hemingway Review of Japan 21 93 - 104 2020/06 [Refereed][Not invited]
  • Lost "Soldier's Home" by Ernest Hemingway
    SENAHA Eijun
    Bulletin of the Graduate School of Letters, Hokkaido University 156 37 - 59 2019/01 [Not refereed][Not invited]
  • "Father and Son: Hemingway's Anxiety in 'The Snows of Kilimanjaro'"
    SENAHA Eijun
    Hokkaido American Literature 31 92 - 108 2015/03 [Refereed][Not invited]
  • “Applied Literature in the Age of New Enlightenment: Projection for Sustainable Development.”
    SENAHA Eijun
    GSTF Journal on Education. 1 (1) 10 - 14 2013/11 [Refereed][Invited]
  • 「学術論文の質保証」
    瀬名波 栄潤
    アメリカ文学研究 50 16 - 17 2013/03 [Not refereed][Invited]
  • LSD(Literary Sustainable Development) 持続可能な発展のための英文学研究
    瀬名波 栄潤
    『英文学研究 支部統合号』 4 11 - 12 2012/04 [Refereed][Not invited]
  • 平和教育と文学教育 ― 応用文学としてヘミングウェイを読む
    英文学研究 支部統合号第4 12 - 17 2012/01 [Not refereed][Not invited]
  • Piloting Writing Lab
    18 11 - 18 2011 [Not refereed][Not invited]
  • 特集:Writing Lab試行運営:取組・成果・展望
    高等教育ジャーナル:高等教育と生涯学習 18 11 - 18 2011/01 [Refereed][Not invited]
  • “Ready-Made Boys: A Collision of Food and Gender in Ernest Hemingway’s ‘Big Two-Hearted River’.”
    SENAHA Eijun
    The Japanese Journal of American Studies. 21 49 - 66 2010/06 [Refereed][Invited]
  • 北海道大学大学院におけるジェンダー教育授業科目『性差研究入門』のはじまり
    高等教育ジャーナル (16) 31 - 46 2008/12 [Refereed][Not invited]
  • “Barack Obama and His-Story: Paradox of Hybridity and Masculinity in His Autoandrography”
    SENAHA Eijun
    Nanzan Review of American Studies: Journal for American Studies. 30 211 - 221 2008/12 [Refereed][Invited]
  • "Man Speaking of Man: American Literary History and Study of Manhood"
    IVY (40) 107 - 127 2007/11 [Not refereed][Not invited]
  • "Manhood and American Literary History: An Overview with Selected Bibliography of Masculinities and Men's Studies
    北海道大学文学研究科紀要 (118) 95 - 118 2006/02 [Not refereed][Not invited]
  • "British Women Poets of the Romantic Period: Cultural Colonialism and gender in Japan"
    Annual Report on Cultural Science (113) 109 - 124 2004/07 [Not refereed][Not invited]
  • 「アメリカ文学における『男らしさ』の系譜」
    北海道アメリカ文学 (20) 37 - 48 2004/03 [Not refereed][Not invited]
  • "'Now I am a man': Manhood in William Wordsworth"
    北海道大学文学研究科紀要 (112) 135 - 147 2004/02 [Not refereed][Not invited]
  • Literary History of American Manhood
    Hokkaido American Literature (20) 37 - 48 2004 [Not refereed][Not invited]
  • 「車軸としての日本型TA制度:TA養成に観る将来の大学像」
    「高等教育ジャーナル:高等教育と生涯学習」 11 1 - 13 2003/03 [Not refereed][Not invited]
  • "A Life of Louisa Sarah Bevington."
    『北海道大学文学研究科紀要』 101 131 - 49 2000/09 [Not refereed][Not invited]
  • "A Punishment Required: Pleasure of Pain in Christina Rossetti's 'Goblin Market'" [懲罰の必然性:クリスティナ・ロゼッティ作「ゴブリン・マーケット」における苦からの悦び]
    『北海道大学文学部紀要』 48 (2) 15 - 58 1999/11 [Not refereed][Not invited]
  • "The Mighty Necromancer: Opium and Women Poets"
    イギリスロマン派研究 (22) 71 - 85 1998/03 [Refereed][Not invited]
  • "Autorroticism O Rose Art Thou Sick!?"
    『北海道大学文学部紀要』 46 (1) 85 - 109 1997/09 [Not refereed][Not invited]

Books etc

  • Unpredictable Agents: The Making of Japan’s Americanists during the Cold War and Beyond. Ed. Mari Yoshihara.
    Eijun Senaha (Contributor“American Paralysis: Floating Homeland, Family, and Masculinity.”)
    University of Hawai'i Press 2021/10
  • Practices and Issues of Short-Term In-Country International Courses
    瀬名波 栄潤 (Contributor北海道大学の取り組み:Cool Hokkaido―グローカルな教育研究拠点を創造する―)
    Sophia University Press 2020/03
  • The Global Hillary: Women’s Political Leadership in Cultural Contexts.
    SENAHA Eijun (Contributor“A Translation of Her Own: Hillary, Japan and the Pivot to Asia.”)
    Routledge 2016/05 (ISBN: 9781138829749) 222 165-194
  • ProSPER.Net: Transforming Higher Education and Creating Sustainable Societies
    SENAHA Eijun (Contributor“SUSTAIN for the ESD learning Community.”)
    United Nations University-Institute for the Advanced Study of Sustainability 2014/11
  • The Global Obama: Crossroads of Leadership in the 21st Century.
    SENAHA Eijun (Contributor“Radical Masculinity and Traditional Manhood: Japanese Acknowledgments for Literary Obama.”)
    Routledge 2013/11 (ISBN: 1848726260)
  • 『アーネ スト・ヘミングウェイ―21世紀から読む作家の地平』
    瀬名波 栄潤 (Contributor「男らしさの神話と実話 ― ニックのキャンプの物語」)
    臨川書店 2012/02 (ISBN: 4653041113)
  • Higher Education for Sustainable Development: Looking Back and Moving Forward.
    Eijun Senaha (ContributorAlternative University Appraisal Project: Construction of Learning Community in the Asia Pacific.)
    VAS (Verlag für Akademische Schriften) 2011/12 (ISBN: 3888644852)
  • TA実践ガイドブック
    瀬名波栄潤 (Joint editor)
    玉川大学出版 2006/09 (ISBN: 4472403366)
  • "Louisa Sarah Bevington." Ed. William B. Thesing. Dictionary of Literary Biography Vol. 199: Victorian Women Poets.
    Gale, Detroit, USA 1998/10 (ISBN: 0787618543)
  • Sex, Drugs, and Madness in Poetry from William Blake to Christina Rossetti.
    Edwin Mellen, NY, USA 1997/03 (ISBN: 0773422765)
  • Woman's Pain, Woman's Pleasure.
    UMI, Ann Arbor, USA 1995/08

Conference Activities & Talks

  • “American Paralysis: Floating Homeland, Family, and Masculinity.” Unpredictable Agents: The Making of Japan’s Americanists during the Cold War and Beyond.  [Not invited]
    Eijun SENAHA
    アメリカ学会第55回年次大会  2021/06
  • 兼子歩講演会「トランプの時代におけるアメリカ女性運動とLGBTQの関係をめぐって」  [Invited]
    瀬名波, 栄潤(コメンテーター
    北海道大学メディア・コミュニケーション研究院共同研究補助金による共同研究第2回研究会  2020/02
  • 偽装するクレブス:クローゼットの中と外の故郷  [Not invited]
    瀬名波 栄潤
    日本ヘミングウェイ協会全国大会  2019/11
  • Robot and AI Ethics: Dialogue between Europe and East Asia  [Invited]
    SENAHA Eijun
    Robot and AI Ethics: Dialogue between Europe and East Asia  2018/11  University of Turku, Finland  The Centre for East Asian Studies
  • LGBT研修会:多様な性と共生できる教育環境作りを目指して  [Invited]
    瀬名波 栄潤
    北海道大学FD  2018/10  北海道大学  北海道大学学生相談総合センター
  • Eijun SENAHA
    Débat d’idées franco-japonais  2018/06  Université de Hokkaido  Ambassade de France au Japon/Institut français du Japon, Université de Hokkaido
  • “Teaching Films of Aging Baby Boomers: Memories and Representations of Gender and Sexuality.”  [Not invited]
    SENAHA Eijun
    23rd International Association of World Englishes (IAWE 2018)  2018/06
  • SENAHA Eijun
    The 23rd ATEM National Convention  2017/11  Otaru ,Hokkaido  Association for Teaching English through Movies
  • Future of Interpreting and Translation in Hokkaido  [Invited]
    SENAHA Eijun
    Hokkaido Interpreting and Translation Studies Society  2017/05  北海道札幌市  北海道通訳翻訳研究会(HITSs)
     
    シンポジウム司会進行役
  • 「Cool Hokkaido:グローカルな文化研究の創造」  [Invited]
    瀬名波 栄潤
    「世界の中の日本、日本の中の世界:『国内で実施する国際研修』の挑戦」  2017/03  東京大学駒場キャンパス  東京大学教養学部
  • “Politicizing Sentimentalism & Sentimentalizing Politics in Hillary Rodham Clinton’s Autobiographies.”  [Invited]
    SENAHA Eijun
    The Second Joint International Conference of AELLK, MBALL, MESK, and NAELL.  2016/10  JInju, South Korea
  • キリスト教の中のアメリカ文学『Was Hemingway a Christian?:メソジストになろうとした男』  [Invited]
    瀬名波 栄潤
    北海道アメリカ文学会第25回支部大会  2015/12
  • 同性パートナーシップ制度導入を考える  [Not invited]
    瀬名波 栄潤
    北海道大学大学院文学研究科応用倫理研究教育センター主催一般公開フォーラム  2015/11
  • 正典を考える  [Not invited]
    瀬名波 栄潤
    北海道アメリカ文学会第176回研究談話会  2015/08
  • 出版されなかった理由:伝記研究における“The Porter”の居場所  [Not invited]
    瀬名波 栄潤
    日本ヘミングウェイ協会ワークショップ  2015/05
  • ヘミングウェイ生前未発表作品 “The Porter” を読む  [Not invited]
    瀬名波 栄潤
    北海道アメリカ文学会第175回研究 談話会  2015/05
  • 「傷のはじまりとゆくえ:父と子の『キリマンジャロの雪』」  [Not invited]
    瀬名波 栄潤
    日本ヘミングウェイ協会第25回全国大会  2014/12
  • 魅惑する禁忌の伝記研究  [Not invited]
    瀬名波 栄潤
    北海道アメリカ文学会第172回研究談話会  2014/11
  • 「持続可能教育における大学の質保証のかたち」  [Invited]
    SENAHA Eijun
    高等教育質保証学会第3回大会  2013/08
  • “Integration of Sustainability in Curricula”  [Invited]
    SENAHA Eijun
    ProSPER.Net Forum on Sustainability in Higher Education.  2013/07
  • “Applied Literature for Sustainability: Theory and Practice.”  [Not invited]
    SENAHA Eijun
    2nd Annual Conference on Language, Literature & Linguistics (L3 2013)  2013/06  Singapore
  • “Workshop of Sustainability Assessment System in the World”  [Not invited]
    SENAHA Eijun
    AASHE (Association for the Advancement of Sustainability in Higher Education).  2012/10
  • “Sustainable Literature, Literary Sustainability”  [Invited]
    SENAHA Eijun
    40th Annual Conference. Association of English Language and Literature in Korea.  2011/06
  • “An Assessment System from Asia for ESD Learning Community”  [Invited]
    SENAHA Eijun
    ICSS (International Conference on Sustainability Science)–Asia  2011/03
  • 「男が料理を作るとき」  [Not invited]
    瀬名波 栄潤
    日本アメリカ文学会全国大会  2010/10
  • “Re-Inventing Rankings: In Search of Alternative Performance Assessments”  [Invited]
    SENAHA Eijun
    IAU (International Association of Universities) 2010 International Conference  2010/06
  • 学士課程教育におけるFDを考える  [Not invited]
    瀬名波 栄潤
    広島大学全学FD『広島大学の今後の 体系的なFDについて』」  2009/12
  • “Alternative University Appraisal System”  [Invited]
    SENAHA Eijun
    Global Higher Education Forum  2009/12
  • “University Ranking System.”  [Invited]
    SENAHA Eijun
    UNESCO 3rd International Conference on Higher Education for Sustainable Development.  2009/11
  • 男もつらいよ  [Not invited]
    瀬名波 栄潤
    稚内市・北海道女性協会  2008/11
  • 男性神話と男たち〜映像で学ぶ男女平等参画論〜  [Not invited]
    瀬名波 栄潤
    室蘭市・北海道女性協会  2008/11
  • “Barack Obama and His-Story: Paradox of Hybridity and Masculinity in His Autoandrography.”  [Invited]
    SENAHA Eijun
    NASSS.  2008/07
  • 男の言い分、女の言い分  [Not invited]
    瀬名波 栄潤
    道新文化センター  2008/01
  • 女性大学:ハリウッド映画で観る女の生き方  [Not invited]
    瀬名波 栄潤
    札幌市女性センター男女共同参画センター  2007/10
  • 映画が伝えること  [Not invited]
    瀬名波 栄潤
    稚内市・北海道女性協会  2007/10
  • 連続講演:愛のちから、愛のゆくえ  [Not invited]
    瀬名波 栄潤
    札幌市男女共同参画センター  2007/01
  • 映画で学ぶ女性の生き方、男性の生き方  [Not invited]
    瀬名波 栄潤
    キノ映画講座  2005/03
  • 男のいない世界  [Not invited]
    瀬名波 栄潤
    石狩地域男女平等参画推進フォーラム  2005/01
  • 映画で学ぶ女性の生き方  [Not invited]
    瀬名波 栄潤
    札幌市男女共同参画センター  2004/11
  • 入門男性学〜今日から自由人宣言〜  [Not invited]
    瀬名波 栄潤
    札幌市男女共同参画センター  2004/08
  • 編集ボランティア研修会「男への視線、男の視線」  [Not invited]
    瀬名波 栄潤
    札幌市男女共同参画センター  2004/06
  • 「自立&自律講座:ジェンダー・フリー『男性の視点から語るジェンダー論』」  [Not invited]
    瀬名波 栄潤
    函館市女性センター  2004/02
  • 仕事と育児両立支援セミナー:自分の居場所  [Not invited]
    瀬名波 栄潤
    21世紀職業財団  2000/03

MISC

  • リン・マー著、藤井光訳『断絶』(白水社、2021年4月10日)
    瀬名波栄潤  北海道アメリカ文学  37-  62  -67  2021/03  [Invited]
  • Gathering of Rainbows
    Eijun SENAHA  Ryukyu Shimpo  2020/09/27  [Not refereed][Invited]
  • Book Review
    瀬名波栄潤  Hokkaido American Literature  36-  66  -75  2020/03  [Not refereed][Invited]
  • 斎藤 彩世 著『境界を持たない愛−−ヘンリー・ジェイムス作品における同性愛をめぐって』
    瀬名波 栄潤  北海道アメリカ文学  35-  103  -108  2019/03  [Not refereed][Invited]
  • ハサン・ ラシーム著、 藤井光 訳『死体展覧会』 (白水社エクス・リブリス、2017年10月24日)
    瀬名波 栄潤  『北海道アメリカ文学』  34-  30  -32  2018/03  [Not refereed][Invited]
  • アンソニー・ドーア 著、 藤井光 訳『すべての見えない光』 (新潮クレスト・ブックス、2016年8月26日)
    瀬名波 栄潤  『北海道アメリカ文学』  33-  38  -40  2017/03  [Not refereed][Invited]
  • 私たちの世界
    瀬名波 栄潤  リプル札幌  41-  2  -2  2016/03  [Not refereed][Invited]
  • 「自伝研究はおもしろい」
    瀬名波 栄潤  『アメリカ学会会報』  189-  1  2015/11  [Not refereed][Invited]
  • 「歴史の中のエズラ・パウンド(野上秀雄.文沢社.2014年)」
    瀬名波 栄潤  『アメリカ文学研究』5  52-  138  -138  2015/03  [Not refereed][Invited]
  • 『グレート・ギャッツビー』の言語とスタイル (長瀬恵美. 大阪教育図書.2013年)
    瀬名波 栄潤  『アメリカ文学研究』5  51-  116  2014/03  [Not refereed][Invited]
  • 「ヘミングウェイ大事典(今村楯夫・島村法夫監修 勉誠出版.2012年)」
    瀬名波 栄潤  『北海道アメリ カ文学』  29-  106  -111  2013/03  [Not refereed][Invited]
  • 「バラク・オバマの言葉と文学—自伝が語る人種とアメリカ(里内克巳編 彩流社 2011年)」
    瀬名波 栄潤  『英文学研究』  89-  155  -158  2012/12  [Not refereed][Invited]
  • 「女性作家の小説サブジャンルへの貢献と挑戦(鈴木美津子ほか.英宝社.2008年2月)」
    瀬名波 栄潤  『イギリス・ロマン派研究』  33-  149  -152  2009/03  [Not refereed][Invited]
  • 「『アフリカ系アメリカ人ハンディ事典(松本昇他編 南雲堂フェニック. 2006年)所収山加代子著「ハーレムルネッサンス」他11項目.
    瀬名波 栄潤  『北海道アメリカ文学』  23-  50  -52  2007/03  [Not refereed][Invited]
  • 「フラナリー・オコナー:人と作品(赤池文子.共同文化社.2002年9月)」
    瀬名波 栄潤  『北海道アメリカ文学』  19-  20  -21  2003/03  [Not refereed][Invited]
  • 「フェスティバル『女と男のトークセッション 2000』対談・谷村 志穂:21世紀 変わる女と男(わたしたち)の関係」
    瀬名波 栄潤  札幌市女性センター  2000/11/10  [Not refereed][Not invited]

Awards & Honors

  • 2020/09 Hokkaido University Excellent Teacher Award
     
    受賞者: 瀬名波栄潤
  • 2019/08 北海道大学 平成30年度全学教育科目エクセレント・ティーチャーズ
     
    受賞者: 瀬名波 栄潤
  • 2016/02 Hokkaido University President's Award for Outstanding Education
     
    受賞者: SENAHA Eijun

Research Grants & Projects

  • Empirical and Theoretical Research on the Reality of LGBT People and their Right Protection in East and Southeast Asia
    Japan Society for the Promotion of Science:Grants-in-Aid for Scientific Research Challenging Research (Pioneering)
    Date (from‐to) : 2020/07 -2024/03 
    Author : 吉田 邦彦, 瀬名波 栄潤, 鈴木 賢
  • Alternative University Appraisal Project. ProSPER.Net. 2009-2013.
    United Nations University:
    Date (from‐to) : 2009 -2013
  • 「発展途上国の大学におけるESD推進のためのESDアクションモデルアーカイブづくり」(活動実施者)
    文部科学省:平成 22年度「国際協力イニシアティブ」教育協力拠点形成事業
    Date (from‐to) : 2011/04 -2012/03
  • 「持続可能な発展に向けた教育に励む大学の評価と魅力を伸ばす評価モデルづくり」(活動実施者)
    文部科学省:平成21年度「国際協力イニシアティブ」教育協力拠点形成事業
    Date (from‐to) : 2010/04 -2011/03
  • Japan Society for the Promotion of Science:Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (B)
    Date (from‐to) : 2009 -2011 
    Author : ANDO Atsushi, NISHIMORI Toshiyuki, HOSOKAWA Toshiyuki, YAMAGISHI Midori, MIKAMI Naoyuki, SENAHA Eijun, UTAGAWA Takuo, OHNO Kimihiro, YAMADA Kunimasa, OGASAWARA Masaaki
     
    We visited the universities in North America, Asia and Europe, made research on their Faculty Development, Teaching Assistant Training and Preparing Future Faculty system, and practiced International Symposium on Professional Development (July 2009) and International PFF Workshops (March & July 2010, July-August 2011). As a result we found that the American type of TA training system and PFF programs can be applied to Japanese graduate education, and the UC Berkeley's PFF workshop in English meet the demands and expectations of Japanese and foreign graduate students in Japan, and this program can show them the new road to become a good faculty in the future.
  • 「高度専門職業人育成のための国際教育改革: ジェンダーカリキュラム構築」.
    文部科学省:
    Date (from‐to) : 2005/03 -2006/03
  • Evolution from Feminism to Postfemimsm : Whereabouts of the Late Victorian Poetess Louisa Sarah Bevington
    Japan Society for the Promotion of Science:Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C)
    Date (from‐to) : 2001 -2003 
    Author : DR.EIJUN Senaha
     
    The purpose of this project has been to locate, compile, and publicize in homepage as many primary sources of Louisa saraha Bevington as possible, and I believe the project has almost achieved its goal with success as the compiled report now consists of over 400 pages The product of this project is also available at my homepage Torch (http://www.hucc.hokudai.ac.jp/〜p16571/). In addition to the poet's biographical data, the outcome of this project is new to most literary scholars, as her birth as well as death dates are clarified with backgrounds and her essays and poems, which were not compiled in her representative three collections of poems, are presented not only in the project report but also in my homepage for the first time. Bevington's poetic as well as political career can be divided into three periods. Up until the 1870s, she wrote naturalistic poems with Christian as well as evolutionist tendencies. Her questions were answered by her faith, scientific observation, and transcendentalist understanding of nature. In the 1880s, as her attention moved toward society, she left Quakerism behind and began writing critical poems and essays while struggling to find a better solution for society's problems. When she came back to England, in the 1890s, she identified herself as an anarchist and wrote against the self-evident injustices and evils of late Victorian England. Her personal evolution, from innocent Quaker to agnostic ideologist and political activist, is expressed in her representative works of each decade : Key-Notes (1876), Poems, Lyrics, and Sonnets (1882), and Liberty Lyrics (1895) along with her less known poems and essays. Lastly I would like to thank everyone who made this project possible and the Grant-in-Aid for Scientific Reaseach which helped me continue this to the goal
  • かき消された声を求めて:英国世紀未詩人ルイザ・サラ・ベヴィントン研究
    Japan Society for the Promotion of Science:Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Encouragement of Young Scientists (A)
    Date (from‐to) : 1998 -1999 
    Author : 瀬名波 栄潤
     
    この研究は、まずイザ・サラ・ベヴィントンに関する世界で初の著作全集を欧米の出版社から出版することを最終目的として始まった。 平成10年度は、ベヴィントンの作品に関する資料を国内外の大学・図書館から複写・マイクロフィッシュ・インターネットを通して依頼・収集。政治機関紙誌に関しては国内の図書館等で直接資料調査した。その後、当該研究費で購入したコンピューター機器を使用し、ネイティヴスピーカーを含む大学院生のリサーチアシスタントに資料整理をお願いした。収集された作品はスキャナーで処理、また詩集等の表紙などはデジタルカメラで処理しコンピューター保存を施した。結果としては、彼女の人生がようやく体系的にわかるようになり、これまで知られてなかった彼女の生年月日や死因なども究明できた。彼女の著作品もほとんどが収集できた。 平成11年度には彼女の作品の注釈作りに多くの時間が費やされ、彼女の芸術家及び政治批評家としてのスタンスがさらに明らかになった。年度末には渡米し英国図書館コリンデール分館で最終的な資料調査をした。当時の雑誌などに掲載されたベヴィントンの随筆や詩などが数多く掲載または引用されており、彼女が当時政治的な詩人として活躍していたことなどが確認された。また、彼女の作品を新たに数多く発見した。本研究の最終目的であるベヴィントン著作集出版はこれらの未入力情報をさらに検討する必要があるため、さらなる校正が必要と思われる。しかしベヴィントン研究は確実に世界的注視を受けてきており、今年発行されたオックスフォード大学出版の英国女性詩人アンソロジーでは彼女の詩が7編も取り上げられた。本研究者も早急に出版社と本格的な交渉を進める必要がある。
  • 「英文学研究入門:研究の武器」
    北海道大学文学部:文学部プロジェクト
    Date (from‐to) : 1997 -1998

Educational Activities

Teaching Experience

  • 博士論文指導特殊演習
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 博士論文指導特殊演習Ⅰ
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 文学院
  • 修士論文
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 修士論文・特定課題指導特殊演習
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 卒業論文
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
  • 修士論文・特定課題指導特殊演習
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学院

Campus Position History

  • 2020年12月1日 
    Present 
    施設・環境計画室室員

Position History

  • 2020年12月1日 
    Present 
    施設・環境計画室室員

Committee Membership

  • 2020/10 -2020/10   Fulbright Japan   Fulbright Selection Committee

Social Contribution

Social Contribution

Social Contribution

  • 「ジェンダーで考えてみよう」
    Date (from-to) : 2021/07/10
    Role : Lecturer
    Sponser, Organizer, Publisher  : 札幌駅前通まちづくり株式会社
    Event, Program, Title : 手探りで学ぶ〝ジェンダー〟勉強会
  • LGBT研修会
    Date (from-to) : 2020/02/13
    Role : Lecturer
    Sponser, Organizer, Publisher  : 室蘭工業大学
    Event, Program, Title : LGBT研修会
  • 渕上綾子講演会「LGBTをめぐる地方政治の課題」
    Date (from-to) : 2019/07/16
    Role : Presenter
    Sponser, Organizer, Publisher  : 文学研究院応用倫理応用哲学研究教育センター
  • LGBT基礎研修〜多様な性と共生できる教育環境づくりを目指して〜
    Date (from-to) : 2018/12/21
    Role : Lecturer
    Sponser, Organizer, Publisher  : 市立札幌大通高等学校
  • 映画が見せる男女共生
    Date (from-to) : 2018/08/25
    Role : Lecturer
    Sponser, Organizer, Publisher  : 室蘭市教育委員会
  • Women's Road Movies
    Date (from-to) : 2018/07/20
    Role : Lecturer
    Sponser, Organizer, Publisher  : Hokkaido Trucking Association
  • Learning "Diversity" with US Consul
    Date (from-to) : 2018/04/22
    Role : Advisor
    Sponser, Organizer, Publisher  : US Consulate General Sapporo
  • みんながありのまま自分らしく輝くために
    Date (from-to) : 2017/10/20
    Role : Commentator
    Sponser, Organizer, Publisher  : 北海道札幌藻岩高等学校
  • 「映画で学ぶ『女らしさ』の神話」
    Date (from-to) : 2017/03/07
    Role : Lecturer
    Sponser, Organizer, Publisher  : 網走地区連合女性委員会
    Event, Program, Title : 第107回国際女性デー網走集会
    網走市オホーツク・文化交流センター
  • 「大学に求められる多様性への対応 ~LGBTの現状と課題から考える」
    Date (from-to) : 2016/11/15
    Role : Lecturer
    Sponser, Organizer, Publisher  : 札幌圏大学国際交流フォーラム
    Event, Program, Title : 平成28年度例会
  • 映画の中の女たち
    Date (from-to) : 2015/09/12
    Role : Lecturer
    Sponser, Organizer, Publisher  : 北海道帯広市
    Event, Program, Title : 平成27年帯広市男女共同参画講座
  • 多様<性>の世界の中のあなた
    Date (from-to) : 2015/08/30
    Role : Lecturer
    Sponser, Organizer, Publisher  : 社団法人JB日本接骨師会
    Event, Program, Title : 北海道地区特別講習会
  • 『男女共同参画社会への過去・現在・未来―−女性たちの視線から」
    Date (from-to) : 2015/06/23
    Role : Lecturer
    Sponser, Organizer, Publisher  : 北海道立女性プラザ
    Event, Program, Title : 男女共同参画週間講演会
  • 「男性像と生きづらさ」
    Date (from-to) : 2015/03/27
    Role : Lecturer
    Sponser, Organizer, Publisher  : 札幌市男女共同参画センター
    Event, Program, Title : 「男性のための悩み相談」相談検討会議(第 2回)・研修会議
  • 「持続可能な世界と文学」
    Date (from-to) : 2015/03/15
    Role : Lecturer
    Sponser, Organizer, Publisher  : 道新文化センター
    Event, Program, Title : UHB大学
  • 通訳者という存在:女性の社会参加の視点から」
    Date (from-to) : 2014/11/19
    Role : Panelist
    Sponser, Organizer, Publisher  : 北海道通訳者協会(HICOM)
    Event, Program, Title : シンポジウム
  • 札幌国際芸術祭2014「アートカフェ」
    Date (from-to) : 2014/09/16
    Role : Commentator
    Sponser, Organizer, Publisher  : 札幌市
  • 「映画の中の女と男」
    Date (from-to) : 2013/11/23
    Role : Lecturer
    Sponser, Organizer, Publisher  : 石狩市
    Event, Program, Title : 男女共同参画講演会.
  • 「私たちの世界:ジェンダーを考える」
    Date (from-to) : 2013/11/17
    Role : Lecturer
    Sponser, Organizer, Publisher  : 北海道YMCA
  • 「男らしさの神話と実話」
    Date (from-to) : 2013/11/09
    Role : Lecturer
    Sponser, Organizer, Publisher  : 北海道大学総合博物館
    Event, Program, Title : 北海道大学総合博物館主催土曜市民セミナー
  • 「映画で学ぶ女性の生き方」
    Date (from-to) : 2012/11/06
    Role : Lecturer
    Sponser, Organizer, Publisher  : 渡島地域男女平等参画推進協議会・北海道女性協会
  • 「男女平等参画セミナー:私が変わる!輝く明日のために『映画とジェンダーで学ぶ〜私たちの生き方』」
    Date (from-to) : 2011/09/28
    Role : Lecturer
    Sponser, Organizer, Publisher  : 小樽市・北海道女性協会
  • 「女性大学:映画が教える女の生き方」
    Date (from-to) : 2011/06/14
    Role : Lecturer
    Sponser, Organizer, Publisher  : 北海道女性協会

Media Coverage

  • 特集 LGBTを支えるアライとは〜多様性認め広がる支援の輪
    Date : 2019/09/12
    Publisher, broadcasting station: HTB北海道テレビ
    Program, newspaper magazine: イチオシ
    Media report 9月15日に開催された「さっぽろレインボープライド2019」の特集で16日に放送。
  • パートナーシップ制度2年
    Date : 2019/06/01
    Publisher, broadcasting station: 北海道新聞
    Program, newspaper magazine: 北海道新聞
    Paper 札幌市パートナーシップ宣誓制度が始まって3年目を迎えることについてのインタビュー記事。
  • LGBT ALLY 性の多様性に理解を
    Date : 2019/06/01
    Publisher, broadcasting station: 北海道新聞社
    Program, newspaper magazine: 北海道新聞(朝刊全道)
    Paper 3年目に入った札幌市の「パートナーシップ宣誓制度」についてその浸透度や現状についてのレポート記事。ジェンダー・セクシュアリティー研究の専門家の立場から、現状の分析と今後に向けての提言を行った。
  • LGBT配慮進まず
    Date : 2018/12/14
    Publisher, broadcasting station: 北海道新聞
    Program, newspaper magazine: 北海道新聞
    Paper オホーツク管内におけるLGBTへの公的配慮の進展についてインタビュー。


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.