Researcher Database

Sato Norihiro
Hokkaido University Hospital Clinical Research & Medical Innovation Center
Professor

Researcher Profile and Settings

Affiliation

  • Hokkaido University Hospital Clinical Research & Medical Innovation Center

Job Title

  • Professor

J-Global ID

Research Areas

  • Other / Other

Research Activities

Published Papers

  • Yoshiya Tanaka, Koji Oba, Takao Koike, Nobuyuki Miyasaka, Tsuneyo Mimori, Tsutomu Takeuchi, Shintaro Hirata, Eiichi Tanaka, Hidekata Yasuoka, Yuko Kaneko, Kosaku Murakami, Tomohiro Koga, Kazuhisa Nakano, Koichi Amano, Kazuyasu Ushio, Tatsuya Atsumi, Masayuki Inoo, Kazuhiro Hatta, Shinichi Mizuki, Shouhei Nagaoka, Shinichiro Tsunoda, Hiroaki Dobashi, Nao Horie, Norihiro Sato
    Annals of the rheumatic diseases 79 (1) 94 - 102 0003-4967 2020/01 [Refereed][Not invited]
     
    OBJECTIVES: The aim of this study is to determine whether the 'programmed' infliximab (IFX) treatment strategy (for which the dose of IFX was adjusted based on the baseline serum tumour necrosis factor α (TNF-α)) is beneficial to induction of clinical remission after 54 weeks and sustained discontinuation of IFX for 1 year. METHODS: In this multicentre randomised trial, patients with IFX-naïve rheumatoid arthritis with inadequate response to methotrexate were randomised to two groups; patients in programmed treatment group received 3 mg/kg IFX until week 6 and after 14 weeks the dose of IFX was adjusted based on the baseline levels of serum TNF-α until week 54; patients in the standard treatment group received 3 mg/kg of IFX. Patients who achieved a simplified disease activity index (SDAI) ≤3.3 at week 54 discontinued IFX. The primary endpoint was the proportion of patients who sustained discontinuation of IFX at week 106. RESULTS: A total of 337 patients were randomised. At week 54, 39.4% (67/170) in the programmed group and 32.3% (54/167) in the standard group attained remission (SDAI ≤3.3). At week 106, the 1-year sustained discontinuation rate was not significantly different between two groups; the programmed group 23.5% (40/170) and the standard group 21.6% (36/167), respectively (2.2% difference, 95% CI -6.6% to 11.0%; p=0.631). Baseline SDAI <26.0 was a statistically significant predictor of the successfully sustained discontinuation of IFX at week 106. CONCLUSION: Programmed treatment strategy did not statistically increase the sustained remission rate after 1 year discontinuation of IFX treatment.
  • Wakana Matsumura, Yasuyuki Fujita, Satoru Shinkuma, Shotaro Suzuki, Saki Yokoshiki, Hideki Goto, Hiroshi Hayashi, Kota Ono, Masukazu Inoie, Shota Takashima, Chihiro Nakayama, Toshifumi Nomura, Hideki Nakamura, Riichiro Abe, Norihiro Sato, Hiroshi Shimizu
    The Journal of investigative dermatology 139 (10) 2115 - 2124 0022-202X 2019/10 [Refereed][Not invited]
     
    Inherited skin disorders have been reported recently to have sporadic normal-looking areas, where a portion of the keratinocytes have recovered from causative gene mutations (revertant mosaicism). We observed a case of recessive dystrophic epidermolysis bullosa treated with cultured epidermal autografts (CEAs), whose CEA-grafted site remained epithelized for 16 years. We proved that the CEA product and the grafted area included cells with revertant mosaicism. Based on these findings, we conducted an investigator-initiated clinical trial of CEAs from clinically revertant skin for recessive dystrophic epidermolysis bullosa. The donor sites were analyzed by genetic analysis, immunofluorescence, electron microscopy, and quantification of the reverted mRNA with deep sequencing. The primary endpoint was the ulcer epithelization rate per patient at 4 weeks after the last CEA application. Three patients with recessive dystrophic epidermolysis bullosa with 8 ulcers were enrolled, and the epithelization rate for each patient at the primary endpoint was 87.7%, 100%, and 57.0%, respectively. The clinical effects were found to persist for at least 76 weeks after CEA transplantation. One of the three patients had apparent revertant mosaicism in the donor skin and in the post-transplanted area. CEAs from clinically normal skin are a potentially well-tolerated treatment for recessive dystrophic epidermolysis bullosa.
  • Open-label clinical trial of bezafibrate treatment in patients with fatty acid oxidation disorders in Japan; 2nd report QOL survey
    Hideaki Shiraishi, Kenji Yamada, Eishin Oki, Mika Ishige, Toshiyuki Fukao, Yusuke Hamada, Norio Sakai, Fumihiro Ochi, Asami Watanabe, Sanae Kawakami, Kazuyo Kuzume, Kenji Watanabe, Koji Sameshima, Kiyotaka Nakamagoe, Akira Tamaoka, Naoko Asahina, Saki Yokoshiki, Takashi Miyakoshi, Koji Oba, Toshiyuki Isoe, Hiroshi Hayashi, Seiji Yamaguchi, Norihiro Sato
    Molecular Genetics and Metabolism Reports 20 (2019) 20 2019/07 [Refereed][Not invited]
  • Fukushima M, Austin C, Sato N, Maruyama T, Navarro E, Rocca M, Demotes J, Haendel M, Volchenboum SL, Cowperthwaite M, Silverstein JC, Webb C, Sim I, Chase M, Speakman J, Augustine E, Ford DE, Kush R
    Learning health systems 3 (1) e10073  2019/01 [Refereed][Not invited]
  • Kusumi I, Arai Y, Okubo R, Honda M, Matsuda Y, Matsuda Y, Tochigi A, Takekita Y, Yamanaka H, Uemura K, Ito K, Tsuchiya K, Yamada J, Yoshimura B, Mitsui N, Matsubara S, Segawa T, Nishi N, Sugawara Y, Kako Y, Shinkawa I, Shinohara K, Konishi A, Iga J, Hashimoto N, Inomata S, Tsukamoto N, Ito H, Ito YM, Sato N
    BJPsych open 4 (6) 454 - 460 2018/11 [Refereed][Not invited]
  • Sustained Clinical Remission after Discontinuation of Infliximab with a Raising Dose Strategy in Patients with Rheumatoid Arthritis (RRRR study): A Randomized Controlled Trial
    Tanaka Yoshiya, Oba Koji, Koike Takao, Miyasaka Nobuyuki, Mimori Tsuneyo, Takeuchi Tsutomu, Hirata Shintaro, Tanaka Eiichi, Yasuoka Hidekata, Kaneko Yuko, Murakami Kosaku, Koga Tomohiro, Nakano Kazuhisa, Amano Koichi, Ushio Kazuyasu, Atsumi Tatsuya, Inoo Masayuki, Hatta Kazuhiro, Mizuki Shinichi, Nagaoka Shohei, Tsunoda Shinichiro, Dobashi Hiroaki, Horie Nao, Sato Norihiro
    ARTHRITIS & RHEUMATOLOGY 70 2326-5191 2018/09 [Refereed][Not invited]
  • Kenji Yamada, Hideaki Shiraishi, Eishin Oki, Mika Ishige, Toshiyuki Fukao, Yusuke Hamada, Norio Sakai, Fumihiro Ochi, Asami Watanabe, Sanae Kawakami, Kazuyo Kuzume, Kenji Watanabe, Koji Sameshima, Kiyotaka Nakamagoe, Akira Tamaoka, Naoko Asahina, Saki Yokoshiki, Takashi Miyakoshi, Kota Ono, Koji Oba, Toshiyuki Isoe, Hiroshi Hayashi, Seiji Yamaguchi, Norihiro Sato
    Molecular genetics and metabolism reports 15 55 - 63 2018/06 [Refereed][Not invited]
     
    Introduction: Fatty acid oxidation disorders (FAODs) are rare diseases caused by defects in mitochondrial fatty acid oxidation (FAO) enzymes. While the efficacy of bezafibrate, a peroxisome proliferator-activated receptor agonist, on the in vitro FAO capacity has been reported, the in vivo efficacy remains controversial. Therefore, we conducted a clinical trial of bezafibrate in Japanese patients with FAODs. Materials and methods: This trial was an open-label, non-randomized, and multicenter study of bezafibrate treatment in 6 patients with very long-chain acyl-CoA dehydrogenase (VLCAD) deficiency and 2 patients with carnitine palmitoyltransferase-II (CPT-2) deficiency (median age, 8.2 years; ranging from 5.8 to 26.4 years). Bezafibrate was administered for 6 months following a 6-month observation period. The primary endpoint was the frequency of myopathic attacks, and the secondary endpoints were serum acylcarnitines (ACs, C14:1 or C16 + C18:1), creatine kinase (CK) levels, degree of muscle pain (VAS; visual analog scale) during myopathic attacks, and quality of life (QOL; evaluated using validated questionnaires). Results: The frequency of myopathic attacks after bezafibrate administration decreased in 3 patients, increased in 3, and did not change in 2. The CK, AC, and VAS values during attacks could be estimated in only three or four patients, but a half of the patients did not experience attacks before or after treatment. Changes in CK, AC, and VAS values varied across individuals. In contrast, three components of QOL, namely, physical functioning, role limitation due to physical problems (role physical), and social functioning, were significantly elevated. No adverse drug reactions were observed. Conclusion: In this study, the frequency of myopathic attacks and CK, AC, and VAS values during the attacks could not be evaluated due to several limitations, such as a small trial population. Our findings indicate that bezafibrate improves the QOL of patients with FAODs, but its efficacy must be examined in future investigations.
  • Hideyuki Ujiie, Ken Muramatsu, Taisei Mushiroda, Takeshi Ozeki, Hideaki Miyoshi, Hiroaki Iwata, Akinobu Nakamura, Hiroshi Nomoto, Kyu Yong Cho, Norihiro Sato, Machiko Nishimura, Takamasa Ito, Kentaro Izumi, Wataru Nishie, Hiroshi Shimizu
    The Journal of investigative dermatology 138 (5) 1201 - 1204 0022-202X 2018/05 [Refereed][Not invited]
  • Kiyohiro Houkin, Hideo Shichinohe, Koji Abe, Teruyo Arato, Mari Dezawa, Osamu Honmou, Nobutaka Horie, Yasuo Katayama, Kohsuke Kudo, Satoshi Kuroda, Tomohiro Matsuyama, Ichiro Miyai, Izumi Nagata, Kuniyasu Niizuma, Ken Sakushima, Masanori Sasaki, Norihiro Sato, Kenji Sawanobori, Satoshi Suda, Akihiko Taguchi, Teiji Tominaga, Haruko Yamamoto, Toru Yamashita, Toshiki Yoshimine
    Stroke 49 (4) e145-e152 - e152 0039-2499 2018/04 [Refereed][Not invited]
  • Ohmura K, Kato M, Watanabe T, Oku K, Bohgaki T, Horita T, Yasuda S, Ito YM, Sato N, Atsumi T
    Arthritis research & therapy 20 (1) 72  1478-6354 2018/04 [Refereed][Not invited]
  • Shinsuke Otagiri, Shunsuke Ohnishi, Arisa Miura, Hiroshi Hayashi, Izumi Kumagai, Yoichi M Ito, Takehiko Katsurada, Shiro Nakamura, Rika Okamoto, Kenichi Yamahara, Kyu Yong Cho, Toshiyuki Isoe, Norihiro Sato, Naoya Sakamoto
    BMJ open gastroenterology 5 (1) e000206  2018 [Refereed][Not invited]
     
    Introduction: The medical treatment options for patients with Crohn's disease (CD) are limited and patients resistant to those therapies are left requiring surgical operations that usually only achieve some symptomatic relief. Mesenchymal stem cells (MSC) have been shown to be effective for the treatment of CD, and we have demonstrated in animal experiments that human amnion-derived MSCs (AMSC) are a potential new therapeutic strategy. Therefore, we designed this study to investigate the safety and efficacy of AMSCs in patients with treatment-resistant CD. Methods and analysis: This is the protocol for an ongoing phase I/II, dual-centre, open-label, uncontrolled, dose-response study. The estimated enrolment is 6-12 patients with treatment-resistant, moderate CD. A dose of 1.0×106 cells/kg will be administered intravenously in the low-dose group at days 0 and 7. After confirming the safety of low-dose administration, a dose of 4.0×106 cells/kg will be administered intravenously in the high-dose group on days 0 and 7. The primary endpoint will measure the occurrence of adverse events related to acute infusion toxicity, and secondary endpoints will include long-term adverse events and efficacy of AMSC administration. Ethics and dissemination: The Institutional Review Board of Hokkaido University Hospital approved this study protocol (approval number H29-6). A report releasing study results will be submitted to an appropriate journal. Discussion: This study is the first to investigate the safety and efficacy of AMSC use for CD treatment. Our results will advance studies on more efficient and convenient methods to overcome the limits of available CD treatments. Trial registration number: UMIN000029841.
  • Koji Oba, Nao Horie, Norihiro Sato, Kazuyoshi Saito, Tsutomu Takeuchi, Tsuneyo Mimori, Nobuyuki Miyasaka, Takao Koike, Yoshiya Tanaka
    Contemporary clinical trials communications 8 49 - 54 2017/12 [Refereed][Not invited]
     
    Infliximab, an inhibitor of TNF-α, is one of the most widely used biological disease-modifying antirheumatic drugs. Recent studies indicated that baseline serum TNF-α could be considered as a key indicator for optimal dosing of infliximab for RA treatment to achieve the clinical response and its sustained remission. The Remission induction by Raising the dose of Remicade in RA (RRRR) study is an open-label, parallel group, multicenter randomized controlled trial to compare the proportions of clinical remission based on the simplified disease activity index (SDAI) after 1 year of treatment and its sustained remission rate after another 1 year between the investigational treatment strategy (for which the dose of infliximab was chosen based on the baseline serum TNF) and the standard strategy of 3 mg/kg per 8 weeks of infliximab administration in infliximab-naïve patients with RA showing an inadequate response to MTX. The primary endpoint is the proportion of patients who kept discontinuation of infliximab 1 year after discontinued infliximab at the time of 54 weeks after the first administration of infliximab. The secondary endpoints are the proportion of clinical remission based on SDAI and changes in SDAI from baseline at each time point, other clinical parameters, quality of life measures and adverse events. Target sample size of randomized patients is 400 patients in total. The main results of the RRRR study are expected to be published at the end of 2017.
  • Akihiro Iguchi, Yuko Cho, Minako Sugiyama, Yukayo Terashita, Tadashi Ariga, Yosuke Hosoya, Shinsuke Hirabayashi, Atsushi Manabe, Keisuke Hara, Tetsuya Aiba, Tsugumi Shiokawa, Hiroko Tada, Norihiro Sato
    INTERNATIONAL JOURNAL OF HEMATOLOGY 106 (2) 291 - 298 0925-5710 2017/08 [Refereed][Not invited]
     
    Bortezomib has been shown to be effective and well-tolerated in patients with refractory acute lymphoblastic leukemia (ALL) in the Therapeutic Advances in Childhood Leukemia trial. However, the safety and efficacy of bortezomib have not been evaluated in Japanese pediatric patients. Here, we report the results of a clinical trial designed to evaluate the safety of bortezomib combined with induction chemotherapy in Japanese children with refractory ALL. A total of six patients with B-precursor ALL were enrolled in this study. Four-dose bortezomib (1.3 mg/m(2)/dose) combined with two standard induction chemotherapies was used. Prolonged pancytopenia (grade 4) was observed in all patients. Four of the six patients developed severe infectious complications. Peripheral neuropathy (grade 2) occurred in five patients. The individual plasma bortezomib concentration-time profiles were not related to toxicity and efficacy. Five patients were evaluable for response, and four patients achieved complete response (CR) or CR without platelet recovery (80%). In conclusion, four-dose bortezomib (1.3 mg/m(2)/dose) combined with standard re-induction chemotherapy was associated with a high risk of infectious complications induced by prolonged neutropenia, although high efficacy has been achieved for Japanese pediatric patients with refractory ALL. Attention must be given to severe infectious complications when performing re-induction chemotherapy including bortezomib.
  • Satoru Todo, Kenichiro Yamashita, Ryoichi Goto, Masaaki Zaitsu, Akihisa Nagatsu, Tetsu Oura, Masaaki Watanabe, Takeshi Aoyagi, Tomomi Suzuki, Tsuyoshi Shimamura, Toshiya Kamiyama, Norihiro Sato, Junichi Sugita, Kanako Hatanaka, Hisashi Bashuda, Sonoko Habu, Anthony J. Demetris, Ko Okumura
    HEPATOLOGY 64 (2) 632 - 643 0270-9139 2016/08 [Refereed][Not invited]
     
    Potent immunosuppressive drugs have significantly improved early patient survival after liver transplantation (LT). However, long-term results remain unsatisfactory because of adverse events that are largely associated with lifelong immunosuppression. To solve this problem, different strategies have been undertaken to induce operational tolerance, for example, maintenance of normal graft function and histology without immunosuppressive therapy, but have achieved limited success. In this pilot study, we aimed to induce tolerance using a novel regulatory T-cell-based cell therapy in living donor LT. Adoptive transfer of an ex vivo-generated regulatory T-cell-enriched cell product was conducted in 10 consecutive adult patients early post-LT. Cells were generated using a 2-week coculture of recipient lymphocytes with irradiated donor cells in the presence of anti-CD80/86 monoclonal antibodies. Immunosuppressive agents were tapered from 6 months, reduced every 3 months, and completely discontinued by 18 months. After the culture, the generated cells displayed cell-number-dependent donor-specific inhibition in the mixed lymphocyte reaction. Infusion of these cells caused no significant adverse events. Currently, all patients are well with normal graft function and histology. Seven patients have completed successful weaning and cessation of immunosuppressive agents. At present, they have been drug free for 16-33 months; 4 patients have been drug free for more than 24 months. The other 3 recipients with autoimmune liver diseases developed mild rejection during weaning and then resumed conventional low-dose immunotherapy. Conclusions: A cell therapy using an ex vivo-generated regulatory T-cell-enriched cell product is safe and effective for drug minimization and operational tolerance induction in living donor liver recipients with nonimmunological liver diseases.
  • A clinical trial of cell therapy-based tolerance induction in living donor liver transplantation: Long-term follow-up results
    Yamashita Kenichiro, Zaitsu Masaaki, Goto Ryoichi, Nagatsu Akihisa, Oura Tetsu, Watanabe Masaaki, Aoyagi Takeshi, Suzuki Tomomi, Shimamura Tsuyoshi, Kamiyama Toshiya, Sato Norihiro, Sugita Junichi, Hatanaka Kanako, Bashuda Hisashi, Okumura Ko, Todo Satoru
    TRANSPLANTATION 100 (7) S244  0041-1337 2016/07 [Refereed][Not invited]
  • Sayaka Yuzawa, Hiroshi Nishihara, Shigeru Yamaguchi, Hiromi Mohri, Lei Wang, Taichi Kimura, Masumi Tsuda, Mishie Tanino, Hiroyuki Kobayashi, Shunsuke Terasaka, Kiyohiro Houkin, Norihiro Sato, Shinya Tanaka
    MODERN PATHOLOGY 29 (7) 708 - 716 0893-3952 2016/07 [Refereed][Not invited]
     
    Recent genetic analyses using next-generation sequencers have revealed numerous genetic alterations in various tumors including meningioma, which is the most common primary brain tumor. However, their use as routine laboratory examinations in clinical applications for tumor genotyping is not cost effective. To establish a clinical sequencing system for meningioma and investigate the clinical significance of genotype, we retrospectively performed targeted amplicon sequencing on 103 meningiomas and evaluated the association with clinicopathological features. We designed amplicon-sequencing panels targeting eight genes including NF2 (neurofibromin 2), TRAF7, KLF4, AKT1, and SMO. Libraries prepared with genomic DNA extracted from PAXgenefixed paraffin-embedded tissues of 103 meningioma specimens were sequenced using the Illumina MiSeq. NF2 loss in some cases was also confirmed by interphase-fluorescent in situ hybridization. We identified NF2 loss and/or at least one mutation in NF2, TRAF7, KLF4, AKT1, and SMO in 81 out of 103 cases (79%) by targeted amplicon sequencing. On the basis of genetic status, we categorized meningiomas into three genotype groups: NF2 type, TRAKLS type harboring mutation in TRAF7, AKT1, KLF4, and/or SMO, and 'not otherwise classified' type. Genotype significantly correlated with tumor volume, tumor location, and magnetic resonance imaging findings such as adjacent bone change and heterogeneous gadolinium enhancement, as well as histopathological subtypes. In addition, multivariate analysis revealed that genotype was independently associated with risk of recurrence. In conclusion, we established a rapid clinical sequencing system that enables final confirmation of meningioma genotype within 7 days turnaround time. Our method will bring multiple benefits to neuropathologists and neurosurgeons for accurate diagnosis and appropriate postoperative management.
  • Ken Sakushima, Naoki Nishimoto, Masanori Nojima, Masaaki Matsushima, Ichiro Yabe, Norihiro Sato, Mitsuru Mori, Hidenao Sasaki
    CEREBELLUM 14 (6) 682 - 687 1473-4222 2015/12 [Refereed][Not invited]
     
    Multiple system atrophy (MSA) is an intractable neurodegenerative disorder that is characterized by various combinations of autonomic failure, cerebellar ataxia, and parkinsonism. We conducted an epidemiological study of MSA using the combined data of a national registry system and a postal survey in Hokkaido, Japan. A postal survey was conducted in 2013 based on national registry data from 2006 to 2011. This survey contained the current status of each patient with MSA that had been collected from attending physicians and recorded into a national registry. Survey items included date, outcomes, primary symptoms, and activities of daily living at the last medical examination. Confirmation data of the diagnosis by a board-certified neurologist was also collected. Based on the national registry data, 1,092 patients with MSA were selected as our target population. The response rate of the postal survey was 81 % (885/1,092). After excluding inappropriate responses, 839 patients with MSA were analyzed. Forty-nine percent of the patients were male, and the mean onset age was 62.1 +/- 10.4 years. A Kaplan-Meier survival curve revealed that patients with onset symptoms of cerebellar ataxia had a better prognosis than those with onset of parkinsonism or autonomic failure (p < 0.01). Additionally, we found that a higher onset age was associated with poor prognosis. We found that patients with cerebellar ataxia at onset had a better survival prognosis than those with parkinsonism or autonomic failure at onset and that patients with an older age at onset had a worse survival prognosis.
  • A CLINICAL TRIAL OF CELL THERAPY-BASED TOLERANCE INDUCTION IN LIVING DONOR LIVER TRANSPLANTATION: AN UPDATE
    Yamashita Kenichiro, Goto Ryoichi, Zaitsu Masaaki, Nagatsu Akihisa, Oura Tetsu, Watanabe Masaaki, Aoyagi Takeshi, Suzuki Tomomi, Shimamura Tsuyoshi, Kamiyama Toshiya, Sato Norihiro, Sugita Junichi, Hatanaka Kanako, Demetris Anthony, Bashuda Hisashi, Okumura Ko, Todo Satoru
    TRANSPLANT INTERNATIONAL 28 57  0934-0874 2015/11 [Refereed][Not invited]
  • Successful Withdrawal of Immunosuppression by a Cell Therapy Using Donor Ag-pulsed Tregs in Living Donor Liver Transplantation: An Update on Clinical Trial.
    Yamashita Kenichiro, Zaitsu Masaaki, Nagatsu Akihisa, Goto Ryoichi, Oura Tetsu, Watanabe Masaaki, Aoyagi Takeshi, Suzuki Tomomi, Shimamura Tsuyoshi, Kamiyama Toshiya, Sato Norihiro, Sugita Junichi, Hatanaka Kanako, Bashuda Hisashi, Okumura Ko, Todo Satoru
    LIVER TRANSPLANTATION 20 S125 - S126 1527-6465 2014/06 [Refereed][Not invited]
  • REGULATORY T CELL-BASED CELL THERAPY FOR TOLERANCE INDUCTION IN LIVING DONOR LIVER TRANSPLANTATION
    Yamashita Kenichiro, Zaitsu Masaaki, Nagatsu Akihisa, Goto Ryoichi, Oura Tetsu, Watanabe Masaaki, Aoyagi Takeshi, Suzuki Tomomi, Shimamura Tsuyoshi, Sato Norihiro, Sugita Junichi, Hatanaka Kanako, Bashuda Hisashi, Okumura Ko, Todo Satoru
    TRANSPLANT INTERNATIONAL 26 98  0934-0874 2013/11 [Refereed][Not invited]
  • A Pilot Study for Tolerance Induction by a Regulatory T Cell-Based Cell Therapy in Living Donor Liver Transplantation.
    Yamashita Kenichiro, Zaitsu Masaaki, Nagatsu Akihisa, Goto Ryoichi, Oura Tetsu, Watanabe Masaaki, Aoyagi Takeshi, Suzuki Tomomi, Shimamura Tsuyoshi, Sato Norihiro, Sugita Junichi, Hatanaka Kanako, Bashuda Hisashi, Okumura Ko, Todo Satoru
    LIVER TRANSPLANTATION 19 S130  1527-6465 2013/06 [Refereed][Not invited]

Conference Activities & Talks

  • 北海道における多系統萎縮症のレジストリ研究HoRC-MSA 2014-2019  [Not invited]
    松島理明, 佐久嶋研, 矢部一郎, 金谷泰宏, 西本尚樹, 松岡健, 澤田潤, 上杉春雄, 佐光一也, 武井麻子, 玉腰暁子, 下濱俊, 佐藤典宏, 菊地誠志, 佐々木秀直
    第105回日本神経学会北海道地方会  2019/09
  • 第三回 臨床研究の法的規制時代到来-過去から学ぶ臨床研究法施行への不安と期待 -  [Invited]
    佐藤 典宏
    第211回レギュラトリーサイエンス エキスパート研修会  2017/10
  • 脂肪酸代謝異常症に対するベザフィブラートのオープンラベル臨床治験結果  [Not invited]
    山田健治, 白石秀明, 朝比奈直子, 横式沙紀, 宮腰崇, 大野浩太, 磯江敏幸, 林宏至, 山口清次, 佐藤典宏
    第59回日本先天代謝異常学会総会  2017/10
  • FDAが提案したICH-GCPrenovation-日本でどこまでできるか?-  [Invited]
    佐藤 典宏
    第210回レギュラトリーサイエンス エキスパート研修会  2017/10
  • 臨床研究の規制に関する最新の動き  [Not invited]
    佐藤 典宏
    第1回日本臨床薬理学会 北海道・東北地方会  2017/07
  • 臨床研究法に備える~今から打てる一手を考える~  [Invited]
    佐藤 典宏
    レギュラトリーサイエンス学会シンポジウム~臨床研究法の実施に向けた課題とその対応~  2017/06
  • Strategy for Global Clinical Trials by Japan ARO Council  [Not invited]
    2nd Global ARO Network Workshop  2017
  • rogress Report of the Registry Study for Multiple System Atrophy in Hokkaido, Japan  [Not invited]
    Masaaki Matsushima, Ken Sakushima, Ichiro Yabe, Yasuhiro Kanatani, Yoichi M. Ito, Takeshi Matsuoka, Takayuki Katayama, Haruo Uesugi, Kazuya Sako, Asako Takei, Shun Shimohama, Norihiro Sato, Seiji Kikuchi, Hidenao Sasaki, Department of Health, Welfare, Hokkaido Government, HoRC-MSA study group
    HoRC-MSA Project  2017
  • Adaptive randomization for balancing over continuous covariates in multi-arm trials with equal and unequal allocation  [Not invited]
    Ono K, Iijima H, Sato N
    CEN-ISBS  2017

MISC

  • 北海道における多系統萎縮症レジストリ研究:HoRC-MSA2014-2018
    松島 理明, 佐久嶋 研, 矢部 一郎, 金谷 泰宏, 大野 浩太, 松岡 健, 片山 隆行, 上杉 春雄, 佐光 一也, 武井 麻子, 下濱 俊, 佐藤 典宏, 菊地 誠志, 佐々木 秀直, 北海道保健福祉部健康安全局地域保健課感染症, 特定疾患グループ  臨床神経学  59-  (1)  49  -49  2019/01  [Not refereed][Not invited]
  • 末梢血幹細胞採取におけるSpectra Optia MNCモードとCMNCモードの後方視的検討
    伊藤 誠, 早瀬 英子, 渡邊 千秋, 上床 貴代, 魚住 諒, 林 泰弘, 早坂 光司, 茂木 祐子, 加畑 馨, 高橋 秀一郎, 宮下 直洋, 後藤 秀樹, 小野澤 真弘, 白鳥 聡一, 杉田 純一, 橋本 大吾, 秋沢 宏次, 佐藤 典宏, 豊嶋 崇徳  日本輸血細胞治療学会誌  64-  (6)  742  -751  2018/12  [Not refereed][Not invited]
     
    背景:Spectra Optiaは、自動インターフェイス管理システムにより、簡便な操作での末梢血幹細胞採取を可能にした。今回我々は末梢血幹細胞採取において、Spectra OptiaのMNCモード(MNC群)とCMNCモード(CMNC群)の採取産物のCD34陽性細胞数およびCD34陽性細胞採取効率(採取効率)を後方視的に比較検討した。対象:2013年8月から2018年2月までに当院で末梢血幹細胞採取を行った233例(自家103例、同種130例)を対象とした。結果:自家末梢血幹細胞採取における採取産物のCD34陽性細胞数および採取効率は、両群において有意差を認めなかった。同種末梢血幹細胞採取においてMNC群と比較してCMNC群の採取産物のCD34陽性細胞数は有意に高値であり、採取効率も有意に良好であった。同種末梢血幹細胞採取の採取効率に影響する因子として、末梢血血小板数と末梢血ヘモグロビン値が挙げられた。結語:自家末梢血幹細胞採取においては両群ともに良好な成績であったが、同種末梢血幹細胞採取においては、CMNCモードを用いることでより効率的な採取を行える可能性が示唆された。(著者抄録)
  • 山原 研一, 濱田 彰子, 大西 俊介, 相馬 俊裕, 岡本 里香, 中村 志郎, 岡田 昌也, 吉原 哲, 吉原 享子, 橋本 大吾, 磯江 敏幸, 豊嶋 崇徳, 佐藤 典宏, 藤盛 好啓  兵庫医科大学医学会雑誌  43-  (1)  41  -45  2018/09  [Not refereed][Not invited]
     
    我々は免疫調整作用を有する間葉系幹細胞(MSC)の中でも、(1)幹細胞数が多く、(2)増殖能も高く、(3)採取に侵襲性のない羊膜由来MSCに着目し、既存治療抵抗性の急性GVHDやクローン病といった難治性免疫関連疾患を対象とし、細胞治療研究を進めている。2017年、我々は世界で初めて羊膜MSCの治験製剤化に成功し、急性GVHDやクローン病に対する医師主導治験を開始し、現在は兵庫医科大学が羊膜MSCの治験製品(治験製品名:AM01)を提供し、兵庫医科大学病院・北海道大学病院を実施医療機関とした急性GVHD・クローン病に対する第I/II相医師主導治験を進めている。今後の更なる治験の加速化を目指し、兵庫医科大学発・初認定ベンチャーを立ちあげており、羊膜MSC AM01を再生医療等製品として早期の製造販売承認取得を目指す。(著者抄録)
  • 山原 研一, 濵田 彰子, 大西 俊介, 黒田 将子, 相馬 俊裕, 岡本 里香, 岡田 昌也, 吉原 哲, 吉原 享子, 橋本 大吾, 磯江 敏幸, 豊嶋 崇徳, 佐藤 典宏, 小川 啓恭, 藤盛 好啓  臨床免疫・アレルギー科 = Clinical immunology & allergology  70-  (1)  18  -24  2018/07  [Not refereed][Not invited]
  • 山原研一, 山原研一, 濱田彰子, 濱田彰子, 大西俊介, 黒田将子, 相馬俊裕, 岡本里香, 岡田昌也, 岡田昌也, 吉原哲, 吉原享子, 橋本大吾, 磯江敏幸, 豊嶋崇徳, 佐藤典宏, 小川啓恭, 藤盛好啓, 藤盛好啓, 藤盛好啓  月刊臨床免疫・アレルギー科  70-  (1)  18  -24  2018/07  [Not refereed][Not invited]
  • 加瀬谷美幸, 畑中佳奈子, 森こず恵, 葛西瑞穂, 奥村麻美, 南家綾江, 松野吉宏, 松野吉宏, 天野虎次, 天野虎次, 畑中豊, 畑中豊, 佐藤典宏  日本病理学会会誌  107-  (1)  399  -399  2018/04/26  [Not refereed][Not invited]
  • 山原研一, 浜田彰子, 黒田将子, 岡田昌也, 岡田昌也, 吉原享子, 吉原哲, 相馬俊裕, 橋本大吾, 佐藤典宏, 豊嶋崇徳, 小川啓恭, 藤盛好啓  日本輸血細胞治療学会誌  64-  (2)  451  -451  2018/04/23  [Not refereed][Not invited]
  • 寶金 清博, 冨永 悌二, 宮本 享, 鈴木 則宏, 黒田 敏, 小泉 昭夫, 高橋 淳, 佐藤 典宏, 数又 研, 高木 康志, 大木 宏一, 舟木 健史, 藤村 幹, 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服事業ウイリス動脈輪閉塞症における病態, 治療に関する研究班  脳卒中の外科  46-  (1)  1  -24  2018/01  [Not refereed][Not invited]
  • Ito Makoto, Takahashi Syuichiro, Miyashita Naohiro, Goto Hideki, Onozawa Masahiro, Shiratori Souichi, Sugita Junichi, Hashimoto Daigo, Akizawa Koji, Sato Norihiro, Teshima Takanori, Hayase Eiko, Watanabe Chiaki, Uwatoko Takayo, Uozumi Ryo, Hayashi Yasuhiro, Hayasaka Koji, Mogi Yuko, Kahata Kaoru  Japanese Journal of Transfusion and Cell Therapy  64-  (6)  742  -751  2018  [Not refereed][Not invited]
     
    <p><b>Background: </b>Spectra Optia<sup>®</sup> is an apheresis system that enables peripheral blood stem cell collection (PBSCC) to be easily conducted due to its unique automated interface management system. We retrospectively analyzed the number for CD34-positive cells in collected products and the collection efficiency for CD34-positive cells between the Spectra Optia<sup>®</sup> MNC mode (MNC group) and CMNC mode (CMNC group) for PBSCC.</p><p><b>Methods: </b>We retrospectively analyzed 233 cases of PBSCC (autologous PBSCC: 103 cases, allogeneic PBSCC: 130 cases), which were performed in our institution between August 2013 and February 2018.</p><p><b>Results: </b>In autologous PBSCC, there was no significant difference in the number of CD34-positive cells in collected products or the collection efficiency for CD34-positive cells between the two groups. In allogeneic PBSCC, the number of CD34-positive cells in collected products and the collection efficiency for CD34-positive cells in the CMNC group were significantly higher than those in the MNC group. Peripheral blood platelet count and hemoglobin concentration were identified as the factors influencing the collection efficiency for CD34-positive cells.</p><p><b>Conclusion: </b>In autologous PBSCC, the number and collection efficiency for CD34-positive cells were not significantly different between the two modes, whereas in allogeneic PBSCC, the CMNC mode was more efficient for PBSCC than the MNC mode.</p>
  • 伊藤誠, 早瀬英子, 早瀬英子, 渡邊千秋, 上床貴代, 魚住諒, 林泰弘, 砂後谷華奈, 道又理恵, 早坂光司, 茂木祐子, 加畑馨, 加畑馨, 橋本大吾, 佐藤典宏, 豊嶋崇徳, 清水力  日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集  40th-  256  2017/12/11  [Not refereed][Not invited]
  • 北海道における多系統萎縮症レジストリ研究:HoRC-MSA2014-2017
    松島 理明, 佐久嶋 研, 矢部 一郎, 金谷 泰宏, 伊藤 陽一, 松岡 健, 片山 隆行, 上杉 春雄, 佐光 一也, 武井 麻子, 下濱 俊, 佐藤 典宏, 菊地 誠志, 佐々木 秀直  臨床神経学  57-  (12)  813  -813  2017/12  [Not refereed][Not invited]
  • 山田健治, 白石秀明, 朝比奈直子, 横式沙紀, 宮腰崇, 大野浩太, 磯江敏幸, 林宏至, 山口清次, 佐藤典宏  日本先天代謝異常学会雑誌  33-  164  -164  2017/09/12  [Not refereed][Not invited]
  • 沢登健治, 佐久嶋研, 荒戸照世, 七戸秀夫, 佐藤典宏, 寶金清博  レギュラトリーサイエンス学会誌  7-  (2)  91  -97  2017/05  [Not refereed][Not invited]
     
    北海道大学大学院医学研究科は、厚生労働省のシーズ開発・ガイドライン作成・人材交流を目的とした研究事業に採択され、事業実施機関のうちのひとつとして脳梗塞の再生医療に関するプロジェクトを行っている。本プロジェクトによりアカデミアに蓄積される知識や経験を、個々の人材や組織に蓄積されるに留めてしまうのではなく、広く多くのアカデミアが入手・活用できる形とすることが重要である。そのため、規制当局とアカデミアの両方の視点からプロジェクトを振り返り、アカデミアにおける開発の要点をまとめた。振り返りの方法として、これまでのプロジェクトの進め方および定例会議の内容を整理したうえでグループディスカッションを行った。抽出された主な要点として、プロジェクトの進行を遅らせた要因では薬事リテラシーの不足と開発チームの役割分担、よかった点ではプログラムオフィサーによるレビューと規制当局との対面助言が挙げられた。改善策として専門性に基づく役割分担が考えられ、今後の提言として治験が実施されている医療現場の情報の活用が示された。今後、アカデミアが適切かつ迅速に開発を進めるために、今回議論された点を考慮して開発を進めることが重要と考える。(著者抄録)
  • 【Coronary interventionalistに必要な統計学的知識を整理する】 臨床研究を始める前に 倫理的問題の最新情報をおさえておく
    佐藤 典宏  Coronary Intervention  13-  (3)  22  -26  2017/05  [Not refereed][Not invited]
  • 佐藤英次, 佐藤英次, 伊藤経夫, 藤井恭子, 茂木祐子, 成田玲子, 杉田修, 佐藤典宏  再生医療  16-  376  2017/02/01  [Not refereed][Not invited]
  • 天野虎次, 西原広史, 林秀幸, 木下一郎, 清水康, 大原克仁, 本間理央, 竹内啓, 佐藤典宏, 秋田弘俊  日本内科学会雑誌  106-  (Suppl.)  193  -193  2017/02  [Not refereed][Not invited]
  • 佐藤典宏  陽子線治療患者の全例登録実施状況調査と施設訪問調査研究 平成28年度 総括研究報告書(Web)  201607029A0007 (WEB ONLY)  2017  [Not refereed][Not invited]
  • 佐藤典宏  もやもや病(ウイリス動脈輪閉塞症)の診断・治療に関する研究 平成28年度 総括・分担研究報告書(Web)  201610037A0012 (WEB ONLY)  2017  [Not refereed][Not invited]
  • SATO Norihiro  Rinsho yakuri/Japanese Journal of Clinical Pharmacology and Therapeutics  48-  (6)  213  -216  2017  [Not refereed][Not invited]
  • 松島理明, 佐久嶋研, 矢部一郎, 伊藤陽一, 片山隆行, 佐光一也, 森満, 下濱俊, 佐藤典宏, 菊地誠志, 佐々木秀直  日本神経学会学術大会プログラム・抄録集  57th-  (Suppl.)  651  -S484  2016/12  [Not refereed][Not invited]
  • 北海道における多系統萎縮症のレジストリ研究 HoRC-MSA 2015-2016
    松島 理明, 佐久嶋 研, 矢部 一郎, 金谷 泰宏, 伊藤 陽一, 片山 隆行, 佐光 一也, 武井 麻子, 森 満, 下濱 俊, 佐藤 典宏, 菊地 誠志, 佐々木 秀直, 北海道保健福祉部健康安全局地域保健課感染症, 特定疾患グループ  臨床神経学  56-  (11)  802  -802  2016/11  [Not refereed][Not invited]
  • 堀江奈穂, 後藤秀樹, 野川敏史, 後藤秀樹, 野川敏史, 菊池ちひろ, 大野浩太, 西岡美登里, 寺元剛, 磯江敏幸, 佐藤典宏  臨床薬理  47-  (Supplement)  S300  -S300  2016/10/31  [Not refereed][Not invited]
  • 佐々木由紀, 大宮真紀子, 橋本あきら, 佐藤典宏  臨床薬理  47-  (Supplement)  S278  -S278  2016/10/31  [Not refereed][Not invited]
  • 佐々木由紀, 佐藤希美, 橋本あきら, 伊藤経夫, 佐藤典宏  CRCと臨床試験のあり方を考える会議プログラム・抄録集  16th-  166  2016/08/31  [Not refereed][Not invited]
  • Spectra Optiaによる末梢血幹細胞採取の検討
    伊藤 誠, 加畑 馨, 渡邊 千秋, 上床 貴代, 米岡 麻記, 茂木 祐子, 成田 玲子, 魚住 諒, 石岡 聡子, 早坂 光司, 渋谷 斉, 小杉 瑞葉, 重松 明男, 高橋 正二郎, 杉田 純一, 橋本 大吾, 佐藤 典宏, 豊嶋 崇徳, 清水 力  日本輸血細胞治療学会誌  62-  (3)  490  -490  2016/06  [Not refereed][Not invited]
  • 臨床的シークエンス分析による髄膜腫の予後的影響(Prognostic impact for meningioma by clinical sequence system)
    湯澤 明夏, 西原 広史, 山口 秀, 毛利 普美, 王 磊, 木村 太一, 津田 真寿美, 谷野 美智枝, 佐藤 典宏, 田中 伸哉  日本病理学会会誌  105-  (1)  356  -356  2016/04  [Not refereed][Not invited]
  • 加畑馨, 加畑馨, 伊藤誠, 渡邊千秋, 上床貴代, 米岡麻記, 小杉瑞葉, 小杉瑞葉, 重松明男, 重松明男, 高橋正二郎, 高橋正二郎, 杉田純一, 橋本大吾, 山本聡, 佐藤典宏, 清水力, 豊嶋崇徳  日本輸血細胞治療学会誌  62-  (2)  402  -402  2016/04/01  [Not refereed][Not invited]
  • 当院におけるSpectraとOptia 2モードの使用経験
    伊藤 誠, 加畑 馨, 渡邊 千秋, 上床 貴代, 米岡 麻記, 小杉 瑞葉, 重松 明男, 高橋 正二郎, 杉田 純一, 橋本 大吾, 佐藤 典宏, 豊嶋 崇徳, 清水 力  日本輸血細胞治療学会誌  62-  (2)  299  -299  2016/04  [Not refereed][Not invited]
  • 北海道大学病院における開発研究と臨床研究の現状と支援体制
    佐藤 典宏  北海道歯学雑誌  36-  (2)  161  -161  2016/03  [Not refereed][Not invited]
  • 沢登健治, 佐久嶋研, 荒戸照世, 七戸秀夫, 佐藤典宏, 寶金清博, 寶金清博  再生医療  15-  310  2016/02/01  [Not refereed][Not invited]
  • 北海道における多系統萎縮症のレジストリ研究 HoRC-MSA step2
    松島 理明, 佐久嶋 研, 矢部 一郎, 伊藤 陽一, 片山 隆行, 佐光 一也, 森 満, 下濱 俊, 佐藤 典宏, 菊地 誠志, 佐々木 秀直  臨床神経学  55-  (12)  945  -945  2015/12  [Not refereed][Not invited]
  • 松島理明, 佐久嶋研, 矢部一郎, 伊藤陽一, 片山隆行, 佐光一也, 森満, 下濱俊, 佐藤典宏, 菊地誠志, 佐々木秀直  臨床神経学(Web)  55-  (12)  945(J‐STAGE)  -945  2015/12  [Not refereed][Not invited]
  • 佐藤典宏, 佐藤典宏  臨床評価  43-  (Suppl 35)  35‐38  2015/12/01  [Not refereed][Not invited]
  • 後藤秀樹, 後藤秀樹, 遠藤知之, 藤本勝也, 近藤健, 加畑馨, 橋本大吾, 小野澤真弘, 杉田純一, 松川敏大, 笠原耕平, 宮下直洋, 橋野聡, 佐藤典宏, 豊嶋崇徳  日本エイズ学会誌  17-  (4)  510  -510  2015/11/20  [Not refereed][Not invited]
  • 中村宏治, 佐藤典宏  臨床薬理  46-  (Supplement)  S153  -S153  2015/11/16  [Not refereed][Not invited]
  • 岐路に立つ臨床研究 -新たな品質管理基準の動向- 臨床試験の品質の向上のための臨床研究中核病院の取り組み
    Sato Norihiro  化学療法の領域  31-  (8)  67  -74  2015/08  [Not refereed][Not invited]
  • 米国及び日本のTRセンターにおける成功と挑戦 国際協力体制の構築に向けて 北海道大学TRセンターの取り組みと実績
    佐藤 典宏  臨床評価  43-  (1)  175  -177  2015/08  [Not refereed][Not invited]
  • 沢登健治, 佐久嶋研, 荒戸照世, 七戸秀夫, 佐藤典宏, 寶金清博, 寶金清博  レギュラトリーサイエンス学会誌  5-  (Supplement)  73  2015/08  [Not refereed][Not invited]
  • 佐藤典宏  化学療法の領域  31-  (8)  1675  -1682  2015/07/25  [Not refereed][Not invited]
  • 佐久嶋研, 堀江奈穂, 天野虎次, 茂木祐子, 西村千佳子, 重松明男, 大庭幸治, 伊藤陽一, 佐藤典宏  薬理と治療  43-  (Suppl.1)  s94  -s98  2015/05  [Not refereed][Not invited]
     
    わが国では近年の治験・臨床研究の体制整備に伴い、アカデミアによる研究支援体制(academic research organization:ARO)に大きな役割が求められつつある。しかし、実際にAROが支援した臨床研究において、被験者組入れが進まないことにより中止となってしまう事例が存在する。そこで、われわれは北海道大学病院がAROとして支援した研究で被験者組入れ不良により中止となった臨床研究の事例分析を行った。事例は、多発性骨髄腫に対するボルテゾミブを中心とした化学療法に関する2つの多施設共同の介入研究とした。分析の内容はAROとして支援した内容のレビューと運営関係者に対するインタビューとした。臨床研究の被験者組入れにおけるマネジメントにおいて考慮すべき要因として、1)主任研究者、2)事務局の構成と役割分担、3)共同研究者・施設、4)プロトコル設計、5)研究マネジメント、の5つの要因が明らかとなった。今後の適切な研究支援体制を構築するために、研究マネジメントにて考慮すべき要因が明らかとなったことから、今後の研究支援に活用していくことが重要である。(著者抄録)
  • 筒井裕之, 絹川真太郎, 石森直樹, 佐藤典宏, 本橋新一郎  先進医薬研究振興財団 2014年度 研究成果報告集  2014年度-  180  -181  2015/03  [Not refereed][Not invited]
  • 北海道における多系統萎縮症の疫学的実態 HoRC-MSAプロジェクト
    佐久嶋 研, 西本 尚樹, 松島 理明, 野島 正寛, 矢部 一郎, 森 満, 佐藤 典宏, 佐々木 秀直  臨床神経学  55-  (2)  131  -131  2015/02  [Not refereed][Not invited]
  • 佐久嶋研, 西本尚樹, 松島理明, 野島正寛, 矢部一郎, 森満, 佐藤典宏, 佐々木秀直  臨床神経学(Web)  55-  (2)  131(J‐STAGE)  -131  2015/02  [Not refereed][Not invited]
  • 伊藤経夫, 茂木裕子, 成田玲子, 高嶋泰之, 磯江敏幸, 杉田修, 荒戸照世, 佐藤典宏  再生医療  14-  279  2015/02/01  [Not refereed][Not invited]
  • 高嶋泰之, 寺元剛, 佐藤典宏, 荒戸照世  再生医療  14-  379  2015/02/01  [Not refereed][Not invited]
  • 増田奈緒美, 小寺紅美, 佐々木由紀, 橋本あきら, 佐藤典宏  CRCと臨床試験のあり方を考える会議プログラム・抄録集  15th-  225  2015  [Not refereed][Not invited]
  • 丸山秩弘, 丸山秩弘, 菊武惠子, 菊武惠子, 草場美津江, 草場美津江, 藤田佳奈子, 藤田佳奈子, 興津美由紀, 興津美由紀, 西田朋子, 西田朋子, 砂山陽子, 砂山陽子, 佐々木由紀, 佐々木由紀, 佐藤典宏, 佐藤典宏  CRCと臨床試験のあり方を考える会議プログラム・抄録集  15th-  225  2015  [Not refereed][Not invited]
  • 佐久嶋研, 西本尚樹, 野島正寛, 松島理明, 矢部一郎, 佐藤典宏, 森満, 佐々木秀直  日本神経学会学術大会プログラム・抄録集  55th-  (Suppl.)  507  -S38  2014/12  [Not refereed][Not invited]
  • 合田智宏, 木下一郎, 秋田弘俊, 大泉聡史, 西村正治, 田中伸哉, 原田敏之, 西原広史, 畑中豊, 松野吉宏, 天野虎次, 佐藤典宏, 磯部宏  肺癌(Web)  54-  (7)  992(J‐STAGE)  -992  2014/12  [Not refereed][Not invited]
  • 佐藤典宏  臨床評価  42-  (Suppl 33)  27  -29  2014/12/01  [Not refereed][Not invited]
  • 沖田直子, 大宮真紀子, 関口真理, 佐々木由紀, 橋本あきら, 佐藤典宏  臨床薬理  45-  (Supplement)  S263  -S263  2014/11/07  [Not refereed][Not invited]
  • 高嶋泰之, 寺元剛, 佐藤典宏, 荒戸照世  臨床薬理  45-  (Supplement)  S313  -S313  2014/11/07  [Not refereed][Not invited]
  • 佐藤典宏  臨床薬理  45-  (Supplement)  S208  2014/11/07  [Not refereed][Not invited]
  • AROを基盤とする医薬品開発と今後の展望 北海道大学における新規医薬品創出の取り組み
    佐藤 典宏  臨床薬理  45-  (Suppl.)  S208  -S208  2014/11  [Not refereed][Not invited]
  • 出合美帆, 大庭幸治, 村元綾子, 関口真理, 佐々木由紀, 橋本あきら, 寺元剛, 佐藤典宏  薬理と治療  42-  (Suppl.2)  s154  -s159  2014/11  [Not refereed][Not invited]
     
    当院の高度先進医療支援センターでは、質の高い臨床研究を倫理的・科学的かつ適正に実施し、その成果を発信することを目的として、2011年から自主臨床研究の支援業務を開始した。現在、開始から2年が経過しているが、自主臨床研究を行っている研究責任医師のうち支援業務を依頼しているのは17%と少ない。そこで今回、責任医師は当センターに対してどのようなことを期待しているのか、また、支援業務を依頼する際にはどの程度の費用を想定しているのかを明らかにするとともに、支援業務を利用したことのある責任医師と担当医師の満足度を調べる目的でアンケートを行った。結果、当センターに期待していることは、「国際共同試験への対応」「治験の臨床研究コーディネーター支援に近いレベルの支援」「登録促進支援」「専門的知識のあるスタッフの充実」「院外活動(関連病院との共同支援)」などであった。支援業務を利用したことのある責任医師と担当医師の満足度(100点満点)は平均83点であった。
  • 荒戸照世, 佐藤典宏  バイオサイエンスとインダストリー  72-  (4)  334  -338  2014/07/01  [Not refereed][Not invited]
  • 岡田耕平, 杉田純一, 伊藤誠, 米岡麻記, 櫻澤貴代, 渡邊千秋, 橋本大吾, 重松明男, 佐藤典宏, 清水力, 豊嶋崇徳  日本輸血細胞治療学会誌  60-  (2)  409  -409  2014/04/10  [Not refereed][Not invited]
  • 伊藤誠, 櫻澤貴代, 米岡麻記, 渡邊千秋, 岡田耕平, 杉田純一, 重松明男, 佐藤典宏, 豊嶋崇徳, 清水力  日本輸血細胞治療学会誌  60-  (2)  407  -407  2014/04/10  [Not refereed][Not invited]
  • 又吉 信貴, 森 泰寿, 田村 利尚, 皆川 紀剛, 佐藤 典宏, 柴尾 和徳, 日暮 愛一郎, 山口 幸二  日本外科学会雑誌  115-  (2)  2014/03/05  [Not refereed][Not invited]
  • 北海道内のHIV感染症患者におけるHBV・HCV重複感染の現状
    藤本勝也, 遠藤知之, 吉田美穂, 竹村龍, 近藤健, 橋野聡, 須田剛生, 中馬誠, 後藤了一, センテノ田村恵子, 渡部恵子, 大野稔子, 石田禎夫, 大竹孝明, 宮城島拓人, 小林一, 堤豊, 三宅高義, 北川浩彦, 佐藤典宏, 豊嶋崇徳  日本エイズ学会誌  16-  (1)  18  -27  2014/02  [Not refereed][Not invited]
  • 北海道内のHIV感染症患者におけるHBV・HCV重複感染の現状 拠点病院・診療施設アンケート調査結果
    藤本 勝也, 遠藤 知之, 吉田 美穂, 竹村 龍, 近藤 健, 橋野 聡, 須田 剛生, 中馬 誠, 後藤 了一, センテノ田村 恵子, 渡部 恵子, 大野 稔子, 石田 禎夫, 大竹 孝明, 宮城島 拓人, 小林 一, 堤 豊, 三宅 高義, 北川 浩彦, 佐藤 典宏, 豊嶋 崇徳  日本エイズ学会誌  16-  (1)  18  -27  2014/02  [Not refereed][Not invited]
     
    北海道内のエイズ診療拠点病院と診療施設を対象として、HBVおよびHCV重複感染症に関するアンケート調査を実施し、その現状について分析した。アンケートの回収率は84%であった。HIV感染症患者総数は295名で、うちHBV重複感染例は22名(8%)、HCV重複感染例は34名(12%)で、すべて男性であった。HBV重複感染例では全例がテノフォビルまたはラミブジンを含む抗HIV療法を継続中で、86%が非活動性肝炎の状態を維持していた。HCV重複感染例では56%が抗HCV療法を施行され、うち32%が持続的ウイルス陰性化を達成していたが、41%が肝硬変に進行していた。重複感染例のうち71%は何らかの肝疾患以外の慢性合併症を有し、38%が2つ以上の合併症を認めた。HBV重複感染例に比べ、HCV重複感染例では高血圧の合併率が有意に高かった。以上の結果から、より有効で安全な抗HCV療法の導入、肝硬変例に対する肝移植を視野に入れた診療体制の整備、肝臓以外の慢性合併症の管理の重要性が示唆された。
  • 遠藤薫, 妹尾聡子, 飯島寛子, 折戸哲也, 堀江奈穂, 大庭幸治, 佐藤典宏  CRCと臨床試験のあり方を考える会議プログラム・抄録集  14th-  198  2014  [Not refereed][Not invited]
  • 佐々木秀直, 佐久嶋研, 松島理明, 矢部一郎, 西本尚樹, 佐藤典宏, 野島正寛, 森満  運動失調症の病態解明と治療法開発に関する研究 平成25年度 総括・分担研究報告書  112  -115  2014  [Not refereed][Not invited]
  • 佐藤典宏  新規医薬品・医療機器等の創出、難治性疾患の治療法の開発および最適な治療法の確立に関する研究 平成25年度 総括・分担研究報告書  1  -3  2014  [Not refereed][Not invited]
  • 佐久嶋研, 西本尚樹, 松島理明, 野島正寛, 矢部一郎, 森満, 佐藤典宏, 佐々木秀直  臨床神経学  54-  (1)  89  -89  2014/01/01  [Not refereed][Not invited]
  • 寺元剛, 高嶋泰之, 宮腰崇, 荒戸照世, 佐藤典宏  臨床薬理  44-  (Supplement)  S343  -S343  2013/11/14  [Not refereed][Not invited]
  • 佐久嶋研, 大庭幸治, 西村千佳子, 佐藤典宏, 梅木玲緒奈, 遠藤晃, 南須原康行  医療の質・安全学会誌  8-  (Suppl.)  292  -292  2013/10  [Not refereed][Not invited]
  • 北海道大学における橋渡し研究と臨床研究支援体制
    Sato Norihiro  日本臨床試験研究会雑誌  41-  (8)  743  -5  2013/08  [Not refereed][Not invited]
  • 藤谷貴子, 鷲見尚己, 佐藤典宏  臨床薬理  44-  (4)  319  -322  2013/07/31  [Not refereed][Not invited]
     
    新薬開発を目的としたプラセボ単剤対照二重盲検試験に参加した4例のがん化学療法施行患者の、治験参加体験に伴う心理やその変化について、ナラティブアプローチの手法を用いて検討した。治験終了2〜7ヵ月後に半構成的面接調査を実施した。4例の体験の特徴として、治験参加の意思決定は自分自身で行っていたが、その動機は異なっていた。事例1、2の場合は標準治療がすべて無効となった段階で、事例3、4では、2次3次治療での参加であり、まだ標準治療は残っていた。プラセボに対する不安や迷いは4例ともに感じていなかった。治験薬かプラセボかどちらに当たるかということよりも、治験に参加できることを「治療の選択肢が増える」と捉えていた。副作用の不安がある対象者であっても、事例2のように標準治療がない場合は、副作用の出現は仕方がないと覚悟を決め、もしも症状があれば薬の効果であるなど、期待感のほうが大きいものとして認識していた。
  • FUJITANI Takako, SUMI Naomi, SATO Norihiro  Rinsho yakuri/Japanese Journal of Clinical Pharmacology and Therapeutics  44-  (4)  319  -322  2013/07/31  [Not refereed][Not invited]
  • 佐藤典宏  臨床評価  41-  (1)  19  -23  2013/07/30  [Not refereed][Not invited]
  • 佐久嶋研, 大庭幸治, 西村千佳子, 佐藤典宏, 梅木玲緒奈, 遠藤晃  情報処理学会デジタルプラクティス  4-  (3)  244  -250  2013/07/15  [Not refereed][Not invited]
     
    病院情報システムには各種オーダ情報や検査結果などが膨大なデータとして蓄積されている.このデータを臨床研究に活用するプロセスとして必要となる7 つのステップを提案する.7 つのステップは,1) リソースの確保,2) 研究テーマの決定,3) 対象者・対象データの選定,4) データ抽出と検証,5) データ管理,6) データ分析,7) 研究倫理に関する手続きからなる.これらのステップを推進するにあたっては,データが蓄積された現場を知っている医療者,実際にデータ保管を司る技術者,臨床研究の手法・医療統計に詳しい専門家が協同して実施することが,データの限界を把握した上で正しい結果を導くために重要であることを示す.
  • イノベーションをマーケットへ 各拠点からの報告 オール北海道先進医学・医療拠点形成
    佐藤 典宏  臨床評価  41-  (1)  19  -23  2013/07  [Not refereed][Not invited]
  • 中村宏治, 岡村麗香, 佐藤典宏, 白土博樹, 安田和則  薬理と治療  41-  (Suppl.1)  S55-S61  -S61  2013/05/25  [Not refereed][Not invited]
  • 遠藤知之, 藤本勝也, 吉田美穂, 竹村龍, 杉田純一, 重松明男, 近藤健, 橋野聡, 田中淳司, 佐藤典宏, 豊嶋崇徳  日本エイズ学会誌  15-  (2)  113  -118  2013/05/20  [Not refereed][Not invited]
     
    血清学的に梅毒と診断されたHIV感染者19例(全例男性、平均年齢41歳)を対象に、梅毒治療後の梅毒血性反応(RPR)の推移と抗カルジオリピン抗体(aCL)の有無、HIV-RNA量との関連について後方視的に検討した。その際、RPRが1.0R.U.以上、TPLAが1.0C.O.I以上の場合を血性梅毒反応陽性とし、治療開始後6ヵ月でRPR値が4分の1以下にならなかった場合を血清学的効果不十分とした。1)感染経路は同性間性行為が16例、異性間性行為が3例、AIDS発症者が4例、未発症者が15例であった。2)梅毒治療後は全症例で消失し、RPRの血清学的効果が不十分の症例は19例中10例であった。3)梅毒治療後に血清学的効果が得られた群と不十分であった群を比較したところ、梅毒の効果判定時のHIV-RNAが測定感度以上で測定されていた症例で、梅毒の血清学的効果が不十分と評価された症例と比べ有意に多かった。4)血清学的効果不十分の群では10例中6例がaCL陽性で有意差が認められた。更に梅毒治療前にaCLが陽性であった3例は治療後もRPRが持続陽性であったが、aCLが陰性であった2例は梅毒治療後にRPRが速やかに陰性化していた。5)HIV-RNA量とaCLの関連についてはHIV-RNA量が40コピー未満に十分抑制されていた症例が11例、40コピー以上が8例であった。また、HIV-RNAが測定感度以下でaCLが陰性であった10例中8例はRPRが速やかに陰性化していたが、一方、HIV-RNAの抑制が不十分でaCLが陽性であった5例は全例RPRが持続的に高値となっていた。6)梅毒治療前後のRPRの変化とaCLおよびHIV-RNA量について検討したところ、aCL陽性の群およびHIV-RNAが40copies/mL以上の群で有意にRPR低下率が低くなっていた。
  • HIV感染者における梅毒血清反応と抗カルジオリピン抗体に関する検
    遠藤知之, 藤本勝也, 吉田美穂, 竹村龍, 杉田純一, 重松明男, 近藤健, 橋野聡, 田中淳司  日本エイズ学会誌  15-  (2)  113  -118  2013/05  [Not refereed][Not invited]
  • 井端淳, 遠藤知之, 重松明男, 高畑むつみ, 安本篤史, 岡田耕平, 大庭幸治, 佐久嶋研, 西村千佳子, 佐藤典宏, 橋野聡, 豊嶋崇徳  日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集  35th-  228  2013/02/08  [Not refereed][Not invited]
  • 小池隆夫, 佐藤典宏  HIV感染症の医療体制の整備に関する研究 平成22-24年度 総合研究報告書  6  -12  2013  [Not refereed][Not invited]
  • 佐藤典宏, 吉田繁  国内で流行するHIV遺伝子型および薬剤耐性株の動向把握と治療方法の確立に関する研究 平成24年度総括・分担研究報告書  58  -59  2013  [Not refereed][Not invited]
  • 大宮真紀子, 熊谷いづみ, 佐々木由紀, 橋本あきら, 佐藤典宏  CRCと臨床試験のあり方を考える会議プログラム・抄録集  13th-  239  2013  [Not refereed][Not invited]
  • 佐藤典宏, 吉田繁  国内で流行するHIV遺伝子型および薬剤耐性株の動向把握と治療方法の確立に関する研究 平成22-24年度総合研究報告書  86  -89  2013  [Not refereed][Not invited]
  • 佐藤典宏  HIV感染症の医療体制の整備に関する研究 平成24年度 総括・分担研究報告書  14  -19  2013  [Not refereed][Not invited]
  • 佐藤典宏  新規医薬品・医療機器等の創出、難治性疾患の治療法の開発および最適な治療法の確立に関する研究 平成24年度 総括・分担研究報告書  1  -2  2013  [Not refereed][Not invited]
  • センテノ田村恵子, センテノ田村恵子, 坂本玲子, 坂本玲子, 江端あい, 江端あい, 加藤朋子, 富田健一, 渡部恵子, 遠藤知之, 佐藤典宏  日本エイズ学会誌  14-  (4)  445  -445  2012/11/20  [Not refereed][Not invited]
  • 服部純子, 服部純子, 潟永博之, 渡邊大, 長島真美, 貞升健志, 近藤真規子, 南留美, 吉田繁, 森治代, 内田和江, 椎野禎一郎, 加藤真吾, 千葉仁志, 佐藤典宏, 伊藤俊広, 佐藤武幸, 上田敦久, 石ケ坪良明, 古賀一郎, 太田康男, 山元泰之, 福武勝幸, 古賀道子, 岩本愛吉, 西澤雅子, 岡慎一, 伊部史朗, 松田昌和, 林田庸総, 横幕能行, 上田幹夫, 大家正義, 田邊嘉也, 白阪琢磨, 小島洋子, 藤井輝久, 高田昇, 山本政弘, 松下修三  日本エイズ学会誌  14-  (4)  450  -450  2012/11/20  [Not refereed][Not invited]
  • 遠藤知之, 遠藤知之, 藤本勝也, 藤本勝也, 吉田美穂, 吉田美穂, 吉田美穂, 竹村龍, 竹村龍, 竹村龍, 杉田純一, 杉田純一, 重松明男, 重松明男, 近藤健, 近藤健, 田中淳司, 田中淳司, 橋野聡, 佐藤典宏, 佐藤典宏  日本エイズ学会誌  14-  (4)  391  -391  2012/11/20  [Not refereed][Not invited]
  • 佐久嶋研, 大庭幸治, 梅木玲緒奈, 遠藤晃, 佐藤典宏  医療情報学連合大会論文集  32回-  620  -621  2012/11  [Not refereed][Not invited]
  • 岡村麗香, 中村宏治, 坪内大志, 藤崎良彦, 高木大雅, 南田岳, 佐藤典宏, 白土博樹, 安田和則  臨床薬理  43-  (Supplement)  S262  -S262  2012/10/31  [Not refereed][Not invited]
  • 佐々木由紀, 青江麻希子, 柏浦愛美, 佐藤希美, 吉谷陸, 亀田悦子, 坂口登子, 大庭幸治, 佐藤典宏  臨床薬理  43-  (Suppl.)  S266  -S266  2012/10  [Not refereed][Not invited]
  • 堀江奈穂, 佐久嶋研, 佐久嶋研, 大庭幸治, 西本尚樹, 伊藤陽一, 佐藤典宏  臨床薬理  43-  (Suppl.)  S265  -S265  2012/10  [Not refereed][Not invited]
  • 佐藤典宏  臨床医薬  28-  (8)  679  -694  2012/08/31  [Not refereed][Not invited]
  • 創薬/創医療機器 なぜ私は海外に活路を求めるのか、なぜ私は日本に活路を見いだすのか 臨床研究、橋渡し研究そして創薬研究の支援を行っていて想うこと 我々は何をめざして研究しているのか
    佐藤 典宏  臨床医薬  28-  (8)  679  -694  2012/08  [Not refereed][Not invited]
  • 医師主導の臨床研究の考え方、進め方
    佐藤 典宏  臨床神経学  52-  (7)  517  -517  2012/07  [Not refereed][Not invited]
  • 米岡麻記, 櫻澤貴代, 伊藤誠, 渡邊千秋, 渋谷斉, 杉田純一, 重松明男, 佐藤典宏, 清水力  日本輸血細胞治療学会誌  58-  (2)  353  -353  2012/04/24  [Not refereed][Not invited]
  • 重松明男, 渡邊千秋, 米岡麻紀, 杉田純一, 櫻澤貴代, 石岡聡子, 伊藤誠, 渋谷斉, 佐藤典宏, 今村雅寛, 清水力  日本輸血細胞治療学会誌  58-  (2)  299  -299  2012/04/24  [Not refereed][Not invited]
  • 佐藤典宏  日本輸血細胞治療学会誌  58-  (2)  198  -198  2012/04/24  [Not refereed][Not invited]
  • 佐藤典宏  HIV感染症の医療体制の整備に関する研究 平成23年度総括・分担研究報告書  10  -15  2012  [Not refereed][Not invited]
  • 佐藤典宏, 吉田繁  国内で流行するHIV遺伝子型および薬剤耐性株の動向把握と治療方法の確立に関する研究 平成23年度総括・分担研究報告書  74  -75  2012  [Not refereed][Not invited]
  • 佐藤 典宏  日本膵臓病研究財団研究報告書 = Pancreas Research Foundation of Japan annual report  20-  11  -14  2012  [Not refereed][Not invited]
  • 遠藤知之, 藤本勝也, 後藤秀樹, 白鳥聡一, 杉田純一, 重松明男, 西尾充史, 近藤健, 田中淳司, 橋野聡, 今村雅寛, 佐藤典宏  日本エイズ学会誌  13-  (4)  363  -363  2011/11/20  [Not refereed][Not invited]
  • 亀田悦子, 坂口登子, 佐藤典宏  臨床薬理  42-  (Supplement)  S310  -S310  2011/10/31  [Not refereed][Not invited]
  • 藤谷貴子, 鷲見尚己, 坂口登子, 佐藤典宏  臨床薬理  42-  (Supplement)  S338  -S338  2011/10/31  [Not refereed][Not invited]
  • 佐藤典宏  日本婦人科腫よう学会雑誌  29-  (3)  446  -447  2011/06/25  [Not refereed][Not invited]
  • 白鳥聡一, 若狭健太郎, 小杉瑞葉, 庄野雄介, 杉田純一, 武田紫, 重松明男, 藤本勝也, 西尾充史, 近藤健, 橋野聡, 田中淳司, 佐藤典宏, 小池隆夫, 浅香正博, 今村雅寛  日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集  33rd-  225  2011  [Not refereed][Not invited]
  • 遠藤知之, 後藤秀樹, 白鳥聡一, 渡部恵子, 杉田純一, 重松明男, 小原雅人, 藤本勝也, 西尾充史, 近藤健, 橋野聡, 田中淳司, 今村雅寛, 佐藤典宏, 小池隆夫  日本エイズ学会誌  12-  (4)  374  -374  2010/11/20  [Not refereed][Not invited]
  • 村元綾子, 佐藤典宏, 大庭幸治, 茂木祐子, 西村千佳子, 岩崎倫政, 三浪明男  臨床薬理  41-  (Supplement)  S246  -S246  2010/11/10  [Not refereed][Not invited]
  • 後藤秀樹, 西尾充史, 遠藤知之, 山本聡, 小原雅人, 山口圭介, 武田紫, 笠原郁美, 佐藤典宏, 小池隆夫  日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集  32nd-  243  2010  [Not refereed][Not invited]
  • 菊池嘉, 山本隆一, 木内貴弘, 岩本愛吉, 岡村牧男, 佐藤典宏, 伊藤俊広, 田邊嘉也, 横幕能行, 上田幹夫, 渡邊大, 藤井輝久, 南留美, 宮城島拓人, 健山正男, 山下俊一  エイズ対策研究事業の企画と評価に関する研究 平成21年度研究成果抄録集  78  -81  2010  [Not refereed][Not invited]
  • 高橋さとみ, 手塚清美, 藤谷貴子, 亀田悦子, 坂口登子, 佐藤典宏  CRCと臨床試験のあり方を考える会議プログラム・抄録集  10th-  196  2010  [Not refereed][Not invited]
  • 遠藤知之, 西尾充史, 山口圭介, 藤澤真一, 小野澤真弘, 近藤健, 橋野聡, 田中淳司, 今村雅寛, 佐藤典宏, 小池隆夫  日本エイズ学会誌  11-  (4)  507  -507  2009/11/20  [Not refereed][Not invited]
  • 菊池嘉, 岩本愛吉, 佐藤典宏, 伊藤俊広, 田邊嘉也, 横幕能行, 上田幹夫, 渡邊大, 藤井輝久, 南留美, 宮城島拓人, 健山正男, 中村仁美  日本エイズ学会誌  11-  (4)  477  -477  2009/11/20  [Not refereed][Not invited]
  • 村元綾子, 大宮真紀子, 佐々木由紀, 佐藤希美, 堀江奈穂, 亀田悦子, 坂口登子, 久住一郎, 佐藤典宏  臨床薬理  40-  (Supplement)  S219  -S219  2009/11/18  [Not refereed][Not invited]
  • 山本聡, 西尾充史, 遠藤知之, 武田紫, 山口圭介, 後藤秀樹, 笠原郁美, 佐藤典宏, 小池隆夫  臨床血液  50-  (9)  1105  -1105  2009/09/30  [Not refereed][Not invited]
  • 在田幸太郎, 近藤健, 安本篤志, 杉田純一, 重松明男, 小野澤真弘, 遠藤知之, 西尾充史, 佐藤典宏, 橋野聡, 田中淳司, 今村雅寛  臨床血液  50-  (9)  1094  -1094  2009/09/30  [Not refereed][Not invited]
  • 笠原郁美, 西尾充史, 遠藤知之, 武田紫, 山口圭介, 後藤秀樹, 佐藤典宏, 小池隆夫  臨床血液  50-  (9)  1086  2009/09/30  [Not refereed][Not invited]
  • 同種造血幹細胞移植における真菌感染予防のためのFluconazoleとItraconazoleの比較
    笠原 郁美, 西尾 充史, 遠藤 知之, 武田 紫, 山口 圭介, 後藤 秀樹, 佐藤 典宏, 小池 隆夫  臨床血液  50-  (9)  1086  -1086  2009/09  [Not refereed][Not invited]
  • 当科における重症感染症に対する顆粒球輸血(GTX)の有効性
    岩崎 純子, 岡田 耕平, 武田 紫, 重松 明男, 小野澤 真弘, 加畑 馨, 近藤 健, 佐藤 典宏, 橋野 聡, 小池 隆夫, 今村 雅寛, 浅香 正博  臨床血液  50-  (9)  1118  -1118  2009/09  [Not refereed][Not invited]
  • 橋本あきら, 佐藤典宏  月刊PHARM STAGE  8-  (12)  27  -32  2009/03/15  [Not refereed][Not invited]
  • 橋本 あきら, 佐藤 典宏  ファームステージ  8-  (12)  27  -32  2009/03  [Not refereed][Not invited]
  • Shiratori Souichi, Ota Shuichi, Kahata Kaoru, Takeda Yukari, Sato Norihiro, Tanaka Junji, Asaka Masahiro, Imamura Masahiro, Kondo Takeshi, Wakasa Kentaro, Ibata Makoto, Shono Yusuke, Takahata Mutsumi, Shigematsu Akio, Toubai Tomomi, Kato Naoko  JJTC  55-  (1)  37  -42  2009  [Not refereed][Not invited]
     
    A 27-year-old man with acute myelogenous leukemia (AML, M2) who was in complete remission following induction therapy was treated with high-dose cytosine arabinoside (HDAraC). He subsequently developed severe pneumonia, caused by methicillin-resistant Staphylococcus aureus (MRSA), as a result of bone marrow suppression. In spite of treatment with antibiotics, granulocyte colony-stimulating factor (G-CSF) and intravenous immunoglobulin therapy (IVIG), his condition deteriorated into respiratory failure, and he required artificial respiration support. He later relapsed, but achieved complete remission following two courses of re-induction chemotherapy. He was treated with HDAraC again, which once more led to severe MRSA infection. He was then transfused granulocytes from a sibling donor by the apheresis method combined with antibiotics, G-CSF and IVIG, which resulted in a clinical improvement. Antibiotics and IVIG are widely employed in the treatment of severe bacterial infections in patients with hematological malignancies; however the effect of IVIG is not fully obtained in neutropenic conditions, since immunoglobulin requires the co-operation of neutrophils to be effective against bacterial infection. In our case, granulocyte transfusion (GTX) appeared to have prevented the deterioration of MRSA infection, suggesting that combination therapy with antibiotics, IVIG and GTX might be valuable in critically neutropenic patients suffering from severe infection.<br>
  • 遠藤知之, 藤澤真一, 西尾充史, 山本聡, 小原雅人, 橋野聡, 今村雅寛, 佐藤典宏, 小池隆夫  日本エイズ学会誌  10-  (4)  456  -456  2008/11/20  [Not refereed][Not invited]
  • 髭修平, 中西満, 中馬誠, 堀本啓大, 小原俊央, 小野澤真弘, 加畑馨, 近藤健, 橋野聡, 田中淳司, 今村雅寛, 遠藤知之, 佐藤典宏, 小池隆夫, 渡部恵子, 大野稔子, 浅香正博  日本エイズ学会誌  10-  (4)  411  -411  2008/11/20  [Not refereed][Not invited]
  • 熊野弘毅, 西尾充史, 藤本勝也, 西原広史, 遠藤知之, 山本聡, 坂井俊哉, 小原雅人, 田中伸哉, 佐藤典宏, 小池隆夫  臨床血液  49-  (9)  1194  -1194  2008/09/30  [Not refereed][Not invited]
  • 後藤秀樹, 西尾充史, 遠藤知之, 山本聡, 小原雅人, 山口圭介, 武田紫, 笠原郁美, 佐藤典宏, 小池隆夫  臨床血液  49-  (9)  870  -870  2008/09/30  [Not refereed][Not invited]
  • 西尾充史, 遠藤知之, 山本聡, 重松明男, 小原雅人, 山口圭介, 武田紫, 後藤秀樹, 笠原郁美, 佐藤典宏, 橋野聡, 近藤健, 加畑馨, 小野澤真弘, 田中淳司, 今村雅寛, 浅香正博, 小池隆夫  臨床血液  49-  (9)  1172  -1172  2008/09/30  [Not refereed][Not invited]
  • 感染症に対する細胞治療の現状と課題 顆粒球輸血の現状と課題
    加畑 馨, 佐藤 典宏  日本輸血細胞治療学会誌  54-  (2)  144  -144  2008/04  [Not refereed][Not invited]
  • 当院における造血幹細胞移植時の成人患者に対する血小板輸血の現状
    和田 妙子, 加畑 馨, 宮本 晴恵, 米岡 麻記, 渡邊 千秋, 西尾 充史, 橋野 聡, 今村 雅寛, 佐藤 典宏, 清水 力, 松野 一彦  日本輸血細胞治療学会誌  54-  (2)  281  -281  2008/04  [Not refereed][Not invited]
  • 加畑馨, 佐藤典宏  日本輸血細胞治療学会誌  54-  (2)  144  2008/04/01  [Not refereed][Not invited]
  • 加畑馨, 宮本晴恵, 和田妙子, 米岡麻記, 渡邊千秋, 佐藤典宏, 清水力, 松野一彦  日本輸血細胞治療学会誌  54-  (2)  263  -263  2008/04/01  [Not refereed][Not invited]
  • 遠藤知之, 藤本勝也, 山本聡, 西尾充史, 渡辺直也, 眞島任史, 佐藤典宏, 小池隆夫  日本エイズ学会誌  9-  (4)  517  -517  2007/11/20  [Not refereed][Not invited]
  • 山本桂子, 髭修平, 山本洋一, 中西満, 藤澤文絵, 小野澤真弘, 加畑馨, 中馬誠, 近藤健, 橋野聡, 渡部恵子, 大野稔子, 浅香正博, 田中淳司, 今村雅寛, 佐藤典宏, 小池隆夫  日本エイズ学会誌  9-  (4)  537  -537  2007/11/20  [Not refereed][Not invited]
  • 山本聡, 西尾充史, 遠藤知之, 藤本勝也, 坂井俊哉, 小原雅人, 熊野弘毅, 武田紫, 山口圭介, 後藤秀樹, 佐藤典宏, 小池隆夫  臨床血液  48-  (9)  1132  -1132  2007/09/30  [Not refereed][Not invited]
  • 後藤秀樹, 武田紫, 山口圭介, 小原雅人, 坂井俊哉, 山本聡, 藤本勝也, 西尾充史, 佐藤典宏, 小池隆夫  臨床血液  48-  (9)  956  2007/09/30  [Not refereed][Not invited]
  • 非ホジキンリンパ腫に対するリツキシマブ併用自家移植後の免疫グロブリン値とFCGR3Aの遺伝子多型
    西尾 充史, 遠藤 知之, 藤本 勝也, 山本 聡, 坂井 俊哉, 熊野 弘毅, 小原 雅人, 山口 圭介, 武田 紫, 後藤 秀樹, 佐藤 典宏, 堀田 哲也, 中川 久子, 小池 隆夫  臨床血液  48-  (9)  980  -980  2007/09  [Not refereed][Not invited]
  • 山本聡, 西尾充史, 藤本勝也, 坂井俊哉, 小原雅人, 熊野弘毅, 武田紫, 山口圭介, 後藤秀樹, 佐藤典宏, 小池隆夫  日本輸血細胞治療学会誌  53-  (1)  63  -63  2007/02/26  [Not refereed][Not invited]
  • 加畑馨, 佐藤典宏, 西尾充史, 太田秀一, 橋野聡, 今村雅寛, 浅香正博, 小池隆夫  日本輸血細胞治療学会誌  53-  (1)  63  -64  2007/02/26  [Not refereed][Not invited]
  • 藤本勝也, 山本聡, 西尾充史, 佐藤典宏, 小池隆夫  日本エイズ学会誌  8-  (4)  426  -426  2006/11/20  [Not refereed][Not invited]
  • 藤澤文絵, 橋野聡, 近藤健, 藤本勝也, 佐藤典宏, 田中淳司, 渡部恵子, 大野稔子, 今村雅寛, 小池隆夫, 浅香正博  日本エイズ学会誌  8-  (4)  304  -304  2006/11/20  [Not refereed][Not invited]
  • 荘拓也, 髭修平, 夏井坂光輝, 中西満, 加畑馨, 中馬誠, 近藤健, 太田秀一, 橋野聡, 渡部恵子, 大野稔子, 浅香正博, 田中淳司, 今村雅寛, 藤本勝也, 佐藤典宏, 小池隆夫  日本エイズ学会誌  8-  (4)  346  -346  2006/11/20  [Not refereed][Not invited]
  • 西尾充史, 藤本勝也, 山本聡, 坂井俊哉, 小原雅人, 熊野弘毅, 山口圭介, 武田紫, 後藤秀樹, 小泉和輝, 向井正也, 佐藤典宏, 小池隆夫  臨床血液  47-  (9)  1238  -1238  2006/09/30  [Not refereed][Not invited]
  • 武田紫, 後藤秀樹, 山口圭介, 小原雅人, 熊野弘毅, 坂井俊哉, 藤本勝也, 山本聡, 佐藤典宏, 西尾充史, 小池隆夫  臨床血液  47-  (9)  1144  -1144  2006/09/30  [Not refereed][Not invited]
  • 山本聡, 西尾充史, 武田紫, 山口圭介, 山倉昌之, 皆内康一郎, 小原雅人, 熊野弘毅, 坂井俊哉, 藤本勝也, 佐藤典宏, 小池隆夫  臨床血液  47-  (9)  1073  -1073  2006/09/30  [Not refereed][Not invited]
  • 急性白血病およびMDSの同種幹細胞移植後再発に対する大量DLI療法の治療経験
    熊野 弘毅, 山口 圭介, 武田 紫, 山倉 昌之, 皆内 康一郎, 小原 雅人, 坂井 俊哉, 山本 聡, 藤本 勝也, 西尾 充史, 佐藤 典宏, 小池 隆夫  日本輸血学会雑誌  52-  (1)  65  -65  2006/03  [Not refereed][Not invited]
  • 小池隆夫, 佐藤典宏, 今村雅寛, 橋野聡, 藤本勝也, 桜井恒太郎, 亀山敦之, 千葉仁志, 吉田繁, 大野稔子, 渡部恵子  HIV感染症の医療体制の整備に関する研究 平成17年度研究報告書 平成15-17年度総合研究報告書  45  -51  2006  [Not refereed][Not invited]
  • 抗HIV療法の脂質代謝に及ぼす影響 当院での検討
    藤本 勝也, 橋野 聡, 佐藤 典宏, 山本 聡, 西尾 充史, 大野 稔子, 渡部 恵子, 田中 淳司, 今村 雅寛, 浅香 正博, 小池 隆夫  日本エイズ学会誌  7-  (4)  435  -435  2005/11  [Not refereed][Not invited]
  • 幹細胞移植後のrituximab投与に合併した低免疫グロブリン血症症例における選択的memory B細胞回復遅延
    山倉 昌之, 西尾 充史, 藤本 勝也, 山本 聡, 坂井 俊哉, 小原 雅人, 熊野 弘毅, 皆内 康一郎, 武田 紫, 山口 圭介, 佐藤 典宏, 小池 隆夫  日本血液学会・日本臨床血液学会総会プログラム・抄録集  67回・47回-  797  -797  2005/09  [Not refereed][Not invited]
  • 寒冷凝集素症を契機に診断されたHepatosplenic αβ T-cell lymphomaの一例
    皆内 康一郎, 西尾 充史, 伊藤 智雄, 藤本 勝也, 山倉 昌之, 小原 雅人, 熊野 弘毅, 坂井 俊哉, 山本 聡, 武田 紫, 山口 圭介, 佐藤 典宏, 小池 隆夫  日本血液学会・日本臨床血液学会総会プログラム・抄録集  67回・47回-  858  -858  2005/09  [Not refereed][Not invited]
  • 急性増悪時に著明な高アミラーゼ血症をきたしたシアリル化唾液腺型アミラーゼ産生多発性骨髄腫の一例
    小原 雅人, 重村 雅彦, 遠藤 知之, 山口 圭介, 武田 紫, 山倉 昌之, 皆内 康一郎, 熊野 弘毅, 坂井 俊哉, 藤本 勝也, 山本 聡, 西尾 充史, 佐藤 典宏, 小池 隆夫  日本血液学会・日本臨床血液学会総会プログラム・抄録集  67回・47回-  868  -868  2005/09  [Not refereed][Not invited]
  • 小原雅人, 重村雅彦, 遠藤知之, 山口圭介, 武田紫, 山倉昌之, 皆内康一郎, 熊野弘毅, 坂井俊哉, 藤本勝也, 山本聡, 西尾充史, 佐藤典宏, 小池隆夫  臨床血液  46-  (8)  868  2005/08/30  [Not refereed][Not invited]
  • 山倉昌之, 西尾充史, 藤本勝也, 山本聡, 坂井俊哉, 小原雅人, 熊野弘毅, 皆内康一郎, 武田紫, 山口圭介, 佐藤典宏, 小池隆夫  臨床血液  46-  (8)  797  2005/08/30  [Not refereed][Not invited]
  • 皆内康一郎, 西尾充史, 伊藤智雄, 藤本勝也, 山倉昌之, 小原雅人, 熊野弘毅, 坂井俊哉, 山本聡, 武田紫, 山口圭介, 佐藤典宏, 小池隆夫  臨床血液  46-  (8)  858  2005/08/30  [Not refereed][Not invited]
  • 小林寿美子, 佐藤典宏, 岩谷ユリ子, 小池隆夫  日本輸血学会雑誌  51-  (2)  184  -184  2005/05/02  [Not refereed][Not invited]
  • 小林寿美子, 佐藤典宏, 佐藤裕二, 岩谷ユリ子, 小池隆夫  日本輸血学会雑誌  51-  (1)  44  -45  2005/03/31  [Not refereed][Not invited]
  • 皆内康一郎, 山倉昌之, 小原雅人, 熊野弘毅, 坂井俊哉, 藤本勝也, 佐藤典宏, 高見昭良, 中尾真二  日本輸血学会雑誌  51-  (1)  46  -47  2005/03/31  [Not refereed][Not invited]
  • 小池隆夫, 佐藤典宏, 今村雅寛, 橋野聡, 藤本勝也, 桜井恒太郎, 千葉仁志, 大野稔子, 渡部恵子  HIV感染症の医療体制の整備に関する研究 平成16年度研究報告書  41  -46  2005  [Not refereed][Not invited]
  • 伊藤のぞみ, 佐藤典宏, 茂木祐子, 荒関みき, 山本定光, 東寛, 池田久実, 宮崎保  日本輸血学会雑誌  50-  (4)  620  -625  2004/09/25  [Not refereed][Not invited]
     
    Quality control of cryopreserved cord blood has assumed greater importance as the number of unrelated donor umbilical cord blood transplantations has increased. At present, we examine cryopreserved samples before cord blood transplantations, but it is unknown whether their results adequately reflect the quality of cord blood units. In this study, we tested the viability and recovery of colony forming cells (CFC) of 30 cord blood units (CB) and 2 kinds of samples. As test samples, we used segments (Seg) and tubes (Tube). With regard to viability, there was a high correlation between CB and sample type (CB vs Seg: r=0.938, CB vs Tube: r=0.939). Recovery of CFC of CB also correlated with sample type (CB vs Seg: r=0.879, CB vs Tube: r=0.817). These results suggested that the quality of CB could be determined by the testing of samples. Based on these results, criteria for cord blood transportation can be established.
  • 当科における進行期follicular lymphomaに対する自家末梢血幹細胞移植併用超大量化学療法の治療成績
    藤本 勝也, 山倉 昌之, 皆内 康一郎, 小原 雅人, 熊野 弘毅, 坂井 俊哉, 遠藤 知之, 西尾 充史, 佐藤 典宏, 高島 英典, 能登谷 京, 向井 正也, 小池 隆夫  日本血液学会・日本臨床血液学会総会プログラム・抄録集  66回・46回-  798  -798  2004/09  [Not refereed][Not invited]
  • 同種移植後の局所再発に対し同一ドナーからの再移植と大量リンパ球輸注が奏功した急性リンパ性白血病の一例
    皆内 康一郎, 遠藤 知之, 山倉 昌之, 小原 雅人, 熊野 弘毅, 坂井 俊哉, 藤本 勝也, 西尾 充史, 佐藤 典宏, 小池 隆夫, 高見 昭良, 中尾 眞二  日本血液学会・日本臨床血液学会総会プログラム・抄録集  66回・46回-  901  -901  2004/09  [Not refereed][Not invited]
  • 自家移植後に再発し,低用量MTX・PSL併用療法が著効したangioimmunoblastic T-cell lymphomaの一例
    坂井 俊哉, 山倉 昌之, 皆内 康一郎, 小原 雅人, 熊野 弘毅, 藤本 勝也, 西尾 充史, 佐藤 典宏, 小池 隆夫  日本血液学会・日本臨床血液学会総会プログラム・抄録集  66回・46回-  923  -923  2004/09  [Not refereed][Not invited]
  • Burkitt's lymphomaに対する同種造血幹細胞移植:当科で経験した2症例
    小原 雅人, 山倉 昌之, 皆内 康一郎, 熊野 弘毅, 坂井 俊哉, 藤本 勝也, 西尾 充史, 佐藤 典宏, 小池 隆夫  日本血液学会・日本臨床血液学会総会プログラム・抄録集  66回・46回-  960  -960  2004/09  [Not refereed][Not invited]
  • 伊藤 のぞみ, 佐藤 典宏, 茂木 祐子, 荒関 みき, 山本 定光, 東 寛, 池田 久實, 宮崎 保  日本輸血学会雑誌  50-  (4)  620  -625  2004/09  [Not refereed][Not invited]
     
    臍帯血30件について,臍帯血本体と保管検体解凍後の生細胞率,コロニー形成細胞(CFC)回収率を比較検討した.今回,種々の生細胞率で検討を行う目的で,一部の臍帯血は採取から細胞処理までの室温放置時間を最大140時間延長した.その結果,生細胞率,CFC回収率は臍帯血本体と保管検体とで非常に良好な相関性を示した.また,保管検体の生細胞率と臍帯血本体のCFC回収率の間には弱いながらも正の相関が得られた.以上より,保管検体の検査結果からは臍帯血本体の凍結保存状態の評価が可能と考えられ,本検討で得られた回帰式をもとに臍帯血出庫基準を作成した
  • 坂井俊哉, 山倉昌之, 皆内康一郎, 小原雅人, 熊野弘毅, 藤本勝也, 西尾充史, 佐藤典宏, 小池隆夫  臨床血液  45-  (8)  923  2004/08/30  [Not refereed][Not invited]
  • 皆内康一郎, 遠藤知之, 山倉昌之, 小原雅人, 熊野弘毅, 坂井俊哉, 佐藤典宏, 高見昭良, 中尾真二  臨床血液  45-  (8)  901  2004/08/30  [Not refereed][Not invited]
  • 藤本勝也, 山倉昌之, 皆内康一郎, 小原雅人, 熊野弘毅, 佐藤典宏, 高島英典, 能登谷京, 向井正也  臨床血液  45-  (8)  798  2004/08/30  [Not refereed][Not invited]
  • 小原雅人, 山倉昌之, 皆内康一郎, 熊野弘毅, 坂井俊哉, 藤本勝也, 西尾充史, 佐藤典宏, 小池隆夫  臨床血液  45-  (8)  960  2004/08/30  [Not refereed][Not invited]
  • 北海道大学病院における治験実施体制の整備と新たな取り組み
    後藤 瑞子, 橋本 あきら, 荻野 修, 菅原 満, 宮崎 勝巳, 亀田 悦子, 奥原 芳子, 河野 敏春, 佐藤 典宏, 遠藤 晃, 櫻井 恒太郎, 小池 隆夫  臨床薬理  35-  (Suppl.)  S201  -S201  2004/08  [Not refereed][Not invited]
  • 小林寿美子, 岩谷ユリ子, 米岡麻記, 佐藤裕二, 佐藤典宏, 小池隆夫  日本輸血学会雑誌  50-  (1)  142  -142  2004/03/31  [Not refereed][Not invited]
  • 藤本勝也, 皆内康一郎, 小原雅人, 熊野弘毅, 坂井俊哉, 遠藤知之, 小泉和輝, 小池隆夫, 佐藤典宏  日本輸血学会雑誌  50-  (1)  145  -145  2004/03/31  [Not refereed][Not invited]
  • 荒木優輔, 斉藤孝, 菅原拓男, 久保田耕司, 佐藤典宏, 山本定光, 池田久実  血液事業  26-  (4)  575  -580  2004/02/01  [Not refereed][Not invited]
     
    北海道赤十字血液センターでは,最近の需要動向の変化に対応するために,血小板製剤供給動向の再分析を行い,新たな予測システムの再構築を試みた.週間の需要予測モデル作成にあたり,まず患者を過去3週間に供給実績のある継続患者群と新規患者群に分け,さらに継続患者群は頻回使用群とそれ以外の内科系,外科系の患者群に分けた.そして,分析結果を係数化し週間供給予測式を作成,加えて曜日,祝日別変動値を日別の予測値として求めた.その結果,日別一致率は従来と比較して平均値はA型75.3%→83.3%,O型66.9%→74.5%,B型58.3%→67.6%,AB型42.2%→68.4%と,各型において有意な改善がみられた
  • 小池隆夫, 佐藤典宏, 今村雅寛, 橋野聡, 藤本勝也, 桜井恒太郎, 千葉仁志, 大野稔子, 渡部恵子  HIV感染症の医療体制の整備に関する研究 平成15年度研究報告書 (1/2)  37  -43  2004  [Not refereed][Not invited]
  • Kudo Motoi, SATO Norihiro, MOGI Yuko, ARASEKI Miki, YAMAMOTO Sadamitsu, AZUMA Hiroshi, IKEDA Hisami, MIYAZAKI Tamotsu  J. Acoust. Soc. Jpn. (J)  60-  (10)  620  -625  2004  [Not refereed][Not invited]
  • 佐藤典宏  低温医学  29-  (4)  112  -116  2003/12/30  [Not refereed][Not invited]
  • SATOH Norihiro  低温医学 = Low temperature medicine  29-  (4)  112  -116  2003/12/30  [Not refereed][Not invited]
  • 細胞療法における低温医学 臍帯血バンクにおける臍帯血の凍結保存とその評価
    佐藤 典宏  低温医学  29-  (4)  112  -116  2003/12  [Not refereed][Not invited]
     
    著者らは保管検体と臍帯血本体の生細胞率とコロニー形成細胞回収率が相関することを示し,凍結評価に有用であることを示した.しかし,現状は評価方法としての検査方法が確立しているとは言い難く,各バンク間の互換性も不十分である.また,実際の移植例において保管検体の生細胞率と生着率を検討したが,明らかな関係は見られなかった.今後は凍結状態の検査方法と移植例からみた適切な保存状態の評価方法の確立が重要な課題である
  • 秋野光明, 佐藤典宏, 山本定光, 池田久実  低温生物工学会誌  49-  (1)  55  -61  2003/08/30  [Not refereed][Not invited]
  • 遠藤知之, 小原雅人, 熊野弘毅, 坂井俊哉, 藤本勝也, 茂木祐子, 佐藤典宏, 池田久実, 小池隆夫  臨床血液  44-  (8)  802  -802  2003/08/30  [Not refereed][Not invited]
  • 熊野弘毅, 小原雅人, 坂井俊哉, 藤本勝也, 遠藤知之, 小泉和輝, 矢口裕章, 佐藤典宏, 小池隆夫  臨床血液  44-  (8)  817  2003/08/30  [Not refereed][Not invited]
  • 藤本勝也, 小原雅人, 熊野弘毅, 坂井俊哉, 遠藤知之, 小泉和輝, 佐藤典宏, 小池隆夫  臨床血液  44-  (8)  765  -765  2003/08/30  [Not refereed][Not invited]
  • 呼吸筋麻痺を呈し,形質細胞腫摘出術が有効であったPOEMS症候群の一例
    熊野 弘毅, 小原 雅人, 坂井 俊哉, 藤本 勝也, 遠藤 知之, 小泉 和輝, 矢口 裕章, 佐藤 典宏, 小池 隆夫  臨床血液  44-  (8)  817  -817  2003/08  [Not refereed][Not invited]
  • 秋野光明, 藤原満博, 佐藤典宏, 本間稚広, 若本志乃舞, 山本定光, 池田久実  日本輸血学会雑誌  49-  (3)  432  -438  2003/07/01  [Not refereed][Not invited]
     
    スワーリング検査不合格な濃厚血小板(PC)の発生頻度とその性状を検討した.その結果,平成7年4月から13年3月までの6年間にスワーリング検査不合格となったPCは127623バッグ中82バッグ(0.064%)であった.製剤別では20単位PCが40バッグを占めていた.採血装置(A〜Fの7種)別では装置Eで不合格が多く発生する傾向があった.不合格PCのドナーは男性に比し女性に多かった.PC献血のドナー26577名中58名(発生率0.128%)が不合格PCのドナーで,献血1回のみの8名を除く50名では複数回不合格のドナーは12名(24%),献血回数は5〜25回,不合格回数は2〜5回,不合格回数が3回以上のドナーが9名おり,不合格率が40%を超えるドナーが5名存在した.また12名の合計献血回数141回中36回(25.5%)が不合格で,不合格PCのうちpHが7.0以上の33例の血小板機能では,変形能および形態スコアーが合格PCに比し有意に低値であった
  • AKINO Mitsuaki, FUJIHARA Mitsuhiro, SATO Norihiro, HOMMA Chihiro, WAKAMOTO Shinobu, YAMAMOTO Sadamitsu, IKEDA Hisami  日本輸血学会雑誌  49-  (3)  432  -438  2003/07/01  [Not refereed][Not invited]
  • 臍帯血バンクにおける保管検体による移植前検査の有用性
    伊藤 のぞみ, 佐藤 典宏, 茂木 祐子, 荒関 みき, 山本 定光, 東 寛, 池田 久實  日本輸血学会雑誌  49-  (2)  343  -343  2003/05  [Not refereed][Not invited]
  • 伊藤のぞみ, 佐藤典宏, 茂木祐子, 荒関みき, 山本定光, 東寛, 池田久実  日本輸血学会雑誌  49-  (2)  343  2003/05/01  [Not refereed][Not invited]
  • AKINO Mitsuaki, SATO Norihiro, YAMAMOTO Sadamitsu, IKEDA Hisami  Cryobiology and Cryotechnology  49-  (1)  55  -61  2003  [Not refereed][Not invited]
     
    Fibrin glue is a topical biological adhesive widely used in surgery for tissue adhesion and wound healing. The effect of fibrin glue imitates the final stages of coagulation. We prepared cryo-fibrin glue from autologous blood using the CryoSeal System. We chose the CryoSeal^<TM> System because the cryo-fibrin glue can be produced in a automated, rapid way. In fact, the entire process only required about 56 minutes. After separating fresh plasma (average volume: 199.2±1.8mL) from whole blood, cryoprecipitate was extracted. The concentration and volume of fibrinogen were 33.4±7.5mg/mL and 3.9±0.9mL, respectively (n=9), and the yields of fibronectin, plasminogen, and blood coagulation factor XIII were 10.9±1.4mg/mL, 177±51%, and 761±310%, respectively (n=9). The tensile strength of fibrin glue when mixed with thrombin was comparable to that of commercialy available fibrin glue. This system may be useful to prepare cryo-fibrin glue from autologous blood at the medical facilities.
  • 佐藤典宏  日本アフェレシス学会雑誌  21-  (3)  171  -176  2002/10/31  [Not refereed][Not invited]
  • 自己末梢血幹細胞採取におけるアフェレシスの安全管理 血液センターで採取する場合
    佐藤 典宏  日本アフェレシス学会雑誌  21-  (3)  171  -176  2002/10  [Not refereed][Not invited]
  • 東寛, 佐藤典宏, 池田久実  臨床病理レビュー特集  (122)  92  -101  2002/09/30  [Not refereed][Not invited]
  • 【最新 造血細胞移植とその実際手技 ミニ移植,ターゲット療法も含めて】 造血幹細胞移植の近未来 ドナーリンパ球の培養増幅とその利用
    東 寛, 佐藤 典宏, 池田 久實  臨床病理レビュー  (122)  92  -101  2002/09  [Not refereed][Not invited]
     
    骨髄移植後の再発に対するsalvage療法としてのドナーリンパ球輸注療法(DLI)をex vivoで培養増幅したドナーリンパ球で行うことが可能となってきた.培養増幅リンパ球の輸注により感染症の予防・治療,移植片の生着促進効果なども期待できるとすれば,CD34陽性細胞選択移植などのようなリスクの高い移植に有用であるかも知れない.しかし,培養操作を施すことにより,その生物学的な効果も様々に修飾を受ける可能性があることも実験レベル及び臨床レベルで明らかにされつつある.実際の培養手技の詳細を中心に述べると共に,培養リンパ球と新鮮リンパ球を種々の角度から比較した
  • 細胞療法における低温医学 臍帯血バンクにおける臍帯血の凍結保存とその評価
    佐藤 典宏  低温医学  28-  (3)  102  -102  2002/09  [Not refereed][Not invited]
  • 血小板製剤短期需要予測システムの改善及びその評価について
    荒木 優輔, 斉藤 孝, 菅原 拓男, 佐藤 典宏, 山本 定光, 池田 久實  血液事業  25-  (2)  341  -341  2002/08  [Not refereed][Not invited]
  • 非ホジキンリンパ腫に対する自家末梢血幹細胞移植併用超大量化学療法後の二次性MDSと染色体異常
    藤本 勝也, 坂井 俊哉, 山本 聡, 遠藤 知之, 西尾 充史, 小泉 和輝, 小池 隆夫, 澤田 賢一, 河野 通史, 大西 勝憲, 佐藤 典宏, 池田 久實  臨床血液  43-  (8)  420  -420  2002/08  [Not refereed][Not invited]
  • 自家末梢血CD34陽性細胞選択移植後の免疫低下状態に対するin vitro増幅自己活性化Tリンパ球輸注
    遠藤 知之, 東 寛, 坂井 俊哉, 藤本 勝也, 山本 聡, 西尾 充史, 小泉 和輝, 佐藤 典宏, 池田 久實, 澤田 賢一, 小池 隆夫  臨床血液  43-  (8)  450  -450  2002/08  [Not refereed][Not invited]
  • 岩原幸子, 粟倉裕美, 吉田桂, 佐藤雅子, 秋野光明, 本間稚広, 佐藤典宏, 山本定光, 池田久実  血液事業  25-  (2)  332  -332  2002/08/01  [Not refereed][Not invited]
  • 吉田桂, 粟倉裕美, 岩原幸子, 佐藤雅子, 秋野光明, 小島聡, 本間稚広, 佐藤典宏, 池田久実  血液事業  25-  (2)  322  -322  2002/08/01  [Not refereed][Not invited]
  • 佐藤雅子, 秋野光明, 堀内賢一, 山口美樹, 本間稚広, 佐藤典宏, 山本定光, 野村弘実, 池田久実  血液事業  25-  (2)  333  -333  2002/08/01  [Not refereed][Not invited]
  • 荒木優輔, 斉藤孝, 菅原拓男, 佐藤典宏, 山本定光, 池田久実  血液事業  25-  (2)  341  2002/08/01  [Not refereed][Not invited]
  • 梅田浩介, 秋野光明, 本間稚広, 佐藤典宏, 山本定光, 池田久実  血液事業  25-  (2)  373  -373  2002/08/01  [Not refereed][Not invited]
  • 秋野光明, 本間稚広, 佐藤典宏, 山本定光, 池田久実  低温生物工学会セミナー及び年会講演要旨集  48th-  20  2002/05/31  [Not refereed][Not invited]
  • 秋野光明, 小原幸平, 石川雅敏, 吉田桂, 本間稚広, 佐藤典宏, 山本定光, 池田久実  日本輸血学会雑誌  48-  (2)  183  -183  2002/04/01  [Not refereed][Not invited]
  • 佐藤雅子, 秋野光明, 矢島健太郎, 才川聡, 本間稚広, 佐藤典宏, 山本定光, 池田久実  日本輸血学会雑誌  48-  (2)  204  -204  2002/04/01  [Not refereed][Not invited]
  • Sato Norihiro  日本アフェレシス学会雑誌  21-  (3)  171  -176  2002  [Not refereed][Not invited]
     
    At the Hokkaido Red Cross Blood Center, leukapheresis(LA)for autologous peripheral blood stem cell(PBSC)transplantation has been performed for 10 years. For patient safety, we pay attention to the following points. We have established a standard operation procedure for LA, including the criteria for acceptable patients and the discontinuance for collection. The plan for the collection of PBSC is discussed with clinicians before LA. The circulating CD 34+cells are measured to determine not only the collection date, but also the required blood volume of LA to avoid of unnecessary collection. With these procedures, we have had no severe problem during the 10-year history of LA.
  • 佐藤 典宏  日本アフェレシス学会雑誌  21-  (0)  2002  [Not refereed][Not invited]
  • 佐藤典宏  日本輸血学会雑誌  47-  (4)  698  -699  2001/10/01  [Not refereed][Not invited]
  • 佐藤 典宏  日本輸血学会雑誌  47-  (4)  698  -699  2001/10/01  [Not refereed][Not invited]
  • Akino Mitsuaki, Satoh Norihiro, Satoh Masako, Yamamoto Sadamitsu, Mogi Yuko, Ikebuchi Kenji, Ikeda Hisami  The Japanese journal of medical instrumentation  71-  (9)  431  -437  2001/09/01  [Not refereed][Not invited]
     
    As the technology for leukoreduction from blood products is advanced, sensitive and reliable methods to count extremely low number of leukocytes are expected to be developed. we evaluated IMAGN 2000(IMAGN)for the measurement of residual leukocytes in leukoreduced blood products. IMAGN is an automated volumetric capillary cytometer utilizing dyelabeled antibodies and He-Ne laser. The performance of IMAGN was tested with samples adjusted to 0.1-100/μL leukocytes from platelet concentrates(PC)as well as PC samples derived from apheresis and compared with those of Nageotte hemocytometry and flo...
  • 血漿製剤冷凍室の温度バリデーションとリスクマネジメント
    花井 徳一, 和賀 博, 森 利行, 大畠 勇, 菅原 拓男, 橋本 浩司, 佐藤 典宏, 山本 定光, 千葉 眞彰, 池田 久實  血液事業  24-  (2)  298  -298  2001/08  [Not refereed][Not invited]
  • 北海道センター管内における新たな供給体制の検討・運用
    菅原 拓男, 花井 徳一, 森 利行, 齋藤 孝, 大畠 勇, 佐藤 憲英, 掛端 俊博, 佐々木 健二, 佐藤 典宏, 山本 定光  血液事業  24-  (2)  301  -301  2001/08  [Not refereed][Not invited]
  • 花井徳一, 和賀博, 森利行, 大畠勇, 菅原拓男, 橋本浩司, 佐藤典宏, 山本定光, 池田久実  血液事業  24-  (2)  298  2001/08/01  [Not refereed][Not invited]
  • 東寛, 山田淑子, 村橋秀明, 山口美樹, 宮崎孔, 関本達也, 佐藤典宏, 藤原満博, 池田久実  日本輸血学会雑誌  47-  (2)  254  -254  2001/04/01  [Not refereed][Not invited]
  • UVB照射によるリンパ球不活化におけるapoptosis inducing factor(AIF)の関与(Possible Involvement of apoptosis inducing factor(AIF) in Lymphocyte Inactivation by UVB)
    東 寛, 村橋 秀明, 山口 美樹, 山田 淑子, 藤原 満博, 佐藤 典宏, 池淵 研二, 池田 久實  International Journal of Hematology  73-  (Suppl.1)  147  -147  2001/03  [Not refereed][Not invited]
  • AB血清とbFGFを用いたストローマ細胞の調整法 造血幹細胞のex vivo増幅に向けて(Preparation of stromal cells with culture medium containing human AB serum and bFGF)
    山口 美樹, 平山 文也, 村橋 秀明, 東 寛, 藤原 満博, 若本 志乃舞, 佐藤 典宏, 澤田 賢一, 小池 隆夫, 池淵 研二  International Journal of Hematology  73-  (Suppl.1)  194  -194  2001/03  [Not refereed][Not invited]
  • 東寛, 村橋秀明, 山口美樹, 山田淑子, 藤原満博, 佐藤典宏, 池淵研二, 池田久実  Int J Hematol Suppl  73-  (Supplement 1)  147  2001/03  [Not refereed][Not invited]
  • 藤本勝也, 沢田賢一, 坂井俊哉, 山本聡, 小池隆夫, 能登谷京, 河野通史, 佐藤典宏, 池田久実  Int J Hematol Suppl  73-  (Supplement 1)  167  2001/03  [Not refereed][Not invited]
  • 佐藤典宏, 池田久実  血液フロンティア  11-  (3)  307  -314  2001/03  [Not refereed][Not invited]
  • 臍帯血移植及び末梢血幹細胞移植への技術協力
    佐藤 典宏, 池田 久實  血液事業  23-  (4)  735  -736  2001/02  [Not refereed][Not invited]
  • 【臍帯血移植の現状と展望】 我が国における臍帯血バンクの現状
    佐藤 典宏, 池田 久實  血液フロンティア  11-  (3)  307  -314  2001/02  [Not refereed][Not invited]
     
    我が国においては,9ヶ所の地域臍帯血バンクが加盟して,平成11年,日本さい帯血バンクネットワークが発足した.各臍帯血バンクでは,厚生省が制定した技術指針に基づいて臍帯血採取,調製保存,検査及び移植のための供給を行っている.現在我が国で行われている臍帯血バンク業務の実際を解説すると共に,日本さい帯血バンクネットワークの活動状況と今後の問題点について述べた
  • 村橋秀明, 佐藤典宏, 徳島恵里奈, 佐藤雅子, 茂木祐子, 金井誠, 池淵研二, 池田久実  医科器械学  71-  (2)  57  -62  2001/02/01  [Not refereed][Not invited]
     
    小型立体式凍結バッグF-025を用いたシステムにおいて,プログラムフリーズ法,簡易法どちらにおいても細胞回収率は良好な結果であり,またバッグ大室,小室2室の細胞回収率に差は認めず,共に良好な成績であった.F-025を用いた凍結保存システムは保存スペースの縮小,液体窒素消費削減,また将来の造血幹細胞増幅等への応用にも有用である
  • 佐藤典宏, 池田久実  血液事業  23-  (4)  735  -736  2001/02/01  [Not refereed][Not invited]
  • 金井誠, 佐藤典宏, 徳島恵里奈, 佐藤雅子, 茂木祐子, 村橋秀明, 池淵研二, 池田久実  医科器械学  71-  (1)  37  -43  2001/01/01  [Not refereed][Not invited]
     
    BioArchiveは,バーコードによる管理で大量の造血幹細胞の保存が可能であり,また,凍結保存による細胞回収率は良好な成績であることから,臍帯血細胞の凍結保存に有用であると考えられた
  • 臍帯血バンクにおける臍帯血保存状態の評価方法の検討
    徳島 恵里奈, 佐藤 典宏, 茂木 祐子, 大川 知佐子, 池淵 研二, 池田 久實  日本輸血学会雑誌  46-  (6)  574  -574  2000/12  [Not refereed][Not invited]
  • 徳島恵里奈, 佐藤典宏, 茂木祐子, 大川知佐子, 池淵研二, 池田久実  日本輸血学会雑誌  46-  (6)  574  2000/12/01  [Not refereed][Not invited]
  • 臍帯血保存システムの開発
    吉川 義洋, 広部 輝久, 村橋 秀明, 白数 昭雄, 服部 博行, 佐藤 典宏, 池淵 研二, 池田 久實  日本バイオマテリアル学会大会予稿集  シンポジウム2000-  68  -68  2000/11  [Not refereed][Not invited]
  • 吉川義洋, 広部輝久, 村橋秀明, 白数昭雄, 服部博行, 佐藤典宏, 池淵研二, 池田久実  日本バイオマテリアル学会シンポジウム予稿集  2000-  68  2000/11/01  [Not refereed][Not invited]
  • 藤本勝也, 沢田賢一, 小泉和輝, 小池隆夫, 東寛, 佐藤典宏, 池田久実, 北河徳彦, 高田賢蔵  臨床血液  41-  (10)  1047  2000/10/30  [Not refereed][Not invited]
  • 非血縁者間臍帯血幹細胞移植を実施したフィラデルフィア染色体陽性成人急性リンパ性白血病の1例
    幸田 久平, 小沼 裕一, 久我 貴, 藤見 章仁, 二階堂 ともみ, 小池 和彦, 中澤 修, 高橋 春秋, 佐藤 典宏  旭川赤十字病院医学雑誌  14-  92  -96  2000/10  [Not refereed][Not invited]
     
    34歳女.全身倦怠感,出血斑を自覚して近医を受診した.白血球増多を指摘され,著者の病院に入院した.骨髄細胞の染色体検査でフィラデルフィア(Ph)染色体を認め,Ph染色体陽性急性リンパ性白血病(ALL)と診断した.イダルビシン,キロサイド,プレドニゾロンを含む緩解導入療法を施行して完全緩解となった.エンドキサン,アドリアマイシン,ブレオマイシン,ビンクリスチン,メチルプレドニゾロンによる地固め療法を施行した.その後,再発して化学療法を施行したが緩解は導入しなかった.臍帯血幹細胞移植を施行した.その後,ALLの再発と共にCMV肺炎が発症した.シクロスポリンAを中断してエトポシド,ビンクリスチンなどを投与したが骨髄中芽球は漸増した.メソトレキセート経口投与と支持療法のみによるQOLを重視した治療方針に変更した.126病日に白血病死した
  • 幸田久平, 小沼裕一, 久我貴, 藤見章仁, 二階堂ともみ, 小池和彦, 中沢修, 高橋春秋, 佐藤典宏  旭川赤十字病院医学雑誌  14-  92  -96  2000/10/01  [Not refereed][Not invited]
  • 【造血幹細胞expansionの基礎と臨床応用】 造血幹細胞expansionにおける血液センターの役割
    池淵 研二, 山口 美樹, 佐藤 典宏, 池田 久實  血液・腫瘍科  41-  (3)  221  -229  2000/09  [Not refereed][Not invited]
  • HTLV-I陽性献血者への説明会とカウンセリング
    田中 聖子, 霜山 龍志, 山田 宏, 中瀬 俊枝, 伊原 弘美, 加藤 俊明, 東 寛, 佐藤 典宏, 池淵 研二, 池田 久實  血液事業  23-  (2)  394  -394  2000/08  [Not refereed][Not invited]
  • Cell Therapyにおける血液センターの役割 臍帯血移植及び末梢血幹細胞移植への技術協力
    佐藤 典宏, 池田 久實  血液事業  23-  (2)  365  -365  2000/08  [Not refereed][Not invited]
  • 金井ひろみ, 小島聡, 中瀬俊枝, 佐藤典宏, 池田久実  血液事業  23-  (2)  409  -409  2000/08/01  [Not refereed][Not invited]
  • 佐藤典宏  日本輸血学会雑誌  46-  (4)  425(4)  2000/08/01  [Not refereed][Not invited]
  • 田中聖子, 霜山龍志, 山田宏, 中瀬俊枝, 伊原弘美, 加藤俊明, 佐藤典宏, 池淵研二, 池田久実  血液事業  23-  (2)  394  2000/08/01  [Not refereed][Not invited]
  • 佐藤典宏, 池田久実  血液事業  23-  (2)  365  2000/08/01  [Not refereed][Not invited]
  • 固相化抗CD3抗体とIL-2による臍帯血リンパ球のex vivo増幅の試み
    東 寛, 山口 美樹, 山田 淑子, 村橋 秀明, 佐藤 典宏, 平山 文也, 池淵 研二, 池田 久實  日本輸血学会雑誌  46-  (2)  200  -200  2000/04  [Not refereed][Not invited]
  • 村橋秀明, 東寛, 山口美樹, 藤原満博, 佐藤典宏, 池淵研二, 池田久実  International Journal of Hematology. Supplement  71-  (1)  136  2000/04  [Not refereed][Not invited]
  • 東寛, 山口美樹, 山田淑子, 村橋秀明, 佐藤典宏, 平山文也, 池淵研二, 池田久実  日本輸血学会雑誌  46-  (2)  200  2000/04/01  [Not refereed][Not invited]
  • 山口美樹, 平山文也, 金井誠, 佐藤典宏, 東寛, 沢田賢一, 小池隆夫, 池淵研二, 池田久実  International Journal of Hematology. Supplement  71-  (1)  175  -175  2000/04  [Not refereed][Not invited]
  • 茂木 祐子, 佐藤 典宏, 関本 達也, 池淵 研二, 池田 久實, 宮崎 保  日本輸血学会雑誌  46-  (1)  23  -25  2000/02  [Not refereed][Not invited]
     
    検索受託患者102例の臍帯血適合率を保存310件で検討した.その結果,HLA一抗原不一致以上の臍帯血が存在する頻度は37.3%,二抗原不一致上では91.2%であった.また有核細胞数が2×10^7/kg以上の臍帯血が認められる頻度はそれぞれ21.6%,58.8%を示した.さらに早期血球回復の指標とされる3.7×10^7以上の存在頻度は一抗原不一致以上で7.8%であるのに対し,二抗原不一致以上では28.4%であった.二抗原不一致以上と有核細胞数の検討から,全体の8割で2×10^7/kg以上の臍帯血が存在し,その20%は3.7×10^7/kgであった.以上から移植臍帯血の選択はHLA=抗原不一致までを検索対象とする必要がある
  • MOGI Yuko, SATO Norihiro, SEKIMOTO Tatsuya, IKEBUCHI Kenji, IKEDA Hisami, MIYAZAKI Tamotsu  Journal of the Japan Society of Blood Transfusion  46-  (1)  23  -25  2000/02/01  [Not refereed][Not invited]
  • 佐藤典宏  日本アフェレシス学会雑誌  19-  (Supplement)  37  2000  [Not refereed][Not invited]
  • Mogi Yuko, Sato Norihiro, Sekimoto Tatsuya, Ikebuchi Kenji, Ikeda Hisami, Miyazaki Tamotsu  Japanese Journal of Transfusion and Cell Therapy  46-  (1)  23  -25  2000  [Not refereed][Not invited]
  • 固相化抗CD3抗体とIL-2による臍帯血リンパ球のex vivo増幅の試み
    東 寛, 山口 美樹, 佐藤 典宏, 平山 文也, 池淵 研二, 池田 久實, 村橋 秀明  日本輸血学会雑誌  45-  (6)  953  -953  1999/12  [Not refereed][Not invited]
  • 村橋秀明, 東寛, 山口美樹, 藤原満博, 佐藤典宏, 池淵研二, 池田久実  日本輸血学会雑誌  45-  (6)  953  -953  1999/12/01  [Not refereed][Not invited]
  • 佐藤典宏  日本輸血学会雑誌  45-  (6)  919  -921  1999/12/01  [Not refereed][Not invited]
  • 東寛, 山口美樹, 佐藤典宏, 平山文也, 池淵研二, 池田久実, 村橋秀明  日本輸血学会雑誌  45-  (6)  953  1999/12/01  [Not refereed][Not invited]
  • 西尾充史, 沢田賢一, 藤本勝也, 山本聡, 遠藤知之, 高橋英典, 橋本英明, 佐藤典宏, 池田久実  日本輸血学会雑誌  45-  (6)  952  -953  1999/12/01  [Not refereed][Not invited]
  • 佐藤 典宏  日本輸血学会雑誌  45-  (6)  919  -921  1999/12/01  [Not refereed][Not invited]
  • 佐藤典宏, 池田久実  日本アフェレシス学会雑誌  18-  (3)  236  -241  1999/11/30  [Not refereed][Not invited]
     
    For allogeneic peripheral blood stem cell transplantation (allo-PBSCT), mobilization and collection of CD 34^+ cells from a healthy donor is an essential procedure. Granulocyte colony-forming factor (G-CSF) has been shown to be useful for the mobilization of CD 34^+ cells from bone marrow to the circulation, and the effect is dependent on the dosage of G-CSF up to 10 μl/kg/day. At present, many investigators use G-CSF at the dosage of 10-12 μl/kg/day for 4-6 days. However, since the number of CD 34^+ cells to ensure engraftment after allo-PBSCT has not been established, further investigatio...
  • 小型立体式凍結バッグF-025による造血幹細胞の凍結保存
    村橋 秀明, 佐藤 典宏, 茂木 祐子, 上田 恵里奈, 佐藤 雅子, 金井 誠, 池淵 研二, 池田 久實  低温医学  25-  (3)  161  -161  1999/09  [Not refereed][Not invited]
  • 大容量臍帯血凍結保存装置BioArchiveTMを使用した凍結とその細胞回収率
    金井 誠, 佐藤 典宏, 茂木 祐子, 上田 恵里奈, 佐藤 雅子, 村橋 秀明, 池淵 研二, 池田 久實  低温医学  25-  (3)  162  -162  1999/09  [Not refereed][Not invited]
  • 輸血用血液製剤中の微量白血球数の測定におけるIMAGN 2000の有用性
    秋野 光明, 佐藤 雅子, 茂木 祐子, 橋本 淑美, 山本 定光, 佐藤 典宏, 池淵 研二, 池田 久實  血液事業  22-  (2)  293  -293  1999/08  [Not refereed][Not invited]
  • SATO Norihiro, MOGI Yuko, UEDA Erina, KENAI Hiromi, KOJIMA Satoshi, NAKASE Toshie, IKEBUCHI Kenji, SEKIGUCHI Sadayoshi  Journal of the Japan Society of Blood Transfusion  45-  (4)  436  -441  1999/08/01  [Not refereed][Not invited]
     
    アフェレーシスにより採取されるCD34陽性細胞数は採取前の末梢血CD34陽性細胞数と強い正の相関を示し,採取量の予測が可能であることが示された.よって,採取前の末梢血CD34陽性細胞数の測定は,患者に対して安全で効率的な採取を行う上で有用であると考えられる
  • 佐藤典宏  臨床病理  28  -33  1999/05/25  [Not refereed][Not invited]
  • 山口美樹, 池淵研二, 平山文也, 佐藤典宏, 関口定美  臨床病理  47-  (5)  439  -446  1999/05/25  [Not refereed][Not invited]
  • YAMAGUCHI Miki, IKEBUCHI Kenji, HIRAYAMA Fumiya, SATO Norihiro, SEKIGUCHI Sadayoshi  臨床病理  47-  (5)  439  -446  1999/05/25  [Not refereed][Not invited]
  • 臍帯血及び末梢血幹細胞移植の実際手技とこれからの展開 臍帯血移植 移植用保存臍帯血の標準化と安全性
    佐藤 典宏  臨床病理  (臨増110)  28  -33  1999/05  [Not refereed][Not invited]
  • 臨床検査領域におけるサイトメトリー 造血幹/前駆細胞の末梢血への動員機序 CD34陽性細胞の細胞周期とVLA-4(CD49d)の関係
    山口 美樹, 池淵 研二, 平山 文也, 佐藤 典宏, 関口 定美  臨床病理  47-  (5)  439  -446  1999/05  [Not refereed][Not invited]
  • UVB照射によるリンパ球のapoptosisにおけるcaspase3の関与
    東 寛, 村橋 秀明, 山口 美樹, 藤原 満博, 佐藤 典宏, 池淵 研二, 関口 定美  International Journal of Hematology  69-  (Suppl.1)  136  -136  1999/04  [Not refereed][Not invited]
  • ヒト骨髄初代培養ストローマ細胞を用いた無血清培養下における臍帯血CD34+38-細胞の増幅
    山口 美樹, 池淵 研二, 平山 文也, 東 寛, 佐藤 典宏, 澤田 賢一, 小池 隆夫, 関口 定美  International Journal of Hematology  69-  (Suppl.1)  181  -181  1999/04  [Not refereed][Not invited]
  • 我が国における臍帯血バンクの現状と課題
    佐藤 典宏  日本輸血学会雑誌  45-  (2)  169  -169  1999/04  [Not refereed][Not invited]
  • 北海道臍帯血バンクにおける適合臍帯血検出率の検討
    茂木 祐子, 佐藤 典宏, 上田 恵里奈, 関本 達也, 池淵 研二, 関口 定美  日本輸血学会雑誌  45-  (2)  216  -216  1999/04  [Not refereed][Not invited]
  • ヒトリンパ球と造血幹細胞のUVB感受性の検討
    東 寛, 山口 美樹, 茂木 祐子, 藤原 満博, 佐藤 典宏, 村橋 秀明, 平山 文也, 池淵 研二, 関口 定美  日本輸血学会雑誌  45-  (2)  189  -189  1999/04  [Not refereed][Not invited]
  • 自家末梢血CD34陽性細胞選択移植を施行した悪性リンパ腫の3症例
    小泉 和輝, 澤田 賢一, 遠藤 知之, 高島 英典, 橋本 英明, 西尾 充史, 西尾 仁, 高野 弥奈, 安河内 太郎, 佐藤 典宏  International Journal of Hematology  69-  (Suppl.1)  216  -216  1999/04  [Not refereed][Not invited]
  • 茂本 祐子, 佐藤 典宏, 金井 ひろみ, 池淵 研二, 関口 定美  日本アフェレシス学会雑誌  18-  (1)  1999/02/28  [Not refereed][Not invited]
  • 楠本 正博, 小川 尚洋, 水元 一博, 新山 秀昭, 佐藤 典宏, 上野 光, 田中 雅夫  日本外科学会雑誌  100-  (0)  1999/02/10  [Not refereed][Not invited]
  • 末梢血幹細胞採取時における末梢血CD34陽性細胞数の予測法の検討
    茂木 祐子, 佐藤 典宏, 金井 ひろみ, 池淵 研二, 関口 定美  日本アフェレシス学会雑誌  18-  (1)  147  -147  1999/02  [Not refereed][Not invited]
  • Sato Norihiro, Mogi Yuko, Ueda Erina, Kanai Hiromi, Kojima Satoshi, Nakase Toshie, Ikebuchi Kenji, Sekiguchi Sadayoshi  Japanese Journal of Transfusion and Cell Therapy  45-  (4)  436  -441  1999  [Not refereed][Not invited]
     
    We evaluated the efficacy of measurement of CD 34<sup>+</sup> cells in peripheral blood (PB) before leukapheresis (LA). Forty-five patients with malignant diseases underwent 65 LAs for collection of peripheral blood progenitor cells (PBPC). Median values for white blood cells (WBC), mononuclear cells (MNC) and CD 34<sup>+</sup> cells in PB before LA were 18, 900/&mu;l, 3, 110/vl and 39.6/&mu;l, respectively. Median values for CD 34<sup>+</sup> cells, colony forming unit-granulocyte/macrophage (CFU-GM) and total colony forming cells (CFC) in LA products were 3.19&times;10<sup>6</sup>/kg, 5.7&times;10<sup>5</sup>/kg and 12.90&times;10<sup>5</sup>/kg, respectively. The strong correlation between CD 34<sup>+</sup> cells and CFU-GM or CFC (r=0.88 and 0.87) indicates that the number of CD 34<sup>+</sup> cells represents clonogenic activity. Regression analysis revealed a very strong correlation between CD 34<sup>+</sup> cells in LA products (Y) and those in PB before LA (X) (r=0.97, Y=5.43&times;10<sup>5</sup>X-37.2&times;10<sup>5</sup>), while only a weak correlation was seen between CD 34<sup>+</sup> cells in LA products and the number of WBC and MNC in PB before LA (r=0.60 and 0.56). These results indicated that the number of CD 34<sup>+</sup> cells in PB before LA can accurately predict that in LA products. We therefore conclude that the measurement of CD 34<sup>+</sup> cells in PB before LA is useful in the collection of PBPC with LA.
  • 臍帯血バンクにおける臍帯血保存の採否の基準とその現状
    茂木 祐子, 佐藤 典宏, 上田 恵里奈, 池淵 研二, 関口 定美  日本輸血学会雑誌  44-  (6)  733  -733  1998/12  [Not refereed][Not invited]
  • 佐藤典宏, 吉川義洋, 茂木祐子, 上田恵里奈, 池淵研二, 花谷馨, 山田秀人, 藤本征一郎, 関口定美  日本輸血学会雑誌  44-  (6)  687  -692  1998/12  [Not refereed][Not invited]
     
    We investigated the effect of the removal of cryoprotectant after thawing of cryopreserved cord blood cells on their recovery rates. Cord blood was obtained at normal delivery.<br>Removal of red blood cells and the concentration of white blood cells in cord blood were performed by use of hydroxyethyl starch. As cryoprotectants, dimethyl sulfoxide and dextran were added at the final concentration of 10% and 1%, respectively. After 3-6 months preservation in liquid nitrogen, cord blood units were thawed, and an equal volume of dextran/albumin solution was added as washing medium. After centrifugation, the cell pellet was resuspended in washing medium. Recovery rates of nucleated cells (NC) and colony-forming cells (CFC) after the washing procedure were 97.0&plusmn;9.7% and 103.8&plusmn;20.1%, respectively.<br>Potassium and free hemoglobin were removed at 90.3% and 81.3%. Residual numbers of NC and CFC after the suspensions at room temperature for 2hr remained at 90.6&plusmn;12.5% and 90.6&plusmn;12.3%, respectively. These results indicate that the removal of cryoprotectant is effective in cord blood transplantation.
  • CD34陽性細胞のcell cycleと接着分子(VLA-4)の関係
    山口 美樹, 池淵 研二, 平山 文也, 佐藤 典宏, 関口 定美, 澤田 賢一, 小池 隆夫  日本輸血学会雑誌  44-  (4)  584  -585  1998/08  [Not refereed][Not invited]
  • 血液センターにおける常設救護班の設立
    林 裕一, 金子 千浪, 佐藤 典宏, 霜山 龍志, 田村 弘侯, 江口 正元, 関口 定美  血液事業  21-  (2)  149  -149  1998/08  [Not refereed][Not invited]
  • 臍帯血細胞の洗浄方法とその有用性の検討
    吉田 義洋, 佐藤 典宏, 茂木 祐子, 池淵 研二, 関口 定美, 鹿原 健知, 花谷 馨, 藤本 征一郎  日本輸血学会雑誌  44-  (4)  585  -585  1998/08  [Not refereed][Not invited]
  • 末梢血幹細胞移植は骨髄移植の代替療法たりうるか-現況と将来展望- 造血幹細胞移植と血液センターの役割
    池淵 研二, 佐藤 典宏, 関口 定美  日本輸血学会雑誌  44-  (4)  522  -524  1998/08  [Not refereed][Not invited]
  • 自己末梢血幹細胞移植(PBSCT)における移植細胞数と血球回復の解析
    茂木 祐子, 佐藤 典宏, 金井 ひろみ, 中瀬 俊枝, 池淵 研二, 関口 定美  日本輸血学会雑誌  44-  (4)  586  -586  1998/08  [Not refereed][Not invited]
  • 池淵研二, 佐藤典宏, 関口定美  日本輸血学会雑誌  44-  (4)  522  -524  1998/08  [Not refereed][Not invited]
  • 造血幹細胞移植における細胞処理
    佐藤 典宏  低温医学  24-  (2)  97  -97  1998/06  [Not refereed][Not invited]
  • 小島 聡, 金井 ひろみ, 佐藤 典宏, 中瀬 俊枝, 関口 定美  日本アフェレシス学会雑誌  17-  (2)  1998/05/31  [Not refereed][Not invited]
  • 茂木 祐子, 佐藤 典宏, 金井 ひろみ, 中瀬 俊枝, 池淵 研二, 関口 定美  日本アフェレシス学会雑誌  17-  (2)  1998/05/31  [Not refereed][Not invited]
  • 自己末梢血幹細胞移植における血球回復の解析
    佐藤 典宏  日本輸血学会雑誌  44-  (2)  169  -169  1998/04  [Not refereed][Not invited]
  • 関口 定美, 佐藤 典宏  厚生省血液研究事業研究報告集  (1997)  28  -31  1998/03  [Not refereed][Not invited]
  • Nakae Toshie, Sato Norihiro, Yamamoto Sadamitsu, Sekiguchi Sadayoshi  Japanese journal of apheresis  17-  (1)  17  -22  1998/02/28  [Not refereed][Not invited]
     
    In Japan, donor apheresis is applied to the collection of plasma and platelets, but not to red cells (red-cell apheresis, RCA). However, RCA has some advantages in comparison with whole blood donation including ; the separation of red-cell product from plasma at the time of blood collection, the flexibility of collection conditions according to the donor hematocrit, and application for autologous transfusion. In this article, we show the preliminary results of RCA at the Hokkaido Red Cross Blood Center and discuss the advantages of the introduction of RCA in Japan.
  • Sato Norihiro, Sekiguchi Sadayoshi  Japanese journal of apheresis  17-  (1)  41  -46  1998/02/28  [Not refereed][Not invited]
     
    Although unrelated peripheral blood-stem cell transplantation (PBSCT) is an attractive therapy for patients with severe hematological disorders, the safety of the healthy donor is crucial. To overcome related problems, there are some points to be discussed. The first point is the need to establish an optimal schedule for the administration of granulocyte colony-stimulating factor (G-CSF) in consideration of the effect of mobilization and the adverse effects to donors. However, to establish the schedule, the minimum requirement of CD34^+ cells for allogeneic PBSCT must be determined. The sec...
  • 【ドナーアフェレシスと血液事業】 赤血球サイタフェレシスの可能性
    中瀬 俊枝, 佐藤 典宏, 山本 定光  日本アフェレシス学会雑誌  17-  (1)  17  -22  1998/02  [Not refereed][Not invited]
  • 【ドナーアフェレシスと血液事業】 非血縁者間末梢血幹細胞移植のためのドナーサイタフェレシスの展望
    佐藤 典宏, 関口 定美  日本アフェレシス学会雑誌  17-  (1)  41  -46  1998/02  [Not refereed][Not invited]
  • 関口定美, 佐藤典宏  厚生省血液研究事業 平成9年度研究報告集  28  -31  1998  [Not refereed][Not invited]
  • 佐藤 典宏, 茂木 祐子, 金井 ひろみ, 中瀬 俊枝, 池淵 研二, 関口 定美  日本アフェレシス学会雑誌  17-  (0)  1998  [Not refereed][Not invited]
  • 茂木 祐子, 佐藤 典宏, 金井 ひろみ, 中瀬 俊枝, 池淵 研二, 関口 定美  日本アフェレシス学会雑誌  17-  (0)  1998  [Not refereed][Not invited]
  • 金井 ひろみ, 小島 聡, 佐藤 典宏, 中瀬 俊枝, 関口 定美  日本アフェレシス学会雑誌  17-  (0)  1998  [Not refereed][Not invited]
  • 【臍帯血幹細胞移植の現況】 北海道血液センターにおける臍帯血バンクの現状
    佐藤 典宏  臨床血液  38-  (10)  972  -972  1997/10  [Not refereed][Not invited]
  • 山本定光, 中瀬俊枝, 佐藤典宏, 池淵研二, 関口定美  医科器械学  67-  (9)  407  -410  1997/09  [Not refereed][Not invited]
  • YAMAMOTO S  The Japanese journal of medical instrumentation  67-  (9)  407  -410  1997/09/01  [Not refereed][Not invited]
  • 佐藤典宏, 川上克彦, 豊永敬之, 石光寿幸, 永淵一光, 松本伸二, 御木高志, 実藤隼人  消化器外科  20-  (5)  647  -652  1997/05  [Not refereed][Not invited]
  • 北海道地区における臍帯血バンクの体制
    佐藤 典宏  日本輸血学会雑誌  43-  (2)  292  -292  1997/04  [Not refereed][Not invited]
  • 茂木 祐子, 佐藤 典宏, 山本 定光, 中瀬 俊枝, 池淵 研二, 関口 定美  日本アフェレシス学会雑誌  16-  (2)  1997  [Not refereed][Not invited]
  • 中瀬 俊枝, 山本 定光, 中條 聖子, 佐藤 典宏, 池淵 研二, 関口 定美  日本アフェレシス学会雑誌  16-  (2)  408  -409  1997  [Not refereed][Not invited]
  • 非血縁者間末梢血幹細胞移植(PBSCT)をめざしたG-CSF投与法の検討
    佐藤 典宏  臨床血液  37-  (10)  1049  -1049  1996/10  [Not refereed][Not invited]
  • 自動プレストレージフィルトレーションの可能な成分採取システムの開発
    山本 定光, 中瀬 俊枝, 佐藤 典宏  医科器械学  66-  (9)  482  -488  1996/09  [Not refereed][Not invited]
  • YAMAMOTO Sadamitsu, NAKASE Toshie, SATO Norihiro, IKEBUCHI Kenji, SEKIGUCHI Sadayoshi  The Japanese journal of medical instrumentation  66-  (9)  482  -488  1996/09/01  [Not refereed][Not invited]
     
    Leukocyte contaminations in the blood products have been shown to cause post-transfusion adverse effects. To eliminate those effects, leukocyte number in products has been recommended to be less than 1-5×10^6 per bag, however, apheresis machineries can not guarantee this level at present. Some modifications were introduced to Haemonetics Multi-component system, which made it possible to automatically filter platelet products during collection .The filter was set directly to the circuit line (in-line) or set between the collection bag and final bag (on-line). In-line filtration system decreased the contaminating leukocyte count less than 5×10^6 per bag furthermore, on-line filtration system guaranteed them to be less than 4×10^5 per bag. In addition, several platelet characteristics were similar to those of non-filtered platelets : pH, LDH, Glucose, Lactate, aggregation index, p-selectin and β-TG. Neither bradykinine nor inflammatory cytokines showed the increment during storage. These results indicated that on-line filtration/Multi-component system would be desirable to collect leukodepleted platelet products.
  • スペクトラ(COBE)による末梢血幹細胞採取
    山本 定光, 中瀬 俊枝, 佐藤 典宏  日本アフェレシス学会雑誌  15-  (2)  185  -187  1996/05  [Not refereed][Not invited]
  • 佐藤 典宏, 池淵 研二  医学のあゆみ  176-  (9)  549  -553  1996/03/02  [Not refereed][Not invited]
  • 末梢血幹細胞の特徴
    佐藤 典宏, 池淵 研二  医学のあゆみ  176-  (9)  549  -553  1996/03  [Not refereed][Not invited]
  • KOIZUMI Kazuki, YOKOYAMA Kouji, NISHIO Mitsufumi, SHIBATA Shingo, OZUTUSMI Kunio, YAMAGUCHI Miki, SATO Norihiro, YASUKOUCHI Taro, SAWADA Ken-ichi, KOIKE Takao  臨床血液  37-  (1)  40  -45  1996/01/30  [Not refereed][Not invited]
  • 茂木 祐子, 佐藤 典宏, 山本 定光, 中瀬 俊枝, 池淵 研二, 関口 定美  日本アフェレシス学会雑誌  15-  (3)  1996  [Not refereed][Not invited]
  • 山本 定光, 中瀬 俊枝, 佐藤 典宏, 関口 定美  日本アフェレシス学会雑誌  15-  (2)  185  -187  1996  [Not refereed][Not invited]
  • KOIZUMI Kazuki, KOIKE Takao, YOKOYAMA Kouji, NISHIO Mitsufumi, SHIBATA Shingo, OZUTUSMI Kunio, YAMAGUCHI Miki, SATO Norihiro, YASUKOUCHI Taro, SAWADA Ken-ichi  Rinsho Ketsueki  37-  (1)  40  -45  1996  [Not refereed][Not invited]
     
    A 60-year-old male was admitted to our hospital complaining abdominal pain and fatigue. Complete blood count showed as follows; WBC 3,900/&mu;<i>l</i> (48% of monocytes), Hb 11.5 g/d<i>l</i>, Plt 0.9&times;10<sup>4</sup>/&mu;<i>l</i>. Marrow smears showed the presence of phagocytic histiocytes that consist 22.4% of total nuclear cells. Labolatory findings showed as follows; BUN 109.5 mg/d<i>l</i>, Creatinine 7.4 mg/d<i>l</i>, CPK 1,259 IU/<i>l</i>, Aldolase 195 IU/<i>l</i>, Myoglobin 4,200 mg/d<i>l</i>. Serological studies showed a 16-fold increase in herpes-simplex virus (HSV) antibody titers 4 weeks after admission. So we diagnosed his illness as virus-associated hemophagocytic syndrome (VAHS) and rhabdomyolysis that were associated with HSV. We performed three times of hemodialysis for acute renal failure and used prednisolone for VAHS. These treatments were successful, and he made a complete recovery from illness. VAHS complicated by rhabdomyolysis is very rare, and we think this case is full of suggestions.
  • 実地医家のための貧血診療の実際 貧血と輸血
    関口 定美, 佐藤 典宏  北海道医報  (847)  8  -11  1995/12  [Not refereed][Not invited]
  • SATO Norihiro, UEDA Yuji, KAWANO Ryuji, HIGASHI Takahiro, TOYODA Kiyokazu, YUKI Yasuhiro  日本臨床外科医学会雑誌 = The journal of the Japanese Practical Surgeon Society  56-  (10)  2130  -2134  1995/10/25  [Not refereed][Not invited]
  • 末梢血幹細胞のin vitro増幅
    佐藤 典宏  臨床血液  35-  (12)  1400  -1401  1994/12  [Not refereed][Not invited]
  • これだけは知っておきたい検査のポイント TGF-β(transforming growth factor-β)
    佐藤 典宏, 小池 隆夫  Medicina  31-  (11)  692  -693  1994/10  [Not refereed][Not invited]
  • KOIZUMI Kazuki, HIRAYAMA Sigeki, TAKANO Hina, SATO Norihiro, NOTOYA Atsushi, KITAYAMA Shyuh, YASUKOUCHI Taro, SAWADA Ken-ichi, KOIKE Takao  Rinsho Ketsueki  35-  (4)  403  -408  1994  [Not refereed][Not invited]
     
    A 30-year-old female was admitted to our hospital complaining of high fever and fatigue. Laboratory findings showed as follows; WBC 41,500/&mu;<i>l</i> (40% of blasts), Hb 8.5g/d<i>l</i>, platelets 4.4&times;10<sup>4</sup>/&mu;<i>l</i>. Cytochemical staining of blasts was positive for peroxidase and non-specific esterase with NaF inhibition. Chromosome analysis showed 46, XX, inv (16p+, q-). AML with eosinophilia was diagnosed. During myelosuppression after remission induction therapy, she developed high fever, and did not respond to transfusions. Marrow smears showed the presence of phagocytic histiocytes consisting of 18% total nuclear cells. A diagnosis of reactive histiocytosis (RH) was made. She recovered spontaneously, but suffered two episode of recurrence during subsequent chemotherapy. Reactive histiocytosis is characterized by proliferation of histiocytes which phagocyte blood cells in immunodeficient cases, e.g. a myelosuppressive state after chemotherapy. RH causes high fever and prolonged myelosuppression. It is considered to be one of the poor prognostic factors in AML during chemotherapy, and spontaneous recovery is rare. In this report, the effect of hydrocortisone on histiocytes derived from patient marrow was also investigated <i>in vitro</i>.
  • NOTOYA Atushi, HIRAYAMA Shigeki, TAKANO Hina, KOIZUMI Kazuki, SATOH Norihiro, YASUKOUCHI Taro, SAWADA Ken-ichi, KOIKE Takao  Rinsho Ketsueki  35-  (9)  881  -885  1994  [Not refereed][Not invited]
     
    A 61-year-old male complained of acrocyanosis and dark urine when exposing to cold temperatures. This had continued for several years. His physical examinations showed neither lymphadenopathy nor hepatosplenomegaly. Laboratory findings were as follows; RBC 305&times;10<sup>4</sup>/&mu;<i>l</i>, Hb 10.3 g/d<i>l</i>, reticulocytes 4.32%, platelets 27.3&times;10<sup>4</sup>/&mu;<i>l</i>, WBC 7,400/&mu;<i>l</i> with 50% lymphocytes, and a high cold agglutinin titer (2,048-fold) with anti-I specificity. Bone marrow smear preparations showed erythroid hyperplasia and increase of lymphocytes (52%). Immunophenotypic analysis showed an increase of CD20<sup>+</sup>/B-lymphocytes in peripheral blood (32.6%) and in bone marrow, and 94% of these cells co-expressed CD5. Most B-lymphocytes expressed surface IgM-&lambda;, suggesting a monoclonal proliferation of B-lymphocytes. At this point we diagnosed cold agglutinin disease (CAD) because there was no evidence of lymphoma, and the absolute number of preipheral blood lymphocytes was lower than the criteria of chronic lymphocytic leukemia (CLL) proposed by the International Workshop (1989). However, there still remains the possibility of the transitional form between &ldquo;idiopathic&rdquo; CAD and B-CLL or lymphoma.
  • 高齢者不応性貧血に対する顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)長期間欠投与による感染管理の検討
    佐藤 典宏, 沢田 賢一, 高野 弥奈  Biotherapy  7-  (6)  985  -991  1993/05  [Not refereed][Not invited]
     
    好中球は全例1,500/mm3以下でかつ中等度の貧血を呈し,血小板数は正常であった。G-CSFは2μg/kgを皮下注で2週間連日投与し,引き続いて12週間,週2回の投与を行った。G-CSF投与により,4例とも開始2週間で好中球絶対数が3倍以上に増加し,長期間欠投与中も投与前値以上に維持が可能であった。骨髄所見上は,治療前後で芽球数,染色体に変化はみられず,M:E比は3例で増加した。感染管理の効果は発熱頻度で評価した。重篤な肺炎を有した症例2は,好中球数は増加したが,臨床症状は改善せず,呼吸不全で死亡した。他の3例は,呼吸器系または尿路系の感染の所見が改善し,長期投与により発熱頻度の減少がみられた。3例の発熱頻度は,14.3%,8.9%,25.0%から14週間のG-CSF投与により,それぞれ3.6%,3.6%,0%に減少した。G-CSFによる副作用は4例とも認めなかった
  • 高齢者不応性貧血に対する顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)長期間欠投与による感染管理の検討
    佐藤 典宏  International Journal of Hematology  57-  (Suppl.1)  250  -250  1993/04  [Not refereed][Not invited]
  • 全身性エリテマトーデスと慢性リンパ性白血病と思われたCD5+B細胞の単クローン性増殖とを合併した1例
    勝俣 一晃, 三輪 映, 佐藤 典宏  リウマチ  32-  (5)  495  -501  1992/10  [Not refereed][Not invited]
  • ヒト末梢血由来CD34陽性細胞の純化とin vitro増幅
    佐藤 典宏  臨床血液  33-  (10)  1600  -1600  1992/10  [Not refereed][Not invited]
  • 坂井紀夫, 沢田賢一, 小泉和輝, 垂水隆志, 佐藤典宏, 家子正裕, 桜間照喜, 安河内太郎, 松永泰子  臨床血液  33-  (8)  1077  -1083  1992/08  [Not refereed][Not invited]
     
    A 30-year-old female at 27 weeks' gestation, was hospitalized on September 24 1990 because of the premature rupture of the amniotic sac. She underwent Caesarean section on the same day with 700 m<i>l</i> blood loss, but no blood transfusion was required. For several days after the operation, her hemoglobin level remained 7.8 g/d<i>l</i> and did not increase significantly in spite of parenteral iron therapy. On the 9th postoperative day, chills and pyrexia developed with leukopenia. Bone-marrow aspiration revealed severe erythroblastopenia with giant proerythroblasts, suggesting recent HPV infection, which was confirmed by the presence of anti-HPV IgM and HPV antigen by ELISA. The hemoglobin level gradually decreased to 6.0 g/d<i>l</i> by the 21st day, then began to increase rapidly. The serum of acutephase containing HPV antigens inhibited BFU-E and CFU-E but not CFU-GM. The serum of convalescent-phase inhibited neither erythroid colony growth nor myeloid colony growth. These results indicate that the inhibitory effect of HPV in colony assay is highly specific for erythropoiesis and that HPV play a role in transient cessation of erythropoiesis. The reason, however, for leukopenia in HPV infection remained unclear. This case shows that HPV infection may induce severe hematological disorders even in normal person under erythropoietic stress.
  • CFU-Gに対するIL-4の影響
    佐藤 典宏  臨床血液  33-  (5)  712  -713  1992/05  [Not refereed][Not invited]
  • 純化骨髄造血前駆細胞の無血清培地におけるM-CSFの影響
    佐藤 典宏  臨床血液  32-  (10)  1267  -1267  1991/10  [Not refereed][Not invited]
  • IEKO Masahiro, SATOH Norihiro, SAKURAMA Shoki, THOMA Yuki, HANDA Hiroshi, FUJIE Teiji, SATOH Masahiro, YASUKOUCHI Taro, NAKAGAWA Shoichi  Rinsho Ketsueki  31-  (6)  831  -836  1990/06  [Not refereed][Not invited]
     
    A 32 year-old male patient was admitted to our hospital because of abdominal tumor. The examination on admission showed massive splenomegaly and esophageal varices although peripheral blood cell counts were within normal limits. Exploratory laparotomy was performed with the diagnosis of portal hypertension and revealed the multiple thrombus formations in the splenic vein and the extramedullary hematopoietic findings in the spleen by the microscopic examination. <i>In vitro</i> colony forming assay showed the formation of spontaneous erythroid colonies in cultures of progenitor cells (from peripheral blood mononuclear cells) in erythropoietin-poor medium.<br>Increasing thrombocytosis was observed immediately after splenectomy, and hemorragic diathesis of nasal bleeding and gastrointestinal bleeding were also detected. The anlysis of plasma von Willebrand factor (vWF) revealed the decrease of ristocetin cofactor activity and the lack of large multimeric components of vWF. These abnormal findings observed after splenectomy led to recovery through the administration of busulfan with the improvement of thrombocytosis.<br>Accordingly, the course of the disease clearly indicated it to be the essential thrombocythemia represented as portal vein thrombosis and in latent form with normal cell counts in peripheral blood at the time of diagnosis, and subsequently, to develop into a full-blown form associated with acquired von Willebrand syndrome following splenectomy.
  • ヒト骨髄造血幹細胞の精製と各種造血因子の影響
    佐藤 典宏  日本血液学会雑誌  53-  (2)  335  -335  1990/03  [Not refereed][Not invited]
  • Very low dose Ara-C療法により完全寛解となり,染色体異常が消失した低形成性白血病の1例
    佐藤 典宏  臨床血液  30-  (9)  1595  -1595  1989/09  [Not refereed][Not invited]
  • 肥満細胞性白血病様の臨床像を呈し剖検により悪性組織球症と診断された1例
    佐藤 典宏  日本血液学会雑誌  52-  (2)  354  -354  1989/03  [Not refereed][Not invited]
  • 佐藤典宏, 桜間照喜, 家子正裕, 半田洋, 藤間祐紀, 藤江禎二, 佐藤雅寛男, 安河内太郎, 中川昌一  血液と脈管  19-  (6)  665  -667  1988/12  [Not refereed][Not invited]
     
    Our studies focused on the necessity of the immediate acidification for measuring the biological activity of tissue-plasminogen activator (t-PA) in the blood samples. The following results were obtained: 1. Biological Activity (BA) and immunological activity (IA) of t-PA increased after venous occlusion. However, the BA of t-PA was considerly lower in plasma than in the blood samples immediately acidified after venous puncture. 2. BA of t-PA in the blood decreased rapidly after sampling without acidification. 3. PAI activity in plasma correlated inversely to the specific activity of t-PA released venous occlustion.<br>In conclusion, when measuring the t-PA activity in the blood, immediate acidification is necessary to prevent its inactivation probably by PAT co-existing in the plasma.
  • Spent phaseを経ず急性骨髄性白血病に移行した真性多血症の一例
    佐藤 典宏  日本血液学会雑誌  51-  (3)  661  -662  1988/05  [Not refereed][Not invited]
  • 血小板減少で発症し,5年後白血化したMDS症例の染色体の経時的変化
    佐藤 典宏  臨床血液  29-  (4)  608  -609  1988/04  [Not refereed][Not invited]

Educational Activities

Teaching Experience

  • 研究発表技法Ⅰ
    開講年度 : 2018
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 医学院
  • Basic Principles of Medicine
    開講年度 : 2018
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 医学院
    キーワード : 臨床研究、倫理指針、橋渡し研究
  • 研究発表技法Ⅱ
    開講年度 : 2018
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 医学院
  • Introduction to Translational Research
    開講年度 : 2018
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 医学院
    キーワード : 臨床研究、トランスレーショナルリサーチ
  • 実験・研究計画法
    開講年度 : 2018
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 医学研究科
  • Master's Thesis Research in Medical Sciences
    開講年度 : 2018
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 医学院
    キーワード : 臨床研究、倫理指針、橋渡し研究
  • 研究発表技法Ⅰ
    開講年度 : 2018
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 医学研究科
  • Basic Principles of Medicine
    開講年度 : 2018
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 医学院
    キーワード : 橋渡し研究、臨床試験、データ管理学、生物統計学 Translational Research, Clinical Trials, Clinical Data Management, Biostatistics
  • 研究発表技法Ⅱ
    開講年度 : 2018
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 医学研究科
  • Master's Thesis Research in Public Health
    開講年度 : 2018
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 医学院
    キーワード : 臨床研究、倫理指針、橋渡し研究
  • 基盤医学研究Ⅱ
    開講年度 : 2018
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 医学研究科
  • Research planning for Biomedical Science and Engineering Research
    開講年度 : 2018
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 医理工学院
    キーワード : 生物統計、文献検索 、疫学 、治験 、臨床研究 、論文の書き方
  • 基盤医学研究Ⅰ
    開講年度 : 2018
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 医学研究科
  • Experimental Methods and Research Designs
    開講年度 : 2018
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 医学院
    キーワード : 生物統計、文献検索、疫学、治験、臨床研究、論文の書き方 biostatistics, literature search, epidemiology, clinical trial, clinical research, how to white article
  • 臨床医学研究Ⅱ
    開講年度 : 2018
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 医学研究科
  • Principles of Medicine
    開講年度 : 2018
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 医学院
    キーワード : 臨床研究、倫理指針、橋渡し研究
  • 臨床医学研究Ⅰ
    開講年度 : 2018
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 医学研究科
  • Introduction to Translational Research
    開講年度 : 2018
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 医学院
    キーワード : 臨床研究、トランスレーショナルリサーチ
  • 社会医学研究Ⅱ
    開講年度 : 2018
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 医学研究科
  • Principles of Medicine
    開講年度 : 2018
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 医学院
    キーワード : 橋渡し研究、臨床試験、データ管理学、生物統計学 Translational Research, Clinical Trials, Clinical Data Management, Biostatistics
  • 社会医学研究Ⅰ
    開講年度 : 2018
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 医学研究科
  • Dissertation Research in Medical Sciences
    開講年度 : 2018
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 医学院
    キーワード : 臨床研究、倫理指針、橋渡し研究
  • 医学総論
    開講年度 : 2018
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 医学研究科
  • Dissertation Research in Social Medicine
    開講年度 : 2018
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 医学院
    キーワード : 臨床研究、倫理指針、橋渡し研究
  • トランスレーショナルリサーチ概論
    開講年度 : 2018
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 医学研究科
  • Dissertation Research in Clinical Medicine
    開講年度 : 2018
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 医学院
    キーワード : 臨床研究、倫理指針、橋渡し研究
  • 研究発表技法Ⅰ
    開講年度 : 2018
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 医学院
  • Experimental Methods and Research Designs
    開講年度 : 2018
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 医学院
    キーワード : 生物統計、文献検索 、疫学 、治験 、臨床研究 、論文の書き方
  • 研究発表技法Ⅱ
    開講年度 : 2018
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 医学院
  • An Introduction to Translational Research
    開講年度 : 2018
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 医学部


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.