Researcher Database

Junichi Suzuki
Research Faculty of Media and Communication Media and Communication Public Communication
Professor

Researcher Profile and Settings

Affiliation

  • Research Faculty of Media and Communication Media and Communication Public Communication

Job Title

  • Professor

J-Global ID

Research Interests

  • テクスト論   コミュニケーション   メタファー   メディア   システム論   ルーマン   公共性   ハーバマス   異文化コミュニケーション   社会システム理論   批評理論   トーマス・マン   近現代ドイツ文学   アレゴリー   市民社会   

Research Areas

  • Informatics / Information networks
  • Humanities & social sciences / History of thought
  • Humanities & social sciences / Sociology
  • Humanities & social sciences / Literature - European
  • Humanities & social sciences / Literature - General
  • Humanities & social sciences / Literature - Chinese

Academic & Professional Experience

  • 2010/04 - Today Hokkaido University Research Faculty of Media and Communication
  • 1994/04 - 2010/03 Hokkaido University Institute of Language and Culture Studies
  • 1989/04 - 1994/03 The University of Tokyo Faculty of Letters

Education

  •        - 1989/04  The University of Tokyo
  •        - 1985/03  The University of Tokyo  Faculty of Letters

Research Activities

Published Papers

Research Grants & Projects

  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    Date (from‐to) : 2015 -2018 
    Author : 鈴木 純一
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    Date (from‐to) : 2010 -2013 
    Author : 鈴木 純一, 佐藤 拓夫, 吉田 徹也, 高橋 吉文, 山田 貞三, 西村 龍一, 石川 克知, 堀田 真紀子
     
    最終年度に当たる本年度は、昨年度続けて、メタファーとメディアの相互依存性、あるいは両者による構成(接続)・解体(切断)・再構成(再接続)というメカニズムに基づいた事例分析が進められた。その結果、技術的メディアを触媒としながら相反する要素を『魔』という象徴的な変容の場の物語として統合するメタファー機能(『魔の山』)、物理的なメタファー表現の揺れの中に意識的な心理関係の変化を織り込むテクスト構成(ゲーテ)、あるいは思想の展開を可視化メディアとなる視覚的イメージのメタファー的な解釈(ベンヤミン)等の新たな知見が加えられ、さらにはニーチェにおける批評の自己言及がもたらす論理の反転(決定不可能性)や、音楽をメディアとして描写する際の構成方法(例えば『音楽史』という学問的な記述)などにも、呼応する現象を見ることができた。研究全体を通して理論的な知見として、揺れと変化を基本的な原理とする思想、作品、テクストを、それにもかかわらず一つのユニットとして保持することが可能なのは、メディアの内包するメタファー的な機能―構成(接続)・解体(切断)・再構成(再接続)の連続的な交替―であり、またこれは極めて創作における有効な方法論となりえ、その現象は近代ドイツ圏に顕著である、という仮説の有効性が確認された。また、この構成・解体・再構成の連続的な交替を極めて抽象的に表現しているのが、ルーマンの社会システム理論と考えられ、<差異化と同一化>の差異化、あるいはシステムにおける意味のオートポイエーシス(自己差出)等、表現は異なるが、メディアの基本的な機能である接続と切断を、<振動>という形で定式化したその理論構成は、前述したメタファーの機能の仮説と極めて親和性が高いといえる。個別的な分析のいくつかはすでに発表されているが、全般的な理論的な成果に関しては、今年度中に論文として発表される。
  • Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
    Date (from‐to) : 1999 -2001 
    Author : Junichi SUZUKI
     
    This research performed the extraction and analysis of a communication model used as the foundation of the sociological communication theory in Germany to the beginning. Then, it was shown clearly that conversion of the methodology-paradigm in communication analysis is progressing. Since sociological communication act theories, such as the result, were specified to an idea-sense of purpose, it became clear to have validity only in the domain limited extremely as conceptual equipment which analyzes present-day various communication phenomena. On the other hand, although, the communication system theory of N. Luhmann developed based on present age system theory consists of very abstract and neutral selection process of information, transfer, and understanding therefore, it can analyze the various ways of appearing of communication from a unific viewpoint, and can describe them. This can be supported also by reference investigation about the communication phenomenon analysis or text analysis of modern society advanced according to this new communication model and new methodology in Germany now. For example, it was verified that this functions on problem analysis of a social system in cultural communication, analysis of the metaphor in present age text theories, problem analysis of agreement formation and multiculturalism in public communication, as a very effective model.
  • 文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
    Date (from‐to) : 1996 -1996 
    Author : 鈴木 純一
     
    本研究によって得られた成果・知見ならびに今後の展望を理論的視点からまとめると以下の4点になる。1.文学テクストにおける「自己」概念は、19世紀後半から今世紀にかけて著しい変貌を見せている。すなわち、古典派からロマン派のテクストにおける「自己」は自ら積極的に意味規定をする概念であったのに対し、リアリズム以降20世紀にかけては、社会システム・ネットワーク等によって対他的に規定される機能的な概念へと変化し、「自己」が相対比される傾向にある。(具体的には『ヴェルテル』や『ハインリッヒ・フォン・オフタ-ディンゲン』とムジルやカフカ等の作品比較において明か)2.これと連動するように、20世紀における「自己」概念は非常に可変的なものになっている。古典派、ロマン派における「自己」概念獲得の試みが普遍的あるいは固定的なものを模索する(その試みがいわゆる「ビルドゥングス・ロマン」とも考えられる)のに対し、今世紀にはそのような「自己」の放棄あるいは不可能性が前提となり、社会、言語、法などの動的システムとの関連において生産される可変的な「自己」が主流となっている。またこのことはル-マン等の社会システム理論ならびにオートポイエシス理論との著しい接近を見せている。3.一方ではそのような「自己」概念に対する忌避から来る新たな自己言及の試みも今世紀の重要な文学的主題として(特に「語りの原理の特権化」という文脈で)機能するようになっている。しかし、語りの場の自己否定などの形で生じる自己言及パラドクス等の問題を抱えている。(トーマス・マンの後期の作品やポスト・モダンの思想家たちのテクスト論)4.今後の展望として、以上のような問題性は現代免疫学における「自己」規定の問題や複雑系科学におけるカオス論ならびに「自己組織化」の構造ときわめて密接な関連があり、文系理系を問わぬより広い視点からのアプローチが望まれる。

Educational Activities

Teaching Experience

  • Public Society
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 国際広報メディア・観光学院
    キーワード : 公共圏、疑似環境、コミュニケーション、社会システム、国民国家、メディア、コミュニティ
  • Public Communication
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 国際広報メディア・観光学院
    キーワード : 公共性とコミュニケーション、民主主義、国家、社会理論、公共圏、熟議民主主義、メディア、選挙運動、ジャーナリズム、文化的多様性
  • German I
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : ドイツ語、ドイツ社会・文化 
  • German Seminar
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : ドイツ語、ドイツ文化・社会
  • German II
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : ドイツ語 ドイツ文化とドイツ社会

Campus Position History

  • 2015年4月1日 
    2017年3月31日 
    外国語教育センター長
  • 2015年4月1日 
    2017年3月31日 
    教育研究評議会評議員
  • 2015年4月1日 
    2017年3月31日 
    大学院メディア・コミュニケーション研究院副研究院長
  • 2017年4月1日 
    2019年3月31日 
    大学院国際広報メディア・観光学院副学院長

Position History

  • 2015年4月1日 
    2017年3月31日 
    外国語教育センター長
  • 2015年4月1日 
    2017年3月31日 
    教育研究評議会評議員
  • 2015年4月1日 
    2017年3月31日 
    大学院メディア・コミュニケーション研究院副研究院長
  • 2017年4月1日 
    2019年3月31日 
    大学院国際広報メディア・観光学院副学院長


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.