Researcher Database

Mikako Yamaguchi
Graduate School of Humanities and Human Sciences Division of Humanities Department of Cultural Diversity Studies
Associate Professor

Researcher Profile and Settings

Affiliation

  • Graduate School of Humanities and Human Sciences Division of Humanities Department of Cultural Diversity Studies

Job Title

  • Associate Professor

URL

J-Global ID

Research Interests

  • 動物人類学   西表島のイノシシ猟   動物描写   狩猟   北米先住民   人類学   

Research Areas

  • Humanities & social sciences / Cultural anthropology and folklore

Academic & Professional Experience

  • - 2019/03 Gifu University Faculty of Regional Studies
  • Tohoku University Center for Northeast Asian Studies Researcher

Education

  • 2004/04 - 2008/03  Hokkaido University
  •        - 2008/03  Hokkaido University  Graduate School of Letters
  • 2002/04 - 2004/03  Hokkaido University

Association Memberships

  • 生態人類学会   北方学会   カナダ学会   日本文化人類学会   生態人類学会   北方学会   カナダ学会   日本文化人類学会   

Research Activities

Published Papers

Books etc

  • 蛯原, 一平, 齋藤, 暖生, 生方, 史数 
    共立出版 2019/05 (ISBN: 9784320058286) xv, 288p
  • 梶丸, 岳, 丹羽, 朋子, 椎野, 若菜, 倉田, 薫子, 増野, 亜子, 小森, 真樹, 柚洞, 一央, 久世, 濃子, 安永, 数明, 設楽, 知弘, 細, 将貴, 長谷川, 航, 平田, 正礼, 山口, 未花子, 阿児, 雄之, 山崎, 哲秀, 角南, 聡一郎, 田島, 知之, 森田, 剛光 
    古今書院 2016/05 (ISBN: 9784772271349) 248p, 図版 [6] p
  • 高倉, 浩樹, 落合, 雪野, 上, まりこ, Rampisela, Dorotea Agnes, 山口, 未花子, 西澤, 真樹子, 水谷, 裕佳, 木山, 克彦, 伊藤, 敦規, 須藤, 健一, 久保田, 亮, Kamerling, Leonard, 山崎, 幸治, 川上, 将史, Ammosov, Innokentiĭ, 千葉, 義人 
    昭和堂 2015/01 (ISBN: 9784812214190) xi, 246, ixp
  • ヘラジカの贈り物;北方狩猟民カスカと動物の自然誌
    山口未花子 (Single work)
    春風社 2014/02
  • 高倉 浩樹, 山口 未花子, 加藤 博文, 吉田 睦, Stewart Henry, 岸上 伸啓, 坂井 正人, 若林 大我 
    東北大学出版会 2014 (ISBN: 9784861632501)
  • 動物と話す人々
    山口未花子 (Joint editor)
    春風社 2012/09
  • 奥野 克巳, 山口 未花子, 近藤 祉秋 
    春風社 2012 (ISBN: 9784861103254)
  • Continuity, Symbiosis, and the Mind in Traditional Cultures of Modern Societies
    Hokkaido University Press 2011
  • アイヌ史を問いなおす アジア遊学139
    勉誠出版 2011
  • 集団生活の倫理と実践
    北海道大学出版会 2007

MISC

Research Grants & Projects

  • 「模する」技術の発展と伝統的習俗の変容についての学際的研究
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    Date (from‐to) : 2019/04 -2023/03 
    Author : 野口 直人, 高山 陽子, 妙木 忍, 山口 未花子, 田村 光平, 安田 容子, 山口 睦, 大塚 直樹, 今石 みぎわ
  • 動物の身体をめぐる3つの位相からみる生物とモノの連続性
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    Date (from‐to) : 2018/04 -2023/03 
    Author : 山口 未花子
     
    2018年度はフィールド調査に重点をおいて研究を実施した。具体的には7月にカナダ、ユーコン準州で開催された内陸トリンギットコミュニティにおけるトーテムポール建立セレモニーに関するフィールド調査、9月にはカナダユーコン準州のカスカのコミュニティにおける葬送儀礼に関するフィールド調査を実施した。 7月の調査では、動物の表象や動物の身体を象徴的に利用するという観点から、特にセレモニーにおいて用いられる「レガリア」と呼ばれる装飾品がどのように製作、贈与されるのか、また当日どのように身に着けられ、パフォーマンスの中で役割を果たすのかといった点に注目した。そこから、動物に象徴されるクランや、祖先が内陸トリンギット内の人間関係の構築、維持に大きな役割を果たしているという点が明らかになった。また、その背景として、特にカスカなど古くからユーコン内陸部に居住してきた近隣の民族と比較して、比較的新しい時代に移動してきた海岸トリンギットと内陸のアサパスカ系諸民族との融合によって内陸トリンギットが形成されてきたという歴史的経緯が関係している様子が示唆された。 また、カスカの葬送儀礼においても墓石にクラン動物を刻むなど、象徴的に動物を用いる様子が見られた。カスカもトリンギットの影響と考えられるクランシステムをもっており、このクランが墓石に刻まれることが多い。ただしクラン動物は2種類で内陸トリンギットの5~6種類に比較すると少ないなど、コミュニティ内の社会システムにおける動物の象徴利用は、カスカでは限定的といえる。むしろ、個々人の狩猟やメディシン・アニマルを通じが動物とのつながりに重点が置かれてきたことがこれまでの研究からも示唆されており、儀礼の場面での動物の象徴的な表現の在り方という点で、特に目に見えるモノとして二つの集団に類似点が認められながらも大きな違いがあることが明らかになった。
  • 持続可能性を基軸とした異生態系比較による「地域の知」モジュール化と公教育への応用
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    Date (from‐to) : 2017/04 -2020/03 
    Author : 飯塚 宜子, 島村 一平, 山口 未花子, 大石 高典
     
    本研究では、カナダ先住民、中部アフリカ狩猟採集民、モンゴル遊牧民など異なる研究対象を持つ研究者が、調査地の相互訪問、参与観察、対話などを通じ、持続可能性概念を基軸としながら、人と自然の関係性について捉え直す。そしてそのような地域の多元性について、日本の都市生活者や児童による経験的理解をすすめるプロセス構築について探求する。 今年度は、パフォーマンスをキー概念としたワークショップ形式の10回の実践的研究会を中心に研究をすすめた。日本の都市生活とはかけ離れた狩猟採集民や先住民らの環境観や動物観を学習者が経験的に捉えるために、ロールプレイや即興劇など演劇手法を用いたワークを採用した。地域の基本情報やイメージを喚起する写真や五感に働きかけるモノなどを配置し、人類学者、パフォーマー、学習者らが、ともにパフォーマンスを行う場を構築した。プログラムの内容としては、カナダ先住民カスカを扱う「動物と話す方法」では、メディスン・アニマルや、魂を森へ還す儀礼による動物の再生などを取り上げた。中部アフリカ狩猟採集民バカ・ピグミーについて知る「ゾウのいる森で遊ぶぞう!」では、詳細な生態知識、公平な分配、精霊などを扱った。モンゴル遊牧民を扱うプログラム「ボクは大草原の遊牧民」では、遊牧の方法や共有自然資源、動物利用などの文化などを扱った。このようなプログラムの内容と構成が、学習者にどのような体験をもたらしたのかについての分析は、学習者の当事者視点からの経験を記述することを目的とする会話分析を中心にすすめている。これは、社会的行為の意味は相互行為のなかで提案し構成されるという相互行為分析の視点に基づいている。「目的―評価」のかたちに落とし込まれがちな近代の教育枠組みのなかで、地域や人間のリアリティが学び手の間に構築されるプロセスの記述をおこなっている。
  • Japan Society for the Promotion of Science:Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (A)
    Date (from‐to) : 2012/04 -2017/03 
    Author : OKUNO Katsumi
     
    This study group conducted study on "killing animals", a remarkable aspect of the relation between human and animals around the world, focusing on varied subsistence system such as hunting-and-gathering, herding and farming, by especially depending on comparative ethnographic method based on anthropological fieldwork.
  • 地域文化を生かした野生動物資源の持続可能な利用に関する文理連携型研究
    岐阜大学:活性化経費
    Date (from‐to) : 2016/05 -2017/03 
    Author : 山口未花子
  • 野生動物資源の贈与交換に潜む動物とのパートナーシップ
    日本学術振興会:科学研究費助成事業
    Date (from‐to) : 2013/04 -2017/03 
    Author : 山口未花子
  • 野生動物資源の贈与交換に潜む動物とのパートナーシップ
    日本学術振興会:科学研究費助成事業
    Date (from‐to) : 2013/04 -2017/03 
    Author : 山口未花子
  • Japan Society for the Promotion of Science:Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (B)
    Date (from‐to) : 2010/04 -2014/03 
    Author : TAKAKURA Hiroki, OKUMURA Makoto, WATANABE Manabu, KUBOTA Ryo, YAMAGUCHI Mikako
     
    In the Arctic where a high index of the global warming was seen in in comparison with a middle-low degree zone, the influence of the climate change to the indigenous socio-cultural system was analyzed based on the information of the recent environment history. From the case study of the inland river basin (Lena River), the high humidity is sensed in the region which affected the frequency and larger scale of spring ice-melted floods, snow-melted floods, and summer rain floods increased. The latter two floods brought a crisis for local live stock farming occupation which only had formed as an adaptation to the spring ice-melted flood. On the other hand, from the case study of coastal region (the Alaska coast) which is sensed as a trend of draught the indigenous communities does not intensively use the low land and the flood plain, which resulted no serious damage occurred. The focus on the micro-environment is the clue for the method of the climate change and global society.

Educational Activities

Teaching Experience

  • Perceptions of Society Reading culture from the depicted animalsPerceptions of Society Reading culture from the depicted animals Hokkaido University
  • 博士論文指導特殊演習
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 博士論文指導特殊演習Ⅰ
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 文学院
  • 修士論文・特定課題指導特殊演習
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 卒業論文
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
  • 修士論文・特定課題指導特殊演習
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学院

Social Contribution

Social Contribution

Social Contribution

  • 岐阜大学・十六銀行産学連携プロジェクトくるるセミナー講師
    Date (from-to) : 2018/02/01-2018/02/28
    Role : Lecturer
    Sponser, Organizer, Publisher  : 株式会社十六銀行
    Event, Program, Title : 講演会
    General
  • 谷汲での活動報告岐阜大・地域協学センターがシンポ
    Date (from-to) : 2016/03/29
    Sponser, Organizer, Publisher  : 中日新聞
    Event, Program, Title : 中日新聞
  • 地域における「共生」を考える
    Date (from-to) : 2015/10/26-2015/10/26
    Role : Lecturer
    Sponser, Organizer, Publisher  : 岐阜大学・地域科学部
  • 地域における「共生」を考える
    Date (from-to) : 2015/09/26-2015/09/26
    Role : Lecturer
    Sponser, Organizer, Publisher  : 岐阜大学・地域科学部

Media Coverage

  • ぎふう〜まん:揖斐川に研究所開設狩猟から命を学ぶ
    Date : 2015/11/23
    Program, newspaper magazine: 読売新聞
    Paper
  • 狩猟文化発信に研究所岐阜大・山口助教揖斐川に開設人と動物との関係伝える場に
    Date : 2015/11/13
    Program, newspaper magazine: 朝日新聞
    Paper
  • 狩猟文化発信へ拠点揖斐川町に研究所開設捕獲や採集を実践
    Date : 2015/11/02
    Program, newspaper magazine: 岐阜新聞
    Paper
  • 被差別部落の家族追う 映画「ある精肉店のはなし」上映会 監督ら制作の意図語る
    Date : 2015/07/10
    Program, newspaper magazine: 岐阜新聞
    Paper
  • 北米インディアンの古老に弟子入りして猟師の修業を積んできた人
    Date : 2014/04
    Program, newspaper magazine: ほぼ日刊イトイ新聞
    Internet

Academic Contribution

  • 平成27年度 岐阜大学COC事業「地域志向学プロジェクト(地域文化を生かした野生動物資源の持続可能な利用に関する文理連携型研究」
    Role: Planning etc
    Type: Academic research
    Organizer, responsible person: 岐阜大学 地域協学センター


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.