Researcher Database

Hiroshi Oda
Graduate School of Humanities and Human Sciences Division of Humanities Department of Cultural Diversity Studies
Professor

Researcher Profile and Settings

Affiliation

  • Graduate School of Humanities and Human Sciences Division of Humanities Department of Cultural Diversity Studies

Job Title

  • Professor

Degree

  • Dr.sc.hum.(University Heidelberg)

URL

J-Global ID

Research Interests

  • ヨーロッパ地域研究   文化人類学   平和研究   Peace Studies (3502)   European Area Studies (2601)   Cultural Anthropology (3301)   

Research Areas

  • Humanities & social sciences / Local studies
  • Humanities & social sciences / Cultural anthropology and folklore

Academic & Professional Experience

  • 2019/04 - Today Hokkaido University School of Humanities and Human Sciences Professor
  • 2016/04 - 2019/03 Hokkaido University Graduate School of Letters professor
  • 2007/04 - 2016/03 北海道大学大学院 文学研究科 准教授
  • 2007/04 - 2011/03 National Museum of Ethnology
  • 2001/04 - 2007/03 Hokkaido University Graduate School of Letters
  • 2001 - Associate Professor

Education

  • 1994/10 - 2001/03  ハイデルベルク大学
  • 1994/04 - 2001/03  国立精神神経センター精神保健研究所
  • 1989/04 - 1994/03  大阪大学大学院
  • 1985/04 - 1989/03  Osaka University  Faculty of Human Sciences

Association Memberships

  • トランセンド研究会   日本文化人類学会   日本平和学会   ヨーロッパ社会人類学会   北海道民族学会   European Association of Social Anthropologists   

Research Activities

Published Papers

  • トラウマと歓待——ホロコースト生存者の声を聴くことと当事者性
    小田 博志
    トラウマを共有する 21 - 53 2019/04 [Not refereed][Not invited]
  • ドイツから「移管」されたあるアイヌの遺骨と脱植民地化
    小田 博志
    大学による盗骨―研究利用され続ける琉球人・アイヌ遺骨 137 - 152 2019/02 [Not refereed][Not invited]
  • From Bone to Human Being : Repatriation and Rehumanisation of an Ainu-skull
    ODA Hiroshi
    Journal of the Center for Northen Humanities 11 73 - 94 2018/03 [Not refereed][Not invited]
  • Involvedness of Memory and Colonial Amnesia
    ODA Hiroshi
    Ritsumeikan Studies in Language and Culture 18 (3) 115 - 123 2017 [Not refereed][Invited]
  • Spontaneity of Life and Anthropology of Living Nature
    ODA Hiroshi
    Japanese Journal of Psychopathology 37 (3) 191 - 197 2016 [Not refereed][Invited]
  • The Gap between Post-War and Postcolonial Reconciliation: A Case
    ODA Hiroshi
    Peace Studies 47 45 - 65 2016 [Not refereed][Invited]
  • 「窓拭き」と「聴く耳」-「行動・償いの印・平和奉仕」とインフォーマルな和解
    小田 博志
    現代ドイツへの視座I 想起のグローバル市民社会』 305 - 336 2016 [Not refereed][Not invited]
  • Unearthing the history of minshū in Hokkaido: the case study of the Okhotsk People’s History Workshop
    ODA Hiroshi
    Local History and War Memories in Hokkaido 129 - 145 2015/08 [Refereed][Not invited]
  • 小池喜孝―〈痛み〉からはじまる民衆史運動
    小田 博志
    ひとびとの精神史 第2巻 朝鮮の戦争―1950年代 313 - 339 2015/08 [Not refereed][Invited]
  • 巻頭言 <生きる場〉と地域研究からの平和論
    小田 博志, 福武 慎太郎
    平和研究 (44) i - xiii 2015/04 [Not refereed][Not invited]
  • 歴史の他者と出会い直す―ナチズム後の「和解」のネットワーク形成
    小田 博志
    『平和の人類学』 70 - 91 2014/03 [Refereed][Not invited]
  • 平和の人類学 序論
    小田 博志
    『平和の人類学』 1 - 23 2014/03 [Refereed][Not invited]
  • エスノグラフィー教育の現場から
    小田 博志
    感性工学 11 (1) 29 - 32 2012 [Not refereed][Invited]
  • Hiroshi Oda
    Sanctuary Practices in International Perspectives: Migration, Citizenship and Social Movements 148 - 161 2012/01/01 [Refereed][Invited]
  • Japan und Hans Paasche
    Ferne Gefährten: 150 Jahre deutsch-japanische Beziehungen 212 - 215 2011 [Not refereed][Not invited]
  • フォーラムとしての「平和の人類学」―共同研究:平和・紛争・暴力に関する人類学的研究の可能性(2008-2011)
    小田 博志
    民博通信 (133) 18 - 19 2011 [Not refereed][Not invited]
  • 「平和の人類学」を構想する―共同研究:平和・紛争・暴力に関する人類学的研究の可能性
    小田 博志
    民博通信 (128) 18 - 19 2010 [Not refereed][Not invited]
  • 「平和の人類学」を実践する―共同研究:平和・紛争・暴力に関する人類学的研究の可能性(2008-2011)
    小田 博志
    民博通信 (130) 26 - 27 2010 [Not refereed][Not invited]
  • 「現場」のエスノグラフィー ―人類学的方法論の社会的活用のための考察―
    国立民族学博物館調査報告 (85) 11 - 34 2009 [Not refereed][Not invited]
  • エスノグラフィーとナラティヴ
    ナラティヴ・アプローチ 27 - 52 2009 [Not refereed][Not invited]
  • 難民―現代ドイツの教会アジール
    人類学で世界をみる 149 - 168 2008 [Not refereed][Not invited]
  • ナラティヴと現場性
    日本保健医療行動科学会年報 22 27 - 37 2007 [Not refereed][Not invited]
  • Peacebuilding from Below: Theoretical and Methodological Considerations toward an Anthropological Study on Peace
    Journal of the Graduate School of Letters 2 1  2007 [Not refereed][Not invited]
  • ナラティヴの断層について
    ナラティヴと医療 49 - 69 2006 [Not refereed][Not invited]
  • Salutogenesisと意味に基づく医療
    全人的医療 7 (1) 84 - 91 2006 [Not refereed][Not invited]
  • "Because We Are a Community of Refugees": An Ethnographic Study on Church Asylum in Germany
    Journal of the Graduate School of Letters 1 17 - 29 2006 [Not refereed][Not invited]
  • スピリチュアリティと健康
    子どもの心とからだ 14 (1) 25 - 32 2005 [Not refereed][Not invited]
  • エスノグラフィーの知をめぐって―マリノフスキーと他者性の認識
    こころと文化 4 (2) 112 - 117 2005 [Not refereed][Not invited]
  • 心身医学 44 (4) 257 - 262 2004 [Not refereed][Not invited]
  • 質的研究におけるナラティブ
    看護技術 48 (1) 89 - 94 2002 [Not refereed][Not invited]
  • Erlebte Genesungsgeschichten: Eine qualitative Studie uber Spontanremissionen bei Krebserkrankungen
    Zeitschrift fur Medizinische Psychologie 10 (1) 33 - 40 2001 [Not refereed][Not invited]
  • ストレスとサリュートジェネシス:コヒアレンス感概念を理解する
    ストレス科学 15 (1) 89 - 95 2000 [Not refereed][Not invited]
  • サリュートジェネシス論の概観と展望
    最新心身医学 141 - 146 2000 [Not refereed][Not invited]
  • ストレスと健康生成
    現代のエスプリ別冊『ストレスの臨床』 39 - 49 1999 [Not refereed][Not invited]
  • 心身医学 39 507 - 513 1999 [Not refereed][Not invited]
  • ドイツ語圏における質的健康研究の現状
    日本保健医療行動科学会年報 14 223 - 239 1999 [Not refereed][Not invited]
  • Salutogeneseforschung bei unerwarteten Genesungen
    Spontanremissionen in der Onkologie 145 - 154 1998 [Not refereed][Not invited]
  • 健康とサリュートジェネシス
    現代のエスプリ (361) 69 - 78 1997 [Not refereed][Not invited]
  • 健康生成パースペクティヴ
    日本保健医療行動科学会年報 11 261 - 267 1996 [Not refereed][Not invited]
  • 癒しの存在論 : 現象学的シャマニズム研究の試み
    小田 博志
    年報人間科学 13 113 - 127 1992 [Refereed][Not invited]

Books etc

  • Anthropology of Peace
    ODA Hiroshi (Joint editor)
    法律文化社 2014/03
  • 平和を考えるための100冊+α
    小田 博志 (Contributor『未開の戦争、現代の戦争』 戦争の人類学から平和の人類学の再創造へ)
    法律文化社 2013
  • アイヌモシリと平和―〈北海道〉を平和学する!
    小田 博志 (Joint work足もとからの平和―北海道の「民衆史掘りおこし運動」から学ぶ)
    法律文化社 2012/09
  • 新版 質的研究入門
    春秋社 2011
  • 文化人類学(第3版)
    小田 博志 (Contributor文化人類学と質的研究)
    医学書院 2011
  • 質的研究の方法―いのちの〈現場〉を読みとく
    春秋社 2010
  • エスノグラフィー入門―〈現場〉を質的研究する
    春秋社 2010
  • 質的研究入門
    春秋社 2002
  • Spontanremissionen bei Krebserkrankungen aus der Sicht des Erlebenden
    Beltz 2001
  • Spontaneous Remission of Cancer from the Patients' Point of View
    2001
  • がんを超えて生きる―生きる意味の再発見
    人文書院 1999

Conference Activities & Talks

  • 先住民族遺骨のrepatriation(返還/帰還)と脱植民地化:東京大学・小金井良精が「収集」したアイヌ遺骨を事例に  [Not invited]
    小田 博志
    日本平和学会2018年度春季研究大会  2018/06
  • アイヌ民族の遺骨のrepatriationと人類学者の公共的役割  [Not invited]
    小田 博志
    日本文化人類学会第52回大会  2018/06
  • カギは現場にあり エスノグラフィーの可能性  [Not invited]
    小田 博志
    北大人文学カフェ 第19回  2016/12
  • 現場でひらめく力  [Invited]
    小田 博志
    特別シンポジウム「マーケティング能力を鍛える~現場で観察する力・傾聴する力」  2015/10
  • 平和の人類学  [Invited]
    小田 博志
    UHB大学  2015/06
  • “楽しさ”から始める質的研究セミナー in 花脊  [Invited]
    小田 博志
    質的研究合宿セミナー  2015/03
  • エスノグラフィー研究のデザイン  [Invited]
    小田 博志
    質的心理学会研究法セミナー第七回  2014/03
  • 暴力の世代間連鎖を断ち切る――日本・中国の戦後世代による「和解」ワークショップの試みから  [Not invited]
    村本邦子, 村川治彦, 小田博志
    日本平和学会2013年度秋季研究集会・自由論題部会  2013/11
  • 遺骨が媒介するポストコロニアルな関係性――ナミビアとドイツを事例として  [Not invited]
    小田 博志
    日本平和学会2013年度秋季研究集会・アフリカ分科会  2013/11
  • 看護実践のエスノグラフィー入門  [Invited]
    小田 博志
    第5回質的心理学研究法セミナー  2013/03
  • 平和資源としてのアートと博物館  [Invited]
    小田 博志
    日本アフリカ学会第49回学術大会記念シンポジウム  2012/05
  • 平和の人類学への道  [Invited]
    小田 博志
    2010年度第2回日本文化人類学会北海道地区研究懇談会  2010/10
  • 市民社会と他者―ドイツと日本における市民の「和解」イニシアティヴを事例に  [Invited]
    小田 博志
    日独共同大学院・国際シンポジウム「日独比較研究の可能性―市民社会の観点から」  2010/03

Works

  • ドイツの市民社会と歴史和解に関する調査
    2009
  • 国際シンポジウム「市民がつくる和解と平和」
    2008
  • 厳原港まつり対馬アリラン祭および長崎県におけるキリスト教徒による難民保護に関する調査
    2007

MISC

  • Ethnography of Gemba: Considerations for Social Use of an Anthropological Methodology
    Senri Ethnological Reports  (85)  11  -34  2009  [Not refereed][Not invited]
  • Narrative and Its Situatedness
    The Japanese Journal of Health Behavioral Science  22-  27  -37  2007  [Not refereed][Not invited]
  • Recovery Stories: A qualitative study on spontaneous remission of cancer
    German Journal of Medical Psychology  10-  (1)  33  -40  2001  [Not refereed][Not invited]
  • Salutogenic Study on Unexpected Recovery
    Spontaneous Remission in the Oncology  145  -154  1998  [Not refereed][Not invited]

Research Grants & Projects

  • 脱植民地化過程における遺骨返還と人類学者の公共的役割
    独立行政法人日本学術振興会:科学研究費補助金 基盤研究(C)
    Date (from‐to) : 2017/04 -2021/03 
    Author : 小田 博志
  • 植民地後和解の人類学的研究―ドイツと旧アフリカ領との関係を事例として
    科学研究費補助金 基盤研究(C)
    Date (from‐to) : 2010/04 -2015/03 
    Author : 小田 博志
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    Date (from‐to) : 2011/04 -2014/03 
    Author : 村本 邦子, 池内 靖子, 金丸 裕一, 村川 治彦, 小田 博志, 吉 げん洪
     
    2012年度の研究成果はふたつある。第一は、国際シンポジウム「人間科学と平和教育~体験的心理学を基盤とした歴史・平和教育プログラム開発の視点から」の開催である。研究協力者である南京師範大学の張連紅(歴史学)、米国CIISのArmand Volkas(ドラマセラピスト)を京都に招き、研究代表者とともに2011年10月、南京で実施したプログラムについての報告を行い、加國尚志(立命館大学国際平和ミュージアム副館長、哲学)、中村正(立命館大学、社会学)、大門高子(平和市民団体「紫金草合唱団」代表)がコメントを行った後、研究分担者である村川治彦(関西大学、身体教育学)、小田博志 (北海道大学、文化人類学)、金丸裕一 (立命館大学 日中関係史)、吉げん洪(立命館大学、臨床心理学)らと国際的かつ学際的な見地から公開の形でプログラムの検討を行った。本プログラムの有効性が確認されると同時に、今後、教育として展開する可能性も見えてきた。合わせて、2012年5月4・5日、立命館大学平和ミュージアムにて、ここまでの成果を踏まえ、ワークショップ「東アジア型HWHの構築に向けて」を実施した。第二は、これまでのプログラム参加者へのフォローアップ・インタビューである。インタビューは、研究代表者と研究分担者である村川晴彦、および研究協力者である笠井綾(CIIS)が2012年10月に南京へ赴き、研究協力者である張連紅はじめ10名にインタビューを行い、その後、日本にて7名のインタビューを行った(あと3名実施予定)。現在、これらの結果を研究分担者である小田博志らとともに分析中である。なお、国際シンポの成果は、『共同対人援助モデル研究5:人間科学と平和教育~体験的心理学を基盤とした歴史・平和教育プログラム開発の視点から』として人間科学研究所より刊行済みである。
  • Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
    Date (from‐to) : 2007/04 -2010/03 
    Author : Atsuko KAWAKITA, 小田 博志, 近藤 孝弘, 木畑 洋一, 柴 宜弘, 石田 勇治, 谷川 竜一, 前川 愛, 小田 博志, 近藤 孝弘, 武井 彩佳
     
    The genocide, genocidal measures and forced migrations during and after World War II had primarily been addressed as issues of German history. However, in view of following facts, the issue have to be regarded as a European issue and be placed in the context of the international environment after World War II : (i) the exclusion and termination of minorities in the form of forced migrations and genocide was carried out in this historical period across Europe against various ethnic groups in various forms owing to various local circumstances and situations. (ii) The exclusion and termination of particular ethnic communities influenced the political, economic, and ethnic order in Central and Eastern Europe as a whole. (iii) The reconstruction of the collapsed order in Europe was the issue addressed in the postwar negotiation process, which attempted to coordinate among the varying interests of the relevant nations. Additionally, it is important that this issue be observed from a long-term perspective, because in the process of the extension of European integration in the post-Cold War era, the restoration of justice and reconstruction of historical memory with regard to the issue of exclusion and termination reemerged and caused conflicts between the relevant countries in Central and Eastern Europe.On the basis of these considerations, the research project aimed to analyze the historical context of the exclusion and termination of ethnic minorities in Europe in the World War II era and evaluate the benefits and limitations of the measures undertaken with respect to the reconstruction of domestic and regional order in the post-World War II era. The focal points of this analysis were (i) interstate dynamics during the reconstruction of the regional order, (ii) changes in the socioeconomic and ethnic structures in the relevant regions following the genocide and large-scale forced migrations, (iii) the legal, institutional, and social framework structured to promote the participation of the victims and perpetrators in the social reconstruction and their reintegration into the reconstructed society, (iv) the various measures undertaken toward the relief of victims, which included not only material support but also mental care to treat psychological aftereffects of genocides, and (v) the development, current situation, and perspective of the regional reconciliation in Europe and the role of historical memory in this process.On the basis of these analyses, the project intended to provide guiding principles for the planning of effective measures toward the construction of a non-genocidal society and social reconciliation in the post-genocidal regions. Comparisons with various analogous cases in the twentieth century world history were conducted in the project with the expectation that the comparative analysis of the exclusion and termination of the "others" in Europe during World War II would prove useful in answering the following issues : (i) the manner in which the claim for the exclusion of ethnic minorities based on the principle of nation-state has gained and lost its legitimacy in the twentieth century, (ii) the manner in which violence, serving as a means to settle ethnic problems, radicalizes in war-like conditions and leads to large-scale forced migrations and genocides of particular ethnic or cultural groups, and (iii) the manner in which various factors and actors in and outside the relevant regions influence the process of the reconstruction of the domestic and regional order.
  • 人類学的平和研究の創出―ドイツにおける下からの平和構築に関する調査を通して
    科学研究費補助金 萌芽研究
    Date (from‐to) : 2007/04 -2010/03 
    Author : 小田 博志
  • ドイツと日本における難民庇護のエスノグラフィー
    科学研究費補助金 若手研究(B)
    Date (from‐to) : 2002/04 -2004/03 
    Author : 小田 博志
  • Anthropological study on civil society and historical reconciliation in Germany post World War II era
    Date (from‐to) : 2001

Educational Activities

Teaching Experience

  • 博士論文指導特殊演習
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 博士論文指導特殊演習Ⅰ
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 文学院
  • 修士論文
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 修士論文・特定課題指導特殊演習
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 修士論文(特定課題研究)
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 卒業論文
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
  • 修士論文・特定課題指導特殊演習
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学院

Social Contribution

Social Contribution

Others

  • 2015/07 -2015/07 学会報告に対する討論
    日本平和学会2015年度春季研究大会(広島アステールプラザ―広島市、2015年7月19日開催)における報告「格安コピー用紙の向こう側:グローバル環境ガバナンスのギャップ克服に向けて」(報告:笹岡正俊、原田公)に対する討論、


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.