Researcher Database

Yasutaka Yamamoto
Research Faculty of Agriculture Fundamental AgriScience Research Agricultural Economics
Professor

Researcher Profile and Settings

Affiliation

  • Research Faculty of Agriculture Fundamental AgriScience Research Agricultural Economics

Job Title

  • Professor

J-Global ID

Research Interests

  • 農業経済学   Agricultural Economics   

Research Areas

  • Environmental science/Agricultural science / Agricultural sociology
  • Humanities & social sciences / Agricultural and food economics

Academic & Professional Experience

  • 2010 - 北海道大学大学院農学研究院 教授
  • 2010 - Professor

Research Activities

Published Papers

  • Multilateral生産性指数を利用した韓国稲作生産性の地域別貢献度分析
    近藤功庸, 山本康貴, 愼鏞光, 日田アトム, 澤内大輔
    農経論叢 74 1 - 15 2020/12 [Refereed]
  • Atomu Nitta, Yasutaka Yamamoto, Katsunobu Kondo, Daisuke Sawauchi
    Journal of Policy Modeling 42 (5) 968 - 981 0161-8938 2020/09 [Refereed]
  • NItta Atomu, Sawauchi Daisuke, Chen Yongfu, Akahori Hirokazu, Yamamoto Yasutaka
    Journal of the Research Faculty of Agriculture, Hokkaido University 74 7 - 20 2019/03 [Not refereed][Not invited]
  • 家中優海, 澤内大輔, 赤堀弘和, 山本康貴
    北海道大学大学院農学研究院邦文紀要 北海道大学大学院農学研究院 36 1  2019 [Refereed][Not invited]
  • 伊藤 寛幸, 澤内 大輔, 赤堀 弘和, 山本 康貴
    農林業問題研究 54 (3) 111 - 116 2018/09 [Refereed][Not invited]
  • 近藤 功庸, 胡 林軒, 澤内 大輔, 山本 康貴
    農林業問題研究 54 (3) 82 - 87 2018/09 [Refereed][Not invited]
  • Yumi IENAKA, Hirokazu AKAHORI, Daisuke SAWAUCHI, Yasutaka YAMAMOTO
    Memoirs of the Research Faculty of Agriculture, Hokkaido University 35 (2) 1 - 8 2018/03 [Refereed][Not invited]
  • Katsunobu Kondo, Yasutaka Yamamoto, Jun Sasaki
    Asian Economic Journal 31 (4) 331 - 353 1467-8381 2017/12 [Refereed][Not invited]
  • Simon Pedro Izcara Palacios, Yasutaka Yamamoto
    Antipode 49 (5) 1306 - 1328 0066-4812 2017/11 [Refereed][Not invited]
     
    Based on a qualitative methodology that includes in-depth interviews with 90 Mexican migrant smugglers and 45 Central American farmworkers, this article analyzes the three separate elements of trafficking in US agriculture, namely acts, means, and purposes. We conclude that some US employers participate in human trafficking by financing or helping to recruit and transport Mexican and Central American migrants to the US by means of abuse of a position of vulnerability for the purposes of involuntary servitude, debt bondage, and sex exploitation.
  • Hiroyuki Ito, Hirokazu Akahori, Daisuke Sawauchi, Yasutaka Yamamoto
    Journal of Rural Problems 53 (3) 164 - 169 2017/09 [Refereed][Not invited]
  • Hirokazu Akahori, Daisuke Sawauchi, Yasutaka Yamamoto
    SUSTAINABILITY 9 (5) 715 - 727 2071-1050 2017/05 [Refereed][Not invited]
     
    The Trans-Pacific Partnership (TPP) is one of the proposed mega-free trade agreements. While several previous studies have measured the economic impact of the trade liberalization resulting from the TPP, the TPP may have not only a very large economic impact, but also a significant environmental impact, such as changes in greenhouse gas (GHG) emissions. The purpose of this paper is to contribute to the debate over TPP and GHG emissions by asking the following question: Will the TPP increase or decrease GHG emissions? We estimate the potential impact on GHG emissions changes caused by the TPP using the Global Trade Analysis Project (GTAP) model, and the GTAP CO2 and non-CO2 emissions databases. Our results suggest that the TPP is likely to increase the total amount of GHG emissions in the 12 TPP member countries, as well as global emissions. The main reason for increasing TPP member and global GHG emissions is non-CO2 emissions growth in Australia and the US.
  • 廣瀬拓, 赤堀弘和, 近藤功庸, 澤内大輔, 山本康貴
    農林業問題研究(Web) 52 (3) 148 - 153 2185-9973 2016/09 [Refereed][Not invited]
  • 伊藤寛幸, 澤内大輔, 山本康貴
    農林業問題研究 52 (2) 71 - 75 2185-9973 2016/06 [Refereed][Not invited]
  • 廣瀬拓, 赤堀 弘和, 近藤 功庸, 山本 康貴
    農林業問題研究(Web) 51 (2) 86 - 91 2185-9973 2015/09 [Refereed][Not invited]
  • Hirokazu Akahori, Kiyotaka Masuda, Yuske Yoshida, Yasutaka Yamamoto
    Journal of Rural Problems 50 (1) 60 - 64 2014/06 [Refereed][Not invited]
  • Katsunobu Kondo, Yasutaka Yamamoto, Yongkwang Shin
    Journal of Rural Problems 49 (1) 177 - 182 2185-9973 2013/06 [Refereed][Not invited]
  • Kiyotaka Masuda, Yasutaka Yamamoto
    Agroecology and Sustainable Food Systems 37 (10) 1120 - 1143 2168-3565 2013 [Refereed][Not invited]
     
    Roughage production is one of the major factors contributing to environmental pollution. Therefore, whether the production of organic roughage reduces environmental loads compared with conventional production is an important issue in environmentally friendly organic milk production. Using the life cycle assessment method, we assessed the environmental performance of conventional and organic roughage production in Japan. The results of this article show that, in order to enhance environmental performance for organic roughage production in Japan, purchased organic fertilizers should be reduced because the nitrogen contained in them is responsible for environmental loads emitted by nitrogen loss. © Taylor & Francis Group, LLC.
  • Hirokazu Akahori, Kiyotaka Masuda, Yasutaka Yamamoto
    Journal of Rural Problems 48 (1) 182 - 186 2185-9973 2012/06 [Refereed][Not invited]
  • 師耀軒, 孫昊, 吉田裕介, 山本康貴
    農経論叢 67 1 - 6 2012/03 [Refereed][Not invited]
  • Kenta Tanaka, Shunsuke Managi, Katsunobu Kondo, Kiyotaka Masuda, Yasutaka Yamamoto
    Climate Change Economics 2 (3) 237 - 255 2011/08 [Refereed][Not invited]
  • Yaoxuan SHI, Takahiro SAJIKI, Daisuke SAWAUCHI, Yasutaka YAMAMOTO
    Yaoxuan SHI, Takahiro SAJIKI, Daisuke SAWAUCHI and Yasutaka YAMAMOTO 32 (1) 1 - 6 2011/02 [Refereed][Not invited]
  • Ichino Tsuge, Yasutaka Yamamoto
    Journal of the Research Faculty of Agriculture Hokkaido University 73 (2) 1 - 10 2011/02 [Refereed][Not invited]
  • 近藤功庸, 山本康貴, 愼鏞光
    農林業問題研究 47 (1) 150 - 153 2011 [Refereed][Not invited]
  • Ichino Tsuge, Kiyotaka Masuda, Yasutaka Yamamoto
    Journal of Rural Problems 47 (2) 194 - 197 2011 [Refereed][Not invited]
  • 近藤功庸, 山本康貴, 愼鏞光
    日本農業経済学会論文集 448 - 455 2010/12 [Refereed][Not invited]
  • Tomoaki Nakatani, Ayumi Miyata, Daisuke Sawauchi, Takahiro Sajiki, Yasutaka Yamamoto
    Journal of Rural Problems 46 (1) 100 - 103 2010/06 [Refereed][Not invited]
  • 近藤功庸, 山本康貴, 愼鏞光
    農林業問題研究 46 (1) 137 - 140 2010/06 [Refereed][Not invited]
  • 近藤功庸, 笹木潤, 山本康貴
    Katsunobu Kondo, Jun Sasaki, Yasutaka Yamamoto 46 (1) 14 - 22 2010/06 [Refereed][Not invited]
  • 伊藤寛幸, 増田清敬, 山本康貴
    環境科学会誌 23 (2) 96 - 105 0915-0048 2010/03 [Refereed][Not invited]
  • Yaoxuan Shi, Tomoaki Nakatani, Takahiro Sajiki, Daisuke Sawauchi, Yasutaka Yamamoto
    Journal of China Tourism Research 6 (1) 61 - 72 1938-8179 2010 [Refereed][Not invited]
     
    The purpose of this study is to investigate the travel behavior of international students. Specifically, it is to examine the differences between two groups of students: Chinese and non-Chinese. A mail survey of international students at a university in Japan was conducted. The overall results indicated that international students tended to visit destinations within day-trip distance. A statistical test showed that Chinese students rarely used booking services for car rentals and preferred to stay at tourist hotels public media was a major source of travel information for them. The non-Chinese students, on the other hand, preferred lodging at campgrounds/cottages and tended to rely on word-of-mouth recommendations of their friends. Copyright © Taylor & Francis Group, LLC.
  • 増田清敬, 伊藤寛幸, 桟敷孝浩, 山本康貴
    2009年度日本農業経済学会論文集 441 - 447 2009/12 [Refereed][Not invited]
  • 近藤功庸, 山本康貴, 愼鏞光
    2009年度日本農業経済学会論文集 591 - 594 2009 [Refereed][Not invited]
  • 澤内大輔, 山本康貴, 倉岡恭子
    2009年度日本農業経済学会論文集 448 - 452 2009 [Refereed][Not invited]
  • 伊藤寛幸, 増田清敬, 桟敷孝浩, 山本康貴
    農林業問題研究 45 (2) 264 - 269 2185-9973 2009 [Refereed][Not invited]
  • 近藤功庸, 宋桂昌, 山本康貴
    農林業問題研究 45 (1) 137 - 142 2009 [Refereed][Not invited]
  • 澤内大輔, 倉岡恭子, 桟敷孝浩, 渡久地朝央, 山本康貴
    農林業問題研究 45 (1) 133 - 136 2185-9973 2009 [Refereed][Not invited]
  • 桟敷孝浩, 神野洋一, 山本康貴
    農林業問題研究 45 (1) 37 - 41 2185-9973 2009 [Refereed][Not invited]
  • グリーン・ツーリズムにおける農家キャンプ客の特性分析 -北海道におけるSキャンプを事例として-
    中山紗央里, 増田清敬, 澤内大輔, 桟敷孝浩, 山本康貴, 出村克彦
    農経論叢 64 113 - 120 2009 [Refereed][Not invited]
  • Does a Japan-Korea FTA Increase Nitrogen Pollution from Agriculture?: A Nitrogen Balance with GTAP Model
    Yasutaka Yamamoto, Daisuke Sawauchi, Kiyotaka Masuda
    Japanese Journal of Rural Economics 11 1 - 8 2009 [Refereed][Not invited]
  • Bangladeshi Dairy Farmers’ Conditions under Milk Vita
    Md. Sumon Zaedi, Katsuhiko Demura, Yasutaka Yamamoto, Kiyotaka Masuda, Daisuke Sawauchi, Tomoaki Nakatani
    The Review of Agricultural Economics Hokkaido Univerity 64 181 - 190 2009 [Refereed][Not invited]
  • Dairy Industry in Bangladesh and Structures of Milk Vita
    Md. Sumon Zaedi, Katsuhiko Demura, Yasutaka Yamamoto, Daisuke Sawauchi, Kiyotaka Masuda, Tomoaki Nakatani
    The Review of Agricultural Economics Hokkaido Univerity 64 169 - 180 2009 [Refereed][Not invited]
  • 農業体験型修学旅行における農家対応と生徒行動の実態分析
    倉岡恭子, 澤内大輔, 山本康貴, 桟敷孝浩, 渡久地朝央
    農経論叢 64 105 - 111 2009 [Refereed][Not invited]
  • 留学生の日本国内における観光動向分析 -北海道大学を事例として-
    師耀軒, 桟敷孝浩, 澤内大輔, 中谷朋昭, 山本康貴
    農経論叢 64 97 - 104 2009 [Refereed][Not invited]
  • ダム建設計画に対する地域住民の反発過程に関する実証分析 -韓国のハンタン江を事例として-
    趙誠培, 中谷朋昭, 桟敷孝浩, 山本康貴
    農経論叢 64 25 - 32 2009 [Refereed][Not invited]
  • The Social Situation of Immigrant Farm Workers: A Comparative Study between Spain and the U.S.
    Simón-Pedro Izcara Palacios, Yasutaka Yamamoto, Daisuke Sawauchi, Takahiro Sajiki, Katsuhiko Demura
    The Review of Agricultural Economics Hokkaido Univerity 64 153 - 168 2009 [Refereed][Not invited]
  • グリーン・ツーリズムにおける農家キャンプの成立条件 -北海道のSキャンプを事例とした供給側からみた分析-
    中山紗央里, 増田清敬, 澤内大輔, 桟敷孝浩, 山本康貴, 出村克彦
    北海道農業経済研究 14 (2) 84 - 89 2009 [Refereed][Not invited]
  • インショップ併設スーパー来店者を対象とした地場農産物の消費者評価分析
    山本康貴, 桟敷孝浩, 澤内大輔, 増田清敬, 所説男, 岩本博幸
    北海道農業経済研究 14 (2) 77 - 83 2009 [Refereed][Not invited]
  • Influencing factors of Japanese consumer purchasing decisions for locally produced agricultural products
    T. Sajiki, D. Sawauchi, K. Masuda, S. Tokoro, H. Iwamoto, T. Nakatani, Y. Yamamoto
    Journal of the Research Faculty of Agriculture Hokkaido University 73 (1) 1 - 8 2009 [Refereed][Not invited]
  • Shunsuke Managi, Yasutaka Yamamoto, Hiroyuki Iwamoto, Kiyotaka Masuda
    AGRICULTURAL ECONOMICS 39 (3) 339 - 348 0169-5150 2008/11 [Refereed][Not invited]
     
    Subjective perceptions about a product affect consumer choice. Accordingly, acquiring the underlying demand characteristics that consumers find desirable is vital for firms planning future marketing strategies. However, the extent to which product-specific perceptions affect consumer choice is poorly understood. New agricultural standards for organic livestock were introduced in Japan in November 2005 and are expected to influence the market significantly. Choice modeling (CM) is used to explore how consumers evaluate the latent demands and conventional attributes (or tangible values) of organic milk. The results suggest that latent demands, along with socioeconomic characteristics and conventional attributes, provide strong incentives for consumers to move from the purchase of conventional milk to organic milk. The analysis indicates that latent demands reflecting the safeness of organic milk, the better taste of organic milk, the image of environmental friendliness in the production process, and the image of the health and comfort of the cows are important factors that influence consumers' purchasing decisions. However, each specific factor has a corresponding conventional tangible attribute that needs to be targeted in marketing strategy.
  • 自由貿易協定(FTA)は、むしろ自由貿易を阻害する? -原産地規則貿易制限度の計量分析-
    坂東伸彦, 白山啓祐, 澤内大輔, 山本康貴
    農経論叢 63 25 - 32 2008 [Refereed][Not invited]
  • ニュージーランド農業における温室効果ガスの排出動向と削減対応
    山本康貴, 増田清敬, 稲永直人
    農経論叢 63 19 - 24 2008 [Refereed][Not invited]
  • 伊藤寛幸, 増田清敬, 山本充, 山本康貴
    農林業問題研究 44 (1) 67 - 71 2008 [Refereed][Not invited]
  • 北海道水田地帯における中山間地域等直接支払制度の交付金支出分析-空知支庁の集落協定を事例として-
    増田清敬, 田中有理, 山本康貴
    北海道大学大学院農学研究院邦文紀要 29 (2) 309 - 316 2008 [Refereed][Not invited]
  • Measuring Total Factor Productivity Change for Agricultural Cooperatives in Japan : A Nonparametric Malmquist Indices Approach
    Katsunobu Kondo, Yasutaka Yamamoto, Jun Sasaki
    Journal of Rural Cooperation 36 (2) 101 - 114 2008 [Refereed][Not invited]
  • 自由貿易協定締結が環境に及ぼす影響予測―日本・ニュージーランド間自由貿易協定締結を事例とした余剰窒素分析―
    澤内大輔, 増田清敬, 山本康貴, 出村克彦
    2007年度日本農業経済学会論文集 367 - 370 2007 [Refereed][Not invited]
  • わが国稲作生産性の伸びはゼロとなるか?-総合生産性,技術変化およびキャッチ・アップ効果の計測を通じて-
    山本康貴, 近藤功庸, 笹木潤
    農業経済研究 79 (3) 154 - 165 2007 [Refereed][Not invited]
  • ヘドニックアプローチによる米の価格形成要因の分析
    澤内大輔, 小澤壮介, 山本康貴
    北海道農業経済研究 14 (1) 49 - 54 2007 [Refereed][Not invited]
  • 中山間地域等直接支払制度の共同取組活動における交付金支出分析-北海道草地酪農地帯の集落協定を対象として-
    増田清敬, 田中有理, 山本康貴, 出村克彦
    北海道農業経済研究 14 (1) 38 - 42 2007 [Refereed][Not invited]
  • インターネットリサーチによる道産食品独自認証制度の消費者評価分析
    桟敷孝浩, 小池直, 山本康貴, 出村克彦
    北海道農業経済研究 14 (1) 43 - 48 2007 [Refereed][Not invited]
  • 近藤功庸, 笹木潤, 山本康貴
    農林業問題研究 43 (1) 61 - 65 2007 [Refereed][Not invited]
  • 澤内大輔, 増田清敬, 山本康貴, 出村克彦
    農林業問題研究 43 (1) 48 - 50 2007 [Refereed][Not invited]
  • 日本・オーストラリア・ニュージーランド間自由貿易協定締結がわが国に及ぼす経済的影響―応用一般均衡分析からの接近―
    澤内大輔, 山本康貴
    2006年度日本農業経済学会論文集 195 - 202 2006 [Refereed][Not invited]
  • 北海道稲作地帯の総合農協における総合生産性の経済収束分析
    笹木潤, 近藤功庸, 山本康貴
    2006年度日本農業経済学会論文集 119 - 123 2006 [Refereed][Not invited]
  • わが国稲作生産性における経済収束仮説の再検証‐減反開始期以降のデータによるパネル単位根検定からの接近‐
    笹木潤, 山本康貴, 近藤功庸
    2005年度日本農業経済学会論文集 113 - 117 2006 [Refereed][Not invited]
  • ブランド力の構成要素を考慮した農畜産物における地域ブランド力の計量分析-インターネットリサーチからの接近-
    小池直, 山本康貴, 出村克彦
    農経論叢 62 129 - 139 2006 [Refereed][Not invited]
  • 食品安全性および環境対策認証表示牛乳に対する韓国消費者の経済評価―選択型コンジョイント分析による接近―
    岩本博幸, 宋柱昌, 徐明姫, 朴鍾燮, 山本康貴, 出村克彦
    2005年度日本農業経済学会論文集 257 - 264 2006 [Refereed][Not invited]
  • Productivity and Efficiency Change for Agricultural Cooperatives in Japan: The Case of the Dairy-Farming Region in Hokkaido
    Yasutaka Yamamoto, Katsunobu Kondo, Jun Sasaki
    Japanese Journal of Rural Economics 8 58 - 63 2006 [Refereed][Not invited]
  • 日本・オーストラリア間自由貿易協定が及ぼす影響に関する応用一般均衡分析
    澤内大輔, 山本康貴
    2005年度日本農業経済学会論文集 138 - 143 2006 [Refereed][Not invited]
  • 地域別稲作生産性変化がわが国稲作生産性変化に及ぼす貢献度の要因分析‐減反開始期以降を対象として‐
    近藤功庸, 山本康貴
    2005年度日本農業経済学会論文集 124 - 129 2006 [Refereed][Not invited]
  • LCAを用いた地域資源循環システムの環境影響評価
    増田清敬, 和田臨, 山本康貴, 出村克彦
    2005年度日本農業経済学会論文集 397 - 404 2006 [Refereed][Not invited]
  • 農村住民における定住可能性予測モデルの構築-北海道愛別町愛山地区を事例として-
    宋桂昌, 畑中賢治, 山本康貴, 出村克彦
    2005年度日本農業経済学会論文集 334 - 338 2006 [Refereed][Not invited]
  • 農畜産物の産地表示に対する消費者評価―選択型コンジョイント分析からの接近―
    岩本博幸, 山本康貴
    2005年度日本農業経済学会論文集 299 - 303 2006 [Refereed][Not invited]
  • A Nonparametric Approach to Measuring Cost Efficiency of Dairy Farms in Japan
    Yasutaka Yamamoto
    Journal of the Graduate School of Agriculture Hokkaido University 72 (1) 11 - 20 2006 [Refereed][Not invited]
  • Potential Impact of a Free Trade Agreement between Japan and New Zealand
    Daisuke Sawauchi, Yasutaka Yamamoto
    Journal of the Graduate School of Agriculture Hokkaido University 72 (1) 1 - 10 2006 [Refereed][Not invited]
  • 中国の国境地帯における開発プロジェクトと農民意識-遼寧省の「興辺富民プロジェクト」を事例として-
    楊春, 増田清敬, 山本康貴, 出村克彦
    農経論叢 61 25 - 28 2005 [Refereed][Not invited]
  • 北海道の野菜作経営における負債償還可能性と技術効率との関連 -DEAからの接近-
    近藤功庸, 宋桂昌, 山本康貴
    農林業問題研究 41 (1) 77 - 81 2005 [Refereed][Not invited]
  • パネル単位根検定によるわが国稲作生産性の経済収束分析-減反開始期以降を対象として-
    笹木潤, 近藤功庸, 山本康貴
    農林業問題研究 41 (1) 110 - 113 2005 [Refereed][Not invited]
  • 近藤功庸, 山本康貴, 笹木潤
    農業経営研究 43 (2) 45 - 48 2005 [Refereed][Not invited]
  • 増田清敬, 高橋義文, 山本康貴, 出村克彦
    システム農学 21 (2) 99 - 112 2005 [Refereed][Not invited]
  • 伊藤寛幸, 吉田謙太郎, 山本康貴, 出村克彦
    農業土木学会論文集 73 (4) 107 - 114 2005 [Refereed][Not invited]
  • 北海道の畑作経営における負債償還可能性予測モデルの構築
    宋桂昌, 山本康貴, 出村克彦
    農業経営研究 43 (1) 82 - 85 2005 [Not refereed][Not invited]
  • クレジットスコアを用いた農家負債の償還可能性予測モデルの構築-北海道の稲作経営を事例として-
    宋桂昌, 山本康貴, 出村克彦
    2004年度日本農業経済学会論文集 102 - 107 2004 [Refereed][Not invited]
  • 宋桂昌, 山本康貴, 出村克彦
    農林業問題研究 40 (1) 60 - 63 2004 [Refereed][Not invited]
  • 北海道の畑作経営における負債償還可能性と技術効率との関連 -DEAからの接近-
    宋桂昌, 近藤功庸, 山本康貴
    2004年度日本農業経済学会論文集 90 - 95 2004 [Refereed][Not invited]
  • 伊藤寛幸, 出村克彦, 山本康貴
    農林業問題研究 40 (1) 55 - 59 2004 [Refereed][Not invited]
  • 近藤功庸, 山本康貴
    農林業問題研究 40 (1) 242 - 245 2004 [Refereed][Not invited]
  • オーストラリア・ニュージーランド二国間自由貿易協定(FTA)の成立経緯と特徴
    澤内大輔, 山本康貴
    農経論叢 60 129 - 145 2004 [Refereed][Not invited]
  • 減反開始期以降におけるわが国稲作生産性変化に対する地域別貢献度分析
    近藤功庸, 山本康貴
    2004年度日本農業経済学会論文集 83 - 89 2004 [Refereed][Not invited]
  • 北海道の稲作経営における負債償還可能性と技術効率との関連-DEAからの接近-
    宋桂昌, 近藤功庸, 山本康貴
    農業経営研究 42 (1) 47 - 51 2004 [Refereed][Not invited]
  • バブル崩壊後における食料消費構造に関する計量分析-時子山(1995)モデルからの接近-
    長山聡子, 山本康貴
    農経論叢 60 169 - 174 2004 [Refereed][Not invited]
  • ニュージーランド・シンガポール間および日本・シンガポール二国間自由貿易協定(FTA)における原産地規則の比較分析
    稲永直人, 山本康貴
    農経論叢 60 147 - 160 2004 [Refereed][Not invited]
  • LCAを用いた酪農環境問題の定量分析 -北海道・オコッペフィードサービスを事例として-
    増田清敬, 宿野部猛, 出村克彦, 山本康貴
    2003年度日本農業経済学会論文集 341 - 346 2003 [Refereed][Not invited]
  • 北海道の酪農経営における負債償還可能性と生産性との関連 -DEAからの接近-
    宋桂昌, 山本康貴, 近藤功庸
    2003年度日本農業経済学会論文集 350 - 354 2003 [Refereed][Not invited]
  • 減反開始期以降におけるわが国稲作生産性の停滞とその要因 -Malmquist生産性指数分析からの接近-
    近藤功庸, 山本康貴
    2003年度日本農業経済学会論文集 355 - 359 2003 [Refereed][Not invited]
  • The Nitrate Pollution Problem and the Agri-environmental Policy in the European Union
    Simón-Pedro Izcara Palacios, Katsuhiko Demura, Yasutaka Yamamoto
    The Review of Agricultural Economics Hokkaido Univerity 58 185 - 205 2002 [Refereed][Not invited]
  • 北海道における農業農村整備事業の地域間投資格差に関する計量分析
    高橋信也, 伊藤寛幸, 山本康貴, 北倉久彦
    農経論叢 58 37 - 45 2002 [Refereed][Not invited]
  • 農業外効果からみた農業集落排水事業の事後評価分析 -北海道山間農業地域A町B地区を事例として-
    伊藤寛幸, 山本康貴, 出村克彦
    2002年度日本農業経済学会論文集 137 - 142 2002 [Refereed][Not invited]
  • 北海道酪農におけるマネーフロー分析
    宋柱昌, 出村克彦, 山本康貴
    北海道大学大学院農学研究科邦文紀要 24 (2) 165 - 178 2002 [Refereed][Not invited]
  • 農協経営における総要素生産性、技術効率および技術変化の同時分析 -北海道稲作地帯における総合農協を事例として-
    近藤功庸, 山本康貴
    2002年度日本農業経済学会論文集 277 - 281 2002 [Refereed][Not invited]
  • 農業基盤整備事業効果の規模間格差分析 -北海道を事例として-
    高橋信也, 伊藤寛幸, 山本康貴, 北倉久彦
    2002年度日本農業経済学会論文集 143 - 147 2002 [Refereed][Not invited]
  • 生産システム再編による費用削減効果に関するシミュレーション分析 -水田畑作複合地帯における事例-
    近藤功庸, 山本康貴, 出村克彦
    旭川大学紀要 51 21 - 36 2001 [Not refereed][Not invited]
  • 環境汚染対策の適用が酪農経営に及ぼす影響の比較分析-フリーストールとスタンチョンストールとの比較-
    岩本博幸, 山本康貴, 出村克彦
    2000年度日本農業経済学会論文集 191 - 193 2000 [Refereed][Not invited]
  • 農産物輸入増加による中国経済への影響分析
    李海英, 出村克彦, 山本康貴, 林岳
    農経論叢 56 139 - 148 2000 [Refereed][Not invited]
  • 環境保全技術と環境規制の導入が酪農経営に与える影響の経済分析-北海道根釧酪農を事例として-
    岩本博幸, 山本康貴, 出村克彦
    1999年度日本農業経済学会論文集 241 - 244 1999 [Refereed][Not invited]
  • A nonparametric approach to measuring cost efficiency of Japan's small- and medium-scale dairy processing companies and cooperatives
    Girlie May, Subaido Acorda, Yasutaka Yamamoto, Daisuke Wada, Ichio Sasaki
    Research Bulletin of Obihiro University (The Humanities and Social Sciences) 9 (4) 349 - 362 1997 [Not refereed][Not invited]
  • 北海道の酪農地帯における総合農協の経営効率性とその要因
    近藤功庸, 出村克彦, 山本康貴
    農経論叢 53 55 - 59 1997 [Not refereed][Not invited]
  • 韓国の稲作経営構造改善に関する研究-大規模稲作専業農家と受託営農法人を中心に-
    鄭弘祐, 出村克彦, 山本康貴
    農経論叢 53 61 - 67 1997 [Not refereed][Not invited]
  • Financial analysis of Japan's small- and medium-scale dairy processing companies and cooperatives
    Girlie May, Subaido Acorda, Yasutaka Yamamoto, Daisuke Wada, Ichio Sasaki
    Research Bulletin of Obihiro University (The Humanities and Social Sciences) 9 (4) 337 - 348 1997 [Not refereed][Not invited]
  • 個別経営間の生産性格差とその要因-北海道酪農の粗飼料生産における技術効率分析-
    山本康貴
    北海道農業経済研究, 5 (2) 50 - 63 1996 [Refereed][Not invited]
  • 生乳の需給調整と計画生産-欧米諸国と日本の制度-
    出村克彦, 山本康貴
    農経論叢 52 1 - 13 1996 [Not refereed][Not invited]
  • 個別経営間における生産費格差とその要因-北海道酪農の費用効率分析-,農業経済研究
    山本康貴
    農業経済研究 66 (3) 135 - 143 1994 [Refereed][Not invited]
  • 国際比較における生産費格差の要因分析-日英牛乳生産費を事例として-
    山本康貴
    農業経済研究 65 (3) 160 - 170 1993 [Refereed][Not invited]
  • 農業における生産性およびコストの地域間・時点間比較
    山本康貴
    帯広畜産大学学術研究報告人文社会科学論集 8 (1) 31 - 63 1990 [Not refereed][Not invited]
  • わが国酪農における生産性向上と地域間生産性格差の計量分析1968-1985
    山本康貴
    帯広畜産大学学術研究報告 第Ⅰ部 16 (1) 59 - 70 1988 [Not refereed][Not invited]
  • 鶏卵の生産性向上に関する計量分析1964-83 -規模の経済,要素代替,技術進歩の計測を通じて-
    山本康貴, 黒柳俊雄
    農経論叢 42 1 - 28 1986 [Not refereed][Not invited]

Books etc

  • 日本と世界のアニマルウェルフェア畜産 下巻 21世紀の畜産革命 ―アニマルウェルフェア・フードシステムの開発―
    増田 清敬, 山本 康貴 (Contributorアニマルウェルフェアと消費者イメージ―有機牛乳を対象として―)
    養賢堂 2018/05
  • Food Consumption: Empirical Studies of Japanese Dietary
    Hiroyuki Iwamoto, Yasutaka Yamamoto, Kazuo Sato, Manabu Sawada (ContributorEffects of Safety and Freshness of Food on Japanese Consumers’Choice of Milk)
    Tsukuba-shobo 2012/08 146-155
  • Agricultural Sciences for Human Sustainability: Meeting the Challenges of Food Safety and Stable Food Production
    Yasutaka Yamamoto, Tomoaki Nakatani (ContributorEconomic Analysis of Agricultural and Environmental Policy)
    KAISEISHA PRESS 2012/06
  • 農業環境の経済評価-多面的機能・環境勘定・エコロジー-
    出村克彦, 山本康貴, 吉田謙太郎 (Joint editor)
    北海道大学出版会 2008/03
  • 食品安全性の経済評価-表明選好法による接近-
    岩本博幸, 佐藤和夫, 山本康貴, 澤田学 (Contributor消費者の牛乳選択行動における鮮度、安全性、グリーン購入志向)
    農林統計協会 2004/11 9-48
  • 農業の与件変化と対応策
    澤田学, 岩本博幸, 山本康貴 (Contributor消費者のHACCP及び環境対策認証表示牛乳に対する価値評価)
    農林統計協会 2002 46-58
  • 消費者と食料経済
    山本康貴, 佐藤和夫 (Contributor国民経済における食料・関連産業・公益的機能評価)
    2000 106-119
  • 農業経済学への招待
    山本 康貴 (ContributorWTO体制下の農産物貿易と農業保護政策)
    日本経済評論社 1999 33-49
  • 農業と農政の経済分析
    山本 康貴 (Contributor乳製品における販売促進活動の日米比較)
    大明堂 1996 188-201
  • 飲用向け生乳の広域流通-2000年の予測-
    土井時久, 山本康貴, 丸山明, 伊藤房雄 (Joint editor)
    酪農総合研究所 1995
  • アグリビジネスの産業組織
    山本 康貴 (Contributor種苗産業の技術革新と産業組織)
    東京大学出版会 1995 33-53
  • 地域農業の活性化と展開戦略
    山本 康貴 (Contributor生乳生産地域の活性化指針-北海道酪農における生乳生産費の統計分析-)
    明文書房 1994 69-85
  • 観光立国からの問題提起
    山本 康貴 (Contributorポスト・リゾートブームの農村再生-北海道の農村におけるグリーン・ツーリズムの課題-)
    1993 251-259
  • 農業構造政策
    山本 康貴 (Contributor酪農における生産性向上と国際化対応への課題)
    農林統計協会 1991 125-138
  • 農業基盤整備と地域農業
    山本 康貴 (Contributor土地改良事業に対する農家の評価に関する計量分析-多選択ロジットモデルの適用-)
    明文書房 1991 66-82

MISC

  • 有機酪農経営を事例とした環境影響評価分析
    吉田祐介, 増田清敬, 山本康貴  畜産の情報  (263)  51  -55  2011  [Not refereed][Not invited]
  • 家畜福祉に対する消費者イメージ -有機牛乳に対する消費者アンケートの分析事例からみた一次接近-
    山本康貴, 増田清敬  畜産の研究  62-  (1)  153  -158  2008  [Not refereed][Not invited]
  • 畜産物の地域ブランドに対する消費者評価に関する計量分析
    山本康貴  畜産の情報(国内編)  (193)  22  -26  2005  [Not refereed][Not invited]
  • 有機畜産物に対する消費者評価に関する計量分析
    山本康貴  畜産の情報(国内編)  (181)  16  -24  2004  [Not refereed][Not invited]

Awards & Honors

  • 2008 ICSA 2008 (The International Conference on Sustainable Agriculture for Food, Energy and Industry 2008, Hokkaido University, Sapporo, Japan, July 2~6, 2008) Poster Award
  • 1994 日本農業経済学会学会誌賞
  • 1994 The Annual Awards for Outstanding Journal Article (The Agricultural Economics Society of Japan)
  • 1989 北海道農業経済学会奨励賞
  • 1989 The Annual Awards for Young Scientists (The Agricultural Economics Society of Hokkaido)

Educational Activities

Teaching Experience

  • 農業環境政策学特論
    開講年度 : 2020
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 農学院
  • Teaching Method of School Subjects(Agriculture Ⅱ)
    開講年度 : 2020
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 教育学部
    キーワード : 農業高校、教育課程、教科指導、模擬授業、学習指導計画
  • Teaching Method of School Subjects(Agriculture Ⅰ)
    開講年度 : 2020
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 教育学部
    キーワード : 農業高校、教育課程、教科指導、模擬授業、学習指導計画
  • Agricultural Economics
    開講年度 : 2020
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 農学部
    キーワード : 農業経済学、農業環境政策学、農業経営学、開発経済学、協同組合学、食料農業市場学、地域連携経済学、農資源経済学
  • Applied Macroeconomics
    開講年度 : 2020
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 農学部
    キーワード : 国民所得、ケインズ経済学、古典派経済学
  • Agricultural Policy
    開講年度 : 2020
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 農学部
    キーワード : 農業政策、食料問題、農業問題、農産物価格政策、直接支払政策、農産物貿易、環境問題、環境政策、農業基本法、食料・農業・農村基本法、農業・農村の多面的機能
  • Seminar on Agricultural Economics I
    開講年度 : 2020
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 農学部
    キーワード : 農業経済学、農業政策、環境政策、農産物貿易、経済数学、計量経済学
  • Seminar on Agricultural Economics II
    開講年度 : 2020
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 農学部
    キーワード : 農業経済学実験Ⅰを参照。
  • Seminar on Agricultural Economics III
    開講年度 : 2020
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 農学部
    キーワード : 農業経済学実験Ⅰを参照。


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.