Researcher Database

Hiroo Sono
Graduate School of Law Legal Practice Private Law
Professor

Researcher Profile and Settings

Affiliation

  • Graduate School of Law Legal Practice Private Law

Job Title

  • Professor

Degree

  • LL.M. 1990(University of Michigan Law School)
  • Hogakushi 1987, Hogakushushi 1989, Hokkaido University; LL.M. 1989, University of Michigan Law School(Hokkaido University)

URL

ORCID ID

J-Global ID

Research Interests

  • Unification of Law   Private Ordering   CISG   International Commercial Law   契約法   Contract Law   

Research Areas

  • Humanities & social sciences / Civil law / International Commercial Law
  • Humanities & social sciences / Civil law / Civil Law

Educational Organization

Academic & Professional Experience

  • 2008/09 - Today Hokkaido University, Graduate School of Law Professor
  • 2006/10 - 2008/08 Hokkaido University, Graduate School of Law Visiting Professor
  • 2006/10 - 2008/08 Ministry of Justice, Civil Affairs Bureau Counsellor
  • 2004/04 - 2006/09 Hokkaido Universiy, Graduate School of Law Professor
  • 1998/04 - 2004/03 Kyushu University, Faculty of Law Associate Professor
  • 1994/12 - 1998/03 Kanazawa University, Faculty of Law Associate Professor
  • 1994/04 - 1994/11 日本学術振興会 特別研究員(PD)

Education

  •        - 1994  Hokkaido University  Graduate School of Law
  •        - 1990  University of Michigan  Law School  LLM, 1990
  •        - 1989  Hokkaido University  Graduate School of Law  Masters of Law 1989
  •        - 1987/03  Hokkaido University  Faculty of Law

Association Memberships

  • International Law Association , Japan Branch   JAPANESE COUNCIL ON INTERNATIONAL TRANSACTIONS   THE JAPAN ASSOCIATION OF INTERNATIONAL ECONOMIC LAW   JAPANESE AMERICAN SOCIETY FOR LEGAL STUDIES   JAPAN ASSOCIATION OF PRIVATE LAW   

Research Activities

Published Papers

Books etc

Works

  • CISG東京会議の開催
    2007 -2008
  • CISG Advisory Council
    2001

MISC

Research Grants & Projects

  • Japan Society for the Promotion of Science:Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (B)
    Date (from‐to) : 2021/04 -2025/03 
    Author : 小塚 荘一郎, 松中 学, 木戸 茜, 梅村 悠, 胥 鵬, 曽野 裕夫, 松井 智予, 大杉 謙一, 高橋 秀朋
     
    令和3年度は、研究期間の初年度であるため、課題に関する基礎的な研究を進めることとした。 第一に、日本企業のサステナビリティに対する取り組みについて、コーポレートガバナンス全般についての考え方、とくに取締役会・監査役会(ボード)の機能に着目しつつ、分析を行った。その結果、後掲の松中論文(ジュリスト1563号)、松井論文を刊行することができたほか、小塚が国際シンポジウムで報告を行った。そのほか、松中、松井、梅村が公開企業のガバナンスに関する基礎的な論文等を公表した。 第二に、胥と高橋が経営者の幼少期の戦争体験が企業収益、投資及びM&Aなどの企業財務意思決定に対する影響を明らかにする論文を公表した。これは、今後、このアプローチを応用して経営者の環境問題体験のESGスコアに対する効果を検証することを可能にするものである。また、胥が、日本の少子高齢化の企業の退出のあり方に対する効果を検証し、持続可能な経済成長のために、女性や高齢者の活用がESG投資の重要な要素になると示唆する結果が得られた論文を公表した。 第三に、研究協力者の杉山が、日本の上場企業のボードにおける女性役員の実態調査を行い、それをふまえて論文の作成及び学会報告を行った。なお、杉山はこの研究の成果等により博士研究員の資格を得たため、令和4年度より研究分担者に加わることとなった。 第四に、サプライチェーンにおける人権やサステナビリティの確保について、実務家からヒアリングを行ったうえで、曽野が企業間契約に関する基礎的な課題を解明する論文執筆と学会報告を行った。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(A)
    Date (from‐to) : 2020/04 -2025/03 
    Author : 曽野 裕夫, 藤田 友敬, 小塚 荘一郎, 森下 哲朗, 松井 和彦, 岩川 隆嗣, 沖野 眞已, 青木 則幸, 原 恵美, 西谷 祐子, 村上 正子, 林 貴美, 横溝 大, 児矢野 マリ, 高杉 直
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽)
    Date (from‐to) : 2020/07 -2023/03 
    Author : 角松 生史, 青沼 智, 曽野 裕夫, 師岡 淳也, 八田 卓也, 藤谷 武史, 得津 晶
     
    本研究は,法的判断において「議論」が果たしている/果たしうる役割について,実定法各分野(公法・私法・訴訟法)の研究者と議論学研究者との学際的協働によって探求し,法学における「良い議論」のあり方を示すことを目的とする。 本年度は2回の研究会を開催した。第1回研究会では、小西卓三氏(昭和女子大学英語コミュニケーション学科長・准教授)に「非形式論理学:歴史・『良い議論』に関する論点・法的判断への含意」にご報告頂き、(1)非形式論理学の歴史の素描、(2)非形式論理学の「良い議論」に関する知見の紹介、(3)推定や立証責任に関する議論研究の知見やクリティカルシンキングの知見を踏まえた法的判断への含意等に関する知見を得た。 第2回研究会では、研究分担者がそれぞれ「法解釈方法論」「議論分析」の観点から素材を持ち寄り、活発な議論を行った。 また、昨年度本科研の研究活動の一環として行った第 6 回議論学国際学術会議の報告の一部を公表した(角松生史/尾下悠希/曽野裕夫/八田卓也「法律事例ディベートの実験-最高裁判例を素材に」ディベートと議論教育」第3巻)。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的研究(開拓))
    Date (from‐to) : 2019/06 -2023/03 
    Author : 曽野 裕夫
  • 文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的研究(萌芽))
    Date (from‐to) : 2017/06 -2020/03 
    Author : 角松 生史
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(A))
    Date (from‐to) : 2015/04 -2020/03 
    Author : 曽野 裕夫
  • 文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
    Date (from‐to) : 2016/04 -2019/03 
    Author : 曽野 裕夫
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(A))
    Date (from‐to) : 2013/10 -2018/03 
    Author : 金山 直樹
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    Date (from‐to) : 2010 -2013/03 
    Author : 金山 直樹
  • Japan Society for the Promotion of Science:Grants-in-Aid for Scientific Research
    Date (from‐to) : 2012 -2012 
    Author : SONO Hiroo, FUJITA Tomotaka, MORISHITA Tetsuo, KOZUKA Souichirou, OKINO Masami, TAKASUGI Naoshi
     
    Based on the recognition that international unification of private law has not always been successful, and by focusing on failed attempts, this research project aimed to identify "conditions of success". One milestone of this project is a comprehensive collection and analysis of uniform law data. That empirical analysis allowed this project to articulate the various potential values created by uniform law instruments. In turn, that articulation led to the revelation that the widely held belief that the value of uniform law is in the removal of legal barriers to international trade is often too simplistic and constrictive. In addition, consideration of the tension between unification on the one hand and locally shared legal tradition and cultures on the other highlighted the recent change in the focus of unification efforts from harmonization to modernization. This project is succeeded by a broadened research of international making of private law rules beyond "uniform law".
  • Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
    Date (from‐to) : 2008 -2011 
    Author : Hiroo SONO
     
    (抄録なし)
  • Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(特定領域研究)
    Date (from‐to) : 2004 -2009 
    Author : Hiroshi SANO, 曽野 裕夫, Kiyoshi AOKI, Soichiro KOZUKA, Mika TAKAHASHI, Hiroo SONO
     
    Our study aims to offer comprehensive information in English on the present legal situation in Japan concerning goods and service transactions in business to business settings, so that those who are interested in Japanese law could obtain the general idea and basic information on this subject. We provided the information of legislations/regulations and 175 court cases of Japan in this field by way of posting on our website, seminars and publications, etc.Our Study also aims at doing some comparative researches in this field to review the current rules of national laws of Japan and other Sta...
  • Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(A))
    Date (from‐to) : 2005 -2008 
    Author : Katsumi YOSHIDA, Yoshiyuki TAMURA, Toshifumi HIENUKI, Nobuhisa SEGAWA, Yoshio SHIOMI, Kensuke ITO, Ko HASEGAWA, Hiroaki MURAKAMI, Hiroo SONO, Hisakazu MATSUOKA, Seiji IKEDA, Toshinori WADA, Ryuichi YAMASHITA, Tadasu WATARI, Yasuhiro AKIYAMA
     
    公正な競争秩序や良好な自然環境、都市環境を確保するためには、行政機関や市町村だけでなく、市民が能動的な役割を果たすことが重要である。要するに、公私協働が求められるのである。しかし、公私峻別論に立脚する現行の実定法パラダイムは、この要請に充分に応えていない。本研究においては、行政法や民法を始めとする実定法において、どのようにして従来の考え方を克服して新しいパラダイムを構築すべきかの道筋を示した。
  • Japan Society for the Promotion of Science:Grants-in-Aid for Scientific Research
    Date (from‐to) : 2003 -2006 
    Author : KAWASHIMA Shiro, YAMAMOTO Kenji, WADA Yoshitaka, SONO Hiroo, HATTA Takuya, HONDA Yumiko
     
    This four year's Research is including several proposals of future perspectives on the civil remedial process. The fundamental theory is the historical and comparative perspective of the remedial law, especially the viewpoint of "from right-oriented procedure to remedy-oriented procedure on the base of theoretical study and case study. The concrete studies are covering general perspectives and suggestions to reform the civil procedure proceedings, historical and comparative studies on the remedial process of civil procedure, the role of lawyers in the civil remedial process, the role of the courts in the civil remedial process, speedy trials and the mission of the courts to create the prospect of resolution, the basic function of negative declaratory judgments, new perspectives on the role of negative declaratory Judgments in an uncertain modern society, the prospects of ordering future relationships via declaratory judgments, the development of new functions for declaratory remedies, new perspectives on coercive remedies in the context of continuing mass torts future perspectives on preliminary injunctive remedies, future perspectives on the enforcement process of judgments, new developments on enforcement by substitution relief and new themes and perspectives on the civil remedial process and so on.
  • Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
    Date (from‐to) : 2003 -2006 
    Author : Hiroo SONO
     
    Abuse of bargaining power in the contractual process is abundant. The purpose of this project was to pursue a private law theory in regulating such abuse. The project was conducted on the following three fronts:1.Disjunctions and Conjunctions of Private Law and Administrative RegulationsAbuse of bargaining power has traditionally been considered to be within the realm of administrative regulations under Japanese law: it has been regulated by the Antimonopoly Law as an unfair trade practice, and enforced by the Fair Trade Commission. Private law, although analysis has been scant, may also pl...
  • Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(A))
    Date (from‐to) : 2002 -2004 
    Author : Katsumi YOSHIDA, 稗貫 俊文, 道幸 哲也, 瀬川 信久, 村上 裕章, 亘理 格, 山下 竜一, 池田 清治, 田村 善之, 長谷川 晃, 稗貫 俊文, 曽野 裕夫, 道幸 哲也, 潮見 佳男, 瀬川 信久
     
    Contemporary society consists of three sub-systems : political-administrative, economic-market, and life-consumption. This research aimed to grasp the structure of the transformation of contemporary society by clarifying how each of these sub-systems changes from within and through interactions.The major findings includes the phenomenon of "Crossover between Public and Private", so to speak, through interactions between these three sub-systems. We found that this phenomenon stands out particularly in legal orders regulating competition and environment.As for the competition regulation, it h...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(萌芽研究)
    Date (from‐to) : 2002 -2003 
    Author : 角松 生史, 山田 泰子, 井上 奈良彦, 山田 泰子, 池田 賢治, 佐長 健司, 曽野 裕夫, 八田 卓也, 矢野 義郎
     
    平成14年度に引き続き、共同研究会を実施した(2003/9/21(鈴木健)、2004/1/24(矢野)、2/7(秋吉洋志・坂井満・鎌田))。それと並行して開催された九州大学における教育ディベートの授業実践(鎌田)において授業効果測定のための論理思考テストを行った他、専門教育における教育ディベート活用の可能性として模擬仲裁を教育にとりいれるための試行授業を行った(曽野)。また、研究会の成果の社会還元の意味も込め、小中高校の教師を主たる対象層としてディベートの入門セミナーを行った。得られた知見については、別途報告書の作成を予定しているが、以下、要約的に記す。(得られた知見 詳細は報告書参照)・2002年度の活動によって得られた問題意識に基づいて研究を続けた結果、以下の知見が得られた。詳しくは報告書に記載しているが、要約すると以下の通り・「法学教育」と区別される「法教育」の目標は、「法に対する主体的積極的な認識・姿勢の涵養」や「法的に行動することの意義の体感」と考えられるが、教育ディベートにより獲得が期待される「論理的コミュニケーション能力」と「法的に行動する能力」は大きく重なっている。・「論理的コミュニケーション能力」は、(1)「批判的・論理的思考力」(2)「複眼的思考能力」(3)「政策形成・制度設計能力」(4)「非専門家に開かれた言説・議論」に分節化することができる。教育現場に...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A), 若手研究(B))
    Date (from‐to) : 2001 -2002 
    Author : 曽野 裕夫
     
    本研究は、IT革命期である現在において《経済社会の変革に応じて契約法がいかに変容するか、すべきか》という一般的問題を、「契約の相対効」という伝統的契約法の原則を素材として検討することを目的とする。本年度は、次の3つの作業を予定していた。【1】UCITAと経済産業省『電子商取引等に関する準則』の比較検討【2】UCC第2編改正作業の法的背景および政治的背景の分析【3】UCC第2編改正作業にみられる「保証書」に関する理論分析これらに関連して、今期においては、改正UCC第2編の起草者ヘンリー・ゲイブリエル教授との共同研究関係を確立できたことが特筆すべきである(九州大学に非常勤講師としての招聘もおこなった)。これによって、アメリカの法状況の情報収集が一段とスムーズに行えるようになった。今期においては、上記について裏面掲記の業績を公表したのに加えて、【1】については、平成15年中に論文公表を予定している。【2】については、当初予定していた現地調査(海外出張)は、ゲイブリエル教授の来日、および、調査対象としていた会議での実質的な審議が平成15年5月に順延になったために中止した。平成15年5月の会議後に論文を公表することを予定している。【3】については、「契約の相対効」という観点から、消費者契約との関連で内閣府国民生活局で講演と、医療関係者向けの講演(直接の契約関係にたたない医師と患者の関係...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
    Date (from‐to) : 1998 -1999 
    Author : 曽野 裕夫
     
    本研究では、UCC第2編、第2A編、第2B編からなる"Article 2s"にみられる一般契約法原理を、それらの改正(第2編、第2A編)ないし起草(第2B編)の検討を通して、抽出することを目的とするものであったが、各作業において大きな変動があった。まず、UCC第2B編は、UCCとは独立の単行統一州法として起草されることとなり、それは「統一コンピュータ情報取引法(UCITA)」として成立をみた。これは、〈契約自由〉を基調とするUCC2B/UCITAに対するALIからの抵抗を回避するためにとられた措置であるが、他方、〈規制(ないし契約正義)〉を強調するUCC第2編・第2A編改正案については、〈契約自由〉派からの激しい抵抗により、改正作業が延期された。これをうけ、本研究もUCITAに重点的に取り組むこととした。(1)UCITAについては、従来から続けてきた各草案の分析に加え、今期においては海外出張を行い、各起草委員会委員との面談や議論を通じて、UCCないしUCITAをめぐる法技術とポリティックスについて立体的理解を深めた。その成果は、平成11年9月の日米法学会総会において「情報契約における自由と公序」と題して報告した(論文も近刊予定)。(2)契約法パラダイムの法理論的検討という視座からは、国家法と商慣習の関係のあり方について考察し、論文を公表するとともに、複数の研究会で報告した。以...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
    Date (from‐to) : 1996 -1996 
    Author : 曽野 裕夫
     
    契約課程における交渉力濫用という現象への法的対応の在り方を解明すべく、今年度においては次の4つの小課題を設定し、検討を行った。1.競争秩序の民事法的規制の在り方については、すでに独禁法違反行為の民事法的規制に関して序論的検討を行っていたが(金沢法学38巻1=2号掲載)、引き続き今年度は不正競争防止法の平成2年改正を契機に、不正競争行為禁圧への意識の萌芽が裁判例の『深層』においてみられることを明らかにした(未発表)。競争秩序と交渉秩序の連関を、とくに独禁法上の「優越的地位の濫用」規制を素材に検討することが残された課題である。2.次に、法ルールが交渉環境に与える影響の解釈論的考察として予定していた「売主担保責任の裁判外追及と期間制限」の問題は検討を終え、刊行を待っている段階である(校正済)。このいわば試作品に対して学界の批判を仰いだうえで、より直接的に交渉を規整する詐欺・強迫等の民事法ルールの解釈論的考察に進むことが今後の課題である。3.比較法的考察としては、英米契約法における《既存義務の準則》についてすでに加えてある検討をまとめる予定であったが、契約法の世界的急展開の出発点についての理解を確固たるものとすべく予定を変更し、ウィーン売買条約の検討を行った。その成果は、『国際統一売買法』(商事法務研究会刊)として翻訳出版した。残された《既存義務の準則》の検討の成果の公表は、次期にず...
  • * 私的秩序形成における法の役割、 * 契約法の国際的展開、 * 社会経済変動(とくに情報技術の発展)と契約法の変容
  • 1) Private Ordering and the Role of Law, 2) International Developments in Contract Law, 3) Socio-Economic Change and the Transformation of Law

Educational Activities

Teaching Experience

  • Seminar I
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 法学部
    キーワード : ムートゼミ,国際取引法,ウィーン売買条約,CISG,仲裁
  • Seminar II
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 法学部
    キーワード : ムートゼミ,国際取引法,ウィーン売買条約,CISG,仲裁
  • Internship I
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 法科大学院
    開講学部 : 法学研究科
  • Internship II
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 法科大学院
    開講学部 : 法学研究科
  • Field Research
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 法科大学院
    開講学部 : 法学研究科
  • International Commercial Transactions
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 法科大学院
    開講学部 : 法学研究科
    キーワード : 国際取引、国際売買、国際運送、国際支払、ウィーン売買条約、CISG、インコタームズ
  • Civil Law Case Analysis Ⅱ
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 法科大学院
    開講学部 : 法学研究科
    キーワード : 民法,債権各論,契約法,不法行為法
  • Research Paper
    開講年度 : 2021
    課程区分 : 法科大学院
    開講学部 : 法学研究科

Campus Position History

  • 2014年7月1日 
    2016年6月30日 
    評価室室員
  • 2022年4月1日 
    2024年3月31日 
    大学院法学研究科副研究科長

Position History

  • 2014年7月1日 
    2016年6月30日 
    評価室室員
  • 2022年4月1日 
    2024年3月31日 
    大学院法学研究科副研究科長

Committee Membership

  • 2021 - Today   Advisory Board of the QMUL-UNIDROIT Institute of Transnational Commercial Law (ITCL)   Member
  • 2020/10 - Today   UNIDROIT Working Group under the Project on Warehouse Receipts   Member
  • 2017/10 -2020/07   UNCITRAL/UNIDROIT/HCCH Guide to Uniform Legal Instruments in the Area of International Commercial Contract Law (with a Focus on Sales)   Expert


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.