Researcher Database

Seok-Yeong KWEON
Graduate School of Humanities and Human Sciences Division of Humanities Department of History
Professor

Researcher Profile and Settings

Affiliation

  • Graduate School of Humanities and Human Sciences Division of Humanities Department of History

Job Title

  • Professor

J-Global ID

Research Interests

  • 北方文化   帝国主義   戦時思想   白衣   陶磁器   オンドル   社会文化   朝鮮   植民地   戦時思想   啓蒙   武士道   帝国主義   

Research Areas

  • Humanities & social sciences / History - Japan
  • Humanities & social sciences / History - Asia/Africa
  • Humanities & social sciences / History of thought

Education

  •        - 1998  Hokkaido University
  •        - 1998  Hokkaido University  Graduate School, Division of Letters
  •        - 1995  Hokkaido University
  •        - 1995  Hokkaido University  Graduate School, Division of Letters
  •        - 1991  清州大学

Association Memberships

  • The Society of Japanese Colonial Studies   韓国社会史学会(한국사회사학회)   歴史学研究会   日本思想史学会   日本近代文学会   朝鮮史研究会   

Research Activities

Published Papers

Books etc

  • 仁平 尊明, 宮嶋 俊一, 北村 清彦, 小倉 真紀子, 権 錫永, 竹内 康浩, 後藤 康文, 近藤 浩之, 河原 純一郎, 櫻井 義秀 
    北海道大学出版会 2017 (ISBN: 9784832934009)
  • 田山忠行, 田山忠行 (Contributor前近代の時間と近代の時間ー交差する二つの時間-)
    北海道大学出版会 2015/08 (ISBN: 4832933949) 274
  • 和順, 佐々木 啓, 山本 博文, トレント・マクシ, ミシェル・ラフェイ, 権 錫永, 日野 峰子, 白木沢 旭児, 和順, 佐々木 啓 (Contributor新渡戸稲造にみる「人類的立場」と「国民的立場」の問題)
    北海道大学出版会 2015/05 (ISBN: 4832933914) 288
  • 近代の転換期における西欧の学問の伝播と東アジアの学問
    (Contributor「日本の初期帝国主義論と道徳をめぐる議論-国家的道徳と世界的道徳、もしくは国民的立場と人類的立場-」)
    ソンイン(ソウル) 2013
  • 柳宗悦と朝鮮
    (Contributor朝鮮における光化門・ヘテをめぐ る物語と柳宗悦)
    ソミョン出版(ソウル) 2012 337-362
  • オンドルの近代史-オンドルをめぐる朝鮮人の暮らしと歴史(原題:온돌의 근대사-온돌을 둘러싼 조선인의 삶과 역사)
    権錫永 (Single work)
    一潮閣 2010 264 
    朝鮮の伝統的な暖房システムであるオンドル文化やそれを用いる人々の暮らしの歴史が、統治国日本との関わりの中でどのように展開されたかを論じた社会文化史研究。総督府の様々な政策とオンドル生活とのぶつかり合いや相互交渉等に関する記述を通して、植民地及び植民地統治の本質にかかわる議論が随所で行われている。章立ては、序章、第一章「朝鮮名物のはげ山とオンドル」、第二章「オンドルの栄光と汚辱」、第三章「山林をめぐる日常的闘争」、第四章「オンドル生活の受難」、第五章「代替燃料とオンドルの変化」、第六章「海を渡ったオンドル」。第六章では、日本の北海道と東北地方のオンドル導入の試みについて詳細に論じている。
  • (Contributor「日本における統制とプロパガンダ」)
    岩波書店 2002 (ISBN: 4000112023)
  • 日本文学研究論文集成41 太宰治
    若草書房 1998
  • 日本文学研究大成 太宰治
    図書刊行会 1997

Conference Activities & Talks

  • 日本の初期帝国主義論と「道徳の進歩」をめぐる議論―国家的道徳と世界的道徳―  [Invited]
    権錫永
    北海道哲学会・北海道大学哲学会 共催 シンポジウムー明治の哲学―  2019/12
  • 近代日本における「朝鮮の美」をめぐる文化実践-柳宗悦・浅川伯教・浅川巧-  [Not invited]
    権 錫永
    日韓美術家のまなざし  2015/09
  • 新渡戸稲造の光と影  [Not invited]
    権 錫永
    新渡戸稲造とこれからのグローバル化 『武士道』と国際人  2014/03  東京  北海道大学文学研究科
  • 新渡戸稲造を「鏡」として学ぶ-人類的立場と国民的立場①②  [Not invited]
    権 錫永
    新渡戸学セミナー  2014
  • 交差する二つの時間-前近代の時間と近代の時間  [Not invited]
    権 錫永
    時間の不思議 ー 時のなかの人、人のなかの時 ー(北海道大学文学研究科公開講座))  2014
  • 初期日本帝国主義と道徳をめぐる言説ー世界的道徳と国家的道徳  [Not invited]
    権 錫永
    近代知性の流れと東アジア近代歴史学の系譜  2013/03  ソウル  成均館大学 東アジア歴史研究所
  • 韓国文化への招待-衣食住の不思議①②  [Not invited]
    権 錫永
    朝日カルチャーセンター  2012/10
  • 「朝鮮玩具」を通して見る韓日関係史  [Not invited]
    権 錫永
    北海道大学・高麗大学学術交流セミナー  2012/09
  • 日本帝国主義の限界とツラニズム  [Not invited]
    権 錫永
    韓国ソウル市立大学での公開講演  2012
  • 新渡戸稲造と朝鮮-涙と欲望の間  [Not invited]
    権 錫永
    北海道基督教学会  2009/07  名寄市立大学
  • ぽかぽかオンドル  [Not invited]
    権 錫永
    第31回韓国を知るセミナー  2008/02
  • 文化をめぐる闘争―白衣の場合  [Not invited]
    権 錫永
    九州大学韓国研究センター国際研究集会2007(「見る・学ぶ・暮らす―比較植民地学の樹立を目指して」)  2007/12
  • オンドル文化について  [Not invited]
    権 錫永
    韓国の歴史と文化に学ぶ(札幌学院大学社会連携センター))  2007
  • 朝鮮「亡国」論―新渡戸稲造を中心に―  [Not invited]
    権 錫永
    植民地文化学会大会  2006/07
  • 石戦の朝鮮社会における意味  [Not invited]
    権 錫永
    北海道大学文学研究科公開講座  2006
  • 「鬼ヶ島」としての北方と北方文化論  [Not invited]
    権 錫永
    井上哲治郎研究会(立命館大学)  2006
  • 関東大震災と朝鮮人―逃げまどう白兎のむれ  [Not invited]
    権 錫永
    北海道大学文学研究科公開講座  2004
  • 禁酒の心―無酒デーの話  [Not invited]
    権 錫永
    北海道大学文学研究科公開講座  2003
  • 朝鮮人の「牛下の昼寝」  [Not invited]
    権 錫永
    北海道大学文学研究科公開講座  2000
  • 戦略としての“近代史”-『戦争論』『敗戦後論』-  [Not invited]
    権 錫永
    国語国文学会大会  1999
  • 『戦争論』とルサンチマン  [Not invited]
    権 錫永
    北大史学会大会  1999

Research Grants & Projects

  • Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
    Date (from‐to) : 2009 -2012 
    Author : Kimio MIYATAKE, Seok-yeong KWEON, Satohiro SERIZAWA, Koji DERIHA
     
    This research project focuses on Frederick Starr’s (1858-1933) East Asian research. Starr was a prominent anthropologist in the USA and visited Japan 13 times from1904 to 1933, made nationwide personal networks and large collections. But most ofhis research detail is forgotten today. This research project revealed the detail of hisresearch by his field notes, diaries, letters, books, collections in Japan, USA and Koreaand reevaluated the theoretical importance for contemporary anthropology.
  • Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
    Date (from‐to) : 2005 -2007 
    Author : Kimio MIYATAKE, Takami KUWAYAMA, Seok-Yeong KWEON
     
    The objective of this research was to focus on the human display, experience or practice in early Asian expositions other than focusing on the displayed objects, architectures, power and ideology or politicization of cultures in former research.The research of the leader, MIYATAKE examined almost entire photographs and hybrid artifacts of nine Ainu people from 1904 St. Louis Fair in seven remote locations, Museums, Libraries, and private collections in the United States and Japan. It revealed the active practice of Ainu people, crossing the boudaries of ethnicity or nation. The research of KUWAYAMA focused on gift shops, situated between in and out of museum display, and examines the case of Japanese Kimono. The research of KWEON focused on colonial exhibitions in Korea as rare exhibitions under colonialism. His research is mainly based on the local papers or jounals in Korea under colonialism and refers recent Korean research. It revealed the gaps and diffence between Japanese exposition promoters, Korean intellectuals or critics and rural people who visited the exposition despite economical difficulty.
  • 植民地朝鮮における日本語の問題
    Date (from‐to) : 2006
  • 「帝国主義」研究
    Date (from‐to) : 2005
  • 博覧会の研究
    Date (from‐to) : 2005
  • オンドルをめぐる日韓関係史
    Date (from‐to) : 2004
  • 文部科学省:科学研究費補助金(萌芽的研究, 萌芽研究)
    Date (from‐to) : 2001 -2003 
    Author : 権 錫永
     
    最終年度である今年度は、残りの資料の調査・収集と、総合的な作業を実施した。1.朝鮮の文学者などの個人全集類を調査し、日本(文化)観に関連する資料を収集した。全集類についてはほぼ作業が完了した。2.朝鮮の雑誌における関連資料の調査・収集作業を行った(「新民」「時事評論」「実生活」「批判」「彗星」「三千里」「文章」など多数の雑誌に当たった)。3.前年度に引きつづき、日本国内の雑誌に発表されたものについて調査を行い、資料を収集した。4.全体的に、直接・間接的に関連する大量の資料を収集することができた。さらに、それらの総合目録の作成を完了し、分析作業を行っているところだが、雑誌の数の多さからみて、まだ補足調査が不可欠と考える。5.前年度に新たに問題意識を持ちはじめた、植民地朝鮮における日本語の問題に関連しても、多くの資料を収集し、問題意識を深めた。6.さらに今年度は、日本文化や日本人との関わりから生じる、または、日本文化観を契機として生じる、植民地朝鮮の文化をめぐるさまざまな葛藤について問題意識を深めた。すでに多くの資料を入手しており、今後、新たな植民地研究の展望が開けてきたと信じる。朝鮮人留学生の日本(文化)観については、若干の補足調査を重ね、もう少し分析作業を行った上で、公にしていきたい。
  • Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
    Date (from‐to) : 2000 -2002 
    Author : Asahiko SHIRAKIZAWA, 桜井 英治, Noboru NANBU, Sokyon KWEON, Katsuo INOUE, Syosuke KOCHI, Akihiro KAWAGUCHI
     
    (1) The study for the army that repressed Togaku peasants army : We investigated the Defence Agency Library, Ministry of Foreign Affairs Archive, National Diet Library and Ehime prefecture Library, we found the documents about the Twenty-second regiment in Matsuyama that repressed Togaku peasants army. (2) Japanese Colonialize Study and the Japanese view about Korean : The colonialize study in Hokkaido Empire University contended the immigration to Hokkaido. But it changed the emigration to Manchuria and Korea after 1902. The immigration to Hokkaido failed in making big class peasant. The Japanese people's view about Korean was different from the foreign countries people. (3) The study for colonial policy in Korea : We investigated the Korea Center Library, Korea National Diet Library and Korea National Archive, we made preparations for the following study. We made the catalog of the pamphlet in Hokkaido University Library, we could find many articles about prewar Japan and Korea. (4) The study for the mobilization in W.W.II : We researched for the documents of Hokkaido Coal Mine Steamship Company, the summary of these documents reported at the symposium in National Institute of Korean History.
  • Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
    Date (from‐to) : 2000 -2002 
    Author : kageaki KAJIWAR, 宮武 公夫, 越野 武, 権 錫永, 西部 忠, Tetsuya AMANO, 国広 ジョージ, Etsuo MOCHIZUKI, Kenichi SATOH, Koichiro KOYAMA, Kimio MEYATAKE
     
    1. Examining our research results, we reach a conclusion that it is not relevant to define the North as a geographical area, but to delineate The Northern Region as a civilizational sphere brings a letter understanding of the Region2. The Northern Region, to which we focus our academic attention extends from Sakhalin, Far East Russia, Mongolia and Central Asia, has a common experience of Socialist regimes, and Russian cultural influence3. After the collapse of Soviet Russia, the impact of globalization and the influence of neighboring countries have increased in transforming the structure of societies concerned4. The presence and influence of Japan in the Region is limited, and smaller than those of South Korea5. The viable coexistence of ethnic groups and cultures in the Region should be entranced

Educational Activities

Teaching Experience

  • 博士論文指導特殊演習
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 博士論文指導特殊演習Ⅰ
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 文学院
  • 修士論文
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 修士論文・特定課題指導特殊演習
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 卒業論文
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
  • 修士論文・特定課題指導特殊演習
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学院

Social Contribution

Social Contribution

Social Contribution

  • 韓国民謡「アリラン」を考える
    Date (from-to) : 2018/12/22
    Role : Lecturer
    Sponser, Organizer, Publisher  : 韓国を知る会
  • 朝鮮の婚姻制度と文化
    Date (from-to) : 2018/05/18
    Role : Lecturer
    Sponser, Organizer, Publisher  : 韓国を知る会
  • 朝鮮の科挙1,2
    Date (from-to) : 2017/07/19-2017/08/16
    Role : Lecturer
    Sponser, Organizer, Publisher  : 道新文化センター
  • 朝鮮時代の身分制度と両班の世界
    Date (from-to) : 2017/05/12
    Role : Lecturer
    Sponser, Organizer, Publisher  : 札幌韓国教育院
  • 朝鮮の風水1-2
    Date (from-to) : 2017/02-2017/03
    Role : Lecturer
    Sponser, Organizer, Publisher  : 道新文化センター
  • 帝国主義の時代から学ぶべきものー北一輝・石橋湛山・矢内原忠雄を通して
    Date (from-to) : 2017/03/01
    Role : Lecturer
    Sponser, Organizer, Publisher  : 日本の戦後責任を清算するため行動する北海道の会
  • 朝鮮の風習と玩具の世界
    Date (from-to) : 2017/01
    Role : Lecturer
    Sponser, Organizer, Publisher  : 道新文化センター
  • (朝鮮の)石合戦
    Date (from-to) : 2016/12
    Role : Lecturer
    Sponser, Organizer, Publisher  : 道新文化センター
  • 朝鮮時代の結婚1-2
    Date (from-to) : 2016/10-2016/11
    Role : Lecturer
    Sponser, Organizer, Publisher  : 道新文化センター
  • 朝鮮の身分制度1-2
    Date (from-to) : 2016/08-2016/09
    Role : Lecturer
    Sponser, Organizer, Publisher  : 道新文化センター
  • ぽかぽかオンドルーオンドルが分かれば韓国が見えてくる
    Date (from-to) : 2016/08/25
    Role : Lecturer
    Sponser, Organizer, Publisher  : Nisshin Forum
  • 韓国の集い(韓国の文化)
    Date (from-to) : 2016/08/22
    Role : Lecturer
    Sponser, Organizer, Publisher  : 株式会社ワールド航空サービス 札幌営業所
  • 浅川巧と「道ー白磁の人」
    Date (from-to) : 2016/07/24
    Role : Lecturer
    Sponser, Organizer, Publisher  : 韓国を知る会
  • (韓国の)王宮の歴史1-2
    Date (from-to) : 2016/06-2016/07
    Role : Lecturer
    Sponser, Organizer, Publisher  : 道新文化センター
  • 海を渡ったオンドル
    Date (from-to) : 2016/06/03
    Role : Lecturer
    Sponser, Organizer, Publisher  : 札幌韓国教育院
  • 新しい社会原理の模索ー三木清と国体イデオロギーの接点
    Date (from-to) : 2016/06/01
    Role : Lecturer
    Sponser, Organizer, Publisher  : 北海道大学文学研究科公開講座
  • 「虎」の文化ー韓国社会における虎の意味
    Date (from-to) : 2016/05
    Role : Lecturer
    Sponser, Organizer, Publisher  : 道新文化センター
  • (韓国の)服飾文化1-4
    Date (from-to) : 2016/01-2016/04
    Role : Lecturer
    Sponser, Organizer, Publisher  : 道新文化センター
  • (韓国の)住文化(1)~(3)
    Date (from-to) : 2015/10-2015/12
    Role : Lecturer
    Sponser, Organizer, Publisher  : 道新文化センター
  • 近代日本人が見た「朝鮮の美」-柳宗悦を中心に
    Date (from-to) : 2015/10/31
    Role : Lecturer
    Sponser, Organizer, Publisher  : 札幌韓国教育院 講師研修会
  • 近代日本人の「朝鮮の美」をめぐる文化実践
    Date (from-to) : 2015/09/18
    Role : Lecturer
    Sponser, Organizer, Publisher  : 韓国を知る会
  • 「朝鮮玩具」の世界
    Date (from-to) : 2013/10/25
    Role : Lecturer
    Sponser, Organizer, Publisher  : 韓国を知る会
  • 朝鮮の象徴としての白衣ー白衣に織り込まれた日朝の闘いの歴史
    Date (from-to) : 2013/03/19
    Role : Lecturer
    Sponser, Organizer, Publisher  : 札幌韓国教育院
  • 浅川巧の魅力
    Date (from-to) : 2012/09/21
    Role : Lecturer
    Sponser, Organizer, Publisher  : 韓国を知る会
  • 植民地都市「京城」-象徴・境界・混淆・葛藤
    Date (from-to) : 2012/02/17
    Role : Lecturer
    Sponser, Organizer, Publisher  : 韓国を知る会
  • 景福宮の正門・光化門と日本
    Date (from-to) : 2010/11/19
    Role : Lecturer
    Sponser, Organizer, Publisher  : 韓国を知る会
  • 韓国人にとって韓国併合は何だったのか
    Date (from-to) : 2010/02/26
    Role : Lecturer
    Sponser, Organizer, Publisher  : 韓国を知る会
  • 朝鮮亡国論を通してみる新渡戸稲造ー涙と欲望の間
    Date (from-to) : 2009/03/01
    Role : Lecturer
    Sponser, Organizer, Publisher  : 日本の戦後責任を清算するため行動する北海道の会
  • 朝鮮の象徴としての白衣ー白衣に織り込まれた日朝の闘いの歴史
    Date (from-to) : 2007/06/16
    Role : Lecturer
    Sponser, Organizer, Publisher  : 韓国を知る会
  • 植民地都市「京城」-象徴・境界・混淆・葛藤
    Date (from-to) : 2005/09/14
    Role : Lecturer
    Sponser, Organizer, Publisher  : 札幌韓国教育院

Media Coverage

  • 一事が万事
    Date : 2017/09/22
    Program, newspaper magazine: 北海道新聞夕刊
    Paper
  • 「市民革命」の完成に向けて
    Date : 2017/05/31
    Program, newspaper magazine: 北海道新聞夕刊
    Paper
  • 強制連行の墨絵
    Date : 2017/04/12
    Program, newspaper magazine: 北海道新聞夕刊
    Paper
  • 韓国国民の試練
    Date : 2017/01/05
    Program, newspaper magazine: 北海道新聞夕刊
    Paper
  • 新しい社会原理
    Date : 2016/11/22
    Program, newspaper magazine: 北海道新聞夕刊
  • 憂鬱な日々
    Date : 2016/10/25
    Program, newspaper magazine: 北海道新聞夕刊
  • 名寄のあるカフェにて
    Date : 2016/09/16
    Program, newspaper magazine: 北海道新聞夕刊
    Paper
  • 有田焼の祖・李参平
    Date : 2016/06/21
    Program, newspaper magazine: 北海道新聞夕刊
    Paper
  • 伊万里のハンバーグ屋さん
    Date : 2016/05/20
    Program, newspaper magazine: 北海道新聞夕刊
    Paper
  • 人類と科学
    Date : 2016/04/20
    Program, newspaper magazine: 北海道新聞夕刊
    Paper
  • 韓国の夫婦別姓
    Date : 2016/03/15
    Program, newspaper magazine: 北海道新聞夕刊
    Paper
  • 国家と正義原則
    Date : 2016/01/21
    Program, newspaper magazine: 北海道新聞夕刊
    Paper
  • 治安維持法を通して考える特定秘密保護法
    Date : 2014/03/18
    Publisher, broadcasting station: 北海道新聞社
    Program, newspaper magazine: 北海道新聞夕刊
    Paper
  • 浅川巧 韓国人の心の中に生きた日本人①②
    Date : 2013/03/05
    Publisher, broadcasting station: 北海道新聞社
    Program, newspaper magazine: 北海道新聞夕刊
    Paper
  • 植民地朝鮮研究 一国史 枠超越を
    Date : 2005/03/11
    Publisher, broadcasting station: 北海道新聞社
    Program, newspaper magazine: 北海道新聞夕刊
    Paper


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.