Researcher Database

Nobuo Kurata
Graduate School of Humanities and Human Sciences Division of Humanities Department of Philosophy and Religious Studies
Professor

Researcher Profile and Settings

Affiliation

  • Graduate School of Humanities and Human Sciences Division of Humanities Department of Philosophy and Religious Studies

Job Title

  • Professor

Degree

  • Master of Literature(Kyoto University)

URL

Research funding number

  • 50303714

J-Global ID

Research Interests

  • カント倫理学   environmental ethics   Bioethics   Metaethics   科学技術倫理   applied ethics   Normative ethics   ethics of science and technology   

Research Areas

  • Humanities & social sciences / Philosophy and ethics
  • Humanities & social sciences / Sociology/history of science and technology
  • Humanities & social sciences / Philosophy and ethics

Academic & Professional Experience

  • 2019/04 - Today Hokkaido University
  • 2009/04 - 2019/03 北海道大学 (大学院文学研究科 思想文化学専攻 哲学倫理学専修 倫理学講座) 教授
  • 2001 - 2009 北海道大学(大学院文学研究科 思想文化学専攻 哲学倫理学専修 倫理学講座) 助教授
  • 2000 - 2002 三重大学(人文学部文化学科) 助教授
  • 1998/04 - 2000/03 三重大学(人文学部文化学科) 講師
  • 1997 - 1998 日本学術振興会特別研究員

Education

  •        - 1994  Kyoto University
  •        - 1989  Kyoto University
  •        - 1987  Kyoto University  Faculty of Letters

Association Memberships

  • 北海道大学哲学会   The Kansai Phirosophical Association   THE KANSAI ETHICAL SOCIETY   応用哲学会   日本イギリス哲学会   日本カント協会   日本倫理学会   日本医学哲学・倫理学会   日本科学哲学会   北海道哲学会   日本生命倫理学会   日本哲学会   JAPANESE SOCIETY FOR SCIENCE AND TECHNOLOGY STUDIES   

Research Activities

Published Papers

Books etc

Conference Activities & Talks

  • 'A Judgment: "Even if we live according to objective norms, the meaning of life will not be lost"' (Online Pre-recorded)  [Not invited]
    Nobuo Kurata
    The Third International Conference on Philosophy and Meaning in Life 2020 Hosted by University of Birmingham  2020/07
  • 人間の尊厳という価値の実在性  [Not invited]
    蔵田 伸雄
    日本カント協会第44回学会  2019/11
  • Judgments on Meaning of Life  [Not invited]
    KURATA Nobuo
    2nd International Conference on Philosophy and Meaning in Life  2019/10
  • 「人生の意味」というカテゴリーを生命倫理領域で用いる場合に注意しなければならないこと  [Not invited]
    蔵田 伸雄
    日本生命倫理学会第29回年次大会  2017/12  シーガイアコンベンションセンター(宮崎市)
  • 分析哲学/現代形而上学で 「人生の意味」や「死」について「語る」ことはできるのか  [Not invited]
    蔵田 伸雄
    第50回科学哲学会  2017/11  東京大学 
    ワークショップ 「分析哲学/現代形而上学で 「人生の意味」や「死」について「語る」ことはできるのか」のオーガナイザーとしての基調報告
  • 主観説と客観説の区別を越えて  [Not invited]
    蔵田 伸雄
    日本倫理学会第68回大会  2017/10  弘前大学 
    ワークショップ「人生の意味」の哲学的・倫理学的議論の可能性
  • 客観的な規範に従うことは人生の意味を奪うのか  [Not invited]
    蔵田 伸雄
    北海道大学哲学会・北海道哲学会合同シンポジウム「人生の意味」  2017/07
  • 医師による自殺幇助(PAS)を求める患者の権利」 はあるか  [Not invited]
    蔵田 伸雄
    日本生命倫理学会 第28回年次大会  2016/12
  • 同じ山に異なる側から登る-定言命法の理解をめぐって  [Not invited]
    蔵田 伸雄
    日本カント協会第41回度大会  2016/11
  • 慎慮と利他性の動機づけ -ネーゲル『利他主義の可能性』  [Not invited]
    蔵田 伸雄
    北海道哲学会2016年度前期研究発表会  2016/07
  • STAP細胞問題と研究倫理 周囲の状況と、研究者個人の倫理観と習慣  [Not invited]
    蔵田 伸雄
    応用哲学会 第7回年次研究大会  2015/04

MISC

Research Grants & Projects

  • 「人生の意味」についての分析実存主義的研究と応用倫理学への実装
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    Date (from‐to) : 2016/04 -2019/03 
    Author : 蔵田 伸雄
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    Date (from‐to) : 2011/04 -2014/03 
    Author : 藏田 伸雄
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    Date (from‐to) : 2009 -2012 
    Author : 新田 孝彦, 藏田 伸雄, 村松 正隆, 眞嶋 俊造, 松王 政宏, 伊勢田 哲治
     
    本研究の目的は、(1)伝統的な専門職に即して形成されてきた従来の専門職概念を再定義し、(2)現代における専門職の課題を明確化することによって、(3)専門職概念の重層性に対応した専門職倫理全体的構造を解明し、再構築することである。本プロジェクトの2年目にあたる22年度は、前年度に引き続き、上記(2)(3)に関して、文献研究や研究会、ワークショップの開催などを通じて、専門職が抱える課題の具体的な把握に努めた。研究会で取り上げたのは、ビジネス倫理の原理、軍事専門職の倫理、医療倫理教育、テクノエンハンスメント、中国企業における儒教的理念の意義と限界、医療資源配分の倫理的問題、ジャーナリズムの倫理など多岐にわたり、この中には台湾国立中央大学のPo-Keung IP教授、ハーバード大学のNorman Daniels教授、岡山大学粟屋剛教授、医学研究科寺沢浩一教授による発表・討議も含まれている。また、本プロジェクトの最終目標は総括的な専門職倫理研究を出版することであるが、そのための企画会議も2回にわたって行い、構成の概要を固めた。本研究の特色の一つは、本学の応用倫理研究教育センターをプラットフォームとして海外の研究者との連携のもとで国際的な広がりをもった研究を行うことであるが、これについては、上記の他に、センター主催の第5回応用倫理国際会議(2010年11月)などを通じて研究交流を図り、そ...
  • Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
    Date (from‐to) : 2008 -2010 
    Author : Shinichiro MORINAGA, Hisatake KATOU, Tatsu YAMAMOTO, Michio IMAI, Akihiro SAKAI, Jun MATSUDA, Tetuhiko SHINAGAWA, Etsuko AKIBA, Tetsu ISOBE, Chiaki KAGAWA, 忽那 敬三, Nobuo KURATA, Yasusi KOIDE, Satoshi KODAMA, Maki KOBAYASHI, Hirotaka YAMAUCHI, Nobuyuki IIDA, Tosinari MIZUNO
     
    A summary of the conclusions on this research is the followings : First, the philosophical-theological concept of "Human dignity" is not connotatively identical with the political concept of "Rights" although these two concepts had been seen as denotatively equivalent in the middle of the 20centry. In addition, unlike "Value," "Human dignity" cannot be weighed against any other. Secondarily, it is unavoidable for induced pluripotent stem cell (iPS) research, which has been said to overcome moral issues, to become a complicity in the moral issue after all. Moreover, bioethics as interdiscipl...
  • Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
    Date (from‐to) : 2008 -2010 
    Author : Tomohiko YARA, Yoshinobu NAGASAWA, Kazuyuki SUNAGA, Hidekazu KANEMITSU, Kojiro HONDA, Nobuo KURATA, Shigeo OOKODA, 坂井 昭宏, 長谷川 吉昌
     
    (1) The "precautionary principle" was introduced as the decision making model in order to cope with uncertain risks brought about by the development of technology. The principle, however, does not include a criterion that specifies the level of risk at which we should take preventive measures. Therefore, the precautionary principle requires a supplementary decision-making model for consensus building about uncertain risks.(2) The uncertainty of the risks brought about by technology was analyzed from the standpoint of risk communication in order to clarify the nature of the uncertain risks.
  • Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
    Date (from‐to) : 2007 -2008 
    Author : Takahiko NITTA, 石原 孝二, Nobuo KURATA, Shunzo MAJIMA, Koji ISHIHARA
     
    大学(院)における「職業倫理教育」のモデル・プログラム-1期15回分の授業資料(倫理学の基礎理論、企業・組織倫理の主要課題に関する諸理論と基礎文献、組織における意思決定理論とその適用、倫理綱領の構成要素と構造、失敗事例に関するケース・スタディなどを含む講義資料、講読用文献資料、意思決定分析シート等)-を開発した。併せて、各種企業や官庁等の組織におけるコンプライアンス体制に関するヒアリング調査を実施した
  • Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
    Date (from‐to) : 2006 -2008 
    Author : Nobuo KURATA, 金光 秀和, Kohji ISHIHARA, Takahiko NITTA, Shigeo SUGIYAMA, Tetsuji ISEDA, Masahiro MATSUOU, Hidekazu KANEMITSU, Masashi SHIRABE, Kotaro KURODA
     
    リスク管理については熟議民主主義的な社会的意思決定の枠組みが必要である。またリスク-費用便益分析の「科学的合理性」とは別の「社会的合理性」があり、参加型の意思決定がそれを確保する手段となる。またリスク評価や社会的なリスクの軽減のために専門家(特に技術職)の果たす役割は大きいが、非専門家にも意思決定への「参加義務」があると考えられる。
  • Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
    Date (from‐to) : 2006 -2008 
    Author : Shuichi KITOH, 池田 啓, 桑子 敏雄, 森岡 正博, 松田 裕之, Yuichi INOUE, Yasushi MARUYAMA, Tokuji MARUYAMA, Tetsu SATOH, Hiroshi IKEDA, Toshio KUWAKO, Shirou SIROUZU, Masahiro MORIOKA, Nobuo KURATA, Hiroyuki MATSUDA, Akihisa SETOGUCHI, Shirou TATSUZAWA, Mayumi FUKUNAGA, Akihiro YOSHINAGA, Ryouto TOMITA, Akito YASUDA, Sakiko NINOMIYA
     
    生物多様性保全と自然再生の理念は、地域社会の文化や社会のあり方と密接に結びついており、そのようなものを統合した「地域再生」の理念と深い関係がある。そのため、自然と社会や文化の入れ子状態の中で、「サステイナビリティ」などの自然にかかわる理念も社会や文化の理念から再定義されなければならない。そのようなことを実践的に可能にするための人材育成のあり方を実践的に提示するとともに、生物多様性保全や自然再生が、治水や災害などの問題も含めた包括的な環境や社会のあり方、さらには、エネルギーや脱炭素化社会の構築にも展開できる社会的な論理を提示した。『環境倫理学』(東京大学出版会)を出版してその成果の内容を提示した。
  • Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
    Date (from‐to) : 2005 -2008 
    Author : Shiho HIRATSUKA, 小橋 元, Sadako YOSHIMURA, Toshio YOSHIDA, Nobuo KURATA, Takayo NAKAZAWA, Gen KOBASHI
     
    医療における遺伝情報の取扱いと医療専門職の守秘の範囲につき法的・倫理的に検討したうえで、当該情報を保護するための看護職および医療専門職の行動指針を提示した。診療情報のなかでも遺伝情報は血縁者と共有しているという特殊性があるものの、原則として自身が情報をコントロールできるような法的整備が重要である。さらに、当該個人がその情報が意味することについて心理社会学的側面を含めて理解できるようなシステムが必要である。
  • Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
    Date (from‐to) : 2005 -2006 
    Author : Takahiko NITTA, 柏葉 武秀, 杉山 滋郎, 石原 孝二, 蔵田 伸雄, 栃内 新, 鈴木 好夫, 小笠原 正明
     
    1. PurposeThere are two issues in the Engineering Ethics Education in Japan : to develop the contents of the engineering ethics in line with Japanese society and to expand the engineering ethics education into companies and societies of engineers. It is also the purpose of this research to meet these issues.2. Result(1) The materials that we investigators have developed in each class are divided into three levels, that is, for the college of technology, the general education in undergraduate school and graduate school course. These materials can be found in our "Research Results Report" con...
  • Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
    Date (from‐to) : 2004 -2006 
    Author : Kazuhisa TODAYAMA, 柴田 正良, 蔵田 伸雄, 黒田 光太郎, 斉藤 了文, 横山 輝雄, 伊勢田 哲治, 杉原 桂太
     
    In this research, first, we interviewed researchers and practitioners of engineering ethics education in universities and junior collages of technology to compile information of curricula, contents of each course, teaching materials and background of instructors. Then, we conducted a collaborative research project with Dr. Pei-Fen Chang from National Central University Taiwan and some Taiwan philosophers and engineering scientists. We held two bilateral conferences (one in Nagoya, 2005 and the other in Taiwan, 2006), in which, we interviewed practitioners and researchers in Taiwan about the...
  • Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
    Date (from‐to) : 2004 -2005 
    Author : Nobuo KURRATA, 柏葉 武秀, 石原 孝二, 新田 孝彦, 調 麻佐志, 黒田 光太郎, 杉山 滋郎
     
    In this program, firstly, we analyzed the ethical meanings of the methods of risk-benefit analysis used for the social problems about science and technology, and we investigated whether social equity is considered in this process. Second, ethical problems of science and technology, such as nanotechnology and GM crops, were analyzed from the point of the risk evaluation and the risk communication. Third, we studied about risk-theory from the points of philosophy of science, ethics, politics, and psychology in addition to it, we studied democratic decision-making model for risk management. Fo...
  • Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
    Date (from‐to) : 2004 -2005 
    Author : Akihiro SAKAI, 新田 孝彦, 蔵田 伸雄, 石原 孝二, 野村 恭史, 柏葉 武秀, 今井 道夫, 高田 純, 田中 伸司
     
    In the research of ethics of our country in recent years, there remarkably seems to be a tendency to a self-closing special differentiation in new areas of investigations of bioethics, environmental ethics, information ethics, and engineering and techno ethics, etc. Against such tendency, the purpose of our project is to analyze various basic concepts of each field of applied ethics, including various ethical arguments based on those concepts there, from a normative-ethical and meta-ethical viewpoint. And then, based on that analysis, we attempt to redefine those concepts.In the last year o...
  • Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(A))
    Date (from‐to) : 2002 -2003 
    Author : Kunihiko SHOJI, 常本 照樹, 城下 裕二, 蔵田 伸雄, 旗手 俊彦, 丸山 英二
     
    We had 22 workshops and conferences from June 2002 to March 2005. One of them was an international workshop, in which some foreign lectures and observers attended.The minutes of workshop "Patent system and bioethics", which was held in August 2002, was printed on The Hokkaido Law Review Vol.54 May 2003 No.2. The minutes of "Human dignity, ethical and legal positioning of human bodies and lives", which was held in June 2003, was printed on The Hokkaido Law Review Vol.54 February 2004 No.6. The other minutes of workshops are bound as "JINRIN works".Each investigator attended a lot of related ...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A), 若手研究(B))
    Date (from‐to) : 2001 -2002 
    Author : 蔵田 伸雄
     
    本年度は遺伝子解析の進展という現状を踏まえて、個人遺伝情報に関わる生命倫理的な問題群を整理し、さらに「人間の尊厳」という概念の、個人遺伝情報の法的保護のための有効性を検討した。遺伝情報は保険契約や、雇用の際にも使用されうるために商品価値を持ちうるが、そのために個人遺伝情報の蓄積・売買・不正なアクセス・漏洩の可能性がある。だが個人遺伝情報は人体組織から明らかになるので、個人遺伝情報を保護するためには、人体組織を保護する必要がある。また身体組織の解析研究によって、研究者や企業に大きな利益がもたらされることがある。こういった現状を踏まえて、本研究ではカント的な「市場化・商品化・手段化されてはならないものの価値」としての「人間の尊厳」という概念に基づく個人遺伝情報保護の可能性を検討した。そして「人間の尊厳」という概念に基づく人体組織の保護によって、結果的に個人遺伝情報のプライバシーも保護しうることを明らかにした。また遺伝情報の保険契約の使用、生命倫理政策といった問題についても検討を行った。さらに昨年末に廃案になった「個人情報保護法案」と関連法案が、個人遺伝情報を十分に保護しうるかという点についても検討を試みた。そして生命倫理に関する諸議論における、哲学的倫理学の立場に基づく生命倫理学の妥当性について、特に宗教的価値観との関連から検討した。また遺伝子解析技術と遺伝子工学を念頭において、...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
    Date (from‐to) : 1999 -2000 
    Author : 藏田 伸雄
     
    本年度はクローン技術の人への使用について、現時点の状況を調査し、問題点を整理することを試みた。さらに体細胞核移植クローン技術の人への使用に関する倫理問題をできるだけ広い視野から検討し、この問題を生命倫理に関する諸議論の中に位置づけることを試みた。具体的には、ヒトゲノム解析、遺伝子診断と雇用差別・保険差別、医療情報のプライバシー保護、ターミナルケア、遺伝子操作、さらに体外受精等の人工生殖技術との関連から、クローン技術の人への使用の倫理的含意を明らかにすることを試みた。このようにしてクローン技術の人への使用を遺伝子操作技術全体の中に位置づけ、それによって人間に対する生命操作技術の使用に関する規制について、倫理的分析を行うための図式を提示することを試みた。またクローン技術等を含めた先端科学技術と社会との関連、特に科学技術者の社会的責任の意味と、市民による科学技術のコントロールの方法に関する研究を行った。さらにメタ倫理学的な研究を始めとした哲学的思考は、生命倫理研究に対してどのような形で貢献しうるかという問題に関する研究を行った。このような研究を経て、体細胞核移植クローン技術の人への使用に関する倫理問題を、「特定の表現形質を持つ児の意図的産生を目的としたクローン技術の使用」「<生殖>の自由に基づくクローン技術の使用の正当化」、「クローン技術と生命倫理政策」さらに「体細胞核移植技術とE...

Educational Activities

Teaching Experience

  • 医倫理学
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 医学研究科
  • 博士論文指導特殊演習
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 博士論文指導特殊演習Ⅰ
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 文学院
  • 修士論文
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 修士論文・特定課題指導特殊演習
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 卒業論文
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
  • 修士論文・特定課題指導特殊演習
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学院

Campus Position History

  • 2013年4月1日 
    2016年3月31日 
    サステイナビリティ学教育研究センター副センター長
  • 2020年4月1日 
    2022年3月31日 
    教育研究評議会評議員

Position History

  • 2013年4月1日 
    2016年3月31日 
    サステイナビリティ学教育研究センター副センター長
  • 2020年4月1日 
    2022年3月31日 
    教育研究評議会評議員

Social Contribution

Social Contribution

Social Contribution

  • 札幌市衛生研究所倫理審査委員会委員
    Date (from-to) : 2008/06
    Role : Advisor
    Sponser, Organizer, Publisher  : 札幌市


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.