Researcher Database

Naoto Kobayashi
School of Fisheries Sciences Training Ship “Ushio-maru”
Assistant Professor

Researcher Profile and Settings

Affiliation

  • School of Fisheries Sciences Training Ship “Ushio-maru”

Job Title

  • Assistant Professor

J-Global ID

Research Interests

  • 海洋物理   水産学   Oceanography   Fisheries in General   

Research Areas

  • Life sciences / Aquaculture
  • Natural sciences / Atmospheric and hydrospheric science
  • Environmental science/Agricultural science / Environmental dynamics

Association Memberships

  • THE OCEANOGRAPHIC SOCIETY OF JAPAN   

Research Activities

Works

  • 北海道大学水産学部附属練習船による海洋漁業調査
    2001
  • 北海道大学水産学部附属練習船による海洋漁業調査
    2000

MISC

  • 「津軽海峡通過流の海水変質過程
    松浦宏美, 磯田豊, 黒田寛, 久万健志, 斉藤雪美, 小林直人, 相木智一, 和川拓, 矢部いつか, 干場康博  海と空  83-  (1)  21  -35  2007  [Not refereed][Not invited]
  • 北海道亀田半島沖における流れ場及び水塊の季節変化
    小林直人, 磯田豊, 黒田寛, 木村修, 山口秀一, 大西光代, アナ ルイザ ロザ  沿岸海洋研究  44-  (1)  59  -67  2006  [Not refereed][Not invited]
  • 天野春菜, 深田陽久, 藤田敏明, 小林直人, 坂岡桂一郎, 原彰彦  水産増殖  52-  (3)  293  -300  2004  [Not refereed][Not invited]
  • 練習船ADCPを用いた迅速な海流情報提供に向けて -ADCPの品質管理処理プログラム-」
    小林直人, 磯田豊, 高津哲也, 山口秀一, 木村修  北海道大学水産科学研究彙報  55-  (2)  97  -103  2004  [Not refereed][Not invited]
  • Wave Fluctuation with the Passage of a Depression
    Bulletin of Fisheries ・ Sciences, Hokkaido University  53-  (1)  51  -55  2002  [Not refereed][Not invited]
  • Wave Fluctuation with the Passage of a Depression
    Bulletin of Fisheries ・ Sciences, Hokkaido University  53-  (1)  51  -55  2002  [Not refereed][Not invited]
  • Results of the 2001 Salmon Research Cruise of the Hokusei Maru
    NPAFC Doc.  548-  2001  [Not refereed][Not invited]
  • Results of 2000 Salmon Research Cruise of the Hokusei Maru
    NPAFC Doc.  486-  2000  [Not refereed][Not invited]
  • 高緯度海域におけるノルパックネット標準採集の特性-その2.荒天下に起こる過剰曳網とプランクトン現存量評価
    日本プランクトン学会報  46-  (2)  134  -142  1999  [Not refereed][Not invited]
  • Characteristics of standard methods of Norpac net towing in the high latitude sea area (]G0002[). Over Towing under rough sea conditions and estimation of zooplahton abundance
    The Planhton Society of Japan  46-  (2)  134  -142  1999  [Not refereed][Not invited]
  • Baroclinic Flow Referred to the 3000 m Reference Level across the 180゜ Transect in the Sabarctic North Pacific
    Reprinted from Bulletin of the Faculty of Fishries Hokkaido University  48-  (3)  53  -64  1997  [Not refereed][Not invited]

Research Grants & Projects

  • 北海道亀田半島東岸沖で発生した急潮現象
    Date (from‐to) : 2006 
    2006年5月29日から30日にかけて、北海道南西部に位置する亀田半島の鹿部から川汲に至る沿岸海域で、北側から順に漁業施設が破損する被害が発生した。このとき、亀田半島東岸沖では鹿部から恵山方向へ向かう非常に強い南東流であったことが漁業者から報告されている。しかし、このような急潮の発生報告は過去にはほとんどなく、この海域で急潮が発生することは非常に珍しい。この急潮が発生した初夏の平均的な海況は、主に雪解け水による表層付近の塩分躍層の発達が特徴であり、その表層の平均流は弱い南東流(0.2~0.5kt)である(小林ほか、2006)。本研究の目的は、2005年に限って、なぜ急潮が発生したのか、その原因および発生メカニズムを調べることにある。
  • 北海道亀田半島沖の恵山潮と鹿部潮
    Date (from‐to) : 2005
  • 練習船ADCPデータの品質管理処理と迅速な海流情報提供システムの開発
  • 津軽暖流と親潮の係留観測
  • 高緯度海域におけるノルパックネット標準採集の特性-その2 荒天下に起こる過剰曳網とプランクトン現存量評価
  • Characteristics of standard methods of Norpac net Towing in the high latuliude sea area II.Overtowing under vough sea condirious and estimation of zooplankton abundance.


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.