Researcher Database

Kazuyasu Sakaguchi
Faculty of Science Chemistry Organic and Biological Chemistry
Professor

Researcher Profile and Settings

Affiliation

  • Faculty of Science Chemistry Organic and Biological Chemistry

Job Title

  • Professor

URL

Research funding number

  • 00315053

J-Global ID

Research Interests

  • Inhibitor   Enzyme   Differentiation   Biochemistry   Cell Cycle   Cancer   Dephospharylation   翻訳後修飾   多量体構造   ホスファターゼ   p53   ナノバイオマテリアル   タンパク質科学   ペプチド科学   生物化学   posttranslational modification   oligomer   phosphatase   p53   Nanobiomaterial Science   Protein Science   Peptide Science   

Research Areas

  • Nanotechnology/Materials / Biochemistry
  • Life sciences / Structural biochemistry
  • Life sciences / Functional biochemistry
  • Nanotechnology/Materials / Molecular biochemistry

Association Memberships

  • 日本プロテインホスファターゼ研究会   JAPANESE SOCIETY FOR CHEMICAL BIOLOGY   日本プロテオーム学会   American Chemical Society   日本生化学会   日本ペプチド学会   日本化学会   Japan Proteome Society   The Japanese Peptide Society   The Chemical Society of Japan   

Research Activities

Published Papers

Books etc

  • Peptide Science 2011
    The Japanese Peptide Society 2012
  • 自然科学実験
    学術図書出版 2007

Industrial Property Rights

  • Methods for Generating Phosphorylation Site-Specific Immunological Reagents
    US 6,309,863, B1

Awards & Honors

  • 2010/10 日本生化学会 2010 年度(第18 回) JB 論文賞
     PPM1D430, a Novel Alternative Splicing Variant of the Human PPM1D, can Dephosphorylate p53 and Exhibits Specific Tissue Expression 
    受賞者: Chuman, Y;Kurihashi, W;Mizukami, Y;Nashimoto, T;Yagi, H;Sakaguchi, K

Research Grants & Projects

  • 配位金属制御に基づく新規な基質トラッピング法による癌抑制ホスファターゼ標的の探索
    科研費:挑戦的萌芽研究
    Date (from‐to) : 2015 -2016 
    Author : 坂口 和靖
  • 癌抑制タンパク質p53の多量体化と配向化を基盤とした生物イベント制御と機能解明
    科研費:基盤研究(B)
    Date (from‐to) : 2012 -2014 
    Author : 坂口 和靖
  • PPM1Dホスファターゼ過剰発現癌細胞における染色体分配制御の破綻と分子基盤解明
    科研費:基盤研究(C)
    Date (from‐to) : 2012 -2014 
    Author : 中馬 吉郎
  • iPS細胞の樹立効率化のためのヘテロオリゴマーを介した癌抑制タンパク質p53阻害
    科研費:挑戦的萌芽研究
    Date (from‐to) : 2011 -2012 
    Author : 坂口 和靖
  • 腫瘍由来変異と進化に基づく癌抑制タンパク質p53四量体安定性と機能不全閾値の解明
    科研費:基盤研究(B)
    Date (from‐to) : 2009 -2011 
    Author : 坂口 和靖
  • E‐Life構築を目指したD型タンパク質翻訳系の開発
    科研費:挑戦的萌芽研究
    Date (from‐to) : 2009 -2010 
    Author : 坂口 和靖
  • がん抑制タンパク質p53四量体形成変異による不活性化機構の解明と機能修復剤の開発研
    科研費:基盤研究(B)
    Date (from‐to) : 2006 -2008 
    Author : 坂口 和靖
  • がん抑制タンパク質p53の四量体形成ドメインのフォールディング
    科研費:特定領域研究
    Date (from‐to) : 2004 -2005 
    Author : 坂口 和靖
  • 酸化ストレス解析のための特異的モノクローナル抗体作製法の開発
    科研費:萌芽研究
    Date (from‐to) : 2003 -2004 
    Author : 坂口 和靖
  • がん遺伝子治療用の非ヘテロ四量体形成性がん抑制タンパク質p53の設計と開発
    科研費:基盤研究(B)
    Date (from‐to) : 2002 -2004 
    Author : 坂口 和靖
  • Structure and Post-translational Modification of Tumor suppressor Protein p53 and its related proteins
    Date (from‐to) : 2003
  • リン酸化モチーフ特異的抗体を用いたタンパク質リン酸化解析法の開発
    科研費:基盤研究(C)
    Date (from‐to) : 2000 -2001
  • p53誘導性ホスファターゼWip1の局在化とSH3蛋白質を介した細胞周期の制御
    科研費:特定領域研究(C)
    Date (from‐to) : 2001
  • p53誘導性ホスファターゼWip1の局在化調節を介した細胞周期の制御機構の解明
    科研費:特定領域研究(C)
    Date (from‐to) : 2000
  • Cell cycle control by protein phosphatase
    Date (from‐to) : 1999

Educational Activities

Teaching Experience

  • Advanced Chemistry
    開講年度 : 2018
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 総合化学院
    キーワード : 生物化学、分子生物学、細胞生物学、ホスファターゼ、翻訳後修飾、脱リン酸化、創薬
  • Intermediate Biological Chemistry
    開講年度 : 2018
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 総合化学院
    キーワード : 生体分子、タンパク質、立体構造、機能制御、フォールディング、分子認識、酵素、バイオインフォマティクス
  • Advanced Chemistry
    開講年度 : 2018
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 総合化学院
    キーワード : intrinsically disordered, protein-protein interactions, NMR, X-ray crystallography, post-translational modifications, acidic activation domains, transcription, SUMO, SUMO-interacting motifs (SIM), PML-nuclear bodies, LC3, LC3-interacting region (LIR), autophagy; cancer, stress, viral infections.
  • Inter-Graduate School Classes(General Subject):Natural and Applied Sciences
    開講年度 : 2018
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 大学院共通科目
    キーワード : intrinsically disordered, protein-protein interactions, NMR, X-ray crystallography, post-translational modifications, acidic activation domains, transcription, SUMO, SUMO-interacting motifs (SIM), PML-nuclear bodies, LC3, LC3-interacting region (LIR), autophagy; cancer, stress, viral infections.
  • Modern Trends in Biomolecular Chemistry
    開講年度 : 2018
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 総合化学院
    キーワード : 遺伝情報,タンパク質構造,分子論的理解,生合成機構,動物細胞,二次代謝産物,バイオポリマー,環境浄化
  • Modern Trends in Biomolecular Chemistry
    開講年度 : 2018
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 工学院
    キーワード : 遺伝情報,タンパク質構造,分子論的理解,生合成機構,動物細胞,二次代謝産物,バイオポリマー,環境浄化
  • Inter-Graduate School Classes(General Subject):Natural and Applied Sciences
    開講年度 : 2018
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 大学院共通科目
    キーワード : 遺伝情報,タンパク質構造,分子論的理解,生合成機構,動物細胞,二次代謝産物,バイオポリマー,環境浄化
  • Modern Trends in Chemical Sciences and Engineering II
    開講年度 : 2018
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 総合化学院
    キーワード : intrinsically disordered, protein-protein interactions, NMR, X-ray crystallography, post-translational modifications, acidic activation domains, transcription, SUMO, SUMO-interacting motifs (SIM), PML-nuclear bodies, LC3, LC3-interacting region (LIR), autophagy; cancer, stress, viral infections.
  • Modern Trends in Biomolecular Chemistry
    開講年度 : 2018
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 工学院
    キーワード : 遺伝情報,タンパク質構造,分子論的理解,生合成機構,動物細胞,二次代謝産物,バイオポリマー,環境浄化
  • Freshman Seminar
    開講年度 : 2018
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : 生命と化学反応、タンパク質、遺伝子と遺伝情報、免疫、癌、細胞、シグナルの伝達、構造と機能
  • Laboratory Work in Chemistry V
    開講年度 : 2018
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 理学部
    キーワード : 基礎化学,物理化学,無機化学,分析化学,有機化学,生物化学 このうち化学実験Vは、生物化学分野。
  • Biochemical Regulation
    開講年度 : 2018
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 理学部
    キーワード : 複製、転写、翻訳、DNA、RNA、タンパク質、染色体、遺伝子、プロセシング、変異、修復、翻訳後修飾
  • Biochemistry Ⅰ
    開講年度 : 2018
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 理学部
    キーワード : 生体分子、アミノ酸、タンパク質、糖、脂質、核酸、DNA、RNA、立体構造、酵素

Campus Position History

  • 2014年4月1日 
    2016年3月31日 
    教育研究評議会評議員
  • 2014年4月1日 
    2016年3月31日 
    大学院総合化学院長

Position History

  • 2014年4月1日 
    2016年3月31日 
    教育研究評議会評議員
  • 2014年4月1日 
    2016年3月31日 
    大学院総合化学院長


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.