Researcher Database

Shuichi Takeuchi
Graduate School of Humanities and Human Sciences Division of Humanities Department of Cultural Representations
Professor

Researcher Profile and Settings

Affiliation

  • Graduate School of Humanities and Human Sciences Division of Humanities Department of Cultural Representations

Job Title

  • Professor

J-Global ID

Research Interests

  • カミュ   

Research Areas

  • Humanities & social sciences / Literature - European
  • Humanities & social sciences / Literature - General

Academic & Professional Experience

  • 2019/04 - Today Hokkaido University
  • 2009/04 - 2011/03 The National Center for University Entrance Examinations
  • 2006/04 北海道大学 大学院・文学研究科 助教授

Research Activities

Published Papers

Books etc

  • 空間に遊ぶ (北大文学研究科ライブラリ)
    竹内修一 (Joint work第五章 「無限の空間の永遠の沈黙」をまえにして——パスカルからカミュへ)
    北海道大学出版会 2016/06 p.111-146.
  • 田村 毅, 塩川 徹也, 西本 晃二, 鈴木 雅生, 田村 毅, 塩川 徹也, 西本 晃二, 鈴木 雅生 
    丸善出版 2012/07 (ISBN: 4621085220) 800
  • 竹内 修一 (Single work)
    風間書房 2011/03 (ISBN: 4759918590) 169
  • 別冊水声通信 シモーヌ・ヴェイユ
    竹内修一 (Joint workアルベール・カミュ「シモーヌ・ヴェイユ」翻訳および解説(47-54頁))

Conference Activities & Talks

  • アンドレ・マルロー「ジャン・ムーランの遺灰のパン テオンへの移葬」について̶ 手稿、タイプ原稿から見 えてくるもの  [Not invited]
    竹内修一
    日本フランス語フランス文学会秋季大会(近畿大学)  2019/10
  • アルベール・カミュ:アルジェリアとフランス共和国  [Not invited]
    竹内修一
    北大道新アカデミー「ワールドカルチャーマップ:文学で世界をめぐる」  2019/06
  • アレクサンドル・デュマ:仏領サン・ドマングとフランス共和国  [Not invited]
    竹内修一
    北大道新アカデミー「ワールドカルチャーマップ:文学で世界をめぐる」  2019/06
  • フランス共和国は誰を神にするのか? アレクサンドル・デュマとパンテオン  [Not invited]
    竹内修一
    アリアンス・フランセーズ札幌「フランス・アラカルト・セミナー」  2018/07
  • アンドレ・マルローとアレクサンドル・デュマのパンテオン葬  [Not invited]
    竹内修一
    日本フランス語フランス文学会 2017年度秋季大会 ワークショップ「パンテオンと作家たち」  2017/10
  • アンドレ・マルローのパンテオン(1964/1996)  [Invited]
    竹内修一
    2016/12  御茶ノ水女子大学
  • 小説テクストの時制システムを如何に翻訳するか  [Not invited]
    竹内修一
    第4回 翻訳ワークショップ・シンポジウム「条件付きの翻訳」  2015/07
  • 誰が誰に同意を求めるのか ── 『異邦人』最終章と翻訳の問題  [Not invited]
    竹内修一
    カミュ研究会 第59回例会  2014/12
  • アンドレ・マルロー「ジャン・ムーランのパンテオン葬」について(ワークショップ「死者の記憶と共同体」に於ける発表)  [Not invited]
    竹内修一
    日本フランス語フランス文学会春季大会  2014/05
  • 自由間接話法をどのように訳すか ──『異邦人』最終章のケース──  [Not invited]
    竹内修一
    翻訳シンポジウム(北大文学研究科)  2013/03
  • アンドレ・マルロー「ジャン・ムーランのパンテオン葬」──第五共和国のコメモラシオン  [Not invited]
    竹内修一
    日本フランス語フランス文学会北海道支部会  2012/03
  • 恩赦と恩寵──カミュに於ける« grâce »の問題  [Not invited]
    竹内修一
    2009/12
  • カミュの近代史観について  [Not invited]
    竹内修一
    カミュ研究会例会(於明治大学)  2007/05
  • 歴史的契機としての処刑  [Not invited]
    竹内修一
    日本フランス語フランス文学会北海道支部会(於札幌日仏協会フォワイエ)  2006/12
  • 未来と殺人  [Not invited]
    竹内修一
    カミュ研究会(於大阪外国語大学)  2003/10
  • 正義と殺人 ── エピュラシオンをめぐる論争と『反抗的人間』  [Not invited]
    竹内修一
    日本フランス語フランス文学会秋期大会  2001/11
  • 不条理・殺人・レジスタンス  [Not invited]
    竹内修一
    カミュ研究会例会  1998/10

MISC

  • ワークショップ報告「パンテオンと作家たち」
    竹内修一, 田中琢三, 福田(寺嶋)美雪  cahier (日本フランス語フランス文学会)  21-  2  -6  2018/03  [Not refereed][Not invited]
  • ワークショップ報告「死者の記憶と共同体」
    竹内修一, 福島勲, 田中悟  cahier (日本フランス語フランス文学会)  14-  10  -14  2014/09  [Not refereed][Not invited]
  • 書評:中里まきこ(編著)『無名な書き手のエクリチュール』(朝日出版社)
    竹内修一  「週間読書人」2016年3月18日号  [Not refereed][Not invited]

Research Grants & Projects

  • アンドレ・マルローとフランス国民の記憶
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    Date (from‐to) : 2016/04 -2020/03 
    Author : 竹内修一
  • 文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
    Date (from‐to) : 2012 -2012 
    Author : 竹内 修一
  • 文部科学省:科学研究費補助金(萌芽研究, 挑戦的萌芽研究)
    Date (from‐to) : 2007 -2009 
    Author : 竹内 修一
     
    フランスの首都パリの第五区に位置する、パンテオンという共和国のモニュメントを社会と文学との関連で考察するのが本研究の目的である。昨年末サルコジ大統領は、死後50周年にあたる翌2010年に、作家アルベール・カミュの棺をパンテオンに移す希望を表明したが、反対・賛成ともに様々な議論を巻き起こし、結局カミュの親族の反対で実現しなかった。これは、パンテオンという共和国のモニュメントと作家の遺族というプライベートな側面との関係を考えるうえで興味深い事件であった。そのカミュに関して、12月26日に「恩赦と恩寵-カミュに於ける《grace》の問題」というタイトルで口頭発表を行い、それにもとづく論文を『カミュ研究』第9号(2010年5月刊行)に掲載する。これは、神学的「恩寵」と世俗的「恩赦」という意味をもつ《grace》の概念を中心にカミュの作品を論じたものである。また丸善から刊行が予定されている『フランス文化事典』に於いて「パンテオンと文学者」の項目を担当する予定である。なお本年度も、専門家を北海道大学に招いてふたつの講演会を開催した。山上浩嗣氏(関西学院大学)による講演「パスカルにおける病と身体」(10月30日)は、キリスト教護教論を構想したパスカルに関するものであるが、対比的に、反キリスト教である「革命」に由来するパンテオンの問題を考察するうえで有意義なものであった。田中琢三氏(フェリス...
  • Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
    Date (from‐to) : 2005 -2008 
    Author : Shiokawa TETSUYA, 竹内 修一, 田村 毅, 月村 辰雄, 中地 義和, 塚本 昌則, 鈴木 雅生, 畑 浩一郎, 竹内 修一, 鈴木 雅生
     
    キリスト教が社会と文化の基底を形作ってきたフランスにおいて、宗教と文学のあいだに存在した相互交渉の諸相を把握し、それを通じてキリスト教と文学の双方がどのように変容を遂げていったかを、それぞれの時代とジャンルに即して検討した.関係の歴史的変遷を通時的に見通すところまでは行かなかったが、いくつかのテーマ(理神論、オリエンタリズム)と何人かの作家(パスカル、ロベール・シャール、ヴォルテール、ネルヴァル、ランボー、カミュ、ル・クレジオ)については相当の成果を得た.
  • Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
    Date (from‐to) : 2005 -2006 
    Author : Yoshikazu NAKAJI, 田村 毅, 塚本 昌則, 竹内 修一, 鈴木 雅生
     
    We have explored how, in the historical context of modern French poetry from the mid-Nineteenth century to nowadays, the particular poets' creative activities were influenced by the print journalism (newspapers and magazines) and journalists: (1)the period of the Second Empire (the mid-Nineteenth century) of which Charles Baudelaire was representative; (2)the Third Republic of which Stephane Mallarme was representative; (3)the movement of the magazine La Vogue for which the poets, one generation younger than Mallarme, gathered to attempt to produce the new poetry against the Naturalism whic...
  • Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
    Date (from‐to) : 2004 -2006 
    Author : Masanori TSUKAMOTO, 竹内 修一, 田村 毅, 塩川 徹也, 月村 辰雄, 中地 義和, 鈴木 雅生
     
    In that research we aimed to elucidate the time consciousness described in French literature, especially in modern literature. In the basis of the modern literature a skepticism and a repulsion toward the "linear time" are consistently observed. What kind of time consciousness - differing from the rational one often represented by a homogeneous flow of time from past to present - has been expressed in modern literature?We studied this question principally from three views comparison of "avant-garde" and "arriere-garde", analysis of the Creole literature, and examination of the vision of tim...
  • Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
    Date (from‐to) : 2004 -2005 
    Author : Takeshi TAMURA, 塩川 徹也, 竹内 修一, 吉村 和明, 荒木 善太, 市川 裕史
     
    The purpose of this research on the subject of "Artistic and Literary Representations of Sacred Spaces - From New Classicism to Romanticism" is to describe France's spiritual atmosphere in the 19^ century. Its focus is on mid-18^ century to early 19^ century France, and especially on such Parisian landmarks as the pantheon and the Madeleine temple, which host paintings and sculptures forming an internal space, as well as on external spaces such as the gardens that are located in the vicinity of major monuments. This study allows us to see how "sacred spaces" are represented, how...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    Date (from‐to) : 2003 -2005 
    Author : 竹内 修一
     
    最終年度である本年は、主として、以下のふたつの論文の作成を行った。まず東京大学に提出した博士論文「死刑囚たちの「歴史」-『反抗的人間』のコンテクスト」である。この論文は、長年の研究をまとめたものであるが、カミュの歴史観を分析した後半部は、テロリズムを主題とする本研究の成果であると言える。カミュは『反抗的人間』に於いて、死刑囚となった革命家たちが、如何なる態度でみずからの死を受け入れたのか、その態度をフランス革命の革命家から20世紀のコミュニストたちに至るまで、俯瞰することで、彼独自の解釈を示した。従来見過ごされてきたこの点を明らかにしたのが本論文である。この論文をめぐって、田村毅、中地義和、塚本昌則、平石貴樹(以上、東京大学)、稲田晴年(静岡県立大学)の五氏を審査員として、10月22日公開審査が行われ、博士(文学)を授与された。審査員の先生方から頂いたコメントを考慮に入れて、加筆訂正を施した後、この博士論文を出版することを考えている。次に、『仏語仏文学研究』第32号に発表した、「未来と殺人-コミュニストたちの裁判と『反抗的人間』」である。1930年代末、ソ連邦に於いて高名な革命家ブハーリンの裁判が行われた。第二次大戦後、モーリス・メルロ=ポンティが『ヒューマニズムとテロル』(1947)を発表し、この裁判を正当化し、コミュニズム陣営を擁護した。この論文は、『反抗的人間』に於いて...
  • Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
    Date (from‐to) : 2002 -2004 
    Author : Yoshikazu NAKAJI, 月村 辰雄, 塩川 徹也, 田村 毅, 竹内 修一, 塚本 昌則
     
    The aim of our three-year (2002 to 2004) collective research project was to describe the influence of cultural factors in the broadest sense on formal transformations in French poetry. While the general history of French poetry since the Renaissance was by no means ignored, our main focus was on modernity. on the way lyrical traditions were renewed during the XIXth century after a two hundred year "eclipse" that had largely benefitted dramatic and epic poetry.Although left free, and indeed encouraged, to adopt varied approaches, all researchers were asked to discuss the poetry of Charles Ba...

Educational Activities

Teaching Experience

  • 博士論文指導特殊演習
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 博士論文指導特殊演習Ⅰ
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 文学院
  • 修士論文・特定課題指導特殊演習
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 卒業論文
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
  • 修士論文・特定課題指導特殊演習
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学院


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.