Researcher Database

Yeonju Lee
Graduate School of Humanities and Human Sciences Division of Humanities Department of Linguistics
Associate Professor

Researcher Profile and Settings

Affiliation

  • Graduate School of Humanities and Human Sciences Division of Humanities Department of Linguistics

Job Title

  • Associate Professor

URL

J-Global ID

Research Interests

  • 韓国語慶尚北道方言   外来語アクセント   大邱方言   アクセント体系   複合語アクセント   尚州方言   中期朝鮮語   漢字1字1字のアクセント   漢字語アクセント   韓国慶尚北道   蔚珍方言   尚州アクセント   傍点   対応関係   アクセント   言語類型論   日本語   類型論   トーン   中国語   イントネーション   言語類型   

Research Areas

  • Humanities & social sciences / Linguistics

Academic & Professional Experience

  • 2008/04 - Today Hokkaido University
  • 2003/04 - 2006/03 東京大学大学院 言語学研究室 助手

Education

  • 1999/04 - 2003/03  東京大学大学院
  • 1997/04 - 1999/03  東京大学大学院
  • 1986/03 - 1990/02  慶北大学校

Association Memberships

  • THE ACADEMIC ASSOCIATION OF KOREANOLOGY IN JAPAN   THE SOCIETY FOR JAPANESE LINGUISTICS   THE PHONETIC SOCIETY OF JAPAN   THE LINGUISTIC SOCIETY OF JAPAN   

Research Activities

Published Papers

  • 日韓語アクセント単位の対照
    李連珠
    北東アジア諸言語の記述と対照 155 - 166 2019/03 [Not refereed][Not invited]
  • Accentual correspondences and characteristics in Korean dialects
    Lee Yeonju
    Linguistic Typology of the North Vol. 4 115 - 130 2017/03 [Not refereed][Not invited]
  • 韓国語諸方言における名詞アクセントの対応関係から窺えるアクセント特質
    李連珠
    北海道方言研究会会報 (92) 100 - 111 2015/12 [Not refereed][Not invited]
  • The Accent System and Phrasal Pitch Features in Middle Korean -Compared with the Accent Systems of Modern Gyeongsang Dialects -
    Yeonju Lee
    Journal of the Graduate School of Letters, Hokkaido University 7 55 - 65 2012/03 [Refereed][Not invited]
  • 韓国語漢字1字1字のアクセント-慶尚道大邱方言を中心にー
    李連珠
    東京大学言語学論集 (23) 71 - 97 2004/09 [Refereed][Not invited]
  • 韓国語大邱方言アクセントの音韻論的解釈
    李連珠
    東京大学言語学論集 (21) 103 - 121 2002/09 [Refereed][Not invited]
  • 韓国語大邱方言のアクセント体系-若年層を中心に
    李連珠
    韓国語アクセント論叢 福井玲編 63 - 98 2000/03 [Refereed][Not invited]

Books etc

  • 日本語研究の12章
    上野善道監修 (ContributorアクセントⅠー動詞活用形における交替規則ー)
    明治書院 2010/06
  • 日中韓言語学研究系列1-韓国における中国言語学研究資料-(韓国的中国語言学資料研究)
    厳翼相, 遠藤光暁編 (Contributor漢字語音・語彙研究-韓国漢字語のアクセントー)
    学古房 2005/11

Conference Activities & Talks

  • 日韓N型アクセントの特性について  [Invited]
    李連珠
    新潟大学国際ワークショップ「北東ユーラシア諸言語の記述と対照3」  2019/04
  • A contrastive analysis of prpsodic units in Korean and Japanese  [Not invited]
    李連珠
    Descriptive and Contrastive Analysis on Languages of Northeast Eurasia 2, Niigata University  2018/11
  • 対照言語学的観点から見た韓日語の現在と過去  [Invited]
    李連珠
    韓国慶北大学校コア事業国語国文学科海外研究者招聘講座  2018/02
  • 日韓語アクセント体系と対応関係から窺える対照言語学的特質  [Not invited]
    李連珠
    中国延辺大学第五回中日韓朝言語文化比較研究国際シンポジウム  2017/08
  • アクセント体系とアクセント単位認定に関する日韓語対照研究  [Not invited]
    李連珠
    韓国日本語学会第35回国際学術発表大会  2017/03
  • 韓国語諸方言アクセントの記述と比較  [Not invited]
    李連珠
    新潟大学国際ワークショップ「北東ユーラシア諸言語の記述と対照」  2016/07
  • 構造と機能から見た日韓述語の対照考察  [Not invited]
    李連珠
    第3回対照言語学ワークショップ於新潟大学  2015/07
  • 韓国語の時制  [Not invited]
    李連珠
    北海道地区韓国語教師研修会  2014/11  札幌韓国教育院
  • 日韓述語の構造に関する対照言語学的考察  [Not invited]
    李連珠
    第2回対照言語学ワークショップ於北海道大学  2014/08
  • 時間は言葉にどう表れているのか?ー時間と言葉ー  [Not invited]
    李連珠
    北海道大学文学研究科公開講座時間の不思議ー時のなかの人、人のなかの時ー  2014/06
  • 漢字からハングルへ‐その背景と現況‐  [Not invited]
    李連珠
    札幌韓国教育院主催第68回特別講演会  2014/04
  • 日韓アクセント論における対照言語学的考察  [Not invited]
    李連珠
    第1回対照言語学ワークショップ於新潟大学  2013/08
  • 韓国語文法論ー述語の構造と意味ー  [Not invited]
    李連珠
    第9回北海道地区韓国語教師研修会  2012/11
  • 用言の活用形におけるアクセント交替規則  [Not invited]
    李連珠
    日本音声学会第26回大会  2012/09
  • 日韓語のアクセント研究に関して  [Invited]
    李連珠
    韓国ソウル私立大学での公開講演  2012/05  韓国ソウル私立大学
  • ハングルの魅力  [Not invited]
    李連珠
    札幌韓国を知る会例会  2011/10
  • 国語教育のための国語述語構造の分析  [Not invited]
    李連珠
    韓国言語科学会冬季学術発表会  2011/02  慶北大学校
  • "The accent system and phrasal intonation in Middle Korean  [Not invited]
    Yeonju Lee
    ISAT (International Symposium on Accent and Tone)2010  2010/12 
    In Middle Korean, the accent patterns of words can be described in terms of (a) the presence/absence of the accent kernel and (b) the location of the kernel in cases where the kernel is present. By looking at Middle Korean texts, where the tone is marked for each syllable, one can say that if the word begins with a low tone or a sequence of low tones followed by a high tone, the last low tone determines the accent pattern for the word. In other cases, pitch seems to be governed by phrasal pitch features. The Daegu dialect in Modern Korean has a pitch accent system. In this system, like the Middle Korean system, the accent patterns can be described in terms of the presence/absence of the accent kernel and the location of the kernel if it is present. In this paper, I will show how these accent systems, i.e., the accent systems of Middle Korean and the Daegu dialect in Modern Korean, correspond to each other.
  • 韓国語諸方言におけるアクセント型の現れとアクセントの単位に関する考察  [Not invited]
    李連珠
    「日本語レキシコンの音韻特性」研究発表会  2010/10  国立国語研究所

MISC

Research Grants & Projects

  • Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(A))
    Date (from‐to) : 2010 -2013 
    Author : Haruo KUBOZONO, Shigeki KAJI, Ray IWATA, Akiko MATSUMORI, Tetsuo NITTA, Yeonju LEE
     
    The main purpose of this project was to examine the prosodic structures of Japanese dialects in comparison with those of other languages of the world, including Korean, Chinese and Bantu, to clarify the characteristics of Japanese from typological viewpoints. To achieve this goal, we set up a special theme for each year (loanword prosody, question prosody, accent/tone neutralizations, and accent/tone changes) and discussed these topics at the four international symposia we organized in Japan. We summarized our findings in many academic papers and published them in various journals in and outside Japan, including the special issue of Lingua (2012, No. 122).
  • 文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    Date (from‐to) : 2004 -2005 
    Author : 李 連珠
     
    1.フィールド調査:平成17年夏、韓国慶尚北道の大邱・尚州・蔚珍地域に出かけ、これまでの調査で漏れのあるデータを補充、補うためのアクセント調査を行った。2.研究成果:本人は、本研究に先立ち、韓国語慶尚道のアクセント体系について先ず大邱方言を持って、その音声学的な特性のみならず音韻論的解釈を基にしたアクセント記述・アクセント解釈を発表した。その結果、大邱方言のアクセントは下げ核の有無と位置を決めるだけで、その音韻論的特性を表すことができると分かった。さらに、名詞の曲用形・複合名詞形成・漢字語の形成・用言の活用等における語形成の際には、一貫したアクセント規則が働いていることを明らかにした。本研究期間中では、語形成の課程において一貫して働いているアクセント規則のようなものが、大邱方言だけではなく、慶尚北道の中で同じく多型アクセントと言える蔚珍方言、3型アクセントとされる尚州方言においても存在することが分かった。さらに、本研究期間中に新しく分かったことは、現代慶尚道方言の「語形成におけるアクセント規則」と15世紀〜16世紀に書かれた中期朝鮮語の文献資料に記されている傍点資料との間に規則的な対応関係があるということである。中期朝鮮語の文献は、傍点という表記法で当時のアクセントなり、イントネーションを表記しているが、従来その音韻的解釈が明らかにされていなかった。本人の大邱方言におけるアクセント研究成果の一つとして、漢字一字一字のアクセントを予測できるようになったことが、中期朝鮮語において音節ごとに表記していた傍点の性質を解く手がかりとなった。今後の研究課題としては、共時的研究対象即ち現代諸方言の研究領域をさらに拡大して行くとともに中期朝鮮語の文献資料もより広く調査し、韓国語全般のアクセント体系を明らかにしていきたい。

Educational Activities

Teaching Experience

  • 博士論文指導特殊演習
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 博士論文指導特殊演習Ⅰ
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 文学院
  • 修士論文
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 修士論文・特定課題指導特殊演習
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 修士論文・特定課題指導特殊演習
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学院


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.