Researcher Database

Takeshi Oshino
Graduate School of Humanities and Human Sciences Division of Humanities Department of Cultural Representations
Professor

Researcher Profile and Settings

Affiliation

  • Graduate School of Humanities and Human Sciences Division of Humanities Department of Cultural Representations

Job Title

  • Professor

Degree

  • (BLANK)(Tohoku University)

J-Global ID

Research Interests

  • 日本近代文学   メディア研究   サブカルチャー研究   メディア論   ジェンダー   モダニズム文化   国文学   Japanese Literature   

Research Areas

  • Humanities & social sciences / Literature - Japanese

Academic & Professional Experience

  • 2014 Hokkaido University

Education

  •        - 1994  Tohoku University
  •        - 1994  Tohoku University  Graduate School, Division of Letters
  •        - 1989  Yamagata University
  •        - 1989  Yamagata University  Faculty of Humanities

Association Memberships

  • 坂口安吾研究会   日本文学協会   宮沢賢治学会   日本文芸研究会   日本近代文学会   

Research Activities

Published Papers

Books etc

  • 押野 武志, 谷口 基, 横濱 雄二, 諸岡 卓真, 押野 武志, 谷口 基, 横濱 雄二, 諸岡 卓真 (Joint work)
    北海道大学出版会 2018/03 (ISBN: 4832934015) 336
  • 宮沢賢治――科学と祈りのこころ
    公益財団法人北海道文学館 (Contributor宮沢賢治とツーリズム――詩人は北を目指す)
    北海道立文学館 2016/09
  • 押野 武志 (Editor)
    北海道大学出版会 2015/03 (ISBN: 4832933892) 339
  • 石原 千秋 (Contributor)
    河出書房新社 2014/05 (ISBN: 4309022898) 228
  • 押野 武志, 和田 博文, 押野 武志 
    ゆまに書房 2013/07 (ISBN: 4843341266) 753
  • 諸岡 卓真, 押野 武志, 高橋 啓太, 近藤 周吾, 横濱 雄二, 小松 太一郎, 成田 大典, 井上 貴翔, 大森 滋樹, 諸岡 卓真, 押野 武志 (Joint work)
    北海道大学出版会 2013/03 (ISBN: 4832933833) 299
  • 松江 崇, 津曲 敏郎, 村松 正隆, 櫻井 義秀, 押野 武志, 近藤 浩之, 白木沢 旭児, 加藤 重広 
    北海道大学出版会 2012 (ISBN: 9784832933804)
  • 押野 武志 (Single work)
    翰林書房 2009/12 (ISBN: 4877372881) 285
  • 日本のことばと文化―日本と中国の日本文化研究の接点
    押野 武志 (Contributor宮沢賢治と中国)
    溪水社 2009/11
  • ヴィジュアル・クリティシズム―表象と映画=機械の臨界点
    押野 武志 (Contributorジャポニスムの現在)
    玉川大学出版部 2008/11
  • 宮沢賢治―驚異の想像力 その源泉と多様性
    押野 武志 (Contributor宮沢賢治の性愛観)
    朝文社 2008/01
  • 展望 現代の詩歌3 詩Ⅲ
    押野 武志 (Contributor)
    明治書院 2007/05
  • 押野 武志 (Contributorばらまかれた身体―モダニズム文学と身体表象)
    青弓社 2006/11 (ISBN: 4787232673)
  • 押野武志 (Single work)
    筑摩書房 2003/04 139
  • 押野 武志 (Single work)
    翰林書房 2000/06 (ISBN: 487737101X) 342
  • Aestehtics of Miyazawa Kenji
    Kanrinsyobo 2000
  • 徹底比較 賢治VS南吉
    押野 武志 (Contributor他者認識の分岐)
    文渓堂 1994/06
  • 総力討論 漱石の『こゝろ』
    押野 武志 (Contributor『こゝろ』論争の行方/「遺書」の書法)
    翰林書房 1994/01

Conference Activities & Talks

  • 災害とミステリ  [Invited]
    押野 武志
    輔仁大学日本語文学科国際シンポジウム「文化と災害」  2019/11
  • 本格ミステリから読む村上春樹―〈アフターダーク〉から〈ビフォーダーク〉への移動  [Invited]
    押野 武志
    2019年第8回村上春樹国際シンポジウム  2019/07
  • 佐藤友哉における北海道表象  [Not invited]
    押野 武志
    「事例研究と連携させた1970年代以降の日本現代ミステリ史の構築」第1回研究報告会  2019/03
  • 戦後文学としてのミステリ  [Not invited]
    押野 武志
    平成二七年度・日本近代文学会東北支部・冬季大会  2015/12
  • 七〇年代アジア系女性アイドル論――南沙織、アグネス・チャン、テレサ・テン…  [Invited]
    押野 武志
    歴史と記憶―交差する台日戦後サブカルチャー史  2015/07
  • 戦前期大衆文学論の諸相  [Not invited]
    押野 武志
    合同シンポジウム「忍者と探偵が出会うとき」  2014/08
  • The current situation and problems of literary study in the Japanese university  [Invited]
    OSHINO Takeshi
    Excellence and Innovation in Japanese Literary Studies in the Australian University Context  2008/09
  • The contemporary Japan mystery as a parody  [Not invited]
    OSHINO Takeshi
    Seventeenth Annual Meeting of Association for Japanese Literary Studies  2008/08
  • ジャポニスムの現在  [Not invited]
    押野 武志
    中日当代映像文化研究学術シンポジウム  2007/11
  • 宮沢賢治の性愛観  [Not invited]
    押野 武志
    宮沢賢治生誕110年記念国際研究大会  2006/08
  • 日本近代文学研究の現在―宮沢賢治を例にして  [Invited]
    押野 武志
    「宮沢賢治児童文学」シンポジウム  2006/06
  • 声と文字の抗争史  [Not invited]
    押野 武志
    日本近代文学会  2005/10
  • ばらまかれた身体―日本のモダニズム文学と身体表象  [Not invited]
    押野 武志
    ヨーロッパ日本研究協会  2005/09
  • The Fiction and Criticism of Sakaguchi Ango: The Rhetoric of Ambivalence  [Not invited]
    OSHINO Takeshi
    2003/11
  • 宮沢賢治と中国  [Not invited]
    押野 武志
    第3回中日韓文化・教育研究国際フォーラム  2002/09

MISC

  • Soseki and Kenji
    Kokubungaku  46-  (1)  110  2001  [Not refereed][Not invited]
  • The influences of Einstein on Miyazawa Kenji
    Eureka  26-  (4)  205  1994  [Not refereed][Not invited]
  • The Resistance Against The Orientalism of South Islands ; Hirotsu Kazuo's" Prose Spirit"
    Modern Japanese Literature  49-  27  1993  [Not refereed][Not invited]
  • The Structure of "Kazenomatasaburo" on Kenji Miyazawa
    The study of Literature  124-  67  1990  [Not refereed][Not invited]

Awards & Honors

  • 2005/06 日本文芸研究会 岡崎義恵学術研究奨励賞
     
    受賞者: 押野 武志
  • 2000/08 花巻市 宮沢賢治賞奨励賞

Research Grants & Projects

  • 事例研究と連携させた1970年代以降の日本現代ミステリ史の構築
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    Date (from‐to) : 2018 -2020 
    Author : 押野 武志
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    Date (from‐to) : 2014 -2016 
    Author : 押野 武志
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    Date (from‐to) : 2011 -2013 
    Author : 押野 武志, 千田 洋幸, 西田谷 洋, 横濱 雄二, 竹本 寛秋
     
    押野武志は、種々のミステリの具体的な分析を通して、「物語」「フラット」といった分析概念を、活字メディアと視覚メディアを横断的に分析できる概念として再定義した。千田洋幸は、1990年代以降の文学/文学理論の衰退という状況、さらに1995年における社会的・文化論的転回を踏まえながら、多様な文化ジャンル相互の葛藤と溶解について、村上春樹、村上龍、庵野秀明、下田正美、新海誠等の表現者を中心に考察した。西田谷洋は、アニメのみならず、マンガ・TVドラマ・ライトノベル・ゲームなども素材に多様に現れる他者との接続方法の今日的なありようを検討し、さらに定義上内的構造と同時に神話への言及性を持つメタフィクションの理論的検討と「新世紀エヴァンゲリオン」以降のテクスト分析を積み重ねた。横濱雄二は、1990年代から2000年代にかけての複数のメディアミックス作品におけるジャンルの役割を比較検討し、その分析を重ねることで、当該年代の日本のサブカルチャーにおけるジャンル形成と展開の文脈を明らかにした。竹本寛秋は、テクノロジーと文学・サブカルチャーが取り交わす相互交渉を明らかにするため、「テキスポ」や「文学極道」「現代詩フォーラム」「うたのわ」などの、文芸相互批評サイトの様態や、ニコニコ動画などにおける職人文化の形成、及び「初音ミク」をめぐる状況が示すような、ネットワーク上の創作活動が商業資本と関係を取り結ぶありようを分析し、2000年代以降の文学・サブカルチャーを、今日の情報環境の中において分析する方法論を構築する作業を行った。そのような研究成果を踏まえ、平成24年12月15日・16日、北海道大学において、国際シンポジウム「現代日本文学とサブカルチャーの交錯」を開催した。
  • Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
    Date (from‐to) : 2008 -2010 
    Author : Takeshi OSHINO, 畑中 健二, Shinobu TSUCHIYA, Yoshimitsu YAMAZAKI, Akio NOSAKA, Takashi MORIOKA, Syutaro TAKAHASHI, Kenji HATANAKA, Tetsuya NOGUCHI
     
    In this research, we have undertaken a comprehensive investigation in order to show how literature in 1960s Japan was reconfigured within the multi-layered social, intellectual and political discourses of the time. Competing ideologies and concepts-pure literature/mass literature, culture/subculture, literature/politics, fact/fiction-generated new literary boundaries in the 1960s. We compare these concepts with multiple discourses from the late 1920s through the early 1940s to determine what elements are structurally reiterated in 1960s literature, thereby revealing the particular features of modern Japanese historical and intellectual discourses that span the pre- and post-WWII periods.
  • Study of Kenji Miyazawa
    Date (from‐to) : 1989

Educational Activities

Teaching Experience

  • 博士論文指導特殊演習
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 博士論文指導特殊演習Ⅰ
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 文学院
  • 修士論文
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 修士論文・特定課題指導特殊演習
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 卒業論文
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
  • 修士論文・特定課題指導特殊演習
    開講年度 : 2019
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学院


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.