岸田 治キシダ オサムresearchmap個人ページ

更新日 : 2018/09/14

基本情報

プロフィール

所属部署名
北方生物圏フィールド科学センター 森林圏ステーション 苫小牧研究林
職名准教授 
学位
博士(水産科学)(北海道大学)
メールアドレス
ホームページURLhttp://ok.fsc.hokudai.ac.jp/
科研費研究者番号

研究キーワード

アズマヒキガエル, 外来種, 誘導防御, 表現型可塑性, 誘導攻撃, 間接効果, 生態系機能, 形態変化, エゾサンショウウオ, 適応, 捕食, 相互作用, エゾアカガエル, 両生類, 栄養カスケード, メソコスム, 遺伝学, 動物, 生態学, 進化生態学, 行動生態学, 群集生態学, 個体群生態学

研究分野

基礎生物学 / 生態・環境
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
基礎生物学 / 生態・環境

職歴

2012年11月
-
現在
北海道大学(准教授)
2009年04月
-
2012年10月
北海道大学(助教)
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2012年11月
-
現在
北海道大学(准教授)
2009年04月
-
2012年10月
北海道大学(助教)

研究活動

論文

Environmental DNA enables detection of terrestrial mammals from forest pond water
Ushio M, Fukuda H, Inoue T, Makoto K, Kishida O, Sato K, Murata, Nikaido M, Sado T, Sato Y, Takeshita M, Iwasaki W, Yamanaka H, Kondoh M, Masaki M.
Molecular Ecology Resources In press 2017年
Giant cannibals drive selection for inducible defense in heterospecific prey
Takatsu K., Rudolf V., Kishida O.
Biological Journal of the Linnean Society In press 2017年
Soldiers with large weapons behave aggressively against predators: correlated morphological and behavioral defensive traits in a eusocial aphid
Hattori M., Kishida O., Itino T.
Insectes Sociaux 64(1) 39-44 2017年
An aquatic vertebrate can utilize amino acids from environmental water
Katayama N., Kobayashi M., Kishida O.
Proceedings of the Royal Society of London B 283 20160996 2016年
Contacts with large, active individuals intensify the predation risk of small conspecifics.
Yamaguchi A., Takatsu K., Kishida O.
Ecology 97 3206-3218 2016年
Antagonistic indirect interactions between large and small conspecific prey via a heterospecific predator.
Yamaguchi A., Kishida O.
Oikos 125 271-277 2016年
Wintering larvae of Hyniobius retardatus salamander can consume prey invertebrates under very low temperatures.
Yamaguchi A., Kishida O.
Salamandra 52 45-47 2016年
Predator cannibalism can intensify negative impacts on heterospecific prey
Takatsu K., Kishida O.
Ecology 96(7) 1887-1898 2015年07月
Transcriptome analysis of predator- and prey-induced phenotypic plasticity in the Hokkaido salamander (Hynobius retardatus).
Matsunami M, Kitano J, Kishida O, Michimae H, Miura T, Nishimura K
Molecular Ecology 24(12) 3064-3076 2015年05月
Gene expression profiles in Rana pirica tadpoles following exposure to a predation threat.
Mori T, Yanagisawa Y, Kitani Y, Sugiyama M, Kishida O, Nishimura K
BMC genomics 16 258 2015年04月
論文を全て表示する
論文閉じる
Environmental DNA enables detection of terrestrial mammals from forest pond water
Ushio M, Fukuda H, Inoue T, Makoto K, Kishida O, Sato K, Murata, Nikaido M, Sado T, Sato Y, Takeshita M, Iwasaki W, Yamanaka H, Kondoh M, Masaki M.
Molecular Ecology Resources In press 2017年
Giant cannibals drive selection for inducible defense in heterospecific prey
Takatsu K., Rudolf V., Kishida O.
Biological Journal of the Linnean Society In press 2017年
Soldiers with large weapons behave aggressively against predators: correlated morphological and behavioral defensive traits in a eusocial aphid
Hattori M., Kishida O., Itino T.
Insectes Sociaux 64(1) 39-44 2017年
An aquatic vertebrate can utilize amino acids from environmental water
Katayama N., Kobayashi M., Kishida O.
Proceedings of the Royal Society of London B 283 20160996 2016年
Contacts with large, active individuals intensify the predation risk of small conspecifics.
Yamaguchi A., Takatsu K., Kishida O.
Ecology 97 3206-3218 2016年
Antagonistic indirect interactions between large and small conspecific prey via a heterospecific predator.
Yamaguchi A., Kishida O.
Oikos 125 271-277 2016年
Wintering larvae of Hyniobius retardatus salamander can consume prey invertebrates under very low temperatures.
Yamaguchi A., Kishida O.
Salamandra 52 45-47 2016年
Predator cannibalism can intensify negative impacts on heterospecific prey
Takatsu K., Kishida O.
Ecology 96(7) 1887-1898 2015年07月
Transcriptome analysis of predator- and prey-induced phenotypic plasticity in the Hokkaido salamander (Hynobius retardatus).
Matsunami M, Kitano J, Kishida O, Michimae H, Miura T, Nishimura K
Molecular Ecology 24(12) 3064-3076 2015年05月
Gene expression profiles in Rana pirica tadpoles following exposure to a predation threat.
Mori T, Yanagisawa Y, Kitani Y, Sugiyama M, Kishida O, Nishimura K
BMC genomics 16 258 2015年04月
Nonadditive impacts of temperature and basal resource availability on predator-prey interactions and phenotypes.
Costa ZJ, Kishida O
Oecologia 178(4) 1215-1225 2015年03月
Feedback between size balance and consumption strongly affects the consequences of hatching phenology in size dependent predator-prey interactions
Nosaka M., Katayama N. & Kishida O
Oikos 124 225-234 2015年02月
Response of a wild edible plant to human disturbance: harvesting can enhance the subsequent yield of bamboo shoots
Katayama N, Kishida O, Sakai R, Hayakashi S, Miyoshi C, Ito K, Naniwa A, Yamaguchi A, Wada K, Kowata S, Koike Y, Tsubakimoto K, Ohiwa K, Sato H, Miyazaki T, Oiwa S, Oka T, Kikuchi S, Igarashi C, Chiba S, Akiyama Y, Takahashi H, Takagi K
PloS one 10(12) e0146228 2015年
Allometric equations for estimation of energy contents from body length for common amphibians (Hynobius retardatus and Rana pirica) in Hokkaido, Japan
Takatsu K., Kishida O.
Herpetology Notes 8 187-191 2015年
Adaptive acceleration in growth and development of salamander hatchlings in cannibalistic situation
Kishida O., Tezuka A., Ikeda A., Takatsu K. & Michimae H.
Functional Ecology 29 469-478 2015年
Inducible offenses affect predator-prey interactions and life history plasticity in both predators and prey
Kishida O., Costa Z., Tezuka A., Michimae H.
Journal of Animal Ecology 83 899-906 2014年01月
Environment-dependent trade-offs and evolution of phenotypic plasticity in metamorphic timing
Michimae H., Tezuka A., Emura T., Kishida O.
Evolutionary Ecology Research 16 617-629 2014年
Dynamics of ecosystem carbon balance recovering from a clear-cutting in a cool-temperate forest
Aguilos M., Takagi K., Liang N., Ueyama M., Fukuzawa K., Nomura M., Kishida O., Fukazawa T., Takahashi H., Kotsuka C., Sakai R., Ito K., Watanabe Y., Fujinuma Y., Takahashi Y., Murayama T., Saigusa N. & Sasa K.
Agricultural and Forest Meteorology 197 26-36 2014年
Herbivorous insect decreases plant nutrient uptake: role of soil nutrient availability and association of below-ground symbionts
Katayama N., Silva A., Kishida O., Ushio M., Kita S. & Ohgushi T.
Ecological Entomology 39 511-518 2014年
Aphids decelerate litter nitrogen mineralization through changes in litter quality
Katayama N., Silva A., Kishida O., Ohgushi T
Ecological Entomology 38(6) 627-630 2013年11月
Soldiers with large weapons in predator-abundant midsummer: reproductive plasticity in a eusocial aphid
Hattori M., Kishida O., Itino T.
Evolutionary Ecology 27(5) 847-862 2013年09月
Overwintered Hynobius retardatus salamander larvae can induce defensive bulgy morph in Rana pirica tadpoles
Kishida O., Tezuka A.
Herpetology Notes 6 183-185 2013年03月
An offensive predator phenotype selects for an amplified defensive phenotype in its prey.
Takatsu K., Kishida O.
Evolutionary Ecology 27(1) 1-11 2013年01月
Histological and MS spectrometric analyses of the modified tissue of bulgy form tadpoles induced by salamander predation.
Mori T., Kitani Y., Ogihara J., Sugiyama M., Yamamoto G., Kishida O., Nishimura K.
Biology Open 1 308-317 2012年01月
Predation risk suppresses the positive feedback between size structure and cannibalism.
Kishida O, Trussell GC, Ohno A, Kuwano S, Ikawa T, Nishimura K
Journal of Animal Ecology 80(6) 1278-1287 2011年11月
Coevolution of phenotypic plasticity in predator and prey: why are inducible offenses rarer than inducible defenses?
Mougi A, Kishida O, Iwasa Y
Evolution 65 1079-1087 2011年04月
Evolutionary ecology of inducible morphological plasticity in predator-prey interaction: toward the practical links with population ecology
Osamu Kishida, Geoffrey C. Trussell, Akihiko Mougi & Kinya Nishimura
Population Ecology  52(1) 37-46 2010年
Reciprocal phenotypic plasticity can lead to stable predator-prey interaction.
Mougi A, Kishida O
Journal of Animal ecology 78(6) 1172-1181 2009年11月
Identification of a novel uromodulin-like gene related to predator-induced bulgy morph in anuran tadpoles by functional microarray analysis.
Mori T, Kawachi H, Imai C, Sugiyama M, Kurata Y, Kishida O, Nishimura K
PloS one 4 e5936 2009年06月
Top-down effects on antagonistic inducible defense and offence
Osamu Kishida, Geoffrey C. Trussell & Kinya Nishimura
Ecology  90(5) 1217-1226 2009年
Inducible defenses in prey intensify predator cannibalism
Osamu Kishida, Geoffrey C. Trussell, Kinya Nishimura & Takayuki Ohgushi
Ecology  90(11) 3150-3158 2009年
Direct and indirect induction of a compensatory phenotype that alleviates the costs of an inducible defense.
Iwami T, Kishida O, Nishimura K
PloS one 2 e1084 2007年10月
Geographic variation in a predator-induced defense and its genetic basis.
Kishida O, Trussell GC, Nishimura K
Ecology 88(8) 1948-1954 2007年09月
臨機応変 : オタマジャクシの柔軟な防御形態変化(<特集1>表現型の可塑性 : その適応的意義の探求)
岸田 治, 西村 欣也
日本生態学会誌 57(1) 40-47 2007年03月
Flexible architecture of inducible morphological plasticity.
Kishida O, Nishimura K
The Journal of animal ecology 75(3) 705-712 2006年05月
Reciprocal phenotypic plasticity in a predator-prey interaction between larval amphibians.
Osamu Kishida, Yuuki Mizuta & Kinya Nishimura
Ecology 87(6) 1599-1604 2006年
Multiple inducible defenses against multiple predators.
Osamu Kishida & Kinya Nishimura
Evolutionary Ecology Research 7 619-631 2005年
Genetic basis of phenotypic plasticity for predator-induced morphological defenses in anuran tadpole, Rana prirca, using cDNA subtraction and microarray analysis.
Tsukasa Mori, Ikuei Hiraka, Youichi Kurata, Hiroko Kawachi, Osamu Kishida & Kinya Nishimura
Biochemical and Biophysical Research Communications  330(4) 1138-1145 2005年
Bulgy tadpoles: inducible defense morph.
Kishida O, Nishimura K
Oecologia 140 414-421 2004年
Coupling of two competitive systems via density dependent migration.
Kinya Nishimura & Osamu Kishida
Ecological Research  16(3) 359-368 2001年

書籍

多種系における表現型可塑性(分担執筆) シリーズ群集生態学2 進化生物学からせまる
京都大学学術出版会 2009年
書籍を全て表示する
書籍閉じる
多種系における表現型可塑性(分担執筆) シリーズ群集生態学2 進化生物学からせまる
京都大学学術出版会 2009年

受賞

2009年
第13回 日本生態学会宮地賞 
受賞を全て表示する
受賞閉じる
2009年
第13回 日本生態学会宮地賞 

競争的資金等の研究課題

同所的種内変異が生み出す相互作用と群集レベルの効果
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2012年 - 2012年 代表者 : 岸田 治
エゾヤチネズミ個体群の遺伝的空間構造形成に関わる個体数変動と分散行動の効果
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2010年 - 2012年 代表者 : 齊藤 隆
捕食者-被食者系の形質間相互作用とその進化学・生態学的意義
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2010年 - 2011年 代表者 : 岸田 治
個体の可塑性と生物群集との相互関係の実証:両棲類幼生の形態変化に注目して
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(スタートアップ), 研究活動スタート支援)
研究期間 : 2009年 - 2010年 代表者 : 岸田 治
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
同所的種内変異が生み出す相互作用と群集レベルの効果
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2012年 - 2012年 代表者 : 岸田 治
エゾヤチネズミ個体群の遺伝的空間構造形成に関わる個体数変動と分散行動の効果
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2010年 - 2012年 代表者 : 齊藤 隆
捕食者-被食者系の形質間相互作用とその進化学・生態学的意義
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2010年 - 2011年 代表者 : 岸田 治
個体の可塑性と生物群集との相互関係の実証:両棲類幼生の形態変化に注目して
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(スタートアップ), 研究活動スタート支援)
研究期間 : 2009年 - 2010年 代表者 : 岸田 治

教育活動

主要な担当授業

動物生態学特論Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 環境科学院
キーワード : 動物、個体群、群集、生態系Animal, population, community, ecosystem
森林圏科学特論Ⅲ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 環境科学院
キーワード : 脊椎動物,保全,野外調査,研究発表Vertebrate Ecology, Conservation, Field Investigation, Presentation
野生動物管理学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 農学部
キーワード : 野生生物管理,生物多様性,遺伝的多様性,個体群生態学,移入種
野生動物管理実習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 農学部
キーワード : 野生動物管理、哺乳類、鳥類、両生類、魚類
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
動物生態学特論Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 環境科学院
キーワード : 動物、個体群、群集、生態系Animal, population, community, ecosystem
森林圏科学特論Ⅲ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 環境科学院
キーワード : 脊椎動物,保全,野外調査,研究発表Vertebrate Ecology, Conservation, Field Investigation, Presentation
野生動物管理学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 農学部
キーワード : 野生生物管理,生物多様性,遺伝的多様性,個体群生態学,移入種
野生動物管理実習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 農学部
キーワード : 野生動物管理、哺乳類、鳥類、両生類、魚類
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
動物生態学特論Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 環境科学院
キーワード : 動物、個体群、群集、生態系Animal, population, community, ecosystem
森林圏科学特論Ⅲ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 環境科学院
キーワード : 脊椎動物,保全,野外調査,研究発表Vertebrate Ecology, Conservation, Field Investigation, Presentation
野生動物管理学
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 農学部
キーワード : 野生生物管理,生物多様性,遺伝的多様性,個体群生態学,移入種
野生生物管理実習
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 農学部
キーワード : 野生動物管理、哺乳類、鳥類、両生類、魚類
前々年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
一般教育演習(フレッシュマンセミナー)
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 全学教育
キーワード : 熊野、古座川、照葉樹林、生態系、林業、野生動物、人間活動、山村、景観、フィールドワーク
動物生態学特論Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 環境科学院
キーワード : 動物、個体群、群集、生態系Animal, population, community, ecosystem
森林圏科学特論Ⅲ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 環境科学院
キーワード : 脊椎動物,保全,野外調査,研究発表Vertebrate Ecology, Conservation, Field Investigation, Presentation
野生動物管理学
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 農学部
キーワード : 野生生物管理,生物多様性,遺伝的多様性,個体群生態学,移入種
野生生物管理実習
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 農学部
キーワード : 野生動物管理、哺乳類、鳥類、両生類、魚類

ページトップへ