谷野 美智枝タニノ ミシエresearchmap個人ページ

更新日 : 2017/09/19

基本情報

プロフィール

所属部署名
医学研究院  
職名講師 
学位
医学博士(北海道大学)
メールアドレス
ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/90360908.ja.html
科研費研究者番号

研究キーワード

アダプター蛋白, 特発性肺線維症, 上皮間葉移行, アダプター分子, 線維芽細胞, CRK, 肺胞上皮細胞

研究分野

基礎医学 / 人体病理学
内科系臨床医学 / 呼吸器内科学
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
基礎医学 / 人体病理学
内科系臨床医学 / 呼吸器内科学

職歴

2009年
-
2012年
北海道大学 医学(系)研究科(研究院)(助教)
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2009年
-
2012年
北海道大学 医学(系)研究科(研究院)(助教)

研究活動

論文

Inhibition of GSH synthesis potentiates temozolomide-induced bystander effect in glioblastoma.
Kohsaka S, Takahashi K, Wang L, Tanino M, Kimura T, Nishihara H, Tanaka S
Cancer letters 331(1) 68-75 2013年04月
Expression of O⁶-methylguanine DNA methyltransferase (MGMT) and immunohistochemical analysis of 12 pineal parenchymal tumors.
Kanno H, Nishihara H, Oikawa M, Ozaki Y, Murata J, Sawamura Y, Kato M, Kubota K, Tanino M, Kimura T, Nagashima K, Itoh T, Tanaka S
Neuropathology : official journal of the Japanese Society of Neuropathology 32(6) 647-653 2012年12月
Clinicopathological evaluation of cyclooxygenase-2 expression in meningioma: immunohistochemical analysis of 76 cases of low and high-grade meningioma.
Kato Y, Nishihara H, Mohri H, Kanno H, Kobayashi H, Kimura T, Tanino M, Terasaka S, Tanaka S
Brain tumor pathology 2012年12月
Immunohistochemical molecular expression profile of metastatic brain tumor for potent personalized medicine.
Kato Y, Nishihara H, Yuzawa S, Mohri H, Kanno H, Hatanaka Y, Kimura T, Tanino M, Tanaka S
Brain tumor pathology 2012年11月
Intracranial mass-forming lesion associated with dural thickening and hypophysitis.
Kanno H, Tanino M, Watanabe K, Ozaki Y, Itoh T, Kimura T, Nishihara H, Itoh T, Narita T, Nagashima K, Tanaka S
Neuropathology : official journal of the Japanese Society of Neuropathology 2012年08月
IDH1 mutation as a potential novel biomarker for distinguishing pseudoprogression from true progression in patients with glioblastoma treated with temozolomide and radiotherapy.
Motegi H, Kamoshima Y, Terasaka S, Kobayashi H, Yamaguchi S, Tanino M, Murata J, Houkin K
Brain tumor pathology 2012年07月
STAT3 inhibition overcomes temozolomide resistance in glioblastoma by downregulating MGMT expression.
Kohsaka S, Wang L, Yachi K, Mahabir R, Narita T, Itoh T, Tanino M, Kimura T, Nishihara H, Tanaka S
Molecular cancer therapeutics 11(6) 1289-1299 2012年06月
CD133 negatively regulates tumorigenicity via AKT pathway in synovial sarcoma.
Kimura T, Wang L, Tabu K, Nishihara H, Mashita Y, Kikuchi N, Tanino M, Hiraga H, Tanaka S
Cancer investigation 30 390-397 2012年06月
CRKL plays a pivotal role in tumorigenesis of head and neck squamous cell carcinoma through the regulation of cell adhesion.
Yanagi H, Wang L, Nishihara H, Kimura T, Tanino M, Yanagi T, Fukuda S, Tanaka S
Biochemical and biophysical research communications 418(1) 104-109 2012年02月
Prognostic implication of histological oligodendroglial tumor component: clinicopathological analysis of 111 cases of malignant gliomas.
Kanno H, Nishihara H, Narita T, Yamaguchi S, Kobayashi H, Tanino M, Kimura T, Terasaka S, Tanaka S
PloS one 7 e41669 2012年
論文を全て表示する
論文閉じる
Inhibition of GSH synthesis potentiates temozolomide-induced bystander effect in glioblastoma.
Kohsaka S, Takahashi K, Wang L, Tanino M, Kimura T, Nishihara H, Tanaka S
Cancer letters 331(1) 68-75 2013年04月
Expression of O⁶-methylguanine DNA methyltransferase (MGMT) and immunohistochemical analysis of 12 pineal parenchymal tumors.
Kanno H, Nishihara H, Oikawa M, Ozaki Y, Murata J, Sawamura Y, Kato M, Kubota K, Tanino M, Kimura T, Nagashima K, Itoh T, Tanaka S
Neuropathology : official journal of the Japanese Society of Neuropathology 32(6) 647-653 2012年12月
Clinicopathological evaluation of cyclooxygenase-2 expression in meningioma: immunohistochemical analysis of 76 cases of low and high-grade meningioma.
Kato Y, Nishihara H, Mohri H, Kanno H, Kobayashi H, Kimura T, Tanino M, Terasaka S, Tanaka S
Brain tumor pathology 2012年12月
Immunohistochemical molecular expression profile of metastatic brain tumor for potent personalized medicine.
Kato Y, Nishihara H, Yuzawa S, Mohri H, Kanno H, Hatanaka Y, Kimura T, Tanino M, Tanaka S
Brain tumor pathology 2012年11月
Intracranial mass-forming lesion associated with dural thickening and hypophysitis.
Kanno H, Tanino M, Watanabe K, Ozaki Y, Itoh T, Kimura T, Nishihara H, Itoh T, Narita T, Nagashima K, Tanaka S
Neuropathology : official journal of the Japanese Society of Neuropathology 2012年08月
IDH1 mutation as a potential novel biomarker for distinguishing pseudoprogression from true progression in patients with glioblastoma treated with temozolomide and radiotherapy.
Motegi H, Kamoshima Y, Terasaka S, Kobayashi H, Yamaguchi S, Tanino M, Murata J, Houkin K
Brain tumor pathology 2012年07月
STAT3 inhibition overcomes temozolomide resistance in glioblastoma by downregulating MGMT expression.
Kohsaka S, Wang L, Yachi K, Mahabir R, Narita T, Itoh T, Tanino M, Kimura T, Nishihara H, Tanaka S
Molecular cancer therapeutics 11(6) 1289-1299 2012年06月
CD133 negatively regulates tumorigenicity via AKT pathway in synovial sarcoma.
Kimura T, Wang L, Tabu K, Nishihara H, Mashita Y, Kikuchi N, Tanino M, Hiraga H, Tanaka S
Cancer investigation 30 390-397 2012年06月
CRKL plays a pivotal role in tumorigenesis of head and neck squamous cell carcinoma through the regulation of cell adhesion.
Yanagi H, Wang L, Nishihara H, Kimura T, Tanino M, Yanagi T, Fukuda S, Tanaka S
Biochemical and biophysical research communications 418(1) 104-109 2012年02月
Prognostic implication of histological oligodendroglial tumor component: clinicopathological analysis of 111 cases of malignant gliomas.
Kanno H, Nishihara H, Narita T, Yamaguchi S, Kobayashi H, Tanino M, Kimura T, Terasaka S, Tanaka S
PloS one 7 e41669 2012年

競争的資金等の研究課題

子宮頸癌の放射線治療効果予測における病理医の早期介入:治療早期の上皮間葉移行評価
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2012年 - 2012年 代表者 : 谷野 美智枝
特発性肺線維症におけるアダプター分子の関与
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2009年 - 2011年 代表者 : 谷野 美智枝
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
子宮頸癌の放射線治療効果予測における病理医の早期介入:治療早期の上皮間葉移行評価
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2012年 - 2012年 代表者 : 谷野 美智枝
特発性肺線維症におけるアダプター分子の関与
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2009年 - 2011年 代表者 : 谷野 美智枝

教育活動

主要な担当授業

保健組織病理学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 解剖学、組織学、循環器、呼吸器、消化器、造血器、泌尿・生殖器、運動器、皮膚・感覚器、神経系
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 癌、癌幹細胞、癌遺伝子、シグナル伝達、癌治療、がんプロフェッショナル
器官病理学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 循環器、呼吸器、消化器、造血器、内分泌器、泌尿・生殖器、運動器、皮膚・感覚器、神経系
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 癌、癌幹細胞、癌遺伝子、シグナル伝達、癌治療、がんプロフェッショナル
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 癌、癌幹細胞、癌遺伝子、シグナル伝達、癌治療、がんプロフェッショナル
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 癌、癌幹細胞、癌遺伝子、シグナル伝達、癌治療、がんプロフェッショナル
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 病理診断、癌幹細胞、癌遺伝子、シグナル伝達、免疫組織化学、遺伝子診断、細胞治療
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 病理診断、癌幹細胞、癌遺伝子、シグナル伝達、免疫組織化学、遺伝子診断、細胞治療
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 癌、癌幹細胞、癌遺伝子、シグナル伝達、癌治療、がんプロフェッショナル
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 病理診断、癌幹細胞、癌遺伝子、シグナル伝達、免疫組織化学、遺伝子診断、細胞治療
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
保健組織病理学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 解剖学、組織学、循環器、呼吸器、消化器、造血器、泌尿・生殖器、運動器、皮膚・感覚器、神経系
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 癌、癌幹細胞、癌遺伝子、シグナル伝達、癌治療、がんプロフェッショナル
器官病理学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 循環器、呼吸器、消化器、造血器、内分泌器、泌尿・生殖器、運動器、皮膚・感覚器、神経系
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 癌、癌幹細胞、癌遺伝子、シグナル伝達、癌治療、がんプロフェッショナル
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 癌、癌幹細胞、癌遺伝子、シグナル伝達、癌治療、がんプロフェッショナル
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 癌、癌幹細胞、癌遺伝子、シグナル伝達、癌治療、がんプロフェッショナル
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 病理診断、癌幹細胞、癌遺伝子、シグナル伝達、免疫組織化学、遺伝子診断、細胞治療
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 病理診断、癌幹細胞、癌遺伝子、シグナル伝達、免疫組織化学、遺伝子診断、細胞治療
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 癌、癌幹細胞、癌遺伝子、シグナル伝達、癌治療、がんプロフェッショナル
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 病理診断、癌幹細胞、癌遺伝子、シグナル伝達、免疫組織化学、遺伝子診断、細胞治療
病理学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 細胞と組織の基本的病的変化,疾患の種類と分類,疾患の病因と病態
病理学演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 肉眼的病理診断,組織学的病理診断,最終診断,個体の総合的病態,ポスター発表
病理組織細胞学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 細胞診、細胞検査士(サイトスクリーナー)
統合・病態演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
臨床医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
臨床医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
臨床病理学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 臨床診断,病理診断,診断の根拠と鑑別診断,治療の評価
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
保健組織病理学
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 解剖学、組織学、循環器、呼吸器、消化器、造血器、泌尿・生殖器、運動器、皮膚・感覚器、神経系
医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 癌、癌幹細胞、癌遺伝子、シグナル伝達、癌治療、がんプロフェッショナル
器官病理学
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 循環器、呼吸器、消化器、造血器、内分泌器、泌尿・生殖器、運動器、皮膚・感覚器、神経系
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 癌、癌幹細胞、癌遺伝子、シグナル伝達、癌治療、がんプロフェッショナル
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 癌、癌幹細胞、癌遺伝子、シグナル伝達、癌治療、がんプロフェッショナル
基本医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 癌、癌幹細胞、癌遺伝子、シグナル伝達、癌治療、がんプロフェッショナル
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 病理診断、癌幹細胞、癌遺伝子、シグナル伝達、免疫組織化学、遺伝子診断、細胞治療
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 病理診断、癌幹細胞、癌遺伝子、シグナル伝達、免疫組織化学、遺伝子診断、細胞治療
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 癌、癌幹細胞、癌遺伝子、シグナル伝達、癌治療、がんプロフェッショナル
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 病理診断、癌幹細胞、癌遺伝子、シグナル伝達、免疫組織化学、遺伝子診断、細胞治療
病理学
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 細胞と組織の基本的病的変化,疾患の種類と分類,疾患の病因と病態
病理学演習
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 肉眼的病理診断,組織学的病理診断,最終診断,個体の総合的病態,ポスター発表
病理組織細胞学
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 細胞診、細胞検査士(サイトスクリーナー)
統合・病態演習
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
臨床病理学
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 臨床診断,病理診断,診断の根拠と鑑別診断,治療の評価
前々年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
保健組織病理学
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 解剖学、組織学、循環器、呼吸器、消化器、造血器、泌尿・生殖器、運動器、皮膚・感覚器、神経系
医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 癌、癌幹細胞、癌遺伝子、シグナル伝達、癌治療、がんプロフェッショナル
医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
器官病理学
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 循環器、呼吸器、消化器、造血器、内分泌器、泌尿・生殖器、運動器、皮膚・感覚器、神経系
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 循環、血液、呼吸、筋電図、心電図、脳波
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 癌、癌幹細胞、癌遺伝子、シグナル伝達、癌治療、がんプロフェッショナル
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 癌、癌幹細胞、癌遺伝子、シグナル伝達、癌治療、がんプロフェッショナル
基本医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 癌、癌幹細胞、癌遺伝子、シグナル伝達、癌治療、がんプロフェッショナル
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 病理診断、癌幹細胞、癌遺伝子、シグナル伝達、免疫組織化学、遺伝子診断、細胞治療
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 病理診断、癌幹細胞、癌遺伝子、シグナル伝達、免疫組織化学、遺伝子診断、細胞治療
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 癌、癌幹細胞、癌遺伝子、シグナル伝達、癌治療、がんプロフェッショナル
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 病理診断、癌幹細胞、癌遺伝子、シグナル伝達、免疫組織化学、遺伝子診断、細胞治療
病理学
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 細胞と組織の基本的病的変化,疾患の種類と分類,疾患の病因と病態
病理学演習
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 肉眼的病理診断,組織学的病理診断,最終診断,個体の総合的病態,ポスター発表
病理組織細胞学
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 細胞診、細胞検査士(サイトスクリーナー)
統合・病態演習
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
臨床病理学
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 臨床診断,病理診断,診断の根拠と鑑別診断,治療の評価

ページトップへ