久住 一郎クスミ イチロウresearchmap個人ページ

更新日 : 2018/01/23

基本情報

プロフィール

所属部署名
医学研究院  専門医学系部門神経病態学分野
社会科学実験研究センター
脳科学研究教育センター
北海道大学病院
職名教授 
学位
医学博士
メールアドレスikusumimed.hokudai.ac.jp
ホームページURL
科研費研究者番号30250426
  • 元々は精神薬理学が専門で、主に気分障害の病態や向精神薬の作用機序に関する研究をやってきましたが、2000年頃から統合失調症の病態と治療の研究に軸足を移し、現在は神経画像や神経生理学に興味を持って研究を進めています。

研究キーワード

統合失調症, ドパミンD2受容体, 分子遺伝学, 精神薬理学, カルシウム, 選択的セロトニン再取り込み阻害薬, 非定型抗精神病薬, セロトニン5-HT2A受容体, 小胞体ストレス反応, 血小板, プロテインキナーゼC, 双極性障害, セロトニン, カルモジュリン, 炭酸リチウム, SERCA, バルプロ酸

研究分野

内科系臨床医学 / 精神神経科学
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
内科系臨床医学 / 精神神経科学

職歴

2012年09月
-
現在
北海道大学大学院医学研究科精神医学分野(教授)
2008年04月
-
2012年08月
北海道大学大学院医学研究科精神医学分野(准教授)
1999年04月
-
2008年03月
北海道大学病院精神科神経科(講師)
1993年01月
-
1999年03月
北海道大学医学部精神医学教室(助手)
1989年08月
-
1992年12月
北海道大学医学部附属病院精神科神経科(医員)
1989年04月
-
1989年07月
市立室蘭総合病院祝津分院(常勤医師)
1988年10月
-
1989年03月
医療法人 啓生会病院 (医師)
1987年07月
-
1988年09月
国立精神・神経センター 神経研究所 疾病研究第三部 流動研究員
1985年07月
-
1987年06月
市立室蘭総合病院祝津分院(常勤医師)
1984年05月
-
1985年06月
北海道大学医学部附属病院精神科神経科(医員(研修医))
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2012年09月
-
現在
北海道大学大学院医学研究科精神医学分野(教授)
2008年04月
-
2012年08月
北海道大学大学院医学研究科精神医学分野(准教授)
1999年04月
-
2008年03月
北海道大学病院精神科神経科(講師)
1993年01月
-
1999年03月
北海道大学医学部精神医学教室(助手)
1989年08月
-
1992年12月
北海道大学医学部附属病院精神科神経科(医員)
1989年04月
-
1989年07月
市立室蘭総合病院祝津分院(常勤医師)
1988年10月
-
1989年03月
医療法人 啓生会病院 (医師)
1987年07月
-
1988年09月
国立精神・神経センター 神経研究所 疾病研究第三部 流動研究員
1985年07月
-
1987年06月
市立室蘭総合病院祝津分院(常勤医師)
1984年05月
-
1985年06月
北海道大学医学部附属病院精神科神経科(医員(研修医))

学歴

1978年04月
-
1984年03月
北海道大学医学部医学科
学歴を全て表示する
学歴閉じる
1978年04月
-
1984年03月
北海道大学医学部医学科

所属学協会

Society for Neuroscience(米国)
日本精神神経学会
日本神経精神薬理学会
日本臨床精神薬理学会
日本統合失調症学会
日本うつ病学会
日本精神科診断学会
日本心身医学会
日本神経化学会
日本生物学的精神医学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
Society for Neuroscience(米国)
日本精神神経学会
日本神経精神薬理学会
日本臨床精神薬理学会
日本統合失調症学会
日本うつ病学会
日本精神科診断学会
日本心身医学会
日本神経化学会
日本生物学的精神医学会
日本睡眠学会

研究活動

論文

Transethnic replication study to assess the association between clozapine-induced agranulocytosis/granulocytopenia and genes at 12p12.2 in a Japanese population.
Biol Psychiatry 82(1) e9-e10 2017年
Verbal memory impairments in bipolar disorder: Effect of type of word learning tasks.
Psychiatry Clin Neurosci 71(8) 570-571 2017年
Transient lesions of the splenium of the corpus callosum following rapid withdrawal of levetiracetam.
Epileptic Disord 19(3) 379-382 2017年
The mediator effect of personality traits on the relationship between childhood abuse and depressive symptoms in schizophrenia.
Psychiatry Res 257 126-131 2017年
Verbal memory impairment in patients with subsyndromal bipolar disorder.
Front Psychiatry 8 168 2017年
Mediators of the effects of rice intake on health in individuals consuming a traditional Japanese diet centered on rice.
PLoS One 12(10) e0185816 2017年
Interpersonal sensitivity mediates the effects of child abuse and affective temperaments on depressive symptoms in the general adult population.
Neuropsychiatr Dis Treat 13 2559-2568 2017年
The relationship between a low grain intake dietary pattern and impulsive behaviors in middle-aged Japanese people.
PLoS ONE 12(7) e0181057 2017年
Neural responses to feedback information produced by self-generated or other-generated decision-making and their impairment in schizophrenia.
PLoS One 12(8) e0183792 2017年
Cognitive insight and functional outcome in schizophrenia: a multi-center collaborative study with the specific level of functioning scale-Japanese version.
Schizophr Res Cogn 6 9-14 2017年
論文を全て表示する
論文閉じる
Transethnic replication study to assess the association between clozapine-induced agranulocytosis/granulocytopenia and genes at 12p12.2 in a Japanese population.
Biol Psychiatry 82(1) e9-e10 2017年
Verbal memory impairments in bipolar disorder: Effect of type of word learning tasks.
Psychiatry Clin Neurosci 71(8) 570-571 2017年
Transient lesions of the splenium of the corpus callosum following rapid withdrawal of levetiracetam.
Epileptic Disord 19(3) 379-382 2017年
The mediator effect of personality traits on the relationship between childhood abuse and depressive symptoms in schizophrenia.
Psychiatry Res 257 126-131 2017年
Verbal memory impairment in patients with subsyndromal bipolar disorder.
Front Psychiatry 8 168 2017年
Mediators of the effects of rice intake on health in individuals consuming a traditional Japanese diet centered on rice.
PLoS One 12(10) e0185816 2017年
Interpersonal sensitivity mediates the effects of child abuse and affective temperaments on depressive symptoms in the general adult population.
Neuropsychiatr Dis Treat 13 2559-2568 2017年
The relationship between a low grain intake dietary pattern and impulsive behaviors in middle-aged Japanese people.
PLoS ONE 12(7) e0181057 2017年
Neural responses to feedback information produced by self-generated or other-generated decision-making and their impairment in schizophrenia.
PLoS One 12(8) e0183792 2017年
Cognitive insight and functional outcome in schizophrenia: a multi-center collaborative study with the specific level of functioning scale-Japanese version.
Schizophr Res Cogn 6 9-14 2017年
Association between suicide-related ideations and affective temperaments in the Japanese general adult population.
PLoS One 12(6) e0179952 2017年
The influence of parental care and overprotection, neuroticism and adult stressful life events on depressive symptoms in the general adult population.
J Affect Disord 217 66-72 2017年
Reliability and validity of the California Verbal Learning Test-II - Japanese version.
Psychiatry Clin Neurosci 71(6) 47-48 2017年
Clinical pharmacokinetic interactions between lamotorigine and hormonal contraceptives in bipolar I disorders.
Psychiatry Clin Neurosci 71(4) 290 2017年
Enrichment of deleterious variants of mitochondrial DNA polymerase gene POLG1 in bipolar disorder.
Psychiat Clin Neurosci 71(8) 518-529 2017年
Validity and reliability of the Cognitive Complaints in Bipolar Disorder Rating Assessment (COBRA) in Japanese patients with bipolar disorder.
Psychiatry Res 254 85-89 2017年
Associations among depressive symptoms, childhood abuse, neuroticism, and adult stressful life events in the general adult population.
Neuropsychiatr Dis Treat 13 477-482 2017年
The exercise-glucocorticoid paradox: how exercise is beneficial to cognition, mood, and the brain while increasing glucocorticoid levels.
Front Neuroendocrinology 44 83-102 2017年
Childhood parental bonding affects adulthood trait anxiety trough self-esteem.
Compr Psychiatry 74 15-20 2017年
Post-steroid neuropsychiatric manifestations are significantly more frequent in SLE compared with other systemic autoimmune diseases and predict better prognosis compared with de novo neuropsychiatric SLE.
Autoimmun Rev 15 786-794 2016年
Very Long-Term Outcome of Non-Surgically Treated Patients with Temporal Lobe Epilepsy with Hippocampal Sclerosis: A Retrospective Study.
PLoS One 14;11(7) e0159464 2016年
Loss of function mutations in ATP2A2 and psychoses: A case report and literature survey.
Psychiat Clin Neurosci 70 342-350 2016年
Mean kurtosis alterations of cerebral white matter in patients with schizophrenia revealed by diffusion kurtosis imaging.
Prog Neuropsychopharmacol Biol Psychiatry 71 169-175 2016年
Confirmation of the factorial structure of the Japanese short version of the TEMPS-A in psychiatric patients and general adults.
Neuropsychiatr Dis Treat 12 2173-2179 2016年
Mirtazapine exerts an anxiolytic-like effect through activation of the median raphe nucleus-dorsal hippocampal 5-HT pathway in contextual fear conditioning in rats.
Prog Neuropsychopharmacol Biol Psychiatry 70 17-23 2016年
Combined treatment with subchronic lithium and acute intracerebral mirtazapine microinjection into the median raphe nucleus exerted an anxiolytic-like effect synergistically.
Eur J Pharmacol 783 112-116 2016年
The influence of childhood abuse, adult life events, and affective temperaments on the well-being of the general, nonclinical adult population.
Neuropsychiatr Dis Treat 12 823-832 2016年
The role of medial prefrontal corticosterone and dopamine in the antidepressant-like effect of exercise.
Psychoneuroendocrinology 69 1-9 2016年
Genetic variants associated with response to lithium treatment in bipolar disorder: a genome-wide association study.
Lancet 387 1085-1093 2016年
The effectiveness of suicide prevention gatekeeper-training for university administrative staff in Japan.
Psychiatry Clin Neurosci 70 62-70 2016年
Affective temperaments play an important role in the relationship between childhood abuse and depressive symptoms in major depressive disorder.
Psychiatr Res 236 142-147 2016年
Different P50 sensory gating measures reflect different cognitive dysfunction in schizophrenia.
Schizophr Res Cogn 3 166-169 2015年
The moderate effects of affective temperaments, childhood abuse and adult stressful life events on depressive symptoms in the nonclinical general adult population.
J Affect Disord 187 203-210 2015年
The structural equation analysis of childhood abuse, adult stressful life events, and temperaments in major depressive disorders and their influence on refractoriness.
Neuropsychiatr Dis Treat 14 2079-2090 2015年
Reinforcement learning in depression: A review of computational research.
Neurosci Biobehav Rev 12(55) 247-267 2015年
Psychopharmacology of atypical antipsychotic drugs: From the receptor binding profile to neuroprotection and neurogenesis.
Psychiatry Clin Neurosci 69 243-258 2015年
Involvement of Serotonin Transporter Gene Polymorphisms (5-HTT) in Impulsive Behavior in the Japanese Population.
PLoS One 16(10(3)) e0119743 2015年
VGluT3-Expressing CCK-Positive Basket Cells Construct Invaginating Synapses Enriched with Endocannabinoid Signaling Proteins in Particular Cortical and Cortex-Like Amygdaloid Regions of Mouse Brains.
J Neurosci 35 4215-4228 2015年
Chronic Ischemia Alters Brain Microstructural Integrity and Cognitive Performance in Adult Moyamoya Disease.
Stroke 46 354-360 2015年
Subchronic lithium treatment increases the anxiolytic-like effect of mirtazapine on the expression of contextual conditioned fear.
Eur J Pharmacol 747 13-17 2015年
Neonatal Maternal Separation Alters the Capacity of Adult Neural Precursor Cells to Differentiate into Neurons Via Methylation of Retinoic Acid Receptor Gene Promoter.
Biol Psychiatry 77 335-344 2015年
Long-term efficacy and tolerability of quetiapine in patients with schizophrenia who switched from other antipsychotics because of inadequate therapeutic response: a prospective open-label study.
Ann Gen Psychiatry 14 1 2015年
Simple pulmonary eosinophilia associated with clozapine treatment.
J Clin Psychopharmacol. 35 99-101 2015年
Does temperature or sunshine mediate the effect of latitude on affective temperaments? A study of 5 regions in Japan.
J Affect Disord 172C 141-145 2015年
大うつ病に対する新規抗うつ剤の最適使用戦略を確立するための大規模無作為割り付け比較試験
古川壽亮、下寺信次、明智龍男、山田光彦、渡辺範雄、稲垣正俊、三木和平、米本直裕、小川雄右、田近亜蘭、竹島 望、篠原清美、藤瀬 昇、相澤明憲、池田 学、安元眞吾、廣田 進、内村直尚、岡本泰昌、高石佳幸、萬谷昭夫、倉田健一、山脇成人、藤田博一、窪内 肇、森信 繁、近藤真前、加藤 正、辻野尚久、茅野 分、水野雅文、管 心、杉下和行、笠井清登、井上 猛、伊東かほり、久住一郎、SUN-D臨床研究グループ
精神医学 56 477-489 2014年
Variant GADL1 and response to lithium in bipolar I disorder
The consortium on lithium genetics
N Engl J Med 370(19) 1857-1859 2014年
The potential of SLC6A4 gene methylation analysis for the diagnosis and treatment of major depression
Okada S, Morinobu S, Fuchikami M, Segawa M, Yokomaku K, Kataoka T, Okamoto Y, Yamawaki S, Inoue T, Kusumi I, Koyama T, Tsuchiyama K, Terao T, Mimura M
J Psychiatr Res 53 47-53 2014年
The influence of childhood abuse, adult stressful life events and temperaments on depressive symptoms in the non-clinical general adult population
Nakai Y, Inoue T, Toda H, Toyomaki A, Nakato Y, Nakagawa S, Kitaichi Y, Kameyama R, Hayashishita Y, Wakatsuki Y, Oba K, Tanabe H, Kusumi I
J Affect Disord 158 101-107 2014年
Video event data recording of a taxi driver used for diagnosis of epilepsy
Sakurai K, Yamamoto J, Kurita T, Takeda Y, Kusumi I
Epilepsy Behav Case Rep 2 24-25 2014年
Effect of coadministration of citalopram with mirtazapine or atipamezole on rat contextual conditioned fear
Masuda T, Inoue T, An Y, Takamura N, Nakagawa S, Kitaichi Y, Koyama T, Kusumi I
Neuropsychiatr Dis Treat 10 289-295 2014年
The effect of dopamine on adult hippocampal neurogenesis
Takamura N, Nakagawa S, Masuda T, Boku S, Kato A, Song N, An Y, Kitaichi Y, Inoue T, Koyama T, Kusumi I
Prog Neuropsychopharmacol Biol Psychiatry 50 116-124 2014年
Valproate recovers the inhibitory effect of dexamethasone on the proliferation of the adult dentate gyrus-derived neural precursor cells via GSK-3β and β-catenin pathway
Boku S, Nakagawa S, Masuda T, Nishikawa H, Kato A, Takamura N, Omiya Y, Kitaichi Y, Inoue T, Kusumi I
Eur J Pharmacol 723 425-430 2014年
Akinetopsia as epileptic seizure
Sakurai K, Kurita T, Takeda Y, Kusumi I
Epilepsy Behav Case Rep 1 74-76 2013年
Selegiline remarkably improved stage 5 treatment-resistant major depressive disorder: a case report
Kitaichi Y, Inoue T, Mitsui N, Nakagawa S, Kameyama R, Hayashishita Y, Shiga T, Kusumi I, Koyama T
Neuropsych Dis Treat 9 1591-1594 2013年
Neurocognitive impairments and quality of life in unemployed patients with remitted major depressive disorder
Shimizu Y, Kitagawa N, Mitsui N, Fujii Y, Toyomaki A, Hashimoto N, Kako Y, Tanaka T, Asakura S, Kusumi I
Psychiatry Res 210 913-918 2013年
Pilomotor seizures in temporal lobe epilepsy: A case report with sequential changes in magnetic resonance imaging
Kurita T, Sakurai K, Takeda Y, Kusumi I
Epilepsy Behav Case Rep 1 142-145 2013年
Anxiolytic-like effect of mirtazapine mediates its effect in the median raphe nucleus
An Y, Inoue T, Kitaichi Y, Izumi T, Nakagawa S, Song N, Chen C, Li X-B, Koyama T, Kusumi I
Eur J Pharmacol 15 192-197 2013年
Tricyclic antidepressant amitriptyline indirectly Increases the Proliferation of Adult Dentate Gyrus- Derived Neural Precursors: An Involvement of Astrocytes
Boku S, Nakashima KH, Nakagawa S, Kato A, Kajitani N, Inoue T, Kusumi I, Takebayashi M
Plos One 8 e79371 2013年
Temperament and character profiles of Japanese university students with depressive episodes and ideas of suicide or self-harm: A PHQ-9 screening study
Mitsui N, Asakura S, Shimizu Y, Fujii Y, Kako Y, Tanaka T, Oba K, Inoue T, Kusumi I
Compr Psychiatry 54 1215-1221 2013年
Assessment of Response to Lithium Maintenance Treatment in Bipolar Disorder: A Consortium on Lithium Genetics (ConLiGen) Report
Manchia M, Adli M, Akula N, Ardau R, Aubry JM, Backlund L, Banzato CE, Baune BT, Bellivier F, Bengesser S, Biernacka JM, Brichant-Petitjean C, Bui E, Calkin CV, Cheng AT, Chillotti C, Cichon S, Clark S, Czerski PM, Dantas C, Zompo MD, Depaulo JR, Detera-Wadleigh SD, Etain B, Falkai P, Frisén L, Frye MA, Fullerton J, Gard S, Garnham J, Goes FS, Grof P, Gruber O, Hashimoto R, Hauser J, Heilbronner U, Hoban R, Hou L, Jamain S, Kahn JP, Kassem L, Kato T, Kelsoe JR, Kittel-Schneider S, Kliwicki S, Kuo PH, Kusumi I, Laje G, Lavebratt C, Leboyer M, Leckband SG, López Jaramillo CA, Maj M, Malafosse A, Martinsson L, Masui T, Mitchell PB, Mondimore F, Monteleone P, Nallet A, Neuner M, Novák T, O'Donovan C, Osby U, Ozaki N, Perlis RH, Pfennig A, Potash JB, Reich-Erkelenz D, Reif A, Reininghaus E, Richardson S, Rouleau GA, Rybakowski JK, Schalling M, Schofield PR, Schubert OK, Schweizer B, Seemüller F, Grigoroiu-Serbanescu M, Severino G, Seymour LR, Slaney C, Smoller JW, Squassina A, Stamm T, Steele J, Stopkova P, Tighe SK, Tortorella A, Turecki G, Wray NR, Wright A, Zandi PP, Zilles D, Bauer M, Rietschel M, McMahon FJ, Schulze TG, Alda M
PLoS One 8(6) e65636 2013年
Severity of generalized social anxiety disorder correlates with low executive functioning
Fujii Y, Kitagawa N, Shimizu Y, Mitsui N, Toyomaki A, Hashimoto N, Kako Y, Tanaka T, Asakura S, Koyama T, Kusumi I
Neurosci Lett 543 42-46 2013年
Development and validation of ascreening questionnaire for present or past(hypo)manic episodes based on DSM-IV-TR criteria
Kameyama R, Inoue T, Uchida M, Tanaka T, Kitaichi U, Nakato Y, Hayashishita Y, Nakai Y, Nakagawa S, Kusumi I, Koyama T
J Affect Disord 150 546-550 2013年
GDNF facilitates differentiation of the adult dentate gyrus-derived neural precursor cells into astrocytes via STAT3
Boku S, Nakagawa S, Takamura N, Kato A, Takebayashi M, Hisaoka-Nakashima K, Omiya Y, Inoue T, Kusumi I
Biochem Biophys Res Commun. 434 779-784 2013年
Differences between bipolar and unipolar depression on Rorschach testing
Kimura H, Osaki A, Kawashima R, Inoue T, Nakagawa S, Suzuki K, Asakura S, Tanaka T, Kitaichi Y, Masui T, Kitagawa N, Kako Y, Abekawa T, Kusumi I, Yamanaka H, Denda K, Koyama T
Neuropsychiatr Dis Treat 9 619-627 2013年
Temperament and character profiles of Japanese university student suicide completers
Mitsui N, Asakura S, Inoue T, Shimizu Y, Fujii Y, Kako Y, Tanaka T, Kitagawa N, Kusumi I
Compr Psychiatry 54 556-561 2013年
Brain Science(104)社交不安障害の認知機能
藤井 泰, 賀古 勇輝, 久住 一郎
精神科 21(4) 444-447 2012年10月
Discrepancy of neural response between exogenous and endogenous task switching: an event-related potentials study.
Miyajima M, Toyomaki A, Hashimoto N, Kusumi I, Murohashi H, Koyama T
Neuroreport 23(11) 642-646 2012年08月
Tardive laryngeal dystonia associated with aripiprazole monotherapy.
Matsuda N, Hashimoto N, Kusumi I, Ito K, Koyama T
Journal of clinical psychopharmacology 32 297-298 2012年04月
Effect of olanzapine orally disintegrating tablet versus oral standard tablet on body weight in patients with schizophrenia: a randomized open-label trial.
Kusumi I, Honda M, Uemura K, Sugawara Y, Kohsaka M, Tochigi A, Koyama T
Progress in neuro-psychopharmacology & biological psychiatry 36(2) 313-317 2012年03月
Delays in psychiatric drug development in Japan
Shimazawa R, Kusumi I, Ikeda M
J. Clin. Pharm. Ther. 37 348-351 2012年
Social Anxiety/Taijin-Kyofu Scale (SATS): development and psychometric evaluation of a new instrument.
Asakura S, Inoue T, Kitagawa N, Hasegawa M, Fujii Y, Kako Y, Nakato Y, Hashimoto N, Ito K, Tanaka T, Nakagawa S, Kusumi I, Koyama T
Psychopathology 45 96-101 2012年
Effect of triiodothyronine (T(3)) augmentation of acute milnacipran administration on monoamine levels: an in vivo microdialysis study in rats.
Kitaichi Y, Inoue T, Nakagawa S, Boku S, Kato A, Kusumi I, Koyama T
Neuropsychiatric disease and treatment 8 501-507 2012年
Effect of olanzapine orally disintegrating tablet versus oral standard tablet on body weight in patients with schizophrenia: a randomized open-label trial
Kusumi I, Honda M, Uemura K, Sugawara Y, Kohsaka M, Tochigi A, Koyama T
Prog Neuropsychopharmacol Biol Psychiatry 36(2) 313-317 2012年
Screening for diabetes using monitoring guidance in schizophrenia patients treated with second-generation antipsychotics: a 1-year follow-up study.
Kusumi I, Ito K, Uemura K, Honda M, Hayashishita T, Miyamoto K, Sawayama H, Kako Y, Tsuchida S, Hashimoto N, Koyama T
Progress in neuro-psychopharmacology & biological psychiatry 35(8) 1922-1926 2011年12月
Depressive patients are more impulsive and inconsistent in intertemporal choice behavior for monetary gain and loss than healthy subjects- an analysis based on Tsallis' statistics
Taiki Takahashi, Hidemi Oono, Takeshi Inoue, Shuken Boku, Yuki Kako, Yuji Kitaichi, Ichiro Kusumi, Takuya Masui, Shin Nakagawa, Katsuji Suzuki, Teruaki Tanaka, Tsukasa Koyama, Mark H. B. Radford
Neuro Endocrinol Lett. 2008, 29(3):351-358 2011年11月
Screening for diabetes using Japanese monitoring guidance in schizophrenia patients treated with second-generation antipsychotics: a cross-sectional study using baseline data.
Kusumi I, Ito K, Honda M, Hayashishita T, Uemura K, Hashimoto N, Murasaki M, Atsumi Y, Kadowaki T, Koyama T
Psychiatry and clinical neurosciences 65(4) 349-355 2011年06月
新規抗精神病薬と糖脂質代謝障害 (特集 新規抗精神病薬の時代を迎えて)
久住 一郎, 村下 眞理, 小山 司
日本精神科病院協会雑誌 30(3) 201-205 2011年03月
DNA methylation profiles of the brain-derived neurotrophic factor (BDNF) gene as a potent diagnostic biomarker in major depression.
Fuchikami M, Morinobu S, Segawa M, Okamoto Y, Yamawaki S, Ozaki N, Inoue T, Kusumi I, Koyama T, Tsuchiyama K, Terao T
PloS one 6 e23881 2011年
Risperidone oral solution versus standard tablets for the acute treatment of patients with schizophrenia: Lack of difference in effectiveness
Kusumi I, Honda M, Ito K, Uemura K, Kumazawa Y, Ishikane T, Niide Y, Koyama T
Prog Neuropsychopharmacol Biol Psychiatry 35(2) 537-540 2011年
The effect of explicit instruction on Japanese Verbal Learning Test in patients with schizophrenia
Hashimoto N, Matsui M, Kusumi I, Toyomaki A, Ito K, Kako Y, Koyama T
Psychiatry Res 188(2) 289-290 2011年
Screening for diabetes using monitoring guidance in schizophrenia patients treated with second-generation antipsychotics: A 1-year follow-up study
Kusumi I, Ito K, Uemura K, Honda M, Hayashishita T, Miyamoto K, Sawayama H, Kako Y, Tsuchida S, Hashimoto N, Koyama T
Prog Neuropsychopharmacol Biol Psychiatry 35(8) 1922-1926 2011年
The International Consortium on Lithium Genetics (ConLiGen): an initiative by the NIMH and IGSLI to study the genetic basis of response to lithium treatment
Schulze TG, Alda M, Adli M, Akula N, Ardau R, Bui ET, Chillotti C, Cichon S, Czerski P, Del Zompo M, Detera-Wadleigh SD, Grof P, Gruber O, Hashimoto R, Hauser J, Hoban R, Iwata N, Kassem L, Kato T, Kittel-Schneider S, Kliwicki S, Kelsoe JR, Kusumi I, Laje G, Leckband SG, Manchia M, Macqueen G, Masui T, Ozaki N, Perlis RH, Pfennig A, Piccardi P, Richardson S, Rouleau G, Reif A, Rybakowski JK, Sasse J, Schumacher J, Severino G, Smoller JW, Squassina A, Turecki G, Young LT, Yoshikawa T, Bauer M, McMahon FJ
Neuropsychobiology 62(1) 72-78 2010年
Depressive patients are more impulsive and inconsistent in intertemporal choice behavior for monetary gain and loss than healthy subjects--an analysis based on Tsallis' statistics
Takahashi T, Oono H, Inoue T, Boku S, Kako Y, Kitaichi Y, Kusumi I, Masui T, Nakagawa S, Suzuki K, Tanaka T, Koyama T, Radford MH
Neuro Endocrinol Lett 29 351-358 2008年
統合失調症急性期症例におけるolanzapine口腔内崩壊錠の使用経験?多施設共同研究の結果からー
伊藤耕一、久住一郎、上村恵一、岡崎大介、塚本典子、藤井 泰、武重宏呂修、千秋 勉、三枝英之、池田輝明、本田 稔、関口奈緒、新出泰士、坂井陽子、臼窪幸恵、栃木昭彦、甲野智也、橋本直樹、白木淳子、掛川優紀子、臼居礼子、細川嘉之、松山哲晃、伊藤侯輝、小山 司
精神科治療学 23 613-622 2008年
Long-term perospirone treatment with a single dose at bedtime in schizophrenia: Relevant to intermittent dopamine D2 receptor antagonism.
Kusumi I, Masui T, Koyama T
Prog NeuroPsychopharmacol Biol Psychiatry 32 520-522 2008年
Tone duration mismatch negativity deficits predict impairment of executive function in schizophrenia.
Toyomaki A, Kusumi I, Matsuyama T, Kako Y, Ito K, Koyama T
Prog NeuroPsychopharmacol Biol Psychiatry 32: 95-99 95-998 2008年
A possible association between missense polymorphism of the breakpoint cluster region gene and lithium prophylaxis in bipolar disorder.
Masui T, Hashimoto R, Kusumi I, Suzuki K, Tanaka T, Nakagawa S, Suzuki T, Iwata N, Ozaki N, Kato T, Takeda M, Kunugi H, Koyama T
Prog NeuroPsychopharmacol Biol Psychiatry 32 204-208 2008年
Aberrant DNA methylation associated with bipolar disorder identified from discordant monozygotic twins.
Kuratomi G, Iwamoto K, Bundo M, Kusumi I, Kato N, Iwata N, Ozaki N, Kato T
Molecular Psychiatry 13 429-441 2008年
Effects of calmodulin and protein kinase C modulators on transient Ca2+ increase and capacitative Ca2+ entry in human platelets: relevant to pathophysiology of bipolar disorder.
Akimoto T, Kusumi I, Suzuki K, Koyama T
Prog NeuroPsychopharmacol Biol Psychiatry 31 136-141 2007年
Glucose and lipid metabolism of long-term risperidone monotherapy in patients with schizophrenia.
Murashita M, Inoue T, Kusumi I, Nakagawa S, Ito K, Tanaka T, Izumi T, Hosoda H, Kangawa K, Koyama T
Psychiatry Clin Neurosci 61(1) 54-58 2007年
Effects of valproate on serotonin-induced intracellular calcium mobilization in human platelets
Akimoto T, Kusumi I, Suzuki K, Masui T, Koyama T
J Psychiat Neurosci 321 17-22 2007年
Acute administration of clozapine concurrently increases blood glucose and circulating plasma ghrelin levels in rat
Murashita M, Kusumi I, Hosoda H, Kangawa K, Koyama T
Psychoneuroendocrinology 321 777-784 2007年
Brain Science(39)摂食促進因子と第二世代抗精神病薬による体重増加の関連
村下 真理, 久住 一郎, 小山 司
精神科 8(4) 320-324 2006年04月
Possible association between -116C/G polymorphism of the XBP1 gene and response to lithium in bipolar disorder.
Masui T, Hashimoto R, Kusumi I, Suzuki K, Tanaka T, Nakagawa S, Kunugi H, Koyama T
International Journal of Neuropsychopharmacology 9 83-88 2006年
Involvement of a polymorphism in the 5-HT2A receptor gene in impulsive behavior
Nomura M, Kusumi I, Kaneko M, Masui T, Daiguji M, Ueno T, Koyama T, Nomura Y
Psychopharmacology 187 30-35 2006年
Lithium response and Val66Met polymorphism of the BDNF genein Japanese patients with bipolar disorder
Masui T, Hashimoto R, Kusumi I, Suzuki K, Tanaka T, Nakagawa S, Suzuki T, Iwata N, Ozaki N, Kato T, Kunugi H, Koyama T
Psychiat Genet 16 49-50 2006年
Time course of dopamine D(2) receptor occupancy by clozapine with medium and high plasma concentrations
Takano A, Suhara T, Kusumi I, Takahashi Y, Asai Y, Yasuno F, Ichimiya T, Inoue F, Sudo Y, Koyama T
Prog Neuropsychopharmacol Biol Psychiatry 30 75-81 2006年
Effect of carbamazepine on the single oral dose pharmacokinetics of perospirone and its active metabolite
Masui T, Kusumi I, Takahashi Y, Koyama T
Prog Neuro-Psychopharmacol Biol Psychiatry 30 1330-1333 2006年
Effects of itraconazole and tandospirone on the pharmacokinetics of perospirone.
Masui T, Kusumi I, Takahashi Y, Koyama T
Therapeutic Drug Monitoring 28 73-75 2006年
Left temporal perfusion associated with suspiciousness score on the brief psychiatric rating scale in schizophrenia.
Kohno T, Shiga T, Kusumi I, Matsuyama T, Kageyama H, Katoh C, Koyama T, Tamaki N
Psychiatry Res: Neuroimaging 147 163-171 2006年
Long-term outcome of antidepressant-refractory depression: the relevance of unrecognized bipolarity.
Inoue T, Nakagawa S, Kitaichi Y, Izumi T, Tanaka T, Masui T, kusumi I, Denda K, Koyama T
J Affect Disord 95 61-67 2006年
第二世代抗精神病薬治療中に発症した糖尿病症例の長期経過
村下真理、久住一郎、井上 猛、増井拓哉、小山 司
臨床精神薬理 9 1591-1603 2006年
新規抗精神病薬の可能性--適応拡大 (あゆみ 新規抗精神病薬の評価)
久住 一郎, 小山 司
医学のあゆみ 213(7) 683-688 2005年05月
Olanzapine increases plasma ghrelin level in patients with schizophrenia.
Murashita M, Kusumi I, Inoue T, Takahashi Y, Hosoda H, Kangawa K, Koyama T
Psychoneuroendocrinology 30 106-110 2005年
Genome-wide high-density SNP linkage analysis of 236 Japanese families supports the existence of schizophrenia susceptibility loci on chromosomes 1p. 14q, and 20p.
Arinami T, Ohtsuki T, Ishiguro H, Ujike H, Tanaka Y, Morita Y, Takeichi M, Yamada S, Imamura A, Ohara K, Shibuya H, Ohara K, Suzuki Y, Muratake T, Kaneko N, Someya T, Inada T, Yoshikawa T, Toyota T, Yamada K, Kojima T, Takahashi S, Ohmori O, Shinkai T, Nakamura M, Fukuzako H, Hashiguchi T, Niwa S, Ueno T, Tachikawa H, Hori T, Asada T, Nanko S, Kunugi H, Hashimoto R, Ozaki N, Iwata N, Harano M, Arai H, Ohnuma T, Kusumi I, Koyama T, Yoneda H, Fukumaki Y, Shibata H, Kaneko S, Higuchi H, Yasui-Furukori N, Numachi Y, Itokawa M, Okazaki
Am J Hum Genet 77 937-945 2005年
Efficacy of carbamazepine against neuroleptic-induced akathisia in treatment with perospirone: case series.
Masui T, Kusumi I, Takahashi Y, Koyama T
Prog Neuropsychopharmacol Biol Psychiatry 29 343-346 2005年
Relationship between plasma concentration levels of risperidone and clinical effects in the treatment of delirium.
Toda H, Kusumi I, Sasaki Y, Ito K, Koyama T
Int Clin Psychopharmacology 20 331-333 2005年
Relationship between XBP1 genotype and personality traits assessed by TCI and NEO-FFI.
Kusumi I, Masui T, Kakiuchi C, Suzuki K, Akimoto T, Hashimoto R, Kunugi H, Kato T, Koyama T
Neurosci Lett 391 7-10 2005年
Clozapine投与により社会復帰に至った治療不耐性統合失調症の1例
田中輝明、松山哲晃、久住一郎、村下真理、小山 司
臨床精神薬理 8 1984-1988 2005年
持続的な幻聴、体系的な妄想に左右されて二度の腹部刺傷を行った後、clozapine導入により就労可能となった妄想型統合失調症の1例
久住一郎、高橋義人、高田秀樹、小山 司
臨床精神薬理 8 2104-2107 2005年
Clozapine治療により単身生活が可能となった治療抵抗性統合失調症の1例
久住一郎、高橋義人、小山 司
臨床精神薬理 8 2100-2103 2005年
遅発性ジストニアに対してclozapineが著効した統合失調症の1例
田中輝明、長尾智美、久住一郎、村下真理、小山 司
臨床精神薬理 8 1979-1983 2005年
Brain Science(20)前部帯状皮質下位領域と精神疾患
豊巻 敦人, 久住 一郎, 小山 司
精神科 4(4) 262-265 2004年04月
「せん妄に対するrisperidone内用液の使用経験」
戸田裕之、佐々木幸哉、伊藤耕一、仲唐安哉、賀古勇輝、伊藤侯輝、増井拓哉、久住一郎、小山 司
『精神医学』 46 1163-1167 2004年
Lack of association between XBP1 genotype and calcium signaling in the platelets of healthy subjects
Kusumi I, Masui T, Kakiuchi C, Suzuki K, Akimoto T, Hashimoto R, Kunugi H, Kato T, Koyama T
Neurosci. Lett. 369 1-3 2004年
「非定型抗精神病薬使用患者における糖尿病発症頻度の検討」
村下真理、久住一郎、井上 猛、高橋義人、佐々木幸哉、賀古勇輝、鈴木克治、田中輝明、北市雄士、榊原則寛、小山 司
『臨床精神薬理』 7 991-998 2004年
"Effects of lithium and valproate on agonist-induced platelet intracellular calcium mobilization: relevance to myosin light chain kinase"
Suzuki K, Kusumi I, Akimoto T, Sasaki Y, Koyama T
Prog. Neuro-Psychopharmacol. & Biol. Psychiatry 28 67-72 2004年
"A case of tardive dystonia successfully managed with quetiapine"
Sasaki Y, Kusumi I, Koyama T
J. Clin. Psychiatry 65 583 2004年
人格の次元分類と遺伝要因について (特集 1.パーソナリティ研究の進歩)
久住 一郎, 小山 司
精神科 3(4) 340-344 2003年10月
Darier病遺伝子と気分障害の病態研究 (特集 単一遺伝子異常と精神疾患--精神疾患解明のてがかり)
久住 一郎, 亀田 謙介, 鈴木 克治
分子精神医学 3(2) 94-98 2003年04月
Initial genome-wide scan for linkage with schizophrenia in the Japanese Schizophrenia Sib-Pair Linkage Group (JSSLG) families.
Japanese Schizophrenia Sib-Pair Linkage Group
Am J Med Genet 120B 22-28 2003年
Altered 5-HT-induced calcium response in the presence of staurosporine in blood platelets from bipolar disorder patients.
Suzuki K, Kusumi I, Akimoto T, Sasaki Y, Koyama T
Neuropsychopharmacology 28 1210-1214 2003年
Impaired feedback regulation of XBP1 as a genetic risk factor for bipolar disorder.
Kakiuchi C, Iwamoto K, Ishiwata M, Bundo M, Kasahara T, Kusumi I, Tsujita T, Okazaki Y, Nanko S, Kunugi H, Sasaki T, Kato F
Nature Genetics 35(2) 171-175 2003年
気分障害における薬理・生化学的研究の動向 (特集1 気分障害における生物学的研究の進歩)
久住 一郎, 鈴木 克治, 中川 伸
精神科 1(6) 460-464 2002年12月
Brain Science(3)ストレス関連疾患と成体海馬におけるニューロン新生
中川 伸, 久住 一郎, 小山 司
精神科 1(3) 256-260 2002年09月
"Serotonin 5-HT2A receptor gene polymorphism, 5-HT2A receptor function and personality traits in healthy subjects: A negative study"
Kusumi I, Suzuki K, Sasaki Y, Kameda K, Sasaki T, Koyama T
Journal of Affective Disorder 68 235-241 2002年
「Temperament and Character Inventory (TCI) による摂食障害患者の人格特性の評価および臨床症状との関連」
北川信樹、朝倉 聡、久住一郎、傳田健三、小山 司
『精神医学』 44 381-389 2002年
「従来型あるいは非定型抗精神病薬からquetiapineへの切り替え症例の検討」
久住一郎、高橋義人、本田 稔、三浦 淳、井上 猛、小山 司
『臨床精神薬理』 5(増刊) 335-342 2002年
「無為・自閉、抑うつ症状にクエチアピンが著効した一例」
久住一郎、小山 司
『精神分裂病における私の処方 ―クエチアピンを中心に―』  32-34 2002年
Effects of acute citalopram treatment on the methamphetamine-induced locomotor activity.
Kameda K, Tanaka T, Miura J, Kusumi I, Koyama T
Prog Neuro-Psychopharmacol & Biol Psychiat 25 1583-1595 2001年
Effects of lithium on dopamine D2 receptor expression in the rat brain striatum.
Kameda K, Miura J, Suzuki K, Kusumi I, Tanaka T, Koyama T
J Neural Transm 108 321-334 2001年
双極性感情障害に対するバルプロ酸の有効性と血中濃度について
鈴木克治、田中輝明、井上 猛、安部川智浩、高橋義人、久住一郎、傳田健三、小山 司
精神科治療学 16 1077-1084 2001年
Nucleotide sequence analysis of the binding site on the inositol 1,4,5-triphosphate type-1 receptor in bipolar disorder -- a negative study.
Fujimaki K, Morinobu S, Takahashi J, Yamawaki S, Kato N, Kanno M, Okuyama N, Kawakatsu S, Otani K, Kusumi I, Koyama T
J Affect Disord 65 139-143 2001年
Serotonin-induced platelet intracellular calcium mobilization in various psychiatric disorders: is it specific to bipolar disorder ?
Suzuki K, Kusumi I, Sasaki Y, Koyama K
J Affect Disord 64 291-296 2001年
非定型抗精神病薬の奏効機転 (特集 第35回脳のシンポジウム) -- (精神分裂病研究の最近の進歩)
久住 一郎, 高橋 義人, 小山 司
神経研究の進歩 44(6) 958-964 2000年12月
新しい抗うつ薬の薬理作用 (新しい抗うつ薬)
久住 一郎, 小山 司
医学のあゆみ 195(8) 519-522 2000年11月
"Treatment response in depressed patients with enhanced Ca mobilization stimulated by serotonin"
Kusumi I, Suzuki K, Sasaki Y, Kameda K, Koyama T
Neuropsychopharmacology 23 690-696 2000年
「気分障害発症脆弱性の生物学的背景と気質・性格特性」
久住一郎、鈴木克治、小山 司
『精神科診断学』 11 135-145 2000年
"Effects of citalopram on dopamine D2 receptor expression in the rat brain striatum"
Kameda K, Kusumi I, Suzuki K, Miura J, Sasaki Y, Koyama T
J. Mol. Neurosci. 14 77-86 2000年
"Human leukocyte antigen and season of birth in Japanese patients with schizophrenia"
Narita K, Sasaki T, Akaho R, Okazaki Y, Kusumi I, Kato T, Hashimoto O, Fukuda R, Koyama T, Matsuo K, Okabe Y, Nanko S, Hohjoh H, Tokunaga K
Am. J. Psychiatry 157 1173-1175 2000年
"Differential effects of subchronic treatments with atypical antipsychotic drugs on dopamine D2 and serotonin 5-HT2A receptors inthe rat brain"
Kusumi I, Takahashi Y, Suzuki K, Kameda K, Koyama T
J. Neural Transm. 107 295-302 2000年
"Open pergolide treatment of tricyclic and heterocyclic antidepressant-resistant depression"
Izumi T, Inoue T, Kitagawa N, Nishi N, Shimanaka S, Takahashi Y, Kusumi I, Odagaki Y, Denda K, Ohmori T, Koyama T
J. Affect. Disord. 61 127-132 2000年
精神疾患におけるセロトニン-2A受容体機能ならびにDNA多型性に関する研究
久住 一郎, 小山 司, 高橋 義人
秋山記念生命科学振興財団研究成果報告集  66-69 1999年03月
「セロトニン5-HT2A受容体機能ならびに遺伝子多型性、人格特性分類に基づく気分障害発症機構と薬物反応性に関する研究」
久住一郎、鈴木克治、亀田謙介、佐々木由紀、小山 司
『精神薬療基金研究年報』 31 110-117 1999年
"Algorithm for the treatment of schizophrenia in Japan"
Kusumi I, Koyama T
Int. J. Psychiat. Clin. Pract. 3 271-276 1999年
「Rapid cyclerの臨床背景と治療戦略. ―同等の平均罹病期間を有するnon-rapid cycler症例との比較を中心に―」
鈴木克治、久住一郎、小山 司
『精神医学』 41 947-957 1999年
"Algorithms for the treatment of acute side effects induced by neuroleptics"
Psychiat. Clin. Neurosci. 53 (suppl.) S19-S22 1999年
分子変異から生ずるてんかん (特集 知能・行動・こころを左右する遺伝子)
久住 一郎, 小山 司, 西川 徹
モレキュラ-メディシン 35(12) 1452-1461 1998年12月
"In vivo occupation of dopamine D1, D2 and serotonin2A receptors by novel antipsychotic drug, SM-9018 and its metabolite, in rat brain"
Takahashi Y, Kusumi I, Ishikane T, Koyama T
Journal of Neural Transmission 105 181-191 1998年
"A serotonin-4 receptor-like pseudogene in humans"
Liu ISC, Kusumi I, Ulpian C, Tallerico T, Seeman P
Molecular Brain Research 53(1/2) 98-103 1998年
"In vivo occupation of dopamine D1, D2 and serotonin(5-HT)2A receptors by sertindole in the rat brain"
Takahashi Y, Kusumi I, Ishikane T, Matsubara S, Koyama T
Journal of Psychiatry & Neuroscience 23 157-162 1998年
"A human serotonin-7 receptor pseudogene"
Qian IHP, Kusumi I, Ulpian C, Tallerico T, Nam D, Liu ISC, Seeman MV, Seeman P
Molecular Brain Research 53(1/2) 339-343 1998年
"The human serotonin-7 receptor pseudogene: Variation and chromosome location"
Nam D, Qian IHP, Kusumi I, Ulpian C, Tallerico T, Liu ISC, Seeman P
Journal of Psychiatry & Neuroscience 23 214-216 1998年
Risperidoneとpimozideの併用療法が著効したGilles de la Tourette症候群の1症例
佐々木幸哉、小林理子、久住一郎、傳田健三、小山 司
臨床精神医学 27 1149-1155 1998年
クロザピンの投与により多飲が改善した慢性期分裂病の1例
精神医学 40 1209-1212 1998年
セロトニンと感情障害
久住一郎、小山 司
医学のあゆみ 183 512-513 1997年
"Effects of serotonergic agents on the up-regulation of dopamine D2 receptors induced by haloperidol in rat striatum"
T. Ishikane, I. Kusumi, R. Matsubara, S. Matsubara, T. Koyama
Eur. J. Pharmacol. 321(2) 163-169 1997年
「精神科における合理的薬物選択アルゴリズム−精神分裂病の急性期治療−」
『精神医学』 39 1145-1152 1997年
「感情障害とセロトニン−2受容体機能」
『精神神経学雑誌』 98 915-920 1996年
薬物治療抵抗性躁うつ病に対する時間生物学的アプローチ. —光パルス療法併用の奏効した非季節性感情障害2症例の検討
久住一郎、大森哲郎、香坂雅子、伊藤ますみ、本間裕士、小山 司
臨床精神医学 24 81-91 1995年
多彩な精神症状を呈し治療的対応が困難であった末期カルチノイド腫瘍の1症例
久住一郎、笠原敏彦、傳田健三、中村一朗、築島 健、小山 司
臨床精神医学 24 183-190 1995年
治療抵抗性感情障害に対するサイロキシン(T4)の治療効果
鈴木克治、久住一郎、井上 猛、土屋 潔、松倉真弓、越前谷則子、松原良次、大森哲郎、松原繁広、小山 司
精神医学 37 477-484 1995年
Chronobiological approach for treatment-resistant rapid cycling affective disorder
I. Kusumi, T. Ohmori, M. Kohsaka, M. Ito, H. Honma, T. Koyama
Biol. Psychiatry 37 553-559 1995年
Characterization of [3H]clozapine binding sites in rat brain
I. Kusumi, S. Matsubara, Y. Takahashi, T. Ishikane, T. Koyama
J. Neural Transm.(Gen)  101 51-64 1995年
Long-term treatment with haloperidol or clozapine does not affect dopamine D4 receptors in rat frontal cortex
I. Kusumi, T. Ishikane, S. Matsubara, T. Koyama
J. Neural Transm.(Gen)  101 231-235 1995年
慢性期精神分裂病に対 するブロモクリプチン投与の影響
久住一郎、岡 五百理、安田素次、宮野 悟、和田千里、小山 司
臨床精神医学 24 1231-1241 1995年
気分障害におけるリチウム反応性
久住一郎、小山 司
神経精神薬理 17 857-864 1995年
Serotonin-induced platelet intracellular calcium mobilization in depressed patients
I.Kusumi, T.Koyama, I.Yamashita
Psychopharmacology 113 322-327 1994年
Effect of mood stabilizing agents on agonist-induced calcium mobilization in human platelets
I.Kusumi, T.Koyama, I.Yamashita
J. Psychiat. Neurosci. 19 222-225 1994年
セロトニン−2受容体を介する血小板内カルシウム動員を指標とした感情障害の 成因に関する研究
久住一郎
北海道医学雑誌 68 325-336 1993年
Dopamine D1, D2 and serotonin2 receptor occupation by typical and atypical antipsychotic drugs in vivo
S.Matsubara,R.Matsubara, I.Kusumi, T.Koyama, I.Yamashita
J. Pharmacol. Exp. Ther. 265 498-508 1993年
Thrombin-induced platelet calcium mobilization is enhanced in bipolar disorders
I.Kusumi, T.Koyama, I.Yamashita
Biol. Psychiatry 32 731-734 1992年
Increased 5-HT-2 receptor function as measured by serotonin-stimulated phosphoinositide hydrolysis in platelets of depressed patients
M.Mikuni, I.Kusumi, A.Kagaya, Y.Kuroda, H.Mori and K.Takahashi
Prog. Neuro-Psychopharmacol. Biol. Psychiat. 15 49-61 1991年
Effect of subchronic antidepressants administration on serotonin-stimulated phosphoinositide hydrolysis in para-chlorophenylalanine-treated rat hippocampal slices
I.Kusumi, M.Mikuni,, K.Takahashi
Prog. Neuro-Psychopharmacol. Biol. Psychiat.  15 393-403 1991年
Effect of various factors on serotonin-induced Ca2+ response in human platelets
I.Kusumi, T.Koyama, I.Yamashita
Life Sci. 48(25) 2405-2412 1991年
Serotonin-stimulated Ca2+ response is increased in the platelets of depressed patients
I.Kusumi, T.Koyama, I.Yamashita
Biol. Psychiatry 30 310-312 1991年
Subchronic administration of parachlorophenyl-alanine enhances serotonin-stimulated phosphoinositide hydrolysis in rat hippocampal slices
I.Kusumi, M.Mikuni, Y.Kuroda, K.Takahashi
 80 181-188 1990年
Serotonin-induced acute desensitization of serotonin2 receptors in human platelets via a mechanism involving protein kinase C
A.Kagaya, M.Mikuni, I.Kusumi, H.Yamamoto and K.Takahashi
J. Pharmacol. Exp. Ther. 255 305-311 1990年
向精神薬連用のよる頻脈とCa拮抗薬. —β遮断薬からの切り替えによる検討—
5)久住一郎, 浅野 裕, 加沢鉄士, 林下忠行, 菊入 剛
臨床精神医学 17 637-644 1988年
躁うつ状態に対するカルバマゼピン療法の検討. —リチウムからの切り替え症例を中心に—
久住一郎, 浅野 裕, 加沢鉄士, 林下忠行
精神医学 30 899-906 1988年
季節性感情障害の一例. —光パルス療法の試み—
久住一郎, 浅野 裕, 加沢鉄士, 林下忠行
精神医学 30 1333-1338 1988年

書籍

今日の治療指針2017
久住一郎
医学書院 2017年
今日の精神疾患治療指針第2版
賀古勇輝、久住一郎
医学書院 2016年
精神科研修ノート改訂第2版
久住一郎
診断と治療社 2016年
デュロキセチンのすべて
仲唐安哉、井上 猛、久住一郎
先端医学社 2014年
クロザピン 100のQ&A
久住一郎
星和書店 2014年
今日の治療指針2014
久住一郎
医学書院 2014年
今日の治療指針 2012 私はこう治療している
久住一郎
医学書院 2012年
抗精神病薬完全マスター
久住一郎
医学書院 2012年
服薬支援とケアプランに活かす 非定型抗精神病薬Q&A
久住一郎、大熊恵子
医学書院 2012年
統合失調症治療の新たなストラテジー―非定型抗精神病薬によるアプローチ―
久住一郎、小山 司
先端医学社 2011年
書籍を全て表示する
書籍閉じる
今日の治療指針2017
久住一郎
医学書院 2017年
今日の精神疾患治療指針第2版
賀古勇輝、久住一郎
医学書院 2016年
精神科研修ノート改訂第2版
久住一郎
診断と治療社 2016年
デュロキセチンのすべて
仲唐安哉、井上 猛、久住一郎
先端医学社 2014年
クロザピン 100のQ&A
久住一郎
星和書店 2014年
今日の治療指針2014
久住一郎
医学書院 2014年
今日の治療指針 2012 私はこう治療している
久住一郎
医学書院 2012年
抗精神病薬完全マスター
久住一郎
医学書院 2012年
服薬支援とケアプランに活かす 非定型抗精神病薬Q&A
久住一郎、大熊恵子
医学書院 2012年
統合失調症治療の新たなストラテジー―非定型抗精神病薬によるアプローチ―
久住一郎、小山 司
先端医学社 2011年
専門医のための精神科臨床リュミエール25 向精神薬のリスク・ベネフィット
久住一郎、小山 司
中山書店 2011年
精神科研修ノート
久住一郎
診断と治療社 2011年
脳とこころのプライマリケア 8 幻覚と妄想
久住一郎
株式会社シナジー 2011年
今日の治療指針 2009
久住一郎
医学書院 2009年
老年期うつ病ハンドブック
久住一郎、小山 司
診断と治療社 2009年
精神疾患と認知機能
久住一郎、豊巻敦人、小山 司
新興医学出版社 2009年
統合失調症の薬物療法 100のQ & A
久住一郎
星和書店 2008年
気分障害
鈴木克治、久住一郎
医学書院 2008年
ガイドライン外来診療2008
久住一郎
日経メディカル開発 2008年
KEY WORD 精神 第4版
久住一郎、小山 司
先端医学社 2007年
統合失調症の治療—臨床と基礎
久住一郎、小山 司
朝倉書店 2007年
EBM 精神疾患の治療 2006-2007
久住一郎、小山 司
中外医学社 2006年
統合失調症の薬物治療アルゴリズム
久住一郎、小山 司
医学書院 2006年
新規抗精神病薬のすべて
久住一郎、小山 司
先端医学社 2004年
新世紀の精神科治療2 気分障害の診療学 —初診から治療終了まで
久住一郎、小山 司
中山書店 2004年
双極性障害の治療スタンダード
鈴木克治、久住一郎、小山 司
星和書店 2002年
臨床精神医学講座2 精神分裂病 I
久住一郎、小山 司
中山書店 1999年
Signal Transduction in Affective Disorders
Kusumi I and Koyama T
Springer 1998年
精神分裂病と気分障害  の治療手順
久住一郎、小山 司
星和書店 1998年
臨床精神医学講座3 精神分裂病 II
久住一郎、小山 司
中山書店 1997年
抗うつ薬の科学 —基礎と臨床的検証—
久住一郎、小山 司
星和書店 1995年
Serotonin in the Central Nervous System and Periphery
Koyama T and Kusumi I
Elsevier Science B.V. 1995年
リチウム療法の実際
久住一郎、浅野 裕
医歯薬出版 1990年

競争的資金等の研究課題

精神病発症高リスク状態と初発統合失調症患者における中間表現型指標の体系的検討
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2011年 - 2013年 代表者 : 久住 一郎
双極性障害におけるアラキドン酸カスケード障害仮説の検証
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2010年 - 2011年 代表者 : 鈴木 克治
うつ病の認知病理に関する神経生理学的研究~前部帯状皮質の認知神経科学的アプローチ
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2008年 - 2010年 代表者 : 久住 一郎
双極性障害の病態における小胞体ストレス反応の役割
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2005年 - 2006年 代表者 : 久住 一郎
治療抵抗性統合失調症の病態モデルと治療メカニズムの研究〜ドパミン仮説からの脱脚〜
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2003年 - 2005年 代表者 : 安部川 智浩
双極性障害の病態に関する分子生物学的研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2003年 - 2004年 代表者 : 久住 一郎
神経回路網からみた分裂病の認知障害に対する非定型抗精神病薬の作用機序に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2002年 - 2004年 代表者 : 小山 司
分裂病の出生季節偏りの要因を特定し予防法確立の手がかりを得るための多施設共同研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2002年 - 2003年 代表者 : 佐々木 司
非定型抗精神病薬の作用機序に関する分子生物学的研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2001年 - 2002年 代表者 : 久住 一郎
精神疾患の病態におけるGTP結合蛋白質を介した細胞内情報伝達系・意義に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 1997年 - 2000年 代表者 : 小田垣 雄二
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
精神病発症高リスク状態と初発統合失調症患者における中間表現型指標の体系的検討
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2011年 - 2013年 代表者 : 久住 一郎
双極性障害におけるアラキドン酸カスケード障害仮説の検証
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2010年 - 2011年 代表者 : 鈴木 克治
うつ病の認知病理に関する神経生理学的研究~前部帯状皮質の認知神経科学的アプローチ
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2008年 - 2010年 代表者 : 久住 一郎
双極性障害の病態における小胞体ストレス反応の役割
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2005年 - 2006年 代表者 : 久住 一郎
治療抵抗性統合失調症の病態モデルと治療メカニズムの研究〜ドパミン仮説からの脱脚〜
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2003年 - 2005年 代表者 : 安部川 智浩
双極性障害の病態に関する分子生物学的研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2003年 - 2004年 代表者 : 久住 一郎
神経回路網からみた分裂病の認知障害に対する非定型抗精神病薬の作用機序に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2002年 - 2004年 代表者 : 小山 司
分裂病の出生季節偏りの要因を特定し予防法確立の手がかりを得るための多施設共同研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2002年 - 2003年 代表者 : 佐々木 司
非定型抗精神病薬の作用機序に関する分子生物学的研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2001年 - 2002年 代表者 : 久住 一郎
精神疾患の病態におけるGTP結合蛋白質を介した細胞内情報伝達系・意義に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 1997年 - 2000年 代表者 : 小田垣 雄二
マウス胎児脳の発達に対するTNF-αの影響-精神分裂病の病因論としての神経発達障害仮説の検証-
文部科学省:科学研究費補助金(萌芽的研究)
研究期間 : 1998年 - 1999年 代表者 : 小山 司
精神分裂病病態モデルを用いた抗精神病薬の作用機序に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 1997年 - 1999年 代表者 : 久住 一郎
抗精神病薬の新たな作用機序に関する神経化学および行動薬理学的研究-前頭葉皮質ドーパミン系の選択的活性化仮説の提唱-
文部科学省:科学研究費補助金(一般研究(B))
研究期間 : 1993年 - 1994年 代表者 : 小山 司

教育活動

主要な担当授業

医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 児童思春期精神疾患、神経発達障害、向精神薬、機能画像、脳磁図、心理社会的治療法Child and adolescent psychiatric disorders, neuroevelipmental disorders, neurotrophic drugs, functional imaging, magnetic encephalography, psychosocial treatment
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 児童思春期精神疾患、神経発達障害、向精神薬、機能画像、脳磁図、心理社会的治療法、 新規知見Child and adolescent psychiatric disorders, neuroevelipmental disorders, neurotrophic drugs, functional imaging, magnetic encephalography, psychosocial treatment, up to date
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 「精神疾患」、「向精神薬」、「機能画像」、「脳磁図」、「心理社会的治療法」psychiatric disease, psychotrophic drugs, functional imaging, magnetic encephalography, psychosocial treatment
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 「精神医学」、「精神病理学」、「分子遺伝学」、「精神行動薬理学」、「神経画像学」、「神経生理学」Psychiarty, psychopathology, molecular genetics, behavioral neuropsychopharmacology, neuroimaging, neurophysiology
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 「精神医学」、「精神病理学」、「分子遺伝学」、「精神行動薬理学」、「神経画像学」、「神経生理学」Psychiarty, psychopathology, molecular genetics, behavioral neuropsychopharmacology, neuroimaging, neurophysiology
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 「統合失調症」、「気分障害」、「不安障害」、「向精神薬」、「病態モデル」schizophrenia, mood disorder, anxiety disorder, psychotropic drugs, models for psychiatric disease
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 「精神医学」、「精神病理学」、「分子遺伝学」、「精神行動薬理学」、「神経画像学」、「神経生理学」Psychiarty, psychopathology, molecular genetics, behavioral neuropsychopharmacology, neuroimaging, neurophysiology
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 「精神医学」、「精神病理学」、「分子遺伝学」、「精神行動薬理学」、「神経画像学」、「神経生理学」Psychiarty, psychopathology, molecular genetics, behavioral neuropsychopharmacology, neuroimaging, neurophysiology
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 「精神医学」、「精神病理学」、「分子遺伝学」、「精神行動薬理学」、「神経画像学」、「神経生理学」Psychiarty, psychopathology, molecular genetics, behavioral neuropsychopharmacology, neuroimaging, neurophysiology
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 「精神医学」、「精神病理学」、「分子遺伝学」、「精神行動薬理学」、「神経画像学」、「神経生理学」Psychiarty, psychopathology, molecular genetics, behavioral neuropsychopharmacology, neuroimaging, neurophysiology
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 児童思春期精神疾患、神経発達障害、向精神薬、機能画像、脳磁図、心理社会的治療法Child and adolescent psychiatric disorders, neuroevelipmental disorders, neurotrophic drugs, functional imaging, magnetic encephalography, psychosocial treatment
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 児童思春期精神疾患、神経発達障害、向精神薬、機能画像、脳磁図、心理社会的治療法、 新規知見Child and adolescent psychiatric disorders, neuroevelipmental disorders, neurotrophic drugs, functional imaging, magnetic encephalography, psychosocial treatment, up to date
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 「精神疾患」、「向精神薬」、「機能画像」、「脳磁図」、「心理社会的治療法」psychiatric disease, psychotrophic drugs, functional imaging, magnetic encephalography, psychosocial treatment
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 「精神医学」、「精神病理学」、「分子遺伝学」、「精神行動薬理学」、「神経画像学」、「神経生理学」Psychiarty, psychopathology, molecular genetics, behavioral neuropsychopharmacology, neuroimaging, neurophysiology
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 「精神医学」、「精神病理学」、「分子遺伝学」、「精神行動薬理学」、「神経画像学」、「神経生理学」Psychiarty, psychopathology, molecular genetics, behavioral neuropsychopharmacology, neuroimaging, neurophysiology
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 「統合失調症」、「気分障害」、「不安障害」、「向精神薬」、「病態モデル」schizophrenia, mood disorder, anxiety disorder, psychotropic drugs, models for psychiatric disease
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 「精神医学」、「精神病理学」、「分子遺伝学」、「精神行動薬理学」、「神経画像学」、「神経生理学」Psychiarty, psychopathology, molecular genetics, behavioral neuropsychopharmacology, neuroimaging, neurophysiology
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 「精神医学」、「精神病理学」、「分子遺伝学」、「精神行動薬理学」、「神経画像学」、「神経生理学」Psychiarty, psychopathology, molecular genetics, behavioral neuropsychopharmacology, neuroimaging, neurophysiology
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 「精神医学」、「精神病理学」、「分子遺伝学」、「精神行動薬理学」、「神経画像学」、「神経生理学」Psychiarty, psychopathology, molecular genetics, behavioral neuropsychopharmacology, neuroimaging, neurophysiology
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 「精神医学」、「精神病理学」、「分子遺伝学」、「精神行動薬理学」、「神経画像学」、「神経生理学」Psychiarty, psychopathology, molecular genetics, behavioral neuropsychopharmacology, neuroimaging, neurophysiology
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
精神医学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 「統合失調症」、「双極性障害」、「うつ病」、「神経症性障害」、「器質性・症状性精神障害」、「睡眠障害」、「薬物・アルコール関連障害」、「人格障害」「てんかん」、「リエゾン精神医学」、「緩和ケア」、「自殺」「児童・青年期精神医学」、「老年期精神医学」
精神医学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 「統合失調症」、「双極性障害」、「うつ病」、「神経症性障害」、「器質性・症状性精神障害」、「睡眠障害」、「薬物・アルコール関連障害」、「人格障害」、「てんかん」、「リエゾン精神医学」、「緩和ケア」、「自殺」、「児童・青年期精神医学」、「老年期精神医学」
精神医学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
精神障害学Ⅲ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 精神障害、精神科面接、統合失調症、感情障害
臨床医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 「精神医学」、「臨床研究」、「クリニカル・クエスチョン」、「リサーチ・クエスチョン」、「プロトコール」Psychiatry, clinical study, clinical question, research question, protocol
臨床医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 「プロトコール」、「統計解析」、「学会報告」、「論文投稿」protocol, statistical analysis, presentation in the meeting, submitting the paper to the journal
選択実習Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
選択実習Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 精神疾患、向精神薬、機能画像、脳磁図、心理社会的治療法psychiatric disease, neurotrophic drugs, functional imaging, magnetic encephalography, psychosocial treatment
医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 精神医学、精神病理学、分子遺伝学、精神行動薬理学、神経画像学、神経生理学Psychiarty, psychopathology, molecular genetics, behavioral neuropsychopharmacology, neuroimaging, neurophysiology
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 精神医学、精神病理学、分子遺伝学、精神行動薬理学、神経画像学、神経生理学Psychiarty, psychopathology, molecular genetics, behavioral neuropsychopharmacology, neuroimaging, neurophysiology
基本医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 統合失調症、気分障害、不安障害、向精神薬、病態モデルschizophrenia, mood disorder, anxiety disorder, psychotropic drugs, models for psychiatric disease
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 精神医学、精神病理学、分子遺伝学、精神行動薬理学、神経画像学、神経生理学Psychiarty, psychopathology, molecular genetics, behavioral neuropsychopharmacology, neuroimaging, neurophysiology
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 精神医学、精神病理学、分子遺伝学、精神行動薬理学、神経画像学、神経生理学Psychiarty, psychopathology, molecular genetics, behavioral neuropsychopharmacology, neuroimaging, neurophysiology
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 精神医学、精神病理学、分子遺伝学、精神行動薬理学、神経画像学、神経生理学Psychiarty, psychopathology, molecular genetics, behavioral neuropsychopharmacology, neuroimaging, neurophysiology
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 精神医学、精神病理学、分子遺伝学、精神行動薬理学、神経画像学、神経生理学Psychiarty, psychopathology, molecular genetics, behavioral neuropsychopharmacology, neuroimaging, neurophysiology
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
精神医学
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 病態、診断、治療統合失調症,双極性障害、うつ病、神経症性障害、器質性・症状性精神障害、睡眠障害、薬物・アルコール関連障害、人格障害リエゾン精神医学、緩和ケアー、自殺児童・青年期精神障害、老年期精神障害精神保健、司法精神医学
精神医学
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
精神障害学Ⅲ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 精神障害、精神科面接、統合失調症、感情障害
臨床医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 精神医学、児童思春期精神医学、臨床研究、クリニカル・クエスチョン、リサーチ・クエスチョン、プロトコールPsychiatry, child and adolescent psychiatry, clinical study, clinical question, research question, protocol
臨床医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : プロトコール、統計解析、学会報告、論文投稿protocol, statistical analysis, presentation in the meeting, submitting the paper to the journal
選択実習Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
選択実習Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
前々年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 精神疾患、向精神薬、機能画像、脳磁図、心理社会的治療法
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 精神医学、精神病理学、分子遺伝学、精神行動薬理学、神経画像学、神経生理学
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 精神医学、精神病理学、分子遺伝学、精神行動薬理学、神経画像学、神経生理学
基本医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 統合失調症、気分障害、不安障害、向精神薬、病態モデル
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 精神医学、精神病理学、分子遺伝学、精神行動薬理学、神経画像学、神経生理学
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 精神医学、精神病理学、分子遺伝学、精神行動薬理学、神経画像学、神経生理学
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 精神医学、精神病理学、分子遺伝学、精神行動薬理学、神経画像学、神経生理学
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 精神医学、精神病理学、分子遺伝学、精神行動薬理学、神経画像学、神経生理学
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
精神医学
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
精神障害学Ⅲ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 精神障害、精神科面接、統合失調症、感情障害
臨床医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 精神医学、臨床研究、クリニカル・クエスチョン、リサーチ・クエスチョン、プロトコール
臨床医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : プロトコール、統計解析、学会報告、論文投稿
選択実習Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
選択実習Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部

ページトップへ