研究者データベース

櫻井 義秀(サクライ ヨシヒデ)
文学研究院 人間科学部門 社会学分野
教授

基本情報

所属

  • 文学研究院 人間科学部門 社会学分野

職名

  • 教授

学位

  • 博士(文学)(北海道大学)

ホームページURL

J-Global ID

プロフィール

  • 現代宗教の社会学、宗教文化の比較社会学をめざして調査研究を行っています。タイでは20年、韓国・中国を含む東アジアの宗教文化研究を10年 ほど継続しており、留学生の大学院生と共にフィールドワークを実施しています。また、カルト問題と公共性の社会学も研究の柱です。近年は、ウェルビーイング/ウェルダイングと宗教学、政教関係のアジア・ユーラシアの比較研究もしております。

研究キーワード

  • ソーシャルキャピタル   ウェルビーイング   宗教社会学、東アジア宗教文化論、タイ地域研究   

研究分野

  • 人文・社会 / 社会学

職歴

  • 2004年04月 - 現在 北海道大学大学院文学研究科教授 教授(社会システム科学講座)
  • 1996年04月 - 2004年03月 北海道大学文学部 助教授
  • 1992年04月 - 1996年03月 北海道大学文学部 講師
  • 1987年04月 - 1992年03月 北星学園女子短期大学家政学科 専任講師

学歴

  • 2004年12月 - 現在   北海道大学   学位 博士(文学)取得 論文博士
  • 1987年03月 - 現在   北海道大学   大学院文学研究科   行動科学専攻 博士後期課程中途退学

所属学協会

  • International Society for Sociology of Relgion   International Association of Sociology   北海道社会学会   日本タイ学会   日中社会学会   日本宗教学会   日本社会学会   東アジア宗教文化学会   国際宗教社会学会   East Asian Society for the Study of Religion   

研究活動情報

論文

  • カルト・脱カルト
    櫻井 義秀
    臨床心理学-人はみな傷ついている-トラウマケア 20 1 82 - 85 2020年01月 [査読無し][招待有り]
  • 人口減少時代における<限界化する>宗教法人
    櫻井 義秀
    宗教法 37 95 - 114 2018年10月 [査読無し][招待有り]
  • A management Perspective on the Mission Strategies and Global Organizational Structure of the Unification Church
    櫻井 義秀
    Smith,Wendy, Hirochika Nakamaki, Louella Matsunaga, and Tamasin Ramsay (eds,) Globalizing Asian Religions: Management and Marketing, Amsterdam University Press, 2018 65 - 84 2018年 [査読有り][通常論文]
  • Sakurai Yoshihide
    Journal of Religion in Japan 6 3 208 - 240 2018年 [査読有り][招待有り]
     
    A case of sexual abuse by the supervisor of the Central Church of Holy God (Seishin Chūō Kyōkai) in 2005 has led many in the Japanese Christian community and the media to question the "cultification" of the Christian church. This paper will consider the incident and its background, one negative aspect of "church growth" in Japan, in which Korean evangelical and Pentecostal churches competed vigorously to attract devotees. The pastor who founded this church was a Korean resident in Japan who had studied theology and the propagation methodology in South Korea, allowing him to realize church growth in notoriously non-Christian Japan. Yet, his top-down authoritative management suppressed believers' spiritual and physical freedom of religion. In the following case study, I consider how the asymmetrical relations among church members contributed to this religious abuse. After taking into account issues of missionary training, proselytization methodology, and social strata, I suggest that a dysfunction within the "comprehensive religious community" forces members' total dependence on pastors in their belief as well as their lives.
  • 特集 主観的ウェル・ビーイングへの社会学的アプローチ 人は宗教で幸せになれるのか
    櫻井 義秀
    理論と方法 32 1 80 - 95 2017年07月 [査読有り][招待有り]
  • 論説 宗教は人をどのくらい幸せにするのか?-日本人の幸福感と宗教
    櫻井 義秀
    121 1 - 19 2017年03月 [査読無し][招待有り]
  • 特集論文 現代東アジアの宗教をどうとらえるか
    櫻井 義秀
    日中社会学研究 24 30 - 44 2016年11月 [査読無し][招待有り]
  • 傾聴する仏教
    櫻井 義秀
    宗教と社会貢献 5 1 77 - 104 2015年06月 [査読有り][通常論文]
  • 櫻井 義秀
    宗教研究 88 2 315 - 342 日本宗教学会 2014年09月30日 [査読無し][通常論文]
     
    日本社会は人口減少とグローバリゼーションによって今後数十年のうちに大きく変わることが予想される。地域社会や家族において個人化が進み、労働や福祉の領域では個人化を前提に社会制度の再構築が進められていく。そうして人生の様々なリスクを回避する仕組みが国家に吸収されたり、財政難のために個人の自己責任に帰されたりすることで、人々の不安は増幅され、生活満足度としての幸福感は低下する。こうした状況において宗教のみが安泰ということはない。日本の伝統宗教が根ざしてきた地域や家族の共同性は浸食され、人々の切実な求めに応じられない教団は衰退を余儀なくされるだろう。本稿では近年の幸福研究を参照しながら、幸福とソーシャル・キャピタルの関係を論じる。互いに承認される人間関係や前向きな人生観を提供できる場においてこそ、人々はしあわせや希望を感じることができる。現代宗教は人々の要求に応えられるだろうか。
  • 論説 人口減少社会における心のあり方と宗教の役割
    櫻井 義秀
    宗務時報 115 1 - 18 2013年12月 [査読無し][招待有り]
  • 限界寺院からソーシャル・キャピタルの寺院へ
    櫻井 義秀
    社会と調査 10 97 - 101 2013年10月 [査読無し][通常論文]
  • 現代日本の宗教社会学が挑むべき課題
    櫻井 義秀
    実証的宗教社会学の学縁 1 1 136 - 142 2012年08月 [査読無し][通常論文]
  • タイ上座仏教寺院とHIV/AIDSを生きる人々―プラバートナンプ寺院を事例に
    櫻井 義秀
    タイ研究 12 21 - 41 2012年07月 [査読有り][通常論文]
  • 宗教と社会貢献 1 1 27 - 51 2011年04月 [査読無し][通常論文]
  • 東アジアにおける宗教文化変容の比較研究 特集:国際比較調査の困難性と可能性
    社会と調査 7 42 - 50 2011年 [査読無し][通常論文]
  • タイにおける」<都市-農村>関係の変動と再編―社会的排除・包摂の視点から
    タイ研究 11 89 - 106 2011年 [査読無し][通常論文]
  • 宗教の社会貢献活動(1)―問題の射程と全国教団調査
    北海道大学文学研究科紀要 133 103 - 154 2011年 [査読無し][通常論文]
  • Ainu Religious Consciousness and Challenges of Cultural Preservation
    Living Conditions and Consciousness of Present-day Ainu 107 - 115 2011年 [査読無し][通常論文]
  • Social Disparity and the Pop Spiritualism in Recent Japan
    Journal of the Graduate School of Letters 6 27 - 38 2011年 [査読無し][通常論文]
  • Sakurai Yoshihide
    JAPANESE JOURNAL OF RELIGIOUS STUDIES 37 2 317 - 334 2010年 [査読無し][通常論文]
     
    Japan presents a useful case for studying new religious movements and their development of public relations and growth strategies, not only because there are large numbers of new religious movements in Japan, but also for the presence of controversial movements such as Aum and the Unification Church. The strategies employed in recruitment and fund-raising have become increasingly important for such movements in Japan-as well as for research on these movements-in the wake of the "Aum Affair." This article will focus on the strategy employed by the Unification Church, which is broadly perceived as a social problem.
  • 「東アジアにおける冥婚文化の比較研究―日本からの視点―」
    『東Asia宗教文化研究』 1号 221 - 247 2009年 [査読無し][通常論文]
  • Conflict Between Aum Critics and Human-Rights Advocates in Japan
    Cultic Studies Review 7 3 254 - 278 2009年 [査読無し][通常論文]
  • 「統一教会の研究(2)―教説―」
    北海道大学文学研究科紀要 33 - 94 2009年 [査読無し][通常論文]
  • 「『宗教』と『カルト』のあいだ」
    『宗教研究』 361 165 - 190 2009年 [査読無し][通常論文]
  • Sakurai Yoshihide
    Journal of the Graduate School of Letters 3 29 - 38 2008年03月 [査読無し][通常論文]
     
    This paper was originally presented at the International Symposium on Cultic Studies, held on December 6-8, 2007, at Shenzhen China, which was sponsored by Institute of World Religions, Chinese Academy of Social Sciences. This institution made strong effort to study the activities of the Falun Gong inside/outside of China,because Chinese communist party was very concerned about the upsurge of this religious movement and finally banned any activities of Falun Gong in July 22, 1997. Falun Gong,foundered by Li Hongzhi in 1992, rapidly expanded its missionary in China and evoked cult controversy over believers'devotion to Li Hongzhi in China. Conversely, human rights watch groups and refugees of Falun Gong in western countries criticized Chinese government and strongly demanded immediate cessation of its repression. Although Chinese government as well as Chinese Academy has not changed official position to Falun Gong,they seem to have acknowledged that a cult issue is problematic. Chinese history has too many cases to enumerate spiritual cults and religious millennialism that were heretic(淫祠) and subversive(邪教) from the perspective of successive imperial dynasties. Even if Falun Gong is considered to have the same character, it cannot be sufficient reason of political restriction in a country where freedom of religion constitutionally guaranteed. They consider the necessity of legitimacy not only of Chinese legislation but also of universal criteria, so that they called experts of cult issue from the western countries(England, Germany, Canada, USA)as well as Asian (India, Singapore, Hong Kong, Taiwan, South Korea, and Japan). I was only participant from Japan and reported Japanese cult controversy in present day Japan. This paper first introduces recent cult controversy and review cultic studies in Japan. Then I will illustrate major controversial cults(Aum Supreme Truth Cult-Aleph in present, Unification Church, and JMS from South Korea) and minor cultic groups (Hallelujah Community Church, Makomo Shrine, and Home of Heart). The latter is small independent Religious Corporation or self-awareness therapy group. Last I will explain about the social background where such cults and spiritual movement emerged in Japan and point out the fragility that some Japanese as well as victimized cult members hold, which should be overcome in near future.
  • Sociology, Thai Studies in Japan,1996-2006:Globalization and Regional Social Change
    The Japanese Society for Thai _Studies 33 - 52 2008年 [査読無し][通常論文]
  • 若者とカルトー書き換えられる記憶のゆくえ
    現代のエスプリ ーカルト 心理臨床の視点から 490 150 - 159 2008年 [査読無し][通常論文]
  • 統一教会の研究(1)―入信・回心・脱会―
    北海道大学文学研究科紀要 126 105 - 234 2008年 [査読無し][通常論文]
  • 『カルト』問題研究の展開と課題
    宗教と社会 13 255 - 274 2007年 [査読無し][通常論文]
  • キャンパス内のカルト問題―学生はなぜ摂理にはいるのか
    高等教育ジャーナル-高等教育と生涯学習 15 1 - 13 2007年 [査読無し][通常論文]
  • The Structure of Abuse in a Religious Group: The Case of the Holy God Central Church
    Journal of the Graduate School of Letters vol.2 17 - 29 2007年 [査読無し][通常論文]
  • 東北タイの寺院と地域社会―ガマラーサイ郡の寺院悉皆調査よりー
    北海道大学文学研究科紀要 第121号 171 - 269 2007年 [査読無し][通常論文]
  • 『現代社会と宗教』を見渡すための30冊
    中央公論 2月号 270 - 283 2007年 [査読無し][通常論文]
  • 分野別研究動向(地域研究、東南アジア)グローバリゼーションと地域社会変動
    社会学評論 225号 204 - 217 2006年 [査読無し][通常論文]
  • 生涯学習社会における人文学(ヒューマニティ)の役割-「宗教情報フォーラム」の実践報告-
    高等教育ジャーナル-高等教育と生涯学習- 第14号 171 - 182 2006年 [査読無し][通常論文]
  • 東北タイの仏教と開発-三調査比較-
    北海道大学文学研究科紀要 第120号 1 - 79 2006年 [査読無し][通常論文]
  • カルトの被害をどう食い止めるか
    中央公論 10月号 142 - 149 2006年 [査読無し][通常論文]
  • The Risk of Religious Freedom: Asking the Meaning of Terrorism by Aum Shinrikyo
    Journal of the Graduate School of Letters 1 31 - 43 2006年 [査読無し][通常論文]
  • 「カルト」を問題化する社会とは-第1回ICSA(国際カルト研究学会)マドリッド大会報告-
    『宗教と社会』 第12号 97 - 109 2006年 [査読無し][通常論文]
  • カルトからの回復
    日本脱カルト協会会報 第10号 4 - 21 2006年 [査読無し][通常論文]
  • 南タイにおける暴力の問題-国際タイセミナーにおける研究動向から-
    北海道大学文学研究科紀要 第118号 183 - 236 2006年 [査読無し][通常論文]
  • 「『カルト』と暴力-オウム真理教の教団戦略とその破綻-」
    『日本脱カルト協会会報』 第9号 20 - 34 2005年 [査読無し][通常論文]
  • 「『カルト』問題と社会秩序(2)-脱会カウンセリングと信教の自 由-」
    北海道大学文学研究科紀要 第117号 109 - 157 2005年 [査読無し][通常論文]
  • 「タイにおける継続型高等教育の展開」
    『年報タイ研究5号』 19 - 36 2005年 [査読無し][通常論文]
  • 「現代日本の宗教社会学における調査研究の動向」<韓日宗教フォーラム第三回学術大会同ハングル訳>
    『宗教と儀礼』 pp.123-141pp.114-129  2005年 [査読無し][通常論文]
  • Sakurai Yoshihide, 2005, ‘The Conversion of Young Woman and Housewives in the Japanese Unification Church and its Gender Implications,’ eds. By Tomek Bogdanowicz, East Asian Studies Hokkaido: Occasional Paper vol.3 pp. 56-65
    2005年 [査読無し][通常論文]
  • 「『カルト』問題における調査研究の諸問題-フレーミングとナラティブをめぐって-」
    『年報 社会科学基礎論研究』 第4号 57 - 75 2005年 [査読無し][通常論文]
  • 「宗教の社会的貢献-その条件と社会環境をめぐる比較宗教・社会論的考察-」
    『宗教と社会』 第11号 163 - 184 2005年 [査読無し][通常論文]
  • 「高等教育の発展戦略と教育課題-タイとオーストラリアのコラボレーション-」
    『高等教育ジャーナル-高等教育と生涯学習-』 第13号 81 - 93 2005年 [査読無し][通常論文]
  • 「カルト論の現代的射程」
    『現代社会学研究』 17 1 - 19 2004年 [査読無し][通常論文]
  • 「カルト問題と社会秩序(1)-麻原判決とオウム報道-」
    『文学研究科紀要』 114号 163 - 221 2004年 [査読無し][通常論文]
  • Yoshihide Sakurai, 2004, ‘A Cult Controversy and Freedom of Religion: The Case of an Illegal Missionary Work Lawsuit and Exit Counseling for Unification Church Members,’ Cultic Studies Review vol.3-3 pp.183-201*
    2004年 [査読無し][通常論文]
  • 「宗教と社会開発-東北タイの開発僧-」
    『印度哲学仏教学』 19号 245 - 275 2004年 [査読無し][通常論文]
  • 「現代のカルト問題と宗教情報教育の可能性」
    『高等教育ジャーナル-高等教育と生涯学習』 12号 51 - 60 2004年 [査読無し][通常論文]
  • 「現代タイ社会論の課題-「共同体文化論」「市民社会論」をめぐって-」
    『現代社会の社会学的地平-小林甫教授退官記念論文集-』 60 - 75 2004年 [査読無し][通常論文]
  • 「『マインド・コントロール』論争と裁判-『強制的説得』と『不法行為責任』をめぐって」
    北海道大学文学研究科紀要 109 59 - 175 2003年 [査読無し][通常論文]
  • 「『関心共同圏』としての市民社会形成-東北タイ日本語教育支援型NPOの活動を事例に-」
    北海道大学文学研究科紀要 111 119 - 155 2003年 [査読無し][通常論文]
  • 「日本の『カルト』問題-韓国に嫁いだ日本統一教会女性信者の事例-」<櫻井義秀同論文韓国語訳(ハングル略)pp.119-136 2003*>
    『日本近代學研究』 第7輯 103 - 118 2003年 [査読無し][通常論文]
  • 「宗教/ジェンダー・イデオロギーによる『家族』の構築-統一教会女性信者を事例に-」
    『宗教と社会』 9号 43 - 66 2003年 [査読無し][通常論文]
  • Sakurai Yoshihide, 'A Comparative Study of Higher Education In Thailand and Japan: Several Issues Regarding the Independent State University Administrative Corporations,' John Renner and Jim Cross ed., Higher Education Without Borders-Sustainable Devel・・・
    2003年 [査読無し][通常論文]
     
    Sakurai Yoshihide, 'A Comparative Study of Higher Education In Thailand and Japan: Several Issues Regarding the Independent State University Administrative Corporations,' John Renner and Jim Cross ed., Higher Education Without Borders-Sustainable Development in Higher Education EDU-COM 2002, 2003 pp.313-321*
  • The Tasks of NGOs in Rural Development in Northeastern Thailand: the Debate on the Formation of Civil Society
    北海道大学文学研究科紀要 107 73 - 112 2002年 [査読無し][通常論文]
  • Mixed Marriage in Japan: the Feminist Critical Perspective and Regional Counterargument
    北海道大学文学研究科紀要 106 127 - 148 2002年 [査読無し][通常論文]
  • 「『宗教被害』と人権・自己決定をめぐる問題-統一教会関連の裁判を中心に-」
    『現代社会学研究』 15巻 63 - 81 2002年 [査読無し][通常論文]
  • 「東北タイ地域開発における開発NGOの課題ム市民社会論との関わりでー」
    『タイ研究』 1号 1 - 18 2001年 [査読無し][通常論文]
  • 「地域開発に果たす僧侶の役割とその社会的機能-東北タイの開発僧を事例にー」
    『宗教と社会』 6号 27 - 46 2000年 [査読無し][通常論文]
  • Sakurai Yoshihide, Cult Controversy and Anti-Cult Movement In Japan since 1995: Case Study of a New Religious Cult, the Tenchi-Seikyo, Affiliated with the Unification Church, 北海道大学文学研究科紀要 101 pp.193-226 2000年
    2000年 [査読無し][通常論文]
  • Yoshihide Sakurai, 'The Role of Buddhist Monks In Rural Development and Their Social Function In Civil Society, Tai Culture vol.*no.2 Southeast Asia Communication Center December 1999 pp.108-124
    1999年 [査読無し][通常論文]
  • 「在タイ日系鉛筆製造企業における労働者のアイデンティティ形成と生活構造」
    『社会学評論』 49巻 第4号 549 - 567 1999年 [査読無し][通常論文]
  • 「タイ・アイデンティティと文化研究ーチャティプ・ナートスパー氏による共同体文化論の検討を中心にー」
    『現代社会学研究』 第11号 49 - 69 1998年 [査読無し][通常論文]
  • 「東北タイの大学教育と地域社会研究ー1997年マハサラカーム大学の事例ー」
    『現代社会学研究』 第11号 87 - 99 1998年 [査読無し][通常論文]
  • 「新宗教教団の形成と地域社会との葛藤」
    『宗教研究』 317号 75 - 99 1998年 [査読無し][通常論文]
  • 「新宗教教団の形成と社会変動-近・現代日本における新宗教研究の再検討-」
    『北海道大学文学部紀要』 46 1 111 - 194 1997年 [査読無し][通常論文]
  • 「新宗教教団の形成と社会変動ー近・現代日本における新宗教研究の再検討ー」
    『北海道大学文学部紀要46-1号』 111 - 194 1997年 [査読無し][通常論文]
  • 「オウム真理教現象の記述をめぐる一考察ーマインド・コントロール言説の批判的検討ー」
    『現代社会学研究』 第9号 74 - 101 1996年 [査読無し][通常論文]
  • 「実践宗教の構成と社会変容ー東北タイ農村社会を事例にー」
    『社会学評論』 46巻 第3号 327 - 347 1996年 [査読無し][通常論文]
  • 「『開発』の言説支配と対抗的社会運動」
    『現代社会学研究』 第8号 28 - 59 1995年 [査読無し][通常論文]
  • 「家族における互酬性の規範と死者供養 -タイ東北部農村家族を事例に-」
    『現代社会学研究』 第5号 133 - 163 1992年 [査読無し][通常論文]
  • 「短期大学における自己評価の可能性」
    『北星学園女子短期大学紀要28号』 1 - 100 1992年 [査読無し][通常論文]
  • 「消費者被害ー霊感商法を中心に」
    『北星学園女子短期大学紀要27号』 53 - 91 1991年 [査読無し][通常論文]
  • 「世俗化過程におけるカルト宗教の位置づけ」
    『北星学園女子短期大学紀要26号』 1 - 15 1990年 [査読無し][通常論文]
  • 'Aspects of Japanese Development Cooperative Activities in Thailand'
    『北星学園女子短期大学紀要27号 』 105 - 138 1990年 [査読無し][通常論文]
  • 「家と祖先崇拝ー山形県東村山郡黒澤を事例にー」
    『社会学評論』 154号 119 - 136 1988年 [査読無し][通常論文]
  • 「市民宗教研究所説ーR.N.Bellahの緒論をめぐってー」
    『北星学園大学女子短期大学紀要24号』 51 - 76 1987年 [査読無し][通常論文]

書籍

  • アジアの公共宗教論-ポスト社会主義国家の政教関係
    (担当:編者(編著者))
    北海道大学出版会 2020年03月
  • Religiosity, Secularity and Pluralism in the Global East
    櫻井 義秀 (担当:共編者(共編著者))
    MDPI 2019年07月
  • 宗教とウェルビーイング-しあわせの宗教社会学
    櫻井 義秀 (担当:編者(編著者)範囲:編者、はじめに、一,二,五,六章、おわりに)
    北海道大学出版会 2019年03月
  • しあわせの宗教学
    櫻井 義秀 (担当:編者(編著者)範囲:はじめに・おわりに 1章)
    法蔵館 2018年02月
  • 人口減少時代の宗教文化論-宗教は人を幸せにするか
    櫻井 義秀 (担当:単著)
    北海道大学出版会 2017年06月
  • 現代中国の宗教変動 アジアのキリスト教
    櫻井 義秀 (担当:編者(編著者)範囲:はじめに・おわりに・1,4,16,17,18,19の各章)
    北海道大学出版会 2017年03月
  • 櫻井 義秀, 川又 俊則 (担当:共編者(共編著者))
    法蔵館 2016年03月 (ISBN: 4831857025) 410
  • 櫻井 義秀, 外川 昌彦, 矢野 秀武, 櫻井 義秀, 外川 昌彦, 矢野 秀武 (担当:共著)
    北海道大学出版会 2015年04月 (ISBN: 4832968122) 440
  • 櫻井 義秀, 平藤 喜久子 (担当:共著)
    ミネルヴァ書房 2015年03月 (ISBN: 4623072754) 220
  • 櫻井 義秀, 杉原 輪, 内野悌司, 鈴木文月, 小林 薫, 遠藤みゆき, 伴麻子, 高杉葉子, 中西尋子, 廣瀬太介, 櫻井 義秀 (担当:共著)
    北海道大学出版会 2015年03月 (ISBN: 4832933922) 402
  • カルト問題と公共性-裁判・メディア・宗教研究はどう論じたか
    櫻井 義秀 (担当:単著)
    2014年03月 362
  • 櫻井 義秀, 櫻井義秀, 飯田俊郎, 西浦 功 (担当:共編者(共編著者)範囲:全体)
    北海道大学出版会 2014年03月 (ISBN: 4832967932) 300
  • タイ上座仏教と社会的包摂-ソーシャル・キャピタルとしての宗教
    櫻井 義秀 (担当:編者(編著者)範囲:単独の編者)
    明石書店 2013年03月 356
  • アジアの宗教とソーシャル・キャピタル
    櫻井 義秀 (担当:共編者(共編著者))
    2012年
  • 大学のカルト対策
    櫻井 義秀 (担当:共編者(共編著者))
    2012年
  • 日本に生きる移民たちの宗教生活-ニューカマーのもたらす宗教多元化
    櫻井 義秀 (担当:共編者(共編著者))
    2011年
  • 한일종교문화교류의최전선―――일본의한류와한국의일류」인문사韓日宗教文化交流の最前線-日本の韓流と韓国の日流
    櫻井 義秀 (担当:共編者(共編著者))
    2011年
  • 越境する日韓宗教文化-韓国の日系宗教 日本の韓流キリスト教
    櫻井 義秀 (担当:編者(編著者))
    2011年
  • 共著『統一教会―日本宣教の戦略と韓日祝福』
    北海道大学出版会 2010年
  • 単著『死者の結婚ー祖先崇拝とシャーマニズム』
    北海道大学出版会 2010年
  • 共編著 A Study of Healthy Beingー: From interdisciplinary approach
    梓出版社 2010年
  • 共編著『現代タイにおける社会的排除と包摂―教育、医療、社会参加の機会をめざして』
    梓出版社 2010年
  • 共編著 『社会貢献する宗教』
    世界思想社 2009年
  • 単著『霊と金―スピリチュアル・ビジネスの構造』
    新潮社 2009年
  • 編著 『カルトとスピリチュアリティー 現代日本における救いと癒しのゆくえ』
    ミネルヴァ書房 2009年
  • 単著 『東北タイの開発僧-宗教と社会貢献』
    梓出版社 2008年
  • 共編著 『よくわかる宗教社会学』
    ミネルヴァ書房 2007年
  • 単著 『「カルト」を問い直す』
    中央公論新社 2006年
  • 単著 『東北タイの開発と文化再編』
    北海道大学図書刊行会 2005年
  • 共編著 Regional Development in Northeast Thailand and Formation of Thai Civil Society
    Khon Kaen University Press 2003年

講演・口頭発表等

  • Engaged Buddhism in Thailand and Japan: "Development Monks" and Disaster Relief  [招待講演]
    櫻井 義秀
    International Japan Studies, Working Group 2: Religion by Godart, Clinton, Tohoku University 2019年12月 口頭発表(招待・特別)
  • Religion and Wellbeing: Viewpoints and Perspectives of Recent Research in Japan  [招待講演]
    櫻井 義秀
    A Symposium on Measuring Religiosity in the Global East 2019年12月 口頭発表(招待・特別)
  • 人は宗教でしあわせになるか  [招待講演]
    櫻井 義秀
    北海道大学大学院文学院人文学カフェ 2019年11月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • Religion and Modernity in East Asia: For understanding historic arche and legitimization in postcolonial times  [招待講演]
    櫻井 義秀
    2019 SNU-HU JOINT SYMPOSIUM 2019年11月 口頭発表(招待・特別)
  • 人口減少時代の生き方-フルスペックの人生を問い直す  [招待講演]
    櫻井 義秀
    大谷大学フェアシンポジウム「人口減少時代の現在と次世代の育成」 2019年10月 口頭発表(基調)
  • 大学のカルト問題-アレフへの対応を中心に  [招待講演]
    櫻井 義秀
    全国大学保健管理研究集会 2019年10月 口頭発表(基調)
  • Sociology of Religion in Japan and its current situation  [通常講演]
    櫻井 義秀
    EASSSR 2nd Annual Meeting at Hokkaido University 2019年07月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募)
  • From ideological right to survivalist’s right: Two case studies of the religious right since the 1960s in Japan  [通常講演]
    櫻井 義秀
    Thematic Session of Religious Right, International Society for the Sociology of Religion 2019年07月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募)
  • Well-being and Well-dying in medicalized longevity society: How do our religious culture consider the dignity of life and death?  [通常講演]
    櫻井 義秀
    International Society for the Sociology of Religion 2019年07月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募)
  • カルト視される教団への調査と圧力の諸相  [通常講演]
    櫻井 義秀
    テーマセッション「宗教をめぐる調査・研究の倫理―現代的課題にどう向き合うか―」「宗教と社会」学会 2019年06月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募)
  • 創価学会とは何か-東アジアの比較政教関係と集合的記憶  [通常講演]
    櫻井 義秀
    日韓宗教研究ワークショップ、東西大学、釜山 2019年02月 口頭発表(招待・特別)
  • アイヌ民族の現在と日本社会  [通常講演]
    櫻井 義秀
    ナレースワン大学人文学・社会科学部 講演 2018年11月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 企画・座長 シンポジウム「科学、アート、スピリチュアリティ」  [通常講演]
    櫻井 義秀
    日本スピリチュアルケア学会大会、藤女子大学 2018年09月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • How do rationality and empathy deal with “well-being” and “well-dying” in organ transplant and life-prolonging medication?  [通常講演]
    櫻井 義秀
    International Meeting of Sociology, Toronto Convention Center 2018年07月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募)
  • Conservative Swing of Japanese Politics and Soka Gakkai’s Political Participation  [通常講演]
    櫻井 義秀
    East Asian Society of Scientific Study of Religion, Singapore Management University 2018年07月 口頭発表(一般)
  • 宗教とウェルビーイング-研究の視点と方法  [通常講演]
    櫻井 義秀
    北海道社会学会大会、北海道教育大学旭川校 2018年06月 口頭発表(一般)
  • 創価学会の政治参加と日本政治の右傾化  [通常講演]
    櫻井 義秀
    第二回東アジア宗教文化フォーラム、関西大学 2018年02月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募)
  • Medicalization of natural death and restoration of human death in Japan: for sandwich generation in East Asia  [招待講演]
    櫻井 義秀
    2017 HU-SNU JOINT SYMPOSIUM Sociological Reflections on Current Issues in East Asia 2017年12月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • Religion and Wellbeing: Viewpoints and Perspectives of Recent Research in Japan  [招待講演]
    櫻井 義秀
    Survey Research and the Study of Religion in East Asia Pew Research Center, Washington DC 2017年10月 口頭発表(招待・特別)
  • 政教関係の国際比較と公共宗教論の視点 パネル趣旨説明と報告  [通常講演]
    櫻井 義秀
    日本宗教学会大会 2017年09月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募)
  • 趣旨説明 現代日本における政教関係の概況  [通常講演]
    櫻井 義秀
    日韓宗教研究ワークショップ2017 2017年08月 口頭発表(基調)
  • How Can We Recognize Religio-Political Movements in Public Sphere? : Two Unique Religio-Political Movements and Their Social Impacts in Japan  [通常講演]
    櫻井 義秀
    International Society for Sociology of Religion 2017年07月 口頭発表(一般)
  • 現代アジアのキリスト教の趨勢に関する一考察-日本・韓国・中国・モンゴル・タイの調査から  [通常講演]
    櫻井 義秀
    北海道社会学会 2017年06月 口頭発表(一般)
  • コメンテーター 宗教研究において「実証的研究を行う」とはいかなることか  [招待講演]
    櫻井 義秀
    「宗教と社会」学会大会テーマセッション 2017年06月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • コメンテーター 人口減少時代の宗教  [招待講演]
    櫻井 義秀
    国際宗教研究所主催シンポジウム 2017年02月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • The dream of Japanese religio-political movement after World War Two: the response to social uncertainty and moral ambiguity  [招待講演]
    櫻井 義秀
    2016 HU-SNU JOINT SYMPOSIUM Dream and Reality in East Asia: An Interdisciplinary and Critical Approach 2016年11月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • ライブトーク 「お一人様」化する死の諸相-無縁社会から有縁社会へ  [通常講演]
    櫻井 義秀
    日本死の臨床研究会 40回大会 2016年10月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 宗教とウェルビーイング研究の概観  [通常講演]
    櫻井 義秀
    日本宗教学会大会 パネル「宗教とウェルビーイングの比較宗教社会学」 2016年09月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募)
  • Decline of the Established Religions and New Primordial Religiosity in Social Engagement in Japan  [通常講演]
    櫻井 義秀
    International Sociological Association 2016年07月 口頭発表(一般)
  • ‘Workshop for first participation in international conference  [通常講演]
    櫻井 義秀
    上越教育大学FD 2016年06月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 人口減少する地域社会と宗教文化  [招待講演]
    櫻井 義秀
    「宗教と社会」学会大会 テーマセッション「日本海側の宗教を考える」 2016年06月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • コメンテーター 開催校企画シンポジウム「越境を考える――その課題と可能性  [招待講演]
    櫻井 義秀
    日中社会学会学会大会 2016年05月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • ‘Missionary Trans-border Religions and Defensive Civil Society in Cotemporary Japan  [通常講演]
    櫻井 義秀
    International Workshop of Religious Diversity and Politico-Religious Relations in East Asia 2016年03月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 現代宗教研究の課題と展望-日本・東アジアから  [招待講演]
    櫻井 義秀
    東アジア宗教研究フォーラム基調講演 済州大学 2016年02月 口頭発表(基調)
  • 教育・研究組織のハラスメント対策と課題-学生支援体制をいかに充実させるか  [招待講演]
    櫻井 義秀
    国立大学法人等監事協議会12回総会 特別講演 北海道大学 2015年12月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • Buddhism and Modernity in Thailand: The Case Studies of Development Monks in Northeastern Thailand  [通常講演]
    櫻井 義秀
    日本宗教学会開催校特別企画英語パネル 2015年09月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募)
  • コメンテーター 「ジェームズ・ベックフォード、ホセ・カサノヴァ氏への応答」  [招待講演]
    櫻井 義秀
    日本宗教学会第74回学術大会公開シンポジウム「宗教の未来 宗教学の未来」 2015年09月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • ラウンドテーブル「宗教の多様化と宗教多元主義-カルト問題から」  [招待講演]
    櫻井 義秀
    HOPS10周年記念シンポジウム「現代と宗教-救済か脅威か」鈴木章記念ホール、北海道大学 2015年08月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • Active Listening and Well-being in Japan: Secularization of Engaged Buddhism to Heal Isolated People  [通常講演]
    櫻井 義秀
    STS 25, ISSR/SISR, Leuven la neuve, Belgium 2015年07月 口頭発表(一般)
  • 居場所としての大学 成長できる大学  [通常講演]
    櫻井 義秀
    日本キリスト教教育学会公開フォーラム、北星学園大学 2015年06月 口頭発表(招待・特別)
  • カルト問題を開拓してきてテーマセッション「ポストオウム研究の課題と展望―地下鉄サリン事件20年の地点から―」  [通常講演]
    櫻井 義秀
    宗教と社会学会、東京大学 2015年06月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募)
  • アジアの社会参加仏教」テーマセッション「東アジアの宗教をどう見るか  [通常講演]
    櫻井 義秀
    日中社会学会、北海道大学 2015年06月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • 大学内カルト勧誘のリスクと学生の居場所・自己/他者承認のゆくえ  [招待講演]
    櫻井 義秀
    フィジカルヘルス・フォーラム「大学生活におけるリスクと対応」 2015年03月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 进行“倾听”的现代日本佛教—应对社会需求的临床宗教的尝试  [招待講演]
    櫻井 義秀
    第三屆星雲大師人間佛教理論實踐學術研討會南京大學中華文化研究院主辦 佛光山人間佛教研究院協辦 佛光祖庭宜興大覺寺 2015年03月 口頭発表(招待・特別)
  • Pet Funeral Services in Japan: Change of Intimacy and Religiosity  [通常講演]
    櫻井 義秀
    10th ASAHK Meeting 2015年03月 口頭発表(一般)
  • 現代のカルト問題-オウム真理教と日本  [招待講演]
    櫻井 義秀
    北海道警察特別研修、北海道警察本部 2015年02月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 大学のカルト対応-学生のメンタルヘルス  [招待講演]
    櫻井 義秀
    北星学園大学学生相談講演 2014年11月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 大学のカルト問題-信教の自由を守るために  [招待講演]
    櫻井 義秀
    関西学院大学キリスト教学科主催講演 2014年11月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • Hope and Relationship in depopulating Japan: “Well-being” and “Well-dying”  [通常講演]
    櫻井 義秀
    Joint Workshop on Contemporary Social and Cultural Change in Taiwan and Japan in 2014 2014年09月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • 人口減少社会における寺院仏教の役割-浄土真宗寺院を中心として」  [通常講演]
    櫻井 義秀
    日本宗教学会学術大会 2014年09月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募)
  • Hope and Relationship in depopulating Japan: “Well-being” and Social Capital  [招待講演]
    櫻井 義秀
    Celebration of the 34th Anniversary of Daegu Haany University International Conference: The Harmony between Nature and Human - Respect for Life, Recovery of Humanity, Conservation of Nature 2014年08月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • Contested Concept and Activities of Religions As Social Capital in Contemporary Japan  [通常講演]
    櫻井 義秀
    Thematic session: Welfare and Civil Society: The Role of Religion, ISA 2014年07月 口頭発表(一般)
  • 北原淳先生の業績をおいながら  [通常講演]
    櫻井 義秀
    テーマセッション「現代タイの農村社会」日本タイ学会 2014年07月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • 宗教と社会学会のテーマセッション・プロジェクト研究の20年  [通常講演]
    櫻井 義秀
    「宗教と社会」学会大会 2014年06月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • 2単位の教養社会学をどう教えるか  [通常講演]
    櫻井 義秀
    北海道社会学会大会 2014年06月 口頭発表(一般)
  • Religious Movements in Modern Japan: From the Emergence of New Religion in Meiji period To Aum Cult Controversy  [招待講演]
    櫻井 義秀
    Special Lecture on Asian Studies, Santababara, California University 2014年05月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • Demographic change and Temple Buddhism in Japan  [招待講演]
    櫻井 義秀
    Department of Japanese Studies, Faculty of Humanities and Social Sciences, Zagreb University 2014年02月 口頭発表(招待・特別)
  • Demographic change and role of religions in Japan  [招待講演]
    櫻井 義秀
    Asian Researchers Network 2014年01月 口頭発表(招待・特別)
  • Individualization of funerals in Japan and role of religions in depopulated society  [通常講演]
    櫻井 義秀
    Thematic Session, Individualism and liberalism, Joint Symposium of Seoul University and Hokkaido University 2013年12月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募)
  • Religious movements in Japan for the new century  [通常講演]
    櫻井 義秀
    IOS-HU (Sociology) Joint Workshop on Contemporary Social Change in Taiwan and Japan 2013年11月 口頭発表(招待・特別)
  • 宗教とソーシャル・キャピタル-人口減少時代における宗教の役割  [通常講演]
    櫻井 義秀
    北海道大学公開講座 2013年07月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • タイ上座仏教による社会的包摂  [招待講演]
    櫻井 義秀
    北海商科大学公開講座 2013年07月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 人口減少社会における宗教の役割  [招待講演]
    櫻井 義秀
    UHB大学講座 2013年07月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • TRANSNATIONAL RELIGIONS IN ASIA: FROM THE PERSPECTIVE OF RELIGIOUS PLURALISM AND POLITICS, and presenter, ‘Mission Strategy of the Unification Church in Japan: From Universalism to Korean Nationalism  [通常講演]
    櫻井 義秀
    32nd ISSR-Conference 2013年06月 口頭発表(一般)
  • 書評テーマセッション 櫻井義秀・稲場圭信責任編集、叢書『宗教とソーシャル・キャピタル全4巻』  [通常講演]
    櫻井 義秀
    宗教と社会学会 2013年06月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • Social Services by Temples during the flood in the 2011 Thailand  [通常講演]
    櫻井 義秀
    International Seminar Civil Society Movement and Development in Northeast Thailand–Public sphere, social capital and prachakhom-And Social Change and Cultural Transformation in Globalizing Thailand, Laos 2013年01月 口頭発表(一般)
  • Social Change and Japanese Mind Since 1990s  [招待講演]
    櫻井 義秀
    Eötvös Loránd Tudományegyetem, Hungary 2012年11月 口頭発表(招待・特別)
  • Japanese Religious Pluralism Today: Aum Cult After self-made Apocalypse  [通常講演]
    櫻井 義秀
    Meeting of Asian-Pacific Sociological Association 2012年10月 口頭発表(一般)
  • 人口減少時代における宗教施設の課題  [招待講演]
    櫻井 義秀
    文化庁宗務課宗教法人問題研究会 2012年10月 口頭発表(基調)
  • コメンテーター「社会参加を志向する宗教の比較研究— エンゲイジド・ブッディズム(社会参加仏教)を考える」  [通常講演]
    櫻井 義秀
    第20 回「宗教と社会」学会 2012年06月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • トランスナショナルな宗教-日韓宗教文化交流を事例に  [通常講演]
    櫻井 義秀
    北海道社会学会学術大会 2012年06月 口頭発表(一般)
  • シンポジスト「外来宗教とカルト問題」  [招待講演]
    櫻井 義秀
    日本学生相談学会 2012年05月 口頭発表(基調)
  • Transnational Religion in Late Modernity: Japanese new religions in Korea and Korean Churches in Japan  [招待講演]
    櫻井 義秀
    International Academic Seminar between the University of Seoul and Hokkaido University 2012年05月 口頭発表(招待・特別)
  • タイのエイズホスピス-1日1日を生きる人々  [通常講演]
    櫻井 義秀
    第24回日本死の臨床研究会北海道支部年次大会 2012年04月 口頭発表(一般)
  • シンポジスト「フォーラム 今を生きる力の回復」  [招待講演]
    櫻井 義秀
    真宗大谷派北海道教区親鸞聖人七五〇御遠忌記念フォーラム 2011年07月 口頭発表(招待・特別)
  • Social Inclusion for HIV/AIDS patients by Theravada Buddhism in Thailand  [通常講演]
    櫻井 義秀
    International Conference of Thai Studies 11th 2011年07月 口頭発表(一般)
  • Management Crisis and Social Activities of Ordinary Temples in Japan  [通常講演]
    櫻井 義秀
    Meeting of International Society for the Sociology of Religion 2011年06月 口頭発表(一般)
  • 現代宗教に社会貢献を問う  [招待講演]
    櫻井 義秀
    共生社会と宗教を考える実行委員会「共生社会と公共宗教―利他の実践は社会を救済するか?」 2011年03月 口頭発表(基調)
  • How do East Asian religions respond to the social stratification in post global time  [通常講演]
    櫻井 義秀
    Social Change and Religious Response in Post Global Time in East Asia 2011年02月 口頭発表(一般)
  • Social Inclusion for HIV/AIDS patients by Theravada Buddhism in Thailand  [通常講演]
    櫻井 義秀
    Networks of Civil Society Movement in Thailand 2011年02月 口頭発表(一般)
  • Mission Strategies of an Evangelical Church in Japan  [招待講演]
    櫻井 義秀
    4th International Symposium of Cult Studies 2010年12月 口頭発表(招待・特別)
  • Is Religion Social Capital in Japan?  [招待講演]
    櫻井 義秀
    Beijing Forum 2010年10月 口頭発表(招待・特別)
  • 統一教会の宣教戦略―宣教戦略と宗教家族の問題を中心に  [通常講演]
    櫻井 義秀
    日本宗教学会大会 2010年10月 口頭発表(一般)
  • 「『現代タイにおける社会的排除と包摂』」書評セッション  [招待講演]
    櫻井 義秀
    日本タイ学会 2010年07月 口頭発表(招待・特別)
  • 「社会的排除概念からタイの<都市(Urban)・農村(Rural)>関係をみる」  [通常講演]
    櫻井 義秀
    日本タイ学会 2010年07月 口頭発表(招待・特別)
  • 公開講演「現代日本のカルト問題」  [招待講演]
    櫻井 義秀
    駒沢宗教学研究会・駒澤大学 2009年11月 口頭発表(招待・特別)
  • Management Crisis and Social Activities of Local Buddhist Temples in Japan  [通常講演]
    櫻井 義秀
    Annual Meeting of American Academy of Religion 2009年11月 口頭発表(一般)
  • Spirituality Boom and Declining of Religious Order,”  [招待講演]
    櫻井 義秀
    Research Institute of Humanity and Social Sciences, Sofia, Bulgaria 2009年10月 口頭発表(招待・特別)
  • Financing Japanese Religious Corporation: Comparison among Buddhist Temple, Shinto Shrine, and Christian Church  [招待講演]
    櫻井 義秀
    FINANCING OF CHURCHES AND RELIGIOUS SOCIETIES IN THE 21st CENTURY 2009年10月 口頭発表(招待・特別)
  • コメンテーター、国際研究フォーラム「映画の中の宗教文化」  [招待講演]
    櫻井 義秀
    國學院大學研究開発推進機構日本文化研究所 科学研究費補助金「大学における宗教文化教育の実質化を図るシステム構築」 2009年09月 口頭発表(招待・特別)
  • (keynote speech) ‘Mission Strategies and Organizational Structure of the Unification Church: From the Perspectives of Globalization and Management Strategy  [通常講演]
    櫻井 義秀
    Meeting of International Institute for Asian Studies (IIAS) “Management and Marketing of Globalizing Asian Religions 2009年08月 口頭発表(基調)
  • Fragmented Society and the Popularity of Spiritualism in Japan 1990 – 2000  [通常講演]
    櫻井 義秀
    Meeting of International Society for the Sociology of Religion 2009年07月 口頭発表(一般)
  • テーマセッション「書評セッション 藤田庄市『宗教事件の内側』櫻井義秀編『カルトとスピリチュアリティ』」  [通常講演]
    櫻井 義秀
    「宗教と社会」学会 2009年06月 口頭発表(一般)
  • テーマセッション・コメンテーター「仏教者の信仰主体と社会的具現―タイ・日本における社会貢献―」  [招待講演]
    櫻井 義秀
    日本宗教学会大会 2008年09月 口頭発表(招待・特別)
  • スピリチュアル・ビジネス ー神世界ヒーリングサロンの事例―  [通常講演]
    櫻井 義秀
    日本宗教学会大会 2008年09月 口頭発表(一般)
  • 書評セッション「『東北タイの開発僧―宗教と社会貢献』リプライ」  [招待講演]
    櫻井 義秀
    日本タイ学会大会 2008年07月 口頭発表(招待・特別)
  • 社会開発と宗教文化―東北タイの開発僧を事例として  [通常講演]
    櫻井 義秀
    北海道社会学会大会 2008年06月 口頭発表(一般)
  • テーマセッション司会「宗教の社会貢献」  [通常講演]
    櫻井 義秀
    「宗教と社会」学会 2008年06月 口頭発表(一般)
  • Conversion as an Addiction to Relationships; the Setsuri Cult and Its Young and College-Student Followers  [通常講演]
    櫻井 義秀
    Annual Meeting of ICSA 2008年06月 口頭発表(一般)
  • Thai Studies in Japan (Sociology); Globalization and Regional Social Change  [通常講演]
    櫻井 義秀
    International Conference of Thai Studies 10th 2008年01月 口頭発表(一般)
  • Cult Problems in Modern Day Japan  [招待講演]
    櫻井 義秀
    International Symposium on Cultic Studies 2007年12月 口頭発表(招待・特別)
  • 櫻井義秀,シンポジスト「キャンパス内のカルトー心理学は何をなすべきか」  [通常講演]
    日本心理学会第71回大会、東洋大学、2007年9月18-20日 2007年
  • 櫻井義秀,「摂理における布教・教化過程の研究」  [通常講演]
    日本宗教学会第66回学術大会、立正大学、2007年9月15-17日 2007年
  • 櫻井義秀、指定討論者、国際セッション 「アジアと家族変容」  [通常講演]
    日本家族社会学会 札幌学院大学、2007年9月7-8日 2007年
  • 櫻井義秀、コーディネーター・司会、パネルディスカッション「現代社会と宗教」  [通常講演]
    第4回日韓宗教フォーラムテーマセッション、岡山県浅口市公民館、2007年8月20-21日 2007年
  • 櫻井義秀,「信教の自由というリスク」  [通常講演]
    第4回日韓宗教フォーラムテーマセッション、岡山県浅口市公民館、2007年8月20-21日 2007年
  • 櫻井義秀,「書評セッション 秋庭裕・川端亮著『霊能のリアリティへ-社会学、真如苑に入る-』(新曜社、2004)芳賀学・菊池裕生『仏のまなざし、読みかえられる自己―回心のミクロ社会学―』(ハーベスト社、2006)」  [通常講演]
    「宗教と社会」学会2007、駒澤大学 2007年
  • Sakurai,Yoshihide, ’Community Development and Theravada Buddhism Comparative and Chronological Study of “Development Monks”In Northeast Thailand,’  [通常講演]
    Annual Conference of Southeast Asia of Geography Association (SEAGA), 2006 28 to 30 November 2006, Nanyang Girls High School, Singapore 2006年
  • Sakurai,Yoshihide, ‘The Structure of Abuse in a Religious Group --- The Case of the Holy God Central Church,’  [通常講演]
    International Consortium for Social Development(ICSD), 1st Asia-Pacific Conference on "Globalization, Development, and Human Security in the Asia-Pacific Region", October 18-20, 2006, Thailand 2006年
  • 櫻井義秀,「宗教集団における虐待の構造―特定教団を事例に」  [通常講演]
    日本宗教学会大会、東北大学、9月16-18日 2006年
  • Sakurai Yoshihide, Conflict between Aum Critics and Human Rights Advocates in Japan  [通常講演]
    Annual Conference of International Cultic Studies Association, Denver, July 22nd-25th 2006年
  • Sakurai,Yoshihide, ’Community Development and Theravada Buddhism: Comparative and Chronological Study of “Development Monks”In Northeast Thailand,’  [通常講演]
    Annual Conference of Southeast Asia of Geography Association (SEAGA), 2006 28 to 30 November 2006, Nanyang Girls High School, Singapore 2006年
  • Sakurai,Yoshihide, ‘The Structure of Abuse in a Religious Group --- The Case of the Holy God Central Church,’  [通常講演]
    International Consortium for Social Development(ICSD), 1st Asia-Pacific Conference on "Globalization, Development, and Human Security in the Asia-Pacific Region", October 18-20, 2006, Thailand 2006年
  • Sakurai Yoshihide, Conflict between Aum Critics and Human Rights Advocates in Japan,  [通常講演]
    Annual Conference of International Cultic Studies Association, Denver, July 22nd-25th 2006年
  • Sakurai Yoshihide, ‘The Conflict of the Logics Behind Rejecting “Cults” and Advocating Human Rights Various Aspects of the Anti-Aum Movement,’  [通常講演]
    The 9th Meeting of Asia Pacific Sociological Association, Mahidol University Thailand Dec. 16-18 2005年
  • 櫻井義秀「統一教会信者の入信類型」  [通常講演]
    日本宗教学会大会、関西大学、9月9-11日 2005年
  • Sakurai Yoshihide, ‘Socially Engaged Buddhism in Thailand,’  [通常講演]
    The 9th Meeting of International Thai Studies, April 3rd - 5th, Northern Illinois University, Dekarb USA 2005年
  • Sakurai Yoshihide, ‘Re-examining the cult controversy in a Global context: International comparison of religious conflict,’  [通常講演]
    The 19th World Congress of. the International Association for the History of Religions, March 23rd -31st, Tokyo 2005年
  • Sakurai Yoshihide, ‘The Conflict of the Logics Behind Rejecting “Cults” and Advocating Human Rights: Various Aspects of the Anti-Aum Movement,’  [通常講演]
    The 9th Meeting of Asia Pacific Sociological Association, Mahidol University Thailand Dec. 16-18 2005年
  • Sakurai Yoshihide, ‘Socially Engaged Buddhism in Thailand,’  [通常講演]
    The 9th Meeting of International Thai Studies, April 3rd - 5th, Northern Illinois University, Dekarb USA 2005年
  • Sakurai Yoshihide, ‘Re-examining the cult controversy in a Global context: International comparison of religious conflict,’  [通常講演]
    The 19th World Congress of. the International Association for the History of Religions, March 23rd -31st, Tokyo 2005年
  • Sakurai Yoshihide, ‘The Identity Formation and Livelihood Structure of Workers at a Japanese Pencil Manufacturer in Thailand,’  [通常講演]
    SEAGA 7th international meeting, conference in Khon Kaen, November 29-December 1 2004年
  • Sakurai Yoshihide, ‘Contribution to Cultural Bases of Community: How Do University Academics Collaborate with Professionals and Citizens?,’  [通常講演]
    EDU-COMM2004, conference in Khon Kaen, November 24-26 2004年
  • 櫻井義秀「『カルト』研究から見た宗教調査の困難と可能性  [通常講演]
    「脱会者」研究との関連で」社会科学基礎論研究会2004年度第二回研究大会シンポジウム「現代社会の鏡としての〈宗教〉」2004,7,24 2004年
  • Sakurai Yoshihide, ‘Religions Should Have a Definite Roadmap to be Alternative,’ In Search of a Humanized Globalization  [通常講演]
    The Contribution of Spirituality-Based Social Movements, Workshop organized by Asia-Europe Foundation, April 28-30, 2004, Nagoya, Japan 2004年
  • Sakurai Yoshihide, ‘The Identity Formation and Livelihood Structure of Workers at a Japanese Pencil Manufacturer in Thailand,’  [通常講演]
    SEAGA 7th international meeting, conference in Khon Kaen, November 29-December 1 2004年
  • Sakurai Yoshihide, ‘Contribution to Cultural Bases of Community: How Do University Academics Collaborate with Professionals and Citizens?,’  [通常講演]
    EDU-COMM2004, conference in Khon Kaen, November 24-26 2004年
  • Sakurai Yoshihide, ‘Religions Should Have a Definite Roadmap to be Alternative,’ In Search of a Humanized Globalization:  [通常講演]
    The Contribution of Spirituality-Based Social Movements, Workshop organized by Asia-Europe Foundation, April 28-30, 2004, Nagoya, Japan 2004年
  • Sakurai Yoshihide, ‘Strategies of the Unification Church of Japan and Cult Controversy,’  [通常講演]
    AAR 2003 Annual Conference November 22-26, 2003 Atlanta, USA 2003年
  • 櫻井義秀「東北タイの地域開発と仏教」  [通常講演]
    日本宗教学会学術大会研究報告、天理大学、9月3-5日 2003年
  • Sakurai Yoshihide, A Cult Controversy and Freedom of Religion,'  [通常講演]
    AFF2003 Annual Conference June 13-14,2003 Orange County, USA 2003年
  • Sakurai Yoshihide, 'The Family Reconstructed by Religious Ideology: Case Study of a Female Member of the Unification Church,'  [通常講演]
    AFF2003 Annual Conference June 13-14,2003 Orange County, USA 2003年
  • 「日本の『カルト』問題-韓国に嫁いだ日本統一教会女性信者の事例-」(原題ハングル)  [通常講演]
    2003韓日人文学連合国際学術大会、釜山、東西大学、2003年5月24日 大会要旨集 pp.493-503 2003年
  • Sakurai Yoshihide, Citizens’ Exchange as a “Community of Interest” Cases of NPOs Assisting in Japanese-Language Education in Northeastern Thailand,  [通常講演]
    International Conference of Thai Study at Hokkaido University, "Regional Development in Northeastern Thailand and the Formation of Civil Society", Hosted by Graduate School of Letters, Hokkaido University, February 4 and 5, 2003, At Clerk Hall 2003年
  • Sakurai Yoshihide, ‘Strategies of the Unification Church of Japan and Cult Controversy,’  [通常講演]
    AAR 2003 Annual Conference November 22-26, 2003 Atlanta, USA 2003年
  • Sakurai Yoshihide, A Cult Controversy and Freedom of Religion,'  [通常講演]
    AFF2003 Annual Conference June 13-14,2003 Orange County, USA 2003年
  • Sakurai Yoshihide, 'The Family Reconstructed by Religious Ideology: Case Study of a Female Member of the Unification Church,'  [通常講演]
    AFF2003 Annual Conference June 13-14,2003 Orange County, USA 2003年
  • Sakurai Yoshihide, Citizens’ Exchange as a “Community of Interest” Cases of NPOs Assisting in Japanese-Language Education in Northeastern Thailand,  [通常講演]
    International Conference of Thai Study at Hokkaido University, "Regional Development in Northeastern Thailand and the Formation of Civil Society", Hosted by Graduate School of Letters, Hokkaido University, February 4 and 5, 2003, At Clerk Hall 2003年
  • Sakurai Yoshihide, 'A Comparative Study of Higher Education In Thailand and Japan: Several Issues Regarding the Independent State University Administrative Corporations'  [通常講演]
    EDU-COMM 2002 conference in Khon Kaen, November 25-27 2002年
  • 櫻井義秀「宗教社会学の再生に向けて:越境する宗教社会学」  [通常講演]
    日本社会学会大会テーマセッション、コーディネーター趣旨説明(大阪大学)11月16-17日 2002年
  • 櫻井義秀「現代日本の冥婚習俗と家族観のゆくえ」  [通常講演]
    韓・日人文学連合国際学術大会 分科別研究発表(帝塚山大学)10月19日 2002年
  • 櫻井義秀「現代社会を理解するために-一般教育から大学院までの宗教社会学-」  [通常講演]
    日本宗教学会学術大会特別部会口頭発表(大正大学)9月13-15日 2002年
  • ワークショップ「関西発の新・宗教研究」へのコメンテーター  [通常講演]
    「宗教と社会」学会学術大会(関西学院大学)6月29-30日 2002年
  • Sakurai Yoshihide, A Cult Controversy and Freedom of Religion  [通常講演]
    The Case of an Illegal Missionary Work Lawsuit and Exit Counseling for Unification Church Members International Sociological Association, Conference 2002, Brisbane July 7-13 2002年
  • Sakurai Yoshihide, 'A Comparative Look at the Cult Controversy in the US and Japan'  [通常講演]
    AFF2002 Annual Conference June 14-15,2002 Orlando USA 2002年
  • Sakurai Yoshihide, ’The Tasks of NGOs in Rural Development in Northeastern Thailand: the Debate on the Formation of Civil Society’  [通常講演]
    The 8th International Conference on Thai Studies, 9-12 January 2002, at Nakon Phanom in Thailand. Proceeding is in the e-paper, CD-ROM, hosted by Ramhkamhaeng University Thailand. 2002年
  • Sakurai Yoshihide, 'A Comparative Study of Higher Education In Thailand and Japan: Several Issues Regarding the Independent State University Administrative Corporations'  [通常講演]
    EDU-COMM 2002 conference in Khon Kaen, November 25-27 2002年
  • Sakurai Yoshihide, A Cult Controversy and Freedom of Religion:  [通常講演]
    The Case of an Illegal Missionary Work Lawsuit and Exit Counseling for Unification Church Members International Sociological Association, Conference 2002, Brisbane July 7-13 2002年
  • Sakurai Yoshihide, 'A Comparative Look at the Cult Controversy in the US and Japan'  [通常講演]
    AFF2002 Annual Conference June 14-15,2002 Orlando USA 2002年
  • Sakurai Yoshihide, The Tasks of NGOs in Rural Development in Northeastern Thailand: the Debate on the Formation of Civil Society  [通常講演]
    The 8th International Conference on Thai Studies, 9-12 January 2002, at Nakon Phanom in Thailand. Proceeding is in the e-paper, CD-ROM, hosted by Ramhkamhaeng University Thailand. 2002年
  • 'The Social perceptions of New Religious Movements in the Post-Aum Japan: The Popular Use of "Cult" and "Mind Control" and its Context,'  [通常講演]
    Special Forum 'Japanese religions after Aum affairs 1995' Annual Meeting of American Academy of Religion in Denver 2001November 16-20 2001年
  • 'The Conversion of Young Men and Housewives in the Japanese Unification Church and its Gender Implications,'  [通常講演]
    The Other Hokkaido:Gender, Diversity and Minorities, GALE and Eash with JALT Hokkaido 3rd International Conference 2001, Sapporo, 28th-30th September 2001年
  • The Conversion of Housewives in the Japanese Unification Church and Gender Problems  [通常講演]
    26th International Conference of International Society for the Sociology of Religion, Istapa de la sal Mexico, 2001 August 23th 2001年
  • The Conversion Process of Young Unification Church Members in Japan since 1985  [通常講演]
    Association for the Sociology of Religion 2001 Meeting in Anaheim 2001 August 19th 2001年
  • 『カルト』調査研究の課題  [通常講演]
    「宗教と社会」学会2001年度ワークショップ発表 (慶応義塾大学)6月17日 2001年
  • International Marriage Controversy between the Feminist Perspective and Regionalism in Japan,  [通常講演]
    3rd International Conference on Gender and Equity Issues: Humanistic Considerations for the 21st Century, January 4-6,2001, Bangkok 2001年
  • The Social perceptions of New Religious Movements in the Post-Aum Japan: The Popular Use of "Cult" and "Mind Control" and its Context  [通常講演]
    Special Forum 'Japanese religions after Aum affairs 1995' Annual Meeting of American Academy of Religion in Denver 2001November 16-20 2001年
  • The Conversion of Young Men and Housewives in the Japanese Unification Church and its Gender Implications  [通常講演]
    The Other Hokkaido: Gender, Diversity and Minorities, GALE and Eash with JALT Hokkaido 3rd International Conference 2001, Sapporo, 28th-30th September 2001年
  • The Conversion of Housewives in the Japanese Unification Church and Gender Problems  [通常講演]
    26th International Conference of International Society for the Sociology of Religion, Istapa de la sal Mexico, 2001 August 23th 2001年
  • The Conversion Process of Young Unification Church Members in Japan since 1985  [通常講演]
    Association for the Sociology of Religion 2001 Meeting in Anaheim 2001 August 19th 2001年
  • International Marriage Controversy between the Feminist Perspective and Regionalism in Japan  [通常講演]
    3rd International Conference on Gender and Equity Issues: Humanistic Considerations for the 21st Century, January 4-6,2001, Bangkok 2001年
  • 「マインド・コントロール論の批判的検討:入信の個人的心理過程から組織強化の戦略論へ」  [通常講演]
    (広島国際学院大学)11月12日 2000年
  • 「現代日本社会におけるカルト、マインド・コントロールをめぐる諸問題」  [通常講演]
    日本宗教学会(駒沢大学)9月15日 2000年
  • 「開発NGOと市民社会形成ー東北タイ地域開発NGOにおける自立への試みを手がかりとしてー」  [通常講演]
    日本社会学会(上智大学)10月10日 1999年
  • 「新宗教集団による暴力への抗議の論理ム天地正教とコミュニティ」  [通常講演]
    日本宗教学会(南山大学)9月19日 1999年
  • Formation of a new religion and its conflict with community: Case study of a new religious sect, Tenchi-Seikyo, affiliated with Unification Church  [通常講演]
    25th International Conference of International Society for the Sociology of Religion 26-30 July 1999 Maria Theresia College Leuven Bergium, Handbook of the 25th Conference pp. 115-116 1999年
  • The Role of Monks in Rural Development and Their Social Function in Civil Society  [通常講演]
    7th International Conference on Thai Studies 4-8 July 1999 University of Amsterdam Netherland, Book of Abstract pp.60-62 1999年
  • 「タイの社会開発と上座部仏教の実践」  [通常講演]
    宗教と社会学会(国際基督教大学)6月12日 1999年
  • Formation of a new religion and its conflict with community: Case study of a new religious sect, Tenchi-Seikyo, affiliated with Unification Church  [通常講演]
    25th International Conference of International Society for the Sociology of Religion 26-30 July 1999 Maria Theresia College Leuven Bergium, Handbook of the 25th Conference pp. 115-116 1999年
  • The Role of Monks in Rural Development and Their Social Function in Civil Society  [通常講演]
    7th International Conference on Thai Studies 4-8 July 1999 University of Amsterdam Netherland, Book of Abstract pp.60-62 1999年
  • Comparative study of religions and society in late modernity of East Asia  [通常講演]
    櫻井 義秀
    Congress of Hong Kong Asian Social Science 口頭発表(一般)
  • Comparative Studies of Christianity in East Asia: Preliminary Research  [通常講演]
    櫻井 義秀
    The 1st SEFM International Workshop on Social Change and Religious Transformation in East Asia シンポジウム・ワークショップパネル(公募)

作品等

  • 「開発NGOと市民社会形成ー東北タイ地域開発NGOにおける自立への試みを手がかりとしてー」日本社会学会
    1999年
  • 「新宗教集団による暴力への抗議の論理*天地正教とコミュニティ」日本宗教学会
    1999年
  • 「タイの社会開発と上座部仏教の実践」宗教と社会学会
    1999年

その他活動・業績

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 高齢多死社会日本におけるウェルビーイングとウェルダイングの臨床社会学的研究
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2019年04月 -2022年03月 
    代表者 : 櫻井 義秀, 横山 聖美, 横山 穰, 片桐 資津子, 高橋 原, 川又 俊則, 平藤 喜久子, 猪瀬 優理, ホメリヒ カローラ, 菅原 邦子, 道信 良子
  • アジアの政教関係と新しい公共宗教論構築の地域比較研究
    文部科学省:科学研究費 基盤研究B(海外学術調査)
    研究期間 : 2016年04月 -2018年03月 
    代表者 : 櫻井 義秀
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 : 2015年 -2017年 
    代表者 : 櫻井 義秀
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 : 2013年 -2015年 
    代表者 : 櫻井 義秀
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2012年 -2014年 
    代表者 : 櫻井 義秀, 川又 俊則, 猪瀬 優理, 大谷 栄一
     
    本研究では、寺院の社会的機能を項目ごとに調べ上げるだけではなく、檀徒・信徒(門徒)のメンバーシップと行事参加(信仰の深まり)が、寺檀関係や門徒同士の同朋意識を強化するだけではなく、地域社会への参加、他者への信頼、社会倫理の獲得に結びついていくというソーシャル・キャピタル論の抽象的な命題を観察可能な行為・イベントから分析するものである。本年度の研究では、①ソーシャル・キャピタルと地域寺院との関係を理論的に考察することと、②過疎地域の寺院調査を実施することを柱とした。研究代表者の櫻井義秀は、2012年には浄土真宗本願寺派の福井教区の寺院(福井県福井市,鯖江市,越前町等)と真宗大谷派高山教区(岐阜県高山市荘川町,大野郡白川村等)の寺院を調査した。分担者の大谷栄一は浄土宗の総合研究所での機関調査を主に行った。川又俊則は真宗高田派の宗務所調査と、津市郊外の過疎地域の寺院調査を実施した。猪瀬優理は、広島県三次市において浄土真宗本願寺派の研究所と共同で調査を行い、また、櫻井と合同で福井県の調査にも参加した。これらの調査研究の成果は、12月22日京都市の京都キャンパスプラザにて共同研究会を行い、有益な情報交換を行うことができた。また、共同通信の西出勇志氏にも出席してもらい、ジャーナリズムからのコメントと、取材している住職の寺院経営塾についての報告も受けることができた。今後は、日蓮宗他他教団の過疎対策をも教団付設研究所の資料等を参照しながら検討し、教団間の比較研究をも行う予定である。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
    研究期間 : 2012年 -2013年 
    代表者 : 櫻井 義秀
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 : 2010年 -2012年 
    代表者 : 櫻井 義秀, 田島 忠篤, 稲場 圭信, 平澤 和司, 中村 則弘, 猪瀬 優理
     
    本研究では、①日本、韓国、台湾、中国、タイにおいてグローバル化による社会階層の変動が基層的な宗教文化や諸宗教の教勢にどのような影響を与えているのか、②社会的排除を生み出す社会構造的な問題を宗教文化や諸教団の社会貢献的活動により緩和されているのかどうかを明らかにする。2年目に実施した諸研究・調査は下記の通りである。①2012年1月7日に研究代表者・分担者の当該年度の研究成果発表のシンポジウムを北海道大学で開催し、7本の研究発表を行った。櫻井義秀「ポストグローバル時代における宗教多元化-日本の状況・東アジア比較への視点」中村則弘「民族間の対立回避と曖昧さ―中国底辺階級の価値意識から」平澤和司「仮 東アジアにおける階層変動を捉える計量社会学的視点」田島忠篤・李賢京「日韓のキリスト教会調査」伍嘉誠「香港における創価学会の定着と変容」吉喜潔「調査報告 山西省五台山の聖地観光と仏教復興」韓ショ「調査報告 陝西省西安の仏教寺院」また8日には猪瀬優理『信仰はどのように継承されるか-創価学会にみる次世代育成』北海道大学出版会と李元範・櫻井義秀『越境する日韓宗教文化-韓国の日系新宗教と日本の韓流キリスト教』北海道大学出版会の書評シンポジウムも開催した。②櫻井は中国調査(9月西安)、タイ調査(1月)、宗教多元主義の国際シンポジウム(2月、パドバ大学)を行い、中村は中国調査、田島・李賢京は韓国・日本においてカトリック教会数カ所で調査票調査を実施した。稲場は震災後の復興支援と教団の調査、猪瀬は文献研究を行った。③その他、研究協力者はそれぞれの領域で調査研究を行った。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
    研究期間 : 2009年 -2011年 
    代表者 : 櫻井 義秀
     
    北海道の過疎地域と札幌市における真宗大谷派寺院の比較調査を実施し、併せて神社とキリスト教会の過疎地域対応も補足的に調査した。その結果、宗教施設は過疎/高齢化の社会的影響を緩和する役割を果たし、地域社会の結節点として機能していることが確認された
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(A))
    研究期間 : 2008年 -2010年 
    代表者 : 星野 英紀, 稲場 圭信, 井上 順孝, 村上 興匡, 藤原 聖子, 三木 英, 黒崎 浩行, 中牧 弘允, 平藤 喜久子, 磯岡 哲也, 岩井 洋, 大村 英昭, 久保田 浩, 櫻井 義秀, 佐々木 裕子, 澤井 義次, 塩尻 和子, スワンソン ポール, 高田 信良, 田島 忠篤, 田中 雅一, 土屋 博, 鶴岡 賀雄, 月本 昭男, 中牧 弘允, 林 淳, 矢野 秀武, 山中 弘, 弓山 達也, 渡辺 学
     
    本研究は、(1)大学における宗教文化教育を実質化するため、情報収集および各種調査を行い、研究会を重ねて、具体的な体制を確立すること、(2)宗教文化士の養成を含む教育方法について、参加大学が利用できる具体的なシステム形成を行うこと、の2つを達成することを目指した。研究グループに分かれ、大学における宗教文化教育の実態調査((1)-(1))、「宗教文化士」という資格に対する学生たちや一般社会のニーズ調査((1)-(2))、大学における宗教文化教育の実質化のための具体的体制の確立(「宗教文化士」資格の創設;(1)-(3))、情報時代の特質を活かしたオンライン上での教材の共同利用の具体的システム構築(2)の4つをおこなった。また、これらの調査・研究結果を広く社会に公開するために、ニュースレターを1年に4回の割合で発行し、さらに国際シンポジウムや講演会などを年に数回開催した。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 : 2008年 -2010年 
    代表者 : 鈴木 規之, 佐藤 康行, 櫻井 義秀, 岩佐 淳一, 尾中 文哉
     
    本研究では、2006年のクーデターによるタクシン政権の崩壊後のタイで市民社会化の動きがどの程度の可能性をもつものなのか、このようなプラチャーコム(住民組織)がどのように構築されるのか、メディアや教育はどのような役割を果たすのか、一方で上から形成されたプラチャーコムが多い中で草の根に住民のイニシアティブで構築するための条件は何かを実証的に明らかにした上で、プラチャーコムが市民社会形成の基盤になりうるのかをタイの研究者とともに実証的に明らかにする。また、クーデターが起こるようなタイ社会においてマクロレベルとミクロレベルで市民社会の動きがどのように接合するかも明らかにするとともに、さらにグローバル化の流れの中で国境をこえたプラチャーコムのネットワーキングについても調査を進めた。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2008年 -2010年 
    代表者 : 稲場 圭信, ランジャナ ムコパディヤーヤ, 櫻井 義秀, 大谷 栄一, 濱田 陽, ランジャナ ムコパディヤーヤ
     
    本研究は、海外との比較により、ソーシャル・キャピタルとして日本の宗教が担う社会的な役割の特徴を明らかにした。3割以下と宗教人口の少ない日本においても宗教の社会貢献活動が活発化している。その内容は、災害時救援活動、発展途上国支援活動、平和運動、環境への取り組み、地域での奉仕活動、医療・福祉活動、教育・文化振興など非常に多岐にわたり、日本の宗教がソーシャル・キャピタルとして機能する可能性が示唆された。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 : 2007年 -2009年 
    代表者 : 櫻井 義秀, 土屋 博, 櫻井 治男, 稲場 圭信, 黒崎 浩行, 濱田 陽, 石川 明人
     
    社会貢献活動を行う宗教団体・宗教文化の特徴を比較宗教・比較社会論的視点から明らかにする調査活動を実施し、共生・思いやり・社会的互恵性・公共性の諸理念を形成することに宗教の果たす役割があることを明らかにした。その成果の一部は稲場圭信・櫻井義秀編『社会貢献する宗教』世界思想社、2009年で明らかにされ、分担・協力研究者たちの研究により、宗教と社会貢献の関連を研究する研究分野を宗教社会学に確立した。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(萌芽研究)
    研究期間 : 2007年 -2008年 
    代表者 : 櫻井 義秀, 土屋 博, 田島 忠篤
     
    研究代表者の櫻井は、2008年8月1日、2日の両日、韓国釜山において開催された東アジア宗教文化学会創設大会において、韓国の共同研究者と研究打ち合わせを行い、成果報告書の方向付けについて検討した。この成果を研究報告書及び、科学研究費研究成果公開促進費の出版図書に助成申請を行い刊行する計画を進行させている。なお、研究分担者及び、協力者と共同で行った研究は下記の通りである。1)櫻井、李賢京は札幌市内の外来宗教の宣教活動を概観する調査票調査を学生・大学院生と共に実施した。また、李は韓国系教会について事例研究を実施した。2)中西尋子はオンヌリ教会の機関調査、及び統一教会渡韓日本人女性信者の現地調査を行った。3)猪瀬優理、田島は、札幌市の在日コリアン社会を、札幌の朝鮮学校から調査に入り、調査協力可能な世帯を紹介してもらい、信仰継承と家族の役割、日常的な教団活動におけるジェンダーの規制に関して調査を行い、調査対象過程を東京・大阪の在日コリアン社会に拡大して成果を収めた。4)土屋は、日本のキリスト教宣教史のなかで宣教活動の問題を考察する作業を行った。5)韓国におけるキリスト教宣教史については、基本的な韓国語文献を日本語に抄訳する作業を韓国人留学生に依頼するなどして、前年度に引き続き、基本文献の読解に務めた。日本・韓国の宗教研究者による宗教文化研究の協働作業は、2009年に研究代表者の北海道大学における研究集会へと引き継がれた。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 : 2005年 -2007年 
    代表者 : 鈴木 規之, 佐藤 康行, 櫻井 義秀, 平良 一彦, 津波 高志, 岩佐 淳一
     
    タイにおける開発・発展の研究は、かつては経済中心の開発か否かの対立した議論に終始したが、21世紀に入った現在では民主化も含めた市民社会形成の流れのなかで議論されるようになってきた。タイにおける社会科学者達の議論でも、開発を市民社会と結びつけた議論が中心となり、「社会開発の中で市民社会形成は可能か?」といった研究が数多く輩出されるようになってきた。社会学の分野でも、「市民社会とは何か?」というテーマ設定から「市民社会の形成はいかにして可能か?」がテーマとなり、住民による小グループであるプラチャーコムが市民社会を成立させるとの問題意識からプラチャーコムの個別的な研究へとテーマ設定が動いてきた。プラチャーコムは、もともとタイ語で人々の集まりを意味するが、市民社会を表すプラチャーサンコムが外来の概念としてタイ語に導入されたため、タイの文脈における市民社会形成研究のキーワードとなってきた。そこで、本研究では、一方で政府のトップダウン的な政策で構築されるプラチャーコムが多い中で草の根的に住民のイニシアティブで構築するための条件は何かを実証的に明らかにした上で、プラチャーコムが市民社会形成の基盤になりうるのかを明らかにする。初年度は予備調査および、研究打合せ、セミナーを行った。2年目は、タクシンがクーデターで放逐されるという大きな変化のため主にタイでフィールドワークを行うとともに、琉球大学...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2005年 -2006年 
    代表者 : 道信 良子, 櫻井 義秀
     
    本研究では、地域住民や公共的組織の創意工夫と相互扶助による、地域に根ざした発展の具体的な諸相を調査したや調査対象地域は、地域住民や公共的組織による活動が比較的活発に試みられているタイ東北部のナコーンラーチャシーマー、コ'ンケーン、ノンカーイ、ガラシン、北部のチェンマイ、ランプン、そして南部のプーケット市である。具体的な調査テーマは次の通り。タイの高等教育と生涯学習、職場の健康対策における日系多国籍企業と地域組織との連携、タイ国際結婚定住者の生活戦略、タイのストリート・チルドレン、ゴミ回収業者とタイのリサイクル問題、ラオス移住労働者の生活戦略、農村における文化ツーリズム。研究の結果、1)内発的発展は特定の地域に限定された独自の文化理念を追求する発展のあり方ではなく、国家や国際社会に開かれており、国家や国際機関からの要望や圧力にも対応していること、2)内発的発展の担い手は地域住民や地域NGOや企業を含め多様であること、3)これら組織の地域社会における位置付けや、国家や国際社会との関わり方も多様であることなどが明らかになった。今後の研究の展開としては、社会的排除がどのような社会的メカニズムで発生するのかというマクロ的分析に加えて、地域社会における様々なアクター(排除される人々、地域住民、行政、NGO、企業等)間の関係を調査研究によって明らかにし、では、どのような国家や地域レベルの社...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 : 2004年 -2006年 
    代表者 : 櫻井 義秀, 土屋 博, 渡辺 学, キサラ ロバート, 弓山 達也
     
    カルト問題と文化や社会規範を含めた社会秩序の比較社会学的な考察には、文化や社会にかかわる広範な背景的知識を必要とするため、カルト問題とその周辺まで含めた調査研究を行うことになる。本研究実施期間中に行えた調査はごく限られたものであるが、日本のカルト問題研究においては最高水準の研究成果を達成し得たものと考えている。概要は下記の通りである。(1)研究代表者の櫻井は、広く欧米と日本のカルト問題研究、及びカルト対策の国際比較を行った。(2)研究分担者の土屋博は、宗教文化としてのスピリチュアリティを研究者としての当事者性から再考した。(3)研究分担者の渡辺学は、教団を遍歴する信者が脱会カウンセリングという専門家・家族による介入行為をどのように認識し、受容/批判しているのかを詳細に調査した。(4)研究協力者の渡辺太は脱会カウンセリング(信者を教団の外へ連れ出す行為)と引きこもり青年の社会復帰を対応させて、介入行為の正当性、社会復帰とはそもそも何であるのかを考察した。(5)研究協力者の小池靖は、現代の自己決定・自己責任の規律が、自己決定を阻害されたことによる被害を主張させる文化を形成していることを包括的に研究した。(6)研究協力者の中西尋子が統一教会に関わる韓国と日本の報道の比較を行った。(7)大学院生の研究協力者による調査研究の報告は、科研報告書を直接参照していただきたい。3年間の研究を通して、カルト問題に関心を寄せる宗教研究者は少なくないが、実際に調査してカルト問題に向き合う研究者を組織していくことの難しさを感じた。しかしながら、今後とも、若手・中堅研究者は、宗教と社会秩序に関わる研究を現代の宗教社会学は積極的に進めていくべきである。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2001年 -2003年 
    代表者 : 熊田 一雄, 伊藤 公雄, 伊藤 公雄, 櫻井 義秀, 金子 珠理
     
    本研究は宗教研究とジェンダー研究という両分野に精通し、研究上の交流を行ないながら、それぞれの知見を踏まえた上で宗教にみられる性支配の構造と文化的構造を解明しようと試みたものである。各自担当した宗教運動や教団の活動を積極的に参与観察することに研究の主軸を置いた。また、出版物などを通じての教義分析に加え、関係者や信者メンバーへのインタビューによる調査に重点を置き、当事者たちの声からその宗教経験を再構築するような手法を試みた。その結果、すべてを網羅したとは言えないが、ジェンダーと宗教の基本的問題はほぼ含めることができたのではないかと思われる。研究を進めるにあたり、従来の先行研究を踏まえて、以下の点を本研究の特徴点として意識した。(1)調査に基づく実証的研究:従来の宗教とジェンダー研究においては、伝統的な宗教教義の分析とその性差別批評に力点が置かれてきた。しかし、信者たちの意識や行動原理に焦点を当てる実証的研究は多くはない。私たちは信者たちや教団の言説や活動のなかから問題となる点を抽出し、そのジェンダー・ヒエラルキーや葛藤の様子を明確にすることを目的とした。(2)共同性:ジェンダーに焦点を当てた宗教研究の蓄積はまだ少ないなか、その社会背景との関連を検証するため、共同研究という形式をとることで、互いの関心を有機的に連関させて多様な宗教とジェンダーの現在を描出することをめざした。(3)ジ...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 : 2000年 -2002年 
    代表者 : 櫻井 義秀, 鈴木 規之
     
    本研究の課題は、市民社会形成というタイ社会の動き、言論界の問題意識をふまえた上で、タイの東北地域が経済危機以後どのように地域杜会を形成し、地域なりの自治・社会発展を模索しているのかを明らかにしようとするものである。研究対象は第一に、住民の自治・自助組織、開発NGO、開発行政機関、社会教育のセンターとして機能する地方大学、開発に従事する僧侶等、地域社会形成の推進役を務める機関・地域の指導者層である。第二に、こうした働きかけを受けて動き出す農民、労働者であり、彼らの農業生産・労働過程、生活構造が分析の対象になる。本研究は、マクロな社会動態を分析した先行研究の蓄積を生かしつつ、コミュニティ、農民・労働者層のアイデンティティをミクロな分析で捉える新局面を開拓したいと考えた。3年間の研究成果は研究成果報告書に結実している。研究代表者が所属する北海道大学で、平成15年2月4-5日に国際シンポジウムRegional Development of Northeast Thailand and Formation of Thai Civil Societyを開催し、3年間の研究を総括すると共に、各研究者の報告を英文・タイ語の報告書として提出してもらった。科研の研究報告書はここで発表された分担研究者、研究協力者の発表を、会議中の議論をふまえて、修正、加筆したものである。また、本研究で心がけたことは、タイ研究者、東北タイ地域拠点大学との連携であり、今後の研究協力への基礎を作ったといえる。さらに、3名の若手タイ研究者(博士課程在籍)に3年間調査旅費を支給し、研究会を年度ごとに設けた点で、本科研研究は、後進の育成にも貢献したといえる。大学ごとに研究拠点を形成ことで国際的研究を目指す動きと併せて、国内外の大学間における研究連携も重要である。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(萌芽的研究)
    研究期間 : 1998年 -1999年 
    代表者 : 櫻井 義秀
     
    本年は成果発表の年であり、8月ベルギーで開催された第25回国際宗教社会学会の「洗脳と新宗教運動」部会においてFormation of a new religion and its conflict with community :Case study of a new religious sect,Tenchi-Seikyo,affiliated with Unification Church,(25th International Conference of International Society for the Sociology of Religion 26-30 July 1999 Maria Theresia College Leuven Bergium Handbook of tha 25th Conference pp.115-116)の発表を行った。また、日本では、「新宗教集団による暴力への抗議の理天地正教とコミュニティ」日本宗教学会(南山大学9月19日)の発表を行った。セクト教団対策が西欧諸国で実施されている反面、信教の自由を擁護し、学問的厳密性をきす立場から過剰なカルト批判反論を加える議論も展開され、理論、実践の両面においてこの問題がトピックになっていることが確認された。西欧、特にメリカの宗教社会学では、カルト、マインド・コントロール論の是非、教団の資金調達や信者獲得活動と社会の軋轢、脱会門家の問題等に関して、20年近くの研究蓄積がある。しかし、日本は新宗教研究自体の蓄積はあっても、社会問題化する教団動の研究は皆無に近い。本研究は宗教社会学の学問的趨勢からも当然なされるべき研究であったが、現時点では社会的要請加わったと言える。本年9月の日本宗教学会の「宗教と暴力」パネルにおいて、筆者は教団調査法の再検討と教団被害に対する宗教研究者の現実認識を問う報告を行い、少なからぬ研究者が関心を示してくれた。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 : 1997年 -1999年 
    代表者 : 米村 昭二, 石川 由香里, 徳永 勇, 平川 毅彦, 桜井 義秀, 浅井 美智子, 平沢 和司, 江成 幸, 石川 由香里
     
    本研究は、はじめに日本在住の日系ブラジル人労働者の日本という異文化社会への職業的・社会的・文化的適応を群馬、栃木、神奈川、山梨、愛知、滋賀、岡山、広島県における507人を対象に調査し、地域間比較はもとより、被調査者の来日前後における職業間のズレが大きく、それが職業的適応を阻害していることを解明した。なかでも、日系ブラジル人と日本人の価値志向の違い、とくに日系人のrugged individualismと日本人の慎ましさ、謙虚さとのズレが大きく、それが、組織的な流れ作業や企業組織への職業的適応を阻み、職場でのプレッシャーや閉塞感に繋がっていることも明らかにされた。その反面、この楽天的な個人主義が日本人や地域社会との交流にプラスに作用している側面もあることが分かった。また、職業的・文化的適応に際して一世よりも二・三世に適応能力が高く、日本人意識も来日を契機に強まり、出稼ぎから定着への動きのなかで共存できる共通の地盤が形成されつつあることも究明された。もちろん、日本人との給料格差、日本人に先立って解雇されることや宿舎探しの困難性に差別を感じ取っていることも解明された。要するに、本調査では、価値志向による文化的葛藤、職業の不連続性、企業組織へのマルアジャストが究明されている。国際結婚については、86ケースのカップルを調べ、1)国際結婚カップルに対して日本社会は、閉鎖的排他性が強く、政...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(国際学術研究)
    研究期間 : 1996年 -1998年 
    代表者 : 足立 明, 桜井 義秀, Kasturiaratc, 佐藤 寛, 阿部 健一, 冨山 一郎, 花田 昌宜, 加藤 剛, カストゥリアーラチ ニマ, 桜井 義秀
     
    本研究は、スリランカ、インドネシア、タイ、そして昨年度から台湾を含めた地域における農村開発計画の比較研究を行ってきた。今年度は、昨年に引き続き、スリランカにおける貧困低減のための「ジャナサヴィヤ(人民の力)」計画、タイにおいては開発僧、インドネシアでは海岸部の泥炭湿地水田化計画、および戦後の開発独裁体制下の村落史などを調査した。ところで、これら3年間の調査経験をとおして、開発現象を研究する上での理論的・方法論的問題が明らかになってきた。例えば、開発言説を分析するときには、言説のみならず、それと表裏一体となった制度全体を視野に入れる必要があるという点である。言いかえれば、まず我々の焦点を「地域的な開発の出来事」にあてることである。この「出来事」においては制度、モノ、言説がミクロの権力の網の目を構成しているが、ここに登場する開発関係者(導入者、農民、計画者)がどのような「開発の主体」(または「反開発の主体」)を構築するのかを理解することが重要である。そして、このような「出来事」における権力のネットワークと主体の形成を理解したとき、開発現象のミクロな過程を十全に把握できたといえるのである。しかしながら本研究は、このような段階に達することはできず、その予備的な段階にとどまった。そこで、今後の開発現象の研究にむけて、我々は、主体、行為者、政治経済学といった理論的概念を精緻化するとともに...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(一般研究(C), 基盤研究(C))
    研究期間 : 1995年 -1996年 
    代表者 : 櫻井 義秀
     
    本研究では、第一に、現代の情報化社会で言説がいかに生成されるか、その過程をオウム真理教事件に関わる言説に則して見ていき、現在流通している様々な言説を共通の概念枠組みで記述した。第二に、オウム真理教がなぜかくも急速に信者を獲得・動員して犯罪を行い得たのかという疑問への説明として最も流布し、しかも社会的影響力を持ったマインド・コントロール論を取り上げ、オウム真理教現象の構成のされ方、論者の視点の問題点を社会学的に吟味した。また、川瀬カヨ氏によって設立された天地正教が、1995年に十勝清水町御影地区において教団の宿泊施設を建設しようとしたが、地域住民の反対運動が起き、町議会も建設中止の陳情を採択するに至った。天地正教は1988年の宗教法人化以来、霊感商法との関係が弁護士会等で問題にされていたが、1996年の弥勒祭、浄火祈願祭において二代目教母が下生した弥勒として統一教会の創始者文鮮明夫妻を迎えると宣言した。本事例は、新宗教教団が地域社会にいかに定着していくかという問題を示していたが、天地正教はこれに失敗した。本論文集には、上記の2論文以外に、新宗教教団の形成過程と地域社会変動の当初の研究対象教団であった、天照教調査の経過報告と、猪瀬優理「宗教とジェンダー -創価学会を事例に-」、大倉大介「情報受容に関する一考察-オカルトに関する情報を中心に-」、蔭山茂樹「新宗教教団における入信・回心・献身-統一教会・原理研究会を事例に-」の4論文を加えて、現代宗教を考察する視角を多方面から検討してある。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(一般研究(C), 基盤研究(C))
    研究期間 : 1995年 -1996年 
    代表者 : 足立 明, 佐藤 寛, 桜井 義秀
     
    本研究の目的は、わが国の政府開発援助組織に属する「専門家」集団の、開発援助に関する知識体系とその社会文化的背景を解明することであった。ここでは、「専門家」の「普遍的」な枠組みの知識と、その背後にある個人的な経験から得た知識に着目しようとした。そしてこれらの検討をとおして、「専門家」の側からの第三世界における開発現象の理解を目指した。今年度は、これらの目的のために、まず開発現象の理解に向けた理論的枠組みの検討を行い、開発現象への視角を、開発言税、知識の偏在性と力、ハビタス、開発組織、開発現象を語る語りの場といったものに設定した。そして、その中で援助組織の知識と文化の意味を検討した。さらに、これらをふまえて「専門家」への聞き取りを行った。しかしながら、様々な技術的問題から、多くの「専門家」に聞き取りを行うことはできなかった。ここでは、インドネシアの開発プロジェクトに関わっている援助組織についてある程度の情報収集とNGOの活動家のライフヒストリーを得ることが出来た。ここで判明したことは、やはり開発援助の基本的知識は欧米の開発専門家の「普遍的」知識にきわめて多く依存していることが読みとれた。今後は、このような事例研究を重ねることで、援助専門家と開発対象である村人との間の知識と文化の偏在を全体的に把握してゆきたい。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(総合研究(A))
    研究期間 : 1990年 -1991年 
    代表者 : 米村 昭二, 浅井 美智子, 高重 進, 都築 一治, 平川 毅彦, 関 孝敏, 櫻井 義秀
     
    上湧別屯田兵村、当麻屯田兵村の社会移動とその歴史的展開について検討し、入隊前の職業・学歴が入隊後の位階決定に大きく作用していることが判明した。明治25年時の屯田兵の社会経済的背景が詳細に解明できたことは、大きな収穫であった。しかも屯田兵解体後の社会移動に関しては、この軍隊時代の位階の影響が大きく、経済的地位の上下は、明治・大正期ともこれによって決定されていた。さらに職業間移動についても、下士官層は早い時期から頻繁に職業、地域移動を繰返し、知的労働力を求める北海道労働市場の需要に応じて、村長をはじめとする管理職部門に進出し、地域移動も周辺町村を中心に旭川・道内市部に移動している特徴があった。一方、1等兵・2等兵などの兵卒層は転業しても農業、自営業といった独立部門に進出し、職業移動は水面的で、周辺部農村への狭い地域間移動に留った。このように軍隊時代の位階に応じて両極に分れた職業間地域間移動の発見が本研究の成果であった。さらに北海道は移動型社会であるといわれているが、その実態を検討すべく、Y開放性系数を当麻屯田兵とその2世について検討したところ、0.6の開放性系数が算出され、明治・大正・昭和前期の3期間、すでに当麻が移動型社会であることが実証された。なお、これと並行して政治的地位の問題についても、歴史的検討がなされた。平川もまた屯田兵村を扱い、屯田戸主の家的側面を解明すると同時に逆...

教育活動情報

主要な担当授業

  • 博士論文指導特殊演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 社会学特殊講義
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
    キーワード : 社会学 社会学評論
  • 博士論文指導特殊演習Ⅰ
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 文学院
  • 社会学特殊講義
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学院
    キーワード : 社会学 社会学評論
  • 自主研究Ⅰ
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 国際
  • 社会集団論特別演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
    キーワード : 社会調査 事例研究 質的研究 比較研究 東アジアの宗教
  • 修士論文
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 社会集団論特別演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学院
    キーワード : 社会調査 事例研究 質的研究 比較研究 東アジアの宗教
  • 修士論文・特定課題指導特殊演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 社会学理論特別演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学院
    キーワード : 社会学理論、社会学的方法論、応用研究
  • 修士論文(特定課題研究)
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 社会学理論特別演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
    キーワード : 社会学理論、社会学的方法論、応用研究
  • 卒業論文
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
  • General Education Seminar
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 総合教育部
    キーワード : 社会学入門、文化とアイデンティティー、家族と世帯、貧富と福祉、教育、健康、マスメディア、階層、犯罪、宗教 
  • 修士論文・特定課題指導特殊演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学院
  • General Education Seminar
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 現代日本学プログラム課程
    キーワード : 社会学入門、文化とアイデンティティー、家族と世帯、貧富と福祉、教育、健康、マスメディア、階層、犯罪、宗教 
  • 国際交流Ⅱ
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 国際本部
    キーワード : 社会学入門、文化とアイデンティティー、家族と世帯、貧富と福祉、教育、健康、マスメディア、階層、犯罪、宗教 
  • 社会・制度モジュール特殊科目B
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 現代日本学プログラム課程
    キーワード : 人口減少社会 地域社会 宗教史 北海道
  • 社会・制度モジュール特殊科目B
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 現代日本学プログラム課程
    キーワード : 社会調査
  • 社会学演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
    キーワード : 人口減少社会 地域社会 宗教史 北海道
  • 社会学特殊演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
    キーワード : 社会調査
  • 英語演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : 社会学入門、文化とアイデンティティー、家族と世帯、貧富と福祉、教育、健康、マスメディア、階層、犯罪、宗教 
  • 社会・制度モジュール特殊科目B
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 現代日本学プログラム課程
    キーワード : ウェルビーイング、ライフコース、幸福感
  • 社会変動論
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
    キーワード : ウェルビーイング、ライフコース、幸福感
  • 社会の認識
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : 社会学、現代社会論、社会問題、社会変動
  • 社会システム科学概論
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
    キーワード : 社会学、社会学理論
  • 社会・制度モジュール特殊科目B
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 現代日本学プログラム課程
    キーワード : 社会学、社会学理論

大学運営

学内役職歴

  • 2017年4月1日 - 2017年10月26日 企画・経営室室員
  • 2017年10月26日 - 2019年3月31日 経営戦略室室員
  • 2019年4月1日 - 2020年9月30日 経営戦略室室員
  • 2015年4月1日 - 2017年3月31日 教育改革室室員
  • 2015年4月1日 - 2017年3月31日 総長補佐
  • 2017年4月1日 - 2019年3月31日 総長補佐
  • 2019年4月1日 - 2020年9月30日 総長補佐

委員歴

  • 2017年07月 - 現在   East Asian Society of Scientific Study of Religion   理事 日本代表 副会長
  • 2014年08月 - 現在   Research Committee 22 International Sociological Association   アジア地区理事
  • 2005年09月 - 現在   日本宗教学会   理事/常務理事
  • 2000年07月 - 現在   日本タイ学会   理事
  • 2011年07月 - 2019年07月   国際宗教社会学会(SISR)   理事(日本・アジア地区代表)
  • 2013年06月 - 2016年   日中社会学会   理事
  • 2011年06月 - 2013年06月   北海道社会学会   会長
  • 2009年06月 - 2011年06月   「宗教と社会」学会   会長
  • 2007年   東アジア宗教文化学会   理事   東アジア宗教文化学会


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.