研究者データベース

安達 真由美(アダチ マユミ)
文学研究院 人間科学部門 心理学分野
教授

基本情報

所属

  • 文学研究院 人間科学部門 心理学分野

職名

  • 教授

学位

  • Ph.D.(ワシントン大学)
  • Ed.M.(コロンビア大学ティーチャーズカレッジ)
  • M.A.(コロンビア大学ティーチャーズカレッジ)

ホームページURL

J-Global ID

研究キーワード

  • 音楽教育   音楽知覚認知   心理音楽学   音楽心理学   音楽発達心理学   Music Education   Music Perception and Cognition   Psychomusicology   Music Psychology   Developmental Psychology of Music   

研究分野

  • 人文・社会 / 子ども学、保育学
  • 人文・社会 / 実験心理学 / 音楽心理学
  • 人文・社会 / 教育学
  • 人文・社会 / 認知科学

職歴

  • 2019年04月 - 現在 北海道大学 文学研究院 教授
  • 2016年04月 - 現在 北海道大学 脳科学研究教育センター 基幹教員
  • 2010年07月 - 現在 北海道大学 環境健康科学研究教育センター 兼務教員
  • 2005年04月 - 現在 札幌大谷大学 芸術学部音楽科 非常勤講師
  • 2003年04月 - 2019年09月 弘前大学 教育学部 非常勤講師(集中講義)
  • 2012年04月 - 2019年03月 北海道大学 大学院文学研究科 教授
  • 2007年04月 - 2012年03月 北海道大学 大学院文学研究科 准教授
  • 2007年04月 - 2008年03月 新潟大学 人文学部 非常勤講師(集中講義)
  • 2002年 - 2007年 北海道大学(文学研究科) 助教授
  • 2002年 - 2007年 Associate Professor
  • 2002年04月 - 2003年03月 札幌大谷短期大学 音楽学部 非常勤講師
  • 1998年 - 2002年 山梨大学教育人間科学部 助教授
  • 1998年 - 2002年 Associate Professor,Faculty of Education and Human Sciences, Yamanashi University
  • 2000年02月 - 2000年05月 シェフィールド大学音楽学部 招聘講師
  • 2000年 Visiting Lecturer,Department of Music, University of Sheffield
  • 1998年01月 - 1998年03月 ワシントン大学音楽学部 招聘研究員
  • 1998年 Visiting Scholar,Department of Music, University of Washington
  • 1996年01月 - 1997年12月 トロント大学発達心理学センター 研究員
  • 1996年 - 1997年 Researcher,Centre for Research in Child Development at University of Toronto at Mississauga
  • 1983年04月 - 1985年03月 カワイ音楽教室 講師

学歴

  • 1989年10月 - 1995年12月   ワシントン大学大学院 (University of Washington)   音楽研究科 (Department of Music)   心理音楽学 (Psychomusicology)
  •         - 1995年   University of Washington
  • 1987年01月 - 1989年05月   コロンビア大学ティーチャーズカレッジ (Teachers College at Columbia University)   音楽研究科 (Department of Music)   音楽教育学 (Music Education)
  •         - 1989年   Teachers College at Columbia University
  • 1986年01月 - 1987年01月   コロンビア大学ティーチャーズカレッジ (Teachers College at Columbia University)   音楽研究科 (Department of Music)   ピアノ教育法 (Piano Pedagogy)
  •         - 1987年   Teachers College at Columbia University
  • 1979年04月 - 1983年03月   新潟大学   教育学部   特別教科(音楽)教員養成課程
  •         - 1983年   新潟大学

所属学協会

  • European Society for Cognitive Sciences of Music   International Society for Infant Studies   Society for Research in Child Development   北海道心理学会   日本音楽教育学会   日本心理学会   欧州音楽認知科学学会 (European Society for the Cognitive Sciences of Music)   国際乳児学会 (International Society for Infant Studies)   米国発達心理学会 (Society for Research in Child Development)   英国音楽教育・音楽心理学会 (Society for Education, Music and Psychology Research)   日本音楽知覚認知学会   Japan Music Education Society   Japanese Psychological Association   Asia-Pacific Society for Cognitive Sciences of Music   Japanese Society for Music Perception and Cognition   

研究活動情報

論文

  • 小椋 佐奈衣, 安達 真由美
    音楽知覚認知研究 = Journal of music perception and cognition 24 1 3 - 11 日本音楽知覚認知学会 2018年 [査読無し][通常論文]
  • 松田 久美, 安達 真由美
    北海道心理学研究 40 0 1 - 11 北海道心理学会 2018年 [査読無し][通常論文]
     
    <p></p><p>本研究では,トドラーの顔表情による明瞭な刺激と曖昧な刺激の妥当性の検討を目的として,二つの実験を 行った。明瞭な刺激は,どのような人も極めて高い確率で同じような感情の表れとして読み取る「一般的な感 情の読み取り(= 一般性)」の指標であり,曖昧な刺激は,快感情としても不快感情としても読み取られ,感 情の解釈がそれぞれ異なる曖昧な「感情読み取りの個人差(= 個別性)」の指標である。まず実験1では,二 つの学生群と母親群を被験者として,明瞭な刺激 6 点と,曖昧な刺激 8 点を呈示し,「喜び」,「悲しみ」,「嫌悪」, 「怒り」,「驚き」,「恐れ」のうちのどの感情を読み取るかについて回答を求めた。実験2では,70 人の母親を 被験者として,明瞭な刺激 9 点と,曖昧な刺激 8 点を用いて追試実験を行った。これらの実験における結果を 通して,すべての標本が,明瞭な刺激からは特定の感情を読み取り(エントロピー値の低さが反応の散らばり の小ささを示している),曖昧な刺激からは被験者ごとに異なる感情を読み取った(エントロピー値の高さが反 応の散らばりの大きさを示している)。以上により,トドラーの顔表情刺激に対する反応の再現性が実証され, トドラーの顔表情による明瞭な刺激と曖昧な刺激を用いることの内的妥当性及び外的妥当性が確認された。</p><p></p>
  • Haruka Shoda, Mayumi Adachi, Tomohiro Umeda
    PLOS ONE 11 4 e0154322  2016年04月 [査読有り][通常論文]
     
    We investigated how the audience member's physiological reactions differ as a function of listening context (i.e., live versus recorded music contexts). Thirty-seven audience members were assigned to one of seven pianists' performances and listened to his/her live performances of six pieces (fast and slow pieces by Bach, Schumann, and Debussy). Approximately 10 weeks after the live performance, each of the audience members returned to the same room and listened to the recorded performances of the same pianists' via speakers. We recorded the audience members' electrocardiograms in listening to the performances in both conditions, and analyzed their heart rates and the spectral features of the heart-rate variability (i.e., HF/TF, LF/HF). Results showed that the audience's heart rate was higher for the faster than the slower piece only in the live condition. As compared with the recorded condition, the audience's sympathovagal balance (LF/HF) was less while their vagal nervous system (HF/TF) was activated more in the live condition, which appears to suggest that sharing the ongoing musical moments with the pianist reduces the audience's physiological stress. The results are discussed in terms of the audience's superior attention and temporal entrainment to live performance.
  • Expressivity, affective nuance, and presentation modality in a performer-to-audience communication.
    Shoda, H, Adachi, M
    Psychomusicology: Music, Mind, and Brain 26 2 167 - 178 2016年 [査読有り][通常論文]
  • Haruka Shoda, Haruka Shoda, Mayumi Adachi
    Frontiers in Psychology 6 2015年01月 [査読有り][通常論文]
     
    © 2015 Shoda and Adachi. We explore the concept that artists perform best in front of an audience. The negative effects of performance anxiety are much better known than their related cousin on the other shoulder: the positive effects of "social facilitation." The present study, however, reveals a listener's preference for performances recorded in front of an audience. In Study 1, we prepared two types of recordings of Träumerei performed by 13 pianists: recordings in front of an audience and those with no audience. According to the evaluation by 153 listeners, the recordings performed in front of an audience sounded better, suggesting that the presence of an audience enhanced or facilitated the performance. In Study 2, we analyzed pianists' durational and dynamic expressions. According to the functional principal components analyses, we found that the expression of "Träumerei" consisted of three components: the overall quantity, the cross-sectional contrast between the final and the remaining sections, and the control of the expressive variability. Pianists' expressions were targeted more to the "average" of the cross-sectional variation in the audience-present than in the audience-absent recordings. In Study 3, we explored a model that explained listeners' responses induced by pianists' acoustical expressions, using path analyses. The final model indicated that the cross-sectional variation of the duration and that of the dynamics determined listeners' evaluations of the quality and the emotionally moving experience, respectively. In line with human's preferences for commonality, the more "average" the durational expressions were in live recording, the better the listeners' evaluations were regardless of their musical experiences. Only the well-experienced listeners (at least 16 years of musical training) were moved more by the "deviated" dynamic expressions in live recording, suggesting a link between the experienced listener's emotional experience and the unique dynamics in music.
  • The pianist’s acoustical and motional expressions in the live performance of Schumann’s Träumerei.
    Shoda, H, Adachi, M
    Proceedings of the 4th International Symposium on Performance Science 2013年 [査読有り][通常論文]
  • Haruka Shoda, Mayumi Adachi
    Music Perception 29 3 237 - 254 2012年02月 [査読有り][通常論文]
     
    WE EXPLORED HOW A PIANIST MANIPULATES HIS UPPER body according to his interpretation of music. We asked a professional pianist to perform artistic, deadpan, and exaggerated renditions of two structurally contrasting pieces. The pianist's affective interpretations clearly differentiated among the three renditions. The artistic rendition, representing the true nature of the piece, was compared to the contrived deadpan and exaggerated renditions. The pianist's range of body movement in the artistic rendition differed from the other two for a fast, energetic piece, whereas it only differed from the deadpan for a slow, romantic piece. The pianist highlighted the structural contrasts within the artistic rendition by manipulating his range of body movement and by coordinating the variations between body movement and temporal/dynamical projection of tones.
  • The Effects of the listening context on the audience’s perceptions of artistry, expressiveness, and affective qualities in the piano performance.
    Shoda, H, Adachi, M
    Proceedings of the 12th International Conference on Music Perception and Cognition and the 8th Triennial Conference of the European Society for Cognitive Sciences of Music 925 - 929 2012年 [査読有り][通常論文]
  • メロディの潜在記憶 -注意分割課題を用いた検討-.
    伊藤範子, 安達真由美
    日本音楽知覚認知学会平成24年度秋季研究発表会資料集 15 - 20 2012年 [査読無し][通常論文]
  • Effects of melodic structure and meter on the sight-reading performances of beginners and advanced pianists.
    Adachi, M, Takiuchi, K, Shoda, H
    Proceedings of the 12th International Conference on Music Perception and Cognition and the 8th Triennial Conference of the European Society for Cognitive Sciences of Music 5 - 8 2012年 [査読有り][通常論文]
  • Does native language influence the mother’s interpretation of an infant’s musical and linguistic babblings?
    Adachi, M, Falk, S
    Proceedings of the 12th International Conference on Music Perception and Cognition and the 8th Triennial Conference of the European Society for Cognitive Sciences of Music 1 - 4 2012年 [査読有り][通常論文]
  • メロディの潜在記憶 -単純接触効果パラダイムと間接再認手続きを用いた検討-.
    伊藤範子, 松岡和生, 安達真由美
    日本音楽知覚認知学会2011年度秋季研究発表会資料集 65 - 68 2011年 [査読無し][通常論文]
  • 背景音が認知課題成績に及ぼす影響:課題遂行者の性格(内向性・外向性) との交互作用に注目して.
    谷陽祐, 安達真由美
    日本音楽知覚認知学会2011年度秋季研究発表会資料集 59 - 64 2011年 [査読無し][通常論文]
  • 特定の音程と方向が旋律の終止感に及ぼす影響 -十二音音列を用いた検討-.
    小山奈美, 安達真由美
    日本音楽知覚認知学会2011年度秋季研究発表会資料集 37 - 41 2011年 [査読無し][通常論文]
  • Canadian and Japanese preschoolers’ creation of happy and sad songs.
    Adachi, M, Trehub, S. E
    Psychomusicology: Music, Mind, and Brain 21 69 - 82 2011年 [査読有り][招待有り]
  • 日常的な話しかけと歌いかけの文脈における乳児の発声の特徴:事例研究.
    安達真由美, 安藤太一
    日本音楽知覚認知学会平成22年度春季研究発表会資料 1 - 4 2010年 [査読無し][通常論文]
  • Effects of the musical period on the pianist’s body movement: Its time-series relationships with temporal expressions.
    Proceedings of the 11th International Conference on Music Perception and Cognition [CD-ROM] 843 - 848 2010年 [査読有り][通常論文]
  • Time-series analysis of relationships between the pianist’s body movement and the temporal expression for Romantic pieces.
    Proceedings of the 2nd International Conference on Music Communication Science 137 - 140 2009年 [査読有り][通常論文]
  • 正田悠, 中村敏枝, 安達真由美
    ヒューマンインタフェースシンポジウム論文集(CD-ROM) 2008 ROMBUNNO.1123 - 36 2008年09月 [査読有り][通常論文]
  • Emotional communication of a pianist's intended expression via acoustical and visual information.
    Shoda, H, Nakamura, T, Draguna, R. M, Kawase, S, Katahira, K, Yasuda, S, Adachi, M
    Proceedings of the 10th International Conference on Music Perception and Cognition (pp. 729-733). [1/1 (CD-ROM)] 517 - 520 2008年 [査読有り][通常論文]
  • Japanese college students’ emotional responses to J-POP-like songs on physiological and psychological measures.
    Proceedings of the 10th International Conference on Music Perception and Cognition [1/1 (CD-ROM)] . 490 - 495 2008年 [査読有り][通常論文]
  • The role of musical environment at home in the infant’s development (Part 1): Japanese mother’s understanding and practice of taikyo and its effects on the mother’s labor and the infant’s development.
    Proceedings of the 10th International Conference on Music Perception and Cognition [1/1 (CD-ROM)]. 752 - 757 2008年 [査読有り][通常論文]
  • The role of musical environment at home in the infant’s development (Part 2): Exploring effects of early musical experiences on the infant’s physical and motor development during the first 2 years.
    Proceedings of the 10th International Conference on Music Perception and Cognition [1/1 (CD-ROM)]. 757 - 757 2008年 [査読有り][通常論文]
  • The role of musical environment at home in the infant’s development (Part 4): Japanese mothers’ involvement in music and its effects on parenting.
    Proceedings of the 10th International Conference on Music Perception and Cognition (pp. 729-733). [1/1 (CD-ROM)] 729 - 733 2008年 [査読有り][通常論文]
  • 歌に対する感情反応における歌詞と曲の効果.
    岩井香織, 安達真由美
    日本音楽知覚認知学会2006年度秋季研究発表会資料集 57 - 62 2006年 [査読無し][通常論文]
  • 日本人大学生の拍子知覚における学校音楽教育と学校外音楽学習の影響.
    尾山和之, 安達真由美
    日本 音楽知覚認知学会2006年度春季研究発表会資料集 23 - 28 2006年 [査読無し][通常論文]
  • 安達 真由美, 中田 隆行
    音楽知覚認知研究 12 1 57 - 70 日本音楽知覚認知学会 2006年 [査読無し][招待有り]
  • Carlsen James C, 安達 真由美
    音楽教育実践ジャーナル 3 1 6 - 15 日本音楽教育学会 2005年08月 [査読無し][招待有り]
  • M Adachi, SE Trehub, J Abe
    JAPANESE PSYCHOLOGICAL RESEARCH 46 4 322 - 336 2004年11月 [査読有り][通常論文]
     
    We explored children's and adults' ability to perceive the emotional intent of sung performances by Canadian children who were 8-10 years old. Experiment 1 revealed that Canadian listeners were more accurate on happy renditions than on sad renditions of songs and on skilled ("good") than on unskilled ("ordinary") performances. Moreover, children's accuracy was greater than that of adults. In Experiment 2, Japanese children and adults with limited comprehension of spoken English successfully perceived the expressive intentions of Canadian children, but they were more accurate on sad renditions than on happy renditions. Japanese children performed better than adults, but only on the sad renditions. Moreover, the accuracy of Japanese children and adults was greater for skilled than for unskilled singers, but only on happy renditions. Finally, expressive cues in children's sung performances were predictive of accuracy regardless of the age or the cultural background of listeners (Experiment3).
  • Perception of the intended emotions in Japanese children’s songs.
    Proceedings of the 18th International Congress on Acoustics [1/1 (CD-ROM)] IV 2725 - 2728 2004年 [査読有り][通常論文]
  • 「幼児の自作歌に見られる情動表現」
    『音楽心理学音楽療法研究年報』 32 3 - 10 2003年 [査読無し][招待有り]
  • EG Schellenberg, M Adachi, KT Purdy, MC McKinnon
    JOURNAL OF EXPERIMENTAL PSYCHOLOGY-GENERAL 131 4 511 - 537 2002年12月 [査読有り][通常論文]
     
    Melodic expectancies among children and adults were examined. In Experiment 1, adults, 11-year-olds, and 8-year-olds rated how well individual test tones continued fragments of melodies. In Experiment 2, 11-, 8-, and 5-year-olds sang continuations to 2-tone stimuli. Response patterns were analyzed using 2 models of melodic expectancy. Despite having fewer predictor variables, the 2-factor model (E. G. Schellenberg, 1997) equaled or surpassed the implication-realization model (E. Narmour, 1990) in predictive accuracy. Listeners of all ages expected the next tone in a melody to be proximate in pitch to the tone heard most recently. Older listeners also expected reversals of pitch direction, specifically for tones that changed direction after a disruption of proximity and for tones that formed symmetric patterns.
  • 安達 真由美, 中島 祥好
    音楽知覚認知研究 8 2 93 - 108 日本音楽知覚認知学会 2002年 [査読無し][招待有り]
  • Children's imagination in music.
    Proceedings of the 17th Congress of International Association of Empirical Aesthetics. 457 - 462 2002年 [査読有り][通常論文]
  • Infants encountering music: An exploration of musical affordances.
    Proceedings of the 7th International Conference on Music Perception and Cognition. [CD-ROM] 454 - 456 2002年 [査読有り][通常論文]
  • Knowledge- and skill-transfer into preschool children’s song making activities.
    Proceedings of the Third Asia-Pacific Symposium on Music Education Research, Vol. I 33 - 36 2001年 [査読有り][通常論文]
  • 日本人児童の情動表現— 物語と歌詞の内容から—.
    安達 真由美
    日本音楽知覚認知学会平成12年度秋季研究発表会資料集 65 - 68 2000年 [査読無し][通常論文]
  • Vygotsky's theory and musical development.
    Annual of Music Psychology and Therapy 29 13 - 19 2000年 [査読無し][招待有り]
  • 全員参加の音楽づくりをめざして.
    安達真由美, 茅野紫
    教育実践学研究 6 25 - 35 2000年 [査読無し][通常論文]
  • ヴィゴツキーの理論と音楽的発達.
    音楽心理学音楽療法研究年報 29 13 - 19 2000年 [査読無し][招待有り]
  • Adachi, M, Trehub, S. E
    Music Perception 18 2 213 - 224 2000年 [査読有り][通常論文]
     
    Adults and children were exposed to separate visual and auditory cues from paired renditions of familiar songs by young, untrained singers who attempted to express happiness and sadness. Same-age children and adults decoded the expressive intentions of 8- to 10-year-old singers with comparable accuracy (Experiment 1). For performances by 6- to 7-year-old singers, same-age children were less accurate decoders than were adults (Experiment 2). The younger performers also provided poorer cues to the intended emotion than did the older performers. Moreover, 6- to 7year-olds were less accurate than 8- to 10-year-olds at decoding the performances of 8- to 10-year-old singers (Experiment 3). The findings indicate that, although young children successfully produce and interpret happy and sad versions of familiar songs, 6- to 7-year-old children are less proficient than are 8- to 10-year-old children and adults. © 2000 by the regents of the university of california all rights reserved.
  • Musical emotion in the songs of Canadian children.
    Adachi, M, Trehub, S. E
    日本音楽知覚認知学会1999年度秋季研究発表会資料集 69 - 74 1999年 [査読無し][通常論文]
  • Children’s communication of emotion in song.
    Music, Mind and Science 454 - 465 1999年 [査読有り][招待有り]
  • Perception of emotional qualities in the songs of Canadian children.
    Adachi, M, Trehub, S. E
    日本音楽知覚認知学会平成10年度秋季研究発表会資料集 55 - 62 1998年 [査読無し][通常論文]
  • Mayumi Adachi, Sandra E. Trehub
    Psychology of Music 26 2 133 - 153 1998年 [査読有り][通常論文]
     
    Children 4-12 years of age (N = 160) were recorded (audio and video) as they sang two versions of a familiar song, once in an attempt to make an adult listener happy and once to make her sad. Coding of gestural, vocal, linguistic and musical devices revealed that children used all of these means to portray contrastive emotions. Regardless of age or singing skill, children relied primarily on expressive devices used in interpersonal communication (e.g. tempo, facial expression) and made relatively little use of music-specific devices (e.g. legato). Moreover, they used a greater variety of expressive devices in their sad performances than in their happy performances. Finally, age-related changes reflected the influence of maturity, socialisation and musical knowledge. © 1998 by the Society for Research in Psychology of Music and Music Education.
  • Perception of emotional qualities in children’s singing: Cross-cultural perspectives.
    Adachi, M, Fallon, M, Trehub, S. E
    Searching for a New Paradigm of Music Education Research: An International Perspective 55 - 63 1998年 [査読有り][通常論文]
  • 安達 真由美
    音楽教育学 27 1 25 - 36 日本音楽教育学会 1997年06月 [査読有り][通常論文]
  • Cross-cultural study of symbolic representations of rhythm between American and Japanese elementary school children.
    Japanese Journal of Music Education Research 27 1 25 - 36 1997年 [査読有り][通常論文]
  • Japanese children’s use of linguistic symbols in depicting rhythm patterns.
    Proceedings of the Fourth International Conference for Music Perception and Cognition 413 - 418 1996年 [査読有り][通常論文]
  • Measuring melodic expectancies with children.
    Adachi, M, Carlsen, J. C
    Council for Research in Music Education 127 1 - 7 1995年 [査読有り][通常論文]
  • The role of the adult in the child's early musical socialization: A Vygotskian perspective.
    The Quarterly: Journal of Music Teaching & Learning 5 3 26 - 35 1994年 [査読有り][通常論文]
  • Melodic expectancy development in musical children.
    Proceedings of the Third International Conference for Music Perception and Cognition 143 - 144 1994年 [査読有り][通常論文]
  • Development of young children's music reading via instruction.
    Proceedings of the Fifth Early Childhood Music Education Seminar 83 - 107 1992年 [査読有り][通常論文]

書籍

  • 美しさと魅力の心理
    安達 真由美 (担当:分担執筆範囲:II-19: 音楽にともなう身体の動き (pp. 110-111); II-20: 音楽の魅力とは? (pp. 112-113))
    ミネルヴァ書房 2019年10月
  • The Oxford Handbook of Children's Musical Cultures
    ADACHI Mayumi (担当:共著範囲:The nature of music nurturing in Japanese preschools (pp. 449-465))
    Oxford University Press 2013年
  • ADACHI Mayumi, Chee-Hoo Lum, Peter Whiteman (担当:共著範囲:Chapter 7: Incorporating formal lesson materials into spontaneous musical play (pp. 133-160).)
    Information Age Publishing 2012年06月 (ISBN: 161735774X) 276
  • The Oxford Handbook of Music Education (Volume 1)
    ADACHI Mayumi, TREHUB Sandra E (担当:共著範囲:Musical lives of infants (pp. 229-247))
    Oxford University Press 2012年
  • 安達 真由美, 安達 真由美, 小川 容子, 小川 容子, R.パーンカット, G.E.マクファーソン (担当:監修)
    誠信書房 2011年09月 (ISBN: 4414306264) 432
  • 冨田 康之, 千葉 惠, 川口 暁弘, 櫻井 義秀, 安達 真由美, 鈴木 幸人, 津田 芳郎, 武田 雅哉, 千葉 惠 (担当:共著)
    北海道大学出版会 2011年04月 (ISBN: 4832933779) 220
  • A study of healthy being: From interdisciplinary perspectives
    ADACHI Mayumi (担当:共著範囲:Music and well-being: Paradox between “wellness” and “illness” in western art music (pp. 104-116))
    Azusa Syuppan 2010年03月
  • 音楽教育学の未来
    安達真由美, 吉本有 (担当:共著範囲:大学生の日常生活における選択的音楽聴取の検討 (pp. 84-97))
    音楽之友社 2009年10月
  • 認知科学への招待2ー心の研究の多様性を探る
    安達 真由美 (担当:共著範囲:音楽の意味を科学する (pp. 148-166))
    研究社 2006年12月
  • 心を測る
    安達 真由美 (担当:共著範囲:認知機能の発達(pp. 161-179))
    八千代出版 2005年04月
  • Adachi, M, Chino, Y, Sing Lau, Anna H, H. Hui, Grace Y. C. Ng (担当:共著範囲:Inspiring creativity through music.)
    World Scientific Pub Co Inc 2004年09月 (ISBN: 9812388265) 431
  • 日本音楽教育事典
    安達 真由美 (担当:分担執筆範囲:音楽的発達、乳児期の音楽的発達、児童期の音楽的発達、青年期の音楽的発達、音楽の認知、音の記憶、音楽テスト、早期教育、音楽教育学の方法)
    音楽之友社 2004年
  • 認知科学辞典
    安達 真由美 (担当:分担執筆範囲:音楽発達、音楽能力、音楽適正・能力検査)
    共立出版 2002年
  • 音楽教育学研究(1)音楽教育の理論研究
    安達真由美, サンドラ E. トレハブ (担当:共著範囲:情動概念によって引き出される子どもの創造性—創造的音楽づくりへの提言—(pp. 46-57))
    音楽之友社 2000年04月
  • Music, Mind and Science
    ADACHI Mayumi, TREHUB Sandra E (担当:共著範囲:Children’s communication of emotion in song (pp. 454-465))
    Seoul National University Press 1999年

講演・口頭発表等

  • 小椋 佐奈衣, 安達 真由美
    日本心理学会大会発表論文集 2018年
  • 小椋 佐奈衣, 安達 真由美
    北海道心理学研究 2018年
  • 胎児期から乳児期における音楽のアフォーダンス.  [招待講演]
    安達 真由美
    日本認知科学会「芸術と情動」研究分科会 シンポジウム「子どもと音楽」 2017年10月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • 浅羽 みなみ, 星 英仁, 安達 真由美
    北海道心理学研究 2017年
  • 草薙 恵美子, 星 信子, 安達 真由美, 陳 省仁, 高村 仁知
    日本教育心理学会総会発表論文集 2014年
  • 星 信子, 草薙 恵美子, 陳 省仁, 安達 真由美, 高村 仁知
    日本教育心理学会総会発表論文集 2014年
  • 草薙 恵美子, 星 信子, 高村 仁知, 安達 真由美, 陳 省仁, 大石 正
    日本教育心理学会総会発表論文集 2012年11月
  • 星 信子, 草薙 恵美子, 高村 仁知, 安達 真由美, 陳 省仁, 大石 正
    日本教育心理学会総会発表論文集 2012年11月
  • 音楽に対する身体動作:パス解析を利用した身体動作メカニズムの解明.  [通常講演]
    谷陽祐, 鈴木智尋, 安達真由美
    第40回Young Perceptionists' Seminar (YPS2012), 札幌, 山渓苑. 2012年09月 口頭発表(一般)
  • シューマン「トロイメライ」の音響・身体表現に聴衆の存在が及ぼす影響.  [通常講演]
    正田悠, 安達真由美
    第40回Young Perceptionists' Seminar (YPS2012), 札幌, 山渓苑. 2012年09月 口頭発表(一般)
  • Does an Icelandic woman know when a Japanese toddler sings?  [通常講演]
    Adachi, M, Gudmundsdottir, H. R
    The 4th Annual Conference of AIRS (Advanced Interdisciplinary Research in Singing), UPEI, Charlottetown, Canada. 2012年08月 口頭発表(一般)
  • 音楽コミュニケーション  [招待講演]
    安達 真由美
    砂川市市民大学講演会 2012年06月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 松田久美, 安達真由美
    日本発達心理学会大会論文集 2012年02月 口頭発表(一般)
  • 認知課題遂行時における無意識的な身体の動き:高覚醒音楽を背景として  [通常講演]
    谷陽祐, 安達真由美
    日本心理学会第76回大会発表論文集. 2012年 ポスター発表
  • ピアノ演奏における聴衆の心拍変動に聴取文脈が及ぼす影響: コンサート場面と音のみ聴取場面の比較  [通常講演]
    正田悠, 安達真由美
    日本心理学会第76回大会発表論文集. 2012年 ポスター発表
  • Effects of interactions with young children on Japanese women’s interpretation of musical babblings.  [通常講演]
    ADACHI Mayumi
    the 2011 Meeting of the Society for Music Perception and Cognition, Rochester, NY, USA. 2011年08月 口頭発表(一般)
  • 今田 匡彦, 河野 美砂子, 安達 真由美
    音楽教育学 2011年 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • Can prospective parents differentiate between an infant’s musical and linguistic babblings?  [通常講演]
    安達 真由美
    at the 11th International Conference on Music Perception and Cognition, Seattle, WA, USA. 2010年08月 口頭発表(一般)
  • How do mothers differentiate between a toddler’s musical and linguistic babblings?  [通常講演]
    ADACHI Mayumi
    the 29th ISME World Conference 2010, Beijing, China. 2010年08月 口頭発表(一般)
  • 正田 悠, 安達 真由美
    日本心理学会大会発表論文集 2010年
  • 乳児のひとり遊びに見られる音楽との潜在的・顕在的相互作用について  [招待講演]
    安達 真由美
    北海道大学数学連携サロン 2009年12月 口頭発表(招待・特別)
  • A possible role of the caregiver in the early acquisition of the infant's musical babbling.  [招待講演]
    ADACHI Mayumi
    The 10th Symposium on the Cultural Formation of Responsibility, Kyoto University, Japan. 2009年12月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • 1歳児向け音楽レッスンに参加する母親の育児意識、母親自身の音楽との関わり方、及び音楽レッスンへの期待について.  [通常講演]
    安達真由美, 松田久美, 岩井香織, 寺田良紀
    日本音楽教育学会第40回大会 2009年10月 口頭発表(一般)
  • ピアニストの身体動作と演奏音の時間的表現の時系列分析: ロマン派楽曲の演奏から.  [通常講演]
    正田悠, 安達真由美
    第37回Young Perceptionists' Seminar (YPS2009), 軽井沢文化山荘. 2009年09月 口頭発表(一般)
  • ピアノ演奏者の表現意図の違いによる演奏音の音響特性ならびに演奏者の身体動作の変化: 事例研究.  [通常講演]
    正田悠, 安達真由美
    日本心理学会第73回大会発表論文集, 771. 2009年08月 ポスター発表
  • A Japanese infant’s vocal features in daily contexts of infant-directed speech and song: A case study.  [通常講演]
    Adachi, M, Ando, T
    the 1st Annual Conference AIRS Advanced Interdisciplinary Research in Singing, UPEI, Charlottetown, Canada. 2009年06月 口頭発表(一般)
  • 松田 久美, 安達 真由美
    日本教育心理学会総会発表論文集 2008年09月
  • Happy versus Sad—子どもはどう歌に託すのか?-  [通常講演]
    安達 真由美
    北海道大学大学院文学研究科平成20年度公開講座 2008年07月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 岩井香織, 安達真由美
    北海道心理学研究 2008年05月 口頭発表(一般)
  • 正田 悠, 中村 敏枝, 安田 晶子, 森 数馬, 安達 真由美
    日本心理学会大会発表論文集 2008年
  • 正田 悠, 中村 敏枝, 安田 晶子, 森 数馬, 安達 真由美
    日本認知心理学会発表論文集 2008年 口頭発表(一般) 
    正田ら(2007)は、《機械的》《芸術的》《誇張的》を意図した演奏を、一般の大学生に多次元的尺度を用いて評定させる実験を行い、《芸術的》演奏がその曲の情動的特徴をはっきりと伝達する演奏であったことを示した。これらの傾向は音楽的素養の高い聴取者とそうではない聴取者では異なると考えられる。そこで、本研究では楽器演奏経験の豊富な聴取者を音楽的素養の高い聴取者とみなし、大阪大学の学生130名を対象に行った聴取実験から、楽器経験の豊富な聴取者(41名)と楽器経験の少ない聴取者(42名)の印象評定をそれぞれ分析した。結果、楽器演奏経験に拘らず、印象評定の基本的パターンはほぼ同じであったが、正田ら(2007)で見られた、《芸術的》演奏がその曲の特徴をよりはっきりと伝達する、という傾向は、楽器演奏経験の豊富な聴取者の方でより顕著であった。
  • 音楽は乳児に何を提供するのか—音楽のアフォーダンス-  [招待講演]
    安達 真由美
    日本女子大学坪能研究室 2007年12月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • Effects of Language Culture and Educational Method in Children’s Depiction of Rhythm Patterns.  [招待講演]
    ADACHI Mayumi
    The 3rd Baby Forum: Development of Music Cognition and Concepts, Tamagawa University, Japan. 2007年03月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • How do Canadian and Japanese Children Express Happiness and Sadness via Their Songs?  [招待講演]
    ADACHI Mayumi
    The 3rd Baby Forum: Development of Music Cognition and Concepts, Tamagawa University, Japan. 2007年03月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • 尾崎知世, 安達真由美
    北海道心理学研究 2006年09月 口頭発表(一般)
  • Japanese home environments and infants’ spontaneous responses to music: Initial reports.  [通常講演]
    ADACHI Mayumi
    he 9th International Conference on Music Perception and Cognition, Bologna, Italy. 2006年08月 口頭発表(一般)
  • Toward Fostering Creativity through a Music-making Mind  [招待講演]
    ADACHI Mayumi
    The Third International Symposium on Child Development, “Creativity and Play: power, purpose, possibilities,” Hong Kong Baptist University. 2006年07月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • 小嶋 祥三, 桑野 園子, 安達 真由美, 唐沢 穣, 繁桝 算男
    日本心理学会大会発表論文集 2006年
  • Effects of Specialist Musical Training on Melodic Expectancy Profiles.  [通常講演]
    Adachi, M, Ozaki, C
    the 2nd Asia-Pacific Symposium on Cognitive Science of Music, Ewha Woman’s University, Seoul, Korea. 2005年08月 口頭発表(一般)
  • グループ活動にみる作曲プロセスの発達—小1・小4・中1におけるフィールド実験を通して—.  [通常講演]
    安達 真由美
    日本音楽教育学会第35回大会. 2004年11月 口頭発表(一般)
  • Non-musician’s expression of emotion in music: How do Japanese manipulate a familiar song?  [通常講演]
    Adachi, M, Ise, A
    the 8th International Conference on Music Perception & Cognition, Evanston, IL, USA. 2004年08月 口頭発表(一般)
  • Memorial symposium for Takao Umemoto.  [通常講演]
    Adachi, M, Ohgushi, K, Deutsch, D, Nakata, T, Davidson, J. W, Burland, K
    Symposium at the 8th International Conference on Music Perception & Cognition, Evanston, IL, USA. 2004年08月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • Developmental and cross-cultural perspectives on singing.  [招待講演]
    Adachi, M
    Invited Symposium: Music across the life-span at the 28th International Congress of Psychology, Beijing, China. 2004年08月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • 五十嵐めぐみ, 安達真由美
    日本心理学会大会発表論文集 2003年08月
  • 安達真由美
    日本心理学会大会発表論文集 2002年08月
  • Creative music making for everyone: “Making music is easy!”  [通常講演]
    Adachi, M, Chino, Y, Fukazawa, K
    Creativity: A Moment of Aha! (The Second International Symposium on Child Development), Hong Kong Baptist University. 2001年06月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募)
  • Children:s melodic expectancies: A cross-cultural perspective.  [通常講演]
    ADACHI Mayumi
    the International Workshop of the Japanese Society for Music Perception and Cognition, Kyushu Institute of Design, Fukuoka, Japan. 2001年05月 口頭発表(一般)
  • 日常的学習と音楽的発達  [招待講演]
    安達 真由美
    北海道大学認知過程研究会 2001年04月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • Why can’t Japanese elementary school children make up songs?  [通常講演]
    Proceedings of the Third Asia-Pacific Symposium on Music Education Research, Vol. II 2001年
  • 音楽的発達とインターベンション  [招待講演]
    安達 真由美
    第32回音楽心理学音楽療法懇話会全国大会 2000年12月 口頭発表(基調)
  • 子どもにとって音楽的発達とは?  [招待講演]
    安達 真由美
    広島大学教育学部高須研究室 2000年06月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 小川 容子, 安達 真由美, 高須 一
    音楽教育学 2000年01月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • ワークショップ:音楽知覚認知研究を巡る状況.  [通常講演]
    中島祥好, 星野悦子, 安達真由美, 大浦容子他
    日本心理学会第63回大会 1999年09月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • Characteristics and the origin of melodic expectancies during early childhood.  [通常講演]
    ADACHI Mayumi
    Perspectives of Music, the Mind, and Education (Society for Research in Psychology of Music and Music Education), Cambridge, UK. 1996年03月 口頭発表(一般)
  • Children’s Creative Music Making through Peer Collaborations.  [招待講演]
    ADACHI Mayumi
    Invited Lecture at the University of Leicester, UK 1996年03月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • Children’s expressive devices in singing.  [通常講演]
    Proceedings of the Fourth International Conference for Music Perception and Cognition 1996年
  • Effects of scale step upon the listener's expectancy for reversal structures.  [通常講演]
    Adachi, M, Carlsen, J. C
    The Annual Conference of the Society for Music Perception and Cognition, Philadelphia, USA. 1993年06月 口頭発表(一般)
  • The transferential mode of music reading: evidence of the efficacy of a spiral learning curriculum for the development of preschool children's music reading.  [通常講演]
    ADACHI Mayumi
    Washington Music Educators Association, Tacoma, WA, USA. 1992年02月 口頭発表(一般)
  • Western Influences in Japanese Pop Music  [招待講演]
    ADACHI Mayumi
    Invited Workshop for Highschool Students, University of Washington, USA. 1991年 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • Knowledge organization and problem solving strategies in piano instruction.  [通常講演]
    ADACHI Mayumi
    The 33rd Annual Meeting of the College Music Society, Washington D. C., USA. 1990年10月 口頭発表(一般)

その他活動・業績

  • 今田 匡彦, 河野 美砂子, 安達 真由美, 若尾 裕 音楽教育学 41 (2) 42 -49 2011年 [査読無し][招待有り]
  • ペース先生へ書きたかった手紙.
    安達 真由美 ペース・メソッド研究会ジャーナル 44 15 -16 2010年 [査読無し][招待有り]
  • 安達 真由美 音楽知覚認知研究 16 (1) 25 -27 2010年 [査読無し][招待有り]
  • Proceedings of the 10th International Conference on Music Perception and Cognition (CDROM).
    MIYAZAKI, K, HIRAGA, Y, ADACHI, M ICMPC10. 2008年 [査読無し][通常論文]
  • 安達 真由美 音楽知覚認知研究 13 (1) 43 -46 2007年 [査読無し][通常論文]
  • 安達 真由美, 小泉 恭子 音楽教育実践ジャーナル 3 (1) 4 -5 2005年 [査読無し][通常論文]
  • 安達 真由美 初等教育資料 (779) 56 -59 2004年03月 [査読無し][招待有り]
  • 「第3回アジア太平洋音楽教育シンポジウム」に関わって.
    安達 真由美 ペース・メソッド研究会ジャーナル 23 3 -4 2002年 [査読無し][招待有り]
  • “モペット”の秘密.
    安達 真由美 ペース・メソッド研究会ジャーナル 23 28 -34 2002年 [査読無し][招待有り]
  • 安達 真由美, 高須 一, 水戸 博道, 中田 隆行, 小川 容子 音楽教育学 31 (4) 1 -11 2002年 [査読無し][通常論文]
  • 音楽教育研究における量的(実証的)研究と質的(解釈論的)研究—その対立の構図を巡って—.
    小川容子, 安達真由美, 高須一他 音楽教育学 29 (3) 7 -11 2000年 [査読無し][通常論文]
  • James C. Carlsen: The Need to Know に何を学ぶか.
    安達 真由美 音楽教育研究ジャーナル 13 15 -16 2000年 [査読無し][通常論文]
  • 英国シェフィールド大学音楽学部における学術と芸術の融合.
    安達 真由美 日本音楽知覚認知学会平成12年度春季研究発表会資料集 57 -58 2000年 [査読無し][通常論文]
  • コミュニティー・コンサートのすすめ
    安達 真由美 第5回「育の会」コンサート “Le Concert Grandissant” プログラム 2000年 [査読無し][招待有り]
  • 小川 容子, 安達 真由美, 高須 一 音楽教育学 29 (3) 7 -11 2000年01月 [査読無し][通常論文]
  • 音楽における社会心理学的研究の動向.
    安達 真由美 音楽知覚認知研究 5 (1) 56 -59 1999年 [査読有り][通常論文]
  • ペース・メソッドと発達・教育心理学 (Part I).
    安達 真由美 ペース・メソッド研究会ジャーナル (11) 4 -9 1999年 [査読無し][招待有り]
  • ペース・メソッドと発達・教育心理学 (Part II).
    安達 真由美 ペース・メソッド研究会ジャーナル (12) 2 -7 1999年 [査読無し][招待有り]
  • 平成10年度教大協全国大会報告.
    安達 真由美 CMC:音楽文化の創造 10 77 -80 1998年 [査読無し][招待有り]

受賞

  • 1993年 University of Washington Systematic Musicology Writing Awards
     "The role of the adult in the child’s early musical socialization: A Vygotskian perspective" 
    受賞者: ADACHI Mayumi

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 歌唱能力の発達を測定するための国際的歌唱テストの開発
    Social Sciences and Humanities Research Council of Canada:国際共同研究 (AIRS)
    研究期間 : 2010年04月 -2016年03月 
    代表者 : Annabel Cohen
  • 歌唱に関する国際的データベース作成
    Social Sciences and Humanities Research Council of Canada:国際共同研究 (AIRS)
    研究期間 : 2010年04月 -2016年03月 
    代表者 : Annabel Cohen
  • 乳児の音楽的喃語と言語的喃語の発達における親の役割について
    Social Sciences and Humanities Research Council of Canada:国際共同研究 (AIRS)
    研究期間 : 2009年04月 -2016年03月 
    代表者 : Annabel Cohen
  • 子どもの情緒・認知・創造性・社会性における音楽学習の効果
    (株)エルム楽器:共同研究
    研究期間 : 2007年04月 -2016年03月 
    代表者 : 安達 真由美
  • 文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
    研究期間 : 2013年 -2014年 
    代表者 : 安達 真由美
     
    本研究が目指す最終目的は、妊婦と胎児にとって音楽が果たす生態学的役割について解明することである。それは、古代中国の時代から「養生的胎教」(李,2010)と呼ばれてきた概念(妊婦の健康管理が胎児の健康・発育に影響を与えるとする考え方)や、最近の実証的研究に基づく理論的枠組みである「胎児起源 Fetal Origin(Paul, 2010)、すなわち、出生後の子どもの体質や食の好み、心理的特性が胎児期の経験に由来するという理論につながっている。近年、音楽が健康に与える様々な効用(McDonald et al.,2012)が明らかになってきているが、本応募課題では、特に妊婦と胎児に焦点を当て、妊娠中の音楽の効用に関するメカニズムに迫る。具体的には、音楽に対する妊婦の反応とそれに影響を与える妊婦の個人特性との関連性を明らかにした上で、妊婦だけが音楽を聴いているときと胎児だけが音楽に接触しているときの、胎児の反応を比較検討することを目的としている。具体的には、妊娠週数に基づき、胎児の発達レベルを「聴覚形成前・胎動感有(18~22 週)」、「聴覚形成期(23~27 週)」「聴覚完成期(28~32 週)」「聴覚完成後(33~36 週)」の5段階に分け、各段階に該当する妊婦20 人(計80 人)を対象に、妊婦・胎児それぞれから次のデータを採集し、分析・検討している。妊婦:「実験前後の気分測定(POMS 短縮版)」「音楽聴取前後の唾液中ストレスマーカー(アミラーゼ)測定」「楽しさ、優しさ、悲しさを表現している楽曲聴取時の連続心拍測定」「各楽曲に対する印象評価」「成人用気質調査票短縮版(ATQ-Short)」「食事調査票」「ストレス回避・解消行動調査票」「一般参加者情報のための質問紙(音楽経験含む)」胎児:「振動音響刺激検査(胎児心拍パターンの確認)」「超音波診断装置による胎児の映像録画」
  • 文部科学省:科学研究費補助金
    研究期間 : 2011年 -2013年 
    代表者 : 小川 容子, 安達 真由美
     
    本研究では、小学生の「音楽鑑賞リテラシー力」向上のための教授方略の開発をおこない、教育現場の実態を踏まえた授業モデルの提案をおこなった。附属小学校での数回にわたる提案授業と検証授業をおこないながら、現代音楽を用いた鑑賞授業の具体的な指導計画の構築と提案をした。授業の前後のプレテスト・ポストテストの結果、プレテストでは、現代音楽の特徴に気づく子どもたちは半数以下であるが、繰り返しがどのように変化・発展しているのかを丁寧に聴き比べ理解を深めることで、現代音楽の深部の特徴に気づき、ポストテストでは、現代音楽の中で使われている作曲家の匠のワザに気づく子どもたちが8割にのぼることが明らかになった。
  • 文部科学省:科学研究費補助金
    研究期間 : 2011年 -2013年 
    代表者 : 草薙 恵美子, 高村 仁知, 安達 真由美, 陳 省仁, 星 信子, 大石 正
     
    3つのコホートの幼児期気質の時代変化、幼稚園児と保育所児の気質の違い、心理社会的要因及び環境化学物質と気質の関連を検討するため、質問紙調査、リアルタイムネットインタビュー、子どもの毛髪金属分析を行った。質問紙調査の結果では、現在の子どもの気質は1992年と違いはなく、2002年の幼児の気質のみが他の年代と比べてやや異なっていた。また、保育所児の方が外向性・高潮性が高かった。ネットインタビューと紙面調査により得られた家庭環境と気質データの関連を検討したところ、気質は兄弟姉妹の有無や家庭生活での身体的凝集性と関連していた。また、母親妊娠中、及び現在の子どもの食生活が気質と関連することが判明した。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
    研究期間 : 2011年 -2012年 
    代表者 : 安達 真由美, 水上 尚典, 半田 康, 多賀 昌江
     
    本研究は、胎児の音や音楽に対する反応に胎児自身の特性と母親の特性がどう関わっているのか、実験的かつ縦断的に探究することを目的としている。1. 妊婦対象実験: 妊婦向けセミナー等を通じてリクルートし同意書に署名した妊婦54人を対象に次の実験を行った。(a)妊婦の気分測定:「POMS短縮版」で音楽聴取前後における気分を測定。(b)妊婦の唾液中ストレスマーカー測定:実験中5回唾液中アミラーゼを測定。(c)妊婦の心拍測定:ベースラインと各音楽タイプ聴取時の平均心拍の差を比較。(d)楽曲に対する印象評価と気分の自己評価:妊婦の心拍測定終了後、使用した楽曲すべてを再提示し、それぞれについて曲の印象等について評定させた。(e)妊婦の気質測定:「成人気質調査票短縮版」で測定。(f)その他:データ分析の結果を解釈する際に必要になると思われ趣味、教育・経済レベルなどについての質問紙調査。(g)上記の測定値それぞれについて、妊娠週数、妊婦の気質、趣味の違い等、個人特性と考えられる変数との関連性を分析中である。2. 胎児対象実験:1の実験に参加した妊婦のうち、胎児をエコーで追う実験への協力に同意した妊婦17人を対象に、次の実験を行った。(a)基線変動パターンの測定(wellbeingの確認)。(b)振動音刺激に対する基線変動の測定(覚醒度の確認、鋭敏性の測定)(c)胎児の動きの変化の測定:妊婦の平静時と、妊婦のヘッドフォンでの音楽聴取時、音楽のスピーカー提示時における胎児の動きを録画。(d)妊婦の測定:1と同様に気分、唾液中アミラーゼ、楽曲提示中の心拍変動、楽曲に対する印象等について測定。(e)上記bとcについて、妊娠週数や妊婦の気質、ストレスレベル、心拍変動等との関連性について分析中である。3. 成果発表:本実験で使用する音楽の感情タイプを確認するために行った予備実験の結果を国際学会で発表した。
  • A longitudinal study on how individual differences affect fetal and pregnant women's respones to music
    Grant-in-Aid for Scientific Research
    研究期間 : 2011年
  • Global Test Battery in Singing
    International Joint Research Projects (AIRS)
    研究期間 : 2010年
  • Multimodal analysis on singing
    International Joint Research Projects (AIRS)
    研究期間 : 2010年
  • The role of parents in the development of the infant's musical and linguistic babbings
    International Joint Research Projects (AIRS)
    研究期間 : 2009年
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2006年 -2008年 
    代表者 : 安達 真由美, 松田 久美
     
    本研究は、30組の母子を対象に、子どもが生後3, 6, 9, 12, 18, 24ヶ月の時に家庭を訪問し、母親への面接調査と子どもへのフィールド実験を行った。胎児期から生後24ヶ月までの育児環境の変化と家庭の音楽環境の変化、子どもの音楽への反応の変化、子どもの運動機能発達の様相を縦断的に追った。
  • Effects of formal music learning on children's emotional, cognitive, creative, and social development.
    Cooperative Research
    研究期間 : 2007年
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(A))
    研究期間 : 2003年 -2006年 
    代表者 : 阿部 純一, 菱谷 晋介, 吉野 巌, 安達 真由美, 星野 悦子, 岡田 顕宏, 後藤 靖宏
     
    本研究では、音の流れは心内でどのような処理を経て"音楽"として認知されるのか、また、音楽に対する情動反応はどのように生じるのか、そのメカニズムを明らかにすることを目的とした。具体的には、聴き手が、入力された音列をどのように知覚的に体制化(organize)するのか、そしてその結果としてどのような音列を"音楽"として認知することになるのか、さらには、音楽を聞いて生じる情動的反応は、そのような認知過程とどのような関係にあるのか、等々の疑問に答えることを目的とした。本研究の成果のまとめると、まず第一に、音楽知覚の中核をなす"調性的体制化(tonal organization)"の処理が、どのような手がかりを基に遂行されているかを明らかにした。具体的には、調の知覚の規定因を探る実験を行い、その結果から、調知覚の手がかりとして従来から指摘されている、メロディが局所的にもつ特定の音程や音高などは真の手がかりとはなっていないこと、および、その手がかりは漸進的に変化する音高カテゴリのセットであること、を明らかにした。第二には、その調性的体制化が、音楽知覚のもう一方の核といえる拍節的体制化(metrical organization)の処理とどのような関係にあるのかを、実験的に明らかにし、その処理の関係をモデル化した。第三には、音楽の心理過程と他の認知過程との関係を探るために、"歌"の記憶に注目し、そこでの言語と音楽の相互作用の詳細を明らかにした。第四に、楽曲の聴取から喚起される情動反応について、文化比較の観点からの知見を含めて、いくつかの特徴を明らかにした。以上のような成果をもとに、音楽の認知過程と情動過程の関係について、基本的な特徴を明らかにし、そのプロセスモデル化を進展させた。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 : 2002年 -2004年 
    代表者 : 高須 一, 小川 容子, 小川 容子, 安達 真由美
     
    平成14年度は,創作活動における発達に関する先行研究の調査と資料収集を実施し,広島県、山梨県、鳥取県でアンケート調査をおこなった。併せて鳥取県と広島県の小学校1校(2年生と4年生を対象)に予備観察調査を実施した。平成15年度は,平成14年度におこなった予備観察調査の結果をもとに小学校及び中学校において実際の音楽創作授業をおこない,子ども達の創造的音楽行動の調査/観察/分析をおこなった。授業は毎回ビデオカメラで録画をし,音楽作品は中間発表,最終発表会等を含め随時MDで録音をした。録画したVTRを元にデータ分析ソフトを使って,班ごとの子どもの言語的・音楽的ディスコース分析を行って子ども同士の相互交流の様相を明らかにした。平成16年度は,平成15年度に実施した小学校及び中学校の音楽創作授業(本実験授業)の量的・質的分析及び,制作された子ども達の音楽作品(63曲)に関する聴取評価・分析をおこなった。まず,録画した各学校の全音楽授業のtranscribe(書き起こし)をおこない,子ども⇔子ども及び教師⇔子どもの相互交流がどのようにおこっているのか,音楽作品制作にどのように反影されているのかに関して検討を重ねた。さらにビデオ解析用ソフト「The Observer」を用いてカテゴライズとコード化をおこない,関連学会に出席して,分析方法及び結果に関する専門家との意見交換を行った。コード化にあたっては,グループ内での相談の内容やメンバー間の相互行為のパターン,試行錯誤の様子,教師のアドバイスや他のグループからのインプットに対する対処の仕方等を分析対象とし,重層的なコード間の関係を明らかにした。録画ビデオ及び書きおこしたデータを基におこなった授業分析の結果,以下の点が明らかとなった。すなわち(1)年齢が高くなるほどテーマの発展のさせ方,モティーフの使い方,形式など作品構造に関する意見交換を頻繁におこなっていること(2)高学年の場合は,音楽的なアイデアを伴った相談をおこなっていること(3)低学年の場合は,音素材や音の出し方に関する試行が多いこと(4)低学年の場合は,子ども同士の相談よりも教師のアドバイスによって音楽作品が構築されていること(5)ベテラン教師に比べ新人教師は,時間配分やメンバー間の心的交流に配慮した発言が多いこと等である。子ども達が制作した全63曲に対する作品評価は,7人の評定者によって「直感的評価」と「分析的評価」の2側面から詳細におこない,併せて内観報告もおこなった。年齢が高くなるにつれ,作品の評価は直感的・分析的ともに高くなる傾向がみられ,評定者間でも高い一致がみられた。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2001年 -2002年 
    代表者 : 阿部 純一, 懸田 孝一, 後藤 靖宏, 吉野 巌, 安達 真由美
     
    本研究では、音の流れはどのような処理を経て"音楽"として認知されるのか、また、音楽に対する情動反応はどのように生じるのか、それらの心理過程を明らかにすることを目的とした。研究代表者である阿部は、現在までの研究において、音楽の知覚が"調性的体制化(tonal organization)"と"リズム的体制化(rhythmic organization)"の2種類の知覚的体制化を基盤として成立していることを立証している。また、それぞれの知覚的体制化の過程を計算的モデルとして提案している。本研究では、それらの成果の上に、それぞれのモデルのさらなる精緻化を図ること、それら2種類の知覚的体制化の結果が心内でどのように統合されているのかを明らかにして、その統合過程の計算モデルを構築すること、および、音楽の知覚過程と(知覚者の)情動反応との関係について明らかにすること、などを試みた。本研究の結果から得られた新たな知見としては、調性的体制化の過程においては、刺激音列の音高セットの構造が第一の手がかりとして用いられるが、そればかりではなく、音高の系列順序も手がかりとして利用されるということ、また、音楽の知覚的体制化と音楽によって喚起される情動反応との間の基本的関係については、知覚構造の違いによって喚起される情動が異なってくること、などを挙げることができる。なお、文化の違いで、同じ音楽に対する知覚と情動的反応が異なるかどうかを調べる実験を実施したが、その結果からは、文化のよる差違を明確な形で見出すことはできなかった。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(萌芽的研究)
    研究期間 : 1999年 -2001年 
    代表者 : 安達 真由美
     
    1.日本の小学1年生の約7割が「既成の歌」を通じて「楽しい」あるいは「悲しい」気持ちを表現する傾向にあること(昨年度より)と、幼児教育現場での音楽表現活動との関連性について検討し、国際学会(The Third Asia-Pacific Symposium on Music Education Research)で発表した。甲府市内の幼稚園および保育園で、昨年度1年間にどのような活動がどのくらいの頻度で行われていたのかについて質問紙調査を行った。それによると、「屋内外での自由遊び」と「周知の歌を歌う」ことはほぼ毎日行われていたが、「歌や音楽を作る」「替え歌を作る」などの「自由音楽表現活動」はほとんど行われず、過半数の担当者が「全く行わなかった」と答えた。幼児期に、多くの既成の歌を頻繁に歌うだけの再生活動が奨励されることにより、自分だけの歌を自由に表現するという子どもが本来持っているはずの「自発的ソング」による表現が、学齢期に入るまでに圧迫されてしまうため、既成の歌でしか表現できなくなってしまうのではないかと考えられる。2.日本人児童の自作の物語・歌における「音」を媒体とした情動表現について、評定尺度法を用いた知覚実験を行った物語に関しては、日本人大学(院)生を対象に、採集した物語を「ことば」(書き起こしを読む)と「音声」(子どもの語りを聴く)の二通りの媒体で提示した。現在、子どもの「言語表現」と「音声表現」の相対的な重みについての分析を行っている。歌に関しては、昨年まで歌詞の内容分析から「言語表現」に関しては結果が出ているため、音楽的特徴に関して英語圏の音楽専門の学生を対象に実験を行った。旋法・アーティキュレーションについての評価は終了したが、リズム・テンポについての評価はこれから行う予定である。今年度は本研究課題の最終年であった。上記2に関する結果報告は、現在執筆中の論文の中で行う。

教育活動情報

主要な担当授業

  • 博士論文指導特殊演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 学習過程論特別演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
    キーワード : 音楽、心理学、発達、音楽知覚、音楽認知、演奏、感情、歌唱、コミュニケーション
  • 博士論文指導特殊演習Ⅰ
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 文学院
  • 学習過程論特別演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
    キーワード : 音楽、心理学、音楽知覚、音楽認知
  • 修士論文
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 学習過程論特別演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学院
    キーワード : 音楽、心理学、発達、音楽知覚、音楽認知、演奏、感情、歌唱、コミュニケーション
  • 修士論文・特定課題指導特殊演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 学習過程論特別演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学院
    キーワード : 音楽、心理学、音楽知覚、音楽認知
  • 卒業論文
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
  • 大学院共通授業科目(教育プログラム):脳科学入門
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 大学院共通科目
    キーワード : cognitive neuroscience (brain science), cognitive psychology, development, human neuroimaging
  • 修士論文・特定課題指導特殊演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学院
  • 心理学特殊講義
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
    キーワード : 認知心理学、(比較)認知科学、脳科学、音楽(発達)心理学
  • 心理学特殊講義
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学院
    キーワード : 認知心理学、(比較)認知科学、脳科学、音楽(発達)心理学
  • 国際交流Ⅱ
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 国際本部
    キーワード : music, psychology, music perception, music cognition, music performance
  • 心理システム科学概論
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
    キーワード : 心理学,心理学研究法
  • 心理学実験
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : 感覚,知覚,認知,学習,人格
  • 心理学演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
    キーワード : 音楽、心理学、認知科学、発達
  • 社会・制度モジュール特殊科目B
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 現代日本学プログラム課程
    キーワード : 心理学,心理学研究法
  • 社会・制度モジュール特殊科目B
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 現代日本学プログラム課程
    キーワード : 音楽、心理学、認知科学、発達
  • 社会・制度モジュール特殊科目B
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 現代日本学プログラム課程
    キーワード : 実験心理学,認知心理学,発達心理学,認知科学
  • 心理学特殊演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
    キーワード : 実験心理学,認知心理学,発達心理学,認知科学
  • 科学・技術の世界
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : 心理学,意識,神経,認知,記憶,知覚,知能,学習,発達,社会,動機づけ,人格,情動,文化,動機付け,健康
  • 心理学実験実習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
    キーワード : 心理学、実験実習
  • 基礎心理学
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
    キーワード : 感覚,知覚,高次視覚,認知,記憶,イメージ,認知神経科学,意識/無意識,学習,動物行動,音楽認知,発達,感情,パーソナリティ,社会行動

大学運営

委員歴

  • 2010年09月 - 現在   北海道ユニットエコチル調査地域運営協議会委員
  • 2015年 - 2019年03月   Frontiers in Psychology: Performance Science   Associate Editor
  • 2016年08月 - 2018年07月   日本学術振興会   特別研究員等審査会専門委員、卓越研究員候補者選考委員会書面審査員、国際事業委員会書面審査員・書面評価員
  • 1997年 - 2018年   ペース・メソッド研究会   特別参与   ペース・メソッド研究会
  • 2012年08月 - 2016年03月   AIRS: Advancing Interdisciplinary Research in Singing   International Relations Officer
  • 2013年01月 - 2014年12月   日本学術振興会   科学研究費委員会専門委員
  • 2007年 - 2014年   国際音楽知覚認知会議 (International Conference on Music Perception and Cognition)   統括委員会委員   国際音楽知覚認知会議 (International Conference on Music Perception and Cognition)
  • 2007年 - 2011年   日本音楽知覚認知学会   理事   日本音楽知覚認知学会
  • 2001年 - 2011年   日本音楽知覚認知学会   国際渉外担当理事   日本音楽知覚認知学会
  • 2009年04月 - 2010年03月   国立教育政策研究所   「特定の課題に関する調査(小学校音楽)」結果分析委員会委員
  • 2008年12月 - 2009年11月   日本学術振興会   科学研究費委員会専門委員
  • 2006年04月 - 2009年03月   Social Sciences and Humanities Research Council of Canada   External Reviewer
  • 2005年11月 - 2008年08月   第10回国際音楽知覚認知会議 (ICMPC 10) 組織委員会委員長
  • 2008年   心理音楽学(Psychomusicology: Music, Mind, and Brain)   編集委員   心理音楽学(Psychomusicology: Music, Mind, and Brain)
  • 2008年   英国音楽教育・音楽心理学会 (Society for Education, Music and Psychology Research)   編集委員   英国音楽教育・音楽心理学会 (Society for Education, Music and Psychology Research)
  • 2003年 - 2007年   日本心理学会   国際委員会委員   日本心理学会
  • 2007年   国際音楽知覚認知会議 (International Conference on Music Perception and Cognition)   顧問会議委員   国際音楽知覚認知会議 (International Conference on Music Perception and Cognition)
  • 2000年 - 2006年   国際音楽教育学会 (International Society for Music Education)   Editorial Board Member   国際音楽教育学会 (International Society for Music Education)
  • 2000年 - 2004年   日本音楽教育学会   編集委員   日本音楽教育学会
  • 2004年   アジア太平洋音楽認知科学連合 (Asia-Pacific Society for Cognitive Sciences of Music)   統括委員会委員   アジア太平洋音楽認知科学連合 (Asia-Pacific Society for Cognitive Sciences of Music)
  • 2001年   国際音楽知覚認知会議 (International Conference on Music Perception and Cognition)   査読委員   国際音楽知覚認知会議 (International Conference on Music Perception and Cognition)
  • 1998年   日本音楽知覚認知学会   編集委員   日本音楽知覚認知学会

社会貢献活動

  • 観察法を用いた実験実習:自由描写から音楽理解をどう読み取るか?
    期間 : 2019年08月10日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 北海道大学
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 教員免許状更新講習
  • 音楽心理学のつまみぐい
    期間 : 2019年08月05日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 北海道大学文学部
    イベント・番組・新聞雑誌名 : オープンキャンパス体験ゼミ
  • 札幌市立栄南中学校3年生「上級学校訪問」でのゼミ受け入れ.
    期間 : 2018年10月05日 - 2018年10月05日
    役割 : 情報提供
  • “かなしい音楽”の心理学―万華鏡的アプローチ
    期間 : 2018年06月20日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 北海道大学大学院文学研究科
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 平成30年度公開講座
  • 音楽発達心理学のつまみぐい: “環境”の影響に注目して
    期間 : 2015年09月06日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 北海道大学
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 第7回体験型北大セミナー in 函館
  • 音楽コミュニケーション
    期間 : 2012年06月13日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 砂川市
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 市民大学講演会
  • 音楽と感情の認知科学 —音楽は何を伝達するのか—
    期間 : 2008年12月11日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : キヤノン株式会社
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 北海道大学心理システム科学講座・キヤノン株式会社連携講座第2回
  • Happy versus Sad—子どもはどう歌に託すのか?-
    期間 : 2008年07月16日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 北海道大学大学院文学研究科
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 平成20年度公開講座
  • 音楽発達心理学—おいしいところのつまみぐい—
    期間 : 2007年08月06日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 北海道大学文学部
    イベント・番組・新聞雑誌名 : オープンキャンパス体験講義
  • 山梨大学附属学校・園および公立学校指導協力
    期間 : 1998年04月 - 2002年03月
    役割 : 助言・指導
  • 音楽づくりのレシピ
    期間 : 2000年01月
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 山梨大学附属小学校
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 第6学年音楽授業
  • 記号の中に文化が見える
    期間 : 1999年03月
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 富士宮市立大富士小学校
  • Western Influences in Japanese Pop Music
    期間 : 1991年
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : University of Washington, USA.
    イベント・番組・新聞雑誌名 : Workshop for Highschool Students
  • Child Folk Songs from Japan
    役割 : 実演
    主催者・発行元 : University of Washington, USA.
  • 子どもの音楽行動にみる言語・教育の影響—カナダ人と日本人の比較から
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 北海道大学総合博物館
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 土曜市民講座

メディア報道

  • 札幌龍谷学園高等学校2年生「探究学習」への協力
    報道 : 2019年10月23日
     その他
  • 「ポポーポポポポ♪の謎」.
    報道 : 2019年10月03日
    発行元・放送局 : 札幌テレビ放送
    番組・新聞雑誌 : STV どさんこワイド
     テレビ・ラジオ番組
  • #140 真由美先生の歩み ~Back To The Nippon~
    報道 : 2019年09月11日
    発行元・放送局 : 北海道大学総合教育部
    番組・新聞雑誌 : フレッシュアイズ
     インターネットメディア
  • #139 心理学から解き明かす“音楽と私たち”
    報道 : 2019年09月11日
    発行元・放送局 : 北海道大学総合教育部
    番組・新聞雑誌 : フレッシュアイズ
     インターネットメディア
  • 子どもを伸ばす音楽と脳のおはなし「第5回楽器演奏は "究極の脳のトレーニング"」
    報道 : 2014年03月
    発行元・放送局 : ローランド・ミュージック・スクール
    番組・新聞雑誌 : RET'S Press
     新聞・雑誌
  • 心理学からみる音楽の世界 vol. 2-4
    報道 : 2013年10月17日
    発行元・放送局 : ヤマハ音楽研究所
    番組・新聞雑誌 : ヤマハ音研スコープ
     インターネットメディア
  • 音楽と子どもの発達
    報道 : 2013年
    発行元・放送局 : NPO法人 みんなの言葉
     インターネットメディア
  • 槙原音楽の本質 (3):適度に期待が裏切られ、適度に覚醒し、期待が満たされる音楽.
    報道 : 2010年
    番組・新聞雑誌 : 別冊カドカワ, 339号, pp. 62-65
     新聞・雑誌
  • 記憶のちから
    報道 : 2004年11月23日
    発行元・放送局 : テレビ朝日
     テレビ・ラジオ番組
  • 遊びは文化
    報道 : 2002年03月
    発行元・放送局 : 山梨放送
    番組・新聞雑誌 : 子育て日記
     テレビ・ラジオ番組
  • “Musical Development” 編集協力
    報道 : 1998年
    発行元・放送局 : Music Department, Sheffield University, UK
    番組・新聞雑誌 : Distance Learning MA Program Textbook
     その他


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.