研究者データベース

浅賀 忠義(アサカ タダヨシ)
保健科学研究院 保健科学部門 リハビリテーション科学分野
教授

基本情報

所属

  • 保健科学研究院 保健科学部門 リハビリテーション科学分野

職名

  • 教授

学位

  • 博士(工学)

ホームページURL

J-Global ID

研究キーワード

  • Center of Mass   Center of Pressure   Sensory Reweighting   姿勢バランス   予測的姿勢調節   脳血管障害   パーキンソン病   神経系リハビリテーション科学   高齢者   感覚フィードバック   筋シナジー   生活環境整備   運動制御   運動学習   姿勢制御   

研究分野

  • ライフサイエンス / 神経科学一般
  • ライフサイエンス / スポーツ科学
  • ライフサイエンス / リハビリテーション科学

職歴

  • 2020年04月 - 現在 北海道大学大学院保健科学研究院 副研究院長
  • 2013年04月 - 現在 北海道大学大学院保健科学研究院 教授
  • 2008年 - 2013年 北海道大学大学院保健科学研究院 准教授
  • 2002年 - 2007年 北海道大学医学部保健学科講師
  • 2005年03月 - 2006年02月 米国ペンシルバニア州立大学 Visiting scholar
  • 1992年 - 2002年 北海道大学医療技術短期大学部 助手
  • 1984年 - 1992年 国立療養所札幌南病院 理学療法士

学歴

  • 1996年 -   博士(工学)室蘭工業大学
  • 1984年 -   北海道大学   医療技術短期大学部理学療法学科
  • 1980年 -   室蘭工業大学   建築工学科

所属学協会

  • 日本神経理学療法学会   Society for Neuroscience   日本健康行動科学会   北海道理学療法士協会   日本基礎理学療法学会   理学療法科学学会   World Congress of Physical Therapy   International Society for Posture & Gait Research   International Society of Motor Control   

研究活動情報

論文

  • Noriyo Colley, Hiroki Mani, Shinji Ninomiya, Shunsuke Komizunai, Eri Murata, Hiroka Oshita, Kenji Taneda, Yusuke Shima, Tadayoshi Asaka
    Journal of medical and biological engineering 40 3 1 - 8 2020年04月24日 [査読有り][通常論文]
     
    Purpose: The aim of this study was to determine the effective biomechanical technique for suctioning phlegm. Methods: A novel tracheal suctioning simulator combined with a motion capture system was used to calculate the amount of simulated phlegm suctioned and the biomechanical parameters of the associated suctioning manoeuvre. A laboratory study, including 12 nurses with > 3 years of suctioning experience and 12 nursing students without any clinical suctioning experience, was conducted. The amount of phlegm suctioned, the maximum length of catheter insertion, and the biomechanical parameters of hand movement were calculated. Results: The mean amount of phlegm suctioned per second was significantly larger in the experienced group than in the non-experienced group. The amount of phlegm suctioned correlated positively with the length of the vertical path of motion of the wrist and forearm, and with the angular velocity of thumb rotation in both the groups. Conclusion: Greater vertical motion of the wrist and thumb rotation improved the effectiveness of phlegm suctioning and prevented the need for deep suctioning, which is unsafe.
  • Zhuoyue Zhao, Kazuhiko Watanabe, Tadayoshi Asaka, Yun Wang
    Research in sports medicine (Print) 1 - 6 2020年04月08日 [査読有り][通常論文]
     
    We investigated changes in the anticipatory activity of the leg and trunk muscles in preparation for a step during support surface perturbation. Eight healthy subjects performed stepping tasks under three conditions: normal, forward perturbation, and backward perturbation. R and C indices were calculated for the reciprocal and co-activation patterns of muscle pairs within the time intervals typical of anticipatory postural adjustments. When the support surface perturbation occurred, anticipatory muscle activations were predominantly in the C indices in the leg muscles. Significant differences in the maximum displacement of the centre of pressure were seen between conditions (FS vs NS; BS vs FS). The results suggest that activation of the leg muscles rather than the trunk muscles was modified to ensure equilibrium for taking a step in response to support surface perturbation.
  • 長内 真理乃, コリー 紀代, 小水内 俊介, 二宮 伸治, 金井 理, 浅賀 忠義, 中村 美鈴, 井上 創造, 村田 恵理, 萬井 太規, 近野 敦
    日本小児呼吸器学会雑誌 30 2 172 - 180 日本小児呼吸器学会 2020年01月 [査読有り][通常論文]
     
    気管内吸引は、気管や気管支粘膜などの損傷や損傷に伴う大量出血、低酸素症、嘔吐、疼痛といったリスクがあり侵襲度が高い技術であるとされる。より実践的な指導により免許取得後の安全な吸引を実施するためにも、客観的な数値や尺度による評価が必要になるが、気管内吸引技術の習熟度を示す指標を検討している先行研究は多くはない。そこで本研究はモーションキャプチャを用い、気管内吸引シミュレーション中の看護師群と看護学生群の習熟度の評価指標や教育項目を検討した。また、NASA-TLXを用いて精神的負担感を調査した。動作解析より、所要時間、左手背総移動距離、左右の手背の停留回数・停留時間について群間に有意差が認められ、NASA-TLXの結果からは学生群の方が時間の余裕のなさや作業結果への不満足というストレスが大きいことが示された。従って、これらが気管内吸引の習熟度の客観的評価項目として有用である可能性が示唆された。(著者抄録)
  • 5つの運動機能領域から見た健常児の歩行特性-3 歳から 10 歳児と成人との比較
    萬井太規,宮城島沙織,小塚直樹,種田健二,井上貴博,佐藤優衣,武田賢太,浅賀忠義
    理学療法学 (印刷中) 2020年 [査読有り][通常論文]
  • Yun Wang, Kazuhiko Watanabe, Tadayoshi Asaka
    BMC GERIATRICS 19 1 340 - 340 2019年12月 [査読有り][通常論文]
     
    Background: The purpose of this study was to investigate the efficacy of dance in the experienced older dancers compared to the inexperienced older adults. We explored the effect of dance on the composition of muscle groups and multi-muscle synergies stabilizing the center of pressure (COP) displacement in preparation to take a step during support surface translation.Methods: Eight dance experienced elderly participants were asked to take a step in response to support surface perturbations. Uncontrolled manifold analysis was used to identify muscle modes (M-modes) as factors in the muscle activation space. Variance components in the M-mode space and indices of M-mode synergy stabilizing COP displacement were computed.Results: The reciprocal M-modes were observed more frequently in the dance group than in the control group prior to the step initiation. Dance led to higher indices of multi-muscle synergies and earlier anticipatory synergy adjustments during preparation for making a step in response to the support surface translations.Conclusions: Dance appeared to be associated with adjustments in both the composition of M-modes and M-mode co-variation patterns resulting in stronger synergies stabilizing COP coordinate in older adults. The results reported here could have clinical relevance when offering a dance approach to balance training for impaired individuals.
  • Hasegawa N, Ishikawa K, Sato Y, Nakayama Y, Asaka T
    Physiother Theory Pract 1 - 7 2019年11月26日 [査読有り][通常論文]
     
    Background: People with Parkinson's disease (PD) often have backward displacement of their center of pressure (COP) during quiet standing and reduced stability limits, as compared to healthy controls. These kinetic characteristics may induce postural instability in people with PD.Objective: To investigate the short-term effects on COP displacements during quiet standing and forward leaning brought about by the post-incline leaning after-effects in people with PD.Methods: Twenty participants with PD were randomly divided into two groups (tilting and control groups). The tilting group was required to stand upright quietly on a tilting board angled to raise the front part of the feet. The control group was asked to voluntarily lean their bodies forward as far as possible. The total time of the intervention was 60 seconds for each group. The COP displacements during quiet standing and forward leaning were recorded before and after the intervention.Results: In the tilting group, the COP significantly shifted forward after the intervention compared to that before the intervention during quiet standing as well as forward stability limits; this did not happen in the control group.Conclusions: The post-incline leaning after-effects may induce the short-term effects of forward shifting of COP during quiet standing and expand the forward stability limits in people with PD.
  • 気管内吸引手技中の視線計測による看護師と看護学生の習熟度の比較
    竹内 由佳, コリー 紀代, 二宮 伸治, 小水内 俊介, 金井 理, 浅賀 忠義, 中村 美鈴, 井上 創造, 村田 恵理, 萬井 太規, 近野 敦
    医工学治療 31 3 171 - 180 (NPO)日本医工学治療学会 2019年11月 [査読有り][通常論文]
     
    本研究では視線計測に基づく教育評価項目や評価指標の抽出を目的とし、気管内吸引シミュレーション中の看護師と看護学生を対象に両眼構成視線計測装置(Pupil、Pupil Labs社)を用いた視線計測により手技の所要時間、視線の停留回数・停留時間、停留点移動速度を比較した。視線計測後には、NASA-TLXを用いて作業負担度を調査した。その結果、所要時間、視線の停留時間、視線の停留回数・停留時間に有意差が認められた。作業負担度には有意差が見られなかったことから、両群とも模擬環境において同等のストレスがあったと推測される。不慣れな環境においてもパフォーマンスに差が現れることから、手技の所要時間や視線の停留回数・停留時間は習熟度を評価する客観的な指標となりうることが示された。(著者抄録)
  • 竹内 由佳, コリー 紀代, 二宮 伸治, 小水内 俊介, 金井 理, 浅賀 忠義, 中村 美鈴, 井上 創造, 村田 恵理, 萬井 太規, 近野 敦
    医工学治療 31 3 171 - 180 (NPO)日本医工学治療学会 2019年11月 [査読無し][通常論文]
     
    本研究では視線計測に基づく教育評価項目や評価指標の抽出を目的とし、気管内吸引シミュレーション中の看護師と看護学生を対象に両眼構成視線計測装置(Pupil、Pupil Labs社)を用いた視線計測により手技の所要時間、視線の停留回数・停留時間、停留点移動速度を比較した。視線計測後には、NASA-TLXを用いて作業負担度を調査した。その結果、所要時間、視線の停留時間、視線の停留回数・停留時間に有意差が認められた。作業負担度には有意差が見られなかったことから、両群とも模擬環境において同等のストレスがあったと推測される。不慣れな環境においてもパフォーマンスに差が現れることから、手技の所要時間や視線の停留回数・停留時間は習熟度を評価する客観的な指標となりうることが示された。(著者抄録)
  • 小水内 俊介, 近野 敦, 金井 理, 浅賀 忠義, 井上 創造, 村田 恵理, 萬井 太規, 高橋 望, 二宮 伸治, コリー 紀代
    日本シミュレーション医療教育学会雑誌 7 89 - 93 日本シミュレーション医療教育学会 2019年08月 [査読無し][通常論文]
     
    【背景】在宅医療の浸透に伴い、医師や看護師ではない範囲も含め、一定水準の看護教育を受けたケア提供者を増やすことは重要な課題となる。【目的】気管内吸引を例に、手技の習熟を支援する体験型の看護教育システムを開発する。【方法】気管内吸引中の実施者の全身動作および視線を計測する。仮想現実(Virtual reality:VR)空間で人型モデルに計測データを反映することで手技の再現・観察を可能とする。【結果】学習者が模範手技を一人称視点で追体験することが可能であるとともに、指導者が学習者の手技を自由な視点から観察し定量的に分析・評価するための手段にもなる。【考察】手取り足取りの指導を使用者自身の模倣で代替することにより、言語化しにくいコツや巧みさの伝達を支援しうる。(著者抄録)
  • Mani H, Miyagishima S, Kozuka N, Kodama Y, Takeda K, Asaka T
    Gait Posture 68 174 - 180 2019年02月 [査読有り][通常論文]
     
    Background: The ability to control the center of mass (COM) during single-leg standing (SLS) is imperative for individuals to walk independently. However, detailed biomechanical features of postural control during SLS performed by children remain to be comprehensively investigated. Research question: We aimed to investigate the development of postural control during SLS in children aged 3-10 years.Methods: Forty-eight healthy children (26 boys and 22 girls) aged 3-10 years and 11 young adults participated in this experiment. The child population was divided into four groups by age: 3-4, 5-6, 7-8, and 9-10 years. The SLS task included standing on a single leg as long and as steady as possible for up to 30 s. A three-dimensional motion capture system and two force plates were used for calculating the COM and center of pressure (COP). The task was divided into three phases (accelerated, decelerated, and steady) on the basis of the relationship between COM and COP.Results: COP-COM distances in the 5-6 years' and 7-8 years' groups were significantly increased during the acceleration phase when compared with those in the adult group. Furthermore, COP-COM distances during the decelerated phase were significantly higher in all children's groups compared with those in the adult group. Lastly, COP-COM distance during the steady phase was significantly higher in the 3-4 year age group than in the 9-10 year age and adults groups.Significance: These results suggest that postural control during the acceleration and steady phases mature by 9 years. Conversely, children similar to 10 years did not attain adult-like levels of postural control during the decelerated phase. The developmental process for postural control at each phase possibly plays a significant role in the basic biomechanics of movement and does not display a monotonic pattern.
  • Shunsuke Komizunai, Shinji Ninomiya, Atsushi Konno, Satoshi Kanai, Tadayoshi Asaka, Eri Murata, Hiroki Mani, Nozomi Takahashi, Noriyo Colley
    IJAT 13 4 490 - 498 2019年 [査読無し][通常論文]
  • 小水内 俊介, 近野 敦, 金井 理, 二宮 伸治, 浅賀 忠義, 高橋 望, コリー 紀代
    日本シミュレーション医療教育学会雑誌 6 99 - 103 日本シミュレーション医療教育学会 2018年09月 [査読無し][通常論文]
     
    【背景】看護シミュレーションにおいて生体反応を伴うインタラクティブな体験は学習効果に大きな影響を与える。本研究では、典型的な模型シミュレータが提供する触覚情報に加えて、新たに二つのインタラクティブな視覚情報提示技術(AR:augmented reality、MP:projection mapping)を比較する(なおARは2通りの実装を含む)。【目的】喀痰吸引を対象に、患者の状態変化に即応する判断能力向上の支援を目指す。【方法】マネキンに顔の映像をARとPMによってそれぞれ表示し、視覚提示手法としての有用性と課題を検討する。【結果】両手法の長所・短所は優劣をつけるものではなく、これらの性質は相補的で状況に適した手法を選択しうることを示している。【考察】柔軟な設置や運用を重視するならばAR、自然な観察や接触を重視するならばPMが適するといえる。(著者抄録)
  • 二宮 伸治, コリー 紀代, 小水内 俊介, 近野 敦, 金井 理, 高橋 望, 浅賀 忠義
    日本シミュレーション医療教育学会雑誌 6 128 - 129 日本シミュレーション医療教育学会 2018年09月 [査読無し][通常論文]
  • Saori Miyagishima, Tadayoshi Asaka, Kaori Kamatsuka, Naoki Kozuka, Masaki Kobayashi, Lisa Igarashi, Tsukasa Hori, Hiroyuki Tsutsumi
    BRAIN & DEVELOPMENT 40 8 627 - 633 2018年09月 [査読有り][通常論文]
     
    Aims: We conducted a longitudinal cohort study to analyze the relationship between outcome of gross motor development in preterm infants and factors that might affect their development.Methods: Preterm infants with a birth weight of <1500 g were recruited. We measured spontaneous antigravity limbs movements by 3D motion capture system at 3 months corrected age. Gross motor developmental outcomes at 6 and 12 months corrected age were evaluated using the Alberta Infant Motor Scale (AIMS). Statistical analysis was carried out by canonical correlation analysis.Results: Eighteen preterm infants were included. In the 6 months corrected age analysis, spontaneous movement had a major effect on Prone and Sitting at 6 months corrected age of AIMS. In the 12 months corrected age analysis, spontaneous movement had a major effect on Sitting and Standing at 12 months corrected age of AIMS.Conclusions: In preterm infants, better antigravity spontaneous movements at 3 months corrected age were significantly correlated with better gross motor development at 6 or 12 months corrected age. (C) 2018 The Japanese Society of Child Neurology. Published by Elsevier B.V. All rights reserved.
  • コリー 紀代, 清水 弘美, 高橋 望, 小水内 俊介, 近野 敦, 金井 理, 二宮 伸治, 大塚 健, 浅賀 忠義
    医学教育 49 2 117 - 125 (一社)日本医学教育学会 2018年04月 [査読無し][通常論文]
     
    背景:在宅医療の高度化により、気管内吸引等の高度ケアを担う人材の育成が喫緊の課題である。方法:気管内吸引を行う看護師と看護学生の眼球運動を測定し、気管内吸引中の認知・判断面を含めた多重タスク構造を気管内吸引オントロジーとして可視化した。結果:構築された気管内吸引オントロジーの階層構造からは、手順という手続き的知識のみならず、医療機器に関する知識、気管内吸引が無効であった際の選択肢に関する知識など、多岐にわたった専門知識が要求される行為であることが示された。考察:オントロジーは「できる」能力の範囲や評価すべき能力の定義を示す教育評価ツールとしても活用の可能性がある表現法と考えられた。(著者抄録)
  • コリー紀代, 清水弘美, 萬井太規, 浅賀忠義
    医工学治療 30 1 53‐59 - 59 (NPO)日本医工学治療学会 2018年03月01日 [査読無し][通常論文]
     
    医療の発展に伴って、在宅でも人工呼吸器装着者の療養生活が可能なり、今後は在宅における高いスキルを持った看護師のニーズが高まると推察される。しかしながら現在の基礎教育期における技術評価は、学生の達成感やチェックリストが多く用いられ、後光効果(halo effects)や質保証への懸念から、新卒看護師の能力向上のためにはより客観的な教育評価法の確立が急務である。そこで本研究の目的は、モーションセンサーを用いて気管内吸引技術の習熟度別2群における反復施行による動作変動性を可視化することである。看護師群(9名)と学生群(4名)において、利き腕の手背、前腕、上腕の3ヶ所にモーションセンサーを装着し、シミュレーターを対象に気管内吸引を単純反復してもらった。その結果、両群とも単純反復による所要時間の短縮は認められなかった。群間比較では、所要時間、加速度RMSのY成分、角速度RMSの三成分について有意差があった。今回開発された教育評価方法は、リスク回避にも貢献すると考えられる。(著者抄録)
  • Takahiro Inoue, Shuta Ninuma, Masataka Hayashi, Akane Okuda, Tadayoshi Asaka, Hiroshi Maejima
    Neurological research 40 1 18 - 25 2018年01月 [査読有り][通常論文]
     
    Objectives Brain-derived neurotrophic factor (BDNF) plays important roles in neuroplasticity in the brain. The objective of this study was to examine the effects of long-term exercise combined with low-level inhibition of GABAergic synapses on motor control and the expression of BDNF in the motor-related cortex. Methods ICR mice were divided into four groups based on the factors exercise and GABAA receptor inhibition. We administered the GABAA receptor antagonist bicuculline intraperitoneally (0.25 mg/kg). Mice exercised on a treadmill 5 days/week for 4 weeks. Following behavioral tests, BDNF expression in the motor cortex and cerebellar cortex was assayed using RT-PCR and ELISA. Results Exercise increased BDNF protein in the motor cortex and improved motor coordination in the rotarod test either in the presence or absence of bicuculline. BDNF mRNA expression in the motor cortex and muscle coordination in the wire hang test decreased after administration of bicuculline, whereas bicuculline administration increased mRNA and protein expression of BDNF in the cerebellum. Discussion The present study revealed that long-term exercise increased BDNF expression in the motor cortex and facilitated a transfer of motor learning from aerobic exercise to postural coordination. Thus, aerobic exercise is meaningful for conditioning motor learning to rehabilitate patients with central nervous system (CNS) disorders. However, long-term inhibition of GABAA receptors decreased the expression of cortical BDNF mRNA and decreased muscle coordination, despite the increase of BDNF in the cerebellum, suggesting that we have to consider the term of the inhibition of the GABAergic receptor for future clinical application to CNS patients.
  • Naoya Hasegawa, Kenta Takeda, Moe Sakuma, Hiroki Mani, Hiroshi Maejima, Tadayoshi Asaka
    Gait & posture 58 188 - 193 2017年10月 [査読有り][通常論文]
     
    Augmented sensory biofeedback (BF) for postural control is widely used to improve postural stability. However, the effective sensory information in BF systems of motor learning for postural control is still unknown. The purpose of this study was to investigate the learning effects of visual versus auditory BF training in dynamic postural control. Eighteen healthy young adults were randomly divided into two groups (visual BF and auditory BF). In test sessions, participants were asked to bring the real-time center of pressure (COP) in line with a hidden target by body sway in the sagittal plane. The target moved in seven cycles of sine curves at 0.23Hz in the vertical direction on a monitor. In training sessions, the visual and auditory BF groups were required to change the magnitude of a visual circle and a sound, respectively, according to the distance between the COP and target in order to reach the target. The perceptual magnitudes of visual and auditory BF were equalized according to Stevens' power law. At the retention test, the auditory but not visual BF group demonstrated decreased postural performance errors in both the spatial and temporal parameters under the no-feedback condition. These findings suggest that visual BF increases the dependence on visual information to control postural performance, while auditory BF may enhance the integration of the proprioceptive sensory system, which contributes to motor learning without BF. These results suggest that auditory BF training improves motor learning of dynamic postural control.
  • Kenta Takeda, Hiroki Mani, Naoya Hasegawa, Yuki Sato, Shintaro Tanaka, Hiroshi Maejima, Tadayoshi Asaka
    Journal of physiological anthropology 36 1 31 - 31 2017年07月19日 [査読有り][通常論文]
     
    BACKGROUND: The benefit of visual feedback of the center of pressure (COP) on quiet standing is still debatable. This study aimed to investigate the adaptation effects of visual feedback training using both the COP and center of gravity (COG) during quiet standing. METHODS: Thirty-four healthy young adults were divided into three groups randomly (COP + COG, COP, and control groups). A force plate was used to calculate the coordinates of the COP in the anteroposterior (COPAP) and mediolateral (COPML) directions. A motion analysis system was used to calculate the coordinates of the center of mass (COM) in both directions (COMAP and COMML). The coordinates of the COG in the AP direction (COGAP) were obtained from the force plate signals. Augmented visual feedback was presented on a screen in the form of fluctuation circles in the vertical direction that moved upward as the COPAP and/or COGAP moved forward and vice versa. The COP + COG group received the real-time COPAP and COGAP feedback simultaneously, whereas the COP group received the real-time COPAP feedback only. The control group received no visual feedback. In the training session, the COP + COG group was required to maintain an even distance between the COPAP and COGAP and reduce the COGAP fluctuation, whereas the COP group was required to reduce the COPAP fluctuation while standing on a foam pad. In test sessions, participants were instructed to keep their standing posture as quiet as possible on the foam pad before (pre-session) and after (post-session) the training sessions. RESULTS: In the post-session, the velocity and root mean square of COMAP in the COP + COG group were lower than those in the control group. In addition, the absolute value of the sum of the COP - COM distances in the COP + COG group was lower than that in the COP group. Furthermore, positive correlations were found between the COMAP velocity and COP - COM parameters. CONCLUSIONS: The results suggest that the novel visual feedback training that incorporates the COPAP-COGAP interaction reduces postural sway better than the training using the COPAP alone during quiet standing. That is, even COPAP fluctuation around the COGAP would be effective in reducing the COMAP velocity.
  • Kenta Takeda, Hiroki Mani, Naoya Hasegawa, Yuki Sato, Shintaro Tanaka, Hiroshi Maejima, Tadayoshi Asaka
    JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL ANTHROPOLOGY 36 2017年07月 [査読有り][通常論文]
     
    Background: The benefit of visual feedback of the center of pressure (COP) on quiet standing is still debatable. This study aimed to investigate the adaptation effects of visual feedback training using both the COP and center of gravity (COG) during quiet standing.Methods: Thirty-four healthy young adults were divided into three groups randomly (COP + COG, COP, and control groups). A force plate was used to calculate the coordinates of the COP in the anteroposterior (COPAP) and mediolateral (COPML) directions. A motion analysis system was used to calculate the coordinates of the center of mass (COM) in both directions (COMAP and COMML). The coordinates of the COG in the AP direction (COG(AP)) were obtained from the force plate signals. Augmented visual feedback was presented on a screen in the form of fluctuation circles in the vertical direction that moved upward as the COPAP and/or COG(AP) moved forward and vice versa. The COP + COG group received the real-time COPAP and COG(AP) feedback simultaneously, whereas the COP group received the real-time COPAP feedback only. The control group received no visual feedback. In the training session, the COP + COG group was required to maintain an even distance between the COPAP and COG(AP) and reduce the COG(AP) fluctuation, whereas the COP group was required to reduce the COPAP fluctuation while standing on a foam pad. In test sessions, participants were instructed to keep their standing posture as quiet as possible on the foam pad before (pre-session) and after (post-session) the training sessions.Results: In the post-session, the velocity and root mean square of COMAP in the COP + COG group were lower than those in the control group. In addition, the absolute value of the sum of the COP - COM distances in the COP + COG group was lower than that in the COP group. Furthermore, positive correlations were found between the COMAP velocity and COP - COM parameters.Conclusions: The results suggest that the novel visual feedback training that incorporates the COPAP-COG(AP) interaction reduces postural sway better than the training using the COPAP alone during quiet standing. That is, even COPAP fluctuation around the COG(AP) would be effective in reducing the COMAP velocity.
  • Kazuma Takahashi, Hiroshi Maejima, Gaku Ikuta, Tadayoshi Asaka, Hiroki Mani
    FASEB JOURNAL 31 101 - 107 2017年04月 [査読有り][通常論文]
     
    0
  • Kazurna Takahashi, Hiroshi Maejima, Gaku Ikuta, Hiroki Mani, Tadayoshi Asaka
    NEUROSCIENCE LETTERS 636 101 - 107 2017年01月 [査読有り][通常論文]
     
    Neurotrophins play a crucial role in neuroplasticity, neurogenesis, and neuroprotection in the central nervous system. Aerobic exercise is known to increase the expression of BDNF in the cerebral cortex. Several animal studies have evaluated the tonic inhibition of GABAergic synapses to enhance hippocampal plasticity as well as learning and memory, whereas the effects of GABAergic inhibition on plasticity in the cerebral cortex related to motor learning are not well characterized. The objective of the present study was to examine the interactive effect of low-level GABA(A) receptor inhibition and exercise on the expression of neurotrophins including BDNF in the murine motor cortex. ICR mice were randomly distributed among 4 groups based on two factors of GABA(A) receptor inhibition and exercise, i.e. control group, an exercise group, a bicuculline group, and an exercise plus bicuculline group. We administered GABA(A) receptor antagonist, bicuculline intraperitoneally to the mice (bicuculline and exercise plus bicuculline group) at a non-epileptic dose of 0.25 mg/kg, whereas the mice (exercise and exercise plus bicuculline group) were exercised on a treadmill for 1 h every day. After two week intervention, the expression of mRNA and protein abundance of neurotrophins in the motor cortex was assayed using Real time PCR and ELISA. BDNF gene expression was significantly increased by approximately 3-fold in the bicuculline group relative to the control, exercise, and bicuculline plus exercise groups. Protein abundance of BDNF expression was significantly increased by approximately 3-fold in the bicuculline plus exercise group relative to other groups. Therefore, the present study revealed that combined GABA(A) receptor inhibition and moderate aerobic exercise up-regulated BDNF protein expression in the motor cortex without producing side effects on motor or cognitive functions. Alterations in BDNF expression could positively contribute to plasticity by regulating the balance between EPSPs and IPSPs in the motor cortex and thus providing a more appropriate neuronal condition for motor learning and recovery. (C) 2016 Elsevier Ireland Ltd. All rights reserved.
  • 萬井 太規, 長谷川 直哉, 武田 賢太, 佐藤 佑樹, 田中 晨太郎, 呉 瑕, 前島 洋, 浅賀 忠義
    理学療法学Supplement 2016 0 745 - 745 公益社団法人 日本理学療法士協会 2017年 [査読無し][通常論文]
     

    【はじめに,目的】

    我々は,底部が円状のバランスボード練習にて,姿勢安定性が向上することを報告した(Mani, et al., 2016)。しかしながら,関節角度の変位量のみでは,姿勢戦略の順応効果は明確にはならなかった。バランスボード上の立位では,支持基底面(Base of support:BOS)が狭く,BOSが不規則に移動することから,足関節と股関節を協調的に用いる多関節戦略が用いられることが推察される(Ooteghem, et al., 2009)。本研究の目的は,楕円解析と相互相関関数を用いて,バランスボード上立位の姿勢戦略の順応効果を示すこととした。楕円解析とは,課題中の足関節と股関節角度を二次元座標にプロットし,楕円をフィッティングさせ,その楕円の形状や傾きから両関節間の関連性を明らかにする方法である(de Lima, et al., 2014)。本研究の結果は,バランスボード練習により構築される運動パターンを示す基礎的資料となる。

    【方法】

    健常若年者17名(男性12名,22.8±1.1歳)を対象とした。被験者は矢状方向のみ不安定となる底部が円状のボード上で,できるだけ長く安定して保つように指示された。各被験者90秒以上保持できるようになるまで実施した。三次元動作解析装置および床反力計を用いて,保持時間,足圧中心点と体重心間の距離(COP―COM間距離),および下肢関節可動域(Range of motion:ROM)を算出した。楕円解析として,足関節角度を横軸,股関節角度を縦軸とした二次元座標プロットから,楕円面積,離心率,中心座標,および長軸の傾きを算出した。離心率が大きく,長軸の傾きが±1に近いほど多関節戦略,ゼロに近いほど足関節戦略が優位であると解釈される。さらに,姿勢制御変数であるCOP―COM間距離の変化量(⊿COP―COM)と各関節運動(⊿ROM)との関連性を,相互相関関数を用いて,相関係数の最大値および時間差から分析した。1回目の施行(練習前)と90秒以上保持出来た最後の施行(練習後)を対応のあるt検定を用いて比較した。危険率は5%とした。

    【結果】

    平均保持時間は練習後有意に延長した(p<0.01)。楕円解析の結果,練習後,離心率は有意に増大し,楕円面積および長軸の傾きは有意に減少した(p<0.05)。さらに,相互相関関数の結果,⊿COP-COMと⊿足関節ROMとの相関係数が有意に増大し,時間差が有意に減少した。一方,股関節と膝関節は,いずれも⊿COP-COMとの相関係数に有意差を認めなかった。

    【結論】

    バランスボード練習により,股関節と足関節ともに関節運動は減少する一方,股関節に比して足関節を主体とした戦略となる。また,相互相関関数の結果から,練習後,足関節を協調的に動かし重心を制御する戦略となることが示された。BOSが狭くとも底部が円状のような足関節での制御が可能な場合,中枢神経系は足関節戦略を強調することで,姿勢安定性を高めたと考えられる。姿勢戦略の構築には,BOSの大きさや足関節の自由度を考慮した課題設定が重要となることが示唆される。

  • 長谷川 直哉, 浅賀 忠義, 佐藤 祐樹, 武田 賢太, 大橋 哲朗, 田中 晨太郎, 丸谷 孝史, 加藤 新司, 中山 恭秀, 萬井 太規
    理学療法学Supplement 2016 0 1050 - 1050 公益社団法人 日本理学療法士協会 2017年 [査読無し][通常論文]
     

    【はじめに,目的】

    パーキンソン病(PD)患者の立位バランスの特徴として,前方の安定性限界の狭小化があげられる。ここで,安定性限界とは両足部の支持基底面内で足圧中心(COP)を移動できる最大範囲のことである。傾斜台上立位保持は,健常者と片麻痺患者に対して,COP位置の前方変位と前後の安定性限界を拡大させる効果があることが報告されている。また,PD患者において歩行速度および歩幅と前方の安定性限界との間に正の相関があることも報告されている。しかし,PD患者を対象に傾斜台上立位保持の効果を検討した研究は演者らの知る限りない。本研究の目的は,傾斜台上立位保持がPD患者の前方の安定性限界と歩行に与える即時効果を検討することだった。

    【方法】

    対象は歩行が自立しているPD患者20名だった。介入として60秒間の傾斜台上立位保持を行う実験群と,平地上で最大前傾した肢位を10秒間保持する運動を連続して4回行うコントロール群の2群に,10名ずつ無作為に割り当てた。両群ともにHoehn-Yahr分類IIが3名,IIIが3名,IVが4名であり,実験はon時に実施した。介入前後のテスト課題は10m歩行試験と10秒間の最大前傾位保持(FW:Forward leaning)だった。歩行課題では通常の歩行速度での快適条件と最大歩行速度での速歩条件の2条件を実施した。また,歩行課題では歩行分析計を用いて歩行速度,歩幅,歩行率を算出し,FW課題ではバランスWiiボードを用いてCOP位置を算出した。これらの指標について介入法(実験群,コントロール群)と課題(介入前,介入後)を要因とする二元配置分散分析を行い,Bonferroni法を用いて多重比較した。また,快適条件と速歩条件において,歩行の指標とCOP位置との間の関連性をPearsonの相関分析を用いて検討した。有意水準は5%未満とした。

    【結果】

    FW課題ではCOP位置において有意な交互作用を認めた。実験群で介入後は,COP位置の有意な前方への変位が認められた(p<0.05)。歩行課題では速歩条件で歩幅において有意な交互作用を認めた。実験群で介入後は,歩幅の有意な増加が認められた(p<0.05)。一方,コントロール群にはCOP位置と歩幅ともに有意差が認められなかった。また,速歩条件において,歩幅とCOP位置との間に有意な中等度の相関を認めた(r=0.47,p<0.05)。

    【結論】

    COP位置の結果から,傾斜台上立位保持はPD患者の前方の安定性限界を増加させる即時効果があることが示された。また,歩行課題にでは速歩条件において歩幅を増加させる効果が示され,歩幅と前方の安定性限界との間に有意な相関関係を認めた。傾斜台上立位保持は健常者においてハムストリングスや下腿三頭筋などの筋活動を向上させる効果が示されていることから,下肢後面の筋活動をより要求する速歩条件において傾斜台上立位保持の即時効果が得られやすかったと考えられる。以上の結果から,傾斜台上立位保持はPD患者にとって有効な運動療法であると示唆される。

  • 田中 晨太郎, 前島 洋, 浅賀 忠義, 長谷川 直哉, 武田 賢太, 大橋 哲朗, 佐藤 祐樹, 呉 暇, 丸谷 孝史, 金 雪梅, 萬井 太規
    理学療法学Supplement 2016 0 1530 - 1530 公益社団法人 日本理学療法士協会 2017年 [査読無し][通常論文]
     

    【はじめに,目的】

    後方へのステップ反応は,高齢者における日常生活の転倒と関連があると報告されている。非予測的な外乱方向の反復ステップ練習を行い,その効果を非予測条件で評価した研究が多く報告されている。しかし,高齢者を対象にした練習ではより安全に行える予測的な外乱方向の反復ステップ練習が望まれる。また,外乱後の姿勢反応はFeedforward制御の影響を受けることが示唆されているため,被験者自身が外乱を誘発する方法による練習効果も調べた。本研究の目的は,外乱方向が非予測的または予測的な条件,さらに被験者自身が外乱を誘発するため外乱方向およびタイミング共に予測的な条件における反復ステップ練習の効果について,非予測条件におけるステップ反応で比較検討することだった。

    【方法】

    対象は整形外科的・神経学的疾患がない健常若年者33名とし,外乱方向が予測できる反復ステップ練習をする群(以下,予測群とする。)(21.2±1.2歳),外乱方向が予測できない反復ステップ練習をする群(以下,非予測群とする。)(23.1±1.2歳),被験者自身がボタンを押して外乱を誘発する群(以下,自己誘発群とする。)(23.1±2.3歳)に11名ずつランダムに割り当てた。被験者は床面の外乱によりステップ反応が誘発された。予測群・自己誘発群は,後方へのステップ反応を誘発するために床面水平移動による前方外乱のみを60回,非予測群は前方・後方外乱を各30回(計60回)ランダムに与えられた。外乱のタイミングは予測群・非予測群はランダム,自己誘発群は被験者が意図したタイミングで行った。練習前後のテスト課題は外乱方向とタイミングはランダムに与えられた。解析対象は前方外乱に対する後方ステップのみとした。統計解析は二元配置分散分析(群間×テスト間)を用い,多重比較にTukey法を用いた。また, Pearsonの相関係数を用いた。有意水準は5%とした。

    【結果】

    練習前後のテスト間に主効果が認められ,ステップ長,ステップ速度およびステップ着地時安定性臨界が練習後有意に増加した(p<0.01)。群間に主効果は認められなかった。ステップ着地時安定性臨界のみ交互作用が認められ,予測群および非予測群は自己誘発群と比較して練習後有意に増加した(p<0.01)。さらに,ステップ着地時安定性臨界はステップ長,ステップ速度とそれぞれ有意な正の相関が認められた(r=0.75,r=0.75)。

    【結論】

    外乱方向およびタイミングが予測できない条件におけるステップ後の姿勢安定性は,自己誘発群よりも予測群および非予測群の方が向上し,予測群と非予測群では同程度の効果が期待できる。その要因として,ステップ長およびステップ速度の増加が挙げられる。外乱方向が予測的な反復ステップ練習は非予測的な反復ステップ練習に比して恐怖感といった心理的負担が少ないため,姿勢不安定性を有する高齢者や障害者には推奨される練習方法であると考えられる。

  • Yun Wang, Kazuhiko Watanabe, Tadayoshi Asaka
    EUROPEAN JOURNAL OF APPLIED PHYSIOLOGY 117 1 201 - 211 2017年01月 [査読有り][通常論文]
     
    We explored changes in muscle interactions during healthy aging as a window into neural control strategies of postural preparation to action/perturbation. In particular, we quantified the strength of multi-muscle synergies stabilizing the center of pressure (COP) displacement during the preparation for making a step associated with support surface translations.Young and elderly subjects were required to make a step in response to support surface perturbations. Surface muscle activity of 11 leg and trunk muscles was analyzed to identify sets of 4 muscle modes (M-modes). Linear combinations of M-modes and their relationship to changes in the COP displacement in the anterior-posterior direction were then determined. Uncontrolled manifold analysis was performed to determine variance components in the M-mode space and indices of M-mode synergy stabilizing COP displacement.Prior to the step initiation, the older subjects showed strong synergies that stabilized COP displacement to forward perturbation of the support surface. However, the synergy indices were significantly lower than those of the young subjects during preparation for making a step. The timings of early postural adjustment (EPA) and anticipatory postural adjustment (APA) were consistently earlier in the young subjects as compared to the older subjects. For both groups, the timing of EPA did not change across tasks, while APA showed delayed timing in response to the support surface translations.We infer that changes in the indices of synergies with age may present challenges for the control of postural preparation to external perturbation in older adults. They may lead to excessive muscle co-contractions and low stability of COP displacement. The results reported here could have clinical relevance when identifying the risk of making a step, which has been linked to an increased risk of falls among the elderly.
  • Characteristic Relationship between the Centre of Pressure and the Centre of Mass During Quiet Standing in Female Ballet Dancers
    Ibuki A, Mani H, Takeda K, Hasegawa N, Yamamoto K, Maejima H, Asaka T
    Int Phys Med Rehab J 1 DOI: 10.15406/ipmrj.2017.01.00  2017年 [査読有り][通常論文]
  • Kumiko Ito, Yasutake Tomata, Mana Kogure, Yumi Sugawara, Takashi Watanabe, Tadayoshi Asaka, Ichiro Tsuji
    BMJ open 6 11 e012760  2016年11月03日 [査読有り][通常論文]
     
    OBJECTIVE: Previous studies have reported that elderly victims of natural disasters might be prone to a subsequent decline in motor function. Victims of the Great East Japan Earthquake (GEJE) relocated to a wide range of different types of housing. As the evacuee lifestyle varies according to the type of housing available to them, their degree of motor function loss might also vary accordingly. However, the association between postdisaster housing type and loss of motor function has never been investigated. The present study was conducted to investigate the association between housing type after the GEJE and loss of motor function in elderly victims. METHODS: We conducted a prospective observational study of 478 Japanese individuals aged ≥65 years living in Miyagi Prefecture, one of the areas most significantly affected by the GEJE. Information on housing type after the GEJE, motor function as assessed by the Kihon checklist and other lifestyle factors was collected by interview and questionnaire in 2012. Information on motor function was then collected 1 year later. The multiple logistic regression model was used to estimate the multivariate adjusted ORs of motor function loss. RESULTS: We classified 53 (11.1%) of the respondents as having loss of motor function. The multivariate adjusted OR (with 95% CI) for loss of motor function among participants who were living in privately rented temporary housing/rental housing was 2.62 (1.10 to 6.24) compared to those who had remained in the same housing as that before the GEJE, and this increase was statistically significant. CONCLUSIONS: The proportion of individuals with loss of motor function was higher among persons who had relocated to privately rented temporary housing/rental housing after the GEJE. This result may reflect the influence of a move to a living environment where few acquaintances are located (lack of social capital).
  • Saori Miyagishima, Tadayoshi Asaka, Kaori Kamatsuka, Naoki Kozuka, Masaki Kobayashi, Risa Igarashi, Tsukasa Hori, Yuko Yoto, Hiroyuki Tsutsumi
    INFANT BEHAVIOR & DEVELOPMENT 44 227 - 239 2016年08月 [査読有り][通常論文]
     
    Aims: We investigated whether spontaneous antigravity limbs movements in very low birth weight preterm infants were insufficient compared to those in term infants. The relationship between the quality of general movements (GMs) and antigravity limbs movements was also examined.Methods: Preterm infants with very low birth weight without central nervous system disorders nor severe respiration disorders, and healthy term infants were recruited. The infants were set in a supine position. The distance between both hands and between both feet, and the height of both hands and feet from the floor were recorded at 1-3 corrected months for preterm infants, and at 1-3 months for term infants by a 3D motion capture system. The measurements were adjusted for body proportions. GMs in preterm and term infants were assessed similarly.Results: Thirteen preterm and 15 term infants completed the study. In preterm infants, the distance between both hands and between both feet were longer, and the height of both hands and feet were lower than those in term infants in all measurements. In term infants, the height of both hands and feet increased as they developed, but no change was observed in preterm infants. In preterm infants with abnormal GMs, the distance between both hands was longer, and the height of both hands and feet was lower than that in those with normal GMs. There were no such differences between preterm infants with normal GMs and term infants with normal GMs.Conclusion: Antigravity limbs movements in preterm infants within the first 3 month of corrected age were insufficient compared with those in term infants. Furthermore, no improvement with development was observed in preterm infants. In addition, preterm infants with abnormal GMs showed worse antigravity limbs movements than preterm and term infants with normal GMs. The preterm infants with normal GMs could behave similar to the full term infants. (C) 2016 Elsevier Inc. All rights reserved.
  • Hiroki Mani, Shih-fen Hsiao, Tomoya Konishi, Tatsuya Izumi, Akiyo Tsuda, Naoya Hasegawa, Kenta Takeda, Noriyo Colley, Tadayoshi Asaka
    INTERNATIONAL JOURNAL OF REHABILITATION RESEARCH 39 1 92 - 95 2016年03月 [査読有り][通常論文]
     
    The purpose of this study was to investigate the adaptation with practice of postural control while standing on a rocker board. Thirteen healthy young adults participated. The participants were asked to stand in a sagittal plane on a rocker board with a semicircular base as steadily as possible for as long as they could. With practice, the duration of maintaining postural balance increased significantly and postural stability improved (P < 0.05). Furthermore, the distances between center of pressure and the projection of center of mass decreased (P < 0.05), although joint motion of the lower extremities did not change (P > 0.05). This observation would be the consequence of a highly redundant human locomotor system. With practice, the central nervous system was able to shift the center of pressure position close to the accurate center of mass position.
  • Yun Wang, Kazuhiko Watanabe, Tadayoshi Asaka
    EUROPEAN JOURNAL OF APPLIED PHYSIOLOGY 116 2 301 - 309 2016年02月 [査読有り][通常論文]
     
    Purpose We investigated the muscle activation patterns and the center of pressure (COP) displacement in stepping behavior to determine the relations between anticipatory synergy adjustments (ASAs) and anticipatory postural adjustments (APAs) during support surface translation.Methods Surface muscle activity of eleven leg and trunk muscles was analyzed to identify sets of four muscle modes (M-modes). Linear combination of M-modes and their relationship to changes in the COP shift in the anterior-posterior (AP) direction were then determined. Uncontrolled manifold (UCM) analysis was performed to determine variance components in the M-mode space and indices of M-mode synergy stabilizing the COP shift.Results Prior to the step initiation, synergies stabilizing COP were seen in both conditions. The synergy index started to drop before a change in the averaged activation levels across trials in postural muscles. The magnitude of synergy index was significantly larger under the perturbation condition.Conclusions Results of the study have revealed that the central nervous system is able to prepare multi-muscle synergies when a step is performed during support surface translation. Prior to APAs, ASAs reduce stability of COPAP coordinate that is to be adjusted during the APAs. These findings may help get closer to understanding of physiological mechanism of postural preparation to external perturbation.
  • 萬井 太規, 長谷川 直哉, 武田 賢太, 佐久間 萌, 伊吹 愛梨, 石川 啓太, Shi-Fen Hsiao, 浅賀 忠義
    理学療法学Supplement 2015 0 411 - 411 公益社団法人 日本理学療法士協会 2016年 [査読無し][通常論文]
     
    【はじめに,目的】静的バランスは,支持基底面(Base of support:BOS)内に体重心(Body's center of mass:COM)を保持する中枢神経系の能力に依存する。理学療法場面では,BOSが狭い底部が円上のバランスボードを用いたバランス練習がよく行われる。しかしながら,このようなBOSが狭く固定されていない不安定な状況下の姿勢制御の順応効果については十分に知られていない。BOSが狭く固定された床面動揺では,股関節戦略が増強することは周知されている(Horak and Nashner, 1986)。しかしながら,この状況は底部が固定されているため足関節戦略が制約されていた可能性が高い。BOSが狭く不規則に動く条件下では,多関節の戦略が用いられることが推察される(Ooteghem, et al., 2009)。従って,本研究の目的は非固定狭小BOSを用いたバランス練習の姿勢制御の順応効果を検証することだった。本研究の結果は,バランス能力の低下者と比較検討するための基礎的資料となる。【方法】対象は,健常若年者13名(男性7名,22.7±1.3歳)だった。矢状面の下肢関節角度(Range of motion:ROM),COM,および足圧中心点(Center of pressure:COP)を算出するために,三次元動作解析システムと床反力計を用いた。矢状方向のみ不安定となる底部が円上のバランスボード(幅30cm,長さ50cm,底部半径6cm)を床反力計上に設置した。対象者はボード上に立ち,横に置かれた支持棒を把持した。対象者はできるだけ安定して長く保つように指された。対象者が支持棒を離した後記録を開始し,開始からボード端が床に接地するまでを保持時間とした。各対象者,90秒以上保持できるまで実施した。姿勢安定性は,安定性限界(Margin of stability:MOS,Hof, et al., 2005)を指標とし,姿勢戦略は,COPとCOM間の距離(COP-COM間距離),ROM,およびCOP動揺の中央値周波数(Median power frequency:MPF)用いて検証した。1回目の施行(練習前)と90秒以上保持出来た最後の施行(練習後)を対応のあるt検定を用いて比較した。危険率は5%とした。【結果】対象者が90秒以上保持できるまでに要した平均施行数は,11.3±6.4回であった。平均保持時間は練習後有意に延長した(練習前:29.5±33.6秒,練習後:129.9±39.2秒)(p<0.01)。MOS,COP-COM間距離,およびMPFは,練習後に有意に低下した(p<0.05)。一方,ROMはいずれの関節も練習前後に有意差はなかった(p>0.05)。【結論】姿勢安定性の向上は,保持時間の延長およびMOSの低下によって示された。その要因として,COP動揺の中央値周波数の低下とCOP-COM間距離の低下から,Feedforward制御が優位となり(Duarte and Zatsiorsky, 2002),また,COMの位置に対してCOPを近づける能力が増強されたことが示唆される(Bhatt, et al., 2006)。一方,いずれの関節も有意差がなかったことから,単一の関節戦略ではなく多関節が協調的に運動するMulti-segment strategyが増強されたためと考えられる。
  • 伊吹 愛梨, 浅賀 忠義, 長谷川 直哉, 武田 賢太, 石川 啓太, 佐久間 萌, 佐藤 祐樹, 田中 晨太郎, 萬井 太規, 前島 洋
    理学療法学Supplement 2015 0 585 - 585 公益社団法人 日本理学療法士協会 2016年 [査読無し][通常論文]
     
    【はじめに,目的】姿勢安定性を示す指標として,足圧中心(Center of Pressure:COP)が多く用いられる。既往研究の多くは,COPの動揺が大きいほど姿勢安定性は低いと解釈されている。しかし,姿勢安定性の低下が観察されるパーキンソン病患者においては,健常者と比較してCOP動揺は小さいことが示されている(Horak, et al., 1992)。一方,バランス能力の優れているバレエダンサーの静止立位時のCOP動揺は非経験者と違いが無いという報告(Hugel, et al., 1998)もあり,COPのみを指標とすることに疑問が生じる。従って本研究の目的は,優れたバランス能力を検出するための指標について検討することだった。そのために,クラシックバレエ経験者と非経験者を対象に立位姿勢保持中のCOP,体重心(Body's center of Mass:COM),およびCOPとCOMの距離(COP-COM間距離)を比較検討した。【方法】対象者はクラシックバレエ経験のない健常若年女性10名(コントロール群,22.6±1.3歳,157.9±5.2cm,53.1±3.8kg)と,クラシックバレエ経験のある健常若年女性10名(バレエ群,23.1±1.2歳,156.7±5.4cm,44.5±2.3kg,平均経験年数15.1±4.2年)とした。課題動作は両脚立位,片脚立位,両脚つま先立ちの3条件をそれぞれ開眼・閉眼で30秒間保持することとした。赤外線カメラと三次元動作解析装置(Motion Analysis,200Hz),床反力計(Kistler,1000Hz)を用いて動作を記録し,COP座標とCOM座標を算出した。算出データはCOPおよびCOMの単位軌跡長,動揺面積,前後方向・左右方向のCOP-COM間距離とした。COP-COM間距離はCOP座標からCOM座標を引き,絶対値化してから課題時間全てを加算した値(|COP-COM|),および絶対値化せずに加算した値(COP-COM)の2変数を算出した。|COP-COM|は小さいほどCOPがCOMの近くを動いていることを示し,COP-COMは小さいほどCOPがCOMの前後(左右)を均等に動いていることを示す。統計解析は,Shapiro-wilk検定で正規性の検定を行った後,対応のないt検定とMann-WhitneyのU検定を用いて2群間の比較を行った。有意水準は5%未満とした。【結果】片脚立位動作でのみ2群間に有意差が認められた。片脚立位中の|COP-COM|およびCOP-COM双方において,前後方向・左右方向ともに両視覚条件でバレエ群がコントロール群と比較して有意に小さかった(p<0.05)。COPおよびCOMの単位軌跡長と動揺面積は,両方向・両視覚条件で2群間に有意差は認められなかった。【結論】バレエ群の特徴として,片脚立位においてCOPがCOMのより近くを動いていることが示された。さらに,COPがCOMの前後左右をより均等に動いていることが示された。バランス能力の高い者は,COPがCOMに正確に近づき,COMの前後左右を均等に動くことで,身体に発生するモーメントを小さく且つ方向を偏らせずに制御していると考えられる。静的な姿勢安定性を示す指標として,COPとCOMの距離はCOPもしくはCOMのみに着目した指標よりも優れている。
  • 佐久間 萌, 前島 洋, 浅賀 忠義, 長谷川 直哉, 武田 賢太, 伊吹 愛梨, 石川 啓太, 田中 晨太郎, 佐藤 祐樹, 呉 瑕, 萬井 太規
    理学療法学Supplement 2015 0 651 - 651 公益社団法人 日本理学療法士協会 2016年 [査読無し][通常論文]
     
    【はじめに,目的】転倒は深刻な社会問題の1つであり,高齢者では安定性限界の著明な減少がみられる(Riach, et al., 1993)。従って,転倒を防ぐために狭い安定性限界での姿勢バランスの学習は重要である。姿勢バランスの学習を効率的にする手法の1つとして口頭指示がある。先行研究では,自分の体の動きに集中する「内的指示」と環境に対して運動が与える効果に集中する「外的指示」が定義されており(Wulf, et al., 2010),口頭指示の違いが姿勢バランスに影響を与えることが報告されている(Wulf, et al., 2007)。しかし,狭い安定性限界での課題において,圧中心(以下,COP),質量中心(以下,COM),圧中心と質量中心の関係性を表すCOP-COM間距離の姿勢安定性の指標やCOPの平均周波数などの姿勢戦略の指標を用いて口頭指示の影響を示した研究は我々の知る限りない。本研究は,狭い安定性限界での課題において異なる口頭指示が姿勢バランスに及ぼす影響を姿勢安定性と姿勢戦略両方の観点から検討した。【方法】健常若年者20名を内的・外的指示群の2群に無作為に分けた。左右のCOM・COPを算出するために,三次元動作解析装置と床反力計を用いた。被験者は左右に動揺する不安定板上でなるべく長く立位を保つという課題を行った。被験者は固視点を注視し,内的指示群は「自身の足のゆれ」に,外的指示群は「不安定板のゆれ」に焦点を向けるよう指示した。実験課題は,練習前後に口頭指示を与えず各3施行実施した。練習では各群に口頭指示を与え75秒間立位保持を3施行できた時点で練習終了とした。姿勢安定性の指標として,COP・COM最大偏移量,COP-COM間距離,姿勢戦略の指標としてCOPの平均周波数,姿勢安定性と姿勢戦略の関係性の指標として,COP-COM間距離とCOPの平均周波数の相関を分析した。統計解析は,練習前後の各時点での群間比較としてMann-Whitney U検定,練習前後での比較としてWilcoxon Signed-rank検定を実施した。相関検定としてSpearmanの順位相関係数を用いた。有意水準は5%とした。【結果】COP・COM最大偏移量ともに練習前後で外的指示群は有意に小さかった(p<0.05)。しかし,COP-COM間距離は群間に有意差がなかった。COP-COM間距離とCOPの平均周波数の間に中等度の有意な正の相関が示された(r=0.5)。【結論】本研究では狭い安定性限界での課題を用いたが,先行研究と同様に外的指示で練習を行ったときに姿勢安定性がより高くなることが示された。従って,狭い安定性限界での姿勢バランス課題において,外的指示が内的指示よりも優れていることが示唆される。しかし,COP-COM間距離では口頭指示の違いが示されなかった。この結果は,口頭指示の違いよりも個人の姿勢戦略がCOP-COM間距離に影響されたことが考えられる。本研究の結果は安定性限界の狭小化が懸念されている高齢者やパーキンソン病患者へのバランス練習を提案する際の基礎的資料になると考える。
  • 宮城島 沙織, 浅賀 忠義, 鎌塚 香央里, 小林 正樹, 五十嵐 リサ, 小塚 直樹, 堤 裕幸
    理学療法学Supplement 2015 0 885 - 885 公益社団法人 日本理学療法士協会 2016年 [査読無し][通常論文]
     
    【はじめに,目的】生後数ヶ月の乳児,早産児では特徴的なパターンをもつ自発運動が観察される。我々は客観的指標を用いて,極低出生体重児の自発運動における抗重力運動が少なく,発達的変化に乏しいことを明らかとした。生後1年間の粗大運動発達は臥位から座位を経て,立位と抗重力方向へ姿勢変換をしながら変化していくため,抗重力運動能力が発達へ及ぼす影響は大きいと考えられる。そこで,本研究の目的は極低出生体重児の自発運動がその後の粗大運動発達へ及ぼす影響を明らかとすることとした。【方法】対象は当院で出生した早産・極低出生体重児15名(在胎週数28.9±3.1週,出生体重1,037±263.4g)とした。中枢神経系疾患や重度の呼吸疾患を有する児は除外した。自発運動は3次元動作解析システムを用い,修正1・2・3ヶ月時に測定した。自発運動における抗重力運動の指標は床面からの上下肢挙上の時間平均値,最大挙上値とした。修正6,12ヶ月時の粗大運動発達はAlberta Infant Motor Scale(AIMS)を用いて評価した。事前にそれぞれの変数間の相関関係を検討したところ,修正1・2・3ヶ月の上下肢挙上の時間平均値,最大挙上値は各月齢で強い相関関係を示したため,修正3ヶ月時の値を採用した。その他,|r|>0.7となるような変数は存在しなかった。統計学的処理は,独立変数群を上下肢挙上の時間平均値,最大挙上値,従属変数群を修正6,12ヶ月のAIMSの下位項目(Prone,Supine,Sitting,Standing),評価時体重として,正準相関分析を用いた。有意水準は5%とした。【結果】第1正準変量(正準相関係数r=0.94)では,修正12ヶ月時Sitting(正準負荷量0.89),修正3ヶ月時の上下肢挙上の時間平均値,最大挙上値のすべてが修正6ヶ月時のProne(0.79),修正6ヶ月時のSitting(0.52)の順に強く影響していた(p>0.05)。第2正準変量(正準相関係数r=0.89)では,修正3ヶ月時の上下肢挙上の時間平均値が修正6ヶ月のSupine(0.92),修正6ヶ月時のSitting(0.54),修正6ヶ月時のStanding(0.50)の順に強く影響していた(p>0.05)。【考察】本研究の結果により,自発運動における抗重力運動はその後の粗大運動発達に影響することが客観的指標にて,明らかとなった。周産期合併症のない極低出生体重児であっても,早産により筋骨格系の脆弱性により,運動機会は減少する。その結果,抗重力筋の発育が遅れ,粗大運動発達に影響を与えたと考える。また,第2正準変量より,上下肢挙上運動の時間平均値が修正6ヶ月のSupineに強く影響した。時間平均値は運動量の要素を反映しているため,運動量を補うことで運動発達予後に良い影響を与える可能性がある。【結論】極低出生体重児の自発運動における抗重力運動は修正6ヶ月,修正12ヶ月の粗大運動発達に強く影響を与えることが明らかとなった。
  • 萬井 太規, 長谷川 直哉, 武田 賢太, 伊吹 愛梨, 佐久間 萌, 石川 啓太, 前島 洋, 浅賀 忠義
    理学療法科学 31 4 601 - 607 理学療法科学学会 2016年 [査読無し][通常論文]
     
    〔目的〕本研究の目的は,クロスステップ反復練習の片脚立位時の姿勢安定性および姿勢戦略への即時効果を検証することである.〔対象と方法〕14人の健常若年者を対象とした.練習前後のテスト課題として,被験者は片脚立位姿勢を15秒保持した.練習課題は,クロスステップ動作を100回反復した.練習効果検証のため,足圧中心点(COP) から体重心(COM)までの距離(COP-COM間距離),荷重量メカニズムとCOP位置メカニズムを算出した.〔結果〕練習後,片脚立位中のCOP-COM間距離は減少し,加速相で荷重量メカニズム,減速相でCOP位置メカニズムが増大した.〔結語〕クロスステップ練習は,姿勢戦略を変化させ,片脚立位中のCOP-COM間距離を近づける能力を高め,姿勢安定性を向上させることが示された.
  • Hiroki Mani, Shih-Fen Hsiao, Kenta Takeda, Naoya Hasegawa, Mitsuhisa Tozuka, Akiyo Tsuda, Tetsuro Ohashi, Tsukasa Suwahara, Kumiko Ito, Tadayoshi Asaka
    JOURNAL OF MOTOR BEHAVIOR 47 4 282 - 290 2015年07月 [査読有り][通常論文]
     
    . The purpose of this study was to clarify the age-related effects of distances from the center of pressure (COP) to the center of mass (COM) (COP-COM distances) during one-leg standing (OLS) task. Healthy old and young adults (n = 11 each) participated in this study. The authors divided the task into 3 phases (accelerated, decelerated, and steady) based on the relationship between COM and COP. COP-COM distances in the older group were significantly reduced during the accelerated phase, then significantly increased during the decelerated and steady phases. Furthermore, distances during these phases correlated inversely with OLS time. The authors conclude that OLS time is shortened by the larger braking response to COM shifts just after leg-lifting, and the production of larger inertial forces to maintain COM position during the OLS in older individuals.
  • Yun Wang, Kazuhiko Watanabe, Tadayoshi Asaka
    JOURNAL OF NEUROENGINEERING AND REHABILITATION 12 10 - 10 2015年02月 [査読有り][通常論文]
     
    Background: To evaluate if multi-muscle synergies are comprised of flexible combinations of a small number of postural muscles to stabilize the center of pressure (COP) shift during preparation to making a step in the elderly (self-paced level stepping vs. obstacle crossing stepping).Methods: Electromyography (EMG) signals of leg and trunk muscles were recorded. Linear combination of integrated indices of muscle activity (M-modes) and their relationship to changes in the COP shift in the anterior-posterior (AP) direction were first determined. Uncontrolled manifold (UCM) analysis was performed to determine the extent to which variance of the M-modes acted to produce a consistent change in the COP displacement.Results: The elderly were capable of stabilizing the COPAP coordinate based on co-varied involvement of the M-modes. The synergy index (Delta V) changes in the elderly emerged later (100 ms prior to t(0)) and its magnitude was smaller as compared to that reported in younger persons.Conclusions: Our study reveals that aging is associated with a preserved ability to explore the flexibility of the M-mode compositions but a decrease ability to use multi-M-mode synergies following a predictable perturbation.
  • 長谷川 直哉, 萬井 太規, 武田 賢太, 佐久間 萌, 笠原 敏史, 浅賀 忠義
    理学療法学 42 6 474 - 479 日本理学療法士学会 2015年 [査読無し][通常論文]
     
    【目的】随意的に荷重を移動させる動的バランスの課題を用いて,聴覚フィードバックと視覚フィードバックの学習効果を比較することだった。【方法】被験者は健常若年者20 名とし,無作為に10 名ずつ2 群に割りあてた。被験者にはモニター上に写し出されたターゲットに,自身の足圧中心を前後に移動させて一致させるように指示した。練習ではターゲットの他に,足圧中心位置と連動して聴覚フィードバック(以下,聴覚群)または視覚フィードバック(以下,視覚群)が与えられた。正確性の指標として,足圧中心とターゲットとの間の距離の二乗平均平方根(以下,RMS)を算出した。【結果】両群ともに練習直後は,練習前と比較してRMS が有意に減少した。一方,練習後から1 日経過後では,聴覚群でRMS の減少が持続していたが,視覚群では有意な増加がみられた。【結論】断続的な感覚フィードバックを用いた動的バランスにおいては,聴覚が視覚よりも運動学習に優れている。
  • 津田 章代, 望月 智行, 小西 智也, 泉 達弥, 萬井 太規, 山本 敬三, Shih-fen Hsiao, 浅賀 忠義
    理学療法科学 30 4 635 - 640 理学療法科学学会 2015年 [査読無し][通常論文]
     
    〔目的〕片麻痺患者の立位における下肢外旋位がCOP移動範囲に与える影響およびその際の足底部内の部位別圧分布の特性について検討することだった.〔対象〕片麻痺患者9名と健常者10名を対象とした.〔方法〕被験者は一側下肢を外旋し,4方向リーチを行った際のCOP座標と足圧分布を計測した.外旋角度は3条件(10°, 30°, 45°)とした.〔結果〕下肢を外旋するとBOSは有意に拡大したが,片麻痺患者のCOP移動範囲は拡大しなかった.足圧分布は,健常者と比較して麻痺側では前方で有意に低下し,非麻痺側では踵で有意に増加した.〔結語〕片麻痺患者の麻痺側下肢外旋位は立位安定性には貢献しない.また,両側の前方への荷重性低下が特性として挙げられる.
  • Differences in Visual Attention between Novice and Expert Nurses Performing Endtracheal Suctioning(ES): A Simulation Study
    Colley N, Asaka T, Sakai S, Nagata Y, Shimizu H, Honda C, Sasaki T, Nishioka T
    Therapeutics & Engineering 27 2 97 - 105 2015年 [査読有り][通常論文]
  • Yun Wang, Kazuhiko Watanabe, Tadayoshi Asaka
    RESEARCH IN SPORTS MEDICINE 23 1 88 - 101 2015年01月 [査読有り][通常論文]
     
    The aim of this article was to explore age-related differences in the muscle modes (M-modes) during voluntary body sway (VS). M-modes were defined as trunk and leg muscles organized into groups with parallel scaling of muscle activation level within a group. We hypothesized that, in comparison with young performers, older adults would show changes in the compositions of M-modes stabilizing the anterior-posterior (AP) center of pressure (COP) displacement. Young (27.5 +/- 7.3 yr, 164.6 +/- 9.7 cm and 58.4 +/- 10.6 kg) and older (69.4 +/- 6.4 yr, 160.0 +/- 7.0 cm and 58.9 +/- 7.5 kg) subjects performed the VS task in the AP direction while trying to minimize sway in the medio-lateral direction. EMG signals of 10 postural muscles were recorded and analyzed. Principal component analysis (PCA) was used to identify three M-modes within the space of integrated indices of muscle activity. The main findings were (1) that there were no age-related differences in magnitude of the COP displacement or amount of variance explained by the principal components (m-modes), and (2) that the number of times co-contraction and mixed m-modes were used were significantly higher for older adults, and the number of times reciprocal m-modes were used were significantly higher for young adults. These observations suggest that aging is associated with a reduced ability to unite dorsal and ventral muscles of the body, which may be reflective of the CNS developing a useful strategy when faced with self-triggered perturbations.
  • Yun Wang, Kazuhiko Watanabe, Tadayoshi Asaka, Fatao Wan
    EUROPEAN JOURNAL OF APPLIED PHYSIOLOGY 114 12 2561 - 2569 2014年12月 [査読有り][通常論文]
     
    To study multi-muscle synergies during preparation in making a step (self-paced level stepping vs. obstacle crossing stepping).The uncontrolled manifold hypothesis was used to explore the organization of leg and trunk muscles into groups (M-modes) and co-variation of M-mode involvement (M-mode synergies) during stepping tasks. Subjects performed two tasks: (1) making a comfortable step from quiet stance (STCS), (2) stepping over an obstacle of 15 % body height from quiet stance, STOS. Electromyographic (EMG) signals of 10 postural muscles were recorded and analyzed. Principal component analysis was used to identify M-modes within the space of integrated indices of muscle activity. Variance in the M-mode space across stepping trials was partitioned into two components, one that did not affect the average value of center of pressure (COP) shift and the other that did. An index (Delta V) corresponding to the normalized difference between two components of variance was computed.Under the two tasks, strong multi-M-mode synergies stabilizing trajectories of the COP in the anterior-posterior direction were found. Despite the significant differences in the COP shifts and EMG patterns of postural adjustments, the synergies showed only minor differences across the conditions.These findings demonstrate the robustness of multi-M-mode synergies across different manners of making a step.
  • Hiroki Mani, Tatsuya Izumi, Tomoya Konishi, Mina Samukawa, Keizo Yamamoto, Kazuhiko Watanabe, Tadayoshi Asaka
    JOURNAL OF PHYSICAL THERAPY SCIENCE 26 6 833 - 839 2014年06月 [査読有り][通常論文]
     
    [Purpose] This study investigated the characteristics of postural control following postural disturbance in elite athletes. [Subjects] Ten elite ski jumpers and ten control subjects participated in this study. [Methods] Subjects were required to maintain balance without stepping following unexpected horizontal surface perturbation in a forward or backward direction. [Results] A lower and reproducible peak magnitude of the center of mass velocity was shown in the athlete group compared to the control group. Cross-correlation analyses showed longer time lags at the moment of peak correlation coefficient between trunk flexor and extensor muscle activities, and shorter time lags and higher correlations between ankle flexor and extensor muscle activities were shown in the athlete group than in the control group. [Conclusion] The elite ski jumpers showed superior balance performance following surface perturbations, more reciprocal patterns in agonist-antagonist pairs of proximal postural muscles, and more co-contraction patterns in distal postural muscles during automatic postural responses than control individuals. This strategy may be useful in sports requiring effective balance recovery in environments with a dynamically changing surface, as well as in rehabilitation.
  • 長谷川 直哉, Shih-Fen Hsiao, 笠原 敏史, 浅賀 忠義, 萬井 太規, 戸塚 満久, 津田 章代, 伊藤 久美子, 大橋 哲朗, 諏訪原 司, 武田 賢太, 趙 静
    理学療法学Supplement 2013 0 296 - 296 公益社団法人 日本理学療法士協会 2014年 [査読無し][通常論文]
     
    【はじめに,目的】立位バランスの改善を目的とする練習方法として感覚フィードバックを用いた練習が一般的に行われている。感覚フィードバックには主として視覚・聴覚・体性感覚が使用されており,その効果は多くの先行研究で示されている。しかし,その効果は姿勢動揺を減少させるための静的バランスを課題としており,随意的に体重心を移動させるための動的バランスについての報告は極めて少ない。加えて,用いられている感覚は視覚が多く,聴覚など他の感覚フィードバックによる学習効果と比較検討した立位バランスに関する研究は筆者らが知る限り見当たらない。従って,本研究はフィードバック練習に用いる感覚の違いが動的バランスの学習効果に与える影響について明らかにすることを目的とした。【方法】被験者は,健常若年者18名(平均年齢22.3±1.9歳,平均身長165.8±7.5cm,平均体重56.4±7.9kg)であり,無作為に聴覚刺激をフィードバックに用いた9名(聴覚群)と視覚刺激をフィードバックに用いた9名(視覚群)に割り当てられた。被験者には,床反力計上に裸足で立ち,前方に設置したモニター画面上に表示された前後方向に移動するターゲットに自身の足圧中心(COP)を一致させるように指示した(動的バランス課題)。ターゲットは被験者のCOP最大移動距離の前方80%から後方70%を周波数0.23Hzで移動するようにLabVIEWソフトウェアを用いて作成した。練習課題ではターゲットの他にCOP最大移動距離の前方70~80%,後方60~70%の範囲に被験者のCOPが位置したときに各群に合わせたフィードバックを与えた(聴覚群:スピーカーからの音,視覚群:モニター画面上に赤い点)。課題は1施行30秒とし,1日目には練習前と練習後に動的バランス課題を5施行ずつと練習課題を20施行で合わせて30施行を行い,1日介入のない日を設けて,3日目に動的バランス課題5施行を行った。また,動作開始時の影響を取り除くために,1施行の7周期から最初の1周期を除外した6周期を解析対象とした。動作の正確性の指標として,床反力計から算出された被験者のCOPとターゲットとの間の距離の二乗平均平方根(RMS)を使用した。フィードバック練習の適応および学習効果について調べるために,練習前・練習後・3日目の3群間比較には一元配置分散分析および多重比較を行った。また,両群間(視覚,聴覚)の比較をするために,練習前のRMS値,練習前と練習後のRMS値の差および練習後と3日目のRMS値の差による変化量を算出し,対応のないt検定を行った。検定の有意水準は5%未満とした。【倫理的配慮,説明と同意】被験者には事前に口頭と書面で本研究の目的や実験手順,考えられる危険性などを十分に説明し,書面にて同意を得た。本研究は,当大学院倫理委員会の承認を得て行った。【結果】課題間での比較については,聴覚群は練習前と比較して練習後および3日目で有意な低下を示した(p<0.01)。一方,視覚群では練習前と比較して練習後に有意な低下を示したが(p<0.05),3日目は有意差がみられなかった。群間の比較では,練習前のRMS値に有意差はみられなかった。変化量の比較では,練習前後で両群間に有意差はみられなかったが,練習後から3日目を引いた値では視覚群(-4.19±3.62)は聴覚群(0.78±2.38)と比較して有意に小さい値を示した(p<0.01)。【考察】練習前の群間比較でRMS値に有意差がみられず,練習前後では両群ともに有意な低下が示された。さらに,その変化量には有意差がみられなかった。従って,動的バランスにおいて聴覚および視覚のフィードバック練習によって同程度の適応効果が示されたと考えられる。しかしながら,聴覚群では3日目においてもその効果の保続が示されたが,視覚群では一日あけることによって練習前の正確性に戻り,変化量の群間比較においても有意差が示された。従って,聴覚フィードバック練習によって学習効果が示されたが,視覚フィードバック練習では学習されにくいことが示唆される。Ronsseらは,両手の協調運動を用いて視覚フィードバック練習では視覚刺激に頼りがちになるが,聴覚フィードバックを用いた場合は刺激に頼らない神経回路が構築されやすいことを明らかにした。よって,随意運動を伴う動的バランス練習においても聴覚刺激の方が運動学習には有効であると考えられる。【理学療法学研究としての意義】立位バランスにおいて,異なる感覚フィードバックによる学習効果の違いを初めて明らかにした。本研究成果は,視覚に頼らない有効な感覚フィードバック練習を提案するための科学的根拠となる。
  • 宮城島 沙織, 浅賀 忠義, 鎌塚 香央里, 小林 正樹, 五十嵐 リサ, 小塚 直樹
    理学療法学 41 2 96 - 97 日本理学療法士学会 2014年 [査読無し][通常論文]
     
    【目的】乳児は生後5ヵ月までの間,自発運動を通し運動学習をしている。極低出生体重児はその未熟性から抗重力運動が苦手で,正期産児と異なる運動パターンを示すとされるが,定量的に示された報告は少ない。今回我々は極低出生体重児における自発運動の抗重力運動の特徴を捉えることとした。【対象と方法】札幌医科大学附属病院で出生した神経学的に異常を認めない極低出生体重児(VLBW群)7名,および正期産児10名とした。3次元動作解析システムを用い,自発運動の解析を行った。【結果】VLBW群では,自発運動の上下肢左右接近距離(平均値)は大きく,左右の手を近付ける運動が少なかった。また,上下肢の運動の高さ(平均値)は低く,抗重力運動が小さいことがあきらかになった。【考察】VLBW群では早産により,より早期に重力の影響を受けることや医療的処置などにより抗重力運動の機会が少ないことが結果に影響していると考えられた。
  • パーキンソン病患者における踵補高による歩行開始時の効果
    伊藤裕子, 萬井太規, 甲斐千尋, 泉達弥, 本間早苗, 武井麻子, 濱田晋輔, 森若文雄, 浅賀忠義
    北海道理学療法士会誌 30 25 - 32 2013年06月 [査読有り][通常論文]
  • Yun Wang, Tadayoshi Asaka, Kazuhiko Watanabe
    EXPERIMENTAL BRAIN RESEARCH 226 4 463 - 472 2013年05月 [査読有り][通常論文]
     
    We studied multi-muscle synergies of healthy elderly persons during preparation to making a step (self-paced vs. reaction time). The uncontrolled manifold hypothesis was used to explore the organization of leg and trunk muscles into groups (M-modes) and co-variation of M-mode involvement (M-mode synergies) during stepping tasks. We hypothesized that aging accounts for changes in the structure of M-modes, as well as in M-mode synergies. Subjects performed two tasks: (1) a cyclic COP shift over a range corresponding to the maximal amplitude of voluntary COP shift at 1 Hz, (2) stepping tasks under 3 instructions, "comfortably, self-paced," "very quick, self-paced," and "as fast as possible to a visual signal." Electromyographic signals of 10 postural muscles were recorded and analyzed. Principal component analysis was used to identify M-modes within the space of integrated indices of muscle activity in the cyclic sway task. Variance in the M-mode space across stepping trials was partitioned into two components, one that did not affect the average value of COP shift and the other that did. An index (Delta V) corresponding to the normalized difference between two components of variance was computed. The elderly subjects showed more "co-contraction M-mode" and "mixed M-mode" than that of the young subjects. During stepping tasks, both subject groups showed M-mode synergies stabilizing COP shifts in the stepping and supporting legs. The synergies of elderly subjects showed a smaller and delayed value than that of the young subjects. These results suggest that aging is associated with diminished control in multi-muscle synergies in the anticipatory postural adjustments during gait initiation.
  • Mariko Saito, Tadayoshi Asaka, Junko Fukushima
    JOURNAL OF PHYSICAL THERAPY SCIENCE 25 2 183 - 188 2013年02月 [査読有り][通常論文]
     
    [Purpose] We examined the effects of motor imagery on the sitting balance of 16 hemiplegic patients. [Subjects] The subjects were 6 persons in an intervention group and 10 persons in a non-intervention group. [Methods] All patients received pre- and post-training assessments on the 1st and 5th day. The intervention patients received motor imagery combined with repetitive task practice for 3 consecutive days, while the non-intervention group received no training other than the assessments. With the aid of visual and auditory information the intervention group were instructed to sit and perform imaging as if they flexed their trunk forward and bent their trunk laterally. After motor imagery, they were asked to perform the same repetitive task practice as motor imagery. Elevation and roll angles of the spinal process of L1 and sitting pressure were measured. These parameters were compared between pre- and post-training, and between the intervention and non-intervention groups using ANOVA. [Results] Sitting pressure on the affected side at rest was significantly increased after training, but during forward-flexion, the patients inclined more to the unaffected side, especially left hemiplegic patients. The angles of movement were significantly increased while bending laterally to the affected side. However, sitting pressure showed no significant increase on the affected side. [Conclusion] Short-term motor imagery with repetitive task practice had limited effect on the sitting balance of hemiplegic patients.
  • Saito M, Asaka T, Fukushima J
    J Phys Ther Sci 25 183 - 188 2013年02月 [査読有り][通常論文]
  • 戸塚 満久, 萬井 太規, 新崎 真美子, 藤田 博之, 菅田 忠夫, 浅賀 忠義
    理学療法科学 28 5 601 - 606 理学療法科学学会 2013年 [査読無し][通常論文]
     
    〔目的〕パーキンソン病患者における立位時足圧中心の前後移動量と足圧分布の関連について調べた.〔対象〕パーキンソン病患者8名と健常高齢者8名が参加した.〔方法〕足圧分布計上で体幹前後動揺を行った.足趾部・中足骨部・踵部の荷重圧変化を独立変数,足圧中心の移動変化を従属変数とした重回帰分析を行い,偏回帰係数を算出した.〔結果〕パーキンソン病患者は健常群と比較して足長に対する足圧中心の移動比率が前後共に低下し,偏回帰係数は足趾部で有意に低く,中足骨部で有意に高かった.〔結語〕パーキンソン病患者における立位時の随意的な前方への足圧中心移動量の低下は,足趾部への荷重量低下に起因する.
  • 浅賀 忠義
    理学療法学Supplement 2013 0 79 - 79 公益社団法人 日本理学療法士協会 2013年 [査読無し][通常論文]
  • 浅賀 忠義, 王 芸
    北海道醫學雜誌 = Acta medica Hokkaidonensia 87 2 75 - 75 2012年04月01日 [査読無し][通常論文]
  • 八幡 健太郎, 萬井 太規, 中西 徹, 小南 由衣, 浅賀 忠義
    理学療法科学 27 6 697 - 703 理学療法科学学会 2012年 [査読無し][通常論文]
     
    〔目的〕本研究は,床面水平外乱による学習効果について筋シナジーに着目して明らかにすることを目的とした.〔対象〕対象は,健常若年者9名だった.〔方法〕三次元動作解析システムを用いて重心を算出し,10姿勢筋から自動姿勢反応の筋活動を導出した.6日間に渡り床面水平刺激を,1人計540回実施した.〔結果〕練習後の最大重心速度は,有意に減少した.不安定状態の後方刺激で,膝関節同時収縮パターンと前方動揺活動パターンの筋活動量は有意に増加した.〔結語〕中枢神経システムは,軽度の不安定状態で膝の同時収縮パターンと股関節戦略に類似した活動パターンを安定性向上のために学習によって強化することが示唆される.
  • 泉 達弥, 小西 智也, 萬井 太規, 三浦 宏介, 津田 章代, 寒川 美奈, 山本 敬三, 浅賀 忠義
    理学療法学Supplement 2011 0 Ab0662 - Ab0662 公益社団法人 日本理学療法士協会 2012年 [査読無し][通常論文]
     
    【目的】 転倒の主たる原因として,スリップや乗り物の発進・停止時などの床面水平外乱が挙げられる.以前から,外乱後のFeedback制御である代償的姿勢反応について調べられており,姿勢筋活動の特徴として活動開始時間や筋活動パターンについて報告されてきた(Horak & Nashner,1986;Tokuno,2010).しかしながら,姿勢反応に関する既往報告の多くは一般健常者および障害者を対象としており,優れた姿勢回復能力が要求される卓越した姿勢制御の特性についてはほとんど知られていない.この特性の解明により,水平外乱に対する転倒予防のための学習効果の目標が明確になるとともに,効果的な学習方法の開発が期待できる.従って,本研究の目的は床面水平外乱に対する卓越した代償的姿勢反応の筋活動の特性を明らかにすることだった.一般に,アスリートは一般健常者と比較して優れたバランス能力を有しており(Calavalle,2008;Asseman,2008),さらにトップアスリートは地域レベルのアスリートよりも高いバランス能力を有する(Mason & Pelgrim,1986; Mononen,2007).よって,床面水平外乱に類似した競技特性のトップアスリートを対象とし一般健常者と比較検討した.我々の仮説はトップアスリートは一般健常者よりも,1) 外乱後の筋活動開始時刻(EMG onset)が早い,2) 筋活動量は急激に増加する,3) 体幹・下肢の主動筋と拮抗筋の同時収縮性が低いだった. 【方法】 対象:国際大会出場レベルのスキージャンパー10名(年齢:19.9 ± 2.3歳,身長:168.2 ± 7.9 cm,体重:56.1 ± 5.22 Kg)および健常若年者10名(年齢:21.6 ± 0.8歳,身長:165.6 ± 11.3 cm, 体重:57.3 ± 10.0 Kg)を対象とした.2.使用機器:1)床面水平刺激装置(前後2 方向):水平移動5cm,最大速度13cm/sec (小外乱),水平移動10cm,最大速度39cm/sec (大外乱)とした.2)三次元動作解析システム:一側矢状面上の頭部・体幹・上肢・下肢の9マーカー座標を200Hzで収集した.刺激装置上に刺激開始時刻決定のためのマーカーを付けた.3)表面筋電計:一側の前脛骨筋,外側腓腹筋,内側腓腹筋,ヒラメ筋,大腿直筋,外側広筋,大腿二頭筋,半腱様筋,腹直筋,脊柱起立筋の10姿勢筋から筋活動を導出した(1KHz).3.実験方法:被験者は刺激装置上に上肢を体側に垂らし自然立位をとった.外乱後にステップを踏まないように指示した.4課題(2外乱×2方向),各課題15回ずつ計60回をランダムに実施し,外乱は検者がランダムなタイミングで誘発した.4.解析:EMG onsetは,外乱開始前100ms間の筋活動の平均値±3SDの値を少なくとも25ms間持続した時刻とした.積分筋電値は各筋ごとに全施行の最大値で標準化し,EMG onsetから25ms間を bin 1,26msから50msまでをbin 2とし,各binごとの値を算出した.自動姿勢反応期である外乱後70~180 ms(Horak & Nashner,1986)の下腿・大腿・体幹の主動筋・拮抗筋の関係性を,Co-contraction index(Falconer etc,1985)を用いて定量化した.この値が大きいほど同時収縮が強いことを意味する.統計解析には EMG onset は各筋ごと,積分筋電値は bin ごと,またCo-contraction indexは体幹・下肢の屈曲・伸展筋群のペアごとにunpaired t-testを用いて2群間の比較を行った.危険率は5%とした.【説明と同意】 実験前に,被験者に十分な説明を行い署名にて同意を得た.本研究は所属機関の倫理委員会の承認を得ている.【結果】 1) EMG onset: 前方への大外乱時,アスリート群は健常若年者群よりも前脛骨筋で有意に遅い筋活動がみられた(p < 0.05).2) 積分筋電値: 前方への大外乱時に外側広筋の bin 1でアスリート群は健常若年者群よりも有意に大きかったが(p < 0.05), bin 2では有意差がみられなかった.また,後方への大外乱時に半腱様筋の bin 1でアスリート群は健常若年者群よりも有意に大きな傾向があったが(p = 0.054), bin 2では有意差がみられなかった.3) Co-contraction index: 前方への大外乱時に体幹筋のindex値がアスリート群は健常若年者群よりも有意に小さかった(p < 0.05).【考察】 積分筋電値bin 1 とbin 2の結果から,アスリート群は健常若年者群よりも筋活動量を活動直後に急激に増大させていることが示唆される (仮説2).また,Co-contraction indexの結果から,アスリート群は健常若年者群よりも体幹筋の同時収縮性が低いことが示唆される(仮説3).仮説1に反して前脛骨筋のEMG onsetはアスリート群の方が遅延していた.スキーヤーは長期間スキーブーツを装着するため足関節の固定性が高められることが一要因として考えられる(Bennel et al.1994).【理学療法学研究としての意義】 本研究で明らかとなった床面水平外乱に対する姿勢筋活動の特性は,効果的な姿勢回復のためのバランス練習の指標および新たな運動療法を考案するための基礎資料となる.
  • Tadayoshi Asaka, Yun Wang
    EXPERIMENTAL BRAIN RESEARCH 210 1 153 - 163 2011年04月 [査読有り][通常論文]
     
    The purpose of this study was to investigate postural muscle synergies (M-modes) and quantitative multi-mode coordination to ensure reproducible center of pressure (COP) in anterior-posterior trajectories associated with voluntary-induced perturbations in patients with mild cerebellar ataxia. We applied the framework of the uncontrolled manifold hypothesis for the patients with ataxia. Nine patients diagnosed with spinocerebellar degeneration (SCD) and nine healthy adults stood on a force plate performed the voluntary unloading task. Ground reaction forces and surface electromyogram signals of ten trunk and leg muscles were recorded. Total variance of the first three principal components in the SCD group was similar to the control group. The co-contraction M-modes, uniting muscle pairs with opposing actions at major leg joints, were observed more frequently in the SCD group than in the control group during anticipatory postural adjustments. The quantitative multi-mode coordinations to ensure stable COP trajectories prior to and after motor actions were smaller in the SCD group than in the control group. We conclude that individuals with mild cerebellar ataxia organize feedforward muscle modes and show more co-contraction modes and impaired coordination during feedback and feedforward postural control.
  • 渡辺 明日香, 右近 雅子, 森山 隆則, 田村 彰吾, 浅賀 忠義, 井上 馨
    北海道文教大学研究紀要 35 93 - 103 北海道文教大学 2011年03月 [査読無し][通常論文]
  • Tadayoshi Asaka, Kentaro Yahata, Hiroki Mani, Yun Wang
    Journal of motor behavior 43 2 165 - 72 2011年 [査読有り][通常論文]
     
    The authors applied principal component analysis to investigate muscle activation patterns (M-modes) involved in the automatic postural responses induced by external surface perturbations. They focused on M-mode modulations as responses to the effects of practice, stability of the conditions and perturbed directions. While peak center of mass velocity reduced with practice, M-modes were similar with practice and across stability conditions. In contrast, atypical sway mode coactivations that combined proximal trunk muscles with distal muscles of the opposite lower extremity of the ventral-dorsal side were observed under the unstable conditions in both forward and backward perturbations after practice. In addition, M-modes in the forward translations were characterized by increased cocontraction patterns. Results suggest that compositions of the underlying M-modes show minor differences in each perturbed direction, but practice enhances coactivation patterns combining proximal muscles with distal muscles, and with accompanying cocontraction patterns, under more challenging conditions.
  • 萬井 太規, 泉 達弥, 三浦 宏介, 浅賀 忠義
    理学療法学Supplement 2010 0 AcOF2021 - AcOF2021 公益社団法人 日本理学療法士協会 2011年 [査読無し][通常論文]
     
    【目的】
    床面の水平動揺は,スリップやバスの発着時など日常で少なからず直面する.立位姿勢の前後水平外乱に対する姿勢反応から姿勢動揺の強弱によってHip strategy, Ankle strategy (Horak & Nashner, 1986) が周知されている。Robert & Latash (2008) は胸部への水平外乱によって自動姿勢反応期 (APR: 外乱後80-180ms) では同時収縮筋活動パターン(Co-contraction Modes: 下肢各関節の主動作筋と拮抗筋の活動),随意的反応期(VR: 250ms-450ms)では相反性筋活動パターン(Reciprocal Modes: 腹側の筋群または背側の筋群の活動)であることを報告している.しかし,外乱の強弱の違いによる活動パターンについては検討されていない.従って,本研究の目的は床面水平外乱による姿勢反応の筋活動パターンについて,2つの姿勢反応期においての外乱の強弱の違いを明らかにすることである.
    【方法】
    1.対象:健常若年者10名を対象とした(年齢:21.6±0.8歳,身長:165.6±11.3cm,体重:57.3±10.0 Kg).2.使用機器:1)床面水平刺激装置(2 directions):水平移動5cm、最大速度13cm/sec (小外乱),水平移動10cm、最大速度19cm/sec (大外乱)とした.2)三次元動作解析システム:一側矢状面上の頭部・体幹・上肢・下肢の9マーカー座標を200Hzで収集し,ROMを算出した.刺激装置上に刺激開始時間決定のためのマーカーを付けた.3)筋電計:一側の前脛骨筋(TA)、外側腓腹筋(GL)、内側腓腹筋(GM)、ヒラメ筋(SOL)、大腿直筋(RF)、外側広筋(VL)、大腿二頭筋(BF)、半腱様筋(ST)、腹直筋(RA)、脊柱起立筋(ES)の10姿勢筋から筋活動を導出した(1KHz).3.実験方法:被験者は刺激装置上に上肢を体側に垂らし自然立位をとった.外乱後にステップを踏まないように指示した.4課題(2外乱×2方向),各課題15回ずつ計60回をランダムに実施し、外乱は検者がランダムなタイミングでトリガーした.4.解析:筋活動パターンは主成分分析による第1-3主成分 (PC1, PC2, PC3) の因子負荷量で求めた.まず,標準化された筋電値から25ms毎 (bin) の積分筋電値を求め,APR (移動開始後80-180ms) は120行 (4 bins×15 trials×2 directions) ×10列 (muscles),VR (移動開始後200ms-400ms) は240行×10列のデータをそれぞれ外乱強度別に分析した.主成分毎に10筋の因子負荷量 (10次元ベクトル) の類似性を解析するために,最小二乗法を用いて40ベクトル (2外乱強度×2姿勢反応期×10人) の中心ベクトルを求め,中心ベクトルと各被験者の4ベクトル (2外乱強度×2姿勢反応期) とのcosθ(両ベクトルの内積)を求めた.つまりcosθが1に近い程両ベクトルは類似していることになる.得られたcosθはさらにFisher's z-scoreに変換された.統計解析には2-way ANOVA{2外乱×姿勢反応期(APR,VR)}を用い,危険率5%とした.
    【説明と同意】
    実験前に,被験者に十分な説明を行い署名にて同意を得た.本研究は所属機関の倫理委員会の承認を得ている.
    【結果】
    主成分分析の結果,分散比率は大外乱のAPR,VR,小外乱のAPR,VRの順に,76.4±2.1%,68.9±3.5%,73.0±3.2%,67.0±2.5%で有意差はなかった.全被験者の平均因子負荷量から,大外乱のAPRでは一側の体幹筋と反対側の下肢筋(群) (PC1: RA, GL, GM, SOL; PC2: ES, TA) の活動パターンがみられた.我々は,この新たな活動パターンをSway Modes と称した.大外乱のVRまたは小外乱のAPR, VRはいづれもReciprocal Modesがみられた.z-scoreを用いたANOVAの結果,外乱強度および姿勢反応期ともに有意差がみられた.
    【考察】
    Hip strategyはSway Modesで,Ankle strategyはReciprocal Modesと考えられる.大きな姿勢動揺に対しては中枢筋群とその反対側の末梢筋群との協調的な筋活動が要求される.また,中枢神経システムは急速に筋活動パターンを変化させる能力がある.
    【理学療法学研究としての意義】
    外乱刺激に対する姿勢戦略の筋活動パターンを明らかにすることは,姿勢制御の理解を深めると共に,バランス訓練効果の指標および新たな運動療法の開発に有用である.
  • 動作開始における筋相互間の協調性の研究
    健康医科学 No.25 37 - 45 2010年 [査読無し][通常論文]
  • 八幡 健太郎, 萬井 太規, 中西 徹, 小南 由衣, 浅賀 忠義
    理学療法学Supplement 2009 0 A4P2008 - A4P2008 公益社団法人 日本理学療法士協会 2010年 [査読無し][通常論文]
     
    【目的】
    立位姿勢の前後動揺に対するfeed-backの戦略として"Ankle strategy"および"Hip strategy"は周知されているが,姿勢反応の筋活動パターン(筋シナジー)および繰り返し刺激による学習効果については明らかではない.前後動揺に関するFeed-forwardおよび 随意運動の筋シナジーに関する既往研究から,相反性筋活動パターンや同時収縮パターン (Krishnamoorthy 2003, 2004; Wang 2006) およびbody-swayパターン (Robert 2008) が知られており,さらに,我々はFeed-forward 制御では運動学習によって同時収縮パターンから相反性パターンへと変化することを報告した(Asaka 2008).本研究の目的は,feed-back姿勢反応の筋シナジー別にみた学習効果について明らかにすることである.
    【方法】
    1.対象:健常若年者7名を対象とした(年齢:21.6±0.8歳,身長:165.6±11.3 cm,体重:57.3±10.0 Kg).2.使用機器:1)Motion Analysisを用いて矢状面上の頭部・体幹・下肢の7マーカー座標を200Hzで収集し,体重心を算出した.床反力計上に刺激開始時間を決めるために2か所マーカーを付けた.2)Multi Telemeterを用いて一側の前脛骨筋(TA)、外側腓腹筋(GL)、内側腓腹筋(GM)、ヒラメ筋(SOL)、大腿直筋(RF)、外側広筋(VL)、大腿二頭筋(BF)、半腱様筋(ST)、腹直筋(RA)、脊柱起立筋(ES)の10姿勢筋から筋活動を導出した(1KHz).3)1枚の床反力計を床面水平刺激装置上に設置し, LabVIEWを用いてon-lineでフィードバックモニターに足圧中心を映した.4)床面水平刺激装置:5.85cm水平移動で最大速度13cm/secとした.3.実験課題:1)2conditions(stable and unstable):不安定状態(unstable)では床反力計の上に、さらに前後の支持基底面を減少させた(前後85cm)不安定板を置いた.2)2directions(forward and backward)4.方法: conditionとdirectionを組み合わせた4課題をランダムに15回ずつ連続実施した.床面移動はランダムなタイミングで検者によってtriggerされた.被験者は実験および訓練中,フィードバックモニターを見ながらできるだけ安定するように指示された.実験は全部で3回実施し,各実験間に3日間ずつ,計6日間 (1日1回) の訓練を実施した.訓練は1日1回40分程度で、不安定状態の課題(2 directions)を30回ずつ、計60回実施した.+80msから+180ms間の積分筋電値を求め,標準化後に7種類の筋シナジーの活動量を求めた:1_Push-forward [(TA+RF+VL+RA)/4],2_Push-back [(GL+GM+SOL+BF+ST+ES)/6], 3_Ankle-cocontraction [(TA+GL+GM+SOL)/4], 4_Knee-cocontraction [(RF+VL+BF+ST)/4], 5_Hip-cocontraction [(RA+ES)/2], 6_Sway-back [(TA+BF+ST+ES)/4],7_Sway-forward [(GL+ GM+ SOL+ RF+ VL+ RA)/6]. 統計は分散分析を用い,危険率5%とした.
    【説明と同意】
    実験前に,被験者に十分な説明を行い署名にて同意を得た.また,本研究は所属機関の倫理委員会の承認を得ている.
    【結果】
    体重心の最大動揺変位は,不安定状態での後方刺激で有意な減少がみられた [F(2,12) = 5.65, p < 0.05].筋活動パターンの活動量では,不安定状態での後方刺激で有意な増加がみられた [F(2,132) = 21.70, p < 0.01].不安定状態での後方刺激課題で各筋シナジー毎ではSway-forward [F(2,18) = 3.37, p < 0.05]とKnee-cocontraction [F(2,18) = 4.79, p < 0.05]で有意な増加がみられた.
    【考察】
    運動学習によって,不安定状態における重心前方動揺の減少と姿勢反応パターンの筋活動量の増加が明らかとなった.筋シナジーの結果から,Center Nerve Systemは不安定状態ではHip strategyを用いた重心の後方シフトと膝の同時収縮を用いた安定性の向上を強化したことが示唆される
    【理学療法学研究としての意義】
    外乱刺激による姿勢反応の学習効果を筋シナジーの視点から明らかにすることは,姿勢制御の理解を深めると共に,バランス訓練効果の指標および新たな運動療法の開発に有用である.
  • 林 昌宏, 浅賀 忠義, 長谷川 雅浩, 吉成 哲, 大村 健治, 中島 康博
    日本建築学会北海道支部研究報告集 82 357 - 360 日本建築学会 2009年07月 [査読無し][通常論文]
  • Tadayoshi Asaka, Yun Wang
    JOURNAL OF HUMAN KINETICS 20 63 - 70 2008年12月 [査読有り][通常論文]
     
    We investigated the effects of aging on postural muscles covariate patterns prior to voluntary perturbations. Nine healthy young and nine older subjects were instructed to release a load in a self-paced manner. The results of cross-correlation analyses showed that the average time lag corresponding peak correlation coefficient between trunk flexor and extensor muscles in the older group was significantly shorter, compared to that in the young group. The results of principal component analysis showed that the co-contraction Muscle-modes in the older group were observed more frequently than those in the young group. These results indicate that the older group showed changes in the anticipatory postural muscle co-varialion, suggesting the transition from reciprocal to co-activation pattern with aging.
  • 浅賀 忠義
    Monthly book medical rehabilitation 93 37 - 43 全日本病院出版会 2008年06月 [査読無し][通常論文]
  • Yun Wang, Tadayoshi Asaka
    BRAIN RESEARCH BULLETIN 76 1-2 16 - 25 2008年05月 [査読有り][通常論文]
     
    We investigated multi-muscle synergies during preparation to push a load forward and their changes with different support conditions. We hypothesized that the subjects show unchanged mode structure and would be able to form multi-mode COP stabilizing synergies while standing on an unstable board. Eight healthy subjects participated in the study. Standing subjects performed load-pushing tasks under two conditions, "normal support" and "ML narrow support". Electromyographic (EMG) signals of 12 postural muscles were recorded and analyzed. The participants also performed standard tasks associated with releasing a load. These trials were used to identify muscle groupings (M-modes) associated with shifts of the center of pressure (COP) and relations between small changes in the M-modes and COP shifts in different support conditions. The subjects showed unchanged mode structure across different support conditions. The framework of the uncontrolled manifold hypothesis was used to partition the EMG variance across load-pushing trials into two components that kept constant and changed the COP coordinates in the anterior-posterior (AP) direction. This analysis has allowed us associate changes in the contribution of muscles with COP shifts under different support conditions. Different time profiles of the synergies were observed related to the COP shifts across conditions. This outcome supports a view that indices of multi-muscle (multi-M-mode) synergies can show anticipatory changes in preparation for a predictable perturbation. (C) 2608 Elsevier Inc. All rights reserved.
  • J. Fukushima, T. Asaka, K. Fukushima
    USING EYE MOVEMENTS AS AN EXPERIMENTAL PROBE OF BRAIN FUNCTION - A SYMPOSIUM IN HONOR OF JEAN BUTTNER-ENNEVER 171 335 - 338 2008年 [査読有り][通常論文]
     
    We investigated postural sway in young subjects during eye-head movements. Subjects stood on the force plate wearing a helmet on which a laser spot was attached. Visual targets were presented stepwise at 60 degrees to right and left or 50 degrees to upward and downward of the straight-ahead position. Subjects were asked to look at the targets quickly by directing the laser spot to the target. The anterior-posterior component of centre of pressures (COPs) exhibited the largest changes and shortest latencies during downward movements. Most of the subjects showed COP changes preceding the onset of downward head movements, and these changes were associated with EMG activity of biceps femoris and gastrocnemius. When subjects were asked to look at the target only by eyes, no consistent change was detected in ground reaction forces. These results indicate that the eye-head movements elicited the COP changes that preceded the onset of head movements.
  • Tadayoshi Asaka, Yun Wang, Junko Fukushima, Mark L Latash
    Experimental brain research 184 3 323 - 38 2008年01月 [査読有り][通常論文]
     
    We used the framework of the uncontrolled manifold hypothesis to explore the effects of practice on the composition of muscle groups (M-modes) and multi-M-mode synergies stabilizing the location of the center of pressure (COP). In particular, we tested a hypothesis that practice could lead to a transition from co-contraction muscle activation patterns to reciprocal patterns. We also tested a hypothesis that new sets of M-modes would form stronger synergies stabilizing COP location. Subjects practiced load release tasks for five days while standing on a board with a narrow support surface (unstable board). Their M-modes and indices of multi-M-mode synergies were computed during standing without instability and during standing on an unstable board before practice, in the middle of practice, and at the end of practice. During standing without instability, subjects showed two consistent M-modes uniting dorsal and ventral muscles of the body respectively (reciprocal modes). While standing on an unstable board, prior to practice, subjects commonly showed M-modes uniting muscle pairs with opposing actions at major leg joints-co-contraction modes. Such sets of M-modes failed to stabilize the COP location in the anterior-posterior direction. Practice led to better task performance reflected in fewer incidences of lost balance. This was accompanied by a drop in the occurrence of co-contraction M-modes and the emergence of multi-mode synergies stabilizing the COP location. We conclude that the central nervous system uses flexible sets of elemental variables (modes) to ensure stable trajectories of important performance variables (such as COP location). Practice can lead to adjustments in both the composition of M-modes and M-mode co-variation patterns resulting in stronger synergies stabilizing COP location.
  • 片山 加奈子, 広瀬 淳, 浅賀 忠義
    理学療法学Supplement 2007 0 A0629 - A0629 公益社団法人日本理学療法士協会 2008年 [査読無し][通常論文]
     
    【目的】自発的外乱後の姿勢を安定させるために、その外乱に先立って姿勢筋の筋活動がみられる。これらは予測的姿勢制御 (APA) と称され、健常若年者を対象にした研究成果が蓄積されている。一方、高齢者を対象にしたAPAにおいては、外乱時の足圧中心 (COP) の変位が若年者より増加する(Bugnariu N. et al., 2006) 、APAの筋活動開始が若年者より遅れる (Bleuse S., 2006) などの報告がある。しかしながら、協調性を視点にしたパフォーマンス変数の変動性やコントロール変数の活動パターンについては報告がみあたらない。先行研究では、若年者を対象に安定状態と不安定状態のAPAを比較し、不安定状態では相互収縮パターンより同時収縮パターンが増強されることが明らかとなった。従って、本研究の目的は、加齢によって繰り返し外乱によるCOPの変動性が増加し、姿勢筋の同時収縮パターンが増強されるかどうかを明らかにすることである。

    【方法】対象は健常な若年者9名(22.4±1.2歳)と高齢者9名(66.4±3.5歳)だった。1枚の床反力計から垂直および水平成分の床反力を、10箇所の姿勢筋(左:前脛骨筋、腓腹筋外側頭、内側頭、ヒラメ筋、大腿直筋、外側広筋、大腿二頭筋、半腱様筋、腹直筋、脊柱起立筋)から筋活動電位を1KHzで記録した。被験者は、裸足で床反力計上に安静立位し、両上肢伸展位(肩関節90°屈曲)で滑車を用いて上方へ3Kgの荷重で牽引されたバーを両手で保持し、任意のタイミングでバーを離す(肩関節90°水平外転)課題(Load Release Task)を50回施行した。施行の開始時刻 (t0) は、重りに付けられた加速度計から決められた。同時収縮性の指標値として、施行間の最大値で正規化した後、各筋のAPA値{IEMG(-100ms~t0) – IEMG(-500~-400ms)}を算出し、股・膝・足関節の主動作筋と拮抗筋のAPA値を合計した (Chip, Cknee, Cankle)。本研究は、北海道大学医学部倫理委員会の承認を得て行った

    【結果】50回施行によるCOP変位の標準偏差値を両群で比較した結果、外乱後 (t0~+100ms) において高齢者の方が若年者より有意に大きかった(p<0.01)。Chip(腹直筋、脊柱起立筋)は高齢者の方が若年者より有意に大きかった (p<0.05)。Cknee(外側広筋、半腱様筋)は高齢者の方が若年者より大きな傾向を示した (p=0.09)。

    【考察】加齢によって、姿勢筋の同時収縮パターンが強まったために立位姿勢制御の協調性が低下したものと考えられる。これらの知見は、立位バランス向上を目的とする理学療法の基礎的資料となる。

    * Asaka T, Latash ML et al. Learning effects on muscle modes and multi-mode postural synergies. Exp Brain Res (on line)
  • Junko Fukushima, Tadayoshi Asaka, Natsumi Ikeda, Yumi Ito
    JOURNAL OF PHYSICAL THERAPY SCIENCE 19 3 205 - 212 2007年08月 [査読有り][通常論文]
     
    We investigated postural sway in young subjects who were asked to rotate the head in the direction of visual targets. Thirteen subjects wore a helmet and stood on a force plate. They were asked to look at the targets quickly by directing the laser spot attached to the helmet on the target. Every subject showed consistent changes in the ground reaction force (Fx, Fy, Fz) and in the center of pressure (COP) associated with head movements. In 31% of all trials, force changes in Fx, Fy and Fz preceded head movements. During downward head movements, the anterior-posterior component of COP (COPx) exhibited the largest changes and the shortest latency. Ground reaction force in the anterior-posterior direction (Fx) also showed changes before the onset of downward head movements in 85% of the subjects (mean latency=-20 ms). However, the mean latency in other movements lagged behind the head movement onset. Electromyographic activities (EMGs) of the biceps femoris preceded the initiation of downward head movements by 22-54 ms in 2 subjects. These results indicate that goal-directed rotational head movements elicit COP changes. In addition, the COP changes preceding downward head movement suggest preparatory reactions related to anticipatory postural adjustments (APAs).
  • Hiroshi Saito, Tadayoshi Asaka, Junko Fukushima, Naoki Takeda
    JOURNAL OF PHYSICAL THERAPY SCIENCE 19 1 83 - 89 2007年02月 [査読有り][通常論文]
     
    The purpose of this study was to investigate the influence of repetition on anticipatory postural adjustments between two tiptoe movement tasks. Ten healthy young male (22.5 +/- 2.6 years old) participated in this study. They stood on tiptoe from standing position as quickly as possible after an auditory stimulus. Single and repetitive tasks as the tiptoe movement task were performed. Electromyogram during the tiptoe movement was measured in the gastrocnemius (Gas), tibialis anterior (TA), biceps femoris (BF), rectus femoris (RF), erector spinae (ES) and rectus abdominus (RA). The characteristics of the initial tiptoe movement during each task were established by analysis of kinematics data. Onsets of each muscle activity, integrated electromyography (EMG) and center of pressure (COP) displacement prior to the onset of Gas were compared between the single and repetitive tasks. The onset of TA and RF in the repetitive task was earlier than that of the single task, and integrated EMG per unit time and COP displacement also changed. These results suggest that the central nervous system may transmit different motor commands to postural muscles during single and repetitive tasks, and anticipatory postural adjustment might be modulated by the repetition of task.
  • Junko Fukushima, Satoshi Kasahara, Tadayoshi Asaka, Hiroshi Saito, Masanori Yamanaka
    JOURNAL OF PHYSICAL THERAPY SCIENCE 19 1 33 - 40 2007年02月 [査読無し][通常論文]
     
    It is still unclear how rehabilitative intervention assists recovery from strokes. In order to address this question, we made an animal model to examine the recovery process after experimental strokes. The forelimb movements in 2 monkeys retrieving food from a well were analyzed with a videotape recording. A small infarction by coagulation of blood vessels was made in the forelimb, areas after mapping of the primary motor areas. The recovery process was evaluated by measuring the time required for taking food. We used the modified Kluver board with the small diameter in order to restrict the monkeys' compensatory movements such as pronation or supination. After the infarction, the monkeys could not use their impaired hands for the first 2 days. Failure to retrieve food and compensatory movements such as involvement of other joints were often observed during the first week. However, the forelimb function of both monkeys showed no significant impairments on the 6th week, compared to the results before the infarction. Throughout the experiments, the monkeys showed no supination or pronation of the forearm. These results suggest that this animal model with the modified Mover board may be useful for the evaluation of motor deficit.
  • Yun Wang, Tadayoshi Asaka, Vladimir M. Zatsiorsky, Mark L. Latash
    EXPERIMENTAL BRAIN RESEARCH 174 4 679 - 693 2006年10月 [査読有り][通常論文]
     
    We investigated co-varied changes in muscle activity during voluntary sway tasks that required a quick shift of the center of pressure (COP). We hypothesized that multi-muscle synergies (defined as task-specific covariation of elemental variables, muscle modes) stabilize a COP location in the anterior-posterior direction prior to a voluntary COP shift and that during the shift the synergies would weaken. Standing subjects performed two tasks, a cyclic COP shift over a range corresponding to 80% of the maximal amplitude of voluntary COP shift at 1 Hz and a unidirectional quick COP shift over the same nominal amplitude. The cyclic sway task was used to define muscle modes (M-modes, leg and trunk muscle groups with parallel scaling of muscle activation level within a group) and the relations between small changes in the magnitudes of M-modes [in the principal component analysis (PCA), the M-mode magnitudes are equivalent to PC scores] and COP shifts. A novel approach was used involving PCA applied to indices of muscle integrated activity measured both within a trial and across trials. The unidirectional sway task was performed in a self-paced (SP) manner and under a typical simple reaction time (RT) instruction. M-modes were also defined along trials at those tasks; they have been shown to be similar across tasks. Integrated indices of muscle activity in the SP-sway and RT-sway tasks were transformed into the M-modes. Variance in the M-mode space was partitioned into two components, one that did not affect the average value of COP shift (V (UCM)) and the other that did (V (ORT)). An index (Delta V) corresponding to the normalized difference between V (UCM) and V (ORT) was computed. During steady-state posture, Delta V was positive corresponding to most M-mode variance lying in a sub-space corresponding to a stable COP location across trials. Positive Delta V values have been interpreted as reflecting a multi-M-mode synergy stabilizing the COP location. The magnitude of Delta V was larger in SP trials than in RT trials. During voluntary COP shifts, the Delta V magnitude dropped to zero or even became negative. We conclude that M-mode synergies stabilize COP location during quiet standing, while these synergies weaken or disappear during fast voluntary COP shifts. Under RT conditions, the COP stabilizing synergies were weaker supposedly to facilitate a quick COP shift without time for preparation. The suggested method of M-mode identification may potentially be applied to analysis of postural synergies in persons with impaired postural control such as elderly persons, persons with atypical development, or in the course of rehabilitation after an injury.
  • 浅賀 忠義
    北海道醫學雜誌 = Acta medica Hokkaidonensia 81 3 253 - 254 2006年05月01日 [査読無し][通常論文]
  • 浅賀 忠義, 佐保 泰明, 猪俣 陽一, 江端 純治, 笠原 敏史
    理学療法学 31 2 483 - 483 公益社団法人日本理学療法士協会 2004年04月20日 [査読無し][通常論文]
  • Tadayoshi Asaka, Hiroshi Saito, Yuji Takamori, Akiko Yokoyama, Toshikazu Takamori, Junko Fukushima
    Journal of Physical Therapy Science 16 2 151 - 158 2004年 [査読有り][通常論文]
     
    The objective of this study was to show how gait was controlled on low friction surfaces in young subjects after they had had sufficient practice of walking under such conditions. Twenty healthy adults were examined using a force plate and a motion analysis system. Slip distance, gait speed and step length showed no significant difference between the normal and low friction floors. The peak of required coefficient of friction (RCOF peak) on the low friction floor was significantly smaller than that on the normal friction floor (p< 0.01), as was the distance between the forward-backward position of the center of mass (COMy) and that of the center of pressure (COPy) during the landing phase. The RCOF peak showed a significant correlation with the distance from the COMy to the COPy. The peak moment of hip joint extension during the early landing phase on the low friction floor was significantly larger than that on the normal friction floor (p< 0.01). These findings suggest that, on a low friction surface, the COMy during the landing phase is closer to the landing foot, and that this transition of COM reduces the RCOF peak. It also suggests that this larger moment of hip joint extension on a low friction surface may assist in shifting COM ahead just after heel strike.
  • 浅賀 忠義, 佐保 泰明, 猪俣 陽一, 江端 純治, 笠原 敏史
    理学療法学Supplement 2003 0 A0966 - A0966 公益社団法人 日本理学療法士協会 2004年 [査読無し][通常論文]
     
    【目的】
    歩行訓練の前段階として横歩きが少なからず取り入れられており、日常生活においても側方移動は狭い通路や台所作業時などで行われている。また、パーキンソン病患者のすくみ足は、歩行開始時のみならず側方移動時においても顕著にみられる。歩行分析の多くは矢状面上であり、前額面に着目した運動コントロールについては十分に知られていない。歩行開始時の予測的姿勢制御 (APA) に関する研究は足圧中心 (COP) の遊脚肢側および後方への軌跡に着目して報告されているが、遊脚肢側へのCOP変移の機序について筋活動から検討したものはほとんど報告がみられない。従って、本研究の目的は、側方移動の初期相である側方ステップの運動コントロールについて、APAに着目して筋電図学的に検討することである。
    【方法】
    対象は、健常な成人男性9名で、年齢、身長、体重はそれぞれ22.2±1.9歳、171.5±3.3cm、63.5±6.2Kgだった。全被験者右利きだった。足圧の水平分力と垂直分力およびCOPを求めるために2枚の床反力計 (200Hz) を用いた。8チャンネル筋電計 (1KHz) を用いて、両側の中殿筋、長内転筋、長腓骨筋、後脛骨筋から表面電極によって筋活動を計測した。床反力計と筋電計からのデータは同期してA/D変換後パーソナルコンピューターに保存された。被験者は、各足を各床反力計上に乗せ(踵骨中心間距離;身長の11%、両足角14°)、安静立位後随意的に右足を外側方へ前方を注視したままステップした。ステップ幅(身長の13%)が変動しなくなるまで予め練習を行った。ステップ速度は3段階とし、各速度3回ずつランダムに施行した。ステップ時間は、右足部の離床から再び接地するまでとし垂直分力から求めた。離床以前に見られるCOP軌跡の左右成分から、APA amplitude(安静時位置から右方への最大変移)およびAPA duration(右方へ変移して再び安静時位置に戻るまでの時間)を算出した。筋活動の開始時間は、積分筋電図(filter;20-500Hz)から求めた(安静時平均値+2SD)。統計学的検討は、相関係数とt検定を用い、危険率1%未満を有意とした
    【結果および考察】
    COP左右成分に変動がみられたためAPAの判別が困難だったデータを除いて検討した。有効データ数は66だった。COP軌跡から91%にAPAがみられた。ステップ時間が長くなるに従って有意にAPA amplitude、APA duration共に大きくなった。両長内転筋の筋活動はほとんどみられなかった。APA開始時には右後脛骨筋と左長腓骨筋の筋活動がみられ、APA終了時には両中殿筋の筋活動がみられた。従って、遅いステップ程APAが大きく働き、それは足関節の回内および回外筋群によって発生し、ステップ下肢の荷重減少時から股関節外転筋群が活動することが示唆される。この研究で得られた結果は、側方移動の運動療法を考案するための基礎資料となる。
  • 渡邊 昌代, 野口 孝博, 浅賀 忠義
    学術講演梗概集. E-2, 建築計画II, 住居・住宅地, 農村計画, 教育 2003 183 - 184 日本建築学会 2003年07月30日 [査読無し][通常論文]
  • 齊藤 展士, 浅賀 忠義, 佐々木 雄一, 石原 真理子
    理学療法学 30 2 150 - 150 公益社団法人日本理学療法士協会 2003年04月20日 [査読無し][通常論文]
  • 齊藤 展士, 浅賀 忠義, 佐々木 雄一, 石原 真理子
    理学療法学Supplement 2002 0 76 - 76 公益社団法人 日本理学療法士協会 2003年 [査読無し][通常論文]
     
    【はじめに】 予測的姿勢制御(APA)は姿勢筋の筋活動や足圧中心(COP)によって観察され,予測可能な外乱が加えられる状況や随意運動において姿勢筋が主動作筋よりも早期に活動する.APAは姿勢保持のためや運動の初動作(動作が開始する瞬間の動き)が円滑に行えるために働くと報告されてきた.しかしながら,これらの報告は単一動作課題における研究がほとんどである.我々はAPAが運動の初動作のためだけに働くのではなく,連続動作においても安定した動作が行えるよう制御しているのではないかと推測した.本研究の目的は,つま先立ち動作を1回(単一課題)あるいは3回(連続反腹課題)施行させた時の予測的姿勢制御(姿勢筋の反応時間,筋活動量および足圧中心の振幅)に違いがあるかどうかを確認し,連続反復動作におけるAPAの働きを明らかにすることである.【対象と方法】 対象は,筋骨格系および神経系に異常のない健常若年男性15名とした(平均年齢23±3歳,平均身長172±7cm,平均体重61±8kg). 被験者をフォースプレート上に立たせ,音刺激と同時にできるだけ速くつま先立ち動作を行わせた.つま先立ち動作は1回のみと3回連続の2種類の課題を行わせ,各課題でそれぞれ10回計測した.尚,実験前に十分練習を行わせ,各課題で初動作(最初の踵を挙げる動作)が同様に行われるようにした.導出筋は前脛骨筋・腓腹筋・大腿直筋・大腿二頭筋・腹直筋・脊柱起立筋とし,表面筋電図を電極間距離3cmにて収集した.静止立位における基線の2SD以上の筋活動が認められた時を筋活動開始時間とした.3次元動作解析システムを用いて踵・大転子・肩峰・頭頂など7ヶ所の身体位置情報も収集した.統計学的検討にはT検定を用いた.【結果および考察】 単一課題と連続反復課題との踵の最大垂直変位,最大速度および肩峰の最大垂直変位を比較することにより各課題における初動作が同様に行われたことを確認した.つま先立ち動作の主動作筋である腓腹筋の筋活動開始時間を基準とすると,各課題でのつま先立ち動作でAPAが観察され,特に身体の前面の筋(前脛骨筋・大腿直筋・腹直筋)が腓腹筋よりも早期に活動していた.それは単一課題よりも連続反復課題の方がより早期に出現していた.踵部が動き出すまでの筋活動量を各課題間で比較すると単一課題よりも連続反復課題の方がより増大した.更に,単一課題と連続反復課題におけるCOPの前後方向の移動距離に相違が認められた.これらのことから各課題で初動作が同様に行われたとしても,単一動作を行う時と連続動作を行う時とでは中枢系からの運動指令は異なる制御を行っていると考えられ,運動の初動作が円滑に行われるために働くとされていたAPAは初動作のみに働くのではなく,安定した動作が継続的に行えるような働きも担っていることが示唆された.
  • 渡辺 明日香, 浅賀 忠義, 笠原 敏史, 齊藤 展士, 坪 亜希子, 久留利 浩代, 井上 馨
    日本生理人類学会誌 8 4 225 - 230 日本生理人類学会 2003年 [査読無し][通常論文]
     
    To investigate the role of protective movements with regard to the head and hip during sideways falling, 40 healthy young males fell to the left onto a sports-mat from a standing position after application of force against the right side of the hip. All falls were recorded on videotapes and subsequently played back to analyze protective movements. During sideways falling, some protective movements were frequently observed. The appearance ratio of non-contact of head to the ground, indicating the extent of the head protection, was 60.5%. The non-contact of the head significantly correlated with rotation of the body and, the motion of the arm to touch the ground, but the first contact near the hip to the ground had no significant correlation with any protective movements. The most likely protective movements' pattern during the sideways falling was rotating to the abdominal position and flexing the body, and reaching the arm to the ground to protect the head during the fall.
  • 浅賀 忠義, 平岡 泰治
    理学療法科学 17 2 107 - 112 理学療法科学学会 2002年04月20日 [査読無し][通常論文]
     
    本研究の目的は,高齢者・障害者同居住宅の平面構成の特性を明らかにすることである。そのために,住宅平面の類型化を用いた手法を新たに考案し,北海道内の新築事例から障害者住宅と一般住宅とを比較検討した。得られたサンプル数は障害者住宅が65,一般住宅が70だった。その結果,障害者住宅は,一般住宅に比べて本人の寝室に2つの動線をもつ「回廊型」が有意に多いことが示された。また,障害者住宅は類型化した全てのタイプに分散され,さらにトイレ・浴室が本人専用であることから疑似型が生じた。従って,障害者住宅の平面特性として「回廊型」が多く,多様性であることが示唆される。
  • 浅賀 忠義, 斎藤 展士, 吉田 直樹, 浦上 大輔, 鎌田 幸司
    理学療法科学 17 1 49 - 52 理学療法科学学会 2002年02月20日 [査読無し][通常論文]
     
    本研究の目的は,低摩擦床面において歩行開始1歩目の動作がどのようにコントロールされているかを明らかにすることである。対象は,9名の健常者であった(年齢:22.6±3.0歳)。高摩擦床面と低摩擦床面において歩行開始1歩目の動作を,1枚のフォースプレートと動作解析システムを用いて測定した。その結果,1歩目の歩幅と遊脚肢の踵接地時から足底接地時までの時間差は,低摩擦床面では高摩擦床面の場合よりも有意に減少し,遊脚肢の外果と床面との最大垂直距離は低摩擦床面では高摩擦床面の場合よりも有意に増加していた。これらの知見から,低摩擦床面における歩行開始1歩目の動作は,歩幅を減少させ,足部を高く上げ,踵接地時はフットフラットになるようにコントロールされることが示唆される。
  • Tadayoshi Asaka, Hiroshi Saito, Naoki Yoshida, Daisuke Urakami, Koji Kamada, Junko Fukushima
    Journal of Physical Therapy Science 14 1 33 - 39 2002年 [査読有り][通常論文]
     
    The objective of this study was to clarify how movement is controlled at gait initiation in order to avoid increasing required coefficient of friction (RCOF) on a low friction floor. We aimed at examining the relationship between RCOF during push off for the second step and movement of the first step. Twelve healthy young adults underwent measurement of ground reaction forces during push off for the second step using a force plate. Movement of the first step was measured with a motion analysis system. Upon initiation of the gait on the low friction floor, frequency and displacement of slips were greatest during push off for the second step. As the step length for the first step decreased, there was a significant decrease in the maximum value of RCOF during push off for the second step. These findings suggest that the step length for the first step is reduced in order to avoid increasing RCOF during push off for the second step.
  • 笠原 敏史, 福島 順子, 浅賀 忠義, 山中 正紀, 斉藤 展士
    理学療法学Supplement 2002 0 82 - 82 公益社団法人 日本理学療法士協会 2002年 [査読無し][通常論文]
  • 佐藤 公博, 信太 雅洋, 浅賀 忠義
    理学療法学Supplement 2002 0 329 - 329 公益社団法人 日本理学療法士協会 2002年 [査読無し][通常論文]
  • 井上 馨, 渡辺 明日香, 浅賀 忠義, 齊藤 展士, 笠原 敏史, 坪 亜希子, 久留利 浩代
    北海道大学医療技術短期大学部紀要 15 1 - 7 北海道大学医療技術短期大学部 2002年 [査読無し][通常論文]
  • 井上 馨, 渡辺 明日香, 浅賀 忠義, 齋藤 展士, 笠原 敏史
    日本生理人類学会誌 6 3 71 - 76 日本生理人類学会 2001年 [査読無し][通常論文]
     
    Fractures in the elderly occur mostly as a consequence of a fall, and are represented by the reduction of the bone strength. Principal sites of fracture are the proximal femur and the spine. A useful parameter in the study of the mechanism of fracture is the factor of risk, being defined as the ratio of the applied load on the skeletal element to the failure load of the bone itself. The failure load of the proximal femur is strongly correlated with bone density, and is influenced by the direction and frequency of the load and the rate of strain. High risk of bone fracture in the elderly is due to low bone density of the femur and spine. The risk of fracture of vertebrae is largely dependent on the strength of the trabecular bone. Fall severity from standing height can be reduced by soft tissue overlying the impact site as a cushion, and by protective mechanisms such as outstretching the arm, rotation of the trunk and muscle-relax. A dominant factor in susceptibility to pathological fracture is metastatic defect. Two biomechanical models are available to estimate the strength of bone exhibiting metastatic defect. First, the failure load may be estimated from the relationship between the size of defects and the reduction of bone strength. Second, the failure load may be predicted by the measurement of the structural geometry of an intact region of the bone using noninvasive imaging, even if the bone displays metastatic defects.
  • 浦上 大輔, 浅賀 忠義, 斎藤 展士, 鎌田 幸司, 吉田 直樹
    理学療法学Supplement 2001 0 172 - 172 公益社団法人 日本理学療法士協会 2001年 [査読無し][通常論文]
  • 齊藤 展士, 笠原 敏史, 守谷 優子, 高橋 弥子, 川村 奈都恵, 福田 修, 宮本 顕二
    理学療法学Supplement 2001 0 244 - 244 公益社団法人 日本理学療法士協会 2001年 [査読無し][通常論文]
  • 笠原 敏史, 高橋 光彦, 浅賀 忠義, 斎藤 展士
    理学療法学Supplement 2000 0 149 - 149 公益社団法人 日本理学療法士協会 2000年 [査読無し][通常論文]
  • 高橋 光彦, 笠原 敏史, 齋藤 展士, 浅賀 忠義
    理学療法学Supplement 2000 0 244 - 244 公益社団法人 日本理学療法士協会 2000年 [査読無し][通常論文]
  • 菊池 伸, 佐々木 誠, 東浦 浩昭, 浅賀 忠義
    理学療法学Supplement 2000 0 266 - 266 公益社団法人 日本理学療法士協会 2000年 [査読無し][通常論文]
  • 齊藤 展士, 浅賀 忠義, 笠原 敏史, 有賀 誠
    理学療法学Supplement 2000 0 340 - 340 公益社団法人 日本理学療法士協会 2000年 [査読無し][通常論文]
  • 浅賀 忠義
    理学療法ジャーナル 33 5 329 - 332 医学書院 1999年05月 [査読無し][通常論文]
  • 浅賀 忠義
    理学療法ジャーナル 31 11 803 - 805 医学書院 1997年11月 [査読無し][通常論文]
  • 浅賀 忠義, 黒澤 和隆
    北海道大学医療技術短期大学部紀要 9 29 - 37 北海道大学医療技術短期大学部 1997年01月 [査読無し][通常論文]
  • 吉田 香織, 浅賀 忠義, 古俣 成昇, 鈴木 一夫, 山崎 利幸, 猪野 勝, 石田 祥雄, 小柳 光明, 田口 暢秀, 齋藤 裕
    理学療法学Supplement 1996 0 158 - 158 公益社団法人 日本理学療法士協会 1996年 [査読無し][通常論文]
  • 浅賀 忠義, 黒澤 和隆
    理学療法学Supplement 1996 0 428 - 428 公益社団法人 日本理学療法士協会 1996年 [査読無し][通常論文]
  • 飯坂 英雄, 高橋 光彦, 高橋 正明, 福田 修, 山中 雅智, 星 文彦, 浅賀 忠義, 門司 順一, 宮城 登
    北海道大学医療技術短期大学部紀要 8 89 - 95 北海道大学医療技術短期大学部 1995年12月 [査読無し][通常論文]
  • 浅賀 忠義, 湯元 均, 東谷 直美, 濱本 龍哉, 木村 和久, 畠山 浩二, 藤井 徹也
    理学療法学Supplement 1995 0 182 - 182 公益社団法人 日本理学療法士協会 1995年 [査読無し][通常論文]
  • 浅賀 忠義, 黒澤 和隆
    北海道大学医療技術短期大学部紀要 7 1 - 10 北海道大学医療技術短期大学部 1994年12月 [査読無し][通常論文]
  • 濱本 龍哉, 杉原 時習, 中城 雄一, 浅賀 忠義
    理学療法学Supplement 1994 0 228 - 228 公益社団法人 日本理学療法士協会 1994年 [査読無し][通常論文]
  • 公共的性格を有する身体障害者用トイレの利便性に関する調査
    北海道ノ-マライゼ-ション研究 119  1994年 [査読無し][通常論文]
  • 高橋 光彦, 山中 雅智, 浅賀 忠義, 若山 博史, 真木 誠, 高倉 昌之, 神山 昭男, 斎藤 和雄
    理学療法学Supplement 1993 0 28 - 28 公益社団法人 日本理学療法士協会 1993年 [査読無し][通常論文]
  • 中田 正司, 浅賀 忠義, 中津川 直美, 島 功二
    理学療法学Supplement 1992 0 84 - 84 公益社団法人 日本理学療法士協会 1992年 [査読無し][通常論文]
  • 小脳性運動失調症の治療効果判定尺度
    神経治療学 263  1992年 [査読無し][通常論文]
  • 中根 一好, 武井 麻子, 土井 靜樹, 島 功二, 浅賀 忠義, 田代 邦雄
    日本良導絡自律神経学会雑誌 36 9 226 - 228 日本良導絡自律神経学会 1991年 [査読無し][通常論文]
  • 松本 昭久, 浅賀 忠義, 田代 邦雄
    リハビリテーション医学 28 2 99 - 105 社団法人 日本リハビリテーション医学会 1991年 [査読無し][通常論文]
     
    1) digitizerとpersonal computerを利用したシステムを用いて,打点テスト,線引きテスト,運動過程テストによる小脳性運動失調の定量的検索を試みた.対象としては,脊髄小脳変性症(SCD)の34例を選んだ.
    2) 打点テストおよび線引きテストでの自標点よりのずれ(dysmetria),運動過程テストでのモデル線からのずれの面積値(decomposition)は,正常例に比べ増加していた.また,それらの検査値がSCDの重症度(症度2,3,4)群別に違いがあるのかどうかの判別分析(多変量解析)を試みると,重症例ほど検査値が増加し,重症度の判別に寄与するのが認められた.
    そこで,今回の運動機能検査システムは,上肢の小脳性運動失調の程度を簡便に知るための日常的検査手段として有用と考えられた.
  • 中根 一好, 土井 静樹, 島 功二, 松本 昭久, 浅賀 忠義, 中田 正司, 田代 邦雄
    日本良導絡自律神経学会雑誌 35 6 178 - 181 日本良導絡自律神経学会 1990年 [査読無し][通常論文]
  • 痙性に対する機能的電気刺激療法の治療効果についての臨床的および生理学的検討
    神経内科治療 367  1989年 [査読無し][通常論文]
  • 痙性対麻痺に対する機能的電気刺激療法の効果
    北海道リハビリテ-ション学会雑誌 60  1989年 [査読無し][通常論文]
  • 浅賀 忠義, 長沼 睦雄
    理学療法学Supplement 1988 0 178 - 178 公益社団法人 日本理学療法士協会 1988年 [査読無し][通常論文]
  • ADLが改善した痙性対麻痺患者2症例-電気刺激療法の効果
    北海道理学療法 81  1988年 [査読無し][通常論文]
  • 浅賀 忠義, 松本 昭久
    理学療法学Supplement 1987 0 190 - 190 公益社団法人 日本理学療法士協会 1987年 [査読無し][通常論文]
  • 上肢協調性運動の定量的評価の試み
    北海道理学療法 43  1987年 [査読無し][通常論文]
  • 脊髄小脳変性症患者の重心動揺の変動
    北海道理学療法 17  1986年 [査読無し][通常論文]
  • 神経難病患者の障害像について
    北海道理学療法 33  1985年 [査読無し][通常論文]
  • 佐藤 哲身, 泉 清人, 浅賀 忠義, 川埜 義明
    日本建築学会北海道支部研究報告集 52 235 - 238 日本建築学会 1980年03月 [査読無し][通常論文]

書籍

  • 浅賀忠義, 吉田直樹 
    文光堂 2020年06月 (ISBN: 9784830645846)
  • 浅賀 忠義 (担当:共著範囲:「環境の調整」))
    文光堂 2017年 (ISBN: 9784830645501)
  • 姿勢制御と理学療法の実際
    浅賀 忠義 (担当:共著範囲:「高齢者の姿勢の特徴とその制御」)
    文光堂 2016年
  • PT・OTのための運動学テキスト
    浅賀 忠義 (担当:共著範囲:「姿勢」)
    金原出版 2015年02月
  • Current Research in Motor Control Ⅲ: From Theories to Clinical Applications
    Academy of Physical Education 2009年
  • 脳を活かす空間認知力パズル
    共立出版 2009年
  • 「理学療法検査・測定ガイド第2版」
    文光堂 2009年
  • 黒沢, 和隆, 浅賀, 忠義 
    共立出版 2007年10月 (ISBN: 9784320005761) 137p
  • 『三次元造形ドリル』
    共立出版 2007年
  • 理学療法評価学 第2版
    浅賀 忠義 
    医学書院 2004年
  • 理学療法評価学
    医学書院 2001年
  • 高齢者・障害者のための住宅改造マニュアル Part2
    浅賀 忠義 
    北海道建築士会 2001年
  • 高齢者・障害者のための住宅改造マニュアル
    北海道建築士会 1998年

講演・口頭発表等

  • [Invitational Lecture] Postural control and environmental coordination  [招待講演]
    Tadayoshi Asaka
    International Symposium on Modern Health Science, Taiwan 2015年02月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • [Invitational lecture] House adaptation for elderly and disabled people  [招待講演]
    Tadayoshi Asaka
    Lecture and scientific meeting, Taiwan 2014年03月
  • [Invitational lecture] Postural control and clinical application  [招待講演]
    Tadayoshi Asaka
    Lecture and scientific meeting, Taiwan 2014年03月
  • [Invitational lecture] A brief overview of rehabilitation in Hokkaido University: research and education in Faculty/Graduate school of Health Sciences  [招待講演]
    Tadayoshi Asaka
    Lecture exchange and scientific meeting: “The role of rehabilitation on improving health and quality of life, Indonesia 2013年12月
  • [Invitational lecture] Postural balance and rehabilitation  [招待講演]
    Tadayoshi Asaka
    Lecture exchange and scientific meeting: “The role of rehabilitation on improving health and quality of life, Indonesia 2013年12月
  • [特別講演] 姿勢制御における筋活動パターンと協調性  [通常講演]
    浅賀 忠義
    日本健康行動科学会第12回学術大会シンポジウム 2013年09月
  • [特別講演] バランス機能と臨床的アプローチ  [通常講演]
    浅賀 忠義
    第40回日本赤十字リハビリテーション協会学術集会 2013年09月
  • [特別講演] バランス評価のピットフォール  [招待講演]
    浅賀 忠義
    第48回日本理学療法学術大会 2013年05月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • [特別講演] 階層制御理論に基づく姿勢制御の協調性—UCM解析による定量化—  [通常講演]
    浅賀 忠義
    Japan Society for motor control & Neuro-rehabilitation 2012年07月 口頭発表(招待・特別)
  • [招待講演] 姿勢制御と運動学習のメカニズム  [通常講演]
    浅賀 忠義
    保健医療科学研究会 2012年03月 口頭発表(招待・特別)
  • Effects of Backpack Load and Gait Speed on Plantar Force During Treadmill Walking  [通常講演]
    Watanabe K, Asaka T, Wang Y
    4th International Conference on Chemical Engineering and Applications 2012年02月 口頭発表(一般)
  • Characteristics of feedback postural control induced by unexpected surface perturbations in elite skiers  [通常講演]
    Asaka T, Mani H, Izumi T, Konishi T, Samukawa M, Yamamoto K, Wang Y, Watanabe K
    4th International Conference on Chemical Engineering and Applications 2012年02月 口頭発表(一般)
  • 姿勢制御と住環境整備  [招待講演]
    浅賀 忠義
    保健医療科学研究会 2011年07月 口頭発表(招待・特別)
  • Effect of aging on muscle modes during voluntary body sway  [通常講演]
    Yun Wang, Kazuhiko Watanabe, Tadayoshi Asaka
    the 1st International Conference on Applied Bionics and Biomechanics 2010年10月 口頭発表(一般)
  • Muscle modes involved in automatic postural responses triggered by external perturbations  [通常講演]
    T. Asaka, Y. Wang, K. Yahata, H. Mani, Y. Kominami
    the 1st International Conference on Applied Bionics and Biomechanics 2010年10月 口頭発表(一般)
  • Muscle Modes and Multi-Mode Postural Synergies  [通常講演]
    Asia-Pacific Conference on Exercise and Sports Science 2007年 ポスター発表
  • Postural Changes during eye-head coordination  [通常講演]
    Meeting to Honor Jean Buettner-Ennever 2007年 ポスター発表
  • Muscle Modes and Multi-Mode Postural Synergies  [通常講演]
    Asia-Pacific Conference on Exercise and Sports Science 2007年 ポスター発表
  • Postural Changes during eye-head coordination  [通常講演]
    Meeting to Honor Jean Buettner-Ennever 2007年 ポスター発表
  • Psychosomatic Effects of Group Dance -Movement Therapy on Postmenopausal Women: Focusing on Stress Reduction and Changes in 17-Ketosteroid-Sulface  [通常講演]
    The 8th International Congress of Physiological Anthropology 2006年 ポスター発表
  • Muscle Synergies during Voluntary Body Sway  [通常講演]
    30th Annual Meeting of the American Society of Biomechanics 2006年 ポスター発表
  • Muscle Synergies during the Induced Forward shifts of the Center of Pressure on a Narrow Support  [通常講演]
    30th Annual Meeting of the American Society of Biomechanics 2006年 ポスター発表
  • Muscle Synergies during Voluntary Body Sway  [通常講演]
    30th Annual Meeting of the American Society of Biomechanics 2006年 ポスター発表
  • Muscle Synergies during the Induced Forward shifts of the Center of Pressure on a Narrow Support  [通常講演]
    30th Annual Meeting of the American Society of Biomechanics 2006年 ポスター発表
  • Anticipatory Muscle Activities during Lateral Step in Young Subjects  [通常講演]
    The 5th Progress in Motor Control 2005年 ポスター発表
  • Anticipatory Postural Control during eye-head movements in young subjects  [通常講演]
    The 5th Progress in Motor Contro 2005年 ポスター発表
  • Anticipatory Muscle Activities during Lateral Step in Young Subjects  [通常講演]
    The 5th Progress in Motor Control 2005年 ポスター発表
  • Anticipatory Postural Control during eye-head movements in young subjects  [通常講演]
    The 5th Progress in Motor Control 2005年 ポスター発表
  • Physical Therapy Functional recovery of voluntary forelimb movements after Experimental strokes in Monkeys  [通常講演]
    14th International Congress of the World Confederaton for Physical Therapy 2003年 ポスター発表
  • Control of Gait initiation to reduce a Slip distance on a Low friction floor in Young adults  [通常講演]
    14th International Congress of the World Confederation for Physical Therapy 2003年 ポスター発表
  • Functional recovery of voluntary forelimb movements after Experimental strokes in Monkeys  [通常講演]
    14th International Congress of the World Confederaton for Physical Therapy 2003年 ポスター発表
  • Control of Gait initiation to reduce a Slip distance on a Low friction floor in Young adults  [通常講演]
    14th International Congress of the World Confederation for Physical Therapy 2003年 ポスター発表
  • 公共的性格を有する身体障害者用トイレの利便性に関する調査  [通常講演]
    北海道ノ-マライゼ-ション研究 1994年
  • 理学療法ジャ-ナル 1992年
  • 小脳性運動失調症の治療効果判定尺度  [通常講演]
    神経治療学 1992年
  • 松本 昭久, 浅賀 忠義, 田代 邦雄
    リハビリテーション医学 1991年 社団法人 日本リハビリテーション医学会
     
    1) digitizerとpersonal computerを利用したシステムを用いて,打点テスト,線引きテスト,運動過程テストによる小脳性運動失調の定量的検索を試みた.対象としては,脊髄小脳変性症(SCD)の34例を選んだ.
    2) 打点テストおよび線引きテストでの自標点よりのずれ(dysmetria),運動過程テストでのモデル線からのずれの面積値(decomposition)は,正常例に比べ増加していた.また,それらの検査値がSCDの重症度(症度2,3,4)群別に違いがあるのかどうかの判別分析(多変量解析)を試みると,重症例ほど検査値が増加し,重症度の判別に寄与するのが認められた.
    そこで,今回の運動機能検査システムは,上肢の小脳性運動失調の程度を簡便に知るための日常的検査手段として有用と考えられた.
  • 痙性対麻痺に対する機能的電気刺激療法の効果  [通常講演]
    北海道リハビリテ-ション学会雑誌 1989年
  • 理学療法ジャ-ナル 1989年
  • 痙性に対する機能的電気刺激療法の治療効果についての臨床的および生理学的検討  [通常講演]
    神経内科治療 1989年
  • ADLが改善した痙性対麻痺患者2症例-電気刺激療法の効果  [通常講演]
    北海道理学療法 1988年
  • 上肢協調性運動の定量的評価の試み  [通常講演]
    北海道理学療法 1987年
  • 脊髄小脳変性症患者の重心動揺の変動  [通常講演]
    北海道理学療法 1986年
  • 神経難病患者の障害像について  [通常講演]
    北海道理学療法 1985年

その他活動・業績

  • Noriyo Colley, Misuzu Nakamura, Sozo Inoue, Satoshi Kanai, Atsushi Konno, Shunsuke Komizunai, Shinji Ninomiya, Tadayoshi Asaka, Hiroki Mani, Hana Takizawa, Sarina Umesawa, Yuya Taira, Eri Murata 500 -503 2020年 [査読無し][通常論文]
  • 齊藤 咲南, 萬井 太規, 石川 啓太, 種田 健二, 寒川 美奈, 石田 知也, 遠山 晴一, 浅賀 忠義 日本臨床スポーツ医学会誌 27 (4) S286 -S286 2019年11月 [査読無し][通常論文]
  • 歩行機能別に見た歩行能力の発達過程
    萬井 太規, 宮城島 沙織, 小塚 直樹, 種田 健二, 井上 貴博, 佐藤 優衣, 武田 賢太, 浅賀 忠義 第6回 日本小児理学療法学会学術大会 2019年11月 [査読無し][通常論文]
  • 歩行開始時の予測的姿勢調節の発達過程の方向特異性
    萬井 太規, 宮城島 沙織, 小塚 直樹, 種田 健二, 井上 貴博, 佐藤 優衣, 武田 賢太, 浅賀 忠義 第24回 日本基礎理学療法学会学術大会 2019年11月 [査読無し][通常論文]
  • 一人称視点で熟練者の身体動作と視線を追体験可能な没入型看護教育システム ESTE-VR
    小水内 俊介, コリー 紀代, 近野 敦, 金井 理, 浅賀 忠義, 井上 創造, 村田 恵理, 萬井 太規, 高橋 望, 二宮 伸治 日本シミュレーション医療教育学会雑誌 7 118 -118 2019年08月 [査読無し][通常論文]
  • 吸引カテーテル操作に応じた生体反応を呈するプロジェクションマッピングシミュレータ ESTE-SIM
    小水内 俊介, コリー 紀代, 近野 敦, 金井 理, 浅賀 忠義, 高橋 望, 二宮 伸治 日本シミュレーション医療教育学会雑誌 7 118 -119 2019年08月 [査読無し][通常論文]
  • 萬井 太規, 宮城島 沙織, 小塚 直樹, 小玉 祐矢, 武田 賢太, 浅賀 忠義 理学療法学 46 (Suppl.1) O -4 2019年08月 [査読無し][通常論文]
     

    【はじめに】片脚立位は,両脚立位から片脚立位への移行動作と小さな支持基底面 (BOS) に体重心 (COM) を保持する制御が必要となる.小児期の片脚立位の制御は発達に伴い向上し,独歩獲得の重要な要素である (Wolff et al., 1998).片脚立位移行動作の制御の発達過程を見た研究は,Deschamps et al. (2017) の報告のみである.彼らは,移行動作時のCOP動揺が発達に伴い減少することを示したが,予測的姿勢制御 (APAs) の分析は不十分であった.筆者らは,片脚立位動作をCOMと足圧中心点 (COP) との位置関係から3相 (加速相,減速相,保持相) に区分する方法を提案し,APAsを含む片脚立位姿勢制御を細分化した分析を可能とした (Mani et al., 2015).本研究の目的は,片脚立位を3相に区分し,3-10歳児の片脚立位姿勢制御の各相の発達過程を明らかにすることであった.本研究は,姿勢制御の定型発達過程の詳細な特徴を示すだけでなく,発達障害児と比較する基礎的資料となることが期待できる.

    【方法】3-10歳の48名の定型発達児と11名の健常若年成人 (23.3±2.7歳) を対象とした.48名の児は,2歳毎に4群に区分した (3-4歳群:11名,5-6歳群:15名,7-8歳群:12名,9-10歳群:10名).対象者には,足幅は両上前腸骨棘間距離,上肢は体側に下垂した立位を取るように指示した.対象者は,3秒以上の両脚立位の後,片脚立位を開始した.計3回実施した.三次元動作解析システムと2枚の床反力計を同期させ,COMとCOPを算出した.COPとCOMの位置関係から,COPが遊脚側方向へ偏位しCOMを加速させる加速相 (ACC相),次いでCOPがCOMを支持脚側へ追い越しCOMを減速させる減速相 (DEC相),最後にCOMを支持脚内で保持する保持相 (ST相) を定義した.各相のCOP-COM間距離の二乗平均平方根 (DACC, DDEC, DST) を算出し,両上前腸骨棘間で正規化した.群間比較に一元配置分散分析を使用し,多重比較にはTukey法を用いた.危険率は5%とした.

    【結果】DACC,DDEC,およびDST いずれも群間の有意差が認められた.DACCは,5-6歳群,および7-8歳群が,成人群よりも有意に大きかった (p < 0.05).9-10歳群と成人群には有意差は認められなかった.DDECは,小児の全群において成人群よりも有意に大きかった (p < 0.05).DST は,3-4歳群が,9-10歳群および成人群よりも有意に大きかった (p < 0.05).

    【考察】加速相と保持相の片脚立位姿勢制御は9歳までに成熟するが,減速相は10歳でも成人同様の制御が獲得されていないことが示された.DACCが,5-8歳群において成人よりも有意に大きかった.これはCOMの推進力を産生するために過剰にAPAsを産生したことが考えられる.加速相の制御は,単調な漸増的発達ではないことが示唆される.一方,減速相は,COMの動きに合わせたフィードフォワード制御とフィードバック制御の合目的な統合能力が必要である (Leonard et al., 2011).ゆえに,他の相よりも高度な姿勢制御が必要であり,成熟に時間を要することが示唆される.

    【倫理的配慮,説明と同意】研究に参加した全ての対象者,および対象者の親に研究目的及び手順について十分に説明し,インフォームドコンセントおよびインフォームドアセントを得てから,書面にて同意を得た.実験で得られたデータは研究活動のみで使用し,学会や論文発表などにおいて公表する場合には,個人を特定できないように対処しプライバシー保護に配慮する.本研究は所属機関の倫理委員会の承認を得ている (17-11-1, 28-2-52).

  • 萬井 太規, 宮城島 沙織, 小塚 直樹, 種田 健二, 井上 貴博, 武田 賢太, 浅賀 忠義 理学療法学 46 (Suppl.1) O7 -1 2019年08月 [査読無し][通常論文]
     

    【はじめに、目的】予測的姿勢調節 (APAs) の発達が,立位・歩行の獲得に重要である (Fits et al., 1999). APAsは,皮質下領域が関与する. 補足運動野 (SMA) は,APAsの潜時の調節に関与し,SMAの障害によりAPAsの持続時間が短縮する (Jacobs et al., 2009).一方,小脳の障害は,APAsの振幅および筋活動パターンの調節を阻害する (Richard et al., 2017).APAsの足圧中心 (COP) の偏移量は,10歳までに成熟するが (Hay and Redon, 1999),潜時は10歳でも成熟しないことが示唆されている (Palluel et al., 2008).ゆえに,APAsの潜時と振幅の調節は,発達過程が異なることが示唆される.APAsの目的は,体重心 (COM) の加速度を産生することであるため,COMとCOPの位置関係 (COP-COM間距離) から分析することが重要である.本研究の目的は,片脚立位動作時のAPAsの潜時と振幅の調節の発達過程を明らかにすることであった.

    【方法】3-10歳の48名の定型発達児と11名の健常若年成人 (23.3±2.7歳) を対象とした.48名の児は,2歳毎に4群に区分した (3-4歳群:11名,5-6歳群:15名,7-8歳群:12名,9-10歳群:10名).足幅を両上前腸骨棘間距離,上肢を体側に下垂した両脚立位を初期姿勢とした.対象者は,3秒以上の両脚立位の後,片脚立位を開始した.3回実施した.三次元動作解析システムと2枚の床反力計を同期させ,COMとCOPを算出した.APAsの開始のタイミング (APAonset) は,COPが安静時から2倍の標準偏差を超えて遊脚側へ偏移した時点とした.APAsの終了 (T1) は,COPがCOMを支持脚側へ追い越した時点とし,APAonsetからT1までをAPAs相とした.COP-COM間距離を両上前腸骨棘間で正規化し (%ASIS),APAs相の力積 [%ASIS*秒] と単位時間あたりの力積を算出した.群間比較に一元配置分散分析を使用し,多重比較にはTukey法を用いた.危険率は5%とした.

    【結果】APAonset,力積,および単位時間あたりの力積いずれも群間の有意差が認められた.APAonsetは,小児の全群において成人群よりも有意に遅かった (p < 0.05).力積は,7-8歳群が,3-4歳群よりも有意に大きかった (p < 0.05).7-8歳群,9-10歳群,成人群との間には有意差は認められなかった.単位時間あたりの力積は,7-8歳群が,3-4歳群と成人群よりも有意に大きかった (p < 0.05).

    【考察】APAsの潜時の調節は,振幅の調節よりも遅いことが示された.これは,16歳でもSMAや基底核が未成熟であることに起因していることが示唆される (Sowell et al., 1999).7-8歳群は,COMの加速度を成人同等に高めるために,APAsの潜時の短縮に対し,大きなCOP-COM間距離を産生していることが示唆される.APAsを評価するためには,「予測的時間調節」と「予測的筋出力調節」の観点から両方とも分析することが重要となる.

    【結論】APAsの潜時と振幅の調節の発達は異なる.片脚立位動作時のAPAsによる振幅の調節は8歳までに成熟する.一方,APAsの潜時の調節は10歳でも成人同等の調節が獲得されていない.

    【倫理的配慮,説明と同意】研究に参加した全ての対象者,および対象者の親に研究目的及び手順について十分に説明し,インフォームドコンセントおよびインフォームドアセントを得てから,書面にて同意を得た.実験で得られたデータは研究活動のみで使用し,学会や論文発表などにおいて公表する場合には,個人を特定できないように対処しプライバシー保護に配慮する.本研究は所属機関の倫理委員会の承認を得ている (17-11-1, 28-2-52).

  • 二宮 伸治, コリー 紀代, 小水内 俊介, 近野 敦, 金井 理, 高橋 望, 浅賀 忠義 日本シミュレーション医療教育学会雑誌 6 92 -98 2018年09月 [査読無し][通常論文]
     
    粘膜損傷等のリスクが存在する気管内吸引の安全確保のためには、治療効果と侵襲度を定量化しながら生体反応をリアルタイムに再現できるシミュレータが必須である。そこで本研究では、4ゲージロードセルと気道モデルを組み合わせることで痰吸引量とカテーテル接触荷重および接触位置情報をリアルタイム計測できるシステムを試作した。本システムを熟練者3名による10秒間の吸引操作時における吸引量および接触荷重の測定に適用した結果、1回当たりの痰吸引量は0.75±0.43×10^-3kg、荷重の上限値は-165.6〜234.8×10^-3Nとなり、治療効果と侵襲度の定量評価が可能であることが確認された。また接触荷重の変化を可視化できることから操作の良否についての詳細な情報を得られることがわかった。今後、生体反応を模擬する仮想患者モデルと接続することで、よりリアルなトレーニング環境を構築できる可能性が示唆された。(著者抄録)
  • 小水内 俊介, 近野 敦, 金井 理, 二宮 伸治, 浅賀 忠義, 高橋 望, コリー 紀代 日本シミュレーション医療教育学会雑誌 6 126 -126 2018年09月 [査読無し][通常論文]
  • コリー 紀代, 小水内 俊介, 近野 敦, 金井 理, 浅賀 忠義, 中村 美鈴, 井上 創造, 村田 恵理, 萬井 太規, 二宮 伸治 日本小児呼吸器学会雑誌 29 (Suppl.) 108 -108 2018年08月 [査読無し][通常論文]
  • 人工呼吸器装着児(者)の社会参加を促進する多職種連携における構造的課題
    コリー 紀代, 清水 弘美, 大塚 健, 高橋 望, 近野 敦, 小水内 俊介, 金井 理, 二宮 伸治, 井上 創造, 村田 恵理, 萬井 太規, 浅賀 忠義 医学教育 49 (Suppl.) 205 -205 2018年07月 [査読無し][通常論文]
  • コリー紀代, 玉置美香, 山田真代, 八柳千佳子, 稲村道子, 近野敦, 小水内俊介, 金井理, 二宮伸治, 井上創造, 村田恵理, 萬井太規, 浅賀忠義 小児保健研究(Web) 77 (Suppl) 205 (WEB ONLY) 2018年05月31日 [査読無し][通常論文]
  • コリー 紀代, 玉置 美香, 山田 真代, 八柳 千佳子, 稲村 道子, 近野 敦, 小水内 俊介, 金井 理, 二宮 伸治, 井上 創造, 村田 恵理, 萬井 太規, 浅賀 忠義 小児保健研究 77 (講演集) 205 -205 2018年05月 [査読無し][通常論文]
  • 気管内吸引反復施行時の習熟度別動作変動性
    コリー 紀代, 清水 弘美, 萬井 太規, 浅賀 忠義 医工学治療 30 (1) 53 -59 2018年03月 [査読無し][通常論文]
     
    医療の発展に伴って、在宅でも人工呼吸器装着者の療養生活が可能なり、今後は在宅における高いスキルを持った看護師のニーズが高まると推察される。しかしながら現在の基礎教育期における技術評価は、学生の達成感やチェックリストが多く用いられ、後光効果(halo effects)や質保証への懸念から、新卒看護師の能力向上のためにはより客観的な教育評価法の確立が急務である。そこで本研究の目的は、モーションセンサーを用いて気管内吸引技術の習熟度別2群における反復施行による動作変動性を可視化することである。看護師群(9名)と学生群(4名)において、利き腕の手背、前腕、上腕の3ヶ所にモーションセンサーを装着し、シミュレーターを対象に気管内吸引を単純反復してもらった。その結果、両群とも単純反復による所要時間の短縮は認められなかった。群間比較では、所要時間、加速度RMSのY成分、角速度RMSの三成分について有意差があった。今回開発された教育評価方法は、リスク回避にも貢献すると考えられる。(著者抄録)
  • 小水内俊介, コリー紀代, 近野敦, 金井理, 浅賀忠義, 井上創造, 村田恵理, 萬井太規, 高橋望, 二宮伸治 日本呼吸療法医学会学術集会プログラム・抄録集 40th 257 2018年 [査読無し][通常論文]
  • 二宮伸治, 小水内俊介, 村田恵理, 近野敦, 金井理, 浅賀忠義, 井上創造, 萬井太規, 高橋望, コリー紀代 日本呼吸療法医学会学術総会プログラム・抄録集 40th 260 2018年 [査読無し][通常論文]
  • コリー紀代, 小水内俊介, 村田恵理, 稲村道子, 玉置美香, 山田真代, 八柳千佳子, 近野敦, 金井理, 浅賀忠義, 井上創造, 萬井太規, 高橋望, 二宮伸治 日本呼吸療法医学会学術総会プログラム・抄録集 40th 258 2018年 [査読無し][通常論文]
  • 小水内俊介, コリー紀代, 近野敦, 金井理, 浅賀忠義, 井上創造, 村田恵理, 萬井太規, 高橋望, 二宮伸治 日本呼吸療法医学会学術総会プログラム・抄録集 40th 257 2018年 [査読無し][通常論文]
  • コリー紀代, 清水弘美, 大塚健, 金井理, 近野敦, 二宮伸治, 浅賀忠義, 小水内俊介, 萬井太規, 村田恵理, 高橋望, 井上創造 医工学治療 30 (Supplement) 128 2018年 [査読無し][通常論文]
  • COLLEY Noriyo, 清水弘美, 高橋望, 小水内俊介, 近野敦, 金井理, 二宮伸治, 大塚健, 浅賀忠義 医学教育 48 (Suppl.) 230 2017年08月01日 [査読無し][通常論文]
  • バランスボード上の姿勢戦略の順応効果
    萬井 太規, 長谷川 直哉, 武田 賢太, 佐藤 佑樹, 田中 晨太郎, 呉 瑕, 前島 洋, 浅賀 忠義 理学療法学 44 (Suppl.2) P -1 2017年04月 [査読無し][通常論文]
  • 傾斜台上立位保持がパーキンソン病患者の安定性限界と歩行に与える即時効果
    長谷川 直哉, 佐藤 祐樹, 武田 賢太, 大橋 哲朗, 田中 晨太郎, 丸谷 孝史, 加藤 新司, 中山 恭秀, 萬井 太規, 浅賀 忠義 理学療法学 44 (Suppl.2) P -1 2017年04月 [査読無し][通常論文]
  • 反復後方ステップ練習による非予測的外乱時の即時効果
    田中 晨太郎, 長谷川 直哉, 武田 賢太, 大橋 哲朗, 佐藤 祐樹, 呉 瑕, 丸谷 孝史, 金 雪梅, 萬井 太規, 前島 洋, 浅賀 忠義 理学療法学 44 (Suppl.2) P -2 2017年04月 [査読無し][通常論文]
  • バランスボード上における姿勢制御の順応効果について
    萬井 太規, 長谷川 直哉, 武田 賢太, 佐久間 萌, 伊吹 愛梨, 石川 啓太, Hsiao Shi-Fen, 浅賀 忠義 理学療法学 43 (Suppl.2) O -1 2016年10月 [査読無し][通常論文]
  • 口頭指示の違いが姿勢安定性と姿勢戦略に与える影響
    佐久間 萌, 長谷川 直哉, 武田 賢太, 伊吹 愛梨, 石川 啓太, 田中 晨太郎, 佐藤 祐樹, 呉 瑕, 萬井 太規, 前島 洋, 浅賀 忠義 理学療法学 43 (Suppl.2) P -3 2016年10月 [査読無し][通常論文]
  • 極低出生体重児の自発運動における抗重力運動は修正6・12ヵ月の粗大運動発達へ影響する
    宮城島 沙織, 浅賀 忠義, 鎌塚 香央里, 小林 正樹, 五十嵐 リサ, 小塚 直樹, 堤 裕幸 理学療法学 43 (Suppl.2) P -1 2016年10月 [査読無し][通常論文]
  • 萬井 太規, 長谷川 直哉, 武田 賢太, 佐久間 萌, 伊吹 愛梨, 石川 啓太, Hsiao Shi-Fen, 浅賀 忠義 日本基礎理学療法学雑誌 20 (1) 67 -67 2016年08月 [査読無し][通常論文]
  • 伊吹 愛梨, 長谷川 直哉, 武田 賢太, 石川 啓太, 佐久間 萌, 佐藤 祐樹, 田中 晨太郎, 萬井 太規, 前島 洋, 浅賀 忠義 日本基礎理学療法学雑誌 20 (1) 241 -241 2016年08月 [査読無し][通常論文]
  • 佐久間 萌, 長谷川 直哉, 武田 賢太, 伊吹 愛梨, 石川 啓太, 田中 晨太郎, 佐藤 祐樹, 呉 瑕, 萬井 太規, 前島 洋, 浅賀 忠義 日本基礎理学療法学雑誌 20 (1) 307 -307 2016年08月 [査読無し][通常論文]
  • 佐久間 萌, 萬井 太規, 長谷川 直哉, 武田 賢太, 伊吹 愛梨, 石川 啓太, 田中 晨太郎, 佐藤 祐樹, 呉 瑕, 前島 洋, 浅賀 忠義 日本基礎理学療法学雑誌 19 (1) 64 -64 2016年01月 [査読無し][通常論文]
  • 武田 賢太, 萬井 太規, 諏訪原 司, 長谷川 直哉, 戸塚 満久, 津田 章代, 大橋 哲朗, 趙 静, 石川 啓太, 伊吹 愛梨, 佐久間 萌, 前島 洋, 浅賀 忠義 日本基礎理学療法学雑誌 18 (1) 65 -65 2014年11月 [査読無し][通常論文]
  • 諏訪原 司, 武田 賢太, 大橋 哲朗, 萬井 太規, 長谷川 直哉, 戸塚 満久, 津田 章代, 趙 静, 石川 啓太, 伊吹 愛梨, 佐久間 萌, 前島 洋, 浅賀 忠義 日本基礎理学療法学雑誌 18 (1) 66 -66 2014年11月 [査読無し][通常論文]
  • 大橋 哲朗, 萬井 太規, 諏訪原 司, 佐久間 萌, 長谷川 直哉, 戸塚 満久, 津田 章代, 武田 賢太, 伊吹 愛梨, 石川 啓太, 趙 静, 前島 洋, 浅賀 忠義 日本基礎理学療法学雑誌 18 (1) 66 -66 2014年11月 [査読無し][通常論文]
  • 萬井 太規, Shi-Fen Hsiao, 浅賀 忠義, 長谷川 直哉, 戸塚 満久, 津田 章代, 武田 賢太, 大橋 哲朗, 伊藤 久美子, 諏訪原 司, 趙 静 理学療法学Supplement 2013 (0) 1146 -1146 2014年 [査読無し][通常論文]
     
    【目的】片脚立位は,高齢者の転倒予防プログラムの一つとして全国的に普及している(阪本,2013)。この動作は,下肢挙上直前に足圧中心(COP)が遊脚側へ偏位することによって体重心(COM)を支持脚側へ加速させる相(加速相),COPが支持脚側へCOMよりも先行することによってCOMを減速させる相(減速相)およびCOMを支持脚内で保持する相(保持相)の3相に区分できる。既往研究では,加齢に伴い片脚立位時間の減少(Bohannon, 1984)やCOPの動揺の増加(Gilagys, 2007)などが報告されている。さらに,筆者らは高齢者においては極端に立位時間の短い施行(失敗)が観察され,片脚立位時におけるCOMの位置および速度の再現性が若年者と比べて有意に低下することを報告した(第12回日本行動科学会)。しかしながら,片脚立位動作をCOMとCOPの位置関係に着目して,加齢による不安定性の要因について調べた研究は筆者らが知る限り見あたらない。COMとCOPは離れるほど身体に大きなモーメントが発生し,不安定性の要因となる。従って,本研究の目的は片脚立位動作の加齢による影響についてと高齢者の失敗要因について,各相別にCOMとCOPの位置関係に着目して明らかにすることだった。【方法】対象は,健常若年者10名(22.4±1.2歳)と健常高齢者10名(68.1±2.4歳)だった。前額面のCOMとCOPを算出するために,三次元動作解析システムと床反力計を用いた。被験者は2枚の床反力計上にそれぞれ足を乗せて安静立位となり,任意のタイミングで片足を拳上し,目標点を注視してできるだけ長く保持するように指示された。保持時間は最大30秒間とし,一人計20回施行した。反射マーカーから求められた下肢挙上時点(T0)直前のCOPが遊脚方向へ偏位する相を加速相,COPがCOMを追い越した時点(T1)からCOMの速度が0になった時点(T2)までを減速相,T2以降を保持相とした。加速相におけるCOP偏位の最大値(COPpeak),減速相におけるCOMとCOP間の最大距離(減速相Dpeak)および二乗平均平方根(減速相DRMS),保持相におけるCOMとCOP間の二乗平均平方根(保持相DRMS)を算出した。全ての変数を各被験者の両上前腸骨棘間の距離で正規化した。さらに,高齢者毎に片脚立位時間から失敗施行(全施行の平均値から標準偏差値を引いた秒数以下)とそれ以外の成功施行とに区別した。両群(高齢者,若年者)の比較には対応のないt検定を,各高齢者内の施行間(失敗施行,成功施行)の比較には対応のあるt検定を用いた。高齢者の片脚立位時間と各変数との相関はPearsonの相関係数を用いた。危険率は5%とした。【説明と同意】被験者には研究目的および手順について十分に説明し書面にて同意を得た。本研究は所属機関の倫理委員会の承認を得ている。【結果】安静立位時におけるCOMとCOPの初期位置は両群および施行間で有意差はなかった。若年者は全施行で30秒以上保持可能だった。一方,高齢者は全施行の平均時間が16.4±8.5秒,成功施行の平均時間が20.3±9.5秒,および失敗施行の平均時間が6.8±4.0秒だった。両群を比較した結果,加速相のCOPpeak,および減速相Dpeakには有意差がなかった。高齢者は若年者よりも減速相DRMSおよび保持相DRMSがともに有意に大きかった(P<0.05)。高齢者は,片脚立位時間と保持相DRMS間に負の相関の傾向があり(r=-0.57,P=0.088),減速相DRMSと保持相DRMS間に有意な相関(r=0.71,P<0.05)が認められた。さらに,施行間の比較では,加速相のCOPpeakに有意差は認められなかったが,減速相Dpeak,減速相DRMSおよび保持相DRMSは失敗施行の方が有意に大きかった(P<0.05)。【考察】高齢者は若年者よりも減速相DRMSおよび保持相DRMSが有意に大きく,尚且つ,高齢者では両変数間に有意な相関がみられたことから,高齢者はCOMを減速させるために身体に大きなモーメントが発生し,そのことがその後の身体の動揺にも影響を与えていると考えられる。さらに,高齢者の失敗施行ではこれらの変数に加えて減速相Dpeakが有意に大きかったことから,COPによる過剰なブレーキングによってCOMが立脚肢内から早期に遊脚側へ逸脱してしまうと考えられる。加齢によって減速相に要求されるフィードフォワード制御とフィードバック制御の合目的な統合能力の低下が示唆される(Rachel, 2012)。【理学療法学研究としての意義】片脚立位動作では,加齢に伴い減速相における姿勢制御が重要であることが初めて明らかとなった。本研究の成果は,片脚立位動作の有効な指導方法および運動療法を提案するための科学的根拠となる。
  • 浅賀 忠義 理学療法学 40 (8) 597 -598 2013年 [査読無し][通常論文]
  • Effects of Backpack Load and Gait Speed on Plantar Force During Treadmill Walking
    International Proceedings of Bioinformatics and Biomedical Technology 29 105 -110 2012年 [査読無し][通常論文]
  • Characteristics of feedback postural control induced by unexpected surface perturbations in elite skiers
    International Proceedings of Bioinformatics and Biomedical Technology 29 89 -94 2012年 [査読無し][通常論文]
  • Effect of aging on muscle modes during voluntary body sway
    1st International Conference on Applied Bionics and Biomechanics 30 2010年 [査読無し][通常論文]
  • Muscle modes involved in automatic postural responses triggered by external perturbations
    1st International Conference on Applied Bionics and Biomechanics 27 2010年 [査読無し][通常論文]
  • Effects of visual information on muscle adjustments during voluntary body sway
    Proceedings of the XIX Conference of the International Society for Posture and Gait Research 115 2009年 [査読無し][通常論文]
  • Postural muscle-modes synergies in mild cerebellar ataxia
    Proceedings of the XIX Conference of the International Society for Posture & Gait Research 174 2009年 [査読無し][通常論文]
  • Effects of Aging on Feedforward Postural Control
    International Scientific Conference MOTOR CONTROL 2008 48 2008年 [査読無し][通常論文]
  • 竹中 準, 井部 光滋, 真木 誠, 浅賀 忠義, 渡辺 明日香, 笠原 敏史, 齊藤 展士, 井上 馨 日本生理人類学会誌 10 (4) 153 -159 2005年 [査読無し][通常論文]
     
    We studied the influence of hand breaking on sharing effective mass and impact force at sideways falls, since hip fractures in elderly are mainly caused by sideways falls. When the hand contacted the ground before the great trochanter, the effective mass and impact force of the great trochanter were shared on the hand in the both case of one-hand and both-hands contacts. However, when the great trochanter contacted before the hand, the effective mass and impact force were not shared. Consequently, we suggest that hand contact before the great trochanter at sideways fall is shared the effective mass cause of impact force, and contributes to prevent the hip fracture.
  • Inflience of the Hand breaking on Sharing effective mass and Impact force at sideways falls
    J Physiological Anthropology 10 154 -159 2005年 [査読無し][通常論文]
  • 渡邊 昌代, 野口 孝博, 浅賀 忠義 日本建築学会技術報告集 9 (18) 225 -229 2003年 [査読無し][通常論文]
     
    A physically handicapped child is in the tendency for the action range to be restrained and for a going-out opportunity to decrease. If a spread of a life of a physically handicapped child and family, it will be thought that the home which took in outside environment is required. Then, in this study, while clarifying the life actual condition in a sitting-room which a physically handicapped child passes for a long time except for sleeping hours, a care attendants consciousness to viewing from a physically handicapped child's room or outdoor space around the house is grasped, and it aims at exploring the state of the residence of the future physically handicapped child which took in outside environment.
  • 療養型病床における入院透析患者のADLの推移
    北海道理学療法 20 55 -58 2003年 [査読無し][通常論文]
  • The Effectiveness of House design where physically handicapped children can enjoy the outdoor life and environment
    18 225 -229 2003年 [査読無し][通常論文]
  • 榊 冴香, 菊地 伸, 浅賀 忠義 北海道作業療法 19 (1) 20 -27 2002年07月 [査読無し][通常論文]
  • 齊藤 展士, 福島 順子, 福田 修, 宮本 顕二, 笠原 敏史, 守谷 優子, 高橋 弥子, 川村 奈都恵, 浅賀 忠義, 山中 正紀, 高橋 光彦 理学療法学 29 (4) 134 -140 2002年 [査読無し][通常論文]
     
    我が国の理学療法士における筋骨格系職業性傷害の実態を把握するとともに傷害発生に関わる要因やその対策を検討した。無作為に抽出した臨床経験2年以上の理学療法士1000名に筋骨格系の職業性傷害に関する質問用紙を送付し,有効回答者637名を対象とした。過去2年以内で業務に支障をきたすほどの筋骨格系職業性傷害を経験した理学療法士は42%と高率であった。特に,傷害を経験した理学療法士の男女別比較では女性で有意に高かった。受傷部位は腰部が69%と最も多く,その要因として移乗介助(34%)の影響が大きかった。また,それは年齢や経験年数に関係なく起こっていた。傷害後,多くの人が身体の使い方を工夫するなど自分自身で対処し,管理者に報告したり,同僚に仕事を依頼する人は少なかった。再発率は受傷者全体の41%と高かった。腰痛などの傷害に対する知識を持っているはずの理学療法士でも筋骨格系の職業性傷害を経験する人は多く,これらの職業性傷害に対する対策の検討が今後必要となろう。
  • 改訂長谷川式簡易知能評価スケールの項目別にみた加齢の影響について
    北海道理学療法 19 61 -64 2002年 [査読無し][通常論文]
  • 軽度の運動負荷による筋疲労が片脚立位平衡に及ぼす影響
    北海道理学療法 49 2000年 [査読無し][通常論文]
  • 農村部の在宅障害者における公的介護サービスの受給意識に関する基礎的調査
    北海道ノーマライゼーション研究 219 1999年 [査読無し][通常論文]
  • 北海道内の2老人保健施設入所者の家庭事情が家庭復帰に及ぼす影響
    北海道リハビリテーション学会雑誌 17 1999年 [査読無し][通常論文]
  • 横断歩道における行動特性について-横断速度と横断行動に与える影響要因-
    北海道理学療法 98 1998年 [査読無し][通常論文]
  • 浅賀 忠義, 黒沢 和隆, 泉 清人 日本建築学会計画系論文集 61 (482) 67 -74 1996年 [査読無し][通常論文]
     
    The aim of our study is to propose conditions for equipping the living environment of physically disabled with flow planning to alleviate the inconveniences in ADL when receiving guests. From the results of analysis of 501 physically disabled people living in Hokkaido, we proposed that : (1) The flow map from the physically disabled person's room to the toilet should not pass by the entrance. (2) The flow map from the living room to the toilet should not pass by the entrance. (3) The physically disabled person's room should be located next to the living room.
  • 退院後の訓練非継続者の現状に関する調査
    北海道理学療法 77 1996年 [査読無し][通常論文]
  • 浅賀 忠義, 黒沢 和隆, 小室 晴陽, 泉 清人 日本建築学会計画系論文集 60 (474) 83 -90 1995年 [査読無し][通常論文]
     
    Based on the levels of transfer capability of 405 physically disabled subjects the factors preventing them from going out of the house were analyzed. It was found that even in the group with the highest frequency of going out more than 60% felt a sort of hesitation when doing so. The mean reasons were transfer impediments, physical body factors, and anxiety and fear. The analysis showed that anxiety and fear were experienced especially at pedestrian crossings and/or crowded places. And we confirmed that the rate of remodel house for going out was lower than that for locomotion in the house.
  • 北海道における肢体不自由者の外出を阻害する要因に関する調査研究
    北海道リハビリテ-ション学会雑誌 29 1995年 [査読無し][通常論文]
  • 障害者の住宅環境の整備-在宅肢体不自由者の人的交流と来客時を考慮した動線形態に関する調査研究-
    北海道ノ-マライゼ-ション研究 163 1995年 [査読無し][通常論文]
  • 理学療法ジャ-ナル 58 1992年 [査読無し][通常論文]
  • 理学療法ジャ-ナル 129 1989年 [査読無し][通常論文]

受賞

  • 2019年 2019 International Parkinson and Movement Disorder Society Congress Travel Grant Award
     
    受賞者: Hasegawa N, Maas K, Shah VV, Carlson-Kuhta P, Nutt JG, Horak FB, Asaka T, Mancini M.
  • 2019年 第6回日本小児理学療法学会学術大会 奨励賞
     
    受賞者: 萬井太規,宮城島沙織,小塚直樹,種田健二,井上貴博,佐藤 優衣,武田賢太,浅賀忠義
  • 2018年 第5回日本小児理学療法学会学術大会 奨励賞
     
    受賞者: 萬井太規,宮城島沙織,小塚直樹,小玉祐矢,武田賢太,浅賀忠義
  • 2017年 日本健康行動科学第16回学術大会 大会長優秀発表賞
     
    受賞者: 船水風花,佐藤祐樹,長谷川直哉,浅賀忠義
  • 2016年 日本健康行動科学第15回学術大会 大会長優秀発表賞
     
    受賞者: 呉瑕,武田賢太,長谷川直哉,田中晨太郎,浅賀忠義
  • 2016年 日本健康行動科学第15回学術大会 大会長優秀発表賞
     
    受賞者: 田中晨太郎,長谷川直哉,武田賢太,呉瑕,浅賀忠義
  • 2014年 1st Asia-Pacific Conference on Coaching Science Young Coaching Scientist’s Award
     
    受賞者: Mani H, Hasegawa N, Takeda K, Nanbu M, Totsuka M, Tsuda A, Ito K, Ohashi T, Suwahara T, Zhao J, Shih-Fen Hsiao, Asaka T
  • 2013年09月 日本健康行動科学第12回学術大会 大会長優秀発表賞
     
    受賞者: 長谷川直哉,萬井太規,Shih-Fen Hsiao,戸塚満久,津田章代,伊藤久美子,大橋哲朗,諏訪原司,武田賢太,趙静,浅賀忠義
  • 2013年 The 6th Asia-Western Pacific Regional Congress of the World Confederation for Physical Therapy & The 12th International Congress of Asian Confederation for Physical Therapy Student Awards
     
    受賞者: Mani H., Konishi T., Tsuda A., Izumi T., Hasegawa N., Totsuka M., Zhao Jing., Shih-Fen Hsiao., Asaka T.
  • 2013年 理学療法科学学会 平成24年度優秀論文賞
     
    受賞者: 八幡健太郎, 萬井太規, 中西徹, 小南由衣, 浅賀忠義
  • 2008年 第25回明治安田厚生事業団 健康医科学研究助成 受贈 (平成20年度)
     
    受賞者: 王 芸,浅賀 忠義

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 聴覚バイオフィードバックを用いた姿勢バランスの運動学習に関する研究
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2018年04月 -2022年03月 
    代表者 : 浅賀 忠義, 長谷川 直哉, 武田 賢太
     
    断続的な聴覚および視覚フィードバック (FB)の動的バランスにおける学習効果について比較することを目的に実験を実施した.対象は健常若年者22名で,ランダムに2群(聴覚FB群,視覚FB群)に分けられた.随意的なBody sway課題を実施し,その学習効果について比較した.足圧中心位置とターゲットとのコヒーレンスの結果から,聴覚FB群の方が視覚FB群と比べて学習効果が高いことが示された.この結果は,前回我々が報告した連続的な感覚FBを用いた結果と同様であった.本研究成果は,Society for Neuroscience 2019 (USA)で発表予定である. パーキンソン病 (PD) 患者を対象にFBの練習効果の確認指標を決定することを目的に研究を行った.対象は,PD患者142名(年齢:68±8歳)と健常高齢者76名(年齢:68±8歳)だった.静的および動的バランスの課題を実施した.ランダムフォレストアルゴリズムを用いて57の指標の中から最も感度の高い4つの指標を抽出した.本研究成果は,International Society of Posture & Gait research 2019 (UK)で発表予定である, PD患者においてすくみ足 (FoG) の有無が安定性限界や姿勢バランスに影響するか否かについて調べることを目的に研究を行った.対象は,FoG が観られるPD患者64名(PD+FoG; 年齢:68±8歳),FoG が観られないPD患者80名(PD-FoG; 年齢:69±8歳)および健常高齢者79名(HC; 年齢:68±8歳)だった.安定性限界において,PD+FoGはPD-FoG とHCよりも有意に小さいことが示された.一方,安静立位時における姿勢動揺には有意差が認められなかった.本研究成果は,Parkinson and Movement Disorder Society 2019 (France)で発表予定である.
  • 即時判断力と巧緻性を向上する3D映像投影シミュレーターの開発
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2017年04月 -2020年03月 
    代表者 : コリー 紀代, 金井 理, 近野 敦, 二宮 伸治, 中村 美鈴, 浅賀 忠義, 井上 創造, 小水内 俊介, 萬井 太規, 村田 恵理
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 若手研究(B)
    研究期間 : 2016年04月 -2019年03月 
    代表者 : 萬井 太規, 浅賀 忠義, 宮城島 沙織, 小塚 直樹, 武田 賢太
     
    質量中心位置(COG;体重心(COM)の鉛直投影点)と足圧中心(COP)を同時に視覚的にフィードバックするバランス練習は,COPのみを視覚的に表示するバランス練習よりも,静的立位時の姿勢動揺を軽減させることが明らかになった.さらに,片脚立位時のCOPとCOMの制御の発達は,静的立位保持時と体重移動のような動的な課題において,成熟過程が異なること,さらに,単調的ではないことも明らかになった.今後,課題や疾患に合わせたより適切なCOP-COM視覚フィードバックの教示方法を検討することが必要である.
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2013年04月 -2016年03月 
    代表者 : 浅賀 忠義, 山本 敬三, 王 芸, 渡部 和彦
     
    優れた静的バランス能力を有するアスリートの運動学的な特性として、片脚立位時において足圧中心(COP)が身体重心(COM)に対してより近く、前後左右均等に動揺していることが明らかになった.その知見に基づいて、健常若年者を対象に、COP と COG(COMの鉛直投影点)の同時フィードバックを用いた新たなバランス練習を行った結果、COPのみのフィードバック練習をした群よりもCOM速度が遅くなることが明らかとなった。今後、高齢者などのバランス能力低下者を対象に検討することによって、従来よりも効果的な静的バランス練習の方法として期待される.
  • 障害物を越える動作局面における筋相互間の協調性の研究:高齢者の転倒予防の視点から
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2011年 -2012年 
    代表者 : 王 芸, 渡部 和彦, 浅賀 忠義
     
    本研究よ障害物を越える動作に伴う協調的な筋の共同運動(筋シナジー,synergy)の変化を解析し、予測的姿勢制御(APA)が外乱条1牛における姿勢保持機箔こいかなる影響を与えるかについて明らかにすることができた。本年度は、昨年度の健常若年者を対象とした研究成果を基に、神経系またば運動器障害のない健常高齢者8名を対象にデータ収集、分析を行った。 実験手順としては、1、最大身体動揺シフトの確認;2、身体動揺課題(筋活動モードの同定);3、障害物を越える課題(筋シナジーを求める)であった。被検者はフォースプレート上に安静立位で姿勢を保持し、静止立位姿勢から異なる高さの障害物(身長の5%、10%、15%)をまたき越える動作を行った(各条件で12回ずつ施行)。その際のCOPの軌跡とFxの数値変動および10姿勢筋の筋活動から、それぞれCOPとFxにおける筋シナジしを求めた。 その結果健常高齢者における障害物を越える動作に伴う筋シナジーは、健常若年者に類似した協調性がみられたしかし、体幹・下肢筋群の積分筋電値を主成分分析した結果高齢者群は若年者群に比べて有意にco-contractioh Modesの数が多かった。健常高齢者においては、前麦方向のバランス保持機能を反映するパラメータとしてのCOPと、下肢筋力発揮のパラメータとしてのFx成分における筋シナジーの機能が備わったことを明らかとなった6
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2009年 -2011年 
    代表者 : 浅賀 忠義, 王 芸
     
    外乱刺激による感覚情報に起因する姿勢反応(フィードバック制御)の姿勢筋活動パターン(筋モード)と学習効果について明らかにした。立位姿勢における床面水平刺激の繰り返し練習によって、非典型的な筋モードSway-modeの促通が示された。また、軽度小脳性失調症患者は同時収縮パターンが増加し、フィードバック制御およびフィードフォワード制御の双方共に筋モード間の協調性が低下していることが明らかとなった。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 若手研究(B)
    研究期間 : 2008年 -2010年 
    代表者 : 王 芸, 浅賀 忠義, 渡部 和彦
     
    本研究は、健常高齢者が協調的な筋の共同運動(筋シナジー)を定量的に解析する手法の応用に成功した。健常高齢者における視覚による運動学習トレーニングによって筋活動パターンは健常若年者に類似した協調性(筋シナジー)へと変化した。これによって、シナジーを手がかりとした運動学習は、視覚刺激を伴う高齢者の姿勢変化の訓練効果が期待される。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2007年 -2008年 
    代表者 : 浅賀 忠義, 王 芸
     
    フィードフォワード制御(自発的外乱前に出現する姿勢反応)の姿勢筋活動パターン(筋モード)と筋モード間の協調性(筋シナジー)における学習効果について初めて明らかにした.立位姿勢不安定状態での繰り返し訓練によって同時収縮パターンから相反収縮パターンに変化し,協調性の有意な増加が示された.さらに,加齢によって立位姿勢安定状態であっても相反収縮パターンから同時収縮パターンへとシフトすることが明らかとなった.
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2006年 -2007年 
    代表者 : 福島 順子, 浅賀 忠義
     
    予測的姿勢制御(Anticipatory Postural Adjustment APA)は、随意運動に先立って姿勢筋に筋活動が出現するものである。本研究者らは、(1)対象物を目でとらえるような頭部眼球運動でのAPA、および(2)筋活動のパターン(筋シナジー)について研究を行った。 (1)頭部眼球運動でのAPA 下方50度の視標を見るときの頭部眼球共同運動では平均20ms先行して足圧中心の移動(APA)が、若年健常者の85%で一定して見られた。上方、側方のそれぞれ50度、60度の視標に対しては、頭部運動に遅れて出現していた。眼球運動だけでは足圧中心の移動は出現しなかった。下方視のときにのみ出現する理由は、頭部回転の軸が上部頚椎にあるため、頭部回転のモーメントが最大になるためと考えられる。また、60-72歳の高齢者で同様の課題で調べたところ、下方への頭部眼球運動のときに頭部運動に先行したAPAが見られた。筋電図の記録では、年齢に関係なくDownでは下腿(Gas)よりも大腿(BF)が先行することが多かったが、高齢者ではTAの活動の先行も見られた. (2)筋シナジー 若年健常者を不安定な床面上に立たせて、手にもった錘を急速に放すという課題での姿勢筋の筋活動(脊柱起立筋vs.腹直筋、大腿二頭筋vs.大腿四頭筋、ひふく筋vs.前脛骨筋)を5日間連続して記録し、M-modeの同定、ヤコビアン行列、UCM analysisを行った。背側と腹側の筋群を比較すると、初日にはこれらの拮抗筋同士の共同収縮が見られたのに対して、訓練を重ねるに従って共同収縮は減少し、UCM analysisにより検討するとUCMの分散が直交成分の分散を大きく越え、足圧中心の安定化に望ましい方向に働いていることがわかった。この結果は下記の業績中Exp Brain Resに掲載された。高齢者でも同様の比較を行ったところ、高齢者ではAPAの開始時間、活動時間に変動が大きかった。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2004年 -2005年 
    代表者 : 渡辺 明日香, 森山 隆則, 浅賀 忠義, 井上 馨, 増山 尚美, 森谷 きよし, 境 信哉
     
    目的:1.集団ダンスムーブメントセラピー(DMT)によって高齢者の心身に生起する環境適応効果(効果)を明らかにする.2.効果の大きさに対する生理的多型性の影響を検討する。 対象と方法:H16年度:健常高齢女性28名(57〜73歳)を,ランダムに3群に割り付け(DMT,歩行バランス運動(W),静的日常活動(L));午後90分間のDMT(W・L)に13週間(16回)参加させた。 H17年度:介護老健施設デイケアを利用する虚弱高齢女性22名(年齢66〜95歳)をランダムに2群に割り付け,DMT群は午後60分間のDMTに10週間(1回/週),対照群は通常のデイケアプログラム(ゲーム・手工芸など)に同期間参加させた。両年度とも早朝尿中ストレスホルモン量(17-Ketosteroid硫酸抱合体:KS,17-Hydroxycorticosteroids:OH)の変化を測定。また,H16はストレスレベル,H17は気分変化を検査した.統計解析ではp<0.05を有意と判定した。 結果と考察:1.H16年度:13週後にKS(抗老化,生体修復ホルモン)はDMT群のみ有意に増加した.社会的ストレスはDMTとL群で低下,心理的ストレスはW群で増加した。他群に比し,DMTによる効果は健常高齢者の心身両面にバランスよく現れると言える。H17年度:毎回の気分改善程度はDMT群が対照群より大きかったが,10週後にDMT群のみOHが増加した。DMTが長期的には生理的ストレスになった可能性がある。 2.両年度とも,介入前(前)KSの少ない者ほど活動によるKS増加効果が大きかった(負の有意な相関:p=0.42,p=0.55,p<0.05)。よって,被験者の前KSの大きさ(生理的多型性)は,これらの活動による効果の大きさに影響すると考えられた。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2000年 -2001年 
    代表者 : 齊藤 展士, 吉田 直樹, 浅賀 忠義, 土田 隆政
     
    立位時における外乱に対する姿勢制御および低摩擦床面からの歩行開始動作における姿勢制御に関しての研究を行い,以下のような結果を得た. 1.立位時における姿勢制御 (1)転倒予防という観点からフレアヒール(以下,FH)を取り付けた靴を履かせ,後方傾斜刺激に対しFHの幅が立位の安定性に如何に影響するのかを検討した.その結果,高齢者と片麻痺患者は健常者と比較して有意に後方傾斜角度が減少した(p<0.01).また,対象内での比較では幅の大きなFHを使用したときに後方傾斜角度が増加傾向を示したが,幅が1.0cm以上のFHでは後方傾斜角度の増加率は減少傾向を示した.高齢者や片麻痺患者のように平衡機能能力低下が窺える者にとってフレアヒールは転倒予防に有用であろうと考える. (2)立位時に水平移動刺激を加え足圧中心移動を観察することにより,姿勢制御能の評価が可能であることが示唆された. 2.低摩擦床面からの歩行開始動作における姿勢制御 高摩擦床面と低摩擦床面において歩行開始1歩目の動作を,1枚のフォースプレートと動作解析システムを用いて測定した.その結果,1歩目の歩幅と遊脚肢の踵接地時から足底接地時までの時間差は,低摩擦床面では高摩擦床面の場合よりも有意に減少し,遊脚肢の外果と床面との最大垂直距離は低摩擦床面では高摩擦床面の場合よりも有意に増加していた.これらの知見から,低摩擦床面における歩行開始1歩目の動作は,歩幅を減少させ、足部を高く上げ、踵接地時はフットフラットになるようにコントロールされることが示唆された。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 萌芽的研究
    研究期間 : 1996年 -1998年 
    代表者 : 浅賀 忠義, 黒澤 和隆
     
    本年度の研究業績は、(1)第1次調査分析結果の学会誌発表と(2)第2次調査結果の分析に大別される。 (1) 第1次調査の分析結果 老健施設退所者210名の既存の評価結果を基に家庭復帰の影響要因について分析し、その結果、「入所目的」が最も強い要因であることが解り、本人および家族の意向に強く影響されているものと考えられた。入所目的別にみた家庭復帰率から、老健施設の自立支援機能と家族間交流を促進する取り組みの必要性が考えられた。 (2) 第2次調査の分析内容 (1)の結果を基に、入所時の本人・家族の意向から入所者(189名)を「本人意向型」「両者同意型」「家族意向型」に大別して、1年経過後の退所先とその影響要因また通所者(261名)との比較検討から本人主体を主眼とした療養環境のあり方について検討を行った。この結果を基に、日本理学療法士学会誌へ投稿する準備を進めている。 住宅平面に関しては、入所に起因する自室の利用状況の変化に着目し、その結果、自室の位置が変化したのは21.9%で、変化状況と外泊頻度および家庭復帰率との関連を中心に分析を進めている。施設平面に関しては、施設内の人的交流と平面構成との関連に着目して施設別に検討を進めている。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 奨励研究(A)
    研究期間 : 1993年 -1993年 
    代表者 : 浅賀 忠義
     
    本調査研究は、肢体不自由者の移動能力を独立歩行群・自立歩行群・車椅子自立群・車椅子介助群に分けて、独立歩行群から車椅子介助群まで順々にそれぞれにおける住要求の共通点と相違点を分析し、その住要求を満たす環境整備のあり方を探るための基礎的資料を得ることを目的としている。調査は郵送によるアンケート調査で、405名の肢体不自由者を対象とし外出行動と住まい方について分析した。 その結果、(1)歩行可能者は約7割で車椅子使用者より多く、全国的にも「歩ける」肢体不自由者が多いことがいえる。(2)外出時には7割以上が躊躇しており、その理由として心理的な問題が注目すべき点で具体的には横断歩道上の問題や人混みでの精神的疲労が多くいずれも歩行可能者の方が高い値を示した。(3)住まい方では玄関部分など外出に関わる内容の住宅改造は実際には改造率は低いがニーズは高く、また来客時において車椅子介助群は6割以上が不都合を感じていることが解った。 本報では、肢体不自由者をその移動・移乗能力から4群に分けてその住要求を分析し、健常者〜独立歩行群〜自立歩行群〜車椅子自立群〜車椅子介助群と順々に共通するニーズと異なるニーズとを把握することの有用性を確認した。今後、さらにノーマライゼーション理念に基づいた住環境整備の重要性が高まると考えられ、肢体不自由者=車椅子というイメージを見直し、健常者に近いと考えられる独立歩行群など『歩ける』肢体不自由者の存在も認識した住環境づくりが必要となる。

教育活動情報

主要な担当授業

  • 運動療法学実習
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 医学部
  • 運動制御学演習
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 保健科学院
    キーワード : 運動制御理論、姿勢制御、運動学習、機能回復、バランス評価 数値計算および可視化のプログラミング シナプス機能修飾,蛋白定量解析法,遺伝子解析法
  • 理学療法研究法演習
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 医学部
  • 運動制御学特論
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 保健科学院
    キーワード : 床反力,体重心,関節可動域,筋電図 数値計算および可視化のプログラミング 実験動物, 遺伝子, リアルタイムPCR法
  • 体力医学系理学療法学
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 医学部
  • 先端リハビリテーション科学特講
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 保健科学院
    キーワード : 理学療法、作業療法、精神障害、運動器障害、中枢神経障害
  • 北方圏生活環境学
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 医学部
  • 先端リハビリテーション科学特講演習
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 保健科学院
    キーワード : 理学療法、作業療法、精神障害、運動器障害、中枢神経障害
  • 生活技術学
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 医学部
  • 運動機能評価学
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 医学部
    キーワード : 理学療法評価、医療面接,運動機能、感覚機能、検査・測定
  • 生活環境学
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 医学部
    キーワード : 高齢者・障害者、生活特性、生活環境整備、住宅改造、見取り図
  • 臨床実習Ⅰ(理)
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 医学部
    キーワード : 問題点抽出、治療計画、治療
  • 臨床実習Ⅱ(理)
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 医学部
    キーワード : 問題点抽出、治療計画、治療
  • 臨床実習Ⅲ(理)
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 医学部
    キーワード : 問題点抽出、治療計画、治療
  • 臨床実習Ⅳ(理)
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 医学部
    キーワード : 問題点抽出、治療計画、治療
  • 内部障害系理学療法学
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 医学部
    キーワード : 呼吸器疾患、心疾患、糖尿病、肺理学療法、運動療法、AT、ECG、スクイージング、排痰法、
  • 運動学
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 医学部
    キーワード : 生体力学、機能解剖、関節運動、姿勢制御
  • 神経系理学療法学実習
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 医学部
    キーワード : 片麻痺の運動療法、神経系疾患の評価、症例検討、脳性麻痺
  • 生活技術学
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 医学部
    キーワード : 日常生活活動、評価様式、自助具・福祉機器、コミュニケーション障害、生活技術指導
  • 職場管理学
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 医学部
    キーワード : 人事管理、業務管理、職業倫理
  • 理学療法研究
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 医学部
    キーワード : 卒業研究、統計、論文作成
  • 神経系理学療法学
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 医学部
    キーワード : 脳血管障害、失調症、パーキンソン病,多発性硬化症,筋委縮性側策硬化症、脳性まひ、ダウン症、末梢神経障害
  • 運動療法学演習
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 医学部
    キーワード : 基本的運動療法、リスク管理、疾患別治療体操
  • 一般教育演習(フレッシュマンセミナー)
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : 障害、健康、リハビリテーション、スポーツ、高齢者、小児、姿勢制御
  • 日常生活活動学実習
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 医学部
    キーワード : 日常生活活動(ADL),起居動作,移動,移乗,福祉用具,評価,支援方法,実技
  • 理学療法学概論
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 医学部
    キーワード : 理学療法、障害、リハビリテーション
  • リハビリテーション生理学
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 医学部
    キーワード : 興奮伝導、神経、反射、姿勢反応,高次脳機能,感覚、関節運動,筋収縮のメカニズム,運動制御,運動学習, 運動生理
  • 理学療法研究法演習Ⅰ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 医学部
    キーワード : 理学療法研究、医学統計
  • 運動機能評価学実習
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 医学部
    キーワード : 感覚検査,筋緊張・腱反射,協調運動機能検査,疼痛の評価,片麻痺運動機能検査,高次神経機能検査,運動器障害の評価

大学運営

委員歴

  • 2019年 - 現在   日本基礎理学療法学会   運営幹事
  • 2014年 - 現在   日本健康行動科学会   理事、編集委員
  • 2013年 - 現在   日本理学療法士協会   学術誌査読委員
  • 2013年 - 現在   北海道医学会   評議員
  • 2011年 - 2013年   日本理学療法士協会   基礎理学療法学 学会運営委員   日本理学療法士協会
  • 2010年   北海道理学療法士協会   EBM推進委員会委員   北海道理学療法士協会
  • 2004年   日本生理人類学会   人間-医療福祉施設系評価制御問題研究部会 監事   日本生理人類学会


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.