研究者データベース

木之下 怜平(キノシタ リヨウヘイ)
獣医学研究院 附属動物病院
特任助教

基本情報

所属

  • 獣医学研究院 附属動物病院

職名

  • 特任助教

学位

  • 学士(鹿児島大学)

J-Global ID

職歴

  • 2019年07月 - 現在 北海道大学 大学院獣医学研究科動物病院 特任教員
  • 2014年10月 - 2019年06月 東京大学 大学院農学生命科学研究科附属動物医療センター 特任研究員
  • 2012年04月 - 2014年09月 東京大学 大学院農学生命科学研究科附属動物医療センター 特任研究員

学歴

  • 2004年04月 - 2010年03月   鹿児島大学   農学部   獣医学科

研究活動情報

論文

  • Evaluation of immunohistochemical staining with PMab-38, an anti-dog podoplanin monoclonal antibody, in various canine tumor tissues.
    Kiname K, Yoshimoto S, Kato D, Tsuboi M, Tanaka Y, Yoshitake R, Eto S, Shinada M, Chambers J, Saeki K, Kinoshita R, Yamada S, Uchida K, K. Kaneko M, Nishimura R, Kato Y, Nakagawa T
    Japanese Journal of Veterinary Research 67 1 25 - 34 2019年02月 [査読有り][通常論文]
  • Isao Matsumoto, James K. Chambers, Kazumi Nibe, Ryohei Kinoshita, Ryohei Nishimura, Hiroyuki Nakayama, Kazuyuki Uchida
    Veterinary Pathology 55 5 663 - 672 2018年09月 [査読有り][通常論文]
     
    The biological behavior and immunohistochemical features of feline renal cell carcinoma (RCC) have not been well characterized. In the present study, immunohistochemical examinations were performed in 12 feline cases of RCC. The RCC consisted of solid ( n = 2), solid-tubular ( n = 2), tubular ( n = 3), papillary ( n = 2), tubulopapillary ( n = 2), and sarcomatoid ( n = 1) type lesions. Of the cases with RCC, 1 developed metastatic disease and 6 cases had no evidence of recurrence at 80 to 2292 days after surgery. One papillary-type tumor had cuboidal cells with scant cytoplasm and monomorphic nuclei, and the other had pseudostratified columnar cells with abundant cytoplasm. Immunohistochemistry revealed that the tumor cells in most cases were positive for cytokeratin (CK)7, CK20, KIT, and CD10, with the exception of cases of the solid type with clear cytoplasm (solid anaplastic), papillary type with columnar cells, and sarcomatoid types. A small number of tumor cells in the solid anaplastic and in the sarcomatoid types were positive for aquaporin-1. Increased expression of N-cadherin and Twist along with nuclear accumulation of β-catenin were observed in the sarcomatoid type. These results indicated that CK, KIT, and CD10 are relatively strongly expressed in most feline RCC. The solid anaplastic RCC exhibited CD10 expression with the absence of distal tubule marker expression. Although immunohistochemistry profiles were relatively consistent with those described in human RCC, the histopathologic features were different from those seen in humans. Epithelial-mesenchymal transition (EMT) marker expression in the current cases may suggest the involvement of an EMT-like mechanism in the development of sarcomatoid RCC in cats.
  • 膀胱移行上皮癌の犬78例における治療成績の回顧的検討
    愛宕 哲也, 佐伯 亘平, 木之下 怜平, 藤原 玲奈, 坪井 誠也, 中川 貴之, 西村 亮平
    日本獣医麻酔外科学雑誌 49 Suppl.1 285 - 285 (一社)日本獣医麻酔外科学会 2018年06月 [査読有り][通常論文]
  • Akiko Inoue, Shingo Maeda, Ryohei Kinoshita, Masaya Tsuboi, Tomohiro Yonezawa, Naoaki Matsuki
    Veterinary Immunology and Immunopathology 190 53 - 56 2017年08月 [査読有り][通常論文]
  • 犬における原発性腎腫瘍の回顧的検討
    木之下 怜平, 佐伯 亘平, 坪井 誠也, 藤原 玲奈, 西村 亮平
    獣医麻酔外科学雑誌 45 Suppl.2 188 - 188 (一社)日本獣医麻酔外科学会 2014年12月 [査読有り][通常論文]
  • 犬における下部尿路移行上皮癌の回顧的検討(2005〜2011)
    木之下 怜平, 佐伯 亘平, 坪井 誠也, 中川 貴之, 西村 亮平
    獣医麻酔外科学雑誌 44 Suppl.2 244 - 244 (一社)日本獣医麻酔外科学会 2013年12月 [査読有り][通常論文]

書籍

  • 大野, 耕一 (担当:共著範囲:必須手術手技)
    EDUWARD Press 2021年06月 (ISBN: 9784866711539) x, 393p
  • Rodríguez Gómez, José, Llinás, Jorge, Bussadori, Roberto, 西村, 亮平 (範囲:気管)
    ファームプレス 2020年11月 (ISBN: 9784863821118) xix, 241p
  • 辻本, 元, 小山, 秀一, 大草, 潔, 中村, 篤史 (範囲:胸腺腫 耳垢腺癌)
    Eduward press 2020年08月 (ISBN: 9784866711225) xvi, 963, 23p
  • 辻本, 元, 小山, 秀一, 大草, 潔, 中村, 篤史 (担当:分担執筆範囲:胸腺腫 耳垢腺癌)
    Eduward press 2020年08月 (ISBN: 9784866711218) xvi, 1219, 28p
  • Day Brühl, Rodolfo, Martínez, María Elena, Meyer, Pablo, Rodríguez Gómez, José, 西村, 亮平 (範囲:尿路手術の過誤)
    ファームプレス 2019年10月 (ISBN: 9784863821071) xiii, 223p
  • 木之下怜平, 他多数 (担当:分担執筆範囲:組織・切除生検法)
    インターズー 2018年09月 (ISBN: 9784866710303) 323p ; 挿図

講演・口頭発表等

  • 獣医学での植皮術  [招待講演]
    木之下怜平
    第97回日本獣医麻酔外科学会 2019年01月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 猫の閉塞性尿管結石に対する尿管切開および尿管膀胱新吻合術と閉鎖吸引ドレーンの併用の短期・中期的予後  [通常講演]
    木之下怜平
    The 8th Annual AiSVS Congress 2018年12月 ポスター発表
  • 犬の尿管閉塞 私の解除法  [招待講演]
    木之下怜平
    日本獣医麻酔外科学会東京地区講習会 2018年03月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 尿路のツマリの解除法  [招待講演]
    木之下怜平
    日本獣医内科学アカデミー学術大会 2017年02月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

受賞

  • 2014年12月 一般社団法人 獣医麻酔外科学会 軟部組織外科部門 優秀賞
     犬における原発性腎腫瘍の回顧的検討 
    受賞者: 木之下怜平;佐伯亘平;坪井誠也;藤原玲奈;西村亮平

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 犬尿路上皮がんの新規治療戦略~BRAF阻害剤を用いた抗炎症療法によるがんの制圧~
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 若手研究
    研究期間 : 2019年04月 -2021年03月 
    代表者 : 木之下 怜平

教育活動情報

主要な担当授業

  • 伴侶動物獣医療実習Ⅰ
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 獣医学部
    キーワード : 伴侶動物、内科、外科、検査、診断、治療
  • 伴侶動物獣医療実習Ⅱ
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 獣医学部
    キーワード : 伴侶動物、内科、外科、検査、診断、治療
  • 総合獣医療実習
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 獣医学部
    キーワード : 臨床病理、画像診断、細胞診、病理解剖、麻酔
  • 夜間・救急獣医療実習Ⅰ
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 獣医学部
    キーワード : 夜間・休日診療、救急処置


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.