研究者データベース

渡部 典大(ワタナベ ノリヒロ)
工学研究院 建築都市部門 空間デザイン
助教

基本情報

所属

  • 工学研究院 建築都市部門 空間デザイン

職名

  • 助教

学位

  • 博士(工学)(北海道大学)

ホームページURL

科研費研究者番号

  • 80823400

J-Global ID

プロフィール

  • 一級建築士

研究キーワード

  • 都市デザイン   風雪シミュレーション   積雪寒冷都市   建築計画   都市計画   

研究分野

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 建築計画、都市計画

職歴

  • 2018年04月 - 現在 北海道大学 工学研究院 助教
  • 2019年09月 - 2019年10月 スウェーデン王立工科大学 客員研究員
  • 2014年11月 - 2018年03月 北海道大学 工学研究院 技術補助員
  • 2011年04月 - 2014年08月 株式会社 古市徹雄都市建築研究所

学歴

  • 2015年04月 - 2018年03月   北海道大学   工学院   建築都市空間デザイン専攻 博士課程
  • 2009年04月 - 2011年03月   北海道大学   工学院   建築都市空間デザイン専攻
  • 2005年04月 - 2009年03月   北海道大学   工学部   環境社会工学科 建築都市コース

所属学協会

  • 都市住宅学会   北海道都市地域学会   日本都市計画学会   日本建築学会   

研究活動情報

論文

  • Anastasiia A. Paukaeva, Tsuyoshi Setoguchi, Norihiro Watanabe, Vera I. Luchkova
    Sustainability 12 15 6062 - 6062 2020年07月28日 [査読有り][通常論文]
     
    Due to the severe climate, residents of winter cities tend not to utilize public open spaces inwinter. Temporary design interventions such as emblematic events are always proposed in wintercities to enhance pedestrian activity by celebrating the season and improving the perception ofwinter. In this study, we clarify the impact of the event on pedestrians’ perception to determinethe role of temporary design in improving the perception of public open spaces in winter cities.Using the example of event known as “Ice Town” on the Lenin Square in Khabarovsk, the contentof the Instagram images was analyzed to determine their perception during and after the event.The analysis includes classification of the images into clusters related to dierent urban elementsusing transfer learning with CNN (convolutional neural network). A total of 10,200 generated imageson the Lenin Square were considered, with 1700 images which relate the event itself. This accountsfor approximately 20% of all data, while those which related to the during the permanent use of LeninSquare accounted for just 6%. Temporary design of public open spaces has great potential to involvepedestrians in interacting with urban and natural environments in winter cities, even in severe coldclimate, by improving an impression of a place.
  • Takumi Ito, Tsuyoshi Setoguchi, Takashi Miyauchi, Akira Ishii, Norihiro Watanabe
    Sustainability 11 4 1020 - 1022 2019年02月 [査読有り][通常論文]
  • 都心再編に向けたグリッド都市における街区空間タイポロジー ―札幌市都心街区を事例として―
    渡部典大, 瀬戸口剛, 村田知謙
    都市学研究 55 11 - 16 2018年10月 [査読有り][通常論文]
  • 積雪寒冷都市における 北方型スマート街区による都市デザイン手法の構築
    渡部典大
    北海道大学 2018年03月 [査読有り][通常論文]
  • Human Behavior in Downtown Public Spaces during Cooling Periods in Winter Cities
    日下みのり, 瀬戸口剛, 渡部典大, 郭芷銘, Anasutasiia PAUKAEVA
    Journal of Civil Engineering and Architecture 12 1 1 - 10 2018年01月 [査読有り][通常論文]
  • Public Open Space Design Study on the Basis of Microclimate and Spatial Behavior in Hot and Cold Weather Conditions in Downtown Area
    郭芷銘, 瀬戸口剛, 渡部典大, Ke HUO
    Modern Applied Science 12 2 128 - 141 2018年01月 [査読有り][通常論文]
  • Optimization Design of Open Spaces Based on Wind Tunnel and CFD Simulation: Case Study of a Street Canyon in Northern China
    郭芷銘, 瀬戸口剛, 渡部典大, 堤拓哉
    Journal of Civil Engineering and Architecture 11 2 897 - 914 2017年11月 [査読有り][通常論文]
  • Norihiro Watanabe, Tsuyoshi Setoguchi, Kosuke Maeda, Daiki Iwakuni, Zhiming Guo, Takuya Tsutsumi
    SUSTAINABILITY 9 11 2132  2017年11月 [査読有り][招待有り]
     
    Urban designs that consider regional climatic conditions are one of the most important approaches for developing sustainable cities. In cities that suffer from heavy snow and cold winds in winter, an urban design approach different than that used for warm cities should be used. This study presents a scientific design process (the sustainable design approach) that incorporates environmental and energy assessments that use snow and wind simulations to establish guidelines for the design of urban blocks in high-rise and high-density districts so that the impact of snow and wind can be minimized in these cities. A city block in downtown Sapporo, Japan, was used as a case study, and we evaluated four conceptual models. The four models were evaluated for how they impacted the snow and wind conditions in the block as well as the snow removal energy. Based on the results, we were able to identify the design guidelines in downtown Sapporo: an urban block design with higher building height ratio without the mid-rise part can reduce the snowdrifts and lower the snow removal energy. The proposed sustainable urban design approach would be effective in improving the quality of public spaces and reducing snow removal energy in winter cities.
  • Optimization Design of Open Space Based on Microclimate and Behavior in China
    郭芷銘, 瀬戸口剛, 渡部典大, Ke Huo
    Journal of Civil Engineering and Architecture 11 7 617 - 634 2017年07月 [査読有り][通常論文]
  • 渡部典大, 瀬戸口剛, 松山倫之, 郭芷銘, 堤拓哉
    日本建築学会計画系論文集 82 733 735 - 744 2017年03月 [査読有り][通常論文]
  • Urban-Design Process with Snow and Wind Simulations: A Study on the Kitami City Hall
    渡部典大, 瀬戸口剛, 横山翔太, 郭芷銘, 堤拓哉
    Journal of Civil Engineering and Architecture 11 2 107 - 120 2017年02月 [査読有り][通常論文]
  • Norihiro Watanabe, Tsuyoshi Setoguchi, Koya Sato, Takuya Tsutsumi
    JOURNAL OF ASIAN ARCHITECTURE AND BUILDING ENGINEERING 15 3 455 - 462 2016年09月 [査読有り][通常論文]
     
    Urban design approaches in many Japanese cities are based on principles that are similar throughout the country without considering the variety in regional climates. Especially in cities with severe winter weather, providing desirable environments for public spaces under conditions of snow and strong winds is an important issue in urban design. This paper proposes new approaches to urban design with environmental assessments using snow and wind simulations to enable the development of original urban design concepts to improve the quality of public space. Using city blocks in downtown Sapporo, Japan as a case study, a design process flow is established together with conceptual models of city block design, assessing each of the steps of the process. The results of the assessment are then reflected back to the models and re-evaluated with an environmental assessment. With the results, the authors identify a number of principles of city block design for downtown Sapporo.
  • 瀬戸口剛, 佐藤公哉, 渡部典大, 堤拓哉
    日本建築学会計画系論文集 77 682 2789 - 2798 2012年12月 [査読有り][通常論文]

講演・口頭発表等

  • Digital Urban Design Approach in Winter Cities.
    Norihiro Watanabe
    International Conference ARCTIC CITIES PLANNING AND DESIGN 2020年12月 口頭発表(基調)
  • Climatic responsive urban design approaches for winter cities  [招待講演]
    渡部典大
    New Ideas of New Century 2020 2020年02月 口頭発表(招待・特別)
  • Urban planning in cold region  [招待講演]
    渡部典大
    INTEGRATED VISIONS IN URBAN PLANNING: DESIGN AND RESEARCH, Russian State University named after A.N. Kosygin, Moscow, Russia 2019年03月 口頭発表(招待・特別)
  • Optimization Design of Open Space Based on Microclimate and Behavior in Winter Cities  [通常講演]
    渡部典大
    The 26th edition of CONSTRUCTION International Specialized Expo, Vladivostok, Russia 2018年09月 口頭発表(招待・特別)
  • Sustainable Block Design Process with Snow and Wind Simulations for Winter Cities  [招待講演]
    渡部典大
    The 26th edition of CONSTRUCTION International Specialized Expo, Vladivostok, Russia 2018年09月 口頭発表(招待・特別)
  • 極東ロシアの都市・建築  [招待講演]
    渡部典大
    ロシアの住宅・都市環境(北海道ロシアビジネスセンター, 北海道総合研究調査会HIT) 2017年06月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • Sustainable Urban and Architectural design for Winter Cities  [招待講演]
    渡部典大
    第3回日本関連セミナー(サハリン国立大学) 2017年03月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • Urban Block Design Approaches Incorporating Environmental Assessment for Winter Cities  [通常講演]
    渡部典大
    The 17th International Forum "New Ideas of New Century" 2017年02月 口頭発表(一般)

作品等

その他活動・業績

  • 地方小都市における未来空き家マップの提案 -空き家活用による地方都市再生 その3-
    寺嶋 啓介, 瀬戸口 剛, 渡部 典大, 伊勢谷 拓也 日本建築学会大会学術講演梗概集 2020 (都市計画) 469 -470 2020年09月 [査読無し][通常論文]
  • 集約型都市形成に向けた公民連携型住宅の計画手法 -コンパクトシティ計画研究 その3-
    加野 和奏, 瀬戸口 剛, 渡部 典大, 尾門 あいり 日本建築学会大会学術講演梗概集 2020 (都市計画) 69 -72 2020年09月 [査読無し][通常論文]
  • 積雪寒冷都市の屋外オープンスペースにおける冬季利用行動とデザインガイドラインの提案 積雪寒冷都市における都市デザイン その25
    佐々木 嵩, 瀬戸口 剛, 渡部 典大, 長谷川 怜史 日本建築学会大会学術講演梗概集 2020 831 -832 2020年09月 [査読無し][通常論文]
  • AI を用いたInstagram 投稿の解析による屋外オープンスペースの空間認知分析 - ビッグデータを用いた空間計画手法 その1 -
    長谷川 怜史, 瀬戸口 剛, 渡部 典大 日本建築学会大会学術講演梗概集 2020 (情報システム技術) 9 -12 2020年09月 [査読無し][通常論文]
  • 積雪寒冷地の地方小都市における克雪街区デザインの提案 積雪寒冷都市における都市デザインその24
    村田知謙, 瀬戸口剛, 渡部典大, 石橋きさら 日本建築学会大会学術講演梗概集 2019 1097 -1098 2019年09月 [査読無し][通常論文]
  • 積雪寒冷地の地方小都市における空き地を堆雪空間とした活用の提案 積雪寒冷都市における都市デザイン その23
    石橋きさら, 瀬戸口剛, 渡部典大, 村田知謙 日本建築学会大会学術講演梗概集 2019 1095 -1096 2019年09月 [査読無し][通常論文]
  • 歩車共存道路における歩行者行動と自動車の関係に関する基礎的研究 積雪寒冷都市における都市デザイン その21
    渡邉花奈, 瀬戸口剛, 渡部典大, 佐藤勇人 日本建築学会大会学術講演梗概集 2019 237 -238 2019年09月 [査読無し][通常論文]
  • 積雪寒冷都市の都市デザインプロセスに向けた雪 CFD と風洞実験の有用性評価 積雪寒冷都市における都市デザイン その22
    近藤縁, 瀬戸口剛, 渡部典大, 村田知謙, 堤拓哉, 大槻政哉 日本建築学会大会学術講演梗概集 2019 793 -794 2019年09月 [査読無し][通常論文]
  • 積雪寒冷都市の都心オープンスペースにおける積雪時の利用行動 積雪寒冷都市における都市デザイン その20
    佐藤勇人, 瀬戸口剛, 渡部典大 日本建築学会大会学術講演梗概集 2019 235 -236 2019年09月 [査読無し][通常論文]
  • コンパクトシティに向けた公共施設再編の効果と計画論 北海道夕張市における都市再編研究 その20
    宮本宏樹, 瀬戸口剛, 渡部典大, 小原史 日本建築学会大会学術講演梗概集 2019 633 -636 2019年09月 [査読無し][通常論文]
  • 集約型コンパクトシティに向けた公共施設再編による都市拠点計画論 コンパクトシティ計画研究 その 2
    伊藤拓海, 瀬戸口剛, 渡部典大, 安田穂乃果, 尾門あいり 日本建築学会大会学術講演梗概集 2019 621 -624 2019年09月 [査読無し][通常論文]
  • 人口減少都市における市街地集約によるコンパクトシティ夕張 2040 の提案 北海道夕張市における都市再編研究 その 19
    小原史, 瀬戸口剛, 渡部典大, 宮本宏樹 日本建築学会大会学術講演梗概集 2019 629 -632 2019年09月 [査読無し][通常論文]
  • 民間活力導入を伴う公営住宅再編による集約型コンパクトシティの計画論 コンパクトシティ計画研究 その1
    安田穂乃果, 瀬戸口剛, 渡部典大, 伊藤拓海, 尾門あいり 日本建築学会大会学術講演梗概集 2019 617 -620 2019年09月 [査読無し][通常論文]
  • 北海道胆振東部地震におけるコミュニティ施設の避難所としての空間利用
    柏原勇規, 瀬戸口剛, 渡部典大, 佐藤勇人, 村田知謙 日本建築学会大会学術講演梗概集 2019 509 -510 2019年09月 [査読無し][通常論文]
  • 風雪シミュレーションを用いた融雪負荷と建物熱負荷を低減する街区形態の開発 積雪寒冷都市における都市デザイン その19
    横山翔太, 瀬戸口剛, 渡部典大, 堤拓哉, 日下みのり 日本建築学会大会学術講演梗概集, 環境工学Ⅱ 2018 1087 -1090 2018年07月 [査読無し][通常論文]
  • 積雪寒冷都市におけるオープンスペースの空間構成と利用行動 積雪寒冷都市における都市デザイン その17
    日下みのり, 瀬戸口剛, 渡部典大, 横山翔太, 長谷川怜史 日本建築学会大会学術講演梗概集, 都市計画 2018 515 -516 2018年07月 [査読無し][通常論文]
  • 積雪寒冷都市における屋内外パブリックスペースの空間構成と冬季の利用行動 積雪寒冷都市におけるおける都市デザイン その18
    長谷川怜史, 瀬戸口剛, 渡部典大, 日下みのり, 横山翔太 日本建築学会大会学術講演梗概集, 都市計画 2018 517 -518 2018年07月 [査読無し][通常論文]
  • 北海道恵庭市生涯学習施設かしわのもり
    渡部典大, 瀬戸口剛, 小倉寛征, 樫村圭亮, 日下みのり, 松田かりん, 横山翔太 日本建築学会大会学術講演梗概集, 建築デザイン 2018 246 -247 2018年07月 [査読無し][通常論文]
  • 積雪寒冷都市における屋内外パブリックスペースの空間構成と冬季の利用行動
    長谷川怜史, 瀬戸口剛, 渡部典大, 郭芷銘, 日下みのり, 横山翔太, 佐藤勇人, Paukaeva Anastasiia 日本建築学会北海道支部研究報告集 307 -308 2018年06月 [査読無し][通常論文]
  • 積雪寒冷都市における寒冷移行期の都心オープンスペースの空間構成と利用行動
    佐藤 勇人, 瀬戸口剛, 渡部典大, 郭芷銘, 岩国大貴, 日下みのり, 横山翔太 日本建築学会北海道支部研究報告集 90 103 -106 2017年06月 [査読無し][通常論文]
  • 新エネルギー活用に向けたコンパクトシティの拠点形成
    和田修一, 瀬戸口剛, 渡部典大, 久保山航希, 山崎厚, 渡邊天磨 日本建築学会北海道支部研究報告集 89 275 -278 2016年06月 [査読無し][通常論文]
  • 風雪シミュレーションを用いた新市庁舎建設計画プロセスの開発 北見市新市庁舎建設計画における屋外環境・エネルギー評価
    横山翔太, 瀬戸口剛, 渡部典大, 郭芷銘, 松山倫之, 岩国大貴, 日下みのり, 堤拓哉 日本建築学会北海道支部研究報告集 89 271 -274 2016年06月 [査読無し][通常論文]
  • 積雪寒冷都市における寒冷移行期の都心オープンスペースでの利用行動 札幌市都心部北3条広場での環境調査と都市デザイン
    日下みのり, 瀬戸口剛, 渡部典大, 郭芷銘, 松山倫之, 岩国大貴, 横山翔太 日本建築学会北海道支部研究報告集 89 249 -252 2016年06月 [査読無し][通常論文]
  • 風雪シミュレーションを用いた低炭素型の都心空間デザインプロセス : 積雪寒冷都市における都市デザイン その11
    前田孝輔, 瀬戸口剛, 渡部典大, 岩国大貴, 堤拓哉 日本建築学会大会学術講演梗概集 2015 863 -864 2015年09月 [査読無し][通常論文]
  • 積雪寒冷都市における風雪シミュレーションを用いた高層高容積街区の都市空間像の提案 : 積雪寒冷都市における都市デザイン その10
    岩国大貴, 瀬戸口剛, 渡部典大, 前田孝輔, 堤拓哉 日本建築学会大会学術講演梗概集 2015 861 -862 2015年09月 [査読無し][通常論文]
  • 北海道恵庭市柏地区生涯学習施設計画
    渡部典大, 瀬戸口剛, 小倉寛征, 尾門あいり, 坂本昌士, 中島望, 前田孝輔 日本建築学会大会建築デザイン発表梗概集 2015 42 -43 2015年09月 [査読無し][通常論文]
  • 風雪シミュレーションを用いた積雪寒冷都市における低炭素型都心空間デザインプロセス : 札幌市都心部大通地区を事例として
    岩国大貴, 瀬戸口剛, 渡部典大, 前田孝輔, 堤拓哉, 松山倫之 日本建築学会北海道支部研究報告集 88 273 -276 2015年06月 [査読無し][通常論文]
  • 積雪寒冷都市において雪処理エネルギーと地区エネルギーを考慮した都市空間像の開発 : 札幌市都心部を事例として
    松山倫之, 前田孝輔, 瀬戸口剛, 佐藤公哉, 堤拓哉, 渡部典大, 高梨潤, 山田健介 日本建築学会北海道支部研究報告集 87 369 -372 2014年06月 [査読無し][通常論文]
  • 積雪寒冷都市における風雪シミュレーションを用いた都心街区の空間デザイン : 低炭素都市実現に向けた都市デザイン
    佐藤公哉, 瀬戸口剛, 堤拓哉, 渡部典大, 千葉拓哉, 増田祥子, 山田健介, 野村武志 日本建築学会北海道支部研究報告集 84 373 -376 2011年07月 [査読無し][通常論文]
  • 地区エネルギー評価を導入した複合型都市開発の計画プロセス研究 : 低炭素都市実現に向けた都市デザイン その3
    千葉拓哉, 瀬戸口剛, 渡部典大 日本建築学会大会学術講演梗概集 2011 927 -928 2011年07月 [査読無し][通常論文]
  • 環境・エネルギー評価を関連づけたエコ街区構築による都市デザインプロセスの開発 : 低炭素都市実現に向けた都市デザイン その2
    渡部典大, 瀬戸口剛, 千葉拓哉, 佐藤公哉, 堤拓哉 日本建築学会大会学術講演梗概集 2011 925 -926 2011年07月 [査読無し][通常論文]
  • 積雪寒冷都市における風雪シミュレーションを用いた都心街区の空間デザイン : 低炭素都市実現に向けた都市デザイン その1
    佐藤公哉, 瀬戸口剛, 堤拓哉, 渡部典大, 千葉拓哉, 増田祥子, 山田健介, 野村武志 日本建築学会大会学術講演梗概集 2011 923 -924 2011年07月 [査読無し][通常論文]
  • 居住者のニーズと活動から見た漁村コミュニティ支援プログラム : 積丹町余別地区を事例として
    加藤千尋, 小林英嗣, 渡部典大 日本建築学会大会学術講演梗概集 2010 523 -524 2010年07月 [査読無し][通常論文]
  • 住民の課題・可能性認識から見た農山漁村地域における居住環境施策展開の方向性(北海道積丹町) : 地域再生に向けた居住環境再編に関する研究その5
    渡部典大, 小林英嗣, 堀田峻司 日本建築学会大会学術講演梗概集 2009 905 -906 2009年07月 [査読無し][通常論文]

受賞

  • 2019年11月 サステイナブルキャンパス協議会(CAS-Net JAPAN) 第5回サステイナブルキャンパス賞
     学生と大学がともに考えるキャンパスの将来計画 
    受賞者: 北海道大学大学院工学研究院;建築都市空間デザイン部門;北海道大学サステイナブル;キャンパスマネジメント本部
  • 2018年05月 公益社団法人都市住宅学会 学生論文コンテスト博士論文部門優秀賞
     積雪寒冷都市における 北方型スマート街区による都市デザイン手法の構築 
    受賞者: 渡部典大
  • 2018年01月 北海道 平成29年度北海道赤レンガ建築賞, 奨励賞
     恵庭市生涯学習施設かしわのもり 
    北海道大学工学研究院都市地域デザイン学瀬戸口研究室にて主担当
  • 2017年03月 Journal of Asian Architecture and Building Engineering Best Paper Award 2016
     New City Block Design Approaches Incorporating Environmental Assessment for Downtown Districts in Cities with Severe Winter Climates 
    受賞者: 渡部典大;瀬戸口剛;佐藤公哉;堤拓也
  • 2017年02月 Pacific National University Grand Prix, The 17th International Forum "New Ideas of New Century"-2017
     Urban Block Design Approach Incorporating Environmental Assessment for Winter City 
    受賞者: 渡部典大
  • 2014年02月 北海道 平成26年度北海道赤レンガ建築賞, 奨励賞
     恵庭市黄金ふれあいセンター 
    北海道大学大学院工学研究院都市地域デザイン学瀬戸口研究室にて担当
  • 2013年07月 木材利用推進中央協議会 木材利用推進中央協議会会長賞
     恵庭市黄金ふれあいセンター 
    北海道大学大学院工学研究院都市地域デザイン学瀬戸口研究室にて担当

教育活動情報

主要な担当授業

  • 計画・設計演習Ⅲ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 工学部
    キーワード : 企画 計画プログラム 設計 外部空間 周辺環境 ランドスケープ タイポロジー 計画・設計者の社会性

大学運営

委員歴

  • 2018年04月 - 現在   北海道大学SCM本部キャンパスマネジメント専門委員会   常任委員(幹事)
  • 2018年04月 - 現在   恵庭市黄金ふれあいセンター運営協議会   アドバイザー
  • 2018年05月 - 2018年05月   日露学生フォーラム2018   運営者


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.