研究者データベース

杉本 雅則(スギモト マサノリ)
情報科学研究院 情報理工学部門 数理科学分野
教授

基本情報

所属

  • 情報科学研究院 情報理工学部門 数理科学分野

職名

  • 教授

学位

  • 博士(工学)(東京大学)

ホームページURL

J-Global ID

研究キーワード

  • 可視光通信   教育工学   複合現実感   音響イメージング   コンピュータビジョン   ユビキタスコンピューティング   ヒューマンコンピュータインタラクション   

研究分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 計測工学
  • 人文・社会 / 教育工学
  • 情報通信 / 知能ロボティクス
  • 情報通信 / 知覚情報処理
  • 情報通信 / 知能情報学
  • 情報通信 / ヒューマンインタフェース、インタラクション
  • 情報通信 / データベース

職歴

  • 2012年10月 - 現在 北海道大学大学院情報科学研究科 教授
  • 2008年04月 東京大学 大学院工学系研究科 電気系工学専攻 准教授
  • 2002年04月 東京大学 大学院新領域創成科学研究科 基盤情報学専攻 助教授
  • 1999年08月 東京大学情報基盤センター 助教授
  • 1997年01月 米国コロラド大学(在外研究員、同年11月まで)
  • 1995年04月 文部省学術情報センター 助手

学歴

  •         - 1995年   東京大学   工学系研究科博士課程 修了
  •         - 1990年   東京大学   工学部   航空学科 卒業

研究活動情報

論文

  • 時間遅延推定のための最適変調信号を用いることによる高速可視光通信手法
    杉本 雅則, 熊木 逸人, 秋山 尚之, 橋爪 宏達
    電子情報通信学会論文誌 J101-B 5 405 - 416 2018年05月 [査読有り][通常論文]
  • 汎用ビデオカメラを用いた可視光通信
    橋爪 宏達, 杉本 雅則
    電子情報通信学会誌 101 1 44 - 51 2018年01月 [査読無し][招待有り]
  • OBSERVE: Object Based learning to Support Education in Real and Virtual Environments
    Ota, Y, Komiyama, M, Egusa, R, Inagaki, S, Kusunoki, F, Sugimoto, M, Mizoguchi, H
    International Journal of Education and Research, 6 1 101 - 108 2018年 [査読有り][通常論文]
  • Takayuki Akiyama, Masanori Sugimoto, Hiromichi Hashizume
    IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences E100A 9 2001 - 2012 2017年09月01日 [査読有り][通常論文]
     
    We describe SyncSync, a time-of-arrival (ToA)-based lo-calization method for smartphones. In general, ToA measurements show better precision than time-difference-of-arrival (TDoA) measurements, al-though ToA systems require a synchronization mechanism between anchor and mobile nodes. For this synchronization, we employ modulated LED light with an acoustic wave for time-of-flight distance measurements. These are detected by the smartphone's video camera and microphone. The time resolution in consumer video cameras is typically only a few tenths of a second, but by utilizing a CMOS image sensor's rolling shutter effect we obtain synchronization resolutions of a few microseconds, which is suffi-cient for precise acoustic ToA measurements. We conducted experiments to confirm operation of the system, and obtained ToA localization errors within 10 mm. The characteristics of the error distributions for both TDoA and ToA measurements were explained by dilution of precision.
  • Jana Backhus, Ichigaku Takigawa, Hideyuki Imai, Mineichi Kudo, Masanori Sugimoto
    IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES E100A 3 865 - 876 2017年03月 [査読有り][通常論文]
     
    In this paper, we introduce a self-constructive Normalized Gaussian Network (NGnet) for online learning tasks. In online tasks, data samples are received sequentially, and domain knowledge is often limited. Then, we need to employ learning methods to the NGnet that possess robust performance and dynamically select an accurate model size. We revise a previously proposed localized forgetting approach for the NGnet and adapt some unit manipulation mechanisms to it for dynamic model selection. The mechanisms are improved for more robustness in negative interference prone environments, and a new merge manipulation is considered to deal with model redundancies. The effectiveness of the proposed method is compared with the previous localized forgetting approach and an established learning method for the NGnet. Several experiments are conducted for a function approximation and chaotic time series forecasting task. The proposed approach possesses robust and favorable performance in different learning situations over all testbeds.
  • 高速高精度デバイス間同期技術とその応用
    橋爪 宏達, 杉本 雅則
    化学工業 67 2 85 - 88 2017年02月 [査読無し][招待有り]
  • System for Art Knowledge Improvement by Interactions with Pictures
    Tamaki, H, Sakai, T, Ota, Y, Kusunoki, F, Inagaki, S, Egusa, R, Sugimoto, M, Mizoguch, H
    Journal of the Institute of Industrial Applications Engineers 5 2 59 - 64 2017年 [査読有り][通常論文]
  • Tsugunosuke Sakai, Haruya Tamaki, Yosuke Ota, Ryohei Egusa, Shigenori Inagaki, Fusako Kusunoki, Masanori Sugimoto, Hiroshi Mizoguch
    International Journal on Smart Sensing and Intelligent Systems 10 2 296 - 307 2017年 [査読有り][通常論文]
     
    This paper describes the relationship between visual attention and eye blink frequency. In an experiment, we prompted the activation of a subject's visual attention and examined the influence of visual attention (as measured using electrodermal activity (EDA), which is meaningfully correlated with visual attention) on the subject's eye blink frequency. Experimental results show that engagement of visual attention decreased eye blink frequency and that when visual attention was not activated, eye blink frequency increased. Knowledge of this relationship provides a technique using EDA to objectively determining a subject's visual attention status.
  • Masanori Sugimoto, Hayato Kumaki, Takayuki Akiyama, Hiromichi Hashizume
    IEEE TRANSACTIONS ON SIGNAL PROCESSING 65 2 505 - 516 2017年01月 [査読有り][通常論文]
     
    This paper presents a rapid and accurate time-synchronization technique using an LED and an off-the-shelf camera. We discuss optimally modulated illumination as a function of camera exposure time through theoretical analysis and derive its mathematical representation. Experiments in real environments with a single LED and 60 fps camera show that the proposed technique can achieve time synchronization within a 17.4 mu s error at the 90th percentile using only four frames ( a measurement time of 0.067 s). Comparative experiments with computer simulations prove that the proposed technique using optimally modulated illumination to camera exposure time needs less CPU time than that using nonoptimally modulated illumination. The performance of the proposed technique derived from the noise distribution of intensities in captured images agrees closely with the experimental results, enabling time synchronization to be estimated within a confidence interval at a given confidence level. Possible applications to be developed by utilizing features of the proposed technique are described.
  • 中村 将成, 秋山 尚之, 杉本 雅則, 橋爪 宏達
    情報処理学会論文誌 57 11 2489 - 2500 2016年11月15日 [査読有り][通常論文]
     
    本稿では,屋内に設置された市販スピーカの音響信号をスマートフォン内蔵マイクロフォンで受信することで,その3次元位置を求める手法について述べる.著者らが独自に構築した高精度受信時刻検出手法である位相一致法を拡張した周波数分割多重化位相一致法を提案する.周波数分割多重化位相一致法では,周波数の異なる信号を各スピーカに割り当てることで多重化を実現し,これらを同時に送信することで1回あたりの計測時間を短縮する.4台のスピーカを用いたTDoA(Time Difference of Arrival)方式による3次元位置認識実験を通して,毎秒7.8回,偶然誤差(random error)2.8cm以下の3次元位置認識が実現できることを確認した.評価実験の結果とシミュレーション結果を比較することで受信位置と誤差の関係について考察し,結果の妥当性を確認した.また,系統誤差が生じる主要な原因を明らかにした.
  • 可聴周波数帯域を用いることによるスポット制御可能な情報伝送手法
    中村 将成, 秋山 尚之, 杉本 雅則, 橋爪 宏達
    情報処理学会論文誌 57 11 2489 - 2500 2016年11月 [査読有り][通常論文]
  • Hideaki Konno, Mineichi Kudo, Hideyuki Imai, Masanori Sugimoto
    SPEECH COMMUNICATION 83 10 - 20 2016年10月 [査読有り][通常論文]
     
    We can perceive pitch in whispered speech, although fundamental frequency (F-0) does not exist physically or phonetically due to the lack of vocal-fold vibration. This study was carried out to determine how people generate such an unvoiced pitch. We conducted experiments in which speakers uttered five whispered Japanese vowels in accordance with the pitch of a guide pure tone. From the results, we derived a multiple regression function to convert the outputs of a mel-scaled filter bank of whispered speech into the perceived pitch value. Next, using this estimated pitch value as F-0, we constructed a system for conversion of whispered speech to normal speech. Since the pitch varies with time according to the spectral shape, it was expected that the pitch accent would be kept by this conversion. Indeed, auditory experiments demonstrated that the correctly perceived rate of Japanese word accent was increased from 55.5% to 72.0% compared with that when a constant F-0 was used. (C) 2016 Elsevier B.V. All rights reserved.
  • Feasibility Study on the Relationship Between Attention and Blinking
    Yoshida, R, Sakai, T, Ishi, Y, Nakayama, T, Ogitsu, T, Takemura, H, Yamaguchi, E, Inagaki, S, Takeda, Y, Namatame, M, Sugimoto, M, Kusunoki, F, Mizoguchi, H
    International Journal on Smart Sensing and Intelligent Systems 9 1 21 - 31 2016年 [査読有り][通常論文]
  • Range Image Sesnor-based Eye Gase Estimation by Using the Relationship between the Face and Eye Direction
    Tamaki, H, Sakai, T, Ota, Y, Kusunoki, F, Inagaki, S, Egusa, R, Sugimoto, M, Mizoguchi, H
    International Journal on Smart Sensing and Intelligent System 9 4 2297 - 2308 2016年 [査読有り][通常論文]
  • 完全情報ゲームにおける適応的モンテカルロ木探索手法の提案
    大佐賀 猛, 吉川 毅, 野中 秀俊, 杉本 雅則
    情報処理学会論文誌 数理モデル化と応用 7 4 1908 - 1921 2014年03月 [査読無し][通常論文]
  • 音響イメージングにおけるログステップマルチキャリア波によるドップラー速度推定法
    前田 泰成, 杉本 雅則, 橋爪 宏達
    電子情報通信学会論文誌 J97-A 1 2014年01月 [査読有り][通常論文]
  • 村津 啓太, 舟生 日出男, 楠 房子, 武田 義明, 井上 晴香, 山口 悦司, 稲垣 成哲, 杉本 雅則, 溝口 博
    科学教育研究 38 4 228 - 237 2014年 [査読有り][通常論文]
  • Developing Voice Separation System for Support Education Research: Determining Learner Reaction without Contact
    Tamaki, H, Sakai, T, Ota, Y, Kusunoki, F, Inagaki, S, Egusa, R, Sugimoto, M, Mizoguchi, H
    Journal of Convergence Information Technology 9 3 12 - 17 2014年 [査読有り][通常論文]
  • Sound-Separation System using Spherical Microphone Array with Three-Dimensional Directivity? KIKIWAKE 3D: Language Game for Children
    Nakadai, T, Nakayama, T, Taguchi, T, Egusa, R, Namatame, M, Sugimoto, M, Kusunoki, F, Yamaguchi, E, Inagaki, S, Takeda, Y, Mizoguchi, H
    International Journal on Smart Sensing and Intelligent System 7 4 1908 - 1921 2014年 [査読有り][通常論文]
  • Natapon Pantuwong, Masanori Sugimoto
    VISUAL COMPUTER 29 3 203 - 216 2013年03月 [査読有り][通常論文]
     
    A curve skeleton is used to represent a 3D object in many different applications. It is a 1D curve that captures topology of the 3D object. The proposed method extracts a curve skeleton from the vector field inside the 3D object. A vector at each voxel of the 3D object is calculated using a pseudonormal vector. By using such a calculation, the computation time is significantly reduced compared with using a typical potential field. A curve skeleton is then extracted from the pseudonormal vector field by using a skeleton-growing algorithm. The proposed algorithm uses high-curvature boundary voxels to search for a set of critical points and skeleton branches near high-curvature areas. The set of detected critical points is then used to grow a curve skeleton in the next step. All parameters of our algorithms are calculated from the 3D object itself, without user intervention. The effectiveness of our method is demonstrated in our experiments.
  • Sugimoto, M, Kanie, N, Nakamura, S, Hashizume, H
    Journal of Location Based Services 2013年 [査読有り][通常論文]
  • Sugimoto, M, Kanie, N, Nakamura, S, Hashizume, H
    Journal of Location Based Services 7 2013年 [査読有り][通常論文]
  • Masanori Sugimoto, Shigeki Nakamura, Yuki Inoue, Hiromichi Hashizume
    International Journal on Smart Sensing and Intelligent Systems 6 3 791 - 809 2013年 [査読有り][通常論文]
     
    This paper describes a new ranging technique using optical signals. The proposed technique is called LT-PAM (Long-Term Phase Accordance Method), and it has been extended from our own ranging technique called Phase Accordance Method (PAM). LT-PAM transmits multiple sync patterns composed of two sinusoidal waves with different frequencies. Unlike chirp modulation techniques, LTPAM transmits the two waves simultaneously and thus enables the shortening of measurement time. We have conducted experiments using two types of light sources, collimated and diffused light. The experimental results indicated that the proposed method showed a moderate level of accuracy by adjusting the measurement time. For example, LT-PAM using a light emitting diode transmitting multiple sync patterns lasting 4 ms achieved 19.5 mm standard deviation in a measurement ranging 1500 mm. We also describe the theoretical analyses related to the proposed technique and discuss possible improvements by comparing theoretical and experimental results.
  • Takayuki Adachi, Masafumi Goseki, Hiroshi Takemura, Hiroshi Mizoguchi, Fusako Kusunoki, Masanori Sugimoto, Etsuji Yamaguchi, Shigenori Inagaki, Yoshiaki Takeda
    Journal of Robotics and Mechatronics 25 4 762 - 766 2013年 [査読有り][通常論文]
     
    The method proposed here for 3D position measurement and identification of individuals by integrating ultrasonic and Kinect sensors uses ultrasonic transmitter tags with unique identifiers. Ultrasonic sensors measure the 3D positions of and identify tagged individuals, but cannot make measurements if there are no receivers in the direction of ultrasonic waves from transmitters. Kinect sensors measure 3D positions of individuals and track them with OpenNI, but Kinect sensors cannot make measurements if occlusion occurs due to the overlapping of individuals. Evaluation results show that the method proposed here is more robust than methods only using either ultrasonic or Kinect sensors.
  • RoboTable2: A Novel Programming Environment using Physical Robots on a Tabletop Platform
    Sugimoto, M, Fujita, T, Mi, H, Krzywinski, A
    ACM Computers in Entertainment 10 2013年 [査読有り][通常論文]
  • Laokulrat, N, Maeda, Y, Sugimoto, M, Hashizume, H
    Measurement Science and Technology, doi:10.1088/0957-0233/23/11/114011 23 11 2012年11月 [査読有り][通常論文]
     
    Airborne acoustic imaging has the capability of obtaining distance information of an object in a scene, the capability of distinguishing objects from the background or a texture and it can also estimate the velocity of objects. However, the nonideal radiation pattern of a transmitter used for insonifying an imaging space can degrade imaging results. In this work, radiation patterns have been investigated, and a new approach to decrease the effect of a transmitter's radiation pattern in acoustic imaging is proposed. The novelty of our proposed method is that we used the measurement-based transmitter's radiation compensation. The compensation can be accomplished without knowing anything about the model and characteristics of the transmitter, the receiver and the medium. We compensated for the transmitter's radiation pattern and reconstructed acoustic images using the synthetic transmit aperture imaging technique. The compensation was based on the radiation pattern obtained from real measurements using a Wiener filter. The Wiener filter was used to compensate for the nonideal radiation pattern of the ultrasonic transmitter for both the phase and amplitude aspects simultaneously. To verify the proposed method, an indoor airborne acoustic imaging experiment was conducted using a two-dimensional (2D) receiver array and a 2D transmitter array. The results show an obvious improvement in the vertical angular resolution of the reconstructed three-dimensional images as well as a satisfactory horizontal angular resolution.
  • Natapon Pantuwong, Masanori Sugimoto
    COMPUTER ANIMATION AND VIRTUAL WORLDS 23 2 125 - 141 2012年03月 [査読有り][通常論文]
     
    Rigging is a process for creating skeletons used to animate articulated characters. In conventional computer-animation software, this process must be performed manually. Although several automatic rigging algorithms have been proposed, these methods still require user intervention. This paper proposes an automatic algorithm that generates an inverse kinematic skeleton for a character by locating an appropriate template skeleton on the extracted curve skeleton of the input 3D character model. After the curve skeleton is extracted, it is analyzed and classified into an appropriate category. The classification conditions are developed from the characteristics of each kind of real animal. We also develop an algorithm to extract the anatomical meaning of each skeleton segment. On the basis of the classification result, a suitable template skeleton is retrieved from the database. Each bone of the template skeleton can then be located on the appropriate skeleton segment of the input skeleton graph by using the extracted anatomical meanings. In contrast to previous methods, the algorithm does not require the input 3D character models to have certain poses or orientations. Moreover, all processes can be completed without user intervention. Copyright (C) 2012 John Wiley & Sons, Ltd.
  • Haipeng Mi, Aleksander Krzywinski, Tomoki Fujita, Masanori Sugimoto
    Advances in Human-Computer Interaction 2012 ID: 301608 10 pages  2012年 [査読有り][通常論文]
     
    This paper presents the design, development, and testing of a tabletop interface called RoboTable, which is an infrastructure supporting intuitive interaction with both mobile robots and virtual components in a mixed-reality environment. With a flexible software toolkit and specifically developed robots, the platform enables various modes of interaction with mobile robots. Using this platform, prototype applications are developed for two different application domains: RoboPong investigates the efficiency of the RoboTable system in game applications, and ExploreRobot explores the possibility of using robots and intuitive interaction to enhance learning. © 2012 Haipeng Mi et al.
  • テーブルトップ環境における新しいロボットプログラミング手法の提案,情報処理学会論文誌
    藤田 智樹, 米 海鵬, 杉本 雅則
    情報処理学会論文誌 53 3 1101 - 1109 2012年 [査読有り][通常論文]
  • Toshio Ito, Masanori Sugimoto, Hiromichi Hashizume
    IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES E94A 10 1907 - 1919 2011年10月 [査読有り][通常論文]
     
    This paper presents and evaluates a new acoustic imaging system that uses multicarrier signals for correlation division in synthetic transmit aperture (CD-STA). CD-STA is a method that transmits uncorrelated signals from different transducers simultaneously to achieve highspeed and high-resolution acoustic imaging. In CD-STA, autocorrelations and cross-correlations in transmitted signals must be suppressed because they cause artifacts in the resulting images, which narrow the dynamic range as a consequence. To suppress the correlation noise, we had proposed to use multicarrier signals optimized by a genetic algorithm. Because the evaluation of our proposed method was very limited in the previous reports, we analyzed it more deeply in this paper. We optimized three pairs of multicarrier waveforms of various lengths, which correspond to 5th-, 6th-and 7th-order M-sequence signals, respectively. We built a CD-STA imaging system that operates in air. Using the system, we conducted imaging experiments to evaluate the image quality and resolution of the multicarrier signals. We also investigated the ability of the proposed method to resolve both positions and velocities of target scatterers. For that purpose, we carried out an experiment, in which both moving and fixed targets were visualized by our system. As a result of the experiments, we confirmed that the multicarrier signals have lower artifact levels, better axial resolution, and greater tolerance to velocity mismatch than M-sequence signals, particularly for short signals.
  • Masanori Sugimoto
    IEEE TRANSACTIONS ON LEARNING TECHNOLOGIES 4 3 249 - 260 2011年07月 [査読有り][通常論文]
     
    This paper describes a system called GENTORO that uses a robot and a handheld projector for supporting children's storytelling activities. GENTORO differs from many existing systems in that children can make a robot play their own story in a physical space augmented by mixed-reality technologies. Pilot studies have been conducted to clarify the design requirements of GENTORO from both technological and practical viewpoints. A user study indicates that GENTORO's ability to enable manipulation of a robot using a handheld projector in a physical space can enhance children's embodied participation in, and their level of engagement with, their storytelling activities, and can support children in designing and expressing creative and original stories.
  • Vinh Ninh Dao, Masanori Sugimoto
    IEICE TRANSACTIONS ON INFORMATION AND SYSTEMS E94D 2 336 - 348 2011年02月 [査読有り][通常論文]
     
    This paper describes a technique for reconstructing dynamic scene geometry using a handheld video projector-camera system and a single checkerboard image as a structured light pattern. The proposed technique automatically recognizes a dense checkerboard pattern under dynamic conditions. The pattern-recognition process is adaptive to different light conditions and an object's color, thereby avoiding the need to set threshold values manually for different objects when the scanning device is moving. We also propose a technique to find corresponding positions for the checkerboard pattern, when displayed by a projector, without needing any position-encoding techniques. The correspondence matching process is based on epipolar geometry, enabling the checkerboard pattern to be matched even if parts of it are occluded. By using a dense checkerboard pattern, we can construct a handheld projector-camera system that can acquire the geometry of objects in real time, and we have verified the feasibility of the proposed techniques.
  • 携帯プロジェクタカメラシステムを用いたモバイルヒューマンインタフェースのための幾何学補正手法
    杉本 雅則
    画像ラボ 22 8 54 - 59 2011年 [査読無し][招待有り]
  • Siriborvornratanakul, T, Sugimoto, M
    International Journal of Information Processing and Management 2 1 65 - 81 2011年 [査読有り][通常論文]
  • Thitirat Siriborvornratanakul, Andmasanori Sugimoto
    EURASIP JOURNAL ON ADVANCES IN SIGNAL PROCESSING Volume 2011 Article ID 572596 17 pages  2011年 [査読有り][通常論文]
     
    ipProjector stands for interactive portable projector which is a project trying to make a smart projection system while retaining absolute portability of the devices and setups. In this paper, an ipProjector framework is proposed for unsupervised real-time object augmentation applications. Scene-independent projector-camera geometric calibration is introduced so that the projected augmentation always appears in the desired geometry despite an unconstrained surface. Using nonintrusive projection, the system can ensure correct vision-based analysis because external appearances of the environment and object (as seen by the camera) are hardly changed by the overlaid projected content. Finally, an unsupervised visual detector is used to guarantee robustness of the detection regardless of lighting variations. Several image processing algorithms are applied in the framework, including image warping using perspective transformation, color conversion using the nearest-neighbor search algorithm, and multiscale visual detection. Based on a small-scale laboratory setting, experiments were conducted to evaluate the proposed approaches, and one example was built to prove the proposed concept in object augmentation.
  • TSaT-MUSIC: A Novel Algorithm for Rapid and Accurate Ultrasonic 3D Localization
    Mizutani, M, Ito, I, Sugimoto, M, Hashizume, H
    EURASIP Journal on Advances in Signal Processing 2011:101 2011年 [査読有り][通常論文]
  • 画像認識手法を用いたヒューマンインタフェースの研究動向
    杉本 雅則
    映像情報メディア学会誌 64 12 1793 - 1796 2010年 [査読無し][招待有り]
  • Thitirat Siriborvornratanakul, Masanori Sugimoto
    International Journal of Digital Multimedia Broadcasting 2010 12 pages  2010年 [査読有り][通常論文]
     
    We propose an interactive projection system for a virtual studio setup using a single self-contained and portable projection device. The system is named ipProjector, which stands for Interactive Portable Projector. Projection allows special effects of a virtual studio to be seen by live audiences in real time. The portable device supports 360-degree shooting and projecting angles and is easy to be integrated with an existing studio setup. We focus on two fundamental requirements of the system and their implementations. First, nonintrusive projection is performed to ensure that the special effect projections and the environment analysis (for locating the target actors or objects) can be performed simultaneously in real time. Our approach uses Digital Light Processing technology, color wheel analysis, and nearest-neighbor search algorithm. Second, a paired projector-camera system is geometrically calibrated with two alternative setups. The first uses a motion sensor for real-time geometric calibration, and the second uses a beam splitter for scene-independent geometric calibration. Based on a small-scale laboratory setting, experiments were conducted to evaluate the geometric accuracy of the proposed approaches, and an application was built to demonstrate the proposed ipProjector concept. Techniques of special effect rendering are not concerned in this paper. © 2010 T. Siriborvornratanakul and M. Sugimoto.
  • 最適化したマルチキャリア信号と合成送信開口による高画質音響イメージング
    伊藤 俊夫, 杉本 雅則, 橋爪 宏達
    電子情報通信学会論文誌 J93-A 5 341 - 352 2010年 [査読有り][通常論文]
  • Extended Phase Accordance Method: A Real-time and Accurate Technique for EstimatingPosition and Velocity of Moving Objects using Ultrasonic Communication
    Sato, T, Nakamura, S, Sugimoto, M, Hashizume, H
    Sensors and Transducer Journal 9 56 - 70 2010年 [査読有り][通常論文]
  • Toshio Ito, Tetsuya Sato, Kan Tulathimutte, Masanori Sugimoto, Hiromichi Hashizume
    IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES E92A 6 1408 - 1416 2009年06月 [査読有り][通常論文]
     
    We have introduced a new ultrasonic-based localization method that requires only one ultrasonic receiver to locate transmitters. In our previous reports [1], [2], we conducted several fundamental experiments, and proved the feasibility and accuracy of our system. However the performance in a more realistic environment has not yet been evaluated. In this paper, we have extended our localization system into a robot tracking system, and conducted experiments where the system tracked a moving robot. Localization was executed both by our proposed method and by the conventional TOA method. The experiment was repeated with different density of receivers. Thus we were able to compare the accuracy and the scalability between our proposed method and the conventional method. As a result 90-percentile of the position error was from 6.2 cm to 14.6 cm for the proposed method, from 4.0 cm to 6.1 cm for the conventional method. However our proposed method succeeded in calculating the position of the transmitter in 95% out of total attempts of localization with sparse receivers (4 receivers in about 5 m x 5 m area), whereas the success rate was only 31% for the conventional method. From the result we concluded that although the proposed method is less accurate it can cover a wider area with sparse receivers than the conventional method. In addition to the dynamic tracking experiments, we also conducted some localization experiments where the robot stood still. This was because we wanted to investigate the reason why the localization accuracy degraded in the dynamic tracking. According to the result, the degradation of accuracy might be due to the systematic error in localization which is dependent on the geometric relationship between the transmitter and the receiver.
  • Yuichiro Takeuchi, Masanori Sugimoto
    PERSONAL AND UBIQUITOUS COMPUTING 13 2 119 - 132 2009年02月 [査読有り][通常論文]
     
    In this paper, we describe an intelligent location-aware city guide system, which adapts to each user's preferences, and uses an intuitive "metal detector'' interface for navigation. Our system analyzes each user's past location data history to estimate individual preferences, and allows users to find shops that match their tastes in the same way a metal detector would be used to detect metal objects. The procedure with which the system picks out shops that match each user's preferences includes a newly developed place learning algorithm, which can efficiently find frequented places, complete with their proper names (e. g. "The Ueno Royal Museum''). We have conducted a series of evaluation tests at a popular shopping district inside Tokyo, and the results validate the effectiveness of our overall approach.
  • 音波イメージングシステムの直感的 な設計評価を可能にする線形モデル
    伊藤 俊夫, 杉本 雅則, 橋爪 宏達
    電子情報通信学会論文誌 J92-A 8 559 - 570 2009年 [査読有り][通常論文]
  • 高精度超音波移動体測位のための位相一致法の拡張手法
    佐藤 哲也, 杉本 雅則, 橋爪 宏達
    電子情報通信学会論文誌 J92-A 12 953 - 963 2009年 [査読有り][通常論文]
  • GENTORO: モバイル複合現実環境におけるストーリーテリング支援システムの設計と評価
    伊藤 俊廷, グェン トゥン ゴク, 杉本 雅則, 稲垣 成哲
    情報処理学会論文誌 50 12 2819 - 2830 2009年 [査読有り][通常論文]
  • 拡張現実感手法を用いた学習支援
    杉本 雅則
    人工知能学会論文誌 23 2 237 - 242 2008年 [査読無し][招待有り]
  • 位相一致法による正確な超音波位置認識手法とその特性
    橋爪 宏達, 金子 歩, 杉本 雅則
    電子情報通信学会論文誌 J91-A 4 435 - 447 2008年 [査読有り][通常論文]
  • Nurturing Learners' Communities by Creating and Sharing Maps
    Miura, S, Ravasio, P, Sugimoto, M
    PsychNology Journal 6 3 269 - 289 2008年 [査読有り][通常論文]
  • 細井 一弘, ダオ ヴィン ニン, 森 晶洋, 杉本 雅則
    日本バーチャルリアリティ学会論文誌 12 3 285 - 294 2007年 [査読有り][通常論文]
  • 位置情報履歴を利用したユーザアダプティブな街案内システム
    竹内 雄一郎, 杉本 雅則
    電子情報通信学会論文誌 J90-D 11 2981 - 2988 2007年 [査読有り][通常論文]
  • Masanori Sugimoto, Fusako Kusunoki, Hiromichi Hashizume
    IEEE TRANSACTIONS ON SYSTEMS MAN AND CYBERNETICS PART C-APPLICATIONS AND REVIEWS 36 5 693 - 700 2006年09月 [査読有り][通常論文]
     
    This correspondence describes a system called ePro for supporting face-to-face group activities. ePro connects a sensor-embedded board that utilizes radio frequency identification (RFID) technology for object recognition and a computer simulation, and is currently used to discuss urban planning and environmental problems. Users collaboratively construct a town by placing pieces such as houses on the board. The computer simulation program automatically recognizes the arrangement of pieces on the board. It then shows environmental changes of the town through visualized simulation results. The goal of ePro is to initiate group discussions: The physical board supports the participation of each user by allowing them to manipulate physical objects, and the computer simulation gives users feedback on their manipulation, which triggers their further actions. A comparative user study of ePro (with and without the sensor-embedded board) was conducted. Through the study, ePro has proved its high usability and effectiveness in activating discussions in face-to-face group activities.
  • K Yatani, K Tamura, K Hiroki, M Sugimoto, H Hashizume
    IEICE TRANSACTIONS ON INFORMATION AND SYSTEMS E89D 1 150 - 157 2006年01月 [査読有り][通常論文]
     
    Mobile devices have acceleratedly penetrated into our daily lives. Though they were originally designed as a communication too] or for personal use, and due to the rapid availability of wireless network technologies, people have begun to use mobile devices for supporting collaborative work and learning. There is, however, a serious problem in mobile devices related to their user interfaces. In this paper, we try to alleviate the problem and propose intuitive techniques for information transfer, which is one of the typical usages of mutually-connected computers. Our system, Toss-it, enables a user to send information from the user's PDA to other electronic devices with a "toss" or "swing" action, like a user would toss a ball or deal cards to others. The implementation of Toss-It consists of three principle parts - gesture recognition, location recognition, and file transfer. We especially describe the details of gesture recognition and location recognition. We then evaluate the practicability and usability of Toss-It through the experiments. We also discuss user scenarios describing how Toss-It can support users' collaborative activities.
  • Supporting Self-Directed Learners and Learning Communities with Sociotechnical Environments
    Fischer, G, Sugimoto, M
    Journal on Research and Practice in Technology Enhanced Learning 1 1 31 - 64 2006年 [査読有り][通常論文]
  • T-RHYTHM: 振動デバイスを用いたリズム学習支援システム
    三浦 宗介, 杉本 雅則
    電子情報通信学会論文誌 J89-D 6 1260 - 1268 2006年 [査読有り][通常論文]
  • 携帯端末の3次元位置に基づく投影画面の表示と直感的な操作手法の試み
    杉本 雅則, 宮原 耕介, 井上 博司, 田村 晃一
    情報処理学会論文誌 47 6 1976 - 1986 2006年 [査読有り][通常論文]
  • 細井 一弘, 杉本 雅則
    日本バーチャルリアリティ学会論文誌 11 2 225 - 236 2006年 [査読有り][通常論文]
  • G Fischer, E Giaccardi, H Eden, M Sugimoto, YW Ye
    INTERNATIONAL JOURNAL OF HUMAN-COMPUTER STUDIES 63 4-5 482 - 512 2005年10月 [査読有り][通常論文]
     
    The power of the unaided individual mind is highly overrated. Although society often thinks of creative individuals as working in isolation, intelligence and creativity result in large part from interaction and collaboration with other individuals. Much human creativity is social, arising from activities that take place in a context in which interaction with other People and the artifacts that embody collective knowledge are essential contributors. This paper examines: (1) how individual and social creativity can be integrated by means of proper collaboration models and tools supporting distributed cognitiori; (2) how the creation of shareable externalizations ("boundary objects") and the adoption of evolutionary process models in the construction of meta-design environments can enhance creativity and support spontaneous design activities ("unselfconscious cultures of design"); and (3) how a new design competence is emerging-one that requires passage from individual creative actions to synergetic activities, from the reflective practitioner to reflective communities and from given tasks to personally meaningful activities. The paper offers examples in the context of collaborative design and art practice, including urban planning, interactive art and open source. In the effort to draw a viable path "beyond binary choices", the paper points out some major challenges for the next generation of socio-technical environments to further increase the integration of individual and social creativity. (c) 2005 Elsevier Ltd. All rights reserved.
  • 実世界とのインタラクションによる学習支援
    杉本 雅則
    教育システム情報学会誌 22 3 161 - 168 2005年 [査読無し][招待有り]
  • Koji Yatani, Mayumi Onuma, Masanori Sugimoto, Fusako Kusunoki
    Systems and Computers in Japan 35 14 54 - 63 2004年12月 [査読有り][通常論文]
     
    In recent years, handheld devices have been playing an important role in children's learning. How to utilize mobile devices such as handheld devices to support collaborative learning has been an important research topic of Computer-Supported Collaborative Learning (CSCL). Educators in Japan are seeking an educational system structure that supports "integrated courses," which have been introduced due to the revision of National Curriculum Standards. We focused on a museum as one of the appropriate locations where "integrated courses" are held and constructed a system named Musex for supporting children's learning with two personal digital assistants (PDAs). Musex provides children with opportunities to answer questions related to exhibitions collaboratively. We performed an experiment on Musex in a science museum and discuss the results in this paper. ©2004 Wiley Periodicals, Inc.
  • Masanori Sugimoto, Fusako Kusunoki, Shigenori Inagaki, Kuniyoshi Takatoki, Atsushi Yoshikawa
    Systems and Computers in Japan 35 9 39 - 50 2004年08月 [査読有り][通常論文]
     
    The authors have used sensing boards based on RFID technology to construct a face-to-face group learning support system integrating the physical world and the virtual world. The system is shown to be useful through performance in that a learner without sufficient skill in using a computer can easily participate in learning, and knowledge acquired through textbooks and the like can be tested in the physical world. On the other hand, some problems have been pointed out: the utterances depend more strongly on the leader, and learning support with a higher degree of realism is desired. Consequently, in the system proposed in this paper, multiple sensing boards are placed at different sites so that the learner groups can communicate face-to-face. The sensing boards are connected through a network so that the operations on the board can influence each other. The learners in the group gather around the board and try to solve the problem face-to-face. They also interact with the learners in another group through a chat system. The learners in a primary school classroom used the system to study city design and environmental problems, and the effectiveness of the proposed system was demonstrated. © 2004 Wiley Periodicals, Inc.
  • 細井 一弘, 杉本 雅則, 橋爪 宏達
    人工知能学会論文誌 19 136 - 144 2004年 [査読有り][通常論文]
  • Musex: 博物館におけるPDAを用いた協調学習支援システム
    矢谷 浩司, 大沼 真弓, 杉本 雅則, 楠 房子
    電子情報通信学会論文誌 J86-D-I 10 773 - 782 2003年 [査読有り][通常論文]
  • Shuichi Takahashi, Akihiko Uchiyama, Naoki Suzuki
    Systems and Computers in Japan 33 6 93 - 100 2002年06月15日 [査読有り][通常論文]
     
    This paper discusses a group learning support system that promotes the externalization of thinking and sharing of understanding. The proposed system has the following two features. (1) Game characteristics are introduced in order to motivate the participation of the learners. (2) By combining a board game with computer simulation, externalization of thinking and sharing of understanding are supported. The effectiveness of the proposed system was evaluated experimentally in a primary school. The results confirmed the effectiveness of the proposed system. © 2002 Wiley Periodicals, Inc. Syst. Comp. Jpn.
  • 思考の外化を支援することによるグループ学習支援システム
    楠 房子, 杉本 雅則, 橋爪 宏達
    電子情報通信学会論文誌 J83-DI 6 580 - 587 2002年 [査読有り][通常論文]
  • 楠 房子, 杉本 雅則, 稲垣 成哲, 高時 邦宜
    科学教育研究 26 6 34 - 41 2002年 [査読有り][通常論文]
  • ネットワーク型センシングボードを用いることによる協調学習支援システムの構築
    杉本 雅則, 楠 房子, 稲垣 成哲, 高時 邦宜, 吉川 厚
    電子情報通信学会論文誌 J85-D-1 12 1152 - 1163 2002年 [査読有り][通常論文]
  • 楠 房子, 杉本 雅則, 橋爪 宏達
    日本バーチャルリアリティ学会論文誌 7 4 487 - 494 2002年 [査読有り][通常論文]
  • 情報収集システムにおけるユーザモデリングと適応的インタラクション
    杉本 雅則
    人工知能学会論文誌 14 1 25 - 32 1999年 [査読無し][通常論文]
  • グループには頭がない - 社会的インタラクションを支援するための概念的枠組みとシステム
    Fischer, G. 杉本
    情報処理 40 6 575 - 582 1999年 [査読無し][招待有り]
  • Sugimoto, M, Hori, K, Ohsuga, S
    IEEE Transactions on Systems, Man, and Cybernetics 28 1 124 - 136 1998年 [査読有り][通常論文]
  • Masanori Sugimoto, Norio Katayama, Atsuhiro Takasu
    International Journal on Digital Libraries 2 1 54 - 66 1998年 [査読有り][通常論文]
     
    Digital libraries on the Internet are constructed separately and managed autonomously, and their semantics are different from each other. On the other hand, users of digital libraries have their own information needs. In order for users to fully utilize digital libraries, therefore, a new method for promoting mediation between the semantics of digital libraries and users' information needs is vital. COSPEX (Conceptual SPace EXplorer), proposed in this paper, is a system that can enhance such mediation. Through the exploration of information spaces encompassing multiple digital libraries, users of COSPEX can construct their own private digital libraries. © Springer-Verlag 1998.
  • M Sugimoto, K Hori, S Ohsuga
    KNOWLEDGE-BASED SYSTEMS 9 6 369 - 376 1996年10月 [査読有り][通常論文]
     
    In this paper we describe a system to visualize different viewpoints for supporting researchers' creativity. The system has a text database composed of journal and conference papers. It elicits the viewpoints of the papers automatically and visualizes the semantic relations between them. By using it the users can find new viewpoints on their own research and form creative ideas. To evaluate the system, we carried out the user studies not only for creativity aid but also for communication aid and information retrieval, and confirmed its effectiveness.
  • M SUGIMOTO, K HORI, S OHSUGA
    KNOWLEDGE-BASED SYSTEMS 7 4 233 - 238 1994年12月 [査読有り][通常論文]
     
    The paper discusses how computers can assist human creativity. A support system has been built and applied to the domain of automobile design. The system uses multidimensional data and statistical methods, and configures a space for inspiring the users' design activity. In the first step, it assists them in forming individual design concepts. In the second step, it assists them in deciding their target design concepts. It has been confirmed that it works effectively through experiments. Some of the open questions on creativity support systems are also discussed.
  • 設計問題への発想支援システムの応用と発想過程のモデル化の試み
    杉本 雅則, 堀 浩一, 大須賀 節雄
    人工知能学会誌 8 5 575 - 582 1993年 [査読有り][通常論文]
  • A Method for Assisting Creative Design Process
    Sugimoto, M, Hori, K, Ohsuga, S
    Languages of design 1 4 355 - 365 1993年 [査読有り][通常論文]

講演・口頭発表等

  • Selective Visible Light Communication for Multiple Video Cameras using a Single Light Source  [通常講演]
    Hirano, A, Shimada, S, Hashizume, H, Sugimoto, M
    Proceedings of ACM SenSys 2018, Shenzhen, China, 2018 (to appear) 2018年
  • Indoor Positioning Using Reflected Light and a Video Camera  [通常講演]
    Shimada, S, Hashizume, H, Sugimoto, M
    Proceedings of IPIN 2018, Nantes, France, 2018 (to appear) 2018年
  • Murakami, H., Nakamura, M., Yamasaki, S., Hashizume, H., Sugimoto, M.  [通常講演]
    Smartphone Localization using Active--Passive Acoustic Sensing
    Proceedings of IPIN 2018, Nantes, France, 2018 (to appear) 2018年
  • Let’s Build Forests for 300 Years: Game-Based Learning in Environmental Education  [通常講演]
    Kawaguchi, H, Mizoguchi, H, Egusa, R, Takeda, Y, Yamaguchi, E, Inagaki, S, Kusunoki, F, Funaoi, H, Sugimoto, M
    Proceedings of ECGBL, Sophia Antipolis, France 2018年
  • Expansion of Science Education Within the Museum Using Body Movements of Multiple People  [通常講演]
    Tokuoka, M, Mizoguchi, H, Egusa, R, Inagaki, S, Kusunoki, F, Sugimoto, M
    Proceedings of IOSTE 2018, Malmo, Sweden, 2018 2018年
  • "Discuss and Behave Collaboratively!” – Full-Body Interactive Learning Support System within a Museum to Elicit Collaboration with Children  [通常講演]
    Tokuoka, M, Mizoguchi, H, Egusa, R, Inagaki, S, Kusunoki, F, Sugimoto, M
    Proceedings of CollabTech 2018, Costa de Caprica, Portugal, pp.104-111 2018年
  • Augmentation of Environmental Education Using a Forest Management Game to Stimulate Learners’ Self-Discovery  [通常講演]
    Kawaguchi, S, Mizoguchi, H, Egusa, R, Takeda, Y, Yamaguchi, E, Inagaki, S, Kusunoki, F, Funaoi, H, Sugimoto, M
    Proceedings of IOSTE2018, Malmo, Sweden 2018年
  • Throw and Run’ Early-Human Virtual Hunting Experience: An Interactive Archaeology-Learning Support System  [通常講演]
    Sako, N, Kusunoki, F, Inagaki, S, Mizoguchi, M, Sugimoto, M
    Proceedings of EdMedia 2018, Amsterdam, The Netherlands, pp. 1216-1221 2018年
  • Robust and Unified System for Visible Light Communication with CMOS Camera Using Neural Decoding  [通常講演]
    Alfarozi, S, Amaya S, Hashizume, H, Woraratpanya, K. Sugimoto, M
    Proceedings of ISIP2018, Fukuoka, Japan 2018年
  • High-speed Optical Camera Communication using an Optimally Modulated Signal  [通常講演]
    Sugimoto, M, Kumaki, H, Akiyama, T, Hashizume, H
    Proceedings of IEEE ICASSP 2018, Calgary, Canada , http://sigport.org/3099. 2018年
  • A Forestry Management Game as a Learning Support System for Increased Understanding of Vegetation Succession ~ Effective Environmental Education towards a Sustainable Society ~  [通常講演]
    Kawaguchi, H, Mizoguchi, H, Egusa, R, Takeda, Y, Yamaguchi, E, Inagaki, S, Kusunoki, F, Funaoi, H, Sugimoto, M
    Proceedings of CSEDU2018, Funchal, Portugal, pp. 322-327 2018年
  • Improvement of Students’ Knowledge on Larval Mimesis: a Case Study of Experiential Learning System OBSERVE  [通常講演]
    Ota, Y, Komiyaam, M, Egusa, R, Okajima, A, Inagaki, S, Kusunoki, F, Sugimoto, M, Mizoguchi, H
    Proceedinsg of ESERA 2017, Dublin, Ireland 2017年
  • OFDM Visible Light Communication using Off-the-shelf Video Camera  [通常講演]
    Shimada, S. Akiyama, T, Hashizume, H, Sugimoto, M
    Proceedings of ACM SenSys 2017, Delft, The Netherlands, doi>10.1145/3131672.3136968 2017年
  • Accuracy Evaluation of Hand Motion Measurement using 3D Range Image Sensor  [通常講演]
    Kawaguchi, S, Takemura, H, Mizoguchi, H, Egusa, R, Takeda, Y, Inagaki, S, Kusunoki, F, Funaoi, H, Sugimoto, M
    Proceedings of ICST 2017, Sydney, Australia, pp. 101-104 2017年
  • Novel Application of 3D Range Image Sensor for Estimation of Interests based on Fixation Time of Face Orientation  [通常講演]
    Tokuoka, M, Mizoguchi, H, Egusa, R, Inagaki, S, Kusunoki, F, Sugimoto, M
    Proceedings of ICST 2017, Sydney, Australia, pp. 105-108 2017年
  • SATOYAMA: Simulating And Teaching game Optimal for Young children to learn vegetation succession As Management of an Actual forest  [通常講演]
    Kawaguchi, S, Mizoguchi, H, Egusa, R, Takeda, Y, Yamaguchi, E, Inagaki, S, Kusunoki, F, Funaoi H, Sugimoto, M
    Proceedings of ICCE2017, Christchurch, New Zealand, pp. 796-801 2017年
  • Learning Support System for Museum Exhibits using Complex Body Movements --Enhancing Sense of Immersion in Paleontological Environment--  [通常講演]
    Tokuoka, M, Mizoguchi, H, Egusa, R, Inagaki, S, Kusunoki, F, Sugimoto, M
    Proceedings of ICCE2017, Christchurch, New Zealand, pp. 790-795 2017年
  • GPS Signal Generation Platform for Seamless Localization  [通常講演]
    Murakami, H, Hashizume, H, Sugimoto, M
    Proceedings of IEEE IPIN 2017, Sapporo, Japan 2017年
  • Time-of-arrival-based Smartphone Localization Using Visible Light Communication  [通常講演]
    Akiyama, T, Sugimoto, M, Hashizume, H
    Proceedings of IEEE IPIN 2017, Sapporo, Japan 2017年
  • Multicamera Synchronization for Smartphones using Optimally Modulated Illuminations  [通常講演]
    Kudo, K, Akiyama, T, Hashizume, M, Sugimoto, M
    Proceedings of ACM MobiSys2017, Niagara Falls, NY, p.148 2017年
  • SATOYAMA: Time-limited Decision Game for Students to Learn Hundreds Years Forestry Management  [通常講演]
    Kawaguchi, S, Sakai, T, Tamaki, H, Mizoguchi, H, Egusa, R, Takeda, Y, Yamaguchi, E, Inagaki, S, Kusunoki, F, Funaoi, H, Sugimoto, M
    Proceedings of CSEDU 2017, Porto, Portogal, pp. 481-486 2017年
  • Development of Gesture Recognition Sub-system for BELONG --Increasing the Sense of Immersion for Dinosaurian Environment Learning Support System--  [通常講演]
    Tokuoka, M, Tamaki, H, Sakai, T, Mizoguchi, H, Egusa, R, Inagaki, S, Kawabata, M, Kusunoki, F, Sugimoto, M
    Proceedings of CSEDU2017, Porto, Portugal, pp. 493-498 2017年
  • Development of Experiential Learning System based on the Connection between Object Models and Their Digital Contents - Collaboration between Tangible Interface and Computer Interaction  [通常講演]
    Tokuoka, M, Tamaki, H, Sakai, T, Mizoguchi, H, Egusa, R, Inagaki, S, Kawabata, M, Kusunoki, F, Sugimoto, M
    Proceedings of CSEDU2017, Porto, Portugal, pp. 493-498 2017年
  • Laughing Voice Recognition Using Periodic Waveforms and Voice-likeness Features -- Toward Advanced Human-machine -  [通常講演]
    Sakano, T, Kigawa, T, Sugimoto, M, Kusunoki, F, Inagaki, S, Mizoguchi, H
    Proceedings of IEEE ROBIO 2016, Qingdao, China, pp.964-969 2016年
  • Time Synchronization Method Using Visible Light Communication for Smartphone Localization  [通常講演]
    Akiyama, T, Sugimoto, M, Hashizume, M
    Proceedings of InPoTra2016, Barcelona, Spain 2016年
  • A Spot-controllable Data Transfer Technique Using COTS Speakers  [通常講演]
    Nakamura, M, Akiyama, T, Hashizume, M, Sugimoto, M
    Proceedings of IEEE IPIN2016, Madrid, Spain, pp. 1-8, DOI: 10.1109/IPIN.2016.7743651 2016年
  • 3D Indoor Positioning and Rapid Data Transfer Technique using Modulated Illumination  [通常講演]
    Kumaki, H, Akiyama, T, Hashizume, M, Sugimoto, M
    Proceedings of IEEE IPIN2016, Madrid, Spain 2016年
  • Online EM for the Normalized Gaussian Network with Weight-Time-Dependent Updates  [通常講演]
    Backhus, J, Takigawa, I, Imai, H, Kudo, M, Sugimoto, M
    Proceedings of ICONIP2016, Kyoto, Japan, pp.538-546 2016年
  • Novel Application of Kinect Sensor to Prevent Collision Accidents between Machine and Operator  [通常講演]
    Ota, Y, Tamaki, H, Sakai, T, Takemura, H, Mizoguchi, H, Inagaki, S, Kusunoki, F, Sugimoto, M
    Proceedings of IEEE ICST 2016, Nanjin, China, pp.249-252 2016年
  • Reducing Redundancy with Unit Merging for Self-constructive Normalized Gaussian Networks  [通常講演]
    杉本 雅則
    Proceedings of ICANN2016, Barcelona, Spain pp.444-452 2016年
  • Hinge Loss Projection for Classifiation  [通常講演]
    Alfaroz, S, Woraratpanya, K, Pasupa, K, Sugimoto, M
    Proceedings of ICANN2016, Barcelona, Spain, pp.250-258 2016年
  • nalytical Incremental Learning: Fast Constructive Learning Method for Neural Network  [通常講演]
    Alfaroz, S, Woraratpanya, K, Pasupa, K, Sugimoto, M
    Proceedings of ICANN2016, Barcelona, Spain, pp.259-268 2016年
  • Depth Information Based Separation of Moving Speakers’ Voices from Mixed Recordings  [通常講演]
    Kigawa, T, Sakano, T, Egusa, R, Sugimoto, M, Kusunoki, F, Inagaki, S, Mizoguchi, H
    Proceedings of IEEE SMC2016, Budapest, Hungary, pp.1764-1767 2016年
  • BECOME: Body Experience-based Co-Operation between juveniles through Mutually Excited Team Gameplay  [通常講演]
    Sakai, T, Tamaki, H, Yoshida, R, Egusa, R, Yamaguchi, E, Inagaki, S, Kusunoki, F, Namatame, M, Sugimoto, M, Mizoguchi, H
    Proceedings of ICEC 2016, Paris, France, pp. 3199-3203 2016年
  • UKIYO-E: “User Knowledge Improvement based on Youth Oriented Entertainment” -- Art Appreciation Support by Interacting with Picture--  [通常講演]
    Tamaki, H, Sakai, T, Yoshida, R, Egusa, R, Yamaguchi, E, Inagaki, S, Kusunoki, F, Namatame, M, Sugimoto, M, Mizoguchi, H
    Proceedings of ICEC 2016, Paris, France, pp 3204-3208 2016年
  • Augmentation of Museum Science Education Using Human-Interaction Technology  [通常講演]
    Tamaki, H, Sakai, T, Yoshida, R, Ota, Y, Egusa, R, Inagaki, S, Yamaguchi, E, Kusunoki, F, Namatame, M, Sugimoto, M, Mizoguchi, H
    Proceedings of XVII IOSTE 2016, Braga, Portugal 2016年
  • Participatory Design of UKIYO-E Game for Children to Support Art Appreciation Based on Interacting with Picture  [通常講演]
    Tamaki H, Sakai T, Ota Y, Egusa R, Yamaguchi E, Inagaki S, Kusunoki F, Namatame M, Sugimoto M, Mizoguchi H
    Proceedings of ACM IDC 2016, Manchester, UK, pp.637-642 2016年
  • COSEY: Computer Supported Enhancement of Young Children’s Cooperation toward a Multiple-Player Cooperative Full-Body Interaction Game  [通常講演]
    Sakai, T, Tamaki, H, Yoshida, R, Egusa, R, Inagaki, S, Yamaguchi, E, Kusunoki, F, Namatame, M, Sugimoto, M, Mizoguchi, H
    Proceedings of CSEDU2016, Rome, Italy, pp. 175-180 2016年
  • Science Education Enhancement within a Museum using Computer-Human Interaction Technology  [通常講演]
    Tamaki, H, Sakai, T, Mizoguchi, H, Yoshida, R, Egusa, R, Namatame, M, Kusunoki, F, Yamaguchi, E, Inagaki, S, Sugimoto, M
    Proceedings of CSEDU2016, Rome, Italy, pp.181-185 2016年
  • Experience-based Learning Support System to Enhance Child Learning in a Museum -Touching Real Fossils and “Experiencing” Paleontological Environment  [通常講演]
    Yoshida, R, Tamaki, H, Sakai, T, Egusa, R, Saito, M, Kamiyama, S, Namatame, M, Sugimoto, M, Kusunoki, F, Yamaguchi, E, Inagaki, S, Takeda, Y, Mizoguchi, H
    Proceedings of ACM ACE 2015, Iskandar, Malaysia, DOI: 10.1145/2832932.2832977 2015年
  • Using Image Feature and Eye Tracking Device to Predict Human Emotions towards Abstract Image  [通常講演]
    Pasupa, K, Panawee, C, Wuttilertdeshar, C, Sugimoto, M
    In Proceedings of PSIVT 2015, Auckland, New Zealand, pp.419-430 2015年
  • Novel Application of Microphone Array Sensor for Children's Language Learning Support -- Intelligent Interactive Design Using Voice Separation and Recognition System --  [通常講演]
    Nakadai, T, Hano, M, Mizoguchi, H, Egusa, R, Yamaguchi, E, Inagaki, S, Takeda, Y, Namatame, M, Sugimoto, M, Kusunoki, F
    Proceedings of IEEE ICST 2015, Auckland, New Zealand, pp.466-469 2015年
  • Electrodermal Activity Based Study on the Relationship Between Visual Attention and Eye Blink  [通常講演]
    Sakai, T, Yoshida, R, Tamaki, H, Ogitsu, T, Takemura, H, Mizoguchi, H, Yamaguchi, E, Inagaki, S, Takeda, Y, Namatame, M, Sugimoto, M, Saito, M, Kusunoki, F. Egusa, R
    Proceedings of IEEE ICST 2015, Auckland, New Zealand, pp.639-642 2015年
  • Novel Application of a Range Image Sensor to Eye Gaze Estimation by Using the Relationship between Face and Eye Directions  [通常講演]
    Tamaki, H, Yoshida, R, Sakai, T, Ogitsu, T, Takemura, H, Mizoguchi, H, Yamaguchi, E, Inagaki, S, Takeda, Y, Namatame, M, Sugimoto, M, Kusunoki, F, Egusa, R
    Proceedings of IEEE ICST 2015, Auckland, New Zealand, pp.475-478 2015年
  • Novel Application of Kinect Sensor to Support Immersive Learning within Museum for Children  [通常講演]
    Yoshida, R, Tamaki, H, Sakai, T, Nakadai, T, Ogitsu, T, Takemura, H, Mizoguchi, H, Kamiyama, S, Yamaguchi, E, Inagaki, S, Takeda, Y, Namatame, M, Sugimoto, M, Kusunoki, F, Saito, M, Egusa, R
    Proceedings of IEEE ICST 2015, Auckland, New Zealand, pp.909-912 2015年
  • Novel Application of Spherical Microphone Array Sensor with Three-Dimensional Directivity for Home and Office Environments  [通常講演]
    Nakadai, T, Tamaki, H, Sakai, T, Ogitsu, T, Takemura, H, Mizoguchi, H, Kamiyama, S, Yamaguchi, E, Inagaki, S, Takeda, Y, Namatame, M, Sugimoto, M, Saito, M, Kusunoki, F. Egusa, R
    Proceedings of IEEE ICST 2015, Auckland, New Zealand, pp.832-835 2015年
  • A Rapid Motion Retrieval Technique using Simple and Discrete Representation of Motion Data  [通常講演]
    Pantuwong, N, Takahara, K, Sugimoto, M
    Procedings of IEEE ICITEE 2015, Chiang Mai, Thailand, pp.70-75 2015年
  • A Rapid and Accurate Time-synchronization Technique for Acoustic Localization Using Modulated Illumination  [通常講演]
    Kumaki, H, Sugimoto, M, Saito, T, Akiyama, T, Hashizume, H
    Proceedings of IPIN2015, Banff, Canada, DOI: 10.1109/IPIN.2015.7346963 2015年
  • SyncSync: Time-of-arrival Based Localization Method Using Light-synchronized Acoustic Waves for Smartphones  [通常講演]
    Akiyama, T, Sugimoto, M, Hashizume, H
    Proceedings of IPIN2015, Banff, Canada, DOI: 10.1109/IPIN.2015.7346958 2015年
  • BESIDE: Immersive System to Enhance Learning within a Museum  [通常講演]
    Yoshida, R, Tamaki, H, Sakai, T, Egusa, R, Saito, M, Kamiyama, S, Namatame, M, Sugimoto, M, Kusunoki, F, Yamaguchi, E, Inagaki, S, Takeda, Y, Mizoguchi, H
    Proceedings of CRIWG 2004, Yerevan, Armenia, pp.181-189 2015年
  • Toward a Platform for Collecting, Mininig, and Utilizing Behavior Data for Detecting Students with Depression Risks  [通常講演]
    Suzuki, E, Deguchi, Y, Matsukawa, T, Ando, S, Ogata, H, Sugimoto, M
    Proceedings of PETRA 2015, Corfu, Greece, DOI: 10.1145/2769493.2769538 2015年
  • Life-Size Board Game “Human Sugoroku” to Teach Children about Vegetation Succession,  [通常講演]
    Yoshida, R, Adachi, T, Muratsu, K, Mizoguchi, H, Kusunoki, F, Namatame, M, Sugimoto, M, Yamaguchi, E, Inagaki, S, Takeda, Y
    Proceedings of CSEDU 2015, Lisbon, Portugal, pp.295-300 2015年
  • KIKIMIMI: Voice Separation System for Automating Post Evaluation of Learning Support System  [通常講演]
    Nakadai, T, Taguchi, T, Egusa, R, Namatame, M, Sugimoto, M, Kusunoki, F, Yamaguchi, E, Inagaki, S, Takeda, Y, Mizoguchi, H
    Proceedings of CSEDU 2015, Lisbon, Portugal , pp.301-306 2015年
  • BESIDE: Body Experience and Sense of Immersion in Digital Paleontorogical Environment  [通常講演]
    Yoshida, R, Egusa, R, Saito, M, Namatame, M, Sugimoto, M, Kusunoki, F, Yamaguchi, E, Inagaki, S, Takeda, Y, Mizoguchi, H
    Proceedings of CHI 2015, Seoul, South Korea, pp. 1283-1288 2015年
  • Novel Application of Spherical Microphone Array Sensor with Three-Dimensional Directivity  [通常講演]
    Nakadai, T, Taguchi, T, Mizoguchi, H, Egusa, R, Yamaguchi, E, Inagaki, S, Takeda, Y, Namatame, M, Sugimoto, M, Kusunoki, F
    Proceedings of ICST 2014, Liverpool, UK, pp.251-254 2014年
  • Implementation and Evaluation of Listenability-Centered Sound Separation System  [通常講演]
    Nakadai, T, Taguchi, T, Mizoguchi, H, Egusa, R, Yamaguchi, E, Inagaki, S, Takeda, Y, Namatame, M, Sugimoto, M, Kusunoki, F
    Proceedings of IEEE ROBIO 2014, Bali, Indonesia, pp.2383-2388 2014年
  • 3D FDM–PAM: Rapid and Precise Indoor 3D Localization using Acoustic Signal for Smartphone  [通常講演]
    Nakamura, M, Akiyama, T, Sugimoto, M, Hashizume, H
    Proceedings of UbiComp 2014, Seattle, WA , pp.123-126 2014年
  • Light-synchronized Acoustic ToA Measurement System for Mobile Smart Nodess  [通常講演]
    Akiyama, T, Sugimoto, M, Hashizume, H
    Proceedings of IEEE IPIN 2014, Busan, South Korea, DOI: 10.1109/IPIN.2014.7275557 2014年
  • Interacting with 3D Model on Tabletop and Mobile Paper Projection  [通常講演]
    Takeuchi, Y, Sugimoto, M
    Proceedings of CollabTech 2014, Santiago, Chile, pp. 111-118 2014年
  • Feasibility Study on Estimating Visual Attention using Electrodermal Activity  [通常講演]
    Nakadai, T, Taguchi, T, Mizoguchi, H, Egusa, R, Yamaguchi, E, Inagaki, S, Takeda, Y, Namatame, M, Sugimoto, M, Kusunoki, F
    Proceedings of ICST 2014, Liverpool, UK, pp.589-592 2014年
  • KIKIWAKE: Participatory Design of Language Play Game for Children to Promote Creative Activity based on Recognition of Japanese Phonology  [通常講演]
    Nakayama, T, Adachi, T, Muratsu, K, Mizoguchi, H, Namatame, M, Sugimoto, M, Kusunoki, F, Yamaguchi, E, Inagaki, S, Takeda, Y
    Proceedings of ACM IDC 2014, Aarhus, Demark, pp. 265-268 2014年
  • Human SUGOROKU: Learning Support System of Vegetation Succession with Full-body Interaction Interface  [通常講演]
    Nakayama, T, Adachi, T, Muratsu, K, Mizoguchi, H, Namatame, M, Sugimoto, M, Kusunoki, F, Yamaguchi, E, Inagaki, S, Takeda, Y
    Proccedings of ACM CHI (Extended Abstract), Toronto, , Canada, pp. 2227-2732 2014年
  • Investigation on Optimal Microphone Arrangement of Spherical Microphone Array to Achieve Shape Beamforming  [通常講演]
    Taguchi, T, Nakadai, T, Egusa, R, Namatame, M, Kusunoki, F, Sugimoto, M, Yamaguchi, E, Inagaki, S, Takeda, Y, Mizoguchi, H
    Proceedings of IEEE ISMS 2014, Kangkawi, Malaysia, 4 pages. 2014年
  • Keita Muratsu, Fusako Kusunoki, Yoshiaki Takeda, Haruka Inoue, Etsuji Yamaguchi, Shigenori Inagaki, Hiroshi Mizoguchi, Masanori Sugimoto
    CSEDU 2013 - Proceedings of the 5th International Conference on Computer Supported Education, Aachen, Germany, 6-8 May, 2013 2013年
  • Tomoki Taguchi, Masafumi Goseki, Ryohei Egusa, Miki Namatame, Masanori Sugimoto, Fusako Kusunoki, Etsuji Yamaguchi, Shigenori Inagaki, Yoshiaki Takeda, Hiroshi Mizoguchi
    2013 ACM SIGCHI Conference on Human Factors in Computing Systems, CHI '13, Paris, France, April 27 - May 2, 2013, Extended Abstracts 2013年
  • Takayuki Adachi, Masafumi Goseki, Keita Muratsu, Hiroshi Mizoguchi, Miki Namatame, Masanori Sugimoto, Fusako Kusunoki, Etsuji Yamaguchi, Shigenori Inagaki, Yoshiaki Takeda
    Interaction Design and Children 2013, IDC '13, New York, NY, USA - June 24 - 27, 2013 2013年
  • Smart Phone Localization Method using Dual-carrier Acoustic Waves  [通常講演]
    Akiyama, T, Nakamura, M, Sugimoto, M, Hashizume, H
    Proceedings of IEEE IPIN 2013, Montbeliard-Belfort, France, pp.330-338 2013年
  • An Iterative Motion Retrieval and Synthesis Technique Using a Multi-Touch Device  [通常講演]
    Takahara, K, Pantuwong, N, Yoshikawa, T, Nonaka, H, Sugimoto, M
    Proceedings of Motion in Games 2013, Dublin, Ireland 2013年
  • AdDetect: Recognition above the Surface in Multi-Touch Tabletop Environments  [通常講演]
    Terada, T, Nonaka, H, Yoshikawa, T., Mi.H, Sugimoto, M
    Proceedings of IDW 2013, Sapporo, Japan 2013年
  • KIKIWAKE System for Promoting Interest in Sound Source Separation Technique - Novel Application of Microphone Array and Signal Processing  [通常講演]
    Taguchi, T, Goseki, M, Mizoguchi, M, Egusa, R, Yamaguchi, E, Inagaki, S, Takeda, Y, Namatame, M, Sugimoto, M, Kusunoki, F
    Proceedings of ICST 2013, Wellington, New Zealand, pp.831-836 2013年
  • A Kinetic Energy-based Feature for Unsupervised Motion Clustering  [通常講演]
    Nopparit, S, Pantuwong, N, Sugimoto, M
    Proceedings of ICITEE 2013, Yogyakarta, Indonesia、pp. 8-12 2013年
  • Novel Application of Ultrasonic Sensors and Kinect Sensors to Identify People and Measure Their Location -Realization of "Human SUGOROKU", A Large Scale Board Game in which People Play as Pieces-  [通常講演]
    Nakayama, T, Adachi, T, Ogitsu, T, Takemura, Mizoguchi, H, Kusunoki, F, Sugimoto, M, Yamaguchi, E, Inagaki, S, Takeda, Y
    Proceedings of ICST 2013, Wellington, New Zealand, pp.470-475 2013年
  • Full-body Interaction Digital Game of Vegetation Succession for Children  [通常講演]
    Adachi, T, Muratsu, K, Mizoguchi, H, Namatame, M, Sugimoto, M, Kusunoki, F, Yamaguchi, E, Inagaki, S, Takeda, Y
    Proceedings of ICCE 2013, Bali, Indonesia, pp.297-299 2013年
  • Evaluation of the "ePocket PlantGuide" to Support Learning about Plants in Vegetation Succession  [通常講演]
    Muratsu, K, Kusunoki, F, Takeda, Y, Inoue, H, Funaoi, H, Yamaguchi, E, Inagaki, S, Mizoguchi, H, Sugimoto, M
    Proceedings of ICCE 2013, Bali, Indonesia 2013年
  • Development of a Full-body Interaction Digital Game for Children to Learn Vegetation Succession  [通常講演]
    Adachi, T, Mizoguchi, H, Namatame, M, Kusunoki, F, Sugimoto, M, Muratsu, K, Yamaguchi, E, Inagaki, S, Takeda, Y
    Proceedings of ACM ACE 2013, Enschede, The Netherlands、pp.492-496 2013年
  • Robust Doppler Imaging Method Using Log-step Multicarrier Ultrasonic Signals  [通常講演]
    Maeda, Y, Sugimoto, M, Hashizume, H
    Proceedings of the 2013 Joint UFFC, EFTF, and PFM Symposium, Prague, Czech Republic,T DOI: 10.1109/ULTSYM.2013.0338 2013年
  • An Intuitive Computer Animation System for Enhancing Human Creativity  [通常講演]
    Pantuwong, N, Sugimoto, M
    Proceedings of SSCI 2013, Singapore, pp. 71-78 2013年
  • Manipulation of Virtual Robotic Arm Using 2D Pointing Device  [通常講演]
    Sato, M, Nonaka, H, Mikulasch, J, Yoshikawa, T, Sugimoto, M
    Proceedings of iHAI 2013, Sapporo, Japan, II-2-p.10 (4 pages) 2013年
  • Application of Reinforcement Learning to the Card Game Wizard  [通常講演]
    Backhus, J. C, Nonaka, H, Yoshikawa, T, Sugimoto, M
    Proceedings of IEEE GCCE2013, Chiba, Japan, pp. 329-333 2013年
  • Yusuke Takeuchi, Masanori Sugimoto
    Interactive Tabletops and Surfaces, ITS'12, Cambridge/Boston, MA, USA, November 11-14, 2012 2012年
  • Saphyra Amaro, Masanori Sugimoto
    Interactive Tabletops and Surfaces, ITS'12, Cambridge/Boston, MA, USA, November 11-14, 2012 2012年
  • Narukawa Hiroki, Natapon Pantuwong, Masanori Sugimoto
    Proceedings of the 21st International Conference on Pattern Recognition, ICPR 2012, Tsukuba, Japan, November 11-15, 2012 2012年
  • Natapon Pantuwong, Masanori Sugimoto
    Proceedings of the 2012 IEEE International Conference on Multimedia and Expo, ICME 2012, Melbourne, Australia, July 9-13, 2012 2012年
  • LT-PAM: A New Ranging Method Using Dual Frequency Optical Signals  [通常講演]
    Nakamura, S, Inoue, Y, Sugimoto, M, Hashizume, H
    Proceedings of ICST 2012, Kolkata, India, pp.309-314 2012年
  • An Accurate 3D Localization Technique using a Single Camera and Ultrasound  [通常講演]
    Sugimoto, M, Kanie, N, Nakamura, S, Hashizume, H
    Proceedings of IEEE IPIN 2012, Sydney, Australia, pp.1-8 2012年
  • Creating a Tabletop Learning Environment Using Physical Robots  [通常講演]
    Mi, H, Sugimoto, M
    Proceedings of ICCE 2012 Workshop on Tabletops for Learning -- Opportunities and Challenges, pp.533-540, Singapore 2012年
  • Full-body Interactive Boardgame for Learning Vegetation Succession Based on Identification of People and 3D Position Measurement  [通常講演]
    Goseki, M, Adachi, T, Takemura, H, Mizoguchi, H, Kusunoki, F, Sugimoto, M, Yamaguchi, E, Inagaki, S, Takeda, Y
    Proceedings of ICCE 2012, pp.514-516, Singapore 2012年
  • Evaluation of a Mobile Plant-Identification System to Support the Study of Vegetation Succession  [通常講演]
    Inoue, H, Kusunoki, F, Takeda, Y, Yamaguchi, E, Inagaki, S, Mizoguchi, H, Sugimoto, M
    In Proceedings of ICCE 2012, pp.438-440, Singapore, 2012年
  • Ali Alavi, Andreas Kunz, Masanori Sugimoto, Morten Fjeld
    ACM International Conference on Interactive Tabletops and Surfaces, ITS 2011, Kobe, Japan, November 13-16, 2011 2011年
  • Nuttapol Sangsuriyachot, Haipeng Mi, Masanori Sugimoto
    ACM International Conference on Interactive Tabletops and Surfaces, ITS 2011, Kobe, Japan, November 13-16, 2011 2011年
  • Haipeng Mi, Masanori Sugimoto
    ACM International Conference on Interactive Tabletops and Surfaces, ITS 2011, Kobe, Japan, November 13-16, 2011 2011年
  • Natapon Pantuwong, Masanori Sugimoto
    Proceedings of the Vision, Modeling, and Visualization Workshop 2010, Siegen, Germany 2010年
  • Akiko Deguchi, Shigenori Inagaki, Fusako Kusunoki, Etsuji Yamaguchi, Yoshiaki Takeda, Masanori Sugimoto
    Entertainment Computing - ICEC 2010, 9th International Conference, ICEC 2010, Seoul, Korea, September 8-11, 2010. Proceedings 2010年
  • Vinh Ninh Dao, Masanori Sugimoto
    20th International Conference on Pattern Recognition, ICPR 2010, Istanbul, Turkey, 23-26 August 2010 2010年
  • Thitirat Siriborvornratanakul, Masanori Sugimoto
    International Conference on Digital Image Computing: Techniques and Applications, DICTA 2010, Sydney, Australia, 1-3 December, 2010 2010年
  • A Realtime and Accurate Technique for Estimating Position and Velocity of Moving Node using Ultrasonic Communication  [通常講演]
    Sato, T, Nakamura, S, Sugimoto, M, Hashizume, H
    Proceedings of ICST 2010,Lecce, Italy , pp.428-433,2010 2010年
  • [tutorial] Introduction on CSCL: Technologies for supporting collaborative learning  [招待講演]
    Masanori Sugimoto
    Proceedings of CSCL 2009, Rhodes, Greece 2009年
  • High-Resolution Acoustic Imaging Using Multi-Carrier Waveforms Synthesized by Genetic Algorithm  [通常講演]
    Toshio Ito, Masanori Sugimoto, Hiromichi Hashizume
    Proc. of IEEE Ultrasonic Symposium 2009, Rome, Italy, pp.685-689 2009年
  • A Simple Linear Model for Acoustic Imaging in Temporal and Directional Frequency Space  [通常講演]
    Toshio Ito, Masanori Sugimoto, Hiromichi Hashizume
    Proc. of 30th International Acoustical Imaging Symposium, Monterey, CA 2009年
  • An Ultrasonic 3D Positioning System using a Single Compact Receiver Unit  [通常講演]
    Sugimoto, M, Tulathimutte, K, Ito, T, Sato, T, Hashizume, H
    Proc. of LoCA 2009, pp.240-253, Tokyo, Japan 2009年
  • GENTORO: A System for Supporting Children's Storytelling using Handheld Projectors and a Robot  [通常講演]
    Sugimoto, M, Ito, T, Nguyen, G.T, Inagaki, S
    Proc. of ACM IDC 2009, Como, Italy pp. 214-217 2009年 ポスター発表
  • Development and Evaluation of a Digital Vegetation Interaction Game for Children  [通常講演]
    Deguchi, A, Inagaki, S, Kusunoki, F, Yamaguchi, E, Takeda, Y. Sugimoto, M
    Proc. of ICEC 2009, Paris, France, pp.288-289 2009年
  • RoboTable: A Tabletop Framework for Tangible Interaction with Robots in a Mixed Reality  [通常講演]
    Krzywinski, A, Mi, H, Chen, W, Sugimoto, M
    Proc. of ACM ACE2009, Athens, Greece, pp. 107-114 2009年
  • A Portable Projector Extended for Object-Centered Real-time Interactions  [通常講演]
    Siriborvornratanakul, T, Sugimoto, M
    Proc. of CVMP 2009, London, UK, pp.118-126 2009年
  • A Robust and Dynamic Scene Geometry Acquisition Technique for a Mobile Projector-Camera System  [通常講演]
    Dao, V. N, Sugimoto, M
    Proc. of ACM SIGGRAPH ASIA, Yokohama, Japan [DVD-ROM] 2009年
  • [invited talk] Collaborative Storytelling Using Mobile Robots  [招待講演]
    Sugimoto, M
    Proceedings of ICCE 2008, Taipei, Taiwan 2008年
  • Self-Correcting Handheld Projectors Inside Cluttered Environment  [通常講演]
    Siriborvornratanakul, T, Sugimoto, M
    Proc. of IWAIT 2008, Hsinchu, Taiwan [CD-ROM]. 2008年
  • A Storytelling Support System Using Robots and Handheld Projectors,  [通常講演]
    Ito, T, Nguyen, G.T, Sugimoto, M
    Proc. of IDC 2008, Evanston, IL [DVD-ROM]. 2008年 ポスター発表
  • Clutter-aware Adaptive Projection inside a Dynamic Environment  [通常講演]
    Siriborvornratanakul, T, Sugimoto, M
    Proc of ACM VRST 2008, Bordeaux, France, pp.241-242 2008年 ポスター発表
  • Clutter-aware Dynamic Projection System using a Handheld Projector  [通常講演]
    Siriborvornratanakul, T, Sugimoto, M
    Proc of IEEE ICARCV2008, Hanoi, Vietnam, pp. 1271-1276 2008年
  • A Scalable Tracking System Using Ultrasonic Communication  [通常講演]
    Ito, T, Sato, T, Tulathimutte, K, Sugimoto, M, Hashizume, H
    Proceedings of ICST 2008, Tainan, Taiwan, pp.31-36 2008年
  • Mobile Display-based Manipulation: An Intuitive and Interactive Technique for Manipulating Simple Robots  [通常講演]
    Hosoi, K, Dao, V.N, Mori, A, Sugimoto, M
    Proc. of ACM ACE 2008, Yokohama, Japan, pp.271-274 2008年
  • [invited talk] What can Children Learn through Game-based Learning Systems?  [招待講演]
    Sugimoto, M
    Proceedings of IEEE DIGITEL 2007, Jhongli, Taiwan, pp.5-7 2007年
  • [invited talk] Enhancing Children's Learning Experiences by Integrating Outdoor and Classroom Activities  [招待講演]
    Sugimoto, M
    2007 HP Technology for Teaching Worldwide Higher Education Conference, Monterey, CA 2007年
  • User-Adaptive Home Video Summarization using Personal Photo Libraries,  [通常講演]
    Takeuchi, Y, Sugimoto, M
    Proc. of ACM CIVR 2007, Amsterdam, The Netherlands, pp. 472-479 2007年 ポスター発表
  • VisiCon: A Robot Control Interface for Visualizing the Manipulation Using a Handheld Projector  [通常講演]
    Hosoi, K, Dao, V.N, Mori, A, Sugimoto, M
    Proc. of ACM ACE 2007, Salzburg, Austria, pp.99-106 2007年
  • Fostering Students Participation in Face-to-Face Interactions and Deepening Their Understanding by Integrating Personal and Shared Spaces  [通常講演]
    Yamaguchi, E, Inagaki, S, Sugimoto, M, Kusunoki, F, Tachibana, S, Yamamoto, T, Deguchi, A, Seki, T, Takeuchi, Y
    Proc. of CSCL2007, New Brunswick, NJ, pp.794-796 2007年 ポスター発表
  • CoGAME: Manipulation by Projection  [通常講演]
    Hosoi, K, Dao, V.N, Mori, A, Sugimoto, M
    Proc. of ACM SIGGRAPH 2007 Emerging Technologies San Diego, CA [DVD-ROM] 2007年
  • Nurturing Learners' Communities by Creating and Sharing Maps  [通常講演]
    Miura, S, Ravasio, P, Sugimoto, M
    Proc. of INTERACT2007 Workshop on Map Based Interaction in Social Networks, Rio de Janeiro, Brazil [CD-ROM]. 2007年
  • A Semi-Automatic Realtime Calibration Technique for a Handheld Projector  [通常講演]
    Dao, V.N, Hosoi, K, Sugimoto, M
    Proc. of ACM VRST 2007, Newport Beach, CA, pp.43-46 2007年
  • SketchMap: A Collaborative Tool to Learn Basic Cartographical Concepts  [通常講演]
    Ravasio, P, Tscherter, V, Sugimoto, M
    Proc. of COOP'06, Carry-le-Rouet, France, pp.115-122 2006年
  • CarettaKids: A System for Supporting Children's Face-to-Face Collaborative Learning by Integrating Personal and Shared Spaces  [通常講演]
    Deguchi, A, Yamaguchi, E, Inagaki, S, Sugimoto, M, Kusunoki, F, Tachibana, S, Yamamoto, T, Seki, T, Takeuchi, Y
    Proc. of ACM IDC 2006, Tampere, Finland, pp.45-48 2006年
  • Supporting Children's Rhythm Learning Using Vibration Devices  [通常講演]
    Miura, S, Sugimoto, M
    Proc. of ACM CHI2006 Extended Abstract, Montreal, Canada, pp.1127-1132 2006年 ポスター発表
  • CityVoyager: An Outdoor Recommendation System Based on User Location History  [通常講演]
    Takeuchi, Y, Sugimoto, M
    Proc. of UIC2006, Wuhan and Three Gorges, China, pp.625-636 2006年
  • A Collaboration Support Tool for Cartography Learning in the Open Air  [通常講演]
    Enjoji, H, Ravasio, P, Sugimoto, M
    Proc. of CollabTech, Tsukuba, Japan, pp.90-95 2006年
  • HybridTouch: An Intuitive Manipulation Technique for PDAs Using Their Front and Rear Surfaces  [通常講演]
    Sugimoto, M, Hiroki, K
    Proceedings of MobileHCI 2006, Espoo, Finland, pp.137-140 2006年
  • Video Summarization using Personal Photo Libraries  [通常講演]
    Takeuchi, Y, Sugimoto, M
    Proc. of ACM MIR2006, Santa Barbara, CA, pp.213-222 2006年
  • A Mobile Interface for Robot Control from a User's Viewpoint  [通常講演]
    Hosoi, K, Sugimoto, M
    Proc. of ACM UIST2006, Montreux, Switzerland, pp. 89-90 2006年 ポスター発表
  • An Intelligent City Guide with a "Metal Detector" Interface  [通常講演]
    Takeuchi, Y, Sugimoto, M
    Proc. of ACM UIST2006, Montreux, Switzerland, pp.97-98 2006年 ポスター発表
  • Shepherd: An Interface for Overcoming Reference Frame Transformations in Robot Control  [通常講演]
    Proceedings of IEEE ROBIO2006, Kunming, China, pp.908-913 2006年
  • SketchMap: A System for Supporting Outdoor Collaborative Learning by Enhancing and Sharing Learners' Experiences,  [通常講演]
    Sugimoto, M, Ravasio, P, Enjoji, H
    Proc. of ICCE Workshop on Design and Experiments of Mobile and Ubiquitous Learning Environments, Beijing, China, pp.1-8 2006年
  • Intuitive Manipulation Techniques for Projected Displays of Mobile Devices  [通常講演]
    Miyahara, K, Inoue, H, Tsunesada, Y, Sugimoto, M
    Proc. of ACM CHI2005, Portland, Oregon, pp.1881-1884 2005年 ポスター発表
  • Toss-It: Intuitive Information Transfer Techniques for Mobile Devices  [通常講演]
    Yatani, K, Tamura, K, Hiroki, K, Sugimoto, M, Hashizume, H
    Proc. of ACM CHI2005, Portland, Oregon, pp.1857-1860 2005年 ポスター発表
  • Interactive and Enjoyable Interface in Museum  [通常講演]
    Kusunoki, F, Yamaguti, T, Nishimura, T, Yatani, K, Sugimoto, M
    Proc, of ACM ACE 2005, Valencia, Spain, pp. 70-77 2005年
  • Interaction of Animations with PDA for Learning in Museumm  [通常講演]
    Kusunoki, F, Yamaguti, T, Kaji, H, Nishimura, T, Yatani, K, Sugimoto, M
    Proc. of INTERACT 2005, Rome, Italy, pp. 11-14 2005年 ポスター発表
  • Hotaru: Intuitive Manipulation Techniques for Projected Displays of Mobile Devices,  [通常講演]
    Sugimoto, M, Miyahara, K, Inoue, H, Tsunesada, Y
    Proc. of INTERACT2005, Rome, Italy, pp.57-68 2005年
  • ARHunter: A Multiplayer Game Using Gestural Input in a Location-Sensitive and Immersive Environment  [通常講演]
    Yatani, K, Sugimoto, M, Hashizume, H
    Proc. of International Workshop on Ubiquitous Computing, Entertainment, and Games 2005年
  • An Outdoor Recommendation System based on User Location History  [通常講演]
    Takeuchi, Y, Sugimoto, M
    Proc. of ubiPCMM2005, Tokyo, Japan, pp. 91-100 2005年
  • A Multiplayer Whack-A-Mole Game Using Gestural Input in a Location-Sensitive and Immersive Environment  [通常講演]
    Yatani, K, Sugimoto, M, Hashizume, H
    Proc. of IECE2005, Kobe, Japan, pp. 9-12 2005年
  • Enhancing Externalization and Reflection by Integrating Personal and Shared Workspaces,  [通常講演]
    Sugimoto, M, Kusunoki, F, Inagaki, S, Yamaguchi, E
    Proc. of ECSCW2005, Paris, France, pp. 117-119 2005年 ポスター発表
  • T-RHYTHM: A System for Supporting Rhythm Learning by Using Tactile Devices,  [通常講演]
    Miura, S, Sugimoto, M
    Proc. of IEEE WMTE2005, Tokushima, Japan, pp. 264-268 2005年
  • Fast and Accurate Positioning Technique Using Ultrasonic Phase Accordance Method  [通常講演]
    Hashizume, H, Kaneko, A, Sugano, Y, Yatani, K, Sugimoto, M
    Proc. of IEEE TENCON'05, Melbourne, Australia, pp. 826-831 2005年
  • Musex: A System for Supporting Children's Collaborative Learning in a Museum with PDAs,  [通常講演]
    Yatani, K, Sugimoto, M, Kusunoki, F
    Proceedings of IEEE WMTE2004, Taoyuan, Taiwan, p.109-113 2004年
  • Caretta: A System for Supporting Face-to-Face Collaboration by Integrating Personal and Shared Spaces  [通常講演]
    Sugimoto, M, Hosoi,K, Hashizume, H
    Proceedings of ACM CHI2004, Vienna, Austria, pp.41-48 2004年
  • Information Transfer Techniques for Mobile Devices by Toss and Swing Actions  [通常講演]
    Yatani, K, Tamura, K, Sugimoto, M, Hashizume, H
    Proceedings of IEEE Workshop on Mobile Computing Systems and Applications, pp. 144-151 2004年
  • [invited talk] How Sensing and Mobile Technologies Can Enhance Collaborative Learning in Classrooms and Museum?  [招待講演]
    Sugimoto, M
    Proceedings of CSCL 2003, Bergen, Norway 2003年
  • [invited talk] Mobile and Sensing Technologies for Supporting Collaborative Learning  [通常講演]
    Sugimoto, M
    International Symposium on Advanced Research and Development for Learning Technology, Taipei, Taiwan 2003年
  • Design of a System and a Curriculum to Support Group Learning for School Children  [通常講演]
    Sugimoto, M, Kusunoki,F, Inagaki, S, Takatoki, K, Yoshikawa, A
    Proceedings of CSCL2003, Bergen Norway, pp.303-312 2003年
  • Integrating Shared and Personal Spaces to Support Collaborative Learning  [通常講演]
    Hosoi, K, Sugimoto, M
    Proceedings of HCII2003, Crete, Greece, pp. 956-960 2003年
  • A Support System for Music Learning through Collaboration  [通常講演]
    Kusunoki, F, Sugimoto, M, Hashizume, H
    Proceedings of CSCL2002, Boulder, CO, pp. 491-492 2002年 ポスター発表
  • Electronically Enhanced Board Games by Integrating Physical and Virtual Spaces  [通常講演]
    Kusunoki, F, Sugimoto, M, Hashizume, H
    Proceedings of ICEC2002, Makuhari, Japan, pp.200-211 2002年
  • Multicultural Issues in Design, Evaluation and Dissemination of CSCL Systems  [通常講演]
    Sugimoto, M, Suthers, D, Bruckman, A, Miyagawa, S, Nakakoji, K
    Proceedings of CSCL2002, Boulder, CO, pp. 677-678 2002年
  • Design of an Interactive System for Group Learning Support  [通常講演]
    Sugimoto, M, Kusunoki, F, Hashizume, H
    Proceedings of ACM DIS2002, London, UK, pp.50-55 2002年
  • Toward an Interactive Museum Guide with Sensing and Wireless Network Technologies  [通常講演]
    Kusunoki, F, Sugimoto, M, Hashizume, H
    Proceedings of IEEE WMTE2002, Vaxjo, Sweden, pp.99-102 2002年
  • Symphony-Q: Supporting Collaborative Music Learning with a Sensing Board  [通常講演]
    Kusunoki, F, Sugimoto, M, Hashizume, H
    Proceedings of IEEE SMC2002, Hammet, Tunisia 2002年
  • A System for Supporting Group Learning in Face to Face and Networked Environments  [通常講演]
    Sugimoto, M, Kusunoki, F, Inagaki, S, Takatoki, K, Yoshikawa, A
    Proceedings of ACM CSCW2002, New Orleans, LA, p. 56 2002年
  • A Networked Board System for Supporting Collaborative Learning  [通常講演]
    Kusunoki, F, Sugimoto, M, Hashizume, H
    Proceedings of ECSCL2001, Maastricht, The Netherlands, pp. 714-715 2001年 ポスター発表
  • E2board: An Electronically Enhanced Board for Games and Group Activity Support  [通常講演]
    Sugimoto, M, Kusunoki, F, Hashizume, H
    Proceedings of Affective Human Factors Design, Singapore, pp.227-234 2001年
  • A User Interface for Accessing to Information Spaces by the Manipulation of Physical Objects,  [通常講演]
    Sugimoto, M, Kusunoki, F, Hashizume, H
    Proceedings of HCII, New Orleans, LA, pp.56-60 2001年
  • A System for Supporting Group Activities with a Sensor-Embedded Board,  [通常講演]
    Sugimoto, M, Kusunoki, F, Hashizume, H
    Proceedings of ECSCW2001, Bonn, Germany, pp. 25-28 2001年 ポスター発表
  • ePro: A System for Supporting Collaboration that Enhances Interactions  [通常講演]
    Sugimoto, M, Kusunoki, F, Hashizume, H
    Proceedings of IEEE SMC 2000, Nashville, TN, pp.745-750 2000年
  • Toward the Integration of Physical and Virtual Worlds for Supporting Group Learning,  [通常講演]
    Kusunoki, F, Sugimoto, M, Hashizume, H
    Digital Cities: Technologies, Experiences, and Future Perspectives, Springer-Verlag, pp. 224-235 2000年 ポスター発表
  • Supporting Face-to-Face Group Activities with a Sensor-Embedded Board  [通常講演]
    Sugimoto, M, Kusunoki, F, Hashizume, H
    Proceedings of ACM CSCW2000 Workshop on Shared Environments to Support Face-to-Face Collaboration, Philadelphia, PA, pp.46-49 2000年
  • A System for Supporting Collaborative Learning by Pupils for Pupils  [通常講演]
    Kusunoki, F, Sugimoto, M, Hashizume, H
    Proceedings of SCI2000, Orlando, FL , pp.152-158 2000年
  • A System for Supporting Group Learning that Enhances Interactions  [通常講演]
    Kusunoki, F, Sugimoto, M, Hashizume, H
    Proceedings of CSCL'99, Stanford, CA, pp.323-327 1999年
  • Systems for Supporting Creative Activities by Visualizing Concept Spaces  [通常講演]
    Sugimoto, M, Hori, K, Ohsuga, S
    Proceedings of CSI'98, Research Triangle Park, NC, pp. 458 - 461 1998年
  • Information Visualization for Utilizing Distributed Information Resources  [通常講演]
    Sugimoto, M, Katayama, N
    Proceedings of the ACM Workshop on New Paradigm for Information Visualization and Management (NPIV'98), Bethesda, MD, pp. 118 - 121 1998年
  • COSPEX: A System for Utilizing Distributed Information Resources  [通常講演]
    Sugimoto, M, Katayama, N
    Proceedings of ISFST'98, Hangzhou, China, pp. 389 - 390 1998年 ポスター発表
  • Toward the Mediation of Semantic Gaps between Users and Digital Libraries  [通常講演]
    Sugimoto, M, Katayama, N, Takasu, A
    Toward the Mediation of Semantic Gaps between Users and Digital Libraries 1997年
  • COSPEX: A System for Constructing Private Digital Libraries  [通常講演]
    Sugimoto, M, Katayama, N, Takasu, A
    Proceedings of IJCAI-97, Nagoya, Japan, pp. 738-744 1997年
  • A Universal Query Interface for Heterogeneous Distributed Digital Libraries  [通常講演]
    Katayama, N, Sugimoto, M
    Proceedings of International. Workshop on Database and Expert System Applications (DEXA'96), pp. 332 - 339 1996年
  • A System for Supporting Researchers' Creativity by Visualizing Different Viewpoints  [通常講演]
    Sugimoto, M, Hori, K, Ohsuga, S
    Proceedings of Creativity & Cognition, UK, pp. 95-107 1996年
  • A System for Assisting Creative Research Activity  [通常講演]
    Sugimoto, M, Hori, K, Ohsuga, S
    Symbiosis of Human and Artifact: Future Computing and Design of Human Computer Interaction, Elsevier, pp. 685 - 690 1995年
  • A Document Retrieval System for Assisting Creative Research  [通常講演]
    Sugimoto, M, Hori, K, Ohsuga, S
    Proceedings of ICDAR'95, Montreal, Canada, pp 167-170 1995年
  • A Method to Assist Building and Expressing Subjective Concepts and Its Application to Design Problems  [通常講演]
    Sugimoto, M, Hori, K, Ohsuga, S
    Proceedings of Creativity & Cognition, UK 1993年

特許

  • 特願2017-135654:情報送信装置、情報受信装置、情報伝送システム及びプログラム  2017年07月11日
  • 特願2016-163574:情報送信装置,情報受信装置,情報伝達システム及びプログラム,測位システム,照明器具並びに照明システム  2016年08月24日
  • 特許5739822:速度・距離検出システム、速度・距離検出装置、および速度・距離検出方法    2015年05月01日
    特願2010-007492
  • 特許5704695:ドップラーレーダーシステム,ドップラーレーダー送信装置及び送信波最適化方法    2015年03月06日
    橋爪 宏達, 杉本 雅則
  • 特願2013-146637:ドップラーイメージング信号送信装置,ドップラーイメージング信号受信装置,ドップラーイメージングシステム及び方法  2013年07月12日
  • 特願2012-036383:距離測定方法及びレーダー装置  2012年02月22日
  • 特許4621924:時刻基準点情報伝送システム及び受信器    2010年11月12日
    橋爪 宏達, 杉本 雅則
  • 教育用模型装置
    登録番号3069344号
  • Figure data input device,
    US Patent Number 6659836
  • 思考支援システム
    特許公開2002-156896
  • 超音波距離計測システムおよび超音波距離測定方法
    特許第4041899号
  • 時刻基準点情報伝送システム、時刻基準点情報伝送方法、送信器および受信器
    0721628.6(国際特許,英国)
  • 時刻基準点情報伝送システム、時刻基準点情報伝送方法、送信器および受信器
    11/874,231(国際特許,米国)
  • 時刻基準点情報伝送システム、時刻基準点情報伝送方法、送信器および受信器
    特願2007-528168,
  • 距離測定方法、距離測定用受信局装置及び位置測定システム
    特願2008-060922
  • 計測装置、計測システム、および計測方法
    特願2009-272707

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • LED照明と汎用カメラによる選択的なフリッカレス高速可視光通信技術
    JSPS:科研費挑戦的研究(萌芽)
    研究期間 : 2017年04月 -2019年03月 
    代表者 : 杉本 雅則
  • 携帯端末を用いた実世界協調センシングによる創造的学習支援環境の構築と評価
    JSPS:科研費基盤B
    研究期間 : 2016年04月 -2019年03月 
    代表者 : 杉本 雅則
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 : 2013年 -2015年 
    代表者 : 杉本 雅則
  • 文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
    研究期間 : 2012年 -2013年 
    代表者 : 杉本 雅則
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B), 基盤研究(B))
    研究期間 : 2011年 -2013年 
    代表者 : 武田 義明, 稲垣 成哲, 山口 悦司, 杉本 雅則, 楠 房子, 溝口 博
     
    本研究では,複雑な自然現象・大きな時間的スケールの変化を体感できるデジタルゲームを開発し,それを通して,学習者(子ども/大人)のための科学性とエンタテイメント性を備えた身体性のある協調的学習支援環境としてのフル・ボディ・インタラクション(Full-body interaction)の実現法(構成法)を明らかにする。平成23年度では,以下に示すように,ゲームのテスト・システムの開発と学習コンテンツ開発及び小規模の予備的な評価実験を実施した。(1)遠隔会議と対面の研究打ち合わせ会議を開催し,役割分担と研究計画を確認した。(2)国内外の先進的なシステム等の研究資料を収集した。(3)六甲山の森林植生に関する画像,テキストから構成された試作版デジタル・コンテンツの設計と開発を行った。(4)フル・ボディ・インタラクションのための基盤システムについて,学習者の位置に基づいたコンテンツ提供を可能にする基礎的な仕組みの開発に成功した。(5)上記(3)のコンテンツの評価のために,2011年10月に神戸市・六甲山のフィールドワークを伴う小学校6年生40名程度の小規模な予備的評価実験を実施した。(6)予備的研究に関する成果発表として,IADIS Multi Conference on Computer Science and Information Systems 2011(GET 2011),2011 Visual Information Communication-International Symposium (VINCI' 2011)教育システム情報学会研究会等で発表した。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B), 基盤研究(B))
    研究期間 : 2010年 -2012年 
    代表者 : 杉本 雅則, 稲垣 成哲
     
    平成23年度は、システム機能の高度化を目的としたシステム開発を中心に研究を進めた。具体的には、以下の項目の通りである。・コンテンツ構築支援機能の充実:提案システムではロボットプログラミングに不慣れな子どもでも簡単に物理世界でのコンテンツ作成を行えることを目指している。そのため、typingによるプログラミングでなく、タンジブルなロボットや物理的なオブジェクトを用いたプログラミングを行えるにするための機構を組み込んだ。さらに、パイロットスタディを通して、それらの機能についての検証を進めた。具体的は、交通シミュレータやテーブルトップとロボットを用いたゲームデザインなどのタスクを通して、どの程度容易にコンテンツ生成が可能かを評価した。・物理的なロボットの3次元的な機能拡張:物理世界でのロボットを対象とする場合、従来の2次元的な表現を拡張し、3次元的な表現を可能にすることによって、コンテンツ生成の可能性がさらに広がると考えられる。そこで、従来の2次元的な移動が可能なロボットを拡張し、高さ方向の変位が可能なロボットを新たに開発した。そして、そのロボットを用いたコンテンツ表現として、都市計画問題への応用や3次元ユーザインターフェイスへの展開について検討し、プロトタイプシステムを作成した。これらのシステム開発に加え、今年度は実験実施に向けて実験協力校の教員との議論を行った。そして、次年度の実験に向けての準備や手順を確認した。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 : 2009年 -2011年 
    代表者 : 橋爪 宏達, 杉本 雅則
     
    空中を伝搬する超音波により、対象の動きを画像化することにより、操作者の意図を検出して機器操作を行う、身振りインターフェース技術の開発を試みた。MEMS技術による低コストな検出アレイとFPGA信号処理機構を製作し、有効性を確認した。また動き検出アルゴリズムを新しく開発することにより、将来の多くのアプリケーション開発のための基礎を構築できた。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
    研究期間 : 2009年 -2010年 
    代表者 : 杉本 雅則
     
    本研究では、英語学習を念頭に、携帯端末とロボットを用いたストーリテリングシステムを構築し、学習者の動機付けや、学習活動へのengagementを高める新しい学習支援手法を工学的な観点から追求すること目標としてきた。より具体的には、「ロボット」、「モバイル」、「複合現実感」のすべての手法を統合した新しい学習支援環境を構築し、学校教育の現場でその評価を行うことを目的とした。本年度は昨年度に引き続き、まずはシステムの改良を進めた。特に、複合現実環境での複数の学習者による協調的な学習をスムーズに行えるようにするため、提案システムの安定性や信頼性、使用感の向上のための作業を行った。次に、提案システムの機能拡張を試みた。具体的には、イベント定義モジュールの導入を進めた。ロボット同士あるいはロボットと実世界に配置されるオブジェクトとの位置的関係(たとえば衝突)によって発火するロボットの振舞いを、イベントとして簡単に定義できるモジュールをストーリ作成機能に組み込むことを試みた。これにより、学習者が容易に多様なストーリ表現を行えるようになる。さらに、提案システムの改良、拡張に基づいて、評価実験に向けての具体的な検討を実験協力校と議論しつつ進めた。現在、授業との連携を念頭において、システム利用と統合した独自のカリキュラム設計を行っているところである。また、これまでの研究成果をまとめて論文誌に投稿した。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(A))
    研究期間 : 2007年 -2010年 
    代表者 : 矢野 米雄, 金西 計英, 緒方 広明, 松浦 健二, 光原 弘幸, 三好 康夫, 金 群, 柏原 昭博, 杉本 雅則
     
    携帯情報端末、センサ、マルチメディアコンテンツやワイヤレスネットワークといったユビキタス技術を用い、「現実世界と仮想世界」、「講義と実践」のギャップを埋めるユビキタス学習システムを開発・評価した。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 : 2007年 -2009年 
    代表者 : 杉本 雅則, 稲垣 成哲, 山口 悦司, 楠 房子, 出口 明子
     
    本研究では、循環型社会の構築に求められる知識を、子どもたちが容易に学習できるための枠組みとシステムを提案する。構築したシステムの特徴は、ゲーム性と参加型シミュレーションである。提案システムを用いた教室学習と屋外学習を統合したカリキュラムを実験協力校の教員と開発した。本研究の評価実験を通して、提案する枠組みおよびシステムの有用性を示すことができた。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(A))
    研究期間 : 2006年 -2009年 
    代表者 : 稲垣 成哲, 中山 迅, 竹中 真希子, 大島 純, 杉本 雅則, 山口 悦司, 坂本 美紀, 出口 明子, 舟生 日出男, 大島 律子, 竹中 真希子, 楠 房子, 大島 純, 中山 迅, 村山 功, 坂本 美紀, 大黒 孝文, 山本 智一, 黒田 秀子, 神山 真一, 藤本 雅司, 三澤 尚久, 橘 早苗
     
    本研究の目的は,ユビキタス技術を用いた複数の協調学習支援システムを構築し,それらのシステムを有効に活用した『創造的人材の育成』を可能にするような科学教育プログラムの開発と評価をするとともに,その成果を受けて,新しい科学教育のあり方を提案することであった。創造的人材に求められる資質能力領域として,科学的議論・論述能力,科学概念統合能力,科学的観察・情報活用能力,科学的推論・問題解決能力の4領域を設定し,それぞれの領域に対応させて,ITシステムを活用した新しいタイプの授業を実験校に導入し,実証実験を行った。その結果,学習者における資質能力の向上に寄与できる授業のデザイン指針を策定することができた。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
    研究期間 : 2007年 -2008年 
    代表者 : 杉本 雅則
     
    携帯端末(PDA、携帯電話等)やセンシングデバイスの普及により、いつでもどこでも大量の情報にアクセスできるユビキタスコンピューティング環境の整備が進んでいる。しかし、現在の携帯端末は、(1)画面が小さく、従来のコンピュータに比べ、提示できる情報量が少ない(情報提示の問題)、(2)入力キーが少なく、入力手法が限定されている(入力の問題)等、ヒューマンインタフェイス(HI)の問題が指摘されている。そこで筆者らのグループは、本科研費研究にて、携帯型プロジェクタを用いることによる情報提示およびインタラクションのための新しい技術に関する研究を行っている。本年度は、(a)任意平面への投影の際の実時間での適応的な障害物回避と画像補正、(b)Mobile Display Based Manipulation (MDM)のテーマで研究を進めた。「任意平面への投影の際の実時間での適応的な障害物回避と画像補正」では、プロジェクタを携帯型にすることで、生じる画像の歪みを補正する手法、および表示の妨げになる物体を避けつつ適切な領域に投影する手法を昨年度までに提案した。その成果を基に、今年度は障害物となる複数物体の実時間トラッキング手法を導入することで、実世界での利用に向けてのよりロバストなシステムの設計と開発を行った。一方のMDMは、単機能ロボットに対する直感的な操作を行う手法である. 提案手法は, 拡張現実感技術によりロボットとロボットへの指示情報とを重ね合わる. ユーザは, それを見ながらモバイルディスプレイ自体を動かすことで, ロボットを操作する. モバイルディスプレイの動きにより仮想世界を操作する既存の研究とは異なり, モバイルディスプレイの動きを現実世界のロボットの操作に利用する. また, 現実世界に情報を付加するだけでなく, 仮想世界の情報に従って現実世界のロボットの状態を変化させるという点で, 従来のモバイルデバイスを用いた拡張現実感システムとは大きく異なる, MDMの手法をエンタテインメント応用や子どものストーリーテリングに活用し、その有用性を示すことができた。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(萌芽研究)
    研究期間 : 2007年 -2008年 
    代表者 : 杉本 雅則
     
    本研究では、(a)屋外での学習体験を強化、記録することを支援するシステム、および(b)屋外での活動体験を他者と共有しつつ、教室での協調的な知識共有と構築を支援するシステムを構築し、(c)屋外学習と教室での学習を統合する授業カリキュラムに則って実践および評価を行うことを通して、(1)実世界との相互作用を通して学習者の学習体験を増幅する、(2)学習対象となる問題や課題を自ら発見、設定する機会を通して、学習の本物性や学習の動機付けを高める、などの効果を学校教育の現場で検証した。今年度は、昨年度までの経緯を踏まえ、各々の学習者グループがタブレットPC上で作成した地図を、web serverを介して容易に共有できるようにし、web serverに視覚的表示、検索機能(学習者が行った日時による検索とその表示、あるいは、地図情報を用いた検索と表示機能)を実現した。さらに、学習者が実践において作成したマップに対し、別の時期に新たに発見した事項をコメントとして追加したり、学習者以外の関係者(親、地域コミュニテイなど)が情報の追加を行ったりすることができるコメント機能を実装した。これらの機能的な強化を行ったシステムを用い、千葉県柏市内の小学校と共同で、システム利用を前提としたカリキュラム設計を基に、学校と地域が一体となった安全マップ作成プロジェクトを実施した。学習者間でのコメント付加活動レベルの推移、学習者間でのコメントを通しての議論の進展、学習者以外の関係者からのコメントとそれが学習者に与える学習対象の理解の変化、等の分析を行い、システムの機能とその効果について考察した。その結果、本システムを通して、学習者間の学習状況への積極的な参加、動機付けが高められ、授業支援のシステムとしての有用性が示せた。今後、本研究の成果をまとめて論文発表等を行う予定である。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 : 2006年 -2008年 
    代表者 : 橋爪 宏達, 杉本 雅則
     
    この研究グループの提唱する新しい超音波位置計測の技術、すなわち位相一致法の開発ならびに応用開発をめざしたものである。位相一致法によれば超音波による位置計測精度を従来の 100倍に高められる。理論解析によりその理由を解明するとともに、本法の原理を確立した。従来の超音波位置計測では室内の四隅など数点に固定ノードを置き、そこからの距離を同時計測することでターゲットを測位するが、着手として位相一致法で同様の計測を行い、静止時に期待される精度の結果を得た。一方で移動体計測では周波数ドップラーシフトにより精度が悪化し、なんらかの補償を要することがわかった。位相一致法の精度によれば、3次元計測に必要な基線長を 80ミリメートル程度にできるため、3センサーを1筐体にコンパクトに収納した測定ユニットを開発した。設置工事の不要な、画期的なものである。これを使いロボット制御などのデモンストレーションを行った。特に参加型ゲームの形にまとめ、好評を博した。ロボットの気配を他ロボットが追跡する、本研究タイトルに即したものである。移動体測位の精度を高めるため、ドップラーシフトを精密検出する技法を開発し、完成した。それを適用することで移動体の計測においても静止物体に準じる計測精度に改善できた。同時に物体の移動速度ベクトルも測定できることが判明した。位置と速度の同時計測法は従来知られておらず、当初計画にはなかった本研究の成果である。研究成果は論文発表のほか、数件の国内・国外特許出願を行った。また新聞発表も一件行った。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2006年 -2006年 
    代表者 : 稲垣 成哲, 小川 正賢, 楠 房子, 余田 義彦, 杉本 雅則, 鈴木 真理子
     
    本研究では,近年の総合科学技術会議基本政策専門調査会「科学技術基本政策策定の基本方針」や平成17年4月の科学技術・学術審議会基本計画特別委員会「第3期科学技術基本計画の重要政策-知の大競争時代を先導する科学技術戦略-(中間とりまとめ)」などで求められている今後の学術研究の方向性としての「幅広く社会・国民に支持される科学技術の視点」及び「科学技術への主体的な参加」という新しい立場を採用しつつ,『日本科学教育学会』に所属する若手・中堅研究者をコア・メンバーとして「社会・国民に支持される科学技術を実現する新しい科学教育システム」に関する共同研究の企画を行い,科学教育研究の学問領域群の中に,新しい領域を開拓するための準備に着手した.日本科学教育学会第30回年会(筑波大会)(平成18年8月18日-20日)において,筑波学院大学で会議を開催し,科学教育が協働すべき3つの主題領域(科学技術が及ぼす倫理的・法的・社会的課題への責任ある取り組み,科学技術政策に関する説明責任の強化,国民の科学技術への主体的な参加促進)を想定し,各主題領域でどのような科学教育システムの構想が可能かにっいて,分担者相互で探索的に議論を行った.具体的なテーマとしては,生命倫理.科学者倫理問題,個人情報保護法問題,科学技術社会論,学協会の情報発信,研究成果の評価手法,アウトリーチ活動の強化,一般市民との対話,博物館,地域社会の教師・家庭・子どもなどに焦点を絞った議論がなされた.全体会議後には,メーリングリストで議論を継続するとともに,各主題領域において議論の裏付けとなる関連文献の収集を行い,データベース化に取り組んだ.本研究で構築したデータベースは今後も情報の蓄積を継続し,しかるべき時期に公開する予定である.
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 : 2004年 -2006年 
    代表者 : 杉本 雅則, 楠 房子, 稲垣 成哲, 山口 悦司
     
    本申請では、環境問題の学習を支援するため、モバイル技術およびセンシング技術を用いた協調学習支援システムを構築し、そのシステムを最大限有効に活用するための学習環境をデザインすることを目指した研究である。平成18年度は、下記の点について研究を進めた。●評価実験の実施と分析昨年度、神戸市内の小学校において約1週間に渡って行われた評価実験の分析を行った。膨大な量のビデオやシステム利用のログデータから、システムの効果を定性的、定量的に示す部分を見つけ出す。具体的には相互行為分析の手法に基づき、提案システムがどのような場面で、どのような子供たちに、どのように有用であったのかについて、検討を行う。さらに、システムの有用性や解決すべき点に関する特徴的なエピソード抽出を進めることで、学習支援効果を具体的に示した。●研究総括、取りまとめ、成果発表評価分析の結果に基づいて、本研究の成果を国内外の学会での発表を進めた。具体的には、日本科学教育学会でのオーガナイズドセッション(自主課題研究)を開催するとともに(2006年8月)、国際学会への論文発表(CSCL2008:2008年7月にアメリカで開催)を行った。現在、JCSCLやJLSなどの著名な国際学会論文誌への投稿準備も行っている。また、本科研費研究によって達成できたこと、今後さらに研究を進めるべきことを整理し、最終年度のとりまとめを行った。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
    研究期間 : 2003年 -2004年 
    代表者 : 楠 房子, 原田 泰, 原田 泰, 寺野 隆雄, 杉本 雅則, 佐伯 胖, 石田 晴久
     
    本研究では,博物館における地域連携の一貫として理数科教育に対する「博物館における科学教育支援システム」を提案した。本研究の特色は,システムの構築とその上のコンテンツのデザイン要面から学習支援を提案し,実現したアプローチにある。本研究では,まずコンテンツデザインのための博物館の調査とシステムの構築を15年度に着手した。システムはRFIDタグとPDAを用いて構築した。できあがったプロットタイプシステム上で,コンテンツの実装を行い,科学博物館にて最初の実験を行った。その分析結果をもとに,システムのインタフェースの改善,コンテンツデザインの発展を行った。さらに16年度では,展示形態の異なるブースで実験を行い,本研究の目的である「博物館の展示の理解」への有効性を検証した。本研究の行ったコンテンツデザイン手法,及び実験は,有効な研究として,こどもたちの科学に対する興味・関心を培い,探究心を高め,論理的思考を伸ばすことに十分貢献できると考える。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 : 2001年 -2002年 
    代表者 : 杉本 雅則, 橋爪 宏達, 稲垣 成哲, 楠 房子
     
    本研究では,「学習者自身の積極的な実践に基づく」,「他者との相互作用を通した」問題の発見と学習,つまりsocio-constructivism(社会構成主義)の立場に立ち,学習者同士による学習環境のデザイン(Learner Centered Design)を実現するための研究を行った.本研究の特徴として,以下の2点が挙げられる.○技術的な側面:本研究では,学習者の学習への動機付けを高める手段として,物理世界と仮想世界を統合する技術を構築した.具体的には,RFID技術を応用することによる,同時多入力センシングボードを考案した.それにより,教育の現場で指摘されていたヒューマンインターフェイスの問題,例えば,マウスやキーボードに不慣れな児童が学習に参加できない等の問題を克服するとともに,ゲーム感覚で学習に参加しつつも,学習内容の本物性を通して深く学ぶことを目指す協調学習支援システムを実現した.○実践的な側面:学校教育の現場で,構築したシステムの評価を行った.本研究グループは,小学校の教師と協力し,システム設計の段階から参加してもらうとともに,授業カリキュラム設計にも関わった.具体的には,教師,生徒の要望や地域の特徴を反映させたシミュレーション型環境問題学習支援システムを構築するとともに,その地域でのフィールドワークを取り入れた授業設計を行った.本研究において現場との実践を重視したのは,何を学ぶのか,なぜ学ぶのかを,学習者自身が意識できるようにすることが極めて重要であり,かつ学習支援システムの授業の中での位置付けを明確にすることによりそれが可能である,と考えたからである.本研究の成果は,以下のようにまとめられる.○物理世界と仮想世界とを組み合わせることによる,学習への動機付けと学習状況への参加の促進○授業カリキュラムとの連携による本物性の高い学習支援環境の実現
  • 文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A), 若手研究(B))
    研究期間 : 2001年 -2002年 
    代表者 : 杉本 雅則
     
    情報通信技術の社会への浸透に伴い、人間とコンピュータとのインターフェイスの設計はますます重要になっている。そこで本研究は、特に幼児や高齢者のような情報弱者を対象とし、コンピュータを意識することなく、知的な作業を支援するためのシステムの構築を目指した。本年度は昨年度に引き続き、RFID(Radio Frequency Identification)技術に基づくセンシングボードを活用し、他者との協調学習を支援するためのシステムを構築した。具体的には、音楽を対象とし、ゲーム感覚で音に親しむとともに、和音の学習を支援するためのシステムの構築を行った。本研究では、まず最初に、物理世界と仮想世界とを連携させる拡張現実感の技術に基づき、直感的に操作可能なユーザインターフェイスを構築した。それにより、コンピュータを利用することによる身体的、精神的な障壁を軽減し、誰もが容易に協調作業に参加できることを目指した。構築されたシステムでは、センシングボード上に、利用者によって選ばれた複数の楽器を表示される。利用者は、物理的なコマ(RFIDタグを埋め込んでいる)を用いて表示された楽器の適切な場所に触れることにより、その楽器の任意の音色を奏でることが出来る。複数の利用者からの操作はセンシングボードによって瞬時に認識される(同時多入力)ので、音楽の伴奏に合わせつつ、グループで合奏を行うことが可能になる。利用者は、没入感の高い環境を通して視覚的、聴覚的なフィードバックを受けつつ他者と協調しながら、学習を進めることができる。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 : 2000年 -2002年 
    代表者 : 橋爪 宏達, 楠 房子, 寺野 隆雄, 佐伯 胖, 杉本 雅則
     
    近年、博物館・美術館などで展示方式を工夫し、デジタル・ミュージアムを実現する動きが見られるようになった。しかし、現在のデジタル・ミュージアムは利用者に一方的に情報提供するものがほとんどであり、利用者の積極的な参加を前提としたものではなかった。これに対し、本研究「デジタル・ミュージアムにおける参加型創造学習システム」(科学研究費 一般研究B2000年〜2002年度)では、最近のハードウェア素子利用技術、ソフトウェアエージェント技術、ならびに、グループ学習理論を取り入れた新しい参加型創造学習システムを提案し、その有効性を実証した。ここで我々の使用したのは、すでに他研究で開発していたRFIDタグを用いたボードゲームとシミュレーションシステムである。これはRFICタグをセンサーに使用し、アンテナアレイを数100ケグリッド状に並べた装置である。環境問題や国際理解を課題とする小学生むけの教科教育において実験したところ、使用者の熱烈な指示を得たため、今回はこれらの実験的成果をさらに展開し、デジタル・ミュージアムを対象とする参加型創造学習システムに発展させたものである。本研究では、博物館を、見学者が展示に参加し、創造的な学習と情報発信する場と考えて、そこで利用する枠組みとして「デジタル・ミュージアム」を想定した。実験ではフランス・ラバル市で開催されたバーチャルリアリティー展に出典して好評を博しつつ実験データを採取した。また科学技術館の館内ガイドシステムに応用する機会も得た。研究で得た知見を学会に報告した論文をまとめ、最終報告とした。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
    研究期間 : 1998年 -1999年 
    代表者 : 杉本 雅則
     
    本研究は、グループ活動を支援するための情報検索および情報共有機能を持つ情報システムの構築を目指して、2年間のプロジェクトとして行われた。本研究の核となるシステムおよび技術として、これまでの研究において、COSPEXと呼ばれるシステムの開発を進めてきた。COSPEXは、ネットワーク上の分散情報資源からの情報収集を支援するためのシステムである。初年度は主として、COSPEXの情報検索機能の強化を行った。利用者による情報の高度な活用を支援するために、まずユーザモデリングに関する基礎的な検討を行った。その上で、機械学習技術を応用した機能を実装することにより、ユーザとのインタラクションを通して、ユーザの検索意図を推定することを可能にした。次に、システムの情報可視化モジュールを新たに実装し、情報資源の意味的構造を可視化する機能を実現することにより、検索過程においてユーザが容易に情報発見を行えるようにした。次年度は、グループでの活動を支援するための機能を構築するため、数万件に上る大規模な文書集合を対象とし、共有データフォーマットの検討を進め、それに基づきデータ作成、および大規模データに対応するためのシステム性能の改良を進めた。情報共有支援機能については、まだ不十分であり、さらなる検討と改良の余地があるため、今後も引き続き、システム性能の向上や評価実験などを行いたいと考えている。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(重点領域研究)
    研究期間 : 1997年 -1997年 
    代表者 : 高須 淳宏, 杉本 雅則, 片山 紀生
     
    本研究は,オブジェクトの照合手法を中心に分散情報資源の統合的利用にかかわる諸課題について研究するとともに,具体的な応用として分散電子図書館の構築法について研究を進めた。まず、自律分散的に構築される情報資源に対する効果的な検索を実現するために利用者の要望にあわせて情報空間を切取り,再構成して利用者に効果的に提示することを支援するために,自律分散的な情報資源に対する発見的な文献検索インターフェイス(COSPEX:COnceptual SPace EXplorer)についての研究を進めてきた.COSPEXは,データベースのスキーマに依存しない統一的なインターフェイスと概念空間の可視化による対話的な検索支援システムから構成されており,分散情報資源に対して双対尺度法と呼ばれる統計的手法により概念空間を構成して利用者に提示することによってユーザがこれまで気づかなかった新たなキーワードが提示されるので,そのキーワードを用いて再度検索したり,あるいは論文間のこれまで気付かなかった関係を発見して,新しい論文を読み進める手掛かりを得たりすることができる.さらに、利用者が収集した情報を蓄積し管理するためのメカニズムとして、Private Digital Library Manager (PDLM)の研究開発を行った.このシステムでは、利用者の情報探索結果や経過を随時蓄積できるようになっている.また、利用者の情報収集支援機能として、情報フィルタリングのための検索式を利用者の分散情報資源に対する操作過程から自動的に抽出することを試みた.ここでは、利用者の情報空間に対する一連の操作とその結果に関する動作に基づいて、決定木で表わされる分類規則を抽出し、その操作に重要な属性や値を導いている.
  • 文部科学省:科学研究費補助金(重点領域研究)
    研究期間 : 1996年 -1996年 
    代表者 : 高須 淳宏, 杉本 雅則, 片山 紀生
     
    現在インターネットではWWW技術を用いることによって、多種多様な情報資源が構築されている。ユーザがこのような情報システムを有効に利用できるようにするためには、各情報システム間の多様性を吸収し、個々のシステムを相互に接続することで、利用者に対して統一的な情報空間を提示するための方法論が必要となる。そこで本研究では、そのようなシステムを構築するための要素技術として、以下の三つの研究課題に取り組んだ。(1)オブジェクトの同定(担当:高須、片山)分散電子図書館においては、同一の実体、例えば同一の著者もシステムによって異なった形で表される。このような状況下で、実体を同定して情報を統合化する。(2)概念空間の構築および利用者に応じた部分空間の提示(担当:杉本、片山)実体間の類似度を定め、概念空間を構成するとともに利用者の必要な部分を推測し提示する。(3)データベースシステムの構築(担当:片山、高須)上記の機能を実現するために多様な情報を扱え、操作性の高いデータベースシステムを構築する。そして本研究では、これら三つの課題について、次のような手法を考案するとともに、それらの有効性について検討した。(1)の課題については、電子図書館において中心的な実体となる学術論文を対象として、文献の参考文献中にさまざまな形式で表される学術論文を同定するための近似的なマッチング手法を考案した。(2)の課題については、文献中に現れる用語の頻度を基に実体間の概念的な距離を定義し概念空間を構築するとともに、利用者の検索要求に応じて部分空間を選び出し提示するシステムを考案した。(3)の課題については、多様なデータ構造に対応するネットワーク構造とデータ操作能力の高い述語論理に基づいた記憶システムの開発を行った。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(国際学術研究)
    研究期間 : 1994年 -1996年 
    代表者 : 山田 尚勇, 根岸 正光, 佐藤 真一, 根岸 正光, 孫 媛, 影浦 峡, 高須 淳宏, 大山 敬三, 安達 淳, 小山 照夫, 宮澤 彰, 内藤 衛亮, 井上 如, 片山 紀生, 杉本 雅則, 橋爪 宏達, 太田和 良幸, 細野 公男, 長瀬 真理, 西澤 正己, 柿沼 澄男
     
    本調査研究の主体機関である学術情報センターでは、大学等の研究者における学術情報環境、条件の総体的な向上を目途として、インターネット接続を含めたネットワークの構築と運用、学術情報データベースの形成と提供、大学図書館の総合目録データベースの構築を行っている。またこれらに加えて、平成9年度から、学術雑誌を主体とする「電子図書館サービス」を発足させるべく、技術面での研究開発と合わせて、高度情報社会における学術情報の良好な流通体制の現出のための制度設計を進めている。近年における学術研究の国際化は著しく、これに対応するためには、上記の各種システム開発や機能向上、また、データベース内容の拡充に関しては、国内研究者の海外情報に対する需要と、海外への情報発信要求を適確に対応する必要があり、このためには、海外の学術情報関連諸機関におけるシステムやデータベース等コンテンツの開発状況を常時適切に把握、分析してゆくことが必須となる。また、近年においては、海外の研究者等における日本の学術情報に対する需要も高まると同時に、多様化してきており、これに応えた学術情報発信機能を実現してゆくためには、海外の動向を把握してゆく必要がある。さらに、これらとも関連して、学術情報センターでは、各学術分野における研究動向に関する調査研究を行っており、こうした側面での海外状況の把握分析も必要である。本調査研究は、上記のような各視点を総合して、海外状況の調査分析を効率的に行うべく企画されたもので、その実績は概略下記のようである。(1)全文データベース関連調査インターネットの進展・普及に応じて、学術情報データベースでは、従来の文献抄録、引用索引型などから、学術論文の全体を含む全文データベースの比重が高まっており、同時にこれに対応する検索システムの進歩にも急なものがある。本センターでは、以前から全文データベースの形成と提供を行ってきたところであるが、こうした最近の状況を踏まえて、より高機能な全文データベース・システムを開発しつつある。これに関して、海外の開発機関を訪問調査を実施し、最新動向の把握を行った。その結果、海外製全文検索エンジンを選定して、これを本センターの次期データベース・サービス・システムに全面的に導入することとすると同時に、原開発機関と協力して、その日本語対応システムを開発することになり、これは現在進行中である。全文データベースの編成方式としては、SGMLが有効であるとの視点に立ち、開発を進めてきた。これに関して、海外研究機関における応用事例や、学会出版社等における応用状況を、訪問調査における意見交換等を通じて明らかにし、とくに最近わが国でも利用が進みつつあるHTML、PDF等関連方式との互換性も調査して、次期全文データベースの提供方式および別項の電子図書館システムの開発に反映させた。また、SGMLはCALSの基本要素技術として採用されていることから、CALS関係の動向調査も行っている。(2)電子図書館関連調査電子図書館に関しては、そのデータ内容と収集方法のみならず、データの入力・保持・提供方式についても種々の試みが海外で行われつつある現況であり、その実態把握は本センターの電子図書館システムの開発・運用にとって非常に重要である。そこで、これに関連する海外の大学図書館や学会、出版社等における先行事例を訪問調査し、意見交換を通じて、それらの特徴と問題点の把握を行って、本センターのシステム開発、運用制度設計に反映させている。なお、わが国が、G7の電子図書館の幹事国となったことから、この関連会議に出席し、情報収集と意見交換を行った。また、本センターの電子図書館システムの海外での利用を推進することを目途として、英国デモントフォート大学との共同利用実験を開始することとし、双方のシステムの環境調査のため相互に訪問調査を行い、平成9年度からの実験開始について合意した。(3)マルチメディア・データベース関連調査本センターでは、マルチメディアメディア系データベースの提供を検討し、必要な技術開発等を進めているが、これに関して、海外の美術館を含む関連機関を訪問調査し、また国際会議での発表と意見交換を行い、本センターのサービス方式にその結果を取り入れつつある。(4)研究基盤・研究動向・学術情報データベース動向調査本センターにおける研究動向調査の一環として、米国NSFをはじめとする、海外の科学政策研究機関、研究助成機関、学術情報データベース作成機関等について、訪問調査を実施し、最新の動向把握を行うと同時に、当方のシステム、サービスの紹介を行って、本センターの今後の研究開発およびサービス展開に資する各種情報の収集を行った。(5)日本の学術情報需要・情報受容環境調査わが国の学術情報に関する海外からの需要動向と、日本語処理のための技術的な環境に関わる調査のため、学術情報および日本情報関連の国際会議での発表と意見交換、有望と目される大学等の訪問調査を行い、NACSIS-IR、NACSIS-CATの海外利用の促進に努めた。その結果、英国のオックスフォード大学図書館等に引き続いて、フランス、ドイツ、スイス、スエ-デン等におけるシステム利用が進展することとなった。なお、平成7年に英国で開催された日本情報国際会議では、必要機材を搬入して、電子図書館その他のセンター。システムの実演を、論文発表と合わせて行い、海外提供を促進するものとした。
  • モバイルコンピューティング
    詳細はこちら http://www.itl.t.u-tokyo.ac.jp
  • 教育工学
    詳細はこちら http://www.itl.t.u-tokyo.ac.jp
  • 複合現実感
    詳細はこちら http://www.itl.t.u-tokyo.ac.jp
  • 音響イメージング
    詳細はこちら http://www.itl.t.u-tokyo.ac.jp
  • ヒューマンロボットインタラクション
    詳細はこちら http://www.itl.t.u-tokyo.ac.jp
  • ユビキタスコンピューティング
    詳細はこちら http://www.itl.t.u-tokyo.ac.jp
  • コンピュータビジョン
    詳細はこちら http://www.itl.t.u-tokyo.ac.jp
  • ヒューマンコンピュータインタラクション

教育活動情報

主要な担当授業

  • 知能情報学特論
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 情報科学研究科
    キーワード : センシング/sensing 環境認識/environment recognition 信号処理/signal processing
  • 知能情報学特論
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 情報科学研究科
    キーワード : センシング/sensing 環境認識/environment recognition 信号処理/signal processing
  • コンピュータサイエンス演習Ⅰ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 工学部
    キーワード : 集合、論理、関係、写像、オートマトン、形式言語、数の表現(2 進数,補数,浮動小数点),2進数の演算アルゴリズム,計算モデルと計算量,ベクトル空間,行列計算(ガウスの消去法,LU 分解),固有値計算,誤差つき計算
  • 情報理工学演習Ⅱ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 工学部
    キーワード : 集合、論理、関係、写像、オートマトン、形式言語、数の表現(2 進数,補数,浮動小数点),2進数の演算アルゴリズム,計算モデルと計算量,ベクトル空間,行列計算(ガウスの消去法,LU 分解),固有値計算,誤差つき計算
  • コンピュータサイエンス演習Ⅲ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 工学部
    キーワード : 浮動小数点,誤差,ニュートン法,ガウスの消去法,LU分解,ヤコビ法,固有値,ラグランジュ補間,ニュートン補間,台形公式,ロンバーグ積分,オイラー法,ルンゲ・クッタ法、計算量と計算モデル
  • 数値の表現と計算
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 工学部
    キーワード : 集合、論理、関係、写像、オートマトン、形式言語、数の表現(2 進数,補数,浮動小数点),2進数の演算アルゴリズム,計算モデルと計算量,ベクトル空間,行列計算(ガウスの消去法,LU 分解),固有値計算,誤差つき計算
  • 数値計算
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 工学部
    キーワード : 浮動小数点,誤差,ニュートン法,ガウスの消去法,LU分解,ヤコビ法,固有値,ラグランジュ補間,ニュートン補間,台形公式,ロンバーグ積分,オイラー法,ルンゲ・クッタ法、計算量と計算モデル
  • コンピュータサイエンス実験Ⅰ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 工学部
    キーワード : プログラミング、計算機システム、データ解析技法
  • 情報理工学実験Ⅰ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 工学部
    キーワード : プログラミング、計算機システム、データ解析技法

大学運営

委員歴

  • 2014年 - 現在   APSCE (Asia Pacific Society for Computer in Education)   Executive Committee
  • 2017年09月 - 2018年09月   IEEE IPIN2018 (Indoor Positioning and Indoor Navigation)   大会長
  • 2016年06月 - 2018年06月   人工知能学会   理事
  • 2016年09月 - 2017年09月   IEEE IPIN2017 (Indoor Positioning and Indoor Navigation)   実行委員長
  • 2014年06月 - 2016年06月   科学教育学会   若手活性化委員会委員長


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.