研究者データベース

栄 伸一郎(エイ シンイチロウ)
理学研究院 数学部門 数学分野
教授

基本情報

所属

  • 理学研究院 数学部門 数学分野

職名

  • 教授

学位

  • 理学博士(広島大学)

ホームページURL

J-Global ID

研究キーワード

  • 反応拡散系   反応拡散方程式   パルスダイナミクス   パルス解   界面ダイナミクス   パターン形成   パルス相互作用   非線形発展方程式   自己組織化   反応拡散方程式系   平均曲率流   界面方程式   中心多様体   自己複製パターン   局在解   特異点   関数方程式   関数方程式論   フロント進行波解   平面解   分岐構造   不変多様体   パルスの弾性的反射   粒子的反射運動   4階の方程式   分岐点   曲面の運動   欠陥のダイナミクス   摂動展開   チューリング不安定性   大域解析学   Large Area Analysis   

研究分野

  • 自然科学一般 / 基礎解析学
  • 自然科学一般 / 数理解析学
  • 自然科学一般 / 応用数学、統計数学
  • 自然科学一般 / 数学基礎

職歴

  • 2012年 - 2013年 九州大学 教授

学歴

  •         - 1987年   広島大学   理学研究科   数学
  •         - 1987年   広島大学
  •         - 1982年   京都大学   理学部   数学
  •         - 1982年   京都大学

所属学協会

  • 日本数理生物学会   日本応用数理学会   日本数学会   

研究活動情報

論文

  • Spike solutions for a mass conservation reaction-diffusion system
    Shin-Ichiro Ei, Shyuh-Yaur Tzeng
    DCDS-A 2019年 [査読有り][通常論文]
  • Reduced model of a reaction-diffusion system for the collective motion of camphor boats
    Kota Ikeda, Shin-Ichiro Ei, Masaharu Nagayama, Mamoru Okamoto, Akiyasu Tomoeda
    PHYSICAL REVIEW E 99 062208 1 7  2019年 [査読有り][通常論文]
  • Chao-Nien Chen, Shin-Ichiro Ei, Shyuh-yaur Tzeng
    PHYSICA D-NONLINEAR PHENOMENA 2018年07月 [査読有り][通常論文]
  • Ei Shin-Ichiro, Kitahata Hiroyuki, Koyano Yuki, Nagayama Masaharu
    PHYSICA D-NONLINEAR PHENOMENA 366 10 - 26 2018年03月01日 [査読有り][通常論文]
  • JAK/STAT guarantees robust differentiation of neural stem cells by shutting off biological noises in the developing fly brain
    Makoto Sato, Tetsuo Yasugi, Yoshitaro Tanaka, Masaharu Nagayama, Shin-Ichiro Ei
    CYTOKINE 100 127 - 127 2017年12月 [査読有り][通常論文]
  • Daiki Sasaki, Hitomi Nakajima, Yoshimi Yamaguchi, Ryuji Yokokawa, Shin-Ichiro Ei, Takashi Miura
    JOURNAL OF THEORETICAL BIOLOGY 429 95 - 104 2017年09月 [査読有り][通常論文]
     
    Vasculogenesis is the earliest process in development for spontaneous formation of a primitive capillary network from endothelial progenitor cells. When human umbilical vein endothelial cells (HUVECs) are cultured on Matrigel, they spontaneously form a network structure which is widely used as an in vitro model of vasculogenesis. Previous studies indicated that chemotaxis or gel deformation was involved in spontaneous pattern formation. In our study, we analyzed the mechanism of vascular pattern formation using a different system, meshwork formation by HUVECs embedded in fibrin gels. Unlike the others, this experimental system resulted in a perfusable endothelial network in vitro. We quantitatively observed the dynamics of endothelial cell protrusion and developed a mathematical model for one-dimensional dynamics. We then extended the one-dimensional model to two-dimensions. The model showed that random searching by endothelial cells was sufficient to generate the observed network structure in fibrin gels. (C) 2017 Elsevier Ltd. All rights reserved.
  • Shin-Ichiro Ei, Kei Nishi, Yasumasa Nishiura, Takashi Teramoto
    DISCRETE AND CONTINUOUS DYNAMICAL SYSTEMS-SERIES S 8 5 857 - 869 2015年10月 [査読有り][通常論文]
     
    We consider the mixed ODE-PDE system called a hybrid system, in which the two interfaces interact with each other through a continuous medium and their equations of motion are derived in a weak interaction framework. We study the bifurcation property of the resulting hybrid system and construct an unstable standing pulse solution, which plays the role of a separator for dynamic transition from standing breather to annihilation behavior between two interfaces.
  • Shin-Ichiro Ei, Kota Ikeda, Masaharu Nagayama, Akiyasu Tomoeda
    DISCRETE AND CONTINUOUS DYNAMICAL SYSTEMS-SERIES S 8 5 847 - 856 2015年10月 [査読有り][通常論文]
     
    Various motions of camphor boats in the water channel exhibit both a homogeneous and an inhomogeneous state, depending on the number of boats, when unidirectional motion along an annular water channel can be observed even with only one camphor boat. In a theoretical research, the unidirectional motion is represented by a traveling wave solution in a model. Since the experimental results described above are thought of as a kind of bifurcation phenomena, we would like to investigate a linearized eigenvalue problem in order to prove the destabilization of a traveling wave solution. However, the eigenvalue problem is too difficult to analyze even if the number of camphor boats is 2. Hence we need to make a reduction on the model. In the present paper, we apply the center manifold theory and reduce the model to an ordinary differential system.
  • Yanagida, Eiji, Ikeda, Kota, Ei, Shin-Ichiro
    Commun. Pure Appl. Anal. 14 2 717 - 736 2015年03月 [査読有り][通常論文]
  • Shin-Ichiro Ei, Hirofumi Izuhara, Masayasu Mimura
    PHYSICA D-NONLINEAR PHENOMENA 277 1 - 21 2014年06月 [査読有り][通常論文]
     
    The Keller-Segel system with the logistic growth term is discussed from the spatio-temporal-oscillation point of view. This system exhibits two different types of spatio-temporal oscillations in certain distinct parameter regimes. In this paper, we study the difference between the two types of spatio-temporal oscillations. In particular, the characteristic properties of the behaviors become clear in a limiting system when a certain parameter value tends to zero. Moreover, we demonstrate that the onset of one of the spatio-temporal oscillatory patterns is an infinite-dimensional relaxation oscillation that consists of slow and fast dynamics. (C) 2014 Elsevier B.V. All rights reserved.
  • APPLICATION OF A CENTER MANIFOLD THEORY TO A REACTION-DIFFUSION SYSTEM OF COLLECTIVE MOTION OF CAMPHOR DISKS AND BOATS
    S.-I. Ei, K. Ikeda, M. Nagayama, A. Tomoeda
    MATHEMATICA BOHEMICA 139 2 363 - 371 2014年 [査読有り][通常論文]
  • Shin-ichiro Ei, Toshio Ishimoto
    NHM 8 1 191 - 209 2013年03月 [査読有り][通常論文]
  • EI Shin-Ichiro, Ishimoto.T
    Japan. J. Ind. Appl. Math. 30 69 - 90 2013年 [査読有り][通常論文]
  • Shin-Ichiro Ei, Toshio Ishimoto
    JAPAN JOURNAL OF INDUSTRIAL AND APPLIED MATHEMATICS 30 1 69 - 90 2013年 [査読有り][通常論文]
     
    It is known that for special types of reaction-diffusion Systems, such as the Gierer-Meinhardt model and the Gray-Scott model, stable stationary spike solutions exist on boundary points with maximal curvature. In this paper, we rigorously give the equation describing the motion of spike solutions along boundaries for general types of reaction-diffusion systems in R-2. We also apply the general results to the Gierer-Meinhardt model and show that a single spike solution moves toward a boundary point with locally maximal curvature. Moreover, by showing the repulsive interaction of spikes along boundaries for solutions of the Gierer-Meinhardt model, we have stable multispike stationary solutions in the neighborhood of a boundary point with locally maximal curvature.
  • Shin-Ichiro Ei, Hirofumi Izuhara, Masayasu Mimura
    DISCRETE AND CONTINUOUS DYNAMICAL SYSTEMS-SERIES B 17 6 1859 - 1887 2012年09月 [査読有り][通常論文]
     
    Two types of aggregation systems with Fisher-KPP growth are proposed. One is described by a normal reaction-diffusion system, and the other is described by a cross-diffusion system. If the growth effect is dominant, a spatially constant equilibrium solution is stable. When the growth effect becomes weaker and the aggregation effect become dominant, the solution is destabilized so that spatially non-constant equilibrium solutions, which exhibit Turing's patterns, appear. When the growth effect weakens further, the spatially non-constant equilibrium solutions are destabilized through Hopf bifurcation, so that oscillatory Turing's patterns appear. Finally, when the growth effect is extremely weak, there appear spatio-temporal periodic solutions exhibiting infinite dimensional relaxation oscillation.
  • Dynamics of pulses on a thin strip-like domain in
    EI Shin-Ichiro
    RIMS Kokyuroku Bessatsu B31 195 - 210 2012年 [査読有り][通常論文]
  • Infinite dimensional relaxation
    S.-I. Ei, H. Izuhara, M. Mimura
    RIMS Kokyuroku Bessatsu B35 31 - 40 2012年 [査読有り][通常論文]
  • The functional roles of time delay on exible phase-locking in Bipedal
    Wulin Weng, Shin-Ichiro Ei, Kunishige Ohgane
    Journal of Math-for-Industry 4 123 - 133 2012年 [査読有り][通常論文]
  • Shin-Ichiro Ei, Kota Ikeda, Yasuhito Miyamoto
    COMMUNICATIONS ON PURE AND APPLIED ANALYSIS 11 1 115 - 145 2012年01月 [査読有り][通常論文]
     
    The Gierer-Meinhardt system is a mathematical model describing the process of hydra regeneration. The authors of [3] showed that if an initial value is close to a spiky pattern and its peak is far away from the boundary, the solution of the shadow Gierer-Meinhardt system, called a interior spike solution, moves towards a point on boundary which is the closest to the peak. However it has not been studied how a solution close to a spiky pattern with the peak on the boundary, called a boundary spike solution moves along the boundary. In this paper, we consider the shadow Gierer-Meinhardt system and dynamics of a boundary spike solution. Our results state that a boundary spike moves towards a critical point of the curvature of the boundary and approaches a stable stationary solution.
  • Shin-Ichiro Ei, Kunishige Ohgane
    KYUSHU JOURNAL OF MATHEMATICS 65 2 197 - 217 2011年09月 [査読有り][通常論文]
     
    We develop a systematic method for deriving the phase dynamics of perturbed periodic solutions. The method is to regard periodic solutions as slowly modulated traveling solutions on the circle. There, problems are reduced to the perturbed problems from stationary solutions on the circle. This makes the treatment of periodic solutions far easier and systematic. We also give the rigorous proofs for this method.
  • Chao-Nien Chen, Shin-Ichiro Ei, Ya-Ping Lin, Shih-Yin Kung
    COMMUNICATIONS IN PARTIAL DIFFERENTIAL EQUATIONS 36 6 998 - 1015 2011年 [査読有り][通常論文]
     
    An article by Kondo and Asai demonstrated that the pattern formation and change on the skin of tropical fishes can be predicted well by reaction-diffusion models of Turing type. As being observed, a common pattern structure is the rearrangement of stripe pattern, and defect like heteroclinic solution appeared between the patterns with different number of stripes. We consider FitzHugh-Nagumo type reaction-diffusion systems with anisotropic diffusion. Under a sufficient condition in diffusivity, we apply variational arguments to show the existence of standing waves joining with Turing patterns.
  • Hideo Ikeda, Shin-Ichiro Ei
    PHYSICA D-NONLINEAR PHENOMENA 239 17 1637 - 1649 2010年09月 [査読有り][通常論文]
     
    We herein consider two-component reaction-diffusion systems with a specific bistable and odd symmetric nonlinearity, which have the bifurcation structure of pitchfork type traveling front solutions with opposite velocities. We introduce a spatial heterogeneity, for example, a Heaviside-like abrupt change at the origin in the space, into diffusion coefficients. Numerically, the responses of traveling fronts via the heterogeneity can be classified into four types of behavior depending on the strength of the heterogeneity, which, in the present paper, is represented by the height of the jump: passage, stoppage, and two types of reflection. The goal of the present paper is to reduce the PDE dynamics to finite-dimensional ODE systems on a center manifold and show the mathematical mechanism for producing the four types of response in the PDE systems using finite-dimensional ODE systems. The reduced ODE systems include the terms (referred to as heterogeneous perturbations) originating from the interaction between traveling front solutions and the heterogeneity, which is very important for determining the dynamics of the ODE systems. In the present paper, we succeed in calculating these heterogeneous perturbations exactly and explicitly. (C) 2010 Elsevier B.V. All rights reserved.
  • Shin-Ichiro Ei, Hiroshi Matsuzawa
    DISCRETE AND CONTINUOUS DYNAMICAL SYSTEMS 26 3 901 - 921 2010年03月 [査読有り][通常論文]
     
    In this paper we study the dynamics of a single transition layer of a solution to a spatially inhomogeneous bistable reaction diffusion equation in one space dimension. The spatial inhomogeneity is given by a function a(x). In particular, we consider the case where a(x) is identically zero on an interval I and study the dynamics of the transition layer on I. In this case the dynamics of the transition layer on I becomes so-called very slow dynamics. In order to analyze such a dynamics, we construct an attractive local invariant manifold giving the dynamics of the transition layer and we derive an equation describing the flow on the manifold. We also give applications of our results to two well known nonlinearities of bistable type.
  • Chao-Nien Chen, Shin-Ichiro Ei, Ya-Ping Lin
    SIAM JOURNAL ON APPLIED MATHEMATICS 70 8 2822 - 2843 2010年 [査読有り][通常論文]
     
    This paper deals with reaction-diffusion systems on an infinitely long strip in R-2. Through a pitchfork bifurcation, spatially heterogeneous patterns exist in a neighborhood of Turing instability. Motivated by the works of Kondo and Asai, we study wavefront solution heteroclinic to Turing patterns. It will be seen that the dynamics of a wavefront can be approximated by a fourth order equation of buckling type.
  • Xinfu Chen, Shin-Ichiro Ei, Masayasu Mimura
    NETWORKS AND HETEROGENEOUS MEDIA 4 1 1 - 18 2009年03月 [査読有り][通常論文]
     
    In the present paper, a model describing the self-motion of a camphor disc on water is proposed. The stability of a standing camphor disc is investigated by analyzing the model equation, and a pitchfork type bifurcation diagram of a traveling spot is shown. Multiple camphor discs are also treated by the model equations, and the repulsive interaction of spots is discussed.
  • Kunishige Ohgane, Shin-Ichiro Ei, Hitoshi Mahara
    APPLIED MATHEMATICAL MODELLING 33 2 797 - 811 2009年02月 [査読有り][通常論文]
     
    Based oil neurophysiological evidence, theoretical studies have shown that walking can be generated by mutual entrainment of oscillations of a central pattern generator (CPG) and a body. However, it has also been shown that the time delay in the sensorimotor loop destabilizes mutual entrainment, and results in the failure to walk. Recently, it has been reported that if (a) the neuron model used to construct the CPG is replaced by physiologically faithful neuron model (Bonhoeffer-Van der Pol type) and (b) the mechanical impedance of the body (muscle viscoelasticity) is controlled depending oil the angle between two legs, the phase relationship between CPG activity and body motion could be flexibly locked according to the loop delay and, therefore, mutual entrainment can be stabilized. That is, locomotor control adaptive to the loop delay can emerge from the coupling between CPG and body. Here, we call this mechanism flexible-phase locking. In this paper, we construct a system of coupled oscillators as a simplified model of a walking system to theoretically investigate the mechanism of flexible-phase locking, and to analyze the simplified model. The analysis suggests that the following are required as the essential mechanism: (i) an asymptotically stable limit cycle of the coupling system of CPG and body and (ii) a sign difference between afferent and efferent coupling coefficients. (C) 2007 Elsevier hic. All rights reserved.
  • Shin-Ichiro Ei, Tohru Tsujikawa
    KYBERNETIKA 45 4 625 - 633 2009年 [査読有り][通常論文]
     
    Hildebrand et al. [5, 7] proposed an adsorbate-induced phase transition model. For this model, Takei et al. [10] found several stationary and evolutionary patterns by numerical simulations. Due to bistability of the system, there appears a phase separation phenomenon and an interface separating these phases. In this paper, we introduce the equation describing the motion of two interfaces in R(2) and discuss an application. Moreover, we prove the existence of the traveling front solution which approximates the shape of the solution in the neighborhood of the interface.
  • Eigenfunctions of the adjoint operator associated with a pulse solution of some reaction-diffusion systems
    S.-I. Ei, H. Ikeda, K. Ikeda, E. Yanagida
    Bull. Inst. Math. Academia Sinica 3 603 - 666 2008年 [査読有り][通常論文]
  • Reinitialization in bipedal locomoter control
    K. Ohgane, S.-I. Ei
    RIMS Kokyuroku Bessatsu B3 207 - 230 2007年 [査読有り][通常論文]
  • A Ohgane, K Ohgane, S Ei, H Mahara, T Ohtsuki
    BIOLOGICAL CYBERNETICS 93 6 426 - 435 2005年12月 [査読有り][通常論文]
     
    An important feature of human locomotor control is the instant adaptability to unpredictable changes of conditions surrounding the locomotion. Humans, for example, can seamlessly adapt their walking gait following a sudden ankle impairment (e.g., as a result of an injury). In this paper, we propose a theoretical study of the mechanisms underlying flexible locomotor control. We hypothesize that flexibility is achieved by modulating the posture at the beginning of the stance phase-the initial state. Using a walking model, we validate our hypothesis through computer simulations.
  • SI Ei, M Kuwamura, Y Morita
    PHYSICA D-NONLINEAR PHENOMENA 207 3-4 171 - 219 2005年08月 [査読有り][通常論文]
     
    In this paper singular perturbation problems in reaction-diffusion systems are studied from a viewpoint of variational principle. The goal of the study is to provide an unified and transparent framework to understand existence, stability and dynamics of solutions with transition layers in contrast to previous works in many literatures on singular perturbation theory. (c) 2005 Elsevier B.V. All rights reserved.
  • K Ohgane, S Ei, K Kazutoshi, T Ohtsuki
    BIOLOGICAL CYBERNETICS 90 2 125 - 132 2004年02月 [査読有り][通常論文]
     
    Based on neurophysiological evidence, theoretical studies have shown that locomotion is generated by mutual entrainment between the oscillatory activities of central pattern generators (CPGs) and body motion. However, it has also been shown that the time delay in the sensorimotor loop can destabilize mutual entrainment and result in the failure to walk. In this study, a new mechanism called flexible-phase locking is proposed to overcome the time delay. It is realized by employing the Bonhoeffer-Van der Pol formalism - well known as a physiologically faithful neuronal model - for neurons in the CPG. The formalism states that neurons modulate their phase according to the delay so that mutual entrainment is stabilized. Flexible-phase locking derives from the phase dynamics related to an asymptotically stable limit cycle of the neuron. The effectiveness of the mechanism is verified by computer simulations of a bipedal locomotion model.
  • Dynamics of metastable localized patterns and its application to the interaction of spike solutions for the Gierer-Meinhardt systems in two spatial dimension
    S.-I. Ei, J. Wei
    Japan J. Ind. Appl. Math. 19 2 181 - 226 2002年 [査読有り][通常論文]
  • 2^n-splitting or Edge-splitting
    S.-I. Ei, Y. Nishiura, K. Ueda
    Japan J. Ind. Appl. Math. 18 2 181 - 205 2001年 [査読有り][通常論文]
  • Segregating pattern problem in competition-diffusion systems
    S.-I. Ei, R. Ikota, M. Mimura
    Annals of Physics 280 236 - 298 2000年 [査読有り][通常論文]
  • Singular perturbation problems to a combustion equation in very long cylindrical domains
    M. Mimura, K. Sakamoto, S.-I. Ei
    AMS/IP Studies in Advanced Math. 3 75 - 84 1997年 [査読有り][通常論文]
  • Pattern formation in heterogeneous reaction-diffusion- advection systems with an application to population dynamics
    S.-I. Ei, M. Mimura
    SIAM J. Math. Anal. 21 346 361  1990年 [査読有り][通常論文]
  • Phase separation in an activator-inhibitor medium
    M. Mimura, S.-I. Ei, M. Kuwamura
    Forma 4 65 - 73 1989年 [査読有り][通常論文]
  • The effect of non-local convection on reaction-diffusion equations
    栄 伸一郎
    Hiroshima Math. J. 17 281 - 307 1987年 [査読有り][通常論文]
  • Transient and large time behavors of solutions to heterogeneous reaction-diffusion equations
    S.-I. Ei, M. Mimura
    Hiroshima Math. J. 14 649 - 678 1984年 [査読有り][通常論文]

書籍

講演・口頭発表等

  • Motion of pulses for reaction diffusion systems from the viewpoint of adjoint eigenfunctions  [招待講演]
    栄 伸一郎
    survey talk in China-Japan Workshop for Young Researchers on Nonlinear Diffusion Equations 2019年10月 School of Mathematical Sciences, Capital Normal University, Beijing, China.
  • Pulse Dynamics in FitzHugh-Nagumo Systems on Heterogeneous Media  [招待講演]
    栄 伸一郎
    Colloquium in Capital Normal University 2019年10月 首都師苑大学新教二楼527教室
  • 反応拡散系におけるパルスの挙動  [招待講演]
    栄 伸一郎
    非線形偏微分方程式の理論と応用 2019年09月 北海道大学応用科学フロンティア棟2階鈴木章ホール 
    日時:2019年9月9日(月)~9月11日(水)
  • 分化の波の数理モデルとその解析  [招待講演]
    栄 伸一郎
    「数理が紡ぐ新しい科学研究」連携ワークショップ第一回 ・生命医科学と数理科学・ 2019年08月 北海道大学フロンティア応用科学研究棟 1階セミナー室 
    日時 2019年(令和元年)8月19日・20日
  • Effective nonlocal kernels on Reaction-diffusion networks  [招待講演]
    栄 伸一郎
    Mathematical modeling, simulations and theories related to biological phenomena - Part 2, ICIAM2019 2019年07月 
    ICIAM2019, JULY 15-19, Valencia, Spain.
  • Dynamics of Pulses for Mass-Conserved Reaction-Diffusion Systems Related to Cell Polarity, MS169 Recent Developments in Dynamics of Localized Patterns - Part II of II  [招待講演]
    栄 伸一郎
    SIAM Conference on Applications of Dynamical Systems (DS19) 2019年05月 
    May 19 - 23, 2019
  • Motion of a Pulse for Mass-Conserved Reaction-Diffusion Systems Related to Cell Polarity  [招待講演]
    栄 伸一郎
    Workshop on Emerging Areas in Reaction-diffusion Systems:Mathematical Theory and Applications to Physics, Biology and Social Sciences 2019年04月 華東師範大学(上海市)
  • 質量保存則を持つ反応拡散系におけるパルスの運動  [招待講演]
    栄 伸一郎
    非線形現象の数理解析 ~池田勉先生退職記念研究会~ 2019年03月 北海道大学電子科学研究所中央キャンパス総合研究棟2号館5階講義室 石渡哲哉(芝浦工業大学)長山雅晴(北海道大学)森田善久(龍谷大学)
     
    日時:2019年3月27日(水)10: 00-17: 00
  • 分化の波を通して見る数理モデル構築と解析のための新しい試み  [招待講演]
    栄 伸一郎
    CREST・さきがけ数学関連領域合同シンポジウム「数学パワーが世界を変える 2019」 2019年03月 東京ガーデンパレス3階平安/白鳳(ポスター会場) 文部科学省, 九州大学, 国立研究開発法人科学技術振興機構
  • 非一様媒質上のフロント解のダイナミクス  [招待講演]
    栄 伸一郎
    反応拡散系のパターンダイナミクス2 2019年03月 富山大学理学部8121
  • Motion of a pulse for mass-conserved reaction-diffusion systems  [招待講演]
    栄 伸一郎
    反応拡散方程式と非線形分散型方程式の解の挙動 RIMS共同研究(グループ型 2019年02月 京都大学数理解析研究所111号室 
    研究代表者北直泰(熊本大学大学院先端科学研究部) 副代表者辻川亨(宮崎大学工学教育研究部), 日時:2019年2月20日(水)13: 30 -2月22日(金)12: 00, 場所:京都大学数理解析研究所111号室,
  • 分化の波の数理モデルとその球面上への拡張  [招待講演]
    栄 伸一郎
    反応拡散系と実験の融合 2 2019年02月 石川県政記念しいのき迎賓館 セミナールームB 栄伸一郎(北海道大学・理学研究院, 長山雅晴(北海道大学・電子科学研究
     
    日時:2019年2月18日(月)16:00~2月20日(水)18:00 文部科学省委託事業 AIMaP (受託拠点:九州大学 IMI)
  • 質量保存則を持つ反応拡散系におけるパルスの運動  [通常講演]
    栄 伸一郎
    WS 反応拡散系のパターン形成とその応用 2019年02月 岡山大学津島キャンパス理学部2号館第9講義室(4階) 
    日程:2019年2月16日-17日 世話人:谷口雅治(岡山大学),下條昌彦(岡山理科大学),物部治徳(岡山大 学)
  • Interaction of non-radially symmetric camphor particles  [招待講演]
    栄 伸一郎
    PDE seminar in Ting Hua University 2019年01月
  • Interaction of Pulses for Mass-conserved Reaction-diffusion Systems Related to Cell Polarity  [招待講演]
    栄 伸一郎
    PDE seminar in Ting Hua University 2019年01月
  • 質量保存則を伴う反応拡散モデルにおけるパルスの運動について  [通常講演]
    栄 伸一郎
    函館応用数理解析セミナー 2017年12月 公立はこだて未来大学 595 講義室
  • Motion of a pulse for mass conserved reaction-diffusion systems related to cell polarity  [通常講演]
    栄 伸一郎
    PDE seminar 2017年11月 口頭発表(一般) Chinese Academy of Science
  • Introduction to the analysis of pulse interaction problems,Introductory Lecture  [通常講演]
    栄 伸一郎
    2017年11月 口頭発表(招待・特別) Capital Normal University in Beijing
  • The motion of a spot in two dimensional bounded domain  [通常講演]
    栄 伸一郎
    2017年11月 Capital Normal University in Beijing 
    Capital Normal University in Beijing on 10th Nov. 2017
  • Motion of a Pulse for Mass-conserved Reaction-diffusion Systems Related to Cell Polarity  [通常講演]
    栄 伸一郎
    2017 NCTS Workshop on Partial Differential Equations 2017年06月 口頭発表(招待・特別) 2017 Lecture Room B, 4F, The 3rd General Bldg., NTHU.
  • Motion of a pulse for mass conserved reaction-diffusion systems related to cell polarity  [招待講演]
    栄 伸一郎
    MIMS The International Conference on “Reaction-diffusion system,theory and applications" 2017年03月 Meiji University (17th, 18th at Nakano Campus, 19th at Surugadai Campus)
  • Motion of pulse solution to a reaction-diffusion system with conservation of mass  [通常講演]
    栄 伸一郎
    Mathematical Analysis on Nonlinear PDEs 2017年01月 口頭発表(招待・特別) Tohoku University, Sendai, Japan 
    January 6 - 8, 2017
  • Multi-peak localized solutions for reaction-diffusion systems on two dimensional curved surface  [招待講演]
    栄 伸一郎
    The Second Workshop on Differential Geometry and Differential equations 2016年11月 口頭発表(招待・特別) Chinese Classics Building, Renmin University of China (on the west to the Library) 
    November 12 - 14,2016
  • Effect of boundaries on the motion of a spot solution in a two dimensional domain  [通常講演]
    栄 伸一郎
    Reaction-Diffusion Systems in Mathematics and Biomedecine 2016年09月 口頭発表(招待・特別) illa Clythia, Fr´ejus, France 
    September 19-23, 2016
  • Pulse interaction in modified FitzHugh-Nagumo equations  [招待講演]
    栄 伸一郎
    Mathematics of Pattern Formation 2016年09月 口頭発表(招待・特別) Mathematical Research and Conference Center in B?dlewo, Poland 
    Thursday Sept. 15, 9:50 - 10:30
  • 心筋細胞における脈動パルスの構成に向けて渦の特徴付け  [通常講演]
    栄 伸一郎
    2016年07月 口頭発表(招待・特別) 北海道大学理学部4号館5階501室講義室 儀我美一(東京大学)、吉田善章(東京大学)、神保秀一(北海道大学)
     
    開催日時:2016年7月25日(月)~27日(水)
  • Effect of boundaries on the motion of a spot solution in a two dimensional domain  [通常講演]
    栄 伸一郎
    Joint Australia-Japan workshop on dynamical systems with applications in life sciences 2016年07月 口頭発表(一般) Brisbane, Queensland, Australia 
    Joint Australia-Japan workshop on dynamical systems with applications in life sciences 18 July - 21 July, 2016, Queensland University of Technology, Brisbane, Queensland, Australia Thursday 21 July: O-603 (level 6, O-block) 9:00am - 10:00am
  • Pulse dynamics of modified FitzHugh-Nagumo equation  [通常講演]
    栄 伸一郎
    仙台応用数学研究集会 2016年03月 口頭発表(招待・特別) 東北大学川井ホール
  • Pulse dynamics of modified FitzHugh-Nagumo equation  [通常講演]
    栄 伸一郎
    2015 NCTS Workshop on Partial Differential Equations and Applied Mathematics 2015年12月 口頭発表(招待・特別) Room B, NCTS, Tsing-Hua University, Hsinchu, Taiwan
  • 不安定化がパターンを生む  [通常講演]
    栄 伸一郎
    第67 回白石記念講座 2015年11月 早稲田大学西早稲田キャンパス 63号館 2階会議室 日本鉄鋼協会
  • Shape-dependent motion of interacting camphor  [通常講演]
    栄 伸一郎
    he 16th RIES-Hokudai International Symposium 2015年11月 Chateraise Gateaux Kingdom Sapporo (CGKS)
  • Interaction of asymmetric solutions in two dimensional spaces Part I, II  [通常講演]
    栄 伸一郎
    第5回室蘭非線形解析研究会 2015年11月 室蘭工業大学 教育・研究2号館(Q棟)4階 数学ゼミナール室(Q402)
  • Pulse dynamics of modified FitzHugh-Nagumo equation  [通常講演]
    栄 伸一郎
    ICMMA 2015, Self-organization, Modeling and Analysis 2015年10月 Nakano Campus, Meiji University
  • Shape-dependent motion of interacting camphors:理論と実験 Part I  [通常講演]
    栄 伸一郎
    RIMS研究集会「 生物現象におけるパターン形成と数理」 2015年10月 京都大学 数理解析研究所 111号室(京都市左京区北白川追分町) 代表:池田 幸太(明治大学),副代表:鈴木 香奈子(茨城大学)
  • 不安定化がパターンを生む  [通常講演]
    栄 伸一郎
    鉄鋼インフオマティクス研究会第 6回研究会プログラム 2015年09月 口頭発表(招待・特別) 九州大学伊都キャンパスマスフォインダストリ研究所
  • Pulse dynamics of modified FitzHugh-Nagumo equation  [通常講演]
    栄 伸一郎
    2015 CMC-KMRS Mathematical Biology Conference on Cross-diffusion, chemotaxis,and related problems 2015年07月 KAIST (Korea Advanced Institute of Science and Technology)Daejeon, Korea
  • Weak interaction of wavefronts in FitzHugh-Nagumo systems  [通常講演]
    栄 伸一郎
    パターン生成とダイナミクスの解構造の探求 2015年06月 口頭発表(招待・特別) 北海道大学 学術交流会館
  • 楕円樟脳運動について-Motion of elliptic camphors  [通常講演]
    栄 伸一郎
    2015年03月 3-202, the 3rd building of Faculty of Science(Science Bldg #3)
  • 楕円樟脳運動について  [通常講演]
    栄 伸一郎
    北陸応用数理研究会2015 2015年02月 金沢大学サテライト・プラザ(金沢市西町教育研修館内)3階集会室 中村健一(金沢大学数物科学系)池田榮雄(富山大学理学研究科)長山雅晴(北海道大学電子科学研究所)
  • Motion of interacting camphors  [通常講演]
    栄 伸一郎
    第1 6 回北東数学解析研究会 2015年02月 東北大学理学部川井ホール
  • Motion of interacting camphors  [招待講演]
    栄 伸一郎
    第2回拡散に付随する数理科学セミナー 2015年01月 九州大学・産学官連携本部産学官連携イノベーションプラザ2階セミナールーム
  • Motion of interacting camphors  [通常講演]
    栄 伸一郎
    2014 NCTS Applied Math. & PDE Seminar 2014年12月 Lecture Room B of NCTS 4th Floor, The 3rd General Building, National Tsing Hua University, Taiwan
  • 栄 伸一郎
    「数学と現象:Mathematics and Phenomena in Miyazaki 2014」(略称:MPM2014) 2014年11月 宮崎大学(木花キャンパス)工学部B棟2階 B209講義室
  • Motion of patterns on a curved surface-曲面上におけるパターンの運動  [通常講演]
    栄 伸一郎
    日本植物学会第78回大会 2014年09月 明治大学生田キャンパス 
    細胞・組織における凹凸が生まれる機構とその意義
  • 反応拡散系におけるパルスの相互作用について  [通常講演]
    栄 伸一郎
    語ろう数理解析 8月のセミナー 2014年08月 芝浦工業大学 大宮キャンパス 5号館5541教室
  • 化学反応系に現れるスパイラル波への数学的アプローチについて  [通常講演]
    栄 伸一郎
    渦の特徴付け研究集会 2014年07月 北海道大学理学部4号館5階501室講義室
  • Pulse dynamics for FitzHugh-Nagumo equation on heterogeneous media  [通常講演]
    栄 伸一郎
    mini-workshop on Modeling, Simulation & Analysis of Pattern Formation 2014年07月 口頭発表(招待・特別) Kawai Hall, Tohoku University
  • Pulse dynamics for FitzHugh-Nagumo equation on heterogeneous media  [通常講演]
    栄 伸一郎
    第 1 回 北大 MMC & 旭川医大 L&M 合同セミナー 2014年07月 旭川医科大学 講義実習棟 3F, 化学教室内
  • Pulse dynamics in FitzHugh-Nagumosystems on heterogeneous media  [通常講演]
    栄 伸一郎
    Special Session 08 Emergence and Dynamics of Patterns in Nonlinear Partial Differential Equations from Mathematical Science 2014年07月 口頭発表(招待・特別) Madrid, Spain, The Universidad Aut´onoma de Madrid (UAM)
  • Interaction of deformed pulses in two dimensional spaces  [通常講演]
    栄 伸一郎
    第26回HMMCセミナー 2014年05月 北海道大学電子科学研究所5階講義室
  • 反応拡散系における解の様々な挙動について  [通常講演]
    栄 伸一郎
    北海道大学第1回数学教室談話会 2014年05月 北海道大学理学研究院 若手研究者交流室)
  • Dynamics of localized solutions for reaction-diffusion systems in two dimensional domains  [通常講演]
    栄 伸一郎
    首都大学東京解析セミナー 2014年02月 首都大学東京
  • Motion of pulses for FitzHugh-Nagumo equation on heterogeneous media  [通常講演]
    栄 伸一郎
    非線形問題に現れる特異性の解析 (SNP2013Winter) 2014年01月 関西セミナーハウス
  • Dynamics of pulses for FHN on heterogeneous media  [通常講演]
    栄 伸一郎
    反応拡散系のパターンダイナミクス 2013年11月 富山大学理学部多目的ホール
  • 進行パルスの領域依存性について  [通常講演]
    栄 伸一郎
    第8回 金沢解析セミナー (Kanazawa Analysis Seminar) 2013年11月 口頭発表(招待・特別) 金沢大学自然科学5号館 コロキウム室 3(数学・管理棟 4階471)
  • Dynamics of Localized Solutions for Reaction-Diffusion Systems on Curved Surface  [通常講演]
    栄 伸一郎
    2013 NIMS-KMRS PDE Conference on reaction diffusion equations for ecology and related problems 2013年10月 口頭発表(招待・特別) KAIST(Korea Advanced Institute of Science and Technology Daejeon, Korea
  • Dynamics of Localized patterns for Reaction-Diffusion Systems on a Curved Surface  [通常講演]
    栄 伸一郎
    2013年10月 口頭発表(招待・特別) 彰化大学
  • 2次元領域におけるスポット解の運動について  [通常講演]
    栄 伸一郎
    日本応用数理学会2013年度年会 2013年09月 アクロス福岡 4F 国際会議場
  • Dynamics of Localized patterns for Reaction-Diffusion Systems on a Curved Surface  [通常講演]
    栄 伸一郎
    Workshop on Mathematical Modelling and Analysis in the Life Sciences 2013年06月 口頭発表(招待・特別) Carry-le-Rouet, France
  • Dynamics of Localized Solutions for Reactiondiffusion Systems on Curved Surface  [通常講演]
    栄 伸一郎
    IMA Special Workshop Joint US-Japan Conference for Young Researchers on Interactions among Localized Patterns in Dissipative Systems 2013年06月 IMA Keller Hall 3-180
  • 栄 伸一郎
    ミニシンポジウム「植物の遺伝子発現の移動波パターンの実験と数理」 2012年11月 理化学研究所 本館5階 セミナー室(535,537)
  • Renormalization-Group approach to the movement of interacting pulses  [通常講演]
    栄 伸一郎
    くりこみ群の応用とその周辺 2012年09月 富山大学五福キャンパス 理学部 B121
  • Dynamics of localized solutions for reaction-diffusion systems on two dimensional domain,Nonlinear Partial Differential Equations,Dynamical Systems and Their Applications{in honor of Professor Hiroshi Matano on the occasion of his 60th birthday  [通常講演]
    栄 伸一郎
    2012年09月 Room 420, Research Institute for Mathematical Sciences, Kyoto University
  • Dynamics of localized solutions for reaction-diffusion systems in two-dimensional domains  [通常講演]
    栄 伸一郎
    Turing Symposium on Morphogenesis--Mathematical Approaches Sixty Years after Alan Turing 2012年08月 仙台国際センター
  • 無限次元空間における弛緩振動  [通常講演]
    栄 伸一郎
    京都駅前セミナー~非線形現象の数理を考える~ 2012年02月 キャンパスプラザ京都 6階第7講習室(JR 京都駅ビル駐車場西側 京都郵便局西側)
  • Infinite dimensional relaxation oscillation in a two mode randomly walking model with growth  [通常講演]
    栄 伸一郎
    「科学計算の信頼性とその周辺に関するワークショップ」(Workshop on reliability in scientific computing and related topics) 2011年11月 長崎県佐世保市(西海パールシーリゾート内の施設)
  • 栄 伸一郎
    非線形ダイナミクスからのアプローチ 2011年11月 東京大学大学院数理科学研究科 
    総合討論者として講演
  • Infinite dimensional relaxation oscillation  [通常講演]
    栄 伸一郎
    LOCALIZED MULTI-DIMENSIONAL PATTERNS IN DISSIPATIVESYSTEMS: THEORY, MODELING, AND EXPERIMENTS 2011年07月 BIRS, Banff, Canada
  • パターン形成の数理的メカニズムについて  [通常講演]
    栄 伸一郎
    首都大・大学院GP事業連携プロジェクト「非線形システムにおけるパターン形成と制御の数理モデル・数値シミュレーション」 2011年06月 首都大学東京
  • Dynamics of pulses in two dimensional thin domain  [通常講演]
    栄 伸一郎
    The 3rd Kyushu University-POSTECH Joint Workshop- Partial Differential Equations and Fluid Dynamics 2011年06月 POSTEC, Korea
  • Dynamics of pulses in two dimensional thin domain  [通常講演]
    栄 伸一郎
    Far-From-Equilibrium Dynamics 2011年01月 京都大学 数理解析研究所および芝蘭会館
  • Dynamics of pulses in two dimensional thin domains  [通常講演]
    栄 伸一郎
    「非線形問題に現れる特異性の解析 (SNP2010)」 2010年11月 関西セミナーハウス,京都市左京区一乗寺竹ノ内町23
  • 細い領域上におけるパルス解の運動について  [通常講演]
    栄 伸一郎
    「数値解析と計算の信頼性評価」 2010年11月 ハウステンボス ユトレヒト第5会議室
  • 境界条件がダイナミクスに与える影響について  [通常講演]
    栄 伸一郎
    非線形数理レクチャーシリーズ,2010 2010年06月 東北大学理学部数理科学記念館(川井ホール)24号室
  • 周期軌道に対する位相方程式の導出についての考察  [通常講演]
    栄 伸一郎
    第9回機械工学における力学系理論の応用に関する研究会 2010年03月 慶應義塾大学理工学部(矢上キャンパス)セミナールーム3(14棟2階203室)
  • The effect of boundary conditions to the pulse dynamics  [通常講演]
    栄 伸一郎
    ミニワークショップ「反応拡散系をめぐる最近の話題」 2010年02月 京都産業大学12号館4F12421号室
  • The effect of boundary conditions to the dynamics of pulse solutions for reaction-diffusion systems  [通常講演]
    栄 伸一郎
    2009年12月 数学教室 彰化師範大学 (Changua University) 台湾
  • Effect of boundary conditions on the dynamics of a pulse solution for reaction-diffusion systems  [通常講演]
    栄 伸一郎
    「微分方程式の総合的研究」 2009年12月 東京大学大学院数理科学研究科 大講義室および056号室
  • The effect of boundary conditions to the pulse dynamics  [通常講演]
    栄 伸一郎
    「第五回 非線型の諸問題」 2009年09月 長崎商工会議所 第一第二会議室
  • The effect of boundary conditions to the dynamics of pulse solutions for reaction-diffusion systems  [通常講演]
    栄 伸一郎
    第34回偏微分方程式論札幌シンポジウム 2009年08月 北海道大学理学部5号館大講義室 (203号室)
  • The dynamics of boundary spikes for reaction-diffusion systems in 2D  [通常講演]
    栄 伸一郎
    2nd International conference on Reaction-diffusion systems and viscosity solutions 2009年07月 Department of applied mathematics, Providence University, Taiwan
  • 自己複製ダイナミクスの数理  [通常講演]
    栄 伸一郎
    RIMS研究集会, 散逸系の数理 -パターンを表現する漸近解の構成- 2009年06月 京都大学数理解析研究所420号室
  • The effect of boundary conditions to the pulse dynamics  [通常講演]
    栄 伸一郎
    Reaction-Diffusion Systems: Modeling and Analysis 2009年06月 ReaDiLab Conference in Orsay (France)
  • Dynamics of boundary spikes for Gierer-Meinhardt model in 2D  [通常講演]
    栄 伸一郎
    Verified Computation of Solutions for Partial Differential Equations and Related Topics 2009年05月 口頭発表(招待・特別) The Hong Kong Polytechnic University
  • Interaction of deformed pulses in two dimensional spaces  [通常講演]
    栄 伸一郎
    非線形問題に現れる特異性の解析 (SNP2008) 2008年12月 関西セミナーハウス,京都市左京区一乗寺竹ノ内町23
  • 不均一拡散場におけるフロント解のダイナミクスについて  [通常講演]
    栄 伸一郎
    友枝先生還暦記念研究集会 2008年11月 神戸インスティチュート
  • Motion of a transition layer in heterogeneous environment  [通常講演]
    栄 伸一郎
    九州大学数値解析セミナー (Q-NA) 2008年11月 金沢市大手町 2-23 KKRホテル金沢
  • The motion of a transition layer for a bistable reaction diffusion equation in one dimensional space with heterogeneous environment,Mathematical Understanding of Complex Systems arising in Biology and Medicine  [通常講演]
    栄 伸一郎
    CNRS Japan-France LIA ReaDiLab 2008年08月 明治大学紫紺館, 神田 - お茶の水, 中央区, 東京
  • Dynamics of Pulses Constructed by Front Interaction  [通常講演]
    栄 伸一郎
    NSCセミナー 2008年08月 北海道大学電子科学研究所
  • 周期解の位相ダイナミクスの導出法とその応用  [通常講演]
    栄 伸一郎
    日本数学会応用数学特別セッション 「結合振動子系の数理」 -力学系としての構造解明と応用を目指して- 2008年03月 近畿大学本部キャンパス 17号館304号室(第VII会場) 
    日本数学会年会
  • The dynamics of spikes along boundaries in two dimensional space  [通常講演]
    栄 伸一郎
    首都大学東京 数理解析小研究集会 2008年03月 首都大学東京(南大沢キャンパス) 8号館 6階 610号室
  • 「非線形偏微分方程式系におけるマルチスケール現象の数理」  [通常講演]
    栄 伸一郎
    第三回 九州大学 産業技術数理研究センター ワークショップ [兼 第三回 連成シミュレーションフォーラム] 「自然現象における階層構造と数理的アプローチ」 2008年03月 九州大学 情報基盤研究開発センター 3階 多目的講習室 
    Hierarchical Structures in Nature: how we can approach them in mathematics
  • 埼玉大学数学教室集中講義 数学特別講義 XI および解析学特論 VI  [通常講演]
    栄 伸一郎
    2008年01月 埼玉大学 
    2008.1.21 - 24.
  • Boundary spikes for reaction-diffusion systems II  [通常講演]
    栄 伸一郎
    Dynamics of boundary spikes, Workshop 非線形問題に現れる特異性の解析 SNP2007 2007年11月 関西セミナーハウス (京都)
  • 反応拡散系におけるパターンダイナミクス  [通常講演]
    栄 伸一郎
    ミニシンポジウム「生物系の理論考察のための数学的手法」 2007年10月 京都大学数理解析研究所4F420室 三村昌泰
     
    研究集会「生物数学の理論とその応用」
  • The dynamics of boundary spikes for reaction-diffusion systems in space dimension 2  [通常講演]
    栄 伸一郎
    Mathematical modeling and analysis in biological and chemical systems 2007年09月 ReaDiLab Conference in Orsay & IHES (France)
  • Interface Equations for Reaction-Diffusion Systems Near Critical Point  [通常講演]
    栄 伸一郎
    SIAM Conference on Applications of Dynamical Systems 2007年05月 Snowbird 
    MS70 Theory and Applications of Renormalization Group Methods
  • 緩く曲がった境界上のパルス解の運動について  [通常講演]
    栄 伸一郎
    京都大学理学部数学談話会 2007年04月 京都大学
  • On the validity of mean curvature flow for weakly curved interfaces in reaction-diffusion systems with balanced bistable nonlinearity  [通常講演]
    栄 伸一郎
    関数方程式セミナー 2007年01月 九州大学六本松キャンパス 4号館3階313号室
  • Dynamics of Pulses Constructed by Front Interaction  [通常講演]
    栄 伸一郎
    Internal conference on RD and Viscosity solutions 2007年01月 Providence University, Taiwan
  • Interface Equations for Reaction-Diffusion Systems Near Critical Point  [通常講演]
    栄 伸一郎
    Workshop on Reaction-Diffusion: Theory & Applications 2006年12月 Lecture Room: M210, Math Building, NTNU (Ting Chou Road’s Campus)
  • 横浜市大学生セミナー  [通常講演]
    栄 伸一郎
    2006年11月 横浜市立大学理科館4F大演習室
  • Front dynamics in reaction-diffusion systems  [通常講演]
    栄 伸一郎
    京都解析コロキウム 2006年10月 京都大学理学部1号館5F516号室
  • 反応拡散系における解のさまざまな挙動について 及びパルス解ダイナミクスへの理論的アプローチ  [通常講演]
    栄 伸一郎
    東北大学理学研究科大学院GPプログラム 2006年10月 
    サーベイレクチャーズ(非線形の解析) 10/11、10/13
  • Dynamics of front solutions in heterogeneous media  [通常講演]
    栄 伸一郎
    the Conference "Dynamics of nonlinear waves" 2006年04月 Groningen University, Groningen
  • The dynamics of boundary spikes for reaction-diffusion systems in space dimension 2  [通常講演]
    栄 伸一郎
    埼玉大学数学教室談話会 2006年01月 埼玉大学
  • Dynamics of front solutions in heterogeneous media  [通常講演]
    栄 伸一郎
    龍谷数理科学セミナー 2005年12月 龍谷大学理工学部1号館534号室 滋賀県大津市瀬田
  • Dynamics of front solutions of reaction-diffusion systems with bistable nonlinearity  [通常講演]
    栄 伸一郎
    国際研究集会「Mathematical analysis of complex phenomena in life sciences」 2005年10月 東京大学大学院数理科学研究科棟大講義室
  • 反応拡散系におけるパルスの相互作用について  [通常講演]
    栄 伸一郎
    日本数学会秋季大会企画特別講演 2005年09月 岡山大学
  • The motion of fronts in heterogeneous reaction-diffusion systems  [通常講演]
    栄 伸一郎
    2005年08月 Providence University, Taiwan
  • A Variational Approach to Singular Perturbation Problems  [通常講演]
    栄 伸一郎
    2005年08月 数学教室 彰化師範大学
  • Interacting pulses in reaction diffusion systems  [通常講演]
    栄 伸一郎
    2005年08月 数学教室 彰化師範大学
  • パターンを数理的に見る  [通常講演]
    栄 伸一郎
    公開講座「現代数学入門 2005年08月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 九州大学 箱崎キャンパス 国際ホール
  • Dynamics of Turing patterns for reaction-diffusion systems in a cylindrical domain on 2D  [通常講演]
    栄 伸一郎
    2005年08月 Feng Chia University,Taiwan
  • Dynamics of spiral solutions for reaction-diffusion systems with bistable nonlinearity  [通常講演]
    栄 伸一郎
    第14回日本数学会国際研究集会「漸近解析と特異性」 2005年07月 仙台国際ホールセンター
  • A variational approach to singular perturbation problems  [通常講演]
    栄 伸一郎
    金沢HMCセミナー 2004年11月 金沢大学サテライトプラザ3階講義室
  • Dynamics of pulse solutions in reaction-diffusion systems  [通常講演]
    栄 伸一郎
    「非線形波動の物理と数理構造」 2004年11月 九州大学筑紫地区総合研究棟(C-CUBE) 1F 筑紫ホール
  • Dynamics of patterns in reaction-diffusion systems on two dimensions  [通常講演]
    栄 伸一郎
    Nonlinear PDE symposium 2004年11月 台湾 Academia Sinica
  • A variational approach to singular perturbation problems  [通常講演]
    栄 伸一郎
    2004年11月 台湾 清宣大学応用数学教室
  • Dynamics of Turing patterns for reaction-diffusion systems in a cylindrical domain on 2D  [通常講演]
    栄 伸一郎
    「Hyperbolic problems, Theory, Numerics, Applications」 2004年09月 万博記念会場
  • 反応拡散方程式系に現れるパルスの挙動  [通常講演]
    栄 伸一郎
    九州大学物理学セミナー 2004年07月 九州大学 理学部2号館1F
  • Dynamics of Turing patterns in cylindrical domains on 2D  [通常講演]
    栄 伸一郎
    京都大学数理解析研究所研究集会「流体と気体の数学解析」 2004年07月 京都大学数理解析研究所4階420号室
  • 反応拡散方程式系に現れるパターンのダイナミクス  [通常講演]
    栄 伸一郎
    神戸大学理学部解析セミナー 2004年07月 神戸大学
  • Dynamics of Turing patterns in cylindrical domains on 2D  [通常講演]
    栄 伸一郎
    NCTS 2004 Workshop on Reaction-Diffusion Equations and Related Topics 2004年05月 Lecture Room A of NCTS, 4th Floor, The 3rd General Building National Tsing Hua University, Hsinchu.Taiwan
  • 散逸構造特論  [通常講演]
    栄 伸一郎
    横浜市立大学総合理学研究科集中講義 2004年05月 横浜市立大学
  • 反応拡散方程式系に現れるパルスの挙動  [通常講演]
    栄 伸一郎
    九州大学関数方程式セミナー 2004年04月 九州大学 六本松分室・4号館3階313号室
  • Dynamics of Turing Patterns for Reaction-Diffusion Systems in a Cylindrical Domain in 2D  [通常講演]
    栄 伸一郎
    Mathematical Understanding of Invasion Processes in Life Sciences 2004年03月 CIRM, Luminy, France
  • 2次元帯状領域におけるTuringパターン  [通常講演]
    栄 伸一郎
    Hakozaki Workshop on Applied and Numerical Analysis 2004年01月 九州大学理学部3号館1F3110, 3112号室
  • 2次元帯状領域におけるパターンの運動  [通常講演]
    栄 伸一郎
    反応拡散方程式系におけるパターン形成と漸近的幾何構造の研究 2003年10月 京都大学数理解析研究所 1F115号室 代表 坂元 国望
     
    副代表
  • The dynamics of patterns for reaction-diffusion systems in a cylindrical domain in 2D  [通常講演]
    栄 伸一郎
    盛岡 応用数学 小研究集会 2003年10月 岩手大学 人文社会科学部 1号館2階 会議室
  • The dynamics of patterns for reaction-diffusion systems in a cylindrical domain in 2D  [通常講演]
    栄 伸一郎
    BIRS Workshops: Defects and their Dynamics and Localization Behavior in Reaction-Diffusion Systems and Applications to the Natural Sciences 2003年08月 Banff Center Banff Canada
  • 周期解の新しい取り扱い方  [通常講演]
    栄 伸一郎
    第8回現象数理学セミナー 2003年06月 広島大学理学部棟A124室
  • 2次元シリンダー領域におけるパターンの運動について  [通常講演]
    栄 伸一郎
    第60回広島数理解析セミナー 2003年06月 広島大学理学部 B707
  • 2次元シリンダー領域におけるパターンの運動について  [通常講演]
    栄 伸一郎
    応用解析セミナー 2003年04月 東京大学 数理科学研究科棟(駒場)122号室
  • 反応拡散型方程式に現れるパターンとその運動  [通常講演]
    栄 伸一郎
    2003年03月 慶応大学先端生命研究所
  • パルス解の色々な挙動について - New Billiard Problem -  [通常講演]
    栄 伸一郎
    第20回九州における偏微分方程式研究集会 2003年01月 九州大学国際交流ホール
  • A new type of the Billiard problem arising from reaction-diffusion systems  [通常講演]
    栄 伸一郎
    Workshop on Dynamics of Nonlinear waves 2003年01月 Oberwolfach, Germany
  • 反応拡散方程式系における動的パターンの解析とその周辺  [通常講演]
    栄 伸一郎
    京都大学数理解析研究所共同研究集会 2002年11月 
    研究代表者 11/25-11/28
  • 反応拡散方程式系におけるパルス状局在解のダイナミクス I, II  [通常講演]
    栄 伸一郎
    関数方程式と数理モデル 2002年11月 京都大学 数理解析研究所 115号室
  • Dynamics of Pulses in Reaction-Diffusion Systems  [通常講演]
    栄 伸一郎
    界面ダイナミクスを再現する数値解析法の開発と実験分野への応用についてII 2002年07月 神戸インスティチゥート
  • Pulse dynamics near a critical point in reaciton-diffusion systems  [通常講演]
    栄 伸一郎
    Workshop on "Singular limit analysis of reaciton-diffusion systems 2002年07月 L'Aquila Univ. L'Aquila Italy
  • Dynamics of pulses in reaciton-diffusion systems  [通常講演]
    栄 伸一郎
    材料科学におけるパターン形成の数理 研究会 2002年06月 広島大学学士会館(会議室 I)
  • 特異点近傍におけるパルス解の挙動について  [通常講演]
    栄 伸一郎
    非線形現象の解析:実験と数理解析 2002年03月 数理解析研究所
  • Dynamics of pulse-like localized pattern in higher dimension  [通常講演]
    栄 伸一郎
    Traveling waves: Theory and Applications 2001年10月 神戸インスティチュート
  • パルス状局在パターンのダイナミクスについて  [通常講演]
    栄 伸一郎
    非線形数理」秋の学校 2001年09月 東工大 大岡山キャンパス西8号館W1008号室
  • Pulse dynamics approach to the analysis on the self-replicating behavior  [通常講演]
    栄 伸一郎
    Patterns and Waves - Mathematics and NonlinearChemistry 2001年08月 Lorentz Center Leiden
  • Invariant manifold and its application to the pulse dynamics  [通常講演]
    栄 伸一郎
    Workshop on "Asymptotics and Dynamics in Nonlinear Diffusive Systems 2001年06月 龍谷大学瀬田キャンパス REC棟小ホール
  • 反応拡散方程式系に現れる局在解の運動について  [通常講演]
    栄 伸一郎
    日本数学会年会 函数方程式論分科会特別講演 2001年03月 慶応義塾大学理工学部第Ⅱ会場
  • Dynamics of pulses in reaction-diffusion systems,Singular limits of reaction-diffusion systems: Interfaces and spikes  [通常講演]
    栄 伸一郎
    2001年03月 Lorentz Center, Leiden, Holland
  • 進行パルスの波の自己分裂  [通常講演]
    栄 伸一郎
    2001年02月 北海道大学電子科学研究所 5F N502号室
  • 反応拡散系におけるパルス解のダイナミクスについて  [通常講演]
    栄 伸一郎
    文部省科学研究費特定領域研究(B)11214101公開シンポジウム 2001年02月 東京大学数理科学研究科大講堂
  • 反応拡散方程式系に現れる局在解の挙動について  [通常講演]
    栄 伸一郎
    東京工業大学数学教室セミナー 解析セミナー 2000年12月 東京工業大学 本館H224A
  • Dyanamics of pulse solutions in reaction-diffusion systems  [通常講演]
    栄 伸一郎
    「非線形問題に現れる特異性の解析 2000」 2000年12月 関西セミナーハウス
  • 反応拡散方程式系に現れる局在解の運動について  [通常講演]
    栄 伸一郎
    「界面現象に対する実験解析・数値解析・数学解析についてII」 2000年11月 神戸インスティチュート
  • 反応拡散方程式のパルス解の挙動について  [通常講演]
    栄 伸一郎
    東京工業大学数学教室セミナー 大岡山談話会 2000年11月 東京工業大学 本館H334室
  • 反応拡散方程式に現れる局在解のダイナミクス  [通常講演]
    栄 伸一郎
    日本応用数理学会特別講演 2000年10月 東京工大西3号館
  • Dynamics of localized solutions in reaction-diffusion systems  [通常講演]
    栄 伸一郎
    The first east Asia Symposium on Nonlinear PDE 2000年09月 国際高等研究所
  • Dynamics of interacting pulses in reaction-diffusion systems  [通常講演]
    栄 伸一郎
    Organized session "Pulse dynamics in dissipative systems" 2000年08月 Pacific RIM dynamical systems conference, Maui Marriott Resort
  • Pulse dynamics of reaction-diffusion systems  [通常講演]
    栄 伸一郎
    「非線形拡散系-ダイナミクスと漸近解析」 2000年05月 京都大学数理解析研究所420 号室
  • Pulse dynamics approach to self-replicating patterns  [通常講演]
    栄 伸一郎
    台湾国立中央大学数学系 専題演講 2000年05月 台湾国立中央大学鴻経館一楼107室
  • The dynamics of pulses on reaction-diffusion systems II  [通常講演]
    栄 伸一郎
    NCTS Seminar 2000年05月 台湾国立精華大学総合3号館4F NCTS 演講廊
  • Dynamics of pulses for reaction-diffusion systems in higher dimensional space  [通常講演]
    栄 伸一郎
    2000年05月 台湾国立交通大学(NCTU) Science Building I Room 223
  • The dynamics of pulses on reaction-diffusion systems I  [通常講演]
    栄 伸一郎
    NCTS Seminar 2000年05月 台湾国立精華大学総合3号館4F NCTS 演講廊
  • Dynamics of pulses for reaction-diffusion systems in higher dimensional space  [通常講演]
    栄 伸一郎
    台大理論科学中心 台大数学系演講 2000年05月 台湾国立台湾大学数学系新数館308号室
  • The dynamics of interfaces in the scalar reaction-diffusion equations I&II  [通常講演]
    栄 伸一郎
    NCTS Seminar 2000年04月 台湾国立精華大学総合3号館4F NCTS 演講廊
  • Dynamics of interacting pulses in reaction-diffusion systems  [通常講演]
    栄 伸一郎
    Equations aux Derivees Partielles Non Lineaires Frontieres libres,Interfaces et Singularites 2000年03月 パリ南大学
  • Pulse interaction and its application to bifurcation problems  [通常講演]
    栄 伸一郎
    富山大学理学部数学科談話会 2000年02月
  • 反応拡散系におけるパルスの相互作用と運動  [通常講演]
    栄 伸一郎
    特定研究領域 (B)公開シンポジウム 2000年01月 東京大学数理科学科大講堂
  • The dynamics of spike solutions for reaction-diffusion systems in two dimensional space  [通常講演]
    栄 伸一郎
    IMS Workshop on Reaction-Diffusion Systems 1999年12月 The Chinese University of Hong Kong
  • 2次元領域におけるパルスの相互作用について  [通常講演]
    栄 伸一郎
    研究集会 非平衡系の秩序形成と崩壊の数理 1999年11月 宮崎大学工学部
  • The dynamics of pulses for reaction-diffusion systems in higher dimensional space  [通常講演]
    栄 伸一郎
    Workshop 非線形問題に現れる特異性の解析 '99 1999年11月 関西セミナーハウス
  • 反応拡散方程式に現れるパルス解の弱い相互作用について  [通常講演]
    栄 伸一郎
    応用解析セミナー summer school 1999年09月 草津セミナーハウス
  • Renormalization-group Method for Reduction of Evolution Equations  [通常講演]
    栄 伸一郎
    ミニワークショップ 「近可積分系の応用数理」 1999年07月 龍谷大学理工学部数理情報学科1号館534号室
  • 反応拡散方程式とパターンダイナミクス  [通常講演]
    栄 伸一郎
    総合数理セミナー'99 1999年07月 広島大学総合科学部数理情報科学コース C棟808号室
  • Pulse-interaction approach to self-replicating dynamics in reaction-diffusion systems  [通常講演]
    栄 伸一郎
    大阪大学理学研究科数学教室微分方程式セミナー 1999年07月 大阪大学理学部大セミナー室(E301)
  • Dynamics of Metastable Localized Patterns and its Application to the Interaction of Spike Solutions for The Gierer-Meinhardt System in 2 dimensinal space  [通常講演]
    栄 伸一郎
    東京大学数理科学研究科応用解析セミナー 1999年07月 数理科学研究科棟(駒場)123号室
  • Renormalization-group Method for Reduction of Evolution Equations; invariant manifolds and envelopes  [通常講演]
    栄 伸一郎
    Euroconference:"Dynamics of Patterns" 1999年06月 Anogia Academic village, Crete
  • On the dynamics of spike solutions in pattern formation model equations on 2 dimensional domains  [通常講演]
    栄 伸一郎
    第3回 広島数理解析セミナー(1999年度) 1999年05月 広島大学理学部 B707,
  • Pulse-interaction approach to self-replicating dynamics in reaction-diffusion sytems  [通常講演]
    栄 伸一郎
    Differential Equations Seminar 1999年03月 The University of Tennessee Ayres Hall ROOM 214
  • Pulse-dynamics approach to self-replicating patterns  [通常講演]
    栄 伸一郎
    Special NSC Seminar on Nonlinear Dynamic 1999年01月 北海道大学電子科学研究所 N502号室
  • The motion of weakly interacting pulses in reaction-diffusion systems - from the self-replicating phenomena point of view  [通常講演]
    栄 伸一郎
    Recent Topics in Nonlinear PD 1999年01月 東北大学理学部川井ホール
  • Motion of weakly interacting pulses in reaction-diffusion systems  [通常講演]
    栄 伸一郎
    広島大学数理解析セミナー 反応拡散系:理論と応用 1998年12月 広島大学理学部B棟707号室
  • The motion of weakly interacting pulses in reaction-diffusion systems  [通常講演]
    栄 伸一郎
    PDE seminar 1998年10月 Department of Mathematics The Chinese University of Hong Kong, Room 222B, Lady Shaw Building
  • The dynamics of pulses in reaction-diffusion systems  [通常講演]
    栄 伸一郎
    Workshop on Nonlinear Partial Diffusion Equations and Related Topics, Ryukoku '98 1998年06月
  • 反応拡散方程式に現れるパルスの相互作用について  [通常講演]
    栄 伸一郎
    東大応用解析セミナー 1998年06月 東大数理科学研究科 数理科学棟117号室
  • 散逸系に現れる孤立波の運動について  [通常講演]
    栄 伸一郎
    非線形数理集中セミナー 1998年05月 東京工業大学 大岡山キャンパス本館3階
  • A three partition problem arising from competition-diffusion systems  [通常講演]
    栄 伸一郎
    First Pacific RIM Conference on Mathematics 1998年01月 Applied PDE session, City University of Hong Kong, Hong Kong
  • A three partition problem arising from competition-diffusion systems  [通常講演]
    栄 伸一郎
    Workshop on Singularities Arising in Nonlinear Problems 1997年11月 神戸インスティチュート
  • A three partition problem arising from competition-diffusion systems  [通常講演]
    栄 伸一郎
    Internatinal Conference on Asymtotics in Nonlinear Diffusion Systems 1997年07月 東北大学理学部河合ホール
  • パルス相互作用と繰り込み群法  [通常講演]
    栄 伸一郎
    龍谷大学応用数理セミナー 1997年07月 龍谷大学理工学部数理情報科1号館534号室
  • A three partition problem arising from competition-diffusion systems  [通常講演]
    栄 伸一郎
    広島大学NNAセミナー 1997年06月
  • A three partition problem arising from competition-diffusion systems  [通常講演]
    栄 伸一郎
    非線形数理セミナー 1997年05月 東京大学駒場キャンパス大学院数理科学研究科新館122号室
  • The Equation of Motion for Interacting Pulses  [通常講演]
    栄 伸一郎
    SFU's Applied Mathematics Seminar 1996年11月 Room K9509, SFU CAMPUS
  • Equations of Motions for Interacting Pulses  [通常講演]
    栄 伸一郎
    Applied Mathematics Colloquium 1996年09月 Old Computer Science Building Room 301, Institute of Applied Mathematics,UBC
  • Slow dynamics of interfaces intersecting the boundary in a strip-like domain  [通常講演]
    栄 伸一郎
    「非線形問題における漸近的方法」 1996年01月 京都アピカルイン及びかんぽーる京都
  • 二次元管状領域における界面の運動について  [通常講演]
    栄 伸一郎
    界面方程式と特異摂動問題 1995年11月 広島電機大学1号館3階会議室
  • 管状領域における界面の運動  [通常講演]
    栄 伸一郎
    管状領域における界面の運動 1995年10月 大阪工業大学60周年記念館城北研修センター
  • 2次元管状領域における界面の運動  [通常講演]
    栄 伸一郎
    東京大学数理科学研究科俣野研応用解析サマースクール 1995年10月 群馬県 草津セミナーハウス
  • 管状領域における界面の運動  [通常講演]
    栄 伸一郎
    阿波ワークショップ'95「第3回先端技術における数理モデル解析」 1995年08月 徳島大学 総合科学部一会議室
  • 神経線維モデルにおけるパルス相互作用について  [通常講演]
    栄 伸一郎
    九州における偏微分方程式研究集会 1995年02月 九州大学箱崎キャンパス 九州大学国際ホール
  • 反応拡散方程式に現れる界面の運動方程式について  [通常講演]
    栄 伸一郎
    非線形問題における漸近解析的方法の研究会 1995年01月 東京大学本郷キャンパス5号館103号室
  • 神経線維モデルにおけるパルスの相互作用について  [通常講演]
    栄 伸一郎
    1994年度応用数学合同研究集会 1994年12月 龍谷大学瀬田キャンパスRECHAL
  • 神経線維モデルにおけるパルスの相互作用について  [通常講演]
    栄 伸一郎
    応用解析セミナー 1994年12月 東京大学本郷キャンパス5号館403号室
  • Equation of motion for interacting pulses  [通常講演]
    栄 伸一郎
    日中シンポジウム 1994年10月 中華人民共和国上海市復旦大学
  • 神経線維モデルにおけるパルス相互作用について  [通常講演]
    栄 伸一郎
    非線形数理セミナー 1994年10月 東京大学駒場キャンパス第1研究室212号室
  • 複数のソリトンの相互作用についてーphase dynamics法の視点からー  [通常講演]
    栄 伸一郎
    非線形可積分系による応用解析 1994年07月 京都大学数理解析研究所 
    数理解析研究所短期共同研究
  • 無限可積分系の縮退化について  [通常講演]
    栄 伸一郎
    重点領域「無限可積分系」城崎ワークショップ、日本数学若手セミナー 無限自由度の可積分系とその周辺 1994年06月 兵庫県立城崎大会議室
  • ソリトン間の相互作用とphase dynamics  [通常講演]
    栄 伸一郎
    東京大学駒場戸田セミナー 1994年04月
  • Stability of stationary interfaces with contact angle in a generalized mean curvature flow  [通常講演]
    栄 伸一郎
    東海大学談話会 1994年02月 東海大学理学部(共同研究室)
  • Stability of stationary interfaces with contact angle in a generalized mean curvature flow  [通常講演]
    栄 伸一郎
    偏微分方程式仙台研究集会 1994年01月 東北大学理学部数学教室
  • Stability of stationary interfaces with boundaries in a generalized mean curvature flow  [通常講演]
    栄 伸一郎
    第43回応用力学連合講演会 (Japan NCTAM) 1994年01月 
    オーガナイズドセッション「界面現象の数理」 日本学術会議
  • Stability of stationary interfaces with boundaries in a generalized mean curvature flow  [通常講演]
    栄 伸一郎
    界面及びパターン形成の数理 1994年01月 東京工業大学理学部数学教室
  • Stability of stationary interfaces in a generalized mean curvature flow  [通常講演]
    栄 伸一郎
    JAMI SEMINAR -FALL 1993 1993年11月 Department of Mathematics Johns Hopkins University (USA)
  • 形態形成の数理  [通常講演]
    栄 伸一郎
    横浜市大総合科目9 1993年10月 横浜市大カメリアホール
  • Dynamics of interfaces in competition-diffusion systems  [通常講演]
    栄 伸一郎
    日本数学会秋期総合分科会応用数学一般講演 1993年09月 大阪府立大学
  • The stability of stationary interfaces in generalized mean curvature flow with boundaries  [通常講演]
    栄 伸一郎
    広島大学応用解析セミナー 1993年09月 広島大学理学部数学教室 応用解析研究室
  • 神経パルス方程式におけるパルスインターラクションについて  [通常講演]
    栄 伸一郎
    C&Aサマーセミナー 1993年07月 大阪工業大学城北研修センター
  • Stability of stationary interfaces in a generalized mean curvature flow  [通常講演]
    栄 伸一郎
    応用解析セミナー 1993年05月 東京大学大学院数理科学研究科、東京大学理学部5号館403号室
  • 数学で解析する生物社会  [通常講演]
    栄 伸一郎
    横浜市大総合科目9 1992年11月 横浜市大カメリアホール
  • Dynamics of interfaces of reaction-diffusion equations in inhomogeneous media  [通常講演]
    栄 伸一郎
    Workshop on Dynamical Systems,Theory and its Applications 1992年11月 京大会館212号室
  • Dynamics of interfaces of reaction-diffusion equations in inhomogeneous media  [通常講演]
    栄 伸一郎
    界面、層ダイナミクスの数理 1992年10月 京都大学数理解析研究所
  • Interfacial dynamics arising from some reaction-diffusion equations  [通常講演]
    栄 伸一郎
    応用解析セミナー 1992年06月 広島大学理学部数学教室応用解析学研究室
  • Interfacial dynamics arising from some reaction-diffusion equations  [通常講演]
    栄 伸一郎
    Seta Seminar on Mathematical Analysis 1992年06月 龍谷大学理工学部数理情報学科
  • ある反応拡散方程式に現れる界面ダイナミクスについて  [通常講演]
    栄 伸一郎
    1992年06月 東京都立大学 理675号室
  • ある反応拡散方程式に現れる界面ダイナミクスについて  [通常講演]
    栄 伸一郎
    応用解析研究会 1992年05月 早稲田大学理工学部
  • 異方性を持った反応拡散方程式に現れる界面の動きについて  [通常講演]
    栄 伸一郎
    応用解析セミナー 1992年05月 東京大学大学院数理科学研究科
  • Effect of Domain-shape on Combustion Processes  [通常講演]
    栄 伸一郎
    DNPセミナー 1991年06月 龍谷大学理工学部
  • Oscillations in Chemotaxis Model  [通常講演]
    栄 伸一郎
    「生物界における形の形成」 1991年03月 基礎生物学研究所(岡崎市) 
    平成2年度共同研究
  • Effect of Domain-shape on Combustion Processes  [通常講演]
    栄 伸一郎
    非線形偏微分方程式 1991年01月 京都大学数理解析研究所
  • 多重スケール法とその応用  [通常講演]
    栄 伸一郎
    日本数学会応用数学特別講演 1990年09月 埼玉大
  • On fast and slow motions in reaction diffusion systems  [通常講演]
    栄 伸一郎
    偏微分方程式セミナー 1990年07月 福岡大理
  • 燃焼問題に現れる弛緩振動について  [通常講演]
    栄 伸一郎
    九州における偏微分方程式研究集会 1990年02月 佐賀大理工
  • 燃焼問題に現れる弛緩振動について  [通常講演]
    栄 伸一郎
    応用数学合同シンポジウム 1989年12月 京都大数理解析研究所
  • Relaxation-oscillation in infinite dimensional dynamical systems  [通常講演]
    栄 伸一郎
    Nonlinear Analysis Semina 1989年11月 京都大理
  • Relaxation-Oscillations in Infinite Dimensional Dynamical Systems  [通常講演]
    栄 伸一郎
    発展方程式と非線形問題への応用 1989年10月 京都大数理解析研究所
  • On fast and slow motions in reaction-diffusion systems with an application to relaxation oscillations  [通常講演]
    栄 伸一郎
    応用解析学セミナー 1989年10月 広島大理
  • Reduction of Certain Quasi-linear Parabolic Equations to Finite Dimensional Flows  [通常講演]
    栄 伸一郎
    発展方程式セミナー 1989年06月 広島大理
  • Two-timing methods とその応用  [通常講演]
    栄 伸一郎
    数理解析とその応用研究会 1989年01月 岡山理大
  • Two-timing methods with applications to nonlinear parabolic equations  [通常講演]
    栄 伸一郎
    Nonlinear partial differential equationsセミナー 1989年01月 東大理学部数学教室
  • Two-timing methods とその応用  [通常講演]
    栄 伸一郎
    数値解析セミナー 1988年11月 京大数理研
  • The effect of non-local convection on reaction-diffusion equations  [通常講演]
    栄 伸一郎
    1988年06月 Heriot-Watt University (U.K.)
  • On two-timing methods in abstract parabolic equations with applications to reaction-diffusion systems,in Conferenceon reaction diffusion equations  [通常講演]
    栄 伸一郎
    1988年05月 Heriot-Watt University(U.K.)
  • 変数係数を持ったある半線形放物型方程式系の解の挙動について  [通常講演]
    栄 伸一郎
    1988年04月 広島大学数学教室談話会
  • Two-timing methods とその力学系への応用  [通常講演]
    栄 伸一郎
    数理解析とその応用研究会 1988年01月 岡山理大
  • Two-timing methods with applications to dynamical systems  [通常講演]
    栄 伸一郎
    NAセミナー 1987年11月 東京大学理学部数学教室
  • Two-timing methods with applications to heterogeneous reaction-diffusion systems  [通常講演]
    栄 伸一郎
    学位論文発表会 1987年10月 広島大理学部数学教室
  • Two-timing methods with applications to bifurcation problems  [通常講演]
    栄 伸一郎
    Work shop of finite and infinite dynamical system 1987年09月 広島婦人教育会館
  • 空間依存性をもったある反応-拡散方程式系への two-timing methodの応用  [通常講演]
    栄 伸一郎
    偏微分方程式論札幌シンポジウム 1987年07月 北海道大学理学部数学教室
  • 空間依存性をもった Prey-Predator models の解の挙動について  [通常講演]
    栄 伸一郎
    応用解析学セミナー 1987年06月 広島大理学部
  • A spatially aggregating population model involving size-distributed dynamics  [通常講演]
    栄 伸一郎
    日本数学会総会応用数学分科会一般講演 1987年04月 東京大学教養部
  • 無限次元空間におけるrelaxation oscillations  [通常講演]
    栄 伸一郎
    ワークショップ 非線形振動と波動 1987年02月 徳島
  • Transient and large time behaviors to heterogeneous reaction-diffusion equations  [通常講演]
    栄 伸一郎
    名古屋大学理学部数学教室P.D.E.Seminar 1987年02月
  • 集中効果をもった反応-拡散方程式の定常解とその安定性について  [通常講演]
    栄 伸一郎
    応用解析学セミナー 1986年11月 広島大理学部

その他活動・業績

  • Chao Nien Chen, Shin Ichiro Ei, Shin Ichiro Ei, Shyuh yaur Tzeng Physica D: Nonlinear Phenomena 2018年01月01日 [査読無し][通常論文]
     
    © 2018 Elsevier B.V. Particle like structures have been observed in many fields of science. In a homogeneous medium, a stable, standing pulse is a localized wave that may arise when nonlinear and dissipative effects are in balance. In this paper, we investigate certain phenomena associated with the dynamics of pulse solutions for a FitzHugh–Nagumo reaction–diffusion model. When two pulses are located far from one another initially, their weak interaction drives the subsequent slow dynamics. Our comprehension of the standing pulse profiles allows us to quantitatively characterize their interplay; when the diffusivity of the activator is small compared to that of the inhibitor, the two pulses repel. In addition, using a center-manifold reduction to study the presence of heterogeneities in the environment, we demonstrate that the pulses will move so as to maximize the strength of activation or minimize that of inhibition. The pulse motion will also be influenced by the reaction mechanism.
  • 田中吉太郎, 八杉徹雄, 佐藤純, 栄伸一郎 日本応用数理学会年会講演予稿集(CD-ROM) 2017 43‐44 2017年09月04日 [査読無し][通常論文]
  • 田中吉太郎, 八杉徹雄, 佐藤純, 長山雅晴, 栄伸一郎 計算工学講演会論文集(CD-ROM) 22 ROMBUNNO.D‐05‐5 2017年05月31日 [査読無し][通常論文]
  • 田中 吉太郎, 八杉 徹雄, 佐藤 純, 長山 雅晴, 栄 伸一郎 計算工学講演会論文集 Proceedings of the Conference on Computational Engineering and Science 22 2017年05月 [査読無し][通常論文]
  • 反応拡散型数理モデル -分岐構造を通した数理モデルに対する一考察-,
    栄 伸一郎 実験医学増刊号 羊土社 35 (5) 60 -67 2017年 [査読無し][招待有り]
  • 栄伸一郎 白石記念講座 67th 29 -42 2015年11月13日 [査読無し][通常論文]
  • 時・空間パターンの数理解析
    電子情報通信学会誌 98 (11) 961 -966 2015年11月 [査読無し][通常論文]
     
    解説・総説
  • 栄伸一郎 電子情報通信学会誌 98 (11) 961 -966 2015年11月01日 [査読無し][通常論文]
  • 栄 伸一郎 電子情報通信学会誌 = The journal of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers 98 (11) 961 -966 2015年11月 [査読無し][通常論文]
  • 栄伸一郎 応用数理 24 (1) 34 -36 2014年03月25日 [査読無し][通常論文]
  • 栄 伸一郎 応用数理 24 (1) 34 -36 2014年03月25日 [査読無し][通常論文]
  • 栄 伸一郎 応用数理 24 (1) 34 -36 2014年03月 [査読無し][通常論文]
  • Mathematical Analysis for Pattern Formation Problems,A Mathematical Approach to Research Problems of Science and Technology
    R. Nishii, S.-I. Ei, M. Koiso, H. Ochiai, K. Okada, S. Saito, T. Shirai, Editors Mathematics for Industry 5, Springer 2014 133 -139 2014年 [査読無し][通常論文]
     
    解説・総説
  • Study Group Workshop 2013,数学協働プログラム, Lecture & Report, 九大IMI
    編集, 栄 伸一郎, 溝口 佳寬, 脇 隼人, 渋田 敬史 2013年 [査読無し][通常論文]
     
    解説・総説
  • 科学・技術の研究課題への数学アプローチ : 数学モデリングの基礎と展開
    西井 龍映, 栄 伸一郎, 岡田 勘三, 落合 啓之, 小磯 深幸, 斎藤 新悟, 白井 朋之 2013年 [査読無し][通常論文]
     
    九州大学マス・フォア・インダストリ研究所 :
    九州大学大学院数理学研究院グローバルCOEプログラム
    「マス・フォア・インダストリ教育研究拠点」
    解説・総説
  • EI Shin-Ichiro, IZUHARA Hirofumi, MIMURA Masayasu RIMS Kokyuroku Bessatsu 35 31 -40 2012年12月 [査読無し][通常論文]
  • Weng Wulin, Ei Shin-Ichiro, Ohgane Kunishige, Ogane Kunishige, 翁 武淋, 栄 伸一郎, 大金 邦成 Journal of Math-for-Industry (JMI) 4 (0) 123 -133 2012年10月 [査読無し][通常論文]
     
    Based on neurophysiological studies, a walking model has been proposed, which is the coupling of two oscillatory systems, i.e., a central pattern generator (CPG) and a musculoskeletal system (Body). The walking model can well reproduce human walking. However, time delays on a sensorimotor loop give a serious problem in motor control in general. Indeed even a short time delay induces the walking model to fall. Theoretical studies have shown that the eng=walking model can overcome the time delays by the flexible-phase locking. It emerges from the following two conditions; 1) activity of CPG and Body has stability of limit cycle; 2) a sign differs between coupling coefficients of the connection from Body to CPG and from CPG to Body, i.e., the afferent and efferent connection. Physical or physiological interpretation of this two theoretical conditions is an important problem. The condition 1) has already interpreted [1]. In this paper, we gain a physical interpretation of the condition 2). We introduce the simplified model fit to best analyze. Analyzing the simplified model, this study leads to the interpretation in which signs of the coupling coefficients corresponding to the excitatory and inhibitory connection are regarded as a force to forward and backward shift the CPG activity, respectively. This is an essential element to yield the flexible-phase locking.
  • Weng Wulin, Ei Shin-Ichiro, Ohgane Kunishige JMI : journal of math-for-industry 4 123 -133 2012年 [査読無し][通常論文]
  • Shin-Ichiro Ei, Kunishige Ohgane KYUSHU JOURNAL OF MATHEMATICS 65 (2) 197 -217 2011年09月 [査読無し][通常論文]
     
    We develop a systematic method for deriving the phase dynamics of perturbed periodic solutions. The method is to regard periodic solutions as slowly modulated traveling solutions on the circle. There, problems are reduced to the perturbed problems from stationary solutions on the circle. This makes the treatment of periodic solutions far easier and systematic. We also give the rigorous proofs for this method.
  • 栄 伸一郎 数理解析研究所講究録 1680 27 -48 2010年04月 [査読無し][通常論文]
  • 反応拡散系の数理
    栄 伸一郎 自己組織化ハンドブック 149 -154 2009年 [査読無し][通常論文]
     
    解説・総説、NTS出版
  • Ei Shin-Ichiro, Nishiura Yasumasa, Ueda Kei-Ichi, 栄 伸一郎, 西浦 廉政, 上田 肇一, エイ シンイチロウ, ニシウラ ヤスマサ, ウエダ ケイイチ Journal of Math-for-Industry 1 91 -95 2009年 [査読無し][通常論文]
     
    MI: Global COE Program Education-and-Research Hub for Mathematics-for-IndustryグローバルCOEプログラム「マス・フォア・インダストリ教育研究拠点」The dynamics of a pulse for reaction-diffusion systems in 1D is considered in the neighborhood of the bifurcation point with codimension two, at which both of saddle-node and drift bifurcations occur at the same time. It is theoretically shown that when the bifurcation parameter is close to such a bifurcation point, a pulse moves with oscillation, and then starts to split.
  • 反応拡散方程式系におけるパルスの挙動
    の本数理生物学会ニュースレター (55) 1 -4 2008年05月 [査読無し][通常論文]
     
    解説・総説
  • 栄 伸一郎 数理解析研究所講究録 1597 69 -77 2008年05月 [査読無し][通常論文]
  • 池田 榮雄, 栄 伸一郎 数理解析研究所講究録 1597 83 -88 2008年05月 [査読無し][通常論文]
  • 栄 伸一郎, 辻川 亨 数理解析研究所講究録 1588 118 -123 2008年04月 [査読無し][通常論文]
  • 栄伸一郎 日本物理学会講演概要集 63 (1) 302 2008年02月29日 [査読無し][通常論文]
  • EI Shin-Ichiro, IKEDA Hideo, KAWANA Takeyuki Japan journal of industrial and applied mathematics 25 (1) 117 -147 2008年02月01日 [査読無し][通常論文]
  • パターン形成の数理
    栄伸一郎, 山田光太郎 -126 2008年 [査読無し][通常論文]
     
    解説・総説、講談社
  • Shin Ichiro Ei, Hideo Ikeda, Takeyuki Kawana Japan Journal of Industrial and Applied Mathematics 25 117 -147 2008年01月01日 [査読無し][通常論文]
     
    In this paper, two component reaction-diffusion systems with a specific bistable nonlinearity are concerned. The systems have the bifurcation structure of pitch-fork type of traveling front solutions with opposite velocities, which is rigorously proved and the ordinary differential equations describing the dynamics of such traveling front solutions are also derived explicitly. It enables us to know rigorously precise information on the dynamics of traveling front solutions. As an application of this result, the imperfection structure under small perturbations and the dynamics of traveling front solutions on heterogeneous media are discussed.
  • OHGANE Kunishige, EI Shin-ichiro 数理解析研究所講究録別冊 = RIMS Kokyuroku Bessatsu 3 207 -230 2007年11月 [査読無し][通常論文]
  • フーリエ解析+偏微分方程式
    藤原毅夫, 栄伸一郎 -198 2007年 [査読無し][通常論文]
     
    解説、総説(裳華房)
  • Dynamics of Turing Patterns for Reaction-Diffusion Systems in a Cylindrical Domain on 2D, Proceedings of Hyperbolic problems,Theory
    栄 伸一郎 Numerics and Applications 2004(eds. Asakura, Aiso, Kawashima,Matsumura, Nishibata, Nishihara) 121 -128 2006年 [査読無し][通常論文]
     
    Yokohama Publishers
    解説・総説
  • パターン形成とダイナミクス
    三村, 上山, 西浦, 長山, 栄 -149 2006年 [査読無し][通常論文]
     
    解説、総説(東大出版会)
  • SI Ei, M Mimura, M Nagayama DISCRETE AND CONTINUOUS DYNAMICAL SYSTEMS 14 (1) 31 -62 2006年01月 [査読無し][通常論文]
     
    This paper is concerned with the dynamics of travelling spot solutions in two dimensions. Travelling spot solutions are constructed under the bifurcation structure with Jordan block type degeneracy. It is shown that if the velocity is very slow, such travelling spots possess reflection property. In order to do it, we derive the reduced ordinary differential equations describing the dynamics of interacting travelling spots in RD systems by using center manifold theory. This reduction enables us to prove that two very slowly travelling spots reflect before collision as if they were elastic particles.
  • OHGANE Kunishige, OHGANE Akane, MAHARA Hitoshi, EI Shin-ichiro 形の科学会誌 = Bulletin of the Society for Science on Form 20 (2) 169 -170 2005年11月01日 [査読無し][通常論文]
  • SI Ei, M Kuwamura, Y Morita PHYSICA D-NONLINEAR PHENOMENA 207 (3-4) 171 -219 2005年08月 [査読無し][通常論文]
     
    In this paper singular perturbation problems in reaction-diffusion systems are studied from a viewpoint of variational principle. The goal of the study is to provide an unified and transparent framework to understand existence, stability and dynamics of solutions with transition layers in contrast to previous works in many literatures on singular perturbation theory. (c) 2005 Elsevier B.V. All rights reserved.
  • 栄 伸一郎 数理解析研究所講究録 1425 122 -129 2005年04月 [査読無し][通常論文]
  • Dynamics of Turing patterns in cylindrical domains in 2D,流体と気体の数学解析
    栄 伸一郎 数理解析研究所講究録 1425 122 -129 2005年 [査読無し][通常論文]
  • 栄 伸一郎 総合講演・企画特別講演アブストラクト 2005 (1) 55 -67 2005年 [査読無し][通常論文]
  • 栄 伸一郎 応用数理 14 (1) 35 -47 2004年03月25日 [査読無し][通常論文]
  • 栄 伸一郎 数理解析研究所講究録 1356 108 -115 2004年02月 [査読無し][通常論文]
  • 栄 伸一郎, EI Shin-ichiro 盛岡応用数学小研究集会報告集 2003 5 -10 2004年01月01日 [査読無し][通常論文]
     
    Reaction-dffusion systems in an infinitely long strip-like domain with finite width in 2D are treated.We construct the solution connecting different types of stationary solutions at infinity by considering the neighborhood of Turing instability.We also derive 4th order equations of buckling type which shows the dynamics of the connecting solutions.
  • 栄 伸一郎 数理解析研究所講究録 1313 149 -158 2003年04月 [査読無し][通常論文]
  • 栄伸一郎 横浜市立大学論叢 自然科学系列 53 (3) 119 -134 2002年10月31日 [査読無し][通常論文]
  • SI Ei, JC Wei JAPAN JOURNAL OF INDUSTRIAL AND APPLIED MATHEMATICS 19 (2) 181 -226 2002年06月 [査読無し][通常論文]
     
    In this paper, the Gierer-Meinhardt model systems with finite diffusion constants in the whole space R-2 is considered. We give a regorous proof on the existence and the stability of a single spike solution, and by using such informations, the repulsive dynamics of the interacting multi single-spike solutions is also shown when distances between spike solutions are sufficiently large. This clarifies some part of the mechanism of the evolutional process of localized patterns appearing in the Gierer-Meinhardt model equations.
  • SI Ei, M Mimura, A Nagayama PHYSICA D-NONLINEAR PHENOMENA 165 (3-4) 176 -198 2002年05月 [査読無し][通常論文]
     
    It had been long believed that one-dimensional travelling pulses and the corresponding two-dimensional expanding rings and spiral waves arising in excitable reaction-diffusion systems annihilate when they closely approach one another. However, recently it has been numerically confirmed that if the velocity is very slow, expanding rings and spiral do not necessarily annihilate. In particular, in some situation, two closely approaching pulses reflect, as if they were elastic like objects. By using the center manifold theory, we show that if there are travelling pulses which primarily and super-critic ally bifurcate from a standing pulse when some parameter is varied, they possess reflection mechanism if the velocity is very slow. (C) 2002 Elsevier Science B.V. All rights reserved.
  • パルス状局在パターンのダイナミクスについて
    栄 伸一郎 横浜市立大学論叢 自然科学系列 53 (2) 2002年03月 [査読無し][通常論文]
     
    解説、総説
  • 栄 信一郎, Mimura M 数理解析研究所講究録 1249 9 -17 2002年02月 [査読無し][通常論文]
  • 常微分方程式論
    柳田, 栄 -215 2002年 [査読無し][通常論文]
     
    解説、総説(朝倉書店)
  • Shin Ichiro Ei Journal of Dynamics and Differential Equations 14 85 -137 2002年01月01日 [査読無し][通常論文]
     
    The interaction of stable pulse solutions on R1is considered when distances between pulses are sufficiently large. We construct an attractive local invariant manifold giving the dynamics of interacting pulses in a mathematically rigorous way. The equations describing the flow on the manifold is also given in an explicit form. By it, we can easily analyze the movement of pulses such as repulsiveness, attractivity and/or the existence of bound states of pulses. Interaction of front solutions are also treated in a similar way. © 2002 Plenum Publishing Corporation.
  • Shin Ichiro Ei, Juncheng Wei Japan Journal of Industrial and Applied Mathematics 19 181 -226 2002年01月01日 [査読無し][通常論文]
     
    In this paper, the Gierer-Meinhardt model systems with finite diffusion constants in the whole space R2is considered. We give a regorous proof on the existence and the stability of a single spike solution, and by using such informations, the repulsive dynamics of the interacting multi single-spike solutions is also shown when distances between spike solutions are sufficiently large. This clarifies some part of the mechanism of the evolutional process of localized patterns appearing in the Gierer-Meinhardt model equations.
  • EI Shin-ichiro, NISHIURA Yasumasa, UEDA Kei-ichi Japan journal of industrial and applied mathematics 18 (2) 181 -205 2001年06月01日 [査読無し][通常論文]
  • Shin Ichiro Ei, Yasumasa Nishiura, Yasumasa Nishiura, Kei Ichi Ueda Japan Journal of Industrial and Applied Mathematics 18 181 -205 2001年01月01日 [査読無し][通常論文]
     
    Since early 90's, much attention has been paid to dynamic dissipative patterns in laboratories, especially, self-replicating pattern (SRP) is one of the most exotic phenomena. Employing model system such as the Gray-Scott model, it is confirmed also by numerics that SRP can be obtained via destabilization of standing or traveling spots. SRP is a typical example of transient dynamics, and hence it is not a priori clear that what kind of mathematical framework is appropriate to describe the dynamics. A framework in this direction is proposed by Nishiura-Ueyama [16], i.e., hierarchy structure of saddle-node points, which gives a basis for rigorous analysis. One of the interesting observation is that when there occurs self-replication, then only spots (or pulses) located at the boundary (or edge) are able to split. Internal ones do not duplicate at all. For 1D-case, this means that the number of newly born pulses increases like 2k after k-th splitting, not 2n-splitting where all pulses split simultaneously. The main objective in this article is two-fold: One is to construct a local invariant manifold near the onset of self-replication, and derive the nonlinear ODE on it. The other is to study the manner of splitting by analysing the resulting ODE, and answer the question "2n-splitting or edge-splitting?" starting from a single pulse. It turns out that only the edge-splitting occurs, which seems a natural consequence from a physical point of view, because the pulses at edge are easier to access fresh chemical resources than internal ones.
  • 栄 伸一郎 数理解析研究所講究録 1178 87 -94 2000年12月 [査読無し][通常論文]
  • SI Ei, K Fujii, T Kunihiro ANNALS OF PHYSICS 280 (2) 236 -298 2000年03月 [査読無し][通常論文]
     
    The renormalization group (RG) method as a powerful tool for reduction of evolution equations is formulated in terms of the notion of invariant manifolds. We start with derivation of an exact RG equation which is analogous to the Wilsonian RG equations in statistical physics and quantum field theory. It is clarified that the perturbative RG method constructs invariant manifolds successively as the initial value of evolution equations, thereby the meaning to set t(0) = t is naturally understood where t(0) is the arbitrary initial time. We show that thr integral constants in the unperturbative solution constitutes natural coordinates of the invariant manifold when the linear operator. A in the evolution equation is semi-simple, i.e., diagonalizable: when A is not semi-simple and has a Jordan cell. a slight modification is necessary because the dimension of the invariant manifold is increased by the perturbation. The RG equation determines the slow motion of the would-be integral constants in the unperturbative solution on the invariant manifold. We present the mechanical procedure to construct the perturbative solutions hence the initial values with which the RG equation gives meaningful results. The underlying structure of the reduction by the KG method as formulated in the present work turns out to completely tit to the universal one elucidated by Kuramoto some years ago. We indicate that the reduction procedure of evolution equations has a good correspondence with the renormalization procedure in quantum field theory: the counter part of the universal structure of reduction elucidated by Kuramoto may he Polchinski's theorem for renormalizable field theories. We apply the method to interface dynamics such as kink anti-kink and soliton soliton interactions in the latter of which a linear operator having a Jordan-cell structure appears. (C) 2000 Academic Press.
  • Shin Ichiro Ei, Ryo Ikota, Masayasu Mimura Interfaces and Free Boundaries 1 57 -80 1999年01月01日 [査読無し][通常論文]
     
    © Oxford University Press 1999. We consider a reaction-diffusion system to describe the interaction of three competing species which move by diffusion in R2, under the situation where all of the diffusion rates are small and all of the inter-specific competition rates are large. The resulting system possesses three locally stable spatially constant equilibria, each of which implies that only one of the competing species survive and the other two are extinct. Since the diffusion rates are small, internal layer regions appear as sharp interfaces with triple junctions, which generally divide the whole plane into three different regions occupied by only one of the species. The dynamics of interfaces as well as triple junctions are numerically studied. More specifically, assuming that three competing species are almost equal in competitive strength, we derive an angle condition between any neighboring interfaces at triple junctions by formal asymptotic analysis. Furthermore, for more general cases, we numerically study the dynamics of segregating patterns of three competing species from interfacial view points.
  • Segregating pattern problem in competition-diffusion systems
    J. Interfaces and Free Boundaries 1 57 -80 1999年 [査読無し][通常論文]
  • SI Ei, E Yanagida SIAM JOURNAL ON MATHEMATICAL ANALYSIS 29 (3) 555 -595 1998年05月 [査読無し][通常論文]
     
    The dynamics of interfaces in the Allen-Cahn equation is studied. If a domain in R-2 has constant width along a smooth curve, it is called a strip-like domain. We derive an equation which describes the motion of a straight interface intersecting the boundary of the strip-like domain. The equation shows that the motion is slower than the mean curvature ow, but faster than the very slow dynamics.
  • A three phase partition problem arising in a competition-diffusion system
    SI Ei, R Ikota, M Mimura TOHOKU MATHEMATICAL PUBLICATIONS, NO 8 55 -63 1998年 [査読無し][通常論文]
     
    We consider a three component competition-diffusion systems under the situation where the diffusion rats are small and the inter-specific competition rates are large. In this situation, the system has three locally stable equilibria, each of which implies that only one of the competing species survive and the other two are extinct. Since the diffusion rates are small, there appear sharp interfaces which separate whole space into 3 different regions occupied by only one of the competing species. If the system is treated in R-2, three interfacial curves may meet at one point. We derive an angle condition at the triple junction point by a formal asymptotic analysis and study the dynamics of solutions in a;neighborhood of the point as well as the dynamics of interfaces.
  • Slow dynamics of in terfaces in the Allen-Cahn eguation on a strip-like domain
    SIAM J. Math. Anal. (29) 3,555 1998年 [査読無し][通常論文]
  • 栄 伸一郎 数理科学 35 (11) 23 -29 1997年11月 [査読無し][通常論文]
  • 栄伸一郎 数理科学 35 (11) 23 -29 1997年11月 [査読無し][通常論文]
  • EI Shin-Ichiro, IIDA Masato, YANAGIDA Eiji Japan journal of industrial and applied mathematics 14 (1) 1 -23 1997年02月01日 [査読無し][通常論文]
  • 反応拡散方程式とパターン形成
    栄 伸一郎 数理科学 11月号 23 -29 1997年 [査読無し][通常論文]
     
    解説・総説
  • Shin Ichiro Ei, Masato Iida, Eiji Yanagida Japan Journal of Industrial and Applied Mathematics 14 1 -23 1997年01月01日 [査読無し][通常論文]
     
    Consider the equation ut= ε2div(D(x)∇u) + f(u;ε) in ℝn, where D(x) is a positive function of x ∈ ℝn, f is the derivative of a bistable potential, and ε > 0 is a small parameter. Let Γ(T), T ∈ [0,T0], be a one-parameter family of smooth hypersurfaces which move with the time scale T = ε2t according to a certain generalized mean curvature flow. It is shown that, if the initial data have an interface which is close to Γ(0), then the interface remains close to Γ(ε2t) for t ε [0,T0/ε2]. Moreover, if T0= ∞ and Γ(T) converges to a stable stationary hypersurface as T → ∞, then the interface remains close to Γ(ε2t) for all t ≥ 0.
  • Dynamics of Interfaces in a Scalar Parabolic equation with Variable coefficients
    Japan J. Indust. and Appl. Math. 14 (1) 1 1997年 [査読無し][通常論文]
  • SI Ei, MH Sato, E Yanagida AMERICAN JOURNAL OF MATHEMATICS 118 (3) 653 -687 1996年06月 [査読無し][通常論文]
     
    The dynamics of a moving hypersurface in a domain D subset of R(N) is studied. It is assumed that the hypersurface moves depending on its curvature, normal vector and position with the boundary that intersects partial derivative D with a constant contact angle. A stability criterion about a stationary hypersurface is established in the form of an eigenvalue problem, which includes geometrical information of partial derivative D and the stationary hypersurface.
  • Shin Ichiro Ei, Eiji Yanagida Journal of Dynamics and Differential Equations 7 423 -435 1995年07月01日 [査読無し][通常論文]
     
    A study is made for equations of evolving curves on a two-dimensional square domain Ω. It is assumed that a curve moves depending on its curvature, normal vector, and position and is orthogonal to ∂Ω at its end points. Under some conditions, instability of stationary solutions is proved through an eigenvalue analysis. © 1995 Plenum Publishing Corporation.
  • 栄 伸一郎 横浜市立大学論叢 自然科学系列 46 (2) 45 -64 1995年03月 [査読無し][通常論文]
  • 栄伸一郎 横浜市立大学論叢 自然科学系列 46 (2) 45 -64 1995年03月 [査読無し][通常論文]
  • 栄 伸一郎, 太田 隆夫 物性研究 63 (5) 628 -634 1995年02月20日 [査読無し][通常論文]
     
    この論文は国立情報学研究所の電子図書館事業により電子化されました。
  • Instability of stationary solutions for equations of curvature-driven motion of curve
    Journal of Dynamics aed Differential Equations 7 (3) 423 1995年 [査読無し][通常論文]
  • 栄 伸一郎 数理解析研究所講究録 889 85 -93 1994年11月 [査読無し][通常論文]
  • Interaction of pulses in FitzHugh-Nagumo equations, Reaction-Diffusion Equations and Their Applicationsand Computational Aspects
    栄 伸一郎 China-Japan Symposium (eds.T-T. Li, M. Mimura, Y. Nishiura, Q-X. Ye) pp.6-13 1994年 [査読無し][通常論文]
     
    World Scientific
    解説・総説
  • Shin Ichiro Ei, Shin Ichiro Ei, Takao Ohta, Takao Ohta Physical Review E 50 (6) 4672 -4678 1994年01月01日 [査読無し][通常論文]
     
    We develop a systematic method of deriving the equation of motion for interacting fronts or pulses in one dimension. The theory is applicable to both dissipative and dispersive systems. In the case of the time-dependent Ginzburg-Landau equation, which is a typical example of a dissipative system, the front equation obtained is the same as has been obtained previously. The pulse interaction is also derived for the Kortewegde Vries equation, emphasizing the difference between the cases with and without dissipative terms. © 1994 The American Physical Society.
  • S. I. Ei, E. Yanagida SIAM Journal on Applied Mathematics 54 (5) 1355 -1373 1994年01月01日 [査読無し][通常論文]
     
    This paper is concerned with the dynamics of interfaces in the Lotka-Volterra competition-diffusion system ut= ε2Δu+u(1-u-cw), wt= ε2DΔw+w(a-bu-w), in Rn, where ε>0 is a small parameter and D>0 is a constant. If 0<1/c<a<b, this system has two locally stable equilibria, (u,w) = (1,0) and (0,a). In this case, interfaces may appear that separate Rninto two regions occupied by u and w, respectively. In this paper, it is shown that the normal velocity of the interface is approximately given by εθ, which is equal to the propagation speed of a traveling wave solution to the above system in one dimension. When θ = 0, it is shown that the normal velocity of the interface is approximately given by -ε2(n-1)Lκ, where L>0 is a weighted mean of 1 and D, and κ is the mean curvature of the interface.
  • Stability of stationary interfaces in a generalized mean curvature flow
    J. Fac. Sci. Univ. Tokyo Sec. IA 40 (3) 651 1994年 [査読無し][通常論文]
  • 栄伸一郎 応用数学合同研究集会報告集 平成6年 59.1-59.2 1994年 [査読無し][通常論文]
  • 栄 伸一郎 応用数理 3 (2) 142 -145 1993年06月15日 [査読無し][通常論文]
  • Failure of oscillations in combustion model equations,Lecture Notes in Num. Appl. Anal. 12
    S.-I. Ei, Q. Fang, M. Mimura, S. Sakamoto Nonlinear PDE-JAPAN Symposium 2 1991(eds. K. Masuda, M. Mimura and T. Nishida) 87 -110 1993年 [査読有り][通常論文]
     
    解説・総説
  • Ei Shin-Ichiro, Yanagida Eiji Journal of The Faculty of Science, The University of Tokyo, Section IA, Mathematics 40 (3) 651 -661 1993年 [査読無し][通常論文]
  • M. Kuwamura, S. I. Ei, M. Mimura Japan Journal of Industrial and Applied Mathematics 9 35 -77 1992年02月01日 [査読無し][通常論文]
     
    We consider a bistable reaction-diffusion equation coupled with a time-dependent constrained condition {Mathematical expression} where γ, δ and ε are positive constants. This equation lies in a framework of activator-inhibitor models which arise in biology. When ε is sufficiently small, it is found that internal layers of width O(ε) appear in the u-component under the zero-flux boundary conditions, and that these layers propagate very slowly with velocity O(e-A/ε) for some positive constant A. © 1992 JJIAM Publishing Committee.
  • Domain-dependency ofsolutions to combustion model equations
    栄 伸一郎 Nonlinear PDEs withapplication to patterns, waves and interfaces (eds. M. Mimuraand T. Nishida) 323 -356 1992年 [査読有り][通常論文]
     
    KTK Scientific Publications, Tokyo
    解説・総説
  • Shin Ichiro Ei, Masayasu Mimura Journal of Dynamics and Differential Equations 4 191 -229 1992年01月01日 [査読無し][通常論文]
     
    Combustion processes are classified into three types depending upon the amount of fuel supply: two of them are the stationary states with either low or high temperatures and the other is the periodic state with relaxation oscillation type. We analyze the dependency of these processes on the amount of fuel supply by using the fast and slow dynamics approach. © 1992 Plenum Publishing Corporation.
  • Kazutaka Ohara, Kazutaka Ohara, Kazutaka Ohara, Shin Ichiro Ei, Shin Ichiro Ei, Shin Ichiro Ei, Toshitaka Nagai, Toshitaka Nagai, Toshitaka Nagai Hiroshima Mathematical Journal 22 365 -386 1992年01月01日 [査読無し][通常論文]
     
    We are concerned with an ecological model described by a nonlinear diffusion equation with a nonlocal convection. The conditions under which stationary solutions exist are investigated. We also discuss the stability problem of stationary solutions. © 1992, Hiroshima University. All Rights Reserved.
  • 栄 伸一郎 応用数理 1 (4) 350 -351 1991年12月16日 [査読無し][通常論文]
  • M MIMURA, SI EI, Q FANG JOURNAL OF MATHEMATICAL BIOLOGY 29 (3) 219 -237 1991年 [査読無し][通常論文]
     
    We discuss a competition-diffusion system to study coexistence problems of two competing species in a homogeneous environment. In particular, by using invariant manifold theory, effects of domain-shape are considered on this problem.
  • Relaxation Oscillations in Clmbustion Models of Thermal Self-Ignition
    J. Dynamics and Differrntial Eguations 4 (1) 1991年 [査読無し][通常論文]
  • Two-timing methods with applications to nonlinear parabolic equations,Lecture Notes in Num. Appl. Anal. 11
    栄 伸一郎 Nonlinear PDE-JAPAN Symposium 1989 (eds. K. Masuda and M. Mimura) 1991年 [査読無し][通常論文]
     
    解説・総説
  • 栄 伸一郎 数理解析研究所講究録 730 41 -60 1990年10月 [査読無し][通常論文]
  • Pattern Formation in Heterogeneous Reaction-Diffusion-Advection System with an Application to Population Dynamics
    SIAM J. Mathermatical Analysis 21 1990年 [査読無し][通常論文]
  • S. I. Ei, M. Mimura, S. Takigawa Japan Journal of Applied Mathematics 6 223 -244 1989年06月01日 [査読無し][通常論文]
     
    A size-space distribution model of biological individuals including two effects of density-dependent growth rates for size and chemotactic aggregation for space is proposed. Assuming that the spatial movement is rapid in comparison with the growth process, we use time-scaling arguments to reduce the model to an approximating system of only size distribution. By the analysis of this simplified system, the dependence of these effects on extinction and existence of the individuals can be studied. © 1989 JJAM Publishing Committee.
  • Two-timing Methods with Applications to Heterogeneous Reaction-Diffusion Systems
    Hiroshima Mathematical J. 18 1988年 [査読無し][通常論文]
  • Shin Ichiro Ei, Masayasu Mimura Hiroshima Mathematical Journal 14 649 -678 1985年01月01日 [査読無し][通常論文]
     
    We consider initial-boundary value problems for heterogeneous reactiondiffusion equations(formula presented) and study transient and ot ox ox large time behaviors of solutions. Our method is to explicitly construct a twotiming function u(t, ϵt, x) that converges to the exact solution as ϵ ↓ 0 uniformly in ϵ[0, ∞). Such an explicit expression of approximate solutions in terms of twotiming functions can be applied to a fairly general class of equations of the above form as well as weakly-coupled systems of such equations. © 1980, Pacific Journal of Mathematics.
  • Transient and Large Time Behavior of Solutions to Heterogenlous Reaction-Diffusion Eguaions
    Hiroshima Mathematical J. 14 1984年 [査読無し][通常論文]
  • Phase dynamics on the modified oscillators in Bipedal locomotion
    Wulin Weng, Shin-Ichiro Ei, Kunishige Ohgane [査読無し][通常論文]

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 生命現象における時空間パターンを支配する普遍的数理モデル導出に向けた数学理論の構築
    JSP:CREST
    研究期間 : 2014年10月 -2020年03月 
    代表者 : 栄 伸一郎
  • 複雑現象を数理モデル化するための理論の構築
    文部科学省:科学研究費補助金 基盤(B)
    研究期間 : 2014年04月 -2019年03月 
    代表者 : 栄 伸一郎
  • 高次元局在パターンの運動を解析するための理論
    JSPS:基盤(B)
    研究期間 : 2012年04月 -2017年03月 
    代表者 : 栄 伸一郎
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B), 基盤研究(B))
    研究期間 : 2012年 -2016年 
    代表者 : 栄 伸一郎
  • 文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
    研究期間 : 2009年 -2011年 
    代表者 : 栄 伸一郎, 寅丸 敦
     
    分岐点近傍を考察することにより構成した速度の遅いパルスを,さまざまな形状の領域上を運動させることにより,領域の幾何的性質がパルスの運動に与える影響を調べた.具体的には,滑らかな境界に沿って運動するパルス,細い領域上を運動するパルス,および不均一な媒質内を運動するパルスなどを考察対象とし,運動を記述する方程式を抜き出すための一般的手法の開発と,それを個々の問題に応用し,具体的に運動の抽出と解析を行った.
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2004年 -2007年 
    代表者 : 栄 伸一郎, 柳田 英二, 藤井 一幸, 白石 高章, 水町 轍
     
    当研究期間内の成果を順にあげると,まず第1に,1次元フロント進行波解のダイナミクスに関して,その分岐構造を完全に決定するとともに,空間的に非一様性が入った場合の挙動を力学系的視点から整頓できたことをあげることができる.これにより,フロント進行波解が障壁に対して反射したり通り抜けたりする現象が,不安定多様体のどの側を解軌道が通るかという問題に帰着され,力学系的観点から明快に説明されることとなった.これらの結果に基づき,複数のフロント解の相互作用も解析できた.一般にパルス解の挙動を解析することは困難なことが多いが,2つのフロント解を組み合わせて安定パルス解を構成し,2つのフロント解の相互作用によるダイナミクスとして解析が可能となりつつある.こうした方向の研究は今後の進展が期待される.次に2次元有界領域上におけるスパイク解の挙動に関しては,その取り扱いに関して一般的な枠組みを与えるとともに,応用例としてGierer-Meinhardtモデル,およびその簡易版であるshadow systemに適用し,これまで得られていた結果をすべて包括することができた.具体的には,領域の境界上にあるスパイク解が境界の曲率にしたがって運動し,結果として曲率極大の位置に向かって進むことをダイナミクスの観点から証明した.また曲率極大の点の近傍において,その点を挟む格好の,2つのピークを持った安定スパイク解...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2000年 -2003年 
    代表者 : 栄 伸一郎, 水町 徹, 白石 高章, 藤井 一幸, 竹村 剛一, 柳田 英二
     
    本研究では反応各方程式に現れる様々な局在状態を考え,その時間発展を解析するための理論構築を目指した.その結果,少なくとも空間次元が一次元の問題に関しては分岐構造や相互作用などに関して,一定の成果を得た.具体的にはパルス状に局在した解に対して,その裾野が空間変数に関して指数関数的に減衰しているとき,それらの相互作用を記述する方程式を陽に導出し,かつその数学的妥当性も証明することが出来た.またそれら局在解を分岐点近傍において考察し,従来からの中心多様体と本研究で開発されたパルス相互作用の理論を組み合わせることにより,自己複製現象や弾性的反射運動のようなパルスの様々な複雑な運動を理論的に解析することが出来るようになった.例えば自己複製現象に関しては,ある臨界距離が存在しパルス間距離がその臨界距離を超えて初めて分裂が起きることなどが示された.これは最終的にある空間周期構造を持ったパターンが形成される一つのメカニズムを説明していると考えられる.一方,パルスの弾性的反射現象に関しては空間次元が1次元だけでなく2次元にも拡張され,樟脳片の運動と対応づけられ,実際の実験との比較も行われるようになった.その結果,これまで全く知られていなかった運動が理論式から予測され,数値シミュレーションと実験の両面からその妥当性が現在検証されている.
  • 文部科学省:科学研究費補助金(萌芽的研究)
    研究期間 : 1997年 -1999年 
    代表者 : 栄 伸一郎, 柳田 英二, 藤井 一幸, 一楽 重雄, 中神 祥臣, 水町 徹
     
    最終年度に当たる本年度は、界面を始めとする局在状態のさまざまなダイナミクスを、これまでの研究で得た結果をもとに見直すという作業を行った。特に、パルスの弱い相互作用に基づく解析を、空間一次元におけるパルスのダイナミクスに応用することにより、分岐問題を含め、既成の多くの問題を統一的に見ることが出来るようになった。例えば従来、定常問題の分岐問題として扱われていた問題は、分岐理論を用い、存在、安定性と別々に証明していかなくてはならない場合が多かったが、弱い相互作用のアプローチをすることによって、直接時間発展のダイナミクスを導くことが出来るため、存在と安定性が同時に、かつ容易に示される。特に進行波解の分岐問題に関してその効力は大きく、進行波ということを意識することさえ必要なく、自然に導くことが出来るようになった。更に、ダイナミクスを直接見ることが出来るため、進行波解の分岐点近傍における、パルスの粒子的振る舞いの存在と証明が可能となった。これは、従来数値実験でのみ確認されていた現象であり、その理論的裏付けを与えたことになる。このように、空間一次元の反応拡散方程式における局在解のさまざまな運動は、弱い相互作用のもとでは、ほぼ解析が可能になったといえる。しかし、空間次元が2次元以上では、より複雑なダイナミクスがいくらでも出現し得る。現在のところ、あるパターン形成問題における安定な尖塔状局在定...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
    研究期間 : 1993年 -1993年 
    代表者 : 榮 伸一郎, 栄 伸一郎
     
    反応拡散型のモデル方程式系で記述された生態系や化学反応等の現象において出現するさまざまなパターンは、モデル方程式の解の、ある等高線あるいは等高面を用いて表現される。従ってパターンを解析するということは、解の等高面の運動を研究することに他ならない。本研究では、反応拡散方程式系に関連した、そうした曲面の運動を解析するための第一歩として、曲面がその平均曲率や法線ベクトルのみに依存して運動する場合について、安定性を調べるための一般理論を構築する事を目的とした。その結果、時間的には不動の曲面(定常曲面)が存在した場合、その安定性は、定常曲面上のある種の固有値問題を解くことに帰着されることが示された。これにより、安定性を解析する上で変分的なアプローチが可能となった。このように、曲面の運動が平均曲率等その近傍のみの非常に局所的な情報で記述される場合には、そのダイナミックスの解析がある程度可能となったが、一部の現象を除けば、パターンを表現するような等高面は、かなり大域的な情報を基に運動することが知られている。そのような場合についても安定性等を考察するための理論を作ることが今後の課題である。
  • Nonlinear Partial Diflerential Equations
  • 非線形偏微分方程式
  • Nonlinear Partial Diflerential Equations

教育活動情報

主要な担当授業

  • 数理解析学特別講義
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 理学院
    キーワード : Keller-Segel方程式,初期値問題,解の有界性,定常解への漸近
  • 数学概論
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : 収束、発散、数列、N部分和、偏微分方程式、応用数学 【※内容は変更となる可能性がございます】
  • 教科教育法(数学II)
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 教育学部
    キーワード : 教員養成、指導法、教材研究、学習指導案、授業デザイン、模擬授業
  • 教科教育法(数学I)
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 教育学部
    キーワード : 教員養成、学習指導要領、指導法、授業研究、授業デザイン、ICT活用
  • 一般教育演習(フレッシュマンセミナー)
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : パターン形成, 安定性, 微分方程式, 自己組織化
  • 微分積分学Ⅰ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : 数列, 収束, 関数, 極限, 微分, 偏微分, テイラ-の定理
  • 微分積分学Ⅱ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : 原始関数, 積分, 重積分, リ-マン和, 変数変換
  • 数学特別講義
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 理学部
    キーワード : Keller-Segel方程式,初期値問題,解の有界性,定常解への漸近
  • 数理科学基礎
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 理学部
    キーワード : <栄> 微分方程式,散逸構造,形態形成,進行波. <行木> 離散力学系,カオス,時系列データ解析. <坂井> グラフ上の調和関数,ランダムウォーク表示,脱出確率,再帰性.
  • 数学概論
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : 微分、偏微分、積分、常微分方程式、偏微分方程式、応用数学 【※内容は変更となる可能性がございます】

大学運営

委員歴

  • 2012年03月 - 2014年02月   日本数学会   応用数学分科会評議員

その他

  • 2019年10月 - 2019年10月  China-Japan Workshop for Young Researchers on Nonlinear Diffusion Equations 
    October 26-28, 2019, Beijing, China School of Mathematical Sciences, Capital Normal University, Beijing, China 首都?范大学 数学科学学院,北京,2019,10,26-28 Organizing committee: Hailiang Li Capital Normal University , China Yaping Wu Capital Normal University, China Shin-Ichiro Ei Hokkaido University, Japan Bendong Lou Shanghai Normal University, China Local organizing committee: Hailiang Li、Yaping Wu、Quansen Jiu、Dongjuan Niu、Xuying Zhao http://www.math.sci.hokudai.ac.jp/~Eichiro/Conference/China-Japan2019/WS.html
  • 2019年09月 - 2019年09月  第12回応用数理研究会 
    日時:2019年9月5日(木) - 9月7日(土) 場所:休暇村能登千里浜 石川県羽咋市羽咋町オ 70 Tel:0767-22-4121 https://www.qkamura.or.jp/noto/ 独立行政法人日本学術振興会 科学研究費補助金 基盤研究 (B)JP18H01139(研究代表者:森田善久) 基盤研究 (B)JP16H03949(研究代表者:長山雅晴) 基盤研究 (C)JS18K03412(研究代表者:中村健一) 国立研究開発法人科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業 CREST JPMJCR15D2(研究代表者:長山雅晴) CREST JPMJCR14D3(研究代表者:栄伸一郎) さきがけ JPMJPR16E2(研究代表者:李聖林)
  • 2019年08月 - 2019年08月  第44回偏微分方程式論札幌シンポジウム 
    2019年8月5日(月)~7日(水) 会場:北海道大学 理学部3号館3F309号室 http://www.math.sci.hokudai.ac.jp/sympo/sapporo/program190805.html 組織委員:栄伸一郎、浜向直 プログラム委員:栄伸一郎(北大)、小澤徹(早大)、儀我美一(東大)、 久保英夫(北大)、坂上貴之(京大)、神保秀一(北大)、高岡秀夫(北大)、 津田谷公利(弘前大)、利根川吉廣(東工大) 80名参加.
  • 2019年07月 - 2019年07月  ミニシンポジウム, Mathematical modeling, simulations and theories related to biological phenomena - Part 1, 20190715, 17:00-19:00, Room: FT-2-2, Mathematical modeling, simulations and theories related to biological phenomena - Part 2 
    Organizer: Yoshihisa Morita Organizer: Shin-ichiro Ei Organizer: Masaharu Nagayama ICIAM2019, JULY 15-19, Valencia, Spain
  • 2019年05月 - 2019年05月  ミニシンポジウム MS169 Recent Developments in Dynamics of Localized Patterns - Part I, MS169 Recent Developments in Dynamics of Localized Patterns - Part I 
    20190523, 8:30 AM - 10:10 AM Room: Superior B Organizer: Shin-Ichiro Ei Hokkaido University, Japan Takashi Teramoto Asahikawa Medical University, Japan Peter van Heijster Queensland University of Technology, Australia SIAM Conference on Applications of Dynamical Systems (DS19) May 19 - 23, 2019
  • 2019年02月 - 2019年02月  反応拡散系と実験の融合 2 
    文部科学省委託事業 AIMaP (受託拠点:九州大学 IMI)の支援, 栄伸一郎(北海道大学・理学研究院) 長山雅晴(北海道大学・電子科学研究 所) 日時:2019年2月18日(月)16:00~2月20日(水)18:00 場所:石川県政記念しいのき迎賓館 セミナールームB, 33名参加.
  • 2018年07月 - 2018年07月  Second Joint Australia-Japan workshop on dynamical systems with applications in life science 
    2018/7/15-7/17 美瑛白金四季の森ホテルパークヒルズ https://sites.google.com/view/australia-japan-ws-dsals2/home 23名参加
  • 2018年02月 - 2018年02月  反応拡散系と実験の融合 
    文部科学省委託事業 AIMaP 支援研究集会, 日時:2018年2月21日(水)10:00~2月22日(木)18:00 場所:石川県政記念しいのき迎賓館 セミナールームA 〒920-0962 石川県金沢市広坂2丁目1番1号 TEL:076-261-1111, 組織委員, 栄伸一郎(北海道大学・理学研究院) 長山雅晴(北海道大学・電子科学研究所) 34名参加.
  • 2017年10月 - 2017年10月  formation problems with non-local effects 
    2017-10-7, 15:30 - 17:00, Seminar Room 2, オーガナイズドセッション S12, 組織委員,栄伸一郎・田中吉太郎 (北大・理) 第27回日本数理生物学会大会(JSMB17, Sapporo) 日時:2017年10月6日(金)~8日(日) 場所:北海道大学工学部フロンティア応用科学研究棟
  • 2017年10月 - 2017年10月  New mathematical approaches for understanding of biological phenomena 
    2017-10-07, 14:00 - 15:30, Seminar Room 2, オーガナイズドセッション S10, 組織委員,栄伸一郎、長山雅晴 (北海道大学) 森田善久 (龍谷大学) 第27回日本数理生物学会大会(JSMB17, Sapporo) 日時:2017年10月6日(金)~8日(日) 場所:北海道大学工学部フロンティア応用科学研究棟
  • 2017年10月 - 2017年10月  Patterns and dynamics with nonlocal effect, CREST WS 
    2017-10-4 to 2017-10-5 定山渓ビューホテル. 組織委員 栄伸一郎・田中吉太郎 (北大・理), 16名参加
  • 2017年09月 - 2017年09月  連続と離散を繋ぐ数理解析 
    オーガナイズドセッション, 日本応用数理学会2017年度 年会 武蔵野大学 有明キャンパス 2017年9月6~8日 組織委員:栄 伸一郎, 長山雅晴
  • 2017年08月 - 2017年08月  One-day Workshop on Reaction-Diffusion Equations at Asahikawa 2 
    Monday afternoon, August 21 th to Tuesday morning, August 22 th, 2017, Organizers: Shin-Ichiro Ei,Department of Mathematics, Hokkaido University Takashi Teramoto, School of Medicine, Asahikawa Medical University Place: Asahikawa Tokiwa City Hall, Room 302, 5 jyo-dori 4 chome, Asahikawa 070-0035, Japan, 6名参加 http://www.asahikawa-dpc.co.jp/7Tokiwa/tokiwaindex.html
  • 2016年08月 - 2016年08月  第41回偏微分方程式論札幌シンポジウム 
    2016年8月8日(月)~10日(水) 会場:北海道大学 学術交流会館1階 小講堂 http://www.math.sci.hokudai.ac.jp/sympo/sapporo/program160808.html 組織委員:栄伸一郎、久保英夫 プログラム委員:栄伸一郎(北大)、小澤徹(早大)、儀我美一(東大)、 久保英夫(北大)、坂上貴之(京大)、神保秀一(北大)、高岡秀夫(北大)、 津田谷公利(弘前大)、利根川吉廣(東工大) 75名参加.
  • 2016年08月 - 2016年08月  Patterns and Waves 2016 
    北海道大学学術交流会館 http://www.wpi-aimr.tohoku.ac.jp/mathematics_unit/english/Pattern_and_Waves_2016/resis.htm Organizers: Yasumasa Nishiura (Tohoku University): Chair Shin-Ichiro Ei (Hokkaido University) Masaharu Nagayama (Hokkaido University) Yasu Hiraoka (Tohoku University) 100名以上参加:
  • 2016年07月 - 2016年07月  Joint Australia-Japan workshop on dynamical systems with applications in life sciences 
    18 July - 21 July, 2016, Queensland University of Technology, Brisbane, Queensland, Australia, 組織委員: Peter van Heijster, Queensland University of Technology, Australia Shin-Ichiro Ei, Hokkaido University, Japan Takashi Teramoto, Asahikawa Medical University, Japan, https://sites.google.com/site/petervanheijster/workshop 23名参加
  • 2015年12月 - 2015年12月  「多変数反応拡散系の数理とその周辺」 
    http://www.math.sci.hokudai.ac.jp/~Eichiro/Conference/MultiRD2015/WS2015-12.html 日時:12月25日、26日 場所:神戸大学海事科学部、深江キャンパス 4 号館 4207 教室 アクセス: http://www.maritime.kobe-u.ac.jp/map/ 主催者: 栄 伸一郎 (JST, CREST, 北海道大学), 桑村 雅隆(神戸大学) 27名参加.
  • 2015年11月 - 2015年11月  The 11th HU and SNU Symposium on Mathematics,Mathematical analysis and applications 
    Organizers: Shin-Ichiro Ei(HU), Nam-Gyu Kang (Seoul National Univ.), November 27, 2015, Satellite Sessions of The 18th SNU-HU Joint Symposium, Soeul National University in Cooperation with Hokkaido University November 26 - 27,2015.
  • 2015年09月 - 2015年09月  ミニワークショップ, 分化の波の実験と数理モデル 
    日時:9/2(水) 13:30 - 京都駅前キャンパスプラザ(6階第7講習室) http://www.consortium.or.jp/about-cp-kyoto/access 主催者: 栄 伸一郎 (JST, CREST) 13名参加.
  • 2015年08月 - 2015年08月  第40回偏微分方程式論札幌シンポジウム 
    2015年8月19日(水)~21日(金)北海道大学理学部 7号館講義室(7-310室) http://www.math.sci.hokudai.ac.jp/sympo/sapporo/program150819.html 組織委員: 栄伸一郎(北大)、高岡秀夫(北大)
  • 2015年08月 - 2015年08月  Mathematical Modeling and the analysis in dissipative systems 
    Organizers: SHIN-ICHIRO EI*; Masaharu Nagayama (10665; 10756) Date: August 14 Time: 13:30--15:30 Room: Room 9 , Date: August 14 Time: 16:00--18:00 Room: Room 9 Minisymposia in The 8th International Congress on Industrial and applied mathematics, August 10-14, 2015, Beijing, China.
  • 2015年07月 - 2015年07月  One-day Workshop on Reaction-Diffusion Equations at Asahikawa from Wednesday afternoon 
    July 15th to Thursday morning, July 16th, 2015 Place: Asahikawa Medical University, 2-1-1-1, Midorigaoka-higashi, Asahikawa 078-8510, Japan, Organizers: Takashi Teramoto, School of Medicine, Asahikawa Medical University, Shin-Ichiro Ei, Department of Mathematics, Hokkaido University 5名参加.
  • 2014年11月 - 2014年11月  非線形偏微分方程式冬の学校'14 in 札幌 
    http://www2.math.kyushu-u.ac.jp/~tohru/winter_school/ 日時: 2014年11月21日(金), 22日(土) 場所: 北海道大学理学部5号館305号室 組織委員: (連絡先) 組織委員: 栄 伸一郎 (北海道大, Eichiro@math.sci.hokudai.ac.jp) 西畑 伸也 (東工大, shinya@is.titech.ac.jp) 隠居 良行 (九州大, kagei@math.kyushu-u.ac.jp) 中村 徹 (熊本大, tohru@kumamoto-u.ac.jp) 上田 好寛 (神戸大, ueda@maritime.kobe-u.ac.jp) 34名参加
  • 2014年01月 - 2014年01月  第31回 九州における偏微分方程式研究集会 
    日時:2014 年1 月27 日(月)14:00 ~ 1 月29 日(水)17:00 場所:福岡大学メディカルホール 世話人川島秀一(九州大・数理) 山田直記(福岡大・理) 栄伸一郎(九州大・IMI) 杉山由恵(九州大・数理) 隠居良行(九州大・数理)
  • 2013年12月 - 2013年12月  SGW2013数学協働プログラム-- 複雑現象の数理モデル -- 
    http://sgw2013cmp.imi.kyushu-u.ac.jp/ 12月2日-12月4日, 九大伊都キャンパス, 大学院生 13名、ポスドク 5名、 教員その他スタッフ 20名, 組織委員会 栄 伸一郎(代表者), 溝口 佳寛, 脇 隼人, 渋田 敬史 (九州大学マス・フォア・インダストリ研究所数学理論先進ソフトウェア開発室)
  • 2013年09月 - 2013年09月  「数学ソフトウェアの開発と実践-その現状と未来-」 
    http://imi.kyushu-u.ac.jp/lasm/ws2013/ 2013年9月9日 15:00~18:10, 9月10日 10:00~11:30, アクロス福岡 国際会議場, 組織委員: 栄 伸一郎 ( 溝口 佳寛, 脇 隼人, 渋田敬史 ), 参加者 72名, 講演者・発表者等 6名、一般参加者 66名 (うち、大学関係者名51, 企業19名, その他2名).
  • 2013年02月 - 2013年02月  北陸応用数理研究会2013 
    中村健一 (金沢大学・理工研究域・数物科学系) 栄伸一郎(九州大学・マスフォアインダストリ) 池田榮雄(富山大学・理学研究科) 長山雅晴(北海道大学・電子科学研究所) 日時:2013年2月14日(木)13:00~2月16日(土)12:30 場所:金沢大学 サテライト・プラザ(金沢市西町教育研修館内)3階集会室 〒920-0913 金沢市西町3番丁16番地 参加者: 25名
  • 2013年01月 - 2013年01月  第30回 九州における偏微分方程式研究集会 
    日時:2013年 1月29日(火)14:00~31日(木)17:00 会場:福岡大学2号館221教室 \\ 世話人: 川島秀一(九州大・数理) 山田直記(福岡大・理) 栄伸一郎(九州大・MI 研究所) 隠居良行(九州大・数理)
  • 2012年12月 - 2012年12月  九州非線形偏微分方程式冬の学校'12 in 神戸 
    http://www2.math.kyushu-u.ac.jp/~tohru/winter_school/ 日時: 12月1日(土), 2日(日) 場所: 神戸大学大学院海事科学研究科*海事科学部 講義・研究棟4号館 4301教室 住所:〒658-0022 神戸市東灘区深江南町5丁目1-1 http://www.maritime.kobe-u.ac.jp アクセス: http://www.maritime.kobe-u.ac.jp/map 組織委員: (連絡先) 栄 伸一郎 ichiro@math.kyushu-u.ac.jp 西畑 伸也 shinya@is.titech.ac.jp 隠居 良行 kagei@math.kyushu-u.ac.jp 中村 徹 tohru@math.kyushu-u.ac.jp 上田 好寛 ueda@math.tohoku.ac.jp 35名参加
  • 2012年11月 - 2012年11月  平成24年度数学・数理科学と諸科学・産業との連携研究ワークショップ ネットワーク構造と生命現象 
    2012年11月2日13:30 - 11月3日15:00, JR博多シティ, 大会議室 栄 伸一郎, 平岡 裕章 25名参加
  • 2012年03月 - 2012年03月  ワークショップ「偏微分方程式の最近の話題2012 in 別府」 
    日程:2012年3月18日 - 19日 会場:別府国際コンベンションセンター小会議室31 組織委員: 栄 伸一郎, 木村 正人, 村川 秀樹, 平岡 裕章(九州大学), 辻川 亨(宮崎大学), 永井 敏隆(広島大学), 三村 昌泰(明治大学) 33名参加
  • 2012年01月 - 2012年01月  第29回 九州における偏微分方程式研究集会 
    日時:2012年 1月23日(月)14:00~25日(水)17:00 会場:九州大学 西新プラザ大会議室 福岡市早良区西新2-16-23, TEL : 092-831-8104 福岡市営地下鉄西新駅下車徒歩10分 世話人: 川島秀一(九州大・数理) 栄伸一郎(九州大・数理) 隠居良行(九州大・数理)
  • 2011年11月 - 2011年11月  平成23年度数学・数理科学と諸科学・産業との連携研究ワークショップ 数理モデルの産業・諸科学への活用 -数理モデルの夢- 
    2011年11月30日10:30 - 12月2日16:50, 富士通汐留シティセンター 富士通株式会社 大会議室 西井 龍映(運営責任者) 栄 伸一郎 穴井 宏和
  • 2011年11月 - 2011年11月  シンポジウム「創発と自己組織化-魅惑の非線形」研究会 
    日程:2011年11月21日(月)-22日(火) 会場:九州大学西新プラザ(福岡市早良区西新2-16-23) 世話人 甲斐 昌一(九州大学大学院工学研究院) 栄伸一郎(九州大学大学院数理学研究院) 日高 芳樹(九州大学大学院工学研究院)
  • 2011年09月 - 2011年09月  4th MSJ-SI, 偏微分方程式における非線形ダイナミクス 
    http://mathsoc.jp/meeting/msjsi11/ 2011年9月12日(月) ― 21日(水) 場所:九州大学医学部百年記念講堂 組織委員:Shin-Ichiro Ei (Kyushu University)(委員長), Ryo Ikehata (Hiroshima University), Yoshiyuki Kagei (Kyushu University), Shuichi Kawashima (Kyushu University), Takayuki Kobayashi (Saga University), Masashi Misawa (Kumamoto University), Takasi Senba (Kyushu Institute of Technology), Tohru Tsujikawa (University of Miyazaki), Naoki Yamada (Fukuoka University) 203名参加(海外39名)
  • 2011年01月 - 2011年01月  第28回 九州における偏微分方程式研究集会 
    日時:2011年 1月24日(月)14:00~26日(水)17:00 会場:九州大学 西新プラザ大会議室 福岡市早良区西新2-16-23, TEL : 092-831-8104 福岡市営地下鉄西新駅下車徒歩10分 (http://www.kyushu-u.ac.jp/university/institution-use/nishijin/ index.htm) 世話人: 川島秀一(九州大・数理) 栄伸一郎(九州大・数理) 隠居良行(九州大・数理)
  • 2010年12月 - 2010年12月  九州非線形偏微分方程式・冬の学校 
    主催者: 栄 伸一郎(九州大・数理), 西畑伸也(東京工大・情報理工) 隠居良行(九州大・数理), 中村 徹 (九州大・数理) 上田好寛(東北大・理) 開催場所:福岡市中央区, 福大セミナーハウス 開催日時:2010年12月10日, 11日 (予備講義 12/9) 報告集の有無と入手可能な場合の連絡先: 無 (講演資料が http://www2.math.kyushu-u.ac.jp/~tohru/winter_school_10/ から入手可能) 72名参加
  • 2010年06月 - 2010年06月  ワークショップ 創発現象の世界2 
    日時:2010年6月11日(金) 13:00~17:10 会場:九州大学医学部百年記念講堂 中ホール3 組織委員 主催者(所属):甲斐昌一 (九州大学 大学院工学研究院), 山口智彦(産業技術総合研究所), 栄伸一郎(九州大学 大学院数理学研究院), 日高芳樹(九州大学 大学院工学研究院) 47名参加
  • 2010年04月 - 2010年04月  研究集会「偏微分方程式の最近の話題2010 in 別府」 
    日時: 平成22 年4 月3 日13 時30 分から4 月4 日11 時30 分まで 会場: 別府国際コンベンションセンター (大分県別府市山の手町12 番1 号、http://www.b-conplaza.jp) 組織委員: 栄伸一郎(九州大学) 大沼正樹(徳島大学) 観音幸雄(愛媛大学) 辻川 亨(宮崎大学)[代表] 中木達幸(広島大学)[事務局] 長山雅晴(金沢大学)
  • 2010年01月 - 2010年01月  第27回「九州における偏微分方程式」研究集会 
    主催者:川島秀一(九州大・数理) 栄伸一郎(九州大・数理) 隠居良行(九州大・数理) 開催場所:九州大学西新プラザ 開催日時:2010年1月25日 - 27日 報告集の有無と入手可能な場合の連絡先: 無 (講演資料が http://www2.math.kyushu-u.ac.jp/FE-Seminar/kyu-pde-10/ から入手可能) 約90名参加
  • 2010年01月 - 2010年01月  「九州における偏微分方程式」研究集会 
    九州大学西新プラザ, 2010年1月25日 - 27日
  • 2009年11月 - 2009年11月  九州非線形偏微分方程式・冬の学校 
    主催者:栄 伸一郎(九州大・数理), 西畑伸也(東京工大・情報理工) 隠居良行(九州大・数理), 中村 徹 (九州大・数理) 上田好寛(東北大・理) 開催場所:福岡市中央区, 福大セミナーハウス 開催日時:2009年11月6日, 7日 報告集の有無と入手可能な場合の連絡先: 無 (講演資料が http://www2.math.kyushu-u.ac.jp/~tohru/winter_school_09/ から入手可能) 65名参加
  • 2009年11月 - 2009年11月  九州非線形偏微分方程式・冬の学校 
    組織委員長 日時:2009年11月6日, 7日 場所:福岡市中央区, 福大セミナーハウス
  • 2009年10月 - 2009年10月  「創発現象の世界」 
    主催者(所属):甲斐昌一 (九州大学 大学院工学研究院), 山口智彦(産業技術総合研究所), 栄伸一郎(九州大学 大学院数理学研究院), 日高芳樹(九州大学 大学院工学研究院), 木村正人(九州大学 大学院数理学研究院) 開催場所:九州大学西新プラザ 開催時期:2009年10月16日, 17日 報告集の有無と入手可能な場合の連絡先: 無 (講演資料が http://www2.math.kyushu-u.ac.jp/~masato/nl/nl-wep.html から入手可能) 約40名参加
  • 2009年10月 - 2009年10月  ワークショップ「創発現象の世界」 
    日時:2009年10月16日, 17日 会場:九州大学西新プラザ
  • 2009年01月 - 2009年01月  「九州における偏微分方程式」研究集会 
    九州大学 箱崎キャンパス 国際ホール, 2009年1月26日 - 28日
  • 2008年11月 - 2008年11月  九州非線形偏微分方程式・冬の学校 
    組織委員長 日時:11月21日 - 22日 場所:福岡市東区箱崎九州大学箱崎キャンパス工学部本館3F10番講義室 88名参加
  • 2008年06月 - 2008年06月  「パターンダイナミクスの数理とその周辺」- 界面あるいは振動子系に現れる時・空間パターンに関連して - 
    研究代表者 日時:6月25日2:00 - 6月27日正午 会場:京都大学数理解析研究所420号室
  • 2008年01月 - 2008年01月  「九州における偏微分方程式」研究集会 
    九州大学 箱崎キャンパス 国際ホール, 2008年1月28日 - 30日.
  • 2007年12月 - 2007年12月  九州非線形偏微分方程式「冬の学校」 
    組織委員長, 九州大学箱崎キャンパス 理学部2号館2F大会議室, 2007.12.6, 7. 70名
  • 2007年09月 - 2007年09月  非線形数理 「秋の学校」 
    組織委員長, 明治大学秋葉原サテライトキャンパス(東京), 2007.9.25 - 27.
  • 2007年01月 - 2007年01月  「九州における偏微分方程式」研究集会 
    九州大学 箱崎キャンパス 国際ホール, 2007年1月29日 - 31日.
  • 2006年04月 - 2006年04月  工学における非線形性 
    九州大学西新プラザ, 組織委員長. 2006年4月3日-4日
  • 2006年03月 - 2006年03月  非線形数理小研究集会 
    九州大学西新プラザ, 2006年3月7日(火曜日)10:00--17:40.
  • 2006年01月 - 2006年01月  「九州における偏微分方程式」研究集会 
    九州大学 箱崎キャンパス 国際ホール, 2006.1.30 - 2.1.
  • 2005年10月 - 2005年10月  物理における非線形性 
    九州大学西新プラザ, 組織委員長 2005年10月28日-29日
  • 2005年07月 - 2005年07月  生物における非線形性 
    九州大学西新プラザ, 組織委員長 2005年7月1日-2日
  • 2005年02月 - 2005年02月  「九州における偏微分方程式」研究集会 
    九州大学 箱崎キャンパス 国際ホール, 2005.1.26 - 28.
  • 2004年12月 - 2004年12月  「非線形数理」冬の学校 
    東工大 大岡山キャンパス西8号館W1008号室, 2004.12.16 - 17
  • 2004年11月 - 2004年11月  Mini Symposium「走性の数理」 
    企画者, 「生物数学の理論とその応用」 京都大学数理解析研究所共同研究集会 研究代表者 竹内康博(静岡大), 1 F 115 号室, 15:20 - 17:50, 3講演, 2004.11.30.


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.