出村 誠デムラ マコトresearchmap個人ページ

更新日 : 2017/09/19

基本情報

プロフィール

所属部署名
先端生命科学研究院 生命機能科学研究部門 生物情報解析科学研究分野
人材育成本部
国際連携研究教育局
職名教授 
学位
薬学博士(北海道大学)
メールアドレス
ホームページURLhttp://altair.sci.hokudai.ac.jp/infana/
科研費研究者番号

研究キーワード

ソフトマター, 膜タンパク質, ロドプシン, バイオミミクリー, 生物物理学, NMR, タンパク質, 天然高分子・合成高分子

研究分野

生物科学 / 生物物理学
生物科学 / 構造生物化学
材料化学 / 高分子・繊維材料
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
生物科学 / 生物物理学
生物科学 / 構造生物化学
材料化学 / 高分子・繊維材料

職歴

2013年04月
-
現在
北海道大学大学院先端生命科学研究院(研究院長・教授)
2006年04月
-
現在
北海道大学大学院先端生命科学研究院(教授)
2006年
-
2016年
- 大阪大学蛋白質研究所 共同研究員
1998年10月
-
2006年03月
北海道大学大学院理学研究科(助教授)
1992年01月
-
1998年09月
東京農工大学機器分析センター(専任講師)
1986年04月
-
1992年01月
東京農工大学工学部物質生物工学科(教務職員)
1997年
北海道大学(非常勤講師)
2004年
 筑波大学 非常勤講師
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2013年04月
-
現在
北海道大学大学院先端生命科学研究院(研究院長・教授)
2006年04月
-
現在
北海道大学大学院先端生命科学研究院(教授)
2006年
-
2016年
- 大阪大学蛋白質研究所 共同研究員
1998年10月
-
2006年03月
北海道大学大学院理学研究科(助教授)
1992年01月
-
1998年09月
東京農工大学機器分析センター(専任講師)
1986年04月
-
1992年01月
東京農工大学工学部物質生物工学科(教務職員)
1997年
北海道大学(非常勤講師)
2004年
 筑波大学 非常勤講師

学歴

1983年04月
-
1986年03月
北海道大学 大学院薬学研究科製薬化学専攻博士課程修了(薬学博士)
学歴を全て表示する
学歴閉じる
1983年04月
-
1986年03月
北海道大学 大学院薬学研究科製薬化学専攻博士課程修了(薬学博士)

所属学協会

日本蚕糸学会
日本生物物理学会
日本化学会
繊維学会
高分子学会
日本蛋白質科学会
日本核磁気共鳴学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
日本蚕糸学会
日本生物物理学会
日本化学会
繊維学会
高分子学会
日本蛋白質科学会
日本核磁気共鳴学会

研究活動

論文

Transient Resonance Raman Spectroscopy of a Light-Driven Sodium-Ion-Pump Rhodopsin from Indibacter alkaliphilus.
Kajimoto K, Kikukawa T, Nakashima H, Yamaryo H, Saito Y, Fujisawa T, Demura M, Unno M
The journal of physical chemistry. B 121(17) 4431-4437 2017年05月
Implications for the Light-Driven Chloride Ion Transport Mechanism of Nonlabens marinus Rhodopsin 3 by Its Photochemical Characteristics.
Tsukamoto T, Yoshizawa S, Kikukawa T, Demura M, Sudo Y
The journal of physical chemistry. B 121(9) 2027-2038 2017年02月
Photochemical characterization of actinorhodopsin and its functional existence in the natural host.
Nakamura S, Kikukawa T, Tamogami J, Kamiya M, Aizawa T, Hahn MW, Ihara K, Kamo N, Demura M
Biochimica et biophysica acta 1857(12) 1900-1908 2016年12月
Lipopolysaccharide-bound structure of the antimicrobial peptide cecropin P1 determined by nuclear magnetic resonance spectroscopy.
Baek MH, Kamiya M, Kushibiki T, Nakazumi T, Tomisawa S, Abe C, Kumaki Y, Kikukawa T, Demura M, Kawano K, Aizawa T
Journal of peptide science : an official publication of the European Peptide Society 22(4) 214-221 2016年04月
Formation of M-Like Intermediates in Proteorhodopsin in Alkali Solutions (pH ≥ ∼8.5) Where the Proton Release Occurs First in Contrast to the Sequence at Lower pH.
Tamogami J, Sato K, Kurokawa S, Yamada T, Nara T, Demura M, Miyauchi S, Kikukawa T, Muneyuki E, Kamo N
Biochemistry 55(7) 1036-1048 2016年02月
Expression, purification and characterization of the recombinant cysteine-rich antimicrobial peptide snakin-1 in Pichia pastoris.
Kuddus MR, Rumi F, Tsutsumi M, Takahashi R, Yamano M, Kamiya M, Kikukawa T, Demura M, Aizawa T
Protein expression and purification 122 15-22 2016年02月
In vivo fluorescence correlation spectroscopy analyses of FMBP-1, a silkworm transcription factor.
Tsutsumi M, Muto H, Myoba S, Kimoto M, Kitamura A, Kamiya M, Kikukawa T, Takiya S, Demura M, Kawano K, Kinjo M, Aizawa T
FEBS open bio 6(2) 106-125 2016年02月
Characterization of a Cyanobacterial Chloride-pumping Rhodopsin and Its Conversion into a Proton Pump.
Hasemi T, Kikukawa T, Kamo N, Demura M
The Journal of biological chemistry 291(1) 355-362 2016年01月
Structure determination of uniformly 13C, 15N labeled protein using qualitative distance restraints from MAS solid-state 13C-NMR observed paramagnetic relaxation enhancement.
Tamaki H, Egawa A, Kido K, Kameda T, Kamiya M, Kikukawa T, Aizawa T, Fujiwara T, Demura M
Journal of biomolecular NMR 64(1) 87-101 2016年01月
Structural basis for the slow photocycle and late proton release in Acetabularia rhodopsin I from the marine plant Acetabularia acetabulum.
Furuse M, Tamogami J, Hosaka T, Kikukawa T, Shinya N, Hato M, Ohsawa N, Kim SY, Jung KH, Demura M, Miyauchi S, Kamo N, Shimono K, Kimura-Someya T, Yokoyama S, Shirouzu M
Acta crystallographica. Section D, Biological crystallography 71(Pt 11) 2203-2216 2015年11月
論文を全て表示する
論文閉じる
Transient Resonance Raman Spectroscopy of a Light-Driven Sodium-Ion-Pump Rhodopsin from Indibacter alkaliphilus.
Kajimoto K, Kikukawa T, Nakashima H, Yamaryo H, Saito Y, Fujisawa T, Demura M, Unno M
The journal of physical chemistry. B 121(17) 4431-4437 2017年05月
Implications for the Light-Driven Chloride Ion Transport Mechanism of Nonlabens marinus Rhodopsin 3 by Its Photochemical Characteristics.
Tsukamoto T, Yoshizawa S, Kikukawa T, Demura M, Sudo Y
The journal of physical chemistry. B 121(9) 2027-2038 2017年02月
Photochemical characterization of actinorhodopsin and its functional existence in the natural host.
Nakamura S, Kikukawa T, Tamogami J, Kamiya M, Aizawa T, Hahn MW, Ihara K, Kamo N, Demura M
Biochimica et biophysica acta 1857(12) 1900-1908 2016年12月
Lipopolysaccharide-bound structure of the antimicrobial peptide cecropin P1 determined by nuclear magnetic resonance spectroscopy.
Baek MH, Kamiya M, Kushibiki T, Nakazumi T, Tomisawa S, Abe C, Kumaki Y, Kikukawa T, Demura M, Kawano K, Aizawa T
Journal of peptide science : an official publication of the European Peptide Society 22(4) 214-221 2016年04月
Formation of M-Like Intermediates in Proteorhodopsin in Alkali Solutions (pH ≥ ∼8.5) Where the Proton Release Occurs First in Contrast to the Sequence at Lower pH.
Tamogami J, Sato K, Kurokawa S, Yamada T, Nara T, Demura M, Miyauchi S, Kikukawa T, Muneyuki E, Kamo N
Biochemistry 55(7) 1036-1048 2016年02月
Expression, purification and characterization of the recombinant cysteine-rich antimicrobial peptide snakin-1 in Pichia pastoris.
Kuddus MR, Rumi F, Tsutsumi M, Takahashi R, Yamano M, Kamiya M, Kikukawa T, Demura M, Aizawa T
Protein expression and purification 122 15-22 2016年02月
In vivo fluorescence correlation spectroscopy analyses of FMBP-1, a silkworm transcription factor.
Tsutsumi M, Muto H, Myoba S, Kimoto M, Kitamura A, Kamiya M, Kikukawa T, Takiya S, Demura M, Kawano K, Kinjo M, Aizawa T
FEBS open bio 6(2) 106-125 2016年02月
Characterization of a Cyanobacterial Chloride-pumping Rhodopsin and Its Conversion into a Proton Pump.
Hasemi T, Kikukawa T, Kamo N, Demura M
The Journal of biological chemistry 291(1) 355-362 2016年01月
Structure determination of uniformly 13C, 15N labeled protein using qualitative distance restraints from MAS solid-state 13C-NMR observed paramagnetic relaxation enhancement.
Tamaki H, Egawa A, Kido K, Kameda T, Kamiya M, Kikukawa T, Aizawa T, Fujiwara T, Demura M
Journal of biomolecular NMR 64(1) 87-101 2016年01月
Structural basis for the slow photocycle and late proton release in Acetabularia rhodopsin I from the marine plant Acetabularia acetabulum.
Furuse M, Tamogami J, Hosaka T, Kikukawa T, Shinya N, Hato M, Ohsawa N, Kim SY, Jung KH, Demura M, Miyauchi S, Kamo N, Shimono K, Kimura-Someya T, Yokoyama S, Shirouzu M
Acta crystallographica. Section D, Biological crystallography 71(Pt 11) 2203-2216 2015年11月
Solution structure of an avirulence protein, AVR-Pia, from Magnaporthe oryzae.
Ose T, Oikawa A, Nakamura Y, Maenaka K, Higuchi Y, Satoh Y, Fujiwara S, Demura M, Sone T, Kamiya M
Journal of biomolecular NMR 63(2) 229-235 2015年10月
Probing the Cl--pumping photocycle of pharaonis halorhodopsin: Examinations with bacterioruberin, an intrinsic dye, and membrane potential-induced modulation of the photocycle.
Kikukawa T, Kusakabe C, Kokubo A, Tsukamoto T, Kamiya M, Aizawa T, Ihara K, Kamo N, Demura M
Biochimica et biophysica acta 1847(8) 748-758 2015年08月
Efficient production of a correctly folded mouse α-defensin, cryptdin-4, by refolding during inclusion body solubilization.
Tomisawa S, Sato Y, Kamiya M, Kumaki Y, Kikukawa T, Kawano K, Demura M, Nakamura K, Ayabe T, Aizawa T
Protein expression and purification 112 21-28 2015年04月
The effects of chloride ion binding on the photochemical properties of sensory rhodopsin II from Natronomonas pharaonis.
Tamogami J, Iwano K, Matsuyama A, Kikukawa T, Demura M, Nara T, Kamo N
Journal of photochemistry and photobiology. B, Biology 141 192-201 2014年12月
Irreversible Trimer to Monomer Transition of Thermophilic Rhodopsin upon Thermal Stimulation.
Tsukamoto T, Demura M, Sudo Y
The journal of physical chemistry. B 118(43) 12383-12394 2014年10月
Interaction between tachyplesin I, an antimicrobial peptide derived from horseshoe crab, and lipopolysaccharide.
Kushibiki T, Kamiya M, Aizawa T, Kumaki Y, Kikukawa T, Mizuguchi M, Demura M, Kawabata S, Kawano K
Biochimica et biophysica acta 1844(3) 527-534 2014年03月
Role of Thr218 in the light-driven anion pump halorhodopsin from Natronomonas pharaonis.
Shibasaki K, Shigemura H, Kikukawa T, Kamiya M, Aizawa T, Kawano K, Kamo N, Demura M
Biochemistry 52(51) 9257-9268 2013年12月
Synthesis and characterization of water-soluble silk peptides and recombinant silk protein containing polyalanine, the integrin binding site, and two glutamic acids at each terminal site as a possible candidate for use in bone repair materials.
Asakura T, Suzuki Y, Nagano A, Knight D, Kamiya M, Demura M
Biomacromolecules 14(10) 3731-3741 2013年10月
Role of S-Palmitoylation on IFITM5 for the Interaction with FKBP11 in Osteoblast Cells.
Tsukamoto T, Li X, Morita H, Minowa T, Aizawa T, Hanagata N, Demura M
PloS one 8(9) e75831 2013年09月
Overexpression of an antimicrobial peptide derived from C. elegans using an aggregation-prone protein coexpression system.
Tomisawa S, Hojo E, Umetsu Y, Ohki S, Kato Y, Miyazawa M, Mizuguchi M, Kamiya M, Kumaki Y, Kikukawa T, Kawano K, Demura M, Aizawa T
AMB Express 3(1) 45 2013年08月
A new approach to detect small peptides clearly and sensitively by Western blotting using a vacuum-assisted detection method
S. Tomisawa, C. Abe, M. Kamiya, T. Kikukawa, M. Demura, K. Kawano, T. Aizawa
Biophysics 9 79-83 2013年06月
Molecular Mechanisms of the Cytotoxicity of Human α-Lactalbumin Made Lethal to Tumor Cells (HAMLET) and Other Protein-Oleic Acid Complexes.
Nakamura T, Aizawa T, Kariya R, Okada S, Demura M, Kawano K, Makabe K, Kuwajima K
The Journal of biological chemistry 288(20) 14408-14416 2013年05月
Thermodynamic parameters of anion binding to halorhodopsin from Natronomonas pharaonis by isothermal titration calorimetry.
Hayashi S, Tamogami J, Kikukawa T, Okamoto H, Shimono K, Miyauchi S, Demura M, Nara T, Kamo N
Biophysical chemistry 172 61-67 2013年02月
Salt bridge in the conserved His-Asp cluster in Gloeobacter rhodopsin contributes to trimer formation.
Tsukamoto T, Kikukawa T, Kurata T, Jung KH, Kamo N, Demura M
FEBS letters 587(4) 322-327 2013年02月
Influence of halide binding on the hydrogen bonding network in the active site of Salinibacter sensory rhodopsin I.
Reissig L, Iwata T, Kikukawa T, Demura M, Kamo N, Kandori H, Sudo Y
Biochemistry 51(44) 8802-8813 2012年11月
Photoinduced proton release in proteorhodopsin at low pH: the possibility of a decrease in the pK(a) of Asp227.
Tamogami J, Kikukawa T, Nara T, Shimono K, Demura M, Kamo N
Biochemistry 51(46) 9290-9301 2012年11月
Dynamics of Dangling Bonds of Water Molecules in pharaonis Halorhodopsin during Chloride Ion Transportation.
Furutani Y, Fujiwara K, Kimura T, Kikukawa T, Demura M, Kandori H
The journal of physical chemistry letters 3(20) 2964-2969 2012年10月
Structural characterization of a trapped folding intermediate of pyrrolidone carboxyl peptidase from a hyperthermophile.
Mizuguchi M, Takeuchi M, Ohki S, Nabeshima Y, Kouno T, Aizawa T, Demura M, Kawano K, Yutani K
Biochemistry 51(31) 6089-6096 2012年08月
Protein-bound water as the determinant of asymmetric functional conversion between light-driven proton and chloride pumps.
Muroda K, Nakashima K, Shibata M, Demura M, Kandori H
Biochemistry 51(23) 4677-4684 2012年06月
Homotrimer formation and dissociation of pharaonis halorhodopsin in detergent system.
Tsukamoto T, Sasaki T, Fujimoto KJ, Kikukawa T, Kamiya M, Aizawa T, Kawano K, Kamo N, Demura M
Biophysical journal 102(12) 2906-2915 2012年06月
Photo-induced bleaching of sensory rhodopsin II (phoborhodopsin) from Halobacterium salinarum by hydroxylamine: identification of the responsible intermediates.
Tamogami J, Kikukawa T, Ikeda Y, Demura M, Nara T, Kamo N
Journal of photochemistry and photobiology. B, Biology 106 87-94 2012年01月
Expression of salinarum halorhodopsin in Escherichia coli cells: solubilization in the presence of retinal yields the natural state.
Yamashita Y, Kikukawa T, Tsukamoto T, Kamiya M, Aizawa T, Kawano K, Miyauchi S, Kamo N, Demura M
Biochimica et biophysica acta 1808 2905-2912 2011年12月
NMR analysis of the fibronectin cell-adhesive sequence, Arg-Gly-Asp, in a recombinant silk-like protein and a model peptide.
Asakura T, Nishi H, Nagano A, Yoshida A, Nakazawa Y, Kamiya M, Demura M
Biomacromolecules 12(11) 3910-3916 2011年11月
An amino acid residue (S201) in the retinal binding pocket regulates the photoreaction pathway of phoborhodopsin.
Dai G, Zhang Y, Tamogami J, Demura M, Kamo N, Kandori H, Iwasa T
Biochemistry 50(33) 7177-7183 2011年08月
Sensitive detection of protein-lipid interaction change on bacteriorhodopsin using dodecyl β-D-maltoside.
Sasaki T, Demura M, Kato N, Mukai Y
Biochemistry 50(12) 2283-2290 2011年03月
The Structure of Physarum polycephalum hemagglutinin I suggests a minimal carbohydrate recognition domain of legume lectin fold.
Kouno T, Watanabe N, Sakai N, Nakamura T, Nabeshima Y, Morita M, Mizuguchi M, Aizawa T, Demura M, Imanaka T, Tanaka I, Kawano K
Journal of molecular biology 405(2) 560-569 2011年01月
Development of an injectable chitosan/marine collagen composite gel.
Wang W, Itoh S, Aizawa T, Okawa A, Sakai K, Ohkuma T, Demura M
Biomedical materials (Bristol, England) 5 065009 2010年12月
Porous Silk Fibroin Film as a Transparent Carrier for Cultivated Corneal Epithelial Sheets.
Higa K, Takeshima N, Moro F, Kawakita T, Kawashima M, Demura M, Shimazaki J, Asakura T, Tsubota K, Shimmura S
Journal of biomaterials science. Polymer edition 2010年11月
STPR, a 23-amino acid tandem repeat domain, found in the human function-unknown protein ZNF821.
Nonaka Y, Muto H, Aizawa T, Okabe E, Myoba S, Yokoyama T, Saito S, Tatami F, Kumaki Y, Kamiya M, Kikukawa T, Mizuguchi M, Takiya S, Kinjo M, Demura M, Kawano K
Biochemistry 49(38) 8367-8375 2010年09月
Polyglutamine tract-binding protein-1 binds to U5-15kD via a continuous 23-residue segment of the C-terminal domain.
Takahashi M, Mizuguchi M, Shinoda H, Aizawa T, Demura M, Okazawa H, Kawano K
Biochimica et biophysica acta 1804 1500-1507 2010年07月
Structure-activity relationship of a novel pentapeptide with cancer cell growth-inhibitory activity.
Kamiya M, Oyauchi K, Sato Y, Yokoyama T, Wang M, Aizawa T, Kumaki Y, Mizuguchi M, Imai K, Demura M, Suzuki K, Kawano K
Journal of peptide science : an official publication of the European Peptide Society 16(5) 242-248 2010年05月
The photochemical reaction cycle and photoinduced proton transfer of sensory rhodopsin II (Phoborhodopsin) from Halobacterium salinarum.
Tamogami J, Kikukawa T, Ikeda Y, Takemura A, Demura M, Kamo N
Biophysical journal 98(7) 1353-1363 2010年04月
Effect of chloride binding on the thermal trimer-monomer conversion of halorhodopsin in the solubilized system.
Sasaki T, Aizawa T, Kamiya M, Kikukawa T, Kawano K, Kamo N, Demura M
Biochemistry 48(51) 12089-12095 2009年12月
C-terminal elongation of growth-blocking peptide enhances its biological activity and micelle binding affinity.
Umetsu Y, Aizawa T, Muto K, Yamamoto H, Kamiya M, Kumaki Y, Mizuguchi M, Demura M, Hayakawa Y, Kawano K
The Journal of biological chemistry 284(43) 29625-29634 2009年10月
A novel beta-defensin structure: big defensin changes its N-terminal structure to associate with the target membrane.
Kouno T, Mizuguchi M, Aizawa T, Shinoda H, Demura M, Kawabata S, Kawano K
Biochemistry 48(32) 7629-7635 2009年08月
DNA-binding property of the novel DNA-binding domain STPR in FMBP-1 of the silkworm Bombyx mori.
Takiya S, Saito S, Yokoyama T, Matsumoto D, Aizawa T, Kamiya M, Demura M, Kawano K
Journal of biochemistry 146(1) 103-111 2009年07月
Polyglutamine tract binding protein-1 is an intrinsically unstructured protein.
Takahashi M, Mizuguchi M, Shinoda H, Aizawa T, Demura M, Okazawa H, Kawano K
Biochimica et biophysica acta 1794 936-943 2009年06月
Properties of the anion-binding site of pharaonis Halorhodopsin studied by ultrafast pump-probe spectroscopy and low-temperature FTIR spectroscopy.
Nakashima K, Nakamura T, Takeuchi S, Shibata M, Demura M, Tahara T, Kandori H
The journal of physical chemistry. B 113(24) 8429-8434 2009年06月
Reaction dynamics of halorhodopsin studied by time-resolved diffusion.
Inoue K, Kubo M, Demura M, Kamo N, Terazima M
Biophysical journal 96(9) 3724-3734 2009年05月
A novel peptide mediates aggregation and migration of hemocytes from an insect.
Nakatogawa S, Oda Y, Kamiya M, Kamijima T, Aizawa T, Clark KD, Demura M, Kawano K, Strand MR, Hayakawa Y
Current biology : CB 19 779-785 2009年05月
X-ray crystallography and structural stability of digestive lysozyme from cow stomach.
Nonaka Y, Akieda D, Aizawa T, Watanabe N, Kamiya M, Kumaki Y, Mizuguchi M, Kikukawa T, Demura M, Kawano K
The FEBS journal 276(8) 2192-2200 2009年04月
Role of Arg123 in light-driven anion pump mechanisms of pharaonis halorhodopsin.
Kubo M, Kikukawa T, Miyauchi S, Seki A, Kamiya M, Aizawa T, Kawano K, Kamo N, Demura M
Photochemistry and photobiology 85(2) 547-555 2009年03月
Halorhodopsin from natronomonas pharaonis forms a trimer even in the presence of a detergent, dodecyl-beta-D-maltoside.
Sasaki T, Kubo M, Kikukawa T, Kamiya M, Aizawa T, Kawano K, Kamo N, Demura M
Photochemistry and photobiology 85(1) 130-136 2009年01月
Heat-treatment method for producing fatty acid-bound alpha-lactalbumin that induces tumor cell death.
Kamijima T, Ohmura A, Sato T, Akimoto K, Itabashi M, Mizuguchi M, Kamiya M, Kikukawa T, Aizawa T, Takahashi M, Kawano K, Demura M
Biochemical and biophysical research communications 376(1) 211-214 2008年11月
The structure of S100A11 fragment explains a local structural change induced by phosphorylation.
Kouno T, Mizuguchi M, Sakaguchi M, Makino E, Mori Y, Shinoda H, Aizawa T, Demura M, Huh NH, Kawano K
Journal of peptide science : an official publication of the European Peptide Society 14(10) 1129-1138 2008年10月
A novel beta-defensin structure: a potential strategy of big defensin for overcoming resistance by Gram-positive bacteria.
Kouno T, Fujitani N, Mizuguchi M, Osaki T, Nishimura S, Kawabata S, Aizawa T, Demura M, Nitta K, Kawano K
Biochemistry 47(40) 10611-10619 2008年10月
Ultrafast pump-probe study of the primary photoreaction process in pharaonis halorhodopsin: halide ion dependence and isomerization dynamics.
Nakamura T, Takeuchi S, Shibata M, Demura M, Kandori H, Tahara T
The journal of physical chemistry. B 112(40) 12795-12800 2008年10月
Structural properties of the DNA-bound form of a novel tandem repeat DNA-binding domain, STPR.
Saito S, Yokoyama T, Aizawa T, Kawaguchi K, Yamaki T, Matsumoto D, Kamijima T, Kamiya M, Kumaki Y, Mizuguchi M, Takiya S, Demura M, Kawano K
Proteins 72 414-426 2008年07月
Spontaneous asparaginyl deamidation of canine milk lysozyme under mild conditions.
Nonaka Y, Aizawa T, Akieda D, Yasui M, Watanabe M, Watanabe N, Tanaka I, Kamiya M, Mizuguchi M, Demura M, Kawano K
Proteins 72 313-322 2008年07月
Enhanced nerve regeneration through a bilayered chitosan tube: the effect of introduction of glycine spacer into the CYIGSR sequence.
Wang W, Itoh S, Matsuda A, Aizawa T, Demura M, Ichinose S, Shinomiya K, Tanaka J
Journal of biomedical materials research. Part A 85 919-928 2008年06月
The structure of a novel insect peptide explains its Ca2+ channel blocking and antifungal activities.
Kouno T, Mizuguchi M, Tanaka H, Yang P, Mori Y, Shinoda H, Unoki K, Aizawa T, Demura M, Suzuki K, Kawano K
Biochemistry 46(48) 13733-13741 2007年12月
Equilibrium and kinetics of the folding and unfolding of canine milk lysozyme.
Nakatani H, Maki K, Saeki K, Aizawa T, Demura M, Kawano K, Tomoda S, Kuwajima K
Biochemistry 46(17) 5238-5251 2007年05月
The solution structure of horseshoe crab antimicrobial peptide tachystatin B with an inhibitory cystine-knot motif.
Fujitani N, Kouno T, Nakahara T, Takaya K, Osaki T, Kawabata S, Mizuguchi M, Aizawa T, Demura M, Nishimura S, Kawano K
Journal of peptide science : an official publication of the European Peptide Society 13(4) 269-279 2007年04月
Interaction of the halobacterial transducer to a halorhodopsin mutant engineered so as to bind the transducer: Cl- circulation within the extracellular channel.
Hasegawa C, Kikukawa T, Miyauchi S, Seki A, Sudo Y, Kubo M, Demura M, Kamo N
Photochemistry and photobiology 83 293-302 2007年03月
Destabilization of transthyretin by pathogenic mutations in the DE loop.
Takeuchi M, Mizuguchi M, Kouno T, Shinohara Y, Aizawa T, Demura M, Mori Y, Shinoda H, Kawano K
Proteins 66 716-725 2007年02月
Differential scanning calorimetry of a metalloprotein under controlled metal-ion activity.
Yasui M, Miyahara T, Aizawa T, Demura M, Nitta K
The protein journal 25 475-482 2006年12月
A novel N14Y mutation in Connexin26 in keratitis-ichthyosis-deafness syndrome: analyses of altered gap junctional communication and molecular structure of N terminus of mutated Connexin26.
Arita K, Akiyama M, Aizawa T, Umetsu Y, Segawa I, Goto M, Sawamura D, Demura M, Kawano K, Shimizu H
The American journal of pathology 169(2) 416-423 2006年08月
Internal water molecules of the proton-pumping halorhodopsin in the presence of azide.
Muneda N, Shibata M, Demura M, Kandori H
Journal of the American Chemical Society 128(19) 6294-6295 2006年05月
Preparation and observation of fresh-frozen sections of the green fluorescent protein transgenic mouse head.
Tada M, Shinohara Y, Kato I, Hiraga K, Aizawa T, Demura M, Mori Y, Shinoda H, Mizuguchi M, Kawano K
Acta histochemica et cytochemica 39(2) 31-34 2006年04月
N-terminal mutational analysis of the interaction between growth-blocking peptide (GBP) and receptor of insect immune cells.
Watanabe S, Tada M, Aizawa T, Yoshida M, Sugaya T, Taguchi M, Kouno T, Nakamura T, Mizuguchi M, Demura M, Hayakawa Y, Kawano K
Protein and peptide letters 13 815-822 2006年
Effects of the stabilization of the molten globule state on the folding mechanism of alpha-lactalbumin: a study of a chimera of bovine and human alpha-lactalbumin.
Mizuguchi M, Matsuura A, Nabeshima Y, Masaki K, Watanabe M, Aizawa T, Demura M, Nitta K, Mori Y, Shinoda H, Kawano K
Proteins 61(2) 356-365 2005年11月
Disassembling and bleaching of chloride-free pharaonis halorhodopsin by octyl-beta-glucoside.
Kubo M, Sato M, Aizawa T, Kojima C, Kamo N, Mizuguchi M, Kawano K, Demura M
Biochemistry 44(39) 12923-12931 2005年10月
Photobleaching of bacteriorhodopsin solubilized with triton X-100.
Sasaki T, Sonoyama M, Demura M, Mitaku S
Photochemistry and photobiology 81(5) 1131-1137 2005年09月
Hydrogen-bonding alterations of the protonated Schiff base and water molecule in the chloride pump of Natronobacterium pharaonis.
Shibata M, Muneda N, Sasaki T, Shimono K, Kamo N, Demura M, Kandori H
Biochemistry 44(37) 12279-12286 2005年09月
Interaction of dopamine and acetylcholine with an amphiphilic resorcinarene receptor in aqueous micelle system.
Demura M, Yoshida T, Hirokawa T, Kumaki Y, Aizawa T, Nitta K, Bitter I, Tóth K
Bioorganic & medicinal chemistry letters 15(5) 1367-1370 2005年03月
Role of putative anion-binding sites in cytoplasmic and extracellular channels of Natronomonas pharaonis halorhodopsin.
Sato M, Kubo M, Aizawa T, Kamo N, Kikukawa T, Nitta K, Demura M
Biochemistry 44(12) 4775-4784 2005年03月
The Gly-Gly linker region of the insect cytokine growth-blocking peptide is essential for activity.
Yoshida M, Aizawa T, Nakamura T, Shitara K, Hayakawa Y, Matsubara K, Miura K, Kouno T, Clark KD, Strand MR, Mizuguchi M, Demura M, Nitta K, Kawano K
The Journal of biological chemistry 279(49) 51331-51337 2004年12月
Effect of hydrostatic pressure on conformational changes of canine milk lysozyme between the native, molten globule, and unfolded states.
Watanabe M, Aizawa T, Demura M, Nitta K
Biochimica et biophysica acta 1702(2) 129-136 2004年11月
Volumetric behavior of the molten globule state of canine milk lysozyme.
Watanabe M, Kobashigawa Y, Aizawa T, Demura M, Nitta K
Protein and peptide letters 11(4) 325-330 2004年08月
A non-native alpha-helix is formed in the beta-sheet region of the molten globule state of canine milk lysozyme.
Watanabe M, Kobashigawa Y, Aizawa T, Demura M, Nitta K
The protein journal 23(5) 335-342 2004年07月
Roles of Ser130 and Thr126 in chloride binding and photocycle of pharaonis halorhodopsin.
Sato M, Kikukawa T, Araiso T, Okita H, Shimono K, Kamo N, Demura M, Nitta K
Journal of biochemistry 134(1) 151-158 2003年07月
Ser-130 of Natronobacterium pharaonis halorhodopsin is important for the chloride binding.
Sato M, Kikukawa T, Araiso T, Okita H, Shimono K, Kamo N, Demura M, Nitta K
Biophysical chemistry 104(1) 209-216 2003年05月
Structure determination and conformational change induced by tyrosine phosphorylation of the N-terminal domain of the alpha-chain of pig gastric H+/K+-ATPase.
Fujitani N, Kanagawa M, Aizawa T, Ohkubo T, Kaya S, Demura M, Kawano K, Nishimura S, Taniguchi K, Nitta K
Biochemical and biophysical research communications 300(1) 223-229 2003年01月
Equilibrium and kinetic folding of hen egg-white lysozyme under acidic conditions.
Sasahara K, Demura M, Nitta K
Proteins 49(4) 472-482 2002年12月
Stabilization of protein by replacement of a fluctuating loop: structural analysis of a chimera of bovine alpha-lactalbumin and equine lysozyme.
Tada M, Kobashigawa Y, Mizuguchi M, Miura K, Kouno T, Kumaki Y, Demura M, Nitta K, Kawano K
Biochemistry 41(46) 13807-13813 2002年11月
Effects of a helix substitution on the folding mechanism of bovine alpha-lactalbumin.
Mizuguchi M, Kobashigawa Y, Kumaki Y, Demura M, Kawano K, Nitta K
Proteins 49(1) 95-103 2002年10月
Structural analysis of an insect lysozyme exhibiting catalytic efficiency at low temperatures.
Matsuura A, Yao M, Aizawa T, Koganesawa N, Masaki K, Miyazawa M, Demura M, Tanaka I, Kawano K, Nitta K
Biochemistry 41(40) 12086-12092 2002年10月
Production and characterization of recombinant tachycitin, the Cys-rich chitin-binding protein.
Suetake T, Aizawa T, Koganesawa N, Osaki T, Kobashigawa Y, Demura M, Kawabata S, Kawano K, Tsuda S, Nitta K
Protein engineering 15(9) 763-769 2002年09月
Expression and purification of a small cytokine growth-blocking peptide from armyworm Pseudaletia separata by an optimized fermentation method using the methylotrophic yeast Pichia pastoris.
Koganesawa N, Aizawa T, Shimojo H, Miura K, Ohnishi A, Demura M, Hayakawa Y, Nitta K, Kawano K
Protein expression and purification 25(3) 416-425 2002年08月
Structure of the antimicrobial peptide tachystatin A.
Fujitani N, Kawabata S, Osaki T, Kumaki Y, Demura M, Nitta K, Kawano K
The Journal of biological chemistry 277(26) 23651-23657 2002年06月
Stopped-flow analysis on anion binding to blue-form halorhodopsin from Natronobacterium pharaonis: comparison with the anion-uptake process during the photocycle.
Sato M, Kanamori T, Kamo N, Demura M, Nitta K
Biochemistry 41(7) 2452-2458 2002年02月
Solution Structure of Sialyl Lewis X mimic Studied by Two-dimensional NMR
M. Demura, M. Noda, T. Kajimoto, T. Uchiyama, K. Umemoto, C.-H. Wong, T. Asakura
J. Mol. Struc. 602/603 215-222 2002年
Interaction of Mastoparan with Membranes Studied by 1H-NMR in Detergent Micelles and by Solid State 2H-NMR and 15N-NMR in Oriented Lipid Bilayers
Y. Hori, M. Demura, M. Iwadate, A.S. Ulrich, T. Niidome, H. Aoyagi, T. Asakura
Eur. J. Biochem. 268(2) 302-309 2001年
Assignment of 1H, 13C, and 15N Resonances of Canine Milk Lysozyme
Y. Kobashigawa, K. Miura, M. Demura, N. Nemoto, T. Koshiba, K. Nitta, and S. Tsuda
J. Biomol. NMR 19 387-388 2001年
Carbohydrate Recognition of Gramicidin S Analogs in Aqueous Medium
T. Niidome, H. Murakami, M. Kawazoe, T. Hatakeyama, Y. Kobashigawa, M. Matsushita, Y. Kumaki, M. Demura, K. Nitta, and H. Aoyagi
Bioorganic Medicinal Chemistry Letters 11(14) 1893-1896 2001年
Structure and activity of the insect cytokine growth-blocking peptide. Essential regions for mitogenic and hemocyte-stimulating activities are separate.
T. Aizawa, Y. Hayakawa, A. Ohnishi, N. Fujitani, K. D. Clark, M.R. Strand, K. Miura, N. Koganesawa, Y. Kumaki, M. Demura, K. Nitta and K. Kawano
J. Biol. Chem. 276(34) 31813-31818 2001年
Oxidative Folding of Human Lysozyme: the Effects of the Loss of Two Disulfide Bonds and the Introduction of a Calcium-Binding Site
Y. Kurokawa, N. Koganesawa, Y. Kobashigawa, T.Koshiba, M. Demura, and K. Nitta
J. Protein Chem. 20(4) 293-303 2001年
Energetics of three-state unfolding of a protein: canine milk lysozyme
T. Koshiba, Y. Kobashigawa, M. Demura, and K. Nitta
Protein Eng. 14 967-974 2001年
Structure and Thermodynamics of the Extraordinary Stable Molten Globule state of Canine Milk Lysozyme
T. Koshiba, M. Yao, Y. Kobashigawa, M. Demura, A. Nakagawa, I. Tanaka, K. Kuwajima, and K. Nitta
Biochemistry 39(12) 3248-3257 2000年
Local and Long-range Interactions in the Molten Globule State: a study of chimeric proteins of bovine and human alpha-lactalbumin
M. Mizuguchi, K. Masaki, M. Demura and K. Nitta
J. Mol. Biol. 298(5) 985-995 2000年
Partially Unfolded Equilibrium State of Hen Lysozyme Studied by Circular Dichroism Spectroscopy
K. Sasahara, M. Demura, K. Nitta
Biochemistry 39(21) 6475-6482 2000年
Hydrogen Excahnge Study of Canine Milk Lysozyme: Stabilization Mechamism of the Molten Globule
Y. Kobashigawa, M. Demura, T. Koshiba, Y. Kumaki, K. Kuwajima, K. Nitta
Proteins 40(4) 579-589 2000年
Biosynthesis of L-alanine, a major amino acid of fibroin in Samia cynthia ricini
M. Osanai, M Okudaira, J. Naito, M, Demura, T. Asakura
Insect Biochemistry and Molecular Biology 30(3) 225-232 2000年
Solid-state NMR determination of the secondary structure of Samia cynthia ricini silk
J.D.van Beek, L. Beaulieu, H. Schafer, M. Demura, T. Asakura and B.H. Meier
Nature 405(6790) 1077-1079 2000年
Structural analysis of silk with 13C NMR chemical shift contour plots
T. Asakura, M. Iwadate, M. Demura, and M.P. Williamson
Int. J. Biol. Macromol. 24(2/3) 167-171 1999年
Orientational behavior of phospholipid membranes with mastoparan studied by 31P solid state NMR
Y. Hori, M. Demura, T. Niidome, H. Aoyagi and T. Asakura
FEBS Lett. 455(3) 228-232 1999年
Structure of Uniaxially Aligned 13C Labeled Silk Fibroin Fibers with Solid State 13C-NMR
M. Demura, Y. Yamazaki, T. Asakura and K. Ogawa
J. Molecular Structure 441 155-163 1998年
Structure of Bombyx mori Silk Fibroin based on Solid State NMR Orientational Constraints and Fiber Diffraction Unit Cell Parameters
M. Demura, M. Minami, T. Asakura, and T. A. Cross
J. Am. Chem. Soc. 120(6) 1300-1308 1998年

書籍

オプトジェネティクス(光遺伝学)~光操作による行動制御技術~
出村 誠
エヌ・ティー・エス 2013年
Photo-induced Proton Transfers of Microbial Rhodopsins in Photochemistry
InTech ISBN 979-953-307-364-3 2011年
ペプチドの機能と構造:最小へリックスの暗号、『広がるNMRの世界 -40人の研究者からの熱いメッセージ-』
コロナ社 2011年
広がるNMRの世界 -40人の研究者からの熱いメッセージ-
出村 誠
コロナ社 2011年
NMR studies of protein folding: Folding studies of calcium-binding lysozyme and alpha-lactalbumin, Annual Reports on NMR Spectroscopy
Springer 2009年
基礎から学ぶ構造生物学
出村誠、神谷昌克、相沢智康
共立出版 2008年
アポトーシス誘導型αラクトアルブミンの創出と構造特性
出村 誠
[北海道大学大学院先端生命化学研究院] 2007年
バイオとナノの融合I新生命科学の基礎
出村誠
北海道大学出版会 2007年
基礎高分子科学
出村誠・朝倉哲郎
東京化学同人 2006年
Modern Magnetic Resonance, Part I Application in Chemistry, Biological and Marine Sciences
M. Demura
Springers 2006年
書籍を全て表示する
書籍閉じる
オプトジェネティクス(光遺伝学)~光操作による行動制御技術~
出村 誠
エヌ・ティー・エス 2013年
Photo-induced Proton Transfers of Microbial Rhodopsins in Photochemistry
InTech ISBN 979-953-307-364-3 2011年
ペプチドの機能と構造:最小へリックスの暗号、『広がるNMRの世界 -40人の研究者からの熱いメッセージ-』
コロナ社 2011年
広がるNMRの世界 -40人の研究者からの熱いメッセージ-
出村 誠
コロナ社 2011年
NMR studies of protein folding: Folding studies of calcium-binding lysozyme and alpha-lactalbumin, Annual Reports on NMR Spectroscopy
Springer 2009年
基礎から学ぶ構造生物学
出村誠、神谷昌克、相沢智康
共立出版 2008年
アポトーシス誘導型αラクトアルブミンの創出と構造特性
出村 誠
[北海道大学大学院先端生命化学研究院] 2007年
バイオとナノの融合I新生命科学の基礎
出村誠
北海道大学出版会 2007年
基礎高分子科学
出村誠・朝倉哲郎
東京化学同人 2006年
Modern Magnetic Resonance, Part I Application in Chemistry, Biological and Marine Sciences
M. Demura
Springers 2006年

作品等

ひらめきときめきサイエンスの実施
2011年 
作品等を全て表示する
作品等閉じる
ひらめきときめきサイエンスの実施
2011年 

特許

生体触媒固定化膜,その製造方法及び該生体触媒固定化膜を用いた生体触媒センサ
生体基質濃度測定装置
Biocatalyst entrapped in a silk fibroin membrane
安定同位体元素を有するポリペプチド混合物の合成方法
NMRシグナルの帰属方法
Method for Producing Denatured Substance of Lactalbumin
Method for Producing Denatured Substance of Lactalbumin
ラクトアルブミン変性物の製造方法
神経再生チューブ及びその製造方法
組み換え蛋白質の製造方法
特許を全て表示する
特許閉じる
生体触媒固定化膜,その製造方法及び該生体触媒固定化膜を用いた生体触媒センサ
生体基質濃度測定装置
Biocatalyst entrapped in a silk fibroin membrane
安定同位体元素を有するポリペプチド混合物の合成方法
NMRシグナルの帰属方法
Method for Producing Denatured Substance of Lactalbumin
Method for Producing Denatured Substance of Lactalbumin
ラクトアルブミン変性物の製造方法
神経再生チューブ及びその製造方法
組み換え蛋白質の製造方法

受賞

2016年02月
北海道大学 教育総長賞(優秀賞) 
1992年
繊維学会 論文賞 
1990年
高分子学会 研究奨励賞 
受賞を全て表示する
受賞閉じる
2016年02月
北海道大学 教育総長賞(優秀賞) 
1992年
繊維学会 論文賞 
1990年
高分子学会 研究奨励賞 

競争的資金等の研究課題

NMR共用プラットフォーム(代表:理研)実施機関:北海道大学(先端NMR ファシリティ NMR 装置)
文部科学省:先端研究基盤共用促進事業(共用プラットフォーム形成支援プログラム)
研究期間 : 2016年 - 2020年 代表者 : 出村 誠
光エネルギーによる環境浄化微生物の設計
文部科学省:科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究
研究期間 : 2016年 - 2018年 代表者 : 出村 誠
ソフトマターグローバルステーション・次世代物質生命科学研究センター機器共用ユニッ ト(仮称)
文部科学省:先端研究基盤共用促進事業(新たな共用システム導入支援プログラム)
研究期間 : 2016年 - 2018年 代表者 : 出村 誠・龔 剣萍
高精度タンパク質固体NMRの圧縮センシング測定法開発
文部科学省:科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間 : 2016年 - 2017年 代表者 : 出村 誠
先端NMRファシリティの共用促進プログラム
文部科学省:先端研究基盤共用・プラットフォーム形成事業【取組1】先端研究基盤の共用促進
研究期間 : 2013年 - 2015年 代表者 : 出村 誠
生体系固体NMR解析の高度化とスパースモデル
文部科学省:科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間 : 2014年 - 2015年 代表者 : 出村 誠
高感度光誘起膜電位センサ膜タンパク質の創製
文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間 : 2011年 - 2012年 代表者 : 出村 誠
αラクトアルブミン構造中間体の形成と細胞結合機能
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間 : 2006年 - 2007年 代表者 : 出村 誠
アポトーシス誘導型αラクトアルブミンの創出と構造特性
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2004年 - 2006年 代表者 : 出村 誠
リゾチーム・αラクトアルブミンの構造変換と細胞結合機能
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間 : 2004年 - 2005年 代表者 : 新田 勝利, 出村 誠
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
NMR共用プラットフォーム(代表:理研)実施機関:北海道大学(先端NMR ファシリティ NMR 装置)
文部科学省:先端研究基盤共用促進事業(共用プラットフォーム形成支援プログラム)
研究期間 : 2016年 - 2020年 代表者 : 出村 誠
光エネルギーによる環境浄化微生物の設計
文部科学省:科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究
研究期間 : 2016年 - 2018年 代表者 : 出村 誠
ソフトマターグローバルステーション・次世代物質生命科学研究センター機器共用ユニッ ト(仮称)
文部科学省:先端研究基盤共用促進事業(新たな共用システム導入支援プログラム)
研究期間 : 2016年 - 2018年 代表者 : 出村 誠・龔 剣萍
高精度タンパク質固体NMRの圧縮センシング測定法開発
文部科学省:科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間 : 2016年 - 2017年 代表者 : 出村 誠
先端NMRファシリティの共用促進プログラム
文部科学省:先端研究基盤共用・プラットフォーム形成事業【取組1】先端研究基盤の共用促進
研究期間 : 2013年 - 2015年 代表者 : 出村 誠
生体系固体NMR解析の高度化とスパースモデル
文部科学省:科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間 : 2014年 - 2015年 代表者 : 出村 誠
高感度光誘起膜電位センサ膜タンパク質の創製
文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間 : 2011年 - 2012年 代表者 : 出村 誠
αラクトアルブミン構造中間体の形成と細胞結合機能
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間 : 2006年 - 2007年 代表者 : 出村 誠
アポトーシス誘導型αラクトアルブミンの創出と構造特性
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2004年 - 2006年 代表者 : 出村 誠
リゾチーム・αラクトアルブミンの構造変換と細胞結合機能
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間 : 2004年 - 2005年 代表者 : 新田 勝利, 出村 誠
新しい固体NMR法による膜タンパク質の分子配向解析
文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間 : 1995年 - 1995年 代表者 : 出村 誠
膜電位プローブ分子の生体膜中での配向挙動の固体NMR解析
文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間 : 1994年 - 1994年 代表者 : 出村 誠
二次元結晶構造を有するタンパク質膜中の酵素反応とその膜電位の解析
文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間 : 1993年 - 1994年 代表者 : 出村 誠
NMRによる膜タンパク質・GPCRの構造と機能の研究、プロテイン・インフォマティクス
タンパク質のNMR化学シフト
研究期間 : 1997年
ハロロドプシンのオリゴマー形成
研究期間 : 1999年
ミルクαラクトアルブミンのアポトーシス誘導型構造特性
研究期間 : 1999年
絹遺伝子の転写制御関連タンパク質
研究期間 : 2001年
生体高分子のナノ構造体形成と応用
研究期間 : 2003年

教育活動

主要な担当授業

博士インターンシップ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 大学院共通科目
キーワード : インターンシップ、キャリア形成、ビジネススキル、人脈形成、すべての仕事に必要な基本スキル、企業における研究開発、リーダーシップ、グローバル人材
博士インターンシップ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 理工系大学院
キーワード : インターンシップ、キャリア形成、ビジネススキル、人脈形成、すべての仕事に必要な基本スキル、企業における研究開発、リーダーシップ、グローバル人材
博士インターンシップ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 生命科学院
キーワード : インターンシップ、キャリア形成、ビジネススキル、人脈形成、すべての仕事に必要な基本スキル、企業における研究開発、リーダーシップ、グローバル人材
博士研究者のキャリア開発研究
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 生命科学院
キーワード : 企業 研究開発 博士 就職 PD DC キャリアパス多様化 
博士研究者のキャリア開発研究−赤い糸会&緑の会−
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 大学院共通科目
キーワード : 企業 研究開発 博士 就職 PD DC キャリアパス多様化 Industry, research and development, doctor title, finding employment, Post-doctor, doctor course, diversification of career paths
博士研究者のキャリア開発研究−赤い糸会&緑の会−
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 理工系大学院
キーワード : 企業 研究開発 博士 就職 PD DC キャリアパス多様化 
理系・科学技術系大学院生のステップアップ キャリア形成Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 生命科学院
キーワード : 企業 研究開発 実際の業務 キャリアパス 多様性Industry, research and development, actual works, career paths, diversity
理系・科学技術系大学院生のステップアップ キャリア形成Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 生命科学院
キーワード : 企業 研究開発 実際の業務 キャリアパス 多様性Industry, research and development, actual works, career paths, diversity
理系・科学技術系大学院生のステップアップ キャリア形成Ⅱ -ADvanced COSA(2)-
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 理工系大学院
キーワード : 企業 研究開発 実際の業務 キャリアパス 多様性Industry, research and development, actual works, career paths, diversity
理系・科学技術系大学院生のステップアップキャリア形成Ⅰ−Advanced COSA(1)−
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 大学院共通科目
キーワード : 企業 研究開発 実際の業務 キャリアパス 多様性Industry, research and development, actual works, career paths, diversity
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
博士インターンシップ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 大学院共通科目
キーワード : インターンシップ、キャリア形成、ビジネススキル、人脈形成、すべての仕事に必要な基本スキル、企業における研究開発、リーダーシップ、グローバル人材
博士インターンシップ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 理工系大学院
キーワード : インターンシップ、キャリア形成、ビジネススキル、人脈形成、すべての仕事に必要な基本スキル、企業における研究開発、リーダーシップ、グローバル人材
博士インターンシップ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 生命科学院
キーワード : インターンシップ、キャリア形成、ビジネススキル、人脈形成、すべての仕事に必要な基本スキル、企業における研究開発、リーダーシップ、グローバル人材
博士研究者のキャリア開発研究
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 生命科学院
キーワード : 企業 研究開発 博士 就職 PD DC キャリアパス多様化 
博士研究者のキャリア開発研究−赤い糸会&緑の会−
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 大学院共通科目
キーワード : 企業 研究開発 博士 就職 PD DC キャリアパス多様化 Industry, research and development, doctor title, finding employment, Post-doctor, doctor course, diversification of career paths
博士研究者のキャリア開発研究−赤い糸会&緑の会−
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 理工系大学院
キーワード : 企業 研究開発 博士 就職 PD DC キャリアパス多様化 
理系・科学技術系大学院生のステップアップ キャリア形成Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 生命科学院
キーワード : 企業 研究開発 実際の業務 キャリアパス 多様性Industry, research and development, actual works, career paths, diversity
理系・科学技術系大学院生のステップアップ キャリア形成Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 生命科学院
キーワード : 企業 研究開発 実際の業務 キャリアパス 多様性Industry, research and development, actual works, career paths, diversity
理系・科学技術系大学院生のステップアップ キャリア形成Ⅱ -ADvanced COSA(2)-
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 理工系大学院
キーワード : 企業 研究開発 実際の業務 キャリアパス 多様性Industry, research and development, actual works, career paths, diversity
理系・科学技術系大学院生のステップアップキャリア形成Ⅰ−Advanced COSA(1)−
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 大学院共通科目
キーワード : 企業 研究開発 実際の業務 キャリアパス 多様性Industry, research and development, actual works, career paths, diversity
理系・科学技術系大学院生のステップアップキャリア形成Ⅱ−Advanced COSA(2)−
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 大学院共通科目
キーワード : 企業 研究開発 実際の業務 キャリアパス 多様性Industry, research and development, actual works, career paths, diversity
理系・科学技術系大学院生のステップアップ キャリア形成ⅠAdvanced COSA(1)-
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 理工系大学院
キーワード : 企業 研究開発 実際の業務 キャリアパス 多様性Industry, research and development, actual works, career paths, diversity
生命情報分子科学特論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 生命科学院
キーワード : 講義題目: 分子情報解析科学 タンパク質構造、フォールディング、NMR、細胞膜、タンパク質科学、バイオマテリアル、機能性ポリマー、構造生物学、酵素、抗体、膜タンパク質、創薬
生物系の分光学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 光と分子、分光法、スペクトル、分子構造、可視紫外吸収スペクトル、赤外線吸収スペクトル、ラマンスペクトル、蛍光スペクトル
生物量子力学概論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 光と分子、分光法、スペクトル、分子構造、可視紫外吸収スペクトル、円偏光二色性、赤外線吸収スペクトル、ラマンスペクトル、蛍光スペクトル
細胞構造科学Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 細部膜、脂質、膜タンパク質、エネルギー変換、物質輸送
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
博士インターンシップ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 大学院共通科目
キーワード : インターンシップ (Internship)、キャリア形成 (Career Development)、ビジネススキル (Business Skill)、人脈形成 (Business Connections)、すべての仕事に必要な基本スキル(Transferable Skills)、企業における研究開発(Industrial R&D)、リーダーシップ(Leadership)、グローバル人材(Global personnel)Internship, Career Development, Business Skill, Business Connections, Transferable Skills, Industrial R&D, Leadership, Global personnel
博士インターンシップ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 理工系大学院
キーワード : インターンシップ (Internship)、キャリア形成 (Career Development)、ビジネススキル (Business Skill)、人脈形成 (Business Connections)、すべての仕事に必要な基本スキル(Transferable Skills)、企業における研究開発(Industrial R&D)、リーダーシップ(Leadership)、グローバル人材(Global personnel)Internship, Career Development, Business Skill, Business Connections, Transferable Skills, Industrial R&D, Leadership, Global personnel
博士インターンシップ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 生命科学院
キーワード : インターンシップ (internship)、キャリア形成 (career development)、ビジネススキル (business skill)、人脈形成 (business connections)、すべての仕事に必要な基本スキル(transferable Skills)、企業における研究開発(industrial R&D)、リーダーシップ(leadership)、グローバル人材(global personnel)
博士研究者のキャリア開発研究−赤い糸会&緑の会−
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 理工系大学院
キーワード : 企業 研究開発 博士 就職 PD DC キャリアパス多様化 
博士研究者のキャリア開発研究−赤い糸会&緑の会−
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 大学院共通科目
キーワード : 企業 研究開発 博士 就職 PD DC キャリアパス多様化 
理系・科学技術系大学院生のステップアップ キャリア形成Ⅱ -ADvanced COSA(2)-
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 理工系大学院
キーワード : 企業 研究開発 実際の業務 キャリアパス 多様性Industry, research and development, actual works, career paths, diversity
理系・科学技術系大学院生のステップアップキャリア形成Ⅰ−Advanced COSA(1)−
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 大学院共通科目
キーワード : 企業 研究開発 実際の業務 キャリアパス 多様性Industry, research and development, actual works, career paths, diversity
理系・科学技術系大学院生のステップアップキャリア形成Ⅱ−Advanced COSA(2)−
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 大学院共通科目
キーワード : 企業 研究開発 実際の業務 キャリアパス 多様性Industry, research and development, actual works, career paths, diversity
理系・科学技術系大学院生のステップアップ キャリア形成ⅠAdvanced COSA(1)-
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 理工系大学院
キーワード : 企業 研究開発 実際の業務 キャリアパス 多様性Industry, research and development, actual works, career paths, diversity
生命情報分子科学特論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 生命科学院
キーワード : 講義題目: 分子情報解析科学 Subtitle: Biological Information Analysis Scienceタンパク質構造、フォールディング、NMR、細胞膜、タンパク質科学、バイオマテリアル、機能性ポリマー、構造生物学、酵素、抗体、膜タンパク質、創薬 【Key Words】Protein structure, Folding, NMR, Plasma membrane, Protein Science, Biomaterials, Functional polymers, Structural biology, Enzyme, Antibody, Membrane proteins, Drug discovery
生命融合科学概論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 生命科学院
キーワード : 生命融合科学、生命情報分子科学、生命物質科学、細胞機能科学、生命機能制御科学【Key Words】Transdisciplinary Life Science, Bioinformation and Molecular Sciences, Biomaterials Science, Functional Cellular Sciences, Functional and Regulatory Life Sciences
生命融合科学概論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 理工系大学院
キーワード : 生命融合科学、生命情報分子科学、生命物質科学、細胞機能科学、生命機能制御科学【Key Words】Transdisciplinary Life Science, Bioinformation and Molecular Sciences, Biomaterials Science, Functional Cellular Sciences, Functional and Regulatory Life Sciences
生物系の分光学
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 光と分子、分光法、スペクトル、分子構造、可視紫外吸収スペクトル、円偏光二色性、赤外線吸収スペクトル、ラマンスペクトル、蛍光スペクトル
生物量子力学概論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 光と分子、分光法、スペクトル、分子構造、可視紫外吸収スペクトル、円偏光二色性、赤外線吸収スペクトル、ラマンスペクトル、蛍光スペクトル
細胞構造科学Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 細部膜、脂質、膜タンパク質、エネルギー変換、物質輸送
前々年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
ナノテクノロジー・ナノサイエンス概論Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 大学院共通科目
キーワード : タンパク質の折りたたみ、一分子蛍光分析、X線一分子計測、X線溶液散乱、核磁気共鳴
博士インターンシップ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 大学院共通科目
キーワード : インターンシップ (Internship)、キャリア形成 (Career Development)、ビジネススキル (Business Skills)、人脈形成 (Business Connections)、すべての仕事に必要な基本スキル(Transferable Skills)、企業における研究開発(Industrial R&D)、リーダーシップ(Leadership)、グローバル人材(Global personnel)
博士インターンシップ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 理工系大学院
キーワード : インターンシップ (Internship)、キャリア形成 (Career Development)、ビジネススキル (Business Skills)、人脈形成 (Business Connections)、すべての仕事に必要な基本スキル(Transferable Skills)、企業における研究開発(Industrial R&D)、リーダーシップ(Leadership)、グローバル人材(Global personnel)
博士インターンシップ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 生命科学院
キーワード : インターンシップ (Internship)、キャリア形成 (Career Development)、ビジネススキル (Business Skill)、人脈形成 (Business Connections)、すべての仕事に必要な基本スキル(Transferable Skills)、企業における研究開発(Industrial R&D)、リーダーシップ(Leadership)、グローバル人材(Global personnel)Internship, Career Development, Business Skill, Business Connections, Transferable Skills, Industrial R&D, Leadership, Global personnel
博士研究者のキャリア開発研究
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 生命科学院
キーワード : 企業 研究開発 博士 就職 PD DC キャリアパス多様化Industry, research and development, doctor title, finding employment, Post-doctor, doctor course, diversification of career paths
博士研究者のキャリア開発研究 −赤い糸会&緑の会−
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 理工系大学院
キーワード : 企業 研究開発 博士 就職 PD DC キャリアパス多様化 
博士研究者のキャリア開発研究−赤い糸会&緑の会−
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 大学院共通科目
キーワード : 企業 研究開発 博士 就職 PD DC キャリアパス多様化
理系・科学技術系大学院生のステップアップ キャリア形成Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 生命科学院
キーワード : 企業 研究開発 実際の業務 キャリアパス 多様性Industry, research and development, actual works, career paths, diversity
理系・科学技術系大学院生のステップアップ キャリア形成Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 生命科学院
キーワード : 企業 研究開発 実際の業務 キャリアパス 多様性Industry, research and development, actual works, career paths, diversity
理系・科学技術系大学院生のステップアップ キャリア形成Ⅱ -ADvanced COSA(2)-
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 理工系大学院
キーワード : 企業 研究開発 実際の業務 キャリアパス 多様性
理系・科学技術系大学院生のステップアップキャリア形成Ⅰ−Advanced COSA(1)−
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 大学院共通科目
キーワード : 企業 研究開発 実際の業務 キャリアパス 多様性
理系・科学技術系大学院生のステップアップキャリア形成Ⅱ−Advanced COSA(2)−
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 大学院共通科目
キーワード : 企業 研究開発 実際の業務 キャリアパス 多様性
理系・科学技術系大学院生のステップアップ キャリア形成ⅠAdvanced COSA(1)-
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 理工系大学院
キーワード : 企業 研究開発 実際の業務 キャリアパス 多様性
環境と人間
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 全学教育
キーワード : 生命科学、物質、生物、化学、物理、数学、融合科学、細胞、遺伝子、タンパク質、生体高分子
生命情報分子科学特論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 生命科学院
キーワード : タンパク質構造、フォールディング、NMR、細胞膜、タンパク質科学、バイオマテリアル、機能性ポリマー、構造生物学、酵素、抗体、膜タンパク質、創薬【Key Words】Protein structure, Folding, NMR, Plasma membrane, Protein Science, Biomaterials, Functional polymers, Structural biology, Enzyme, Antibody, Membrane proteins, Drug discovery
生命情報分子科学特論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 生命科学院
キーワード : 講義題目: 分子情報解析科学 Subtitle: Biological Information Analysis Scienceタンパク質構造、フォールディング、NMR、細胞膜、タンパク質科学、バイオマテリアル、機能性ポリマー、構造生物学、酵素、抗体、膜タンパク質、創薬 【Key Words】Protein structure, Folding, NMR, Plasma membrane, Protein Science, Biomaterials, Functional polymers, Structural biology, Enzyme, Antibody, Membrane proteins, Drug discovery
生命科学特別講義Ⅲ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 生命科学院
キーワード : 生命、非平衡開放系、自己組織化、DNA高次構造転移、医薬系高分子、ソフトマター[Key Words]Life, Non-equilibrium open system, Self-organization, DNA conformation transition, Pharmaceutical polymer, Soft Matter
生命融合科学概論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 生命科学院
キーワード : 生命融合科学、生命情報分子科学、生命物質科学、細胞機能科学、生命機能制御科学【Key Words】Transdisciplinary Life Science, Bioinformation and Molecular Sciences, Biomaterials Science, Functional Cellular Sciences, Functional and Regulatory Life Sciences
生命融合科学概論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 理工系大学院
キーワード : 生命融合科学、生命情報分子科学、生命物質科学、細胞機能科学、生命機能制御科学【Key Words】Transdisciplinary Life Science, Bioinformation and Molecular Sciences, Biomaterials Science, Functional Cellular Sciences, Functional and Regulatory Life Sciences
細胞構造科学Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 細部膜、脂質、膜タンパク質、エネルギー変換、物質輸送
高分子機能学特別講義Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 生命、非平衡開放系、自己組織化、DNA高次構造転移、医薬系高分子、ソフトマター[Key Words ]Life, Non-equilibrium open system, Self-organization, DNA conformation transition, Pharmaceutical polymer, Soft Matter

大学運営

学内役職歴

2017年04月
-
2019年03月
教育研究評議会評議員
2017年04月
-
2019年03月
大学院先端生命科学研究院長
2015年04月
-
2017年03月
教育研究評議会評議員
2015年04月
-
2017年03月
大学院先端生命科学研究院長
2013年04月
-
2015年03月
教育研究評議会評議員
2013年04月
-
2015年03月
大学院先端生命科学研究院長
2012年04月
-
2013年03月
大学院先端生命科学研究院副研究院長
2010年04月
-
2012年03月
大学院先端生命科学研究院副研究院長
学内役職歴を全て表示する
学内役職歴閉じる
2017年04月
-
2019年03月
教育研究評議会評議員
2017年04月
-
2019年03月
大学院先端生命科学研究院長
2015年04月
-
2017年03月
教育研究評議会評議員
2015年04月
-
2017年03月
大学院先端生命科学研究院長
2013年04月
-
2015年03月
教育研究評議会評議員
2013年04月
-
2015年03月
大学院先端生命科学研究院長
2012年04月
-
2013年03月
大学院先端生命科学研究院副研究院長
2010年04月
-
2012年03月
大学院先端生命科学研究院副研究院長

社会貢献

委員歴

2016年
-
2017年
日本核磁気共鳴学会 評議員
2012年
-
2014年
日本キチン・キトサン学会 理事
2012年
-
2013年
日本生物物理学会 運営委員
2009年
-
2010年
日本生物物理学会北海道支部 支部長
2008年
-
2009年
日本核磁気共鳴学会 理事
2008年
-
2009年
日本生物物理学会 編集副委員長
2007年
-
2008年
日本生物物理学会北海道支部 幹事
2006年
-
2007年
日本生物物理学会 運営委員
2005年
-
2007年
日本生物物理学会 運営委員
2006年
-
2006年
レチナールタンパク質国際会議 実行委員
委員歴を全て表示する
委員歴閉じる
2016年
-
2017年
日本核磁気共鳴学会 評議員
2012年
-
2014年
日本キチン・キトサン学会 理事
2012年
-
2013年
日本生物物理学会 運営委員
2009年
-
2010年
日本生物物理学会北海道支部 支部長
2008年
-
2009年
日本核磁気共鳴学会 理事
2008年
-
2009年
日本生物物理学会 編集副委員長
2007年
-
2008年
日本生物物理学会北海道支部 幹事
2006年
-
2007年
日本生物物理学会 運営委員
2005年
-
2007年
日本生物物理学会 運営委員
2006年
-
2006年
レチナールタンパク質国際会議 実行委員
2002年
-
2003年
日本生物物理学会 地区編集委員
2002年
-
2003年
日本化学会北海道支部 幹事
1991年
-
1993年
繊維学会 企画委員
2000年
Editor of J. Insect Biotechnology & Sericology (2001.1~) Editor

ページトップへ