研究者データベース

大島 慶一郎(オオシマ ケイイチロウ)
低温科学研究所 共同研究推進部
教授

基本情報

所属

  • 低温科学研究所 共同研究推進部

職名

    教授

学位

  • 理学修士 (北海道大学)

ホームページURL

科研費研究者番号

  • 30185251

プロフィール

  • 専門分野は海洋物理学、極域海洋学。
    極域・海氷域の海洋循環と変動、海氷の気候に対する役割などが研究テーマ。
    理論・モデル研究から出発したが、現在は現場観測が主な研究手法。

研究キーワード

  • 極域海洋学   海洋物理学   

研究分野

  • 環境学 / 環境動態解析
  • 地球惑星科学 / 気象・海洋物理・陸水学

職歴

  • 2018年04月 - 現在  日本学術振興会学術システム研究センター研究員
  • 2016年04月 - 現在  北海道大学北極域研究センター教授(兼任)
  • 2008年04月 - 現在  北海道大学低温科学研究所教授
  • 1994年04月 - 2008年03月  北海道大学低温科学研究所助教授(准教授)
  • 2003年03月 - 2004年01月  米国ワシントン 大学海洋学部滞在研究員
  • 1990年11月 - 1992年03月  文部省第32次日本南極地域観測隊昭和基地越冬隊員

所属学協会

  • AGU   日本海洋学会   Journal of Geophysical Research   日本海洋学会(評議員)   特別編集委員   

研究活動情報

論文

書籍

  • 「巨大リザーバ:南大洋・南極氷床」 低温科学 Vol.76
    大島 慶一郎 (担当:編者)
    北海道大学 低温科学研究所 2018年03月
  • 「低温環境の科学事典」
    河村公隆・大島 慶一郎他 (担当:共編者)
    朝倉書店 2016年
  • 「オホーツクの生態系とその保全」
    大泰司紀之・桜井泰憲・大島慶一郎 (担当:共編者)
    北道大学出版会 2013年
  • 「南大洋の深層水形成と海氷過程」 月刊海洋, 号外54
    大島 慶一郎 (担当:共編者)
    海洋出版 2010年
  • 「地球惑星科学入門」
    ()
    北海道大学出版社 2010年

作品等

  • JSTサイエンスチャンネル番組
    2004年
  • Ebuchi, N., Y. Fukamachi, K. I. Ohshima, K. Shirasawa, M. Ishikawa, T. Takatsuka, T. Daibo, and M. Wakatsuchi, 2004: Observations of the Soya Warm Current using HF ocean radar. Proceedings of IEEE International Geoscience and Remote Sensing Symposium 2・・・
    2004年  
    Ebuchi, N., Y. Fukamachi, K. I. Ohshima, K. Shirasawa, M. Ishikawa, T. Takatsuka, T. Daibo, and M. Wakatsuchi, 2004: Observations of the Soya Warm Current using HF ocean radar. Proceedings of IEEE International Geoscience and Remote Sensing Symposium 2004, Anchorage, Alaska, U.S.A
  • Ohshima. K. I., T. Nakanowatari, T. Nakatsuka, J. Nishioka, and M. Wakatsuchi: Changes in the Sea of Okhotsk due to global warming ? Weakening pump function to the North Pacific ? 4th PICES Workshop on "The Okhotsk Sea and adjacent areas" August 27-29・・・
    2008年  
    Ohshima. K. I., T. Nakanowatari, T. Nakatsuka, J. Nishioka, and M. Wakatsuchi: Changes in the Sea of Okhotsk due to global warming ? Weakening pump function to the North Pacific ? 4th PICES Workshop on "The Okhotsk Sea and adjacent areas" August 27-29, 2008
  • Nakanowatari, T., H. Mitsudera, T. Motoi, K. I. Ohshima, and I. Ishikawa: 50-yr scale change in the intermediate water temperature in the western North Pacific simulated by an eddy resolving sea-ice coupled OGCM. 4th PICES Workshop on "The Okhotsk Sea ・・・
    2008年  
    Nakanowatari, T., H. Mitsudera, T. Motoi, K. I. Ohshima, and I. Ishikawa: 50-yr scale change in the intermediate water temperature in the western North Pacific simulated by an eddy resolving sea-ice coupled OGCM. 4th PICES Workshop on "The Okhotsk Sea and adjacent areas", August 27-29, 2008
  • Ohshima, K.I., and T. Tamura: Studies on sea ice and polynya off the Cape Darnley in East Antarctica, using the ALOS PALSAR and passive microwave data. ALOS PI Symposium 2008 Rhodes, Greece 3 - 7 November 2008
    2008年
  • Ohshima, K. I., T. Tamura, Y. Fukamachi, and S. Aoki: Sea ice production in the polynya and the associated bottom water formation off the Cape Darnley, East Antarctica. 9th International Conference on Southern Hemisphere Meteorology and Oceanography, F・・・
    2009年  
    Ohshima, K. I., T. Tamura, Y. Fukamachi, and S. Aoki: Sea ice production in the polynya and the associated bottom water formation off the Cape Darnley, East Antarctica. 9th International Conference on Southern Hemisphere Meteorology and Oceanography, February 9-13, 2009, Melbourne, Australia.
  • Tamura, T., K. I. Ohshima, and S. Nihashi: Mapping of sea ice production and surface heat/salt-flux in the polar Oceans, IAMAS・IAPSO・IACS JOINT ASSEMBRY MOCA-09, Montreal, Canada, July 19-29 (21), 2009.
    2009年
  • Ohshima, K. I., and T. Tamura: Studies on sea ice and polynya off the Cape Darnley Antarctica, using ALOS-PALSAR and other satellite data, 3rd ALOS Joint PI Symposium, Hawaii (USA), November 9-13, 2009.
    2009年
  • Tamura, T., K. I. Ohshima, and S. Nihashi: Global mapping of sea ice production and surface heat/salt-flux in the sea ice region, IGS International Symposium on Sea Ice in the Physical and Biogeochemical System, Tromso (Norway), June 2, 2010.
    2010年
  • Ohshima, K. I. and S. C. Riser: Mapping and interannual variations of sea-ice thickness in the Okhotsk Sea inferred from ocean salinity profile in spring, IGS International Symposium on Sea Ice in the Physical and Biogeochemical System, Tromso (Norway)・・・
    2010年  
    Ohshima, K. I. and S. C. Riser: Mapping and interannual variations of sea-ice thickness in the Okhotsk Sea inferred from ocean salinity profile in spring, IGS International Symposium on Sea Ice in the Physical and Biogeochemical System, Tromso (Norway), June 1, 2010.
  • Ohshima, K. I.: Japanese SASSI activities, SASSI Workshop, Oslo (Norway), June 7, 2010.
    2010年
  • Ohshima, K. I., S. Nihashi, T. Tamura, and Y. Fukamachi: Polynya formation and sea ice production off Cape Darnley Antarctica, revealed by ALOS PALSAR and AMSR-E data, 4th ALOS Joint PI Symposium, Tokyo (Japan), November 15, 2010.
    2010年
  • Ohshima, K. I., S. Nihashi, K. Iwamoto, and T. Tamura: Development of sea ice thickness and concentration algorithm in thin ice regions, Joint PI Workshop of Global Environmental Observation Mission, Tokyo (Japan), December 7, 2010.
    2010年
  • Ohshima, K. I., S. C. Riser: Ocean salinity profiles teach us thinning and volume decrease of the Okhotsk sea-ice cover, IUGG 2011, Melbourne (Australia), June 30, 2011.
    2011年
  • Ohshima, K. I., Y. Fukamachi, Y. Nakayama, T. Tamura, S. Nihashi, Y. Kitade, Y. Matsumura, H. Hasumi, S. Aoki, and M. Wakatsuchi: Formation of Antarctic Bottom Water off Cape Darnley with huge sea ice production, IUGG 2011, Melbourne (Australia), July ・・・
    2011年  
    Ohshima, K. I., Y. Fukamachi, Y. Nakayama, T. Tamura, S. Nihashi, Y. Kitade, Y. Matsumura, H. Hasumi, S. Aoki, and M. Wakatsuchi: Formation of Antarctic Bottom Water off Cape Darnley with huge sea ice production, IUGG 2011, Melbourne (Australia), July 2, 2011.
  • Tamura, T., and K. I. Ohshima: Mapping of sea ice production in the Arctic coastal polynyas, IUGG 2011, Melbourne (Australia), July 1, 2011.
    2011年
  • Tamura, T., K. I. Ohshima, S. Nihashi, and H. Hasumi: Estimation of surface heat/salt fluxes associated with sea ice growth/melt in the Southern Ocean, IUGG 2011, Melbourne (Australia), July 3, 2011.
    2011年
  • Y. Fukamachi, K. I. Ohshima, D. Simizu, T. Tamura, Y. Kitade, S. Aoki, S. Ushio, G. Hashida, and M. Wakatsuchi: Mooring measurement of Antarctic Bottom Water export from the Cape Darnley Polynya and sea-ice thickness within this polynya, WCRP Open Scie・・・
    2011年  
    Y. Fukamachi, K. I. Ohshima, D. Simizu, T. Tamura, Y. Kitade, S. Aoki, S. Ushio, G. Hashida, and M. Wakatsuchi: Mooring measurement of Antarctic Bottom Water export from the Cape Darnley Polynya and sea-ice thickness within this polynya, WCRP Open Science Conference, Denver (USA), October 27, 2011.

その他活動・業績

受賞

  • 2018年08月 内閣府、文部科学省他 第11回海洋立国推進功労者(内閣総理大臣賞)
     「極域海洋での中深層水形成・循環の解明」 
    受賞者: 大島 慶一郎
  • 2016年04月 文部科学省 文部科学大臣表彰 科学技術賞(研究部門)
     「海氷域における中深層水形成と海洋循環に関する研究」 
    受賞者: 大島 慶一郎
  • 2015年03月 日本海洋学会 日本海洋学会賞
     「海氷域の変動とその海洋循環に与える影響に関する研究」
  • 2008年11月 日本気象学会 堀内賞
     「海氷の気候システムに果たす役割に関する研究」 日本 
    受賞者: 大島 慶一郎
  • 2008年03月 日本海洋学会 奨励論文賞
     日本
  • 1996年04月 日本海洋学会 岡田賞
     「極域・亜極域の沿岸流の変動の研究」 日本

競争的資金等の研究課題

  • 南極底層水を起点とする熱塩循環・物質循環のダイナミクス
    日本学術振興会:新学術領域研究 計画研究
    研究期間 : 2017年06月 -2022年03月 
    代表者 : 大島 慶一郎
  • ポリニヤを起点とする熱塩/物質循環
    日本学術振興会:基盤研究(A)
    研究期間 : 2017年04月 -2020年03月 
    代表者 : 大島 慶一郎
  • 海氷生成とリンクする南極底層水・深層循環の再描像
    日本学術振興会:基盤研究(A)
    研究期間 : 2013年04月 -2017年03月 
    代表者 : 大島 慶一郎
  • 海氷生産量のグローバルマッピングとモニタリング構築
    日本学術振興会:基盤研究(S)
    研究期間 : 2008年06月 -2012年03月 
    代表者 : 大島 慶一郎
  • オホーツク海における、海水・海氷・油の流動予測システムの開発
    日本学術振興会:基盤研究(B)
    研究期間 : 2005年04月 -2008年03月 
    代表者 : 大島 慶一郎
  • 海氷・海洋結合系におけるアイスアルベドフィードバック
    日本学術振興会:基盤研究(C)
    研究期間 : 2000年04月 -2003年03月 
    代表者 : 大島 慶一郎

教育活動情報

主要な担当授業

  • 大学院共通授業科目(教育プログラム):南極学
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 大学院共通科目
    キーワード : 海氷、物理、生物、生態系、ブライン、植物プランクトン、動物プランクトン、サロマ湖、オホーツク海
  • 極域海洋学特論
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 環境科学院
    キーワード : 北極海, 南極海, オホーツク海, 海氷, 深層水, 中層水, 気候変動 Arctic Ocean, Antarctic Ocean, Okhotsk Sea, Sea ice, Deep water, Intermediate water, Climate change
  • 大学院共通授業科目(一般科目):自然科学・応用科学
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 大学院共通科目
    キーワード : 北極、地球観測
  • 大気海洋物理学基礎論
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 環境科学院
    キーワード : 気象学, 海洋学, 大気大循環, 地衡風(流), 温帯高低気圧, 熱帯気象学, 数値予報, 大気境界層, 大気化学, オゾン層, 気候変動, 地球温暖化, 熱塩循環, 風成循環, ポテンシャル渦度, 西岸境界流, 海洋混合層, 潮汐 Meteorology, Oceanography, General Circulation, Geostrophic Flow,  Midlatitude Weather System, Tropical Meteorology, Numerical Weather Prediction, Atmospheric Boundary Layer, Atmospheric Chemistry, Ozone Layer, Climate Change, Global Warming, Thermohaline Circulation, Wind-driven Circulation, Potential Vorticity, Western Boundary Current, Ocean Mixed Layer, Tide
  • 一般教育演習(フレッシュマンセミナー)
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : 南極、北極海、オホーツク海、海洋大循環、気候変動、海氷、温暖化、衛星観測、IPCC

大学運営

委員歴

  • 2017年04月 - 現在   日本気象学会   評議員
  • 2005年04月 - 現在   日本海洋学会   評議員   日本海洋学会
  • 2009年05月 -2015年03月   環境省   知床世界自然遺産地域学委員会委員
  • 日本海洋学会   英文誌副編集委員   日本海洋学会


Copyright c MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.