今内 覚コンナイ サトルresearchmap個人ページ

更新日 : 2018/12/05

基本情報

プロフィール

所属部署名
獣医学研究院 獣医学部門 病原制御学分野
職名准教授 
学位
獣医学博士
メールアドレスkonnaivetmed.hokudai.ac.jp
ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/40396304.ja.html
科研費研究者番号

研究キーワード

感染症学, 感染免疫, 臨床免疫, 腫瘍免疫, ウイルス学, 節足動物媒介性疾患, マダニ

研究分野

畜産学・獣医学 / 応用獣医学
畜産学・獣医学 / 基礎獣医学・基礎畜産学
畜産学・獣医学 / 臨床獣医学
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
畜産学・獣医学 / 応用獣医学
畜産学・獣医学 / 基礎獣医学・基礎畜産学
畜産学・獣医学 / 臨床獣医学

職歴

2017年04月
-
現在
北海道大学大学院獣医学研究院(准教授)
2008年12月
-
2017年03月
北海道大学大学院獣医学研究科(准教授)
2007年04月
-
2008年11月
北海道大学大学院獣医学研究科(助教)
2004年12月
-
2007年03月
北海道大学大学院獣医学研究科(助手)
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2017年04月
-
現在
北海道大学大学院獣医学研究院(准教授)
2008年12月
-
2017年03月
北海道大学大学院獣医学研究科(准教授)
2007年04月
-
2008年11月
北海道大学大学院獣医学研究科(助教)
2004年12月
-
2007年03月
北海道大学大学院獣医学研究科(助手)

学歴

2003年03月
北海道大学大学院獣医学研究科博士課程単位取得退学
学歴を全て表示する
学歴閉じる
2003年03月
北海道大学大学院獣医学研究科博士課程単位取得退学

所属学協会

日本ウイルス学会
日本獣医学会
日本獣医師会
北海道獣医師会
動物用ワクチン-バイオ医薬品研究会
日本獣医寄生虫学会
日本家畜臨床感染症研究会
大動物臨床研究会
動物サイトカイン研究会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
日本ウイルス学会
日本獣医学会
日本獣医師会
北海道獣医師会
動物用ワクチン-バイオ医薬品研究会
日本獣医寄生虫学会
日本家畜臨床感染症研究会
大動物臨床研究会
動物サイトカイン研究会

研究活動

論文

Cattle with a low bovine leukemia virus proviral load are rarely an infectious source
Mekata H, Yamamoto M, Hayashi T, Kirino Y, Sekiguchi S, Konnai S, Horii Y, Norimine J.
Jpn J Vet Res.  66(3) 157-163 2018年08月
Cooperation of PD-1 and LAG-3 in the exhaustion of CD4+ and CD8+ T cells during bovine leukemia virus infection
Okagawa T, Konnai S, Nishimori A, Maekawa N, Goto S, Ikebuchi R, Kohara J, Suzuki Y, Yamada S, Kato Y, Murata S, Ohashi K.今内 覚
Vet Res. 49(1) 50 2018年06月
Epitope mapping of anti-mouse podoplanin monoclonal antibody PMab-1
Yamada S, Itai S, Kaneko MK, Konnai S, Kato Y.
Biochem Biophys Rep. 15 52-56 2018年06月
Evaluation of costimulatory molecules in dogs with B cell high grade lymphoma
Tagawa M, Kurashima C, Takagi S, Maekawa N, Konnai S, Shimbo G, Matsumoto K, Inokuma H, Kawamoto K, Miyahara K.
PLoS One 13(7) e0201222 2018年06月
Prostaglandin E2 Induction Suppresses the Th1 Immune Responses in Cattle with Johne's Disease
Sajiki Y, Konnai S, Okagawa T, Nishimori A, Maekawa N, Goto S, Ikebuchi R, Nagata R, Kawaji S, Kagawa Y, Yamada S, Kato Y, Nakajima C, Suzuki Y, Murata S, Mori Y, Ohashi K.
Infect Immun.  86(5) e00910-17 2018年04月
Identification of an Atypical Enzootic Bovine Leukosis in Japan by Using a Novel Classification of Bovine Leukemia Based on Immunophenotypic Analysis
Nishimori A, Konnai S, Okagawa T, Maekawa N, Goto S, Ikebuchi R, Nakahara A, Chiba Y, Ikeda M, Murata S, Ohashi K.
Clin Vaccine Immunol. 24(12) e00001-18 2018年04月
Molecular detection and phylogenetic analysis of Ehrlichia canis in a Philippine dog
Maekawa N, Konnai S, Balbin MM, Mingala CN, Gicana KRB, Bernando FAEM, Murata S, Ohashi K.
Ticks Tick Borne Dis.  9(2) 266-269 2018年02月
New hematological key for bovine leukemia virus-infected Japanese Black cattle
Mekata H, Yamamoto M, Kirino Y, Sekiguchi S, Konnai S, Horii Y, Norimine J.
J Vet Med Sci. 80(2) 316-319 2018年02月
Expression profile of Rhipicephalus microplus vitellogenin receptor during oogenesis
Seixas A, Alzugaray MF, Tirloni L, Parizi LF, Pinto AFM, Githaka NW, Konnai S, Ohashi K, Yates Iii JR, Termignoni C, da Silva Vaz I Jr.
Ticks Tick Borne Dis. 9(1) 72-81 2018年01月
Identification of immuno-inhibitory molecules in Mongolian native cattle and yak
Ochirkhuu N, Konnai S, Odbileg R, Okagawa T, Maekawa N, Murata S, Ohashi K.
Jpn J Vet Res 66(3) 177-192 2018年
論文を全て表示する
論文閉じる
Cattle with a low bovine leukemia virus proviral load are rarely an infectious source
Mekata H, Yamamoto M, Hayashi T, Kirino Y, Sekiguchi S, Konnai S, Horii Y, Norimine J.
Jpn J Vet Res.  66(3) 157-163 2018年08月
Cooperation of PD-1 and LAG-3 in the exhaustion of CD4+ and CD8+ T cells during bovine leukemia virus infection
Okagawa T, Konnai S, Nishimori A, Maekawa N, Goto S, Ikebuchi R, Kohara J, Suzuki Y, Yamada S, Kato Y, Murata S, Ohashi K.今内 覚
Vet Res. 49(1) 50 2018年06月
Epitope mapping of anti-mouse podoplanin monoclonal antibody PMab-1
Yamada S, Itai S, Kaneko MK, Konnai S, Kato Y.
Biochem Biophys Rep. 15 52-56 2018年06月
Evaluation of costimulatory molecules in dogs with B cell high grade lymphoma
Tagawa M, Kurashima C, Takagi S, Maekawa N, Konnai S, Shimbo G, Matsumoto K, Inokuma H, Kawamoto K, Miyahara K.
PLoS One 13(7) e0201222 2018年06月
Prostaglandin E2 Induction Suppresses the Th1 Immune Responses in Cattle with Johne's Disease
Sajiki Y, Konnai S, Okagawa T, Nishimori A, Maekawa N, Goto S, Ikebuchi R, Nagata R, Kawaji S, Kagawa Y, Yamada S, Kato Y, Nakajima C, Suzuki Y, Murata S, Mori Y, Ohashi K.
Infect Immun.  86(5) e00910-17 2018年04月
Identification of an Atypical Enzootic Bovine Leukosis in Japan by Using a Novel Classification of Bovine Leukemia Based on Immunophenotypic Analysis
Nishimori A, Konnai S, Okagawa T, Maekawa N, Goto S, Ikebuchi R, Nakahara A, Chiba Y, Ikeda M, Murata S, Ohashi K.
Clin Vaccine Immunol. 24(12) e00001-18 2018年04月
Molecular detection and phylogenetic analysis of Ehrlichia canis in a Philippine dog
Maekawa N, Konnai S, Balbin MM, Mingala CN, Gicana KRB, Bernando FAEM, Murata S, Ohashi K.
Ticks Tick Borne Dis.  9(2) 266-269 2018年02月
New hematological key for bovine leukemia virus-infected Japanese Black cattle
Mekata H, Yamamoto M, Kirino Y, Sekiguchi S, Konnai S, Horii Y, Norimine J.
J Vet Med Sci. 80(2) 316-319 2018年02月
Expression profile of Rhipicephalus microplus vitellogenin receptor during oogenesis
Seixas A, Alzugaray MF, Tirloni L, Parizi LF, Pinto AFM, Githaka NW, Konnai S, Ohashi K, Yates Iii JR, Termignoni C, da Silva Vaz I Jr.
Ticks Tick Borne Dis. 9(1) 72-81 2018年01月
Identification of immuno-inhibitory molecules in Mongolian native cattle and yak
Ochirkhuu N, Konnai S, Odbileg R, Okagawa T, Maekawa N, Murata S, Ohashi K.
Jpn J Vet Res 66(3) 177-192 2018年
Molecular epidemiological survey and genetic characterization of ovine gammaherpesvirus-2 in Mongolian livestock
Ochirkhuu N, Konnai S, Odbileg R, Murata S, Ohashi K.
J Vet Med Sci. 79(12) 2040-2042 2017年12月
Expression of Cat Podoplanin in Feline Squamous Cell Carcinomas
Itai S, Yamada S, Kaneko MK, Harada H, Kagawa Y, Konnai S, Kato Y.
Monoclon Antib Immunodiagn Immunother. 36(6) 243-250 2017年12月
Intrauterine infection with bovine leukemia virus in pregnant dam with high viral load
Sajiki Y, Konnai S, Nishimori A, Okagawa T, Maekawa N, Goto S, Nagano M, Kohara J, Kitano N, Takahashi T, Tajima M, Mekata H, Horii Y, Murata S, Ohashi K.
J Vet Med Sci. 79(12) 2036-2039 2017年12月
Detection and molecular characterization of equine infectious anemia virus in Mongolian horses
Sharav T, Konnai S, Ochirkhuu N, Ts EO, Mekata H, Sakoda Y, Umemura T, Murata S, Chultemdorj T, Ohashi K.
J Vet Med Sci. 79(11) 1884-1888 2017年11月
PMab-52: Specific and Sensitive Monoclonal Antibody Against Cat Podoplanin for Immunohistochemistry
Yamada S, Itai S, Nakamura T, Yanaka M, Saidoh N, Chang YW, Handa S, Harada H, Kagawa Y, Ichii O, Konnai S, Kaneko MK, Kato Y.
Monoclon Antib Immunodiagn Immunother. 36(5) 224-230 2017年10月
Increase of cells expressing PD-1 and PD-L1 and enhancement of IFN-γ production via PD-1/PD-L1 blockade in bovine mycoplasmosis
Goto S, Konnai S, Okagawa T, Nishimori A, Maekawa N, Gondaira S, Higuchi H, Koiwa M, Tajima M, Kohara J, Ogasawara S, Kato Y, Suzuki Y, Murata S, Ohashi K.
Immun Inflamm Dis.  5(3) 355-363 2017年09月
Molecular Epidemiological Survey and Genetic Characterization of Anaplasma Species in Mongolian Livestock
Ochirkhuu N, Konnai S, Odbileg R, Murata S, Ohashi K.
Vector Borne Zoonotic Dis. 17(8) 539-549 2017年08月
A canine chimeric monoclonal antibody targeting PD-L1 and its clinical efficacy in canine oral malignant melanoma or undifferentiated sarcoma
Maekawa N, Konnai S, Takagi S, Kagawa Y, Okagawa T, Nishimori A, Ikebuchi R, Izumi Y, Deguchi T, Nakajima C, Kato Y, Yamamoto K, Uemura H, Suzuki Y, Murata S, Ohashi K.
Sci Rep. 7(1) 8951 2017年08月
Characterization of the Anti-Bovine Podoplanin Monoclonal Antibody PMab-44
Yamada S, Honma R, Kaneko MK, Nakamura T, Yanaka M, Saidoh N, Takagi M, Konnai S, Kato Y.
Monoclon Antib Immunodiagn Immunother. 36(3) 129-134 2017年06月
Anti-Bovine Programmed Death-1 Rat-Bovine Chimeric Antibody for Immunotherapy of Bovine Leukemia Virus Infection in Cattle
Okagawa T, Konnai S, Nishimori A, Maekawa N, Ikebuchi R, Goto S, Nakajima C, Kohara J, Ogasawara S, Kato Y, Suzuki Y, Murata S, Ohashi K.
Front Immunol.  8 650 2017年06月
Clinical and subclinical bovine leukemia virus infection in a dairy cattle herd in Zambia
Pandey GS, Simulundu E, Mwiinga D, Samui KL, Mweene AS, Kajihara M, Mangani A, Mwenda R, Ndebe J, Konnai S, Takada A.
Arch Virol.  162(4) 1051-1056  2017年04月
Development of mPMab-1, a Mouse-Rat Chimeric Antibody Against Mouse Podoplanin
Yamada S, Kaneko MK, Nakamura T, Ichii O, Konnai S, Kato Y.
Monoclon Antib Immunodiagn Immunother. 36(2) 77-79 2017年04月
In vitro and in vivo antivirus activity of an anti-programmed death-ligand 1 (PD-L1) rat-bovine chimeric antibody against bovine leukemia virus infection
Nishimori A, Konnai S, Okagawa T, Maekawa N, Ikebuchi R, Goto S, Sajiki Y, Suzuki Y, Kohara J, Ogasawara S, Kato Y, Murata S, Ohashi K.
PLoS One.  12(4) e0174916 2017年04月
Molecular and structural characterization of novel cystatins from the taiga tick Ixodes persulcatus
Rangel CK, Parizi LF, Sabadin GA, Costa EP, Romeiro NC, Isezaki M, Githaka NW, Seixas A, Logullo C, Konnai S, Ohashi K, da Silva Vaz I Jr.
Ticks Tick Borne Dis. 8(3) 432-441 2017年03月
Isolation and purification of Gallid herpesvirus 2 strains currently distributed in Japan
Machida Y, Murata S, Matsuyama-Kato A, Isezaki M, Taneno A, Sakai E, Konnai S, Ohashi K.
J Vet Med Sci.  79(1) 115-122 2017年01月
Immune exhaustion during chronic infections in cattle
Konnai S, Murata S, Ohashi K.
J Vet Med Sci. 79(1) 1-5 2017年01月
A novel mechanism of functional cooperativity regulation by thiol redox status in a dimeric inorganic pyrophosphatase
Costa EP, Façanha AR, Cruz CS, Silva JN, Machado JA, Carvalho GM, Fernandes MR, Martins R, Campos E, Romeiro NC, Githaka NW, Konnai S, Ohashi K, Vaz IS Jr, Logullo C.
Biochim Biophys Acta Gen Subj. 1861(1 Pt A) 2922-2933 2017年01月
Molecular characterization of the lymphocyte activation gene-3 (LAG-3, CD223) of swamp- and riverine-type water buffaloes (Bubalus bubalis)
Rivera MS, Bismark CRP, Abella AE, Konnai S, Mingala CM.
Jpn J Vet Res 65(2) 65-74 2017年
Podoplanin Expression in Canine Melanoma
Ogasawara S, Honma R, Kaneko MK, Fujii Y, Kagawa Y, Konnai S, Kato Y.
Monoclon Antib Immunodiagn Immunother. 35(6) 304-306 2016年12月
PMab-38 Recognizes Canine Podoplanin of Squamous Cell Carcinomas
Kaneko MK, Honma R, Ogasawara S, Fujii Y, Nakamura T, Saidoh N, Takagi M, Kagawa Y, Konnai S, Kato Y.
Monoclon Antib Immunodiagn Immunother. 35(5) 263-266 2016年10月
Cooperation of PD-1 and LAG-3 Contributes to T-Cell Exhaustion in Anaplasma marginale-Infected Cattle
Okagawa T, Konnai S, Deringer JR, Ueti MW, Scoles GA, Murata S, Ohashi K, Brown WC.
Infect Immun.  84(10) 2779-90 2016年09月
Molecular detection and characterization of bovine viral diarrhea virus in Mongolian cattle and yaks
Ochirkhuu N, Konnai S, Odbileg R, Odzaya B, Gansukh S, Murata S, Ohashi K.
Arch Virol. 161(8) 2279-83 2016年08月
Specific Detection of Dog Podoplanin Expressed in Renal Glomerulus by a Novel Monoclonal Antibody PMab-38 in Immunohistochemistry
Honma R, Kaneko MK, Ogasawara S, Fujii Y, Konnai S, Takagi M, Kato Y.
Monoclon Antib Immunodiagn Immunother. 35(4) 212-6 2016年08月
PMab-44 Detects Bovine Podoplanin in Immunohistochemistry
Honma R, Ogasawara S, Kaneko MK, Fujii Y, Oki H, Nakamura T, Takagi M, Konnai S, Kato Y.
Monoclon Antib Immunodiagn Immunother. 2016年06月
Immunohistochemical Analysis of PD-L1 Expression in Canine Malignant Cancers and PD-1 Expression on Lymphocytes in Canine Oral Melanoma
Maekawa N, Konnai S, Okagawa T, Nishimori A, Ikebuchi R, Izumi Y, Takagi S, Kagawa Y, Nakajima C, Suzuki Y, Kato Y, Murata S, Ohashi K.
PLoS One.  11(6) e0157176 2016年06月
Detection of bovine leukemia virus and identification of its genotype in Mongolian cattle
Ochirkhuu N, Konnai S, Odbileg R, Nishimori A, Okagawa T, Murata S, Ohashi K.
Arch Virol. 161(4) 985-91 2016年04月
Critical Epitope of Anti-Rabbit Podoplanin Monoclonal Antibodies for Immunohistochemical Analysis
Honma R, Fujii Y, Ogasawara S, Oki H, Konnai S, Kagawa Y, Takagi M, Kaneko MK, Kato Y.
Monoclon Antib Immunodiagn Immunother. 35(2) 65-72 2016年04月
Identification and the preliminary in vitro characterization of IRIS homologue from salivary glands of Ixodes persulcatus Schulze
Toyomane K, Konnai S, Niwa A, Githaka N, Isezaki M, Yamada S, Ito T, Takano A, Ando S, Kawabata H, Murata S, Ohashi K.
Ticks Tick Borne Dis.  7(1) 119-125 2016年02月
Evaluation of Costimulatory Molecules in Peripheral Blood Lymphocytes of Canine Patients with Histiocytic Sarcoma
Tagawa M, Maekawa N, Konnai S, Takagi S.
PLoS One.  11(2) e0150030 2016年02月
Direct polymerase chain reaction from blood and tissue samples for rapid diagnosis of bovine leukemia virus infection
Nishimori A, Konnai S, Ikebuchi R, Okagawa T, Nakahara A, Murata S, Ohashi K.
J Vet Med Sci. 78(5) 791-6 2016年01月
Bovine leukemia virus reduces anti-viral cytokine activities and NK cytotoxicity by inducing TGF-β secretion from regulatory T cells
Ohira K, Nakahara A, Konnai S, Okagawa T, Nishimori A, Maekawa N, Ikebuchi R, Kohara J, Murata S, Ohashi K.
Immun Inflamm Dis.  4(1) 52-63 2016年01月
Molecular characterization of T-cell immunoglobulin mucin domain-3 and Galectin-9 genes of swamp- and riverine-type water buffaloes
Duran PL, Padiernos RB, Abella EA, Konnai S, Mingala CN.
Int J Immunogenet.  42(6) 469-78 2015年12月
A preliminary survey of the seroprevalence of Mycobacterium avium subspecies paratuberculosis in Mongolian cattle
Ochirkhuu N, Konnai S, Odbileg R, Murata S, Ohashi K.
Jpn J Vet Res. 63(4) 191-4 2015年11月
Metal extent in blood of livestock from Dandora dumping site, Kenya: Source identification of Pb exposure by stable isotope analysis
Nakata H, Nakayama SM, Ikenaka Y, Mizukawa H, Ishii C, Yohannes YB, Konnai S, Darwish WS, Ishizuka M.
Environ Pollut.  205 8-15 2015年10月
Bovine Immunoinhibitory Receptors Contribute to Suppression of Mycobacterium avium subsp. paratuberculosis-Specific T-Cell Responses
Okagawa T, Konnai S, Nishimori A, Ikebuchi R, Mizorogi S, Nagata R, Kawaji S, Tanaka S, Kagawa Y, Murata S, Mori Y, Ohashi K.
Infect Immun. 84(1) 77-89 2015年10月
Horizontal transmission and phylogenetic analysis of bovine leukemia virus in two districts of Miyazaki, Japan
Mekata H, Sekiguchi S, Konnai S, Kirino Y, Horii Y, Norimine J.
J Vet Med Sci. 77(9) 1115-20 2015年09月
Molecular epidemiological survey and genetic analysis of vector-borne infections of cattle in Luzon Island, the Philippines
Ochirkhuu N, Konnai S, Mingala CN, Okagawa T, Villanueva M, Pilapil FM, Murata S, Ohashi K.
Vet Parasitol. 212(3-4) 161-7 2015年09月
Expression of regulatory dendritic cell-related cytokines in cattle experimentally infected with Trypanosoma evansi
Mekata H, Murata S, Mingala CN, Ohashi K, Konnai S.
J Vet Med Sci. 77(8) 1017-9 2015年08月
Vaccination with cyclin-dependent kinase tick antigen confers protection against Ixodes infestation
Gomes H, Moraes J, Githaka N, Martins R, Isezaki M, Vaz Ida S Jr, Logullo C, Konnai S, Ohashi K.
Vet Parasitol.  211(3-4) 266-73 2015年07月
An investigation of binding ability of Ixodes persulcatus Schulze Salp15 with Lyme disease spirochetes
Murase Y, Konnai S, Yamada S, Githaka N, Isezaki M, Ito T, Takano A, Ando S, Kawabata H, Murata S, Ohashi K.
Insect Biochem Mol Biol.  60 59-67 2015年05月
Cytokine mRNA profiling and the proliferative response of bovine peripheral blood mononuclear cells to Mycoplasma bovis
Gondaira S, Higuchi H, Iwano H, Nakajima K, Kawai K, Hashiguchi S, Konnai S, Nagahata H.
Vet Immunol Immunopathol. 165(1-2) 45-53 2015年05月
Evaluation of the natural perinatal transmission of bovine leukaemia virus
Mekata H, Sekiguchi S, Konnai S, Kirino Y, Honkawa K, Nonaka N, Horii Y, Norimine J.
Vet Rec.  176(10) 254 2015年03月
Increased expression of the regulatory T cell-associated marker CTLA-4 in bovine leukemia virus infection
Suzuki S, Konnai S, Okagawa T, Ikebuchi R, Nishimori A, Kohara J, Mingala CN, Murata S, Ohashi K.
Vet Immunol Immunopathol. 163(3-4) 115-24 2015年02月
Rhipicephalus microplus and Ixodes ovatus cystatins in tick blood digestion and evasion of host immune response
Parizi LF, Sabadin GA, Alzugaray MF, Seixas A, Logullo C, Konnai S, Ohashi K, Masuda A, da Silva Vaz I Jr.
Parasit Vectors. 8 122 2015年02月
Non-classical gluconeogenesis-dependent glucose metabolism in Rhipicephalus microplus embryonic cell line BME26
da Silva RM, Noce BD, Waltero CF, Costa EP, de Abreu LA, Githaka NW, Moraes J, Gomes HF, Konnai S, Vaz Ida S Jr, Ohashi K, Logullo C.
Int J Mol Sci.  16(1) 1821-39 2015年01月
Cellular immune response to interferon-tau in peripheral blood mononuclear cells of Japanese black cattle with bovine leukemia virus infection
Kakinuma S, Izawa T, Matsuda K, Konnai S, Maeda Y, Ohtsuka H.
Acta Vet Beog 65(2) 287-296 2015年
A relapsing fever group Borrelia sp. similar to Borrelia lonestari found among wild sika deer (Cervus nippon yesoensis) and Haemaphysalis spp. ticks in Hokkaido, Japan.
Lee K, Takano A, Taylor K, Sashika M, Shimozuru M, Konnai S, Kawabata H, Tsubota T.
Ticks Tick Borne Dis. 5(6) 841-7 2014年10月
Influence of PD-L1 cross-linking on cell death in PD-L1-expressing cell lines and bovine lymphocytes
Ikebuchi R, Konnai S, Okagawa T, Yokoyama K, Nakajima C, Suzuki Y, Murata S, Ohashi K.
Immunology 142(4) 551-61 2014年08月
Expression analysis of programmed death ligand 2 in tumors caused by the avian oncovirus Marek's disease virus
Matsuyama-Kato A, Murata S, Isezaki M, Takasaki S, Kano R, Konnai S, Ohashi K.
Arch Virol. 159(8) 2123-6 2014年08月
Reprolysin metalloproteases from Ixodes persulcatus, Rhipicephalus sanguineus and Rhipicephalus microplus ticks
Ali A, Tirloni L, Isezaki M, Seixas A, Konnai S, Ohashi K, da Silva Vaz Junior I, Termignoni C.
Exp Appl Acarol. 63(4) 559-78 2014年08月
Suppressive effects of neutrophil by Salp16-like salivary gland proteins from Ixodes persulcatus Schulze tick
Hidano A, Konnai S, Yamada S, Githaka N, Isezaki M, Higuchi H, Nagahata H, Ito T, Takano A, Ando S, Kawabata H, Murata S, Ohahsi K.
Insect Mol Biol.  23(4) 466-74 2014年08月
Differences in cellular function and viral protein expression between IgMhigh and IgMlow B-cells in bovine leukemia virus-infected cattle
Ikebuchi R, Konnai S, Okagawa T, Nishimori A, Nakahara A, Murata S, Ohashi K.
J Gen Virol. 95(Pt 8) 1832-42 2014年08月
Human infections with Borrelia miyamotoi, Japan.
Sato K, Takano A, Konnai S, Nakao M, Ito T, Koyama K, Kaneko M, Ohnishi M, Kawabata H.
Emerg Infect Dis. 20(8) 1391-3 2014年08月
Tick surveillance for relapsing fever spirochete Borrelia miyamotoi in Hokkaido, Japan.
Takano A, Toyomane K, Konnai S, Ohashi K, Nakao M, Ito T, Andoh M, Maeda K, Watarai M, Sato K, Kawabata H.
PLoS One.  9(8) e104532 2014年08月
Identification and characterization of bovine programmed death-ligand 2
Nishimori A, Konnai S, Ikebuchi R, Okagawa T, Nakajima C, Suzuki Y, Mingala CN, Murata S, Ohashi K.
Microbiol Immunol.  58(7) :388-97 2014年07月
Expression of PD-L1 on canine tumor cells and enhancement of IFN-γ production from tumor-infiltrating cells by PD-L1 blockade
Maekawa N, Konnai S, Ikebuchi R, Okagawa T, Adachi M, Takagi S, Kagawa Y, Nakajima C, Suzuki Y, Murata S, Ohashi K.
PLoS One.  9(6) e98415 2014年06月
Identification and sequence characterization of novel Theileria genotypes from the waterbuck (Kobus defassa) in a Theileria parva-endemic area in Kenya
Githaka N, Konnai S, Bishop R, Odongo D, Lekolool I, Kariuki E, Gakuya F, Kamau L, Isezaki M, Murata S, Ohashi K.
Vet Parasitol. 202(3-4) 180-93 2014年03月
Sequence characterization and immunogenicity of cystatins from the cattle tick Rhipicephalus (Boophilus) microplus
Parizi LF, Githaka NW, Acevedo C, Benavides U, Seixas A, Logullo C, Konnai S, Ohashi K, Masuda A, da Silva Vaz I Jr.
Ticks Tick Borne Dis. 4(6) 492-9 2013年12月
Horizontal transmission of bovine leukemia virus from lymphocytotic cattle, and beneficial effects of insect vector control
Ooshiro M, Konnai S, Katagiri Y, Afuso M, Arakaki N, Tsuha O, Murata S, Ohashi K.
Vet Rec.  173(21) 527 2013年11月
Genotypic variations in field isolates of Theileria species infecting giraffes (Giraffa camelopardalis tippelskirchi and Giraffa camelopardalis reticulata) in Kenya
Githaka N, Konnai S, Skilton R, Kariuki E, Kanduma E, Murata S, Ohashi K.
Parasitol Int. 62(5) 448-53 2013年10月
Identification and structural-functional analysis of cyclin-dependent kinases of the cattle tick Rhipicephalus (Boophilus) microplus
Gomes H, Romeiro NC, Braz GR, de Oliveira EA, Rodrigues C, da Fonseca RN, Githaka N, Isezaki M, Konnai S, Ohashi K, da Silva Vaz I Jr, Logullo C, Moraes J.
PLoS One. 8(10) e76128. 2013年10月
Expression analysis of Foxp3 in T cells from bovine leukemia virus infected cattle
Suzuki S, Konnai S, Okagawa T, Ikebuchi R, Shirai T, Sunden Y, Mingala CN, Murata S, Ohashi K.
Microbiol Immunol.  57(8) 600-4 2013年08月
Blockade of bovine PD-1 increases T cell function and inhibits bovine leukemia virus expression in B cells in vitro.
Ikebuchi R, Konnai S, Okagawa T, Yokoyama K, Nakajima C, Suzuki Y, Murata S, Ohashi K.
Vet Res. 44 59 2013年07月
Characterization of Meq proteins from field isolates of Marek's disease virus in Japan
Murata S, Hashiguchi T, Hayashi Y, Yamamoto Y, Matsuyama-Kato A, Takasaki S, Isezaki M, Onuma M, Konnai S, Ohashi K.
Infect Genet Evol.  16 137-43 2013年06月
Bovine whole-blood culture as a tool for the measurement of endotoxin activities in Gram-negative bacterial vaccines
Imamura S, Nakamizo M, Kawanishi M, Nakajima N, Yamamoto K, Uchiyama M, Hirano F, Nagai H, Kijima M, Ikebuchi R, Mekata H, Murata S, Konnai S, Ohashi K.
Vet Immunol Immunopathol.  153(1-2) 153-8 2013年05月
Isolation, cloning, and pathologic analysis of Trypanosoma evansi field isolates
Mekata H, Konnai S, Mingala CN, Abes NS, Gutierrez CA, Dargantes AP, Witola WH, Inoue N, Onuma M, Murata S, Ohashi K.
Parasitol Res. 112(4) 1513-21 2013年04月
The conserved role of the AKT/GSK3 axis in cell survival and glycogen metabolism in Rhipicephalus (Boophilus) microplus embryo tick cell line BME26
de Abreu LA, Calixto C, Waltero CF, Della Noce BP, Githaka NW, Seixas A, Parizi LF, Konnai S, Vaz Ida S, Ohashi K, Logullo C.
Biochim Biophys Acta. 1830(3) 2574-82 2013年03月
Prevalence of Lyme borrelia in Ixodes persulcatus ticks from an area with a confirmed case of Lyme disease
Murase Y, Konnai S, Githaka N, Hidano A, Taylor K, Ito T, Takano A, Ando S, Kawabata H, Tsubota T, Murata S, Ohashi K.
J Vet Med Sci. 75(2) 215-8 2013年02月
Borrelia miyamotoi infections among wild rodents show age and month independence and correlation with Ixodes persulcatus larval attachment in Hokkaido, Japan
Taylor KR, Takano A, Konnai S, Shimozuru M, Kawabata H, Tsubota T.
Vector Borne Zoonotic Dis.  13(2) 92--7 2013年02月
Identification and partial characterization of a gut Rhipicephalus appendiculatus cystatin
Imamura S, Konnai S, Yamada S, Parizi LF, Githaka N, Vaz Ida S Jr, Murata S, Ohashi K.
Ticks Tick Borne Dis. 4(1-2) 138-44 2013年02月
Differential tick burdens may explain differential Borrelia afzelii and Borrelia garinii infection rates among four, wild, rodent species in Hokkaido, Japan
Taylor KR, Takano A, Konnai S, Shimozuru M, Kawabata H, Tsubota T.
J Vet Med Sci.  75(6) 785-90 2013年02月
Enhanced expression of LAG-3 on lymphocyte subpopulations from persistently lymphocytotic cattle infected with bovine leukemia virus
Konnai S, Suzuki S, Shirai T, Ikebuchi R, Okagawa T, Sunden Y, Mingala CN, Onuma M, Murata S, Ohashi K.
Comp Immunol Microbiol Infect Dis.  36(1) 63-9 2013年01月
The quest for a universal vaccine against ticks: cross-immunity insights
Parizi LF, Githaka NW, Logullo C, Konnai S, Masuda A, Ohashi K, da Silva Vaz I Jr.
Vet J.  194(2) 158-65 2012年11月
Molecular detection and characterization of potentially new Babesia and Theileria species/variants in wild felids from Kenya
Githaka N, Konnai S, Kariuki E, Kanduma E, Murata S, Ohashi K.
Acta Trop. 124(1) 71-8 2012年10月
Effects of environmental lead contamination on cattle in a lead/zinc mining area: changes in cattle immune systems on exposure to lead in vivo and in vitro
Ikenaka Y, Nakayama SM, Muroya T, Yabe J, Konnai S, Darwish WS, Muzandu K, Choongo K, Mainda G, Teraoka H, Umemura T, Ishizuka M.
Environ Toxicol Chem. 31(10) 2300-5 2012年10月
A novel relapsing fever Borrelia sp. infects the salivary glands of the molted hard tick, Amblyomma geoemydae
Takano A, Sugimori C, Fujita H, Kadosaka T, Taylor KR, Tsubota T, Konnai S, Tajima T, Sato K, Watanabe H, Ohnishi M, Kawabata H.
Ticks Tick Borne Dis. 3(4) 259-61 2012年09月
Transcriptional profiling of inflammatory cytokine genes in African buffaloes (Syncerus caffer) infected with Theileria parva
Okagawa T, Konnai S, Mekata H, Githaka N, Suzuki S, Kariuki E, Gakuya F, Kanduma E, Shirai T, Ikebuchi R, Ikenaka Y, Ishizuka M, Murata S, Ohashi K.
Vet Immunol Immunopathol.  148(3-4) 373-9 2012年08月
Effects of interferon-tau on cattle persistently infected with bovine viral diarrhea virus
Kohara J, Nishikura Y, Konnai S, Tajima M, Onuma M.
Jpn J Vet Res. 60(2-3) 63-70 2012年08月
Surveillance of Marek's disease virus in migratory and sedentary birds in Hokkaido, Japan
Murata S, Hayashi Y, Kato A, Isezaki M, Takasaki S, Onuma M, Osa Y, Asakawa M, Konnai S, Ohashi K.
Vet J.  192(3) 538-40 2012年06月
Kinetics of regulatory dendritic cells in inflammatory responses during Trypanosoma evansi infection
Mekata H, Konnai S, Mingala CN, Abes NS, Gutierrez CA, Dargantes AP, Witola WH, Inoue N, Onuma M, Murata S, Ohashi K.
Parasite Immunol. 34(6) 318-29 2012年06月
Molecular characterization of immunoinhibitory factors PD-1/PD-L1 in chickens infected with Marek's disease virus
Matsuyama-Kato A, Murata S, Isezaki M, Kano R, Takasaki S, Ichii O, Konnai S, Ohashi K.
Virol J. 9 94 2012年05月
Increased bovine Tim-3 and its ligand expressions during bovine leukemia virus infection
Okagawa T, Konnai S, Ikebuchi R, Suzuki S, Shirai T, Sunden Y, Onuma M, Murata S, Ohashi K.
Vet Res.  43 45 2012年05月
Molecular cloning and characterization of Th1 and Th2 cytokines of African buffalo (Syncerus caffer)
Suzuki S, Konnai S, Okagawa T, Githaka NW, Kariuki E, Gakuya F, Kanduma E, Shirai T, Ikebuchi R, Ikenaka Y, Ishizuka M, Murata S, Ohashi K.
Int J Immunogenet. 39(2) 170-82 2012年04月
Identification of TROSPA homologue in Ixodes persulcatus Schulze, the specific vector for human Lyme borreliosis in Japan
Konnai S, Yamada S, Imamura S, Nishikado H, Githaka N, Ito T, Takano A, Kawabata H, Murata S, Ohashi K.
Ticks Tick Borne Dis. 3(2) 75-7 2012年04月
Molecular cloning of bovine lymphocyte activation gene-3 and its expression characteristics in bovine leukemia virus-infected cattle
Shirai T, Konnai S, Ikebuchi R, Okagawa T, Suzuki S, Sunden Y, Onuma M, Murata S, Ohashi K.
Vet Immunol Immunopathol. 144(3-4) 462-7 2011年12月
Characterization of reptile-associated Borrelia sp. in the vector tick, Amblyomma geoemydae, and its association with Lyme disease and relapsing fever Borrelia spp.
Takano A, Fujita H, Kadosaka T, Konnai S, Tajima T, Watanabe H, Ohnishi M, Kawabata H.
Environ Microbiol Rep.  3(5) 632-7 2011年10月
Increase of cells expressing PD-L1 in bovine leukemia virus infection and enhancement of anti-viral immune responses in vitro via PD-L1 blockade
Ikebuchi R, Konnai S, Shirai T, Sunden Y, Murata S, Onuma M, Ohashi K.
Vet Res. 42 103 2011年09月
Analysis of transcriptional activities of the Meq proteins present in highly virulent Marek's disease virus strains, RB1B and Md5
Murata S, Okada T, Kano R, Hayashi Y, Hashiguchi T, Onuma M, Konnai S, Ohashi K.
Virus Genes. 43(1) 66-71 2011年08月
Molecular detection of Anaplasma phagocytophilum in cattle and Ixodes persulcatus ticks
Murase Y, Konnai S, Hidano A, Githaka NW, Ito T, Takano A, Kawabata H, Ato M, Tajima T, Tajima M, Onuma M, Murata S, Ohashi K.
Vet Microbiol.  149(3-4) 504-7 2011年05月
Multilocus sequence typing implicates rodents as the main reservoir host of human-pathogenic Borrelia garinii in Japan
Takano A, Nakao M, Masuzawa T, Takada N, Yano Y, Ishiguro F, Fujita H, Ito T, Ma X, Oikawa Y, Kawamori F, Kumagai K, Mikami T, Hanaoka N, Ando S, Honda N, Taylor K, Tsubota T, Konnai S, Watanabe H, Ohnishi M, Kawabata H.
J Clin Microbiol.  49(5) 2035-9 2011年05月
Molecular identification and expression analysis of lipocalins from blood feeding taiga tick, Ixodes persulcatus Schulze
Konnai S, Nishikado H, Yamada S, Imamura S, Ito T, Onuma M, Murata S, Ohashi K.
Exp Parasitol.  127(2) 467-74 2011年02月
Characterization of CTLA-4, PD-1 and PDL-1 of swamp and riverine type water buffaloes
Mingala CN, Konnai S, Ikebuchi R, Ohashi K.
Comp Immunol Microbiol Infect Dis. 34(1) 55-63 2011年01月
Two novel Salp15-like immunosuppressant genes from salivary glands of Ixodes persulcatus Schulze tick
Mori A, Konnai S, Yamada S, Hidano A, Murase Y, Ito T, Takano A, Kawabata H, Onuma M, Ohashi K.
Insect Mol Biol.  19(3) 359-65 2010年06月
Molecular cloning and expression analysis of bovine programmed death-1
Ikebuchi R, Konnai S, Sunden Y, Onuma M, Ohashi K.
Microbiol Immunol.  54(5) 291-8 2010年05月
Molecular detection of trypanosomes in cattle in South America and genetic diversity of Trypanosoma evansi based on expression-site-associated gene 6
Mekata H, Konnai S, Witola WH, Inoue N, Onuma M, Ohashi K.
Infect Genet Evol. 9(6) 1301-5 2009年12月
PCR-based detection of blood parasites in cattle and adult Rhipicephalus appendiculatus ticks
Yamada S, Konnai S, Imamura S, Simuunza M, Chembensofu M, Chota A, Nambota A, Onuma M, Ohashi K.
Vet J.  182(2) 352-5 2009年11月
Quantification of water buffalo (Bubalus bubalis) cytokine expression in response to inactivated foot-and-mouth disease (FMD) vaccine
Mingala CN, Konnai S, Venturina FA, Onuma M, Ohashi K.
Res Vet Sci. 87(2) 213-7 2009年10月
Classification of new BVDV isolates from Philippine water buffalo using the viral E2 region
Mingala CN, Konnai S, Tajima M, Onuma M, Ohashi K.
J Basic Microbiol.  49(5) 495-500 2009年10月
Cloning and characterization of Rhipicephalus appendiculatus voraxinalpha and its effect as anti-tick vaccine
Yamada S, Konnai S, Imamura S, Ito T, Onuma M, Ohashi K.
Vaccine.  27(43) 5989-97 2009年10月
Effect of vaccination with a recombinant metalloprotease from Haemaphysalis longicornis
Imamura S, da Silva Vaz I Jr, Konnai S, Yamada S, Nakajima C, Onuma M, Ohashi K.
Exp Appl Acarol. 48(4) 345-58 2009年08月
Identification and characterization of antimicrobial peptide, defensin, in the taiga tick, Ixodes persulcatus
Saito Y, Konnai S, Yamada S, Imamura S, Nishikado H, Ito T, Onuma M, Ohashi K.
Insect Mol Biol.  18(4) 531-9 2009年08月
Development and application of a quantitative real-time PCR for the diagnosis of Surra in water buffaloes
Konnai S, Mekata H, Mingala CN, Abes NS, Gutierrez CA, Herrera JR, Dargantes AP, Witola WH, Cruz LC, Inoue N, Onuma M, Ohashi K.
Infect Genet Evol.  9(4) 449-52 2009年07月
Expression and activity of glycogen synthase kinase during vitellogenesis and embryogenesis of Rhipicephalus (Boophilus) microplus
Logullo C, Witola WH, Andrade C, Abreu L, Gomes J, da Silva Vaz I Jr, Imamura S, Konnai S, Ohashi K, Onuma M.
Vet Parasitol.  161(3-4) 261-9 2009年05月
Comparative moleculo-immunological analysis of swamp- and riverine-type water buffaloes responses
Mingala CN, Konnai S, Cruz LC, Onuma M, Ohashi K.
Cytokine. 46(2) 273-82 2009年05月
Microarray analysis of host immune responses to Marek's disease virus infection in vaccinated chickens
Kano R, Konnai S, Onuma M, Ohashi K.
J Vet Med Sci. 71(5) 603-10 2009年05月
Cytokine profiles in chickens infected with virulent and avirulent Marek's disease viruses: interferon-gamma is a key factor in the protection of Marek's disease by vaccination
Kano R, Konnai S, Onuma M, Ohashi K.
Microbiol Immunol.  53(4) 224-32 2009年04月
Suppression of cell proliferation and cytokine expression by HL-p36, a tick salivary gland-derived protein of Haemaphysalis longicornis
Konnai S, Nakajima C, Imamura S, Yamada S, Nishikado H, Kodama M, Onuma M, Ohashi K.
Immunology 126(2) 209-19 2009年02月
Quantitative analysis of cytokine mRNA expression and protozoan DNA load in Theileria parva-infected cattle
Yamada S, Konnai S, Imamura S, Simuunza M, Chembensofu M, Chota A, Nambota A, Onuma M, Ohashi K.
J Vet Med Sci.  71(1) 49-54 2009年01月
Rhipicephalus appendiculatus: characterization of a testis-associated protein
Yamada S, Ito Y, Imamura S, Konnai S, Ito T, Onuma M, Ohashi K.
Exp Parasitol.  120(4) 337-42 2008年12月
Prevalence and source of trypanosome infections in field-captured vector flies (Glossina pallidipes) in southeastern Zambia
Mekata H, Konnai S, Simuunza M, Chembensofu M, Kano R, Witola WH, Tembo ME, Chitambo H, Inoue N, Onuma M, Ohashi K.
J Vet Med Sci. 70(9) 923-8 2008年09月
Detection of Trypanosoma brucei in field-captured tsetse flies and identification of host species fed on by the infected flies
Konnai S, Mekata H, Odbileg R, Simuunza M, Chembensof M, Witola WH, Tembo ME, Chitambo H, Inoue N, Onuma M, Ohashi K.
Vector Borne Zoonotic Dis.  8(4) 565.-73 2008年08月
Serological survey of Toxoplasma gondii in wild waterfowl in Chukotka, Kamchatka, Russia and Hokkaido, Japan
Murao T, Omata Y, Kano R, Murata S, Okada T, Konnai S, Asakawa M, Ohashi K, Onuma M.
J Parasitol. 94(4) 830-3 2008年08月
Effects of anti-tick cocktail vaccine against Rhipicephalus appendiculatus
Imamura S, Konnai S, Vaz Ida S, Yamada S, Nakajima C, Ito Y, Tajima T, Yasuda J, Simuunza M, Onuma M, Ohashi K.
Jpn J Vet Res.  56(2) 85-98 2008年08月
A survey of abortifacient infectious agents in livestock in Luzon, the Philippines, with emphasis on the situation in a cattle herd with abortion problems
Konnai S, Mingala CN, Sato M, Abes NS, Venturina FA, Gutierrez CA, Sano T, Omata Y, Cruz LC, Onuma M, Ohashi K.
Acta Trop. 105(3) 269-73 2008年03月
Cytokine responses in camels (Camelus bactrianus) vaccinated with Brucella abortus strain 19 vaccine
Odbileg R, Purevtseren B, Gantsetseg D, Boldbaatar B, Buyannemekh T, Galmandakh Z, Erdenebaatar J, Konnai S, Onuma M, Ohashi K.
J Vet Med Sci.  70(2) 197-201 2008年02月
Establishment of a laboratory colony of taiga tick Ixodes persulcatus for tick-borne pathogen transmission studies
Konnai S, Saito Y, Nishikado H, Yamada S, Imamura S, Mori A, Ito T, Onuma M, Ohashi K.
Jpn J Vet Res.  55(2-3) 85-92 2008年01月
Development of a nested polymerase chain reaction method to detect oncogenic Marek's disease virus from feather tips
Murata S, Chang KS, Lee SI, Konnai S, Onuma M, Ohashi K.
J Vet Diagn Invest. 19(5) 471-8 2007年09月
Attachment duration required for Rhipicephalus appendiculatus to transmit Theileria parva to the host
Konnai S, Yamada S, Imamura S, Simuunza M, Chembensof M, Chota A, Nambota A, Ohashi K, Onuma M.
Vector Borne Zoonotic Dis.  7(2) 241-8 2007年07月
Detection of the virulent Marek's disease virus genome from feather tips of wild geese in Japan and the Far East region of Russia
Murata S, Chang KS, Yamamoto Y, Okada T, Lee SI, Konnai S, Onuma M, Osa Y, Asakawa M, Ohashi K.
Arch Virol. 152(8) 1523-6 2007年05月
Molecular cloning, sequencing and phylogenetic analysis of inflammatory cytokines of swamp type buffalo contrasting with other bubaline breeds
Mingala CN, Odbileg R, Konnai S, Ohashi K, Onuma M.
Comp Immunol Microbiol Infect Dis.  30(2) 119-31 2007年03月
Interferon-gamma expression associated with suppression of bovine leukemia virus at the early phase of infection in sheep
Usui T, Konnai S, Ohashi K, Onuma M.
Vet Immunol Immunopathol.  115(1-2) 17-23 2007年01月
Comparative assessment of Th1 and Th2 cytokines of swamp type buffalo and other bubaline breeds by molecular cloning, sequencing and phylogenetics
Mingala CN, Odbileg R, Konnai S, Ohashi K, Onuma M.
Vet Immunol Immunopathol.  113(3-4) 348-56 2006年10月
Complete cDNA sequences and phylogenetic analyses of the Th1 and Th2 cytokines of the bactrian camel (Camelus bactrianus)
Odbileg R, Purevtseren B, Batsukh Z, Konnai S, Ohashi K, Onuma M.
J Vet Med Sci. 68(9) 941-6 2006年09月
Expression of tumor necrosis factor-alpha in IgM+ B-cells from bovine leukemia virus-infected lymphocytotic sheep
Usui T, Konnai S, Ohashi K, Onuma M.
Vet Immunol Immunopathol. 112(3-4) 296-301 2006年08月
Acquisition and transmission of Theileria parva by vector tick, Rhipicephalus appendiculatus
Konnai S, Imamura S, Nakajima C, Witola WH, Yamada S, Simuunza M, Nambota A, Yasuda J, Ohashi K, Onuma M.
Acta Trop.  99(1) 34-41 2006年08月
Tumor necrosis factor-alpha genetic polymorphism may contribute to progression of bovine leukemia virus-infection
Konnai S, Usui T, Ikeda M, Kohara J, Hirata T, Okada K, Ohashi K, Onuma M.
Microbes Infect. 8(8) 2163-71 2006年07月
The effect of TAO expression on PCD-like phenomenon development and drug resistance in Trypanosoma brucei
Tsuda A, Witola WH, Konnai S, Ohashi K, Onuma M.
Parasitol Int. 55(2) 135-42 2006年06月
A novel gene encoding a thrombin inhibitory protein in a cDNA library from Haemaphysalis longicornis salivary gland
Nakajima C, Imamura S, Konnai S, Yamada S, Nishikado H, Ohashi K, Onuma M.
J Vet Med Sci.  68(5) 447-52 2006年05月
Experimental transmission of Bovine leukemia virus in cattle via rectal palpation
Kohara J, Konnai S, Onuma M.
Jpn J Vet Res.  54(1) 25-30 2006年05月
Tumor necrosis factor-alpha up-regulation in spontaneously proliferating cells derived from bovine leukemia virus-infected cattle
Konnai S, Usui T, Ikeda M, Kohara J, Hirata T, Okada K, Ohashi K, Onuma M.
Arch Virol.  151(2) 347-60 2006年02月
Rapid detection and differentiation of Newcastle disease virus by real-time PCR with melting-curve analysis
Pham HM, Konnai S, Usui T, Chang KS, Murata S, Mase M, Ohashi K, Onuma M.
Arch Virol. 150(12) 2429-38 2005年12月
Bovine leukemia virus high tax molecular clone experimentally induces leukemia/lymphoma in sheep
Okada K, Nakae N, Kuramochi K, Yin SA, Ikeda M, Takami S, Hirata T, Goryo M, Numakunai S, Takeshima SN, Takahashi M, Tajima S, Konnai S, Onuma M, Aida Y.
J Vet Med Sci.  67(12) 1231-5 2005年12月
Random sequencing of cDNA library derived from partially-fed adult female Haemaphysalis longicornis salivary gland
Nakajima C, da Silva Vaz I Jr, Imamura S, Konnai S, Ohashi K, Onuma M.
J Vet Med Sci.  67(11) 1127-31 2005年11月
Imbalance of tumor necrosis factor receptors during progression in bovine leukemia virus infection
Konnai S, Usui T, Ikeda M, Kohara J, Hirata T, Okada K, Ohashi K, Onuma M.
Virology 339(2) 239-48 2005年09月
Molecular cloning and phylogenetic analysis of inflammatory cytokines of Camelidae (llama and camel)
Odbileg R, Konnai S, Ohashi K, Onuma M.
J Vet Med Sci. 67(9) 921-5 2005年09月
Immunohistochemical analysis of expression patterns of tumor necrosis factor receptors on lymphoma cells in enzootic bovine leukosis
Ikeda M, Konnai S, Onuma M, Ishiguro N, Goryo M, Okada K.
J Vet Med Sci. 67(4) 425-32 2005年04月
Quantification of llama inflammatory cytokine mRNAs by real-time RT-PCR
Odbileg R, Konnai S, Usui T, Ohashi K, Onuma M.
J Vet Med Sci.  67(2) 195-8 2005年02月
Ex vivo survival of peripheral blood mononuclear cells in sheep induced by bovine leukemia virus (BLV) mainly occurs in CD5- B cells that express BLV
Takahashi M, Tajima S, Takeshima SN, Konnai S, Yin SA, Okada K, Davis WC, Aida Y.
Microbes Infect. 6(6) 584-95 2004年05月
Protective effects of vaccination with bovine leukemia virus (BLV) Tax DNA against BLV infection in sheep
Usui T, Konnai S, Tajima S, Watarai S, Aida Y, Ohashi K, Onuma M.
J Vet Med Sci. 65(11) 1201-5 2003年11月
DNA typing for ovine MHC DRB1 using polymerase chain reaction-restriction fragment length polymorphism (PCR-RFLP)
Konnai S, Nagaoka Y, Takesima S, Onuma M, Aida Y.
J Dairy Sci. 86(10) 3362-5 2003年10月
Sequences and diversity of 17 new Ovar-DRB1 alleles from three breeds of sheep
Konnai S, Nagaoka Y, Takeshima S, Onuma M, Aida Y.
Eur J Immunogenet.  30(4) 275-82 2003年08月
The rapid quantitative analysis of bovine cytokine genes by real-time RT-PCR
Konnai S, Usui T, Ohashi K, Onuma M
Vet Microbiol.  94(4) 283-94 2003年07月
A mutant form of the tax protein of bovine leukemia virus (BLV), with enhanced transactivation activity, increases expression and propagation of BLV in vitro but not in vivo
Tajima S, Takahashi M, Takeshima SN, Konnai S, Yin SA, Watarai S, Tanaka Y, Onuma M, Okada K, Aida Y.
J Virol.  77(3) 1894-903 2003年02月
Seroprevalence of bovine immunodeficiency virus and bovine leukemia virus in dairy and beef cattle in hokkaido
Usui T, Meas S, Konnai S, Ohashi K, Onuma M.
J Vet Med Sci. 65(2) 287-9 2003年02月
The influence of ovine MHC class II DRB1 alleles on immune response in bovine leukemia virus infection
Konnai S, Takeshima SN, Tajima S, Yin SA, Okada K, Onuma M, Aida Y.
Microbiol Immunol.  47(3) 223-32 2003年
Effects of chlorpromazine, pentoxifylline and dexamethasone on mRNA expression of lipopolysaccharide-induced inflammatory cytokines in bovine peripheral blood mononuclear cells
Kiku Y, Matsuzawa H, Ohtsuka H, Terasaki N, Fukuda S, Konnai S, Koiwa M, Yokomizo Y, Sato H, Rosol TJ, Okada H, Yoshino T.
J Vet Med Sci 64(8) 723-726 2002年08月
Inflammatory cytokines and antigen-responsive mononuclear cells in peripheral blood of cattle infected with Salmonella takoradi
Konnai S, Ohtsuka H, Sakamoto T, Nakaoka Y, Kiku Y, Fukuda S, Koiwa M, Takahashi J, Taniyama H, Yokomizo Y, Okada H, Yoshino T.
J Vet Med Sci 63(8) 859-865 2001年08月
Effects of lipopolysaccharide on production of interleukin-1 and interleukin-6 by bovine mammary epithelial cells in vitro
Okada H, Ohtsuka H, Konnai S, Kirisawa R, Yokomizo Y, Yoshino T, Rosol TJ.
J Vet Med Sci 61(1) 33-35 1999年01月

書籍

北大など、動物用の免疫チェックポイント阻害薬を開発 ー 目指すは病気の違いを越えた汎用免疫療法 ー
今内 覚
日経バイオテクONLINE 2017年10月
テレビ・ドクター4 よく分かる乳牛の病気100選
今内 覚
デーリィマン社 2017年10月
動物衛生学
今内 覚
文永堂出版 2017年09月
動物用ワクチンとバイオ医薬品 -新たな潮流-
岡川朋弘、今内 覚ほか
文永堂出版 2017年07月
牛白血病防除の観点から
今内 覚
検定検査乳S 34:7 2016年01月
現代農業・牛白血病を出さない!尾鈴のBL対策
宮崎県JA尾鈴
農山漁村文化協会 2015年05月
獣医免疫学
今内 覚 ほか
緑書房 2015年
新製品の登場で注目集める動物用医薬品
今内 覚
日経バイオテク 2014年09月
牛病学〈第三版〉
今内 覚
近代出版 2013年
書籍を全て表示する
書籍閉じる
北大など、動物用の免疫チェックポイント阻害薬を開発 ー 目指すは病気の違いを越えた汎用免疫療法 ー
今内 覚
日経バイオテクONLINE 2017年10月
テレビ・ドクター4 よく分かる乳牛の病気100選
今内 覚
デーリィマン社 2017年10月
動物衛生学
今内 覚
文永堂出版 2017年09月
動物用ワクチンとバイオ医薬品 -新たな潮流-
岡川朋弘、今内 覚ほか
文永堂出版 2017年07月
牛白血病防除の観点から
今内 覚
検定検査乳S 34:7 2016年01月
現代農業・牛白血病を出さない!尾鈴のBL対策
宮崎県JA尾鈴
農山漁村文化協会 2015年05月
獣医免疫学
今内 覚 ほか
緑書房 2015年
新製品の登場で注目集める動物用医薬品
今内 覚
日経バイオテク 2014年09月
牛病学〈第三版〉
今内 覚
近代出版 2013年

講演・口頭発表等

イヌ難治性腫瘍疾患に対する免疫チェックポイントを 標的とした新規免疫療法の試み
今内 覚, 前川直也, 細谷謙次, 金 尚昊, 高木 哲, 賀川由美子, 岡川朋弘, 村田史郎, 大橋和彦
北海道小動物獣医師会年次大会2018 2018年11月 
牛白血病の最新知見、現状と対策
今内 覚
兵庫県畜産協会平成30年度食の安全・消費者の信頼確保対策事業平成30年度牛白血病講習会 2018年10月 
動物難治性疾病に対する創薬研究 〜免疫学的解析を基盤とした新規制御法の開発〜
今内 覚
第161回日本獣医学会学術集会微生物学分科会シンポジウム「感染症対策の新たな突破口を探る」 2018年09月 
牛白血病の最新知見 〜臨床データーからの更新知見〜
今内 覚
平成30年度みなみ北海道農業共済組合第1回診療等体験発表会 特別講演 2018年07月 
免疫チェックポイントを標的とした動物用抗体医薬の開発
今内 覚
第2回ヒトと伴侶動物の比較医学研究会 ヒト医療と獣医療の先端技術を駆使した次世代のがん治療〜がん撲滅への新たな挑戦〜 2018年06月 
牛難治性疾病における免疫疲弊化機序の 解析と制御法への応用
今内 覚
第74回九州・山口病性鑑定協議会 2018年06月 
動物難治性疾病に対する創薬研究
今内 覚
北里大学獣医学部特定講義 2018年06月 
牛白血病の最新知見 現状と対策
今内 覚
国立大学法人岐阜大学応用生物科学部附属家畜衛生地域連携教育研究センター家畜衛生講演会 2018年06月 
牛白血病の最新知見
今内 覚
鹿児島県獣医師会 産業動物部会曽於・肝属地区獣医師講習会 2018年03月 
牛白血病の最新知見 帯広食肉衛生検査所との共同研究成果から
今内 覚
北海道獣医師会十勝支部公衆衛生講習会 2018年03月 
講演・口頭発表等を全て表示する
講演・口頭発表等閉じる
イヌ難治性腫瘍疾患に対する免疫チェックポイントを 標的とした新規免疫療法の試み
今内 覚, 前川直也, 細谷謙次, 金 尚昊, 高木 哲, 賀川由美子, 岡川朋弘, 村田史郎, 大橋和彦
北海道小動物獣医師会年次大会2018 2018年11月 
牛白血病の最新知見、現状と対策
今内 覚
兵庫県畜産協会平成30年度食の安全・消費者の信頼確保対策事業平成30年度牛白血病講習会 2018年10月 
動物難治性疾病に対する創薬研究 〜免疫学的解析を基盤とした新規制御法の開発〜
今内 覚
第161回日本獣医学会学術集会微生物学分科会シンポジウム「感染症対策の新たな突破口を探る」 2018年09月 
牛白血病の最新知見 〜臨床データーからの更新知見〜
今内 覚
平成30年度みなみ北海道農業共済組合第1回診療等体験発表会 特別講演 2018年07月 
免疫チェックポイントを標的とした動物用抗体医薬の開発
今内 覚
第2回ヒトと伴侶動物の比較医学研究会 ヒト医療と獣医療の先端技術を駆使した次世代のがん治療〜がん撲滅への新たな挑戦〜 2018年06月 
牛難治性疾病における免疫疲弊化機序の 解析と制御法への応用
今内 覚
第74回九州・山口病性鑑定協議会 2018年06月 
動物難治性疾病に対する創薬研究
今内 覚
北里大学獣医学部特定講義 2018年06月 
牛白血病の最新知見 現状と対策
今内 覚
国立大学法人岐阜大学応用生物科学部附属家畜衛生地域連携教育研究センター家畜衛生講演会 2018年06月 
牛白血病の最新知見
今内 覚
鹿児島県獣医師会 産業動物部会曽於・肝属地区獣医師講習会 2018年03月 
牛白血病の最新知見 帯広食肉衛生検査所との共同研究成果から
今内 覚
北海道獣医師会十勝支部公衆衛生講習会 2018年03月 
牛白血病の疫学と公衆衛生分野での留意点
今内 覚
北海道獣医師会平成29年度獣医公衆衛生講習会 2018年03月 
地方病性牛白血病対策 について
今内 覚
平成29年度岩手県牛白血病防疫推進講習会 2018年01月 
牛の免疫応答を利用した難治性疾病の新規制御法開発 〜免疫チェックポイントを標的とした動物用抗体創薬〜
今内 覚
家畜衛生フォーラム2017 「抗菌剤に頼らない新しい家畜疾病の制御法 -モデルとしての難治性・慢性疾病克服のための研究-」  2017年12月 
Immune exhaustion during chronic diseases in animals
Satoru KONNAI
The 20th Joint Symposium Between Seoul National University and Hokkaido University  2017年11月 
牛難治性疾病に対する多機能型バイオ医薬(抗体医薬)の創出と発展的応用
今内 覚
農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業 「知」の集積と活用の場ポスターセッション 2017年11月 
動物用バイオ医薬品の開発
今内 覚
東北大学大学院医学系研究科抗体創薬研究分野 第二回抗体創薬研究セミナー 2017年11月 
増加している牛白血病 - 北海道での現状と対策について -
今内 覚
第22回北海道肉牛研究会大会 2017年10月 
Epidemiological and immunological study for intractable infectious diseases in Mongolian livestock
Satoru KONNAI
JICA Project: Infectious Diseases Seminar 2017 in Mongolia 2017年10月 
動物の難病に対する新規治療法の開発
今内 覚
国民との科学・技術対話 2017年10月 
Theileria parva感染症における免疫チェックポイント因子の動態解析
今内 覚、岡川朋弘、山田慎二、Martin Simuunza, Timothy Connelley, Ivan Morrison, 村田史郎、大橋和彦
第160回日本獣医学会学術集会 2017年09月 
Role of Inhibitory Molecules in Bovine Chronic Infectious Diseases and as Target for Therapy
Satoru KONNAI
宮崎大学産業動物防疫リサーチセンター(CADIC)特別セミナー 2017年09月 
Therapeutic intervention in cancer and chronic infections in animals: Antibody mediated manipulation of PD-1/PD-L1 interaction
Satoru KONNAI
Hokkaido University & Colorado State University Kick-off Symposium 2017  2017年07月 
牛白血病の最新知見
今内 覚
平成29年度第108回上川家畜衛生研究会 2017年07月 
動物における免疫チェックポイント標的抗体による治療戦略
今内 覚
化学及血清療法研究所 三風会 2017年06月 
マダニ唾液由来因子の病原体伝播における役割
今内 覚
第90回日本細菌学会総会シンポジウム わが国におけるダニ媒介性細菌感染症研究の現状 2017年03月 
動物難治性疾病における免疫回避機序の解明 〜免疫チェックポイントを標的とした動物用医薬品開発〜
今内 覚
第2回北海道大学・部局横断シンポジウム 『免疫・癌・感染』 2017年03月 
Immune exhaustion during chronic infections in cattle
Satoru KONNAI
Seminar in the Loslin institute, University of Edinburgh, UK 2017年02月 
牛白血病撲滅対策
今内 覚
公益社団法人千葉県畜産協会牛白血病感染拡大防止研修会 ー牛白血病の感染拡大防止を図るためー  2017年01月 
獣医療における抗体医薬の開発と現状
今内 覚
徳島大学先端酵素学研究所免疫制御学セミナー 2016年12月 
牛の感染免疫に関する最新の知見
今内 覚
平成28年度岩手県獣医師会職域部会合同研修会 2016年12月 
家畜法定伝染病ウシアナプラズマ病の免疫回避機構の解析
今内 覚
第23回 リケッチア研究会 2016年12月 
牛白血病の最新の知見について
今内 覚
神奈川県畜産技術協会生物科学安全研究所支部地方競馬益金補助事業主催講演会 2016年11月 
Immunotherapy for canine malignant cancers
Satoru KONNAI
The 19th Joint Symposium Between Seoul National University and Hokkaido University 〜Advanced Veterinary Sciences: From Bench to Clinic〜 2016年11月 
牛白血病の現状と対策
今内 覚
日高町和牛生産改良組合防疫技術講習会 2016年11月 
免疫チェックポイントを標的とする免疫療法とは
今内 覚
平成28年宮崎大学テニュアトラック推進機構主催セミナー 2016年11月 
牛白血病対策
今内 覚
八紘牧場衛生対策会議 2016年10月 
牛白血病について
今内 覚
平成28年度第3回標茶町技連学習会 2016年10月 
Identification of immunomodulatory factors in Ixodes persulcatus Schulze ‘Taiga tick’, the vector for Lyme disease and relapsing fever in Japan
Satoru KONNAI
XXV International Congress of Entomology (ICE-2016) 2016年09月 
Development of novel strategy for disease control in animal-engineering animal antibodies for development of novel therapeutics
Satoru KONNAI
Texas A&M University, College of Veterinary Medicine, Veterinary Pathology Seminar Series 2016年09月 
Engineering antibodies for development of novel therapeutics and vaccine for livestock
Satoru KONNAI
1st International Symposium on Livestock Biotechnology 2016年08月 
Increases of cells expressing PD-1 and PD-L1 in bovine leukemia virus infection and enhancement of anti-viral immune responses in vitro via its blockade
Satoru KONNAI
International Veterinary Immunology Symposium 2016 2016年08月 
Research on immune checkpoint in veterinary medicine
Satoru KONNAI
Joint Workshop on Livestock Disease Research in University of Sydney 2016年08月 
むしからうつる感染症
今内 覚
札幌幌南ロータリークラブ市民講話 2016年08月 
牛白血病における免疫応答 〜免疫学的解析に基づく新規動物用バイオ医薬品の開発〜
今内 覚
第20回大動物臨床教育セミナー 2016年05月 
牛白血病について
今内 覚
平成28年度JA新はこだて酪農生産部会長万部支部講習会 2016年04月 
牧野における牛白血病対策
今内 覚
後志家畜自衛防疫推進協議会産業動物飼養管理講習会 2016年04月 
牛白血病の免疫学的解析
今内 覚
理化学研究所シンポジウム 2016年03月 
牛白血病の制御法について
今内 覚
道東NOSAI牛白血病拡大防止事業教育講座 2016年03月 
牛白血病の感染防御対策
今内 覚
道東NOSAI牛白血病拡大防止対策事業教育講座 2016年03月 
牛白血病における免疫性状と制御方法の開発
今内 覚
平成27年度日本獣医師会獣医学術学会年次大会特別企画シンポジウム「牛白血病の現状と課題 -清浄化に向けて-」 2016年02月 
牛白血病の現状と対策について
今内 覚
静岡県東部家畜保健衛生推進協議会畜産講演会 2016年02月 
牛白血病における免疫応答 〜免疫学的解析に基づく新規疾病予防法の開発〜
今内 覚
大動物臨床研究会第6回東京シンポジウム 2016年02月 
獣医医療における抗体医薬の開発と現状
今内 覚
東北大学大学院医学系研究科特別講義 2016年01月 
Development of therapeutic antibodies targeting immunoinhibitory molecules in veterinary medicine
Satoru KONNAI
IPR/CRED/PDIS Joint International Seminar -From protein structural science to development of therapeutics-  2016年01月 
動物難治性疾病に対するバイオ医薬品の開発
今内 覚
JA全農家畜衛生研究所特別講演 2015年11月 
牛白血病の現状と対策
今内 覚
青森県上十三地区家畜衛生推進協議会H27年度畜産講習会 2015年11月 
初乳の衛生管理について 〜牛白血病防除の観点から〜
今内 覚
第23回乳房炎防疫対策研究会 2015年11月 
牛白血病の最新知見
今内 覚
第2回ミニ宮崎しゃくなげ会研修会 2015年11月 
牛白血病における免疫応答
今内 覚
第39回大動物臨床研究会シンポジウム 2015年11月 
牛白血病 最近の知見と対策について
今内 覚
大分県畜産協会特別講演 2015年09月 
牛白血病の病態発生機序および制御法に関する研究
今内 覚
第158回日本獣医学会学術集会特別企画 2015年09月 
牛白血病に認められる細胞性免疫の抑制 - PL牛を優先淘汰する意義 -
今内 覚
2015年度 牛臨床寄生虫研究会・九州沖縄産業動物臨床研究会合同研究集会  2015年07月 
地方病型牛白血病の対策と新規制御法研究の現状
今内 覚
長野県獣医師会産業動物臨床部会講習会 2015年04月 
牛白血病の対策
今内 覚
北海道公共牧場会職員春期研修会 2015年04月 
慢性感染症における免疫応答と免疫回避機構
今内 覚
新潟県農業共済組合連合会平成26年度家畜診療等技術講習会 2015年03月 
牛白血病への対策について
今内 覚
新潟県農業共済組合連合会平成26年度家畜診療等技術講習会 2015年03月 
牛白血病の現状について
今内 覚
平成26年度放牧衛生技術検討会ならびに釧路地区家畜自衛防疫研修会 2015年02月 
牛白血病ウイルス(BLV)感染症の現状と対策
今内 覚
北海道獣医師会十勝支部産業動物講習会 2015年02月 
慢性感染症に認められる免疫疲弊
今内 覚
平成26年度日本獣医師会獣医学術集会年次大会特別企画 シンポジウム 2015年02月 
Increases of cells expressing PD-1 and PD-L1 in bovine leukemia virus infection and enhancement of anti-viral immune responses in vitro via its blockade
Satoru Konnal
Keystone Symposia on Immunity to Veterinary Pathogens: Informing Vaccine Development 2015年01月 
牛白血病 ー最新知見・現状と対策ー
今内 覚
平成26年度留萌和牛振興協議会研修会 2015年01月 
感染症と免疫細胞の役割
今内 覚
中央畜産会平成26年度海外家畜伝染病等危機管理対策強化講習会 第一次診療臨床診断技術強化講習会 2014年12月 
牛白血病の現状と対策
今内 覚
北海道獣医師会道南支部産業動物講習会 2014年11月 
牛白血病の現状と感染免疫
今内 覚
平成26年度千葉県農業共済組合連合会紫葉会技術懇談会 2014年11月 
牛白血病の現状と北海道大学の取り組み
今内 覚
日本ウイルス学会北海道支部 第 48 回 夏季シンポジウム 2014年07月 
牛の難治性疾病に対する新規ワクチン戦略
今内 覚
農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究支援センター 2013年度研究成果発表会 2014年03月 
牛白血病の新規制御法の開発と清浄化モデルの構築
今内 覚
北海道の元気創出フォーラム~知的財産を活かした地域潜在力の発掘に向けて~ 2014年02月 
獣医医療における免疫抑制機序を標的とした新規疾病制御法の開発
今内 覚
大阪大学微生物病研究所セミナー 2014年01月 
牛白血病の病態発生機序の解明
今内 覚
平成25年度動物衛生研究所北海道支所集談会 2013年12月 
牛白血病 ー最新知見・現状と対策ー
今内 覚
北海道しりべし獣医師会産業動物飼養管理講習会 2013年11月 
牛白血病ウイルスの感染防御対策
今内 覚
平成25年宮崎県畜産技術研修会特別講演 2013年11月 
牛白血病ウイルス(BLV)感染症の現状と対策
今内 覚
埼玉県獣医師会北支部・埼玉県八日会・しゃくなげ会埼玉県支部・埼玉県畜産技術振興会合同定例研修会 2013年11月 
家畜臨床免疫学研究: 牛白血病における病態発生機序の解明と新規制御法の確立
今内 覚
岐阜大学大学院連合獣医学研究科 平成25年度若手研究者育成プログラム 2013年11月 
牛白血病における病態発生機序の解明と新規制御法の確立に関する研究
今内 覚
微生物化学研究所特別講演 2013年10月 
牛白血病の感染防御対策
今内 覚
北海道獣医師会留萌支部平成25年度新技術講習会 2013年09月 
ウシ難治性感染症の現状と対策および新規制御法の開発
今内 覚
ゼノアック 家畜感染症研修会 2013年09月 
気をつけよう 虫さされによる感染症
今内 覚
札幌幌南ロータリークラブ市民講話 2013年08月 
牛白血病の現状と対策
今内 覚
化学及血清療法研究所第30回家畜衛生講習会並びに研究協議会 2013年08月 
牛白血病の現状と対策について
今内 覚
NOSAI山形平成25年度家畜診療所技術研究会 2013年07月 
農場の感染症リスクコントロール
今内 覚
NOSAI山形平成25年度家畜診療所職員研修会 2013年07月 
牛白血病 ー最新知見、現状と対策ー
今内 覚
第104回上川家畜衛生研究会 2013年07月 
感染症(牛白血病)について 現状と対策
今内 覚
第35回鹿児島・宮崎しゃくなげ会合同技術研修会 2013年07月 
牛白血病清浄化対策について
今内 覚
宮崎県尾鈴農業協同組合BL対策研修会 2013年06月 
牛白血病の対策について
今内 覚
北海道獣医師会牛白血病対策検討委員会 2013年03月 
牛白血病ウイルス(BLV)感染症の 現状と対策
今内 覚
第51回愛知県獣医師会学術研究発表会特別講演 2013年03月 
Role of Inhibitory Molecules in Bovine Chronic Infectious Diseases and as Target for Therapy
Satoru Konnal
Philippines Carabao Center Special Seminar 2013年03月 
牛難治性疾病に対する免疫抑制因子を標的とした新規制御法の開発
今内 覚
日本大学生物資源科学部 動物医科学研究センター特別セミナー 2013年01月 
牛白血病ウイルス感染症の伝播阻止トライアルについて
今内 覚
本川牧場疾病対策講習会 2012年12月 
牛白血病ウイルス感染症の現状と対策
今内 覚
沖縄県獣医師会家畜衛生畜産部会沖縄畜産技術者協会特別講演 2012年12月 
牛の白血病について
今内 覚
北海道獣医師会胆振支部特別講演  2012年11月 
牛白血病ウイルス感染症の現状と対策
今内 覚
宮崎県獣医師会学術委員会産業動物部門研修会  2012年11月 
牛白血病の現状と対策
今内 覚
埼玉県獣医師会特別講演   2012年10月 
牛慢性疾患の新たなる治療法の可能性 -免疫抑制因子を標的とした新規治療薬の開発-
今内 覚
酪農学園大学大動物研究セミナー  2012年09月 
牛の白血病について
今内 覚
北海道獣医師会根室支部特別講演 2012年05月 
牛難治性疾病に対する新規戦略(多機能型ワクチンによる牛疾病制御の試み)
今内 覚
第153回日本獣医学会学術集会微生物分科会シンポジウム 2012年03月 
牛白血病のコントロールについて〜ある農場における清浄化の取り組み事例から〜
今内 覚
平成23年度 北海道家畜保健衛生所病性鑑定技術検討会 2012年01月 
牛白血病の現状と感染予防対策について
今内 覚
道央農業振興公社 畜産研修会 2011年12月 
牛の難治性疾病に対する多機能型ワクチン戦略
今内 覚
第51回家畜衛生学会シンポジウム 2011年11月 
国内の牛白血病の現状と今後の対策について
今内 覚
牛臨床寄生虫研究会・家畜臨床学会ジョイントシンポジウム 2011年10月 
牛白血病の現状とその対策
今内 覚
栃木県獣医師会特別講演 2011年10月 
牛の難治性疾病に対する多機能型ワクチン戦略
今内 覚
宮崎大学農学部特別シンポジウム(集談会) 2011年09月 
牛白血病の現場でのコントロールについて
今内 覚
宮崎大学農学部特別シンポジウム(教育プログラム) 2011年09月 
Research on host-pathogen interactions for establishment of novel strategies for disease control
今内 覚
Special seminar in Federal University of Rio Grande do Sul 2011年08月 
Research on host-pathogen interactions for establishment of novel strategies for disease control
今内 覚
Special seminar in Northern Fluminense State University Darcy Ribeiro (Campos campas)  2011年07月 
Research on host-pathogen interactions for establishment of novel strategies for disease control
今内 覚
Special seminar in Northern Fluminense State University Darcy Ribeiro (Makae campus)  2011年07月 
牛白血病ウイルス感染症の現状と対策
今内 覚
福岡県家畜保健衛生所講習会 2011年02月 
牛白血病の感染防御対策
今内 覚
第43回北海道しゃくなげ会 2011年02月 
生産現場における白血病対策 —現状と課題—
今内 覚
平成22年度日本獣医師会 獣医学術学会年次大会 2011年02月 
増加傾向にある牛白血病の現状と対策
今内 覚
日本家畜臨床学会第41回学術集会 2010年11月 
原虫病疾病制御のための新戦略 -ダニワクチン開発-
今内 覚
日本家畜衛生学会 2010年11月 
増加傾向にある牛白血病の現状と対策
今内 覚
平成22年度北海道地区家畜診療技術研修会 2010年09月 
メガファームにおける取り組み紹介 —牛白血病ウイルス感染伝播阻止トライアルの実例—
今内 覚
平成22年度獣医学術北海道地区学会シンポジウム 2010年09月 
Pro-inflammatory cytokine storm in Theileria parva-infected cattle
今内 覚
The 9th International Veterinary Immunology Symposium (Concurrent Session)  2010年08月 
牛白血病ウイルス感染症の現状と対策
今内 覚
北海道獣医師会オホーツク支部大動物講習会2 2010年07月 
牛白血病ウイルス感染症の現状と対策
今内 覚
北海道獣医師会オホーツク支部大動物講習会1 2010年07月 
新規動物用ワクチンならびに新規治療法の開発
今内 覚
日本生物科学研究所シンポジウム 2010年03月 
新規動物用ワクチンならびに新規治療法の開発
今内 覚
動物用ワクチンーバイオ医薬研究会改組設立記念シンポジウム 2010年03月 
PD-1/PD-L1システム制御による牛白血病ワクチン戦略
今内 覚
平成21年度日本獣医師会学会年次大会・特別企画 2010年01月 
牛難治性慢性感染症における免疫疲弊化機序の解明と免疫賦活化の試み
今内 覚
第4回日本家畜臨床感染症研究会総会・学術集会 2009年12月 
牛白血病ウイルス感染症の現状と対策
今内 覚
北海道獣医師会根室支部大動物臨床部会講演会 2009年11月 
牛白血病ウイルス(BLV)感染症対策
今内 覚
第60回北海道獣医師大会産業動物獣医学会シンポジウム 2009年09月 
ダニのEST解析とダニワクチンの現状
今内 覚
第15回 ダニと疾患のインタフェースに関するセミナー(SADI) 教育講演  2007年05月 

受賞

2017年01月
北海道大学 平成28年度北海道大学研究総長賞 
2015年09月
日本獣医学会 日本獣医学会賞 
2014年01月
北海道 平成25年度北海道科学技術奨励賞 
2005年06月
森永奉仕会 森永奉仕会賞 
2003年09月
日本獣医学会 獣医学奨励賞 
2003年09月
日本獣医学会 日本獣医学会会長賞 
受賞を全て表示する
受賞閉じる
2017年01月
北海道大学 平成28年度北海道大学研究総長賞 
2015年09月
日本獣医学会 日本獣医学会賞 
2014年01月
北海道 平成25年度北海道科学技術奨励賞 
2005年06月
森永奉仕会 森永奉仕会賞 
2003年09月
日本獣医学会 獣医学奨励賞 
2003年09月
日本獣医学会 日本獣医学会会長賞 

教育活動

主要な担当授業

伝染病学実習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 獣医学部
キーワード : 細菌、ウイルス、原虫、同定、診断
先端研究機器演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 獣医学研究科
動物疾病制御学特論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 獣医学研究科
動物衛生学実習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 獣医学部
キーワード : 飼養衛生、衛生管理、疾病予防、ワクチン、消毒、アニマルウェルフェア
獣医伝染病学実習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 獣医学部
獣医疫学演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 獣医学部
キーワード : 疫学研究手法、原因論、リスク分析、統計学
獣医科学基礎科目B 免疫学特論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 獣医学研究科
獣医科学基礎科目B 研究機器演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 獣医学研究科
獣医衛生学実習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 獣医学部
キーワード : ワクチン、消毒、搾乳衛生、畜舎衛生、放牧衛生
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
伝染病学実習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 獣医学部
キーワード : 細菌、ウイルス、原虫、同定、診断
先端研究機器演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 獣医学研究科
動物疾病制御学特論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 獣医学研究科
動物衛生学実習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 獣医学部
キーワード : 飼養衛生、衛生管理、疾病予防、ワクチン、消毒、アニマルウェルフェア
獣医伝染病学実習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 獣医学部
獣医疫学演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 獣医学部
キーワード : 疫学研究手法、原因論、リスク分析、統計学
獣医科学基礎科目B 免疫学特論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 獣医学研究科
獣医科学基礎科目B 研究機器演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 獣医学研究科
獣医衛生学実習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 獣医学部
キーワード : ワクチン、消毒、搾乳衛生、畜舎衛生、放牧衛生
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
人獣共通感染症の生態とその制御
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 大学院共通科目
キーワード : 人獣共通感染症 ウイルス 細菌 原虫 寄生虫 公衆衛生 疫学
伝染病学実習
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 獣医学部
キーワード : 細菌、ウイルス、原虫、同定、診断
先端研究機器演習
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 獣医学研究科
動物疾病制御学特論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 獣医学研究科
動物衛生学実習
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 獣医学部
キーワード : 飼養衛生、衛生管理、疾病予防、ワクチン、消毒、アニマルウェルフェア
獣医伝染病学実習
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 獣医学部
獣医疫学演習
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 獣医学部
キーワード : 疫学研究手法、原因論、リスク分析、統計学
獣医科学基礎科目B 免疫学特論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 獣医学研究科
獣医科学基礎科目B 研究機器演習
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 獣医学研究科
獣医衛生学実習
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 獣医学部
キーワード : ワクチン、消毒、搾乳衛生、畜舎衛生、放牧衛生
前々年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
人獣共通感染症の生態とその制御
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 大学院共通科目
キーワード : 人獣共通感染症 ウイルス 細菌 原虫 寄生虫 公衆衛生 疫学
先端研究機器演習
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 獣医学研究科
動物疾病制御学特論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 獣医学研究科
獣医伝染病学実習
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 獣医学部
キーワード : 獣医伝染病学
獣医科学基礎科目B 免疫学特論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 獣医学研究科
獣医科学基礎科目B 研究機器演習
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 獣医学研究科
獣医衛生学実習
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 獣医学部
キーワード : ワクチン、消毒、搾乳衛生、畜舎衛生、放牧衛生

社会貢献

委員歴

2015年
-
現在
公益社団法人日本獣医学会 国際会議組織委員会 委員
2014年
-
現在
大動物臨床研究会 特別理事
2014年
-
現在
プロダクションメディスン研究会 委員
2013年
-
現在
北海道獣医師会 牛白血病対策検討委員会 委員
2010年
-
現在
動物用ワクチン-バイオ医薬品研究会 幹事
2005年
-
2010年
動物サイトカイン研究会 事務局長
委員歴を全て表示する
委員歴閉じる
2015年
-
現在
公益社団法人日本獣医学会 国際会議組織委員会 委員
2014年
-
現在
大動物臨床研究会 特別理事
2014年
-
現在
プロダクションメディスン研究会 委員
2013年
-
現在
北海道獣医師会 牛白血病対策検討委員会 委員
2010年
-
現在
動物用ワクチン-バイオ医薬品研究会 幹事
2005年
-
2010年
動物サイトカイン研究会 事務局長

ページトップへ