笠原 正典カサハラ マサノリresearchmap個人ページ

更新日 : 2017/11/17

基本情報

プロフィール

所属部署名
総長、理事・副学長
職名理事・副学長 
学位
医学博士(北海道大学)
メールアドレス
ホームページURLhttp://path1.med.hokudai.ac.jp/path1/index.html
科研費研究者番号

研究キーワード

主要組織適合遺伝子複合体, プロテアソーム, 抗原提示, がん, 免疫系の起源と進化, 胸腺, NKレセプター, 疾患感受性, 比較ゲノム

研究分野

基礎医学 / 実験病理学
基礎医学 / 免疫学
基礎医学 / 人類遺伝学
境界医学 / 病態検査学
内科系臨床医学 / 小児科学
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
基礎医学 / 実験病理学
基礎医学 / 免疫学
基礎医学 / 人類遺伝学
境界医学 / 病態検査学
内科系臨床医学 / 小児科学

職歴

2017年
-
現在
北海道大学(理事・副学長)
2017年
-
現在
北海道大学大学院医学研究院(教授)
2013年
-
2017年
北海道大学大学院医学研究科(研究科長・医学部長)
2004年
-
2017年
北海道大学大学院医学研究科(教授)
2011年
-
2013年
北海道大学大学院医学研究科(副研究科長)
2005年
-
2007年
北海道大学病院病理部(部長)
1998年
-
2004年
総合研究大学院大学先導科学研究科(教授)
1992年
-
1998年
北海道大学医学部 (助教授)
1984年
-
1986年
マックスプランク生物学研究所(Alexander von Humboldt Stiftung Research Fellow)
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2017年
-
現在
北海道大学(理事・副学長)
2017年
-
現在
北海道大学大学院医学研究院(教授)
2013年
-
2017年
北海道大学大学院医学研究科(研究科長・医学部長)
2004年
-
2017年
北海道大学大学院医学研究科(教授)
2011年
-
2013年
北海道大学大学院医学研究科(副研究科長)
2005年
-
2007年
北海道大学病院病理部(部長)
1998年
-
2004年
総合研究大学院大学先導科学研究科(教授)
1992年
-
1998年
北海道大学医学部 (助教授)
1984年
-
1986年
マックスプランク生物学研究所(Alexander von Humboldt Stiftung Research Fellow)

学歴

1980年
-
1984年
北海道大学 大学院医学研究科 博士課程病理系修了
1974年
-
1980年
北海道大学 医学部 医学科卒業
学歴を全て表示する
学歴閉じる
1980年
-
1984年
北海道大学 大学院医学研究科 博士課程病理系修了
1974年
-
1980年
北海道大学 医学部 医学科卒業

所属学協会

日本病理学会
日本癌学会
日本免疫学会
日本比較免疫学会
日本組織適合性学会
日本胸腺研究会
日本生化学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
日本病理学会
日本癌学会
日本免疫学会
日本比較免疫学会
日本組織適合性学会
日本胸腺研究会
日本生化学会

研究活動

論文

A human PSMB11 variant affects thymoproteasome processing and CD8+ T cell production.
Ohigashi I, Ohte Y, Setoh K, Nakase H, Maekawa A, Kiyonari H, Hamazaki Y, Sekai M, Sudo T, Tabara Y, Sawai H, Omae Y, Yuliwulandari R, Tanaka Y, Mizokami M, Inoue H, Kasahara M, Minato N, Tokunaga K, Tanaka K, Matsuda F, Murata S, Takahama Y
JCI insight 2(10) 2017年05月
Expression of cathepsins V and S in thymic epithelial tumors.
Kiuchi S, Tomaru U, Ishizu A, Imagawa M, Kiuchi T, Iwasaki S, Suzuki A, Otsuka N, Deguchi T, Shimizu T, Marukawa K, Matsuno Y, Kasahara M
Human pathology 60 66-74 2017年02月
The Anti-Oxidant Ergothioneine Augments the Immunomodulatory Function of TLR Agonists by Direct Action on Macrophages.
Yoshida S, Shime H, Funami K, Takaki H, Matsumoto M, Kasahara M, Seya T
PloS one 12(1) e0169360 2017年
Double-stranded RNA analog and type I interferon regulate expression of Trem paired receptors in murine myeloid cells.
Kasamatsu J, Deng M, Azuma M, Funami K, Shime H, Oshiumi H, Matsumoto M, Kasahara M, Seya T
BMC immunology 17(1) 9 2016年05月
The next top models. Ancient immunity
Kasahara M
Cell  163(1) 19-19 2015年09月
Comparative genomics of the NKG2D ligand gene family.
Kasahara M, Sutoh Y
Immunological reviews 267(1) 72-87 2015年09月
Decreased proteasomal function accelerates cigarette smoke-induced pulmonary emphysema in mice.
Yamada Y, Tomaru U, Ishizu A, Ito T, Kiuchi T, Ono A, Miyajima S, Nagai K, Higashi T, Matsuno Y, Dosaka-Akita H, Nishimura M, Miwa S, Kasahara M
Laboratory investigation; a journal of technical methods and pathology 2015年04月
Immunohistochemical validation and expression profiling of NKG2D ligands in a wide spectrum of human epithelial neoplasms.
Fujita H, Hatanaka Y, Sutoh Y, Suzuki Y, Oba K, Hatanaka KC, Mitsuhashi T, Otsuka N, Fugo K, Kasahara M, Matsuno Y
The journal of histochemistry and cytochemistry : official journal of the Histochemistry Society 63(3) 217-227 2015年03月
Establishment of a vascular endothelial cell-reactive type II NKT cell clone from a rat model of autoimmune vasculitis.
Iinuma C, Waki M, Kawakami A, Yamaguchi M, Tomaru U, Sasaki N, Masuda S, Matsui Y, Iwasaki S, Baba T, Kasahara M, Yoshiki T, Paletta D, Herrmann T, Ishizu A
International immunology 27(2) 105-114 2015年02月
Anchorage-dependent multicellular aggregate formation induces CD44 high cancer stem cell-like ATL cells in an NF-κB- and vimentin-dependent manner.
Miyatake Y, Sheehy N, Ikeshita S, Hall WW, Kasahara M
Cancer letters 357(1) 355-363 2015年02月
論文を全て表示する
論文閉じる
A human PSMB11 variant affects thymoproteasome processing and CD8+ T cell production.
Ohigashi I, Ohte Y, Setoh K, Nakase H, Maekawa A, Kiyonari H, Hamazaki Y, Sekai M, Sudo T, Tabara Y, Sawai H, Omae Y, Yuliwulandari R, Tanaka Y, Mizokami M, Inoue H, Kasahara M, Minato N, Tokunaga K, Tanaka K, Matsuda F, Murata S, Takahama Y
JCI insight 2(10) 2017年05月
Expression of cathepsins V and S in thymic epithelial tumors.
Kiuchi S, Tomaru U, Ishizu A, Imagawa M, Kiuchi T, Iwasaki S, Suzuki A, Otsuka N, Deguchi T, Shimizu T, Marukawa K, Matsuno Y, Kasahara M
Human pathology 60 66-74 2017年02月
The Anti-Oxidant Ergothioneine Augments the Immunomodulatory Function of TLR Agonists by Direct Action on Macrophages.
Yoshida S, Shime H, Funami K, Takaki H, Matsumoto M, Kasahara M, Seya T
PloS one 12(1) e0169360 2017年
Double-stranded RNA analog and type I interferon regulate expression of Trem paired receptors in murine myeloid cells.
Kasamatsu J, Deng M, Azuma M, Funami K, Shime H, Oshiumi H, Matsumoto M, Kasahara M, Seya T
BMC immunology 17(1) 9 2016年05月
The next top models. Ancient immunity
Kasahara M
Cell  163(1) 19-19 2015年09月
Comparative genomics of the NKG2D ligand gene family.
Kasahara M, Sutoh Y
Immunological reviews 267(1) 72-87 2015年09月
Decreased proteasomal function accelerates cigarette smoke-induced pulmonary emphysema in mice.
Yamada Y, Tomaru U, Ishizu A, Ito T, Kiuchi T, Ono A, Miyajima S, Nagai K, Higashi T, Matsuno Y, Dosaka-Akita H, Nishimura M, Miwa S, Kasahara M
Laboratory investigation; a journal of technical methods and pathology 2015年04月
Immunohistochemical validation and expression profiling of NKG2D ligands in a wide spectrum of human epithelial neoplasms.
Fujita H, Hatanaka Y, Sutoh Y, Suzuki Y, Oba K, Hatanaka KC, Mitsuhashi T, Otsuka N, Fugo K, Kasahara M, Matsuno Y
The journal of histochemistry and cytochemistry : official journal of the Histochemistry Society 63(3) 217-227 2015年03月
Establishment of a vascular endothelial cell-reactive type II NKT cell clone from a rat model of autoimmune vasculitis.
Iinuma C, Waki M, Kawakami A, Yamaguchi M, Tomaru U, Sasaki N, Masuda S, Matsui Y, Iwasaki S, Baba T, Kasahara M, Yoshiki T, Paletta D, Herrmann T, Ishizu A
International immunology 27(2) 105-114 2015年02月
Anchorage-dependent multicellular aggregate formation induces CD44 high cancer stem cell-like ATL cells in an NF-κB- and vimentin-dependent manner.
Miyatake Y, Sheehy N, Ikeshita S, Hall WW, Kasahara M
Cancer letters 357(1) 355-363 2015年02月
Pancreatic cancer cells express CD44 variant 9 and multidrug resistance protein 1 during mitosis.
Kiuchi S, Ikeshita S, Miyatake Y, Kasahara M
Experimental and molecular pathology 98(1) 41-46 2015年02月
Decreased expression of thymus-specific proteasome subunit β5t in Down syndrome patients.
Tomaru U, Tsuji T, Kiuchi S, Ishizu A, Suzuki A, Otsuka N, Ito T, Ikeda H, Fukasawa Y, Kasahara M
Histopathology 2015年01月
Variable Lymphocyte Receptors: A Current Overview.
Kasahara M
Results and problems in cell differentiation 57 175-192 2015年
The SKINT1-Like Gene Is Inactivated in Hominoids But Not in All Primate Species: Implications for the Origin of Dendritic Epidermal T Cells.
Mohamed RH, Sutoh Y, Itoh Y, Otsuka N, Miyatake Y, Ogasawara K, Kasahara M
PloS one 10(4) e0123258 2015年
Decreased Proteasomal Activity Causes Photoreceptor Degeneration in Mice.
Ando R, Noda K, Tomaru U, Kamoshita M, Ozawa Y, Notomi S, Hisatomi T, Noda M, Kanda A, Ishibashi T, Kasahara M, Ishida S
Investigative ophthalmology & visual science 2014年07月
MICA/B expression in macrophage foam cells infiltrating atherosclerotic plaques.
Ikeshita S, Miyatake Y, Otsuka N, Kasahara M
Experimental and molecular pathology 97 171-175 2014年07月
Venkatesh et al. reply.
Venkatesh B, Lee AP, Swann JB, Ohta Y, Flajnik MF, Kasahara M, Boehm T, Warren WC
Nature 511 E9-10 2014年07月
Copy number and sequence variation of leucine-rich repeat modules suggests distinct functional constraints operating on variable lymphocyte receptors expressed by agnathan T cell-like and B cell-like lymphocytes.
Sutoh Y, Kasahara M
Immunogenetics 66 403-409 2014年06月
Corticomedullary differentiation and maturational arrest in thymomas.
Ströbel P, Hartmann E, Rosenwald A, Kalla J, Ott G, Friedel G, Schalke B, Kasahara M, Tomaru U, Marx A
Histopathology 64 557-566 2014年03月
Expression of thymoproteasome subunit β5t in type AB thymoma.
Yamada Y, Tomaru U, Ishizu A, Kiuchi T, Kasahara M, Matsuno Y
Journal of clinical pathology 67 276-278 2014年03月
Elephant shark genome provides unique insights into gnathostome evolution.
Venkatesh B, Lee AP, Ravi V, Maurya AK, Lian MM, Swann JB, Ohta Y, Flajnik MF, Sutoh Y, Kasahara M, Hoon S, Gangu V, Roy SW, Irimia M, Korzh V, Kondrychyn I, Lim ZW, Tay BH, Tohari S, Kong KW, Ho S, Lorente-Galdos B, Quilez J, Marques-Bonet T, Raney BJ, Ingham PW, Tay A, Hillier LW, Minx P, Boehm T, Wilson RK, Brenner S, Warren WC
Nature 505 174-179 2014年01月
Crystal structure of the lamprey variable lymphocyte receptor C reveals an unusual feature in its N-terminal capping module.
Kanda R, Sutoh Y, Kasamatsu J, Maenaka K, Kasahara M, Ose T
PloS one 9 e85875 2014年01月
Two forms of adaptive immunity in vertebrates: similarities and differences.
Kasahara M, Sutoh Y
Advances in immunology 122 59-90 2014年
Thymoproteasome: role in thymic selection and clinical significance as a diagnostic marker for thymic epithelial tumors.
Tomaru U, Kasahara M
Archivum immunologiae et therapiae experimentalis 61 357-365 2013年10月
Déjà vu: the identity of a third lineage of lymphocytes in lampreys.
Kasahara M
Immunology and cell biology 2013年10月
NKG2D Triggers Cytotoxicity in Murine Epidermal γδ T Cells via PI3K-Dependent, Syk/ZAP70-Independent Signaling Pathway.
Ibusuki A, Kawai K, Yoshida S, Uchida Y, Nitahara-Takeuchi A, Kuroki K, Kajikawa M, Ose T, Maenaka K, Kasahara M, Kanekura T
The Journal of investigative dermatology 2013年08月
Protective roles of epithelial cells in the survival of adult T-cell leukemia/lymphoma cells.
Miyatake Y, Oliveira AL, Jarboui MA, Ota S, Tomaru U, Teshima T, Hall WW, Kasahara M
The American journal of pathology 182 1832-1842 2013年05月
Impact of whole-genome duplication on vertebrate development and evolution.
Kasahara M
Seminars in cell & developmental biology 24 81-82 2013年02月
Overexpression of TNF-α-converting enzyme in fibroblasts augments dermal fibrosis after inflammation.
Fukaya S, Matsui Y, Tomaru U, Kawakami A, Sogo S, Bohgaki T, Atsumi T, Koike T, Kasahara M, Ishizu A
Laboratory investigation; a journal of technical methods and pathology 93 72-80 2013年01月
Immunogenetics of the NKG2D ligand gene family.
Kasahara M, Yoshida S
Immunogenetics 64 855-867 2012年12月
Abnormal conformation and impaired degradation of propylthiouracil-induced neutrophil extracellular traps: implications of disordered neutrophil extracellular traps in a rat model of myeloperoxidase antineutrophil cytoplasmic antibody-associated vasculiti
Nakazawa D, Tomaru U, Suzuki A, Masuda S, Hasegawa R, Kobayashi T, Nishio S, Kasahara M, Ishizu A
Arthritis and rheumatism 64 3779-3787 2012年11月
Proteasome subunit β5t expression in cervical ectopic thymoma.
Tomaru U, Yamada Y, Ishizu A, Kuroda T, Matsuno Y, Kasahara M
Journal of clinical pathology 65 858-859 2012年09月
Involvement of an NKG2D ligand H60c in epidermal dendritic T cell-mediated wound repair.
Yoshida S, Mohamed RH, Kajikawa M, Koizumi J, Tanaka M, Fugo K, Otsuka N, Maenaka K, Yagita H, Chiba H, Kasahara M
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950) 188 3972-3979 2012年04月
Decreased proteasomal activity causes age-related phenotypes and promotes the development of metabolic abnormalities.
Tomaru U, Takahashi S, Ishizu A, Miyatake Y, Gohda A, Suzuki S, Ono A, Ohara J, Baba T, Murata S, Tanaka K, Kasahara M
The American journal of pathology 180 963-972 2012年03月
Comparative genomic analysis of the proteasome β5t subunit gene: implications for the origin and evolution of thymoproteasomes.
Sutoh Y, Kondo M, Ohta Y, Ota T, Tomaru U, Flajnik MF, Kasahara M
Immunogenetics 64 49-58 2012年01月
VLR-based adaptive immunity.
Boehm T, McCurley N, Sutoh Y, Schorpp M, Kasahara M, Cooper MD
Annual review of immunology 30 203-220 2012年
Agnathan VIP, PACAP and their receptors: ancestral origins of today's highly diversified forms.
Ng SY, Chow BK, Kasamatsu J, Kasahara M, Lee LT
PloS one 7 e44691 2012年
Decrease of peripheral and intestinal NKG2A-positive T cells in patients with ulcerative colitis.
Katsurada T, Kobayashi W, Tomaru U, Baba T, Furukawa S, Ishizu A, Takeda K, Sakamoto N, Asaka M, Takeda H, Kasahara M
PloS one 7 e44113 2012年
Mechanism of Fcγ receptor-mediated trogocytosis-based false-positive results in flow cytometry.
Masuda S, Iwasaki S, Tomaru U, Sato J, Kawakami A, Ichijo K, Sogo S, Baba T, Katsumata K, Kasahara M, Ishizu A
PloS one 7 e52918 2012年
Expression of proteasome subunit β5t in thymic epithelial tumors.
Yamada Y, Tomaru U, Ishizu A, Kiuchi T, Marukawa K, Matsuno Y, Kasahara M
The American journal of surgical pathology 35 1296-1304 2011年09月
[A case of primary diffuse leptomeningeal gliomatosis, clinically indistinguishable from metastatic meningeal carcinomatosis].
Nakano F, Yabe I, Tsuji-Akimoto S, Ishizu A, Tanaka S, Kasahara M, Sasaki H
Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology 51 197-202 2011年03月
Plasma-dependent, antibody- and Fcγ receptor-mediated translocation of CD8 molecules from T cells to monocytes.
Iwasaki S, Masuda S, Baba T, Tomaru U, Katsumata K, Kasahara M, Ishizu A
Cytometry. Part A : the journal of the International Society for Analytical Cytology 79 46-56 2011年01月
Identification of a third variable lymphocyte receptor in the lamprey.
Kasamatsu J, Sutoh Y, Fugo K, Otsuka N, Iwabuchi K, Kasahara M
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 107 14304-14308 2010年08月
Phylogenetic and expression analysis of lamprey toll-like receptors.
Kasamatsu J, Oshiumi H, Matsumoto M, Kasahara M, Seya T
Developmental and comparative immunology 34 855-865 2010年08月
Comparative genomic analysis of mammalian NKG2D ligand family genes provides insights into their origin and evolution.
Kondo M, Maruoka T, Otsuka N, Kasamatsu J, Fugo K, Hanzawa N, Kasahara M
Immunogenetics 62 441-450 2010年07月
A novel type of E3 ligase for the Ufm1 conjugation system.
Tatsumi K, Sou YS, Tada N, Nakamura E, Iemura S, Natsume T, Kang SH, Chung CH, Kasahara M, Kominami E, Yamamoto M, Tanaka K, Komatsu M
The Journal of biological chemistry 285 5417-5427 2010年02月
Origin and evolution of the adaptive immune system: genetic events and selective pressures.
Flajnik MF, Kasahara M
Nature reviews. Genetics 11 47-59 2010年01月
Genome duplication and T cell immunity.
Kasahara M
Progress in molecular biology and translational science 92 7-36 2010年
Questions arising from "the origin and role of MHC class I-associated self-peptides".
Kasahara M
Progress in molecular biology and translational science 92 61; discussion 62-4 2010年
Exclusive expression of proteasome subunit {beta}5t in the human thymic cortex.
Tomaru U, Ishizu A, Murata S, Miyatake Y, Suzuki S, Takahashi S, Kazamaki T, Ohara J, Baba T, Iwasaki S, Fugo K, Otsuka N, Tanaka K, Kasahara M
Blood 113 5186-5191 2009年05月
[Structure and function of non-classical MHC class I molecules].
Kajikawa M, Kasahara M
Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society 81 189-199 2009年03月
Two types of antigen receptor systems in vertebrates.
Kasahara M, Kasamatsu J, Sutoh Y
Zoological science 25 969-975 2008年10月
The amphioxus genome illuminates vertebrate origins and cephalochordate biology.
Holland LZ, Albalat R, Azumi K, Benito-Gutiérrez E, Blow MJ, Bronner-Fraser M, Brunet F, Butts T, Candiani S, Dishaw LJ, Ferrier DE, Garcia-Fernàndez J, Gibson-Brown JJ, Gissi C, Godzik A, Hallböök F, Hirose D, Hosomichi K, Ikuta T, Inoko H, Kasahara M, Kasamatsu J, Kawashima T, Kimura A, Kobayashi M, Kozmik Z, Kubokawa K, Laudet V, Litman GW, McHardy AC, Meulemans D, Nonaka M, Olinski RP, Pancer Z, Pennacchio LA, Pestarino M, Rast JP, Rigoutsos I, Robinson-Rechavi M, Roch G, Saiga H, Sasakura Y, Satake M, Satou Y, Schubert M, Sherwood N, Shiina T, Takatori N, Tello J, Vopalensky P, Wada S, Xu A, Ye Y, Yoshida K, Yoshizaki F, Yu JK, Zhang Q, Zmasek CM, de Jong PJ, Osoegawa K, Putnam NH, Rokhsar DS, Satoh N, Holland PW
Genome research 18 1100-1111 2008年07月
Rat CD4+CD8+ macrophages kill tumor cells through an NKG2D- and granzyme/perforin-dependent mechanism.
Baba T, Iwasaki S, Maruoka T, Suzuki A, Tomaru U, Ikeda H, Yoshiki T, Kasahara M, Ishizu A
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950) 180 2999-3006 2008年03月
Crystal structure of a chaperone complex that contributes to the assembly of yeast 20S proteasomes.
Yashiroda H, Mizushima T, Okamoto K, Kameyama T, Hayashi H, Kishimoto T, Niwa S, Kasahara M, Kurimoto E, Sakata E, Takagi K, Suzuki A, Hirano Y, Murata S, Kato K, Yamane T, Tanaka K
Nature structural & molecular biology 15 228-236 2008年03月
Two novel NKG2D ligands of the mouse H60 family with differential expression patterns and binding affinities to NKG2D.
Takada A, Yoshida S, Kajikawa M, Miyatake Y, Tomaru U, Sakai M, Chiba H, Maenaka K, Kohda D, Fugo K, Kasahara M
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950) 180 1678-1685 2008年02月
A degenerate ParaHox gene cluster in a degenerate vertebrate.
Furlong RF, Younger R, Kasahara M, Reinhardt R, Thorndyke M, Holland PW
Molecular biology and evolution 24 2681-2686 2007年12月
The 2R hypothesis: an update.
Kasahara M
Current opinion in immunology 19 547-552 2007年10月
Enhanced production of p24 Gag protein in HIV-1-infected rat cells fused with uninfected human cells.
Chen J, Zhao X, Lai Y, Suzuki A, Tomaru U, Ishizu A, Takada A, Ikeda H, Kasahara M, Yoshiki T
Experimental and molecular pathology 83 125-130 2007年08月
Two variable lymphocyte receptor genes of the inshore hagfish are located far apart on the same chromosome.
Kasamatsu J, Suzuki T, Ishijima J, Matsuda Y, Kasahara M
Immunogenetics 59 329-331 2007年04月
Evidence for the involvement of testicular protein CRISP2 in mouse sperm-egg fusion.
Busso D, Goldweic NM, Hayashi M, Kasahara M, Cuasnicú PS
Biology of reproduction 76 701-708 2007年04月
Structural diversity of the hagfish variable lymphocyte receptors.
Kim HM, Oh SC, Lim KJ, Kasamatsu J, Heo JY, Park BS, Lee H, Yoo OJ, Kasahara M, Lee JO
The Journal of biological chemistry 282 6726-6732 2007年03月
Cooperation of multiple chaperones required for the assembly of mammalian 20S proteasomes.
Hirano Y, Hayashi H, Iemura S, Hendil KB, Niwa S, Kishimoto T, Kasahara M, Natsume T, Tanaka K, Murata S
Molecular cell 24 977-984 2006年12月
MHC class I-like MILL molecules are beta2-microglobulin-associated, GPI-anchored glycoproteins that do not require TAP for cell surface expression.
Kajikawa M, Baba T, Tomaru U, Watanabe Y, Koganei S, Tsuji-Kawahara S, Matsumoto N, Yamamoto K, Miyazawa M, Maenaka K, Ishizu A, Kasahara M
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950) 177 3108-3115 2006年09月
Role of neuronal interferon-gamma in the development of myelopathy in rats infected with human T-cell leukemia virus type 1.
Miyatake Y, Ikeda H, Ishizu A, Baba T, Ichihashi T, Suzuki A, Tomaru U, Kasahara M, Yoshiki T
The American journal of pathology 169 189-199 2006年07月
Variable domains in hagfish: NICIR is a polymorphic multigene family expressed preferentially in leukocytes and is related to lamprey TCR-like.
Haruta C, Suzuki T, Kasahara M
Immunogenetics 58 216-225 2006年04月
CD4+/CD8+ macrophages infiltrating at inflammatory sites: a population of monocytes/macrophages with a cytotoxic phenotype.
Baba T, Ishizu A, Iwasaki S, Suzuki A, Tomaru U, Ikeda H, Yoshiki T, Kasahara M
Blood 107 2004-2012 2006年03月
Chicken CD1 genes are located in the MHC: CD1 and endothelial protein C receptor genes constitute a distinct subfamily of class-I-like genes that predates the emergence of mammals.
Maruoka T, Tanabe H, Chiba M, Kasahara M
Immunogenetics 57 590-600 2005年09月
Variable lymphocyte receptors in hagfish.
Pancer Z, Saha NR, Kasamatsu J, Suzuki T, Amemiya CT, Kasahara M, Cooper MD
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 102 9224-9229 2005年06月
Hagfish leukocytes express a paired receptor family with a variable domain resembling those of antigen receptors.
Suzuki T, Shin-I T, Fujiyama A, Kohara Y, Kasahara M
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950) 174 2885-2891 2005年03月
Comparative genomics of the Mill family: a rapidly evolving MHC class I gene family.
Watanabe Y, Maruoka T, Walter L, Kasahara M
European journal of immunology 34 1597-1607 2004年06月
On the origins of the adaptive immune system: novel insights from invertebrates and cold-blooded vertebrates.
Kasahara M, Suzuki T, Pasquier LD
Trends in immunology 25 105-111 2004年02月
A family of MHC class I-like genes located in the vicinity of the mouse leukocyte receptor complex.
Kasahara M, Watanabe Y, Sumasu M, Nagata T
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 99(21) 13687-13692 2002年10月
The leukocyte common antigen (CD45) of the Pacific hagfish, Eptatretus stoutii: implications for the primordial function of CD45.
Nagata T, Suzuki T, Ohta Y, Flajnik MF, Kasahara M
Immunogenetics 54 286-291 2002年07月
[Is the human genome paleo-octaploid?].
Kasahara M
Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme 46 2473-2476 2001年12月
Immunoproteasome assembly and antigen presentation in mice lacking both PA28alpha and PA28beta.
Murata S, Udono H, Tanahashi N, Hamada N, Watanabe K, Adachi K, Yamano T, Yui K, Kobayashi N, Kasahara M, Tanaka K, Chiba T
The EMBO journal 20 5898-5907 2001年11月
Evidence that human epididymal protein ARP plays a role in gamete fusion through complementary sites on the surface of the human egg.
Cohen DJ, Ellerman DA, Busso D, Morgenfeld MM, Piazza AD, Hayashi M, Young ET, Kasahara M, Cuasnicu PS
Biology of reproduction 65 1000-1005 2001年10月
Comparative genomics of the MHC: glimpses into the evolution of the adaptive immune system.
Flajnik MF, Kasahara M
Immunity 15 351-362 2001年09月
Nucleotide sequence analysis of the approximately 35-kb segment containing interferon-gamma-inducible mouse proteasome activator genes.
Yawata M, Murata S, Tanaka K, Ishigatsubo Y, Kasahara M
Immunogenetics 53 119-129 2001年03月

書籍

Inflammation and Immunity in Cancer
Springer 2016年10月 ISBN : 4431563369
エッセンシャル免疫学 第3版
メディカルサイエンスインターナショナル 2016年09月 ISBN : 4895928640
The Evolution of the Immune System: Conservation and Diversification
Academic Press 2016年06月 ISBN : 0128019751
Pathogen-Host Interactions: Antigenic Variation v. Somatic Adaptations (Results and Problems in Cell Differentiation)
Springer 2015年11月 ISBN : 3319208187
標準病理学 第5版 (Standard Textbook)
医学書院 2015年04月 ISBN : 4260020269
Advances in Immunology, Volume 122
Academic Press 2014年03月 ISBN : 0128002670
Major Histocompatibility Complex: Evolution, Structure, and Function
Springer 2013年11月 ISBN : 443165870X
器官病理学
笠原正典, 石倉浩、佐藤昇志
南山堂 2013年08月 ISBN : 4525151544
VLR-Based Adaptive Immunity (Annual Review of Immunology)
Masanori Kasahara, Max D. Cooper, Michael Schorpp, Yoichi Sutoh, Nathanael McCurley, Thomas Boehm
Annual Reviews 2012年11月
Molecular Evolution of the Major Histocompatibility Complex (Nato ASI Subseries H: (closed))
Springer 2011年12月 ISBN : 3642846246
書籍を全て表示する
書籍閉じる
Inflammation and Immunity in Cancer
Springer 2016年10月 ISBN : 4431563369
エッセンシャル免疫学 第3版
メディカルサイエンスインターナショナル 2016年09月 ISBN : 4895928640
The Evolution of the Immune System: Conservation and Diversification
Academic Press 2016年06月 ISBN : 0128019751
Pathogen-Host Interactions: Antigenic Variation v. Somatic Adaptations (Results and Problems in Cell Differentiation)
Springer 2015年11月 ISBN : 3319208187
標準病理学 第5版 (Standard Textbook)
医学書院 2015年04月 ISBN : 4260020269
Advances in Immunology, Volume 122
Academic Press 2014年03月 ISBN : 0128002670
Major Histocompatibility Complex: Evolution, Structure, and Function
Springer 2013年11月 ISBN : 443165870X
器官病理学
笠原正典, 石倉浩、佐藤昇志
南山堂 2013年08月 ISBN : 4525151544
VLR-Based Adaptive Immunity (Annual Review of Immunology)
Masanori Kasahara, Max D. Cooper, Michael Schorpp, Yoichi Sutoh, Nathanael McCurley, Thomas Boehm
Annual Reviews 2012年11月
Molecular Evolution of the Major Histocompatibility Complex (Nato ASI Subseries H: (closed))
Springer 2011年12月 ISBN : 3642846246
Early Pregnancy Loss: Mechanisms and Treatment
Springer 2011年12月 ISBN : 1447116607
Histocompatibility Testing 1984: Report on the Ninth International Histocompatibility Workshop and Conference Held in Munich, West Germany, May 6-11, 1984 and in Vienna, Austria, May 13-15, 1984
Springer 2011年11月 ISBN : 3642697720
The Wild Mouse in Immunology (Current Topics in Microbiology and Immunology)
Springer 2011年11月 ISBN : 3642713068
Origin and Evolution of the Vertebrate Immune System (Current Topics in Microbiology and Immunology)
Springer 2011年10月 ISBN : 3642640788
免疫・感染生物学 (現代生物科学入門 第5巻)
小安 重夫, 野本 明男, 光山 正雄, 谷口 克, 笠原 正典
岩波書店 2011年03月 ISBN : 4000069659
Development of T Cell Immunity, Volume 92 (Progress in Molecular Biology and Translational Science)
Academic Press 2010年09月 ISBN : 0123812844
エッセンシャルシリーズNEWエッセンシャル病理学第6版
医歯薬出版 2009年04月 ISBN : 4263731123
医科免疫学
菊地 浩吉
南江堂 2008年04月 ISBN : 4524240632
[ Genetics of Immunological Diseases (Softcover Reprint of the Origi) BY Mock, Beverly ( Author ) ] { Paperback } 2012
Beverly Mock
Springer 2012

受賞

2017年
北海道医師会賞 
2017年
北海道知事賞 
2014年
日本病理学会 日本病理学賞 
2007年
日本比較免疫学会 古田賞 
受賞を全て表示する
受賞閉じる
2017年
北海道医師会賞 
2017年
北海道知事賞 
2014年
日本病理学会 日本病理学賞 
2007年
日本比較免疫学会 古田賞 

競争的資金等の研究課題

T細胞レパートリー形成におけるプロテアソームの役割
文部科学省:科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間 : 2013年 - 2014年 代表者 : 笠原 正典
プロテアソーム遺伝子変異と免疫疾患
文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間 : 2013年 - 2014年 代表者 : 笠原 正典
NKG2Dリガンドの免疫監視機能と病態における役割の解析
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2012年 - 2014年 代表者 : 笠原 正典
新規抗体の病理学領域における利用
文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間 : 2011年 - 2011年 代表者 : 笠原 正典
第3の可変的リンパ球レセプターの構造と機能:リンパ球サブセットの起源
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間 : 2010年 - 2011年 代表者 : 笠原 正典
NKG2Dリガンドの発現異常と疾患
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2009年 - 2011年 代表者 : 笠原 正典
新しい抗体試薬の開発と臨床検査への応用
文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間 : 2009年 - 2010年 代表者 : 笠原 正典
無顎類のゲノムと免疫系
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間 : 2008年 - 2009年 代表者 : 笠原 正典
ヒトボカウイルス(パルボウイルス科)感染症の病態解明とウイルス粒子の分離・作成
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2007年 - 2008年 代表者 : 石黒 信久
LRRを用いた抗原認識システムの開発
文部科学省:科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間 : 2007年 - 2008年 代表者 : 笠原 正典
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
T細胞レパートリー形成におけるプロテアソームの役割
文部科学省:科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間 : 2013年 - 2014年 代表者 : 笠原 正典
プロテアソーム遺伝子変異と免疫疾患
文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間 : 2013年 - 2014年 代表者 : 笠原 正典
NKG2Dリガンドの免疫監視機能と病態における役割の解析
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2012年 - 2014年 代表者 : 笠原 正典
新規抗体の病理学領域における利用
文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間 : 2011年 - 2011年 代表者 : 笠原 正典
第3の可変的リンパ球レセプターの構造と機能:リンパ球サブセットの起源
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間 : 2010年 - 2011年 代表者 : 笠原 正典
NKG2Dリガンドの発現異常と疾患
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2009年 - 2011年 代表者 : 笠原 正典
新しい抗体試薬の開発と臨床検査への応用
文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間 : 2009年 - 2010年 代表者 : 笠原 正典
無顎類のゲノムと免疫系
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間 : 2008年 - 2009年 代表者 : 笠原 正典
ヒトボカウイルス(パルボウイルス科)感染症の病態解明とウイルス粒子の分離・作成
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2007年 - 2008年 代表者 : 石黒 信久
LRRを用いた抗原認識システムの開発
文部科学省:科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間 : 2007年 - 2008年 代表者 : 笠原 正典
ストレス誘導性NKG2Dリガンドの病態における役割
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2007年 - 2008年 代表者 : 笠原 正典
無顎類のゲノムと免疫系
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間 : 2006年 - 2007年 代表者 : 笠原 正典
MILL分子群による免疫監視機構の解析
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間 : 2005年 - 2006年 代表者 : 笠原 正典
比較ゲノム解析によるゲノム重複の研究
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間 : 2005年 - 2005年 代表者 : 笠原 正典
脊椎動物ゲノムにおけるパラロガス領域の総合的解析
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間 : 2004年 - 2004年 代表者 : 笠原 正典
ナチュラルキラーレセプターの免疫遺伝学的研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2002年 - 2004年 代表者 : 笠原 正典
新しいMHCクラスI様分子MILLの構造と機能
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間 : 2003年 - 2003年 代表者 : 笠原 正典
脊椎動物ゲノムにおけるパラロガス領域の総合的解析
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間 : 2003年 - 2003年 代表者 : 笠原 正典
脊椎動物ゲノムにおけるパラロガス領域の総合的解析
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間 : 2002年 - 2002年 代表者 : 笠原 正典
マウスLRC領域遺伝子群の解析
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究(C))
研究期間 : 2001年 - 2001年 代表者 : 笠原 正典
脊推動物ゲノムにおけるパラロガス領域の総合的解析
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究(C))
研究期間 : 2001年 - 2001年 代表者 : 笠原 正典
プロテアソーム・ユビキチン・システムの免疫遺伝学的研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 1999年 - 2001年 代表者 : 笠原 正典
自己・非自己識別システムの起源と進化:ゲノム重複の適応免疫系誕生における役割
文部科学省:科学研究費補助金(国際学術研究, 基盤研究(B))
研究期間 : 1998年 - 2001年 代表者 : 笠原 正典
マウスLRC相当領域のゲノム構造解析
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究(C))
研究期間 : 2000年 - 2000年 代表者 : 笠原 正典
無顎脊椎動物cDNAクローンの大量塩基配列決定
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究(C))
研究期間 : 2000年 - 2000年 代表者 : 笠原 正典
脊椎動物ゲノムにおけるパラロガス領域の起源
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究(A))
研究期間 : 2000年 - 2000年 代表者 : 笠原 正典
脊椎動物ゲノムにおけるパラロガス領域の起源
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究(A))
研究期間 : 1999年 - 1999年 代表者 : 笠原 正典
免疫識別と応答の多様性の分子機構
文部科学省:科学研究費補助金(重点領域研究, 特定領域研究(A))
研究期間 : 1996年 - 1999年 代表者 : 笹月 健彦, 西村 泰治
プロテアソーム・アクチベータの構造と機能
文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究(A))
研究期間 : 1998年 - 1998年 代表者 : 笠原 正典
ヒト無精子症の原因候補遺伝子の解析
文部科学省:科学研究費補助金(萌芽的研究)
研究期間 : 1997年 - 1998年 代表者 : 笠原 正典
プロテアソームの免疫遺伝学的研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 1997年 - 1998年 代表者 : 笠原 正典
自己・非自己識別システムの構造・機能・起源
文部科学省:科学研究費補助金(国際学術研究)
研究期間 : 1997年 - 1997年 代表者 : 笠原 正典
ヒト自家癌拒絶の免疫学的分子機構
文部科学省:科学研究費補助金(重点領域研究)
研究期間 : 1996年 - 1996年 代表者 : 菊地 浩吉
MHCクラスIb分子の構造と機能
文部科学省:科学研究費補助金(一般研究(C), 基盤研究(C))
研究期間 : 1995年 - 1996年 代表者 : 笠原 正典
ヒト自家癌拒絶の免疫学的分子機構
文部科学省:科学研究費補助金(重点領域研究)
研究期間 : 1995年 - 1995年 代表者 : 菊地 浩吉
生体膜脂質のヘキサゴナル相形成と膜酵素活性調節機構の解明
文部科学省:科学研究費補助金(重点領域研究)
研究期間 : 1995年 - 1995年 代表者 : 石橋 輝雄
脊椎動物における免疫系の進化に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(国際学術研究)
研究期間 : 1994年 - 1995年 代表者 : 笠原 正典
ヒト自家癌拒絶の免疫学的分子機構
文部科学省:科学研究費補助金(重点領域研究)
研究期間 : 1994年 - 1994年 代表者 : 菊地 浩吉
生体膜脂質のヘキサゴナル相形成と膜酵素活性調節機構の解明
文部科学省:科学研究費補助金(重点領域研究)
研究期間 : 1994年 - 1994年 代表者 : 石橋 輝雄
自己・非自己識別分子MHCの起源と進化
文部科学省:科学研究費補助金(総合研究(A))
研究期間 : 1993年 - 1994年 代表者 : 高畑 尚之
主要組織適合遺伝子複合体とT細胞リセプター遺伝子の分子進化
文部科学省:科学研究費補助金(一般研究(C))
研究期間 : 1993年 - 1994年 代表者 : 笠原 正典
TAP遺伝子の多型と疾患感受性における役割
文部科学省:科学研究費補助金(重点領域研究)
研究期間 : 1993年 - 1993年 代表者 : 笠原 正典

教育活動

主要な担当授業

医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 疾患の分子機構、腫瘍病理学、医療と病理診断、がんプロフェッショナル
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 病理学の基礎
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 基礎病理学研究
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 細胞と組織の基本的病的変化,疾患の種類と分類,疾患の病因と病態、がんプロフェッショナル
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 実験病理学、人体病理学Experimental pathology, Human pathology
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 実験病理学、人体病理学Experimental pathology, Human pathology
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 疾患の分子機構、腫瘍病理学、医療と病理診断、がんプロフェッショナル
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 病理学の基礎
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 基礎病理学研究
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 細胞と組織の基本的病的変化,疾患の種類と分類,疾患の病因と病態、がんプロフェッショナル
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 実験病理学、人体病理学Experimental pathology, Human pathology
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 実験病理学、人体病理学Experimental pathology, Human pathology
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 病理学の基礎
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 基礎病理学研究
専門基礎医学Ⅵ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 細胞と組織の基本的病的変化,疾患の種類と分類,疾患の病因と病態
専門基礎医学Ⅵ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 肉眼的病理診断,組織学的病理診断,最終診断,個体の総合的病態,ポスター発表
病理学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 細胞と組織の基本的病的変化,疾患の種類と分類,疾患の病因と病態
病理学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
病理学演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 肉眼的病理診断,組織学的病理診断,最終診断,個体の総合的病態,ポスター発表
病理学演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
社会と健康Ⅰ(概論・倫理学科目)
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 大学院共通科目
キーワード : 医学・生物学、留学生、英語biomedical science, foreign students, English
統合・病態演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
臨床医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
臨床医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
臨床医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
臨床病理学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 臨床診断,病理診断,診断の根拠と鑑別診断,治療の評価
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 疾患の分子機構、腫瘍病理学、医療と病理診断、がんプロフェッショナル
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 病理学の基礎
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 基礎病理学研究
基本医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 細胞と組織の基本的病的変化,疾患の種類と分類,疾患の病因と病態、がんプロフェッショナル
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 実験病理学、人体病理学
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 実験病理学、人体病理学
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 病理学の基礎
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 基礎病理学研究
専門基礎医学Ⅵ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 細胞と組織の基本的病的変化,疾患の種類と分類,疾患の病因と病態
専門基礎医学Ⅵ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 肉眼的病理診断,組織学的病理診断,最終診断,個体の総合的病態,ポスター発表
病理学
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 細胞と組織の基本的病的変化,疾患の種類と分類,疾患の病因と病態
病理学演習
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 肉眼的病理診断,組織学的病理診断,最終診断,個体の総合的病態,ポスター発表
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
社会と健康Ⅰ(概論・倫理学科目)
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 大学院共通科目
キーワード : 医学・生物学、留学生、英語biomedical science, foreign students, English
統合・病態演習
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
臨床病理学
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 臨床診断,病理診断,診断の根拠と鑑別診断,治療の評価
前々年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 疾患の分子機構、腫瘍病理学、医療と病理診断、がんプロフェッショナル
医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT, 細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 病理学の基礎
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 基礎病理学研究
基本医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 細胞と組織の基本的病的変化,疾患の種類と分類,疾患の病因と病態、がんプロフェッショナル
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 実験病理学、人体病理学
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 実験病理学、人体病理学
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 病理学の基礎
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 基礎病理学研究
専門基礎医学Ⅵ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 細胞と組織の基本的病的変化,疾患の種類と分類,疾患の病因と病態
専門基礎医学Ⅵ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 肉眼的病理診断,組織学的病理診断,最終診断,個体の総合的病態,ポスター発表
病理学
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 細胞と組織の基本的病的変化,疾患の種類と分類,疾患の病因と病態
病理学演習
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 肉眼的病理診断,組織学的病理診断,最終診断,個体の総合的病態,ポスター発表
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
社会と健康Ⅰ(概論・倫理学科目)
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 大学院共通科目
キーワード : 医学、保健学、歯学、薬学、獣医学、微生物学、生物学、留学生、英語
社会医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
社会医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
統合・病態演習
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
臨床病理学
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 臨床診断,病理診断,診断の根拠と鑑別診断,治療の評価

大学運営

学内役職歴

2017年04月
-
2019年03月
技術支援本部長
2017年04月
-
2019年03月
企画・経営室室長
2017年04月
-
2019年03月
人材育成本部長
2015年04月
-
2017年03月
教育研究評議会評議員
2015年04月
-
2017年03月
医学部長
2015年04月
-
2017年03月
医学部医学科長
2015年04月
-
2017年03月
大学院医学研究科長
2015年04月
-
2017年03月
総長選考会議委員
2013年04月
-
2015年03月
教育研究評議会評議員
2013年04月
-
2015年03月
医学部長
学内役職歴を全て表示する
学内役職歴閉じる
2017年04月
-
2019年03月
技術支援本部長
2017年04月
-
2019年03月
企画・経営室室長
2017年04月
-
2019年03月
人材育成本部長
2015年04月
-
2017年03月
教育研究評議会評議員
2015年04月
-
2017年03月
医学部長
2015年04月
-
2017年03月
医学部医学科長
2015年04月
-
2017年03月
大学院医学研究科長
2015年04月
-
2017年03月
総長選考会議委員
2013年04月
-
2015年03月
教育研究評議会評議員
2013年04月
-
2015年03月
医学部長
2013年04月
-
2015年03月
医学部医学科長
2013年04月
-
2015年03月
大学院医学研究科長
2013年04月
-
2015年03月
総長選考会議委員
2011年04月
-
2013年03月
教育研究評議会評議員
2011年04月
-
2013年03月
大学院医学研究科副研究科長
2005年04月
-
2007年03月
北海道大学病院病理部長
2017年04月
国際連携研究教育局副局長
2017年04月
大学力強化推進本部副本部長
2017年04月
国際連携機構長

社会貢献

委員歴

2013年
-
現在
日本組織適合性学会 理事
2013年
-
現在
日本胸腺研究会 監事
1998年
-
現在
日本生化学会 評議員
1997年
-
現在
日本免疫学会 評議員
2008年
-
現在
日本組織適合性学会 評議員
2017年
-
2017年
 日本比較免疫学会 学術集会会長
2016年
-
2016年
日本組織適合性学会 学術集会会長
2012年
-
2016年
日本病理学会 理事
2012年
-
2016年
日本比較免疫学会 会長
2014年
-
2016年
日本癌学会 評議員
委員歴を全て表示する
委員歴閉じる
2013年
-
現在
日本組織適合性学会 理事
2013年
-
現在
日本胸腺研究会 監事
1998年
-
現在
日本生化学会 評議員
1997年
-
現在
日本免疫学会 評議員
2008年
-
現在
日本組織適合性学会 評議員
2017年
-
2017年
 日本比較免疫学会 学術集会会長
2016年
-
2016年
日本組織適合性学会 学術集会会長
2012年
-
2016年
日本病理学会 理事
2012年
-
2016年
日本比較免疫学会 会長
2014年
-
2016年
日本癌学会 評議員
2013年
-
2013年
日本胸腺研究会 会長
2006年
-
2008年
日本学術会議 連携会員

ページトップへ