研究者データベース

大宮 学(オオミヤ マナブ)
情報基盤センター スーパーコンピューティング研究部門
教授

基本情報

所属

  • 情報基盤センター スーパーコンピューティング研究部門

職名

  • 教授

学位

  • 工学博士(北海道大学)

連絡先

  • omiyaiic.hokudai.ac.jp

J-Global ID

研究キーワード

  • 屋内電波伝搬   大規模並列プログラミング   大規模並列計算機   コンピュータアーキテクチャ   大規模電磁界シミュレーション   高速無線ネットワーク   

研究分野

  • 情報通信 / ソフトウェア
  • 情報通信 / 情報ネットワーク
  • 情報通信 / 計算機システム
  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 通信工学

職歴

  • 2003年04月 - 現在 北海道大学 情報基盤センター 教授
  • 2000年01月 - 2003年03月 北海道大学 大型計算機センター 教授
  • 1995年04月 - 1999年12月 北海道大学 大学院工学研究科 助教授
  • 1983年04月 - 1995年03月 北海道大学 工学部 助手

学歴

  • 1981年04月 - 1983年03月   北海道大学   大学院工学研究科   電子工学専攻修士課程
  • 1977年04月 - 1981年03月   北海道大学   工学部   電子工学科

所属学協会

  • アイトリプルイー   電子情報通信学会   

研究活動情報

論文

  • Yusho Kanaya, Masashi Nakatsugawa, Tamami Maruyama, Manabu Omiya, Yasuhiro Tamayama
    ELEKTRIKA- Journal of Electrical Engineering 21 2 82 - 85 2022年08月25日 
    The wireless transfer characteristics between a circuit-shape leaky waveguide and a /2 dipole antenna were analyzed with scattering parameters obtained with the FDTD method. The circuit-shaped leaky waveguide was composed of two pairs of straight slotted waveguides and two semicircular waveguides. The circuit-shape leaky waveguide was designed to achieve uniform electromagnetic field distribution with a source for snow melting with microwave radiations by microwave heating. The electromagnetic field of the circuit-shape leaky waveguide was firstly simulated with the FDTD method. Although the electromagnetic distribution exhibited the point symmetry with an off-set feeding point and a slot spacing , it was nearly uniform. The wireless transfer efficiency and the maximum transfer efficiency for four locations at 2.45 GHz revealed that the farthest location from the feeding point had the largest WPT efficiency among four locations. This ensures the circuit-shape leaky waveguide’s uniqueness. The circuit-shape leaky waveguide has favorable characteristics to provide WPT energy at any location above it.
  • 佐藤 亜衣, 日景 隆, 大宮 学, 二ッ森 俊一, 河村 暁子, 米本 成人
    電子情報通信学会論文誌 C J105-C 5 149 - 156 2022年05月01日 [査読有り]
  • 小児の携帯情報端末の使用開始年齢と問題行動の程度との関連 北海道スタディ
    宮下 ちひろ, 山崎 圭子, 田村 菜穂美, 池田 敦子, 福永 久典, 日景 隆, 水田 正弘, 大宮 学, 岸 玲子
    日本衛生学雑誌 77 Suppl. S189 - S189 (一社)日本衛生学会 2022年03月
  • 子どものスクリーンタイムおよび問題行動との関連 北海道スタディ
    田村 菜穂美, 山崎 圭子, 宮下 ちひろ, 池田 敦子, 福永 久典, 日景 隆, 水田 正弘, 大宮 学, 岸 玲子
    日本衛生学雑誌 77 Suppl. S189 - S189 (一社)日本衛生学会 2022年03月
  • 学童期における携帯電話等の電磁波曝露の実態調査 北海道スタディ
    山崎 圭子, 田村 菜穂美, 宮下 ちひろ, 池田 敦子, 福永 久典, 日景 隆, 水田 正弘, 大宮 学, 岸 玲子
    日本衛生学雑誌 77 Suppl. S199 - S199 (一社)日本衛生学会 2022年03月
  • FDTD Analysis on WPT Efficiency for Power Transmission between Cicuit-shape Leaky Waveguide and Dipole Antenna
    Yusho Kanaya, Masashi Nakatsugawa, Tamami Maruyama, Manabu Omiya, Yasuhiro Tamayama
    6th International Conference on Science of Technology Innovation (STI-Gigaku 2021) 2021年10月22日 [査読無し][通常論文]
  • Novel Circuit-Shape Leaky Wave Waveguide for Microwave Snow
    Tamami Maruyama, Shunta Kasai, Koki Shibata, Manabu Omiya, Masashi Nakatsugawa, Yashiro Tamayama
    2021 IEEE International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP 2021) 1 - 2 2021年10月22日 [査読有り][通常論文]
  • Sango Nagamoto, Manabu Omiya
    2021 IEEE International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP 2021) 1 - 2 2021年10月20日 [査読有り][通常論文]
  • Novel Design of Rectenna Array Using Metasurface for IoT
    Tamami Maruyama, Masashi Nakatsugawa, Noriharu Suemune, Mizuki Motoyoshi, Qiang Chen, Hiroyasu Sato, Manabu Omiya
    ICEAA - IEEE APS Topical Conference on Antennas and Propagation in Wireless Communications (ICEAA'21, IEEE APWC '21, USNC URSI RSM '21) 9 13 2021年09月 [査読有り][通常論文]
  • Keiko Yamazaki, Atsuko Araki, Chihiro Miyashita, Naomi Tamura, Takashi Hikage, Manabu Omiya, Masahiro Mizuta, Reiko Kishi
    2021 34th General Assembly and Scientific Symposium of the International Union of Radio Science, URSI GASS 2021 2021年08月28日 
    It is needed to clarify the association between radio frequency (RF) wave exposure and child health, especially focused on neurodevelopment. We conduct questionnaire survey on mobile phone usage and children's behavior and health status for all children in the existing Hokkaido study cohort (n = 12,000, 7-17 year-old). Additionally, we implement three types of face to face survey for neurodevelopment (cognitive assessment, electroencephalogram recording, and intelligence test), along with personal radio frequency wave exposure measurements by portable devices, on children participating the existing Hokkaido birth cohort study (n = 400, respectively). All together, we examine the association between radio frequency wave exposure and children's health, controlling for potential confounding factors. In the presentation, we introduce the protocol of our project.
  • 大規模FDTD解析を用いた屋内・屋外マルチパス空間電波伝搬特性シミュレーション
    日景 隆, 大宮 学
    電子情報通信学会アンテナ伝播(AP)研究会技術報告 121 126 109 - 114 2021年07月29日 [査読無し][招待有り]
  • 小型航空機モデルを用いた5G Sub-6GHz周波数帯の機内-機外伝搬特性推定
    佐藤亜衣, 日景 隆, 大宮 学, 二ッ森俊一, 河村暁子, 米本成人
    電子情報通信学会エレクトロニクスシミュレーション(EST)研究会技術報告 121 32 15 - 19 2021年05月20日 [査読無し]
  • マイクロ波融雪のためのサーキット形状導波管からの漏れ波に関するFDTD解析
    葛西俊太, 小板侑司, 大野寿紗, 丸山珠美, 大宮 学, 中津川征士, 玉山泰宏
    電子情報通信学会無線電力伝送研究会技術報告 120 416 79 - 82 2021年03月04日 [査読無し]
  • Sango Nagamoto, Manabu Omiya
    2020 International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP) 2021年01月25日 [査読有り]
  • 吉江明花, 佐藤亜衣, 日景 隆, 山本 学, 大宮 学, 久野伸晃, 猪又 稔, 山田 渉
    電子情報通信学会エレクトロニクスシミュレーション(EST)研究会技術報告 120 328 103 - 107 電子情報通信学会 2021年01月22日 [査読無し][通常論文]
  • Toru Ishihara, Keiko Yamazaki, Atsuko Araki, Yuri Teraoka, Naomi Tamura, Takashi Hikage, Manabu Omiya, Masahiro Mizuta, Reiko Kishi
    International Journal of Environmental Research and Public Health 17 24 9179 - 9179 2020年12月08日 [査読有り][通常論文]
     
    With increasing use of mobile phones, exposure to radiofrequency electromagnetic field (RF-EMF) in the high-frequency band associated with mobile phones has become a public concern, with potentially adverse effects on cognitive function in children and adolescents. However, findings regarding the relation of RF-EMF and cognitive function in children and adolescents have been inconsistent due to a number of study design-related factors, such as types of exposure and outcome measures, age of participants, and the era of study conduction. The present literature review focused on these possible factors that could explain this inconsistency. This review identified 12 eligible studies (participants ages 4 to 17 years) and extracted a total 477 relations. In total, 86% of the extracted relations were not statistically significant; in the remaining 14%, a negative relation between RF-EMF and cognitive performance was detected under limited conditions: when (1) RF-EMF was assessed using objective measurement not subjective measurement (i.e., questionnaire), (2) participants were relatively older (12 years and above) and had greater opportunity of exposure to RF-EMF, and (3) the collection of cognitive function data was conducted after 2012. Given that 86% of the extracted relations in this analysis were not statistically significant, the interpretation should be approached with caution due to the possibility of the 14% of significant relationships, extracted in this review, representing chance findings.
  • Sango Nagamoto, Manabu Omiya
    2020 International Conference on Emerging Technologies for Communications (ICETC 2020) 2020年12月 [査読有り][通常論文]
  • Sango Nagamoto, Manabu Omiya
    2020 IEEE REGION 10 CONFERENCE (TENCON 2020) 113 - 116 2020年11月16日 [査読有り][通常論文]
  • Numerical Estimation on Quasi-millimeter Wave Band Indoor Propagation Using Large Scale FDTD Analysis
    Takashi Hikage, Manabu Omiya
    2020 IEEE International Symposium on Radio Frequency Integration Technology (RFIT) 145 - 145 2020年09月03日 [査読有り]
  • 大規模FDTD解析を用いた都市環境モデルの3次元伝搬特性推定
    日景 隆, 吉江明花, 大宮 学
    電子情報通信学会アンテナ・伝播(AP)研究会技術報告 120 97 1 - 4 電子情報通信学会 2020年07月15日 [査読無し][招待有り]
  • Characterization of Human Body Blockage in 5G Frequency bands for Large Scale Epidemiologic Research on RF Exposure and Adolescent Health
    Takashi Hikage, Ryunosuke Ozaki, Manabu Omiya, Masahiko Mizuta, Keiko Yamasaki, Atsuko Araki, Reiko Kishi
    2020 IEEE International Symposium on Antennas and Propagation and North American Radio Science Meeting FR-AK.1P.9 2020年07月 [査読有り]
  • 荒木 敦子, 山崎 圭子, 寺岡 友里, 日景 隆, 水田 正弘, 大宮 学, 岸 玲子
    日本衛生学雑誌 75 Suppl. S172 - S172 (一社)日本衛生学会 2020年03月
  • 山崎 圭子, 荒木 敦子, 寺岡 友里, 日景 隆, 水田 正弘, 大宮 学, 岸 玲子
    日本衛生学雑誌 75 Suppl. S199 - S199 (一社)日本衛生学会 2020年03月
  • Keita Saito, Manabu Omiya
    2019 International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP) 2019年10月29日 [査読有り][通常論文]
  • Keita Saito, Manabu Omiya
    2019 International Workshop on Electromagnetics: Applications and Student Innovation Competition (iWEM) 2019年09月18日 [査読有り][通常論文]
  • 関口徹也, 日景 隆, 山本 学, 野島俊雄, 大宮 学, 二ッ森俊一, 森岡和行, 河村暁子, 米本成人
    電子情報通信学会アンテナ・伝播(AP)研究会技術報告 119 120 119 - 122 電子情報通信学会 2019年07月19日 [査読無し][招待有り]
  • IoT電波伝搬環境改善用ダイオード装荷メタサーフェスの解析設計と試作測定
    尾関剛成, 丸山珠美, 大澤拓門, 山本愛理, 末松憲治, 陳 強, 大宮 学, 佐藤弘康, 本良瑞樹
    電子情報通信学会無線電力伝送(WPT)研究会技術報告 118 484 77 - 81 電子情報通信学会 2019年03月07日 [査読無し][通常論文]
  • PSOを用いた2周波共用メタサーフェスの解析設計
    大澤拓門,丸山珠美,大宮 学,末松憲治,佐藤弘康
    電子情報通信学会無線電力伝送(WPT)研究会技術報告 118 484 83 - 88 電子情報通信学会 2019年03月07日 [査読無し][通常論文]
  • Keita Saito, Manabu Omiya
    TENCON 2018 - 2018 IEEE Region 10 Conference 1118 - 1122 2018年10月30日 [査読有り][通常論文]
  • Keita Saito, Manabu Omiya
    the International Symposium on Antennas and Propagation WeP-18 591 - 592 2018年10月 [査読有り][通常論文]
  • Design of Dual-frequency Reflectarray Using Particle Swam Optimization
    OSAWA Takuto, MARUYAMA Tamami, OMIYA Manabu, SUEMATSU Noriharu
    the International Symposium on Antennas and Propagation FrP-15 847 - 848 2018年10月 [査読有り][通常論文]
  • SAITO Keita, OMIYA Manabu
    2018 IEEE International Workshop on Electromagnetics POS2.19 2018年08月 [査読有り][通常論文]
  • 鈴木裕子, 大宮 学
    映像情報メディア学会技術報告 41 1 5 - 8 映像情報メディア学会 2017年01月 [査読無し][通常論文]
  • Atsushi Kyoya, Manabu Omiya
    2016 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON COMPUTATIONAL ELECTROMAGNETICS (ICCEM) 28 152 - 154 2016年02月25日 [査読有り][通常論文]
     
    A high-power wireless LAN (WLAN) access point (AP) based on IEEE802.11n/ac standard makes it possible to build easily wireless networks including a few floors in the adjacent as well as many rooms in the same floor. This paper discusses indoor propagation characteristics including received signal strength indicators (RSSI) and channel modeling in the premises of Information Initiative Center, Hokkaido University by measurements and a large-scale numerical simulations. A precise numerical model with reinforced-concrete walls, furniture and so on is developed for the numerical simulation at the frequency of 5200 MHz. Comparing the calculated results with the measurements, we confirm the validity of numerical technique for estimating RSSI and channel modeling in the indoor office environment. Moreover, it is clarified from calculations using two kinds of numerical model with the reinforcing rods in the concrete walls and without them that the indoor propagation channels are significantly influenced by the reinforced-concrete walls. The proposed numerical technique and the numerical model indicate their accuracy in predicting the RSSI and indoor channel model for WLAN.
  • 京谷 篤, 大宮 学
    映像情報メディア学会技術報告 40 4 25 - 28 一般社団法人 映像情報メディア学会 2016年02月 [査読無し][通常論文]
     
    ノートPC,タブレットおよびスマートフォンが常時使用されるようになり,さまざまな場所で無線LANシステムの導入や整備が行われている.アクセスポイント設定台数と設置場所を適切に決定するためには,利用環境における電波伝搬特性の把握が不可欠である.屋内伝搬特性推定のために,実験に基づく検討がこれまで行われてきている.一方,計算機シミュレーションに基づく検討の有効性が明らかにされてきており,実験では得られない新たな知見を提示することが可能になっている.本稿においては、無線LANシステムの複数フロア間での伝搬損失特性や伝搬チャネルに関して測定ならびに計算機シミュレーションによる検討結果を報告する.研究の目的は,計算機シミュレーションに基づく屋内伝搬特性評価および伝搬チャネル推定を実現することである.さらに,数値モデルとシミュレーション結果の関係について議論する.
  • Yuko Suzuki, Manabu Omiya
    PROCEEDINGS OF THE 2016 IEEE REGION 10 CONFERENCE (TENCON) 123 - 126 2016年 [査読有り][通常論文]
     
    Modeling of the indoor radio wave propagation accurately is important in order to design and plan wireless LAN (WLAN) networks in the indoor environment. Computer simulations are convenient methods for the purpose. Until now, it was reported that large-scale electromagnetic simulations using the finite difference time domain (FDTD) method could assess characteristics precisely because of its high ability to model an indoor environment numerically. Although they require rich computer resources and longer running times than the other methods, these problems can be solved by using cluster computer systems. During the work it was found that numerical results depended considerably upon the numerical models of indoor environment. An office building consists of primary structures such as concrete walls and floors, and includes furniture in rooms and reinforcing rods in the concrete walls. All components of the structure can be considered in the numerical model. However, it is desirous that a precise modeling of the indoor propagation is carried out using the simpler numerical model. The paper carries out numerical electromagnetic simulations for an indoor radio wave propagation in a whole floor with a WLAN access point at the frequency of 2.4 GHz, and discusses a relationship between the numerical model and the simulation result. It is showed from the consideration that the measured result of received signal strength indicator is almost similar to the numerical result for only the primary structure such as concrete walls and floors. On the other hand, assessments of electric field distributions and Poynting vectors clarify that besides the primary structure, the furniture should be taken into account to predict propagation paths, delay profiles and signal arrival angles precisely.
  • 京谷 篤, 大宮 学
    映像情報メディア学会技術報告 39 28 41 - 44 一般社団法人映像情報メディア学会 2015年07月 [査読無し][通常論文]
     
    無線LANシステムに代表される屋内無線通信の効率的な運用を実現するためには,屋内伝搬に関する十分な理解が必要である.屋内伝搬特性推定のために,実験に基づく検討がこれまで行われてきている.一方,計算機シミュレーションに基づく検討の有効性が明らかにされてきており,実験では得られない新たな知見を提示することが可能になっている.本稿においては、無線LANシステムの複数フロア間での屋内電波伝搬特性に関する実験および計算機シミュレーションによる検討結果を報告する.研究の目的は,計算機シミュレーションに基づく屋内伝搬特性評価および伝搬チャネル推定を実現することである.そのための基礎検討として,複数フロア間での伝搬損失および伝搬チャネルを,測定および計算機シミュレーションに基づいて議論する.
  • Hajime Otani, Shoichi Yamaguchi, Satoshi Yonezawa, Manabu Omiya
    2015 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON COMPUTATIONAL ELECTROMAGNETICS (ICCEM) 312 - 314 2015年 [査読有り][通常論文]
     
    Recently, a high-power wireless LAN access point (AP) based on IEEE802.11n/ac standard with a high-speed data transmission rate has been developed. Using this AP makes it possible to build easily wireless networks including a few floors in the adjacent as well as many rooms in a floor. This paper discusses indoor propagation characteristics including received signal strength indicators (RSSI) and propagation channel in a whole office floor based on a large-scale numerical electromagnetic simulations employing the FDTD technique. A precise numerical model with the spatial resolution of 5 mm is developed for the numerical simulation at the frequency of 5 GHz. The calculation are carried out by using the high-performance and high-capacity computer system, HITACHI SR16000 model M1. As a result, we confirm the validity of numerical simulation related to RSSI and channel modeling. The manner is useful to decide the number of access points as well as their locations for designing wireless networks.
  • HAGITA Katsumi, OMIYA Manabu, HONDA Takashi, OGINO Masao
    International Conference for High Performance Computing, Networking, Strage and Analysis 173 2014年11月 [査読有り][通常論文]
  • Jun Suda, Osamu Kamishima, Jun-ichi Kawamura, Takeshi Hattori, Manabu Omiya
    SOLID STATE COMMUNICATIONS 192 36 - 41 2014年08月 [査読有り][通常論文]
     
    The phonon-dispersions of PbWO4 crystal are calculated using the first-principles calculations. Polarized Raman spectra in the PbWO4 were measured in the temperature range from 4 K to 280 K. and the temperature dependence of the linewidth of the E-g (193 cm(-1)) and A(g) (906 cm(-1)) Raman modes was analyzed using both the first-principles calculations and lattice perturbative approach. We found that the different behaviors of these two modes in the case of temperature broadening could be attributed to the large energy band gap in the PDOS (one-phonon density of states) resulting in different anharmonic interactions. The ratio of up-conversion TDOS (temperature-weighted two-phonon density of states) to down-conversion TDOS for E-g mode (193 cm(-1)) is more than that for A(g) (906 cm(-1)), Therefore, the linewidths for the E-g mode (193 cm(-1)) may be varied with increasing temperature by comparison with those of the A(g) (906 cm(-1)). (C) 2014 Elsevier Ltd. All rights reserved.
  • 大谷 元, 山口将一, 前田祐史, 大宮 学
    映像情報メディア学会技術報告 38 30 1 - 4 一般社団法人映像情報メディア学会 2014年07月 [査読無し][通常論文]
     
    自動最適化設計として,遺伝的アルゴリズム(GA)をはじめとする進化的計算手法の適用が検討されている.これら手法を適用することで,準最適値を自動的に求めることができる.その計算量は,パラメータ空間での全探索に比較して,数%から数10%程度である.一般に,適応度の評価には多くの時間を要するため,並列処理による高速化は必須である.そこで,進化型計算手法および計算機シミュレーションの並列処理による高速化を実現する.進化型計算手法としてパラメータフリーGAおよびマイクロGAを採用し,それらの並列手法を提案する.これらGAの並列処理による速度向上度を比較することで,高速化に適した進化型計算手法を明らかにする.ただし,ダイクロイックフィルタの自動最適設計を例として検討した.
  • 山口将一, 米澤 聡, 大宮 学
    映像情報メディア学会技術報告 38 30 5 - 8 一般社団法人映像情報メディア学会 2014年07月 [査読無し][通常論文]
     
    無線LANシステムなどの移動通信において,効率的な運用を実現するためには電波伝搬に関する十分な理解が必要である.従来,電波伝搬特性推定においては実験的な手法が多く用いられてきた.一方,計算機システムの性能向上および大規模化により,数値シミュレーションによるオフィスビルなどの屋内伝搬に関する推定が現実的になっている.本稿においては,オフィスビルにおける5GHz帯無線LANシステムの屋内伝搬特性として,大規模電磁界解析に基づく伝搬経路の推定を行う.はじめに,数値シミュレーションのための高精度数値モデルを作成する.特に,電波伝搬は金属導体により大きな影響を受けることから,金属製什器やコンクリート壁内部の鉄筋構造等を正確に考慮する.定常状態における電磁界成分からポインティングベクトルを計算および可視化することで,屋内伝搬経路の推定を行う.
  • 大宮 学, 山口 将一, 米澤 聡
    映像情報メディア学会年次大会講演予稿集 2014 21 - 3-1_-_21-3-2_ 一般社団法人映像情報メディア学会 2014年 
    It is essential to understand radio wave propagation for the efficient operation of mobile communication systems. Numerical simulations can support characterizations of the indoor propagation and lead to many new discoveries related to them. This paper employs large-scale numerical simulations to estimate propagation channels of a dual-band wireless LAN system.
  • Hajime Otani, Shoichi Yamaguchi, Yuji Maeda, Manabu Omiya
    2014 IEEE INTERNATIONAL WORKSHOP ON ELECTROMAGNETICS (IEEE IWEM): APPLICATIONS AND STUDENT INNOVATION COMPETITION POS2 40 211 - 212 2014年 [査読有り][通常論文]
     
    The evolutional computing including generic algorithms (GAs) is applied to automatic design optimization in many practical problems. Using the method, we can find an optimum or a quasi optimum solution automatically, and may reduce the computational complexity about several to ten percent compared with the full searching in the parameter space. In general, an evaluation of fitness takes much time to be calculated. So it is necessary to speed up calculations by a parallel processing technique. In this paper, we discuss to employ two kinds of genetic algorithm (GA), parameter-free GA and micro-GA, for an automatic design optimization of dichroic band pass filter operating in the millimeter to terahertz frequency band. And their parallelization methods are proposed and compared with each other on the degree of acceleration. Electromagnetic simulations of dichroic filter are carried out using the FDTD technique.
  • Hajime Otani, Shoichi Yamaguchi, Yuji Maeda, Manabu Omiya
    2014 INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON ANTENNAS AND PROPAGATION (ISAP) WE3C 6 163 - 164 2014年 [査読有り][通常論文]
     
    Automatic design optimizations using the evolutional computing such as genetic algorithms (GAs) are applied to many practical problems. However, it is necessary to speed up calculations by a parallel processing technique since evaluations of fitness in GA take much time. In this paper, we discuss two kinds of genetic algorithm, parameter-free GA and micro-GA, whose parallelization are proposed and compared with each other for the automatic and optimal design of dichroic filters using the finite-difference time-domain technique.
  • Throughput Measurements and Numerical Prediction Methods for IEEE802.11n Wireless LAN Installations at 2.4 GHz in a Residential Two-Story House
    TAKENO Hirokazu, NAKATSU Yuto, HASEGAWA Tomotsugu, OMIYA Manabu
    International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP 2011) WeD2 2 1 - 4 2011年10月 [査読有り][通常論文]
  • 戸建住宅における2.4GHz帯IEEE802.11n無線LANシステムの伝搬特性と数値評価
    武野紘和, 中津悠斗, 長谷川公嗣, 大宮 学
    映像情報メディア学会放送技術研究会 35 30 13 - 16 2011年07月 [査読無し][通常論文]
  • Syahrial, Hirokazu Takeno, Yuto Nakatsu, Tomotsugu Hasegawa, Manabu Omiya
    2011 IEEE REGION 10 CONFERENCE TENCON 2011 1361 - 1366 2011年 [査読有り][通常論文]
     
    Recently, a high-power wireless LAN access point (AP) based on IEEE802.11n standard with a high-speed data transmission rate of 300 Mbps has been developed. Using this equipment makes it possible to build easily wireless networks including a few floors in the adjacent as well as many rooms in the same floor. This paper discusses indoor propagation characteristics including the relationship between received signal strength indicators (RSSI) and throughputs in several communication environments by measurements and FDTD simulations. As a result, we obtain a linear function expressing the relation between them. Hence we can predict values of data throughput in arbitrary locations from the RSSI distributions. The manner is useful to design number of access points as well as their locations for building wireless networks.
  • Comparison of Indoor Propagation Characteristics at 2.4 and 5 GHz for IEEE802.11n Wireless Local Area Network
    International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP 2011) WeD2 3 1 - 4 2011年 [査読無し][通常論文]
  • 長谷川 公嗣, 武野紘和, 中津 悠斗, 大宮 学
    情報処理学会論文誌 52 9 1 - 12 情報処理学会 2011年 [査読無し][通常論文]
     
    最近,無線LANシステムとして高出力かつ高速データ伝送を実現するIEEE802.11n規格に準拠した機器が流通している.この装置をアクセスポイントとして利用することで,屋内での同一フロア部屋間あるいは複数階での大容量情報伝送が可能である.本論文では,市販の2.4GHz帯無線LANシステムを利用して,屋内伝搬特性測定を行い,受信電界強度(RSSI)と平均スループットの関係を明らかにする.小規模および大規模オフィス環境,戸建住宅での測定と考察から,これら2つの特性には線形の関係があり,測定環境によらず同一の直線で近似できることを示す.このことは,市販製品がMIMO特性を実現していないことを意味し,動作周波数が2.4GHz帯であることおよび小型無線子機の構造上の制約が原因と考えられる.この場合,導出した関係式を利用することで,RSSI値からスループット値を推定できる.RSSIはスループットに比較して測定が容易で,数値シミュレーションでの評価にも適している.そこで,FDTD法によりRSSI分布を求め,その結果と測定結果を比較検討し,両者がよく一致することを確認した.以上のことから,数値解析で得られたRSSI分布と実験から導出したRSSIとスループットの関係を表す近似直線を組み合わせることで,任意の場所でのスループット値を推定することができる.したがって,導出した結論はアクセスポイントの設置位置や設置台数を見積もる際の有効な設計手法となる.Recently, a high-power and high-speed wireless LAN router based on IEEE802.11n standard with a data transmission rate of 300Mbps has been developed. Using this equipment as an access point makes it possible to build easily wireless networks including a few floors in the adjacent as well as several rooms in the same floor. This paper discusses indoor propagation characteristics of a commercial wireless LAN system operating in the 2.4GHz band and derives the relationship between received signal strength indication (RSSI) and average throughput based on the measured and calculated indoor propagation characteristics in several radio environments. As a result, we obtain a linear relationship between them. It means that the device does not give sufficient MIMO characteristics because of the operating frequency band and the structural constraints of compact wireless handset. However the derived formula predicts values of data throughput in arbitrary places from the RSSI distributions simulated numerically. The manner combining the approximate equation with the numerical simulation is useful to design the number of access points as well as their locations required to build a wireless network.
  • 日本シミュレーション学会論文誌 3 2 24 - 35 2011年 [査読無し][通常論文]
  • 中津 悠斗, 武野 紘和, 長谷川 公嗣, 大宮 学
    映像情報メディア学会技術報告 35 17 - 20 一般社団法人 映像情報メディア学会 2011年 
    最近,市販の無線LAN装置として,IEEE802.11n規格に準拠し,2.4/5GHz帯を同時に利用可能なデュアルバンドシステムが流通している.本報告では,これら無線LANシステムをアクセスポイントとして利用し,戸建住宅における屋内伝搬特性に関して受信電界強度と平均スループットの測定を行う.検討においては,異なる機種について,使用周波数,帯域幅およびウインドウサイズなどのパラメータを変更した詳細な比較を行う.
  • TAKENO H.
    2010 International Symposium on Antennas and Propagation 286 543 - 546 2010年 [査読無し][通常論文]
  • NAKATSU Y.
    2010 International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP2010) 284 539 - 542 2010年 [査読無し][通常論文]
  • 武野 紘和, 中津 悠斗, 長谷川 公嗣, 大宮 学
    映像情報メディア学会技術報告 34 31 - 34 一般社団法人 映像情報メディア学会 2010年 
    最近,無線LANルータとして高出力および300Mbpsの高速データ伝送を実現するIEEE802.11n規格に準拠した機器が流通している.この装置をアクセスポイントとして利用することで,同一フロアの異なった部屋間あるいは複数階にわたるフロア間でのHDTV動画伝送などを行うことが可能になる.本論文においては,無線LANシステムのフロア間伝搬特性について測定および解析を行い,受信電界強度とスループットの関係を与える近似式を示す.
  • 中津 悠斗, 武野 紘和, 長谷川 公嗣, 大宮 学
    映像情報メディア学会技術報告 34 35 - 38 一般社団法人 映像情報メディア学会 2010年 
    最近,無線技術の向上により高出力かつ高速な無線LAN装置が開発され,単一の無線LANアクセスポイントでも比較的広い範囲をカバーエリアとすることが可能になっている.さらに,IEEE802.11n規格では使用帯域幅が40MHzであり,理論的な最大スループットが300Gbpsを達成できることから,地上デジタル放送のようなハイビジョン映像も無線で十分送信可能である.本論文においては,大規模オフィス環境での無線LANシステムの電波伝搬に関する実験を行い,見通し内および見通し外環境での伝搬損失特性について示す.さらに,大規模電磁界解析による伝搬特性推定を行う.実験結果と解析結果の比較から,実験結果の有効性と解析手法の妥当性について議論する.これら検討により,無線LANシステムの設置場所,設置台数および通信速度に関する設計資料を提供する.
  • 長谷川 公嗣, 庄司 知史, 大宮 学
    映像情報メディア学会技術報告 33 63 - 66 一般社団法人 映像情報メディア学会 2009年 
    温度・湿度などの環境データの収集,人体の状態監視,物の移動追跡など無線センサネットワークが注目されている.センサネットワークでは各種データの収集とともに位置情報を必要とすることが多い.さらに,センサノードが常に移動していることが想定されることから,位置推定法が重要な技術である.IEEE802.15.4に基づくZigBeeでは受信信号強度(RSSI)を使用することで,比較的容易に位置推定が可能である.しかし,この方法を適用するためには屋内環境での伝搬特性を事前に把握していなければならない.実験的に伝搬特性を測定することは,時間とコストの観点から困難である.本報告においては,RSSIマップ作成における大規模電磁界解析に基づく計算機シミュレーションの有効性について検討する.すなわち,ZigBeeを使用したRSSI測定結果とシミュレーション結果を比較することで,シミュレーション結果の妥当性および提案手法の有効性を明らかにする.
  • 庄司 知史, 長谷川 公嗣, 大宮 学, 村本 充
    映像情報メディア学会技術報告 33 59 - 62 一般社団法人 映像情報メディア学会 2009年 
    市街地における無線伝搬の実験的検討結果が報告されている.また,レイトレース法による解析が試みられている.レイトレース法は,パーソナルコンピュータなどの比較的小規模な計算機リソースを利用して解析が可能であるという容易さがあり,使用波長に比較して単純な市街地モデルに対して実験結果をよく再現している.一方,詳細な市街地のモデル化は,考慮すべき反射・回折点あるいはレイの数を増やさなければならないことから,計算負荷が増大し,解析が困難になる傾向がある.特に,回折の影響の大きい地上デジタル放送波帯などでの実測値との一致した結果が得られていない.本報告においては,FDTD法による,地上デジタル放送波帯での市街地マイクロセル無線伝搬解析について報告する.
  • Radiation Patterns of On-Vehicle Antenna for Simplified Numerical Vehicle Models
    2008 International Symposium of Antennas and Propagation (ISAP 2008) TP-A04 1645007 758 - 761 2008年 [査読無し][通常論文]
  • HASEGAWA T.
    2008 International Symposium of Antennas and Propagation (ISAP 2008) TP-A03 1644976 746 - 749 2008年 [査読無し][通常論文]
  • 庄司 知史, 村本 充, 日景 隆, 大宮 学
    映像情報メディア学会技術報告 32 35 - 38 一般社団法人 映像情報メディア学会 2008年 
    地上デジタル放送受信用車載アンテナの特性解析には、一般に市販のアンテナ設計用電磁界解析ソフトウェアが利用されている。数値解析では計算機リソースが制限されるため周囲環境を考慮したアンテナ設計は困難であり、解析モデルの簡易化を行う必要がある。本報告では、簡易化された解析モデルの車載アンテナ特性解析への影響を検討する。簡易化した車体モデルについて、車載アンテナによる車体表面の電流分布と放射指向特性を示すことにより、アンテナ特性を推定するための解析モデル簡易化手法を明らかにする。
  • 長谷川 公嗣, 岩本 欣仁, 大宮 学, 日景 隆
    映像情報メディア学会技術報告 32 31 - 34 一般社団法人 映像情報メディア学会 2008年 
    地上デジタル放送移動体・携帯向け(ワンセグ)サービスは,災害時等の情報伝達手段として有効であり,さまざまな受信環境を想定した受信特性の解明あるいは受信劣化対策等が検討されている.本報告においては,地上デジタル放送波等建物侵入波の屋内伝搬特性の解明を目的として,室内の高精度モデリング,それを使用した屋内伝搬特性の評価を時間領域差分(FDTD)法に基づく解析により行う.評価においては,室内に什器の有無による屋内伝搬特性を明らかにするため交差偏波発生状況および累積確率について議論する.
  • Takashi Hikage, Toshio Nojima, Manabu Omiya, Kazuo Yamamoto
    2008 INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON ELECTROMAGNETIC COMPATIBILITY (EMC EUROPE) 641 - + 2008年 [査読有り][通常論文]
     
    The purpose of this study is to develop accurate and reliable estimation method of Electromagnetic field distributions in practical environments including passengers. However, comprehensive measurements in an actual environment cost too much and it is difficult to carry them out precisely. In this paper, large-scale numerical simulations are carried out to examine the electromagnetic fields excited by the 2.45 GHz wireless LAN terminal inside an aircraft. We used a typical aircraft model and employed the FDTD technique and a supercomputer to estimate the field distributions inside the whole area of the cabin. A Large-scale parallel computing technique based upon several node partitions of a supercomputer was used because of its memory and speed capabilities. It is able to give us a good perspective within a reasonable computation time. Furthermore, a simplified histogram estimation method for electric field strength in the cabin was employed to deal with the complicated EMF distributions inside the cabin including passengers.
  • FDTD Analysis of Incident Plane Wave Indoor Propagation
    2007 International Symposium of Antennas and Propagation (ISAP 2007) POS1-21  2007年 [査読無し][通常論文]
  • Estimation of Antenna Charactereistics Depending on Numerical Vehicle Models
    2007 International Symposium on Antennas and Propagation 2B2-3  2007年 [査読無し][通常論文]
  • Simulation Method of Wireless LAN Indoor Propagation Using FDTD Technique and MATLAB/Simulink
    IEEE Antennas and Propagation Society International Symposium 2007 IF323.6  2007年 [査読無し][通常論文]
  • Numerical Analysis of Electromagnetic Field Distributions in a Typical Airplane
    The 3rd IEEE VTS Asia Pacific Wireless Communications Symposium (APWCS2006) T05-1 178 - 181 2006年 [査読無し][通常論文]
  • FDTD Analysis for Propagation Characteristics of Wireless LAN Equipped in a Jumbo Aircraft
    Progress in Electromagnetics Research Symposium (PIERS 2006) 552  2006年 [査読無し][通常論文]
  • A Precise Electromagnetic Field Estimation in Elevator Considering of Implantable Cardiac Pacemaker EMI from Celluar Radios
    Progress in Electromagnetics Research Symposium (PIERS 2006) 123  2006年 [査読無し][通常論文]
  • A PRECISE ESTIMATION METHOD FOR THE ELECTROMAGNETIC FIELD DISTRIBUTION EXCITED BY CELLULAR RADIOS IN ELEVATORS
    Proceedings of the Bioelectromagnetics Society the 28th Annual Meeting at Cancun 523 - 526 2006年 [査読無し][通常論文]
  • Georgi Georgiev, Mitsuyoshi Nagao, Manabu Omiya
    Kyokai Joho Imeji Zasshi/Journal of the Institute of Image Information and Television Engineers 60 5 765 - 772 2006年 [査読無し][通常論文]
     
    Rendering high quality animations from 3D models is a computationally expensive and challenging task. Recently, distributed computing technologies have been deployed for real-time and effective animation rendering. However, specialized programming skills and specific hardware or software are required to perform animation rendering on the basis of distributed computing technology. Therefore, a distributed computing technology to enable efficient and easy execution of animation rendering is required. In this paper, we propose a method for distributed animation rendering based on Grid computing. The method we propose does not impose any special distributed computing technology on users' and it facilitates effective implementation of distributed animation rendering. In this research, we also developed a scheduler that automatically distributes the animation rendering task to the resources in a Grid computing environment. We constructed a prototype based on the proposed method and confirmed its effectiveness through several animation rendering experiments.
  • EMF Estimations in a Train Carriage Considering of Implantable Cardiac Pacemaker EMI from Cellular Radios
    17th International Zurich Symposium on Electromagnetic Compatibility W2-BIO-2-3 51 - 54 2006年 [査読無し][通常論文]
  • Design of Rectenna for 5.8 GHz Space Solar Power Satellite Based upon FDTD Analysis
    XXVIIIth General Assembly of International Union of Radio Science (URSI) HXP.1 894  2005年 [査読無し][通常論文]
  • T Hikage, Y Abiko, M Hirono, T Nojima, M Omiya, S Watanabe, T Shinozuka
    EMC 2005: IEEE International Symposium on Electromagnetic Compatibility, Vols 1-3, Proceedings WE-PM3-6 628 - 631 2005年 [査読無し][通常論文]
     
    Precise computer simulations using 800 MHz and 2 GHz transmitters in an actual train carriage are conducted on the electromagnetic field (EMF) distributions excited inside train carriages. With regard to the EMC of the portable radio terminals such as cellular phones and data communication transceivers that transmit RF waves, one of the most important and substantial issues is to prevent the occurrence of unwanted effects on the human health due to the RF exposure from such radio devices [1], [2]. Since the portable radios may be used in various environments, accurate and reliable estimations of EMC in practical environments are required. However, the measurements in the actual environment need enormous costs and it is also difficult to carry out precisely. In this paper, we carry out the precise numerical simulations to examine the EAU actual environment. A simplified histogram estimation method for electric field strength is developed to deal with the complicated EAU distributions. Typical results of FDTD analysis and actual measurement data are then shown. Finally, considerations and conclusions are made.
  • EMF EXCITATION DEPENDENCY ON THE BOUNDARY CONDITION DUE TO MOBILE RADIOS - PARALLEL FDTD ANALYSIS ON THE RADIO ENVIRONMENT IN A TRAIN CARRIAGE -
    The 2005 International Symposium on Antennas and Propagation FE2-4 1241 - 1244 2005年 [査読無し][通常論文]
  • LC Chirwa, M Omiya
    IEEE TRANSACTIONS ON ANTENNAS AND PROPAGATION 52 9 2374 - 2380 2004年09月 [査読無し][通常論文]
     
    Simulation is an indispensable means of designing antennas, especially when the evaluation of the antenna characteristics using theoretical analysis is complex or not very accurate. This work proposes an open-ended image nonradiative dielectric (NRD) guide antenna and presents its characteristics obtained using the finite-difference time-domain (FDTD) method. The key features of the FDTD implementation are discussed, particularly the simple and convenient approximate three dimensional modeling of the coaxial feed cable and the excitation probe that were, used. The characteristics of the antenna that were determined are the return loss and absolute gain frequency characteristics and the E-and H-plane radiation patterns. Experimental results are used to verify the characteristics obtained using FDTD and are found to be in good agreement.
  • Large-Scale Numerical Analysis of the EMF in Actual Train Carriages
    2004 Korea-Japan Joint Conference on AP/EMC/EMT (KJJC-AP/EMC/EMT 2004) EMC-17  2004年 [査読無し][通常論文]
  • Cavity-Backed Slot Antennas and Array with Simple Geometry Adapted to Microwave Energy Transmission
    Radio Science Bulletin 310 23 - 28 2004年 [査読無し][通常論文]
  • ESTIMATION OF THE EMF IN ACTUAL TRAIN CARRIAGE USING THE PARALLEL FDTD METHODS
    International Conference of Antennas and Propagation 2004 1C2-4 137 - 140 2004年 [査読無し][通常論文]
  • FDTD Analysis and Design of Slot Antenna and Array for Microwave Energy Transmission
    Proceedings of 2003 Asia-Pacific Microwave Conference (APMC2003) FE4-1 1985 - 1988 2003年 [査読無し][通常論文]
  • Design of Slot Antennas and Arrays Using the FDTD Technique and a Parallel Supercomputer
    The 19th Annual Review of Progress in Applied Computational Electromagnetics 539 - 544 2003年 [査読無し][通常論文]
  • 棟方 康介, 日景 隆, 大宮 学
    映像情報メディア学会技術報告 26 52 17 - 20 一般社団法人映像情報メディア学会 2002年07月05日 
    太陽発電衛星SPS2000では,送電アンテナ素子としてキャビティ付スロットアンテナを使用することが提案されている.キャビティ付スロットアンテナは機械的強度および廃熱特性に優れ,薄形化可能である.著者らはこれまでに,アレーアンテナの製作を容易にするポスト側壁構成スロットアンテナの提案を行っている.本論文では,逆F素子給電ポスト側壁キャビティ付スロットアンテナについて,設計法の提案およびアンテナパラメータの導出を行う.さらに,設計法の有効性とアンテナパラメータの妥当性を実験により確認する.
  • FDTD Analysis of a Large Scale Energy Transmission Array Antenna
    Proceedings of 2002 Interim International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP i-02) 1 POS5-3 524 - 527 2002年 [査読無し][通常論文]
  • Development of Cavity-Backed Slot Antenna for Spacetenna of Space Solar Power Satellite at the Frequency of 5.8 GHz
    Proceedings of 2002 Asia-Pacific Microwave Conference (APMC2002) 2 TH2C-2 799 - 802 2002年 [査読無し][通常論文]
  • Circular Microstrip Antennas with Slits Suitable for Microwave Energy Receiving in SPace Solar Power Satellite Systmes
    Proceedings of the 8th Asia Pacific Conference on Communication (APCC) 2002 R02-13 166 - 169 2002年 [査読無し][通常論文]
  • FDTD Analysis and Design of Cavity-Backed Slot Antennas for Microwave Energy Transmission
    The 18th Annual Review of Progress in Applied Computational Electromagnetics S3-1 125 - 132 2002年 [査読無し][通常論文]
  • LC Chirwa, K Morimoto, Y Sugawara, M Yamamoto, M Omiya, K Itoh
    ELECTRONICS AND COMMUNICATIONS IN JAPAN PART I-COMMUNICATIONS 85 5 25 - 33 2002年 [査読有り][通常論文]
     
    A transverse slot placed in the image plane of the image NRD guide that has a low loss nature similar to that of the NRD guide in a millimeter wave circuit can be designed using waveguide array theory. In this paper, a method is presented to derive the normalized impedance of the transverse slot needed for the design from standing wave measurement. Near the slot, the standing wave distribution is disturbed by the field scattered from the slot. A method is given to derive the minimum distance for which no effect of the scattered field is received. From the standing wave distribution in the range where this condition is satisfied, the normalized impedance is evaluated. Further, in order to determine the validity and effectiveness of the evaluation method, an analysis based on the finite difference time domain (FDTD) method is carried out and the results are compared with the experimental data. Finally, a design example of an array antenna is presented. A possibility for applications of the proposed measurement method and the derived normalized impedance to the array antenna design is confirmed. (C) 2002 Scripta Technica.
  • T Hikage, M Omiya, K Itoh
    IEEE TRANSACTIONS ON ANTENNAS AND PROPAGATION 49 12 1712 - 1717 2001年12月 [査読有り][通常論文]
     
    The finite-difference time-domain (FDTD) method is considered a versatile and efficient tool for the solution of Maxwell's equations in complex structures for any time dependence. In this paper, we show an antenna feed model suitable for performance evaluation of a cavity-backed slot antenna using the FDTD technique. The gap voltage and the coaxial feed models are examined, and their input characteristics and absolute gains are compared. Analytical results show that the input characteristics are estimated with fewer time steps for the coaxial model than for the conventional gap voltage model. Furthermore, we show how to calculate absolute gains and radiation patterns using the coaxial model and a sinusoidal voltage source at the desired frequency. The computed results of the absolute gain converge after the fifteenth period of the voltage source for the coaxial model and are in good agreement with the experimental results. On the other hand, the absolute gain is observed to fluctuate when the gap voltage model is used. The performance evaluation and comparison reveals that the coaxial model is an appropriate feed model for use in the analysis of the performance of the cavity-backed slot antenna using the FDTD technique. The good agreement of the FDTD results with the experimental measurements demonstrates the effectiveness of the model and the method proposed.
  • シャリアル, 田村 尚之, 山田 裕輔, 大宮 学, 伊藤 精彦
    電子情報通信学会論文誌. B, 通信 84 2 244 - 253 一般社団法人電子情報通信学会 2001年02月 [査読有り][通常論文]
     
    太陽発電衛星等マイクロ波無線電力伝送用受電アンテナ素子として利用される円形マイクロストリップアンテナ(CMSA)について, 高調波再放射抑圧を目的としてパッチ表面にスリットを入れることが提案され, その有効性が確認されている.本論文においては, スリットを基本モードの電流線に沿って入れることによって, 基本モードの共振特性に影響を与えることなく, 高調波の再放射を抑圧するスリット入りCMSAについて検討する.初めに, スリットの設計法を示す.設計したスリット入りCMSAについてスリットパラメータと入力特性の関係を実験等により明らかにし, 特性改善が期待できるスリットパラメータ決定のための指針を示す.最後に, 既に提案が行われている別のタイプのスリット入りCMSAと特性比較を行うことによって, 提案したスリット入りCMSAの優位性を示す.
  • Considerations on Slot Antenna Consisting of Parallel Conductive Plates Separated by Metal Posts
    2001 Korea-Japan Joint Conference -AP/EMC/EMT (KJJC'2001) Proceeding 55 - 58 2001年 [査読無し][通常論文]
  • Cavity-Backed Slot Antenna with Sidewalls Consisting of Thin Wires
    Proceedings of Progress In Electromagnetics Research Symposium 4A3-2 443  2001年 [査読無し][通常論文]
  • Slot Antenna Consisting of Two Conductive Plates and Thin Wires
    Digest of 2001 IEEE AP-S International Symposium and USNC/URSI National Radio Science Meeting 3 545 - 548 2001年 [査読無し][通常論文]
  • CHIRWA L C, YAMAMOTO M, OMIYA M, ITOH K
    IEEE Trans. Microwave Theory and Tech. 49 5 995 - 997 2001年 [査読無し][通常論文]
  • レクテナ素子として使用するスリット入円形マイクロストリップアンテナに関する考察
    電子情報通信学会論文誌B J84-B 2 244 - 253 2001年 [査読無し][通常論文]
  • A Ueda, Y Yoshino, Y Morishige, S Watanabe, Y Kyusho, T Haneda, M Ohmiya
    PHOTOMASK AND NEXT-GENERATION LITHOGRAPHY MASK TECHNOLOGY VIII 4409 574 - 582 2001年 [査読有り][通常論文]
     
    High throughput laser mask repair system satisfying the accuracy demanded for 0.5um pattern rule reticles has been newly developed. The named Laser Mask Repair LM700A has the following versatile features: Opaque defect repair capability of 0.5 um L&S patterns with high repair accuracy of 45 nm (3 sigma) Low Quartz damage and high transmission at the repair site, especially for MoSi KrF-HT mask, and applicable to MoSi ArF-HT mask, by newly developed pico-second solid state UV pulse Laser 0.1 um defect detectablility by high resolution UV Optics Through pellicle repair capability by newly developed long working distance UV objective lens Auto-edge positioning function for various patterns By utilizing a pico-second UV pulse Laser, very high quality Laser zapping can be obtained. This paper presents the configuration and the evaluated results for mask repair performance in MoSi KrF-HT and ArF-HT masks.
  • T Hikage, M Omiya, K Itoh
    ELECTRONICS AND COMMUNICATIONS IN JAPAN PART I-COMMUNICATIONS 84 8 70 - 77 2001年 [査読有り][通常論文]
     
    By applying the FDTD method to the evaluation of the characteristics of a cavity-backed slot antenna, a design considering the feed structure is possible. In this paper, a feed model suitable for the design and analysis of a cavity-backed slot antenna is presented. As feed models, a gap voltage model and a coaxial model are used and results of their analysis are compared. From the analysis of the input characteristics, it is revealed that characteristic evaluation is possible in the coaxial model with fewer time steps than the gap voltage model. In the evaluation of the radiation characteristics, the absolute gain evaluation method is presented with a sinusoidal excitation. From the results of analysis of the absolute gain, the results converge within about 15 periods in the case of the coaxial model. The obtained radiation characteristics agree with the experimental results. In the gap voltage model, undulations of the absolute gain values are observed. From a comparison of these characteristic evaluations, the coaxial model is found to be suitable for FDTD analysis of a cavity-backed slot antenna. (C) 2001 Scripta Technica
  • L.C. チルワ, 森本 健次, 菅原 靖敬, 山本 学, 大宮 学, 伊藤 精彦
    電子情報通信学会論文誌. B, 通信 83 6 872 - 880 一般社団法人電子情報通信学会 2000年06月25日 [査読無し][通常論文]
     
    ミリ波回路としてNRDガイドと同様の低損失性を有するイメージNRDガイドのイメージ面に設置した横スロットのアレーは導波管アレー理論により設計できる.本論文では, 設計に必要な横スロットの規格化インピーダンスを定在波測定から求める手法を示す.スロット近傍では, スロットで生じた散乱界により定在波分布が乱されることから, 散乱界の影響を受けないスロットからの最小距離を求める方法を明らかにし, 条件を満足する範囲の定在波分布から規格化インピーダンスの評価を行う.更に, 評価法の妥当性及び有効性を明らかにするため, 時間領域差分(FDTD)法を用いた解析を行い, 実験結果と比較検討する.最後に, アレーアンテナの設計例を示し, 提案した測定法及び導出した規格化インピーダンスのアレーアンテナ設計への適用可能性を確認している.
  • Low Profile Cavity-Backed Slot Antennas for Microwave Energy Transmission
    Proceedings of the 2000 International Symposium on Antennas and Propagation 2 2D4-4 709 - 712 2000年 [査読無し][通常論文]
  • Performance evaluation of cavity-backed slot antenna using the FDTD technique
    Proceedings of 2000 IEEE AP-S International Symposium and USNC/URSI National Radio Science Meeting 67 - 2 2000年 [査読無し][通常論文]
  • イメージNRDガイドのイメージ面横スロットの規格化インピーダンス評価法
    電子情報通信学会論文誌B J83-B 6 872 - 880 2000年 [査読無し][通常論文]
  • 日景 隆, 今田 瑞樹, 大宮 学, 伊藤 精彦
    電子情報通信学会論文誌. B, 通信 82 10 1905 - 1914 The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers 1999年10月 [査読有り][通常論文]
     
    太陽発電衛星SPS2000では,送電アンテナ素子としてキャビティ付きスロットアンテナを使用することが提案されている.本論文においては,送電アンテナ素子の薄形化を目的として検討を行う.送電アンテナ素子として,終端短絡プローブ給電キャビティ付きスロットアンテナを使用する.このアンテナ素子では,キャビティ高さを低くした場合,キャビティ内部のプローブ位置,スロットの長さ及び幅を適当に設定することによって,送電周波数2.45GHzにおいてインピーダンス整合を実現することができる.本論文では,高さが12mm以下のキャビティ付きスロットアンテナについて,インピーダンス整合を実現する設計法とアンテナパラメータを示す.設計には時間領域差分(FDTD)法を使用し,解析結果と実験結果との比較検討を行う.これら検討から,提案した設計法の有効性を示す.更に,薄形化による特性変化について明らかにする.
  • チルワ ローレンス・クロエパス, 森本 健次, 山本 学, 大宮 学, 伊藤 精彦
    電子情報通信学会技術研究報告. A・P, アンテナ・伝播 99 210 7 - 13 一般社団法人電子情報通信学会 1999年07月 [査読無し][通常論文]
     
    イメージNRDガイドのイメージ面に設置した横スロットのアレーアンテナは導波管アレー理論によって設計可能である. 本論文においては, 設計において必要とされる横スロットの規格化インピーダンスを定在波測定から求める手法を提案する. スロット近傍においては高次モードの発生により定在波分布が乱れることを明らかにし, これらの影響を受けないスロットから離れた部分での定在波分布から規格化インピーダンスの評価を行う. 提案した測定法の妥当性および有効性を明らかにするため, 時間領域差分(FDTD)法を用いて解析を行い, 実験結果と比較検討する.
  • 日景 隆, 大宮 学, 伊藤 精彦
    電子情報通信学会論文誌. B, 通信 82 5 1038 - 1045 一般社団法人電子情報通信学会 1999年05月25日 [査読無し][通常論文]
     
    キャビティ付きスロットアンテナの特性評価にFDTD法を適用することで, 給電構造を考慮した設計が可能である. 本論文においては, キャビティ付きスロットアンテナの設計・解析に適した給電モデルを明らかにする. 給電モデルとしてギャップ電圧モデル及び同軸モデルを使用し, その解析結果を比較検討する. 入力特性解析結果から, 同軸モデルではギャップ電圧モデルに比較して少ないタイムステップ数で特性評価が可能であることを明らかにした. 放射指向特性評価では, 正弦波励振した場合の絶対利得評価法を示した. 絶対利得解析結果から, 同軸モデルでは15周期程度で値は収束し, その指向性は実験結果と一致すること, ギャップ電圧モデルでは絶対利得の値が振動する現象が観測されることを示した. これら特性評価比較結果から, キャビティ付きスロットアンテナのFDTD解析には, 給電モデルとして同軸モデルが適していることを明らかにした.
  • T Hikage, N Ohno, M Omiya, K Itoh
    ELECTRONICS AND COMMUNICATIONS IN JAPAN PART I-COMMUNICATIONS 82 3 20 - 27 1999年03月 [査読無し][通常論文]
     
    A cavity-backed slot antenna is thought to be one of the most suitable elements for the wireless transmission of microwave energy, and especially for SPS2000, which was conceptually developed in Japan as a straw-man model of the solar power satellite. First, this paper presents the configuration and dimensions of the antenna element. Second, we propose a feeder geometry for which the above requirements are fulfilled and the desired antenna characteristics are obtained. The feeders are a short-ended probe and an inverted-F element whose dimensional parameters are examined experimentally and analytically. Here we use the FDTD technique developed in our previous study for the analysis of the cavity-backed slot antenna excited by these two kinds of feeder. (C) 1998 Scripta Technica.
  • 送電アンテナ用キャビティ付スロットアンテナの薄形化
    電子情報通信学会論文誌B J82-B 10 1905 - 1914 1999年 [査読無し][通常論文]
  • FDTD法を用いたキャビティ付きスロットアンテナの特性評価法に関する比較検討
    電子情報通信学会論文誌(B) J82-B 5 1038 - 1045 1999年 [査読無し][通常論文]
  • Design of Circular Microstrip Patch Antennas with Slits Suppressing Re-radiation of Higher Harmonics
    The Progress in Electromagnetics Research Symposium (PIERS 1999) 238  1999年 [査読無し][通常論文]
  • T Hikage, M Omiya, K Itoh
    IEICE TRANSACTIONS ON ELECTRONICS E81C 12 1838 - 1844 1998年12月 [査読無し][通常論文]
     
    This paper discusses a method to evaluate mutual couplings of cavity-backed slot antennas using the FDTD technique. The antenna fed by the Short-ended probe is considered, which is investigated as an element of the power transmission antenna, Spacetenna, for the solar power satellite SPS2000. It is found from the FDTD computation on E-plane two- and four-element array antennas that the size of the problem space should be larger for the evaluation of the mutual coupling than for the estimation of the input impedance. Since enlarging the size of the problem space requires a large amount of computer storage, it is not practical for computer simulations. In order to carry out accurate estimations of the mutual coupling with relatively small amount of computer memory, the problem space is extended only in the broadside of the array antenna and in the other directions there are ten cells between the antenna surface and the outer boundary. Computer simulations demonstrate that there are no differences between the results of the proposed problem space geometry and the problem space extended in each direction of the axis coordinate by the same number of cells. Furthermore comparisons of computed and experimental results demonstrate the effectiveness of the approach after discussing how large the size of the problem space is required to estimate the mutual coupling.
  • M Omiya, T Hikage, N Ohno, K Horiguchi, K Itoh
    IEEE TRANSACTIONS ON ANTENNAS AND PROPAGATION 46 12 1853 - 1858 1998年12月 [査読無し][通常論文]
     
    A cavity-backed slot antenna is thought to be one of the most suitable elements for the wireless transmission of microwave energy. A design technique is developed for the cavity-backed slot antenna using the finite-difference time-domain (FDTD) method. The technique is effective in characterizing antenna performance such as the input impedance and the far-field pattern since it takes into account the geometry of the feeder as well as the cavity. In this paper, we present a method that overcomes difficulties when the FDTD method is used to design the antenna. Moreover, we discuss how to determine the calculation parameters used in the FDTD analysis. Several numerical results are presented, along with measured data, which demonstrate the validity, efficiency, and capability of the techniques, The paper proposes a new prediction method for frequency characteristics of the cavity-backed slot antenna, which applies computational windows to time-sequence data. It is emphasized that windowing the slow decaying signal enables the extraction of accurate antenna characteristics. We also discuss how to estimate antenna patterns when we use a sinusoidal voltage excitation.
  • 山田 裕輔, シャリアル, 大宮 学, 伊藤 精彦
    電子情報通信学会論文誌. B-II, 通信II-無線通信・無線応用 81 6 575 - 583 一般社団法人電子情報通信学会 1998年06月25日 [査読無し][通常論文]
     
    受電アンテナである円形マイクロストリップアンテナ(CMSA)について, 高調波再放射抑圧のためにスリットを入れることを提案する.更に, 高調波再放射抑圧に適したスリットの設計法を示し, スリット入CMSAの高調波再放射抑圧特性を解析および実験により明らかにする.本論文では, 3倍および5倍高調波周波数付近で発生するTM_<120>, TM_<130>およびTM_<420>モードの電流強度極大点に電流の流れを遮るようにスリットを入れ, 上記高次モードの共振周波数を高調波周波数から遠ざけることによって高調波の再放射を抑圧する.これらモードのパッチ表面電流分布からスリットの設計法を導出し, スリットパラメータの決定法について解析および実験による検討を行っている.
  • 日景 隆, 大野 哲生, 大宮 学, 伊藤 精彦
    電子情報通信学会論文誌. B-II, 通信II-無線通信・無線応用 81 3 218 - 225 一般社団法人電子情報通信学会 1998年03月25日 [査読無し][通常論文]
     
    我が国において検討が行われている太陽発電衛星のストローマンモデルであるSPS2000では, 送電アンテナ素子としてキャビティ付きスロットアンテナの利用が提案されている.本論文においては, 初めに送電アンテナ素子に要求される寸法および構造条件を示す.更に, その条件を満足し, 所望のアンテナ特性を実現する給電構造について新たに提案を行う.給電方法として, 終端短絡ブローブ給電素子および逆F給電素子を用いることを提案し, その給電素子パラメータの決定法を解析および実験により明らかにする.但し, 給電構造を考慮したアンテナ特性の解析には, 筆者らによって明らかにされたFDTD解析手法を使用する.
  • 山田 裕輔, シャリアル, 大宮 学, 伊藤 精彦
    映像情報メディア学会誌 : 映像情報メディア 52 2 一般社団法人映像情報メディア学会 1998年02月20日 [査読無し][通常論文]
  • Evaluation of Mutual Coupling of Cavity-Backed Slot Antennas Using the FDTD Technique
    1998 Asia-Pacific Microwave Conference Proceedings - APMC'98 TH3D-4 1409 - 1412 1998年 [査読無し][通常論文]
  • スリット入円形マイクロストリップアンテナの高調波再放射抑圧特性
    電子情報通信学会論文誌(B-II) J81-B-II 6 575 - 583 1998年 [査読無し][通常論文]
  • マイクロ波送電用キャビティ付きスロットアンテナの提案
    電子情報通信学会論文誌(B-II) J81-B-II 3 218 - 225 1998年 [査読無し][通常論文]
  • 山田 祐輔, シャリアル, 大宮 学, 伊藤 精彦
    映像情報メディア学会技術報告 21 56 7 - 14 一般社団法人映像情報メディア学会 1997年09月26日 
    宇宙太陽発電衛星等マイクロ波無線電力伝送用受電アンテナ素子として利用される円形マイクロストリップアンテナ(CMSA)について, 高調波再放射抑圧を目的としてパッチ表面にスリットを入れることが提案され, その有効性が確認されている.本論文においては, スリットを基本モードの電流線に沿って入れることによって, 基本モードの共振特性に影響を与えることなく, 高調波の再放射を抑圧するスリット入CMSAについて検討する.初めに, スリットの設計法を示す.設計したスリット入CMSAについてスリットパラメータと入力特性の関係を解析および実験により明らかにし, 最適なスリット形状を示す.最後に, すでに提案が行われているスリット入CMSAと特性比較を行う.
  • N Ohno, K Horiguchi, M Omiya, K Itoh
    ELECTRONICS AND COMMUNICATIONS IN JAPAN PART I-COMMUNICATIONS 80 7 14 - 22 1997年07月 [査読無し][通常論文]
     
    A cavity-backed slot antenna is thought to be one of the most suitable antenna elements for microwave energy transmission in solar power satellites. The objective of the work presented in this paper is to establish an effective design method by which we develop cavity-backed slot antennas used as elements in energy transmission antennas. For this purpose we use the finite-difference time-domain (FDTD) technique. Discretization schemes for the problem space, including an analyzed model in the FDTD method, make it possible to fully characterize antenna performance, including input impedance and the far field pattern. Compared with other techniques, the method takes account of the geometry of the antenna and the feeding element located in the cavity. In the paper we point out several problems in the FDTD analysis of the cavity-backed slot antenna and give solutions for them. Further, we discuss FDTD parameters in order to carry out the accurate analysis and evaluation of the antenna performance. (C) 1997 Scripta Technica, Inc.
  • 大野 哲生, 堀口 健一, 大宮 学, 伊藤 精彦
    電子情報通信学会論文誌. B-II, 通信II-無線通信・無線応用 79 11 917 - 924 一般社団法人電子情報通信学会 1996年11月25日 [査読無し][通常論文]
     
    宇宙太陽発電衛星用送電アンテナ素子としてキャビティ付スロットアンテナの使用が検討されている.本論文は送電アンテナ素子として使用するキャビティ付スロットアンテナの開発に有効な設計法の確立を目的としている.設計手法として時間領域差分(FDTD)法を適用する.FDTD法では解析モデルを含む解析空間をセルと呼ばれる立方体で離散化するので,アンテナ素子の形状を考慮した特性解析が可能である.特に,キャビティ内部に設置された給電素子形状を忠実にモデル化できるのが特徴である.本論文では,キャビテイ付スロットアンテナのFDTD法を用いた設計における問題点を明確にし,その解決策を与える.更に,アンテナ特性評価のためのパラメータ決定法について論じる.
  • H Saitoh, M Omiya, K Itoh
    ELECTRONICS AND COMMUNICATIONS IN JAPAN PART I-COMMUNICATIONS 79 3 22 - 30 1996年03月 [査読有り][通常論文]
     
    To verify that the electromagnetic analysis system NEC2 is effective for the development and design of the second generation digital cordless telephone investigated for use in the frequency band of 1.9 GHz. Two types of personal handy phone models with metal housing and plastic housing were fabricated and measurement and analysis by NEC2 were carried out for radiation patterns. The analysis results were found to agree with the measured results in regard to the absolute gain and shape. For the metal housing model, examples of the procedures were presented for modeling the housing by wire grids or surface patch elements. It was shown that the analysis results agree well with the measured results. It was also found that the radiation pattern of the plastic housing model is only slightly affected by the housing material. By realizing the installed circuit as an analytical model, estimations and evaluations of the radiation pattern are possible by means of NEC2. As a result, NEC2 is effective for the analysis of the radiation pattern of personal handy phone systems at 1.9 GHz.
  • FDTD法を用いたキャビティ付スロットアンテナの設計に関する考察
    電子情報通信学会論文誌B-II J79-B-II 11 917 - 924 1996年 [査読無し][通常論文]
  • A Functional System Model of the Solar Power Satellite, SPS2000
    Proceedings of the 1996 International Symposium on Antennas and Propagation 2 417 - 420 1996年 [査読無し][通常論文]
  • 斎藤 広隆, 大宮 学, 伊藤 精彦
    電子情報通信学会論文誌. B-II, 通信II-無線通信・無線応用 78 7 503 - 510 一般社団法人電子情報通信学会 1995年07月25日 [査読無し][通常論文]
     
    本論文においては,1.9GHz帯で利用が検討されている第二世代ディジタルコードレス電話機の開発・設計に電磁界解析システムNEC2が有効であることを明らかにするため, 金属筐(きょう)体およびプラスチック筐体からなる2種類の携帯電話機モデルを製作し,その放射指向特性の測定とNEC2による解析を行った.その結果,解析結果は測定結果と絶対利得および形状についてよく一致することが明らかになった.金属筐体モデルについて,筐体をワイヤグリッド又は表面パッチエレメントでモデル化する手法の例を示し,解析結果が測定結果と一致することを示した.更に,プラスチック筐体モデルの放射指向特性は筐体材料にほとんど影響を受けず,内部に実装した回路を解析モデルとして実現することにより,NEC2を用いた特性推定評価が可能であることを明らかにした.以上のことから,NEC2を利用した1.9GHz帯における携帯電話機放射指向特性解析の有効性が示された.
  • 携帯電話機放射指向特性のNEC2による推定および評価
    電子情報通信学会論文誌B-II J78-B-II 7 503 - 510 1995年 [査読無し][通常論文]
  • Y PURWANTO, Y OGAWA, M OHMIYA, K ITOH
    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS E77B 6 808 - 814 1994年06月 [査読無し][通常論文]
     
    It is well known that weather conditions affect the performance of satellite broadcasting receiving systems. For example, snow accretion on antennas degrades the receiving performance seriously because it reduces received signal power and also can increase antenna noise. Since effects of the weather are considered to differ for various types of receiving antenna, an investigation on this phenomenon is very important. A study on weather effects to three types of satellite broadcasting receiving antenna, a planar antenna, a center-fed parabolic reflector antenna, and an offset parabolic reflector antenna, is presented in this paper. Since the performance of receiving antennas can be determined by a parameter G/T, a long-term and continuous measurement of G/T must be performed. Furthermore, the measurement of more than one receiving system should be performed simultaneously. Also, the measurement should be performed in a snowy area (in winter) and a rainy area (in the other seasons) to evaluate the effect of the weather. To fulfil the criterion, a continuous measurement system of G/T has been built in Hokkaido University, Sapporo. Sapporo, which is located at latitude 42 degrees north, has a long and snowy winter, and also has rainy days in the other seasons so that we can evaluate the effect of weather. Using this measurement system, cumulative distributions of measurement results are obtained so that the performance of different types of receiving system can be evaluated. In this paper, some considerations on the noise level are also discussed briefly to evaluate the performance degradation of the receiving systems.
  • A Phased-Array Antenna for Spacetenna of SPS2000
    Proc. of 19th International Symposium on Space Technology and Science 477 - 482 1994年 [査読無し][通常論文]
  • Y PURWANTO, Y OGAWA, M OHMIYA, K ITOH
    IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS E75B 8 767 - 774 1992年08月 [査読無し][通常論文]
     
    Weather conditions affect the performance of satellite broadcasting receiving systems. For example, snow accretion on antennas degrades G/T seriously because it reduces received signal power and also can increase antenna noise. We need a continuous measurement of G/T to evaluate the effect of the weather conditions to the satellite broadcasting receiving systems. However, a conventional method cannot perform the continuous measurement because the antenna under test must be oriented in a specific direction (to the zenith) to obtain a noise level in a satellite broadcasting channel. This paper presents the continuous measurement of G/T for the satellite broadcasting receiving systems. We describe details of the measurement method. In our measurement system, a standard antenna is placed at the inside of a room in order to prevent the weather conditions from affecting the gain of the standard antenna. The power flux density at the inside of the room is different from that at the outside where the antennas under test are placed. Employing the effective gain of the standard antenna, we take the difference of the power flux density into account. Moreover, we propose a method to estimate the noise level in the satellite broadcasting channel from the values at the outside of the channel, and clarify the accuracy of the noise estimation. Then, we show measurement results of the G/T values for several receiving systems. From these results, we show that the G/T measurement system has high precision. Also, from the specifications of the antenna gain and typical values of the noise figure, it is expected that the measurement system has a sufficient accuracy.
  • シストリックアレープロセッサを用いたアダプティブアレーアンテナのマルチパス信号抑圧特性
    電子情報通信学会論文誌(B-II) J75-B-II 11 780 - 788 1992年 [査読無し][通常論文]
  • Performance of an Adaptive Array Antenna with a Systolic Array Processor
    Proceedings of International Sysmposium on Antennas and Propagation 1992 141 - 144 1992年 [査読無し][通常論文]
  • H YAMADA, M OHMIYA, Y OGAWA, K ITOH
    IEEE TRANSACTIONS ON ANTENNAS AND PROPAGATION 39 2 177 - 183 1991年02月 [査読無し][通常論文]
     
    Superresolution techniques for time delay estimation are proposed, which are applied to frequency-domain data measured with a network analyzer. Among many superresolution techniques, we employ a MUSIC (MUltiple SIgnal Classification) algorithm preprocessed by spatial smoothing. The spatial smoothing preprocessing is performed to destroy signal coherence, and we examine the decorrelation performance in detail. Furthermore, the expression which gives an individual response is shown, namely, using the expression, we may eliminate unwanted signals that appear as ripples in the frequency domain. Experimental results show that the frequency bandwidth required by the MUSIC algorithm to resolve distinct time-domain responses and eliminate unwanted signals is much narrower than that required by the fast Fourier transform (FFT). Thus, it may be said that the MUSIC algorithm is applicable to the time-domain measurements with the network analyzer and has much higher resolution capability than the conventional FFT techniques. The MUSIC algorithm is one of the most promising methods to enhance the accuracy of measurement for narrow-band devices such as antennas.
  • プルワントユリマン, 小川 恭孝, 大宮 学, 伊藤 精彦
    テレビジョン学会誌 44 6 一般社団法人映像情報メディア学会 1990年06月20日 [査読無し][通常論文]
  • 直交偏波共用ディジタル陸上移動通信における干渉補償
    電子情報通信学会論文誌(B-II) J73-B-II 11 745 - 754 1990年 [査読無し][通常論文]
  • Time-Domain Measurements Using a Superresolution Technique
    1990 IEEE AP-S International Symposium Digest 4 1592  1990年 [査読無し][通常論文]
  • ユリマン プルワント, 小川 恭孝, 大宮 学, 伊藤 精彦
    テレビジョン学会技術報告 14 13 61 - 66 一般社団法人 映像情報メディア学会 1990年 
    衛星放送受信アンテナ系のG/T測定システムの改善を行うため、自動直接測定法を提案する。この自動直接測定法は.衛星の受信電力、雑音電力、及び温度といった全ての測定量を自動的に測定し、コンピュータで制御するとともに、必要な計算を行う。従来のG/T測定システム(G/Tを非自動、及び間接的に求める測定システム)に比べ、より速く、より簡単に測定できるという点で非常に有利である。また、多数の衛星放送受信アンテナ系のG/Tをほとんど同時に測定することが可能である。
  • OGAWA Y.
    Proceedings of International Symposium on Antennas and Propagation 4 4A2-3 857 - 860 1989年 [査読無し][通常論文]
  • Time Domain Analysis and Detection of Discontinuites in Electromagnetic Circuits Using a Multidimensional MUSIC Algorithm
    Proceedings Internationa Symposium on Antennas and Propagation '89 2 2B4-2 349 - 352 1989年 [査読無し][通常論文]
  • A New Method of Time-Domain Analysis Using a Superresolution Technique
    Proceedings of International Symposium on antennas and Propagation ’89 2 2B4-1 345 - 348 1989年 [査読無し][通常論文]
  • OHMIYA M, OGAWA Y, ITOH K
    IEEE Trans. Antennas and Propagation 36 12 1700 - 1706 1988年 [査読無し][通常論文]
  • 伊藤 精彦, 小林 稔, 小川 恭孝, 佐々木 正巳, 大宮 学
    テレビジョン学会誌 41 5 一般社団法人映像情報メディア学会 1987年05月20日 [査読無し][通常論文]
  • Y OGAWA, M OHMIYA, K ITOH
    IEEE TRANSACTIONS ON AEROSPACE AND ELECTRONIC SYSTEMS 23 1 17 - 23 1987年01月 [査読無し][通常論文]
  • M OHMIYA, Y OGAWA, K ITOH
    IEEE TRANSACTIONS ON ANTENNAS AND PROPAGATION 34 3 447 - 453 1986年03月 [査読無し][通常論文]
  • Y OGAWA, M OHMIYA, K ITOH
    IEEE TRANSACTIONS ON AEROSPACE AND ELECTRONIC SYSTEMS 21 6 777 - 782 1985年 [査読無し][通常論文]
  • A Proposal of a High-Speed Scanning Adaptive Superresolution Array
    Proceedings of Internationa Symposium on Antennas and Propagation 214-4 799 - 802 1985年 [査読無し][通常論文]
  • Reference Signal Generation in an LMS Adaptive Array for Multipath Fading Reduction
    Proceedings of Internationa Symposium on Antennas and Propagation 3 213-1 763 - 766 1985年 [査読無し][通常論文]
  • Adaptability Experiments of Satellite Broadcasting Antenna Systems in Snowy Districts
    Proceedings of Internationa Symposium on Antennas and Propagation ’85 1 034-6 201 - 204 1985年 [査読無し][通常論文]
  • 小川 恭孝, 徳田 英, 佐々木 正巳, 大宮 学, 伊藤 精彦
    テレビジョン学会誌 39 6 503 - 508 一般社団法人映像情報メディア学会 1985年 [査読無し][通常論文]
     
    スポラディックE層伝搬による外国電波の混信などのように, テレビ信号を受信する際には, 混信による受信障害が発生することがある.本研究は, LMSアダプティブアレイアンテナを用いてテレビ信号の混信波を抑圧することを目的としたものである.アダプティブアレイアンテナは, 混信波の到来方向にアレイ指向性のヌルを自動的に形成し, 混信波を抑圧するものである.本研究では, 2素子のLMSアダプティブアレイアンテナのシミュレータを作製し, 実験的に混信波抑圧効果を明らかにした.実験においては, 所望波として第1チャンネルのテレビ信号, また, 混信波としては, 帯域の中心である93MHzの無変調正弦波を, それぞれ用いた.混信波抑圧効果は, シミュレータ出力のDU比と画面の主観評価試験結果を用いて評価した.その結果, パラメータの値によって良好な混信波抑圧効果が得られることが明らかになった.
  • 小川 恭孝, 佐々木 正巳, 大宮 学, 伊藤 精彦
    テレビジョン学会技術報告 9 20 23 - 28 一般社団法人 映像情報メディア学会 1985年
  • 大宮 学, 小川 恭孝, 伊藤 精彦
    電子通信学会論文誌 B 67 12 p1438 - 1445 電子通信学会 1984年12月 [査読無し][通常論文]
  • アダプティブアンテナにおける所望信号到来方向誤差特性に関する比較検討
    電子通信学会論文誌(B) J67-B 12 1438 - 1445 1984年 [査読無し][通常論文]
  • Behaviors of an LMS Adaptive Array for Multipath Fading Reduction
    Trans IECE E67 7 395 - 396 1984年 [査読無し][通常論文]
  • OGAWA Y, OHMIYA M, ITOH K
    IEEE Trans Antennas and Propagation 32 7 724 - 725 1984年 [査読無し][通常論文]
  • 大宮 学, 小川 恭孝, 伊藤 精彦
    電子通信学会論文誌 B 66 4 p477 - 484 電子通信学会 1983年04月 [査読無し][通常論文]
  • Y OGAWA, M OHMIYA, K ITOH
    IEEE TRANSACTIONS ON AEROSPACE AND ELECTRONIC SYSTEMS 19 5 778 - 780 1983年 [査読無し][通常論文]
  • 大宮 学, 小川 恭孝, 伊藤 精彦
    電子通信学会論文誌(B) J66-B 4 477 - 484 電子通信学会 1983年 [査読無し][通常論文]
  • Y OGAWA, M OHMIYA, K ITOH
    IEEE TRANSACTIONS ON AEROSPACE AND ELECTRONIC SYSTEMS 19 1 89 - 102 1983年 [査読無し][通常論文]
  • 大宮 学, 小川 恭孝, 伊藤 精彦
    電子通信学会論文誌 B 65 9 p1117 - 1124 電子通信学会 1982年09月 [査読無し][通常論文]
  • 大宮 学, 小川 恭孝, 伊藤 精彦
    電子通信学会論文誌 B 65 4 p499 - 500 電子通信学会 1982年04月 [査読無し][通常論文]
  • 本田 栄伸, 大宮 学, 小川 恭孝, 伊藤 精彦
    テレビジョン学会誌 36 12 1082 - 1086 一般社団法人映像情報メディア学会 1982年 [査読無し][通常論文]
     
    スポラディックE層伝搬による外国電波の混信などのよう.に, テレビ信号を受信する際に混信が生ずることがある.本論文は方向拘束付電力最小化アダプティブアレーアンテナを用いてテレビ信号の混信波を抑圧することを論じたものである.これは, 混信波到来方向に指向性のヌルを自動的に向けることにより混信波を抑圧する系である.まず初めに, 所望波到来方向に対する周波数特性を与える拘束条件の適切な決定法を明らかにしている.次に, 混信波抑圧特性を数値計算を行うことにより考察している.その結果, アダプティブアレーアンテナがテレビ信号における混信波抑圧に極めて有効であることがわかった.また, アダプティブアレーアンテナを設計するうえで考慮すべきいくつかの点が明らかになった.
  • タップ付遅延線路を用いた広帯域ハウエルズ・アップルバウムアダプティブアレー
    電子通信学会論文誌(B) J65-B 9 1117 - 1124 1982年 [査読無し][通常論文]
  • 通信系におけるハウエルズ・アップルバウムアダプティブアレー
    電子通信学会論文誌(B) J65-B 4 499 - 500 1982年 [査読無し][通常論文]

書籍

  • アンテナ工学ハンドブック
    オーム社 2008年
  • マイクロ波技術者および研究者のためのCADプログラム
    ミマツデータシステム 1998年

講演・口頭発表等

  • PSOによる二周波共用リフレクトアレーの設計  [通常講演]
    大澤拓門, 丸山珠美, 大宮 学
    平成29年度電気・情報関係学会北海道支部連合大会 2017年10月 口頭発表(一般)
  • オフィスビル環境における屋内から屋外への電波伝搬特性の推定  [通常講演]
    大宮 学, 鈴木裕子
    平成29年度電気・情報関係学会北海道支部連合大会 2017年10月 口頭発表(一般)
  • 大宮 学, 鈴木裕子
    2017年電子情報通信学会ソサイエティ大会 2017年09月 口頭発表(一般) 東京都市大学,東京都 電子情報通信学会
  • SUZUKI Yuko, OMIYA Manabu
    2017 Asian Workshop on Antennas and Propagation (AWAP 2017) 2017年06月 ポスター発表 Hokkaido University, Sapporo IEICE
     
    The paper predicts indoor-to-outdoor radio wave propagation characteristics using the computer simulation for a wireless LAN access point set up in an office building.
  • 加藤広希, 大島功三, 村本 充, 大宮 学
    平成28年度電気・情報関係学会北海道支部連合大会 2016年11月 口頭発表(一般) 北海学園大学,札幌市
  • 鈴木裕子, 大宮 学
    平成28年度電気・情報関係学会北海道支部連合大会 2016年11月 口頭発表(一般) 北海学園大学,札幌市
  • 大宮 学
    平成28年度電気・情報関係学会北海道支部連合大会 2016年11月 口頭発表(一般) 北海学園大学,札幌市
  • 京谷 篤, 大宮 学
    平成28年度電気・情報関係学会北海道支部連合大会 2016年11月 口頭発表(一般) 北海学園大学,札幌市
  • 鈴木裕子, 大宮 学
    2016年電子情報通信学会ソサイエティ大会 2016年09月 口頭発表(一般) 北海道大学,札幌市 電子情報通信学会
  • 大宮 学
    2016年電子情報通信学会ソサイエティ大会 2016年09月 口頭発表(一般) 北海道大学,札幌市 電子情報通信学会
  • 京谷 篤, 大宮 学
    2016年電子情報通信学会総合大会 2016年03月 口頭発表(一般) 九州大学,福岡市 電子情報通信学会
  • 名大遠隔可視化システムを利用した大規模可視化処理とデモ  [通常講演]
    大宮 学
    第2回名古屋大学情報基盤センターネットワーク型共同研究シンポジウム「大規模可視化・遠隔可視化の利活用」 2016年02月 口頭発表(招待・特別)
  • PfGAを用いたマイクロ波加熱のための誘電体形状の最適設計  [通常講演]
    加藤広希, 大島功三, 村本 充, 大宮 学
    平成27年度電子情報通信学会北海道支部学生会インターネットシンポジウム 2016年02月 口頭発表(一般)
  • 京谷 篤, 大宮 学
    平成27年度電気・情報関係学会北海道支部連合大会 2015年11月 口頭発表(一般) 北見工業大学,北見市
  • 加藤広希, 大島功三, 村本 充, 大宮 学
    平成27年度電気・情報関係学会北海道支部連合大会 2015年11月 口頭発表(一般) 北見工業大学,北見市
  • 師 捷, 大谷 元, 大宮 学
    平成27年度電気・情報関係学会北海道支部連合大会 2015年11月 口頭発表(一般) 北見工業大学,北見市
  • パラメータフリーGAによるダイクロイックフィルタ自動最適設計のための並列処理手法に関する比較検討  [通常講演]
    大谷 元, 大宮 学
    2015年電子情報通信学会ソサイエティ大会 2015年09月 口頭発表(一般) 東北大学,仙台市 電子情報通信学会
  • 無線LANシステムの屋内伝搬特性推定のための電磁界シミュレーションと数値モデル  [通常講演]
    京谷 篤, 大宮 学
    2015年電子情報通信学会ソサイエティ大会 2015年09月 口頭発表(一般) 東北大学,仙台市 電子情報通信学会
  • 大学スパコンとアカデミッククラウドの動向  [通常講演]
    大宮 学
    北大-産総研包括連携等事業ワークショップ2015 2015年02月 口頭発表(一般) 産総研臨海副都心センター,東京都 北海道大学情報基盤センター,産業技術総合研究所
  • FDTD法による電磁界解析での活用  [通常講演]
    大宮 学
    第一回名古屋大学情報基盤センターネットワーク型共同研究シンポジウム 2015年01月 口頭発表(一般) 名古屋大学,名古屋市 名古屋大学情報基盤センター
  • パラメータフリーGAに基づく自動最適設計の並列処理に関する比較検討  [通常講演]
    大谷 元, 山口将一, 前田祐史, 大宮 学
    平成26年度電気・情報関係学会北海道支部連合大会 2014年10月 口頭発表(一般) 北海道科学大学,札幌市
  • デュアルバンド無線LANシステムのオフィス環境複数階での屋内伝搬特性  [通常講演]
    趙 巍, 大宮 学
    平成26年度電気・情報関係学会北海道支部連合大会 2014年10月 口頭発表(一般) 北海道科学大学,札幌市
  • デュアルバンド無線LANシステムの屋内伝搬に関する大規模数値電磁界シミュレーション  [通常講演]
    大宮 学, 山口将一, 米澤 聡
    2014年電子情報通信学会ソサイエティ大会 2014年09月 口頭発表(一般) 徳島大学,徳島市 電子情報通信学会
  • パラメータフリーGAによるダイクロイックフィルタ自動最適設計の並列処理と速度向上度の関係  [通常講演]
    大谷 元, 山口将一, 前田祐史, 大宮 学
    2014年電子情報通信学会ソサイエティ大会 2014年09月 口頭発表(一般) 徳島大学,徳島市 電子情報通信学会
  • 大規模数値シミュレーションに基づくデュアルバンド無線LANシステムの屋内伝搬チャネル推定  [通常講演]
    大宮 学, 山口将一, 米澤 聡
    映像情報メディア学会2014年年次大会 2014年09月 口頭発表(一般) 大阪大学,大阪市 映像情報メディア学会
  • HPCに基づく高速・高精度屋内電波伝搬シミュレーション  [通常講演]
    大宮 学, 米澤 聡, 前田祐史
    2014年電子情報通信学会総合大会 2014年03月 口頭発表(一般) 新潟大学,新潟市 電子情報通信学会
  • アンテナ自動設計に適した染色体数可変GAの提案  [通常講演]
    村本 充, 古川真衣, 大島功三, 大宮 学
    平成25年度電気・情報関係学会北海道支部連合大会 2013年10月 口頭発表(一般) 室蘭工業大学,室蘭市
  • 染色体数可変GAによるアンテナ自動設計の基礎検討  [通常講演]
    古川真衣, 村本 充, 大島功三, 大宮 学
    平成25年度電気・情報関係学会北海道支部連合大会 2013年10月 口頭発表(一般) 室蘭工業大学,室蘭市
  • ダイクロイックフィルタの自動最適設計における遺伝的アルゴリズムの比較  [通常講演]
    前田祐史, 米澤 聡, 大宮 学
    平成25年度電気・情報関係学会北海道支部連合大会 2013年10月 口頭発表(一般) 室蘭工業大学,室蘭市
  • 遺伝的アルゴリズムを利用したダイクロイックフィルタの自動最適設計への並列処理の適用  [通常講演]
    山口将一, 前田祐史, 米澤 聡, 大宮 学
    平成25年度電気・情報関係学会北海道支部連合大会 2013年10月 口頭発表(一般) 室蘭工業大学,室蘭市
  • 什器を備えたオフィス環境における5GHz帯無線LANの屋内伝搬  [通常講演]
    米澤 聡, 前田祐史, 大宮 学
    平成25年度電気・情報関係学会北海道支部連合大会 2013年10月 口頭発表(一般) 室蘭工業大学,室蘭市
  • 什器を備えたオフィス環境における5GHz帯屋内伝搬特性  [通常講演]
    米澤 聡, 前田祐史, 大宮 学
    2013年電子情報通信学会ソサイエティ大会 2013年09月 口頭発表(一般) 福岡工業大学,北九州市 電子情報通信学会
  • 進化型計算に基づくダイクロイックフィルタの自動設計  [通常講演]
    前田祐史, 米澤 聡, 大宮 学
    2013年電子情報通信学会ソサイエティ大会 2013年09月 口頭発表(一般) 福岡工業大学,北九州市 電子情報通信学会
  • Jet-FDTDによる電磁界解析およびアンテナ設計  [通常講演]
    村本 充, 古川真衣, 大島功三, 高井悠稀, 大宮 学
    第62回理論応用力学講演会 2013年03月 口頭発表(基調)
  • オフィス環境における5GHz帯無線LANシステムの屋内伝搬特性推定  [通常講演]
    米澤 聡, 前田祐史, 大宮 学
    平成24年度電気・情報関係北海道支部連合大会 2012年10月 口頭発表(一般)
  • 開口面アンテナ用ダイクロイックフィルタの数値解析  [通常講演]
    前田祐史, 米澤 聡, 大宮 学
    平成24年度電気・情報関係北海道支部連合大会 2012年10月 口頭発表(一般)
  • 屋内伝搬特性推定のための大規模FDTD解析  [通常講演]
    大宮 学, 長谷川公嗣, 中津悠斗, 武野紘和, 米澤 聡, 前田祐史
    2012年電子情報通信学会ソサイエティ大会 2012年09月 口頭発表(招待・特別)
  • 大規模電磁界シミュレーションによる屋内電波伝搬特性推定  [通常講演]
    大宮 学, 長谷川公嗣, 中津悠斗, 武野紘和, 米澤 聡, 前田祐史
    日本計算工学会第17回計算工学講演会 2012年05月 口頭発表(一般)
  • ASNARO-RCMを用いたOCTA/cognacのパラメータサーベイの効率化に関する報告  [通常講演]
    萩田克己, 棟朝雅晴, 上島 豊, 大宮 学
    日本計算工学会第17回計算工学講演会 2012年05月 口頭発表(一般)
  • 2.4/5GHzデュアルバンド無線LANシステムの戸建住宅内伝搬特性  [通常講演]
    大宮 学, 長谷川公嗣, 武野紘和, 中津悠斗
    第10回北大シミュレーションサロン・ワークショップ 2012年02月 口頭発表(一般)

作品等

  • 大規模電界解析ソフトウエアJet FDTDの開発
    大宮 学  2008年03月 - 現在
  • 情報基盤センタースーパーコンピュータシステム「可視化道場~番外編・増補版~」
    大宮 学  2016年03月
  • 大規模電磁界解析システムJet FDTDユーザズマニュアル
    大宮 学  2015年03月
  • 情報基盤センタースーパーコンピュータシステム「可視化道場~番外編~」
    大宮 学  2014年03月
  • 北大スパコン活用ガイドブック
    大宮 学  2013年03月
  • MPIプログラミング・マスターコース
    大宮 学  2010年03月
  • 情報基盤センタースーパーコンピュータシステム「スパコン活用ガイド」
    大宮 学  2006年03月

その他活動・業績

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2019年04月 -2022年03月 
    代表者 : 大宮 学
  • 高速モバイルネットワーク構築のための高精度時空間電波伝搬モデルの基盤研究
    日本学術振興会:科学研究費助成事業
    研究期間 : 2013年04月 -2016年03月 
    代表者 : 大宮 学
  • 超高速・超広帯域モバイルネットワーク実現のための基盤研究
    日本学術振興会:科学研究費助成事業
    研究期間 : 2009年04月 -2012年03月 
    代表者 : 大宮 学
  • Development of a Large-scale Electromagnetics Simulator, Jet-FDTD
    研究期間 : 2010年
  • Estimation of indoor propagation characteristics of wireless LAN systems
    研究期間 : 2007年
  • Numerical analysis of indoor propagation characteristics of plane waves imping upon the room
    研究期間 : 2005年
  • 上下2枚の導体板をワイヤで接続したキャビティ付スロットアンテナの開発研究
    日本学術振興会:科学研究費助成事業
    研究期間 : 2000年04月 -2003年03月 
    代表者 : 大宮 学
  • ミリ波帯無線LAN用アンテナシステムの技術開発
    日本学術振興会:科学研究費助成事業
    研究期間 : 1999年04月 -2003年03月 
    代表者 : 伊藤精彦
  • マクスウェルの方程式に基づく時間領域解析手法を用いた電磁界現象解明に関する研究
    日本学術振興会:科学研究費助成事業
    研究期間 : 1996年04月 -1998年03月 
    代表者 : 大宮 学
  • 未利用周波数帯特にミリ波アンテナ技術に関する基礎研究
    日本学術振興会:科学研究費助成事業
    研究期間 : 1995年04月 -1998年03月 
    代表者 : 伊藤精彦
  • マイクロ波電力伝送システムにおける送受電能動アンテナの試験研究
    日本学術振興会:科学研究費助成事業
    研究期間 : 1994年04月 -1997年03月 
    代表者 : 伊藤精彦
  • 二次元スーパーレゾリューション法を用いた高分解能レーダイメージング
    日本学術振興会:科学研究費助成事業
    研究期間 : 1994年04月 -1996年03月 
    代表者 : 小川恭孝
  • Development and design of antennas by finite time domain technique
    研究期間 : 1996年
  • バッファリング機能を有する高速並列信号処理アダプティブアレーアンテナの開発研究
    日本学術振興会:科学研究費助成事業
    研究期間 : 1994年04月 -1995年03月 
    代表者 : 大宮 学
  • マルチパス信号環境適応型並列パイプライン信号処理アダプティブアンテナの開発研究
    日本学術振興会:科学研究費助成事業
    研究期間 : 1993年04月 -1994年03月 
    代表者 : 大宮 学
  • Space solar power satellite system
    研究期間 : 1994年
  • インテグレ-テッド・アンテナに関する基礎研究
    日本学術振興会:科学研究費助成事業
    研究期間 : 1987年04月 -1991年03月 
    代表者 : 伊藤精彦
  • 放送衛星を用いた時刻と周波数の精密遠隔比較システムの開発
    日本学術振興会:科学研究費助成事業
    研究期間 : 1984年04月 -1987年03月 
    代表者 : 小川恭孝

教育活動情報

主要な担当授業

  • ハイパフォーマンスコンピューティング特論
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 情報科学院
    キーワード : スーパーコンピュータ,計算機アーキテクチャ,並列処理,プログラムチューニング
  • 超高速計算機網工学特論
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 情報科学研究科
    キーワード : スーパーコンピュータ,計算機アーキテクチャ,並列処理,プログラムチューニング
  • ハイパフォーマンスコンピューティング特論
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 情報科学院
    キーワード : スーパーコンピュータ,計算機アーキテクチャ,並列処理,プログラムチューニング
  • 超高速計算機網工学特論
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 情報科学研究科
    キーワード : スーパーコンピュータ,計算機アーキテクチャ,並列処理,プログラムチューニング
  • 計算機プログラミングⅡ
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 工学部
    キーワード : 計算機プログラミング、C言語、ポインタ、構造体、データ構造

大学運営

委員歴

  • 2014年05月 - 現在   電子情報通信学会   無線電力伝送研究専門委員会顧問
  • 2011年01月 - 2020年12月   IEEE札幌支部   Student Activities委員会委員長
  • 2003年01月 - 2020年12月   IEEE札幌支部   理事
  • 1997年05月 - 2017年05月   映像情報メディア学会   放送技術研究専門委員会委員
  • 2001年05月 - 2014年05月   電子情報通信学会   宇宙太陽発電時限研究専門委員会委員   電子情報通信学会
  • 2007年05月 - 2009年05月   電子情報通信学会   北海道支部評議員   電子情報通信学会
  • 2005年05月 - 2009年05月   電子情報通信学会   マイクロ波研究専門委員会委員   電子情報通信学会
  • 1999年05月 - 2005年05月   電子情報通信学会   アンテナ・伝播研究専門委員会委員   電子情報通信学会


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.