研究者データベース

宮下 弥生(ミヤシタ ヤヨイ)
文学研究院 人文学部門 表現文化論分野
助教

基本情報

所属

  • 文学研究院 人文学部門 表現文化論分野

職名

  • 助教

学位

  • 修士(文学)(北海道大学)

J-Global ID

研究キーワード

  • 文学作品を言語学的に分析する   中英語   Shakespeare劇   Medieval English Literature   物語理論   Shakespeare   

研究分野

  • 人文・社会 / 英語学 / 認知言語学(比喩)
  • 人文・社会 / 英語学 / 中英語
  • 人文・社会 / 英文学、英語圏文学 / 物語理論
  • 人文・社会 / 英文学、英語圏文学 / シェイクスピア劇

所属学協会

  • 日本英語表現学会   日本シェイクスピア協会   日本英文学会   

研究活動情報

論文

  • ハムレット、復讐への道筋─深まる殺意の劇構造
    宮下 弥生
    北海道大学文学研究科紀要 153 23 - 49 2017年11月 [査読無し][通常論文]
  • ハーマイオニの蘇り
    宮下 弥生
    日本英文学会第89回大会Proceedings 125 - 125 2017年09月 [査読無し][通常論文]
  • 宮下 弥生
    北海道大学文学研究科紀要 141 35 - 79 2013年11月 [査読無し][通常論文]
     
    In this essay, I propose a paradigm which will explain Hamlet’s “tardiness” by analysing the conflict between Hamlet and Claudius. Revenge involves an inherent contradiction: to exact revenge prompted by a murder, one also must commit another murder. On the other hand, the play begins with the infected state of Denmark, aiming for its purgation, and the process should exclude the vicious nature of a murder. Thus, Hamlet must pursue revenge in this restricted circumstance. In the course of the play, the intention of Hamlet and Claudius to kill each other, and their fear of being killed, grows greater and more serious as the plot develops. T o examine the process, which gradually increases in gravity, gives a possible explanation for Hamlet’s “tardiness”.
  • 宮下 弥生
    英文學研究 支部統合号 4 37 - 47 2012年01月 [査読有り][通常論文]
     
    Shakespearean drama is composed mainly of the speeches of the characters and a small number of stage directions. But there runs a deeper stream of dramatic design underneath the apparent reflection of the characters' intentions, which gives his plays a meaningful substance. In this small essay, I shall examine how dramatic design works in Shakespeare's plays — in spite of the characters' intentions — through the handy, but very illustrative, example of Maria's letter and Malvolio's reaction to it. The gulling of Malvolio is one of the most exquisite coups de thèâtre in Shakespeare's plays, and has been a source of attraction for both actors and audience. It has rarely been noticed, however, that there is embedded in Maria's letter and Malvolio's reaction to it a very cunning system which engenders the audience's laughter. The aim of this essay is to lay bare this calculated system which is obscured by the forward movement of the scene.
  • 宮下弥生
    北海道大学文学研究科紀要 131 41 - 72 2010年07月 [査読無し][通常論文]
     
    There has been an argument about the strangeness of the denouement of Twelfth Night: the reunion of the twins is, for many people, much more moving than the coupling of the lovers, although the latter is the main theme of the play and should be properly focused at the finale. It seems to me that this problem of focus occurs from the change Shakespeare had made to the main source of the play, Barnaby Riche’s ‘Of Apolonius and Silla.’ In Twelfth Night, although the situations of Orsino and Olivia are presented beforehand in 1.1, the shipwreck and the separation of the twins is the crucial incident from which all the factors in the play begin to move towards the solution at the denouement. The shipwreck, which separates the twins, also opens the way to make the love triangle of Orsino, Olivia, and Viola, and this opening setting has a fundamental influence to the play’s whole structure and the intensity at the finale. In this essay I analyse how the two separate themes, the reunion of the twins and the pairing of the lovers, are interwoven in one single work in order to produce a tremendous effect at the finale.
  • 文学研究は何のため 49 - 73 2008年 [査読無し][招待有り]
  • 宮下弥生
    北海道大学文学部紀要 122 59 - 96 2007年 [査読無し][通常論文]
  • 宮下弥生
    『北海道大学文学研究科紀要』 117 89 - 108 2005年11月 [査読無し][通常論文]
  • 宮下弥生
    『北海道大学文学研究科紀要』 114 115 - 136 2004年11月 [査読無し][通常論文]
  • 『北海道大学文学研究科紀要』 第110号 113 - 128 2003年 [査読無し][通常論文]
  • 宮下弥生
    『北海道大学文学研究科紀要』 106 35 - 48 2002年01月 [査読無し][通常論文]
  • 時崎弥生
    『北海道大学文学部紀要』 47-2 99 - 124 1998年10月 [査読無し][通常論文]
  • 『近代英文学への招待─形而上派からモダニズムへ』<本田錦一郎編著>
    北星堂書店 1998年 [査読無し][招待有り]
  • 『北海道大学文学部紀要』 46 1 63 - 84 1997年 [査読無し][通常論文]
  • 北海道大学文学部紀要 第43-3号 75 - 95 1995年 [査読無し][通常論文]
  • クリセイデの心変わりと語り手の弁護
    宮下 弥生
    『主題と方法—イギリスとアメリカの文学を読む』〈平善介編] 3 - 15 1994年02月 [査読無し][招待有り]
  • "The Prologue to The Legend of Good Women" におけるdream visionと語りの方法
    宮下 弥生
    北海道英語英文学 36 1 - 12 1991年06月 [査読有り][通常論文]
  • Troilus and Criseydeのending に関して
    宮下 弥生
    北海道英語英文学 33 1 - 12 1988年06月 [査読有り][通常論文]

書籍

  • 鈴木, 幸人, 阿部, 嘉昭, 宮下, 弥生, 松嶌, 明男, 川口, 暁弘, La Fay, Michelle, 樽本, 英樹, 瀧本, 彩加, 近藤, 智彦 (担当:共著範囲:「ロミオ、この眠り薬、あなたのために飲みます」ー追い詰められるジュリエット、操作される私たちの心)
    北海道大学出版会 2018年06月 (ISBN: 9784832934023) ix, 279p
  • 長尾, 輝彦, 五十嵐, 博久, 宮下, 弥生, 佐々木, 和貴, 松崎, 慎也, 宮澤, 美惠子, 池田, 裕子, 及川, 陽子, 森岡, 伸, 滝口, 智子, 十枝内, 康隆, 鎌田, 禎子, 久保, 拓也, 熊谷, 由美子, 藤田, 佳也, 菅原, 美穂子, 松井, 美穂, 新関, 芳生, 山下, 興作, 板倉, 宏予, 西, 真木子, 沢辺, 裕子, 和氣, 久明 (担当:共著範囲:彫像の場に向けてー『冬物語』における罪から和解への計算)
    北海道大学出版会 2008年03月 (ISBN: 9784832966932) viii, 416p
  • 本田, 錦一郎, 池内, 靜司, 加藤, 芳子, 狐野, 利久, 滝口, 智子, 高松, 雄一, 時崎, 弥生, 長尾, 輝彦, 野口, 忠男, 橋本, 尚江, 橋本, 雄一, 福浦, 徳孝, 藤田, 佳也, 松崎, 慎也, 宮町, 誠一, 横川, 雄二 (担当:共著範囲:マンスフィールド「幸福」の結末について)
    北星堂書店 1998年09月 (ISBN: 4590010658) vii, 313p
  • 平, 善介, 時崎, 弥生, 佐々木, 和貴, 水野, 政勝, 本堂, 知彦, 亀廼井, 茂勝, 森泉, 弘次, 丸川, 桂子, 吉川, 弘一, 西川, 克之, 木村, 信一, 嶋, 茂幸, 滝口, 智子, 三村, 明, 森岡, 伸, 宮下, 雅年, 石堂, 哲也, 土永, 孝, 谷詰, 則子, 川上, 武志, 石田, 洋至, 簗田, 憲之, 伊藤, 章, 野坂, 政司 (担当:共著範囲:クリセイデの心変わりと語り手の弁護)
    北海道大学図書刊行会 1994年02月 (ISBN: 4832956019) vi, 352p

講演・口頭発表等

  • Hermioneの蘇り---Leontesの精神世界を描く  [通常講演]
    宮下 弥生
    日本英文学会北海道支部第61回大会 2016年10月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • Shakespeare劇
    研究期間 : 1995年
  • Shakespeare, Narrative Theory
    研究期間 : 1995年
  • 中世英文学
    研究期間 : 1985年
  • Medieval English Literature
    研究期間 : 1985年

教育活動情報

主要な担当授業

  • 言語文化比較論特別演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
    キーワード : シェイクスピア劇 『冬物語』
  • 言語文化論特別演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学院
    キーワード : シェイクスピア劇 『冬物語』
  • ヨーロッパ言語文化論
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
    キーワード : 中英語 G. チョーサー 『カンタベリー物語』
  • 歴史・文化モジュール特殊科目B
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 現代日本学プログラム課程
    キーワード : 中英語 G. チョーサー 『カンタベリー物語』
  • 芸術と文学
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : シェイクスピア劇 『マクベス』
  • 英語演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : シェイクスピア劇 『マクベス』

大学運営

社会貢献活動

  • 「ロミオ、この眠り薬、あなたのために飲みます」ー追い詰められるジュリエット、操作される私たちの心
    期間 : 2017年06月14日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 北海道大学文学研究科・文学部
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 公開講座「恋する人間」

メディア報道

  • シェイクスピア劇の仕掛け:「十二夜」の2人の女性
    報道 : 2010年09月
    執筆者 : 本人
    番組・新聞雑誌 : 北海道新聞
     新聞・雑誌


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.