研究者データベース

沢田 健(サワダ ケン)
理学研究院 地球惑星科学部門 地球惑星システム科学分野
教授

基本情報

所属

  • 理学研究院 地球惑星科学部門 地球惑星システム科学分野

職名

  • 教授

学位

  • 博士(理学)(名古屋大学)

ホームページURL

ORCID ID

J-Global ID

研究キーワード

  • 堆積物   古水温計   古植生   古生態   古生物化学   抵抗性高分子   ジオマクロ分子   古環境   分子化石   古気候学   生物地球化学   有機地球化学   バイオマーカー   有機堆積学   ケロジェン   微細藻類   古海洋学   

研究分野

  • 自然科学一般 / 固体地球科学
  • 自然科学一般 / 地球生命科学
  • ライフサイエンス / 生態学、環境学
  • 自然科学一般 / 宇宙惑星科学

職歴

  • 2020年 - 現在 北海道大学 大学院理学研究院 地球惑星科学部門 教授
  • 2015年 - 2020年 北海道大学 大学院理学研究院 地球惑星科学部門 准教授
  • 2013年 - 2015年 北海道大学 大学院理学研究院 自然史科学部門 准教授
  • 2006年 - 2012年 北海道大学 大学院理学研究院 自然史科学部門 講師
  • 2001年 - 2006年 北海道大学 大学院理学研究科 地球惑星科学専攻 講師
  • 1997年 - 2000年 筑波大学 化学系 準研究員
  • 1997年 - 2000年 1997- Researcher,1997-2000 Research Associate, Department of Chemistry, University of Tsukuba.

学歴

  • 1993年 - 1997年   名古屋大学   大学院理学研究科   博士課程
  •         - 1991年   信州大学   理学部   地質学科

所属学協会

  • 日本地球惑星科学連合   American Geophysical Union   日本有機地球化学会   日本地質学会   日本地球化学会   European Association of Organic Geochemists   日本古生物学会   The Japanese Association of Organic Geochemists   

研究活動情報

論文

  • Satoshi Furota, Ken Sawada, Gentaro Kawakami
    INTERNATIONAL JOURNAL OF COAL GEOLOGY 233 2021年01月 [査読有り]
     
    Occasionally, distinctive plant fragment (PF)-concentrated sandstone beds are found in the turbiditic sequence of the Miocene Kawabata Formation (Yubari, central Hokkaido, Japan) deposited in a foredeep basin. Sedimentological and organic geochemical analyses were carried out on the PF-concentrated sandstone bed to investigate the transport and depositional processes of the abundant PFs in the basin. The PF-concentrated sandstone bed was subdivided into lower and upper PF-concentrated layers based on their sedimentary structures. The lower layer contains chaotically dispersed PFs, and the upper layer is characterized by PF laminae. The dispersed PFs in the lower layer were likely deposited by rapid depositional processes such as freezing or rapid fall-out of suspended particles. The huge amount of PF deposition was confirmed by biomarker data such as sterane distributions and pristane/phytane ratios. The compositions of n-alkanes and diterpenoids in the PF-concentrated sandstone bed are distinct from those in the other sandstone and mudstone beds. These results imply that the terrigenous particles originated from specific terrestrial higher plants that were effectively transported and deposited, resulting in formation of the PF-concentrated sandstone bed. The distinctive sedimentary structures observed in the sequences could be attributed to a large flood discharge and the huge volume of PFs might have been transported directly from an upper reach of river and then reached the deep-sea basin by density flows, such as relatively concentrated hyperpycnal flows.
  • Kotaro Toyama, Adina Paytan, Ken Sawada, Takashi Hasegawa
    Chemical Geology 535 119454 - 119454 2020年03月 [査読有り][通常論文]
  • Ken Sawada, Makiko Ono, Hideto Nakamura, Shafi Mohammad Tareq
    Quaternary International 2020年03月 [査読有り][通常論文]
  • イベント堆積物中の環構造が減成されたトリテルペノイドのGC-MS解析
    朝日 啓泰, 沢田健
    Researches in Organic Geochemistry 35 55 - 72 2019年12月 [査読有り][通常論文]
  • Minoru Tsukagoshi, Ken Sawada, Shin‐ichi Akimoto
    Entomological Science 22 3 270 - 274 2019年09月 [査読有り][通常論文]
  • Reishi Takashima, Hiroshi Nishi, Toshiro Yamanaka, Yuji Orihashi, Yasuyuki Tsujino, Xavier Quidelleur, Keiichi Hayashi, Ken Sawada, Hideto Nakamura, Takuto Ando
    Newsletters on Stratigraphy 52 3 341 - 376 2019年06月 [査読有り][通常論文]
     
    © 2019 Gebrüder Borntraeger, Stuttgart, Germany. The Yezo Group, exposed in Hokkaido, northern Japan, is one of the few strata that recorded Cretaceous paleo-oceanographic changes in the Pacific Ocean. Although the group yields abundant marine macro- and microfossils, sporadic occurrences of age-diagnostic species in several stratigraphic intervals has prevented high-resolution international biostratigraphic correlation. The proposed integrated bio- and carbon isotope stratigraphy of the Yezo Group, which is exposed in northwest Hokkaido, enables high-resolution international stratigraphic correlation spanning from Upper Albian to Lower Campanian. The correlation of the present study identifies the detailed stratigraphic horizons of the Albian/Cenomanian, Cenomanian/ Turonian, Turonian/Coniacian, Coniacian/Santonian, and Santonian/Campanian boundaries, as well as the Late Cretaceous paleo-environmental events in the Yezo Group. The Yezo Group is also important in order to complement the chronometric age of the Cretaceous geologic time scale because the group includes numerous felsic tuffs. The U-Pb zircon ages of some of these tuffs, which are interbedded near the Albian/Cenomanian, Coniacian/Santonian and the Santonian/Campanian boundaries in the Yezo Group, are dated at 99.7±0.3 Ma (Quidelleur et al. 2011), 86.87±0.60/0.67 (internal/total error) Ma and 84.7±0.7/1.8 (internal/total error) Ma, respectively. These radiometric ages are consistent with the latest age model of the Cretaceous time scale.
  • Fahmida Parvin, Osamu Seki, Koji Fujita, Yoshinori Iizuka, Sumito Matoba, Takuto Ando, Ken Sawada
    Atmospheric Environment 196 86 - 94 2019年01月 [査読有り][通常論文]
     
    © 2018 The Authors We provide continuous records of biomass burning molecular tracers (levoglucosan and dehydroabietic acid) in a Greenland ice core collected from the Southeastern Dome (the SE-Dome ice core) over the past several decades to assess the paleoclimatic utility of these tracers in Greenland ice cores. An air mass backward-trajectory analysis indicates that eastern Canada is likely the primary source region of the biomass burning tracers. Comparisons of levoglucosan and dehydroabietic acid data in the SE-Dome ice core and area burned (vegetation fire) events in Canada suggests that the biomass burning tracers in the ice core document most of the pronounced biomass burning events in eastern Canada over the past several decades, confirming that analyses of biomass burning molecular tracers in Greenland ice cores are useful to reconstruct the frequency of significant biomass burning events in a local region. However, our study also highlights that the wind pattern when the biomass burning occurs is decisive for the registration of a biomass burning event in an ice core even though long-term changes in the wind regime associated with decadal-scale climate oscillations do not significantly influence the transport and deposition of biomass burning tracers on the Greenland ice sheet.
  • Eri Kitamura, Tomonori Kotajima, Ken Sawada, Iwane Suzuki, Yoshihiro Shiraiwa
    Scientific Reports 8 1 2196  2018年12月01日 [査読有り][通常論文]
     
    The cosmopolitan marine haptophyte alga Emiliania huxleyi accumulates very long-chain (C37-C40) alkyl ketones with two to four trans-type carbon-carbon double bonds (alkenones). These compounds are used as biomarkers of haptophytes and as palaeothermometers for estimating sea-surface temperatures in biogeochemistry. However, the biosynthetic pathway of alkenones in algal cells remains enigmatic, although it is well known that the C37 tri-unsaturated alkenone (K37:3) becomes dominant at low temperatures, either by desaturation of K37:2 or by a separate pathway involving the elongation of tri-unsaturated alkenone precursors. Here, we present experimental evidence regarding K37:3 synthesis. Using the well-known cosmopolitan alkenone producer E. huxleyi, we labelled K37:2 with 13C by incubating cells with 13C-bicarbonate in the light at 25 °C under conditions of little if any K37:3 production. After stabilisation of the 13C-K37:2 level by depleting 13C-bicarbonate from the medium, the temperature was suddenly reduced to 15 °C. The 13C-K37:2 level rapidly decreased, and the 13C-K37:3 level increased, whereas the total 13C-K37 level-namely [K37:2 + K37:3]-remained constant. These 13C-pulse-chase-like experimental results indicate that 13C-K37:2 is converted directly to 13C-K37:3 by a desaturation reaction that is promoted by a cold signal. This clear-cut experimental evidence is indicative of the existence of a cold-signal-triggered desaturation reaction in alkenone biosynthesis.
  • 池田 A. 雅志, 中村 英人, 沢田 健
    Researches in Organic Geochemistry 34 15 - 28 2018年12月 [査読有り][通常論文]
  • Ken Sawada, Takaaki Arai, Hideto Nakamura, Minoru Tsukagoshi
    Researches in Organic Geochemistry 34 37 - 45 2018年12月 [査読有り][通常論文]
  • Hiroya Araie, Hideto Nakamura, Jaime L. Toney, Heather A. Haig, Julien Plancq, Takashi Shiratori, Peter R. Leavitt, Osamu Seki, Ken-ichiro Ishida, Ken Sawada, Iwane Suzuki, Yoshihiro Shiraiwa
    Organic Geochemistry 121 89 - 103 2018年07月01日 [査読有り][通常論文]
     
    Alkenone-producing species have been recently found in diverse lacustrine environments, albeit with taxonomic information derived indirectly from environmental genomic techniques. In this study, we isolated alkenone-producing algal species from Canadian saline lakes and established unialgal cultures of individual strains to identify their taxonomical and molecular biological characteristics. Water and sediments collected from the lakes were first enriched in artificial seawater medium over a range of salinities (5–40 g/L) to cultivate taxa in vitro. Unialgal cultures of seven haptophyte strains were isolated and categorized in the Isochrysis clade using SSU and LSU rRNA gene analysis. The alkenone distributions within isolated strains were determined to be novel compared with other previously reported alkenone-producing haptophytes. While all strains produced the typical C37 and C38 range of isomers, one strain isolated from Canadian salt lakes also produced novel C41 and C42 alkenones that are temperature sensitive. In addition, we showed that all alkenone unsaturation indices (e.g., U37 K and U37 K′) are temperature-dependent in culture experiments, and that alkenoate indices (e.g., U37 A, U38 A, RIA38 and A37/A38) provide alternative options for temperature calibration based on these new lacustrine algal strains. Importantly, these indices show temperature dependence in culture experiments at temperatures below 10 °C, where traditional alkenone proxies were not as sensitive. We hypothesize that this suite of calibrations may be used for reconstructions of past water temperature in a broad range of lakes in the Canadian prairies.
  • Yaeko Igarashi, Tomohisa Irino, Ken Sawada, Lu Song, Satoshi Furota
    Global and Planetary Change 163 1 - 9 2018年04月01日 [査読有り][通常論文]
     
    We reconstructed fluctuations in the East Asian monsoon and vegetation in the Japan Sea region since the middle Pliocene based on pollen data obtained from sediments collected by the Integrated Ocean Drilling Program off the southwestern coast of northern Japan. Taxodiaceae conifers Metasequoia and Cryptomeria and Sciadopityacere conifer Sciadopitys are excellent indicators of a humid climate during the monsoon. The pollen temperature index (Tp) can be used as a proxy for relative air temperature. Based on changes in vegetation and reconstructed climate over a period of 4.3 Ma, we classified the sediment sequence into six pollen zones. From 4.3 to 3.8 Ma (Zone 1), the climate fluctuated between cool/moist and warm/moist climatic conditions. Vegetation changed between warm temperate mixed forest and cool temperate conifer forest. The Neogene type tree Carya recovered under a warm/moist climate. The period from 3.8 to 2.5 Ma (Zone 2) was characterized by increased Metasequoia pollen concentration. Warm temperate mixed forest vegetation developed under a cool/moist climate. The period from 2.5 to 2.2 Ma (Zone 3) was characterized by an abrupt increase in Metasequoia and/or Cryptomeria pollen and a decrease in warm broadleaf tree pollen, indicating a cool/humid climate. The Zone 4 period (2.2–1.7 Ma) was characterized by a decrease in Metasequoia and/or Cryptomeria pollen and an increase in cool temperate conifer Picea and Tsuga pollen, indicating a cool/moist climate. The period from 1.7 to 0.3 Ma (Zone 5) was characterized by orbital-scale climate fluctuations. Cycles of abrupt increases and decreases in Cryptomeria and Picea pollen and in Tp values indicated changes between warm/humid and cold/dry climates. The alpine fern Selaginella selaginoides appeared as of 1.6 Ma. Vegetation alternated among warm mixed, cool mixed, and cool temperate conifer forests. Zone 6 (0.3 Ma to present) was characterized by a decrease in Cryptomeria pollen. The warm temperate broadleaf forest and cool temperate conifer forest developed alternately under warm/moist and cold/dry climate. Zone 2 corresponded to a weak Tsushima Current breaking through the Tsushima Strait, and the beginning of orbital-scale climatic changes at 1.7 Ma during Zone 5 corresponded to the strong inflow of the Tsushima Current into the Japan Sea during interglacial periods (Gallagher et al., 2015).
  • 堆積岩およびスギ葉におけるフェノール性ジテルペノイドのGC/MS解析
    青柳治叡, 沢田 健
    Researches in Organic Geochemistry 33 17 - 27 2017年12月 [査読有り][通常論文]
  • Takuto Ando, Ken Sawada, Kazuki Okano, Reishi Takashima, Hiroshi Nishi
    ORGANIC GEOCHEMISTRY 106 13 - 24 2017年04月 [査読有り][通常論文]
     
    Desmethyl and A-ring methyl triaromatic (TA) steroids, including dinosteroids, were analyzed in the sediments deposited during the mid-Cretaceous oceanic anoxic events (OAEs) 1a (Goguel), 1b (Jacob, Kilian and Paquier) and 1d (Breistroffer) from the Vocontian Basin, SE France. These TA steroids were identified by GC-MS using non-polar (DB5-HT) and mid-polar (VF-200 ms) columns; their peaks are more clearly separated by the mid-polar column. The triaromatic dinosteroid indices (TADS and TADS') are defined as alternative indicators for reconstructing dinoflagellate production. In these relationships, the TADS' values tend to increase in the samples that have higher abundances of the co-eluted 3-methyl TA steroids. The TADS values are lower in the Goguel, Jacob and Kilian samples but increase in the Paquier and Breistroffer samples, and are especially consistently higher in the Paquier. These results suggest that dinoflagellates flourished under the stratified and eutrophic conditions in surface waters during the Paquier deposition (OAE1b). Moreover, an inverse correlation between the TADS and C-27 TA steroid (TAS) values is noticeable in the samples from the Kilian and Paquier deposits. Thus, the C-27 TA steroids in these sediments, which originated from C-28 sterols, may be primarily derived from an ecological competitor of dinoflagellates. We propose that their competitors are possibly coccolithophorids and/or prasinophyte algae. During the mid-Cretaceous hothouse period, coccolithophorids/prasinophytes had the potential to flourish under more oligotrophic conditions, whereas dinoflagellates were dominant as primary producers under eutrophic conditions. (C) 2017 Elsevier Ltd. All rights reserved.
  • 安藤 卓人, 沢田 健
    Researches in Organic Geochemistry 33 1 29 - 35 日本有機地球化学会 2017年 [査読有り][通常論文]
  • Takuto Ando, Ken Sawada, Hideto Nakamura, Keita Omatsu, Reishi Takashima, Hiroshi Nishi
    ISLAND ARC 26 1 e12178  2017年01月 [査読有り][通常論文]
     
    Biomarker analyses for evaluating maturity of organic matter and depositional environments such as redox conditions, were performed in sediments across the Cenomanian-Turonian boundary (CTB) in the Saku Formation of the Yezo Group distributed along the Shumarinai-gawa River and the Omagari-zawa River, both in the Tomamae area, Hokkaido, Japan. Maturity indicators using steranes and hopanes, show that organic matter in sediments from the Shumarinai-gawa and Omagari-zawa sections are of lower maturity than those from the Hakkin-gawa section (Oyubari area). Moreover, the beta beta hopane ratios clearly show that the maturity of the Shumarinai-gawa samples is lower than that of the Omagarizawa samples. These variations in the maturity of organic matter presumably reflect the difference in their burial histories. The results for the pristane/phytane (Pr/Ph) ratios suggest that the Shumarinai-gawa samples were deposited under dysoxic to anoxic environments across the CTB, while the depositional environments of the Omagari-zawa samples were relatively oxic. By another paleoredox indicator using C-35 homohopanoids including a homohopene index (HHenI), higher values are observed in the Shumarinai-gawa section, particularly in the horizons of the preceding period and an early stage of the first negative shift phase and the latest oceanic anoxic event 2 (OAE2) interval. These results suggest that the Shumarinai-gawa samples record dysoxic to anoxic environments across the CTB. In contrast, the signals for the C35 homohopanoid index values show a relatively oxic condition in the Omagari-zawa section. The trends of stratigraphic variations in redox conditions are different from those in the OAE2 interval in the proto-Atlantic and Tethys regions as reported previously. Hence, the redox variations in the Tomamae area were basically related to a local environmental setting rather than global anoxia. However, the prominent anoxic emphasis observed in the HHenI profile of the Shumarinai-gawa section can be a distinctive, and possibly global, event in the North-West Pacific just before the OAE2.
  • Satoshi Furota, Hideto Nakamura, Ken Sawada
    ORGANIC GEOCHEMISTRY 101 166 - 175 2016年11月 [査読有り][通常論文]
     
    Long-chain alkenones and related compounds were analyzed in Miocene and Pliocene sediments from the Gulf of Cadiz (GoC) in the eastern North Atlantic, which were obtained by Integrated Ocean Drilling Project (IODP) Expedition 339. Both GC and GC-MS analyses using non-and mid-polar columns were performed on the sediments. Isomeric cis-C-37 alkenones were identified along with common trans-C-37-C-39 alkenones. The use of a mid-polar column resulted in the complete separation of the trans-C-37 triunsaturated alkenone and the cis-C-37 di-unsaturated alkenone and thus contributed to a more precise estimation of the alkenone-based paleotemperature. The reconstructed SSTs range from 26 to 28 degrees C during ca. 6-3 Ma in the GoC. These variations are concordant with global climate change during the period, particularly the Pliocene Climatic Optimum and the onset of sustained ice sheet growth in the northern hemisphere. The concentrations of C-37-C-39 alkenones and the C-37/C-38 alkenone ratios are lower during the late Miocene to early Pliocene and increase after ca. 4.2 Ma, which corresponds to the taxonomic change of the plausible alkenone producers from the genus Reticulofenestra to genera Gephyrocapsa and Reticulofenestra. Moreover, a C-38 di-unsaturated alkene-2,36-dione was tentatively identified. Variations in the concentrations of a tentatively identified alkenedione are almost synchronous with those of other alkenones, and their relative abundances decrease after ca. 4.2 Ma. These results suggest that the alkenedione originated from the ancient alkenone producers such as the genus Reticulofenestra. (C) 2016 Elsevier Ltd. All rights reserved.
  • Hideto Nakamura, Ken Sawada, Hiroya Araie, Takashi Shiratori, Ken-ichiro Ishida, Iwane Suzuki, Yoshihiro Shiraiwa
    ORGANIC GEOCHEMISTRY 99 78 - 89 2016年09月 [査読有り][通常論文]
     
    We investigated the compositions of long chain alkenones and alkenoates in cultured strains of the marine haptophyte Tisochrysis lutea CCMP463 and T. lutea NIES-2590 (formerly classified as Isochrysis galbana). Both T. lutea strains grown at various temperatures of 15-35 degrees C could be characterized by the lack of tetraunsaturated alkenones and alkenoates in comparison with strains in other genera Isochrysis and Ruttnera, which are classified in the same family Isochrysidaceae and order Isochrysidales that contain alkenone-producing haptophytes. We found that T. lutea has a distinct alkenone response to temperature, which is characterized by high U37 -temperature sensitivity at 15-30 degrees C and continuing sensitivity at warm-end temperatures over 30 degrees C, where the other species fail to adapt. Both strains showed similar trends in alkenone compositions and alkenone unsaturation index temperature calibrations. In addition, both strains CCMP463 and NIES-2590 showed notably close phylogenetic relationships, even those that were collected from remote regions of the Atlantic Ocean, namely the Caribbean Sea and English Channel, where their habitats, particularly the sea surface temperature, are notably different. Considering previous published datasets, three genera, Isochrysis, Ruttnera and Tisochrysis, showed very different trends in the alkenone unsaturation index-temperature calibration. These results suggest that the lack of tetraunsaturated alkenones, warm-water oriented growth and the high sensitivity to growth temperature serve as distinct chemotaxonomic characteristics of T. lutea in the Isochrysidaceae family. (C) 2016 Elsevier Ltd. All rights reserved.
  • 舘下 雄輝, 沢田 健, 安藤 卓人, 池田 昌之
    Researches in Organic Geochemistry 32 2 55 - 66 日本有機地球化学会 2016年 [査読有り][通常論文]
  • Hideto Nakamura, Ken Sawada, Hiroya Araie, Iwane Suzuki, Yoshihiro Shiraiwa
    PHYTOCHEMISTRY 111 107 - 113 2015年03月 [査読有り][通常論文]
     
    The hydrocarbons in cultures of marine haptophytes Emiliania huxleyi NIES837 and Gephyrocapsa oceanica NIES1315 were analyzed, and nonacosadienes and hentriacontadienes were detected as the major compounds in both strains. C-29 and C-31 monoenes and di-, tri- and tetra-unsaturated C-33 alkenes were also detected as minor compounds but not C-37 and C-38 alkenes. The positions of the double bonds in the C-29 and C-31 alkenes were determined by mass spectrometry of their dimethyl disulfide (DMDS) adducts. Among the four C-29 alkenes identified, the most abundant isomer was 2,20-nonacosadiene, and the other three compounds were 1,20-nonacosadiene, 3,20-nonacosadiene and 9-nonacosene, respectively. Hitherto, 2,20-nonacosadiene and 3,20-nonacosadiene were unknown to be natural products. The double bond at the n-9 (omega 9) position in these C-29 alkenes is hypothesized to be derived from precursors of unsaturated fatty acids possessing an n-9 double bond, such as (9Z)-9-octadecenoic acid. Nonacosadienes have the potential for being used as distinct haptophyte biomarkers. (C) 2015 Elsevier Ltd. All rights reserved.
  • Shinya Yamamoto, Ken Sawada, Hideto Nakamura, Madoka Kobayashi, Kimitaka Kawamura
    ORGANIC GEOCHEMISTRY 76 62 - 71 2014年11月 [査読有り][通常論文]
     
    The stable carbon isotope ratio (delta C-13) values of sedimentary long chain (>C-20) n-alkanoic acids from the equatorial Pacific (IODP Sites U1331-1338) were measured for historical reconstruction of C-4 plant contribution from South America over the last 40 Ma. The values for C-30 and C-32 acids ranged between -36.9 parts per thousand and -25.4 parts per thousand, suggesting that they likely originated from higher plant wax associated with C-3-dominated vegetation. The molecular distribution of alkanoic acids in the sediments showed a marked change across the Intertropical Convergence Zone (ITCZ), indicating a potential contribution from the Northern Hemisphere to the sediments located at >10 degrees N. In contrast, the abundances of n-alkanoic acids significantly decreased in the sediments at <10 degrees N. The results suggest that the ITCZ may have acted as an effective barrier for the atmospheric transport of terrigenous biomarkers from the Northern Hemisphere, and the records presumably reflect the plant wax signal from the northern part of South America. The latitudinal variation in the delta C-13 values suggest that the differences in the core locations possibly caused north-and southward shifts of ca. -1.0 parts per thousand/degrees N and ca. +0.5 parts per thousand/degrees S from the equator, respectively. The corrected delta C-13 values of C-30 and C-32 acids did not cross the C-3 end member threshold until 1.7 Ma, despite the onset of C-4 plants in central South America at ca. 7 Ma. This implies that vegetation in the low latitudes of South America was less affected by hydrological changes induced by the uplift of the Andes during the late Miocene. (C) 2014 Elsevier Ltd. All rights reserved.
  • Osamu Seki, James A. Bendle, Naomi Harada, Madoka Kobayashi, Ken Sawada, Heiko Moossen, Gordon N. Inglis, Seiya Nagao, Tatsuhiko Sakamoto
    PROGRESS IN OCEANOGRAPHY 126 254 - 266 2014年08月 [査読有り][通常論文]
     
    We measured TEX86 indices in surface sediments and sediment cores from marginal seas and open ocean sites in the North Pacific to test the accuracy of TEX86 paleothermometry in the region. Application of the global core top TEX86L and TEX86H, calibrations in the Sea of Okhotsk and northern North Pacific sub-polar region results in over- and under-estimations of TEX86 derived SSTs in surface sediments in deep-ocean and coastal areas, respectively. Further challenges apparent in applying TEX86L and TEX86H in late Quaternary sediment cores from the Okhotsk Sea (MR06-04 PC7) and northwestern Pacific (MR00-K03 PC1) are unrealistically warm Holocene mean annual reconstructed temperatures (TEX86L) and excessively cold Glacial temperatures (TEX1,16), compared with other high-latitude records and climate models. Application of a calibration based on a sub-set of deep (<1000 m) core-top sites appears to improve temperature reconstructions in the Holocene, but still yields underestimation of SSTs (mean annual = -5 degrees C for TEX86H) in the Glacial period in the Okhotsk Sea core MR06-04 PC7. However, a regional comparison of Okhotsk Sea and sub-polar surface sediment TEX86L values with observational sea-water temperatures at different seasons and water depths reveals that an optimized positive correlation is obtained with summer sub-surface temperatures (August, 20 m depth). The unique hydrographic setting of the Okhotsk Sea region likely exerts a strong control on the ecology of GDGT producers (assumed to be primarily be marine Thaumarchaeota), resulting in highly season and depth specific export production and a distinct regional gradient in surface sediment TEX86 values. When our new regional TEX86L calibration is applied to the sediment cores, TEX86L, and alkenone U-37(K') temperature estimates overlap in the Holocene and TEX86L produces plausible LGM to Holocene temperature reconstructions. Our study provides a region specific calibration and confirms the importance of acquiring local calibration equations, to optimize TEX86 paleothermometry for specific regions and ocean basins. (C) 2014 Elsevier Ltd. All rights reserved.
  • Hideto Nakamura, Ken Sawada, Hiroya Araie, Iwane Suzuki, Yoshihiro Shiraiwa
    ORGANIC GEOCHEMISTRY 66 90 - 97 2014年01月 [査読有り][通常論文]
     
    The compositions of long chain alkenes, alkenones and alkenoates in a cultured strain of the haptophyte Chrysotila lamellosa CCMP1307, isolated from a salt marsh, were investigated. The biomarker patterns were distinctive and showed a high proportion of tetraunsaturated alkenones and alkenoates, with a pronounced proportion of C-40 alkenones and a lack of C-38 methyl and C-39 ethyl alkenones. Linear regression of the alkenone unsaturation degree (UK37K) with growth temperature (T) was obtained over the range of possible CCMP1307 growth temperature values (4-20 degrees C): UK37K = 0.045 x T (degrees C) - 1.016, (n = 13, r(2) 0.96), while the UK37K ' values were weakly correlated with T: UK37K ' = 0.0035T (degrees C) + 0.0511 (n = 18, r(2) 0.70). The UK37K calibration exhibited a low y-intercept in comparison with that of a Chinese inland lake strain reported previously. The data show significant intraspecific variation in UK37K for C. lamellosa between strains from different geographic origins. C. lamellosa CCMP1307 reproduced typical UK37K values observed in C-37:4 rich lakes, especially at lower temperature (< 15 degrees C). In addition, we identified C-29:2, C-31:1, C-31:2 and C-31:3 alkenes, and found that the unsaturation degree of C-31 alkenes (U-31(en)), calculated with C-31: 1 and C-31:2 alkenes, might also be a useful index of growth temperature for the haptophyte C. lamellosa. (C) 2013 Elsevier Ltd. All rights reserved.
  • Ken Sawada, Hideto Nakamura, Takaaki Arai, Minoru Tsukagoshi
    INTERNATIONAL JOURNAL OF COAL GEOLOGY 107 78 - 89 2013年03月 [査読有り][通常論文]
     
    We investigated terpenoid biomarkers in muds from lignite seams, clays from porcelain clay beds that slightly contain lignite, and from a conifer cone macrofossil from the Miocene Tokiguchi Porcelain Clay Formation of the Tokai Group in central Japan, as well as extant cones. The n-alkanes, n-alkanols (suberin origin), diterpenoids (conifer origin), hopanoids (bacteria origin) and steroids were mainly present in the lignite-containing muds and clays. On the other hand, the diterpenoids, triterpenoids (angiosperm origin), hopanoids and steroids were detected as major component in the conifer cone macrofossil. In addition, the diterpenoids were mainly detected in the extant conifer cones. The low hopane isomer ratios and the detection of biosterols are confirmed to be immature in the lignite, sediment and macrofossil in the formation. The stanol/sterol ratio values of the lignite-containing muds and clays are much higher than that of the macrofossil. The higher ratios in lignite-containing muds and clays are possibly attributed to enhanced microbial reduction of organic matter under reduced condition in the swampy environments. A large amount of angiosperm-derived triterpenoids detected in the conifer cone macrofossil are considered as contaminants in the sample from sedimentary organic particles originated from detrital waxes of angiosperms. Such contamination might occur by migration of organic compounds within sediment after deposition. The angiosperm-derived polar terpenoids may be hardly affected by contamination by migration of organic matter from the adjacent sediments because these are less abundant in the conifer macrofossil. Thus, it is suggested that the polar terpenoid biomarkers are more reliable as paleochemotaxonomic and paleovegetation indicators. (C) 2012 Elsevier B.V. All rights reserved.
  • Compositions of n-alkanes and n-alkanoic acids released by thermochemolysis with tetramethylammonium and trimethylsulfonium hydroxides of a type II kerogen
    Shuji Ogata, Yuma Miyata, Ken Sawada
    Researches in Organic Geochemistry 29 37 - 47 2013年 [査読有り][通常論文]
  • Ken Sawada, Kunio Kaiho, Kazuki Okano
    JOURNAL OF ASIAN EARTH SCIENCES 54-55 78 - 90 2012年08月 [査読有り][通常論文]
     
    Detailed fluorescent microscopic observations and organic geochemical analyses for insoluble sedimentary organic matter (kerogens) are conducted on the end-Permian to earliest Triassic sediments in the Meishan section A of South China. The main objectives of the present study are to reconstruct variations of marine and terrestrial environments, and to evaluate bulk characteristics of terrestrial input in the palaeo-Tethys ocean for the Permian-Triassic boundary (PTB). Most of kerogens in the Meishan section are mainly composed of marine algae-derived amorphous organic matter, while terrestrial plant-derived amorphous organic matter is remarkably dominant in the mass extinction horizon reported previously. The relative abundances of marine organic matter may vary depending on marine production rather than terrestrial input in the palaeo-Tethys associated with changing terrestrial vegetation. We also identified aromatic furans as major compounds in kerogen pyrolysate of all layers. It is possible that sources of aromatic furans with alkyl group, fungi and lichen, proliferated as disaster biota in terrestrial ecosystem through the PTB. Higher abundances of herbaceous organic matter are observed in the layers above the mass extinction horizon. However, the conifer biomarker retene can be identified in kerogen pyrolysates of all layers. These results imply that the productions of herbaceous plants increased as dominant pioneer biota in early stage of recovery for terrestrial ecosystem after its collapse, but also that woody plant potentially continued to be produced in land area throughout the end-Permian and earliest-Triassic. (C) 2012 Elsevier Ltd. All rights reserved.
  • Heiko Paelike, Mitchell W. Lyle, Hiroshi Nishi, Isabella Raffi, Andy Ridgwell, Kusali Gamage, Adam Klaus, Gary Acton, Louise Anderson, Jan Backman, Jack Baldauf, Catherine Beltran, Steven M. Bohaty, Paul Bown, William Busch, Jim E. T. Channell, Cecily O. J. Chun, Margaret Delaney, Pawan Dewangan, Tom Dunkley Jones, Kirsty M. Edgar, Helen Evans, Peter Fitch, Gavin L. Foster, Nikolaus Gussone, Hitoshi Hasegawa, Ed C. Hathorne, Hiroki Hayashi, Jens O. Herrle, Ann Holbourn, Steve Hovan, Kiseong Hyeong, Koichi Iijima, Takashi Ito, Shin-ichi Kamikuri, Katsunori Kimoto, Junichiro Kuroda, Lizette Leon-Rodriguez, Alberto Malinverno, Ted C. Moore, Brandon H. Murphy, Daniel P. Murphy, Hideto Nakamura, Kaoru Ogane, Christian Ohneiser, Carl Richter, Rebecca Robinson, Eelco J. Rohling, Oscar Romero, Ken Sawada, Howie Scher, Leah Schneider, Appy Sluijs, Hiroyuki Takata, Jun Tian, Akira Tsujimoto, Bridget S. Wade, Thomas Westerhold, Roy Wilkens, Trevor Williams, Paul A. Wilson, Yuhji Yamamoto, Shinya Yamamoto, Toshitsugu Yamazaki, Richard E. Zeebe
    NATURE 488 7413 609 - + 2012年08月 [査読有り][通常論文]
     
    Atmospheric carbon dioxide concentrations and climate are regulated on geological timescales by the balance between carbon input from volcanic and metamorphic outgassing and its removal by weathering feedbacks; these feedbacks involve the erosion of silicate rocks and organic-carbon-bearing rocks. The integrated effect of these processes is reflected in the calcium carbonate compensation depth, which is the oceanic depth at which calcium carbonate is dissolved. Here we present a carbonate accumulation record that covers the past 53 million years from a depth transect in the equatorial Pacific Ocean. The carbonate compensation depth tracks long-term ocean cooling, deepening from 3.0-3.5 kilometres during the early Cenozoic (approximately 55 million years ago) to 4.6 kilometres at present, consistent with an overall Cenozoic increase in weathering. We find large superimposed fluctuations in carbonate compensation depth during the middle and late Eocene. Using Earth system models, we identify changes in weathering and the mode of organic-carbon delivery as two key processes to explain these large-scale Eocene fluctuations of the carbonate compensation depth.
  • 堆積岩中におけるA環メチルステロイド(ステランおよび三芳香環ステラン)のGC/MS解析
    安藤卓人, 沢田 健
    Researches in Organic Geochemistry 28 31 - 41 2012年 [査読有り][通常論文]
  • Makiko Ono, Ken Sawada, Yoshihiro Shiraiwa, Masako Kubota
    GEOCHEMICAL JOURNAL 46 3 235 - 247 2012年 [査読有り][通常論文]
     
    A cultured strain of Isochrysis galbana UTEX LB 2307 was grown at 20 degrees C and 15 degrees C under salinity of 35 parts per thousand, 32 parts per thousand, 27 parts per thousand, 20 parts per thousand, and 15 parts per thousand, and analyzed for long chain (C-37-C-39) alkenones and (C-37-C-38) alkyl alkenoates. It was characterized by abundant C-37 alkenones and C-38 ethyl alkenoates (fatty acid ethyl ester: FAEEs) and a lack of C-38 methyl alkenones. There were no tetra-unsaturated (C-37:4) alkenones, which are frequently found in natural samples from low salinity waters. The alkenone unsaturation index (U-37(K')) did not vary in response to change in salinity at 15 degrees C. The alkenone unsaturation index (U-37(K')) clearly changed in response to change in salinity at 20 degrees C, but not at 15 degrees C, where algal growth was and was not limited by temperature at 15 degrees C and 20 degrees C, respectively. The U-37(K')-temperature calibration for I. galbana UTEX LB 2307 is quite different from those of E. huxleyi and another strain of I. galbana (CCMP1323), while is resemble to that reported for C. lamellosa isolated from a Chinese lake. Also, variation in the alkenone chain length ratio values (K-37/K-38) did not correlate with salinity. These results implied that a high abundance of tetra-unsaturated alkenone and high K-37/K-38 values might be attributed to a taxonomic factor rather than a physiological response to salinity change. Interestingly, our culture experiments showed that the ethyl alkenoates/alkenones ratio (EE/K-37) correlates with salinity. Hence, it is suggested that the EE/K-37 ratios are affected by the cellular and physiological factors against salinity condition in single haptophyte cells.
  • 骨化石中のコレステロールの炭素同位体組成を用いた海生哺乳類の古食性解析の研究
    新村龍也, 沢田健
    Researches in Organic Geochemistry 27 23 - 32 2011年 [査読有り][通常論文]
  • Hideto Nakamura, Ken Sawada, Masamichi Takahashi
    ORGANIC GEOCHEMISTRY 41 9 975 - 980 2010年09月 [査読有り][通常論文]
     
    The distributions of aliphatic and aromatic terpenoids in Cretaceous and Paleogene angiosperm fossils from Japan were investigated Aliphatic A ring-degraded oleanane, ursane and lupane were found in all samples In addition, aliphatic gymnosperm-derived diterpenoids were detected in significant quantities Aromatic oleanane-type triterpenoids were the major components, with ursane- and lupane-type triterpenoids being minor compounds in all angiosperm fossils. In a Cretaceous gymnosperm fossil, major components included aliphatic labdane-. isopimarane- and abietane-type diterpenoids, aromatic abietane-type diterpenoids, and chrysene- and picene-type polyaromatic hydrocarbons (PAHs) Trace amounts of oleanane-. ursane- and lupane-type triterpenoids were also identified It is likely that the aromatic triterpenoids were introduced to the gymnosperm fossil from the angiosperm-derived material in the sediments. We defined an angiosperm/gymnosperm index (al-AGI') as an alternative to the aliphatic triterpenoid/diterpenoid ratio proposed in the literature The al-AGI' index may underestimate the angiosperm contribution, because the aliphatic angiosperm-derived triterpenoids are more readily converted to aromatic counterparts than the ditemenoicls during diagenesis An aromatic angiosperm/gymnosperm index (ar-AGI) can be calculated using aromatic diterpenoids and triterpenoids We suggest that ar-AGI is best calculated using only the oleanane-, ursane- and lupane-type aromatic tnterpenoids, and that the chrysene- and picene-type PAHs be excluded (C) 2010 Elsevier Ltd All rights reserved.
  • Mitchell Lyle, Heiko Pälike, Hiroshi Nishi, Isabella Raffi, Kusali Gamage, Adam Klaus
    Scientific Drilling 9 9 4 - 15 2010年04月 [査読有り][通常論文]
  • 中村 英人, 沢田 健
    地球化学 44 4 205 - 219 一般社団法人日本地球化学会 2010年 [査読有り][通常論文]
     
    Terrestrial higher plant terpenoids (HPTs) occurring in ancient marine and lacustrine sediments, are more refractory and constitute a more highly diversified family of molecules than the other terrestrial higher plant biomarkers including wax compounds and lignin phenols. Therefore, this HPT biomarker can be plant biogeochemical and paleontological indicators. Triterpenes such as oleanane are derived from various biological triterpenoids synthesized by almost all angiosperms. Diterpenenes such as retene are originated from abietane-type diterpenoids, which are constituents of gymnosperm, especially conifer. In pimarane and phyllocladane type diterpenoids, their precursors, source plants, and diagenetic products have been partly known. In addition, sesquiterpenoids are derived from both angiosperm and gymnosperm biosynthesized compounds. Several researchers have suggested that the HPT distributions were useful as the paleovegetation proxies for reconstructing the relative abundance of angiosperm to gymnosperm (e.g. angiosperm/gymnosperm index; AGI). Moreover, we recently examinated applicability of the indicator for angiosperm/gymnosperm ratio by using the HPTs in ancient plant fossils. In this paper, we review such HPT biomarkers and their applicability and reliability of the indicator as plant chemotaxonomy and paleovegetation in the ancient sediments.
  • Change of the unsaturation degree of alkenones and alkenoates during acclimation to salinity change in Emiliania huxleyi and Gephyrocapsa oceanicawith reference to palaeosalinity indicator.
    Makiko Ono, Ken Sawada, Masako Kubota, Yoshihiro Shiraiwa
    Researches in Organic Geochemistry 25 53 - 60 2009年 [査読有り][通常論文]
  • K. Kaiho, Z. Q. Chen, K. Sawada
    AUSTRALIAN JOURNAL OF EARTH SCIENCES 56 6 799 - 808 2009年 [査読有り][通常論文]
     
    A 2-4 parts per thousand negative shift of 13C has been reported from many Permian/Triassic (P/Tr) boundary sections around the world. Our carbon isotopic measurements of bulk carbonate and organic matter from the Meishan section, South China show that a -3 parts per thousand shift of 13C spanned 30 ka over the end-Permian mass extinction. Carbon isotopic excursions (13Ccarb, 13Corg) coupled with 13C (=13Ccarb-13Corg), marine kerogen %, 87Sr/86Sr of siliciclastics and total organic carbon show geochemical signals underwent six geochemical variation zones (GVZ) over the P/Tr transition. Of these, GVZ 1 corresponds to the lower-middle parts of Bed 24e-1, GVZ 2 to the upper part of Bed 24e-1, GVZ 3 to Beds 24e-2, 24e-3, 25-2 and 25-2, GVZ 4 to Bed 25-3, GVZ 5 to Bed 26, and GVZ 6 to Beds 27-29. A -1 parts per thousand shift of 13C within 13 ka before the main extinction was probably generated by possible dissociation of methane hydrate by warming. Subsequent mixing of anoxic stratified ocean led to another-1 parts per thousand shift of 13C within 5 ka during the extinction. The-1 parts per thousand shift of 13C within 13 ka after the main extinction has probably resulted from massive denudation of soil and sediments caused by the collapse of forests and possible dissociation of methane hydrate at the end of the Permian. Furthermore, a dramatic drop of 13C values from 29-30 parts per thousand in Bed 24e-3 to 25 parts per thousand in Bed 25 indicates an abrupt proliferation of phototrophic sulfur bacteria immediately after the main episode of the end-Permian mass extinction. The 13C value increases to 29-30 parts per thousand in Bed 26 again, and this is probably due to massive denudation of soil and sediment caused by the collapse of forests between 0 and 27 ka after the main extinction, as revealed by negative shift of 13C. Low 13C value recorded in Beds 27-29 indicates that phototrophic sulfur bacteria may have thrived again and lasted more than 150 ka after the main extinction in the low-latitude Paleo-Tethys.
  • Ken Sawada, Takaaki Arai, Minoru Tsukagoshi
    ORGANIC GEOCHEMISTRY 39 8 919 - 923 2008年08月 [査読有り][通常論文]
     
    We investigated the products released by hydrolysis of the resistant macromolecules of fossil dry fruits of angiosperms (Liquidambar and Nyssa) from the Pliocene fluvial sediments of the Tokai Group (central Japan), as well as extant dry fruits of Liquidambar, with respect to examining the chemotaxonomic potential and diagenetic alteration of these macromolecules. The main compounds released were n-alkanols, alpha,omega-alkanediols, alkanoic acids, omega-hydroxy acids and alpha,omega-alkanedioic acids. The carbon number distributions of the n-alkanols, alpha,omega-alkanediols and alkanoic acids released are similar for the fossil and extant dry fruits; the n-alkanols, presumably derived from suberin, are well preserved in the plant fossils. in contrast, the carbon number distributions of the w-hydroxy acids and alpha,omega-alkanedioic acids are different, suggesting diagenetic alteration. Similarly, high abundances of low molecular weight n-alkanols from fossil Nyssa suggest diagenetic incorporation of bacterial lipids into the geomacromolecule. (c) 2008 Elsevier Ltd. All rights reserved.
  • Kazuki Okano, Ken Sawada, Reishi Takashima, Hiroshi Nishi, Hisatake Okada
    ORGANIC GEOCHEMISTRY 39 8 1088 - 1091 2008年08月 [査読有り][通常論文]
     
    Biomarker and total organic carbon (TOC) analyses were carried out on laminated black shales and massive marls from the Goguel level (OAE1a) and the Paquier and Kilian levels (OAE1b) of the Vocontian Basin of southeast France. TOC content was high (ca. 3-8%) throughout the Goguel, the Paquier and Kilian levels. Archaeal-derived hydrocarbons such as 2,6,15,19-tetramethylicosane (TMI) and 2,6,10,15,19-pentamethylicosane (PMI) were present in the OAE1b sediments, as reported previously [Kuypers, M.M.M., Blokker, P., Erbacher,J., Kinkel, H., Pancost, R.D., Schouten, S., Sinninghe Damste, J.S., 2001. Massive expansion of marine archaea during a mid-Cretaceous oceanic anoxic event. Science 293, 92-94]. However, we did not detect these archaeal biomarkers in the Goguel level, confirming that the prevalence of archaea producing TMI and PMI was restricted to OAE1b. (C) 2008 Elsevier Ltd. All rights reserved.
  • 堆積有機物に記録されたペルム紀/三畳紀境界の環境擾乱期における陸域生態系の荒廃.
    沢田健
    Researches in Organic Geochemistry 23 24/ 13 - 22 2008年 [査読有り][招待有り]
  • 有機地球化学からみた白亜紀中期、海洋無酸素事変1aおよび1bにおける古生態・古環境変動.
    岡野和貴, 沢田健
    Researches in Organic Geochemistry 23 24/ 23 - 32 2008年 [査読有り][通常論文]
  • Kazuki Okano, Ken Sawada
    GEOCHEMICAL JOURNAL 42 2 151 - 162 2008年 [査読有り][通常論文]
     
    Biomarker analyses of aliphatic and aromatic hydrocarbons were conducted on the upper and lower parts of individual mudstones in a turbiditic sequence of the Miocene Kawabata Formation, Yubari, central Hokkaido, Japan. The relative abundances of terrigenous biomarkers such as long-chain n-alkanes, C-29 steranes and oleanenes as well as biomarkers produced in coastal areas such as dinosteranes tend to be higher in the lower parts of mudstones than those of the upper ones in the turbiditic sequence. Also, pristane/phytaile ratios, which are proxies for depositional environment, significantly vary between the upper and lower parts of mudstones in the turbiditic sequence. These results suggest that these variations reflect the types and phases of transport and redeposition by turbidity systems rather than postdepositional diagenesis. Such heterogeneous distributions in most of biomarker compositions within the mudstone layers may lead to a severe bias for reconstructing paleoenvironment and paleoecology. Nevertheless, the higher plant parameters (HPPs) such as the retene/cadalene ratios are consistently homogenous within the mudstones. Moreover, paleovegetation reconstructed from HPPs are concordant with a previous paleobotanical study. Thus, it seems that these biomarker records in the turbidite sediments are reliable and strongly applicable for reconstructing terrestrial paleovegetation.
  • 中村 英人, 沢田 健
    Researches in Organic Geochemistry 22 0 31 - 42 日本有機地球化学会 2007年 [査読有り][通常論文]
     
    The chemical compositions of woody fossil fragments collected by picking manually and density centrifugation from sandstones of the Lower Cretaceous Yezo Group in Oyubari, central Hokkaido, Japan were analyzed by KOH/methanol hydrolysis (saponification) after solvent extraction. Organic compounds bound in macromolecules of the woody fragments with ester bonds, obtained by saponification, were mainly composed of short-chain (C14 to C18) fatty acids and series of n-alkanols ranging from C12 to C28 homologues. These ester bound constituents are attributed to moieties of polyester parts of selectively preserved resistant macromolecule like cutin or suberin. Even carbon-number predominance was observed in both compounds, which indicated that biological components were well preserved. The bound fatty acids showed similar distribution patterns among all samples, indicating that these moieties might have been altered by strong diagenetic processes. On the other hand, the distribution patterns of n-alkanols significantly varied. In particular, those of long-chain (>C20) n-alkanols varied possibly depending on plant taxonomy. Thus, we suggest that these parameters are strongly useful as molecular paleobiological indicators for chemotaxonomic analyses. Also, the distributions of short-chain n-alkanols and the ratios of short to long-chain homologues are presumably useful indicators for diagenesis, taphonomy and environment.
  • Ken Sawada
    ISLAND ARC 15 4 517 - 536 2006年12月 [査読有り][通常論文]
     
    Organic petrological observations of kerogen macerals and organic geochemical analyses of carbon isotopes of kerogen macerals and biomarkers were conducted on Neogene neritic sediments of the Takafu syncline area of central Japan. The Senmi, Sakainomiya and Lower Shigarami Formations in that area were deposited at the neritic provinces on the southern edge of the paleo-Japan Sea during the Late Miocene to Early Pliocene. Sedimentary organic matter in these formations was almost terrigenous in origin. Changes in kerogen maceral compositions reflect sedimentological and tectonic histories evaluated in previous studies from sedimentary facies and paleontology. It was found that carbon isotope ratios (delta C-13) of kerogen macerals increased from -28 parts per thousand to -25 parts per thousand from the Sakainomiya to the lower part of the Lower Shigarami Formations. The cause of that increase was presumably the expansion of C-4 plants into southwest Japan. The timing was concordant with that of the expansion of C-4 plant grasslands in East Asia. The oxicity (oxic to anoxic) conditions of sea bottoms evaluated from pristane/phytane ratios varied. Particularly, in the lower part of the Senmi Formation, layers in which no steroid biomarkers could be detected were found, and had presumably formed under oxic conditions when strong biodegradation had occurred. Concentrations of regular (C-27-C-29) steranes and dinosteranes were higher in the Sakainomiya and Lower Shigarami Formations. This indicates that dinoflagellates-dominant primary productions were higher at those stages. In addition, concentrations of diatomaceous biomarkers such as C-26 norsterane increased from the Lower Shigarami Formation, thus adding diatoms to the major producers. Furthermore, similar associations between the increases of delta C-13 values of kerogen macerals and concentrations of diatomaceous biomarkers were observed in the Takafu syncline area. Thus, the expansion of C-4 plants was possibly associated with the high production of diatom in the shallow-marine areas of the paleo-Japan Sea during the Neogene Period.
  • 堆積岩中の芳香族チオフェンおよび芳香族フランのGC/MS分析
    岡野和貴, 沢田健
    Researches in Organic Geochemistry 21 49 - 58 2006年 [査読有り][通常論文]
  • K Kaiho, ZQ Chen, T Ohashi, T Arinobu, K Sawada, BS Cramer
    PALAEOGEOGRAPHY PALAEOCLIMATOLOGY PALAEOECOLOGY 223 1-2 172 - 180 2005年07月 [査読有り][通常論文]
     
    Palaeozoic life was severely affected in a pair of mass extinction events at the beginning (earliest Lopingian, 260 million years ago) and the end (251 million years ago) of the Late Permian. However, the biological and geochemical record of the earliest Lopingian crisis remains poorly constrained. We present analyses of strata in South China showing that a negative anomaly of stable carbon isotope ratios accompanied an abrupt extinction of marine faunas at the beginning of the Late Permian, similar to patterns observed at the end-Permian and the end-Cretaceous (65 million years ago) extinction events. (c) 2005 Published by Elsevier B.V.
  • 堆積岩中のC27-C30五環性トリテルペノイドのGC/MS解析
    沢田健
    Researches in Organic Geochemistry 20 65 - 76 2005年 [査読有り][通常論文]
  • K Sawada, Y Shiraiwa
    PHYTOCHEMISTRY 65 9 1299 - 1307 2004年05月 [査読有り][通常論文]
     
    The lipid classes and unsaturation ratios of long-chain alkenones (nC(37)-C-39), related alkyl alkenoate compounds (nC(37)-C-38) and alkenoic acids (nC(14)-C-22) were determined in isolated membrane and organelle fractions of Emiliania huxleyi. The percentage distribution of these compounds was predominantly high in the endoplasmic reticulum (ER) and coccolith-producing compartment (CPC)-rich membrane fraction, although alkenones and alkenoates could be detected in all membrane fractions. In particular, the alkenones were mainly located in CPC, since their distribution was closely correlated with that of uronic acids which are markers of CPC. In contrast, the alkenoic acids seemed to be mainly located in chloroplast (thylakoid)-rich fractions. The alkenone unsaturation ratio and the ratio of alkenoates to alkenones were similar in all fractions, while the unsaturation ratio of alkenoic acids in the thylakoid-rich and plasma membrane (PM)/Golgi body-rich fractions was overwhelmingly higher than that in the ER/CPC-rich fractions. Thus, alkenoic acids seemed to be typical membrane-bound lipids, and could be closely related to photosynthesis and involved in regulating membrane fluidity and rigidity in E. huxleyi. It is presumed from these results that the alkenones and alkenoates were membrane-unbound lipids that might be associated with the function of CPC. (C) 2004 Elsevier Ltd. All rights reserved.
  • Suzuki, N, Saito, H, Sawada, K
    Proceedings of ODP Scientific Results 190 196 1 - 10 2004年 [査読有り][通常論文]
  • Ken Sawada
    Photo/Electrochemistry & Photobiology in Environment, Energy & Fuel 2004 149 - 164 2004年 [査読有り][招待有り]
  • Ken Sawada
    Photo/Electrochemistry & Photobiology in Environment Energy & Fuel, 2003 131 - 146 2003年 [査読有り][招待有り]
  • A Rosell-Mele, E Bard, KC Emeis, JO Grimalt, P Muller, R Schneider, Bouloubassi, I, B Epstein, K Fahl, A Fluegge, K Freeman, M Goni, U Guntner, D Hartz, S Hellebust, T Herbert, M Ikehara, R Ishiwatari, K Kawamura, F Kenig, J de Leeuw, S Lehman, L Mejanelle, N Ohkouchi, RD Pancost, C Pelejero, F Prahl, J Quinn, JF Rontani, F Rostek, J Rullkotter, J Sachs, T Blanz, K Sawada, D Schulz-Bull, E Sikes, C Sonzogni, Y Ternois, G Versteegh, JK Volkman, S Wakeham
    GEOCHEMISTRY GEOPHYSICS GEOSYSTEMS 2 2000GC141  2001年07月 [査読有り][通常論文]
     
    Measurements of the U-37(K') index and the absolute abundance of alkenones in marine sediments are increasingly used in paleoceanographic research as proxies of past sea surface temperature and haptophyte (mainly coccolith-bearing species) primary productivity, respectively. An important aspect of these studies is to be able to compare reliably data obtained by different laboratories from a wide variety of locations. Hence the intercomparability of data produced by the research community is essential. Here we report results from an anonymous interlaboratory comparison study involving 24 of the leading laboratories that carry out alkenone measurements worldwide. The majority of laboratories produce data that are intercomparable within the considered confidence limits. For the measurement of alkenone concentrations, however, there are systematic biases between laboratories, which might be related to the techniques employed to quantify the components. The maximum difference between any two laboratories for any two single measurements of U-37(K') in sediments is estimated, with a probability of 95% to be <2.1<degrees>C. In addition, the overall within-laboratory precision for the U-37(K') temperature estimates is estimated to be <1.6<degrees>C (95% probability). Similarly, from the analyses of alkenone concentrations the interlaboratory reproducibility is estimated at 32%, and the repeatability is estimated at 24%. The former is compared to a theoretical estimate of reproducibility and found to be excessively high. Hence there is certainly scope and a demonstrable need to improve reproducibility and repeatability of U-37(K') and especially alkenone quantification data across the community of scientists involved in alkenone research.
  • Joan O. Grimalt, Juergen Rullkoetter, Marie-Alexandrine Sicre, Roger Summons, John Farrington, H. Rodger Harvey, Miguel Goni, Ken Sawada
    GEOCHEMISTRY GEOPHYSICS GEOSYSTEMS 1 2000年11月 [査読有り][通常論文]
     
    The literature pertaining to C-37 alkenone and C-37 and C-38 alkenoate production and diagenesis has been reviewed and evaluated for issues that might jeopardize their usefulness in paleotemperature estimation. We also examined the use of the C-37 alkenones as paleoproductivity indicators, the stability of their delta C-13 isotopic compositions, and their incorporation into the nonsolvent extractable organic matter fraction. Biological transformation of organic matter by bacteria and zooplankton does not appear to cause significant changes to the ratio of C-37.2 and C-37:3 alkenones, but there are major alterations in the relative composition of alkenoates. Studies of water column processes and postdepositional sedimentary changes indicate overall stability in the C-37:2/(C-37:2 + C-37:3) ratio, leading to effective preservation of the paleotemperature signal. This is not the case for alkenoates, and there also appear to be some doubts about the dependence between sea surface temperature and the sedimentary abundance of the C-37:4 alkenone. C-37 alkenones may provide useful qualitative estimates of marine paleoproductivity. Although these compounds are apparently only derived from Haptophycea, changes in their quantitative composition might reflect changes in nutrient availability that on sedimentary timescales should also be generally significant of other algal species. One caveat is that in highly productive upwelling systems, productivity may be expressed mostly in diatom growth and thus not measurable by the C-37 alkenones. No changes in delta C-13 C-37 alkenone composition are observed upon zooplankton ingestion. Although this is expected from a theoretical perspective, further studies are encouraged in order to fully assess the stability of the isotopic signal during C-37 alkenone diagenesis. Finally, alkenones bound in the nonextractable fraction of sedimentary organics have not been adequately studied and further work is required to clarify any possible correspondence with a temperature signal.
  • Analyses of fatty acids and hydrocarbons of the rock excavated from the Inadaira archaeological site, Aomori Prefecture, Japan.
    Ken Sawada, Akira Shimoyama
    Researches in Organic Geochemistry 15 51 - 56 2000年 [査読有り][通常論文]
  • Productivity of Gephyrocapsacean algae revealed from long-chain alkenones and alkyl alkenoates in the northwestern Pacific off Japan.
    Ken Sawada, Hisatake Okada, Yoshihiro Shiraiwa, Nobuhiko Handa
    In: Dynamics and Characterization of marine organic matter (eds, N. Handa, E. Tanoue and T. Hama) TERRAPUB/Kluwer 187 - 211 2000年 [査読有り][通常論文]
  • J Hamanaka, K Sawada, E Tanoue
    ORGANIC GEOCHEMISTRY 31 11 1095 - 1102 2000年 [査読有り][通常論文]
     
    The production rates of C-37 alkenones in the euphotic zone of Sagami Bay, Japan Evert determined by the C-13-labeling technique in conjunction with gas chromatography-mass spectrometry. The maximum in the alkenone production rate (C-37:2 plus C-37:3 alkenones) was observed at 5 m depth and the specific production rate, calculated from the rate of production relative to standing stock in suspended particles, was 0.64 day(-1) at this depth. Temperature, based on the newly-produced alkenone unsaturation index (U-37(k)), was close to in situ temperatures at the depth where alkenones production was active. (C) 2000 Elsevier Science Ltd. All rights reserved.
  • Ken Sawada, Nobuhiko Handa
    NATURE 392 6676 592 - 595 1998年04月 [査読有り][通常論文]
     
    The Kuroshio current is the strong northwestern component of the subtropical North Pacific Ocean gyre, and advects a large amount of heat from the tropics to northern mid-latitudes, The Kuroshio has bimodal stationary now patterns, with small and large meander paths east of central Japan(1,2) which switch on annual and decadal timescales(3,4). These switches seem to be caused by changes in current velocity and volume transport of the North Equatorial Current that are associated with variations in the trade-wind intensity in the eastern equatorial North Pacific Ocean(5,6). Here we present alkenone-derived sea surface temperature records at multicentennial resolution from sediment cores from the Nishishichitou ridge off central Japan. These 25,000-year records show that the Kuroshio path has also fluctuated on millennial timescales, This variability resembles that of the subtropical high pressure of the North Pacific, reconstructed from terrestrial pollen distributions, water levels in North American lakes, and marine micropalaeontological records(7). Together, these data indicate that climate variability off central Japan over the past 25,000 years may be part of a circum-Pacific phenomenon, reflecting the rate of subtropical surface circulation in the North Pacific Ocean.
  • Ken Sawada, Nobuhiko Handa, Takeshi Nakatsuka
    MARINE CHEMISTRY 59 3-4 219 - 234 1998年01月 [査読有り][通常論文]
     
    Sinking particles collected from year-long time-series sediment traps at 1674, 4180, 5687 and 8688 m depths, the underlying bottom sediment at 9200 m depth, and suspended particles from surface and subsurface waters in the northwestern North Pacific off Japan were analyzed for long-chain alkenones and alkyl alkenoates (A&A) which are derived mainly from Gephyrocapsacean algae, especially Emiliania huxleyi and Gephyrocapsa oceanica. Alkenone temperature records in sediment trap samples at 1674 m were almost similar to observed sea surface temperatures (SST) with a time delay of one half to one full month. However, alkenone temperatures in trap samples were about slightly lower than measured SST in late spring to early fall. The lowering might be caused by formation of the seasonal thermocline. Nevertheless, these temperature drops observed in trap samples were smaller than those actually observed in a subsurface layer off central Japan. Vertical profiles of A&A concentrations and all;enone temperatures in suspended particles collected from the subsurface waters in early fall indicated that these compounds were produced mostly in a surface mixed layer above the depth of the chlorophyll maximum even in warm seasons. These results suggested that alkenone temperatures strongly reflected SST rather than the temperatures of thermocline waters in these study areas even in such a warm season. Pronounced maxima in A&A fluxes found in sediment trap samples at 1674 m in late spring to summer showed that A&A productions were highest during the periods of spring bloom, according to a time delay between alkenone temperatures and observed SST. Seasonal patterns of alkenone records in trap samples at 4180 and 5687 m could also preserve SST signals well, suggesting that A&A in deep sea waters were mainly derived from primary products in the surface layer. A&A fluxes tended to decrease with water depth, and the ratios of A&A to particulate organic carbon (POC) rapidly decreased in underlying bottom sediment. This clearly indicates that A&A were decomposed and diluted by other refractory organic materials in either the water column or the sediment-water interface. However, A&A compositions were consistently uniform between the trap samples and the underlying bottom sediments, so that A&A could not qualitatively alter during early diagenetic processes. (C) 1998 Elsevier Science B.V.
  • K Sawada, N Handa, Y Shiraiwa, A Danbara, S Montani
    ORGANIC GEOCHEMISTRY 24 8-9 751 - 764 1996年08月 [査読有り][通常論文]
     
    Long-chain (n C-37-C-39) alkenones and (n C-37-C-38) alkyl alkenoates in marine sediments are derived mainly from two marine coccolithophorids, Emiliania huxleyi and Gephyrocapsa oceanica. Laboratory cultured strains of E. huxleyi (strain EH2) and G. oceanica (strain GO1), isolated from the Great Barrier Reef and Mutsu Bay in northern Japan (41 degrees N, 141 degrees E), respectively, were cultured at 10 degrees C, 15 degrees C, 20 degrees C, 22 degrees C, 25 degrees C, 28 degrees C and analyzed for C-37 to C-39 alkenones, C-36 methyl alkenoate (FAME) and C-36 ethyl alkenoate (FAEE). Results obtained indicated significant differences in the alkenone and alkyl alkenoate profiles between these two algal species. The ratios of FAEE to C-37 alkenones (EE/K37) and C-38 alkenones (EE/K38) in G. oceanica were higher than those ill E. huxleyi and, for both algal species, these ratios showed strong negative nonlinear exponential correlations when plotted against the unsaturation index of C-37 alkenones (U-37(k)). Using fitted equations for these relationships, the relative abundance of E. huxleyi and G. oceanica in the sediment samples from the northwest North Pacific and the coastal and inland waters of Japan were estimated and compared with direct microscopic determinations. E. huxleyi comprised more than 80% of the sedimentary coccolith assemblage in the open ocean, whereas G. oceanica was exclusively dominant in the inland waters. These results almost agreed with microscopic counts of these coccoliths occurring in the sediment samples. In the light of these findings, we suggest that there is a possibility that the relative abundance of E. huxleyi and G. oceanica in sediments may be estimated using nonlinear exponential calibrations based on EE/K37 to U-37(k) and EE/K38 to U-37(k) regressions. Copyright (C) 1996 Elsevier Science Ltd
  • 堆積物中の長鎖アルケノン、アルキルアルケノエイトによる円石藻群集組成の復元の試み:培養実験からのアプローチ.
    沢田健, 半田暢彦, 白岩善博, 壇原明子
    Researches in Organic Geochemistry 10 21 - 26 1995年 [査読有り][通常論文]
  • 顕微FT-IRによる原生代微化石の検討.
    秋山雅彦, 沢田健, A. H. Knoll
    Researches in Organic Geochemistry 9 7 - 9 1994年 [査読有り][通常論文]
  • 沢田健, 秋山雅彦
    石油技術協会誌 59 3 244 - 255 1994年 [査読有り][通常論文]
  • 沢田健, 有田陽子, 中村俊夫, 秋山雅彦, 亀井節夫, 中井信之
    地球科学 46 133 - 142 1992年 [査読有り][通常論文]

書籍

  • 北海道大学自然科学実験編集委員会 編 自然科学実験
    沢田健 (担当:分担執筆範囲:地球惑星科学系実験 堆積物からさぐる地球の環境.pp.166-175)
    学術図書出版社 2016年
  • 藻類ハンドブック
    沢田 健 (担当:分担執筆範囲:第1編 藻類の基礎 第2章 代謝と物質 1 エネルギーと物質代謝 10 アルケノン)
    エヌ・ティー・エス 2012年 (ISBN: 9784864690027) 824 196-201
  • 地球惑星科学入門
    北海道大学出版会 2010年
  • 地球と生命の進化学
    沢田健, 綿貫豊, 西弘嗣, 栃内新, 馬渡峻輔 (担当:編者(編著者))
    北海道大学出版会 2008年 (ISBN: 9784832981836) 272
  • 地球の変動と生物進化
    沢田健, 綿貫豊, 西弘嗣, 栃内新, 馬渡峻輔 (担当:編者(編著者))
    北海道大学出版会 2008年 (ISBN: 9784832981843) 300

講演・口頭発表等

  • 池田雅志, 沢田健, 安藤卓人, 中村英人, 高嶋礼詩, 西弘嗣
    日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web) 2019年
  • 池田 雅志, 沢田 健, 安藤 卓人, 中村 英人, 高嶋 礼詩, 西 弘嗣
    日本地質学会学術大会講演要旨 2018年09月 一般社団法人 日本地質学会
  • 安藤卓人, 沢田健
    日本地質学会学術大会講演要旨 2018年09月
  • 服部由季, 沢田健, 安藤卓人, 中村英人, 廣瀬孝太郎
    日本地質学会学術大会講演要旨 2018年09月
  • 池田雅志, 沢田健, 安藤卓人, 中村英人, 高嶋礼詩, 西弘嗣
    日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web) 2018年
  • 服部由季, 沢田健, 安藤卓人, 中村英人, 廣瀬孝太郎
    日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web) 2018年
  • 安藤卓人, 沢田健
    日本古生物学会例会講演予稿集 2017年01月
  • 安藤 卓人, 沢田 健, 高嶋 礼詩, 西 弘嗣
    日本地質学会学術大会講演要旨 2017年 一般社団法人 日本地質学会
  • 舘下 雄輝, 沢田 健, 安藤 卓人, 中村 英人, 林 圭一
    日本地質学会学術大会講演要旨 2017年 一般社団法人 日本地質学会
  • 中村 英人, 安藤 卓人, 廣瀬 孝太郎, 浅岡 聡, 沢田 健
    日本地球化学会年会要旨集 2017年 一般社団法人日本地球化学会
     

    瀬戸内海は日本最大の閉鎖性海域であり、その東部には流入量の大きい河川が多い。沿岸域における物質輸送と生物生産が堆積物中の生物源有機分子組成にどのように記録されるのかを理解するため、瀬戸内海の表層堆積物中の藻類バイオマーカーの分析を行った。真正眼点藻に由来する長鎖アルキルジオールに占める C32 ジオールの割合は、淀川水系で顕著に高く、大阪湾の湾奥部から紀伊水道にかけて低下した。淀川水系でC32ジオールが卓越することから、C32ジオールの割合は、沿岸域における河川水流入指標となることが示唆された。ステロール組成に占める渦鞭毛藻由来ステロイドの割合は瀬戸内海、太平洋黒潮域、淀川水系 の順に高く、沿岸域で渦鞭毛藻生産が盛んであることが示唆された。陸水から外洋にかけての複数の藻類バイオマーカーの分布パターンと沿岸域の環境の対応関係から、藻類バイオマーカーの環境指標としての特徴を議論する。

  • 舘下 雄輝, 沢田 健, 宮田 遊磨, 中村 英人, 林 圭一
    日本地球化学会年会要旨集 2017年 一般社団法人日本地球化学会
     

    白亜紀のような温室期における陸域の環境・生態系を復元することは、温暖化環境での陸域の長時間スケールの応答を理解する上で重要である。本研究では、北海道中南部に分布する白亜系蝦夷層群函淵層で見られる石炭層を対象にバイオマーカー分析を行い、陸上古環境の復元・解析を試みた。酸性環境の泥炭地に特徴的なC31αβ-ホモホパンが卓越して検出された。また、αβ-ホパンのC31/C30比とn-アルカンのACLとの間に相関関係がみられたことから、環境の変化に植生が応答していたことが示唆される。裸子植物由来のジテルペノイドでは、2-メチルレテンおよびその前駆物質であると考えられるシモネライトが卓越して検出された。石炭層毎のレテン/シモネライト比の変化は、裸子植物種の寄与を反映している可能性がある。n-アルカンが植物相全体の成分を反映する一方、ジテルペノイドは森林植生の成分を強く反映している可能性がある。

  • 安藤卓人, 沢田健
    日本地球化学会年会要旨集(Web) 2017年
  • 新家弘也, 中村英人, 沢田健, HAIG H, TONEY J, LEAVIT P, 鈴木石根, 白岩善博
    マリンバイオテクノロジー学会大会講演要旨集 2016年05月
  • 廣瀬孝太郎, 中村英人, 安藤卓人, 浅岡聡, 沢田健
    日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web) 2016年
  • 中村 英人, 安藤 卓人, 廣瀬 孝太郎, 浅岡 聡, 沢田 健
    日本地球化学会年会要旨集 2016年 一般社団法人日本地球化学会
     

    海洋堆積物中の長鎖アルキルジオールはC28、C30が卓越し、C32 アルカン-1,15-ジオールが長鎖アルキルジオールに占める割合が高い事例は湖沼堆積物や淡水・陸上から単離された真正眼点藻の培養試料などに限られていて、沿岸~河口域におけるジオール組成の検討によりC32 アルカン-1,15-ジオール (C32 1,15-ジオール)が河川流入指標となる可能性が指摘されている。本研究では半閉鎖的海域で流入河川の多い瀬戸内海東部の大阪湾・播磨灘の表層堆積物中の長鎖アルキルジオール分析を行い、瀬戸内海の広い範囲でC321,15-ジオールが太平洋よりも高い割合で含まれることが明らかになった。大阪湾奥部から紀伊水道にかけてのC32 1,15-ジオール割合の変化が瀬戸内海において河川流入指標として妥当であるのか、観測データや異なる起源をもつバイオマーカー組成と比較して議論する。

  • 安藤卓人, 沢田健, 高嶋礼詩, 西弘嗣
    日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web) 2016年
  • 安藤 卓人, 沢田 健, 高嶋 礼詩, 西 弘嗣
    日本地球化学会年会要旨集 2015年 一般社団法人日本地球化学会
     
    堆積岩中に普遍的に存在する三芳香環ステロイドを始めとした三芳香環ステロイドの同定を詳細に検討し,それらを用いた指標から海洋基礎生産者群集を復元した結果を報告する。<br><br>南東フランス・ボコンティアン堆積盆の白亜系海洋無酸素事変層準と北海道大夕張地域と苫前地域の白亜系蝦夷層群から採取した堆積岩試料を用い,GC-MSを用いて芳香族ステロイドの分析を行なった。三芳香環ステロイドの分離と同定は2種類の極性と長さの異なるカラムを用いることで可能にした。三芳香環ジノステロイドを用いたTADS(渦鞭毛藻指標)とC<SUB>27</SUB> TAS(円石藻指標)を提案した。南東フランス試料では白亜紀における円石藻と渦鞭毛藻の競争関係とOAE極相期の富栄養で成層化した海洋における渦鞭毛藻の繁茂が示された。一方で北海道試料からは,現在同様に沿岸に近い海洋表層において渦鞭毛藻の生産性が高かったことが示唆された。
  • 安藤 卓人, 沢田 健, 中村 英人, 宮田 遊磨, 尾松 圭太, 高嶋 礼詩, 西 弘嗣
    日本地質学会学術大会講演要旨 2015年 一般社団法人 日本地質学会
  • 安藤 卓人, 沢田 健, 高嶋 礼詩, 西 弘嗣
    日本地質学会学術大会講演要旨 2015年 一般社団法人 日本地質学会
  • 中村英人, 竹田真由美, 沢田健, 高野淑識
    日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web) 2015年
  • 宮田遊磨, 沢田健, 池田慧, 中村英人, 高橋正道
    日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web) 2015年
  • 中村 英人, 沢田 健, 新家 弘也, 鈴木 石根, 白岩 善博
    日本地球化学会年会要旨集 2015年 一般社団法人日本地球化学会
     
    湖沼のアルケノン生産種として Isochrysidaceae 科の Ruttnera 属, Isochrysis 属, Tisochrysis 属に近縁の遺伝子配列が報告されている。Tisochrysis 属のアルケノン不飽和度-水温換算式を求めるために T. lutea CCMP463 株および NIES2590 株の培養実験を行ったところ、これらの株は 15℃-35°C でよく増殖し、4不飽和アルケノンを合成せず、2不飽和アルケノンと3不飽和アルケノンの比を大きく変化させて水温に応答することが明らかになった。本研究で得られた T. lutea の換算式は沿岸や湖沼の古水温復元に必要なアルケノン生産種の系統と水温換算式の対応関係に新たなバリエーションを与える。
  • 宮田 遊磨, 沢田 健, 中村 英人
    日本地球化学会年会要旨集 2015年 一般社団法人日本地球化学会
     
    陸上植物が持つ抵抗性高分子はその構造や構成するモノマーの組成が植物の種類や器官、生育環境によって変化することが知られている。植物化石を構成する高分子の脂肪族部分は主にクチンを含む表皮組織が選択的に保存されたものだと考えられている。化石高分子を構成するアルキル脂質の組成を調べることで、化石の分類や堆積環境、生育した当時の古環境に関する情報が得られる可能性がある。しかし、植物生体が持つクチン酸の組成が化石高分子にどのように反映されているのかは不明瞭である。本研究では、植物の表皮を構成する脂質がどのように保存・分解され化石高分子のアルキル脂質組成に反映されているのかを理解するため現生植物の葉の組織を用い加熱実験を行った。加熱実験により、一部の試料では難分解性のクチンよりもむしろワックスに由来するアルキル脂質のほうが加水分解性および非加水分解性の高分子成分として保存されていることが明らかになった。
  • 宮田 遊磨, 沢田 健, 池田 慧, 中村 英人, 高橋 正道
    日本地質学会学術大会講演要旨 2015年 一般社団法人 日本地質学会
  • 安藤卓人, 沢田健, 高嶋礼詩, 西弘嗣
    日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web) 2015年
  • 安藤 卓人, 沢田 健, 高嶋 礼詩, 西 弘嗣
    日本地球化学会年会要旨集 2014年 一般社団法人日本地球化学会
     
    北海道苫前地域の蝦夷層群堆積岩は低熟成で有機物の保存状態が良いが,このような低熟成な堆積岩と南東フランスVocontian堆積盆CTB層準の堆積岩から,藻類や陸上植物に由来する易分解性のトコフェロール(ビタミンE)を検出したので報告する。比較的低熟成なThomel層準の黒色頁岩試料,朱鞠内沢・大曲沢川の苫前地域試料の極性画分において,トコフェロール類が検出され,高熟成な大夕張地域白金沢試料からは全く検出されなかった。Thomel層準と大曲沢川ほとんどの試料でδ体が50%以上占め,朱鞠内沢試料ではα体が6~39%と比較的多く検出された。より低熟成な朱鞠内沢試料中においては,α体の分解が進んでおらず,組成の違いが生じた可能性がある。一方,各層準内での組成の変動については,堆積時のトコフェロール組成の違いを反映していると考えられる。
  • 安藤 卓人, 沢田 健, 高嶋 礼詩, 西 弘嗣
    日本地質学会学術大会講演要旨 2014年 一般社団法人 日本地質学会
  • 中村 英人, 沢田 健, 安藤 卓人, 高嶋 礼詩, 西 弘嗣
    日本地質学会学術大会講演要旨 2014年 一般社団法人 日本地質学会
  • 安藤 卓人, 中村 英人, 沢田 健, 高嶋 礼詩, 西 弘嗣
    日本地質学会学術大会講演要旨 2014年 一般社団法人 日本地質学会
  • 中村 英人, 沢田 健, 新家 弘也, 鈴木 石根, 白岩 善博
    日本地球化学会年会要旨集 2014年 一般社団法人日本地球化学会
     
    陸水のアルケノン生産種を含むグループであるハプト藻イソクリシス目(Isochrysidaceae) のアルケノン組成と系統の関係を明らかにするため、培養株7株の LSU rDNA 塩基配列を決定して分子系統解析を行い、これらの株のアルケノン組成を比較した。培養株は Tisochrysis Isochrysis に分類され、Tisochrysis の株は、4不飽和アルケノンをほとんど持たない点が共通していた。一方で、Isochrysis のうち2株は4不飽和アルケノンを顕著に含み(%37:4 > 5)、2不飽和アルケノンの割合が少なかった。これらの特徴は先行研究のデータを加えても調和的であり、Tisochrysis Isochrysis をよく区別する化学分類学的特徴である可能性が示唆された。
  • 阿部 涼平, 沢田 健, 中村 英人, 新家 弘也, 鈴木 石根, 白岩 善博
    日本地球化学会年会要旨集 2014年 一般社団法人日本地球化学会
     
    アルケノン合成種であるハプト藻の乾燥粉末を真空下で加熱すると、アルケノンの熱分解により生成されると考えられる炭化水素が生成されたことから、ハプト藻のバイオ燃料への応用が検討されている。E. huxleyiの培養試料の熱分解実験により、ハプト藻が合成する脂質の分解過程を検討し、バイオ燃料生産への応用を検討した。E. huxleyiの細胞試料は、加熱処理時間に伴いアルケノンが減少し、48時間以上では消失した。アルケノン粉末のみの場合、構造変化により多くの分子量の等しい異性体が検出された。モンモリロナイト添加実験では、C13~C21アルカンが主要成分として検出され、粘土鉱物の触媒効果によりアルケノンのクラッキング反応が促進されることを示した。ハプト藻脂質の炭化水素への熱分解効率を粘土鉱物の添加で促進できることを証明し、バイオ燃料生産における有用な方法を提案する。
  • 阿部 涼平, 沢田 健, 中村 英人, 新家 弘也, 鈴木 石根, 白岩 善博
    日本地質学会学術大会講演要旨 2014年 一般社団法人 日本地質学会
  • 宮田 遊磨, 沢田 健, 中村 英人, 高橋 正道
    日本地球化学会年会要旨集 2014年 一般社団法人日本地球化学会
     
    陸上高等植物はクチンやスベリン、リグニンといった特殊な抵抗性高分子を発達させてきた。これらの抵抗性高分子はその構造や構成するモノマーの組成が植物の種類や器官、成長段階などによって異なることが知られている。本研究では、白亜紀の植物組織の化石を用いアルカリ加水分解性脂質を分析し、古代堆積物中における抵抗性高分子の保存過程やその構成分子組成による化学分類を検討した。試料は白亜紀コニアシアンの双葉層群芦沢層から産出した小型化石を用いた。試料は遊離態成分を抽出後、その残渣をKOH/メタノールでアルカリ加水分解を行った。分解抽出された成分をGC/MSで分析・定量した。一部の非炭化試料からは典型的なクチン酸が顕著に検出され、白亜紀のような古代堆積物においても生体が持つクチン酸がよく保存されることがわかった。クチン酸の異性体組成は現生の植物を使った研究とも調和的であり、白亜紀の植物化石においても強力な化学分類指標として応用可能であることが立証された。
  • 宮田 遊磨, 中村 英人, 沢田 健, 高橋 正道
    日本地質学会学術大会講演要旨 2014年 一般社団法人 日本地質学会
  • 安藤 卓人, 沢田 健, 西 弘嗣, 高嶋 礼詩
    日本地球化学会年会要旨集 2013年 一般社団法人日本地球化学会
     
    中期白亜紀は高海水準で非常に温暖な時代であり,有機物に富む黒色頁岩の堆積から幾度も海洋無酸素事変(Oceanic Anoxic Event; OAE)が起こったと推測されている。OAE1b(115~110Ma)は,テチス海を中心とした地域的なOAEであったとされ,Aptian/Albian境界を挟んで長期に渡って複数の黒色頁岩層が確認される。特に最盛期であるKilian層準・Paquier層準の黒色頁岩中からはメタン生成アーキア由来のPMI(2, 6, 10, 15, 19-ペンタメチルイコサン)などが検出されることから,「アーキアの海(Archaeal ocean)」が広がっていたとされている。本研究では,OAE1b層準の詳細なバイオマーカー分析を行い,アリルイソプレノイドに着目して起源を推察し,層準内におけるそれらの濃度変化から当時の海洋生態系の復元を試みた。
  • 宮田 遊磨, 沢田 健, 中村 英人, 池田 慧
    日本地球化学会年会要旨集 2013年 一般社団法人日本地球化学会
     
    白亜紀のような古代の堆積物中には陸上高等植物に由来する有機物片が普遍的に存在している.これらは主に植物体を構成するリグニンやクチンといった抵抗性高分子から構成され,化学的に安定で微生物分解や続成作用に抵抗性を持つため選択的に保存されたものである.これ等の有機化合物は分類群や生育環境によってその組成が特徴的に変化するため,化学分類指標や古環境指標などへの応用が期待されているが,地質時代の堆積物で検討した例は少ない.演者らの研究グループでは,白亜紀の陸上植物化石の化学分析により,抵抗性高分子を構成しているエステル結合態の飽和脂肪酸ユニットの組成が部位により異なることを明らかにし,化学分類指標を提案している(Ikeda et al., submitted).本研究では,様々な植物組織が含まれる海成堆積物中の植物由来の不溶性有機物(ケロジェン)に応用し,古植生や陸域古環境の復元に適用できるかを検討した.
  • 中村 英人, 沢田 健, 新家 弘也, 鈴木 石根, 白岩 善博
    日本地球化学会年会要旨集 2013年 一般社団法人日本地球化学会
     
    アルケノンは海洋表層水温の指標として用いられるが、一部の海域や内陸湖において4不飽和アルケノンの割合(%C37:4)の増加と低塩分の関連性が指摘されてきた。本研究では、塩分がハプト藻のアルケノン組成に与える影響を確かめるため、4不飽和アルケノンに富む沿岸種 Chrysotila lamellosa を異なる塩分条件下(15-45 g/L)で培養し、アルケノン組成を解析した。
    アルケノン不飽和指数および、%K37:4は塩分によらずほぼ一定の値をとった。このことから、環境試料で報告される%C37:4と塩分の関係は、塩分変動に対する主なアルケノン生産種の個別の生理学的応答よりも、塩分変化と連動した他のアルケノン生産種の寄与を反映していると考えられる。
  • 加納 千紗都, 沢田 健, 中村 英人, 白岩 善博, 鈴木 岩根, 新家 弘也
    日本地球化学会年会要旨集 2013年 一般社団法人日本地球化学会
     
    ハプト藻は海洋における主要な基礎生産者であり、世界中の海洋において繁栄している。本研究では、ハプト藻イソクリシス目4種と、円石藻目8種の培養試料を用い、極性脂質画分を検出した。イソクリシス目ではC27ステロールであるCholesterolとC28ステロールのBrassicasterolが、円石藻目ではCholesterol、Brassicasterolに加えて23, 24-dimethylcholesta-5-en-3β-ol(C29)、Stigmasterol(C29)が検出され、ステロイド組成は目レベルで大きく異なる。また、C. lamellosaCruciplacolithus neoheilis株のみからC30ステロールが検出された。本研究では、ハプト藻のステロイド組成の種間の多様性を考察するとともに、限られた株から検出されたC30ステロールに着目してその意義を考察した。
  • 中村英人, 沢田健, 高嶋礼詩
    堆積学研究 2012年12月
  • 中村英人, 沢田健, 高嶋礼詩
    日本堆積学会大会プログラム・講演要旨 2012年06月
  • 中村英人, 沢田健, 池田慧, 高橋正道
    日本古生物学会年会講演予稿集 2012年06月
  • 安藤卓人, 沢田健, 岡野和貴, 小刀禰宅朗, 横山龍, 西弘嗣, 高嶋礼詩
    日本堆積学会大会プログラム・講演要旨 2012年06月
  • 安藤卓人, 沢田健, 西弘嗣, 高嶋礼詩
    日本古生物学会年会講演予稿集 2012年06月
  • 安藤 卓人, 沢田 健, 西 弘嗣, 高嶋 礼詩
    日本地球化学会年会要旨集 2012年 一般社団法人日本地球化学会
     
    中期白亜紀の海洋では,無酸素水塊が拡大し有機物の大量埋積が起きたと考えられ,黒色頁岩の堆積によって示されるこれらの事変は「海洋無酸素事変(OAE)」と呼ばれている。OAE2は中期白亜紀で最も海洋の無酸素化が進んだイベントであり,汎世界的に黒色頁岩の堆積が認められている。OAE2の黒色頁岩からはシアノバクテリアや嫌気性光合成細菌由来のバイオマーカーが検出されることから,これらの基礎生産者が支配的な'Cyanobacterial ocean'であったと考えられてきた。しかし,最近の演者らの研究から,南仏のOAE2期においては,渦鞭毛藻の海洋生産への寄与を表すTDSI'(Triaromatic dinosterane index)が中期白亜紀のOAE層準中で最も高くなることが明らかになり,渦鞭毛藻の寄与もOAE2時に高まった可能性が示されている。本研究では,OAE2層準試料において詳細にバイオマーカー分析し,海洋環境変動や生物応答を復元することで当時の海洋生態系変動の詳細な検討を行った。
  • 宮田 遊磨, 沢田 健, 中村 英人, 池田 慧
    日本地球化学会年会要旨集 2012年 一般社団法人日本地球化学会
     
    〕白亜紀のような古代の堆積物中には陸上高等植物に由来する有機物片が普遍的に存在している.これらは主に植物体を構成するリグニンやクチンといった抵抗性高分子から構成され,化学的に安定で微生物分解や続成作用に抵抗性を持つため選択的に保存されたものである.演者らの研究グループでは,白亜紀の陸上植物化石の化学分析により,抵抗性高分子を構成しているエステル結合態の飽和脂肪酸ユニットの組成が部位により異なることを明らかにし,化学分類指標を提案している(Ikeda et al., submitted).本研究では,様々な植物組織が含まれる海成堆積物中の植物由来の不溶性有機物(ケロジェン)に応用し,古植生や陸域古環境の復元に適用できるかを検討した.
  • 山本 真也, 沢田 健, 中村 英人, 小林 まどか, 河村 公隆
    日本地球化学会年会要旨集 2012年 一般社団法人日本地球化学会
     
    本研究では,新生代の気候変動に伴う熱帯-亜熱帯域の陸域環境変化を明らかにするために,赤道太平洋の堆積物中(IODP Sites U1331?U1338)の長鎖脂肪酸の安定炭素同位体比(δ13C)を測定した。その結果,陸上植物ワックスに由来する炭素数28と30の直鎖脂肪酸(C28, C30脂肪酸)のδ13C値は,約40~20 Maにかけて約5‰の漸移的な減少傾向を示したが,13Ma以降は一転増加に転じ,現在にかけて約10‰の増加傾向にあった。また,C28, C30脂肪酸のδ13C変動には,13Ma以降3回(1.6Ma, 6.5Ma, 9.5Ma)の短期的な増加イベントが認められ,南アメリカの熱帯-亜熱帯域が,中新世中期以降,複数の乾燥化イベントを繰り返しつつ,徐々に乾燥化に向かい,C4植物が増加していったことが示唆された。
  • 中村 英人, 沢田 健, 加納 千紗都, 白岩 善博, 鈴木 石根, 新家 弘也
    日本地球化学会年会要旨集 2012年 一般社団法人日本地球化学会
     
    アルケノンはハプト藻の一部の種が生産する長鎖不飽和アルキルケトンであり,生育温度に応じて不飽和度が変化する性質を利用して古水温指標として応用されてきたが,その生合成経路や生理学的な機能は未解明である。アルケノン合成種からは炭化水素である長鎖アルケンも報告され,その構造から生化学的にアルケノンと関連性の高い化合物であると考えられている。本研究ではアルケノン合成種である Emiliania huxleyi, Gephylocapsa oceanica, Isochrysis galbana, Chrysotila lamellose に加えて, Pleurochrysis carteraeなどのアルケノン非合成種8種のアルケノンおよび長鎖アルケン分析の結果を報告し,長鎖アルケンの先行研究をレビューしながらその地球化学的な応用の可能性を議論する。
  • 加納 千紗都, 沢田 健, 中村 英人, 白岩 善博, 鈴木 石根, 新家 弘也
    日本地球化学会年会要旨集 2012年 一般社団法人日本地球化学会
     
    ハプト藻は海洋における主要な基礎生産者であり、ほとんどの藻種は石灰質殻である円石(coccolith)を形成することが知られる。 本研究では、ハプト藻アルケノン合成種と、などのアルケノン非合成種8種の培養試料を用い、極性脂質画分を検出した。その結果、アルケノン合成種ではCholesterol(C<27SUB>)とBrassicasterol(C<28SUB>)が、アルケノン非合成種ではCholesterol、Brassicasterolに加えてStigmasterol(C<29SUB>)が検出され、ステロイド組成に大きな違いが見られた。また、については同種間で生育条件の違う株によるステロイド組成の比較も行った。本講演ではハプト藻ステロイド組成の変化要因と、これらのバイオマーカーとしての適用性について考察する。
  • 安藤 卓人, 沢田 健, 岡野 和貴, 西 弘嗣, 高嶋 礼詩
    日本地球化学会年会要旨集 2011年 一般社団法人日本地球化学会
     
    中期白亜紀OAEに関する従来の研究では,海洋表層の基礎生産において,シアノバクテリアなどの特異的な生物の基礎生産における寄与について説明されてきた.一方,最近の演者らの研究によると,OAE中,必ずしもそれらの生物のみが基礎生産を担っていた訳ではないということが分かってきた.本研究では,当時の主要な基礎生産者のうち,特に渦鞭毛藻に着目し,そのバイオマーカーを用いて,OAE1aとOAE1bにおける,渦鞭毛藻の基礎生産への寄与の評価を試みた.渦鞭毛藻由来のバイオマーカーとしては,ジノステランが用いられるが,白亜系OAE試料のような続成が進んだ試料からの検出・同定が難しいため,芳香族画分でおもなピークとして検出される芳香族ジノステロイドに注目し,それらを用いた指標を検討し,各OAEにおける海洋生態系の違いを示した.
  • 中村 英人, 沢田 健, 加納 千紗都, 白岩 善博, 鈴木 石根
    日本地球化学会年会要旨集 2011年 一般社団法人日本地球化学会
     
    Emiliania Huxleyi をはじめハプト藻綱イソクリシス目に属する4種の微細藻類は炭素数37-40からなる長鎖不飽和アルキルケトン(アルケノン)を合成し,その不飽和比が生育温度に規定されるためアルケノン不飽和指数(UK37 , UK' 37)が設定され,古海洋・古気候研究において古水温指標として応用されている。アルケノン組成や水素安定同位体比を用いた塩分指標も提案されている。地球化学的指標としての応用が進む一方で,アルケノンの合成経路や生理学的機能についてはかなりの部分が未解明であり,現在,生合成経路の解明にむけた植物生理・分子生物学的研究が始まろうとしている。本講演では,アルケノンの生理学的研究のこれまでと,生合成の解明に期待される地球化学的視点について述べ,予察的成果を報告する。
  • 池田 慧, 沢田 健, 高橋 正道, 中村 英人
    日本地球化学会年会要旨集 2011年 一般社団法人日本地球化学会
     
    植物化石体や植物由来の堆積有機物の化学分類に用いられる、炭化水素やイソプレノイドなどの脂質やクチンやスベリンといった抵抗性高分子であるが、化石記録の希薄さから、続成作用を受けた地質時代の植物化石中でその化学組成がどのように保存されているのか、また保存の度合いがどういった要素・要因で異なるのかわかっていない。そこで本研究では、北海道穂別町に位置する函淵層群富内層から産出した植物化石を用い、白亜紀植物化石中の有機化合物組成について分析し、その多様性について考察した。抵抗性高分子のエステル結合態ユニットとして検出された飽和脂肪酸とn-アルカノールについて、植物部位の同定、さらには植生指標となりうるような傾向を発見した。多変量解析の結果とともに、部位や産出場所による影響と考えられる起源について考察する。
  • 沢田 健, 中村 英人, 荒井 高明
    日本地球化学会年会要旨集 2010年 一般社団法人日本地球化学会
     
    陸上高等植物の表皮や樹皮などの疎水的で硬い組織を構成する高分子量有機物は,抵抗性高分子と呼ばれる。抵抗性高分子は細胞壁や植物体に物理的強度を付与したり,微生物や昆虫の作用に対して植物体に抵抗性を与えるなどの働きをもつ。このような有機物は、植物体が堆積した後の微生物分解や続成作用に対しても抵抗性があり,古代堆積物中でもよく保存されている。演者らの研究グループでは,植物化石の抵抗性高分子の有機・生化学分析から,古植物の分類や植物生理,環境応答を復元する方法,さらに古植生あるいは生息した当時の古環境・古気候を復元する方法を開発・検討している。本講演では,これまでの研究成果をまとめて,現時点で考えられている植物化石や堆積物中の高等植物起源の抵抗性高分子の地球化学的特徴と地球科学的指標としての潜在性,さらに今後の研究の展望について紹介する。
  • 中村 英人, 沢田 健, 高橋 正道
    日本地球化学会年会要旨集 2010年 一般社団法人日本地球化学会
     
    陸上古植生復元は化石記録に基づいて行われてきたが,中生代などの古い時代においては被子植物の出現と初期進化過程などをはじめ,未解明な部分が多く残されている。陸上植物の生体テルペノイドに由来するテルペノイドバイオマーカーは大まかに被子植物や裸子植物などの起源分類群と関連づけられるため,演者らはテルペノイドバイオマーカーを用いた古植生指標,特に被子植物植生指標を検討するため,中生代以降の被子・裸子・シダ植物化石の詳細なテルペノイド組成分析を行った。植物由来テルペノイドの続成過程は芳香族化が卓越し,芳香族化合物を用いた被子/裸子植物植生指標ar-AGIが分類群の違いをよく反映する指標として有望であることが示された。さらに,他の分類群に特有の化合物についても探索を行い報告する。
  • 中村英人, 沢田健, 高嶋礼詩
    日本古生物学会年会講演予稿集 2009年06月
  • 落合 総一郎, 沢田 健, 中村 英人, 塚腰 実, 秋元 信一
    日本地球化学会年会要旨集 2009年 一般社団法人日本地球化学会
     
    昆虫などによって植物体に形成されるゴールの化石の化学的同定を行なうために,化石ゴールから特有のバイオマーカーや化合物の組成分布を探索した。また,化石における指標の保存を検討するため,現生のゴールも分析して比較した。試料は,中期更新統,大阪層群で産出した枝ゴール化石(被子植物のイスノキにアブラムシが形成した)と,化石とほぼ同一種の現生植物の葉,葉ゴール,枝ゴール試料である。化石ゴールの遊離態成分ではn-アルカン,バクテリア由来のホパン,被子植物バイオマーカーのオレアネンなどが検出された。化石ゴールの加水分解成分は,おもに植物の表皮に由来するクチン酸であった。化石と現生の枝ゴールのみに,2種類のクマール酸が見出された。クマール酸は,枝ゴールを同定する候補化合物となることを提示できる。また,化石ゴールの熱分解成分からは,没食子酸に類似するポリフェノール化合物を見出した。
  • 中村 英人, 沢田 健
    日本地球化学会年会要旨集 2009年 一般社団法人日本地球化学会
     
    近年,堆積物や植物化石中から検出される高等植物テルペノイドバイオマーカーを用いた化学分類や古植生情報の研究が行われている.被子植物由来のオレアノイド,裸子植物(針葉樹)由来のジテルペノイドなどが典型的に知られている.演者らは白亜紀における被子植物に焦点をあてて堆積岩中の被子・裸子由来バイオマーカーを用いた植生指標を検討し,芳香族オレアノイドを用いた新指標の有用性が示唆された.しかし絶滅分類群など,化石試料を用いた基礎データが乏しい.また,白亜紀以前からのオレアナンの検出が被子植物と絶滅分類群との類縁関係を示唆するという報告もある.本公演では,絶滅分類群を含めた10種の植物化石のバイオマーカー分析の結果をまとめて,芳香族被子植物バイオマーカー指標への応用や,化学分類学的意義について議論する.
  • 中村 英人, 沢田 健, 高嶋 礼詩
    日本地質学会学術大会講演要旨 2008年09月 日本地質学会
  • 岡野 和貴, 沢田 健, 高嶋 礼詩, 西 弘嗣
    日本地球化学会年会要旨集 2008年 一般社団法人日本地球化学会
     
    白亜紀には、世界中の海洋が同時期に無酸素化した海洋無酸素事変(OAE)が数回起こったと考えられている。本研究では、南東フランスのボコンチアン堆積盆におけるOAE1aおよびOAE1bの黒色頁岩試料を用いてバイオマーカー分析を行った。OAE1aではシアノバクテリア由来の2-メチルホパンが顕著に検出され、その濃度が上位に向かって増加する傾向が見られた。これは、海洋の無酸素化に伴う脱窒や嫌気的メタン酸化の活発化によってシアノバクテリアが卓越しやすい環境が形成されたことに起因する可能性が考えられる。一方OAE1bではアーキア由来のバイオマーカーであるPMIやTMIが検出された。しかし、これらのバイオマーカーはKilianより上位では高濃度で検出されるものの、それより下位の黒色頁岩層からは検出されず、一般に言われるOAE1bにおけるアーキアの卓越がKilian以降のものである可能性が考えられ、その原因については考察中である。
  • 岡野 和貴, 沢田 健, 小刀禰 宅朗, 西 弘嗣
    日本地質学会学術大会講演要旨 2008年 一般社団法人 日本地質学会
  • 中塚 武, 大西 啓子, 沢田 健, 中村 英人, 塚腰 実
    日本地球化学会年会要旨集 2008年 一般社団法人日本地球化学会
     
    岐阜県多治見市の後期中新世の地層(11-10Ma)から産出した木材化石から年輪毎にセルロースを抽出し、その酸素(炭素)同位体比の経年(季節)変動を測定した。酸素同位体比の時系列を、本州中部の現生木のそれと比較したところ、同位体比の絶対値、変動範囲、変動の周期性(3?6年周期が卓越)の全てにおいて、ほぼ同じ傾向を示した。本州中部の樹木年輪セルロースの酸素同位体比は、現在、夏季の相対湿度を反映しており、その変動にはENSOの周期性が大きく影響している。それ故、今回の結果は、後期中新世においても、ENSOが本州中部の夏季水循環を支配していたこと、更に言えば、11?10Maの時点で既にENSOのダイナミクスが確立されていた可能性を、示唆するものである。
  • 中村 英人, 沢田 健
    日本地球化学会年会要旨集 2008年 一般社団法人日本地球化学会
     
    陸上植物はクチンやスベリン,リグニンなどの化学的に安定で強固な抵抗性高分子をもつ.陸上植物由来の抵抗性高分子は続成過程において選択的に保存されるため古代堆積物中においてもよく保存され,巨大な炭素リザーバーである堆積物内有機物の重要なソースとなっている.また,抵抗性高分子の構成要素である単量体(モノマー)の組成は起源となる植物の分類群により異なることが知られていて,起源植物の分類学的情報を与える指標としての応用が考えられるが,化石について検討された例はほとんどない.本研究では化石中における有機物の保存の状態や抵抗性高分子の分類群による差異の有無などを確かめるため,有機物を豊富に含む炭質の植物化石を用いて加水分解により得られるエステル結合態成分を分析した.本講演では,植物化石の抵抗性高分子を用いた化学分類や続成変化の検討について報告する.
  • 岡野 和貴, 沢田 健, 高嶋 礼詩, 西 弘嗣
    日本地球化学会年会要旨集 2006年 一般社団法人日本地球化学会
     
    海洋無酸素事変 (OAE) は海洋中に無酸素環境が広がる全球的なイベントであり、海洋の生態系に大きな被害を与え
  • 中村 英人, 沢田 健
    日本地球化学会年会要旨集 2006年 一般社団法人日本地球化学会
     
    中生代のような古代堆積物中において,陸上高等植物に由来する有機物片が普遍的に含まれている。それらは植物体の抵抗性(難分解性)高分子から由来し,生体情報を比較的よく保存している。また,高等植物に由来する低分子量分子,いわゆるバイオマーカーも構造が一部変化しているが同定される。本研究では,北海道大夕張地域に分布する下部白亜系(Albian)蝦夷層群に含まれる植物片化石を用いて,化石中の抵抗性高分子を加水分解し,得られた有機化合物の組成分布を解析した。また,同試料に含まれる遊離態成分のバイオマーカー分析も行った。バイオマーカーとして,裸子植物がもつジテルペノイド由来の炭化水素がおもに検出された。抵抗性高分子やバイオマーカーの分析から,白亜紀前期における被子/裸子植物比などの古植物相の復元について検討した。

その他活動・業績

  • 足寄産、漸新世鯨類椎骨化石の脂肪酸分析~骨化石中の脂肪酸の起源と保存機構
    安藤卓人, 新村龍也, 沢田健 足寄動物化石博物館紀要 7 3 -10 2014年 [査読無し][招待有り]
  • Exp. 320/321 Pacific Equatorial Age Transect (2009/3/5~7/5, JR) ~赤道太平洋における過去の海洋環境変動の解明~
    沢田健 J-DESC News 2012 p.4 2012年 [査読無し][通常論文]
  • 「顕生代の環境擾乱イベントとその解析」によせて
    長谷川卓, 沢田健 Researches in Organic Geochemistry 23/24 1 -3 2008年 [査読無し][招待有り]
  • Plant Polymer Palaeobiology- Aphidoidea (PL3-A) project: Geochemical and morphological studies on gall (-like) fossils.
    Sawada, K, Akimoto, S, Tsukagoshi, M, Nakamura, H, Suzuki, D. K Origin and Evolution of Natural Diversity - Proceedings of International Symposium 171 -174 2008年 [査読無し][通常論文]
  • Depositional environments revealed from biomarkers in sediments deposited during the mid-Cretaceous Oceanic Anoxic Events (OAEs) in the Vocontian Basin (SE France).
    Okano, K, Sawada, K, Takashima, R, Nishi, H, Okada, H Origin and Evolution of Natural Diversity - Proceedings of International Symposium 233 -238 2008年 [査読無し][通常論文]
  • 沢田健, 新村龍也, 鈴木徳行 K39遺跡人文・社会科学総合教育研究棟地点発掘調査報告書II 41 -47 2005年 [査読有り][通常論文]
  • 無酸素環境での有機物保存:ジオポリマー生成と古環境
    沢田健 月刊地球 37 (12) 866 -871 2005年 [査読無し][通常論文]
  • 微細藻類の光合成から地球環境を読むー培養実験からの新しい地球史研究.
    沢田健, 白岩善博 月刊地球 23 (3) 191 -196 2001年 [査読無し][通常論文]
  • 沿岸海洋域における有機・生物地球化学からの環境変動の復元ー植物プランクトンバイオマーカーの研究から.
    沢田健 月刊地球 22 (3) 172 -176 2000年 [査読無し][通常論文]
  • アルケノンおよびその他の有機分子を使った古水温解析ー現状と問題点.
    沢田健 月刊海洋 32 (9) 606 -612 2000年 [査読無し][通常論文]
  • 堆積物中のジオマクロ分子による古海洋学研究ーバイオマーカー分析の新展開.
    沢田健 月刊地球 22 (9) 638 -644 2000年 [査読無し][通常論文]
  • Coccolithophorid production revealed from long-chain alkenones and alkyl alkenoates in the northwestern Pacific.
    Ken Sawada, Nobuhiko Handa In: Biogeochemical processes in the North Pacific-Proceedings of the international marine sciences symposium (ed, S. Tsunogai) Japan Marine Science Foundatio 1997年 [査読無し][通常論文]
  • 長鎖アルケノンからみた中部日本太平洋沖の最終氷期以降の海洋表層環境の変動.
    沢田健, 半田暢彦 月刊海洋 27 (8) 502 -506 1994年 [査読無し][通常論文]
  • 西七島海嶺域の第四紀後期の表面水温の変動ー堆積有機物による解析.
    沢田健, 半田暢彦 月刊海洋 26 (7) 444 -448 1993年 [査読無し][通常論文]

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 : 2018年 -2020年 
    代表者 : 沢田 健
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 : 2014年 -2016年 
    代表者 : 沢田 健
  • 海洋ハプト藻類のアルケノン合成経路の解明と基盤技術の開発
    JST:戦略的創造研究推進制度(研究チーム型) (戦略的基礎研究推進事業:CREST)
    研究期間 : 2010年 -2015年 
    代表者 : 白岩善博
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 : 2012年 -2014年 
    代表者 : 高橋 正道, 久田 健一郎, 沢田 健
     
    前年度に引き続き、モンゴルでの野外調査を継続し, 前年度の対象地域であるシネフダク地域に加え,植物炭化小型化石が含まれていることが確認されているテブシン地域および南部ゴビ地域のツグルグ地域を調査対象とした. 調査には、モンゴル科学アカデミーの研究メンバーおよびAndrew(Yale大学)とHerendeen(シカゴ植物園)が参加し、10日間程度の野外調査とサンプリングを行った。これらの堆積岩を日本とアメリカに輸送し、Degradationとクリーニングを行った。得られた炭化化石を丹念にソーテングし、保存性の良いMesofossilsを抽出する。これらの作業は、数か月以上を要した。9月には、モンゴルの若い研究者Tsolmonを日本に招聘し、植物炭化化石のMesofossilsの研究の処理技術および形態的技法の習得するための支援を行った。被子植物の初期始原群の進化の解明には、東南アジア地域の試料採集地点付近に分布するジュラ紀~白亜紀堆積物の層序を明らかにすることが必要である。この調査は、マレー大学のSone准教授との共同研究として遂行した。久田は、東南アジア・インドシナ半島の調査の一環として、タイ国のナン縫合帯の地質調査を実施した。沢田は, 野外調査によって採取された堆積岩の中から、白亜紀の陸上植物に由来するバイオマーカーを用いて, 溶媒抽出,アルカリ加水分解によって得られたアルキル脂質組成を分析した. 一部の褐炭試料からは顕著にクチン酸が検出され,白亜紀の堆積物においても生々しいクチンが保存されることがわかった.これは白亜紀の堆積物からの初めてのクチン酸の検出例である.広葉化石と針葉化石の分析結果から長鎖アルカノールは白亜紀の植物化石においても落葉広葉樹のマーカーとして応用できることが示唆された.
  • 未知の藻類:パルマ藻が解き明かす海洋を支える珪藻の進化
    一般財団法人 キャノン財団:キャノン財団研究助成金
    研究期間 : 2011年 -2014年 
    代表者 : 桑田 晃
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 : 2011年 -2013年 
    代表者 : 長谷川 卓, 森下 知晃, 福士 圭介, 沢田 健
     
    北海道とニュージーランド南島に分布する白亜系セノマニアン/チューロニアン階境界の堆積物について詳細に研究を行うとともに,採集済み試料について実験室内での分析作業を行った.野外調査は,指導博士課程学生の根本俊文が行った.調査の概要は,白亜系セノマニアン/チューロニアン境界の過去の資料採集地点の詳細な確認と,路線マップ作り,および追加試料採集である.別経費により行われた調査の際に,並行して行った.分析作業は,抽出性有機物中に含まれる高等植物由来物質である長鎖n-alkanesの炭素同位体比分析およびその他の高等植物バイオマーカーに焦点を絞って行った.同位体分析に先立ってガスクロマトグラフおよびガスクロマトグラフ質量分析装置での分析を行った.脂肪族炭化水素分画について炭素同位体比分析を行ったが,目的物質が十分に分離していないものの,「2万年イベント」の層準直下に顕著な正の異常ピークが確認された.これを予察データと位置づけ,次に尿素アダクトによって目的物質の分離を行ったうえで分析を行った.分離は完全とはいかないものの,同位体比を評価するうえでは問題ないと判断できた.結果は,予察データとほぼ同様の正のピークを確認した.「2万年イベント」はバルク炭素同位体比でみられる負のエクスカーションについて名づけられたものだったが,むしろイベントとしてはその直前にみられる正の異常のほうが重要であり,長鎖n-alkanesではその正のイベントが明瞭に表れた.炭素数の異なる長鎖n-alkanesの比率が,その層準にて明瞭に変化することから,この層準では陸域で乾燥化が生じたことが示唆された.被子植物と裸子植物のバイオマーカーの比率を詳細に検討したが,その結果には「2万年イベント」に関連する明瞭な気候変化を示す証拠は得られなかったが,OAE2の開始と同時に被子植物が減少し,寒冷・乾燥化が生じたことが示唆された..
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 : 2011年 -2013年 
    代表者 : 桑田 晃, 大城 香, 斉藤 憲治, 佐藤 直樹, 沢田 健, 吉川 伸哉
     
    シリカの殻を持ち珪藻に極近縁のパルマ藻は、珪藻の繁栄機構と進化過程を解明する上で格好の対照生物である。本研究では、生態学・生理学・藻類学・ゲノミクス・生物地球化学からパルマ藻の多面的な解明を目的とし、本年度は以下の点を明かにした。パルマ藻・ボリド藻・珪藻間の系統関係: パルマ藻と珪藻の姉妹群のボリド藻との複数株間での分子系統解析により、パルマ藻とボリド藻は同じクレードを形成し珪藻の姉妹群であること。さらにパルマ藻の葉緑体とミトコンドリアのゲノムの解読により、各ゲノムの遺伝子が珪藻の遺伝子と非常に相同性が高く、各ゲノム構造も珪藻と酷似することを明らかにした。個体群動態: 亜寒帯でパルマ藻は、主に冬から春の低水温期に有光層中で増殖し個体群を拡大すること。夏から秋にかけ成層化により表層水温が増殖不可能な15℃を越えると、表層から消失し水温15℃以下の水温躍層下の亜表層で生残すること。秋から冬にかけ水が混合し低水温期に入ると再び増殖を開始することをフィールド調査により明らかにした。シリカの殻形成機構: パルマ藻は珪藻と異なり、シリカ欠乏下でも無殻の細胞のまま増殖でき、珪酸塩存在下でシリカの殻を形成すること。細胞内部で形成されたシリカのプレートが細胞外に送り出され、細胞表面で規則正しく配置され特徴的なシリカの殻が形成されることを培養実験により明らかにした。生活史: パルマ藻は、シリカの殻を持つ通常のステージとボリド藻に類似した鞭毛細胞ステージを生活史に持つことを培養実験により明らかにした。この生活史はシリカの殻のステージと鞭毛ステージ両者を持つ点で、原始的珪藻である中心珪藻の生活史と類似性を持つ。バイオマーカー: パルマ藻は原始的な中心珪藻と共通の脂質バイオマーカーを持つ一方、比較的高分子量のパルマ藻固有の脂質バイオマーカーを持つことを生物地球化学的解析により明らかにした。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2011年 -2013年 
    代表者 : 沢田 健, 高嶋 礼詩
     
    本研究は、白亜紀堆積層に含まれる陸上植物由来の生物指標分子(バイオマーカー)と抵抗性高分子(ケロジェン)の分析から、長時間スケールの古植生の年代変動を高精度に復元し、さらに植生データを介して白亜紀の陸域環境変動を推定するものである。平成25年度を含む研究期間内でのおもな研究成果は次のとおりである。1.北海道大夕張・天狗ノ沢セクションおよび朱鞠内・大曲沢セクションに分布する蝦夷層群の堆積岩試料のバイオマーカー分析を行い、植物テルぺノイドを用いた被子/裸子植生指標や針葉樹植生指標の解析から古植生変動を復元した。特にセノマニアン/チューロニアン境界付近の層準において高分解能での変動データを得て、被子/裸子植生の急激な変動を見出した。2.植物化石の抵抗性高分子を加水分解して得られる結合態脂肪酸のC18/C16比をRFA-18/16と設定した。この指標を天狗ノ沢の堆積岩試料の陸上植物由来ケロジェンに応用した。RFA-18/16値は木本性/草本性植生比(森林/草原比)を示すものと提案した。さらに、ケロジェンから得られる長鎖n-アルカノールを用いて、新たに落葉広葉樹植生指標を開発した。この結合態n-アルカノール指標からの古植生データは、植物バイオマーカーが示す被子/裸子植物比の変動パターンとよく同調することがわかった.3.蝦夷層群堆積岩から分離したケロジェンの熱分解分析と熱化学分解分析を行った。熱化学分解分析ではケロジェン構造中の脂肪酸ユニットを脂肪酸として分析できるため、簡便的なRFA-18/16分析法になり得る。さらに、標準的なケロジェン試料を用いて、各種の誘導体化試薬による熱化学分解分析を行い、ケロジェンの構造解析のための分析の最適条件を検討した。特にHMDS試薬を用いた熱化学分解分析が、ケロジェンの構造中に含まれているメトキシ基の同定に有用であることがわかった。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 : 2010年 -2012年 
    代表者 : 西 弘嗣, 高嶋 礼詩, 沢田 健, 川幡 穂高, 高嶋 礼詩
     
    白亜紀中期のAlbian期最初期(1億1300万年前)には,テチス海~大西洋において広く無酸水塊が発達し,海洋生物の絶滅が起こった.このイベントの発生メカニズムを明らかにするため,フランス南東部に露出するこの絶滅イベントの地層に対して,微化石の群集解析,堆積物の有機・無機化学分析および粘土鉱物分析を行った.その結果,このイベントは,温暖化に伴い,陸域が湿潤化し,大量の栄養塩が陸から海に流れ込んだため,海洋表層が富栄養化し,無酸素水塊が発達したことが明らかとなった.
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2009年 -2011年 
    代表者 : 西 弘嗣, 沢田 健, 高嶋 礼詩, 高嶋 礼詩, 沢田 健
     
    北海道に露出する白亜系蝦夷層群と根室層群において, 浮遊性有孔虫化石, 渦鞭毛藻シスト化石による白亜系アプチアン階~マーストリチヒアン階に至る詳細な化石層序を樹立した.さらに, 同区間の植物片の炭素同位体比層序と有孔虫殻のストロンチウム同位体比層序を統合するとともに, 12層準において凝灰岩のU-Pb, 40Ar/39Ar年代測定を行い, 高精度の標準統合層序と年代モデルを樹立した.
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2008年 -2010年 
    代表者 : 沢田 健
     
    堆積物中のイソプレノイドキノンとそれらの類似化合物に着目し,過去の微生物の生物生産や群集組成の年代変動を復元する研究法を開発・検討した。その結果、現世の海底堆積物中の遊離態成分や新第三紀および白亜紀の堆積岩中の高分子有機物(ケロジェン)に結合している成分として、イソプレノイドキノンに構造が類似するトコフェロールが有力な海生藻類バイオマーカー指標として応用できることを提案した。一方、限られた試料において、ケロジェン結合態フィロキノンがシアノバクテリアに由来し、その生産性の指標となることを提案した。また、芳香族キノンが、地衣類の生産性と海洋への移送・堆積量を復元するバイオマーカーに応用できる潜在性も指摘した。
  • Fundamental study on algal lipid with reference to application to bio-oil resource
    JST Basic Research Programs (Core Research for Evolutional Science and Technology :CREST)
    研究期間 : 2010年
  • 文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(A))
    研究期間 : 2006年 -2007年 
    代表者 : 沢田 健
     
    白亜紀の陸域における気候変動と陸域生態系の進化,特に被子植物の進化・拡散とその影響による陸域生態系の変化を復元することを目的として,北海道などの白亜系堆積岩や大型植物化石を対象として古生物学・生物地球化学の研究を進めた。本研究は,古代植物に由来するバイオマーカーと抵抗性高分子に着目して、それらを用いて古生態・古気候記録を解読することが特徴である。研究の進め方として,(1)北海道白亜系の陸城古気候変動の復元と,(2)古代植物のバイオマーカー・抵抗性高分子の分析方法の開発等の基礎研究の2つのアプローチから行なった。平成19年度の研究成果は以下のとおりである。1.北海道中央部の大夕張,三笠,苫前地域に分布する地層から堆積岩および植物化石片を採集した。採集層準は,空知層群最上部(Aptian)から蝦夷層群佐久層上部(Turonian)にわたり,それらを試料としてバイオマーカー分析を行った。測定には,本科研費で設置されたガスクロマトグラフ質量分析計(GC/MS)を用いた。その結果,Aptian層準から被子植物バイオマーカーを検出した。これは日本では最古の被子植物の記録となる。また,Aptian〜Turonianにおける北海道の被子/裸子植物比などの陸上古植生の変動を復元した。2.北海道などの白亜紀から古第三紀(北大博物館収蔵)の葉・材化石を用いて,植物化石の抵抗性高分子の基礎研究を行った。化石を加水分解して得られた化学部位(分子ユニット)をGC/MS測定から同定・定量し,その組成分布を調べた。それらの結果から,植物化石の化学分類や化石の保存度の評価などへの適用性について検討した。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 : 2004年 -2005年 
    代表者 : 沢田 健
     
    白亜紀における植物の進化とそれによる陸域環境の変化を復元することを目的として,北海道白亜系の堆積岩および天型植物化石を対象に古生物学・生物地球化学的研究を進めた.本研究は、丁古代植物に由来する化石ポリマーに着目して,それから古生態・古環境記録を解読することが特徴であり,研究の進め方も,(1)北海道白亜系の陸域古環境変動の復元と,(2)古代植物の化石ポリマー分析方法の開発等の基礎研究,の2つのアプローチから行なっている.平成17年度に行なった研究およびその成果は以下のとおりである.1.北海道大夕張地域に分布する蝦夷累層群シューパロー川層(白亜紀前期Albian相当)の地質調査と露頭の地層からの砂岩,泥岩および大型植物化石を採集した.2.本科研費で平成16年度に設置された蛍光顕微解析装置で,堆積岩中から分離した植物化石に由来する有機物破片を蛍光特性から分類した.また,砂岩試料から植物由来有機物破片を効率的に分離する遠心比重分離法を開発・検討した.3.比較的大型の木片化石をアルカリ加水分解することによって,エステル結合した化石ポリマーを分離した.その化石ポリマーを分析し,クチンやリグニンを構成するポリマーに由来する分子ユニットを数種類同定した.特に,クチンポリマーの脂肪酸分子ユニットの炭素数分布情報が,植物化右の化学分類に適用できることがわかった.また,テルペノイドのようなバイオマーカーも遊離態成分として同定され,化学分類や古環境復元に使えることを確認した.4.砂岩中に含まれる植物片を遠心比重分離してすべて回収した.その試料のバイオマーカー分析の結果,北海道の白亜系Albianに堆積した陸上植物は,裸子植物が優占的で被子植物は含まれないことが判明した.
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(A))
    研究期間 : 2003年 -2005年 
    代表者 : 岡田 尚武, 鈴木 徳行, 北里 洋, 川幡 穂高, 西 弘嗣, 大河内 直彦, 沢田 健, 坂本 竜彦
     
    岡田尚武をリーダとする研究グループは,統合深海掘削計画(IODP)の先駆的研究として,平成11〜13年度の科学研究費補助金(課題番号11691113)でフランスプロバンス地方に露出するOAE1b層を研究し,エンジンカッターを用いて大型の柱状試料を採取すると共に,RosansのOAE1b最上部層準において試験的なボーリングを実施した。このボーリング試料に関する遺伝子学的解析の結果,地層中のバクテリア群集に関する興味深い新知見を得た(Inagaki, Okada et al., 2005)。フランスに於ける第2弾の国際学術研究となる本研究では,フランスの専門業者を雇ってOAE1aとOAE1bでの本格的ボーリングを実施し,極めて良質な連続コアを採取した。開封後にコアがバラバラになるのを防ぐため樹脂を用いてコア全体を保存する技術と,1mm間隔での試料採取のためのマイクロドリル法を新たに開発し,非破壊法での成分・構造分析に加えて,各種微古生物学的,有機化学的,無機化学的手法を駆使してOAE層の堆積メカニズムと古環境復元の研究を行ってきた。OAE1b層準全体から採取した地表試料の解析から,無酸素水塊が海洋表層まで達しなかった環境下での黒色頁岩と,表層まで到達して表層生物圏に大きな影響を与えた環境下での黒色頁岩のあることが分かった。また,Paquir層を鏡面研磨した結果,強い葉理が発達する部分,要理が擾乱されて不明瞭な部分,葉理のない部分,のセットが4回繰り返していることが分かった。1cm(約250年)間隔での分析結果では,ラミナの明瞭な部分では各種プランクトン,陸源性砕屑物,有機炭素含有量や黄鉄鉱が増加する一方で,底生有孔虫は多様性と個体数が減少する。これらのデータから,陸起源の栄養塩供給増加によって一次生産が増え,その結果として底層に無酸素環境が広がるという環境が4回発生したと考えられる。
  • Molecular paleontology and paleobiology of resistant macromolecule in plant fossil
    研究期間 : 2003年
  • 自然界に存在する巨大分子の地球化学的研究
    北海道大学理学研究科:理学未来潮流グラント
    研究期間 : 2001年11月 -2002年03月 
    代表者 : 沢田 健
  • Biogeochemical studies on terrestrial ecosystem evolution, with respect to its effect in earth's environment
    Grant-in-Aid for Scientific Research
    研究期間 : 2000年
  • Biogeochemical studies on geomacromolecule in sediment and fossil
    Grant-in-Aid for Scientific Research
    研究期間 : 2000年
  • Paleoenvironmental and paleoclimatological reconstructions by biomarkers in sediment and fossil.
    研究期間 : 1996年

教育活動情報

主要な担当授業

  • 自然史科学論文講読1
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 理学院
  • 大学院共通授業科目(一般科目):自然科学・応用科学
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 大学院共通科目
    キーワード : 地球科学 地質学 物質科学 地球化学 進化古生物学
  • 自然史科学特別研究1
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 理学院
  • 地球惑星システム科学概論
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 理学院
    キーワード : 地球科学 地質学 物質科学 地球化学 進化古生物学
  • 有機地球化学特論
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 理学院
    キーワード : 生物地球化学,堆積物,バイオマーカー,ケロジェン,地球環境変動,地球-生命相互作用,炭素同位体,生物圏,生物生産, 有機地球化学英語演習
  • 大学院共通授業科目(一般科目):自然科学・応用科学
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 大学院共通科目
    キーワード : Paleoenvironment, sedimentology, isotope geochemistry, paleomagnetism, borehole
  • 特別講義Ⅱ
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 理学院
    キーワード : 古環境、堆積学、地球化学、試錐孔、堆積物コア
  • 大学院共通授業科目(一般科目):自然科学・応用科学
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 大学院共通科目
    キーワード : 地球生命史, 生物進化, 地球環境変化, 気候変動, 生物大量絶滅, 生物多様性, 古生物科学, 地質年代
  • 特別講義Ⅱ
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 理学院
    キーワード : 古環境、堆積学、地球化学、試錐孔、堆積物コア
  • 古生物学
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 理学部
    キーワード : 進化,生命化石、化石記録、生物間相互作用、古生態、生物多様性変動、古環境
  • 地質学実習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 理学部
    キーワード : 野外地質調査,ルートマップ,地形図
  • 地球惑星科学Ⅰ
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : 固体地球,地球の構造と構成物質,地球史,変動する地球,自然災害
  • 地球史
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 理学部
    キーワード : 地質年代,生命の起源,生物進化,絶滅,気候変動,古環境,物資循環,安定同位体, 環境擾乱イベント,全球凍結
  • 海洋地質学
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 理学部
    キーワード : 海洋地殻の岩石構成と形成過程,中央海嶺系,島弧-背弧海盆系,ホットスポット,海洋堆積物,堆積環境,海洋循環,海洋生物生産,古海洋環境変動,深海底掘削,プレートテクトニクス, 海洋化学
  • 地球惑星科学実験Ⅱ
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 理学部
    キーワード : 堆積物,堆積環境,水圏環境,化石,古海洋,古気候,気象,天気図,統計解析,地震,地震学,地震波,震源解析
  • 堆積学
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 理学部
    キーワード : 堆積岩,地質年代区分、層序,砕屑性岩,炭酸塩岩、生物効果作用、有機質堆積岩、堆積環境,風化作用,堆積作用,続成作用

大学運営

委員歴

  • 2020年 - 現在   日本地球掘削科学コンソーシアム(J-DESC)   IODP部会 執行委員会委員
  • 2013年 - 現在   日本有機地球化学会   理事
  • 2013年 - 現在   日本有機地球化学会   Researches in Organic Geochemistry編集委員長
  • 2008年 - 現在   日本地球化学会   英文誌「Geochemical Journal」編集委員   日本地球化学会
  • 2014年 - 2020年   日本地質学会   理事
  • 2012年 - 2015年   日本地質学会北海道支部   庶務幹事
  • 2007年 - 2012年   日本有機地球化学会   Researches in Organic Geochemistry編集委員
  • 2004年 - 2011年   最高裁判所職員(事務官) 採用試験委員会委員
  • 2008年 - 2010年   日本古生物学会   将来計画委員会   日本古生物学会
  • 2006年 - 2010年   日本地球化学会   和文誌「地球化学」編集委員   日本地球化学会
  • 2006年 - 2008年   IODP 科学推進専門部会・地球環境分科会委員
  • 2006年 - 2007年   日本地球化学会   将来計画委員会委員   日本地球化学会
  • 2004年 - 2006年   統合深海掘削計画(IODP)   科学立案評価パネル(SSEP)代理委員


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.