研究者データベース

閻 乃筝(エン ナイソウ)
水産学部
特任助教

基本情報

所属

  • 水産学部

職名

  • 特任助教

ORCID ID

J-Global ID

研究キーワード

  • 無鰾魚   魚種判別   ソウハチ   スケトウダラ   音響資源調査   広帯域計量魚群探知機   計量魚群探知機   ターゲットストレングス   

研究分野

  • ライフサイエンス / 水圏生産科学
  • 環境・農学 / 環境動態解析 / 海洋資源調査

職歴

  • 2020年10月 - 現在 北海道大学 大学院水産科学研究院 特任助教

学歴

  • 2017年10月 - 2020年09月   北海道大学   大学院水産科学院   海洋生物資源科学専攻
  • 2015年10月 - 2017年09月   北海道大学   大学院水産科学院   海洋生物資源科学専攻

所属学協会

  • アメリカ音響学会   海洋音響学会   

研究活動情報

論文

講演・口頭発表等

  • 自由遊泳法によるソウハチとホッケの広帯域ターゲットストレングス測定
    閻 乃筝, 向井 徹, 長谷川 浩平, 福田 美亮, 山本 潤
    海洋音響学会2022年度研究発表会 2022年05月 口頭発表(一般)
  • Naizheng Yan, Tohru Mukai, Kohei Hasegawa, Jun Yamamoto, Yoshiaki Fukuda
    The Fourteenth Annual Meeting of Asian Fisheries Acoustics Society( AFAS2021) 2021年11月 口頭発表(一般) Bogor, Indonesia(Online) IPB University, Bogor Indonesia
  • 体形の異なる無鰾魚の広帯域ターゲットストレングス特性
    海洋音響学会2021年度研究発表会 2021年05月 口頭発表(一般)
  • 体形状の異なる無鰾魚の音響散乱特性の検討
    令和2年度日本水産学会春季大会 2020年03月 口頭発表(一般)
  • Acoustic characteristics of three bladderless fishes
    178th Meeting of the Acoustical Society of America 2019年12月
  • 懸垂法による無鰾魚の広帯域ターゲットストレングス測定
    海洋音響学会2019年度研究発表会 2019年05月
  • Study on acoustic characteristics of pointhead flounder and juvenile walleye pollock
    176th Meeting of the Acoustical Society of America 2018年11月 口頭発表(一般)
  • Broadband target strength measurements of pointhead flounder, a flatfish without a swim bladder
    The 12th Annual Meeting of Asian Fisheries Acoustic Society 2018年11月 口頭発表(一般)
  • 海水水槽におけるソウハチのsemi-in situターゲットストレングス測定と遊泳姿勢の観察
    海洋音響学会2018年度研究発表会 2018年05月 口頭発表(一般)
  • Acoustics distinction between pointhead flounder and juvenile walleye pollock by echo shape and frequency characteristics
    OCEANS’18 MTS/IEEE Kobe / Techno-Ocean 2018 2018年05月 ポスター発表
  • ソウハチの音響散乱特性に関する研究 ―II.広帯域音響システムによるソウハチのターゲットストレングス測定―
    超音波研究会 2018年05月 口頭発表(一般)
  • 無鰾魚であるソウハチのin situターゲットストレングス測定
    平成30年度日本水産学会春季大会 2018年03月 口頭発表(一般)
  • Acoustics distinction between pointhead flounder and juvenile walleye pollock using a quantitative echo-sounder in and near Funka Bay, Hokkaido, Japan
    The 11th Annual Meeting of Asian Fisheries Acoustic Society 2017年11月 口頭発表(一般)
  • 計量魚群探知機を用いた噴火湾周辺海域におけるソウハチとスケトウダラ稚魚の調査‐ソウハチのターゲットストレングス測定‐
    平成29年度日本水産学会春季大会 2017年03月 口頭発表(一般)
  • Studies on pointhead flounder and juvenile walleye pollock using a quantitative echo-sounder in and near Funka Bay, Hokkaido, Japan
    The international conference on underwater acoustics for sustainable fisheries in Aisa 2016年11月 ポスター発表
  • 1. 計量魚群探知機を用いた噴火湾周辺海域におけるソウハチとスケトウダラ稚魚の調査‐エコーグラムにおける特徴‐
    平成28年度日本水産学会北海道‐東北合同支部大会 2016年10月 口頭発表(一般)

作品等

その他活動・業績

  • 自由遊泳法によるソウハチとホッケの広帯域ターゲットストレングス測定
    閻 乃筝, 向井 徹, 長谷川 浩平, 福田 美亮, 山本 潤 2022年05月
  • 体形の異なる無鰾魚の広帯域ターゲットストレングス特性
    閻乃筝, 向井徹, 長谷川浩平, 山本潤, 福田美亮 海洋音響学会2021年度研究発表会講演論文集 2021年05月
  • 川添祐斗, 長谷川浩平, 福田美亮, 閻乃筝, 向井徹, 山口浩志, 守田航大 日本水産学会大会講演要旨集(CD-ROM) 2021 2021年
  • 斉書豪, 福田美亮, 長谷川浩平, 閻乃筝, 向井徹 日本水産学会大会講演要旨集(CD-ROM) 2021 2021年
  • 池田大典, 長谷川浩平, 向井徹, 福田美亮, YAN Naizheng 海洋音響学会研究発表会講演論文集 2021 2021年
  • 藤貫雅礼, 向井徹, 長谷川浩平, 福田美亮, 閻乃筝 日本水産学会大会講演要旨集(CD-ROM) 2021 2021年
  • 懸垂法による無鰾魚の広帯域ターゲットストレングス測定
    閻 乃筝, 向井 徹, 長谷川浩平, 山本 潤, 工藤尚之 海洋音響学会2018年度研究発表会講演論文集 65 -66 2019年05月
  • 閻 乃筝, 向井 徹, 山本 潤, 工藤 尚之, 長谷川 浩平 電子情報通信学会技術研究報告 118 (199) 33 -36 2018年08月
  • ソウハチの音響散乱特性に関する研究(1)計量魚群探知機によるソウハチ魚群の特徴
    向井 徹, 閻 乃筝, 山本 潤, 長谷川 浩平 電子情報通信学会技術研究報告 118 (199) 29 -32 2018年08月
  • 海水水槽におけるソウハチのsemi-in situターゲットストレングス測定と遊泳姿勢の観察
    閻 乃筝, 向井 徹, 山本 潤, 高原英生 海洋音響学会2018年度研究発表会講演論文集 49 -52 2018年05月
  • Naizheng Yan, Tohru Mukai, Jun Yamamoto 2018 OCEANS - MTS/IEEE Kobe Techno-Oceans (OTO) 2018年05月 
    This study addresses the methods for distinguishing the pointhead flounder Cleisthenes pinetorum from the juvenile walleye pollock Gadus chalcogrammus in and near Funka Bay, Hokkaido, Japan. Acoustics data of th Gadus chalcogrammus e fish were monitored using a Simrad EK60 (38, 120, 200 kHz) split-beam echo sounder, and biological samples were collected using a rod for the pointhead flounder and a frame-type midwater trawl for the juvenile walleye pollock. The pointhead flounder schools presented a patch shaped echo on the echograms and showed strong scattering at all three frequencies, whereas the distribution patterns of the juvenile walleye pollock schools were layered. The volume backscattering strength (SV) of the target schools extracted from the echograms showed that the pointhead flounder presented a higher SV at high frequency, which is consistent with the early surveys of other bladderless fish. In contrast, the juvenile walleye pollock showed higher SV at low frequency, which also agreed with the early surveys.

受賞

  • 2021年11月 Asian Fisheries Acoustics Society Young Fisheries Acoustician Award
     Broadband Target Strength Measurements of Three Bladderless Fishes
  • 2021年03月 北海道大学 北海道大学大塚賞
  • 2021年03月 北海道大学大学院水産科学院 ジョンカッター賞

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 公益財団法人日本科学協会:笹川科学助成
    研究期間 : 2019年04月 -2020年02月
  • 計量魚群探知機を用いた北海道噴火湾周辺海域におけるソウハチとスケトウダラ稚魚の音響判別
    公益財団法人日本科学協会:笹川科学助成
    研究期間 : 2018年04月 -2019年02月


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.