研究者データベース

長田 直樹(オサダ ナオキ)
情報科学研究科 生命人間情報科学専攻 バイオインフォマティクス講座
准教授

基本情報

所属

  • 情報科学研究科 生命人間情報科学専攻 バイオインフォマティクス講座

職名

    准教授

学位

  • 博士(理学) (東京大学)

メールアドレス

    eメール:    nosada@ist.hokudai.ac.jp

ホームページURL

科研費研究者番号

  • 70416270

ORCID ID

  • http://orcid.org/0000-0003-0180-5372

プロフィール

  • 分子生物学実験,集団遺伝学,バイオインフォマティクスなどの方法を用いて進化の問題に答えようと思っています.ヒトを含めた霊長類を中心に,ショウジョウバエや植物のデータも扱っています.興味がわけば何でもやります.

研究キーワード

  • 遺伝子交流   遺伝学   進化   霊長類   生態学   種分化   グノム   CXCL1   翻訳   ゲノム進化   偽遺伝子   ケモカイン   CXCL1L   カニクイザル   再編   遺伝子発現調節   遺伝子重複   

研究分野

  • 生物科学 / 進化生物学
  • 基礎生物学 / 生物多様性・分類
  • ゲノム科学 / 基礎ゲノム科学

職歴

  • 2015年04月 - 現在  北海道大学大学院 情報科学研究科准教授
  • 2012年05月 - 現在  放射線医科学総合研究所客員研究員
  • 2010年01月 - 2015年03月  国立遺伝学研究所・総合研究大学院大学助教
  • 2011年12月 - 2011年12月  台湾国立成功大学客員助理教授
  • 2009年01月 - 2009年12月  台湾国立成功大学兼任助理教授
  • 2005年04月 - 2009年12月  独立行政法人医薬基盤研究所研究員
  • 2004年10月 - 2005年03月  国立感染症研究所研究官
  • 2003年03月 - 2004年10月  シカゴ大学リサーチアソシエイト
  • 2002年05月 - 2002年02月  東京大学特別研究員
  • 2017年09月 - 現在  北海道大学国際連携研究教育局准教授

学歴

  • 1997年04月 - 2002年03月   東京大学大学院   理学系研究科   生物科学専攻
  • 1993年04月 - 1997年03月   東京大学   理学部   生物学科

所属学協会

  • 生き物文化誌学会   日本バイオインフォマティクス学会   日本人類学会   日本分子生物学会   日本霊長類学会   日本進化学会   日本遺伝学会   

研究活動情報

論文

書籍

講演・口頭発表等

  • 集団遺伝学とゲノム進化学  [招待講演]
    長田直樹
    第11回生物学基礎論研究会特別講演 2017年09月
  • 環境変動と集団サイズ変動の関係を考える  [通常講演]
    長田直樹
    日本列島(ヤポネシア)人のゲノム歴史学 2017年08月
  • Quantifying genetic and epigenetic control of gene expression in Drosophila and mice  [招待講演]
    長田直樹
    The 5th international symposium “Frontier Science in Ecology, Genetics and Genomics” 2017年03月
  • 集団遺伝学データ解析  [招待講演]
    長田直樹
    ゲノム多様性データの統計解析ワークショップ 2016年12月
  • Genomics of non-human primates: application to biomedical studies  [招待講演]
    Naoki Osada
    2016 HU/SNU joint symposium 2016年11月
  • Population genomics of non-human primates: a case of Mauritian cynomolgus macaques (Macaca fascicularis)  [通常講演]
    Naoki Osada, Soichi Sakurai
    5th Asian Primate Symposium 2016年10月
  • An impact of population bottleneck on genomes: a case of Mauritian cynomolgus macaques (Macaca fascicularis)  [招待講演]
    Naoki Osada
    13th Japanese-German Frontiers of Science Symposium 2016年10月
  • 集団遺伝学データ解析  [通常講演]
    長田直樹
    ゲノム多様性データの統計解析ワークショップ 2015年12月 総合研究大学院大学葉山キャンパス
  • Genetic architecture of gene expression variation in fruit flies  [通常講演]
    Naoki Osada
    12th Japanese-German Frontiers of Science Symposium 2015年10月
  • モーリシャス島産カニクイザルの全ゲノムシークエンス解析  [通常講演]
    長田直樹,Hettiarachchi Nilmini, Babarinde Isaac Adeyemi,斎藤成也,Blancher Antoine
    第31回日本霊長類学会大会 2015年07月
  • ボトルネックがゲノムに与える現象の解析:モーリシャス産カニクイザルを例に  [通常講演]
    長田直樹
    遺伝研研究集会「ビッグデータ時代の分子進化」 2015年06月
  • 集団遺伝学データ解析:ABCのABC  [通常講演]
    長田直樹
    ゲノム多様性データの統計解析ワークショップ 2014年12月
  • Challenge of population genomics in non-model organisms  [通常講演]
    長田直樹
    Frontiers in Genomic Research 2014年12月
  • 木村先生の研究に関連した、私の二つの研究トピック: 優性度による選択圧の違いと補完的進化  [通常講演]
    長田直樹
    木村資生博士生誕90周年記念シンポジウム 2014年11月
  • Compensatory Evolution  [通常講演]
    長田直樹
    EvoDevo・PopGenの融合アプローチから明らかになる適応進化の新局面 2014年10月
  • 日本遺伝学会奨励賞受賞講演「ゲノム情報と進化理論の統合による進化機構の解明」  [通常講演]
    長田直樹
    第86回日本遺伝学会大会 2014年09月
  • Allele-specific gene expression among Drosophila melanogaster hybrid lines revealed abundant cis-regulatory mutations  [通常講演]
    長田直樹
    国立遺伝学研究所研究会:ゲノム進化分野におけるビッグデータ情報解析の新展開 2014年03月
  • Finding evidence for weak compensatory evolution  [通常講演]
    Naoki Osada, Hiroshi Akashi
    SMBE Satellite Meeting/NIG International Workshop: The Causes of Genome Evolution 2014年03月
  • 帰無モデルとしての中立説と歴史推定  [通常講演]
    長田直樹
    統計数理研究所研究集会:ゲノム多様性のデータ解析 2013年12月
  • Dissecting regulatory mechanisms of transcriptome variation in Drosophila melanogaster  [通常講演]
    Naoki Osada
    Seminar at Academia Sinica 2013年11月
  • Dissecting regulatory mechanisms of transcriptome variation in Drosophila melanogaster  [通常講演]
    Naoki Osada
    ISEGB2013 2013年11月
  • 霊長類のゲノム進化  [通常講演]
    長田直樹
    日本人類学会大会 2013年11月
  • キイロショウジョウバエにおける集団内でのcisおよびtrans遺伝子発現変異の定量  [通常講演]
    長田直樹,宮城竜太郎,高橋文
    日本遺伝学会大会 2013年09月
  • Finding the factors of reduced genetic diversity on X chromosomes of Macaca fascicularis  [通常講演]
    Naoki Osada, Shigeki Nakagome, Shuhei Mano, Yosuke Kameoka, Ichiro Takahashi, Keiji Terao
    SMBE2013 2013年07月
  • Finding evidence for weak compensatory evolution  [通常講演]
    長田直樹
    NIG Collaborative Workshop: Evolution of Junk DNAs 2013年06月
  • ヒトゲノムの進化における自然選択と遺伝的浮動の役割  [通常講演]
    長田直樹
    インシリコ・メガバンク研究会 2013年05月
  • Evolution of rice photoperiod genes  [通常講演]
    長田直樹
    NIG collaborative research meeting: Evolutionary Genetics and Proteomics of Natural Resources in Asia 2013年02月
  • Ecological and Evolutionary Genomics of non-model organisms in Asia  [通常講演]
    長田直樹
    CKJ meeting: Genomics, Proteomics, and Bioinformatics with the Asian Perspective 2012年12月
  • 実験用霊長類のゲノムとその多様性  [通常講演]
    長田直樹
    霊長類医科学研究フォーラム 2012年11月
  • 霊長類でのX染色体と常染色体との遺伝的多様性の比について  [通常講演]
    長田直樹
    日本人類学会大会 2012年11月
  • ゲノムの分岐パターンから探る-歴史,種分化,適応  [通常講演]
    長田直樹
    みちのく進化生物セミナー 2012年10月
  • Genetic diversity of humans and nonhuman primates and its evolutionary implications  [通常講演]
    Naoki Osada
    Seminar at Academia Sinica 2012年09月
  • Inference of population history from genomic data  [通常講演]
    Naoki Osada
    Arabidopsis symposium 2012年09月
  • ゲノム情報を用いた集団の歴史の推定:霊長類や植物の例  [通常講演]
    長田直樹
    統計数理研究所研究集会:生物集団に関する遺伝データと集団遺伝学 2012年08月
  • Compensatory Evolution between Mitochondrial and Nuclear Genomes  [通常講演]
    Naoki Osada
    Okazaki Biological Conference 8 (OBC8) 2012年03月
  • Inference of natural selection by stratifying individual genome sequences  [通常講演]
    長田直樹
    国立遺伝学研究所研究会:ゲノム多様性研究における革新的な知的発見のための戦略~次世代シーケンサーを用いたゲノム多様性研究における今後の課題~ 2012年03月
  • Genetic diversity and population history of macaque monkeys  [通常講演]
    Naoki Osada
    Genomic Conservation and Diversity of Organisms: Beyond the NGS time of Life Science 2011年12月
  • Inference of population history using a single genome data  [通常講演]
    長田直樹
    日本分子生物学会年会 2011年12月
  • 多座位データを用いたゲノムヒストリーの推定  [通常講演]
    長田直樹
    統計数理研究所共同利用重点型研究による研究集会:ゲノムの多様性,進化,疾患に関わる話題についての講演 2011年12月
  • メタゲノム解析とその応用  [通常講演]
    長田直樹
    メタゲノム解析を利用した下水道情報網基盤構築に関する研究集会 2011年11月
  • 機能喪失とCpGサイトの崩壊による旧世界ザルCYP1A2遺伝子の高い遺伝的多様性  [通常講演]
    長田直樹,宇野泰広
    日本遺伝学会大会 2011年09月
  • Compensatory evolution between mitochondrial and nuclear genomes: evidence from primate respiratory chain complex genes  [通常講演]
    Naoki Osada
    SMBE2011 2011年07月
  • Compensatory Evolution between Mitochondrial and Nuclear Genomes: Evidence from Primate Respiratory Chain Complex Genes  [通常講演]
    Naoki Osada
    Seminar at National Taiwan University 2011年07月
  • 霊長類の中のヒト:ゲノム多様性の種間比較  [通常講演]
    長田直樹
    遺伝研共同研究集会:ヒト形質のゲノム発掘による新しい進化人類学の創成 2011年07月
  • ヒトの遺伝的多様性―進化生物学的視点から  [通常講演]
    長田直樹
    日本赤十字第6回学術講演会 2011年06月
  • Compensatory Evolution between Mitochondrial and Nuclear Genomes: Evidence from Primate Respiratory Chain Complex Genes  [通常講演]
    Naoki Osada
    Seminar at National Cheng-Kung University 2011年03月
  • 人類集団における自然淘汰  [通常講演]
    長田直樹
    現生人類の拡散による遺伝子と文化の多様性創出に関する総合的研究 2011年03月
  • Genetic analysis using multi-locus DNA sequence data for ecology and evolution research  [通常講演]
    長田直樹
    NIG Collaborative Research Meeting: Toward Next Generation Studies of Biodiversity and Bioresources 2010年11月
  • ヒトの遺伝的多様性とゲノムにかかる自然選択について  [通常講演]
    長田直樹
    遺伝研共同研究集会:個人ゲノム時代におけるヒトゲノムDNA多型研究 2010年11月
  • ミトコンドリア・核遺伝子間の弱有害補完モデル:霊長類COX遺伝子群の進化を例に  [通常講演]
    長田直樹,明石裕
    日本遺伝学会大会 2010年08月
  • マルチローカスデータを用いた進化生態学研究について  [通常講演]
    長田直樹
    日本進化学会大会 2010年08月
  • Polymorphism, Divergence, and Speciation: Genomic Perspective  [通常講演]
    Naoki Osada
    Seminar at National Cheng-Kung University 2010年03月
  • 実験用霊長類の種差・個体差について:ゲノム解析の視点から  [通常講演]
    長田直樹
    日本薬学会大会融合型シンポジウム 2010年03月
  • カニクイザルのトランスクリプトーム解析  [通常講演]
    長田直樹
    国際生物多様性会議:霊長類のゲノム多様性研究 2010年03月
  • 進化生物学への次世代シークエンサーの応用について  [通常講演]
    長田直樹
    国立遺伝学研究所研究集会:次世代シーケンサーを活用したゲノム多様性の研究 2010年01月
  • カニクイザルcDNAライブラリーの解析とゲノム統合データベースの開発  [通常講演]
    長田直樹,平田誠,田沼玲子,亀岡洋祐,高橋一朗,東濃篤範,鈴木穣,菅野純夫,寺尾恵治,楠田潤,橋本雄之
    日本分子生物学会年会 2009年12月
  • 有害な突然変異とその優性度の推定について:ヒト疾患遺伝子の解析  [通常講演]
    長田直樹
    日本遺伝学会大会 2009年09月
  • Ecological adaptation and speciation: genomic perspective  [通常講演]
    Naoki Osada
    Eawag CEEB joint workshop: Beyond the gaps among ecology, evolution and biogeochemistry 2009年08月
  • Analysis of gene duplication and conversion in the Drosophila melanogaster genome.  [通常講演]
    Naoki Osada, Hideki Innan
    JSPS Japan-Germany International Colloquium 2009年03月
  • Polymorphism, Divergence, and Speciation: Genomic Perspective  [通常講演]
    長田直樹
    国立遺伝学研究所 Biological symposium 2009年03月
  • カニクイザル骨髄・脾臓・膵臓由来cDNAライブラリーの解析  [通常講演]
    長田直樹,亀岡洋祐,平田誠,田沼玲子,鈴木穣,菅野純夫,高橋一朗
    日本分子生物学会年会 2008年12月
  • ヒトゲノム中の塩基置換多型と疾患関連遺伝子について  [通常講演]
    長田直樹
    日本人類学会大会 2008年11月
  • Deleterious Mutations and Human Diseases: Genomic Perspective  [通常講演]
    長田直樹
    日本進化学会大会 2008年08月
  • ヒト疾患とほぼ中立説  [通常講演]
    長田直樹
    国立遺伝学研究所研究集会:中立進化論の現在 2008年07月
  • 実験用マカク間における遺伝的分化と交雑についてのゲノム解析  [通常講演]
    長田直樹,亀岡洋祐,高橋一朗,寺尾恵治
    日本霊長類学会大会 2008年07月
  • Pattern of genetic admixture and differentiation between Macaca fascicularis and M. mulatta genome  [通常講演]
    Naoki Osada, Yosuke Kameoka, Ichiro Takahashi, Keiji Terao
    SMBE2008 2008年06月
  • Primate speciation: genes and genome  [通常講演]
    Naoki Osada
    Seminar at National Taiwan University 2008年05月
  • Primate speciation: genes and genome  [通常講演]
    長田直樹
    Seminar at National Cheng-Kung University 2008年05月
  • カニクイザルcDNAライブラリーコレクションの拡充とその解析  [通常講演]
    長田直樹,橋本雄之,楠田潤,亀岡洋祐,田沼玲子,平田誠,高橋一朗
    日本分子生物学会年会 2007年12月
  • 突然変異にかかる淘汰圧と遺伝子発現の関係について  [通常講演]
    長田直樹
    北海道大学バイオインフォマティクスセミナー 2007年10月
  • ヒトゲノム中での遺伝子発現パターンと淘汰圧との関係について  [通常講演]
    長田直樹
    日本遺伝学会大会 2007年09月
  • 遺伝子配列と発現パターンから見た霊長類進化  [通常講演]
    長田直樹
    京都大学霊長類研究所共同利用プログラム/京都大学グローバルCOEプログラム:霊長類ゲノムと脳・感覚研究の最前線 2007年07月
  • カニクイザル由来cDNAデータベースの構築,アカゲザルとの比較解析  [通常講演]
    長田直樹,橋本雄之,平田誠,田沼玲子,亀岡洋祐,楠田潤,寺尾恵治,高橋一朗
    日本霊長類学会大会 2007年07月
  • 高等霊長類でのTMEM30C遺伝子転写の進化  [通常講演]
    長田直樹
    日本進化学会大会 2006年08月
  • Collection and analysis of primate disease-related homologs  [通常講演]
    Naoki Osada, Reiko Tanuma, Makoto Hirata, Ichirou Takahashi, Yousuke Kameoka, Katsuyuki Hashimoto, Jun Kusuda
    20th International congress of biochemistry and molecular biology and 11th FAOBMB congress 2006年06月
  • Divergence between human and macaque beyond the protein evolution  [通常講演]
    Naoki Osada, Katsuyuki Hashimoto, Reiko Tanuma, Makoto Hirata, Jun Kusuda
    Human Genome Meeting 2006 2006年05月
  • カニクイザルcDNAの解析とデータベース構築  [通常講演]
    長田直樹,平田誠,田沼玲子,高橋一朗,亀岡洋祐,橋本雄之,楠田潤
    日本分子生物学会年会 2005年12月
  • カニクイザルcDNAデータベースの紹介と応用: ミトコンドリア蛋白で起こった正の淘汰  [通常講演]
    長田直樹
    日本遺伝学会大会 2005年09月
  • ゲノムレベルでわかる霊長類進化  [通常講演]
    長田直樹
    遺伝研生命情報センターCIBセミナー 2005年06月
  • Cynomolgus monkey cDNA libraries: Rate and Pattern of 5’UTR evolution in primates  [通常講演]
    Naoki Osada, Makoto Hirata, Reiko Tanuma, Jun Kusuda, Katsuyuki Hashimoto
    Human Genome Meeting 2005 2005年04月
  • Rate and pattern of 5’ UTR evolution: comparative analysis between human and cynomolgus monkey  [通常講演]
    Naoki Osada, Makoto Hirata, Jun Kusuda, Reiko Tanuma, Katsuyuki Hashimoto
    International Workshop on Encoding Information in DNA Sequences 2005年02月
  • Gene expression of Drosophila melanogaster head with sexual isolation - cis-associated difference and pattern of sex, virginity and genotype  [通常講演]
    長田直樹, Kohn Michael, Greenberg Anthony, Shapiro Joshua, Wu Chung-I
    日本分子生物学会年会 2004年12月
  • Testing the mode of speciation with genomic data  [通常講演]
    Naoki Osada, Chung-I Wu
    Keystone symposia, Natural variation and quantitative genetics in model organism 2004年03月
  • カニクイザル脳cDNAを利用したヒトゲノム配列からのヒト新規遺伝子予測  [通常講演]
    長田直樹長田直樹,肥田宗友,楠田潤,田沼玲子,平田誠,平井百樹,橋本雄之
    2002年12月
  • Identification of human homologs for novel cynomolgus monkey cDNAs  [通常講演]
    Naoki Osada
    Gordon Research Conference: GENOMICS & STRUCTURAL/EVOLUTIONARY BIOINFORMATICS 2002年08月
  • カニクイザル完全長cDNAの分離ーヒトゲノム配列での新規ヒト遺伝子同定および既知ヒト遺伝子との配列比較  [通常講演]
    長田直樹
    哺乳動物遺伝学研究会 2002年06月
  • カニクイザル脳由来完全長cDNAライブラリーからの新規遺伝子の探索及び解析  [通常講演]
    長田直樹,肥田宗友,楠田潤,田沼玲子,伊関可奈子,平田誠,平井百樹,数藤由美子,橋本雄之
    日本人類学会大会 2001年08月
  • カニクイザル脳由来完全長cDNAライブラリーの解析と新規遺伝子の探索  [通常講演]
    長田直樹,肥田宗友,楠田潤,田沼玲子,伊関可奈子,平田誠,平井百樹,数藤由美子,橋本雄之
    日本分子生物学会年会 2000年11月
  • CpGアイランドを指標にしたマウス脳由来新規完全長cDNAクローンの分離  [通常講演]
    田直樹,楠田潤,田沼玲子,伊藤亜紀子,平田誠,平井百樹,橋本雄之
    日本分子生物学会年会 1999年11月
  • ヒト第11番染色体末端領域におけるDNA複製タイミングの解析  [通常講演]
    長田直樹,笠井文生,伊関可奈子,楠田潤,橋本雄之
    日本分子生物学会年会 1998年11月
  • 染色体DNA複製タイミングのヒトと近縁霊長類における比較-FISH法による解析  [通常講演]
    長田直樹,笠井文生,寺尾恵治,森祐介,早坂郁夫
    日本人類学会大会 1998年09月
  • FISH法を利用したDNA複製タイミングの解析  [通常講演]
    長田直樹,平井百樹
    日本人類学会大会 1997年11月
  • 進化生物学への次世代シークエンサーの応用について  [通常講演]
    長田直樹
    国立遺伝学研究所研究集会:次世代シーケンサーを活用したゲノム多様性の研究
  • Population Genetics of Non-human Primates: How Are We Diverse?  [通常講演]
    Naoki Osada
    International Primatological Society Congress
  • 旧世界ザルゲノムに存在する内在性サルレトロウィルス(SERV)配列の探索と分子系統解析  [通常講演]
    池田昌輝,里村和浩,関塚剛史,花田賢太郎,遠藤俊徳,長田直樹
    第90回日本遺伝学会 2018年09月
  • Dissecting genetic and epigenetic gene expression regulatory variations in diploid organisms  [招待講演]
    長田直樹
    14th Japanese-German Frontiers of Science Symposium 2018年09月
  • ゲノム進化解析ソフトウェアの使い方  [通常講演]
    長田直樹
    第2回木村資生記念進化学セミナー 2018年09月
  • 性による移住率の偏りをゲノムデータから推定する  [招待講演]
    長田直樹
    日本人類学会大会公開シンポジウム:DNAからみたヒトの進化 2018年10月 静岡県三島市
  • ゲノムからたどる人類進化の歴史  [招待講演]
    長田直樹
    名古屋大学遺伝子実験施設公開セミナー「ゲノム解析が見える化する生命の成り立ち」 2018年12月

その他活動・業績

  • 古代ゲノムの解析手法(情報編)
    長田直樹 細胞工学 総説・解説(商業誌) 34 1092 -1095 2015年11月 [査読無し][招待論文]
  • Genes and Genetic Systems 総説・解説(学術雑誌) 90 121 -122 2015年10月 [査読無し][通常論文]
  • 長田直樹 実験医学Webコラム その他記事 2015年08月 [査読無し][招待論文]
  • 長田直樹 北海道大学大学院情報科学研究科ネットジャーナル その他記事 40 2015年06月 [査読無し][通常論文]
  • 第24回日本分子生物学会年会 The 24th Annual Meeting of the Molecular Biology Society of Japan
    長田直樹、山下順範、川崎勝己 バイオサイエンスとインダストリー = Bioscience & industry 会議報告等 60 41 -42 2001年 [査読無し][通常論文]
  • 第23回日本分子生物学会年会 The 23th Annual Meeting of the Molecular Biology Society of Japan
    和地正明、長田直樹、山下康治 バイオサイエンスとインダストリー = Bioscience & industry 会議報告等 59 40 -41 2000年 [査読無し][通常論文]
  • 進化学者に聞く!学生からの10の質問
    長田直樹 日本進化学会ニュース その他記事 15 (2) 6 -7 2014年 [査読無し][通常論文]
  • 有害な変異と偶然の効果―中立説とほぼ中立説
    長田直樹 遺伝 総説・解説(その他) (5) 322 -326 2013年05月 [査読無し][招待論文]
  • JCRB遺伝子バンク: 疾患研究と創薬にむけた遺伝子バンク
    長田直樹,高橋一朗 細胞工学 総説・解説(その他) 26 1307 -1308 2007年 [査読無し][招待論文]

受賞

  • 2014年09月 日本遺伝学会 日本遺伝学会奨励賞
     ゲノム情報と進化理論の統合による進化機構の解明 
    受賞者: 長田直樹
  • 2007年10月 日本遺伝学会 ベストペーパー賞
     On the correlation between gene expression pattern and selection intensity in the human genome 
    受賞者: 長田直樹

競争的資金等の研究課題

  • 霊長類ゲノムをモデルとした塩基配列進化の総合的研究
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(A))
    研究期間 : 2014年04月 -2016年03月 
    代表者 : 斎藤成也
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2014年04月 -2016年03月 
    代表者 : 長田直樹
  • 文部科学省:新学術領域研究
    研究期間 : 2011年04月 
    代表者 : 高橋 文
  • 文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(A))
    研究期間 : 2010年 -2013年 
    代表者 : 長田直樹
  • 動物資源の安定供給に向けた繁殖および品質管理技術の高度化に関する研究
    厚生労働省:生物資源研究事業
    研究期間 : 2007年05月 -2010年03月 
    代表者 : 寺尾恵治
  • 文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 : 2007年 -2008年 
    代表者 : 長田直樹
     
    感染症などの医学研究、創薬などの薬学研究において、哺乳類実験動物、特に霊長類はヒトと遺伝的に非常に近く、重要な位置を占める.ところが、医薬学の実験にサル類の遺伝的多様性がどのような影響を及ぼすかは全くの未知数である.また、これらの実験用霊長類のなかにどれだけの種間・種内の遺伝的多様性があるのかもはっきりとはわかっていないのが現状である.これらを明らかにするため、マカク属の中でも実験用霊長類としてメジャーなアカゲザルとカニクイザルの個体より得られたDNAの多型解析を行った.その結果、1)カニクイザルの遺伝的多様性は現生人類よりも4-5倍高い値を示す、2)カニクイザルとアカゲザルでは、種がわかれた後に遺伝子交流があったかもしれない、3)薬剤代謝にかかわる遺伝子のいくつかは種間の遺伝子での分化度が非常に高い、ということが示された.
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2007年 -2008年 
    代表者 : 野見山尚之
     
    ケモカインファミリー遺伝子は進化速度が特に早い. そのメンバーであるカニクイザル特異的CXCL1L遺伝子は, mRNAは発現するにもかかわらず, タンパク質はほとんど合成しない. その翻訳抑制機構を解析し, ケモカイン遺伝子進化との関係において考察した.
  • ゲノム配列を核としたヤポネシア人の起源と成立の解明
    文部科学省:新学術領域(研究領域提案型)
    研究期間 : 2018年06月 
    代表者 : 斎藤成也
  • ヤポネシア人の人口推定を中心とした巨大データ解析
    文部科学省:新学術領域(研究領域提案型)
    研究期間 : 2018年06月 
    代表者 : 長田直樹

教育活動情報

主要な担当授業

  • 生命情報解析学
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 工学部
  • 構造バイオインフォマティクス特論
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 情報科学研究科
    キーワード : バイオインフォマティクス、遺伝子とタンパク質、分子進化、遺伝子発現情報、生物学データベース
  • 情報生物学特論
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 情報科学研究科
    キーワード : バイオインフォマティクス、遺伝子とタンパク質、分子進化、遺伝子発現情報、生物学データベース
  • バイオエンジニアリング特論
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 情報科学研究科
    キーワード : 遺伝情報, genetic information, バイオインフォマティクス, bioinformatics, イメージング, imaging, 生体医工学, biomedical engineering, 細胞力学, cell mechanics
  • 構造バイオインフォマティクス特論
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 情報科学研究科
    キーワード : バイオインフォマティクス、遺伝子とタンパク質、分子進化、遺伝子発現情報、生物学データベース
  • 情報生物学特論
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 情報科学研究科
    キーワード : バイオインフォマティクス、遺伝子とタンパク質、分子進化、遺伝子発現情報、生物学データベース
  • バイオエンジニアリング特論
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 情報科学研究科
    キーワード : 遺伝情報, genetic information, バイオインフォマティクス, bioinformatics, イメージング, imaging, 生体医工学, biomedical engineering, 細胞力学, cell mechanics
  • 情報学Ⅰ
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : 情報活用,情報社会,情報科学
  • 生命情報解析学
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 工学部
    キーワード : 遺伝子,ゲノム,DNA,タンパク質,進化,データベース
  • 一般教育演習(フレッシュマンセミナー)
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : 遺伝子診断、個別化医療、遺伝子治療、犯罪捜査、DNA鑑定、遺伝子組換え、ゲノム編集、クローン、デザイナーベイビー、人工生命、古代DNA
  • 生体情報工学演習Ⅱ
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 工学部
    キーワード : 数値計算法,シミュレーション,統計と検定,データベース,情報検索

大学運営

委員歴

  • 2016年01月 - 現在   日本進化学会   評議員
  • 2016年01月 -2018年08月   日本進化学会   渉外幹事(国内)
  • 2017年01月 -2018年12月   日本遺伝学会   評議員
  • 2015年10月 -2015年10月   第12回日独先端科学シンポジウム(JGFoS)   研究参加者
  • 2015年10月 -2018年10月   先端科学シンポジウム(FoS)シンポジウム事業委員会   プラニンググループメンバー(PGM)
  • 2011年07月 -2015年07月   日本霊長類学会   自然保護幹事
  • 2014年01月 -2015年12月   日本進化学会   庶務幹事
  • 2011年 -2011年   国際分子進化学会(SMBE2011)   Program Committee
  • 2010年 -2010年   国際霊長類学会会議(IPS2010)   Scientific Committee
  • 2018年06月 -2019年03月   原子力規制庁   「染色体線量評価手法の標準化に向けた画像解析技術に係る検討会」委員
  • 2017年 -2017年   バイオインフォマティクス学会   2017運営委員


Copyright c MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.