研究者データベース

石渡 正樹(イシワタリ マサキ)
理学研究院 地球惑星科学部門 宇宙惑星科学分野
教授

基本情報

所属

  • 理学研究院 地球惑星科学部門 宇宙惑星科学分野

職名

    教授

学位

  • 博士(理学) (東京大学)

メールアドレス

    eメール:    momoko@gfd-dennou.org

ホームページURL

研究キーワード

  • 大気大循環モデル   暴走温室状態   系外惑星   降水分布   同期回転惑星   多重平衡解   全球凍結状態   エネルギーバランスモデル   太陽定数   熱輸送   気候多様性   暴走室温状態   生命存在可能性   表面温度分布   雲スキーム   自転角速度   惑星大気   気象学   データベース   情報システム   海面熱フラックス   地球観測   水惑星   環境分析   ハドレー循環   海面水温   データストレージ   GCM   積雲と大規模運動の相互作用   情報基盤   

研究分野

  • 地球惑星科学 / 気象・海洋物理・陸水学
  • 天文学 / 天文学
  • 地球惑星科学 / 岩石・鉱物・鉱床学

職歴

  • 2013年  北海道大学理学(系)研究科(研究院)准教授

研究活動情報

論文

  • Noda, S., Ishiwatari, M., Nakajima, K., Takahashi, Y.O., Takehiro, S., Onishi, M., Hashimoto, G.L., Kuramoto, K., Hayashi, Y.-Y.
    Icarus 282 1 - 18 2017年 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • Nishizawa, S. Odaka, M., Takahashi, Y.O. Sugiyama, K., Nakajima, K., Ishiwatari, M., Takehiro, S., Yashiro, H., Sato, Y., Tomita, H., Hayashi, Y.-Y.
    Geophys. Res. Lett. 43 4180 - 4188 2016年 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • Yamashita, T., Odaka, M., Sugiyama, K., Nakajima, K., Ishiwatari, M., Nishizawa, S., Takahashi, Y.O., Hayashi, Y.-Y.
    J. Atmos. Sci. 73 4151 - 4169 2016年 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • 石渡正樹
    Earth and Planetary Science Letters 375 312 - 318 2013年 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • Nakajima, K., Y. Yamada, Y. O. Takahashi, M. Ishiwatari,W. Ohfuchi, Y.-Y. Hayashi
    J, Meteor. Soc. Japan 91A 91 - 141 2013年 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • Sugimoto, N., M. Takagi, Y. Matsuda, Y. O. Takahashi, M. Ishiwatari, and Y.-Y. Hayashi
    Theor. Appl. Mech. Japan 61 11 - 21 2013年 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • 杉山 耕一朗, 中島 健介, 小高 正嗣, 石渡 正樹, 倉本 圭, 高橋 芳幸, 林 祥介
    遊・星・人 21 39 - 44 2012年 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • Toward high resolution simulation for the atmosphere r
    N. Sugimoto, M. Takagi, Y. Matsuda, Y.O. Takahashi, M. Ishiwatari, Y.-Y. Hayashi
    Proceedings of International Conference on Simulation Technology  - momoko 2012年 [査読有り][通常論文]
  • Nakajima, K., Yamada, Y., Takahashi Y. O., Ishiwatari, M.,Ohfuchi, W., Hayashi, Y.-Y
    J, Meteor. Soc. Japan 91A 143 - 193 2012年 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • The Aqua Planet Experiment (APE): Response to changed meridional SST profil
    Blackburn, M., D. L. Williamson, K. Nakajima, W. Ohfuchi, Y. O. Takahashi, Y.-Y. Hayashi, H. Nakamura, M. Ishiwatari, J. McGregor, H. Borth, V. Wirth, H. Frank, P. Bechtold, N. P. Wedi, H. Tomita, M. Satoh, M. Zhao, I. M. Held, M. J. Suarez, M.-I. Lee, M. Watanabe, M. Kimoto, Y. Liu, Z. Wang, A. Molod, K. Rajendran, A. Kitoh, R. Stratton
    J, Meteor. Soc. Japan 91A 71 - 56 2012年 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • Blackburn, M., D. L. Williamson, K. Nakajima, W. Ohfuchi, Y. O. Takahashi, Y.-Y. Hayashi, H. Nakamura, M. Ishiwatari, J. McGregor, H. Borth, V. Wirth, H. Frank, P. Bechtold, N. P. Wedi, H. Tomita, M. Satoh, M. Zhao, I. M. Held, M. J. Suarez, M.-I. Lee, M. Watanabe, M. Kimoto, Y. Liu, Z. Wang, A. Molod, K. Rajendran, A. Kitoh, R. Stratton
    J, Meteor. Soc. Japan 91A 71 - 56 2012年 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • Ishiwatari, M., E. Toyoda, Y. Morikawa, S. Takehiro, Y. Sasaki, S. Nishizawa, M. Odaka, N. Otobe, Y. O. Takahashi, K. Nakajima, T. Horinouchi, M. Shiotani, Y.-Y. Hayashi, Gtool development group
    Geosci. Model Dev 5 449 - 455 2012年 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • Nakajima, K., Y. Yamada, M. Ishiwatari, Y.-Y. Hayashi
    Nagare Multimedia 2012年 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • N. Sugimoto, M. Takagi, Y. Matsuda, Y. O. Takahashi, M. Ishiwatari, Y.-Y. Hayashi
    System Simulation and Scientific Computing 70 - 78 2012年 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • D. L. Williamson, M. Blackburn, B. J. Hoskins, K. Nakajima, W. Ohfuchi, Y. O. Takahashi, Y.-Y. Hayashi, H. Nakamura, M. Ishiwatari, J. L. McGregor, H. Borth, V. Wirth, H. Frank, P. Bechtold, N. P. Wedi, H. Tomita, M. Satoh, M. Zhao, I. M. Held, M. J. Suarez, M.-I. Lee, M. Watanabe, M. Kimoto, Y. Liu, Z. Wang, A. Molod, K. Rajendran, A. Kitoh, R. Stratton
    NCAR Technical Note 2012年 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • Sugiyama, K., K. Nakajima, M. Odaka, M. Ishiwatari, K. Kuramoto, Y., Morikawa, S. Nishizawa, Y. O. Takahashi, Y.-Y. Hayashi
    Geophys. Res. Lett 38 2011年 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • 谷口 博, 石渡 正樹
    ながれ : 日本流体力学会誌 ながれ : 日本流体力学会誌 27 (4) 337 - 338 02863154 2008年08月 [査読無し][通常論文]
     研究論文(学術雑誌) 
    赤道β平面浅水系の線形シアー流中の固有モードを広いパラメータ範囲で求めた.Taniguchi and Ishiwatari(2006)による最低次の最大不安定モードの考察結果をもとにして,高次の不安定モード,中立モード,連続モードに対して考察を加えた.赤道β平面浅水系の線形シアー流中では赤道ロスビー波的な構造を持つ連続モードが存在すること,高次の東西対称不安定モードは東進混合ロスビー重力波と連続モードとの共鳴,もしくは東進慣性重力波と連続モードとの共鳴によってもたらされることを明らかにした.近接する分散曲線が交差を起こす中立モードの性質,赤道ケルビン波と西進混合ロスビー重力波の分散曲線が近づいた場合における両者の分散曲線の振る舞いについても議論した.
  • 地球流体データベース・解析・可視化のための新しいサーバ兼デスクトップツール Gfdnavi の開発
    堀之内武, 西澤誠也, 渡辺知恵美, 森川靖大, 神代剛, 石渡正樹, 林祥介, 塩谷雅人
    Proceedings of Data Engineering Workshop D2 - D8 2007年 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • Ishiwatari, M., K. Nakajima, S. Takehiro, Y.-Y. Hayashi
    J.Geophys. Res. 112 2007年 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • 竹広 真一, 小高 正嗣, 石岡 圭一, 石渡 正樹, 林 祥介, SPMODEL開発グループ
    ながれ : 日本流体力学会誌 ながれ : 日本流体力学会誌 25 (5) 485 - 486 02863154 2006年10月 [査読無し][通常論文]
     研究論文(学術雑誌) 
    地球流体力学の諸問題における標準的な数値実験を簡便に行なうための一連のスペクトルモデル群を開発した.設計においては,可読性と可変性が高いプログラムソースコードであることに重点においている.Fortran90で強化された配列機能を活用し,関数名に統一的な命名ルールを導入することにより,支配方程式から容易に想像できる表現をもったプログラムソースコードを構築することが可能となっている.
  • Taniguchi,H., M. Ishiwatari
    J.Fluid Mech. 567 1 - 26 2006年 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • Yamada, Y., T. Sampe, Y.O. Takahashi, M.K. Yoshioka, W. Ohfuchi, M. Ishiwatari, K. Nakajima, Y.-Y. Hayashi
    Theor. Appl. Mech. Japan 54 289 - 297 2005年 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • Nakajima Kensuke, Toyoda Eizi, Ishiwatari Masaki, TAKEHIRO Shin-ichi, HAYASHI Yoshi-Yuki
    Journal of the Meteorological Society of Japan. Ser. II Journal of the Meteorological Society of Japan. Ser. II 82 (6) 1483 - 1504 00261165 2004年12月 [査読無し][通常論文]
     
    For the purpose of examining the initial development of the atmospheric response to a warm SST anomaly placed at the equator, an ensemble switch-on experiment is conducted with an aqua-planet GCM. An ensemble average of the size of 128 significantly reduces the transient noises caused by both small scale convective activity and large scale intraseasonal variability. In the first three days after the switch-on of the SST anomaly, a convection center develops above the warm SST area. As a barotropic response to the heating of convection center, a global increase of surface pressure occurs outside the low pressure region around the warm SST area. The response after the emergence of the high pressure anomaly is consistent with Gill (1980) ; a warm Kelvin wave-like anomaly is emitted to the east of the convection center, while a warm Rossby wave-like anomaly is emitted to the west. The Kelvin wave-like signal propagates at a speed slower than that of free Kelvin wave expected from its vertical wavelength, suggesting that the signal is a "moist" Kelvin wave. Transient decrease of precipitation occurs at the moist Kelvin wave front ; a decrease of convection associated with the downward motion at the wave front is consistent with its slow propagation. After several days, precipitation recovers and is even intensified because of the surface frictional convergence associated with the Kelvin wave-like equatorial low pressure anomaly. To the west of the warm SST area, on the other hand, precipitation decreases monotonically. The continuous reduction of precipitation is caused by the equatorial surface frictional divergence associated with the relatively high pressure anomaly at the equator of the Rossby wave structure. Finally, there appears a slow zonally symmetric response within the Hadley cell characterized with surface pressure rise in the tropics and westerly wind anomaly in the troposphere. The change of eddy zonal momentum transport, together with the transport toward the lower level by the Hadley circulation and the geostrophic adjustment to the resulting low level westerly acceleration, seems to be responsible for the response.
  • Ishiwatari, M., S. Takehiro, K. Nakajima, Y.-Y. Hayashi
    J. Atmos. Sci. 59 3223 - 3238 2002年 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • Takehiro, S., M. Ishiwatari, K. Nakajima, Y.-Y. Hayashi
    Geophysical and Astrophysical Fluid Dynamics 96 439 - 459 2002年 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • 小高 正嗣, 中島 健介, 石渡 正樹, 林 洋介
    ながれ : 日本流体力学会誌 ながれ : 日本流体力学会誌 20 (6) 427 - 428 02863154 2001年12月 [査読無し][通常論文]
  • Nakajima, K., S. Takehiro, M. Ishiwatari, Y.-Y. Hayashi
    Geophys. Res. Lett. 27 3129 - 3132 2000年 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • The effects of thermal boundary condition on convection in rapidly rotating spherical shells
    Takehiro, S., M. Ishiwatari, K. Nakajima, Y.-Y. Hayashi
    Theoretical and Applied Mech. 48 415 - 421 1999年 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • 中島 健介, 竹広 真一, 石渡 正樹
    ながれ ながれ 17 (3) CD - ROM 02863154 1998年06月 [査読無し][通常論文]
  • ODAKA Masatsugu, NAKAJIMA Kensuke, TAKEHIRO Shin-ichi, ISHIWATARI Masaki, HAYASHI Yoshi-yuki
    Earth, planets and space Earth, planets and space 50 (5) 431 - 437 13438832 1998年05月 [査読無し][通常論文]
  • 保坂 征宏, 石渡 正樹, 竹広 真一, 中島 健介, 林 祥介
    Journal of the Meteorological Society of Japan. Ser. II Journal of the Meteorological Society of Japan. Ser. II 76 (2) 289 - 305 00261165 1998年04月 [査読無し][通常論文]
     
    熱帯に局在する暖水域が熱帯域の大規模な降水分布に与える影響を調べるために水惑星実験を行った。用いた数値モデルは、T42L16の分解能を持つ全球プリミティブモデルであり、簡略な水過程を含む。暖水域は、東西一様南北対称なSST分布をもつ海洋の赤道上に置いた。得られた熱帯域の降水分布は、暖水域の西側での降水減少と東側の広範な領域での増加、という東西非対称性の発生に特徴付けられる。その傾向は用いた積雲のパラメタリゼーション(対流調節とKuoスキーム)によらない。西側では、中層の昇温による安定度の増加と下降流が見られ、降水の減少と整合的であった。東側では、中層の昇温はあるものの、下層での南北収束による水蒸気の増加が安定度の減少をもたらし、降水の増加と対応していた。蒸発の評価に用いられる下層風速を固定した実験を行った結果、非対称な降水分布の生成にWISHEは重要な要因とはなっていないことが示された。
  • 石渡正樹
    Nagare Multimedia 1998年 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • 竹広 真一, 石渡 正樹, 中島 健介, 林 祥介
    Nagare Multimedia 1998年 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • Xie, S.-P., M. Ishiwatari, H. Hashizume, K. Takeuchi
    Geophys. Res. Lett. 25 3863 - 3866 1998年 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • 暴走温室状態の発生条件
    石渡正樹
    遊・星・人 7 125 - 133 1998年 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • 石渡正樹
    J.Fluid Mech. 281 33 - 50 1994年 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)

その他活動・業績

教育活動情報

主要な担当授業

  • 宇宙理学特別講義1
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 理学院
    キーワード : 大気、海洋、地球流体力学
  • 宇宙理学特別講義2
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 理学院
    キーワード : 大気、海洋、地球流体力学
  • 大学院共通授業科目(一般科目):複合領域
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 大学院共通科目
    キーワード : 国際性、グローバル化、科学動向、発想力、独創力(主導性)、洞察力
  • 惑星気象学特論1
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 理学院
    キーワード : 回転成層流体, 波動, 不安定, 対流
  • 国際理学イニシアチブ特論
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 理学院
    キーワード : 国際プロジェクト、金星大気、金星探査機「あかつき」
  • 宇宙理学特別講義1
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 理学院
    キーワード : 系外惑星、天文観測
  • 宇宙理学特別研究1
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 理学院
    キーワード : 宇宙理学、修士論文、修士論文発表
  • 宇宙理学論文講読
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 理学院
    キーワード : 宇宙理学、研究発表、雑誌会
  • 宇宙理学論文輪講
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 理学院
    キーワード : 宇宙理学、研究発表、雑誌会
  • 宇宙理学特別研究2
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 理学院
    キーワード : 宇宙理学、博士後期課程
  • 凝縮系物理学特論
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 理学部
    キーワード : 流体力学、理想流体、粘性流体、Navier-Stokes 方程式
  • 地球惑星科学Ⅱ
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : 宇宙,惑星,大気と海洋の運動と構造,気候変動,地球環境
  • 地球惑星流体力学
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 理学部
    キーワード : 回転成層流体, 波動, 不安定, 対流
  • 地球惑星流体力学
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 理学部
    キーワード : 回転成層流体, 波動, 不安定, 対流
  • 流体力学
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 理学部
    キーワード : 流体力学、理想流体、粘性流体、Navier-Stokes 方程式
  • 地球惑星科学特別講義
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 理学部
    キーワード : 系外惑星、表層環境
  • 現代地球惑星科学概論1
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 理学部
    キーワード : 地球惑星科学 グループ学習 プレゼンテーション 議論
  • 進化する宇宙
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 理学部
    キーワード : 地球惑星科学 グループ学習 プレゼンテーション 議論
  • 情報実習
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 理学部
    キーワード : 計算機ネットワーク、計算機、基本作法、基礎技術、情報科学、地球惑星情報学
  • 地球惑星科学のための情報科学演習
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 理学部
    キーワード : 計算機ネットワーク、計算機、基本作法、基礎技術、情報科学、地球惑星情報学

大学運営

委員歴

  • 2007年01月 -2007年12月   日本惑星科学会   総務専門委


Copyright c MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.