有賀 正アリガ タダシresearchmap個人ページ

更新日 : 2017/09/19

基本情報

プロフィール

所属部署名
医学研究院  専門医学系部門生殖・発達医学分野
環境健康科学研究教育センター
北海道大学病院
職名特任教授 
学位
博士(医学)(北海道大学)
メールアドレス
ホームページURLhttp://www.med.hokudai.ac.jp/~ped-w/
科研費研究者番号

研究キーワード

原発性免疫疾患不全症, 感染免疫, 遺伝子治療, 小児科学

研究分野

内科系臨床医学 / 小児科学
内科系臨床医学 / 小児科学
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
内科系臨床医学 / 小児科学
内科系臨床医学 / 小児科学

所属学協会

日本小児感染症学会
日本小児リウマチ学会運営委員会
日本小児リウマチ学会
日本小児科学会
日本小児科学会欧文誌編集委員会
日本人類遺伝学会
日本免疫学会
アメリカ遺伝子治療学会
日本小児神経学会
日本遺伝子治療学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
日本小児感染症学会
日本小児リウマチ学会運営委員会
日本小児リウマチ学会
日本小児科学会
日本小児科学会欧文誌編集委員会
日本人類遺伝学会
日本免疫学会
アメリカ遺伝子治療学会
日本小児神経学会
日本遺伝子治療学会
日本臨床免疫学会
ヨーロッパ免疫不全学会
日本アレルギー学会
日本小児保健協会
日本発達障害学会
日本アレルギー協会
北海道出生前診断研究会
日本スクリーニング学会

研究活動

論文

Activation of the brainstem precedes and outlasts the K-complex in humans.
Kohsaka S, Sakai T, Kohsaka M, Fukuda N, Ariga T.
Neuroscience 202 243-251 2011年
Barth syndrome diagnosed in the subclinical stage of heart failure based on the presence of lipid storage myopathy and isolated non-compaction of left ventricular myocardium.
TAKEDA Atsuhito, SUDO Akira, YAMADA Masafumi, YAMAZAWA Hirokuni, IZUMI Gaku, NISHINO Ichizo, ARIGA Tadashi
Eur J Paediatr 170(11) 1481-1484 2011年
Genetic analysis of contiguous X-chromosome deletion syndrome encompassing the BTK and TIMM8A genes.
ARAI Takashi, ZHAO Meina, KANEGANE Hirokazu, VAN ZELM Menno C, FUTATANI Takeshi, FUTATANI Takeshi, YAMADA Masafumi, ARIGA Tadashi, OCHS Hans D, MIYAWAKI Toshio, OH‐ISHI Tsutomu
Journal of Human Genetics 56(8) 577-582 2011年
ADA-SCID with “WAZA-ARI” mutations that synergistically abolished ADA protein stability.
British J Haematol 153 675-678 2011年
Nationwide Survey of Patients with Primary Immunodeficiency Diseases in Japan.
ISHIMURA Masataka, TAKADA Hidetoshi, DOI Takehiko, IMAI Kousuke, SASAHARA Yoji, KANEGANE Hirokazu, NISHIKOMORI Ryuta, MORIO Tomohiro, HEIKE Toshio, KOBAYASHI Masao, ARIGA Tadashi, TSUCHIYA Shigeru, NONOYAMA Shigeaki, MIYAWAKI Toshio, HARA Toshiro
J Clin Immunol 31(6) 968-976 2011年
Japanese Cord Blood Bank Network. Outcome of unrelated umbilical cord blood transplantation in 88 patients with primary immunodeficiency in Japan.
MORIO Tomohiro
Br J Haematol 154(3) 363-372 2011年
Autoantibodies to villin occur frequently in IPEX, a severe immune dysregulation, syndrome caused by mutation of FOXP3.
KOBAYASHI Ichiro, KUBOTA Mitsuru, YAMADA Masafumi, ARIGA Tadashi, KUBOTA Mitsuru, TANAKA Hiroshi, ITOH Shuichi, SASAHARA Yoji, WHITESELL Luke
Clin Immunol 141(1) 83-89 2011年
Detection of KI polyomavirus and WU polyomavirus DNA by real-time PCR in nasopharyngeal swabs and in normal lung and lung adenocarcinoma tissues.
TERAMOTO Shinobu, TERAMOTO Shinobu, KAIHO Miki, KAIHO Miki, TAKANO Yasuo, ENDO Rika, ENDO Rika, KIKUTA Hideaki, SAWA Hirofumi, SAWA Hirofumi, ARIGA Tadashi, ARIGA Tadashi, ISHIGURO Nobuhisa, ISHIGURO Nobuhisa
Microbiol Immunol. 55(7) 525-530 2011年
Intracellular estrogen receptor-binding fragment-associated antigen 9 (EBAG9) exerts in vivo tumor-promotive effects via its coiled-coil region.
IInt. J. Oncology 39 41-49 2011年
Novel compound heterozygous mutations in the C3 gene: hereditary C3 deficiency.
Pediatr Int 53 e16-e19 2011年
論文を全て表示する
論文閉じる
Activation of the brainstem precedes and outlasts the K-complex in humans.
Kohsaka S, Sakai T, Kohsaka M, Fukuda N, Ariga T.
Neuroscience 202 243-251 2011年
Barth syndrome diagnosed in the subclinical stage of heart failure based on the presence of lipid storage myopathy and isolated non-compaction of left ventricular myocardium.
TAKEDA Atsuhito, SUDO Akira, YAMADA Masafumi, YAMAZAWA Hirokuni, IZUMI Gaku, NISHINO Ichizo, ARIGA Tadashi
Eur J Paediatr 170(11) 1481-1484 2011年
Genetic analysis of contiguous X-chromosome deletion syndrome encompassing the BTK and TIMM8A genes.
ARAI Takashi, ZHAO Meina, KANEGANE Hirokazu, VAN ZELM Menno C, FUTATANI Takeshi, FUTATANI Takeshi, YAMADA Masafumi, ARIGA Tadashi, OCHS Hans D, MIYAWAKI Toshio, OH‐ISHI Tsutomu
Journal of Human Genetics 56(8) 577-582 2011年
ADA-SCID with “WAZA-ARI” mutations that synergistically abolished ADA protein stability.
British J Haematol 153 675-678 2011年
Nationwide Survey of Patients with Primary Immunodeficiency Diseases in Japan.
ISHIMURA Masataka, TAKADA Hidetoshi, DOI Takehiko, IMAI Kousuke, SASAHARA Yoji, KANEGANE Hirokazu, NISHIKOMORI Ryuta, MORIO Tomohiro, HEIKE Toshio, KOBAYASHI Masao, ARIGA Tadashi, TSUCHIYA Shigeru, NONOYAMA Shigeaki, MIYAWAKI Toshio, HARA Toshiro
J Clin Immunol 31(6) 968-976 2011年
Japanese Cord Blood Bank Network. Outcome of unrelated umbilical cord blood transplantation in 88 patients with primary immunodeficiency in Japan.
MORIO Tomohiro
Br J Haematol 154(3) 363-372 2011年
Autoantibodies to villin occur frequently in IPEX, a severe immune dysregulation, syndrome caused by mutation of FOXP3.
KOBAYASHI Ichiro, KUBOTA Mitsuru, YAMADA Masafumi, ARIGA Tadashi, KUBOTA Mitsuru, TANAKA Hiroshi, ITOH Shuichi, SASAHARA Yoji, WHITESELL Luke
Clin Immunol 141(1) 83-89 2011年
Detection of KI polyomavirus and WU polyomavirus DNA by real-time PCR in nasopharyngeal swabs and in normal lung and lung adenocarcinoma tissues.
TERAMOTO Shinobu, TERAMOTO Shinobu, KAIHO Miki, KAIHO Miki, TAKANO Yasuo, ENDO Rika, ENDO Rika, KIKUTA Hideaki, SAWA Hirofumi, SAWA Hirofumi, ARIGA Tadashi, ARIGA Tadashi, ISHIGURO Nobuhisa, ISHIGURO Nobuhisa
Microbiol Immunol. 55(7) 525-530 2011年
Intracellular estrogen receptor-binding fragment-associated antigen 9 (EBAG9) exerts in vivo tumor-promotive effects via its coiled-coil region.
IInt. J. Oncology 39 41-49 2011年
Novel compound heterozygous mutations in the C3 gene: hereditary C3 deficiency.
Pediatr Int 53 e16-e19 2011年
TRIM32 promotes neural differentiation via retinoic acid receptor-mediated transcription.
SATO Tomonobu, OKUMURA Fumihiko, KANO Satoshi, KONDO Takeshi, ARIGA Tadashi, HATAKEYAMA Shigetsugu
J. Cell Sci. 124(20) 3492-3502 2011年
Piperacilln/Tazobactam versus Cefozopran for the empirical treatment of peiatric cancer patients with febrile neutoropenia.
Pediatr Blood Cancer. 57 1159-1162 2011年
Defective IL-10 signaling in hyper-IgE syndrome results in impaired generation of tolerogenic dendritic cells and induced regulatory T cells.
J Exp Med. 208 235-249 2011年
Quantification of kappa-deleting recombination excision 1 circles in Guthrie cards for the identification of early B-cell maturation defects.
J Allergy Clin Immunol. 128 223-225 2011年
Successful reduced-intensity stem cell transplantation from unrelated cord blood in three patients with X-linked severe combined immunodeficiency.
Bone Marrow Transplant. 46 1526-1531 2011年
Anti-CADM-140/MDA5 antibody in juvenile dermatomyositis complicated with interstitial lung disease.
J Pediatr. 158 675-677 2011年
A Mutation in the DSPP Gene Affects Enamel Formation.
Oral Dis. 17 314-319 2011年
Higher urinary excretion of inorganic phosphate during early induction of chemotherapy predicts a good prognosis in childhood acute leukemia.
J Pediatr Hematol Oncol. 33 e143 2011年
Determination of the deletion breakpoints in two patients with contiguous gene syndrome encompassing CYBB gene.
YAMADA M., HATANO N., KAWAMURA N., ARIGA T., ARAI T., OISHI T., KOBAYASHI I., KUBOTA M., SUZUKI N., YODA M.
Eur J Med Genet 53(6) 383-388 2010年
Hematologically important mutations: X-linked chronic granulomatous disease (third update)
ROOS D., DE BOER M., VAN LEEUWEN K., KUHNS D.B., MADDALENA A., ROESLER J., LOPEZ J.A., ARIGA T., AVCIN T., BUSTAMANTE J., CONDINO‐NETO A., DI MATTEO G., HE J., HILL H.R., WITWER C.T., HILL H.R., WITWER C.T., HOLLAND S.M., KANNENGIESSER C., KOKER M.Y., KONDRATENKO I., MALECH H.L., GALLIN J.I., MARODI L., NUNOI H., STASIA M.‐J., VENTURA A.M., WOLACH B.
Blood Cell Mol Dis 45(3) 246-265 2010年
X-linked agammaglobulinemia in a 10-year-old boy with a novel non-invariant splice-site mutation in Btk gene.
Blood Cell Mol. Dis. 44,/,300-304 2010年
Antibodies against structural and nonstructural proteins of human bocavirus in human sera.
Clin Vaccine Immunol. 17 190-193 2010年
DSPP mutation associated with Dentinogenesis Imperfecta type II in a Japanese Family
Eur J Oral Sci  in press 2009年
A five-year old boy with unicentric Castleman’s disease affecting the mesentery: Utility of serum IL-6
J Pediatr Hematol Oncol  in press 2009年
Possible application of flow cytometry for evaluation of the structure and functional status of WASP in peripheral blood mononuclear cells.
Eur J Haematol 87,/,223-230, 2009年
Two candidate tumor suppressor genes, MEOX2 and SOSTDCI, indentified in a 7p21 homozygous deletion region in a Wilms tumor.
Genes Chromosomes Cancer 48 1037-1050 2009年
De novo mutation in the DSPP gene associated with Dentinogenesis Imperfecta type II in a Japanese Family..
Eur J Oral Sci 117 691-694 2009年
A five-year old boy with unicentric Castleman’s disease affecting the mesentery: Utility of serum IL-6 level and 18F-FDG PET for diagnosis.
J Pediatr Hematol Oncol i31 6936 2009年
Molecular explanation for the contradiction between systemic Th17 defect and localized bacterial infection in hyper-IgE syndrome.
J Exp Med 206 1291-1301 2009年
Identification of severe combined immunodeficiency by T-cell receptor excision circles quantification using neonatal Guthrie cards.
J Pedatr  in press 2009年
The clinical feature of invasive fungal infection in pediatric patients with hematologic and malignant diseases: a 10-year analysis at a single institution at Japan.
J Pediatr Hematol Oncol. 30 886-890 2008年
The first confirmed case with C3 deficiency caused by compound heterozygous mutations in the C3 gene; a new aspect of pathogenesis for C3 deficiency.
Blood Cell Mol. Dis 40 410-413 2008年
A five-year old boy with unicentric Castleman’s disease affecting the mesentery: Utility of serum IL-6 level and 18F-FDG PET for diagnosis.
J Pediatr Hematol Oncol  9999 2008年
The syndrome of inappropriate secretion of antidiuretic hormone associated with SCT: clinical differences following SCT using cord blood and BM/peripheral blood.
Bone Marrow Transplantation, 42 743-748 2008年
Detection of four genetic subgroup-specific antibodies to human metapneumovirus attachment (G) protein in human serum.
ENDO Rika, EBIHARA Takashi, ISHIGURO Nobuhisa, TERAMOTO Shinobu, ARIGA Tadashi, SAKATA Chikako, HAYASHI Akio, ISHIKO Hiroaki, KIKUTA Hideaki
Journal of General Virology 89(8) 1970-1977 2008年
A girl with Down syndrome and partial trisomy for 21pter-q22.13: A clue to narrow the Down syndrome critical region.
Am J Med Genet A. 146 124-127 2008年
EpsteinミBarr virus-associated B-cell lymphoma in a patient with DNA ligase IV (LIG4) syndrome
Am J Med Genet Part A(143A) 742-745 2007年
Congenital Arhinia: Molecular-genetic Analysis of Five Patients.
Am J Med Genet 143A 546-552 2007年
Evaluation of risk factors for invasive fungal infection after allogeneic stem cell transplantation in pediatric patients.
J Pediatr Hematol Oncol 29 786-791 2007年
Induction of NKG2D ligands on human dendritic cells by TLR ligand stimulation and RNA virus infection
EBIHARA Takashi, MASUDA Hisayo, AKAZAWA Takashi, SHINGAI Masashi, KIKUTA Hideaki, ARIGA Tadashi, MATSUMOTO Misako, MATSUMOTO Misako, SEYA Tsukasa, SEYA Tsukasa
Int Immunol 19(10) 1145-1155 2007年
. Severe phimosis as a notable sequela of allogenic stem cell transplantation in boys
Bone Marrow Transplantation 40 335-338 2007年
Stem cell transplantation in primary immunodeficiency disease patients.
SATO Tomonobu, KOBAYASHI Ryoji, TOITA Nariaki, KANEDA Makoto, HATANO Norikazu, IGUCHI Akihiro, KAWAMURA Nobuaki, ARIGA Tadashi
Pediatr Int 49(6) 795-800 2007年
Seroepidemiology on Human Bocavirus in Japan. In submission to
J Clin Microbiol 45 3218-3223 2007年
Dominant-negative mutations in the DNA-binding domain of STAT3 cause hyper-IgE syndrome.
MINEGISHI Yoshiyuki, SAITO Masako, TSUCHIYA Shigeru, TSUGE Ikuya, TAKADA Hidetoshi, HARA Toshiro, KAWAMURA Nobuaki, ARIGA Tadashi, PASIC Srdjan, STOJKOVIC Oliver, METIN Ayse, KARASUYAMA Hajime
Nature. 448(7157) 1058-1062 2007年
A Novel Missense Mutation (p.P52R) in the Amelogenin Gene Causing X-linked Amelogenesis Imperfecta.
J Dent Res 86 69-72 2006年
Successful report of reduced-intensity stem cell transplantation from unrelated umbilical cord blood in a girl with chronic active Epstein-Barr virus infection.
J Pediatr Hematol Oncol 28 254-256 2006年
A case of Wilkott-Aldrich syndrome with de novo mutation at exon 4
Turkish J Pediatr 48 66-68 2006年
Two sibling cases of hydrops fetalis due to alloimmune anti-CD36 (Naka ) antibody.
Thrombosis and Hemostasis 95 267-271 2006年
A case of Wilkott-Aldrich syndrome with de novo mutation at exon 4.
Turkish J Pediatr. 48 66-68 2006年
Epitope Mapping of Anti-a-Fodrin Autoantibody in Juvenile Sj喩renユs Syndrome: Difference in Major Epitopes Between Primary and Secondary Cases.
J Rheumatol 33 1395-1400 2006年
Successful treatment of congenital pulmonary alveolar proteinosis with intravenous immunoglobulin G administration.
Respirology. Suppl 1 S74-S77 2006年
Gene therapy for primary immunodeficiency diseases; recent progress and misgivings.
Curr Pharm Dsign 12 557-563 2006年
Analysis of the COL17A1 in non-Herlitz junctional epidermolysis bullosa and amelogenesis imperfecta.
Int J Mol Med. 18 333-337 2006年
Detection of Human Bocavirus in Japanese Children with Lower Respiratory Tract Infections.
J Clin Microbiol. 41 132-134 2006年
Successful report of reduced-intensity stem cell transplantation from unrelated umbilical cord blood in a girl with chronic active Epstein-Barr virus infection.
J Pediatr Hematol Oncol 28 254-256 2006年
Human Tyk2 deficiency reveals requisite roles of Tyk2 in multiple cytokine signals involved in innate and acquired immunity.
Immunity 25 744-755 2006年
Two sibling cases of hydrops fetalis due to alloimmune anti-CD36 (Naka ) antibody.
Thrombosis and Hemostasis 95 267-271 2006年
A Novel Missense Mutation (p.P52R) in the Amelogenin Gene Causing X-linked Amelogenesis Imperfecta.
J Dent Res 86 69-72 2006年
Outcome in patients with Wiskott Aldrich syndrome following stem cell transplantation: an analysis of 57 patients in Japan.
British J Haematol. 135 362-366 2006年
A Case of C3 Deficiency With a Novel Homozygous Two-base Deletion in the C3 Gene
Am J Med Genet 138A 399-400 2005年
Response to Biesecker and Johnston. Clin Genet. 68: 285, 2005.*
Clin Genet 68 285 2005年
Molecular analysis of nonsyndromic preaxial polydactyly; preaxial polydactyly type-IV and preaxial polydactyly type-I
Clin Gene 67 429-433 2005年
Significance of eosinophilia after stem cell transplantation as a possible prognostic marker of favorable outcome.
Bone Marrow Transplant 36 985-991 2005年
A Case of C3 Deficiency With a Novel Homozygous Two-base Deletion in the C3 Gene. *
Am J Med Genet 138A 399-400 2005年
Molecular analysis of nonsyndromic preaxial polydactyly; preaxial polydactyly type-IV and preaxial polydactyly type-I.
Clin Genet 67 429-433 2005年
Mutational Analysis of the TCOF1 Gene in 11 Japanese Patients with Treacher Collins Syndrome. :
Am J Med Genet 134A 363-367 2005年
Treacher Collins syndrome with craniosynostosis, choanal atresia and esophageal regurgitation caused by a novel nonsense mutation in the TCOF1
Am J Med Genet 128A 173-175 2004年
Molecular diagnosis of Wiskott-Aldrich syndrome in Taiwan.
J Microbiol Immunol Infect. 37 276-281 2004年
Caviles AP, Nelson DL, Sakiyama Y. Confirming or excluding the diagnosis of Wiskott-Aldrich syndrome in children with thrombocytopenia of an unknown etiology.
J Ped Hem Onc 26 435-440 2004年
Q fever and lymphadenopathy: report of four new cases and review.
Eur J Clin Microbiol Infect Dis, 23 759-764 2004年
Treacher Collins syndrome with craniosynostosis, choanal atresia and esophageal regurgitation caused by a novel nonsense mutation in the TCOF1.
Am J Med Genet 128A 173-175 2004年
The role of common gamma chain on monocytes in vivo; evaluation from the studies of carriers of X-linked severe combined immunodeficiency (X-SCID) and X-SCID patients who had received cord blood stem cell transplantation.
British Journal of Haematology 118 858-863 2002年
Single-base Deletion at the Exon-intron Junction of the Enamelin Gene Causes an Autosomal-dominant Hypoplastic Form of Amelogenesis Imperfecta.
J Dent Res81 738-742 2002年
Mixed chimera status of 12 patients with Wiskott-Aldrich syndrome (WAS) after hematopoietic stem cell transplantation; evaluation by flow cytometric analysis of intracellular WAS protein expression.
Blood 100 1208-1214 2002年
Flow Cytometry Analysis of Adenosine Deaminase (ADA) Expression: A Simple and Reliable Tool for the Assessment of ADA-Deficient Patients Before and After Gene Therapy. Hum.
Gene Ther. 13 425-432 2002年
Prenatal diagnosis of the Wiskott-Aldrich syndrome by detection of the mutant allele using PCR-based methods
ARIGA T, IWAMURA M, MIYAKAWA T, TAKAHASHI H, MIKAMI A, SAKIYAMA Y
Pediatrics International 43(6) 716-719 2001年
Gene-transferred oligoclonal T cells predominantly persist in peripheral blood from an adenosine daminase-deficient patient during gene therapy
Mol Ther 3 24-27 2001年
Spontaneous in vivo reversion of an inherited mutation in the Wiskott-Aldrich syndrome.
J Immunol 166 5245-5249 2001年
Significant role of interleukin-8 in pathogenesis of pulmonary disease due to mycoplasma pneumonie infection.
Clin Diagn Lab Immunol 8 1028-1030 2001年
Novel mutations of FOXP3 in two Japanese patients with immune dysregulation, polyendocrinopathy, enteropathy, X linked syndrome (IPEX).
J Med Genet. 38 874-876 2001年
Molecular basis for paradoxical carriers of adenosine deaminase (ADA) deficiency who show extremely low level of ADA activity in peripheral blood cells without immunodeficiency.
J Immunol 166 1698-1702 2001年
Prenatal diagnosis of the Wiskott-Aldrich syndrome by detection of the mutant allele using PCR-based methods.
ARIGA T, IWAMURA M, MIYAKAWA T, TAKAHASHI H, MIKAMI A, SAKIYAMA Y
Pediatrics International 43(6) 716-719 2001年
T cell lines from two patients with adenosine deaminase (ADA) deficiency showed the restoration of ADA activity resulted from the reversion of an inherited mutation.
Blood 97 2896-2899 2001年
Coxiella burnetii lymphadenitis; a possible fever focus in acute Q fever.
ARIGA T, NAGAOKA H, MIYANOSHITA A, KUSUNOKI Y, WATANABE T, SHINOHARA T, SAKIYAMA Y
Pediatrics International. 42(6) 711-714 2000年
Determination of carrier status for Wiskott-Aldrich syndrome (WAS) by flow cytometric analysis of WASP expression in peripheral blood monocuclear cells.
J. Immunol 165 1119-1122 2000年
Rapid tyrosie pholphorylation and activation of Btk/Tec kinase in platelets induced by collagen binding or CD32 crosslinking.
Blood 95 1663-1670 2000年
Genetic studies of three Japanese patients with p22-phox deficient chronic gramulomatous disease; Detection of a possible common mutanat allele in Japan and genotype-phenotype correlation in these patients.
British J Haematol. 108 511-517 2000年
Ariga T, Yamada M, Wada T, Saitoh S, Sakiyama Y: Detection of lymphocytes and granulocytes expressing the mutant WASP message in carriers of Wiskott-Aldrich syndrome. Britsh J Haematl 104: 893-900, 1999.
 1999年
Yamada M, Ohtsu M, Kobayashi I, Kawamura N, Kobayashi K, Ariga T, Sakiyama Y, Nelson DN, Tsuruta S, Anakura M, Ishikawa N, Flow cytometric analysis of Wiskott-Aldrich syndrome (WAS) protein in lymphocytes from WAS patients and theri familial carriers. ・・・
 1999年
Kawamura N, Ariga T, Ohtsu M, Kobayashi I,Yamada M, Tame A, Furuta M, Okano M, Egashira M, Niikawa N, Kobayashi K, Sakiyama Y.: In vivo kinetics of transduced cells in peripheral T cell-directed gene therapy: role of CD8+ cells in improved immunologica・・・
 1999年
Egashira M, Ariga T, Kawamura N, Miyoshi O, Niikawa N, and Sakiyama Y: Visible Integration of the Adenosine Deaminase (ADA) Gene Into the Recipient Gene Therapy American Journal of Medical Genetics 75:314-317, (1998)
 1998年
Ariga T, Yamada M, Tatsuzawa O, Sakiyama Y. A case of Wiskott-Aldrich syndrome with dual mutations in exon 10 of the WASP gene; an additional de novo one base insertion, which restores frame shift due to an inherent one base deletion, detected in major・・・
 1998年
Kawamura N, Ariga T, Ohtsu M, Yamada M, Tame A, Furuta M, Kobayashi I, Okano M, Yanagihara Y, Sakiyama Y. Elevation of serum IgE level and peripheral eosinophil count during T lymphocyte-directed gene therapy for ADA deficiency; implication of Tc2-like・・・
 1998年
Ariga T, Furuta H, Cho K and Sakiyama Y: Genetic analysis of 13 families with X-Linked chronic granulomatous disease reveals a low proportion of sporadic patients and a high proportion of sporadic carriers Pediatric Research 44(1): 85-92, (1998)
 1998年
Coxiella burnetii lymphadenitis; a possible fever focus in acute Q fever.
Pediatrics International 42 103-105 1993年

書籍

全身に見られる症候 易感染症
今日の診断指針第六版 2010年
Genetic errors associated with purine and pyrimidine metabolism in humans: diagnosis and treatment
RESEARCH SIGNPOST 2006年
小児臨床検査ガイド
文光堂 2006年
書籍を全て表示する
書籍閉じる
全身に見られる症候 易感染症
今日の診断指針第六版 2010年
Genetic errors associated with purine and pyrimidine metabolism in humans: diagnosis and treatment
RESEARCH SIGNPOST 2006年
小児臨床検査ガイド
文光堂 2006年

作品等

高校生メディカル講義 
2009年 
作品等を全て表示する
作品等閉じる
高校生メディカル講義 
2009年 

競争的資金等の研究課題

遺伝子治療臨床研究
:厚生労働科学研究費補助金
研究期間 : 1999年
小児における感染・免疫の研究
研究期間 : 1999年
原発性免疫不全症の遺伝子解析並びに遺伝子治療
研究期間 : 1999年
小児リウマチ性疾患の臨床的研究
研究期間 : 2005年
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
遺伝子治療臨床研究
:厚生労働科学研究費補助金
研究期間 : 1999年
小児における感染・免疫の研究
研究期間 : 1999年
原発性免疫不全症の遺伝子解析並びに遺伝子治療
研究期間 : 1999年
小児リウマチ性疾患の臨床的研究
研究期間 : 2005年

教育活動

主要な担当授業

医倫理学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
医倫理学序論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 発達、小児医療、周産期医療development, pediatric care, perinatal care
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 発達、小児医療、周産期医療、がんプロフェッショナルdevelopment, pediatric care, perinatal care, cancer professional
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 発達、小児医療、周産期医療、がんプロフェッショナルdevelopment, pediatric care, perinatal care, cancer professional
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 発達、小児医療、周産期医療development, pediatric care, perinatal care
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 発達、小児医療、周産期医療、がんプロフェッショナルdevelopment, pediatric care, perinatal care, cancer professional
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 発達、小児医療、周産期医療、がんプロフェッショナルdevelopment, pediatric care, perinatal care, cancer professional
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 発達、小児医療、周産期医療development, pediatric care, perinatal care
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 発達、小児医療、周産期医療development, pediatric care, perinatal care
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医倫理学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
医倫理学序論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 発達、小児医療、周産期医療development, pediatric care, perinatal care
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 発達、小児医療、周産期医療、がんプロフェッショナルdevelopment, pediatric care, perinatal care, cancer professional
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 発達、小児医療、周産期医療、がんプロフェッショナルdevelopment, pediatric care, perinatal care, cancer professional
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 発達、小児医療、周産期医療development, pediatric care, perinatal care
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 発達、小児医療、周産期医療、がんプロフェッショナルdevelopment, pediatric care, perinatal care, cancer professional
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 発達、小児医療、周産期医療、がんプロフェッショナルdevelopment, pediatric care, perinatal care, cancer professional
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 発達、小児医療、周産期医療development, pediatric care, perinatal care
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 発達、小児医療、周産期医療development, pediatric care, perinatal care
小児科学・小児外科学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 小児科学
小児科学・小児外科学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
統合・感染症
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
統合・感染症学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 主な細菌感染症の症候・診断・治療、主な感染症の病原体の分類、細菌学的診断と血清学的診断、感染症のDNA診断法、脳炎・髄膜炎の症候・診断・治療、SARS、カンジダ症の症候・診断・治療、ニューモシスチス肺炎の症候・診断・治療、プリオン感染症(クロイツフェルト・ヤコブ病、狂牛病)の概説、SSPEの概説、HTLV−1感染症、予防接種、主なウイルス感染症の症候・診断・治療、ウイルス性皮膚疾患(単純ヘルペス、伝染性紅斑、手足口病、ウイルス性ゆうぜい)、皮膚の真菌症と細菌感染症、性行為感染症、クラミジア感染症、感染症の化学療法、新興感染症・再興感染症、院内感染、病原性大腸菌感染症、敗血症、菌交代現象・菌交代症、日和見感染症
臨床医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 発達、小児医療、周産期医療、がんプロフェッショナルdevelopment, pediatric care, perinatal care, cancer professional
臨床医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 発達、小児医療、周産期医療、がんプロフェッショナルdevelopment, pediatric care, perinatal care, cancer professional
選択実習Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
選択実習Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医倫理学
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
医倫理学序論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 発達、小児医療、周産期医療
医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 発達、小児医療、周産期医療
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 発達、小児医療、周産期医療
基本医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 発達、小児医療、周産期医療
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 発達、小児医療、周産期医療、がんプロフェッショナル
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 発達、小児医療、周産期医療、がんプロフェッショナル
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 発達、小児医療、周産期医療
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 発達、小児医療、周産期医療
小児科学・小児外科学
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 小児科学
小児科学・小児外科学
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
統合・感染症
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
統合・感染症学
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 主な細菌感染症の症候・診断・治療、主な感染症の病原体の分類、細菌学的診断と血清学的診断、感染症のDNA診断法、脳炎・髄膜炎の症候・診断・治療、SARS、カンジダ症の症候・診断・治療、ニューモシスチス肺炎の症候・診断・治療、プリオン感染症(クロイツフェルト・ヤコブ病、狂牛病)の概説、SSPEの概説、HTLV−1感染症、予防接種、主なウイルス感染症の症候・診断・治療、ウイルス性皮膚疾患(単純ヘルペス、伝染性紅斑、手足口病、ウイルス性ゆうぜい)、皮膚の真菌症と細菌感染症、性行為感染症、クラミジア感染症、感染症の化学療法、新興感染症・再興感染症、院内感染、病原性大腸菌感染症、敗血症、菌交代現象・菌交代症、日和見感染症
臨床医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 発達、小児医療、周産期医療、がんプロフェッショナル
臨床医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
臨床医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 発達、小児医療、周産期医療、がんプロフェッショナル
選択実習Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
選択実習Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
前々年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医倫理学
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
医倫理学序論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 発達、小児医療、周産期医療
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 発達、小児医療、周産期医療
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 発達、小児医療、周産期医療
基本医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 発達、小児医療、周産期医療
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 発達、小児医療、周産期医療、がんプロフェッショナル
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 発達、小児医療、周産期医療、がんプロフェッショナル
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 発達、小児医療、周産期医療
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 発達、小児医療、周産期医療
小児科学・小児外科学
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 小児科学
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
統合・感染症
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 主な細菌感染症の症候・診断・治療、主な感染症の病原体の分類、細菌学的診断と血清学的診断、感染症のDNA診断法、脳炎・髄膜炎の症候・診断・治療、SARS、カンジダ症の症候・診断・治療、ニューモシスチス肺炎の症候・診断・治療、プリオン感染症(クロイツフェルト・ヤコブ病、狂牛病)の概説、SSPEの概説、HTLV−1感染症、予防接種、主なウイルス感染症の症候・診断・治療、ウイルス性皮膚疾患(単純ヘルペス、伝染性紅斑、手足口病、ウイルス性ゆうぜい)、皮膚の真菌症と細菌感染症、性行為感染症、クラミジア感染症、感染症の化学療法、新興感染症・再興感染症、院内感染、病原性大腸菌感染症、敗血症、菌交代現象・菌交代症、日和見感染症
臨床医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 発達、小児医療、周産期医療、がんプロフェッショナル
臨床医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 発達、小児医療、周産期医療、がんプロフェッショナル
選択実習Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
選択実習Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部

大学運営

学内役職歴

2017年04月
-
2018年03月
北海道大学病院周産母子センター部長
2015年04月
-
2016年03月
小児・周産・女性科長
学内役職歴を全て表示する
学内役職歴閉じる
2017年04月
-
2018年03月
北海道大学病院周産母子センター部長
2015年04月
-
2016年03月
小児・周産・女性科長

社会貢献

委員歴

2010年04月
-
現在
日本小児感染症学会 理事
2012年01月
-
現在
日本アレルギー協会 理事
2011年
日本人類遺伝学会 評議員
2012年
日本小児科学会 理事
委員歴を全て表示する
委員歴閉じる
2010年04月
-
現在
日本小児感染症学会 理事
2012年01月
-
現在
日本アレルギー協会 理事
2011年
日本人類遺伝学会 評議員
2012年
日本小児科学会 理事

ページトップへ