研究者データベース

池田 恵子(イケダ ケイコ)
教育学研究院 教育学部門 教育学部門健康体育学分野
教授

基本情報

所属

  • 教育学研究院 教育学部門 教育学部門健康体育学分野

職名

  • 教授

学位

  • 博士(学術)(奈良女子大学)

J-Global ID

研究キーワード

  • スポーツ史   体育史   スポーツ科学   体育学   Sport Journalism   Pre-Victorian   British Sport History   History of Sport   Sport Science   

研究分野

  • ライフサイエンス / スポーツ科学

職歴

  • 2015年04月 - 現在 北海道大学大学院 教育学研究院 教授
  • 2012年04月 - 2015年03月 山口大学 教育学部 教授
  • 2007年04月 - 2012年03月 山口大学 教育学部 准教授(名称変更)
  • 2010年05月 - 2010年12月 ドゥモンフォート大学 ICSHC 国際スポーツ史・文化研究所 客員研究員
  • 2002年04月 - 2007年03月 山口大学 教育学部 助教授
  • 1999年04月 - 2002年03月 山口大学 教育学部 講師
  • 1995年04月 - 1998年03月 奈良女子大学 文学部 文部教官 助手
  • 1997年03月 - 1998年01月 ウォーリック大学 社会史研究所 客員研究員

学歴

  • 1991年04月 - 1995年03月   奈良女子大学大学院   人間文化研究科   比較文化学専攻
  • 1989年04月 - 1991年03月   奈良女子大学大学院   文学研究科
  • 1985年04月 - 1989年03月   奈良女子大学   文学部   教育学科

所属学協会

  • British Society of Sports History (BSSH   ISHPES : International Society for the History of Physical Education and Sport   近代社会史研究会   体育史専門分科会   西洋史学会   スポーツ史学会   日本体育学会   

研究活動情報

論文

  • Jinning LI, Keiko IKEDA
    Softpower, Soccer, Supremacy: The Chinese Dream, edited by J.A. Mangan, Peter Horton, Christian Tagsold 2020年04月20日 [査読有り][招待有り]
  • Democracy through the Lens of Sports Journalism: Japan and the East Asian Olympic Games
    池田 恵子
    Tianwei Ren, Ikeda Keiko and Chang Wan Woo (eds.), Media, Sport, Nationalism: The Political and Geopolitical Rise of East Asia Soft Power Projection via the Modern Olympic Games, Logos Verlag Berlin 105 - 118 2019年03月 [査読有り][招待有り]
  • The History of Modern Sport in Japan: the British Influence through the Medium of Sport on Imperialism, Nationalism and Gender with Reference to the Works of J. A. Mangan
    IKEDA Keiko
    Manufacturing Masculinity the Mangan Oeuvre Global Reflections on J.A. Mangan’s Studies of Masculinity, Imperialism and Militarism edited by Peter Horton Logos Verlag Berlin GmbH 133 - 157 2017年11月 [査読有り][招待有り]
  • Keiko Ikeda, J. A. Mangan
    Japanese Imperialism: Politics and Sport in East Asia: Rejection, Resentment, Revanchism Gateway East, Singapore Palgrave macmillan 337 - 363 2017年10月11日 [査読有り][招待有り]
  • IKEDA Keiko
    The International Journal of the History of Sport 34 5-6 346 - 350 2017年04月13日 [査読有り][招待有り]
     
    The 1980s was a period when the academic current for leisure studies led to the birth of the study of sports history. Japan was not a latecomer in this scholarly stream. More significantly, cultural issues were thought not the part of various phenomena in a society, but the key issues for class integration and class strife. After writing my PhD thesis on Pierce Egan, one of the earliest sport journalists influenced by the idea of early radicals in the nineteenth-century Britain, my attention turned over to the question of why the study of sport history was necessary. There was the academic impact inherited from the New Left’s belief that ‘without understanding the state of people’s culture, class issues are unable to be truly comprehended’. The Initiation of sport journalism had a similar destiny. This consequence appears to be a synchroflash between the early radicals’ concern in popular culture in the nineteenth century and the New Left’s interest in cultural studies in the twentieth century. There was an obvious reason why the radical essayists and contemporary academics had to pay attention to the ‘cultural turn’ with critical thinking in a society.
  • “Exploring the Paradigm of Transnational History on Gender, Imperialism and Fascism beyond the Perspective of the Anglo-Japanese Relation”
    IKEDA Keiko
    CESH Proceedings 2017年 [査読有り][通常論文]
  • 英国女性スポーツ史研究にみるジェンダー空間の分析
    池田 恵子
    スポーツとジェンダー研究 14 1 - 12 2016年03月 [査読無し][招待有り]
  • 英国における女性スポーツと日本
    池田 恵子
    現代スポーツ評論 33 48 - 59 2015年11月 [査読無し][招待有り]
  • 池田 恵子
    The International Journal of the History of Sport 31 15 1925 - 1938 2014年 [査読有り][通常論文]
     
    The ideal of Japanese womanhood was created according to an educational ideology suited to a modern nation state. One regularly used concept was 'ryosaikenbo', a mixed ideology, drawing together idealised images of the British lady and traditional Japanese women. Another imitated concept was Japanese athleticism called new Bushido influenced by British boys' public school morality during the era of the Anglo-Japanese Alliance. However, there was a strong sense of Japanese cultural nationalism that grew in reaction to the threat of foreign enemies and the hardship of two wars, the Sino-Japanese War, 1894-1895, and the Russo-Japanese War, 1904-1905. This created a potential problem. Despite an occidental veneer, those new values were combined with traditional Japanese religion. Elizabeth Phillips Hughes' articles published in Japan during 1901 and 1902 reflect this process of inventing a tradition of both Japanese women's and men's ideal that was originally influenced by the values of the British middle class and the fact that early feminism was trapped within imperialistic ideology. Eventually, girls' physical exercises were recommended as long as they did not damage femininity. Less feminine sports took popular underground paths. Girls' physical exercises flourished after the First World War in Britain and the Second World War in Japan.
  • "Towards a Visual Turn in the Study of Sport by Mike Huggins
    池田 恵子
    体育史研究 30 73 - 86 2013年03月 [査読有り][通常論文]
  • Radicals and Sport: ‘Bully’s Acre’, John Egan and Pierce Egan’s Boxiana, in: People in sport history - sport history for people
    池田 恵子
    Proceedings Proceedings of the ISHPES Seminar, Tartu, Estonia 2008, Tartu: Estonian Sport Museum and ISHPES 219 - 226 2011年 [査読有り][通常論文]
  • 池田 恵子
    The International Journal of the History of Sport 27 3 537 - 552 2010年 [査読有り][招待有り]
     
    Following the Second World War, Japanese women have gained greater equality in terms of their legal status, career opportunities and general personal freedom. However, cultural inequalities remain, and this is no less so than in sport. Access to job opportunities in the sports media, for example, has been restricted, while participation in sport overall and in some sports in particular has been subject to sexist attitudes. The development of women's sport in Japan has been uneven. Women's physical education was first introduced after the 1895 Sino-Japanese War to support the Japanese State's notions of 'ryosai-kembo', Liberal Education and Maternal Feminism. During the Taisho era, prior to the Second World War, women achieved a measure of freedom in sport through the development of 'liberal education' in which the physical education curriculum was modernized by Western-influenced educationalists. During the war, however, this was replaced by a militaristic sports curriculum. In wartime Japan, feminism was influenced by a grass-roots fascism that promoted the idea of 'the nation', which justified the central existence of the Emperor and emphasized the importance of a physically robust maternity. Women's physical education and sports has therefore followed at least three phases: the first was based on the idea of ryosai-kembo and made possible the first stage of secondary education for women (after the Sino Japanese War, 1894-95); the second, the Taisho era (1912-26) of 'liberal education', produced many haikara (high-collar; middle class) women and increased their participation in organized competitive sports. The third phase that witnessed the era of maternal feminism and the resurrection of traditional budo in which the importance of physical education for women was emphasized more than ever (especially 1936-45). The end of the Second World War became the starting point for a new era of women's education. In most narratives of Japanese women in sport, the gains made in wartime Japan were seen in post-war Japan as being evil and so, the previously improved status of women in sport is as seen has having reverted to its traditional, conservative condition. This paper argues that the histories of the concepts of 'ryosai-kembo' and 'haikara' reflect the wider social history of Japan. Both concepts possessed similar characteristics, highlighting both change and continuity through the modern period. It is important to examine the context in which these concepts first appeared as an 'invented tradition'. In particular the inheritance of pre-war culture before the nationalization and modernization of the nation state is especially relevant.
  • 英国スポーツ史研究の潮流―30年間の歩み―
    池田 恵子
    西洋史学 235 58 - 69 2009年12月 [査読有り][招待有り]
  • "The Body and Japanese Fascism as an Asian Thought of Kurakichi Hirata"
    Keiko Ikeda
    Tomaz Pavlin ed., Sport, Nation, Nationalism: Proceedings of 8th ISHPES Seminar and International Conferenedc on Social Science and Sport, Ljubljana. 105 - 111 2008年 [査読無し][通常論文]
     
    2006の印字.(実質的な刊行年、日本配送は2008年)
  • "Political Analysis of the Historical Development of Sports Writing in Britain from the Early Radicals to the New Left.
    Keiko Miyauchi Ikeda
    International Journal of Eastern Sports & Physical Education, (the same paper of the Twentieth CISH CD-ROM, permitted to transfer to this journal.) 4 1 201 - 209 2006年 [査読無し][通常論文]
  • The Body and Grass-roots Fascism during World War II: ‘the topos’ of the Emperor in a personal-body-mechanism in Japan
    Keiko Miyauchi Ikeda
    International Journal of Eastern Sports & Physical Education, 4 1 91 - 103 2006年 [査読無し][通常論文]
  • The Body and Japanese Fascism as an Asian Thought of Kurakichi Hirata
    Tomaz Pavlin ed., Sport, Nation, Nationalism: Proceedings of 8th ISHPES Seminar and International Conferenedc on Social Science and Sport, Ljubljana. 105 - 111 2006年 [査読無し][通常論文]
  • A Political Analysis of the Historical Development of Sports Writing in Britain from the Early Radicals to the New Left.
    Keiko-Miyauchi Ikeda
    第20回CISH国際歴史学会 (ニューサウスウェールズ大学、Sydney, セクション25. Sport, Politics and Business) CD-ROM 201 - 209 2006年 [査読無し][通常論文]
  • A Political Analysis of the Historical Development of Sports Writing in Britain from the Early Radicals to the New Left.
    20th CISH(Comite International des Historiques)2005, New South Wales University, Sydney, 25. Sport, Politics and Business 2005年07月 [査読無し][通常論文]
  • Bully's Acre, Radicals and “Boxiana”
    55th Japan Society of Physical Education, Health and Sport Sciences, Shinshu University 2004年 [査読無し][通常論文]
  • The Nature in Blood Sports in Pre-Victorian Britain.
    Keiko Ikeda
    Jean-.Michel Delaplace, Sylvain Villaret, William Chameyrat eds., Sport and Naturein History,(ISHPES STUDIES vol.10), Sankt Augusitn, Academia Verlag. vol.10 275 - 278 2004年 [査読無し][通常論文]
  • Traditional Sporting Fancy Made for Modern Sports Ethics: ‘Corinthian’, ‘Paul Pry’ and ‘Tom & Jerryism', G. Pfister ed., Games of the Past―Sports for the future?: Globalisation, Diversification, Transformation.
    ISHPES STUDIES vol.9, Sankt Augusitn , Academia Verlag, pp.134-138. vol.9 2004年 [査読無し][通常論文]
  • The Nature in Blood Sports in Pre-Victorian Britain", J. M. Delaplace ed., Sport and Nature.
    Keiko Ikeda
    ISHPES STUDIES vol.10, Sankt Augusitn, Academia Verlag vol.10 275 - 278 2004年 [査読無し][通常論文]
  • Traditional Sporting Fancy Made for Modern Sports Ethics: ‘Corinthian’, ‘Paul Pry’ and ‘Tom & Jerryism’
    Keiko Ikeda
    G. Pfister ed., Games of the Past―Sports for the future? : Globalisation, Diversification, Transformation, (ISHPES STUDIES 9 134 - 138 2004年 [査読無し][通常論文]
  • 「スポーツ史研究の潮流とカルチュラル・スタディーズ―英国急進主義からニューレフトまで―」
    『山口大学教育学部教育論叢』 第53巻 第3部 2003年 [査読無し][通常論文]
  • Sport and Radicals in Pre-Victorian Society of Britain.
    K.Szikora & G. Pfister eds., Sport and Politics, ISHPES STUDIES, Semmelweis University Faculty of Physical Education and Sport Science, Budapest, pp.290-294. 2002年 [査読無し][通常論文]
  • Gentleman Amateur and Sport: Amateurism and its Reality in Nineteenth Century Britain
    The Sports, Mineruba-shobo, Kyoto, 2002 ,4-39 2002年 [査読無し][通常論文]
  • A Historical Analysis of the Ideology behind the Independence of Sports-writing : English Radicalism.
    71 - 78 2001年 [査読無し][通常論文]
  • Ecology and Sport : Sport History of the Aspect of Coexistence of Animality
    47 - 54 2001年 [査読無し][通常論文]
  • スポーツ叙述の独立を支える思想基盤に関する歴史的考察-イギリス急進主義-
    清水重勇先生退官記念論集刊行会編『清水重勇先生退官記念論集』 71 - 78 2001年 [査読無し][通常論文]
  • エコロジーとスポーツ-動物との共生からみたスポーツ史-
    竹谷和之代表『スポーツ文化とクレオール』財団法人水野スポーツ振興会助成金研究成果報告書 47 - 54 2001年 [査読無し][通常論文]
  • Traditional Sporting Fancy Made for Modern Sports Ethics : 'Corinthian','Paul Pry'and Tom & Jerryism'
    5th ISHPES Seminar 2000年 [査読無し][通常論文]
  • The Birth of the Sporting Press in the nineteenth century of Britain
    2 40 - 51 2000年 [査読無し][通常論文]
  • A Radical thought on pugilism in the 1820s of England : W.Hazlitt's 'The Fight'(1822)
    Research Journal of Sport Science in Nara Women's University 2 1 - 12 2000年 [査読無し][通常論文]
  • 1820年代のイギリスにおける急進主義的批評家の拳闘観-W・ヘイズリットの「拳闘」(1822)-
    奈良女子大学スポーツ科学研究年報 2 1 - 12 2000年 [査読無し][通常論文]
  • スポーティング.プレスの誕生-19世紀のイギリス
    現代スポーツ評論、中村敏雄編.創文企画 2 40 - 51 2000年 [査読無し][通常論文]
  • Sports and Radicals in Britain 1810-32 : a rough Sketch of William Cobbett and others'sports writings
    The Historical Research Section of Japanese Society of Physical Education 1998年 [査読無し][通常論文]
  • The Sporting Press in the First Half of the Nineteenth Century Britain : Its Independence and Pierce Egan
    The Japan Journal of Sport History 10 71 - 88 1997年 [査読無し][通常論文]
  • 19世紀前半イギリスにおけるスポーツ・ジャーナリズム-スポーツ専門紙の成立とピアス・イーガン-
    スポーツ史研究 10 71 - 88 1997年 [査読無し][通常論文]
  • Corinitian Tradition and Sport : The Sporting Gentleman in Nineteenth Century Britain
    Annual Report of Studies in Humanities and Social Sciences 39 115-130 1995年 [査読無し][通常論文]
  • The Sporting Press in the first half of Nineteenth Century Britain : its independence and Pierce Egan
    The Japanese Society of Sport History 1995年 [査読無し][通常論文]
  • Pierce Egan's "Sporting World" : A True Picture of British Sports from a Pre-Victorian Perspective
    A Thesis for Doctorate (Ph. D. ) 1995年 [査読無し][通常論文]
  • コリント的伝統とスポーツ-19世紀イギリスのスポーツマン紳士-
    (奈良女子大学文学部)研究年報 39 115 - 130 1995年 [査読無し][通常論文]
  • ピスス・イーガンの「スポーツの世界」について-前ヴィクトリア時代イギリススポーツの実像-
    奈良女子大学大学院人間文化研究科に提出の博士論文 1995年 [査読無し][通常論文]
  • Pierce Egan's Argument in Defense of Boxing
    Japanese Journal of the History of Physical Education, Edited by the Historical Research Section of Japanese Society of Physical Education 11 1 - 14 1994年 [査読無し][通常論文]
  • ピアス・イーガンの「ボクシング擁護論」
    日本体育学会体育史専門分科会編『体育史研究』 11 1 - 14 1994年 [査読無し][通常論文]
  • イギリススポーツ史研究におけるピアス・イーガン評価の再検討
    池田 恵子
    スポーツ史学会編『スポーツ史研究』 5 5 1 - 13 1992年03月 [査読有り][通常論文]
  • A Reviewal of Pierce Egan in the Study of British Sports History
    The Japan Journal of Sport History, Edited by the Japan Society of Sport History 5 1 - 13 1992年 [査読無し][通常論文]
  • Pierce Egan's Book of Sports (1832) as the Argument in Defense of Sports
    Japan Society of Physical Education, Health and Sport Sciences 1991年 [査読無し][通常論文]

書籍

  • The Routledge Companion to Gender and Japanese Culture edited by Mark Pendleton, Jennifer Coates and Lucy Fraser (‘the Editor’).
    池田 恵子 (担当:分担執筆範囲:“Chapter of Women and Physical Culture in Japanese History)
    Routledge 2019年12月 (ISBN: 9781138895201) 444 251-260
  • ともに生きるための教育学へのレッスン(宮崎隆志、松本伊智朗、白水浩信編著)
    池田 恵子 (担当:分担執筆範囲:第一部 第13章 身体文化のポリフォニー)
    明石書店 2019年08月 (ISBN: 9784750348827) 193 62-65
  • 谷川稔・川島昭夫・南直人・金澤周作編著『越境する歴史家たちへ―近代社会史研究会(1985-2018)』
    池田 恵子 (担当:分担執筆範囲:7.スポーツ史研究の興隆と「近社研」)
    ミネルヴァ書房 2019年06月 (ISBN: 9784623085668) 347 189-192
  • 「欧米社会の女性とスポーツ」飯田貴子, 熊安貴美江, 來田享子 編著 『よくわかるスポーツとジェンダー』
    池田 恵子 (担当:単著範囲:欧米社会の女性とスポーツ)
    ミネルヴァ書房 2018年05月 16-17
  • 「帝国主義とジェンダー」飯田貴子, 熊安貴美江, 來田享子 編著 『よくわかるスポーツとジェンダー』
    池田 恵子 (担当:単著範囲:帝国主義とジェンダー)
    ミネルヴァ書房 2018年05月 24-25
  • From Ryosaikenbo to Nadeshiko: Women and Sports in Japan", Routledge handbook of sport, gender and sexuality edited by Jennifer Hargreaves and Eric Anderson
    池田 恵子 (担当:分担執筆範囲:97-105頁)
    Routledge: London and New York 2014年02月
  • The Body from the Perspective of the Historical Phase in Society, Michael Chia and Jasson Chiang eds., Sport Science in the East: Issues, Reflections and Emergent Solutions
    池田 恵子 (担当:分担執筆範囲:219-230頁)
    World Scientific Publishing Co., Singapore and USA 2010年
  • 共著 単独執筆「体育・スポーツ史の地平を考える―今、何が問われているのか―」小田切毅一監修、三井悦子・池田恵子編著『いま奏でよう、身体のシンフォニー―身体知への哲学・歴史学的アプローチ』12-34頁。
    (担当:分担執筆範囲:Chapter)
    叢文社 2007年 (ISBN: 9784794705846)
  • 共著 担当執筆 「「生きるからだ」再考―「同意の文化」を超えて、今への提言」山本徳郎・杉山重利監修、阿部生雄・山田理恵・榊原浩晃編著『多様な身体への目覚め―身体訓練の歴史に学ぶ―』93-120頁。
    (範囲:Chapter, pp.93-120)
    アイオーエム 2006年 (ISBN: 4900442410)
  • "Japan": in David Levinson & K. Christensen, eds., Encyclopedia of World Sport
    Keiko Ikeda (担当:その他)
    Berkshire Publishing Group, Great Barrington, Massachusetts, U.S.A. 2005年 (ISBN: 0974309117)
  • ジェントルマン、アマチュアとスポーツ -19世紀イギリスにおけるアマチュア理念とその実態-
    (範囲:Chapter 1)
    近代ヨーロッパの探求シリーズ⑧『スポーツ』、ミネルヴァ書房 2002年 (ISBN: 4623035093)
  • Japanの項目、K. Christensen, A. , Guttmann, G. Pfister (eds.), International Encyclopedia of Women & Sports
    BerkshireReference Works and Macmillan Reference,Massachusetts,U.S.A. 2001年 (ISBN: 0028649524)
  • Internationl Encyclopedia of Women and Sports
    Berkshire Reference Works and Macmillan Reference 1999年
  • 事典]第二部 国別・民族別遊戯 「イングランド」の項目、大林太良・寒川恒夫編『世界民族遊戯事典』
    大修館書店 1998年 (ISBN: 4469012602)
  • イギリスにおけるスポーツ気分の変遷(第2章) 奈良女子大学スポーツ科学教室編『やわらかいスポーツへの招待-軽スポーツを科学する-』所収
    道和書院 1998年
  • England
    Encyclopedia of Ethnic Play and Games 1998年
  • A English Transition of Sporting Sense : in An Invitation to Scientific Study of Soft Sports
    1998年
  • スポーツと帝国-近代スポーツと文化帝国主義-(共訳) アレン・グットマン著
    昭和堂 1997年 (ISBN: 4812297125)
  • Translation of Games and Empires: Modern Sports and Cultural Imperialism (1994) by Allen Guttmann
    Showado (Originally Columbia University Press) 1997年
  • 『前ヴィクトリア時代のスポーツ-ピアス・イーガンの「スポーツの世界」』不昧堂、1996年。
    池田 恵子 (担当:単著範囲:全文)
    不昧堂 1996年

講演・口頭発表等

  • A Historical Analysis of the Winter Olympic Games from the Lens of the Sustainable Development Goals: the cases of the two bids for the Sapporo Winter Olympic Games.  [通常講演]
    Keiko Ikeda
    The 21st ISHPES: (International Society for the History of Physical Education and Sport) Sapporo 2020 2020年08月 口頭発表(一般)
  • 理想主義との対話~未だ達成されぬ オリンピック・デモクラシーの歴史~  [招待講演]
    池田 恵子
    北海道大学公開講座(全学企画)いま感じる、生かす、見つめなおす スポーツの力 2019年07月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • A Diplomat in Japan, Sir Ernest Mason Satow and Modern Mountaineering in the late Nineteenth Century Japan  [通常講演]
    池田 恵子
    The 20th ISHPES: International Society for the History of Physical Education and Sport (ISHPES) Madrid 2019 2019年07月 口頭発表(一般)
  • The Possibility of Historical Studies on ‘Bodily Democracy’ towards Recent Arguments on Sustainable Development Studies through Transnational Analysis  [通常講演]
    池田 恵子
    The 19th ISHPES 2018 (Munster) : The International Society for the History of Physical Education and Sport 2018年07月 口頭発表(一般)
  • Transnational Paradigm in the Study for Sport and Entangled History  [通常講演]
    池田 恵子
    One day Seminar: Olympism, Legacies and Methodologies of Sport History 2017年12月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 北海道大学教育学部、札幌 Keiko Ikeda: Grants-in-Aid for Scientific Research (C)- Transnational Paradigm in the Study for Sport and Entangled History
  • “Exploring the Paradigm of Transnational History on Gender, Imperialism and Fascism beyond the Perspective of the Anglo-Japanese Relation”  [通常講演]
    池田 恵子
    CESH 2016 ヨーロッパスポーツ史学会 2016年09月 口頭発表(一般)
  • Sporting Ethics and Bushido: The Soul of Japan (1900) written by Inazo Nitobe  [通常講演]
    舩場大資, 池田恵子
    ISHPES国際体育スポーツ史学会第16回大会 2015年08月 口頭発表(一般)
  • 英国女性スポーツ史研究にみるジェンダー空間分析  [招待講演]
    池田 恵子
    JSSGS日本スポーツとジェンダー学会第14回大会 2015年07月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • 「エリザベス・ヒューズ「女性の身体運動」を巡って―日英比較女性スポーツ史の試み―」  [招待講演]
    池田 恵子
    イギリス女性史研究会第21回研究会シンポジウム:身体とジェンダー―19世紀から20世紀にかけてのスポーツとファッションを媒介に―(麗澤大学東京センター、東京) 2013年12月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • "Comparative Studies between Britain and Japan through the Impact of Elizabeth Phillips Hughes’ Lectures on Physical Exercises for Women to Japanese Society”  [通常講演]
    池田 恵子
    BSSH 2013, Wychwood Park Conference Centre in Cheshire, UK 2013年09月 口頭発表(一般)
  • "British cultural influence and Japan: Elizabeth Phillips Hughes’s visit for educational research in 1901-02."  [通常講演]
    池田 恵子
    ISHPES Congress 第14回大会(国立台湾師範大学、Taipei) 2013年08月 口頭発表(一般)
  • "Asian Sports meet Western Sports: Cross- cultural exchanges", A panel for Roundtable Wokshop  [招待講演]
    池田 恵子
    The 14th ISHPES Congress at National Taiwan University, Taipei 2013年08月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • "The History of Sport in Japan: the British Influence through Sport on Nationalism"  [通常講演]
    池田 恵子
    “Sport in Japan and Britain”, One-day Symposium,Organised by the International Centre for Sport History and Culture, De Montfort University, Leicester 2012年07月 口頭発表(招待・特別)
  • "Pierce Egan’s Life in London (1821) and the People’s Memory of Sporting Enthusiasm”  [通常講演]
    池田 恵子
    The Institute of English Studies, University of London, Organised by: The Literary London Society, 4-6 July 2012年07月 口頭発表(一般)
  • The History of Sport in Japan: the British Influence through the Medium of Sport on Imperialism, Nationalism and Gender  [招待講演]
    池田 恵子
    祝J.A Mangan 教授論文の国際的波及力を称える記念会議:Manufacturing Masculinity: The Mangan Oeuvre, Global Reflections: From Past to Future, Jesus College, Cambridge University, Cambridge, UK 2011年09月 口頭発表(招待・特別)
  • Sports Writing in Britain, the Early Radicals and the New Left.  [通常講演]
    池田 恵子
    BSSH 2011, London Metropolitan University, UK 2011年09月 口頭発表(一般)
  • トム&ジェリーイズムとその音楽-音楽スポーツ史の試み  [通常講演]
    池田 恵子
    第235回近代社会史研究会(京都大学 総合研究2号館) 2011年03月 口頭発表(一般)
  • “Pierce Egan’s ‘Tom-and-Jerryism’ and its Music: A Musical Sports History.”  [通常講演]
    池田 恵子
    The British Society of Sports History, (BSSH), Welcome Centre, London, UK 2010年09月 口頭発表(一般)
  • “The Body A Historical Perspective”  [通常講演]
    池田 恵子
    Japanese Reflections on the History of Sport One-day Symposium,Wednesday 8 September 2010,Organised by the International Centre for Sport History and Culture, De Montfort University, Leicester 2010年09月 口頭発表(招待・特別)
  • “ ‘Ryōsai-kembo’, ‘Liberal Education’ and Maternal Feminism under Fascism : Women and Sports in Modern Japan.”  [通常講演]
    池田 恵子
    The British Society of Sports History, (BSSH & 10th ISHPES Congress), Stirling, Scotland, UK 2009年07月 口頭発表(一般)
  • 「近代日本における女性とスポーツ:良妻賢母主義からファシズム下の母性主義フェミニズムまで」  [招待講演]
    池田 恵子
    日本スポーツ社会学会第18回大会研究委員会企画シンポジウム「スポーツ・身体・ナショナリズム」関西大学・千里山キャンパス第三学舎 2009年03月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • The Body from the Perspective of the Historical Phase in Society.  [招待講演]
    池田 恵子
    2008 ACESS Conference, Taipei 2008年12月 口頭発表(招待・特別)
  • "Radicals and Sport: ‘Bully’s Acre’, John Egan and Pierce Egan’s Boxiana.”  [通常講演]
    ISHPES Seminar 第9回大会(Tartu, エストニア) 2008年
  • Bull Fighting in Japan traced from the beginning of the Interdependent World.  [通常講演]
    池田恵子
    ISHPES Congress 第9回大会(コペンハーゲン大学、Copenhagen, Denmark) 2007年 口頭発表(一般)
  • The Body and Japanese Fascism as an Asian thought of Kurakichi Hirata  [通常講演]
    ISHPES Seminar 第8回大会(Ljubljana, スロベニア) 2006年
  • A Political Analysis of the Historical Development of Sports Writing in Britain from the Early Radicals to the New Left.  [通常講演]
    第20回CISH国際歴史学会 (ニューサウスウェールズ大学、Sydney, セクション25. Sport, Politics and Business) 2005年
  • ブリーズ・エーカーと急進主義、『ボクシアーナ』  [通常講演]
    日本体育学会第55回大会(信州大学) 2004年
  • The Nature in Blood Sports in Pre-Victorian Britain  [通常講演]
    ISHPES Congress第7回大会(モンペリエ大学Montpellier,France) 2001年
  • 日本におけるスポーツと女性―洋行帰りのハイカラウーマンたち―  [通常講演]
    第1回アジア女性スポーツ会議 スポーツ・カンファレンス ワークショップ(大阪国際交流会館センター) 2001年
  • 日本近代女子体育・スポーツ史概説―奈良女高師のハイカラウーマンたち―  [通常講演]
    近代社会史研究会第159回例会 (京都学生研修センター) 2001年
  • Women and Sport in Japan : Western-Educated Haikara(high-collar)Women  [通常講演]
    The First Asian Conference on Women and Sport 2001年
  • .Traditional Sporting Fancy Made for Modern Sports Ethics: Corinthian, Paul Pry and Tom & Jerryism  [通常講演]
    ISHPES Seminar第5回大会(Teistungen会議場 Duderstadt ,German) 2000年
  • Sport and Radicals in Pre-Victorian Society of Britain  [通常講演]
    ISHPES Congress第6回大会(ハンガリー体育大学 Budapest, Hungary) 1999年
  • Sporting Sensibility in Pierce Egan's description  [通常講演]
    The Historical Research Section of Japanese Society of Physical Education 1994年
  • Pre-Victorian Argument in Defense of Boxing  [通常講演]
    The Japanese Society of Modern Social History 1993年
  • Reading Public of Sports : Pierce Egan in the British Publishing History  [通常講演]
    The Japanese Society of Sport History 1991年
  • Sports in Pre-Victorian England  [通常講演]
    Japanese Society of Physical Education 1991年
  • Pre-Victorian British Sports : Pierce Egan's Book of Sports (1832)  [通常講演]
    The Japanese Society of Modern Social History 1991年

その他活動・業績

  • [Book Reviews] Zhouxiang, Lu, and Fan Hong. Sport and Nationalism in China. New York: Routledge, 2014
    池田 恵子 Journal of Sport History 42 (3) 465 -467 2016年03月 [査読無し][招待有り]
  • 池田 恵子 The International Journal of the History of Sport, 2016 33 (6-7) 760 -761 2016年 [査読無し][通常論文]
  • 「スポーツ情報の拡大」『21世紀スポーツ大事典 Encyclopedia of Modern Sport』(担当執筆)
    池田 恵子 722 -724 2015年01月 [査読無し][招待有り]
  • 翻訳:Martin Polley 著「スポーツと帝国・外交:19世紀及び20世紀における英国のインターナショナルなスポーツ―
    池田 恵子 西洋史学 255 41 -52 2014年12月 [査読有り][通常論文]
  • [Book Reviews]Tsutsui, William M. and Michael L.Baskett, eds, The East Asian Olympiads 1934-2008: Building Bodies and Nations in Japan, Korea and China, Danvers, Mass: Global Oriental, 2011
    池田 恵子 Journal of Sport History 40 (3) 515 -517 2013年09月 [査読無し][招待有り]
  • [Book Reviews]Henning Eichberg, Bodily Democracy: Towards a Philosophy of Sport for All, (Routledge: London and New York, 2010)
    池田 恵子 Sport in History 32 (3) 465 -467 2012年09月 [査読無し][通常論文]
  • [翻訳] Matthew Taylor著 "Eton versus Sheffield: Revisiting the Debate on the Origins of Association Football"
    池田 恵子 体育史研究 29 41 -53 2012年03月 [査読無し][通常論文]
  • [Book Review] Andreas Niehaus and Max Seinsch, eds., Olympic Japan: Ideals and Realities of (Inter)Nationalism (Würzburg: Ergon Verlag, 2007). Pp. 211. [euro]32.00 (pb). ISBN 978-3-89913-588-6.
    池田 恵子 The International Journal of the History of Sport 26 (1) 130 -132 2009年01月 [査読有り][招待有り]
  • [Book Review] “Joseph Maguire and Masayoshi Nakayama, eds. Japan, Sport and Society: Tradition and Change in a Globalizing World (London and New York: Routledge, 2006)”
    池田 恵子 Sport in History 28 (4) 643 -647 2008年12月 [査読有り][招待有り]
  • Richard Cox & Keiko ikeda, Preface for Round Table Workshop "Local Identity and Sport”, Local Identity and Sport.
    ISHPES STUDIES vol.11, Sankt Augusitn, Academia Verlag, p.432. vol.11 2004年 [査読無し][通常論文]
  • Richard Cox & Keiko ikeda, Preface for Round Table Workshop "Local Identity and Sport”, Local Identity and Sport.
    ISHPES STUDIES vol.11, Sankt Augusitn, Academia Verlag, p.432. vol.11 2004年 [査読無し][通常論文]
  • The Stream of Historical research in Sport and Cultural Studies in Britain from Radicals to the New Left
    Bulletin of the Faculty of Education, Yamaguchi University 53-3 2003年 [査読無し][通常論文]
  • ウィリアム.ヘイズリット著「拳闘」[翻訳資料]
    奈良女子大学スポーツ科学研究年報 2 91 -101 2000年 [査読無し][通常論文]
  • W.Hazlitt's 'The Fight'(1822)
    Research Journal of Sport Science in Nara Women's University 2 91 -101 2000年 [査読無し][通常論文]
  • 伝統的なレクリエーションの研究-産業社会到来以前のイギリスの場合-
    日本レクリエーション協会レジャー・レクリエーション研究所編『自由時間研究』 (12) 16 -27 1992年 [査読無し][通常論文]
  • A Study of Traditional Recretations in Pre-Victorian England
    Research of Freetime, Edited by The Institute of Leisure & Recreation (12) 16 -27 1992年 [査読無し][通常論文]

受賞

  • 2017年01月 北海道大学 総長教育賞
     
    受賞者: 池田 恵子
  • 2009年03月 山口大学 学長表彰
     功績賞 
    受賞者: 池田 恵子
  • 2009年 Faculty of Education at Yamaguchi University Distinguished Professor
     
    受賞者: 池田 恵子

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • スポーツ史研究におけるトランスナショナルなパラダイムと錯綜史の試み
    文部科学省 / 日本学術振興会:科学研究費補助金 基盤研究(C) 課題番号 17K01662
    研究期間 : 2017年04月 -2020年03月 
    代表者 : 池田 恵子
  • 日英帝国主義に関する比較スポーツ史研究
    科学研究費補助金 基盤研究(C)課題番号 26350746
    研究期間 : 2014年04月 -2017年03月 
    代表者 : 池田 恵子
  • 日独英比較スポーツ史研究―帝国主義からファシズムへ―
    科学研究費補助金基盤研究(C) 課題番号 23500733
    研究期間 : 2011年04月 -2014年03月 
    代表者 : 池田 恵子
  • 国際ジャーナルにみるスポーツ史研究の地平に関する研究―1990-2010―
    科学研究費補助金 基盤研究(C) 課題番号 20500547
    研究期間 : 2008年04月 -2011年03月 
    代表者 : 池田 恵子
  • イギリスにおけるニュー・レフトとスポーツ史研究の潮流Ⅱ―スポーツ史研究における政治文化的意味の分析
    科学研究費補助金 若手研究(B) 課題番号 16700459
    研究期間 : 2004年04月 -2007年03月 
    代表者 : 池田 恵子
  • イギリスにおけるニュー・レフトとスポーツ史研究の潮流-急進主義とカルチュラル・スターディーズの交錯点をめぐって―
    科学研究費補助金 奨励研究(A) 課題番号 13780024
    研究期間 : 2001年04月 -2003年03月 
    代表者 : 池田 恵子
  • 19世紀前半のイギリスにおけるスポーツ・ジャーナリズムと急進主義
    科学研究費補助金 奨励研究(A) 課題番号 11780020
    研究期間 : 1999年04月 -2001年03月 
    代表者 : 池田 恵子
  • ‘Sport’の語源とスポーツ文化の変容に関する研究-前ヴィクトリア時代イギリスにみる転換前夜のスポーツの実像を踏まえて―
    科学研究費補助金 奨励研究(A) 課題番号 08780078
    研究期間 : 1996年04月 -1998年03月 
    代表者 : 池田 恵子
  • British Sport History
    The Other Research Programs

教育活動情報

主要な担当授業

  • 教育学調査実験Ⅰ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 教.学院
  • 身体教育特論
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 教育学院
    キーワード : スポーツの伝播過程、権力関係、歴史学的アプローチ
  • 教育学調査実験Ⅱ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 教.学院
  • 応用倫理学特殊講義
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
    キーワード : 性、性差、セックス、ジェンダー、セクシュアリティ
  • 教育学調査実験Ⅲ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 教.学院
  • 教育学研究総合講義
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 教育学院
    キーワード : Social Pedagogy 社会的排除 エンパワメント
  • 教育学調査実験Ⅳ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 教.学院
  • 大学院共通授業科目(一般科目):人文社会科学
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 大学院共通科目
    キーワード : 民衆教育, 批判的教育学, 社会的排除,社会運動, 社会変革
  • 専門演習Ⅰ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 教育学部
  • 大学院共通授業科目(一般科目):人文社会科学
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 大学院共通科目
    キーワード : 民衆教育・批判的教育学・社会的排除・社会変革
  • 専門演習Ⅲ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 教育学部
  • 大学院共通授業科目(一般科目):人文社会科学
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 大学院共通科目
    キーワード : Social Pedagogy, Social Welfare, Social Work, Youth Work, Community Education, Civic Education
  • 健康体育学講義
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 教育学部
    キーワード : スポーツの概念、近代体育、ジェントルマン・アマチュア、アスレティシズム、アマチュアリズム、プロフェッショナリズム、文化ヘゲモニー、ジェンダー、帝国主義、ナショナリズム、ファシズム、フェミニズム
  • 専門演習
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 教育学部
    キーワード : 身体文化 体育 スポーツ 体育史 スポーツ史 体育哲学 スポーツ文化論
  • 卒業論文
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 教育学部
    キーワード : 身体文化、スポーツ、体育 体育・スポーツ哲学 体育・スポーツ史
  • 体育学A
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : ラケット型スポーツ、チームスポーツ、球技、身体運動、身体コミュニケーション
  • 体育学A
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : ラケット型スポーツ、チームスポーツ、球技、身体運動、コミュニケーション
  • 体育学A
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : 集団スポーツ、球技、フットサル、ラケットスポーツ、身体運動、基本技術、審判法、生涯スポーツ
  • 体育学A
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : ラケットスポーツ、チームスポーツ、球技、身体運動、ソマティック・エデュケーション、フィットネス、レクリエーション・スポーツ、トレーニング
  • 体育学A
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : アドバンスコース、ラケットスポーツ、チームスポーツ、球技、身体運動、コミュニケーション
  • 体育史
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 教育学部
    キーワード : スポーツの概念、近代体育、ジェントルマン・アマチュア、アスレティシズム、アマチュアリズム、プロフェッショナリズム、文化ヘゲモニー、ジェンダー、帝国主義、ナショナリズム、ファシズム、フェミニズム
  • 教育学特別講義
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 教育学部
    キーワード : Education for Sustanable Development
  • 体育学B
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : 身体文化、スポーツ、健康、時間生物学、生体リズム、生物時計、睡眠、食習慣 身体運動
  • 国際交流Ⅰ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 国際本部
    キーワード : Sustainable development, Cultural diversity, Co-presence, Indigeneous people, Indigeneous education, Fieldwork
  • 教科教育法(保健体育I)
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 教育学部
    キーワード : 体育科教育、指導法
  • 教育学概説
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 教育学部
    キーワード : 教育衛生学(生活健康、睡眠・食行動・喫煙、疫学と予防、衛生法規)、健康教育学(運動能力、健康増進、健康づくり、水中運動、生活習慣病、体力、メンタルヘルス、運動生理学、呼吸-循環器のメカニズム)
  • 教育学概説
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 教育学部
    キーワード : 教育衛生学(生活健康、睡眠・食行動・喫煙、疫学と予防、衛生法規)、身体教育論(身体論、身体文化論、体育社会学、身体運動支援システム、身体教育学)
  • 小児学校保健
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 教育学部
    キーワード : 子どもの健康問題、健康の保持・増進、こころの健康、健康に望ましい行動形成、栄養、睡眠、ヘルシースクール、学校保健、応急処置法、救命救急法
  • 健康体育学講義
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 教育学部
    キーワード : 子どもの健康問題、健康の保持・増進、こころの健康、健康に望ましい行動形成、栄養、睡眠、ヘルシースクール、学校保健、応急処置法、救命救急法
  • 健康体育学実験実習
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 教育学部
    キーワード : 保健体育、中学校、高等学校、体育、陸上競技、ダンス、体育実技
  • 体育実習Ⅰ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 教育学部
    キーワード : 保健体育、中学校、高等学校、体育、陸上競技、ダンス、体育実技
  • 体育実習Ⅱ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 教育学部
    キーワード : 保健体育、中学校、高等学校、体育、陸上競技、ダンス、体育実技
  • 体育実習Ⅲ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 教育学部
    キーワード : 保健体育、中学校、高等学校、体育、陸上競技、ダンス、体育実技

大学運営

委員歴

  • 2017年09月 - 現在   ISHPES 国際体育スポーツ史学会   Vice-President 副会長
  • 2012年 - 現在   The International Journal of the History of Sport (IJHS), London: Routledge.   Review Editor
  • 2009年07月 - 現在   ISHPES   国際体育スポーツ史学会評議員
  • 2011年04月 - 2015年03月   International Journal of Sport and Health Science   A Section Editor of History
  • 2006年12月 - 2010年12月   スポーツ史学会   理事
  • 2007年05月 - 2010年05月   体育史学会(旧日本体育学会体育史専門分科会)   理事
  • 2007年 - 2010年   A board member of Asian Council of Exercise and Sports Sciences (ACESS)   A board member of Council


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.